eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
とん豚テジ

玉野競輪開設69周年記念 瀬戸の王子杯争奪戦(G3)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
玉野競輪開設68周年記念 瀬戸の王子杯争奪戦オリジナルクオカードプレゼントキャンペーン!
玉野競輪「玉野競輪開設68周年記念 瀬戸の王子杯争奪戦」の開催を記念いたしまして、
e-SHINBUNプレミアム会員様(※登録無料)に素敵なプレゼントのお知らせです!

瀬戸の王子杯争奪戦オリジナルクオカードプレゼントキャンペーン!クオカードを抽選で10名様にプレゼントいたします!


 
応募はこちらから⇒玉野競輪オリジナルクオカード

※e-SHINBUNプレミアム会員様(※登録無料)限定のキャンペーンとなります。
応募期間は開催前日の3/4(水)から最終日翌日の3/9(月)までです。

この機会に是非e-SHINBUN会員登録を!

ページトップへ
   
競輪新聞・無料出走表が取り出せる「eプリントサービス」利用可能店舗が拡大!
 
       eプリントサービス利用可能店舗が拡大!



競輪専門紙、競輪出走表をコンビニのマルチコピー機で取り出せるサービス、「eプリントサービス」

これまで、全国のファミリーマート・ローソンでご利用可能なサービスでしたが、新たに
全国セブン-イレブン
・スーパー等一部店舗・ミニストップ・デイリーヤマザキでも提供を開始しました。


<ご利用可能店舗>


 
       

 

より身近になったeプリントサービスを是非ご活用ください!

 

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら
 

   
ニコ生e-SHINBUNチャンネル放送予定!!(2020年3月5日~8日 10:00~17:00)
3月5日~8日 10:00~17:00
  玉野「瀬戸の王子杯争奪戦」

 
 連日 10:00~17:00 7時間の生放送!!
  http://ch.nicovideo.jp/eshinbun

 
放送概要

e-SHINBUNがお届けする競輪予想バラエティ番組!
玉野ミッドナイト競輪e-SHINBUNチャンネル。
毎度お騒がせのe-SHINBUNメンバーに豪華ゲストを交えて
都内某所の特設スタジオからお騒がせ生放送です!
皆さん一緒に楽しみましょう~♪


3日目に脇本雄太選手が生出演!!!!!!

放送統括        
町田洋一
 
出演者
※出演者は日によって変更になる場合がございますのでご了承ください
町田洋一 加藤慎平 長谷川満 二宮歩美
滝沢いしす 高橋凛 アオケイ本田編集長
 
スペシャルゲスト
脇本雄太選手

【協力】チャリロト https://www.chariloto.com/
【開催施行者】玉野競輪 http://www.cco.ne.jp/keirin/
 
ページトップへ
 

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
山内卓也
川村晃司
池田勇人
 
猪俣康一
小野俊之
 

   
S級決勝インタビュー



郡司浩平
SSのプレッシャーとかないし、そこは自然体で走れている。準決みたいに人気になるし、その立場は理解しながら。自力勝負。

吉田敏洋
他地区と違い、中部は先行選手が育っていない。だから、浅井とも話したが、いつでも、自力で勝てる脚を持っていようと。単騎で一発狙いたい。

東口善朋
展開に応じて走れているし、周りの状況も見えている。タテの脚も悪くないですね。近畿で畑段君の番手へ。


佐藤慎太郎
やはり新山君は心強いパートナー。浅井君相手だけど、準決は最高の結果を出す事が出来た。もちろん、ここも番手で仕事する。

新山響平
段々と調子も上がってきた。見ての通りで、準決が一番良いレース内容だった。慎太郎さんだと安心して走れるし積極的に。

柿沢大貴
これも、スーパールーキーの菊池君効果ですね。もちろん、初の記念の決勝だし凄く嬉しい。ここは郡司君の番手へ。


清水裕友
しっかり自力を出しているので勝ち負け出来る状態だと思う。岩津さんと決まる自力勝負。

岩津裕介
地元記念は3回優勝している。4度目を目指して。もちろん、清水君の番手です。

畑段嵐士

後ろが東口さんだし、自在とは言えない。位置を取っての自力勝負です。




ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
三日目勝因敗因
  1R S級一般




1前田 義和
カマシに行ったけど、後ろに小川君が入ったのは最終ホームで分かりました。何とか、最後、我慢した感じですね。

2小川 丈太
前田さんの後ろが離れていたのは、すぐに分かりました。ラッキーでしたね。嵌まってから、すかさず行けたし、ハラケンさんからも、良いレースだと言ってもらえた。

3濱口 高彰
お先、失礼します(笑)。誘導も早かったけど、短い3日間でした。

4小林 申太
前々のレースを心掛けたけど、追い着く事が出来なかった。ただ、ラインの3人で6着まで入れたし、最終日も走れて良かった。

5上吹越 俊一
自分の責任ですね。前田君が内に行った時に離れてしまった。呼吸が合わなかったですね。

6女屋 文伸
前回の静岡記念に続き、最終日も走れる。それが一番嬉しい。

7上田 隼
レースが終わってから、浜口先輩に色々とアドバイスをもらった。7着だし、最終日まで走れるか結果待ちです。

8守安 政雄
この成績で2着なら満足ですよ。抜ける脚もないけど、小川君も抜かれない様に上手に踏んでいた。

9小沼 良
小林君のスピードを借りる事が出来た。それで3着に入る事が出来た。
 
  2R S級一般




1中石 昌芳
地元の藤原君に申し訳ない。きちんと付いて行けなかった。裸逃げになったし、結果は違いましたね。

2中井 護
勝負どころでも下げていて中村君は8番手。かなりまずいと思ったけど、仕掛けてからのスピードは違った。凄い快速捲りでした。

3松坂 英司
これが現状の脚ですね。菅田君をアシスト出来なかったし、自分も全く伸びなかった。

4藤原 俊太郎
最終日に、もう1回チャンスがある。昨日、セッティングを変えたけど、変えない方が良かったかな。地元記念だし、一度は連対したい。

5青井 賢治
中石さんが離れたし仕方ないですね。1人になっても、粘っていたし藤原君は強かった。

6那須 久幸
最終日まで走れる事を目標にした。目標不在でも6着でクリア!

7菅田 和宏
怪我明けだし、積極的に攻めて調子を戻そうと。風も強いし、藤原君とのもがき合いで、きつかった。

8亀谷 隆一
藤原君を1車行かせるか、そこは前2人の判断だった。

9中村 一将
久々に、スカッと捲った感じですね。これで少しでも自信を取り戻せれば。弟子の藤井栄二君に良いエールを送れた。準決を突破して、決勝に行って欲しい。
 
  3R S級一般




1柏木 伸介
矢口君はダッシュが良いね。口が空き気味で、そこでブロックをもらった。何とか凌げたけど、それで無駄脚を使った。

2濱口 健二
畝木君も頑張ってくれたけど、別線の反撃も色々とあったから。多分、8着ぐらいだし、それは残念。

3金ヶ江 勇気
師匠の古川貴之さんは優しいから、あまり何も言われない。今日はバックが重たかったけど、展開が向いた。踏み合いを待つ流れになりましたね。

4矢口 大樹
この3日間では一番良いレースだった。ただ、良い時に比べて、3割ぐらい。腰が良くなるまでの我慢です。

5桑原 亮
だいたい、考えていた通りのレースになった。昨日は情けないレースだったけど、今日は捲りを差す事が出来た。ヘルニアがあるので、どうしてもそれを庇う。最初の踏み出しの右足の一歩が本当にきつい。

