eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
とん豚テジ

ミッドナイト競輪 オッズパーク杯(FⅡ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
 
山内卓也
 
川村晃司 池田勇人 猪俣康一 小野俊之
川村晃司
池田勇人
猪俣康一
小野俊之

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
チャレンジ決勝インタビュー


橋本瑠偉
在校1位のプライドはないですよ。
御世話になっている師匠の荒井さん、井上昌己さん、山崎賢人君に勝って良い報告をしたいですね。
準決は捲りなら、ぶっ千切る自信はあったけど、敢えて逃げました。
ギヤを上げたのも良い感じですね。
ここは九州ラインで上田君へ。
小林泰正
この2日間の仕掛けだと、決勝は苦しいと思う。
ワンテンポ、ツーテンポ、仕掛けが遅い。
決勝はそれを反省したい。
単騎になるけど自力で一発。
松井宏佑
ナショナルチームのメンバーと一緒にトレーニングをやっているので日々、勉強になっている。
もちろん、期待はヒシヒシと伝わってきていますよ。
単騎になるより連係した方が良いと思うので吉元君の番手へ。
上田尭弥
まだ優勝は1回だけ。
ただ、先を見据えてレースをやっているので。
今回も内容は良いと思う。
橋本さんの前でやりたいと自分から良いました。
自力で。
吉元大生
この2走は反省ばかりです。
準決も内容ゼロでした。
松井さんに任せてもらったので自力勝負。
宮本隼輔
松井さんは同期同部屋。
対戦するのは初めてです。
負けない様に自力勝負。
松田直也
上田君と橋本君は並びたいみたい。
それなら準決の流れがあるので僕は宮本君の番手へ。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
二日目勝因敗因
  1R A級チ一般



1 宮崎 裕也
今日は大井さんの先行1車だし、仕方ないでしょ。
2車で押さえに来たけど、引いても誰かの追い上げがある。
後ろに小畑さんもいたので強気に勝負した。
2 植田 幸仁
浜田君に任せた結果なので。
大井君の先行1車で厳しい展開だった。
3 本間 淳
(競り負けて最後は自ら内線を切り失格)。
4 小畑 大臣
宮崎君が最善の策を取ってくれた。
あれが、一番良いレース。
僕は早めに単独になっていたから2着までに入りたかったですね。
5 大井 崇
先行1車は、ほとんど負けていない。
だけど、調子も崩していたから、勝てる自信はなかった。
明日の選抜戦は、準決から強い新人がこぼれてこない事を願って。
6 今村 清二
昔みたいに自力がないので。
一旦、動いてみたけど大井さんが強かった。
7 濱田 昭一郎
直線で、もっと伸びても良いかなと思ったけど、ダメだった。
  2R A級チ一般



1 野村 昌弘
今日は2分戦だし腹をくくって先行するか、竹村君の番手に飛び付く作戦だった。
後ろが地元の宮原さんだし、強い気持ちで逃げたのが好走の要因です。
2 竹村 達也
野村さんとの2分戦だけど、今日は上手くやられてしまった。
ベテランのテクニックに負けました。
3 日比野 行政
目標不在だし、中団、中団の組み立てだったので。
4 宮原 貴之
野村君が掛かっていたし強かった。
地元だし抜きに行ったけど、全然ダメだった。
一応、捲りが来ない様に波を作りながらだった。
5 山中 隆
野村君が上手かったし、掛かってもいた。
あれでは、竹村君も巻き返せないよ。
自分も、まだまだの状態ですが。
6 藏居 武雄
2分戦で7番手だし、最悪な展開だった。
7 戸ノ下 太郎
野村君は2センターから、また伸びて行く感じでしたよ。
逃げのラインの3番手だけど、もう少し詰めたかった。
  3R A級チ選抜



