開設71周年記念 玉藻杯争覇戦(GⅢ)

開催日時 2022年1月27日(木)・28日(金)・29日(土)・30日(日)
開催場所 高松競輪場
出走表 出走表 コンビニで出走表が無料で出力できます。詳しくは コチラ
e-SHINBUN スーパーアドバイザーe-SHINBUN
スーパーアドバイザー
山口幸二

選手インタビュー

初日インタビュー

1R

選手名

「」

2R

選手名

「」

3R

選手名

「」

4R

選手名

「」

5R

選手名

「」

6R

選手名

「」

7R

選手名

「」

8R

選手名

「」

9R

選手名

「」

10R

選手名

「」

11R

選手名

「」
 

12R

選手名

「」
 

初日勝因敗因

1R
 

1 選手名

「」

2R
画像

1 選手名

「」

3R
 

1 選手名

「」

4R
 

1 選手名

「」

5R
 

1 選手名

「」

6R
 

1 選手名

「」

7R
 

1 選手名

「」

8R
 

1 選手名

「」

9R
 

1 選手名

「」

10R
 

1 選手名

「」

11R
 

1 選手名

「」
 

2 選手名

「」

12R
 

1 選手名

「」
 

2 選手名

「」

※横にスライドします。

初日勝因敗因

1R
 

1 選手名

「」

2R
画像

1 選手名

「」

3R
 

1 選手名

「」

4R
 

1 選手名

「」

5R
 

1 選手名

「」

6R
 

1 選手名

「」

7R
 

1 選手名

「」

8R
 

1 選手名

「」

9R
 

1 選手名

「」

10R
 

1 選手名

「」

11R
 

1 選手名

「」
 

2 選手名

「」

12R
 

1 選手名

「」
 

2 選手名

「」

※横にスライドします。

初日勝因敗因

1R
 

1 選手名

「」

2R
画像

1 選手名

「」

3R
 

1 選手名

「」

4R
 

1 選手名

「」

5R
 

1 選手名

「」

6R
 

1 選手名

「」

7R
 

1 選手名

「」

8R
 

1 選手名

「」

9R
 

1 選手名

「」

10R
 

1 選手名

「」

11R
 

1 選手名

「」
 

2 選手名

「」

12R
 

1 選手名

「」
 

2 選手名

「」

※横にスライドします。

見出し

画像

選手名

コメント

選手名

コメント

※横にスライドします。

事前申し込みによる有観客開催について

「開設71周年記念 玉藻杯争覇戦」事前申込による有観客開催について
高松競輪場で開催する「開設71周年記念 玉藻杯争覇戦」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、次のとおり事前申込による入場制限を行います。


1 開設71周年 玉藻杯争覇戦について
(1) 開催期間 令和4年1月27日(木)~30日(日)
(2) 開催場所 高松競輪場

2 入場者について
事前抽選により、各日の入場人数を下記のとおり制限させていただきます。
一般入場:600人
特別指定席:300人(各日500円の入場料が必要となります)
※入場抽選は各日行い、当選通知1枚につき1名のみ入場可能です。

3 応募条件
香川県在住の20歳以上の方に限ります。

4 応募方法について
下記よりいずれかの方法でお申し込みください。

区分 高松競輪場内 郵便はがき インターネット
応募
方法
備え付けの応募用紙により、応募BOXへ投函 郵便はがきに必要事項を記載のうえ、次の宛先へ郵送 「開設71周年記念玉藻杯争覇戦」特設サイト内の応募フォームより申込み
必要
事項
氏名・フリガナ・生年月日・郵便番号・住所・電話番号・観戦希望日・特別観覧席希望の有無
はがき宛先 【住所】〒760ʷ0020
    香川県高松市錦町2ー2ー17
    西日本放送錦町ビル(株)ネクサス内

【宛名】玉藻杯争覇戦限定入場応募窓口
応募
期間
令和3年11月15日(月)から12月10日(金)
※場内応募については10時から16時まで投函可能
※郵便はがきによる応募については、12月10日(金)必着
※インターネットからの応募は12月10日(金)23:59まで
抽選等 当選者には、「当選通知書」を送付

※必要事項のないものは無効といたします。
※特別指定席をご希望のお客様で、特別指定席の抽選に漏れたお客様につきましては、自動的に一般入場の抽選に振替させていただきます。

5 その他
●ご来場は当選者本人に限ります。
●入場時に『当選通知書』をご提示ください。
●入場の際に本人様確認を行う場合があります。
●当選通知書の複製・譲渡は固く禁止します。発覚した場合は無効になります。
●感染症の拡大等により状況によっては無観客での開催となる場合もあります。
●無観客開催への変更で生じた交通費・宿泊費等のキャンセル料についてはお客様負担となりますのであらかじめご了承願います。
●入場の際は、感染症対策にご協力ください。
●ナイター照明設置工事のため、バンクフェンス前からのご観戦はできませんのであらかじめご了承ください。
●いただいた個人情報は本件に関すること以外には使用いたしません。

 

コラム一覧

  • 山口幸二の「やってるって!」
  • コンドルの眼

    ↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓

    コンドルネット新聞

    武田一康(たけだかずやす)
    コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
    昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
    小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
    かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
    新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
    2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
    さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
    競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
    熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
    「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
    口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

    66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
    鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

    趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
    あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
    ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
    競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。


    見出し

    本文


  • 竹林一彦の競輪閻魔帳

     

     

    竹林一彦(たけばやし・かずひこ)

    一九五八- 東京生まれ、競輪育ち、予想紙「アオケイ」記者。

  • とかく・この世は金ばかり ~マッチーの七転八起奮戦記

    町田洋一

    元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
    歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
    打倒ヤマコウがモットーなのか!?

    twitter
    https://twitter.com/matchyou1925

関連リンク

本レース取扱新聞