eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
出走表(無料)コンビニ配信開始
青山彩

第5回 週刊実話杯&第3回 e-SHINBUN杯(FⅠ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
玉野競輪 第5回週刊実話杯&第3回e-SHINBUN杯 ナイスグッド撮影
2017年12月25日~27日に開催される
「玉野競輪 第5回週刊実話杯&第3回e-SHINBUN杯」にて
イメージガールを努める天木じゅんさんのグラビア撮影風景を動画でご紹介します!
撮影は各メディアで話題沸騰の海パンカメラマンこと野澤亘伸氏が担当しました!

レースにも負けないくらいの熱い撮影風景をご覧ください!



 
   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
 
山内卓也
 
川村晃司 池田勇人 猪俣康一 小野俊之
川村晃司
池田勇人
猪俣康一
小野俊之

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
S級決勝インタビュー
高橋陽介
なるべく、高木君を残そうと思ったけど。
ただ、後ろに坂本君の気配を感じたので。
若い子の頑張りがあると、僕らも活きる。
回してもらえるので真船君の番手へ。
小野大介
僕はマーク選手だし、前次第。
いつも準決みたいな感じになると良いですね。
北日本で結束して3番手です。
三宅 伸
これで、やっと年が越せるかな(笑)。
地元だし決勝に乗れて良かった。
これも、亮馬が前々に攻めてくれたおかげ。
ここは小嶋君の番手へ。
鈴木 誠
真船君とワンツーかなと思ったけど、上手く、捌かれてしまった。
だけど決勝進出は嬉しいですよ。
北日本で結束して4番手。
真船圭一郎
今回は鎖骨骨折明けの復帰戦。
思ったより、やれていますね。
骨折をしたのも、選手になって初めてだったので。
北の1番前で思い切って。
香川雄介
2日間、前が頑張ってくれている。
準決は大西君が苦手な押さえ先行だからね。
引き続き状態は良いし、この流れを大切にしたい。
ここは南君の動きに乗る。
彼の後ろで優勝も獲らせてもらっている。
小嶋敬二
今年はまだ1度も優勝がない。
最後の最後で勝てたら良いね。
普段通りに自力勝負だけど、後ろが重たいね(笑)。
山口貴嗣
小嶋さんが目の覚める様な捲りだった。
良く付いて行けたと思う。
バイクのスピード以上でした。
ここは三宅さんが番手で小嶋さんの3番手です。
南 修二
鎖骨骨折明けだし、何とか凌げた感じですね。
情けないレースで反省している。
香川さんが任せてくれるので、自分のやれる事を精一杯やりたい。


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
二日目勝因敗因
  1R A級一般


1 堀 勝政
吉田君も凄いダッシュで良い捲りだったけどね。
滝川さんの番手の仕事が良かった。
2 興呂木 雄治
立ち遅れているし全然ダメ。
後ろの西村さんは1着だし、それは良かった。
3 滝川 秀嗣
あんなに早くから行ってくれたし、捲りは止めたかった。
ただ、西村君の捲りは止めようがないですよ。
4 升澤 祥晃
逃げるのは岡嶋君だと思い、その3番手を回った。
あとは、前が仕事をしやすい様に内を締めていた。
5 玉木 英典
後方になったし、内容は良くない2着です。
後ろにも迷惑をかけた。
6 鈴木 達也
自分で何もやれないし、仕方ないですね。
来期はチャレンジだし動くレースもやらないと。
7 岡嶋 登
ジャン前から、スンナリ主導権を取る事は出来た。
ただ、最後は一杯でしたね。
これでは、もっと練習をやらないと。
8 西村 尚文
実は今年初勝利。
踏んでからは、思った以上に出ましたね。
9 吉田 輪太郎
行けるかなと思ったけど、滝川さんの止め方が上手かった。

レース総評
朝イチのレースから大穴車券。岡嶋登がジャン前の2角から一気にカマシ先行。中団に玉木英典が収まるが、口が空いてしまう。吉田輪太郎もスピードのある捲りを打つが、岡嶋の番手の滝川秀嗣に止められて不発。近況不振の興呂木雄治は位置を取れずに後方に置かれてしまう。岡嶋が4角先頭で回るが、興呂木の後ろにいた西村尚文が9番手から捲り追い込み。昔はS級の捲り屋だったし、久々に良い脚を見せる。前がもつれて玉木も外を伸び、何とか岡嶋も3着に残る。岡嶋のレース内容は良かったが、本命にしては距離が長すぎた。
  2R A級一般


1 奥出 良
捲られたけど、あそこから差し返すレースがないと。
今日は簡単に行かないぞと思うレースをやりたかったが力不足だった。
2 水野 悟志
昨日は番手と決めていたけど、今日は中団、中団と思っていた。
日浦君の捲りにスイッチして2着に入る事が出来た。
3 大竹野 裕樹
あまり良い状態ではないので、3番手で良いと思っていた。
迷惑を掛けるのが嫌なので。
4 大田 啓介
奥手君が行ってくれたけど、止める足がなかった。
5 富澤 洋祐
踏み遅れていた喜納君に絡まれた。
それで水野君を追う事が出来なかった。
7 長正路 樹
今日は奥出君の先行かと思い、そのラインに乗って行った。
8 喜納 隆志
きちんと日浦君に付いて行ければ2着でしたが。
脚がないし、申し訳ない。
9 日浦 崇道
今日はホームが向かい風で、3角からの突風があった。
きつかったけど、勝つ事が出来て良かった。

レース総評
奥出良が先行態勢に入ると、中団に水野悟が収まる。昨日は番手勝負の水野だがここは懸命な選択。最終ホームから日浦崇道が仕掛けると番手の喜納隆志は離れる。日浦が前団を飲み込み、水野が日浦にスイッチ。この2人のワンツーで3着は前が離れたが大竹野裕樹が外を踏み届く。昨日、このコーナーで推奨した選手のワンツー。初日良かった選手が活躍すると、記者の眼力が問題となる。スジ違いの車券だが、狙って取れる車券だ。
  3R A級選抜


1 齋藤 明
田原君も捲れないと思ったから滝本君の番手で粘ったのでしょう。
彼の判断だったので。
2 滝本 泰行
後ろがもつれて流してしまった。
そこを、別線に行かれてしまった。
地元で人気なのにすみません。
3 三木 健治
田口君は良いタイミングで仕掛けてくれたけど、後ろの横瀬さんも早めに踏んできたので。
4 石井 和明
単騎だけど、前が緩み行くしかなかった。
結果は別として、力は出し切れた。
5 横瀬 聡
ちょっと早いと思ったけど、踏まさせてもらった。
3番手から突き抜けたし脚の感じは悪くない。
6 水本 博行
昨日も今日も競られている。
強い選手の番手を回っているし仕方ない。
7 田原 大広
練習がやれていないし捲りは出ない。
それは、初日の走りで分かった。
滝本君の番手で粘ったけど、あんなに流されては…。
8 堺 文人
5着権利のレース。
自分で踏んで3着だし悪くないですね。
9 田口 守
あんなに沈んではダメ。
完全に調子落ち。
僕の場合はメンタルの面が大きいし、もっと気持ちを入れて走らないと。

レース総評
地元の滝本泰行がジャンで押さえると北海道コンビが番手で粘る。これで穴になる要素が出来た。今の田原大広では捲れないし、これは間違っていない。前がもつれていたので、単騎だが石井和明が逃げる。滝本は車間が空き、そこを田口守ラインが追い掛けたので万事休す。今回はあまりにも悪すぎる。昨日、師匠と決められなかったショックが残っているのかも。田口の捲りが決まるが3番手の横瀬聡が早めに踏む。この人は、いつもこんな感じだし、ある意味シビア。2着が田口の番手を回った三木健治で交わしの交わし。3着も薄目の堺文人で高配当。
  4R A級準決勝