1 高橋 明久
斉藤さんのカマシも強烈だったけど、後ろの頃合いも見ながらだった。
後ろを連れながら、前を追い掛けるレースが理想だったけど。
自分だけになってしまった。
2 青島 宗仁
雨でメガネも曇り気味だから前を見づらかった。
併走になるのはレースだし仕方ない。
斉藤選手がああ言う走りをやるのは、知っていました。
3 浅野 将弘
今回は目標の選手が全部イン粘り。
自分に技量があれば、結果は違うのでしょうが。
4 坂本 佳憲
高橋さんが2分戦で押さえ先行。
粘るのはセオリーでしょう。
もちらん、斉藤さんのぶっカマシは頭にありましたが。
5 小田桐 義継
高橋君が前受けのレースも考えていたけど。
坂本君も2分戦なら引けないよね
6 斉藤 重明
あれを狙っていたから1人? いや、責任感がないので単騎の方が気楽なんですよ(笑)。
7 岡 俊行
普通は地区も違うから3番手は回らない。
だけど、坂本君には何度も世話になっているので。
脚を溜めていたから3着に入る事が出来た。
  4R A級チ選抜



1 武藤 嘉伸
植木君の気持ちは嬉しいですよ。
だけど、田村君の追い出しがホームで見えて踏んでしまったみたいですね。
S級1班の在籍ですか? もう28年前ぐらいだけど、それも選手としてのステータスですから(笑顔)。
2 木田 有隆
いくら7車でも6、7番手だときついですね。
同県同期の田村君の判断だし仕方ないですが。
3 坂田 学
どっちが逃げても中団だと思っていた。
中団4番手を楽に取れたから捲れたと思う。
4 植木 貴志
田村君がホームでカマシに来ると思い、そこで踏んでしまった。
まさか追い出しとは思わなかった。
5 上原 直樹
坂田君が良い捲りを決めてくれたから、1着を取る事が出来た。
そこそこの展開になれば、タテの脚は落ちていない。
6 中田 健二
植木君が行ってくれたけど、捲られてしまったね。
7 田村 純一
見過ぎて失敗。
脚は悪くないけど、反応が悪い。
同期の木田さんに迷惑をかけてしまった。
  5R A級チ準決



1 田原 宥明
踏んでおいて良い位置に入ろうと思っていた。
橋本君の番手に入った時はラッキーかなと。
ただ、あんまり上がったつもりはないけど、再度、内から重富さんに来られた。
2 本間 慎吾
前でやり合っているから、態勢を整えてから小林君に行って欲しかった。
だけど、すぐに行ってしまったので、離れてしまった。
3 橋本 瑠偉
小林君に捲られたのは悔しいですね。
だけど、こんなレースをやりながら脚をアップさせたい。
4 舟元 権造
今日は細切れ戦だしタテのレースと思っていた。
イン粘りの時? この体は活かしていないし、テクニックでどかしているだけ(笑顔)。
5 小林 泰正
先行でなく捲りなら在校1位の橋本君に勝てると思っていた。
今後はダッシュの強化が課題のひとつ。
決勝も、そこそこ自信はありますよ。
6 重富 公輔
あのまま追い上げないと、見栄えも悪いし、後輩にも失礼になるので。
7 清水 吉康
これだけ、強い新人選手がいると厳しいね。
4着ならやった方でしょう。
  6R A級チ準決



1 東 隆之
上田君が行ってくれたけど、対処が難しかった。
バックぐらいから失速してきたので、車間を切ったけど。
2 吉元 大生
中団スンナリが松井さんで、少しビビってしまった。
届いたけど、危ないレースだったし、内容が良くないですね。
3 大崎 世志人
南関勢が別々と言ったので吉元君に付けたけど、後方になってしまい。
4 中西 司
松井君は細かいところは、まだ荒削りだけど、かなり強いよ。
相手に突っ張られないように、きちんと押さえに行くのも、その一つ。
今日は吉元君が前だから突っ張らないと計算していたのでしょうが。
5 上田 尭弥
昨日より、今日の方が内容が更に良かったと思う。
捲りで不発になるより、逃げていれば、そこそこ持つと思ったので。
7 松井 宏佑
負けない自信はあったけど、組み立ては勉強中ですね。
理想は、もっと長い距離を踏んで勝つ事です。
  7R A級チ準決



