eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始

いわき平競輪開設70周年記念競輪 いわき金杯争奪戦(GⅢ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
競輪新聞・無料出走表が取り出せる「eプリントサービス」利用可能店舗が拡大!
 
       eプリントサービス利用可能店舗が拡大!



競輪専門紙、競輪出走表をコンビニのマルチコピー機で取り出せるサービス、「eプリントサービス」

これまで、全国のファミリーマート・ローソンでご利用可能なサービスでしたが、新たに
全国セブン-イレブン
・スーパー等一部店舗・ミニストップ・デイリーヤマザキでも提供を開始しました。


<ご利用可能店舗>


 
       

 

より身近になったeプリントサービスを是非ご活用ください!

 

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら
 

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
山内卓也
川村晃司
池田勇人
 
猪俣康一
小野俊之
 

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
三日目勝因敗因
  1R S級一般



レース総評
二日間、逃げて調子の良かった伊藤稔真は、メンバーを見て捲りで勝ちを狙う。どう考えても樋口開土の先行なら捲れると思ったからだ。伊藤が快速捲りを決めると番手佐藤成人がピッタリ。3着は樋口を利した藤田竜矢で3連単も1番人気。

伊藤 稔真…佐藤さんには捲り追い込みで良いと言われていたが、2角から行った。練習のようなサーっとした感じで行けましたね。5車立ては面白くないし3分戦が好き。バンクは差されるかと思うくらい重かった。ホームは軽く感じるけどバックが重い。高校時代を思い出してスプリント勝負と。高校時代は兄貴がスプリントが強くてそれに負けたくなくてスプリントをやっていたが、ケイリンの方が良かったですね(苦笑)。

佐藤 成人…5車立ては嫌いじゃない。考える部分は減るし気持ち的に楽。踏んだ距離は短かったが状態はマシになってきたと思う。今回はみんな人の後ろもきつそう。周回中から脚にくる感じ。
  2R S級一般



レース総評
二日間、7着、7着でダメだった伊早坂駿一だが逃げると圧勝。この寒さと強風も関係なく逃げ切る。風の中に突っ込んで行く感じになったが、そんなの関係ない。滝本泰行は簡単に叩かれ、伊早坂の番手が2着、野村純宏が3着。

伊早坂駿一
5車のレースは初めてだった。
スローペースになると思っていたので、前を取って押さえに来たら引いて早めの巻き返しと決めていた。理想通りで自分のレースはできたが余裕はなかった。
自転車やセッティングをいじったら噛み合っていないので戻して、
最終日は良い感じで終わりたい。

飯嶋 則之
伊早坂君がいいタイミングで仕掛けてくれた。
ますは付け切る事に専念していました。
最後までモガけていないので、疲れているのかな。
前走はまともな走りができたけど今回はガクンと落ちてしまった。
  3R S級一般



レース総評
先行1車の早坂秀悟が落ち着いて仕掛ける。前受けの小野裕次は番手飛び付きを狙うが、早坂が残り1周をスパート。何とか山崎充央が付いて行くが口が空く。山崎を追い掛けさせ、3番手の坂口卓士が1車抜く。5車なら練習みたいだし早坂で断然のレースだった。

早坂 秀悟…(小野裕は)5車の2分戦だし普通に動いてこないだろう。違う動きしてくるだろうと警戒していたんですが…。相手の動きがノーマルだったし、こっちもオーソドックスなレースでいいやと。今日はちょっと参考外。車立ての少ないカマシだし、いい思いをさせてもらったってだけ。デビューしていま16年目。あと15年は頑張ります。着はこんなだけど初日から感じは悪くないですよ。

坂口 卓士…自分が番手でも山崎さんみたいにああなっていたと思う。地元記念はなかなか走る機会がないし、ちょっと場慣れしていない。初日5着で1人落ちしたし、悔しい気持ちはあるけど、気持ちを切らさずあと1日頑張りたい。
  4R S級選抜



レース総評
藤井昭吾が先行態勢に入ると、中団は津村洸二郎、後ろが人気の藤根俊貴ライン。藤根がどう判断するかと思ったが、内から掬って中団を確保。ちょっと津村がポカーンとし過ぎていた。この内に行ったのが審議だがセーフ。藤根がバック捲りを決めて紺野哲也もキッチリ追走。3番手の山下貴之は絡まれ外を伸びた津村が3着。

藤根 俊貴
今日のバンクコンディションでは藤井さんの上を叩いてもキツいと思っていた。津村さんは外しか見ていなかったしたまたま内が空いたので隙を突けた。内が空かなければあのままの位置で捲り追い込みにしようと思っていました。
先行だけでは通用しないのでこういうレースを見せていきたい。最終日は力出し切る事に集中する。

紺野 哲也
全て藤根君に任せていた。
風が強くバンクもすごく重かったのでキツかった。
藤根君の車の出は良くなかったが藤井君も一杯だったみたいだし捲れたと思う。
今開催は疲れ気味で入りその疲れがまだ抜けていない。溜まるいっぽうです。
あと一走あるし、精一杯頑張ります。
  5R S級選抜




レース総評
佐藤佑一、明田春喜が前に出て、中団の吉武信太朗がイエローラインの上に上がったのが審議だがセーフ。吉武がホームで仕掛けると池田良は離れてしまう。ただ、前の佐藤もスッポリ吉武の後ろに入りきれない。何とか強引に菊池岳仁が捲るが後ろは池田良。離れていた横山尚則だが3半から自分で踏み込み1着。現地集合で菊池が2着。3着が中四国ラインの西田雅志だったので配当が上がる。池田は、もう昔の切れのある足がない。昨日、このコーナーで誉めた西田が3着だった。

横山 尚則…茨城の先輩、栃木の先輩に色々アドバイスをもらってここを復帰戦に決めました。先輩達には今まで通り走るのは大変だけど、今出来ることを頑張れ、競輪は体力だけじゃないし、技術の面や気持ちの面で補っていけばもっと強くなれるよと言ってもらったし、それを信じて走りました。最後は外を伸びて1着だけど、マークを外してしまっているので、反省点の方が大きい。昨日淳さんに頑張れって言われて番手を任されたんですが、その一言がかなり重くて、背筋が伸びきった。ヘルニアで2ヶ月半寝たきりだったし、そのときはこうやって復帰して車券に貢献できるなんて夢にも思わなかった。今はもう体は万全。しっかり練習して動ける状態で来ているし問題ありません。


菊池 岳仁…警戒されるのは予想していたけど、あそこままでとは思わなかった。焦って無駄に脚を使った。コースが出来たらすぐ踏もうと思って踏んだんですが、スパーンと出切れなかった。力不足を痛感しました。あれだけ上にあがられたしワンテンポ、ツーテンポ行きたいところをずらされた。自分の力不足。9車になると7車と違ってレースの流れが全然変わってくるので難しい。早く慣れないと。明日はしっかり1着を取って今シリーズを締め括りたい。
  6R S級選抜




レース総評
スパーンと言う捲りでなかったが、小林則之のモコモコ捲りが届く。神田龍は勝ちたい気持ちは分かるが、位置取り甘い小林に中団を取られている様ではダメ。番手絶好は安部達也だが、元々、タテ足が凄い訳ではない。やっと一戸康宏を交わすぐらいの足だった。朝倉佳弘は、本来、この手のレースは得意だが被ったのも痛かった。3番手で牽制して一杯だったのもある。

小林 則之
飯尾君が位置を取ってくれたし、それを生かさないとと。
自信がないから先行じゃもたないだろうし、
一戸君がスンナリ先行してくれて助かった。
脚は一杯。初日もそうだけど、きれいなまくりじゃないですからね。
前回は体も絶好調だったけど、
今回は動けてないですね。

安部 達也
朝倉君が前を取ってくれたし、一戸君も割とスンナリ先行できましたね。
神田君が後方になってくれて良かった。
一戸君のカカりも良かったし、バック向かい風の中で踏み直しもできていた。
自分の状態は日に日にですね。
今日みたいなスンナリの展開ならいいけど、混戦になるとまだ構えちゃいます。
  7R S級特選



レース総評
逃げたい人が逃げ、中団3番手を取りたい人が取り、勝ちたい人がその後ろで、位置取りが甘かった人が7番手。佐伯亮輔は売り出し中だし先行勝負。今はスランプ中だが田中晴基の自在戦は特別競輪でも通用していた。池田勇人は、脚質を変えている感じだが、そんなにレースは上手くない。3車の中西大だが後ろが他地区の五日市誠と山田敦也と言うのが影響したのかも。田中が捲って1着。その後ろの池田が外を踏んで2着。田中マークの佐藤龍二が3着。神山雄一郎はコースを見つけながらだったが、突っ込み切れなかった。もうちょっとの脚があれば、頭まで行ったかも。

田中 晴基…展開に恵まれました。脚使うけど後ろから行った方が位置は取りやすいのかなと。中西君が構えてくれてラッキーでした。中西君が踏んできたのは分かっていなくて、自分のタイミングで行きました。8番の佐伯君が意外に強くてビックリ。こんな点数の選手じゃないですね。楽に行けると思ったらけっこう併されちゃった。昨日がほんとやらかして踏まずに終わってしまったし、その分もと思って今日は頑張った。1着取れてよかったです。

池田 勇人…周りが積極的に動く自力型ばかりだったし、そんなに自分が動くことはないなと。なるべく脚を使わないでゴール前勝負しようと神山さんと話していた。中西君が来たタイミングで晴基君も踏んでくれたし、被ったとしても張っていけば大丈夫だと。今日はうまく作戦がはまった感じ。自分の脚でどうにかしたレースではない。昨日ちょっと同期の村田さんの話をして、良くなるキッカケをつかんだ。体の使い方です。それで車がいつもより出た。自分自身の調子はそこまで…って感じ。寒暖差でぜん息が苦しい。明日は誰でもいいから番手のレース希望です。
  8R S級特選



