eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始

第75回 日本選手権競輪(GⅠ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

 
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

 
競輪新聞・無料出走表が取り出せる「eプリントサービス」利用可能店舗が拡大!
 
       eプリントサービス利用可能店舗が拡大!



競輪専門紙、競輪出走表をコンビニのマルチコピー機で取り出せるサービス、「eプリントサービス」

これまで、全国のファミリーマート・ローソンでご利用可能なサービスでしたが、新たに
全国セブン-イレブン
・スーパー等一部店舗・ミニストップ・デイリーヤマザキでも提供を開始しました。


<ご利用可能店舗>


 
       

 

より身近になったeプリントサービスを是非ご活用ください!

 

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら
 

 
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
山内卓也
川村晃司
池田勇人
 
猪俣康一
小野俊之
 

 
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

 
S級決勝インタビュー




平原康太=初日のゴール後の落車ですか。外傷は治ったけど、内蔵のバランスが崩れていて、昨日までは体調が悪かった。だけど、今日の感じだと、かなり良くなっている。ネット競輪のコラムにも書いたけど、ダービー王は誰よりも欲しい称号。とにかく準決で真杉君を残せたのは大きかった。バックから頑張れ、頑張れと応援しましたよ。あの気迫ある先行を真杉君がやってくれれば大丈夫。番手でアシストをしてから。

郡司浩平=今回は調子の良さで決勝まで勝ち上がれたと思う。初日に長い距離を踏み3着に残ったのが大きかった。準決は、浅井さんさえ乗り越える事が出来れば大丈夫だと思った。位置を取って捲りが決まったし、体は自然と動いている。レースに対して状況判断も出来ている。後ろが慎太郎さんだし、笑わせてくれるからリラックスもできる。仕掛けるタイミングを見極めて自力勝負。

松浦悠士=清水君とジックリ話して番手になった。みんな同じ気持ちだろうけど、ダービー王と、僕も呼ばれたい。そうすれば、必然的にオールスターのファン投票で1位になれると思うから。準決は古性君の後ろに入ったけど、右、左に酔わされた(笑)。慎太郎さんが連結を外して2車ぐらい後ろにいるのは確認した。それで4角勝負でなく早めに行った。ここまで未勝利だが脚の感じは悪くない。

武藤龍生=僕はアマチュア時代から平原さんが特別競輪で活躍するのを見てきた。その偉大なる先輩と一緒に特別競輪の決勝を走れるなんて夢の様。準決は鈴木ノブさんのセンスに任せていたし、前も脚のある鈴木竜士君。アクシデントがあったから決勝に乗れたけど、師匠(現役選手の父親)や家族が喜んでくれていると思う。関東の3番手で離れて迷惑をかけない様に。

浅井康太=やはり郡司君が真後ろからの捲りで止め切れなかった。あれを止めるテクニックはあるつもりだけど、何度も対戦しているから郡司君も対策を練っていた。どうあれ雄作が仕上がっていたから僕も決勝に乗れたし、彼のおかげ。関東は2段駆け、裕友君の先行もあるし、郡司君の捲りもスピードがある。その中で何ができるかになってくる。運とタイミングを大切にして力を出し切りたい。
松岡健介=準決はリミッターを切って突っ込んだ。どっちみち、古性君と稲川君の後ろで危ない2人。最初から覚悟は出来ていた。特別競輪の決勝は2014年の全日本選抜以来だと思う。松浦君の後ろも魅力なので考えたけど、単騎で走る。意外に思うかもしれないが、他地区の選手にも付いているので。最終的に、自分でやる判断にした。

清水裕友=自力だけでなく何でもやるつもりで。僕と松浦さんの良さはお互い前を回った時に、渋らない事。それがお互いの信頼関係に繋がっている。準決は何とか凌いだ感じだし、厳しいレースになった。野原雅也さんが、ああ言うレースをやってくるのも想定していたし、本当、きつかった。自分か松浦さんが優勝する仕掛けをやりたい。

真杉匠=初の特別競輪で初の決勝進出。ちょっと夢の様だし信じられない。とにかく緊張したけど、決勝は更に緊張するかも。食事も喉に通らない感じだったので。関東の一番前で、積極的に仕掛けたい。それが僕の仕事になるので。

佐藤慎太郎=最近、色々な選手の後ろに付いているので、ドラマの家なき子と一緒(笑)。地区は違っても、ラインを組んだ時から、それがラインとして成立すると思っている。みんな命を張って走っているので。やはり競輪は番手が有利だし郡司君の番手へ。みんなに世話になっているから、しがらみも多くなっているけど。優勝するとしたら、郡司君の捲りを抜くのでなく、ごちゃごちゃになった時に突っ込む感じだと思う。オレがダービー王になるのは、もう決まっている!



 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
五日目勝因敗因
  1R S級一般二




2佐々木 豪
引いてカマシに行く作戦。だけど、誠一郎さんの駆け方が上手かったですね。もっと仕上がっていると思ったし残念です。

3飯野 祐太
オールスター出場に向けて、点数アップに成功した。伏見さんとかは人気があるから記者推薦とかで出場出来るだろうけど、僕の実力と人気では(笑)。

4松岡 貴久
先行でも捲りでも誠一郎さんを抜いたのは初めて。いつの青森記念だったか忘れたけど、その時から後ろになった。1回だけ逆もやったが、最近は誠一郎さんが前。駆け方が上手いし、ペース配分を知っている。オレに抜かれたのが悔しそうだったけど、オールスターのファン投票もあるので。ちょこちょこ振ったぐらいで、掛かっていたから仕事をする必要もなかった。

5松谷 秀幸
こんな成績で帰るとは、想像も出来なかった。前次第の部分があるけど、前の自力選手の調子も良くなかったね。今日に関して言えば、自分の責任だけど。やはり、予選スタートだと、二次予選も実質的に2着権利になる。内藤さんみたいに、特選シードでないと。噛み合わないダービーでした。

7中川 誠一郎
今回は完全に調整を失敗した。最悪なダービーになってしまった(苦笑)。たった、3回走って、もう終わりですから。ジャンで踏まされたので、そこで脚を使った。まあ、貴久なら抜かれても納得なので。先行した時は、ほとんど失敗していないけど、メンバーを見て決めているので。次の高松宮記念杯は、もっと良い走りをやりたい。

9竹内 智彦
月末までレースがないと思ったけど、前橋ナイター記念の追加をもらえた。ダービーがダメだったし、そっち、頑張りますよ。
 
  2R S級一般二





1山崎 芳仁
源さんが前を取ったのが誤算だった。同期の武田さんからは、山ちゃん、好きに走れと言われていた。流れで先行するつもりだったけど、その展開にならなかった。誘導を残されて、山田久徳君に先行されたし、あの上を捲るのは厳しい。丁度、山田庸平君の捲りにも合ってしまったので。オレと武田さんで並び、ファンは喜んでもらえたと思うが、内容が良くなかったね。

2山田 庸平
野田さんと別で単騎だし、先手ラインから捲る作戦。昨年はダービーが中止になったし、この1年は、ここを目標に頑張ってきた。だけど腰痛が出たり、昨日みたいに先行のペース配分が分からなかったり、まだまだ課題が一杯ある。

3椎木尾 拓哉
久徳君が誘導を上手く使い駆けてくれた。だけど、捲りのスピードが良くて止める事が出来なかった。

5武田 豊樹
結果は別として、山ちゃんとの初連係は楽しかったよ。気持ちも伝わってきたからね。ファンの皆さんにも喜んでもらえたみたいだし、それも嬉しいね。これで終わりだけど、また次もあるし、頑張るので。

8朝倉 佳弘
武田さんが山崎さんの後ろに行くと聞き、その3番手で楽しむと言うか勉強しようと思った。地元の特別競輪だったけど、1勝出来たし、良い思い出になりました。
  3R S級一般一




1寺崎 浩平
踏み合いで叩くのに脚を使った。やはり島川君も強いので。ゴール前は一杯だったけど、3着に残れて良かった。

2島川 将貴
寺崎さんに踏み負けたのが悔しいですね。練習は誰にも負けずやっているけど、まだまだです。

3柿澤 大貴
これが特別競輪の初勝利。寺崎君が島川君を叩き切ってくれたし、彼のおかげ。G1も2度目の出場だし、早くこの日が来れば良いと思っていた。こうして大舞台で1着を獲ると、また練習の励みにもなりますね。

4松川 高大
後ろに昌己さんがいたから、島川君が叩かれたのでスイッチしようとした。だけど、島川君も頑張っている感じで併されてしまった。

5櫻井 正孝
タテ脚がないから、特別競輪は厳しいですね。何もやれなかった感じです。

6田中 晴基
最初は河端さんの後ろとコメントを出したけど、単騎でやりたいと言われた。それでコメントを変更して寺崎君の3番手。それが上手く行きましたね。今後は、追い込みにシフトして行くつもり。

7井上 昌己
オールスターは記者推薦でないとダメだと思っていたけど、点数的に大丈夫ですか。2着が一回だけだし、ちょっと残念な結果で終わりました。

9河端 朋之
単騎で気楽に一発狙うレースだったけど、難しかった。
 
  4R S級特選二




1中本 匠栄
初のダービーが特選シード。勝ち上がりには失敗したけど、こうして1着を取る事が出来て良かった。先手ラインに乗って、内、外、両方踏むレースを考えていた。やはり、誠一郎さんと松岡さんで熊本ワンツーを決めていたし、それも刺激になった。

2小松崎 大地
体は痛くないと言えば嘘になるけど、最終バックを取れたので。最終日、もう1走頑張ります。

3皿屋 豊
まだまだ特別競輪で簡単に勝つ脚がない。嵌まれば良いけど、そうでない時がダメですね。

6山岸 佳太
二日間、主導権は取れたけど、今日は捲り追い込み。3着に届いたけど芦沢さんに迷惑をかけた。

7佐藤 友和
落車しているのに、小松崎君はよく行ってくれましたよ。中本君が内に詰まっていれば、ワンツーが決まっていたかも。それぐらい、小松崎君も掛かっていましたよ。

8大石 剣士
せっかく岩津さんが任せてくれたのに、申し訳ない。みんな、巻き返しが早かった。

9芦澤 辰弘
アニキの怪我も、裂傷を縫うぐらいで良かった。無事、帰って行きましたよ。山岸君が3着だし、僕の位置だと4着で一杯。
 
  5R S級特選二




1松本 貴治
構えるレースでなく、僕も積極的に行こうと思っていた。やはり、野口さんを捲るのに、かなり脚を使った。原田さんが行くのが見えたけど、諦めずに踏みました。

2木暮 安由
記者さんも検車場に来れないから、みんなと、くっちゃべれない(笑)。だから退屈ですよ。次の地元前橋記念は完璧に仕上げて、平原さんの番手で優勝します!

3萩原 孝之
野口君が強引に叩き切ってくれたし、捲りは止めようと。バックは、かなり持って行ったつもりですが、原田君が自ら捲りましたね。

4小林 泰正
とにかく野口さん相手でも強きに勝負しようと。だけど、行かれてしまったし、車を下げた。最後は少し余力があったので、4着までは届いた。

5原田 研太朗
ラインは100点、オレは0点。これから謝罪会見ですね(苦笑)。松本君が止まったと思い、自ら仕掛けるレースになった。だけど、松本さんも野口さんを叩き切っている。見栄えが悪いし、あそこは我慢しないと。

7阿竹 智史
ジャンでは前の動きが見えなかった。あとは、松本君と原田君の判断だった。結果的にラインの3人で決まったし、良い走りが出来たと思う。

9野口 裕史
二次予選で東口さんに凄いのをもらった。見かけと違い、ああ言うのに弱く、体と心にダメージが残った(笑)。体が固まってしまい、怖さもあるから動かない。
 
  6R S級特選二




1内藤 宣彦
再度、高橋君が仕掛けてくれたけど、付いて行く事が出来なかった。

2小川 真太郎
前がもがき合いだったけど、最終ホームは1車しか出なかったですね。その後の小倉さんのコース取りは流石。

3神山 拓弥
高橋君の捲りのスピードが良くて止める事が出来なかった。オレも脚を使っていたから余裕がなかった。

5高橋 晋也
阿部さんと内藤さんに位置を取ってもらい、中団に迎い入れてもらった。あれが大きかったけど、その前にきちんと叩き切らないと。1回脚を使っていたので、捲り切ったが最後は失速した。

6小林 大介
今日は坂井君が頑張ってくれたので。あのまま高橋君が浮いていれば良かったですが。4着だし、十分ですよ。

7阿部 力也
だいたい、あんな展開は想定していた。高橋君が浮いた時は、きちんと中団に入れようと。あそこから、もう1回捲って行くし、高橋君は強いね。抜けないと思ったら、逆に抜きすぎて申し訳ない。

8坂井 洋
二日間、主導権を取れていなかったし、今日は積極的に行こうと。だけど、高橋君に力負けです。

9小倉 竜二
最後の4角で阿部君がZOZOTOWNの社長だった前沢社長に似ているのを思い出した(笑)。彼に気付かれなければ、頭まで行った。顔を見られてしまい、オレがいるのがばれてしまった。
 
  7R S級特選一



2守澤 太志
村上さんと競り色々と勉強になった。まだまだ、マーカーとして未熟なので。

4吉田 敏洋
新山君の後ろが競りだからチャンスが出来た。だけど、あれは2着の展開だよね。名古屋でルーキーシリーズがあったけど、西脇美唯奈はオレの弟子。成績は気になるね。まあ、男の弟子は取らない事にしているので(笑)。

5新山 響平
理想は後ろが競りで守澤さんに勝って欲しいし、突っ張り先行だった。ただ、突っ張りたいタイミングの時、内に村上さんで、外に守澤さんだった。あとは、前もかなりペースアップしたし、後ろには付きづらい仕掛けになってしまった。悪くはないと思うけど、勝ち上がりに失敗しているから、何か足りなかったんでしょうね。

9坂口 晃輔
吉田さんは、こう言うレースが上手いので、全面的に信頼していた。とにかく、初手とかは、新山君の近くにいる作戦。多少、想定外の展開もあったけど、概ね、考えていたとおりのレース。最後は内でなく、外を踏んでの2着だし納得です。
 
  8R S級特選一




1和田 健太郎
高原さんに結構締められたので、その勢いで前まで行った感じ。あそこで意地になり競っても仕方ないので。まあ、ゾンビみたいに何度も復活するレースだったけど、最後は3着。あれで2着まで行っていれば、二次予選は4着でなく3着で準決に行っていたよ。

2山崎 賢人
もっと早めに引いて一気にカマシに行きたかったけど…。内から和田さんが行ったりして見てしまった。脚は良いけど、ラインで決められず。それが残念です。

4大坪 功一
あの捲りに付いて行くのは、僕の脚では無理ですよ。番手の園田君さえ離れていたから。やはりナショナルチームの山崎君のスピードが凄いね。

5村上 義弘
まずは竜生が頑張ってくれた。和田君が内から行ったのとかは、イレギュラーな展開だったけど、竜生は想定内と言っていたし冷静だった。山崎君のスピードが違い止める事が出来なかった。なるべく残したかったけど、外に園田君がいたから、タテに踏むしかなかった。日本選手権と言う、権威のあるレースで、ファンがいないのは残念。だけど、権威そのものは変わらないし、選手は精一杯走っている。

7香川 雄介
村上君の後ろが自然だと思ったし、その3番手にいた。だけど、山崎君のスピードが違ったね。

9園田 匠
山崎君のダッシュが良いのは分かっている。踏み出しに難があるし、気をつけたつもりだが離れてしまった。
 
  9R S級準決勝




1佐藤 慎太郎
マーク屋として、イナショーに捌かれたのは、情けないね。その後のリカバリーは良かったけど。初手は1番車だし、良い位置を取ってくれと郡司君に言われていた。

2古性 優作
残り1周の仕掛けだし最低でも3着に残らないと。後ろに松浦君が入ったのは分かった。ローリングしながら牽制したけど、脚がなかった。あと一ヶ月半で地元岸和田の高松宮記念杯があるし、それまでに脚をアップさせないと。

3岩本 俊介
外を踏むレースにならず、力を出し切れなかった。明日は諸橋さんが任せてくれるので、また頑張ります。

4北津留 翼
4番手、4番手と思っていたけど、松浦君と併走になった。それで一旦、切るしかなくなった。

5松浦 悠士
あのまま北津留さんがペース上げると、古性君の番手捲りがある。それで叩きに行ったら、古性君の後ろに入れた。慎太郎さんが2車ぐらい後ろにいたのは分かった。古性君の先行は、右、左に動き酔わされた。慎太郎さんの為にも4角勝負でなく、早めに行った。