1 瀧野 勝太
今日は相手が強かったし仕方ないですね。
最終日も加賀美さんと一緒だし頑張ってもらうだけ。
2 白川 裕也
太田君の組み立ては完璧だったと思う。
あと少しの脚があれば面白かったね。
3 宮本 隼輔
今日のレースでは決勝は勝てない。
末の粘りが甘いし、決勝だと誰かに食われてしまう。
4 加賀美 智史
僕のスピードでは対処出来ないですよ。
切り替えて、中団にも入れなかった。
5 太田 将成
同期で決勝に行けないのは僕だけ。
悔しいけど、追加を引き受けて良かった。
今後の励みになりますね。
6 樫村 伸平
きちんと付いて行ければ3着だったけどね。
やはり宮本君が強かった。
7 松田 直也
絶対、抜けないよ。
グングン宮本君は加速して行ったから。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日勝因敗因
   1R


1 重富 公輔
今日に関して言えば選んだ位置が良かった。
群馬勢の後ろと言う、本線の3番手が空いていたので。
竹村君に飛び付かれそうになったけど、そこを凌げたので。
2 上原 直樹
竹村君が頑張ってくれたけど、良いタイミングで小林君が巻き返してきた。
あれでは、併せ切れないね。
3 小林 泰正
ここでは負けられないつもりで走っていた。
強い同期達が一杯いますからね。
長い距離を踏んで勝てたし、問題は準決と決勝戦です。
5 瀧野 勝太
踏み上がる感じで、小林君が全然たれなかった。
もう少し詰めたかったけど、あれ以上は無理ですね。
6 坂田 学
分かっていたけど、厳しいシリーズになるね。
負け戦は良い走りをやりたい。
7 竹村 達也
外に小林君の影を感じたけど、もしかしたら併せ切れるかなと思った。
行かれてからは番手か3番手をどかしたかったけど、それまでに脚を使っていたので。
 
   2R


1 清水 吉康
上田君の番手が離れて、北海道勢がスッポリ。
この展開が一番良いと思っていた。
1着は上田君の力が抜けているから無理。
外を踏んで2着なら最高ですよ。
2 上田 尭弥
今日は前を取り、引いて早めにカマシに行く作戦。
自分のレースが出来たし、脚の感じは良いですね。
準決も逃げ切ります!
3 小田桐 義継
2センターから内を警戒して締めて回った。
その分、直線で伸びなくなってしまった。
だけど、田原君は頑張ってくれましたよ。
4 植田 幸仁
前回の小倉ミッドナイトの予選は上田君にきちんと付いて行けた。
今日は離れてしまい、申し訳ない。
5 斉藤 重明
蔵居さんと植田さんに入られてしまった。
だから捲りでなく、清水君のところまで追い上げようと。
6 藏居 武雄
僕もきつかったし、前の植田君も離れたから仕方ない。
7 田原 宥明
踏んでおいて番手は作戦のひとつ。
やはり、練習不足のせいか、そこからの伸びがなかった。
だけど、準決に進めるので。
 
   3RA級チ予選


1 田村 純一
1角で松井君に飛び付くか、腹をくくって早めに捲れば2着まで届いていたかも。
4着だったけど脚の感じは良いですね。
2 山中 隆
本間君が内から来たのが誤算でした。
自分も肋骨骨折明けだし、少しずつです。
3 青島 宗仁
う~ん、離れてすみません。
ダッシュ勝負で一番嫌な形になった。
4 松井 宏佑
誘導に追い着いたらジャンでした。
見ての通りで、組み立てが甘いし納得出来ない走りです。
準決は、もっとスケールの大きな走りをやりたい。
5 本間 慎吾
3番手だし、番手が離れる様なら、今日みたいな運行は少し頭にあった。
上手く内から松井君の番手に入れたけど、その後の踏み直しが強烈だった。
6 小畑 大臣
踏み遅れていた青島さんが降りてきて、きつかったですね。
7 東 隆之
松井君が1車で来る作戦は考えていた。
だけど、本間君が内から来て1車遅れた。
でも、最後は伸びたので。
 