レース総評
人気の佐々木豪は構える。昨日、勝ちパターンのホームカマシで負けたのがショックだったのかも。1着を取ったのは2車でも逃げ切った林大悟。確かに仕上がっているが、先行が持たないと言われているバンクだし、車券戦術に迷いが生じる。中団先捲りの真船圭一郎だが進みが悪くとらえる事が出来ない。1着が林、2着が7番手から仕掛けた佐々木。3着が真船で自力選手の3連単ボックス。

林 大悟
真船さんには初戦で突っ張られているので警戒しました。
誰も内から来るタイプではないので、今日は力対力の対決だと思っていました。自分のなかの力は全て出し切れました。
3日間脚の状態は良い感じ。

佐々木 豪
昨日勝ち上がりを逃した時点でメンタルがヤバかった。
同期の林君とはこれまで2戦2敗。前場所の松戸から彼にアドバイスをしていたので負けるわけにはいかなかったのに!
今回の記念はチャンスだと思い本気で練習も頑張ってきたのに!
悔しいです。
  9R S級特選



レース総評
皿屋豊は鐘の4角のカマシだし余裕の1着。番手の三宅裕武は口が少し空くが、何とか2着キープ。3番手も稲村成浩に中を割られかけたが八日市屋浩之だが3着確保でストレートの3連単。木村隆弘と表原周の徳島コンビは何にも出来ず、嶋津拓弥も飛び付きも併せる事も出来なかった。やはり、皿屋が後ろを考えた仕掛けが功を奏した。

皿屋 豊…昨日は予想外だったが、今日は落ち着けていたし予定通りだった。昨日のレースは朝倉君もラインができているのに失敗だったと思う。自分も先行でやっている以上は駆けるし、こうしないと上で戦えない。昨日は2周踏んで5着だし調子はいい。勝ち上がれなかったが、気持ち折れずに次に繋がるレースを。

三宅 裕武…皿屋君には練習では離れないのでついていけるかな~と思っていた。レースでは初めてだけど感じはわかっていたので。でも口が空いて追い付いて一杯。
  10R S級準決勝




レース総評
一旦、北日本ラインが前に出て、川村晃司・鷲田佳史・三宅達也が朝倉智仁・河野通孝・成田健児をふたをする。桜井正孝が突っ張らないタイミングで川村がジャン過ぎに押さえる。中団に桜井が入るが、ホームからの朝倉の巻き返しが決まる。3番手の成田は離れて鷲田が3番手にスイッチ。ゴール前に河野が差し切りワンツー。桜井をレースを作りきれず、川村も若手相手に力勝負を演じてしまった。まあ、川村らしいと言えば、それまでだが。
10R
河野 通孝
考えていた通りの展開。早めに動きが出るなら早めにと思っていたけど、
どっちにしても想定内。朝倉君なら力なら勝てると思っていたし、思い切っていけと。川村さんが先行している上を行ったし、踏み出しはキツかったけど、そのあとは楽になって、余裕も出てきたし後ろの鷲田君だけ注意していた。昨日悔しかった分も集中して走れましたね。朝倉君とは乗るたびワンツーのイメージ。

朝倉 智仁
前を取れば櫻井さんが後方になると思っていたし、想定内の展開でありがたかったですね。しっかり出切ればチャンスはあると思っていたし、ワンツーは本当にうれしい。平は直線が長く、風が強いイメージは変わらないけど、踏み応えのあるバンクですね。記念決勝は初めて。明日に備えてやれることをやります。

鷲田 佳史
基本中団か前の作戦。川村さんはG1で戦っている人なので全てお任せ。ホームはすごい風で振り返る余裕もなかった。見込みで振ったけど空振り。自分の力不足ですね。一瞬の判断で前に踏んだけど、成田さんが続いていたら上がれなかったと思う。決勝は川崎G3ナイターの決勝くらい。状態は前回よりも良いし、いつもの状態に戻っていると思う。
  11R S級準決勝



レース総評
こんな時、あまり男気を出すタイプではないが、今回の坂本貴史は違う。苦しい位置になったが強引にホームからカマシに行く。坂本は前に出たが、番手の飯野祐太は半分、村田雅一に絡まれる。危ない場面もあったが早めに踏んだ事により、飯野が1着。吉田茂生を利した村田、西岡正一で2、3着。今回の坂本貴史はあっぱれだ!

飯野 祐太…たらればになるけど、ジャンで行っていれば3人で決まったと思う。自分は全部見えていて、村田君が来るのも気配で分かったけど、追走技術のミスで失敗。内締めるか、外で耐えるか、捲っちゃうか、いろいろ迷って中途半端だった。3日間自力を出していないので決勝でいきなり自力というのはちょっと不安。自然体で走れれば。とにかく明日は優勝だけ狙って。

村田 雅一…前を取ったら間違いなく7、8、9番手。後ろから押さえて九州勢を引きつけて駆けようと話していた。誘導がすごい上がったからシゲ(吉田茂)はほぼほぼ2周モガキみたいな感じできつそうだった。気持ちがすごく嬉しかった。ほんとはホームで坂本貴史を止めたかったけど逃げられた。貴史に出られたあとは飯野だけはと思ったけど、あいつも自力があるし強いですね。初日、2日目にも言ったけど自分の状態はかなりいい。記念の決勝は去年の富山以来。あのときは7車だった。9車の決勝はだいぶ前の奈良記念で、村上博幸さんと一緒だった記憶がある。

西岡 正一…前の2人が頑張ってくれたおかげ。後ろで脚を溜められた。村田君が言っていたように作戦はあんな感じで、後ろ攻めから先行基本で行きましょうという感じだった。初日はしんどかったけど2日目3日目とだんだん楽になってきた。記念の決勝は久しぶり。2年くらいなかったと思う。
  12R S級準決勝



レース総評
後ろ攻めの桐山敬太郎、小埜正義、山賀雅仁が先行。このメンバーなら捲れると判断した森田優弥が、快速捲りを決める。多少、口の空いた隅田洋介だが自力がある分、追い付く。人気通りに決まり関東ワンツー。3着は庄子信弘。ただ、庄子は、本当は森田を邪魔しないといけないし、権利を考えた様なレース振りだった。

森田 優弥
庄子さんをあの位置に入れるつもりはなかったし、6番手は譲れなかった。
初日より車は進んでいなかった。桐山さんが強くて何とか捲れた感じ。
3日間脚は問題ない。決勝はわがまま言って朝倉君の番手。早いうちから番手の経験をしたいし、今後の自分の幅も広がると思う。
番手戦はヤンググランプリ以来で2回目。
隅田 洋介
森田君は強くて良い伸びだった。自分の追走が下手で、普段自力で戦っている癖が出てしまう。そこが課題ですね。脚は結果が出ているので悪くない。
せっかく決勝に乗れたので、単騎で優勝を狙いにいく。

庄子信弘
鹿内に悪かったが、地元決勝に乗りたかったし「鹿内ごめん!」と。
森田君なら必ず仕掛けるし、あの位置にいました。
離れそうになったけど、何とか食らい付いて。強かったですね。
初日はダメだったけど、2、3日目は良いと思います。地元決勝嬉しい。ここまでこられる選手になれるとは思わなかった。決勝は飯野のケツだけ見て頑張ります。
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
二日目勝因敗因
  1R S級選抜



レース総評。
珍しく後ろ攻めの早坂秀悟が、中団の林大悟・池田良をふたをする。ただ、前受けの小野裕次・山下貴之が離れ待ちで突っ張る。これで早坂の後ろの飯嶋は離れ、一旦小野が嵌まり込む。ただ、早坂のダッシュに最後は対応出来ず、仕掛けてきた林がスッポリ。番手捲りの林が池田の追走を振り切りワンツー。最後は伏兵の山下が3着で3連単の配当は跳ね上がる。

林 大悟…感触はいいです。早坂さんにそんなに押さえられるとは思わなかったので見立てが甘かったし、あとはレース勘。今度三男坊がデビューするので自分も頑張らないと。三男坊はトップスピードはこれからだが山なら千切られるほどの地脚。慶次郎はダッシュがいいし、自分はどっちつかず(苦笑)。

池田 良…林君には引くなと。自分は構えてからだったとはいえ回してる
感じが…。抜かなきゃいけない展開だったのに。前回は戦える雰囲気だったが平はいつもよくないですね。チェーンを変えるとかして修正してアタリを出したい。
 
  2R S級選抜




レース総評
神田ラインが主導権を取るが、中団は後ろから一度押さえた一戸康宏。中団を取るには、この形は選手の中で賞賛されている。単なるイン切りから中団を取るのが一番ダメな形。一戸が快速捲りを決めるが番手の藤田竜矢は千切れる。前受けから後方になった嶋津拓弥だが、これを追う形で最後一戸を嶋津が捉える。嶋津マークの飯尾主税も千切れていたが、大きく離れた3着に入る。

嶋津 拓弥
理想通り前受けから組み立てられたしあとはカマすか捲るかでした。
ホームから仕掛けていたらラインで決まっていたかも。
一戸君が先に仕掛けてくれて前を追う形になったので展開的には楽だった。脚の感じは思っていたよりは良くなかったので、残り2走
修正して挑みたい。

一戸 康宏
前受けが理想も取れなかったので、別線の流れを見てでした。後ろの嶋津さんと被るのが嫌だったので先に仕掛けました。
車の進みと踏んだ感じは良かった。
状態も初日よりは上がってきたので日毎に上向くと思う。
  3R S級選抜