6緑川 修平
3日間、単騎だけど何とか6着に入れた。遠征に来ているし、1日早く帰ると、移動手段も大変になるので。

7畝木 努
もっと早く来てくれれば出させたし、そこが一番痛かった。結果はダメだったけど力は出し切れた。

8近藤 修康
畝木君は要所、要所で踏んでいたよ。これからの選手だし、経験値を高めてくれれば。

9小坂 敏之
最初から遅れ気味だった。だから、最終ホームで矢口君がカマシた時に離れていた。
 
  4R S級選抜




1金成 和幸
駆けた藤木君が上手かったし、高木君もシッカリ位置を取ってくれた。ズルズル下げる選手が僕らにとって一番きついので。

2久保田 泰弘
ライン4車なのに、こんなレースをやり、すみません。位置取りをやるなら、キッチリ取らないと。

3藤木 裕
本当、しんどい。引き付けての先行でなく、飛ばしてしまった方が良いと思った。島野さんのアシストもあったし、突っ張って2着ならば。

4島野 浩司
藤木君が2車なのに、よく行ってくれた。高木君を止める事が出来れば、ワンツーでしたね。

5大瀬戸潤一郎
久保田君の判断だったので。高木君との中団の攻防で負けてしまった。それで一緒に自分も下がった感じです。

6連佛 康浩
土井さんがジャンカマシ? さすがに、ホームなら許されるが、それはちょっと出来ないよ。

7高木 翔
あれで久保田君を藤木さんが出させていれば7番手になっていた。そうでなく、僕と併走してくれ助かった。何か、今回は、このスタイルのレースが多いですね。顔面打撲の怪我もあったけど、引く選手だとは思われたくないので。

8土井 勲
確かに、ジャンから切り替えて行っていれば、そこそこ残っていたかも。それでは、競輪道に反するので。

9松永 将
5着ぐらいですね。高木君は良いレースだったと思う。自分も、もう少し足を上げないと。
 
  5R S級選抜




1片岡 迪之
才迫君が1着だし、捲りでもワンツー。逃げるだけが競輪でもないし、結果が出て良かった。ただ、地元記念で差せなかったのは悔しい。

2阪本 正和
林君の先行だし、捲られないかと思いましたが。中団で、もつれているのも分かった。思った以上に才迫君のスピードが良かった。

3太刀川 一成
林君が早めから行ってくれたけど、才迫君が飛んできてしまった。7着でしたね。

4小川 祐司
最終ホームの動きが全て。才迫君とは中四国同士だけど、別線なので全く気にしていない。

5立花 成泰
前の2人はワンツーだけど、道中の併走もあったし、きつかった。

6藤原 浩
あの展開でも、4着まで行っている。苦しい展開を凌げたと思う。

7山田 幸司
先手ラインの4番手。やはり、逃げてもらっても、波があるから脚が溜まらない。

8才迫 開
仕掛けてからのスピードは良かった。頭まで届いているので。ただ、地元2人が付いて、先行出来ず、それは申し訳ない。

9林 慶次郎
結果的に掛かっていなかったのかも。力は出し切れたし、自分のレースが出来て、そこは納得している。
 
  6R S級選抜





1河合 佑弥
警戒される様になってしまった。自分の中では、そんな選手だとは思っていない。本当は逃げたいけど、ずっと、ふたをされていたので。

2工藤 文彦
後ろが、岡山を背負ってきた石丸さん。今日は逃げようと決めていた。だけど、押さえ先行では掛かりませんね。

3前田 拓也
猪俣君が内に行ったので、外から捲ってきた河合君ラインにスイッチする形になった。

4吉永 好宏
猪俣君に飛び付かれそうになったので、そこは脚を使った。地元の2人からは気迫を感じましたね。

5小菅 誠
自分の脚では、河合君の快速捲りには付いて行けない。ただ、前の2人がワンツーで良かった。

7成清 貴之
河合君とは、最初から下げない作戦だった。だから、あの展開も想定通り。強いから捲ってくれ助かった。

8猪俣 康一
どこかに飛び付きたかったけど、4車で行かれてしまい。外を踏む自信がないから内に行ってみたけど。

9石丸 寛之
工藤君は、まあまあ、ええ感じで駆けていた。脚も落ちているから、併せて出る脚がなかった。そこを一気に河合君に行かれてしまった。
 
  7R S級特選




1石塚 輪太郎
何かしらのアクションを起こさなくてはいけないと思っていたけど、結果的に前に出られていないので。

2坂本 貴史
あの位置は最低でも取ろうと思っていた。外をどかせる自信はあった。今回も調子は良いけど、焦って踏むより、あの仕掛けの方が後ろは楽だと思った。

3島川 将貴
少し気配を出せる様になったけど、自分の中では納得出来ない面もある。2車だけど、思い切った走りが出来て良かった。

4柳谷 崇
絶好のハコだけど、全然伸びなかった。この展開は逆に一番弱いので。

5澤田 義和
石塚君が叩けなかったし仕方ないですね。最近の好成績も、前が頑張ってくれた結果なので。

7永澤 剛
坂本君が優しく仕掛けてくれたから。3着かなと思ったけど、2着まで届いて良かった。

8古川 貴之
単騎だけど、自分も自力選手。必ず、どこかで仕掛け様と思っていたけど前が掛かっていた。

9伊藤 大志
永沢君が内に行ったので外を踏んだ。逆なら自分が内に入って行った。
 
  8R S級特選




1黒沢 征治
確かに、併走になったのは影響があったかもしれないけど、それもレースなので。もっと力を付けて。

2川村 晃司
山田君は、どのタイミングでも行けたし、逆に自分が焦っていましたね。仕掛けてからはスピードが違ったし、楽に捲れると思った。あとは自分が差せるか差せないかのレース。

3原 誠宏
吉本さんが強気に勝負してくれたおかげ。京都勢のスピードは違ったけど、上手く3着に入る事が出来た。

4川崎 健次
3番手で併走になったし、きつかった。吉本君のイン粘りが誤算でした。

5山田 久徳
もっと早く行ければ、山内さんまで連れ込めた。吉本さんのイン粘りで流れが向いた。

6吉本 哲郎
あそこは引けないでしょう。黒沢君を捲る力はない。あとは、山田君が飛んで来ない事を願っていた。グングン掛からないかなと思い、追走していた(笑)。

7大塚 英伸
自分の位置を守れず申し訳ない。黒沢君にも川崎君にも迷惑をかけた。

8中園 和剛
本当は位置を取って、自分で何かやらないとダメ。その脚がないから、吉本さんの動きに乗った。

9山内 卓也
内に行ってしまったが、再度、京都勢の捲りにドッキング出来た。その後、原君に一発もらい飛んでしまった。
 
  9R S級特選




1原田 研太朗
新車が合わず、元の自転車に戻したら、良い感じで踏めた。新しい自転車は、練習で使って、もう一度、見つめながらですね。もちろん、今日は負けられないつもりで走った。

2北野 武史
ハラケンはえげつないスピードで大外を捲ってきた。合わない新車を、そのまま使って欲しかったな(笑)。イナゴ(1・7・5)で入るところを、何とか5番だけ止めた感じ。だけど、最後、川口君を抜いていないんだよな。