   4RA級チ予選



1 岡 俊行
松田君は頑張ってくれましたよ。
俺の方が一杯になってしまった。
もったいない4着。
2 太田 将成
余裕はあったけど、レース内容が悪いですね。
最近はこんな消化不良の走りばかり。
飛んだと思わせてしまったし、ファンにも心配かけた。
準決は、きっちり仕掛けたい。
3 武藤 嘉伸
太田君を飛ばしたと思ったけど、また来たね。
やはり、若い子は強いよ。
番手の仕事も出来たし、最後も踏めたけど、3着には入りたかった。
4 野村 昌弘
思った以上に、松田君が強かった。
それで車間が空いてしまった。
5 松田 直也
函館から家に帰れていないし、完全に練習不足。
それでも長い距離を踏み結果も出せた。
だけど、かなり、きつかった。
6 宮崎 裕也
前回の地元戦は結果を出せた。
ただ、メンバーが今回とは違うので。
宇都宮はS級以来だから、かなり久々でした。
7 白川 裕也
宮崎さんが下がってきた時に、同時と判断してもらい内抜きはセーフだった。
離れたけど、武藤さんに乗れたのも大きかった。
 
   5RA級チ予選


1 宮原 貴之
地元で残念だけど、大井君に任せた結果なので。
2 舟元 権造
あの展開なら粘るしかないでしょ。
カマシなら飛び付けなかったですが。
ただ、競り勝ってから一杯で段々と離れてしまった。
でも、体は動いていると思います。
3 中西 司
粘って下さい、みたいな展開になったからね。
だから、それは仕方ない。
自分の位置を守れなかったけど、一応、勝ち上がれたので。
4 浅野 将弘
もったいないね。
舟元君が競り勝ってくれたのに。
ちょっと遅れてしまい、中西さんの内か外か迷ってしまった。
5 吉元 大生
逃げ切れた事は良かったけど、後ろが競りになったので。
それは申し訳ないし、反省点。
準決も力勝負で、同期に勝ちたいですね。
6 中田 健二
競りはレースだから仕方ない。
う~ん、3着に入りたかったな。
7 大井 崇
頑張っているけど、今回のメンバーは厳しすぎますよ。
新人の在校成績の上位者を集めた開催なので。
 
   6RA級チ予選


1 加賀美 智史
橋本君の後ろが離れたのは分かった。
そこで見過ぎて躊躇した。
自分だけのレースだし、後ろの2人に申し訳ない。
2 濱田 昭一郎
橋本君が押さえて駆けてくれたのに、離れてすみません。
3 樫村 伸平
まずは、橋本君が4車で前に出るレースをやってくれたので。
浜田さんが離れたけど、僕には逆に良い展開になった。
4 橋本 瑠偉
後ろから押さえて駆けようと思っていた。
加賀美さんが来たら、全部併せるつもりだった。
今日の内容は良かったと思う。
5 植木 貴志
全部、加賀美君の判断だったので仕方ないですね。
6 本間 淳
前に任せた結果だし7番手なので。
7 坂本 佳憲
浜田さんが離れたのは想定外だった。
あとは自分で波を作りながら、前を追い掛けるレースだった。
3着には入りたかったですね。
 
   7RA級チ予選


1 戸ノ下 太郎
こんなに強い人ばかりだと、きついよね。
離れたのも言い訳になってしまうけど。
2 眞鍋 伸也
あまり3番手の経験はないけど、脚が落ちてきているので。
宮本君が付いて行きやすい様に仕掛けてくれ恵まれた。
3 木田 有隆
高橋さんも頑張ってくれたけど、宮本君のスピードが良くて止める事が出来なかった。
4 宮本 隼輔
本当は鐘の4角でスパートしたかった。
だけど、それだと後ろがきつくなると思う。
それで、捲りだけど、ラインで決まる様に仕掛けた。
脚の感じは悪くありません。
5 大崎 世志人
カマシだと千切れてしまう。
だから、ああなれば、落ち着いて捲りの方が良いと思った。
宮本君が優しく捲ってくれたおかげですよ。
本当はぶっ千切りたかったでしょうし、申し訳ない気持ちです。
6 今村 清二
どこで宮本君が行くか分からなかった。
バックを4回ぐらい踏んだけど、コメントした以上は切り替えるつもりはなかった。
7 高橋 明久
宮本君が1人でカマシに来てくれるレースが理想でしたが。
力勝負になってしまい捲られてしまった。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日インタビュー
  1R A級チ予選