6松岡 健介
最初から古性君と稲川君の後ろだし危ない2人。だからリミッターを切って走った。慎太郎さんに降りられたけど、内の岩本君に勝ったのが大きい。最後は落車覚悟で突っ込みました。

7稲川 翔
松浦君に入られたのが痛かった。そこが失敗だった。
 
  10R S級準決勝




1内藤 秀久
落車は痛いけど、明日も走りますよ。郡司君に付いて行けず残念。

2鈴木 庸之
一旦切った方が良かったけど、誘導のペースが早くて切れなかった。その後は、車を引かずに内藤さんと勝負すれば良かった。つい3車なので引いてしまい、それが致命的になった。

3浅井 康太
まずは雄作の頑張りがあったから。後ろに郡司君が入ったのは、すぐに分かった。真後ろを止めるテクニックで対抗したが、それ以上に郡司君が上手かった。あの辺りの攻防は、また色々と説明していきたい。

4渡邉 一成
緩む場所で行きたかったけど、それがなかったですね。前で決まってしまい残念です。

5郡司 浩平
きっちり、位置を確保して、そこから捲る作戦。もちろん、流れで逃げても良いと思った。浅井さんを乗り越えるのは簡単ではないけど、勝つ事が出来て良かった。

6竹内 雄作
自分の力は出し切れたし、浅井さんも決勝に乗ってくれたので。収穫はあったし、あと1日、頑張りたい。

7鈴木 竜士
(落車棄権で失格)。

8武藤 龍生
鈴木ノブさんはレースのセンスはあるし、前も脚のある竜士君。何も考えずに済んだから気持ちの余裕があった。アクシデントがあったから、素直に喜べないけど、G1の決勝なんて信じられない。

9大槻 寛徳
(落車も再入し7着)。
 
  11R S級準決勝




1諸橋 愛
(落車し棄権も最終日も出走)。

2清水 裕友
何とか凌ぐ感じだったし、厳しいレースだった。野原さんが、ああ言うレースをやってくるのは分かっていたし、その対処で脚を使った。前も平原さんだし、届かないと思った。

4野原 雅也
怪我は大丈夫です。明日は村上さんの前で頑張るだけ。

5山田 英明
要所、要所で、踏み遅れていた。そこが、まだ下手ですね。この技術を、今後磨いていかないと。

6眞杉 匠
食事が喉に通らないぐらい緊張していた。まさか、こんな結果が出るなんて夢の様。最後も、平原さんに残してもらった。決勝は、その分も。

7東口 善朋
どう走るかは、野原君に任せていたので仕方ないですね。

8根田 空史
アクシデントもあったけど、巻き返すタイミングがなかった。

9平原 康多
真杉君とは何度も連係しているので。落ち着いて走ってくれたし、彼の成長も楽しみ。後ろの諸橋さんの落車も残念だし、2車身ぐらい後ろに清水君がいたのも分かった。もちろん、真杉君が残ってくれたのは大きいですね。
 
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
四日目勝因敗因
  1R S級一般二




1柴崎 淳
作戦は先行すると藤井君が言ってくれた。どこから行くかは、彼任せ。庄子さんに飛び付かれたので、そこに集中した。あとは、藤井君が失速してきたから番手からスパート。ただ、後ろに竹内智さんがスイッチしたのは分からなかった。あれだけ行ってくれたし、勝ちたかった。

3竹内 智彦
あれだけ庄子君が踏んでくれたので。柴崎君をどかせれば良かったけど、その後ろの富生さんを飛ばす形になった。ちょっとシビアだったかもしれないが、柴崎君にスイッチ。いつも、ビッグレースは落車してばかりだから、久々の1着。今年も全日本選抜、ウイナーズカップも落車(苦笑)。1着だとお帰りでなく、もう1回、走れるみたいですね。2着も1人が現時点で確定。3着は、すぐに帰れず、待機の様だ。6日制だから、難しい概定。

5岡 光良
3着だと待機になるし、すぐに帰れないですね。ゴール前は伸びたけど、タイムは11秒7ぐらいで良くなかった。だけど、シューズを変えたら良い感覚でした。

6山口 富生
(落車し棄権)。

7橋本 強
(落車し棄権)。

8鈴木 謙太郎
(落車し棄権)。

9庄子 信弘
前から2番目を取るのは作戦通り。そこから、藤井君ラインに飛び付く作戦。だけど、思ったより来るのが遅く、半分、逃げるスイッチが入っていた。あのまま柴崎君が4角勝負をしてくれれば良かったけど、番手から出たので。もう竹内智さんも真横にいた。
 
  2R S級一般二




1上田 尭弥
どこで、荒井さんは切れたんですか? ホーム前? それなら一人だし、絶対逃げ切るのは無理ですよ(苦笑)。後ろが、どうなっていたかは分からないし、飯野さんだったのも分からなかった。

3飯野 祐太
いわきオールスターの選考期間が今月一杯。点数が微妙な位置だったし、この1着は大きいですね。荒井さんが遅れていたから、上手く上田君にスイッチ出来た。ウイナーズカップで考えさせるものがあり、セッティングを昨日まで変えていた。今日から元に戻したら、良い時の感覚だった。昨日、このセッティングだったら、アフロ君に綺麗にスイッチ出来たかも(笑)。点数アップの為に、山崎芳仁さんと一緒なら行ってもらおうかな。

4志村 太賀
初日の5着が全てだった。レースで1着を取れないけど、今日の大敗で一番早く帰れる(笑)。

5伏見 俊昭
こうしてダービーも制覇して、連続してダービーに出場出来たのも嬉しい事。脚が落ちているし、飯野君に離れて残念。

6渡邉 晴智
また、来年もダービーを走れる様。これで、帰るけど、お世話になりました。

7荒井 崇博
これで帰れるし、家に帰って、ゆっくり休みますよ。上田君のダッシュについて行けず、残念。

8岡本 英之
点数はたまたまあり、近藤君とも同県。それで番手を回らせてもらったけど、晴智さんの前は緊張しますよ。
 
  3R S級一般二




1佐藤 和也
最後は外は無理だと思ったし、内を突っ込んだ。9着、9着で終わると、へこむし、最後3着に入れて良かった。

2長島 大介
構えるレースより、緩んだ感じがあったので仕掛けた。最後は一杯になったけど、地元の朝倉さんの1着に貢献出来たので。

8朝倉 佳弘
長島君が2車なのに、カマシに行ってくれたおかげ。地元の特別競輪だし、最後は早めに踏んだ。歯がゆいレースが続いたけど、調子は悪くないと思っていた。地元京王閣のダービーが決まった時点から、無茶な練習をやり始めた。それが、結果的に調子を崩し要因だった。

9堀内 俊介
最終ホームは長島君を出させるかどうか悩んでしまった。中団3番手に入ったけど、そこから仕掛ける勇気がなかった。それが今の気持ちの弱さですね。マークの2着ではダメでしょう。
 
  4R S級一般二




1武田 豊樹
やはり負け戦に回り、厳しい戦いになっているよ。この1着で、もう1回走れるし良かった。さすがに特別競輪に来て、3日でお帰りは一度もないので。今回にしても9車は川崎の全日本選抜以来。レースを見ていて、7車で逃げてレースを支配している選手でないと、9車の特別競輪は厳しい。それが若手の傾向と対策ではないかな。今の関東は平原が一人で頑張っている。康多は優しいから、後輩に煩い事を言わない。だから、その役目がオレだと思っているけど、弱っているからね(笑)。若い時は神山雄一郎さんに逃げて抜かれない事だった。捲りなら差されるレースはなかった。だけど、逃げた時は全部差されているし、目標を達成する事が出来なかった。オレらの若い時は、空気を読む力があったけど、今はそれがなくなっているね。

3松岡 貴久
コンドルの武田社長はオレが本命だったの? それは、ちょっとやりすぎでしょう。スキがあれば、武田豊樹さんのところもしゃくろうと思ったけど、そこは上手かったですね。最後も外では無理だと思い、内を突くレースになった。

4川口 聖二
力は出し切れたし、近藤さんと決まったと思いましたが。武田さんが上手くスイッチしていたんですね。

6江連 和洋
自分の位置を守れれば良かったけど、内から上手く松岡君に捌かれてしまった。

7近藤 龍徳
自分では調子が良いと思っていたし残念。これからネット競輪のコラムを書くけど、「語録」を考えるのが大変なんですよ。よかったら、今度、読んでみて下さい。

9河村 雅章
後ろが武田さんだし、早めでも行こうと思っていた。結果は出ないシリーズだったけど、収穫もあったし、今後に活かしたい。
 
  5R S級特一般




1谷口 遼平
島川君の後ろに入ったけど、それまでに脚を使っていたので。細切れ戦だし、自分らが3車で、それは有利だった。

2松坂 洋平
みんな脚を削っていたから、伸びている様に見えただけですよ。笠松さんが邪魔になり、仕掛けが遅れた。

3島川 将貴
昨日、今日で少し、掴んだものはある。ずっと、悪かったので、何かヒントを得るレースだった。

4鹿内 翔
桜井君と8、9番手できつかった。やはりG1は、何もかもが違いますね。

5笠松 信幸
あのまま島川君にスイッチしていたら大事件だよ。だから、きっちり3番手に付け直した。

6筒井 敦史
ジャンで島川君と連結を外した。そこが致命的になった。島川君が強くて自分に脚がなかった。それと、ダイエットをして、体に力が入っていないのかも。

7櫻井 正孝
自在選手が8番手だし、今日もセンスがないレースだった。もっと、前々に踏まないと。

9川口 公太朗
点数がないのに、笠松さんが番手を譲ってくれたので。昨日、2着で失敗しているので、今日は4角から強めに踏まさせてもらった。
 
  6R S級特一般





1神田 紘輔
まずは、オレが寺崎君を差した方が1番人気だし、ビックリしましたよ。今日はバンクコンディションが無風で、走りやすかった。後ろの村田さんには悪いけど、外では無理だと思い、内を突いた。岸和田もバンクがリニューアルオープンする。その時間によって風が変わり、レースによって上がりタイムが全然違った。引き続き、タテの脚は良いと思う。

2河端 朋之
前が緩んでもつれていたし、カマシ頃になった。1周カマシで、もっと引き離すつもりでいたけど、寺崎君も踏んでいたので。4角からは、いつもと一緒で失速したけど、やりたい走りは出来た。

4柿澤 大貴
目標不在のレースだし、考えがまとまらなかった。8着でした。

5坂本 健太郎
後方におかれたけど、最後は良く伸びたと思う。松川君が行き、昌己さんが番手捲りだと勝手に作戦を考えていたけど(笑)。

6久米 康平
今回は河端さんが前だったけど、任せてもらえるケースがあれば前で頑張りたい。後ろに寺崎君が入ったのは分かったし、捲り追い込みで飲まれるのが最悪だった。それは対処出来たけど、神田さんまでは…。もちろん、思い切りは踏めないし、技術不足だったから2着だった。

7寺崎 浩平
自分では調子良いと思っていたけど、全然仕上がっていなかった。普段、鉄のフレームに乗らず、カーボンばかり。それも言い訳になってしまうので、結果を出さないと。

8松川 高大
今日は基本的に車を下げずイン粘り。番手が難しくなったので3番手になった。そこを河端さんが一気に仕掛けた感じです。

9村田 雅一
自分が踏めるコースがなかった。4着ですね。絡まれたし、脚も溜まっていなかった。
 
  7R S級選抜一




1海老根 恵太
マクル君は捲りで良いと思ったし、好きに走ってもらった。6着だし、次は選抜戦ですね。

2取鳥 雄吾
山田英明さんのフレームを借りて走ってみた。重たいし、踏みこなせないけど、これを使い切れないと上位で戦えない。それが分かっただけでも収穫ですよ。今日は仕掛けを遅らせたし、一発狙い。桑原さんが仕事をしてくれたから、逃げ切る事が出来た。

3和田 圭
連日、後方になっているし、今回は流れが良くないね。G1だし、もっと前々にいないと厳しい。

4稲毛 健太
取鳥君が切った上を、カマシに行った方が良かったと山本さんに言われた。先に切ったし、最終ホームでは併せ切る脚がなかった。

5桑原 大志
仕掛けるポイントは取鳥君に任せていた。もちろん、マーク屋だから捲りを止めに行くのは当然。だけど、止めるだけではダメだし、きちんと2着に入らないと。

7和田 真久留
取鳥君が1周先行だし、掛かっていた。あれを捲る脚はない。3着に入るので一杯だった。

8山下 一輝
やはり桑原さんの仕事ぶりは流石ですね。僕には、あんな技術がない。後ろで勉強をさせてもらった。

9山本 伸一
想定していた展開とは違ったし、最終ホームは取鳥君を止められるスピードではなかった。あとは、悪いがスイッチさせてもらった。あれが桑原さんでなければ頭まで行けたと思う。仕掛けは、ワンテンポ早いか、逆に遅らせた方が良かった。怪我明けだし、万全ではないけど、それなりに走れている。
 
  8R S級選抜一




1柏野 智典
ラインが違うのに、あんなに森田君が行ってくれ有り難いね。展開は太田君の捲り頃になったけど、気持ちが嬉しい。

2池田 憲昭
太田君が凄い捲りでしたね。完全に千切れる様なレースになったし、何とか3着に入れた感じです。

3稲垣 裕之
踏み合いに発展してしまい、太田君の捲り頃でしたね。中井君には、また頑張ってもらいますよ。

4三宅 達也
わしらは、何にも言っていないのに、森田君があのレースをやってくれた。結果でなく、あの気持ちが嬉しい。

5太田 竜馬
いつも、1回脚を使ってからだとダメだけど、今日は車が出ましたね。あとは、もがき合いがあったのも大きかった。ラインの3人で決まり、責任を果たす事が出来た。

7森田 優弥
昨日は展開で捲りになったけど、また原点に戻り、先行でやって行くつもり。単騎かと思ったけど、今日は岡山勢が任せてくれたので。

9渡部 哲男
太田君には、いつものカマシ、捲りでなく、違うレースもやった方が良いとアドバイスした。そうでないと、G1の勝ち上がりは厳しくなるので。違う面を見せる事も大切なので、同じ捲りでも今日は違ったと思う。
 
  9R S級二予選




1鈴木 庸之
初手は前中団か後ろ中団が良かったけど、スタート牽制があったので。仕方なく前受けした感じだった。一走目の動きを見て、一番、竹内君が仕上がっていると思った。その3番手から行きたかったけど、あんな組み立てになった。ジャンでは小松崎さんも踏んできたし、様子を見ながら。3着でもオッケーだと分かっていたので、早めに行こうと。バックは大石君を先付けでアタリに行き、押し込みながら。竹内君を捉えられると思ったけど、強かったね。

2村上 博幸
竹内君のダッシュに対応出来なかった。明日は目標不在。新山君の力が抜けているので、守澤君とジカで競る。

3小松崎 大地
体が痛くないと言えば嘘になるけど、現状の力で頑張るしかない。今日は失敗したけど、また明日、力を出し切る。

5竹内 雄作
久々に今回は仕上がっている感覚がある。二日休めたのも、体がなまらず、逆に疲れが取れた。いつもと違い、ジャンカマシ。後ろの村上さんがどうなったかは分からなかったし、夢中で踏んでいただけ。余裕はないけど脚は良く回っている。

6大石 剣士
あのまま竹内さんを追い掛けられれば良かったですが。バックも、鈴木さんに押し込められてしまった。明日は岩津さんが任せてくれるので、有り難いですね。タイトルホルダーですから。

7武藤 龍生
一次予選で千切れているから、前の森田君と後ろの朝倉さんの分まで頑張ろうと思った。鈴木さんはクレバーだし何でも出来るタイプ。僕は集中して追走するだけだった。G1の準決勝は未知なる領域だし、凄く嬉しいですね。
 
  10R S級二予選




1和田 健太郎
野口君も厳しい展開だったね。最後は自分で踏み上げたけど、宿口君に負けた。3着なら勝ち上がれたし、残念です。別に気持ちも切れていないし大丈夫ですよ。

2東口 善朋
先行は8割、9割、野口君だと思っていたし、残りの1割か2割が野原君の先行。その中で、どう走るかだった。僕は、外の野口君を飛ばす事が出来たし、番手の仕事は出来たと思う。あとは、バックから野原君が捲ってくれ恵まれた。

3宿口 陽一
山岸君が頑張っているのに、シビアには踏み込めない。3着だと、一次予選で佐々木雄一さんと同じで1着。ただ、選考順位が下なので、勝ち上がれないのは分かっていた。