1 西川 弘資
まだ鎖骨骨折明けだけど、きちんと桜井君に付いて行かないと。
2 栗田 貴徳
門田君と一緒に乗れず残念。
今は中四国の選手が育ってきたし、自分の弟子の野村も鍛えていきますよ。
3 小島 雅章
全て舘君のおかげ。
先行の作戦だったから桜井君の番手に嵌ったと思う。
ただ、3着に残せなかったのは自分の技量不足。
4 小岩 哲也
後手を踏んで自分のレースが出来なかった。
まだ準決では厳しいですね。
5 関戸 努
3番手で外を踏んだけど、思ったより伸びなかった。
7 桜井 雄太
今回は自然と体が動いている。
だけど、たまたまと書いておいて下さい。
あとは、頭も使わないと競輪は勝てないから。
裸逃げになったのは分かったけど、持つと信じて走りました。
8 舘 真成
番手に嵌ったけど、それまでに脚を使っていたので。
かなり車間が空いて、追い着く事が出来なかった。
9 藤原 浩
栗田君の仕掛けを何度も待った。
だけど、自分も95点あるし、決勝に乗らなくてはいけない立場。
だから、気持ち早めに、内のコースに入った。

レース総評
昨日の捲りが自信になっていたのか、桜井雄太が残り1周を全開で仕掛ける。番手の西川弘資は鎖骨骨折明けだし、離れてしまう。この辺りも桜井は、考えていただろうし、脚が仕上がっているのだろう。舘真成が追い掛けるが、全然詰まらない。その後ろの栗田貴徳や小岩哲也も仕掛けられない。桜井が完全に1人旅で圧勝。2着が舘を目標の小島雅章が番手前残り。栗田を捨てて、早めに内に入った藤原浩が3着。特選組が、ラインが違うとは言え勝ち上がったし、これを番組マンの勝利と言う。今回の桜井は完全優勝も可能だ。
  5R A級準決勝


1 小野 裕次
僕が1着だけど、レース内容では利根君に負けている。
カマシに行ったけど、もし内山さんがピッタリなら、浮いていたかも。
利根君の番手がもつれると思ったけど、違いましたね。
3 内山 拓
内を気にしていたら、利根君と車間が空いてしまった。
競りだと思っていたので。
そこを小野君に割り込まれてしまった。
4 廣田 樹里
ダメ元で行ってみようと。
だけど、思った以上に車が進んで3着に入れた。
7 利根 正明
初日特選では小野さんに併されている。
だけど、感じ自体は悪くなかった。
後ろからの押さえ先行だし、番手も小野さんになったし、納得の2着です。
9 高橋 秀吉
小野君が1着だったけど、僕も追走一杯。
4角からは伸びる感じがしなかった。

レース総評
競馬と違い競輪は力の両立は少ない。やはり、ライン戦であるし、力と力では決まらない。ただ、この概念を崩しているのは、若手同士の戦いのチャレンジ戦。初日特選で共に動きの良かった利根正明と小野裕次で決まる。利根が裸逃げになり、番手スッポリの小野が寸前で差す。3着は自分で踏み上げた広田樹里でやや高配当。今回は先行選手が力を出し切るレースが多く、A級戦にしては見応えがある。
  6R A級準決勝


1 門田 凌
初日は構えすぎて失敗。
だから、早めに引いて巻き返そうと思った。
瀧本さんに抵抗されたけど、押し切る事が出来て良かった。
だけど、簡単に駆けさせてもらえない。
2 田中 俊充
瀧本君は頑張ってくれたし、自分がもう少し、アシスト出来ていれば。
3 小川 巧
踏み出しも危なかったし、自分の位置を守るので一杯。
余裕なんて全くなかった。
若い子は強いから、本当に羨ましい。
本当は2着で車券に貢献しないと。
4 加藤 健一
自分だけのレースになった。
結果は良かったけど、納得はしていない。
コーナーで持って来られたら飛んでいた。
5 石坂 永伍
3番手のレースは絡まれたりするから難しいですね。
これも勉強だと思うので。
6 瀧本 匡平
結果は別として、話題のルーキー、門田君と力勝負をやれて良かった。
併せ切れれば良かったけど。
7 遠藤 勝行
加藤君に離れている。
色々と反省しないと。
9 篠田 宗克
最後、小川さんを抜ければ良かったけどね。
地元の気持ちの差かな。
悔しい4着です。

レース総評
S級特進に、あと2勝と迫った門田凌が前受けからカマシを決める。この時に瀧本匡平に抵抗されるが、最終ホームで出っ切る。初日、構えた失敗を活かした。番手の小川巧は付いているだけで一杯。3番手の石坂永伍も道中絡まれる。さすがに、直線では失速した門田だが何とか逃げ切る。2着は脚を溜めて捲り上げた加藤健一。初日の先行で、やや復調気配が窺えた。3着は小川で、俗に言うサンドイッチ車券と言うか、挟み車券。良いか悪いか別として、最近はテレビの解説者も、これを薦めるケースが多い。あと、ひとつ乗り越えられるか、門田にとっては人生の分かれ目だ。
  7R S級一般


1 五日市 誠
今日は展開ですね。
もつれたので恵まれた。
今年も大阪へ冬期移動して、佐川翔吾達と一緒に練習をやる予定。
2 内藤 敦
地元の意地と言うか、今日は外を踏んで2着。
突っ込めたし、内容は良かったと思う。
4 古川 孝行
実績のある和泉田さんが番手を譲ってくれたのに、離れて申し訳ない。
5 篠原 忍
踏み出しで武田君に口が空いた。
最近は番手のレースが多いけど、タイミングの取り方が難しいですね。
7 和泉田喜一
来期はA級2班。
追走義務違反をやったから仕方ない。
予選スタートだし、どこまでやれるか…。
8 齋藤 友幸
来期はA級。
少しでも脚を上げておきたいですね。
また、S級で走れる様に、来年1年、頑張ります。
9 泉 慶輔
五日市さんと決まったと思った瞬間に内藤さんが飛んで来た。
S級では力不足を感じている。

レース総評
風のせいか、斉藤友幸の番手の古川孝行、武田和也の番手の篠原忍が踏み出しで離れる。自力のある篠原忍は追い着いたが、前団はもつれる展開。自分から動かすタイプの五日市誠ではないが、これは勝って下さいの展開。一気にスパートすると前団を飲み込み泉慶輔もピッタリ。この2人のワンツーかに内藤敦が2着に強襲する。普段は内の選手であるし、外を伸びたのも地元戦だからだろう。
  8R S級一般


1 加藤 寛治
佐川君が1人で行ったのは見えた。
後方になったけど、何とか届いて良かった。
だけど、バックが凄く重たいですよ。
あれで押し切るのだから佐川君は強いね。
2 古川 尚耶
今後の為にも、逃げるレースもやっておかないと。
そうでないと、来期勝負にならないから。
3 池田 浩士
もったいないね。
佐川君をきちんと追走出来れば2着だった。
4 山口 貴弘
今はこんな状態だけど、来期はS級1班に復帰。
恥ずかしくないレースをやろうと。
5 佐川 翔吾
僕が丹波君に行ったら、持ち味が出なくなる。
それで割り切って走った。
調子は悪くないけど、このレースでは上では通用しない。
6 丹波 孝佑
佐川先輩とは、お互い力を出し切ろうと。
あれで、上手くドッキング出来れば良かったですが。
サドルの位置を下げたら良くなっていた。
7 小坂 敏之
古川君の気持ちは嬉しいよ。
だけど、本格先行ではないからね。
8 白井 一機
ゴール前は、かなり詰める事が出来た。
頭まで行くかなと思ったけどね(笑)。
9 須藤 悟
現状、目標不在のレースでは厳しいですね。
来期も、まだS級です。