3川口 聖二
ペースで駆けていたけど、原田さんのスピードが違い過ぎた。それでも、捲られて4着ならば。

5網谷 竜次
原田君はタイトルを取れる選手。凄いスピードの捲りで、最初から口が空いていた。最後は、北野さんにドカーンと持ってこられた。

7池田 憲昭
ああ言う、スピードのある捲りに付いて行くのは得意。まあ、いつものハラケンのレースだし、7番手捲りは想定済み(笑)。

8伊藤 太一
捲れる脚はないし、どこかに飛び付こうと思っていた。やはり、原田君のスピードは違いますね。

9伊原 弘幸
伊藤さんに捌かれて自分の位置を守れなかった。今回は、全然ダメ。
 
  10R S級準決勝




1東口 善朋
吉田君は同期。やはり、力になりますね。内に行くコースはなかったけど、外を踏み、伸び負けしなかった。成績通りで順調です。

2取鳥 雄吾
気持ちは入っていたけど、巻き返す脚がなかった。岩本さんに完敗です。

3岩本 俊介
スタートの攻防が意味不明だった。多分、東口さんは、2番目のラインが欲しかったと思う。それも、自分らが一番前でなく、取鳥君達を前にして。力は出し切れたし、郡司君が勝ち上がってくれ良かった。

4内藤 宣彦
ジャンが一番苦しかった。内だけ締めていると遅れるし、風もくる。郡司君も大きく動いていたので。

5吉田 敏洋
中部の自力の駒は少ない。こんな場面だって、平原達なら必ず馬がいる。俺らは、いたりいなかったり。その中で結果を出さないといけないので。

6隅田 洋介
本当は3番手でなく、番手まで行こうと思った。これは、まじ(笑)。掬って掬われたので、内藤さんだけには負けたくないと思った。

7郡司 浩平
やはり、競輪は難しい。本当は、岩本さんを、もっと残さないとダメ。だけど静岡記念の決勝の事もあるので。それで、踏むレースになってしまった。

8開坂 秀明
決めずとコメントしたけど、東口君の後ろで良いと思った。5着ぐらいに入っていると思う。

9柏野 智典
地元記念だし、決勝に乗れず残念。取鳥君も精一杯、走ってくれた。あとは岩津君の応援をしたい。
 
  11R S級準決勝




1佐藤 慎太郎
普通に新山君が強かったね。だけど、逆パワハラで、絶対、捲りは止めて下さいと言われていた(笑)。色々と作戦を考えていたけど、今日のパターンが一番良いと思っていた。2番目に皿屋君のライン。そうすると、絶対、自在の山田君か柿沢君が中部ラインを邪魔するので。

3井上 昌己
山田君任せだったけど、今日は新山君が強くて、前が決まってしまった。

4山田 庸平
今日は自分らしい前々のレースが出来なかった。昌己さんに申し訳ない。

5新山 響平
ここで大きな着を取ると、ルーキーチャンピオンより前のレースになってしまう。北日本の後輩が4人来ているし、それは恥ずかしい(笑)。普段からナショナルチームで、ダッシュ練習ばかりやっているから皿屋さんを併せる事が出来た。

6桐山 敬太郎
う~ん、見せ場なく終わってしまった。早めに流れを引き寄せないと。

7小林 大介
柿沢君は自在選手だし、あれで良かったと思う。新山君が掛かっていたし強かった。

8柿澤 大貴
新山君のダッシュが良くて口が空いてしまった。そこを浅井さんが降りてきたので、きつかった。その後は、追走だけになったけど、恵まれた。

9皿屋 豊
また、浅井君に迷惑をかけてしまった。不測の事態になった時、いくつかパターンを用意しておけと、吉田さんにアドバイスされた。ふたをされて、パニックってしまった。
 
  12R S級準決勝




1清水 裕友
誰も来ないので、鐘の3角で腹をくくった。あそこからなら、最低でも3着に残れると思った。1周タイムも悪くなかったし、初日より距離も短い。ケツ回りの乗り方を開発したので、それが良い方に出ましたね。

2畑段 嵐士
あのタイミングなら、もう内しかなかった。狙ってはいたけど、まさか、あんなに綺麗に空くとは嬉しい誤算です。

3木暮 安由
蕗沢君が前々に踏んでくれたけど、4角からの踏み方ですね。結果的に失敗だし、もっと冷静に走れば良かった。切って、切ってドカーンの作戦だけど、誰も押さえに行かない。前から2番目のラインだし、先には動けないので。

5岩津 裕介
徹底先行が多いから、逆に意識しあって、こんな展開も考えていた。一番強い選手が駆けているのだから捲れるはずはない。掛かり過ぎていたし、いくら地元記念と言っても差すのは難しいですよ。

7田中 誠
ちょっと油断したかな。そこは蕗沢君が入ってきて。最高の3番手だし、もったいなかった。

8蕗澤 鴻太郎
あまり、内を行くレースはしないけど、相手が相手だったので。3番手は確保出来たけど、そこからの脚がなかった。

9新田 康仁
菅原君と2人で車番が悪かった。だから後ろ攻めは想定内。普通に走っても勝てるメンバーではない。逆に押さえに行かず、しびれを切らした中団のラインが叩きに行く展開もある。そうすれば、清水君も内に詰まる可能性も。一か八かの面もあったし、自分も技量不測だった。
 




ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
二日目勝因敗因
  1R S級選抜




1工藤 文彦
地元記念なんて滅多に走れない。初日の負けは、ここ1年で1番だった。今日は構えようか、一瞬悩んだけど、行って良かった。立花さんはタテ脚があるから抜かれても仕方ない。

2成清 貴之
矢口君は一定のペースで駆けていた。だから車間も切れず、そこを一気に工藤君に行かれた。どこかにスイッチしたかったけど、ダメだった。

3中村 一将
前の煽りがあり、そこで見てしまった。今は脚がないから、展開に注文がつく。

5吉永 好宏
工藤君はダッシュが良いから、踏み出しはきつかった。本当なら3着に入らないといけない展開。

7立花 成泰
工藤君の距離ではないし、感謝ですね。スプリンターが残り1周で行ってくれるんですから。今日は余裕を持って差す事が出来た。

8矢口 大樹
ヘルニアで練習が出来ていないし、併せる脚がなかった。成清さんだし、先行の組み立てだったけど。

9中井 護
前にいた上田君が、ふらふら走っていたから、あれでは中村君もタイミングが取りづらいね。
 
  2R S級選抜




1小沼 良
粘るか突っ張るかは小林君の判断。とにかく前々の作戦と言っていた。

2大瀬戸潤一郎
粘るなら片岡君のところでなく、俺のところだと思っていた。2段駆け態勢なので。それが意外と楽な展開になった。3番手突き抜けだし、地元勢には申し訳ない。

3猪俣 康一
昨日も今日も浜口さんに迷惑をかけてしまった。見ての通りで、仕掛けが全然ダメ。

4小林 申太
もっと踏んでおいた方が面白かった。組み立てが中途半端で、本線のレースにしてしまった。

5藤原 浩
あれは捲りでなく追い上げ。あのまま捲ってしまったら最低の人間でしょう(笑)。

6緑川 修平
昨日も今日も単騎のレース。ちょっとレースになっていない。

7片岡 迪之
藤原君には、自分の持つ仕掛けをしてと言ってあった。あれで良いと思う。残しに行った分、大瀬戸さんに食われた。

8藤原 俊太郎
6着ぐらいかな。4車で後ろが上位独占なら、自分の仕事は出来たと思う。発進でなく、自分も残る仕掛けだった。

9濱口 高彰
今日の猪俣君? 1車ぐらいは、初日より進んでいたよ(笑)。
 
  3R S級選抜




1前田 拓也
藤木君の後ろだし、早めに内には行けない。それでも、もっと伸びても良かったと思う。

2金ヶ江 勇気
藤木さんに位置取りで負けたし、主導権も取れなかった。那須さんに迷惑をかけた。

3菅田 和宏
後ろは同期の金成さんだし、自分の調子も戻したかった。だから先行の組み立て。金成さんには、何勝プレゼントしたか分からない(笑)。

4畝木 努
行くならホームでしたね。体は軽いけど、詰まる感じがしなかった。初日より風はなくなっているみたい。

5金成 和幸
88期はスター軍団の集まり。山崎を筆頭に、みんな強いからね。その中でもダッシュ力なら、菅田君が1番ではないかな。それぐらい、ポテンシャルは高い。今日はハコ絶好で恵まれた。