5野口 裕史
相手に警戒される中で、自分のレースをやるのは難しいですね。東口さんに一発もらい、あれで止まってしまった。

7野原 雅也
実は特別競輪の準決勝進出は初めて。逃げるつもりで、前々に踏もうと思っていた。野口さんより、前にいる事が出来て良かったし、そこは東口さんが仕事をしてくれたんですね。お互い、良い仕事が出来たと思う。

8山岸 佳太
もう少し僕に脚があれば宿口さんも楽だったと思う。二日間、主導権は取れているけど力不足です。

9菅田 壱道
見ての通りで全然、踏めていない。明日の番組は和田健太郎さんと一緒だった。付いてもらっても迷惑をかけるので、一人でやらせて下さいと言いました。
 
  11R S級GDR




郡司浩平=思っていた以上に激しいレースでしたね。このクラスの選手は全てにおいてスキがない。頭まで行ったけど、松浦君が清水君を庇っていたから。丁度、稲川さんが内に行く様な感じになったので松浦君に追い上げの形になった。8番手からの巻き返しなので、僕が一番脚を使っていなかった。それが頭まで行った要因です。

松浦悠士=清水君の動きがアグレッシブだったね。最後、残そうと思った分、郡司君に食われてしまった。これで絶好調と言ったらファンに失礼になる。1着の展開で2着だったので。準決は慎太郎さんの前で自力、自在戦。連係は、3、4回ありますね。

稲川翔=単騎とコメントしたけど、初手は中国勢の後ろで良いと思った。そこからのレースなら視野が広くなるので。ただ、バックできちんと松浦君を追えなかったし、そこは反省点。体も動いているし調子も良いけど、微調整は必要。準決は古性君の番手へ。

鈴木竜士=落車明けなのに、逃げるのだから平原さんは選手の鏡。それでいて凄く掛かっていた。あの清水君の捲りを止められなかったのは僕の技術不足。準決は鈴木ノブさんの番手へ。川崎全日本選抜の初日にワンツーを決めている。走りはお互い、合いますね。

清水裕友=みんなに良いレースだと言ってもらえるけど、納得はしていない。今日に関して言えば、動きすぎた。それで、最後、スピードが鈍った。それで5着まで失速。もちろん、平原さんの掛かりが抜群で脚を使いましたが。

佐藤慎太郎=任せた浅井君もそうだし、超一流の自力選手は走りが違うね。ファン目線で楽しめたレースだよ。浅井君もオレに気を遣っているのが肌で分かるし、本当、いつも有り難いね。ただ、7番車(慎太郎本人)のコース取りは下手だった(笑)。準決も番組マンに気を遣ってもらったし松浦君の番手へ。他地区の選手に付けると色々なしがらみが出来るけど、そう言う時代ではないのかも。みんな人間味のあるレースが少なくなったから(笑)。

浅井康太=とにかく一旦切って、レースを動かそうと。誤算だったのは清水君の巻き返しが早かった事。セオリーなら平原さんの次は郡司君が来る。タイミングを取っていたら、そこに清水君に入られた感じ。あれがなければ、1コーナーから仕掛ける気持ちでいた。準決勝は絶好調の雄作君の番手へ。

岩本俊介=郡司君が頭まで行ったけど、僕は2センターを乗り越えられなかった。丁度、慎太郎さんもアタリに来たので。その辺りの細かい追走技術も大切になってきますね。あれは脚でなく、追走テクニック。

平原康多=このメンバーで先行出来たのは大きい。ただ、落車の影響で内臓へのダメージがある。外傷はないけど、その辺りのバランスが狂っている。もちろん、二日間、休めたのは大きいですが。準決は関東で真杉君の番手へ。連係は3、4回ある。後ろも諸橋さんなので、関東のラインの絆を魅せたい。
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
三日目勝因敗因
  1R S級一般一




1村田 雅一
あそこから伊藤さんが行ってくれたので。仕掛けたスピードは凄かったですよ。来る前から調子が良かったのに、一次予選はコースを間違えた。普通に外を踏んでいれば、勝ち上がれていたと思う。太田君の勢いが良く、そこは止める事が出来なかったけど、内の野田さんを締めながら2着に入る事が出来た。

2野田 源一
いつも通り、単騎のレース。最後は外か内のレースになったけど、ゴール前は村田君に締められてしまった。

4伊藤 信
カマシ切ったし、力は出し切れた。太田君のスピードが違ったし、これが脚の差です。

6蒔田 英彦
詰める勢いで近藤君が行ってくれれば良かったけど、ちょっと苦しそうでしたね。ゴール前は野田さんと村田君で絡んでいたし、もう少し伸びたかった。

7志村 太賀
とりあえず、今は無事に走れれば。連続落車中だし、怪我さえなければ、それで良い。

9太田 竜馬
届かないかなと思ったけど、8番手捲りが決まった。だけど、あれでは後ろが苦しいですね。上がりタイムは10秒9ですか。昨日に比べたら、全然、風がないですから。
 
  2R S級一般一




1雨谷 一樹
一次予選の怪我は打撲と擦過傷。痛くないと言えば嘘になるけど、後ろが武田さん。中川さんを併せるつもりだったけど、ダッシュ力で負けてしまった。

2椎木尾 拓哉
山田君が飛ばされた時に、十夢さんと位置が逆になった。それから慌てて踏んだけど、3着に入るので一杯だった。

3中川 誠一郎
ネット競輪の独占インタビューの反響が凄いみたいですね。競輪を盛り上げたいし、面白い企画になっていると思う。結果を出せず残念だが、先行して力は出し切れたので。

4渡辺 十夢
混戦になったのと、僕が伸びるコースの内が空いたので。経済コースだから突き抜ける事が出来た。アップの時から誠一郎さんがやる気だったので、今日は先行だと思いました(笑)。特別競輪は、名前の通り、ファンに10回夢を与えるのを目標にしている。このレースも配当が30万円近くで、8回ぐらい夢を与える事が出来た。ただオレの1着賞金の27万より高かった。

5井上 昌己
同級生の誠一郎が頑張ってくれた。あの展開なら1着を取らないと。あと、自分の甘さで内を突かれた事。渡辺君に入られてはいけないコースです。下手ですね(苦笑)。

6渡邉 晴智
あと1走出来るし、そこで結果を出せたら…。街道練習中の事故で、大きな怪我をしたし、まだまだです。

8湊 聖二
ちょっと見切りが早かったですね。九州勢が行けないと思い、内に降りてしまった。

9武田 豊樹
悪くはないと思うけど、なかなか展開が向かないね。明日は、地元の河村君を信頼して。
 
  3R S級一般一




1松谷 秀幸
完璧に仕上げてきたつもりだけど、今回は流れが悪いね。前が行けないのだから仕方ない。

2河村 雅章
しゃくられたのが痛かった。あそこで、内から桜井君が来るのは分かっていたけど。

3山田 庸平
堀内君が来れば出させたけど、来ない感じだったので鐘の3コーナーで腹をくくった感じです。捲られてはいないし、ゴール前まで、そこそこ粘れたと思う。

4伏見 俊昭
今回、宿舎の部屋で慎太郎やザキ(山崎芳仁)とラインについて話し合った。みんな考えが違うし、面白かったですよ。内容に関しては、またゆっくり。

5池田 憲昭
まずは九州の2人が並ばないのがサプライズだった。あとは、まさか山田君が逃げてくれるとは。バック3本しかない選手なのに、ペース配分が上手かった(笑)。前回の松山から新車だけど、その感じも良いですね。

6堀内 俊介
緩んだところがあったし、そこで行けなかった。松谷さんに迷惑をかけた。

7坂本 健太郎
負け戦なら山田君の逃げもあると思っていた。好き嫌いで走っているわけではないけど、まだオレも自力があるので。自力がなくなったら、土下座をして、誰でも付けますよ(笑)。

8岡 光良
あそこは、内を締めていられない。地元の河村君に悪い事をした。

9櫻井 正孝
車番的に、前か後ろしかなかったし、後ろから一旦押さえてレースを作ろうと。山田君の先行もあると思ったので、内からしゃくって河村さんをどかしに行った。位置を取ってからだし、伸びたけど、頭まで行きたかった。
 
  4R S級一般一





1渡部 哲男
作戦は前からでした。上田君の力があれば、カマシ切れる想定。それが思った以上に高橋君が強かったし、山崎君も金網ぐらい牽制してきた。上田君が止まってから、今度はまー君(田中誠)が踏み込んでくれた。その勢いをもらって突き抜けた感じです。

3川口 公太朗
高橋さんのおかげですね。掛かっていたし、スピードも乗っていたと思う。僕は出来るだけ、我慢してから踏んだ。外の哲男さんに踏み負けたけど、ラインとして良いレースだったと思う。

4山口 泰生
川口君が仕事をしていたし、きっちり内は締めていた。その分、4角からは伸びなかったですね。

5田中 誠
このままなら、オールスターには点数があるから出場出来そう。選考期間は今月一杯だし、ダービーを走っているから点数は下げない。あと、広島があるけど、失格しなければ大丈夫。今日は面白くないから、源さんの髪の毛を、むしりましたよ(笑)。

6高橋 和也
今日は感じ良く踏めたし、内容は悪くなかったと思う。だけど、明日は自分が前でなく、後輩の不破君に前を任せる。

7山崎 芳仁
グランドスラムは残念な結果だったけど、地元オールスターの選考期間中。オレの中では、毎年、5万標ぐらい入っているつもり。ちょっと、おかしい(笑)。

9上田 尭弥
初手は前か中団からの作戦。そこからカマシに行くつもりだったけど、山崎さんの牽制も厳しかった。
 
  5R S級選抜




1森田 優弥
きつかったけど、あそこしかないと言う場所で仕掛ける事が出来た。初日の4着が悔しかったので、今日は気持ちで負けずに走ろうと。前受けでなければ先行で勝ちたかったし、捲りになったのは、少しだけ残念。

2和田 圭
メンバーを見た時から無理だと思いましたよ。誰もいなくて、単騎のレースですから。

3桑原 大志
3番手だし、どう走るかは取鳥君と柏野君の判断。5着までが選抜①に入れるレースですね。

5取鳥 雄吾
1角と1センターの踏み方が悪かったし、反省ばかりのレース。森田君が1車なのは分かったけど、あそこは緩められない。

8柿澤 大貴
森田君のダッシュが凄くて対応出来なかった。あれを、きちんと付いて行く脚がないと。

9柏野 智典
ちょっと、雄吾の走りが甘かった。それはアドバイスする。別線に反撃のチャンスを与えてしまったし、その辺りの組み立て。雄吾も1車なのに気付かず、踏み続けていた。1着を狙うなら、シビアに切替だけど、あれだけ頑張っているし、それは出来ない。
 
  6R S級選抜




1島川 将貴
寺崎さんだけを意識していた訳ではない。結果的に、そう言うレースになったけど。セッティングが出ていないだけで感じは悪くなかった。明日も、積極的に駆けたい。

2寺崎 浩平
見ての通りのレースだし、すみません…。

3和田 真久留
今日は海老根さんと決まったし、捲ったスピードも良かったと思う。寺崎君に来られて被ると終わってしまうし、前のスピードも良かったので。

4坂本 貴史
後ろ攻めがきつかったですね。一旦、押さえて、あんなに泳がされるとは思っていなかった。位置はキッチリ取れたし、そこからの脚ですね。一次予選も今日も同じ様なレースでした。

5海老根 恵太
一次予選は絶好の展開なのに、ハコ4着。野口君の後ろは、難しいけど、あまりにも情けないレース。今日は和田君の後輪だけを見て、しっかり付け切る事が出来た。ああやってガツーンと行ってくれる捲りの方が、僕は付いていて楽。

7山本 伸一
判断は、若い2人に任せていたので。9番手になったのは、想定外だった。

8中井 俊亮
上手く、寺崎君を操縦出来れば良かったですが…。こう言うレースは勉強になりますね。

9久米 康平
島川君の掛かりは悪くなかった。番手から出る様なレースでもないし…。もう少し、僕にテクニックがあれば止められていたと思う。
 
  7R S級二予選



2園田 匠
最終ホームは翼と2人で決まったと思いましたよ。思わず、ガッツポーズが出そうになった(笑)。そうしたら、翼がもたもたしていたので、神山君に飛ばされた渡部君が飛んできた。そこで終わりましたね。

3大槻 寛徳
さすがに新山君も1周半はきつかったですね。それと、連結が外れてしまい、申し訳ない。誰かが粘ってくるのは覚悟していたけど、自分の走りも甘かった。3着だし、結果待ちですね。普通、特選の7着なら大丈夫みたいですが。

5小林 泰正
とにかく先行含みで前々のレース。今後は構えるレースはやらないつもりで走っている。

7北津留 翼
新山君の後ろがもつれれば良いなと園田さんと話していた。そうしたら、現実に、そう言う展開になった。2角で行こうと思ったら、丁度、渡部さんが邪魔になってしまった。自分だけ届いたけど、園田さんに迷惑をかけてしまった。

8松岡 健介
まずは畑段君を信頼して、3角ぐらいから自分で踏み込んだ。小林君の動きは予想外だったし、畑段君も仕掛けてくれると思った。そうしたら、内に行ったので。それで、外に回したけど、思った以上に伸びましたね。

9新山 響平
力は出し切れたけど、最後は苦しかった。悪くはないと思うけど、ゴール前の粘りが足りない。
 
  8R S級二予選




1古性 優作
行けるタイミングが1回あったけど、そこで行けなかった。1コーナーか1センターだけど、思った以上に脚も削られていた。あとは、気がついた被っていたので、慌てて松本君を止めに行った。あの動きはマーク屋みたいだし、村上さんに申し訳ない。

2小倉 竜二
古性君が凄いブロックだったね。あの位置だと、内でも外でも突っ込めない。

3根田 空史
主導権取るか、7番手になるレースだけど、タイミング良く仕掛ける事が出来た。内藤さんなら必ず残してくれるし、その安心感もありましたね。一次予選よりハイペースのレースになったけど、松本君の反撃を許さない様に仕掛けた。

4萩原 孝之
あの古性君の動きは対応出来ない。やはり、凄い自在選手ですね。前の2人で決まったし残念です。

5松本 貴治
行けると思ったけど、古性さんの強引な一発で止まってしまった。全体的に組み立てが中途半端だった。

9内藤 秀久
根田君とは前回の小田原も一緒に走っていたので。もし、直線で誰かが来ても、全部止めようと思っていた。止めるオーラは出して、常に走っているので。
 
  9R S級二予選



2諸橋 愛
真杉君は強いね。叩けないと思い、一瞬、内は見ましたよ。だけど、叩き切ってからは、2角からグングン加速して行った。三谷君を何度も持って行ったけど、簡単に止まらなかった。あれ以上強引に持って行くと、2車だし、内から来られるので。

4眞杉 匠
小川さんは中団取りだと思ったし、あそこまで踏まれて焦りました。バックからは失速する一方だし、諸橋さんに仕事をしてもらったおかげですね。前回から新車にして、ギヤを92にしたら感じ良く踏めている。

5阿竹 智史
小川君が頑張ってくれたけど、外を回す脚がなかった。後ろに岩津さんもいたし、そこは反省点。

7小川 真太郎
岩津さんが3番手を回ってくれたのに、中途半端なレースだった。あれは出させてはダメですね。

8吉田 敏洋
竜生とのラグビーライン。だけど、トライに失敗した感じです。彼は、ここでダービーを獲った選手だし全面的に信頼していた。早めに焦って踏むと中途半端になるから、ワンテンポ、遅らせた。3着に入れて良かったけど、一次予選が2着だから勝ち上がれないですよね。
 
  10R S級二予選




1山田 英明
山崎君は内からでも、外からでも、どっからでも仕掛けに行くタイプ。そこの踏み出しは集中していた。どこかで止まったとしても、内に行くなんて全く考えていなかった。ゴール前はワンツーだと思ったし、これが特別競輪の勝ち上がり。2着に残せず、本当に申し訳ない。

2香川 雄介
研太朗が頑張ってくれたけどね。ちょっと、山崎のスピードが違った。

3渡邉 一成
あのままハラケンをふたをしていて、山崎君が仕掛けてくれば一緒に踏む作戦だった。だけど、ハラケンが内から抜け出して先行したのは想定外。一瞬、山崎君の捲りに切り替えるチャンスはあったけど、山田さんに半車身、遅れた。そこから3番手に付け直した感じだし2着が一杯でした。

4木暮 安由
あそこは、坂井君に踏んで欲しかったけど、任せていたので。オレが何か言うより、記者の人が言ってくださいよ(笑)。もう、若手が率先して行く時代でもないので。

5佐々木 雄一
2着に入り、楽になりたかったけど、一成も強いから抜けないね。3着は4人しか上がれないし、明日は長い1日になりそうだ(笑)。どうせなら2着同着にして欲しかった。