レース総評
淡泊な伊早坂駿一は勝負どころで内を掬われて伊藤稔真に主導権を奪われる。中団に佐藤佑一が入り、関東ラインは後方のまま。伊藤がジャンからペースで踏むが、いわき平の直線の長さに泣かされる。昨日と全く同じだ。伊早坂も佐藤も、構えて仕掛けない。番手の八日市屋浩之が1着。最初は中部からとコメントした武田哲二だが、コメント変更で臨機応変。ただ、実際は中部勢の後ろで2着をキープ。猛烈な勢いで突っ込んで来た朝倉佳弘だが3着で一杯。内容が一番良いのは伊藤で捲りに回れば圧勝もありそうだ。

八日市屋浩之…僕の技量不足でトシを4着に沈めてしまった。踏んだりやめたりで駆けるのゆっくりめだったから、このまま伸びていって抜けねーなって思ったんですが…。僕の車が思った以上に出ちゃった。あれは2着か3着には残せる。今から土下座してきます。車が出すぎちゃってるくらいだから僕の状態はいい。ここ何年かはずっと室内トレーニングだし、コロナでバンク使えなくて大変とかそういうのはない。絶滅しかけている八日市屋ファンに残り2日間もいいレースを見せたい。


武田 哲二…(中部の)3番手からと言っておいて切り替えるのは嫌。それならいっそのこと臨機応変と言った方が何でもしやすいしいいと思って。前々にいた方が自分の脚質もいかせるので。昨日自分的には感じよかったのにあんなレースで悔しい思いして、今日は頭狙おうと2センターから早めに踏んだ。今はすごく気持ちが充実している。体も戻っている。前は抜けなかったけどいい感じです。
  4R S級選抜




レース総評
コンドル紙に、頭を冷やした真船を信頼と書いてあったが、その通りのレース。初日は林大吾がヤワに押さえに来たので無謀にも突っ張ったが、ここは勝ちに徹する仕掛け。まだ半分も戻っていない横山尚則や森川大輔が相手なら、仕掛けを遅くしても十分勝てる。自分の持つところからカマシに行き圧勝。昨日もそうだが、ダッシュ戦の時の明田春喜は信頼出来なくなっている。ただ、変な場所から突っ込んで来るので、それは困ったもんだ。2着は前が離れていたので森川の捲りが届く。

真船圭一郎
今日は風が強かったので、前を取って引いてから緩んだ所の一発を狙っていました。行くならあそこしかなかったし、あの距離なら踏み切れる自信もあったので。
今まで地元記念の追加はあるけど、今回は初の正規あっせん。
1着取れて良かった。残り3勝して帰ります。
体の調子も悪くない。

森川 大輔
風が強かったし後ろ攻めは嫌でしたが、とりあえず動かないと始まらないので。
落ち着いてレースを見られた。
もう少し早く真船君が来ると思っていたが、後ろが離れていたので展開が向いきました。
バンクは重かったけど気持ちを入れて戦えた。
前場所の四日市が調子悪く不安だったけど今日の2着で盛り返した感じ。
  5R S級選抜




レース総評
オワコンと呼ばれない為にも藤根俊貴が元気に先行勝負。良い時の藤根なら風にも直線の長さにも耐える事が出来たが、直線はバタバタになってしまった。3番手の小笠原昭太がえげつなく踏み込む突き抜ける。庇い気味に踏んだ紺野哲也が2着。3着が藤根俊貴で交わしの交わし。後は、前を捨て捲り上げた西田雅志が少し良く見えた。

小笠原昭太…斬ったら直ぐに行く作戦だったので踏み出しだけ集中していた。後ろが離れてライン3人だけの勝負なのはわかったので、少し早いと思ったけど踏ませてもらった。単騎の番組が多かったが、ラインがあれば決められるだけの準備はできていた。一周勝負のA級より距離が長くなるS級の方が走りやすい。これより上に行くとスピードもきついと思うけど、選抜ぐらいなら。


紺野 哲也…藤根君にいい展開を作ってもらったのに1着を取れず申し訳ない。こんなにいい展開にはなかなかならないし、力みが出た。自分は余裕があったが、後ろがもっと余裕でしたね。オーバーワーク気味で入って、疲れが抜け切れていないし調整して。
  6R S級二予選




レース総評
脚質を変えて捲りが多くなった津村洸次郎だが大御所の荒井崇博が付けば別と言う事。かなりの早駆けで荒井を引っ張る。昨日もそうだし、隅田洋介はトリッキーな動きを取り入れて中団固執。荒井なら番手捲りは許されるし? シビアに敢行する。荒井マークの山口貴弘(通称ボギー)は内・外を来られて荒井に続けない。外々を我慢した隅田が2着。3着は目標の藤井英二が内に詰まるもコースを見極めた村田雅一。今の村田は、ある程度の位置があれば3着以内に突っ込んでくる。

荒井 崇博
作戦は真ん中からとだけ、あとは津村に任せて最低でも中団さえ取ってくれればと。
隅田が見えてコーナーで止めようと思ったけど休まれましたね。
あの展開で1着獲らないと申し訳ないし、踏ませてもらいました。
昨日より今日のが楽でしたね。
明日からまた良くなることを願います。

隅田 洋介
藤井君の先行と思っていたし、風が強いみたいだったので前取って自分も残り1周ならカマシ、まくりとは思っていました。津村君が早めにきたけど、追い上げれば中団は取れるだろうと。併走というよりは単独4番手という感じで脚は溜められた。でも良かったけど合わされましたね。上で戦うにはもっと脚を作っていかないと。今日は自力を出したいと思っていたし、尻上がりに良くなってくれれば。

村田 雅一
踏み合う人がいないし、藤井君も先行で勝ち上がりたいと話していたが油断しましたね。先手は取らせてもらえると思ってたけど甘かった。藤井君も納得していないでしょう。最終バックは待ちたかったけど、自分も勝ち上がりがかかっているし前に踏んだ。風は強いが重く感じないし、脚自体はすごくいい。藤井君の失格は悔しいが、気持ちを切り替えて。
  7R S級二予選




レース総評
吉武信太朗・湊聖二がカマシを決めると中団3番手は桜井正孝・鹿内翔がキープ。桜井は前を追わず、後ろを仕留めにかかる。これはこれで、ありの戦法だし桜井らしい。湊も来ないでくれ!と願っている感じだったが、直線だけで桜井が強襲。桜井マークの鹿内が中を割るが届かない。3着は特選組の鷲田佳史で中西大は見せ場作れず。

桜井 正孝…難しかった。残り2周で脚を使ってでも出た方がいいと。中西君ばかり警戒していたし吉武君があんなに行くとはね。湊さんも一杯そうに見えたし掛かってたと思う。自分はトップスピードの上積みがない。それでも前、前々場所の状態なら勝負できなかった。省司さんを連れ込めず申し訳ないが、どんな形であれ勝ち上がって、自分だけでも他の人でも北日本の誰かは決勝に乗らないといけない。記念の決勝には4回ぐらい乗っている。

鹿内 翔…作戦外になってしまったが、そこからは桜井君の感性で。ずっとS1でやっている人は上手いですね。自分は最後に中西君を張ってでるか内か迷ったが、抜けなかったのは桜井君が強いだけで調子はいい。あまり気持ちの入るタイプではない、状態がいいのでこのまま気合を入れて決勝に乗れる様に。

鷲田 佳史…カマす時に桜井の牽制に遭って出られず。あとは迎え入れて、そこから(中西)大が勝負権のあるところまで連れてってくれた。向日町の決勝と、今回の初日は離れ気味だったけど、サドルの高さを変えて9割戻った。おそらく明日は今日よりも良い感じになるんじゃないかな。G3の決勝は川崎で1度あるが、自分の変なこだわりではSSのいないG4だと思っている。
  8R S級二予選




レース総評
近畿の2段駆けに菊池岳仁は完敗で外で泳がされる。この展開を演出したのが庄子信弘・青森伸也の北日本コンビ。決めずとコメントした田中陽平だがセオリー通り近畿ラインに参加。川村がシビアに番手から発進するが、菊池の抵抗もあり最後は失速する。冷静に立ち回った庄子・青森のワンツー。川村から買った2段駆け愛好家は、途中で出来た!と思っただろうが、ゴールは違う車券だった。

庄子 信弘
菊池君、佐山君がやり合ってくれるといいなと考えていたし、理想的な展開になった。内が空く事も想定していたし冷静に立ち回れました。
初日は焦りがあり、中途半端なレースをしてしまったが、何とか5着で勝ち上がれたので、その分も今日こそはしっかり勝ちたい気持ちが強かったです。
前の7Rで同県の桜井君が良いレースをしていたのも刺激になった。

青森 伸也
作戦は庄子君に任せていました。
中団にさえいてくれればチャンスはあると思ったし、上手く立ち回ってくれた。
地元記念でも平常心で走れていて、脚の感触も悪くない。
明日も与えられた位置で頑張るだけです。

川村 晃司
佐山君の判断に任せていました。
カカっていたし強かったです。ラインのおかげで勝ち上がれました。
脚はすごく重たかったが体は問題ない。
  9R S級二予選



レース総評
佐々木豪が十八番のホームカマシを決めるが、最後まで持たない。これは本人が一番ショックかも。佐々木の番手の三宅達也が堀内俊介の捲りを止める。ただ、このスピードを借りた山賀雅仁が突き抜ける。2着は絶好だった三宅。後方から水谷良和が強襲して3着。これで配当は高くなった。堀内は落車滑入で残念ながら途中欠場。

山賀 雅仁…ぴったり付きすぎて、持ってこられたときうわっとなって(堀内俊の)間に入っちゃった。ここから外は間に合わないと思って一番近いコースを行かせてもらった。昨日は単騎で気持ちの入れ方難しかったけど、今日は前も後ろもいてしっかり準備できていた。終始余裕あったし前回の松戸よりはマシ。平はG1で1着あるし記念の優出もある。相性いい。記念の決勝は去年ここで乗ってから乗っていない。1年ないですね。