6連佛 康浩
初日はバックが凄い向かい風だったけど、今日は軽く追い風。畝木君のスピードを借りて、3着に入る事が出来た。

7小坂 敏之
きちんと付いて行けば、結果は違った。怪我の影響もあるし、踏めていない。

8那須 久幸
明日が本当の勝負の戦い。帰るか、最終日まで走れるかは、大きな違いなので。

9藤木 裕
突き抜けるイメージで踏んだけど、結果はマークの決まり手(笑)。位置を取るにも脚を使ったけど、伸びも足りなかった。
 
  4R S級選抜




1林 慶次郎
同期小川さんが僕を意識していた。柏木さんが突っ張ってくれ、捲り頃。展開が向いたけど、初日のレースは情けない。

2太刀川 一成
柏木さんのおかげですよ。若手相手に、あの走りですから。脚があるのに、桑原君が千切れていた。それが、今日は大きかった。

3濱口 健二
もう少し早く小川君は押さえに行った方が良かったかな。柏木君の突っ張りは誤算だったけど。

4柏木 伸介
イン粘りも考えていたけど、放置プレー。あそこからなら突っ張りますよ。もっと小川君が早く押さえに来て、動きがあるレースの方が良かった。初日の桐山君、成清さんの後ろの方が緊張したし、今日みたいに自分でやる方が気が楽ですよ(笑)。

5小川 丈太
もっと思い切って、行かないとダメ。見ての通りのレースだった。

6近藤 修康
林君の捲りにスイッチしようと思ったけど、その脚がなかった。

7小菅 誠
柏木さんが粘っても捲り頃になる。だから途中で突っ張る気配を感じた。太刀川君と僕が3着に入れたのは全部、柏木さんのおかげ。

9桑原 亮
あれで林君の捲りに離れるとはショック。何か、右脚の感覚が悪いと思っていたけど、それも言い訳ですね。
 
  5R S級選抜




1松坂 英司
今回は肋骨骨折明け。いくら河合君が強くても、かなり車間が空いていたので。

2青井 賢治
小川君とは完全に別。3番手から先捲り? 確かに良い時なら、バックから行っていた。体が沈まないし、人の自転車に乗っている感じ。

3前田 義和
河合君を牽制していたけど、ちょっと車間を空けすぎた。そこが失敗ですね。

5小川 祐司
ホームが昨日と違い向かい風。そこで河合君が来たら厳しかった。前田君が防波堤になったし、展開は良かったですね。

6徳永 哲人
(当日病気欠場)。

7河合 佑弥
気持ちが小さい。初日は、焦って踏みすぎて、今日は大きく遅れてしまった。内容のない2着です。

8亀谷 隆一
河合君は徹底先行だし、この展開は想定出来なかった。9番手だし残念です。

9土井 勲
レースが終わって検車場に戻ってくると「タオル、タオル」と同県の選手にタオルを求める。みんな足を拭くタオルを探しているのかと思ったら、勝利者プレゼントで投げ入れるタオルの事らしく、岡山の選手は大爆笑。これはコントでなく、天然キャラの実話のエピソード。しかも最後に「地元記念だし、少しでも多く!」とも言っていた。
 
  6R S級二予B




1高木 翔
自在の桐山さんが相手でも、あそこは引けない。どかしたと思ったけど、脚があるからどかし切れなかった。内に行ったけど、丁度、みつかってしまった。

2柳谷 崇
吉本君が行ってくれたチャンスを活かし切れなかった。何か、内から来る気配を感じていたけど。

3桐山 敬太郎
1着だけど結果オーライだし、現状はこんな走りしか出来ない。ホームで行こうと思ったけど、丁度、踏まれてしまった。高木君との中団の取り合いも終始遅れていた。

4吉本 哲郎
グラビアポーズで写真を御願いします(笑)。直前まで風は吹いていなかったけど、僕のレースになり、急に風が強くなった。

5山田 幸司
桐山君のトリッキーな動きに対応出来なかった。最後は、自分で捲る感じになったけど脚がなかった。

6松田 治之
たまたまですよ、今日の3着も。89点しかないし、本来は、こんな選手です。

7開坂 秀明
高木君に付いて行けなかった。その後は、桐山君にスイッチ。そこからの動きは良かったけど反省点もある。

8中村 健志
自分が内を空けたのが失敗ですね。そこを高木君が入ってきた。
 
  7R S級二予B




1川崎 健次
菅原のでかいケツを見ていると、抜ける感じがしなくなる(笑)。脚質が真逆だし、2センターでも庇いすぎた。

2蕗澤 鴻太郎
引いて、あの仕掛けは作戦通り。ただ、後ろを連れ込めなかったのは反省。準決で木暮さんと一緒なら、その時は、もっと早めに仕掛けたい。

3久保田 泰弘
蕗沢君をどかすか、それとも先に捲るか全て中途半端だった。清水さんに聞いてみます。

4島野 浩司
3番手だと、やはり誰かに持ってこられる。番手の松永君さえ苦しそうでしたね。

5松永 将
普通に付いて行ければ、2着の展開。牽制もあったけど、自分に脚がなかっただけ。

6坂上 忠克
菅原君が行ってくれた。川崎君も庇っていたし、仕方ない。

7菅原 大也
いつも川崎さんは仕事して残してくれる。1月の小田原でも、こんなレースがあった。有り難いですね。

8中園 和剛
菅原君は2周行く選手ではないから、先に切る必要はない。その辺りは、反省会で、久保田君と話しました。

9網谷 竜次
全部、久保田君の判断。先行でなく、前々の選手のイメージ。好きに走ってもらった結果なので。
 
  8R S級二予B




1石丸 寛之
せっかく才迫君が行ってくれたけど、番手から出て行く脚がなかった。その余裕もなかったですね。

2伊原 弘幸
藤井君の仕掛けに離れなくて良かったけど、2着に入らないと駄目な展開。

3柿澤 大貴
ジャンで8番手になったけど、必ず動きがあると思った。もうワンテンポ早く行っていれば、伊藤さんも楽だと思った思う。3角の山を完全に乗り越えられなかった感じです。

4古川 貴之
自分は地脚だし、あそこからの踏み合いはきつい。

5藤井 栄二
理想は柿沢さんが切った上を行くカマシだった。だけど、あの展開になったので。いつもより、もがく距離が短かったので、そこは楽でした。

6才迫 開
後ろが石丸さんだし、必ず行こうと。だけど掛かり切らず、力不足だった。

7山内 卓也
藤井君が、あそこで行くと思わず、気を抜いていた(笑)。だから、踏み出しは完全に口が空いた。2着権利だし、残念です。

8伊藤 太一
柿沢君だけでも届いて良かった。好きに走ってもらったので。

9阪本 正和
脚を使わず、古川君も中団3番手に入ったからね。あの展開だと、まずは中国勢の動き頼みになる。
 
  9R S級二予A




1佐藤 慎太郎
俺が残したと言うより、岩本君の力で残ってくれた感じ。ブロックは、少し感覚と違ったし、納得いかない。ファンがいないのは残念だけど、画面越しに応援してくれていると思う。

2岩津 裕介
原田君も1回押さえるのに、脚を使ったのかな。俺は4角からコースが空いたけど、あそこは、丁度、コースが空くところ。短い距離で3着まで行ったし、初日より良くなっている。