6小林 大介
競輪でダメだから、何か面白い話はないですかね(苦笑)。オレの若い頃なんて二次予選はすっ飛んで行って終わりでしたよ(笑)。もう、そう言う時代ではないですね。

7山崎 賢人
最後、失速しましたね。悔しいし、残念。それでも山田さんが勝ってくれたので。

8坂井 洋
分宿でビジネスホテル。真杉が騒いで、はしゃいでいるから、自分の実力の2割も出せていない(爆笑)。それは、ジョークで、自分の気持ちが弱かった。

9原田 研太朗
内が空いたし、1周なので先行した。だけど、ちょっときつい展開でしたね。
 
  11R S級二予選




1坂口 晃輔
皿屋さんが行ってくれたし、仕事をするのも当然。守澤さんを飛ばしたし、皿屋さんを迎い入れた。

2岡村 潤
前回の西武園記念から確実に良くなっていますね。脚が良くなると、自然と展開も向いてくる。今日もキック(鈴木裕)が良い捲りを決めてくれた。

3高橋 晋也
弱いですね…。皿屋さんが、あんなに踏むとは思わず、押さえに行くのが遅く中途半端だった。それで、叩き切ったけど、無駄脚を使ってしまった。

4佐藤 友和


5鈴木 裕
皿屋さんのスイッチが入り、高橋君ともがき合ってくれたのが大きかったですね。こんなに綺麗に捲れるとは思っていなかった。とにかく、南関の3人で決まったし最高の結果です。

6小原 太樹
初日の3着で、僕は2着条件だった。だけど、ラインで決まる走りをやったし、自分の仕事は出来たと思う。

7皿屋 豊


8金子 貴志


9守澤 太志
まだまだマーカーとして未熟ですね。あそこで、高橋君マークを外している様では…。結果的に、彼にも友和さんにも迷惑をかけた。ファンにも申し訳ない。
 
  12R L級Gコレ




佐藤水菜=初手は3、4番手が欲しかったし、ダメ元で、児玉さんの前に行ってみた。そうしたら入れてくれたので、ラッキーだなと。あとは、どこから仕掛けるかだけ。太田さんの先行を見ながら、児玉さんのタイミングをずらす感じで仕掛けた。同じ様な展開が競輪祭の時にあり、その失敗を活かす事が出来た。今の私があるのは、ナショナルチームに入ったから。アクシデントがあったのは分かったので、そこは少し悲しい気持ちになった。もちろん、児玉さんに勝って優勝した事は嬉しいし、今後は日本だけでなく、世界のサトミナを目指して頑張りたい。

荒牧聖未=後ろではダメだと思い、途中でサトミナの後ろに入る作戦。それが上手くいきましたね。少しコースは迷ったけど、直線の伸びは良かったと思う。今回はガルコレで準優勝。今後は、もっと上を目指したい。

久米詩=太田さんの先行も掛かっていたし、バック線を取れなかったのは凄く悔しい。初のビッグレースで、ガタガタ震えていたけど、レースが終わってからは楽しめた。今後のステップとして良い経験になった。佐藤さんや児玉さんに比べて脚は全然ないし、もっっとタテ脚や自在性も磨いていきたい。

児玉碧衣=一番の敗因は、荒牧さんを入れた事。外に誰かいるとストレスが溜まるので入れてしまった。サトミナも外帯線を外しているし、内から行くのも迷った。戻ってきて締められるのも嫌なので。高木真備さんならヨコも出来るし、間違っても入れていない。今後は、技術的な面も磨いていかないとダメ。そこは考えさせられるレースだった。石井さんが落車したけど、後輪とハウスはしていないしブレーキは掛からなかった。だから自分が審議にあがったのも分からなくて。4角ではサトミナと接触したので、そこはスピードが鈍った。本当、悔しいレースです。

太田美穂=捲り不発で負けた訳ではないので、力を出し切る事が出来た。少しでも爪痕は残せたと思うので、今後に繋がると思う。またハードな練習をやる気になりました。

尾崎睦=早めにグランプリ出場を決めたいけど、そんなに甘くはないですね。児玉さんの後ろで良い位置になったと思ったけど、内から石井貴子さんが来て…。荒牧さんが上がって行った時に、付いて行かないから嫌な予感はした。ビッグで結果を残せる選手にならないと。
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
二日目勝因敗因
  1R S級一般一




1荒井 崇博
松川君が内に行った時は、失格になるか半信半疑。これは、迂回しないとアウトかなと思った。オールスターには出場したいけど、ファン投票は50位以内なの? 結局、点数がないと出られないと言う事。20年前ならともかく、今は点数も人気もないから難しいな(笑)。そう言う話をしているだけで恥ずかしいか(爆笑)。

2柴崎 淳
腰痛で万全の状態ではないし、今日の展開は克服出来なかった。ちょっと、時間は掛かるかもしれないですね。

3竹内 翼
ゴール寸前まで粘る事が出来たし、山下さんのG1初勝利にも貢献する事が出来た。最低限の走りは出来たと思う。

4近藤 龍徳
本当、メチャクチャ、伸びているんですよ。だけど、後方のまま、ちょろちょろ走っている様に見えているだろうし、伝わらないかあ(笑)。もっと前の方にいて、サラ脚ならば。

5山下 一輝
ゴール後にテレビが松川さんを映していたので、負けたと思いました。もちろん、後ろからの勢いと、僕は前残しをかけているので、その勢いの差もありましたが。これが特別競輪の初勝利だし、凄く嬉しい。全部、駆けてくれた竹内君のおかげです。

6工藤 政志
2センターから踏み、一瞬、突き抜けると思ったけど、そうでもなかったですね。自分の勘違いでした。やはり、特別競輪は簡単には勝てないと言う事。

7松川 高大
2日間、後ろになり自分らしいレースが出来ていない。ホームで不破君に入られたのもミスですね。不破君が不発だったので、その内を突いた感じ。頭まで行ったと思ったけど、届かなかった。あとは、あの位置だと後ろの荒井さんは厳しいでしょうね。

9不破 将登
きっちり、叩きに行けず、柴崎さんに迷惑をかけてしまった。
 
  2R S級一般一




1長島 大介
気持ちは前に行っているし、悪くはないですが…。上手く噛み合っていないけど、きちんとレースを作れれば。

4江連 和洋
長島君は練習仲間。初のダービーだし、結果を出したかったけど残念です。

5神田 紘輔
この強風で脚が溜まらなかった。稲毛君を差せると思ったけど、最後も踏み直された。ワンツーで良かったし、ほっとしている。あれだけ、もがき合いをやって勝つのだから凄いですね。この2着で、3走でお帰りでなく、4車出走が決まりですか。それは嬉しいですね。

6蒔田 英彦
丁度、叩きに行ったら、近畿勢の後ろにスッポリ入った。あそこから、もう1回捲れる脚があれば良かったですが。

7稲毛 健太
昨日は脚でなく、自分のミスで負けたと思っている。今日は突風だったけど、最後まで踏み切る事ができた。この走りが出来たし、調子は問題ないでしょう。明日以降も積極的に走り、勝つ走りをやりたい。

8朝倉 佳弘
もう少し、前にいればチャンスはあるのですが…。地元のビッグだし悔しい気持ちしかない。
 
  3R S級一般一




1稲垣 裕之
藤井君と佐々木君で、激しくもがき合うレースだった。余裕を持って、今日は周りの動きを見る事が出来た。落ち着いてコースを探す事が出来たし、力も上手く伝わっている感じです。

2森山 智徳
このメンバーで、あの位置では捲れないですね。松岡君に迷惑をかけてしまった。

3東 龍之介
初日、落車しているけど、今日は走れたので。松坂さんに好きに走ってもらったし、あれで精一杯です。

4湊 聖二
全部、佐々木君がやってくれましたね。藤井君も稲垣さんが付いているから、簡単には諦めてくれない。最後は、稲垣さんに脚負けです。

5松岡 貴久
もう自力は出ないし、展開次第になっている。9番手だし、5着なら、やった方ですよ。

7佐々木 豪
かなりの消耗戦になったけど、ゴール前まで粘る事が出来た。風も強いけど、今日は自分の走りが出来たと思う。4着で残念だけど、力を出し切る事は出来た。

8藤井 栄二
佐々木君に先行争いで負けてしまったけど、稲垣さんが1着だし最低限の走りは出来たと思う。

9松坂 洋平
ジャンのところで口が空いたのは失敗ですね。そこでニュートラルに入れられず、それが致命的でしたね。それがなければ、ラインの3人で決まったと思う。脚自体も良いし、レース勘も問題ないけど、テンポが遅れていますね。
 
  4R S級一般一




1山崎 芳仁
結果的に岡山勢の展開になりましたね。僕は、外の渡辺君を張りながら、単独になる様に走っただけ。いつも、飯野君は頑張ってくれるので有り難いですね。

2松谷 秀幸
河端君の先行だし、前が遠かったですね。渡辺君のタイミイングに任せていたので仕方ない。

3三宅 達也
いつも、ばたやん(河端朋之)には千切れているのでドキドキしていた。気を遣ってくれ、優しく行ってくれましたね。ダッシュが鋭い選手は、最後がたれる。だから、差せただけですよ。

5飯野 祐太
ジャンはイン切りみたいになったし、もっと踏んでおかないとダメですね。河端君がグングン加速して、追い着くどころか、段々と離された。もちろん、一度も山崎さんの前を回った事はない。これからも、一生、ご奉公をしますよ(笑)。

7渡邉 雄太
連日、攻め切れていないし、後方になっている。それが成績に出ていますね。

9河端 朋之
切って、切ってがあってからと思っていたけど、別線の動きが早かったので、他のラインの動きを見てからだと。まさか飯野さんが切ってくれるとは思っていなかった。あれが一番大きい。最後は一杯だったけど、同県の先輩とワンツーで良かった。
 
  5R S級一予選




1村上 義弘
熊本勢を分断するかは山田君の判断だった。一旦、引きかけたけど、また番手に行った感じ。もちろん、前々に踏んでくれたけど、理想は番手から出てもらう事だった。ダービーはいつも特選シードだったし、一次予選スタートで良い緊張感を持って走れた。日本選手権は選手になった時から一番思い入れのあるレース。現状、厳しいかもしれないが、可能性がある限り狙っていきたい。

2中川 誠一郎
やはり狙われてしまいましたね…。2車だし大丈夫かと思いましたが。

3松本 貴治
山田さんと、取り合っても仕方ないので、そこは冷静に下げた。もっと車が出ても良いと思ったけど、落車明けのせいか、そんな感じではなかった。久々の実戦で心肺機能が落ちていたかも。前が競りなのは、助かりました。

4岡 光良
鈴木君のダッシュが良くて、もう内に降りてしまった。

5香川 雄介
スタートは後ろ攻め以外なら、どこでも良いと思った。それで、前受けになったけど、凄い突風が吹いていた。松本君の捲りが鋭かったし、千切れなくて良かった。抜くのは、無理ですよ。後ろだったので、山田君が中川君を飛ばしたのは分からなかった。

6鈴木 謙太郎
併走になる感じがあったので、前まで行こうと。そんな感じだったし、行ける自信はなかった。

7上田 尭弥
もう少し、僕に余裕があれば、誠一郎さんを単独にさせてあげる事が出来た。そこが失敗した。

8鹿内 翔
動いて好位確保と思ったいたけど、やはり特別競輪の勝ち上がりは違いますね。
  6R S級一予選




1河村 雅章
あのまま番手から出る事は出来ない…。いくら地元の特別競輪でも。それで、外に振ったけど、戻るのが下手だった。シビアに踏めば1着だったかもしれないが。

2橋本 強
(落車棄権も明日からも出走)。

3野原 雅也
思い通りのレースは出来なかったし、勝てたのは、たまたまです。直線だけで届いただけあし、ラインの走りとしては最悪です。スタートは前が良かったけど、後ろ攻めになり、イメージ通りに走る事が出来なかった。掬われたのも失敗だし、甘かったけど、脚の具合は良かったですね。

4久米 康平
内を掬われたとかは関係ない。最後、根性があれば突っ込めたと思う。そこだけです。明日は島川君の番手で頑張りたい。

5山田 庸平
位置は取れたけど、そこからの進みが悪かった。こうして、バンクの外は強風が吹きまくっているけど、バンクの中は、そうでもない。

6小林 大介
普段の行いが良いから、前ががら空きになったと思う(笑)。内なんてしゃくってないし、河村君の邪魔にならない様に、そっと走っていた。

8山岸 佳太
やはりノーマークだから、脚を使わず主導権を取る事が出来た。これなら、風が強くても、そこそこ持つので。やはり、地元の河村さんが仕事をしてくれたので。それで残る事が出来た。二次予選以降も、関東のラインの為に頑張りたい。

9椎木尾 拓哉
野原君が強烈捲り追い込みだったので、自分の位置では遠かった。
 
  7R S級一予選




1太田 竜馬
僕が内に行き、哲男さんと呼吸が合わなかった。前がペースで踏んでいたので届かなかった。

2中村 浩士
手首の痛みで調子を落としていたし、この1着は、弟子の根田君が助けてくれた。根田君には焦って長い距離でなく、落ち着いて長い距離を踏もうと言ってあった。ウイナーズカップの一次予選で千切れているから、開き直ってギヤを元に戻した。岩本俊介が良い走りをやっているので、千葉も活気が出てきましたね。

3和田 圭
このメンバーを見て、全然、良い作戦が思い浮かばなかった。コースを探して突っ込んだけど4着で一杯だった。

4櫻井 正孝
少しでも車を外さないと、先輩に怒られる(笑)。だけど、前のペースが良いし、最終ホームで動けなかった。8、9番手では、自在選手としてセンスがない。

5萩原 孝之
あれは根田君の得意パターン。だいたい作戦通りのレースになった。3番手3着で良かったけど、最後はコースを間違えた。内に行った方が堅かったし、そこの冷静さは必要ですね。

7渡部 哲男
太田君が内から行くとは思わなくて…。あれを付いて行ったら失格だと思う。あとで聞いたら、セーフだったみたいだけど、そこは微妙な問題もあるので。

8山口 泰生
一番良い時に比べると、2割か3割。ただ、昨年のあの時期が、異常だったかもしれませんが(笑)。

9根田 空史
まずは、第一候補の作戦の並びになった。これが一番大きい。自分のタイミングで行ったし、重たさもあったけど、長い距離を踏めたので。普通なら終わってから、ぶっ倒れているけど、今日はそれがなかったから、上手く回していたのかな。今は岩本さんと練習をやっているから、良い刺激になった。
 
  8R S級一予選




1田中 誠
翼の操縦免許は持っていますから(笑)。あいつを勝たせるのは自信がある。負け戦になるけど、明日の上田君もベストパートナー。もう10回ぐらい連係していて、ほとんど決まっている。

3野口 裕史
この風の強いバンクコンディションが味方したかも。あまり吹かさない様に、それは心掛けた。三谷君が3番手に入ったのは確認出来た。三谷君なら、そんなに早く仕掛けてこないと思ったし、飛んでくるなら北津留君かなと。引き続き、状態に関しては問題ない。

5北津留 翼
この風だし、みんなきついと思った。とにかく、後ろになっても、脚を温存した方が良いなと。強風だし、そんなにタイムは出ていないと思った。10秒台は無理だし、11秒1なら、自分でも凄いと思う。

7島川 将貴
風が強くて脚が溜まらなかったし、野口さんに完敗ですね。位置も三谷さんに取られてしまい。

8三谷 竜生
脚を使って良い位置だと思った。それが番手か3番手か4番手かは、その時の流れ。今はバンクで良い練習が出来ているし、アニキの優勝で、悪い流れが全部変わったと思っている。日本選手権は2017年の京王閣、2018年の平塚で連覇。今年も取れる様に一戦、一戦集中して走りたい。

9海老根 恵太
絶好のハコで、あの着順。野口の後ろは、想像以上にきついけど、恥ずかしいし、みっともない(苦笑)。
  9R S級一予選




1成田 和也
(妨害して4着失格)。

2皿屋 豊
アクシデントがあったし、中団がいないレースになったから届いたと思う。ダービーは初出場だけど、雰囲気には、そんなに飲まれていない。自分の役割を果たす事が出来る様に頑張りたい。

3芦澤 大輔
(落車し棄権)。

4雨谷 一樹
(落車し棄権)。

7内藤 宣彦
飛び付いて、あれでは、成田君が可哀想…。う~ん、展開もあるし、みんな考えもあるけど。あまり言いたくないけど、成田君に行くなら、それなりの覚悟を持って欲しい。勝ち上がった事は良かったけど、アクシデントもあったので素直には喜べない。