レース総評
やけになっているわけでもないだろうが、自在選手の古川尚耶が今日も先行。一応、後ろに同県の先輩が2人いたので。佐川翔吾と丹波孝佑は大阪同士だが別線。昔の中部みたいに、別線と言いながら作戦レースだったが、本当にガチンコだった。佐川が仕掛けると池田浩士は離れる。佐川に丹波が追い掛ける形になるが、捕まえ切れない。佐川が、押し切って1着。後方から捲り上げた加藤寛治と白井一樹で2、3着。
  9R S級準決勝


1 久木原 洋
しょぼいレースをしてしまった。
最終日は、キッチリ仕掛けたいですね。
3 小野 大介
前の2人が頑張ってくれたおかげ。
最後、三宅さんに踏み負けなくて良かった。
4 真崎 新太郎
久木原君には何度も世話になっているので仕方ないですね。
5 吉田 健市
(接触して落車担送)。
7 高橋 陽介
昔と違って、自力のこだわりがないし、後輩と一緒の時は任せる事にしている。
なるべく、番手捲りは避けたかったし、高木君も頑張ってくれた。
僕の脚も問題ない。
8 高木 翔
後ろのワンツーに貢献出来たし、自分の役目は果たせたと思う。
4角まで持って良かった。
9 三宅 伸
亮馬が無理矢理、前々に攻めてくれたおかげですよ。
欲を言えば、2着に入りたかった。

レース総評
北日本ラインの2段駆けが、アッサリ決まる。久木原洋が無抵抗だし、高木翔が楽に主導権。ただ、坂本亮馬は位置取りに失敗して、後方に置かれる。外からは無理だし、内から位置を取りに行く。この時、最終ホームすぎに吉田健市と接触して吉田が落車。後ろの気配を察知して、高橋は番手から出ない。4角勝負に出て、高橋と小野大介で抜け出す。亮馬が、脚を使っていた分、伸びず、地元の三宅伸が3着確保。こう言うレースが時たま決まるから、2段駆けのレースは売れるのだ。ただ、本当は嫌がらせされるケースが多いし、2段駆けが決まる確率は低い。
 10R S級準決勝


1 和田 健太郎
いつもの渡辺君ではなかったのかな。
最終ホームがきつそうでしたね。
2 真船 圭一郎
骨折明けの割りには踏めている。
まさか、こんなにやれるとはビックリです。
3 香川 雄介
今日は負けられないでしょう。
そんな気持ちで走りましたよ。
あとは、渡辺君が一発で止まったのが大きかった。
4 鈴木 誠
7月以来の決勝進出だから、凄く嬉しい。
敵だったけど、香川さんの仕事ぶりは流石ですね。
あとは真船君のスピードも良かった。
5 田村 真広
決めずにと思ったけど、南関勢の後ろがセオリーなので。
まさか、渡辺君がカマシ不発とは。
6 久米 良
あれで渡辺君を止めてしまうのだから、香川さんは凄すぎる。
僕は内を締めて走った。
7 渡邉 雄太
人気なのに、すみません。
大西さんの併せるスピードが上だったし香川さんのブロックも強烈だった。
9 大西 祐
後ろが香川さんだし、迷惑を掛けられないと思った。
残れなかったのは、自分に脚がないから

レース総評
大西祐が苦手な押さえ先行をやるとはビックリ。やはり、後ろが大先輩の香川雄介だったからだろう。ただ、こんなに悪い渡辺雄太にもビックリ。いくらダッシュがないとは言え、大西を叩けないとは思わなかった。渡辺が行けないと判断して和田健太郎も早めに内に降りる。最近は、最後まで心中しないで、このケースが多い。前がもつれて真船圭一郎が捲りを決める。内で踏み場のない香川だが、外をどかすと、最後は鋭脚を見せる。乗れている時は、こんなもんだろう。
 11R S級準決勝


1 黒田 淳
外のスピードが違い対応出来なかった。
地元だし残念です。
2 南 修二
見ての通りで情けないレース。
仕上がっていないけど、気持ちで何とか。
4 松本 大地
南君は僕の位置だったんですね。
これでは、勝負にならない。
5 菅田 壱道
やりたいレースは出来たけど、ちょっと長かったですね。
僕は悪いレースはすぐに忘れる事にしている。
6 山口 貴嗣
小嶋さんの後ろが空いていてラッキーだった。
付け切れるか自信はなかったけど、ワンツーで良かったですよ。
7 小嶋 敬二
みんなが言うほど、凄くはないよ。
本当、たまたま。
前がもつれたのも大きかった。
8 山下 一輝
後ろが地元の黒田さんだし、自分の力が無くて申し訳ない。
9 伊代野 貴照
今日は格上のマーカーの南君の後ろを回り勉強になった。
いつかは、僕もあんなマーカーになりたい。

レース総評
南修二は2段駆けと見て、地元の黒田淳の後ろを狙う。ただ山下一輝が踏み上げる前に最終ホームから菅田壱道が仕掛ける。どうあれ、小嶋敬二のスピードが化け物だった。全盛時以上のスピードで一気に捲る。小嶋マークが正解だった山口が付け切って2着。3着が好位、好位を捌いた南修二。地元の黒田は調子が良かっただけに残念。



ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
A級決勝インタビュー
門田 凌
レースで悔いを残したくない。
これで2度目の8連勝。
今回は決めたいしプレッシャーもない。
積極的に攻めたい。
小野裕次
南関ラインで加藤君目標。
相手が相手だけど、頑張りたいね。
利根正明
体調は、成績より良くない。
底力がアップしているのかな。
来期もまだA級です。
自力で一発狙いたい。
桜井雄太
連勝での勝ち上がりはたまたま。
ここは単騎でやる事は制限されるが、自力で頑張りたい。
小島雅章
3番手だけど、東のラインで連係するのが自然。
小野君の後ろなら番手も同じなので。
南関ラインの後ろです。
広田樹里
風は気にならないし、車の進みは悪くないと思う。
九州ラインで利根君へ。
藤原 浩
門田君をアシストしたいですね。
番手の仕事に専念する。
加藤健一
門田君に駆けられたら捲れない。
積極的なレースをやる。
小川 巧
まずは地元の決勝に乗れて、ひと安心。
来期はS級に復帰する。
四国コンビの後ろへ。


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日勝因敗因
  1R A級予選



1 高橋 秀吉
作戦通りに加藤君が走ってくれたおかげですね。
全部、併せ切ってしまうのだから、本当に強いですよ。
僕も余裕を持って差す事が出来たし、脚の感じは問題ない。
2 石井 和明
やはり、捲りは下手ですね。
自分の持ち味を出す為にも、明日以降は逃げます。
3 後藤 純平
いつも岡嶋君は頑張ってくれるからね。
叩ければ面白かったけど、3番手のところが空いていたので。
4 岡嶋 登
力は出し切れたけど、加藤君との脚の差が出てしまった。
5 加藤 健一
初日は逃げる様にしている。
点数上位の高橋さんが付けてくれたのも大きかった。
準決も、こんなレースをやりたい。
7 関戸 努
完全に自分のミス。
普通に付いて行っていれば、ラインの3人で決まっていた。
あそこで口が空いている様では。
8 大竹野 裕樹
前を取り結局8番手。
脚は見ての通りですね。
9 堀 勝政
石井君が自分のレースではなかった。
今日は加藤君の逃げが上手かった。

レース総評
ライン4分戦で、逃げの選手にはきつい展開。ただ、加藤健一は果敢に主導権取りに出る。同タイプの岡嶋登がホームで叩きに来るが、簡単に併せ切ってしまう。石井和明にも展開は向いたが、何しろ捲りは下手。やはり、不器用で地脚タイプなので、逃げないと話しにならない。最初から捲り狙いの大竹野裕樹は車が出ていないし、前を取り8番手。本命の高橋秀吉が余裕の1着。2着が加藤の残り。関戸努は離れる失敗で、岡嶋から切り換えた後藤純平。加藤は立ち直っているし、準決でも狙えそう。
  2R A級予選