3山田 久徳
石塚君が不発だったけど、岩本さんが掛かっていた。6着では予選で3着だし駄目でしょう。

4伊藤 大志
山田君の動きに対応出来なかった。このクラスでは、脚が違いますね。

5原田 研太朗
今回から使っている新車が重たすぎる。岩津さんに迷惑をかけるレースだった。

6石塚 輪太郎
巻き返せると思ったけど、岩本さんの走りが違った。残念です。

7井上 昌己
山田君が前々の気持ちで走ってくれた。まずは、2人で勝ち上がれた事が何より。

8山田 庸平
判断や反応は良いけど、そこからの脚ですね。このクラスで勝つ、タテ脚はないですから。

9岩本 俊介
すっきりしたと言うか、久々に納得のいくレースが出来た。苦手な押さえ先行みたいなレースだったので。グランプリレーサーの重みを感じるレースでした。
 
  10R S級二予A




1田中 誠
まずは地元の取鳥君が無理矢理行ってくれたからね。それが一番大きかった。

2新山 響平
後ろがどうなったかは、すぐに分かった。やはり浅井さんが強いですね。何とか5着に残れて良かった。

3浅井 康太
8連勝? これでS級特進に王手です(笑)。取鳥君の捲りを張りながら、前に踏む感じだった。一緒に川口君に踏んで欲しかったけど、目が合ったら、苦しさを訴えていた。もっと庇うのも競輪のひとつだが、1着を取るのがファンに対しての姿勢だと思っている。

4川村 晃司
誰が逃げていたかも分からないし、川口君が番手に嵌まっていたのも分からなかった。

5永澤 剛
新山君は凄いダッシュ。ちょっと対応出来なかった。

6飯田 辰哉
特別競輪の準決ぐらいのメンバー構成。ここを走れるだけでも嬉しかったけど、付いて行く脚はなかった。

7取鳥 雄吾
展開は向いたけど、浅井さんを乗り越える脚はなかった。地元記念だし、凄く悔しい。

8川口 聖二
今日は全部、力を出し切った。新山君の後ろになったし、吸い込まれるかと思ったけど、全然違った。

9東口 善朋
厳しい展開を克服して2着まで届いている。悪くはないですね。
 
  11R S級二予A




1吉田 敏洋
あれは抜かないと駄目だね。ちょっと、郡司君を意識しすぎてしまった。

2池田 憲昭
真後ろから皿屋君が捲ってきたので対応出来なかった。

3小林 大介
6着ですね。準決に行けるかは最終レース次第。祈ります!

4島川 将貴
逆に言うと、俺のダッシュが良いから、皿屋さんが3番手スッポリになりましたね。力は出し切れた。

5郡司 浩平
全部「あっ」、「あっ」と思うようなレースになってしまった。瞬時の判断が悪く、1番人気を演出出来ず、すみません。

6隅田 洋介
何にもやっていない。確かに地元20割増しですが。中学まで岡山にいて、その後はアイスホッケーをやりたく、駒大苫小牧に行った。ひとつ下に田中マー君がいるけど、向こうは知らないはず。法政に行き、日光アイスバックスに行ったけど、ホッケーでは食えないから、競輪選手を目指した。

7皿屋 豊
一番嫌な展開は、隅田君との先行争い。そうなると郡司君の捲り頃になるので。ビッグレースで1着を取れる選手になれるとは思っていなかった。僕は市役所勤めをやっていたオールドルーキーの公務員だったので。

8新田 康仁
いつもの郡司君ではなかったね。とりあえず、5着に入れて良かった。

9北野 武史
油断でもないけど、きちんと付いて行けなかった。慎太郎の脚が欲しいよ
(笑)。
 
  12R S級二予A




1清水 裕友
内を掬われたり、畑段さんにインを切られたりと、失敗レース。それでも木暮さんの強烈ブロックを乗り越える事が出来た。脚は良いけど、修正点はありますね。

2黒沢 征治
何とか5着までに残れれば、良かったですが…。清水君が強かったですね。

3澤田 義和
一旦、畑段が前に出てくれたけど、厳しい展開になってしまった。

5柏野 智典
一旦、マークを外したけど、最後は地元記念の意地。それで、3着に突っ込む事が出来た。

7木暮 安由
あれぐらいのブロックでは、清水君は止まらない。分かってはいたけど…。最後も、何とか黒沢君を残したかったけど、本当申し訳ない。同じ6着の大介さんを手助けしてしまった(笑)。

8畑段 嵐士
今日は清水君より前にいようと。それで、一旦切り、関東勢を待った。

9内藤 宣彦
5着ですよね、最後は良く突っ込めたと思う。


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日勝因敗因
  1R S級一予選




1井上 昌己
あの展開なら逆に上田君が捲ってしまうと思ったけどね。踏んでから止まってしまった感じ。自分で踏み込んでからは頭まで行ったし、脚の感じは良いですね。ここでは、負けられないと思っていた。

2川村 晃司
あのタイミングしかなかった。そこはドンピシャ。だけど、バックの向かい風がきつかった。

3金成 和幸
同じ負けにしても、自分でやったし、そこは納得出来るので。

4小坂 敏之
点数を落とすと、気持ちの余裕もなくなる。隅田君がトリッキーなイメージないし、付いて行けなかった。

5阪本 正和
ちょっと残念な結果ですね。井上君は突き抜けたけど、上手く付いて行けなかった。

7上田 尭弥
昌己さんが後ろなのに、下手なレースをやってしまった。隅田さんの動きに翻弄された。バックも川村さんが掛かっていて捲れなかった。

8隅田 洋介
今日は落ちても良いと思い走った。気持ちは入っていたけど、出し切れたかは…。あんまり、こんなレースはやった事がないけど、僕はアイスホッケー出身なので、本来は、ぶつかり合いが得意なのかも(笑)。

9伊原 弘幸
川村さんが頑張ってくれたのに、情けないレース。隅田君が今日は上手かった。
  2R S級一予選




1内藤 宣彦
もう一杯、一杯のところで踏みとどまっている感じ。いつになっても渋太い? まだまだローンが残っているからね。支払いが大変なんですよ(笑)。今回、イー新聞の特設サイトはやっているの。それなら、全て、女房のおかげだし、感謝していると書いておいて(笑顔)。

2林 慶次郎
あそこで叩かれては駄目ですね。力を出し切れず、終わってしまった。亮馬さんに申し訳ない。

3畑段 嵐士
今日は自分と同じキャラの選手が不在。だから、位置は簡単に取れるし、気持ちの余裕もあった。踏んでからは、きつかったけど、東口さんとワンツーが決まり良かった。

4才迫 開
何にもやっていないし、自分だけ勝ち上がった感じですね。

5開坂 秀明
何とか5着に入る事が出来た。菅田君が行ってくれたからね。

6連佛 康浩
勝負どころで、ハウスして、チューチュー音がした。地元記念と言っても脚がないので。

7東口 善朋
畑段君が前々と攻めてくれたし、自分の脚も悪くない。亮馬君が飛び付いてくる感じだったけど、そこは見えていた。二次予選BでなくAは大きい。自力選手ならBの方が良いケースもあるが、追い込み選手はAの方が良いので。

8菅田 和宏
一応、林君を叩けたし、そこは収獲。次に繋がるレースになった。

9坂本 亮馬
今日みたいな展開だと克服出来ない。一般の人の方が、激しい運動をしているので(笑)。膝の故障もあるから、本格的な練習が出来ない。
 
  3R S級一予選




1大瀬戸潤一郎
せっかく工藤君がカマシてくれたのに、止める事が出来なかった。申し訳ないですね。

2松永 将
もっと脚があれば、違う方法もあったはず。勝ち上がれたのは、小林君のおかげ。

3山田 庸平
行くラインに乗って行き、そこから自分で捲る作戦。今日に関して言えば、全て上手く行った。ただ、フレームが柔らかすぎるので、そこは問題のひとつ。まだ新車だし、セッティングで何とかしたい。