三宅 達也…引いて行けるところで行く作戦。タイミングは豪ちゃんに任せていた。向かい風すごくてホームで千切れかけた。カカリよかったし誰も来ないと思っら、2番が来たから止めにいった。残るかなと思ったけど最後もう一発向かい風をくらってキツそうだった。自分自身の調子はいい。平は昔から相性のいいバンクで走りやすい。

水谷 良和…苦しかった。三宅裕哉が踏んでくれたおかげだけど、あれでもちょっと遅い。もう少し早く行ってくれれば頭だった。最後は自分が当たったというより向こうが当たってきた感じ。見ての通りで車は伸びている。調子いい。記念の決勝は西武園以来かな。あのときは決勝に乗っている。3着3着と来たし明日も3着で。練習はずっと弟子の藤井侑吾とマンツーマンでやっている。アイツも次はS級に上がってくるし負けてられないね。
  10R S級二予選



レース総評
いくら初日特選を快勝した皿屋豊だがジャン前からの突っ張り先行は無謀だ。直線は長いし、かなりの強風。朝倉智仁は出させなかったが、これでは桐山敬太郎の思うつぼ。桐山は楽に捲るが、佐藤龍二が千切れたのは意外だった。もちろん、皿屋は4着にも残れず、2・3着は皿屋マークの岡本総と西岡正一。

桐山敬太郎
初手の位置はどこでも良かったが道中は中団にこだわりたかった。
朝倉君の押さえが遅めだったし、そうなれば皿屋君も出させないだろうと思いましたね。
内に行く事も考えたが思い切って外を踏んで遠回りして勝てて良かった。
セッティングを良かった頃のに戻してから結果が出ている。
前走の松戸も1着が取れていたし体の反応は良い。
記念の決勝は2、3年乗っていないが、意識せず頑張りたい。

岡本 総
前受けは作戦通り。自分は皿屋さんの番手で仕事に徹しようと決めていた。朝倉君には対処できたけど桐山さんまでは対応できず。
風が強くてバンクが重く感じたが、2日間体の反応は悪くない。
いわき平バンクはF1で1度、オールスターで1度走っている。
オールスターの時は初日、2日目と落車続きで散々だったが、バンク自体は好きで悪いイメージはない。
準決もベストを尽くすだけ。

西岡 正一
作戦は前を取って引いてカマシか捲りだったので、それに合わせた
セッティングに変えて挑んだら楽になった。
展開も向いたし流れも良いですね。
ここまできたら決勝に乗りたい。脚は仕上がっている。
  11R S級二予選



レース総評
田中晴基が中団確保に出て、坂本貴史、飯野祐太、須永優太が楽にカマシを決める。中団の田中は動かず、7番手から吉田茂生が捲り上げる。本命メンバーが続々と脱落して飯野が責任のある走りで1着。ゴール前のアクシデントもあったが、吉田が2着、3着が須永。坂本は飯野を大好きみたいで、前検日から飯野さんの役に立ちたいと言っていた。

飯野 祐太…貴史君のおかげ。ずっと一定のペースで踏んでいたから車間切りたくても切れなくて…。車間切ってスピード調整出来れば止められたと思う。失敗です。昨日変な感じしたけど今日はいつも通り。脚もけっこう軽かった。昨日はいいと思って練習用のシューズを使ったら変な感じして、今日はいつもの本番用のやつに戻したら良かった。

吉田 茂生…車番的に後ろになると思ったし、極力脚を使わないで、行けるとこからカマシなり捲りなりドッカーンって感じでした。昨日行けてなかった分も今日は行こうと思っていた。踏んだときいい感じでスピードに乗ったし、これはいいぞと。脚の感じは昨日より全然いい。昨日終わってサドルのハナを少し上げて、高さも上げたら、乗りやすいポイントがみつかった。だいぶいい。この状態で明日も走れれば面白い勝負ができそう。同期同級生の松浦みたいに
上手に走れれば。

須永 優太…緊張もあるけど集中して走れている。気持ち的にもいいですね。明日もラインの仕事をしっかりして勝ち上がりたい。
  12R S級二予選



レース総評
人気の森田優弥は昨日の早駆けでなく7番手にドッシリ構える。下手に逃げるより、このメンバーなら勝てるし、これがベストの作戦。逃げたのは佐伯亮輔だが、中団の菊池竣太朗は後ろを見ているだけ。引きつけてからでなく、何でも良いが早めに行くべき。誕生日の河野通孝も離れながら2着をキープ。3着は菊池に乗った小埜正義。

森田 優弥
3分戦だったので流れ見て前からの組み立てでした。
佐伯君のやる気は分かっていたので、そこは冷静に見られた。
今日のレースでの反省点は、楽に菊池さんに中団を取らせてしまった事と、前が緩んでいた時に行けなかった事。
踏み出しは良かったし回している感触も良いので脚の状態は良いです。
バンクコンディションも初日より良かった。
準決もいつも通り自力で戦う。

河野 通孝
今日は全て森田君に任せていたので。
彼の踏み出しはすごくて離れてしまったが、今の自分の状態と気持ちで何とか2着に食い込めた。あと、オッズを見たのでお客さんにも応えたかったので。本当は誕生日勝利を白星で締めたかったですね。
準決は何度も連係あり、ワンツーも決めた事のある朝倉君へ。

小埜 正義
上手く落車を避けられて良かった。
自転車に乗っている感じは良いし、体も動いている。
前検日に気になった花粉症の症状は、風が強すぎてそれどころではなく
気にせず走れています。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日勝因敗因
  1R S級一予選




菊池 岳仁…風はあるなと思ったけどバンク自体は軽く感じた。スタート前取って、押さえるペース見ながら突っ張るか引いてすぐ行くか。引いてすぐ行けたのでよかったと思います。行くタイミング逃さず走れたので、前に比べてちょっとずつ良くなってると思います。直線長いのはみんな一緒。前回の大宮はもっと長かったから大丈夫。今回もしっかり駆ければ問題ないと思います。4日制でいつもより長くなると思うので、周りの先輩に意見聞いて、いつも以上にしっかりケアしたい。


稲村 成浩…踏み直ししっかりできてた。あと半周行けるんじゃないですか。それくらい余裕そうだった。あそこまで迫れたのはたまたま。菊池君とは今回宿舎で同部屋。ナショナルのこととか色んな話をして、吸収できる部分がたくさんあった。3車はアドバンテージあっていいですねって言ってたから、「前取って好きなとこから頑張りなさい」と言いました。全て菊池君のおかげ。噂通りのスーパールーキー。自分の息子と同い年だし、いろんな意味で勉強になります。


吉田 茂生…風が強くて誘導も早くて整うところが全然なかった。何度かホームで緩んだりしたけど仕掛けることができず…。最後の余裕あっての踏み出しじゃなく、いっぱいいっぱいのとこからの踏み出しだったので。道中の立ち回りうまくすればもう少し伸びるのかな。前回終わってけっこう空いて練習はできている。これからセッティングや乗り方を煮詰めたい。ちょっと前にいろいろ試して失敗したので、今は練習基礎に戻って街道とウエイトメイン。セッティングいじってサンさわってガタガタになったので立て直してる途中です。開催の中でいろんな人にアドバイスをもらって、いいと思ったことは応用して取り入れていきたい。
 
  2R S級一予選




三宅 達也
この写真、使ってもらえるかな。もっと、写真使ってもらえる様にも頑張らないと。真船君に出させてもらえず、きつい展開だったが、前の林君もやる気があったので。後ろに木村君もいたので、出させてもらった。自力の小林さんに踏み勝てたのは練習の成果でしょう。

小林 則之
あれだけ、もがき合いがあったし、もっとスパーンと捲らないと。三宅君が捲ったので、それにスイッチしょうと思ったけど、それだけではカッコ悪いので無理矢理行った。もう年齢的に、こんな展開がないと厳しいですね。前回の佐世保は調子が良かったけど、この年齢になると好不調の波が激しい。

鹿内 翔
真船君が作戦通りに仕掛けてくれた。三宅さんに切り替えてからは内が重かったが何とか凌ぐ事が出来た。状態は前回と変わらず良いですね。今回の目標は地元の飯野祐太さんと連係する事。勝ち上がれる様に明日以降も一走一走頑張りたい。
 
  3R S級一予選





藤井 昭吾…まずは車番が悪かったし取れた位置からと思ってたしSは成行。風が強かったので前受けから下げてもHSまでに行くタイミングはあると思っていた。HSでは飛び付かれないように外を踏んだので、後ろが空いてると思ったし粘れると。平バンクは3、4年ぶりで宿舎の感じとかも忘れていたが、冬はかなり風が強いのは覚えていたし、そういゆコンディションは好き。先行して残れているし今回も戦えそう。


表原 周…わがまま言って湊さんの後ろを回らせてもらったし全てお任せでした。自分としては湊さんの仕掛けに付いていってゴール前勝負はできた。
練習は室内メインで一人でやっている。好調とは言えないが、場数を踏んでこなしていければ。体調はいいが自転車の進みはイマイチ。とはいえセッティングはあまりいじらず身体で合わせている。明日に向けてのやることはゆっくりする事ぐらいですね。記念はまぐれで特秀まではある。まずは準優には乗りたい。

西岡 正一…風が強いしカマすとこはあると思っていたし作戦通り。BSでは後ろが離れてたしあとは昭吾(藤井)を残すだけだったが、昭吾の踏み直しが凄かったし7車だったら差せていないですね。自分としは、付いていけて差せているし、余裕はなかったけど1着なのでいいと思う。
  4R S級一予選