1 重富 公輔
どこの3番手も回れるなら、群馬勢の後ろに魅力を感じますね。
小林君はダッシュタイプでなく、中距離の選手と聞いたので。
それなら付いて行けそうですから。
2 上原 直樹
展開が嵌った時に、初めて自分の差し脚が活きる。
普段は街道練習に行かずバンク練習ばかり。
その玉野バンクが改修で使えなくなる。
観音寺に合宿に行ったり、色々と考えないと。
ここは竹村君の番手です。
3 小林 泰正
デビュー戦の1着失格は、僕より師匠で叔父さん(潤二)の方が落ち込んでいたみたいです。
その後に優勝出来たので、少しホッとしていました。
中距離の強化指定選手になっているけど、ナショナルチームは再編の時期みたいで、まだよく分かりません。
学校時代は逃げていなかったので在校2位。
今は、そのツケも来ていますね。
先行を含めた自力勝負。
4 日比野 行政
中部近畿ラインで坂田君へ。
とにかく頑張ってもらうだけ。
5 瀧野 勝太
群馬同士の小林君へ。
連係するのは、今回が初めてです。
6 坂田 学
今シリーズは若い子ばかりで、かなりきついですね。
自力自在に。
7 竹村 達也
宇都宮は初めてですが、普段5百バンクで練習をやっているので。
だから、気になりません。
自力自在戦。
  2R A級チ予選


1 清水 吉康
斉藤先輩も、このメンバーではきついと言うので僕が前で何かやります。
まずは北海道コンビの動きに期待してから。
そこで上田君が脚をロスしてくれると、自分の差し場が出てくる。
2 上田 尭弥
学校時代も捲りが勝ちパターンだった。
捲りに構えれば勝つ自信はあるけど、それだけではダメですから。
そう中川誠一郎さんにも言われました。
もちろん、ダービー王には、練習で全く歯が立ちませんよ。
自力で。
3 小田桐 義継
ライフラインの復旧には時間が掛かっているけど、函館便は時間通りに動いているので、問題なく来れました。
もちろん、同郷の田原君へ。
4 植田 幸仁
熊本同士の上田君へ。
とにかく離れない様にしたい。
5 斉藤 重明
ここで僕の自力は無理ですよ。
清水君に頑張ってもらい、脚をロスせず、良い着を取りたい。
6 藏居 武雄
本線の3番手だし、離れなければ3着はありますね。
熊本コンビの後ろです。
7 田原 宥明
長い時間の停電はありましたが、家は無事でした。
札幌便も飛ぶ様になったので良かったです。
ダメなら旭川回りや函館回りも考えていました。
2分戦だし自力勝負です。
  3R A級チ予選


1 田村 純一
本間さんは南関の後ろを選びましたか。
その方が僕も単騎で気楽ですよ。
単騎で一発。
2 山中 隆
肋骨を4本折り、走ってみないと分からないですね。
宇都宮は15年ぶりぐらいで、かなり久々です。
西のラインで東君の番手へ。
3 青島 宗仁
南関ラインで松井君に付かせてもらいます。
連係は初めてですが離れない様に。
4 松井 宏佑
今はナショナルチームのブノワコーチに声をかけてもらい、伊豆でトレーニングをやっています。
身近に新田さんや脇本さんがいるから、良い勉強になっている。
もちろん練習は厳しく、調整は無しですね。
本当は、今行われている全日本選手権にも出場したかったのですが。
ナショナルチームに入れるかは、これから次第です。
自力で頑張るだけ。
5 本間 慎吾
田村君の後ろも考えたけど、南関ラインの後ろの方が良いですね。
そこに決めました。
6 小畑 大臣
負け戦ですが、2場所連続して1着を取れているので。
東君のラインの3番手から。
7 東 隆之
宇都宮は初めてです。
松井君は相当強いですが、自力で頑張りたい。
  4R A級チ予選