1 小岩 哲也
自分のラインだけが3車。
それを活かす事が出来た。
風もかなりきつかったけど、ラインで決まり最高です。
2 田原 大広
踏んでも踏んでも進まなかった。
冬はいつも、こんな感じだし、今は我慢の時。
4着で斉藤さんに迷惑をかけた。
3 奥出 良
九州勢と2車と3車の差はあったけど、脚負けですね。
4 徳吉 広紀
まずは小岩君の頑張りがあったから。
最後も内山君がコースを作ってくれたので。
5 滝川 秀嗣
奥出君も行く気持ちがあったけど、小岩君が強かった。
やはり、踏み合いできつかった。
7 齋藤 明
田原君がもっと良いスピードならワンツーの展開だった。
5着だし仕方ない。
8 玉木 英典
結局、単騎で何にも出来なかった。
9 内山 拓
小岩君のおかげ。
自分も余裕を持って対処出来た。
前回の最終日に続き、番手での勝利です。

レース総評
ライン3車を活かして小岩哲也が、もがき合い覚悟で主導権取りに出る。奥出良も意地を見せるが、この先行争いは小岩に軍配。もつれる展開だったし、田原大広のチャンスかと思ったが、冬期移動をやっていないので進みが悪い。自在選手の内山拓が余裕の1着。2着が3番手の徳吉広紀で、3着が小岩の残りで九州独占。こうやって楽をして勝つと、普段から番手を回りたがるし、仕方ないのかも。自力でやっていた方が人間関係も楽だし、レース意外の部分で戦わなくて済む。大敗した選手で、良い脚を見せた選手は不在のレースだった。
  3R A級予選



1 杉山 正和
瀧本君の展開になり、中部の3人で決まり良かった。
最初、水野君が僕らのラインを狙ってきたけど、最後、田口君の番手に行ってくれ恵まれた。
2 田口 守
後ろが競りで、かなりの強風。
逆の展開が良かったし、逃げたら絶対に無理。
3 篠田 宗克
結果は別として、水野君は気持ちの入ったレースでしたね。
4 水本 博行
地元と言っても、位置を狙われて、守るだけできつかった。
5 瀧本 匡平
前団がもつれて、捲り頃になった。
最後は一杯になり、3着に沈んだけど、ラインで決まったので。
6 鈴木 達也
自力で勝つ脚はないし、単騎で厳しかった。
7 西川 弘資
復帰戦だけど、勝てて良かった。
瀧本君の捲りを差したし、悪くないと思う。
9 水野 悟志
今日は最初から番手勝負と決めていた。
だから強気に攻めた。
結果を考えれば、中団でも良かったけど。

レース総評
水野悟志が、どっちの番手も狙う。最初は押さえに来た瀧本匡平の番手を狙い、次は田口守の番手を狙う。結果は別として、普段から番手をやる選手ではなし好気合。田口の番手がもつれて、隊列が短くなったところを、瀧本の捲りが決まる。ただ、4角からは失速して西川弘資と杉山正和でズブズブ。田口は気持ちのムラがあるし、やや調子落ちしている。長期欠場明けで西川は1着だし、競輪は本当に分からない。2日目以降の狙いは、もちろん水野。地元水本博行も自分の位置は守ったし頑張った方だ。
  4R A級予選



1 滝本 泰行
流し過ぎたのと、内を空けたのが失敗ですね。
師匠と決められず、残念だし申し訳ない。
2 野間 司
弟弟子の舘君とは何度も一緒に走っていたからね。
逆に地元コンビは初の師弟連係で気負いがあったかも。
2人で2、3着なら十分ですよ。
3 横瀬 聡
あれは、無理だよ。
付いて行けない。
それでも広田君が勝ってくれただけでも。
4 長正路 樹
舘君が前々に踏んでくれたけど、3番手だったし7着で一杯。
5 廣田 樹里
前団がもがき合い。
展開が自分に向いた。
ただ、後ろを連れ込めなかったし、そこは反省している。
7 石坂 永伍
これから弟子の滝本君と反省会です。
今日はダメだったけど、次は決めたいですね。
9 舘 真成
一番強い選手が駆けているし、行けるところまで行こうと。
あまり、考えずに走ったけど、勝ち上がれて良かった。

レース総評
初連係の地元師弟コンビの滝本泰行と石坂永伍だが、舘真成のトリッキーな動きに分断されてしまう。滝本が先行態勢に入ると、下げて7番手になっていた舘が内からスルスル動き出す。最初は中団狙いかと思われたが、内が空いていたので番手まで行く。外の石坂をどかすのかと思われたが、最終的にイン捲り。前団が混戦になり、広田樹里の捲りが自分だけ届く。このバンクは意外と外が伸びないけど、ゴール前にひと伸び。2着が舘で3着は舘マークの野間司。師弟コンビを、兄弟弟子の連係がやっつける形になる。やはり、地元で気負いがあったのだろう。先行争いがあると思えば、買える車券だ。
  5R A級予選



1 吉田 輪太郎
ホームであのままカマシに行ければ良かったけど、空いているので休んでしまった。
2 堺 文人
門田君のスピードは違いましたね。
だけど、日浦君も掛かっていましたよ。
3 門田 凌
前を取った時点でノープランになってしまった。
しょうもないレースだし反省している。
S級特進に関しては、あまり意識はしていない。
4 藤原 亮太
付いて行けただけでも大満足。
離れるか離れないか微妙なところだった。
5 興呂木 雄治
もっと上手く対応したかったけど、門田君が強すぎた。
6 富澤 洋祐
吉田君があのままカマシに行くかと思ったけど、休んでしまったので。
8 日浦 崇道
門田君には軽く捲られたけど、自分の走りは出来ました。
9 栗田 貴徳
オッズを見た時はしびれました。
僕が見た時は120円だったので。
ここで離れたら、競輪ファンを裏切るし、どんな展開でも門田君に付いて行くつもりだった。

レース総評
S級特進のシリーズで門田人気。2車単が150円で3連単が320円。結果を見れば、簡単なレースだけど、実際はドキドキのレース。やはり、門田が前受けになり、レースが乱れてしまった。突っ張れば良かったけど、引いて7番手からの巻き返し。門田クラスなら2周は持つし、重注になるラインをもっと早くすべき。何度も書いているが、事故点でお寺や競輪学校のペナルティーは先行選手ばかりだ。早く改善すべきだし、何故改善しないのか分からない。
  6R A級初特選



1 小島 雅章
バックを踏んで内に差したりと細かいミスがあった。
その辺りは、まだまだ下手ですね。
2 利根 正明
行ける感じはしたけど、小野さんが強かった。
準決は修正して勝てる様に走る。
3 田中 俊充
目標にした桜井君は捲って1着。
だけど、離れて3着だしダメですね。
違和感があったのでギヤは換えてみる。
4 桜井 雄太
前がもがき合いだし、今日は展開が全て。
このメンバーで勝ったのは自信になりますよ。
5 藤原 浩
利根君に踏み出しで口が空いた。
その後は、キッチリ追走出来たけど、遠藤さんの一発で止まってしまったね。
6 遠藤 勝行
あれだけ小野君が行ってくれれば止めたい気持ちになりますよ。
ただ利根君は仕上げる事が出来たけど、桜井君はサラ脚だったので。
7 小川 巧
競輪はやはり外を踏まないと(笑)。
地元だし、コースは冷静に見れているので。
8 阿部 功
小川さんに一発もらい止まってしまった。
9 小野 裕次
バンクが重かったですね。
風も強いし、寒さもあって。
もっと軽いバンクなら押し切れていたと思うし、脚の感じは良いと思う。