坂本 貴史
前受けから押さえてきたラインを見て、突っ張るか引くかでした。佐伯君の番手に神田君が嵌まっていたし、彼の追い上げもあると思い、冷静に見てからでした。最後に少し失速したので、修正は必要。今回は地元の飯野祐太さんの優勝に貢献するのが一番の目標です。

青森 伸也
坂本君が凄く落ち着いていた。それで自分らに展開が向いた。脚、体調共に全て問題ない。初の地元記念なので気持ちは入っている。2、3割増しの評価で良いと思います。目標は最低でも決勝戦です。

岡本 総
自分のラインは、もっとスンナリ出させてもらえると思った。あれでは、坂本君の捲りを引き出す形になってしまう。坂本君の後ろにスイッチも考えたけど、スピードが違った。状態は、最近の中では一番良いですね。レース勘も戻りつつある。
 
  5R S級一予選




塚本 大樹…全部作戦通り。今日は余裕ありました。好調の原因? 練習方法をいろいろ試して、自分に合ったトレーニングを見つけられたのが一番。今は陸トレ、水トレとか自転車に乗らない練習をけっこう取り入れている。小田原で落車したあとから。成績も上がってきてるしそれがいいモチベーションになっている。記念の決勝はまだない。準決まで。自分は前次第ですが、調子的には全然乗れる脚だと思います。


津村洸次郎…中団を取ろうと考えていた。作戦通り。藤根がホームで絶対来ると思ったし、ツボ所だけしっかり見て。ここで出ないと勝負権薄れると思って行きました。体は反応しているし悪くない。ラインでワンツースリーは嬉しい。明日以降も自分の良さをしっかり出して3着以内に入りたい。


山口 貴弘…作戦通りいったと思います。藤根君も止まっていたし当たらなくても下がるだろうと。余裕はあったけど、ホームで口が空いたのは反省。長期欠場は左の肩甲骨を全部折って腕が上がらなくなったので。ほんとは12月に復帰しようと思ったけどやめて正解。1月から本格的にケアして、いまはだいぶよくなってきた。悪くないです。
 
  6R S級一予選




藤井 栄二
風は強かったけど、残り1周を良い感じでカマシに行く事が出来た。最後も川村さんに残してもらった。後ろの状態は分からなかったけど、良い走りは出来たと思う。

吉武 信太朗
藤井君が強くて併せ切る事が出来なかった。3番手に入ったけど、車間も詰まらなかった。後ろの先輩が内を掬われる形になり、仕掛ける事が出来ず申し訳ない。自分だけになってしまった。やはり、佐藤さんは出させてはダメだと思い、そこで脚を使ったし、山田さんも捌いたので。

佐藤 佑一
組み立てが中途半端だし、ラインが機能しなかった。最近の成績通りで良くないですね。

川村 晃司
藤井君とは相性が良いし、強かったですね。ホームで飛び付かれない様に行ってくれ助かった。今回は近畿の後輩の番手が多くなると思うし、しっかり援護をしたい。

西田 雅志
本当は内を締めていないといけないけど、掬われたのが痛かった。
 
  7R S級一予選




村田 雅一…初手は前でも後ろでも良かった。鐘2センターで早坂が来た時に仕事ができず、大もオーバーペースになったと思う。豊橋の初日に新車を使ったら軽すぎてダメで、帰ってバンクでセッティングを出して、次から使っている。大きいサイズの自転車だが、今までも畑段とか南さんのを借りてたし違和感はなかった。それはことごとく潰してしまってますが(苦笑)。


三ツ石康洋…自分に余裕はあったが、前がもっと余裕だった。今の競輪でああいう緩急付けたりする駆け方をしてくれるんですもんね。自分も最近の中ではいい方ということで良いと思う。


中西 大…あそこまで引っ張れたし突っ張ろうと。発送機についた時から風がなくて軽そうだった。風があればもう少し仕掛けを遅らせるしかなかったかな。自分の中では上手く流していたが、村田さんがオーバーペースと言っていたならもう少し流してもよかったのかな。平の直線は長いですね。最後はあれってぐらい抜かれました。今は弟子(張野幸聖)の手前、恥ずかしいレースはできないって気持ちがある。
 
  8R S級一予選




桐山 敬太郎
全日本選抜は初めての誘導。免許を取って一発目だと、まずいと言うので、その前に小田原のモーニングを1本引きましたが。やはり、押さえ方とか色々と勉強になった。規定タイムは早いし、特別競輪の誘導はS1しか無理。もし、最後の2角まで誘導を引くケースなら、高木隆弘さんは規定タイムに達しなかった(笑)。郡司には、おめでとう!と言っただけで先に競輪場から出てしまった。あとは、当日のご飯代の領収書を、郡司に回すだけ。それぐらいは良いでしょ。今日に関して言えば、負けられないつもりで走ったし、納得の走りが出来た。

神山 雄一郎
う~ん、もう一杯……。何とか勝ち上がった。初連係だったけど、朝倉君は強かったよ。

朝倉 智仁
作戦は突っ張り先行。だから、一歩も出させるつもりはなかった。それでも桐山さんに行かれたのは力不足。最後は、破れかぶれで持って行ったけど、止める事が出来なかった。せめて2着に入らないと。

7成田 健児
まずは八日市屋君に絡まれ、最後は朝倉君も持ってこられた。神山さんのヨコを通り過ぎて一安心。まさか、あんな優しい顔をして、えげつない事をやるとは…。だまされました(笑)。

8伊藤 太一
前は回った事があるが初めて神山さんの後ろを回った。やはり、オーラが凄いですね。迷惑をかけない様に内を締めていた。ラインの3人で勝ち上がる事が出来て、それは良かった。
 
  9R S級一予選




佐藤 龍二…作戦は自分の中では色々あったが、竣太朗がこういうレースをしたいと言ってきたので任せた。欲を言えばもう少し早めに行けば、苦しいけど残れたんじゃないかなと思うが、俺らがいうより自分で考えた方がいいので。自分としては平バンクは相性がいいし、何とかなるという変な自信もある。ギヤ規制一発目で当所記念の決勝にも乗れた。7車で心が折れかけたが、浩平のVも含めて気合が入っている。俺がいう話でもないが、成清龍之介君とは直接は会っていないが、彼が走りたかったであろうS級の舞台で頑張らないとという気持ちもある。


安部 達也…初手の前受けで伊早坂君の得意なレースにはならないだろうと。誰も出なかったので仕方なくです。2着までいけたのはたまたま。ケガをしてから今日のコースもおっかなびっくり。立川で右肩甲骨、左肋骨を骨折して、デビューしてこんな大きなケガは初めてだった。その後地元の斡旋をもらったから走っているが、9車、8車で混戦になるとコースを突っ込まなくちゃならないし、その辺はまだまだ。


松坂 英司…鐘までは作戦通り。竣太朗が叩いて先行もあったが佐山君が駆けてたしね。走った感じ自体は悪くなかったが、反応は悪かったし修正しないと。また3着までに入れるように頑張る。
  10R S級一予選




1中村 淳
やはり、飯嶋君の気持ちは嬉しいよね。自分も、そう言う競輪をやってきたので。

2飯尾 主税
前の2人がワンツーだし、自分に脚がなかった。付いて行ければ3着だし、もったいない。

3立花 成泰
滝本君が一杯そうに見えたので、自分で踏まさせてもらった。この年になると上がる事はないので、現状キープを心掛けている。A級に落ちて、練習方法や休養の仕方を見つめなした。それが良い結果になっていると思う。

4滝本 泰行
3番手に入ったけど、そこから追い付く脚がなかった。踏んで、3番手ぐらいは作戦のひとつだったけど。

5堀内 俊介
郡司君は練習仲間だし、あの優勝は刺激を受けている。S級S班の選手は不在だし、ビッグネームも不在。今回はチャンスだと思っているし、珍しく踏み切る事が出来た。前か中団からの作戦だったけど、前になったら緩んだところで行こうと。

6横山 尚則
全然、レースになっていないですね。本当、ヘルニアが酷かったので。後ろの先輩には迷惑をかけました。

7小埜 正義
堀内君は踏み上がっていたし、掛かり切っていた。1角で後ろが離れていたのは分かったし、これなら3角で一振りすれば大丈夫だと確信した。結局、何にもやらなかったし、恵まれの1着です。すみません、成清君の事に関しては勘弁して下さい…。

9飯嶋 則之
後ろに中村さんもいたから、切り替えて捲った。だけど、追い上げみたいだし車が進まなかった。
 
  11R S級一予選






 
  12R S級初特選




森田 優弥(翌12R)
1番車だったし、前からと思っていたが、スタート遅れて中団に。
そこから流れで行こうと。長い距離だったけど、池田さんが遅れていたのが分かったから待ってから冷静に仕掛けた。明日以降は修正して。風もあってか重かったです。
メインレースでも気になりません。いつも通り自力で。

飯野 祐太(翌11R)
組み立ては大体レース通りの作戦でした。判断ミスをしたけど、感じは全然良い。何回も連係ある坂本君に任せてしっかり付いて行く。

皿屋 豊(翌10R)
車番良くないし、後方なら切って切ってから考えようと。結果8番手なのは仕方ない。1着まで行けるかは分からなかったが、直線の長さに助けられた。日が空いていたし、状態がどれくらいか計りかねていたが、調子は良いのかな。平は前回999。
相性ってあるし悪かったらどうしようかと思っていたが払しょくできた。
岡本君とは初連係。強いし、自分もしっかり自力で。

池田 勇人(翌8R)
緩んだ所で行く作戦。話した中では一番いらない位置でしたね。
呼吸が合わず口空いた。森田君が待っててくれて追い上げたが、相手が強かった。番手の大切さ難しさが改めて分かった。状態は戻り切っていないし、呼吸も喘息気味になっているのでケアをして。
明日は菊池岳君の番手。大宮の準決、決勝で連係して強さは分かっている。