1 岡 俊行
京王閣、前橋、宇都宮と関東の競輪場が続いているけど、宇都宮を走るのは初めてです。
西のラインで松田君の番手へ。
2 太田 将成
普段、練習は菅田壱道さんや安部貴之さんと一緒にやっている。
強い同期が一杯いるけど、力試しの意味で追加を引き受けた。
自力勝負。
3 武藤 嘉伸
息子も岐阜記念で初日特選シードだったし、頑張っていると思いますよ。
もちろん、マーク屋としては、これからですが。
ここは同県の野村君の番手へ。
4 野村 昌弘
関東の新人は小林泰正君だけだし、仕方ないですね。
流れを見て自分で自在に攻める。
5 松田 直也
実は函館の開催が終わり、宿舎で寝ていたら、あの地震にあいました。
凄かったし恐怖を感じましたね。
夕方も凄い雷雨があり、あれが何かの前兆だったかもしれません。
一旦、函館から伊丹に飛び、そこから宇都宮に来ました。
だから家に帰れなくて。
太田君に負けない自力勝負です。
6 宮崎 裕也
同期の岡君は松田君マークですか。
それならば、僕は決めずに走ります。
7 白川 裕也
太田君との連係は初めて。
チャレンジに落ちて、予選は全てクリアしている。
善戦していると思いますよ。
  5R A級チ予選


1 宮原 貴之
僕は大井君の番手へ。
大井君も気の毒だけど、潰し合いになる新人の子も可哀想だね。
これでは特別昇班が厳しくなるから。
2 舟元 権造
自力自在に何でもやる。
基本はタテだが、粘る事も考えて。
3 中西 司
吉元君の番手へ。
初連係。
人気だしワンツーを決めたいですね。
4 浅野 将弘
中部近畿で舟元君の番手へ。
若い子が押さえて駆けてくれるから成績がまとまっている。
ただ富山の失格は痛いし、決勝になるとスピードが違ってきますが。
5 吉元 大生
父は引退した邦生です。
父はマーク選手でしたが、僕は自力でトップを目指したい。
どちらかと言えば、脚質はダッシュです。
5百は初めてだけど自力で頑張る。
6 中田 健二
大井君には申し訳ないけど、南関ラインの後ろへ。
急に亡くなったから伊藤公人さんの死はショックでしたよ。
普通に退院すると思っていましたから。
あれだけの選手は、これから出てこないでしょうね。
少しでも遺志を継げれば良いと思っています。
7 大井 崇
これだけ強い新人を集めると、どうにもならないですよ。
自力で頑張るとしか…。
  6R A級チ予選


1 加賀美 智史
新車にしてから良いけど、僕は一発屋ですから。
前回の前橋も補充2着で取りこぼしている。
橋本君はスターだけど、負けない様に自力勝負。
2 濱田 昭一郎
九州ラインで橋本君へ。
もちろん、初めての連係です。
3 樫村 伸平
宇都宮は初めて。
あと、小田原とか走っていないかな。
どんなレースになっても坂本さんへ。
4 橋本 瑠偉
在校1位のプライドはないし、これが現実ですから。
普段は師匠の荒井さん、井上昌己さん、山崎賢人君らと街道で練習をやっている。
諫早湾の方ですね。
学校は明治大学だったけど、当時のナショナルチームに誘われて中退した。
自力で。
5 植木 貴志
加賀美君の番手は初めて。
お互い、似たようなタイプだから噛み合うんじゃないかな。
6 本間 淳
関東で連係して3番手。
前のスピードを借りて、突っ込みたいですね。
7 坂本 佳憲
九州ラインの後ろから。
基本的に3番手からで、あとは流れで考えたい。
  7R A級チ予選