レース総評
南関勢の先制攻撃。利根正明が7番手から早めに巻き返すが、遠藤勝行の巧ブロックで飛んでしまう。結果、不発の利根だが動きは悪くなかった。もつれたところを桜井雄太が一気に捲り一人旅。2着は横一戦だったが、3番手から小川巧、そして3着が桜井マークの田中俊充。この辺りの小川のコース取りは流石だし、これで飯を食っているのが分かる。あとは捲られた小野裕次だが、内容は抜群。近況の成績通りだ。
  7R S級予選



1 佐川 翔吾
初手の並びが想定と違った。
外併走になると、普段は簡単に諦めてしまうけど、今日は我慢出来た。
そこは救いだけど、地元の内藤さんに迷惑を掛けたので。
2 稲村 成浩
真船君が早めから吹かしてくれたからね。
外の佐川君が邪魔になったけど、後ろの田村君とワンツーなので。
3 内藤 敦
佐川君の先行に期待したけど、仕方ないね。
5 久米 良
踏んでからは思った以上に車が出た。
引き続き順調です。
6 齋藤 友幸
最終ホームで前に出たかったけど、真船君に併せられてしまった。
7 田村 真広
前の稲村さんが被っていたし、様子を見ながらだった。
ジャン前から真船君が行ってくれるとは有り難いね。
9 真船 圭一郎
復帰戦だし、今日は最初から先行と決めていた。
着は別として納得の走りは出来たし、後ろもワンツーだったので。

レース総評
鎖骨骨折明けでどうかと思われた真船圭一郎だが、群馬コンビを引き出すレースに成功。今はすぐに手術をして復帰が早い選手が多いが、じっくり治した方がベスト。どうしても欠場期間が長いと、仕上がっていないと思ってしまうが、逆のケースは多い。最終ホームは3つのラインの攻防になったが、真船が斉藤友幸と佐川翔吾を出させない。やはり、7番手捲りとは言え、佐川は捲りは下手だ。番手の稲村成浩は外の佐川が邪魔になり、3番手の田村真広が外を突き抜ける。稲村が番手捲りだと思えば、買える車券だ。2着に稲村、3着が久米良でやや高配当。
  8R S級予選



1 小坂 敏之
久木原君は届いたけど、9番手では厳しい。
ちょっと流れが悪いね。
2 大西 祐
ここ半年、練習では凄く良かった。
ただ、本番では全くダメで。
気持ちの問題と言うか、イップスかもしれませんね(笑)。
この1着が良い薬になれば。
4 好永 晃
反応良く、丹波さんにスイッチ出来た。
そこから番手捲りで勝つ脚があれば良かったですが。
5 大前 寛則
一瞬、3角で内に行こうかと思いましたが。
自分を信じて外を踏んで正解。
地元だし、凄く嬉しいですよ。
6 丹波 孝佑
単騎だけど、やる事はやろうと。
後ろで見ているだけのレースでは詰まらないですから。
7 久木原 洋
本当、全てが想定外。
丹波君が逃げるのも、大西君の動きも読めなかった。
自分だけ3着のレースで小坂さんに申し訳ない。
9 松本 大地
好永君は前々に攻めてくれたし、あとちょっとでしたね。
僕は泉君が入ってきて腰くだけになってしまった。

レース総評
単騎の丹波孝佑の奇襲カマシに、すぐに自在選手の好永晃が反応して追い掛ける。その後ろに五日市誠が入り、大西祐、久木原洋の順。大西や久木原は淡泊なレースだし、位置取りはやらない。ただ、爆発力があるので、格上相手に穴を出したりしている。大西に地元の大前寛則がピッタリでワンツー。3着が久木原だが、内容が良かったのは好永だ。
  9R S級予選



1 三宅 伸
凄い捲りになったとしても、山下君を差すつもりだったけどな(笑)。
まあ、2着なら最低限の走りは出来た。
2 加藤 寛治
どう走るかは、完全に篠原君にお任せだった。
良い形にはなりましたが。
3 真崎 新太郎
古川君は練習仲間。
行ってくれた気持ちが嬉しいですね。
山下君を止める事が出来れば良かったけど。
4 古川 尚耶
初手の並びで、どう走るか決めようと思っていた。
捲り屋の僕が、1周半は長すぎた。
5 山下 一輝
小さいレースになり、すみません。
何とか乗り越える事が出来て良かったけど、危ないレースだった。
準決は、本来の積極的なレースをやりたい。
7 篠原 忍
中団で後ろを牽制しつつ仕掛けたけど、山下君に脚負けした。
9 山口 貴嗣
もし山下君がダメでも、地元の三宅さんなら何とかしてくれると思った。
その安心感が大きかった。

レース総評
期の終わりでもあるので、自在選手の古川尚耶が早めの先行。後ろが同県の真崎新太郎と言うのもあったのだろう。中団は車間を空けて、愛知コンビが続く。
これが駆けているのが弱いラインだから良いが、強い選手が逃げているのに、後ろを確認しながら中団を回っている選手がいる。後ろを確認している暇があるなら、早めに踏めと思うケースも多い。4車で、しかも番手は地元の御大の三宅伸だったが、山下一輝は6番手捲り。たまたま、決まったから良いが危ないレースだった。結果は堅く決まったが、全く読めないレースだった。
  10R S級予選



1 高木 翔
練習の疲れが残っていた。
3番手を捌くので一杯。
仕掛けたかったけど、もう小嶋さんが来ていた。
2 伊代野 貴照
みんなに認められるマーク選手になりたい。
理想は南修二君。
まだ、この走りではダメですね。
3 小嶋 敬二
スピードは出ていたし、悪くないと思う。
準決は南君は俺に付かず単騎みたいだね。
ちょっと、ややこしいレースになりそう(笑)。
4 武田 和也
主導権取る自分のレースは出来たけど、小嶋さんが強すぎた。
5 鈴木 誠
自分なりに早めに踏んだけど、思ったより伸びなかった。
6 白井 一機
あんなの絶対、付いて行くのは無理だよ(笑)。
7 池田 浩士
自力選手に捌かれている様では、まだまだだ…。
9 吉田 健市
自分で自分を誉めたいですね。
小嶋君は凄いスピードだったので。

レース総評
小嶋敬二が全盛時を彷彿させる捲りで圧勝劇。まるでバイクみたいだった。ただ、この強い勝ち方をやっても、次の日にコロッと負けるのも小嶋だ。こう言うレースは何度も見てきたし、ファンの間でも浸透している事だろう。付いて行った吉田健市も立派だったし、いくらスピードが違ったとは言え、伊代野の番手のレースは下手だった。高木翔は、もっと強くなっても良いが、負け戦の本命ぐらいの選手の評価だ。
  11R S級初特選



1 坂本 亮馬
内は重たいバンクコンディション。
その中では、良かったんじゃないかな。
結果は別として、自分の感覚の中で。
2 渡邉 雄太
やってはいけないレースだった。
準決は、和田さんと決められる様に。
あのレースでは調子は掴めない。
3 菅田 壱道
今回はセッティングを換えたので自力を出したかった。
準決に繋がるレースだったと思う。
4 黒田 淳
楽に中団を取れたので。
最近は自在の走りが多かったし、久々に捲りが決まった感じです。
5 和田 健太郎
渡辺君も牽制されてきつかった思う。
俺は最後、コースは見えていた。
だから自分の調子に関しては問題ない 6 小野 大介
坂本君も番手を狙ってきたし、今日のレースは仕方ない。
7 香川 雄介
地元のせいか、いつも以上に黒田君が気合いが入っていた。
任せて正解だった。
8 高橋 陽介
自分の位置は守れたから。
簡単に負けると、舐められるし、それは良かった。
9 南 修二
見ての通りで全然ダメ。
弱すぎる…。
準決も自分で何かやる。