9高橋 晋也
焦っていたわけではないけど、組み立てが下手糞だった。結果的に、それが成田さんの失格を誘発させたし、申し訳ない。ただ、最後まで、しっかり踏めたので前回の怪我の影響はない。とにかく、少しでも上に行き、ダービー王と呼ばれたい(笑顔)。
 
  10R S級特選予




1諸橋 愛
ちょっと、ノブらしくなかったね。二次予選は、関東で真杉君の番手です。

2佐藤 慎太郎
これで今年3勝目(苦笑)。それでダービーの準決が確定だし、凄く嬉しい。今日に関して言えば、新山君が中バンクを使い、飛び付かれない様に行ってくれた。掛かりも悪くなかったし、あれは清水君が強すぎただけ。ずっと、悪かったから、ちょっとほっとした。

4新山 響平
最近、ずっと慎太郎さんに迷惑をかけていたので、勝ってもらい良かった。思った以上に失速したけど、これは脚でなくセッティングの問題。微調整しながら、二次予選はクリアしたい。

5稲川 翔
古性君が最後、接触しなければ、1着、2着の争いが出来たかも。それが3着、4着の争いになってしまった。最後は、古性君の踏まないコースに行こうと。ここで3着に入れたのは凄く嬉しい。

6中本 匠栄
逃げるのは新山君だと思い、決め打ちで3番手にいた。初のダービーだけど少し夢をみた。最後、古性君に対して、もっと上手く対処できれば3着でしたね。

7古性 優作
鈴木ノブさんから、最後は体操で言えばG難度と言われた(笑)。確かにあれは、曲芸みたいでした。自分でも完全に落ちたと思いましたよ。落ちる瞬間からフラッシュバックになると言うし、あれです。もっと中本さんを締め込めば、3着以内に入れたと思う。

8鈴木 庸之
今日は前々のレースが出来ず、諸橋さんと8、9番手。ビデオで見たけど、古性君の動きは半端ではないね。あの芸当は僕には出来ない。普通なら落ちますよ。

9清水 裕友
5周、全部がきつかった。目の前が古性さんになったので、乗り越えるのにドキドキした。乗り越えてからは、余裕がありました。
 
  11R S級特選予




1浅井 康太
作戦は、位置を取ってから、そこからの仕掛け。前回の小田原はF1の7車だが、車はかなり出ていた。この豪華メンバーでも、あのスピードを出せれば勝負になると思っていた。やはり、準決がフリーパスになったのは大きいですね。

2松浦 悠士
郡司君に気持ちの強さで負けた。オレは覚悟が足りなかった。駆ける感じで踏み込み、内藤さんが遅れていたから番手に入った。その後は、浅井さんの捲りも見えた。だけど後ろが原田君でなく、内藤さん。変なタイミングで行くと、内を掬われる。その辺りを気にしながら、踏み込んだ。

3内藤 秀久
このクラスだとスピードの上がり方が半端ではない。郡司君が行ってくれたのに、踏み出しで離れてしまった。郡司君にも、キックにも申し訳ない。

4大槻 寛徳
このメンバーで、あの位置では勝負にならない。二次予選は新山君の番手だしチャンスはあると思う。

5郡司 浩平
松浦君が踏み込みながらだし、ライン3人で叩き切るのが厳しかった。だけど、ここで逃げて残ったのは、この後の戦いで大きい。先行で魅せる事が出来たし、相手も脅威だと思ってくれたはず。

6菅田 壱道
一旦、レースを動かしている。何もやらずの着ではない。本当は、きっちり中団を確保したかったが。

7鈴木 裕
3番手は難しいけど、これも勉強なので。二次予選は自分でやるメンバーなので自在に攻める。

8原田 研太朗
内藤さんに決められた訳ではなく、自分で遅れていた。あの辺りの技術が足りない。

9坂口 晃輔
微差負けての4着だし、納得の走りが出来た。浅井さんに千切れていないし、しっかり差し込めた。これが、準決なら3着に入れたと思う。久々のレースだが感触が凄く良かった。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
初日勝因敗因
  1R S級一予選




1取鳥 雄吾
1周カマシだったけど、風も気になりましたね。4角では残ったと思ったけど、最後の最後で止まってしまった。二次予選に進めないし、それは残念ですね。

4高原 仁志
取鳥君の気持ちに任せていた。バンクが軽いから先行すると言ってくれた。シンプルに行けるところから行く作戦だった。G1だし見た目以上にきついレースだった。ダービーで中四国の3人で並ぶなんて、ちょっと前までは考えられなかった。それだけ、戦力が充実している証拠です。

5松岡 健介
藤井君が駆ける展開になり、戦うレースになったが、軽く取鳥君に行かれてしまった。3着権利だし、後ろから飲み込まれるわけにはいかないのでシビアに切り替えた。悪い感じはしなかったので、1回走って、疲れが抜ければ。

6藤井 栄二
健介さんが勝ち上がってくれ良かったけど、簡単に叩かれたのは力不足ですね。

7阿竹 智史
取鳥君のおかげ。あれだけ行ってくれたのに、3着に残せず申し訳ない。焦って踏みすぎだし、そこの技術と余裕がない。師匠の小倉さんなら、キッチリワンツーでした。弟子の犬伏が話題通りに静岡のルーキーシリーズで優勝した。それも、もちろん、良い刺激になりました。

8川口 聖二
行くチャンスはあったのに、気持ちが消極的でした。明日は富生さんの前で積極的に。そうでないと怒られるから(笑)。
 
  2R S級一予選




1金子 貴志
雄作が強いんで、流れの中で粘られる事は考えていた。あそこで競り負ける訳にはいかないし、みんなも見ているので。抜けなかったけど、最後、詰める事も出来たので悪くないですよ。

2渡邉 雄太
前がもつれていて捲り頃になったけど、車の進みが悪かった。後ろの松坂さんに申し訳ない。

3佐藤 友和
坂本君が何をやりたいか分かっていたらから、僕は僕で位置を確保しようと思っていた。彼が競り負けたけど、前々のレースをやってくれたから勝ち上がる事が出来た。渡辺君の捲りが見えた、3角で坂本君が行ってくれれば後ろの伏見さんも違ったと思う。それまでに、脚を使っていたんでしょうね。

4坂本 貴史
最近は、何でもやって行こうと思っていた。あの展開なら粘るのがベストだと思った。もっと、踏んでおいて飛び付くのがベストだし、金子さんに負けてしまった。

5松坂 洋平
いつも、雄太君の後ろだし、この結果は仕方ないですね。明日は同県の東龍之介君の前で自力勝負。怪我は大丈夫だと言っていた。

6江連 和洋
49歳にして、初のダービーだけど、9番手できつかった。明日は練習仲間の長島君を信頼する。

7竹内 雄作
最近、ちょくちょくやっているみたいですが、坂本君がインで粘るのを知らなかった。それで金子さんと近藤君に迷惑をかけた。変に意識すると失敗するので、後ろを信頼したのが良かったですね。新しいトレーニング方法を取り入れて、直前はバンクで仕上げてきた。最近、冴えなかったので結果が出て良かった。

8近藤 龍徳
自分で言うのもおかしいけど、絶好調なんです(笑)。今日は3番手の競りでダメだったけど、ある程度の展開ならば。

9伏見 俊昭
7車の3番手は、もっと厳しいけど、やはり9車の3番手もきつかった。それでも友和君だけでも、勝ち上がってくれ良かった。
 
  3R S級一予選




1佐々木 豪
状態は悪くないのに、力の出し惜しみがあったかも。残りは、全部、勝つつもりで。

2宿口 陽一
坂井君も1回脚を使っているから、ホームで行けないのは仕方なかったかも。だけど、あそこで行った方がラインが機能するし、彼自身も楽だったと思う。自分が1番車なのに、スタートでミスをしてしまい後ろ攻めになってしまった。今後、そう言う練習もやらないと。彼のスピードが良かったから、変に内に入らず、外を踏んだ。その結果、突き抜ける事が出来た。

3柴崎 淳
坂井君が来ないし、もう逃げるしかなかったですね。腹をくくったし、納得ですよ。

7坂井 洋
最終ホームで行っていれば、ラインの3人で決まっていましたね。そこで見てしまい、構えたのが敗因。チャンスはあったのに、気持ちが弱くて、3番手の志村さんに悪い事をした。後ろ攻めの作戦がなかったので、スタートしてから走りを考えた。ダッシュ戦だけでなく、押さえて駆ける選手にもならないと。

9志智 俊夫
欠場明けなのに、あんなに、あっちゃん(柴崎淳)が行ってくれて。やはり、あのクラスの選手は走り方を知っていますよ。後ろの選手が気になって、早めにあっちゃんのヨコに並んでしまった。番手捲りみたいになったし、そこは申し訳ない。
 
  4R S級一予選




1柿澤 大貴
武田さんの後ろだったけど、ちょっと厳しい展開だった。G1で勝ち上がるのは簡単ではないですね。

2山下 一輝
もがき合いがあったので、宮本君に絶好の展開だと思ったけど…。いつもの宮本君より出なかったですね。

3大石 剣士
いつも、こんなレースが出来れば良いですね。逃げてラインの独占なんて、負け戦ぐらいしか出来ないので(笑)。初の特別競輪で、すぐに結果が出るなんて夢みたい。理想的なワンツースリーだし、自分で自分を誉めたいですね。

4小原 太樹
まずは、前受けの作戦が良かったですね。中団で休まず行ってくれたのも、大石君のおかげ。挟まれて危ない場面もあったけど、凌ぐ事が出来た。本当にラインに絆を見せるレースだったと思う。

5武田 豊樹
自分では悪くないと思っている。段々と良いフィーリングが戻ってきたので。結果は出なかったけど、明日以降は。

7長島 大介
つい調子が良くて、踏みすぎてしまった。あとは、入れましたね。判断を間違っただけで脚は仕上がっています。

8宮本 隼輔
(腰痛で二日目から欠場)。

9岡村 潤
特別競輪の勝ち上がりで、なかなかラインの3人で決める事は難しい。大石君も中団に入ったけど、むずむずしていた感じで、すかさず行ってくれた。あそこは長島君も流していたので。あとは、宮本君の捲りが怖かったけど、襲ってこなかったですね。それだけ、大石君のスピードが良かったと思う。ここまでは乗る感覚を大切にして、昔のスタイルに戻した。ちょっと、ナショナルチームのメンバーが台頭して、それを意識して自分を見失っていた。
 
  5R S級一予選




1松川 高大
上手く、一成さんにペースで駆けられてしまった。稲毛君を意識した面もあるし、前のペースでしたね。

2稲垣 裕之
まあ、稲毛君に任せていたので。結果は残念だったけど、踏んだ感じは悪くなかった。

3佐々木 雄一
一成の方が格上だし、オレが何か言える立場ではない(笑)。練習での数値の上がり下がりもないし。いたって普通の状態です。それでも展開が良いとG1で勝てるんですね。

4永澤 剛
長期欠場はギックリ腰。スーパーダッシュ戦なら一歩目で千切れていましたね。復帰戦だけど、優しい仕掛けだったので、完全に恵まれました。修正点はないし、

5稲毛 健太
田中さんが切りに行くのが遅かったので嫌な予感があった。切って、切ってがあり、そこをドカーンと行こうと思ったけど…。あの位置になり稲垣さんに迷惑をかけた。

7渡邉 一成
初手の並びが稲毛君達が真後ろで、田中君が押さえに来る展開でラッキーだった。これなら突っ張れば簡単に決まるなと。流しながらの先行だし、稲毛君が内に詰まっているのも分かっていた。ここはトラックと言うか、バンクが綺麗なので走りやすい。僕みたいに、回しながら踏むタイプは向いている。

8田中 晴基
あそこから、1車、2車、抜ければ良かったですが。仕掛ける脚はなかったですね。4番手を確保してからの4着でした。

9坂本 健太郎
あれは松川君も捲れないですよ。ここ1年ダイエットをやり、体重もキープしている。あとは血糖値とか上がらないサプリメントも飲んでいるので。酒はあまり飲まないけど、最近、生ビールのサーバーを買い、少しだけ飲んでいる。
  6R S級一予選




1大森 慶一
(落車し携入)。

3山崎 賢人
タイミングを逃してしまったし、あれでは後ろの荒井さんと松岡さんもきつかったと思う。タイムは10秒9で良かったけど、後ろを殺してしまった。スピードは良いけど、内容的に不満がある。同じ捲りにしても、もっと早めに行かないと。

4吉田 敏洋
オレより谷口の方が点数を持っているし、何も言わなかったよ(笑)。アフロ相手に、ふてぶてしい走りをやってくれたね。こうやってラインに助けてもらうのも競輪。20年連続してダービー出場の御褒美でしょう。

5荒井 崇博
タイミングうんぬんは最悪だけど、それを後ろが合わせるのが追い込み選手だよ(笑)。

7飯野 祐太
上手く、山崎君にスイッチする脚があれば良かったですが…。明日は、違う山崎さんの前で頑張ります。

8松岡 貴久
荒井さんが離れて、前の動きは全く見えなかった。山崎君は、道中、アフロを捲くぐらいの余裕があったんでしょうね(笑)。

9渡部 幸訓
初のダービーだし、ちょっと、やり過ぎですね。飯野君が2角で山崎君を追ってくれたのが大きかった。最後は接触して車体故障。それを耐えて勝ち上がる事が出来た。ここでは山崎君のスピードが違いすぎた。
 
  7R S級一予選




1武藤 龍生
作戦は森田君が前中団からの先行でした。だけど、森田君が内から行くとは思わず、連結を外してしまった。タイミングの問題もあるけど、自分のミスです。あとは、リカバリーが出来たけど、マーカーとして失格。こんなレースをやっていては、点数を持っていても、良いところは回れない。テレビで解説している井上茂徳さんと小橋正義さんとは全然違う。

2小川 真太郎
とにかく森田君を後方に置きたかった。彼をふたして、1周ぐらいなら駆ける気持ちもあった。内に差していたのが分かったので、一旦、先頭にたった。森田君が1人なので、そこは冷静に行かせた。コーナーで行くと持ってこられる可能性もあるので大事に行ったけど、もの凄い勢いで突っ込んできた。特別競輪だと、みんながセオリー通りに動いてくれるので、そこは走りやすい。

5大坪 功一
理想は森山君が綺麗に捲ってくれる事だった。だけど、そこまでは難しいかなと。突っ込むイメージを大切にしていたし、タイミングも重なり、思った通りに突っ込めた。G1の二次予選からは未知の領域になるので、どこまでやれるかですね。今日にしても、感覚的に頭まで行ける感じはあった。

7森田 優弥
後ろが小川さんになったのは関係ないですよ。最近、先行していないし、そのツケで最後、一杯になってしまったと思う。

8朝倉 佳弘
地元のビッグレースだし、勝ち上がれず残念。展開もあるが、自分も、そこまでの脚がなかった。
  8R S級一予選




1山本 伸一
畑段君の判断に任せていたので。4着では勝ち上がれないし、残念。あそこから届く脚が自分にあれば良かっただけ。

2河端 朋之
掛かりも悪くなかったし、怪我の影響もない。岩津さんが残したい気持ちも凄く感じました。

3阿部 力也
山崎さんとは相性が良いし、安心感があった。2センターからは山崎さんの動きを見ながら、コースを探した。綺麗に突っ込めたし、あれが一番得意パターンです。

4畑段 嵐士
楽に3番手を取れたまでは良かった。だけど、そこから仕掛ける事が出来なかったし、山本さんに申し訳ないですね。

5岩津 裕介
見ての通りで河端君のおかげですね。ギリギリまで引きつけて、我慢してから踏んだ。その分、阿部君に食われてしまった。

8福田 知也
成績も点数も落としたから、特別競輪で勝負にならなかったと言う事。世界の河端君が駆けているし、厳しかった。

9山崎 芳仁
グランドスラムの夢が断たれた? 確かに、そうですね(苦笑)。
 
  9R S級一予選




1和田 真久留
真杉君の上がりタイムは11秒6。かなり掛かっていたし、捲れなかった。空いていたから休んだけど、あのまま行った方が良かったのかな。

2芦澤 辰弘
こんな恵まれっぷりなんて滅多にないですよ。ジャンで内の気配がして、少し不安になったのは、そこぐらい。真杉君が強かったし、オレも悪くはないけど、どう見ても、ラインのおかげでしょう。

3神田 紘輔
どんな形になってもマークを外してはダメですね。それで松谷さんと絡んできつかった。

4中井 俊亮
中団4番手に入ったけど、前の掛かりが良かった。4番手4着みたいなレースになり仕掛ける事が出来なかった。

5眞杉 匠
後ろの状況をモニターで見ながら確認していたので、完全にペース駆け。初の特別競輪だけど、雰囲気に飲まれず、楽しみながら踏む事ができた。今日に限っては全部併せる自信がありました。