佐々木 豪(翌9R)
自分は少しでも詰まったら行くスタイル。出たのは出たけど森田君とやり合ってしまい皿屋さんの形に。すごく疲れた(笑)前回よりは気持ちも入っているし、溜まった疲れも抜けていると思う。明日は三宅さんらが付いてくれるし、自分のレースをしたい。堀内さんも藤井さんも強いし、気持ちで負けないように自力。

山賀 雅仁(翌9R)
走りながら櫻井君か森田君の後ろかで迷ってしまった。遅れた分森田君にからまれました。赤板から打鐘でもう決まってましたね。どっちかに腹決めてれば良かったかな。明日は堀内君へ。責任ある位置だししっかり援護したい。

鷲田 佳史(翌7R)
外枠だったし、一度動いてと。それ以外は決めていなかった。道中は問題ないが、今日みたいに8番手から一気にトルクが上がる競走だと追走し切れない。皿屋君も行けるかな?と思っていたけど行き切っててすごい。点数通りの強さでしたね。明日は修正して、何度も連係、ワンツー実績もある中西君へ。

櫻井 正孝(翌7R)
今までの飯野さんの頑張りは知っているし、後ろが飯野さんで気持ちは入っていた。初手前からだったら先行。それ以外は一旦出てから勝負と。感じが悪いのかセッティングは直前まで修正していたが、この2着が良い薬になれば。2着なら上出来だし明日もこれでいく。中西君も小林さんも調子いいし、出し惜しみしなければチャンスある。北から一人でも上がれるように、今日以上に気持ちを入れて自力。

荒井 崇博(翌6R)
前からという話だけであとはお任せだった。自分のコンディションとかではなく、佐々木君が強くて、出切れないかなと思ったが見切りが早かった。重さは感じるが感触は悪くない。明日は2、3回くらい連係のある津村君に頑張ってもらう。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日インタビュー
  1R



菊池岳仁
初の記念競輪。スター選手ばかりだし緊張する。しかも期待されている1レース1番車。まさか自分がと言う感じでした。1本休んだけど、普段通りナショナルチームの練習に参加。自力で期待に応えられる様に。いわきを走るのは初めてだし、福島県に来たのも、高校の時のスケート以来。

森川大輔
岐阜同士の吉田君の番手へ。目標不在なら、松山記念の時みたいに自力は出しますが。ここは後輩と一緒だし信頼して。

大木雅也
南関ラインで田中君の番手へ。成績が落ちているし、今が踏ん張りどころです。

田中晴基
良い時に比べると、かなり成績が落ちている。前回の松戸も、その前のケガの影響があった。自力自在に。

吉田茂生
3分戦だし普通に自力勝負。菊池君のラインが3車で有利だけど、負けない様に。

野村純宏
南関ラインの3番手を固める。今期は一度も確定板に載れていないので、3着以内を目指して。

稲村成浩
もちろん、菊池君とは初連係。強いのは知っていますよ。群馬にも佐々木悠葵君とか小林泰正君とか強い先行選手が育ってきた。まだまだ頑張らないと。直前は、普段通りの自分のトレーニングで仕上げてきた。

山信田学
菊池君、稲村さんの後ろを固める。普通に付いて行ければ3着はありそうですね。今回も弟子の森田優弥と一緒に練習をやってきた。彼には優勝して欲しいですね。
  2R



真船圭一郎
川崎のケガの影響はないと思う。普段、バンクには入らないので、今回は一泊二日でミニ合宿。良い練習は出来たと思う。この間の地震ですか? 水槽の水が2滴ぐらい溢れたぐらいでした(笑)。地元のトップバッターだし自力で勝ち上がりたい。

三宅達也
西のラインで林君の番手へ。玉野記念(広島)には出場出来ないけど、来年のオープンの時を楽しみにして。

小林則之
S級に復帰して、4場所連続で1着を取れている。ただ、負け戦だし、しっかり勝ち上がりたいですね。自分のタイミングを大切にして自力勝負。

鹿内翔
地元の真船君をアシストしたい。前回は久々に決勝に乗れたので上向いていると思う。

林大悟
前泊して、今回の記念に備えた。少しでも上に勝ち上がりたいですね。いわき平は2度目。自力勝負。成績より、脚が上がっている感覚はある。

小笠原昭太
もっとS級でもやれると思っているけど、なかなか結果が出ない。北日本ラインの3番手です。

木村隆弘
追加だけど問題ない。自分なりに成績をまとめられている。西日本ラインの3番手です。

大西健士
南関ラインで小林さんの番手へ。強い先輩だし、捲りでも十分ですよ。
 
  3R



庄子信弘
宮城は競輪場がないし地元戦。ここに備えてきたし優勝出来たら最高です。普段通り、自力基本の組み立て。

一戸康宏
奈良記念は負け戦だけど2勝する事が出来た。初日のレースが悔やまれますね。調子は良くなっていると思う。自力勝負。

湊聖二
表原君と一緒ですか。ここは自分で何かやる。タテ、ヨコ両方の総力戦です。

藤井昭吾
今年中には、あと9勝だし200勝は決めたいですね。いつも通り自力で仕掛けたい。

朝倉佳弘
埼京ラインで一戸君の番手へ。直線が長いし、僕みたいな選手には向いているバンクです。

表原周
湊さんには好きにやれと言われた。だけど、先輩の後ろが自然でしょう。本当は僕が前で頑張らないとダメですが。

西岡正一
近畿ラインで藤井君の番手へ。展開次第だし、前の方にいれれば。

紺野哲也
宮城同士の庄子君の番手へ。位置を取るレースで構わない。まあ、負け戦だけど1着は取れているので。
  4R



神田龍
このバンクを走るのは2度目。坂本さんも強いし、佐伯君も売り出し中だけど、僕も自力で仕掛けるだけ。

坂本貴史
成績は良くないけど、調子はずっと悪くないと思っている。北日本ラインの3人で決める自力勝負。

池田良
初連係の佐伯君の番手へ。前回の高知で久々に決勝進出。これで流れが変わると良いですね。徹底先行みたいだし楽しみですよ。

青森伸也
実績ある明田君にひとこと言って、坂本君の番手へ。地元だし、気持ちを入れて走りたい。

大瀬戸潤一郎
中国ラインの3番手です。前も脚のある池田君だからチャンスがありそうですね。

佐伯亮輔
初のS級だし、いわき平を走るのも初めて。内容を求めながら数字も付いて来るように頑張りたい。自力勝負。

岡本総
中部同士の神田君の番手へ。ケガが続いたし、今年はなるべく無事に走りたいですね。

明田春喜
北日本ラインの3番手を固める。内を締めながらも、そう言う展開になった時は強引にでも突っ込みたい。
 
  5R




津村洸次郎
いわき平は1着もあるし嫌いなバンクではない。1番車を貰えたのは大きいですね。自力勝負。

須永優太
地元記念だし結果を出したい。藤根君の番手とは最高ですね。かなり前の久留米で1着を取らせてもらっている。

藤田竜矢
記念は西武園と高知で2度優勝している。だけど、終わっている選手だし、過去の栄光ですよ(笑)。これが終わると肩の手術。医者からは復帰に半年間掛かると言われている。巨人の菅野や、田中まー君もかかり付けのドクターみたいです。埼京ラインで樋口君へ。目標がいるだけでも有り難い。

塚本大樹
九州ラインで津村君の番手へ。これがフロックでなく、実力だと思いたい。彼との相性も良いですよ。

藤根俊貴
前回の小倉のピンピンは少し自信を取り戻す材料。久々に自転車が進んでいる感覚があった。北日本のビッグレースだし、僕の走りも大切になってくると思う。積極的なレースをやりたい。

坂口卓士
北日本ラインの3番手を固める。地元記念だし、準決ぐらいまで行ってみたい。

山口貴弘
防府のケガで四ヶ月休んだ。これが復帰3場所目。九州ラインの3番手を固める。

樋口開土
初のS級だけど、バックも1回しか取れていない。力不足を感じている。2車だが積極的なレースをやりたい。捲れるメンバーではないので。
  6R



藤井栄
川村さんの前で自力勝負。今年は未勝利だけど、数字より悪くないと思う。自力勝負。いわき平は結構相性は良いですね。末の甘さが課題だけど脚自体は悪くないと思う。

山田敦也
北日本ラインで佐藤君の番手へ。最近は3着ばかりだし、3着選手ですね。

室井健一
四国ラインで吉武君の番手へ。和歌山記念の後に体調を崩したけど、高知を1本走ったので問題ない。

佐々木省司
山田君の方が点数を持っているし北日本ラインの3番手で構わない。ちょっと4着が多いのが…。

吉武信太朗
藤井さんと、もがき合いになるかは、その場所によりますね。腹をくくる展開になれば、力勝負をやるだけ。

佐藤佑一
最低でも中団は確保しないと。みんなにチャンスのある仕掛けが理想ですね。自力基本の組み立て。

川村晃司
今回は、近畿の後輩の後ろが多くなると思う。前回の地元向日町は先行したけど捲られてしまった。連係実績のある藤井君の番手ですね。記念は何度か優勝しているけど、最近は縁がないですね。