4中園 和剛
遠慮しなければ、田中君を抜けたかな(笑)。内だけ締めて、付いて行っただけ。

5工藤 文彦
風も強く、カマシに行ったけど、きつかった。バックが、かなりの向かい風だったし、簡単に行かれてしまった。

6女屋 文伸
5着では最初からダメだと思っていた。俺より点数がないのが緑川君しかいないので。その緑川君がもう走り追えていた。

7濱口 健二
工藤君のダッシュは半端ではない。付いて行けず、申し訳ない。

8小林 申太
レースに参加出来なかった。1回、押さえて、それで終わってしまった。

9田中 誠
ギックリ腰の影響はもうない感じ。中園さんが離れていないか心配していたら、最後はかなり詰められた(笑)。山田君が今日は完璧でしたね。
 
  4R S級一予選




1蕗澤 鴻太郎
見ての通りのレースです。行くタイミングが遅すぎた。坂本さんも脚があるし、大槻さんのブロックも強烈だった。繰り上がって5着で良いけど、内容が全くダメですね。

2片岡 迪之
今日が一番の勝負だし、情けない。ただ、後ろの2人が勝ち上がってくれただけでも。

3坂本 貴史
蕗沢君が来たら出させたし、ジャンでも来ないから突っ張った。あそこからなら大槻さんの仕事もあるから、最低でも5着に残れるので。

4小沼 良
後ろで見ていて、危ないと思っていました。杉本君はファイターなので。今日は落ちなくて良かった感じです。

5大槻 寛徳
(妨害して1着失格)。

6中村 健志
二次予選に行けるだけで大満足ですよ。笑顔の写真、御願いします。

7飯田 辰哉
う~ん、大槻君はちょっと不運だったね。戻ってきたところを、杉本君が入ってきた感じなので。

8石丸 寛之
バックで大渋滞していたから、嫌な予感はあった。もし、小沼さんが落車していたら、このチャンスは生まれなかった。腹をくくって、外を踏んだけど、意外と伸びましたね。

9杉本 正隆
(落車し棄権)。
 
  5R S級一予選




1桑原 亮
ラインで共倒れで7~9着。調子は良かっただけに残念です。

2山田 久徳
反省しないとダメなレース。自分の技量不足だし、すみません。

3永澤 剛
俺も行かないとダメだと思っていたら、先に伊藤さんが捲っていた(笑)。だれが内からだと思ったら、味方の伊藤さんだった。番手だから、早めには切替られないので。

4金ヶ江 勇気
番手に嵌まった時はラッキーだと思ったけど、やはり山田さんは追い上げてきますよね。

5伊藤 大志
競輪は分からないもんですね。今回は室内練習の数値が全く悪かった。不調と思っていたのに、自分で捲って1着ですから(笑)。

6上吹越 俊一
2センターから自分で踏み込んだけど、全然伸びなかった。

7藤井 栄二
今回は師匠の中村一将さんと一緒。だから、普段以上に気持ちは入っている。何とか残れて良かった。

9高木 翔
ホームで行けば決まっていたかも。そこで、煽りがあり見てしまった。何故、行かないと永沢さんに言われました。
 
  6R S級一予選




1島川 将貴
結構、叩くのに脚を使ったけど、柏野さんとワンツーが決まり良かった。一番良い時に比べて、かなり落ちていたし、もっと高めていきたい。

2松坂 英司
怪我明けで、まだ万全ではないですね。今日は島川君が強かった。

3古川 貴之
何とか5着に届いた感じです。前がかなり遠かったですね。

4菅原 大也
叩かれて中団になったけど、車間が大きく空きすぎた。島川君との脚の差ですね。

5柳谷 崇
最高の展開になりました。前の2人がしっかりしているから、3着に入れただけ。

6那須 久幸
20車身ぐらい離れていたし、途中で嘘だろ!と思いましたよ(笑)。

7柏野 智典
地元記念と言う事で、そのプラスアルファーがありましたね。そこは、無観客でも関係ない。ベストと言える状態でもないし、本当、島川君のおかげです。

9太刀川 一成
前が強かったたし、ちょっと遠かった。菅原君も逃げの組み立てだし仕方ない。
 
  7R S級一予選




1澤田 義和
調子が良いと自然と展開が向きますね。先行争いで、絶好の捲り頃。やはり一次予選では、石塚君の能力が違った。

2吉永 好宏
上手く、地元の藤原君と呼吸が合わなかった。相手が強かったけど、自分も技量不足。

3河合 佑弥
結果的に石塚さんのレースにしてしまった。自分で突っ張った結果だし納得。確かに前回の事があるから、石塚さんを気にしすぎたかも。

4藤原 浩
あそこで河合君が突っ張ったのが誤算。あれ以上、藤原俊君も早く行けないだろうし。

5石塚 輪太郎
自分の中では1コーナーの手前ぐらいから行ったつもり。落ち着いて走ったのが良かったですね。沢田さんなら脚があるから抜かれても仕方ない。

6松田 治之
俺がコメントする必要はないですよ(笑)。千切れての3着だし、前の2人にありがとう!と言うだけ。

7伊藤 太一
石塚君が捲って来た時の音が全然違った。捲り頃になったけど、柿沢君と2人で勝ち上がれたので。

8藤原 俊太郎
僕なら河合さんも出してくれると思った。まだ赤板前だったので。踏み合いになったし仕方ないですね。

9柿澤 大貴
一旦、追い上げたりして、無駄脚を使ってしまった。だけど、突っ張ってくれた河合君の気持ちが嬉しい。
 
  8R S級一予選




1桐山 敬太郎
小川君が離れていたから遠すぎた? そんなの関係ない。全く、レースにならず成清さんと柏木さんに申し訳ない。

2皿屋 豊
小川君が切ってくれ、桐山君が7番手。一番良い展開になりましたね。あんなに後ろが離れているのは分からなかった。今日は最高のレースが出来たと思う。

3網谷 竜次
あのままだと桐山さんに行かれて被ってしまう。それで小川さんには悪いがバックから自分で踏み込んだ。

4小川 祐司
切るのに脚を使った。それで中団に入ったけど、前と全然追い着かなかった。

5成清 貴之
桐さんの後ろで負けたのなら仕方ないよ。今までの貢献が大きいので。

7北野 武史
マーク屋の2着は1着と同じ。同期の慎太郎に、パワハラで皿屋を行かせたんだろうと言われてしまった(笑)。

9島野 浩司
バックで後ろが千切れていたのは分からなかった。いつ、自分自身も千切れるか分からなかった。脚が整わないまま終わったけど、良い展開でしたね。
 
  9R S級一予選




1取鳥 雄吾
タテ脚ある池田さんだし、最初から差されると思っていた。バックから、たれてきたし、よく残ったと思う。ファンがいないのは残念だけど、決勝まで行くつもりで走りたい。

2大塚 英伸
取鳥君を止められるスピードではなかった。矢口君が先行態勢に入ったけど、ホームで行かれてしまった。

3濱口 高彰
このバンクコンディションは凄すぎるね。9番手だけど、前の方にいても千切れていたよ(笑)。

4猪俣 康一
前々の走りが出来なかった。7番手のままで、すみません。

5池田 憲昭
俺が悪いんじゃないよ。後ろの原君が空気を読まずに、先に踏んできたから(笑)。地元の取鳥君が頑張っているし、2着でも良いと思っていたのが本音。

6矢口 大樹
練習も不足しているし、取鳥君を併せる脚がなかった。こんな感じで我慢するしかない。

7原 誠宏
内だけは、来られない様に注意した。3連単の1番人気だし、責任は果たせた。

8上田 隼
全部、猪俣さんのタイミングに任せていたし、仕方ないですね。

9山田 幸司
自分で先に踏んでみたけど、思ったより伸びなかった。取鳥君の先行だし、その後ろでは厳しいですね。
 
  10R S級一予選




2久保田 泰弘
本当は番手まで行きたかったけど、中途半端になってしまった。風のあるところを入って行ったので、きつかった。

3黒沢 征治
ラインの4人で決まるかと思ったけど、亀谷さんはダメでしたか。そこまで意識して走ったつもりですが。風は強かったけど、今日に関しては、良い走りが出来たと思う。