7松谷 秀幸
マクルに休まれてしまったね(笑)。あそこで入りたくなる気持ちは分かるけど。それから、ずっと外に差しっぱなし。前も掛かっているので、遠すぎましたね。

8野田 源一
単騎で走って9番手ではセンスがないですね(笑)。坂本健太郎には、どうせ自力は出ないし、栃茨の後ろに決め打ちした方が良いと言われてしまった。

9神山 拓弥
特別競輪の厳しさを真杉に教えてやろうと思ったけど、こっちが教えられてしまった(笑)。余裕はないし、やっと抜いた感じですね。ラインでワンツースリーだし最高の結果です。
 
  10R S級一予選




1木暮 安由
特別競輪の勝ち上がりの1着なんて3年ぶりかな。失格に泣かされたし、ツキのない人生だと思っていた。今日は泰生が上手かったし、走り方も良くなった。まあ、オレの操縦も良かったけどね(笑)。ジャンで切ってくれ、あそこが勝負どころだった。最後は外では無理だし、内しか見ていなかった。村上さんは離れなくても、3番手は離れる想定で作戦を考えた。

2東 龍之介
(落車し棄権だが、二日目も出走)。

4竹内 翼
特別競輪でもやれる自信はあったけど、妄想でしたね…。変な自信が砕かれてしまった。

5村上 博幸
スタートは前が理想だった。このメンバーで一番長い距離を踏めるのは、寺崎君なので。自分は悪くなかったけど、過去、彼とは数回しか連係していない。ただ、いつもの掛かりではなかったし、らしくなかった。残したくて車間を切ったけど、あれ以上は無理。しかも、後ろから食われてしまったので。

7三宅 達也
今日はしゃーない。明日はスーパーダッシュのばたやん(河端朋之)だし、痺れるレースになりそう。

8北野 武史
(妨害して8着失格)。

9小林 泰正
木暮さんの車番が良いから前中団か、後ろ中団だった。構えても捲れるはずはないし、いくつかの失敗レースが前半にあったので参考にした。僕が構えて寺崎さんを捲れるはずはない。だから、先行覚悟で踏んでいた。ダッシュがないのが欠点だけど、今後は、前々のレースで活路を開いて行きたい。
  11R S級特選予



2平原 康多
(先行して3着だがゴール後に落車。診断書は左大腿部の打撲擦過傷で4日目のゴールデンレーサー賞にも出走。壊れた自転車を修理していた様で検車場に隣接する宿舎に戻ったのが18時。記者を見ると笑顔でピースサインを作り大丈夫! 記者の写真でファンが安心するのを知っているからだ。ゴールデンレーサー賞は4日目に行われるので、中2日あれば体は大丈夫だろう)。

4小松崎 大地
(平原康多と絡んでゴール後に落車)。

5東口 善朋
審議はセーフですか…。それは良かった。ホームで小松崎君を締めたところですね。

8鈴木 竜士
岩本さんラインの後ろからと平原さんは話していたけど、全部任せていた。援護だけはしようと思っていたし、僕は常に2着でも良いと思っている。それより、きっちり仕事をするのを優先している。僕は平原さんがゴール後に落車して、いたたまれない気持ち。ただ、絶好調です!

9岩本 俊介
前受けはしたくないけど、今後の戦いがあるので重注は付けたくなかった。以前の僕なら、前受けだし、そのイメージも払拭したかったので。鐘の4角で行けたけど、あそこは見てしまった。逃げて持っている選手もいるけど、1周駆けの選手が4着ぐらいに沈んでいたので、その勇気がなかった。あまりデリケートにはならなかったし、そこは、普段通りだった。和田さんにはチャンスのない仕掛けで、そこは申し訳ない。
 




 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
ゴールデンレーサー賞インタビュー



松浦悠士=裕友の番手へ。ゴールデンレーサー賞に関しては、前後、どっちでも良いと思っていた。決勝は逆並びの可能性もあるし、そこは隠しておいた方が、ファンも楽しめると思う。家飲みしながら、どっちが前だろうと考えた方が、酒も美味しくなるだろうし。オレ達の良さは、どっちが前でも、出渋らない事。渋るレースは、ほとんどないし、後ろを回っても後悔がない。以前は、オレが前、オレが前と言い合ったけど、最近は、お互い番手を主張する。後ろの方が勝つ確率が高いので(笑)。

郡司浩平=武雄記念も岩本さんの前で戦っている。その流れもあるので、前でやらして下さいとお願いした。松浦君と踏み合いをやり、その中で3着に逃げ粘っている。これは捲りでの1着より価値がある。凄いメンバーだし、自力で勝てる様に走る。

平原康多=怪我は思ったより、軽く済んだ。打撲と擦過傷だし、自転車も壊れなくて、修理したら直った。逃げて3着に残ったので、あれは自分で自分を誉められるレース内容。二日間、休めたのも大きいので、自力で現状の自分を確かめたい。今回は、ダービー王になりますよ(笑顔)。

稲川翔=普通に浅井君とは同期で仲が良いけど、同じスタイルだったから、ラインを組むケースはほとんどなかった。ここも単騎で流れを見ながら。体も動いているし、セッティングも出ている。ここで勝って3百勝を決められたら最高ですね。

清水裕友=かなりハードなレース内容だった。古性さんを乗り越える時はドキドキした。松浦さんからも完璧な走りだと言ってもらえた。ここは僕が松浦さんの前で自力勝負。松浦さんとフィーリングが合わない時はないし、そこは、お互い、信頼し合っている。昨年より、信頼度も高まっていますね。

鈴木竜士=後閑信一さんや山口幸二さんから、良い仕事をやったと誉めてもらえている様ですね。僕が前で、あの平原さんのレースは出来ない。普通に、ここも番手ですね。事故点の関係で、7月と9月は斡旋が停まる。明確にS班となる目標があるので、一戦一戦大切に走りたい。

佐藤慎太郎=浅井には先行してもらった事もあるので番手へ。やはり競輪は3番手より番手なので。それと、浅井とは同じチームイー新聞で、同じスポンサーが入っている。平原や郡司、岩本や鈴木竜にも世話になっているから、浅井の後ろに逃げたとも言えるね(笑)。みんなに良い顔をするのがオレの生き方だし、それもマーク屋だからね。

岩本俊介=二日間、レースが空くので、退屈ですよ。もう読む雑誌もないし、DVDも全部見てしまった。郡司君との前後ですか。それは秘密です(笑)。えっ、もう郡司君が並びの前後を明かしましたか。それなら、番手です!

浅井康太=単騎とコメントするか、自力とコメントするかだった。慎太郎さんが任せてくれるので、位置を取っての自力勝負。感触も調子もボチボチだけど、まあ、勝負になる脚だね。絶好調宣言するのは、ダービーを獲ってから(笑)。


 
ガールズコレクションインタビュー



児玉碧衣=前回、小倉ドームの完全優勝は、大好きなアラヤのフレームで車輪もディスクだったので。松阪のガールズコレクションを優勝し、少しほっとしたのか腰痛が出てしまった。それで、その後の豊橋を1本欠場。わりと、腰痛は出ますね。直前は久留米バンクに入り完璧に仕上げてきた。京王閣を走るのは2017年のコレクションが初めてだった。その時に比べれば精神的にも、脚的にも成長している。相手の動きを気にせず、自分の仕掛けるポイントを大切にしたい。バンクが重たく、風が強いと最悪だし、そこだけが心肺。自力勝負です。

尾崎睦=最近では、2場所前の前橋が一番最悪だった。完璧にサトミナにやられたので。いつも、大レースは、予備とかで悔しい思い。賞金も貰えず、しかも競輪場に来なくてはいけないので。2週間空いたので、自分を見つめる時間にもなった。悪いところは全部修正してきた。積極的に前々に攻めたい。

久米詩=コレクションに出場するのは初めて。最初は先行主体に攻め、その後は追い込み、今は色々なバリエーションで走っている。前回の函館ミッドは石井寛子さんの、自在性が光るシリーズだった。私も、あんな走りが出来る様になりたい。京王閣は2度目だけど、前回は冬のナイターで寒い時期だったので。自分はチャレンジャーなのでプレッシャーもないし、楽しく走れる。積極的に駆けるだけ。

荒牧聖未=一期生は、私一人だし、その代表として頑張りたい。1本、軽い腰痛で休んだけど問題ない。安定して決勝に乗れているので成績通りの状態だと思う。コレクションも、ここの京王閣以来だからビッグは久しぶり。前々のレースで力を出し切りたい。

太田美穂=コレクションは初めてだけど、普段通り、師匠達とバンクで仕上げてきた。岩見潤さんにも喝を入れられ、バイク誘導もやってもらった。デビュー戦が京王閣で、高木真備さん相手に逃げ粘った記憶がある。真備さんに捲られただけなので、自信になりましたね。サトミナも先行したいと思うが、私も、積極的な走りをやりたいですね。

佐藤水菜=ナショナルチームに入り、直前のハロンも自己新を更新した。勝ちたいと言うより、勝たなくてはいけない立場だと思っている。この後は、香港の大会に出場。日本のサトミナでなく、世界のサトミナを目指している。京王閣は初めてだけど、そこは問題ない。先月下旬のオリンピックのテスト大会では、スプリントで小林優香さん相手に1本取れたし、ケイリンでも2周駆けて3着に残っている。パワーアップしたと思うので、積極的な走りです。

石井貴子=今回は次点だったので細田愛未さんの欠場で繰り上がった。京王閣はグランプリで失格になった事もあるけど、単発レースしか走っていない。普通開催は1度もないですね。直前はG1出場のメンバーとトレーニングをやっていたので8番車でも良いから出場したいと思っていた。タイミングを逃さず、行ける場所があったら自力で。



 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
二日目インタビュー
  5R



村上義弘
京都同士の山田君の番手へ。ダービーは名古屋で3回、立川で1回優勝している。だから全部で合計4回。京王閣は2012年にグランプリを優勝している。やはり、ダービーの前になると、自然と気持ちが高まってきますね。山田君の番手へ。

中川誠一郎
この間、ネット競輪で赤裸々な取材を受けたのが、アップされましたね(笑)。酔いながらの電話インタビューだったので、思いのたけは、全部、そこで話しました。だから、そっちで色々と見て下さい。ここは熊本同士の上田君の番手へ。

松本貴治
松阪のウイナーズの最終日に落車。それで一ヶ月ぶりの実戦。骨折ではないけど肋骨にヒビが入った。自力勝負。

岡光良
関東ラインで鈴木君の番手へ。みんな強すぎるけど、3着を取りたいですね。

香川雄介
四国同士の松本君の番手へ。凄い伸び脚はないので、まあまあぐらい。

鈴木謙太郎
成績が成績だし、あまり強気な事は言えないですよ。だけど、走る以上は、一発狙って。最近、誘導の早期追い抜きとか、内突きとか微妙な判定が多いですね。まあ、僕らは与えられたルールと判定で頑張るだけなので。

上田尭弥
京王閣を走るのは2度目。大垣記念の落車で少し歯車が狂ったのは事実です。積極的なレースが理想。

鹿内翔
どこの3番手も回れる番組ですね。だけど、決めて9番手だと後悔するので。自在に構えて、動きながら好位を確保したい。

山田久徳
村上さんの前で責任を持って。任せてもらったので自力自在に。
  6R



河村雅章
弥彦の決勝は関東4番手のつもりだったけど、混戦になり、地元の鈴木庸之君が捲ってくれ準優勝。結果的に番手のレースだった。ホームは立川だけど京王閣も地元には変わらない。関東で山岸君の番手へ。

橋本強
四国同士の久米君の番手へ。感じは悪くないけど、少し流れが悪いですね。

野原雅也
前回の武雄記念は、ぱっとしなかったですね。実は京王閣を走るのは初めてです。普段通り自力勝負。

久米康平
松山の優勝は、河端朋之さんの落車があり、逃げ切りだった。アクシデントがあったけど自信になった。なにげに、今回は変な自信があるんです(笑)。勘違いかもしれませんが。自力勝負。

山田庸平
もう少し、自分に脚があれば、アニキの優勝に貢献出来た。地元記念だったし残念です。普段通り、自力自在に。

小林大介
だいたい、こんな感じの番組になると予想していました。今月の前橋記念に斡旋は入ってなく、10月のG3の方に出場出来ると思う。ダービーは2年前に出ていないし、連続出場記録なんて持ってないですよ。関東ラインの3番手。

井上昌己
九州ラインで山田君の番手へ。普段通り、位置を取ってくれる走りで十分。

山岸佳太
出来は悪くないと思うので行く勇気が必要ですね。ここはノーマークだし、逆にチャンスがあるかも。自力勝負。

椎木尾拓哉
近畿ラインで野原君の番手へ。相性は良いと思うので、しっかりサポートしたい。
  7R



太田竜馬
ウイナーズカップが終わり一ヶ月ぶりの実戦。初日の落車で大事を取っていたけど、内容の濃い練習も出来た。自力勝負です。

中村浩士
G1で勝つには、もう少し伸びが欲しいですね。もちろん、弟子の根田君へ。ウイナーズカップで離れて迷惑をかけているし、きっちり追走したい。新しい千葉市長は、以前の副市長だし、市と県で良い連係が取れています。新しい250ケイリンに向けて、これは明るい材料です。

和田圭
宮城同士の桜井君へ。前回の大垣で優勝出来たので、気持ち良く走れる。

桜井正孝
F1の準決で3場所連続して失敗。7車はスピードがないから苦手ですね。それより、混戦になるから9車の方が向いている。自力勝負。

萩原孝之
西武園記念は優勝もあり、相性の良いバンク。前回も野口裕史君が強くて恵まれた。欲を言えば、3着に入り、競輪祭のシードを取りたかった。千葉コンビの後ろへ。この並びも、何回もありますよ。

高橋和也
松阪で選手になって初の鎖骨骨折。これで復帰3場所目だけど、まだまだだと思う。自力勝負。

渡部哲男
四国ラインで太田君の番手へ。昔に比べたら、優しい先行をしてくれる様になってきた。問題は踏み出しだけ。そこで付け切ってしまえば、ワンツーは決められる。

山口泰生
さすがにバブルは、もう弾けました。昨年の好成績は浅井康太君のおかげだった。本当、親身になってアドバイスしてくれたので。中部で高橋君に頑張ってもらうだけ。

根田空史
花粉症は1年中です。杉、ヒノキ、稲とあるけど、杉が一番きつい。杉がおさまり、だいぶ良くなっている。杉の時期は、体全体が怠く、熱っぽかったので。4分戦で、自分らのラインだけが3車で有利。普段通り、行けるところからの自力勝負。
  8R



田中誠
翼の操縦は任せて下さい! 上手く走らせますよ。もがき合いがあるかは、どうかな。

池田憲昭
四国ラインで島川君の番手へ。何度も連係はあるので、心強い先行選手ですよ。

野口裕史
西武園記念の優勝は、たまたまだし運が良かっただけ。準決勝にしても、決勝にしても、楽に駆ける事が出来たので。同じ様なタイプがいると厳しいですよ。思ったより感動はなかったし、涙も出なかった。自分への御褒美として50万円の時計を買った。イタリアの海軍時計でメーカーはパネライです。嫁は、まだ欲しいものが見つからないみたい。

村田雅一
近畿ラインで三谷君の番手へ。実績が抜群の選手だし、黙ってお任せですよ。

北津留翼
前回の別府は走りをしくじった。脚もないけど、相変わらず、組み立ても甘いので。中10日あったので長崎のマウンテンバイクの大会に出場したりした。自力勝負。

渡辺晴智
千葉コンビの後ろを回る。今回は、98点しかないし、6番車のユニフォームしか持ってこなかった(笑)。この間のネット競輪の記事、嫁が見つけてくれたけど、オレの気持ちが伝わっていて有り難いね。

島川将貴
ここは野口さんと真っ向勝負ですかね…。対戦ですか? あまり、イメージはわかないけど、独走が強い人と言う感じです。ルーキーの犬伏君は阿竹智史さんの弟子だけど、かなり強いですね。一緒に練習をやっても歯が立たなかった。自力勝負。

三谷竜生
アニキの優勝は自分の事の様に嬉しいですよ。気持ちを感じるレースだし、あれが漢字の競輪。身内だけど、良いものを見せてもらいました。審議は多少ドキドキしたけど、セーフだと思っていた。京王閣は4年前のダービーで優勝している。自力勝負。