西田雅志
四国ラインの後ろを固める。直線が長いし、後ろになっても諦めない気持ちで。
  7R



早坂秀悟
前回の最終日に僕の後ろを五日市さんが競ってくれた。1着だったけど、先行出来ず、それは申し訳ない。自力勝負。今は芦沢大輔さん達と、良い練習が出来ている。

小野裕次
前回の奈良記念は平塚の落車の影響があったかも。前々から自在に攻めたい。

中西大
12場所でバック数も22回あるし、内容自体は悪くないと思う。あとは結果ですね。先行主体の自力勝負。

三ツ石康洋
ここは自分でやるより、近畿ラインの後ろに付けたい。中西君の先行力は魅力だし、村田君もファイターなので。

村田雅一
近畿ラインで中西君の番手へ。2場所連続で準優勝。脚も展開も良いけど、ちょっと悔しいですね。今回は優勝を目指して(笑)。

須藤誠
動けるし同県の小野君に前を任せる。A級でも勝てなくなっていたし、現状、かなり厳しいですね。

五日市誠
北日本ラインで早坂君の番手へ。茨城に移籍したけど、宮城にいた時は何度も連係している。前回も競りに行ったし、信頼出来る選手のひとり。

田中勇二
三ツ石さんに聞いてからになりますね。近畿の後ろと言っていたので、僕は決めずに走る。
  8R



桐山敬太郎
郡司君の優勝は自分の事の様に嬉しいけど、地元のビッグだし全日本選抜には出場したかったのが正直な気持ち。誘導をやっている様では(苦笑)。いつも通り自力自在の総力戦です。

神山雄一郎
栃茨ラインで朝倉君へ。連係するのは初めて。来月は地元でトラック支援競輪(G3)がある。調子は良くなっている感覚はある。

笹倉慎也
中部は僕と八日市屋さんだけですか。奈良のケガの具合ですか。その影響があるので、前でやるのは無理と言いました。単騎で。

朝倉智仁
今期、初の1班だけど、まだまだです。ここは後ろが神山さんだし責任重大ですね。偉大なる先輩だし、迷惑をかけない様に。

八日市屋浩之
ちょっと厳しいメンバーですね。どこも回る場所がない。単騎で決めずに。

山下貴之
これが最後のS級にならない様に頑張りたいけど、前回の失格が痛いですね。神奈川ラインの3番手です。

成田健児
同県の桐山君の番手へ。クレバーだし全部やってくれるから助かる。トリッキーな動きにも離れない様にしたい。前回のいわき平も決勝に乗っているし相性の良いバンクです。

伊藤太一
栃茨ラインの後ろです。神山さんの後ろだし緊張する。前を回った事はあるけど、後ろは初めてです。

 
  9R



菊池竣太朗
ケガの具合ですか。打撲と擦過傷が酷かった。ここまで来れたのは、自分のやっている事が間違っていなかったと言う事。自力勝負。

伊早坂駿一
前回のいわき平は6着、2着、2着で予選で飛んでいる。今回は、初日からキッチリ走りたい。普段通り先行基本の自力勝負。昨年末、二ヶ月休んだのは、膝の疲労骨折だった。

佐藤成人
奈良同士の佐山君の番手へ。評価は低いけど大穴を出せる様に。

佐藤龍二
菊池君の番手は初めて。成績が悪い理由を7車にしていたけど、今回は良い訳が出来ない。ここは8車だけど、普通に9車のレースになると思うので。

安部達也
徹底先行の伊早坂君の番手へ。しっかり番手の仕事をやりたい。

佐山寛明
今期が初のS級。バックは9回走って、7本取れている。今は結果より内容を求めています。いわき平は初めてだけど積極的に走りたい。

松坂英司
龍二君と2人の時は前を任せている。だから僕の方が点数を持っているけど関係ない。南関ラインの3番手です。

武田哲二
奈良コンビの後ろへ。選手会の支部長をやっているけど、公務にも慣れてきた。練習も間を見て、やれている。
 
  10R



中村淳
失格があるから来期はA級。またS級に戻ってこれる様に今期は必死ですよ。栃茨ラインの3番手です。

飯尾主税
南関ラインの3番手を固める。前の2人は動けるし、チャンスのある位置だと思う。

立花成泰
前回の佐世保は出来過ぎですよ。予選、準決と1着、1着ですから。岡山同士の滝本君の番手へ。連係は初めて。前泊して、たまたま居酒屋に行ったら、元選手の佐川達也さんの店だった。

滝本泰行
立花さんとは初連係だし決まる様に走りたい。しかも田中さんまで付いてくれる。自力勝負。

堀内俊介
ずっと良くなかったけど、四日市で久々に優勝する事が出来た。ただ、小倉で和田真久留のダッシュに離れたり、まだまだです。自力でガンバル。

横山尚則
ヘルニアで、ずっと寝たきりだった。練習をやれる様になったのは1月の後半から。今回は弟子の朝倉君もいるし頑張らないと。自力勝負。

小埜正義
南関ラインで堀内君の番手へ。先日の山崎芳仁さんとの連係? 他地区の選手の後ろは初めてだったみたいだし、最初が小埜ちゃんで良かったと言ってもらえた。レースではジャンが鳴ったら行きます!と言ってあった。それ以上、早いと暴走逃げになり、松戸の再現になるので(苦笑)。今度、やったら首でしょう(爆笑)。自分がやらかしてしまい、先行出来ず、迷惑をかけてしまった。だけど、すぐに、野口裕史君が取り返してくれたから。

田中陽平
前回の最終日は前が競りだったので、バックを取るレースになった。ここは岡山コンビの後ろを回る。

飯嶋則之
ここは栃茨ラインで横山君の動きに乗って。

 
  11R



伊藤稔真
隅田君さんも嶋津さんも強いし、結構濃いメンバーですね。しかも8車でなく、ここは9車立て。自力勝負。

嶋津拓弥
3分戦だし、7番手にだけはならない様にしたい。自力勝負。

隅田洋介
前回の松戸は車体故障があったから仕方ないけど、その他は自分のレースが出来ていると思う。大雨で発走時間が遅れて、変な緊張感もあった。今回は青森記念みたいに優勝を目指して自力勝負。

山崎充央
今は養成所に入っている女子も含めて弟子は7人いる。昔みたいに、頭ごなしには言わない事にしている。今は、ゆとり教育の時代なので。栃茨ラインの後ろへ。

五十嵐力
神奈川同士の嶋津君の番手へ。何度も連係はあるので相性は良いと思う。

成清謙二郎
神奈川コンビの後ろを固める。展開次第だし、4角で前団ならば。

三宅裕武
三重同士の伊藤君の番手へ。僕も少しずつだけど良くなっている。

水谷良和
三重コンビの後ろを固める。伊藤君も、強いし、展開次第では。

河野通孝
最初の想定メンバーは隅田君、弟弟子の横山君と3人でしたか。それが、今日、嵯峨昇喜郎君の欠場でメンバー変更ですか。横山君がいれば3番手と思っていたけど、これなら隅田君の番手へ。

 
  12R




森田 優弥…状態はいつも通り。前回はたまたま優勝できた感じ。良くなった原因? 親王牌の最終日にシューズを換えたくらいですね。そこからいい感じになってきた。ここまでは計画通り練習。練習も休養もしっかりできました。冬の重いのはあんまり得意じゃないけど普段の大宮もこんな感じなんで。いつも通り頑張るだけ。
 
飯野 祐太…いつもの先輩達はいないけどそこまで気にしていない。平常心で自然体で走れれば。普段はあまり調整しないけど今回はしっかり調整してきた。優勝します! 桜井君には何度か任せたことある。信頼して。
 
皿屋  豊…脚の状態はとてもいい。展開とかで負けることはあるけどすごくいいです。平はS級デビュー戦で999したバンク。どんよりした気持ちでスーパーひたちに乗った記憶がある。あれは苦い思い出。払拭したい。冬場の重いのは得意だし、いまのうちにたくさん稼ぎたい。上位陣不在だし今回は最低でも競輪祭の権利を取りたい。
 
池田 勇人…前回はぜん息が出たので大事をとって休みました。気温上がったり下がったりで体調管理が難しいけど、自分は室内練習がメインなのでそこまで影響受けてない。たまに外乗るくらいで基本は室内。この練習方法にしたのは去年の終わりからなんでまだ手探りですが。森田君。だいぶ前の取手で1回連係している。そのときは林雄一さんに競られて連結を外しました。今度はしっかっり。平は相性すごくいい。重いのも好きだし条件的にはいいのかな。
 
佐々木 豪…前回は疲れがあった。悪くはなかったけど良くもなかった。ここまでは練習普通にしてケアも多めにやってきた。寒いの得意。風もそんなに気にならない。自分の力を発揮できれば何とかなると思う。しっかり脚を使って動くレース。
 
山賀 雅仁…松戸は練習の疲れを持ち越して入っちゃって初日2日は重かった。最終日になってようやく抜けてマシになった。今回はこれくらいなら大丈夫だろうって逆算してやってきたし大丈夫だと思う。自分的には7車でも9車でもそんなに…って感じ。結局は番組次第。明日に関しては決める必要はないかと。いなかったら自分でって感じで常にいるので。そんなにのそのそしたレースにならないと思うので、チャンスがあるところで仕掛けたい。
 
鷲田 佳史…前回1本走って8割以上は戻ってるかなって感じでした。落車のケガは肋骨骨折と左膝の違和感。肋骨は何度もやってるし大丈夫だったけど、膝がおかしくてずっと休んでいた。終わってここまでは疲れ1日だけとってあとは全部練習と調整。寒いの僕は大丈夫。バッドコンディションの方がチャンスあると思ってる。皿屋初めて。Vでも見てるし現場でも見てる。強い。しっかり付いていくだけ。
 
桜井 正孝…川崎は前検の前の日に入って自転車届かないアクシデント。箱に入ったままの新車で急きょ走って、ちょっと良くなかった。前回の佐世保は練習不足とまるいバンクが合わなくて厳しかった。宮城はずっと雪降ってて昨日おとといやっと今年の初乗りができた。飯野さんに頑張りたいって言ったら、頑張れって即答で言ってもらえた。任せてもらったからにはそれなりのレースをしないと。
 