レース総評
渡辺雄太は完全に後手を踏んで、逃げたのは菅田壱道。内から坂本亮馬が番手を狙いに行くが、捌き切れない。レース巧者と言えない黒田淳だが、楽に中団を確保。これも地元戦だからで、これしか香川雄介と決まらない走りだった。それでも、自在の菅田の逃げだし、捲れると思われた渡辺だが3着で一杯。黒田の捲りを香川雄介が差して1着。鎖骨骨折明けの南修二は捲りに行ったが、1車も出なかった。まだ、ベストの状態には程遠い。


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日インタビュー
 1R


高橋秀吉
地区的には違うけど、加藤君の番手なら喜んで。
1着も取れているので脚の感じは悪くない。
石井和明
いつも通りに天田さんと一緒に練習をやってきた。
玉野を走るのは初めて。
積極的な自力勝負です
後藤純平
近畿ラインで岡嶋君の番手へ。
4番車だけど、力があるのは知っていますよ。
岡嶋 登
この2場所の予選は1着と2着でクリア。
調子は良くなっていると思う。
積極的なレースをやる。
加藤健一
今期は優勝もあるけど、怪我をしてから基本的に良くない。
僕のラインだけが3車なので、積極的に走りたい。
西村尚文
もう捲る脚なんて無いですよ。
鹿児島同士の大竹野君の番手へ。
関戸 努
まずまず展開なりに走れていると思う。
高橋君が点数上位なので、加藤君の3番手を固める。
大竹野裕樹
前回は体調を崩してオール7着。
パチンコなら縁起が良いですが(笑)。
点数も5点ぐらい落としているし頑張らないと。
自力で頑張る。
堀 勝政
群馬同士の石井君へ。
連係するのは今回が初めて。
2人で点数が同じぐらいだし、気を遣う必要もないね。
 2R


小岩哲也
またS級で走れる様に頑張っているところ。
凄く良いわけでもないけど、特別悪いわけでもない。
自力で勝つ走りをやる。
田原大広
冬場は外で練習出来ないから、どうしても脚が落ちる。
だけど、チャレンジ地獄から這い出しただけでも。
チャレンジで73点取れれば、1・2班戦なら88点ぐらいは楽に取れる感じ。
自力自在の総力戦です。
奥出 良
今回は小嶋先輩がいるし、自分も頑張らないと。
先行で持ち味を発揮する。
徳吉広紀
内山君は2人の時に頑張ってくれる。
九州で結束して3番手です。
滝川秀嗣
前回の前橋ミッドは、後輩の頑張りで1着を取る事が出来た。
ここは中部で奥出君へ。
関谷哲平
とにかく単騎になるみたいだけど、頑張ります!
斉藤 明
田原君は自分でやるみたいですね。
立ち遅れない選手だし信頼して。
玉木英典
田原さんに任せてもらっても、荷が重たい。
単騎で自在に。
内山 拓
前橋ミッドの最終日は別府先輩が突っ張ってくれた。
自分も車間を切り、ワンツーだった。
徳吉さんの了解を得たので小岩君の番手へ。
 3R


杉山正和
同県の西川君の方が点数を持っている。
中部で結束して3番手です。
田口 守
前橋は準決の夜から原因不明の下痢に悩まされた。
事故点も多いし、スタート牽制があったら前に出る。
来年の4月には2人目の子供も産まれ、嫁もいつか復帰する。
それまでは家庭を守り、レースでは攻めたい(笑顔)。
自力勝負です。
篠田宗克
予選スタートになると、こんなもん。
落ちるのは、早いし簡単だよ(苦笑)。
南関ラインで水野君の動きに乗る。
水本博行
田口君の番手へ。
これで3度目の連係で、1回ワンツーも決まっている。
瀧本匡平
後方にならない様に仕掛けたい。
先行か捲りの自力勝負です。
鈴木達也
単騎でラインの切れ目から。
捲りが出る様な脚はない。
西川弘資
怪我明けだし、走ってみないと。
中部で瀧本君の番手へ。
大田啓介
地元だし、何とか勝ち上がりたいですね。
田口君ラインの3番手。
水野悟志
ロング捲りが理想だけど、最低でもショート捲りは出したい。
流れを見て自力自在戦。
 4R


滝本泰行
後ろは師匠の石坂さん。
初連係だし緊張する。
先行を基本の組み立て。
野間 司
師匠は引退したばかりの若林隆行さん。
舘君は弟弟子だし、地元の師弟コンビに負けない様に走りたい。
5回ぐらい一緒に走っていて、4回ぐらい確定板に載っている。
横瀬 聡
九州ラインで広田君へ。
上手くスピードを借りて、最後は突っ込みたい。
長正路樹
茨城コンビの後ろですね。
前が行ってくれれば、2、3着はあるかも。
広田樹里
人の後ろもあるけど、自分でやっても苦にならない。
中団基本の自力勝負です。
喜納隆志
九州で結束です。
3番手を固めて直線勝負。
石坂永伍
俺より弟子の滝本君の方が緊張していると思う。
行くだけのレースでなく、勝つ走りをやってくれれば十分。
升沢祥晃
今は愛媛から強い若手が育ってきている。
ここは地元コンビの後ろへ。
舘 真成
地元の滝本君は強そうですね。
僕も後ろが兄弟子だし、自力で負けない様に。
 5R


吉田輪太郎
川越勇星がレインボーカップで特別昇班出来て良かった。
これでチャリチャンのA主さんも喜んでいる事でしょう(笑)。
どれぐらいやれるか楽しみですね。
僕も自分のスタイルを崩さず自力勝負です。
堺 正人
同県の日浦君を信頼する。
まずまずだけど、相手が強すぎるね。
門田 凌
S級特進はあまり意識していない。
気負わず自然体で走るだけ。
自力で勝てる様に頑張る。
藤原亮太
このメンバーで単騎でやる必要はない。
門田くんが強いし、愛媛コンビの後ろを固める。
興呂木雄治
見ての通りであまり良くない。
前回の予選の2着も番手のレース。
自力自在の総力戦です。
富沢洋祐
南関ラインで吉田君へ。
カマシが得意だし、好きな走りで十分。
三木健治
今は沖縄籍だけど、元々はホームバンク。
自然と気持ちは入りますよ。
九州で興呂木君の番手へ。
日浦崇道
自分なりに状態は上がっているけど、門田君が相手では…。
自力で一発狙い。
栗田貴徳
野村君が僕の弟子だけど、門田君も本当に強い。
連係するのは初めてだけど、凄く楽しみ。
今は色々と模索している最中。
 6R


小島雅章
前回の優勝は福島の小酒君が前々に攻めてくれた。
何にもやらなかった感じですね。
あとは、宮下貴之さんにも足は向けられない。
今期、何度も世話になっているので。
ここは南関ラインの後ろです。
利根正明
小倉ミッドは完全優勝。
初日は押さえて駆け、決勝は狙い通りの捲りだった。
自力で勝てる様に走る。
別府競輪の女達? ちょっと恥ずかしからやめて下さい(笑)。
田中俊充
中部近畿ラインで桜井君へ。
展開なりに走れる状態。
桜井雄太
優勝はないけど、安定した走りは出来ていると思う。
自力で一発狙いたい。
藤原 浩
流れが良いせいか、自分の伸びも問題ない。
ここは利根君の番手へ。
遠藤勝行
小野君はダッシュが凄いし、離れない様にしたい。
もちろん、好きな走りで十分ですよ。
小川 巧
地元と言っても、藤原君と点数が違いすぎる。
まずは中部近畿ラインの後ろへ。
阿部 功
藤原さんは利根君にジカ付けみたいですね。
ならば、その3番手を固める。
小野裕次
来期もA級。
今期も失格があるので。
ただ、間違いなく脚は良くなっている。
2車と3車では違うし、小島さんの1車は大きいですね。
自力で。
  7R