海老根恵太
順天堂大学の後輩でもある野口君の番手へ。2場所前の前橋決勝で、作戦通り捲ってもらいワンツーを決めている。まだまだ進化していますね。
 
  9R




成田和也
福島同士の高橋君の番手へ。弥彦の決勝は、今後、世話になるけど佐々木悠葵君の番手を小林泰正君と競った。さすがに関東が4人いて、5番手は回れないので。ダービーは2012年の熊本で優勝している。久々の連係になるけど高橋君の番手へ。

皿屋豊
広島の決勝は単騎で7番手。古性優作君が凄いレースだった。いつも通り自力で仕掛ける。

芦沢大輔
栃茨ラインで雨谷君の番手へ。最近、良い時と悪い時の波が激しいですね。とにかく番手で仕事をしたい。

雨谷一樹
前々のレースを意識して自力勝負。芦沢さんに迷惑をかけないレース。

笠松信幸
中部ラインで皿屋君の番手へ。破壊力があるので一発に期待したい。

伊藤信
いつも通り自力で仕掛ける。コロナ禍でもあるし、大阪から車で来ました。

内藤宣彦
福島コンビの後ろへ。本線の3番手だし、3着狙い。だけど、3着に入るのも甘くはないので。前の2人は決めてしまうでしょうが(笑)。

渡辺十夢
近畿ラインで伊藤君の番手へ。確かに、同期誠一郎さんの武雄記念での4番手のレースは納得出来ないですよ。福井で言えば、市田さんを4番手にする感じですから(笑)。

高橋晋也
西武園記念の落車で頭を打ったが、体は大丈夫だと思う。普通に車を運転して帰れたので。やはり、成田さん、内藤さんと決めたいですね。今回は獲るつもりできたし有言実行の走りで。自力勝負。
  10R



諸橋愛=ウイナーズカップが終わり、岐阜に出稽古に行ったり、競走も続いている。体はしんどいけど、数字が出ているので、精神的な疲れはない。今年は10月に地元弥彦で親王牌がある。それが最大の目標となるが、もちろん、ダービーは欲しいタイトル。今は極限状態に持ち込み、苦しむほどの練習をやっている。ここは同県のノブ(鈴木庸之)に前を任せて、彼の感性を信じたい。

佐藤慎太郎=ネット競輪のコラムは読んだかな? 今はオールスターのファン投票の最中なので、阪神ファンの1票を取りに行く(笑)。だから、虎のマスクを毎日付けている。もちろん、リアルな阪神ファンだけど。伸びは戻っているかもしれないけど、今のままではダメなんだ。その辺りはコラムにも書いているし、暇があったら読んでよ。ナショナルチームに入り強くなりすぎている新山君へ。

小倉竜二=弟子の阿竹智史が初日の1レースで1着を取っていたね。孫弟子になる犬伏君も静岡のルーキーシリーズで優勝した。めでたい事が続いているので、大師匠様のオレも頑張らないと(笑)。武雄記念は松浦悠士君、清水裕友君と連係して、きっちり結果を残した。今回も、そのイメージが残っている。直前は自転車に乗らず、ワットバイクとウエイトトレだけ。もちろん、清水君の番手へ。

新山響平=東京オリンピックのテスト大会に出場した。ハロンのタイムとか、自己ベストを叩き出した。ただ、最近、慎太郎さんとの連係で迷惑ばかり掛けている。そこは気になるところ。この後は、香港の大会に行く予定もある。京王閣は走りやすいので自力勝負。

稲川翔=セッティング、シューズなど、ここに向けて全部試す事が出来た。古性君とはバンクでの練習仲間。過去、何10回も連係はあるし、言葉では言えない関係性がある。直前の奈良の完全優勝も内容が良かった。ド派手な衣装の鈴木竜士より、オレの方が洗練されていてオシャレ? いや、そんな事はないですよ(笑)。

中本匠栄=特選シードどころか、ダービーの出場さえ初めて。繰り上がりだったけど伊東の共同通信社杯の優勝が大きかった。このメンバーで何が出来るか分からないけど、単騎で自在に。6番車だけど大穴を出せれば良いですね。

古性優作=常に自転車の事やセッティングは考えている。しっかりした練習も出来たので、悩む事はない。あとは、レースで結果を出すだけ。後ろが稲川さんなのも心強いですね。自力基本にいつものスタイルで。

鈴木庸之=前回から新車を投入。凄く流れるし、タテ用のフレーム。それが、優勝に繋がった。成田和也さんの競りを避けるなら、オレが自力でやっても良かった。だけど、小林泰生が競りでも佐々木悠葵君の番手だと言ったので、3番手を回った。だけど、混戦になったし、地元だから自分で捲った。タイムも、かなり良かったと思いますよ。酷いヘルニアもあったけど、よく、ここまで戻って来れたと思う。自力基本に展開で何でも。

清水裕友=全日本選抜、武雄記念は、脚的に普通。武雄は松浦さんの優勝に貢献出来たけど、疲れが溜まっていた。だけど、かなり個性の強いメンバーを集めましたね(笑)。一人一人の、寸評を、またイー新聞やネット競輪で見たくなる。オレは、どんな感じで書かれるのかな。風は気にならないので、行けるタイミングで自力勝負。
  11R



浅井康太=スポニチで定期的にコラムを書いているし、インスタライブや、YouTubeでも色々と発信している。少しでも、多くのファンに競輪の魅力を伝えたいので。前回の小田原はワッキーの弟とも連係した。彼は緊張していたみたいだね。まあ、ダービーと言っても、特別な感情はないし、自然体で。自力勝負。

松浦悠士=4年前の京王閣ダービー以外は、このバンクに関して苦手イメージはない。3月、4月と、ここに向けてハードに練習をやってきたし、自信を持って走れる。いきなり、郡司君との対戦で、試金石になる。ここで内容含め勝っておけば、ダービー王の称号が見えてくる。自力勝負。あとは、ネット競輪のコラムも読んで欲しい。

内藤秀久=自分も仕上がっているけど、それ以上に郡司浩平君が仕上がっているので、そこは追い着いていない。マーク屋だから展開に左右されるけど、これまでの成績に悲観はしていない。キック(鈴木裕)にも世話になっているけど同県なので郡司君の番手へ。点数もオレの方が持っているので。

大槻寛徳=体調を崩す事なく、練習はやってきた。自分が絶好調でも他の8人に追い着くメンバーではない。西武園記念の二次予選は失格で残念だった。どんな状態でも、必ず良いレースをやってくれると信じて菅田君へ。

郡司浩平=番手回りだと結果を出している。深谷知広さん、松井宏祐君と、そのケース。だけど、自力でやった時に不安があったし、武雄記念で少し自信を取り戻した。構える事なく攻めるレースをやりたい。仕上がりも不安はないし、良いレースをお見せしたい。自力勝負。

菅田壱道=昨年、背中を痛めてから、不振に陥った。踏めていないけど、今回に関しては、今年一番のデキだと思っている。やれる事を精一杯やって自力勝負。

鈴木裕=ウイナーズカップで落車。ぶっつけ本番でダービーを走りたくないから、小倉ナイターを走った。結果は良くなかったけど、掴んだものもある。郡司君なら3番手を固める甲斐があるので神奈川コンビの後ろへ。

原田研太朗=四日市記念の決勝と同じで、松浦君の後ろが自然でしょう。前を回る材料がひとつもないので。直前に新車が届いたので、それを使うつもり。2走目から変える可能性もあるが。ヨコのテクニックはないけど、精一杯アシストしたい。

坂口晃輔=練習仲間の浅井先輩へ。違反点が溜まっていたので、斡旋をしない処置でした。ウエイトトレとスピードスピード練習で、パワーアップをはかっている。そうそうたるメンバーだし、わくわくしますね。

 
初日インタビュー
  1R



取鳥雄吾
特別競輪の1レース1番車だし期待されている証拠。西武園記念で落車したけど、あれは自分の凡ミス。小倉は、あの町田太我君が行ってくれ、優勝する事が出来た。自力勝負。

成清貴之
千葉同士のコンリュウ(近藤隆司)の番手へ。

不破将登
岐阜同士の川口君の番手へ。奈良記念で骨折したけど、もう3場所走る事が出来たので。

高原仁志
番手は同県の阿竹君に任せて取鳥君の3番手。僕らのラインだけが3人になるので取鳥君も仕掛けやすいと思う。

松岡健介
兵庫同士の藤井君の番手へ。F1が3場所続いているけど、良くなっている感覚はある。

藤井英二
京王閣を走るのは初めて。後ろが健介さんだし2車でも積極的に攻めたい。

阿竹智史
取鳥君の番手で仕事する。師匠の小倉竜二さんには負けるけど、オレも怪我に強い方。不死身だと思っています(笑)。右の臀部の打撲程度で練習も2週間やってきた。

川口聖二
前回の四日市は、伊東の落車の影響が少しあったかも。二日目から新車が届いて、初日は壊れたままの自転車だった。自力勝負。

近藤隆司
後ろが成清さんなのは心強いですね。直前は、野口裕史さんと一緒に練習もやった。以前に比べて、コーナーリングも上手くなっている。年齢的に遅いけど進化しています(笑)。自力勝負。

 
  2R



金子貴志
武雄記念は二次予選で吉田拓矢君が当日欠場。レースは中止になり、ガラポンの抽選で負けてしまった。ちょっと、ツキがなかったですね。ネット競輪のコラムも、今月から月2回になる予定。ここは徹底先行の竹内君の番手です。

渡辺雄太
函館の優勝は同県の望月一成君が行ってくれた。佐々木悠葵君の仕掛けに併せて番手からスパートした。四日市記G3が良くなかったのでホッとした。松坂さんの前で自力勝負。

佐藤友和
伏見さんの了解を得て坂本君の番手へ。成績より悪くはないと思っている。今迄、サテライト石鳥谷がスポンサーだった。今度、クラップ石鳥谷になり、チャリロトが運営するので、チャリロトが僕らのスポンサーになった。

坂本貴史
後ろはG1ホルダーの2人。成績より悪くないし、踏めていると思う。後手を踏まない自力勝負です。

松坂洋平
千葉記念(松戸)で大怪我をして四ヶ月以上欠場。復帰戦の川崎全日本選抜でも落車したが、思ったより踏めている。いつも渡辺君の時は後ろを回っているので、今回も同じです。

江連和洋
関東は1人だけど、南関の後ろならチャンスがありそうですね。どっちが前でも3番手を追走する。49歳にしてダービー初出場は、新記録みたい。今迄は45歳の藤田昌宏さんの様です。

竹内雄作
普段通り、先行基本の自力勝負。武雄記念の二次予選で金子さんと連係の予定が、中止になってしまった。僕は抽選に勝っただけ良かったですが。この前検日の風が、明日も続いたらきついですね。

近藤龍徳
金子さんと一緒だし、ネット競輪のコラムラインですね。もちろん、中部の3番手を固める。

伏見俊昭
弥彦の失格は内抜きだった。4番手だったので連結を外さない様にしようとしたら、空いていないと言う判定だった。ダービーは2004年に静岡で優勝している。僕も45歳だし、もう17年前ですよ(笑)。友和が点数上位だし北日本の3番手。これでダービーは25回連続して出場です。
  3R



佐々木豪
坂井さんとの主導権争いですね。しっかり自力を出して自分のレースをやりたい。昨年の10月から脇本さんのフレームを使っているし、そのままです。

宿口陽一
西武園記念の決勝は、地元だったけど単騎だったし荷が重かった。まさか平原さんが不在なんて信じられなかった。ここは関東ラインで坂井君の番手へ。

柴崎淳
松阪ウイナーズカップは誘導。四日市G3は、腰痛が酷くて、出場できる感じではなかった。ほぼ、寝たきりで、車の運転も30分が限界。目標が欲しかったけど、今の中部は戦力不足なので(笑)。先行選手が多い地区は羨ましいですね。自力勝負。

志村太賀
大宮、小倉と連続して落車。ツキがないですよ。釣りに行っても、捻挫するし良い事なんて、まるでない。関東ラインの3番手です。

柏野智典
この間、ネット競輪の編集の人から電話取材を受けました。松浦君や原田君と走った、名古屋オールスターのラインの絆の話の様ですね。ここは佐々木君の番手へ。

山口富生
佐世保、川崎記念と立て続けに落車して、さすがにきつかった。今年が最後のダービーにならない様に頑張りたい。中部ラインの3番手です。

坂井洋
2場所、ウイナーズカップの落車が応えていますね。練習は普段通りやれていますが、レースになると感じが悪かった。全身打撲だったけど、地元に帰ってから手首の痛みが出たけど、それは良くなってきた。

筒井敦史
番手は同県の柏野君に任せて中四国ラインの3番手です。3番手の方が特別競輪なら気楽に走れるし、突っ込める展開になれば。

志智俊夫
連係実績のある柴崎君の番手へ。あれこれ言う選手ではないし、好きに走ってもらうだけ。

 
  4R



柿沢大貴
長島君にも武田さんにも世話になっているから栃茨ラインの後ろへ。1着も取れているので悪くないと思う。

山下一輝
山口同士の宮本君の番手へ。清水裕友君、桑原大志さんと共に山口を盛り上げて行きたい。

大石剣士
ダービーは初めてだしG1も初めて。この間のウイナーズカップでG2デビューしたばかりなので。今回は勝ち上がりたいし、相手が強い方がマークされないので。自力勝負。

小原太樹
大石君、岡村さんの後ろで静岡勢を追走する。勝ち上がりに失敗しているけど、そこまで悪くはない。

武田豊樹
少しずつだが戻っている感覚はある。日本選手権は2009年の岸和田で優勝している。栃茨ラインで長島君の番手へ。

湊聖二
宮本君、山下君の山口コンビの後ろへ。

長島大介
今年はF1で2回優勝したが、記念やG1、G2のレースがダメですね。だけど、調子が上がっている感覚はあるので、逃げても構わない。それぐらい自信は出てきた。自力勝負。

宮本隼輔
京王閣を走るのは初めて。自力勝負です。

岡村潤
静岡同士の大石君の番手へ。西武園記念は大チャンスだったけど野口裕史君が強かった。特殊な踏み方をする選手だし、後ろも酔わされてしまう。あれは抜けそうで抜けないんですよ。
 
  5R



松川高大
健太郎さんと2人なら自分でやるメンバーですね。位置を取って、捲るレースが基本になると思う。直前の練習の感覚は悪くなかった。

稲垣裕之
今年は街道練習中の交通事故で三ヶ月欠場。それでも5百勝を達成したりと、まずまずだと思う。いつでも自力でやる覚悟はあるけど、稲毛君の後ろなら喜んで。

佐々木雄一
福島同士の一成君の番手へ。相変わらず、ダッシュは凄いので踏み出しで離れない様に。

永沢剛
福島コンビの後ろを回る。ダッシュがないから、そこが一番不安ですね。

稲毛健太
京王閣は成績も良いので、走りやすいイメージがある。理想は稲垣さんとのワンツーでイナイナ車券。自力勝負です。

岡本英之
田中君は、もう自力は出ないと言っていたけど、今迄、かなり世話になっているので。どうあれお任せです。

渡辺一成
7車は良いけど、9車の数字が良くない。ただ、F1だけど4場所前に京王閣は優勝したばかりなので。良いイメージがあるし、構えず、一気にスパートしたい。

田中晴基
12場所だと、バックも自力の決まり手もあるけど、直近四ヶ月だと、そこまで動いていない。今回のダービーで人の後ろを回りたいから、動かない様にしていたが。自在に。

坂本健太郎
九州ラインで松川君に任せる。前回の広島は何年かぶりに先行した。前を取っての突っ張りになったので、5周駆けた感じです。今、流行のブーメランにやられました。完全に泳がされたから、逃げた感じです。

 
  6R



大森慶一
1番車だし初手で良いポジションを取らないと。福島コンビの後ろを固める。直線が長いし、前のスピードを借りる事が出来れば、自分が一番得意な形になる。

谷口遼平
後ろが吉田さんだし後手は踏めないですね。一生懸命走る!のコメントでお願いします。

山崎賢人
3週間空いたので、普通に伊豆でトレーニングをやっていた。オリンピックのプレ大会もあったので、それにも出場。京王閣は、久々なので、よく覚えていない。車で伊豆から来たけど、途中、迷子になってしまった(苦笑)。自力勝負。

吉田敏洋
和歌山の落車は余計でした。ツイッターにも書いたけど、名古屋競輪場で最終調整をして、ホテルにコンビニのビニール袋を持って、こもっていた。中部ラインで谷口君の番手へ。ダービーは、これで20回連続。ガールズの弟子なら面倒を見るけど、男子は断っている(笑)。