1 戸ノ下 太郎
1カ月、空いたけど特に問題はない。
北日本ラインの後ろを回る。
2 眞鍋 伸也
3番手を回るケースはレアだけど、今の状況で自分でやっても苦しいから。
確かに11場所前の宇都宮ミッドは自分でやり、良い成績でしたが。
その時の調子ではないので、宮本君の3番手です。
3 木田 有隆
北日本ラインで高橋さんの番手へ。
失格がなかったから、多分、来期は1、2班戦です。
4 宮本 隼輔
レースには慣れてきました。
だけど、引退した父親(忠典)が強かったのは知らないんですよ。
生涯自力選手で、5百勝レーサーだったのは知っていますが。
練習は桑原さんや清水裕友さんとやっています。
自力で。
5 大崎 世志人
宮本君のお父さんとは世代が少し違ったから連係した事はないですね。
離れない様にマークする。
6 今村 清二
大怪我が続いて、ここまで落ちてしまった。
まずは西ラインで連係する。
7 高橋 明久
別府で宮本君の動きを見ているから、走り方は分かっています。
自力で負けない様に。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。




 
ページトップへ
   
コンビニのコピー機で宇都宮競輪の出走表が無料プリントできる!
ミッドナイト競輪限定!
コンビニのコピー機で宇都宮競輪の出走表が無料プリントできます!!




全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
宇都宮競輪の出走表が無料でプリントできます!!

開催初日分は前検日18:00頃から、初日以降分は当日の12:00頃から
プリント可能になります。

ぜひ、ご利用下さい!!


操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin24


ページトップへ 
   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

八十円足して十万円

岐阜記念・3日目・第1競走は大石崇晴がブン回して岸川哲也-渡邉泰夫の番手捲り。人気薄ラインの3番手から立石拓也が内をするすると3着まで来て3連単は99,920円だった。
さてここからが本題。この車券を百円的中したとする。自らの電話投票、もしくは本場・場外で本人が買った場合はそのまま全額を手にするだけだが、他人に頼んだ場合を想像したい。あとで払うから立て替えといては「ナシぶち」に相当するので、儲けの二割の御祝儀は必須であろう。問題はちゃんと現金を渡して買ってもらった時だ。端数を切って九万円、あとは取っておいてよ、が穏当だが、なかには端数とは920円のことで九万九千円頂戴という人間も居るか。
そういえば似たようなケースで、ポケットから小銭を出し、キリの良い金額に増やし揃える猛者も居たっけ。あのオッサンだったら、十円玉三枚と五十円玉一枚を手渡し、万札十枚を請求することだろう、おそらく、きっと。
そんな煮ても焼いても喰えない連中と雀卓を囲むのが、愉しくてしかたなかったあの時代は、もはや遠い過去だ。


ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925



敢えての企画レースか分からないが、今節は在校1位の橋本瑠偉、2位の小林泰正、3位の松井宏佑、4位の吉元大生、6位の上田尭弥、7位の宮本隼輔が参戦。さすがに6連勝中の藤根俊貴は欠場したが、スター候補生の潰し合いになっている。ある意味、スターは作られるものだし、特別昇班への道を閉ざしている感じだ。もし平等の配分が多ければ、すでに何人かの若者が1,2班戦で走り、S級特進間近の選手が出ていたかもしれない。これがスターを作るのが上手い新日本プロレスなら、こんな事はやっていないだろう。もちろん、今回の開催はSNSの世界でも話題になっており、宇都宮競輪にとっては良い事だ。予選は軸がシッカリしているから買いやすいし、売り上げアップも期待される。準決はS級並みの激しいレースを繰り広げるだろう。走る選手には気の毒だが、こう言う厳しい事を経験して、真のスターが生まれるのかもしれない。超一流になる選手ばかりだし、こちらも三流記者の集まりと言われない様に頑張らないと。この三流記者の俗語を、今、第3セクターと呼んでいるし、東スポのY記者、日刊スポーツのN記者らと綿密に取材をしていきたい。


ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2018年9月9日(日)・10日(月)・11日(火)

■開催場所
宇都宮競輪場

取り扱いネット新聞

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttp

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