佐川翔吾
前回の前橋は5・3・3着だったけど、連日バックを取る事が出来た。
数字より悪い感じはしなかった。
自力勝負。
稲村成浩
一戦、一戦集中して走るだけ。
東のラインで真船君の番手へ。
内藤 敦
支部長としての公務も忙しいけど、走る以上は選手として頑張る。
佐川君の番手で仕事。
須藤 悟
実績ある和泉田さんが前を回してくれた。
南関ラインで斉藤さんへ。
久米 良
最近は伸びる様になっている。
内藤さんが佐川さんに行くし、その3番手です。
斉藤友幸
補充だったけど、伊東記念の1着は自信になった。
後手を踏まない自力勝負。
田村真広
真船君が骨折明け? ただ稲村さんなら何とかしてくれるでしょう。
3番手を固める。
和泉田喜一
大きな数字しか取っていないし、全然踏めていない。
南関の3番手です。
真船圭一郎
鎖骨骨折明けだが自力勝負。
こんなに大きな怪我をやったのは、選手になって初めて。
慎太郎さんみたいに、上手い事を言い、面白い様にまとめておいて下さい。
ただ、慎太郎さんは少し毒がありますが(笑)。
  8R


小坂敏之
地元は結果が出ず残念。
その分も今回は頑張りたい。
関東ラインで久木原君へ。
大西 祐
細切れ戦なら、どこか呼吸が合う場所があると思う。
そこで、思い切って仕掛けたい。
五日市誠
位置はキッチリ取りたい。
流れを見て自力自在に何でもやる。
好永 晃
松本さんが前を任せてくれた。
自力を基本に展開で何でも。
大前寛則
地元だし当然気合いは入っている。
脚の感触もまずまず。
大西君の機動力に乗る。
丹波孝佑
このメンバーなら単騎ですね。
厳しいけど自力勝負。
久木原洋
自己最高の競走得点。
だけど、僕はムラがあるのが欠点。
110点ぐらいのレースもあれば、78点ぐらいのレースもあるから(笑)。
小坂さんに迷惑をかけない自力勝負。
泉 慶輔
S級では自分では何にも出来ない。
北日本で五日市さんへ。
松本大地
関東の競輪場に行った方が、西日本を大きく見てくれるから番組が良いケースが多い。
ここは九州で好永君へ。
  9R


三宅 伸
お金があれば、冬期休暇に入っていたい。
そこそこのお金は貯めたけど、小銭程度ですよ(笑)。
山下君の番手で結果を出したい。
加藤寛治
若い方が前回りですよ。
同県の篠原君を信頼して。
真崎新太郎
栃木同士の古川君へ。
徹底先行ではないし、好きに走ってもらう。
古川尚耶
自力自在の総力戦。
点数がダメなので、前橋と宇都宮の補充を引き受けた。
ただ、このままではやばいし、そろそろ結果を出さないと。
山下一輝
後ろが地元の三宅さんだし、しかもライン4車。
責任重大ですね。
後手を踏まない自力勝負。
藤田剣次
逃げるのは間違いなく山下君。
4番手になるけど、ラインを固める。
篠原 忍
佐世保記念は2回ぐらい乗り上げそうになった。
まだツキがありますよ。
僕が前で自力勝負。
古川孝行
怪我が続いていて流れが良くない。
栃木コンビの後ろを回る。
山口貴嗣
藤田さんの了解を得て三宅さんの後ろ。
3番手だけど、チャンスのある位置。
  10R


高木 翔
今年も久留米に冬期移動している。
ただ、友和さんは今年は来ないみたい。
勝ち上がりには失敗しているけど、1着も取れている。
先行か捲りで。
伊代野貴照
もっと上を向いて、色々と試している。
中途半端が一番良くないから、もう自力は出さない様にしている。
同県の武田君へ。
小嶋啓二
中4日だし調整程度。
疲れを取ってきた。
今年はまだ優勝していない。
これは一昨年もあるし、選手になって2度目。
やはり年には勝てないよ。
自力で。
武田和也
いわき平は番手のレースで1着だけど、前回の静岡は逃げ切る事が出来た。
積極的なレースをやる
鈴木 誠
成績より脚の感じは良い。
北日本ラインで高木君へ。
白井一樹
中部ラインの3番手。
とにかく前の2人に離れない様に。
池田浩士
まずは、3分戦にしていく。
武田君の先行に期待して、奈良コンビの後ろへ。
山口貴弘
位置は決めずに流れで走る。
多分、初手は北日本の後ろにいると思いますが。
吉田健市
小嶋さんの番手へ。
相変わらず凄いダッシュだし、離れない様にしたい。
  11R


坂本亮馬
ギックリ腰をやってから、まだ本格的な練習は出来ていない。
単騎で自力勝負です。
渡辺雄太
伊東記念の決勝は単騎で難しかった。
前回の千葉最終戦は、地元勢に貢献出来たと思う。
いつも通り自力勝負。
菅田壱道
僕が前で自力勝負。
宇都宮のイナショーさん? あれをやると山田英明さんを引き出すけど、あれがイナショーさんのレーススタイルなんでしょうね。
回りの動きを気にするより、自分のレースをやったと言う事でしょう。
今年は2回優勝したけど、全体的にはあまり良くなかった。
黒田 淳
最近は自力と言うより、自在な走りが多くなっている。
地元だし、勝てる様に頑張りたい。
和田健太郎
良い意味で平行線。
選手になって今年が1番良いんじゃないかな。
念願の特別競輪の決勝にも乗れたので。
渡辺君は共同通信社杯の負け戦以来。
小野大介
どっちが前でも北日本の3番手。
前の2人には世話になっているので。
香川雄介
地元高松で優勝する事が出来て良かった。
黒田君が地元で頑張ると思うので、前を任せる。
高橋陽介
菅田君とは、その時々で前後を決めている。
彼が前でやりたいと言っていたし、ここは番手です。
坂本君と南さんはどう動くんでしょうかね。
南 修二
今回は鎖骨骨折明け。
練習は5日ぐらい。
ただ、普通に走れるとは思う。
単騎で前々。



ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
【玉野競輪オリジナル】天木じゅんグラビアクオカードプレゼント!
玉野競輪「週刊実話&e‐SHINBUN杯」の開催を記念いたしまして、
e-SHINBUNプレミアム会員様(※登録無料)に素敵なプレゼントのお知らせです!

【玉野競輪オリジナル】天木じゅんグラビアクオカードを抽選で10名様にプレゼントいたします!


 
応募はこちらから⇒玉野競輪オリジナルクオカード

※e-SHINBUNプレミアム会員様(※登録無料)限定のキャンペーンとなります。
応募期間は開催前日の12/24(日)から最終日翌日の12/28(木)までです。

この機会に是非e-SHINBUN会員登録を!

ページトップへ
   
コンビニのコピー機で玉野競輪の出走表が無料プリントできる!
コンビニで玉野競輪の出走表が無料でプリントできます!!


全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
玉野競輪の出走表が無料でプリントできます!!

開催初日分は前検日17:30頃から、初日以降分は当日2:00頃から
プリント可能になります。

ぜひ、ご利用下さい!!