荒井崇博
地元武雄記念は二次予選で失敗して残念。本気で優勝を狙っていたので残念です(笑)。山崎君の番手とは最高ですね。

川口公太朗
西武園記念は溶連菌になり二日目から当日欠場だった。子供がよくかかる病気みたいですね。中部の3番手を固める。

飯野祐太
弟子の高橋晋也が、男にします!と言ってくれるのは嬉しいですね。もちろん、晋也と一緒に特別競輪の決勝に乗るのが夢です。自力勝負。

松岡貴久
武雄記念の判定は仕方ないですね。持って行かないと、飲まれてしまうので。九州3人でまとまり、荒井さんの後ろへ。

渡部幸訓
福島同士の飯野君へ。宇都宮G3の優勝は竹内雄作君のおかげです。あれを獲ってから責任感も出てきました。実はG1の出場は初めて。苦節、16年、17年です。

 
  7R



武藤龍生
競走得点も110点を超えたし、キャリアハイです。この成績は自分でも信じられない。僕は才能があるわけではないし、ここまでは努力だけ。周りにも恵まれていますね。埼玉同士の森田君の番手へ。連係したのは、多分、昨年の名古屋オールスター以来。

小川真太郎
細切れ戦になるので仕掛けやすいと思う。まずは、キッチリ位置は取りに行く。静岡のルーキーシリーズでデビューしたけど、後輩の犬伏君は、かなり強いですよ。凄いタイムを出しますから。

森山智徳
武雄記念の準決は誠一郎さんを4番手にしてしまい申し訳なかった。7場所前の岐阜がS級の初優勝だった。色々と賛否両論のあるレースだった。自力勝負です。

庄子信弘
つい数年前までチャレンジを走っていたし、ダービー出場は夢だった。流れを見て自在に攻める。

大坪功一
庄子君も僕も遅咲きですね。僕も本気で練習をやる様になったのは、つい最近ですから。九州ラインで森山君へ。昨年の静岡ダービーが中止になっているからダービーは初めて。

工藤政志
ダービーと言うより、特別競輪の出場が初めてです。北日本ラインで同期庄子さんの番手へ。

森田優弥
地元記念は肝心なところで平原康多さんに迷惑をかけてしまった。あと、通算百勝達成は通過点だと思っている。最近、構えるレースで失敗しているし反省している。もう一度、原点に戻る走りをやりたい。自力勝負。

朝倉佳弘
もしかしたら、これがホームバンクの京王閣で走れる最後の特別競輪かもしれない。一戦、一戦集中して走るだけ。だから、どこまで勝ち上がりたいとか目標はないですよ。埼玉コンビの後ろへ。

桑原大志
勝ち上がりの段階で清水裕友と一緒に走りたいですね。それが一番のモチベーションになっているので。中四国ラインで小川君の番手です。良い展開の時は、その流れに乗れているが、悪い展開を克服する脚はない。
 
  8R



山本伸一
後輩の畑段君と一緒ですか。今迄、3回ぐらい連係していて、僕は、ほぼ1着か2着だったと思う。相性の良い後輩だし、信頼していく。先行でなくて良いし、前々に踏んでくれれば。

河端朋之
松山の決勝で落車失格。あれは、完全にうっかりだし、失格でも納得している。それほど、酷い怪我ではなかったが走ってみないと。自力勝負。

阿部力也
北日本ラインで山崎さんの番手へ。竹内さんは勝負しているマーカーだし、お伺いを立てたら良いと言ってもらえた。

畑段嵐士
僕は山本さんの走りやすい並びで。前を任せてもらったので自力勝負。

岩津裕介
岡山同士の河端君へ。特別競輪になると連係は多いですね。肝心な時に、どういう状況判断をするかだと思う。

蒔田英彦
今年はF1開催を含めて、まだ一度も決勝に乗っていない。とにかく自力で一発狙い、マッキースマイルをお見せしたい。

竹内智彦
武雄記念は抽選で負けてツキがなかった。吉田拓矢君の番手でラッキーと思っていたら、彼が欠場だったので。ここは点数通りで北日本の3番手です。

福田知也
南関ラインで蒔田君の番手へ。外枠2人で厳しいけど、マッキーに頑張ってもらうだけ。

山崎芳仁
だいぶ記事が小さくなっているけど、ダービーを優勝するとグランドスラム。選手を辞めるまでは諦めませんよ。慎太郎さんのネット競輪の獲る獲る詐欺のコラムは見ました(笑)。今回は獲らせる詐欺で行きましょう。自力勝負。
  9R



和田真久留
弥彦は調整の欠場でなく、リアル腰痛だった。松谷さんが一人にされたと、むくれていたけど、たまには試練も必要でしょう(笑)。自力勝負です。

芦沢辰弘
この成績が現状の実力ですね。点数を下げると、番組も良くなかった。まま、ここは3番手だけど、前の2人は信頼できるので。栃木コンビの後ろへ。

神田紘輔
成績通りで伸びている感覚はありますね。近畿ラインで中井君の番手へ。あとは、もうワンランク上の選手にならないと。

中井俊亮
外枠2人だから、初手の位置は厳しそうですね。奈良G3の三谷将太さんの優勝は感動しました。やはり、競輪は気持ちですね。自力勝負。

真杉匠
この真っ赤な外車のスポーツカーですか。700万したけど、確かに栃木の田舎では目立ちますね(笑)。それより、レースで目立たないと。後ろは信頼できる先輩だし、積極的に攻めたい。

佐藤和也
神奈川の後ろが回れる番組ですね。冬期移動先が小田原と言う縁もあるので。そう言うメンバーだし、3番手で離れない様に。

松谷秀幸
前回の弥彦は、ダービーに備えていたのでオーバーワークだった。マクルが欠場したので、全部、自分でやるレース。準決は、朝倉智仁君が当日欠場で自分の自力1車。結果は逃げ切りだけど、久々の先行でペース配分が分からなかった。その分も、マクルには頑張ってもらいますよ。

野田源一
普段通り、単騎で。腰痛が出たので一ヶ月ぶりの実戦です。

神山拓弥
栃木同士の真杉君の番手へ。抜けずのワンツーもあるし、相性はかなり良いと思う。
  10R



木暮安由
オレらが予選のメインかと思ったら、寺崎君の番組でした(笑)。底は脱出したと思うし、今月は地元記念もある。泰正には前橋F1の決勝で後ろを回ってもらったが、ここは信頼して任せたい。あまり欲はないので、ダービーは2着で十分(笑)。狙うは前橋記念の優勝!

東龍之介
神奈川同士の堀内君の番手へ。いつも頑張ってくれるイメージがある。

寺崎浩平
京王閣を走るのは初めて。前回の和歌山は凄く調子が悪かった。原因は体のズレ。それは修正できたし、オリンピックのテストイベントに向けて仕上げていた。ハロンも自己ベストが出たので、今回はやれる自信があります。

竹内翼
寺崎君が相手だけど少しでも爪痕を残したいですね。三宅さんの前で自力勝負。

村上博幸
近畿ラインで寺崎君の番手へ。スピードある自力選手だし、それに対応する練習もやってきた。年齢的に上積みはないけど、しっかり準備は出来たし、やり残した事はない。

堀内俊介
6番車だけど穴を出せる様に頑張りたい。細切れ戦になるので自力で一発狙っていく。

三宅達也
中国ラインで竹内君の番手へ。竹内君は岡山でサッカー選手をやっていましたね。武雄記念は抽選で負けて残念だった。そう言うの、もっていないんですよね。

北野武史
最高の3番手だし大ラッキーです。離れなければ3着はある。近畿ラインの後ろへ。

小林泰正
弥彦の決勝は練習仲間の佐々木悠葵君の番手で、ドンから成田和也さんと競り。一発で決められてしまったし、良い勉強になった。包まれたり、内に詰まるのが負けパターン。相手が相手だけど、自力で力を出し切りたい。あとは木暮さんと一緒に地元記念も盛り上げたい。予備から最後の最後で繰り上がったし、そこはツキがありますね。

 
  11R




 


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
第75回日本選手権競輪限定!コンビニのコピー機で無料予想情報がプリントできる!
第75回日本選手権競輪限定!!
コンビニのコピー機で無料予想情報がプリントできます!!



全国のローソン、ファミリーマート、セブンイレブン、スーパー等一部店舗、ミニストップ、デイリーヤマザキのマルチコピー機から
全日本競輪新聞協会連合会が無料でプリントできます!!
(最終レース発送時間まで)

eプリントサービスでしか手に入らない期間限定の無料予想情報!
後半3レースの予想とレース情報を掲載!




ぜひ、ご利用下さい!!


操作方法はこちらから
https://www.e-printservice.net/shohin/syussouhyou_print


ページトップへ
 
第64回オールスター競輪(GI)ファン投票のお願い
オールスターファン投票のお願い

ファンの皆様の投票で選ぶ夢の祭典、第63回オールスター競輪が
2021年8月10日(火) から 8月15日(日)までの6日間、いわき平競輪場で行われます。
皆様の想いを乗せた、熱い投票をお待ちしております。

投票はこちらから!

http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/campaign/allstar_vote/2021/index.html
投票期間:4月29日~5月14日

e-SHINBUNメンバーはこちら

木暮安由 関東、018番

池田勇人 関東、022番

浅井康太 中部、089番

脇本雄太 近畿、097番

川村晃司 近畿、104番

小倉竜二 四国、146番

中川誠一郎 九州、184番

佐藤慎太郎 北日本、190番


ページトップへ
 
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
 
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。

令和3年5月4日
今回の京王閣ダービーの売り上げ目標は125億。無観客で関東・近畿、そして松山の場はコロナ感染予防で発売中止の中、ネット投票を主に頑張った売り上げは約19億、これは大健斗で、現在は現場よりネットの時代なのは競艇・競馬も同じ、これで良いのかと成れば昭和の人間には理解するのは難しいが、良いんでしょうね。
初日は今イチ華が無いと思ったら、東京五輪代表の脇本雄太・新田祐大は兎も角、深谷知広・松井宏佑が香港の大会出場で欠場していたとは、売り上げが期待出来る自力型が居ないのは残念。1次予選で逃げて結果を出したのは、竹内雄作・大石剣士・渡邉一成・眞杉匠・平原康多の5人。その中の一人、平原がゴール後落車したのは心配材料。この5人の外に良かったのは、宿口陽一を筆頭に佐々木雄一・山崎賢人・阿部力也・木暮安由・鈴木竜士の1着組。
売り上げアップに役立てばで、2日目もワンポイントヒントを。
1R、山下一輝の連対。
2R、近畿コンビ。
3R、思い切って熊本コンビ。
4R、敢えて渡邉雄太の捲りを推奨。
5R、自力を出す条件で中川誠一郎。
6R、地元、河村雅章の3連対。
7R、和田圭の2連対。
8R、北津留翼・野口裕史・島川将貴の自力型ボックス。
9R、福島コンビ。
10R、大阪のど根性コン。
11R、郡司浩平・松浦悠士の力の両立です。
令和3年5月5日
京王閣ダービーの2日目は、朝から最終レース迄5メートルの風に雨迄降った事もあって、選手は悩まされ落車事故が2件、失格もありました。売り上げは祭日で19億5千万は健斗したかと。番組は無難に超マンネリばかり、思い切って斬新なのを期待するのは無理かと、ネットのファンは推理し易いのが良いのかもなので、そこら辺りを踏まえてのものかと。これは最終日迄変わらないと思います。3日目・4日目は平日。取材の方は最低限のものに成るのは現在の状況を考えたら仕方ないのかも。開催して貰っただけでもで済まされてるのが現実ですが、何十年と取材に命を懸けていた身には物足り無さはありますが、これ迄の経験を活かし作戦(並び)さえ判ればそれなりの想定は出来ます。3日目も自信を持って私なりのヒントを。
1R、太田竜馬から手広く。
2R、自力の中川誠一郎を信頼。
3R、単騎の坂本健太郎。
4R、上田尭弥。
5R、和田圭の3連対。
6R、中井俊亮。
7R、1予の調子と信じて北津留翼。
8R、古性優作。
9R、諸橋愛ー眞杉匠。
10R、山崎賢人ー山田英明。
11R、守澤太志・高橋晋也。
12R、児玉碧衣から石井貴子が狙いです。
令和3年5月6日
京王閣ダービーの3日目は平日に成った事もあり15億5473万にダウン。風は2日目より弱まりはしたものゝ、朝のレースからこれでもかと荒れ、極め付けはガールズコレクションで絶対本命の児玉碧衣が4着に飛ぶとは、佐藤水菜の頭脳プレーにまんまとやられたもの、これで又練習する気に成ったのは間違いなく、平オールスターのガールズドリームでリベンジするのは必定。2次予選が5個あり、準決進出は12名はほゞ決まり、4日目のゴールデンレーサー賞の9人と2予の2着迄の4人で残りは3着の2名。1予1着の佐々木雄一と2着の吉田敏洋は待ちの状態。旋風を巻き起こしてるのは千葉勢で、根田空史。鈴木裕が決め、岩本俊介は決定、それだけでなく内藤秀久・岡村潤と深谷知広・松井宏佑が居なくても郡司浩平を軸にどうやら南関東の時代が来たのかも、新風を送り込んでるのは推奨した眞杉匠、準決勝も楽しみ、渡邉一成が上った事で佐藤慎太郎も一安心。明日のゴールデンレーサー賞の中国コンビは清水裕友ー松浦悠士で並びに成りましたが、決勝は逆を想定させるニュアンス。佐藤慎太郎は平原康多ー鈴木竜士の後と思ったら、付いた事があるで浅井康太に決めたのは、これがスタイルなのかも。稲川翔は単騎ですが、松浦には世話に成ってるので後かと思われます。そこでの狙いは松浦から稲川と埼京コンビ。
前半戦はまともには決まらないと思いますが、私なりのヒントを。
1R、竹内翼と柴崎淳の両立。
2R、九州コンビ。
3R、九州コンビ。
4R、単騎の松岡貴久と伊藤信を思い切って。
5R、谷口遼平ー川口公太朗。
6R、近畿トリオに、穴で久米康平の頭狙い。
7R、和田真久留の捲り。
8R、無条件で森田優弥。
9R、鈴木庸之と穴で阿部力也。
10R、千葉コンビに宿口陽一です。

 
ページトップへ
 
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦(たけばやし・かずひこ)
一九五八- 東京生まれ、競輪育ち、予想紙「アオケイ」記者。

使えなくなった入場許可証
 
 机上に置かれた矩形の通行証、
【東京オーヴァル京王閣 第75回 日本選手権競輪 GⅠ「入場許可書」《一般入場》転用禁止 ご本人様以外の使用を固く禁じます ※オリジナルグッズの引き換えは、6日間でお一人様1回限りとさせていただきます。予めご了承ください。「確認番号No.××××」「オリジナルグッズ引換チェック欄」】
 を、うらめしく見ながらこの原稿を書いている。
 せっかく入場者事前抽選に応募当選し手中にしたカードは使えなくなった。
 Tよ、許せ、墓参が又繰り延べになってしまった。
 恩人のTが眠っている墓所は京王閣競輪場から割りと近くにある。京王多摩川駅(競輪場の最寄り駅だ)から何駅か先の若葉台駅よりバスで二十分ぐらい揺られ、降りてゆるゆる昇った高台にある樹木墓園、その場所を知った時、あぁ、競輪のついででいいからたまには逢いにこい。そんなTちゃんの計らいだと勝手におもった。お言葉に甘え、Tの墓参は、京王閣の開催日を選び、競輪とセットが恒例となったが、現世のコロナ禍で一年半以上、「桜の里、あさ陽の丘」と名づけられた芝生の下のTと喋っていない。
 お前はやっぱりテキトーだなぁ。
 Tの声が聞こえてきそうだが、ま、許せ。お前はギャンブルほとんどやらなかったけど、暇だったら一日ぐらい京王閣の競輪場でも覗いてきたらどうだい。強いのばかりで六日間しのぎを削る、大レースの最高峰、競輪ダービーってやつだから。
 せっかく頂いた入場パスだ。明日(五月四日)からのテレビ観戦の折、頸に掛ければちょっとは本場気分を味わえるかしら。
 

ページトップへ
 
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







ページトップへ
 
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925




ページトップへ
 
二宮歩美が競輪基礎知識をわかりやすく解説!vol.2
二宮歩美が競輪基礎知識をわかりやすく解説!
競輪選手、バンク、ラインなど必要な基本知識を丁寧に説明。 追い抜きなどレース中の動きも簡潔に紹介!

競輪ビギナーの方にも優しい内容になっています!(競輪講師:二宮歩美)

 
 
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2021年5月4日(火)・5日(水)・6日(木)・7日(金)・8日(土)・9日(日)

■開催場所
京王閣競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

福ちゃん

北競

競輪専門誌ホープ

別府競輪ダービー

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