4中村 一将
何で、栃木の小坂敏之さんと仲が良いかって? 性格も違うし戦法や年令も違う。頭脳明晰で頭はSSだから、俺に合わせてくれるからだと思いますよ(笑)。

5川崎 健次
黒沢君が良い走りをやってくれた。内から誰か来そうだし、そこは気をつけていた。

6亀谷 隆一
4番手は、どうしてもきつい。風がエックスで今日は来たからね。

8吉本 哲郎
9番手になったから、行けるところまで行こうと。あの久保田君のトリッキーな動きには付いて行けない。

9小林 大介
黒沢君が強いから差せるんですよ。何にもやらず済んだので。捲りだってそう。もこもこ捲りを差すのは難しいし、快速捲りの方が差せる。記念は初日で失敗すると本当に痛い。だから、今日は凄く嬉しいですよ。
 
  11R S級一予選




1岩本 俊介
気持ちが弱くなっていて、自分の脚を信じられなくなっている。だから突っ張り切れず、悪い流れにしてしまった。最近、内に詰まるのが多く、それがこの要因。詰まってからの走りは悪くないけど、あれではラインが死んでしまう。

2山内 卓也
いくつか作戦はあったけど、岩本君を内に封じ込めるのひとつだった。だけど、青井君が内を空けてしまい、それが痛かった。

3小川 丈太
内、外、どんな感じで来られたか分からなかった。川口さんは外からだし、岩本さんは内からだったので。

5川口 聖二
小川君は岩本さんを見ているのでなく、俺を意識していた。あんなに踏まれては、叩きに行けない。それで、ツケマイ気味に外で我慢していた。

6近藤 修康
本当は、きっちり内を締めていないと。そうすれば結果は違ったかも。

7新田 康仁
2車単で僕が見た時は2倍を切っていた。あれは付いていけないね。3着だし最低限の走り。

8坂上 忠克
何気に5着に入り、勝ち上がる事が出来た。今の成績を考えると、大きいですよ。

9青井 賢治
余裕がないな。外を気にしていたら、自力選手の岩本君が内から来て。どう言うレースか分からなかったし、ビデオで確認します。
 
  12R S級初特選




1佐藤 慎太郎
浅井君が強かったね。新山君の先行を前提にしていたし、今日の展開では突っ込み切れない。

2清水 裕友
回しながら流している時に郡司さんが来てしまった。あのタイミングでは来ないと思ったし、見えてから踏み直したがダメだった。

3郡司 浩平
8番手になったし行くしかないでしょう。途中で入る事も出来たけど、そこは休む場所ではない。最後は一杯になったけど清水君の先行を捲れたのは収獲ですね。

4新山 響平
このメンバーで捲るのは厳しいですね。明日は自分の形に持ち込みたい。

5浅井 康太
これで7連勝? いつか止まるし、それは意識していないよ(笑)。あとは、クールダウンに行くので、また、その後で。

6木暮 安由
あそこから行くと思わず、踏み出しは離れそうになった。郡司君の走りが分かったし、敵として走った時に役に立つ。

7原田 研太朗
メッチャ、怖かった。慎太郎さんのコースに、一緒に付いて行こうか考えたけど、危なすぎるので。

8岩津 裕介
踏んで出させてでなく、今日は清水君が先行の組み立てだったね。もう少し遅めの仕掛けなら、郡司君が飛んできて3番手確保。それが本来の彼のスタイルだけど、俺が地元で気を遣ってくれたのでしょう。

9吉田 敏洋
今日は勉強になりましたよ。このメンバーでも落ち着いて堂々と、浅井君は走っていた。俺なら、もっと焦っていたよ(笑)。

ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
初日インタビュー
  1R



井上昌己
Gの付くレースの1レース1番車は、20代の時以来。忘れてしまったが、どこかの特別競輪だった。おじさんの俺でなく良かったのに(笑)。九州で上田君の番手へ。

川村晃司
玉野は過去5年で10勝しているから走りやすいバンク。若手のやり合いに期待したいですね。自力勝負。

金成和幸
弟子の伊藤奎が前橋ミッドのチャレンジで優勝。レースが小さいから、思い切って行けと言ったのが良かったのかも。頑張ると言われたけど、緑川君に付けても。以前、付けた事もあるけど、権利を考えて自分でやる。

小坂敏之
いきなり今年は失格から始まったので流れが悪いね。ここは徹底先行の隅田君を信頼する。

阪本正和
最高の3番手ですよ。昌己の後ろなら、実質、番手と一緒。九州で結束です。

緑川修平
単騎になっても自力勝負。レースが下手だから位置は取れないけど、ラッキーパンチを狙って。

上田尭弥
玉野を走るのは初めて。後ろが昌己さんだし緊張する。ただ、自分も勝ち上がれる様に仕掛けたい。

隅田洋介
実は岡山出身なので、地元戦。アイスホッケーをやる為に、栃木に行っただけ。積極的に攻める。

伊原弘幸
川村さんの番手へ。1着も取れているので、感じは悪くない。月末の福井ウイナーズカップは、普通の状態で走れる様になれば良いですね。
  2R



内藤宣彦
他のレースのメンバーと並びを見てみるよ。まあ、どこも一緒か。感じは良くなっているので菅田君を信頼する。

林慶次郎
玉野は初めて。亮馬さんとの連係も初めて。普段どおり、積極的なレースをやりたい。

畑段嵐士
奈良記念のブロック7で優勝。無観客レースを経験したので、違和感はない。自力、自在に。

才迫開
昨年の記念は確か補充で走った。波が大きいのが自分の欠点。自力勝負ですね。

開坂秀明
地べたは乗れる様になったけど、面倒なので、室内練習のみ(笑)。北日本ラインの3番手です。

連仏康浩
地元記念と言っても、90点しかないからね(笑)。中国ラインで才迫君を信頼する。

東口善朋
今は地元で行われる高松宮記念杯に向けて仕上げている最中。それが一番の目標ですね。近畿で畑段君へ。

菅田和宏
林君が徹底先行ですね。ダッシュ力を活かした自力勝負です。

坂本亮馬
初連係の林君へ。ダメな展開の時はダメなまま。ただ、それなりの展開になれば大丈夫と言う感じ。まあ、1年半ぐらい、まともに練習をやっていないからね。普通の人の一ヶ月分だよ(笑)。きちんと練習をする様になった時、また自力を出したい。
  3R



大瀬戸潤一郎
地元の工藤君を盛り立てたい。内に行く度胸がないから、つい外を踏んでしまう。内に行くと、必ず、車輪が壊れる感じです。

松永将
同県の小林君を信頼する。前々に攻めてもらうだけ。

山田庸平
普通以上に練習はやっているけど、結果が伴わない。戦法が戦法だし、仕方ない面もあるけど。

中園和剛
もちろん、九州ラインの3番手。山田君なら、位置を取ってくれますから。

工藤文彦
4日間、自力のコメントで御願いします。ただ、最終日を走れない可能性もありますが(笑)。お客さんがいないのは淋しいけど、僕の戦法だとどうしても怒られる。捲り不発か、勝った時でも後ろを連れてこないので。まあ、これはスプリンターの宿命ですが。