操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin61





ページトップへ 
   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。
 

平成29年12月27日
大宮FⅠ関東カップの最終日はA級で111期の松本貴治が圧倒的パワーで完全V。次の四日市ナイターが特進シリーズ。
北津留翼に坂口晃輔も人気に応え、決勝は南関の2段駆けを坂本貴史―和田圭で捲ったのを、絶好調の芦澤辰弘が差し切りこれ又完全Vで幕を閉じました。
夜は小倉ナイターの初日ですが、それより大事なのは平塚グランプリシリーズの前検日。
オールS級戦で特選が1個のため、予選で準決に乗るには2着迄の狭き門に。各々が着を考えての走りに成るのは必定。
特選には競技のスペシャリスト脇本雄太が世界の脚で飛ばせば、ライバル意識ムンムンの早坂秀悟も先行宣言のグランプリに匹敵する大迫力。
私の狙いは松岡貴久であり、地元和田真久留。
ガールズグランプリは全員がVチャンスで誰もが7着に落ちるかも知れないの大激戦。
私はコレクションからグランプリと◎を付け続けてる児玉碧衣にしました。高木真備を対抗で、穴で狙うなら長澤彩の3連対。
平塚グランプリシリーズの狙いを。これをヒントに全国のファンに車券を購入して貰えたら成功で終わるんじゃないかと信じて3日間やる事にします。
1R、S級点に勝負駆けの中村一将
2R、展開不問で志智俊夫と萩原孝之
3R、堅実江守昇
4R、岡光良の3連対
5R、海老根恵太から手広く
6R、中部のマッチレース
7R、佐藤友和・友定祐己、力の両立
8R、石塚輪太郎
9R、桐山敬太郎でドーンと勝負出来そうなムード

 
ページトップへ
   
二宮歩美の『ふんばっていきまっしょい!』



【二宮歩美】
ファッションモデル、グラビアの経歴を経て現在タレントキャスターやMCとして活動するとともに
個人事務所『WB』の代表としてキャスティングやプロデュース業などもこなす。

―二宮歩美ブログ―
“Walking Beauty2~もっともっとがとまらない♡~”
http://ameblo.jp/ninoreport/




ページトップへ 
   
ラピスタ新橋よりお知らせ!





ラピスタ新橋で6月23日(金)~
ミッドナイト競輪前売り発売&競輪1日最大8場併売スタート!!

全国初!ネット以外でミッドナイト競輪が買えるのは

ラ・ピスタ新橋だけ!

ラ・ピスタ新橋では

ミッドナイト競輪日刊スポーツPDF新聞無料配布中!


また、どこよりも多い競輪1日最大8場併売もスタート!

全国最多の併売数でほぼ全国の全開催が購入可能に!

・館内の全発払機での購入が可能です。
・前売り発売限定となります。(当回発売ではございません)
・営業時間に変更はありません。(ナイター開催時20:45迄)
・他場での発売がない為、払戻しはラピスタ新橋でのみ可能です。




所在地: 東京都港区新橋2-7-1
電話: 0120-666-401/(携帯電話)03-3500-3017
営業時間: 通常開催時:10:00~17:00)/ナイター開催時:10:00~20:45/早朝発売:7:30~
アクセス: ・東京メトロ銀座線 新橋駅下車、8番出口より徒歩0分
              ・JR京浜東北線/JR東海道線/JR山手線/JR横須賀線 新橋駅下車、
                 日比谷口出口からSL広場側へ徒歩0分
              ・都営浅草線/ゆりかもめ 新橋駅下車、徒歩2分

   
チャリロトよりお知らせ!





2017年6月1日(木)から競輪・オートレースファンにお届けする情報サイトがスタート。
「Perfecta Navi」(パーフェクタ・ナビ)です。
インタビュー記事、コラム、フォトギャラリーなどを随時更新して行きます。
みなさんのプラスアルファになれば幸い。
ぜひ御活用下さいませ。


↓「Perfecta Navi」はコチラ↓ 
https://perfectanavi.com/


 

   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」編集長。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!
 

REAL GOOD LOOKING BOY

有馬記念はキタサンブラックの独壇場、競艇グランプリは桐生順平が一億円、今年最後の記念、広島競輪は]村上博幸の優勝だった。
互いに野暮用の別行動だったから、繁華街でMと偶然に出くわした瞬間はともにばつが悪かった。Mとは以前町田氏も書いていた「南関のドンの異名をとる」Mのことで、日時は二十数年前の広島、ふるさとダービー出張の最終日だった。前検日の朝から準決の晩までずっと一緒だったMを午前中の雑踏に認めた驚き、奴が即席の彼女を恰好よくエスコートする情景、立ち居の人の中を往く奴の顔貌をまだ忘れずにいる。
Mも俺もまだ三十代前半、遊びたい盛りだった。――そのぐらいの歳が一番愉しいんだよな。滅茶苦茶な俺たちに先輩のTさんが言った言葉と、よく似合うトレンチ・コート姿も憶えている。俺もあの時のTさんと同じ歳になり、しみじみあの言葉の意味がわかる気がする。Tさん、お葬式にも伺えずにすいませんでした。
逃げ切った地元選手がインタビューを受けたあと、集ったファンにプレゼントを投げる映像がしつこいほど続いているが、常よりたくさんの景品の数でも自慢したいのかしら。この手の絵に俺は、受けない漫才同様の寒々さを感ずるのだが、一日中車券を買っているMも苦々しく思っているだろうか。
「好きにならずにいられない」のメロディをか細くピアノが奏でると、すかさずハードなエレキ・ギターの和音が被さる。キーはCだ。「♪なんていい顔をしているんだ、坊や/なんてハンサムなんだ、坊や――。」ザ・フーの「リアル・グッド・ルッキンング・ボーイ」を聴くと俺はすぐに、あのときのMの顔を想い出すことが出来る。



ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ記者・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」




 
【クリスマスプレゼント】

有馬記念は惨敗。

今年最後のG3レースである広島記念も散々だった。

そんな僕にもサンタさんはいるらしく、5000円のプレゼントが今日25日に振り込まれていた。



オッズパークの国から来たサンタさん、ほんとにありがとう。

この5000円をさらに増やして、競輪グランプリの資金にしたいと思います。


ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925



前検日
今回が2回目の週刊実話とタッグを組んだ玉野イー新聞杯。昨年のイメージガールは、グラビアアイドルでニコ生イー新聞チャンネルのレギュラーだった佐々木まいちゃん。今年は有吉反省会でブレークした天木じゅんちゃん。緩い感じで競輪界を盛り上げるのがイー新聞であるし、得意なところ。競輪界も変わったもので、最近ではグラビアアイドルが、水着で予想会をやっていたりする。ボートでは当たり前のイベントだが、競輪界も変革の時期だ。既存のやり方では、競輪を知っているファンにしかアピール出来ないし、いかに競輪を知らないファンに認知してもらうかだ。民間投票サイトに賛否両論あるが、オッズパークなどが、競馬ファンに車券を買わせているのは事実である。とにかく従来の広告宣伝では、色々と広がらないし、外に目を向けて行くしかない。さて、今回取材したかったのが地元の小川巧。どうしても、武雄ミッドナイト決勝での、一番弱いラインが前受けしたのが納得出来ないからだ。もう何度も、書いたり、言ったりしているが、安易な前受けは良くないと思う。チャレンジの弊害かもしれないが、弱い選手が引いて、カマせると思っているのだ。物事には段階があるし、そんな競輪をやっていて、強くなった選手はいない。今の選手は、好きに走れ!と言うと、本当に好きに走るから困ったものだ。小川選手に聞いたが、どうやら、カマシ捲りでその先行選手は一発狙っていた様だ。中四国のマーカーは作戦レースや、鼻を効かせたレースが得意で、色々と注文を出す。その中で小川選手は温厚だし、あまり先行選手に何にも言わない。この仕事をやっていて一番良い事は、後で、真相を聞く事が出来る事だ。ただ、ファンはそれが出来ない。ファンが思い描く、納得のレースが少なくなっているから、ファンは黙って競輪の世界から離れて行くのだろう。

ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2017年12月25日(月)・26日(火)・27日(水)

■開催場所
玉野競輪場

取り扱いネット新聞

競輪毎日

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttp

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