荒井 崇博…前回はオーバーワーク。ウィナーズや武雄記念を見据えて強めにやりすぎた。佐々木豪は何回かある。自分はもう前次第の選手。黙って付いているだけ。ここは直線長くて走りにくいバンク。そこだけ気にしながら。

 
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
S級決勝インタビュー




1飯野祐太 
 地元代表ということで毎日緊張しっぱなし。正直あんまり眠れていない。山崎(芳仁)さん、(佐藤)慎太郎さん、新田(祐大)君の気持ちがやっと少し分かりました(苦笑)。決勝は北の若手が誰もいないし自分でやるレース。本気を出すときがどうとう来た。優勝だけを狙って自力。

2森田優弥 
 河野さんに断りを入れて朝倉君の番手になりました。番手を選んだ理由? 勉強の意味もあるし経験値を上げたいのもあるし色々です。自力で動きたくないわけではないですよ。人の後ろはヤンググランプリで黒沢征治さんにマークしたことがあるくらいで、今回が2回目です。

3鷲田佳史 
 今回3日間の走りは誰が見ても僕より村田君の方が上。2人して、前がいい、前がいいってなったけど、動きがいい方に任せるのが自然でしょう。彼も頑張ると言ってくれたし全面信頼です。

4庄子信弘 
 S級優勝は2回あるけど、記念の決勝は一度もなかった。こんな選手になれるとは思わなかったし素直に嬉しい。決勝は飯野君と話して僕が後ろ。彼は上半身がムキムキだから、いい風よけになりますね(笑)。

5河野通孝 
 森田君が回りたいというのなら(朝倉智の)番手に入れる。森田君のスタイル、隅田君のスタイル、いろいろなことを考えてこの並びになった。自分はしっかり付いていくだけです。

6西岡正一 
 記念の決勝は久しぶり。たぶん2年振りくらいだと思う。初日はしんどく感じたけど、2日目・3日目とだんだん楽になってきた。悪い感じは全くないし、チャンスがあれば突っ込みたい。近畿でまとまって3番手。

7隅田洋介 
 森田君と茨城の2人が組むなら自分は単騎ですね。思うことはたくさんあるけど、他県の人には何も言えない。村田さんあたりにカキ乱してもらって一発ドカーンというのが理想。G3連覇目指して頑張ります。

8朝倉智仁 
 この間の四日市の決勝は関東4人で並んだのに優勝者を出せなかった。自分の中であのレースはものすごく悔しかったし、同じ失敗は絶対できない。記念の決勝という大きな舞台で再びチャンスをもらったし、キチンとレースを作りたい。やるべきことは分かっています。

9村田雅一 
 鷲田さんと西岡さんの了承を得て僕が一番前。近畿3人結束です。顔は全然違うけど同期のイナショウをイメージしながら走りたい。失うものは何もないし泥臭くやります。



 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。
令和3年2月27日
平記念の3日目は、こんなメンバーでも努力すればこゝ迄売れるの見本。3日間で31億4726万売った事で、目標の45億は13億5千万で達す計算。裏で豊橋FⅠが始まっても勢いが違うし、決勝の並びが、朝倉智仁に森田優弥ー河野通孝に成った事で2段駆けと読み、本命党がドーンと勝負してくれるなら16億~17億迄行きそうな流れ。8月に控えるオールスター(ナイター)の起爆剤に成ったのは事実。これも「鬼の副長」次長が粉骨砕心頑張られた成果だと私は思ってます。夜は小倉ミッドナイトの最終日、そして明日は取手FⅠ(関東カップ)と小倉ミッドのダブル前検日、倒れる迄こき使われてます。
 
令和3年2月26日
平記念の2日目は、番組の手腕もあって初日より2千万増なら大成功。3日目は土曜で裏開催は立川・小田原のFⅡと高松モーニングなら12億近くは大丈夫、そうすれば最終日の日曜で15億オーバーすれば目標達成の運び。
心配は1R~3R迄が5車立に成った事。レースカットして11レース制が良かったのかも。これは来年の3月迄ずっと議論されると思います。そこで私なりのヒントを。
1・2・3Rは、誰もが解る構成。
4R、津村洸次郎から手広く。
5R、菊池岳仁から瀬戸内トリオ。
6R、埼京トリオのボックス。
7R、中西大から流し。
8R、佐々木豪の戦法は捲りと信じて。
9R、皿屋豊から手広く。
10R、何でもやれる櫻井正孝。
11R、地元コンビ。
12R、森田優弥・隅田洋介です。
夜遅くは小倉ミッドナイトの2日目、こっちは何時もの様に全的を狙います。それだけの自信はあるので弟の解説と予想を参考にして下さい。

令和3年2月25日
平記念の初日は、川崎(全日本選抜)の最終日に31億を越えた勢いもあってか、裏で防府FⅠがあってたのに、このメンバーで9億3575万も売ったのは開幕戦を菊池岳仁でブチ上げ、その後のレースも推理しやすい組み合わせにした番組の手腕。当然2日目も生かされてるので同じかそれ以上の売り上げが期待出来るもの。初日は先行泣かせの平バンクにしては自力型が頑張りました。
そこで売り上げアップに役立てばで、私なりのヒントを。
1R、林大悟・池田良。
2R、自力型の巴戦。
3R、伊早坂駿一の首位。
4R、地元、真船圭一郎。
5R、藤根俊貴。
6R、狙いは兵庫コンビ。
7R、中西大の頭。
8R、川村晃司の番手捲りに菊池岳仁。
9R、佐々木豪から堀内俊介・山賀雅仁。
10R、皿屋豊から手広く。
11R、飯野祐太。
12R、森田優弥の本命レース。
そして夜遅くは小倉ミッドナイト、ガールズとA級1・2班戦、こっちは全的を狙います。

令和3年2月24日
25日からは平記念。はっきり言って超が付く一流処は不在ですが、決勝の3着内に入れば競輪祭の権利発生するので、
1次予選で本命人気を背負う選手に、特選シードの9人は又とないチャンスに大張り切り。
初日は前検日に嵯峨昇喜郎が欠場した事で、1Rから9R迄が8車立の異常でも、FIにチャレンジ・A級戦は5車立でも売れてるので、施行者の要望でレースカットはしなかったそうですが、
2日目からはどうなる事やら。開幕の1番車は117期の大ホープ菊池岳仁。後はラインの大ベテラン稲村成浩ですが、自在の田中晴基と捲りの吉田茂生が居るのが、
それに平バンクは4コーナーからゴール迄の長さは半端でなく、逃げ切りが少ないのを菊池岳仁が如何にして克服するか。
2R、林大悟と真船圭一郎、小林則之の3分戦、◎は三宅達也にしましたが。
3R、宮城の選手には平は地元も同然なので、庄子信弘。
4R、坂本貴史が人気しますが、ガラスの心臓なので疑ってかゝるべき。狙いは中部コンビ。
5R、藤根俊貴、須永優太に挑む九州コンビが狙い。
6R、近畿コンビ。7Rこゝも近畿コンビ。
8R、朝倉智仁から神山雄一郎。
9R、菊池竣太朗の捲り単。
10R、堀内俊介・小埜正義。
11R、隅田洋介、河野通孝のマッチレース。
12Rは森田優弥、皿屋豊の力の両立が私の狙いです。
夜遅くは小倉ミッドナイト、ガールズ2個にA級1・2班戦7個の9レース制。こっちも全力で取り組んでます。

悲しいニュースが飛び込みました。
千葉の117期生、成清龍之介君が街道練習中に止まってるトラックにぶつかり、不慮の死との事、
広島のレインボーファイナルで1度会いましたが長身でハンサム、これから日本一を目指す青年は若干21才の若さ、無念で成りません。
父貴之氏の心情を考えたら本当に辛いです。競輪選手には避けらない事故で片付けるのもどうかと。千葉の選手、同期の仲間、そして父親と親交ある73期の選手もショックでしょう。
何も出来ないのでご冥福を祈るしか。
平記念出走中の師匠で叔父の謙二郎氏、そして龍之介君が選手を志した時から父親と一緒に練習してた山賀雅仁選手の心情を考えたら、いたたまれない気持。
月並みですが、龍之介君の分まで活躍して欲しいもの。熊本の地から一生懸命応援させて貰います。


 
ページトップへ
   
竹林一彦の競輪閻魔帳
開幕戦の一番車

特別競輪が終幕してすぐの記念競輪ゆえトップスターの顔はなく、小粒のメンバーによる「開設70周年・いわき金杯争奪戦」。その開幕戦一番車に菊池岳仁(長野・117期)の名前がある。前述の特別競輪、「川崎全日本選抜」開幕戦の一番車は寺崎浩平(福井・117期)だった。昨年の一月、「飛び級卒業」で話題もちきりだった両名はともにデビュー開催を完全優勝で飾り、各紙が菊池対寺崎の出世争いを喧伝したが、あれから一年の時が流れ、二人の「立ち位置」は大きく離れてしまった。菊池にいたっては、町田太我(広島・117期)や山口拳矢(岐阜・117期)にも抜かれる現況に甘んじている。
ああ プロの世界は厳しい。
そして、むろん、来年の今頃、記した四人の同期生の序列がどうなっているかなど、誰にもわからない。


竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!



ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925




ページトップへ
   
二宮歩美が競輪基礎知識をわかりやすく解説!vol.2
二宮歩美が競輪基礎知識をわかりやすく解説!
競輪選手、バンク、ラインなど必要な基本知識を丁寧に説明。 追い抜きなどレース中の動きも簡潔に紹介!

競輪ビギナーの方にも優しい内容になっています!(競輪講師:二宮歩美)

 
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2021年2月25日(木)・26日(金)・27日(土)・28日(日)

■開催場所
いわき平競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

福ちゃん

競輪毎日

北競

競輪専門誌ホープ

別府競輪ダービー

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