女屋文伸
茨城コンビの後ろですね。来期はA級だし、最後のS級にならない様に。

浜口健二
前期はS級の点数を取れなかったけど、今期は取りたいですね。中国コンビの後ろへ。

小林申太
自力、自在の総力戦。タテ、ヨコ、斜めと何でもやりたい。

田中誠
地元の久留米で落車したけど、走る以上は大丈夫。九州ラインで山田君の番手へ。
  4R



蕗沢鴻太郎
1番車を貰えたのは大きいですね。ラインで決まる自力勝負。

片岡迪之
昨年の記念は初日に失敗している。だから、今年は、初日が一番肝心になる。自力勝負です。

坂本貴史
成績は悪いけど、前回にしても調子は良かった。後ろも大槻さんだし、仕掛けやすいですね。自力勝負。

小沼良
関東ラインの3番手。奈良記念が追加だったので、今回は中2日。補充職人の時期もあったし、それは問題ない(笑)。

大槻寛徳
坂本君の番手へ。人気になるし、きっちり決めたいですね。僕が付くと、いつも以上に早く行ってくれる。

中村健志
地元コンビに食らいついて。番手が地元のスター、石丸さんだからね。

飯田辰哉
3番手を回れる北日本ラインへ。番手が大槻君と言うのも大きいね。

石丸寛之
片岡君の番手へ。やれる練習は全てやってきた。静岡記念の前に軽い肉離れをやったが、それは完治した。

杉本正隆
蕗沢君の番手へ。怪我明けだし、そこまで強気な材料はない。
  5R



桑原亮
金ヶ江君の番手は初めて。点数も上がってきたし、感じは良いですよ。

山田久徳
静岡記念は準決で失敗したけど、それ以外は良い走りが出来たと思う。藤井君をアシストしたい。

永沢剛
北ラインで高木君の番手へ。4場所前の伊東記念の予選で連係。その時、彼は9着で、僕は2着だった。

金ヶ江勇気
藤井さんとイケメン対決です(笑)。顔は負けるけど、脚では負けない様に。先行で勝負したい。

伊藤大志
北日本ラインの3番手。地べたは乗れるけど、寒いから乗らない(笑)。これは毎年のルーティンだから、関係ない。

上吹越俊一
九州ラインの3番手。自力を捨てた訳ではないけど、並べる時は並ぶ様にしている。

藤井英二
自分のレースは出来ていると思う。山田さんは自力もある先輩。その辺りも踏まえて。

中井護
近畿ラインの3番手。とにかく離れて迷惑をかけない様に。

高木翔
最初から捲りに構えず、緩めば、すぐに行くつもりで。自力勝負。
  6R



島川将貴
一番良い時に比べて、かなり落ちている。だから今回は外を乗り込んできた。自力勝負。

松坂英司
神奈川同士の菅原君へ。復帰戦だし、1走してみてから。

古川貴之
誕生日だし1着を取りたいですね。九州で前田君へ。

菅原大也
玉野はA級の時から何度も走っている。やはり、S級は厳しいです。自力で頑張る。

柳谷崇
中四国の3番手。もちろん、地元記念だし気持ちは入っていますよ。

那須久幸
九州の3番手を固める。大きな数字ばかりだし、頑張らないと。

柏野智典
島川君とは相性が良く7、8割の確率で決まっている。ただ、自分の出来がまだ5割ぐらい。そこが不安だけど、地元記念なので。

前田義和
やっとS級のレースに慣れてきた。絶好調ですよ。自力で穴を出せる様に。

太刀川一成
神奈川コンビの後ろへ。ちょっと、地元番組だけど、頑張りたい。
  7R



沢田義和
絶好調? 確かに自分でもビックリするぐらい伸びている。今年はF1で2回優勝しているので。石塚君の番手へ。

吉永好宏
地元の藤原君を信頼する。勝つ走りをやってくれれば十分ですよ。

河合佑弥
先行で持ち味を発揮。前回の静岡記念のブロック7で石塚さんにやられている。すぐにリベンジの場がやってきて、そこは嬉しい。

藤原浩
怪我が続いているけど、大きな怪我ではないので。中国コンビの後ろです。

石塚輪太郎
もちろん、同タイプになるので河合君の事は意識しています。自分のレースをやり結果を出したい。

松田治之
場違いだけど、頑張らないといけない位置ですね。本線の3番手だし近畿で結束。

伊藤太一
柿沢君なら脚があるから、きちんと仕事をしてくれる。関東3番手で内を締めながら。

藤原俊太郎
初の地元記念。どこまでやれるか楽しみです。自力で一発狙いたい。

柿沢大貴
菊池君は長野から出たスーパールーキー。早く一緒に走りたいですよ。ここは河合君の番手へ。
  8R



桐山敬太郎
普段どおり、ノープランで走り自力自在戦。成績がまとまらないし、もどかしいけど、こんな時期もあると割り切っている。それでも、前回の立川は全部自分でやって決勝3着。何かのキッカケに期待。

皿屋豊
新人訓練があったけど、こんなご時世だから中止になった。その分、余計に練習も出来た。自力勝負。

網谷竜次
先輩の小川さんへ。自分のタイミングを大切にする選手だから、好きに走ってもらうだけ。

小川祐司
メンバーは濃いけど、自分のレースをやりたい。自力勝負。

成清貴之
今回は前泊でなく、前前泊で、岡山で飲んでいた。桐さんの番手なら文句なし。自分でプランを考えてくれるから本当に助かる。

徳永哲人
四国コンビの後ろへ。これでも自分なりに良くなっている。

北野武史
富山は雪が降らず、今年は一度も雪かきをやらなかった。南極も温暖化だし、この世の中、どうなっているんでしょうね。皿屋君の番手へ。

柏木伸介
俺が一番前だと、半周も持たない(笑)。逆に2段駆けにも、ならないよ。南関の3番手。

島野浩司
豊橋の全日本選抜は盛り上がったので良かった。豊橋独自の色が出ていましたね。中部の3番手。
  9R



取鳥雄吾
昨年の記念は一次予選で飛んだ。その後は、3連勝だったと思う。その前は、準優勝もあったけど、今年はそれ以上を目指して。ツイッターの写真ですか。あれは俺の子供でなく、弟の子供。本当、かわいいし癒されます。実は結婚もしていないし、彼女も募集中。同期新山君は4月に式を挙げるし、吉田拓矢君も結婚する。俺だけ、こんな感じ(笑)。

大塚英伸
矢口君の番手へ。最近は4着ばかり。最低でも確定板に載りたいね。

浜口高彰
今回は新幹線でなく、車で来た。こんなご時世なので。2人の時は頑張ってくれるし、上田君の後ろで構わない。

猪俣康一
玉野の成績は悪くないけど、成績が落ちている。今回は師匠でもある卓ちゃんと一緒だし楽しみ。自力勝負。

池田憲昭
奈良記念に続いて、今回もファンの声が聞こえない。ファンの声援が走る力になるし残念。地元の取鳥君の番手へ。

矢口大樹
ヘルニアが出てから、ずっと練習出来ていない。だから、こんな成績で。
自力勝負。

原誠宏
宇高連絡船が廃止になり、高松から不便になった。ここは中四国ラインの3番手です。

上田隼
浜口先輩が番手を譲ってくれた。猪俣さんの番手です。

山田幸司
南関ラインの3番手を固める。準決が壁になっているけど、悪くはない。
  10R



藤木裕
奈良の時に目眩が酷く、メニエル病みたいな症状が出て入院。それから、練習量は落ちている。自力勝負。

久保田泰弘
狙ってのイン粘りではないけど、自然と、そんなレースが多くなっている。本当、S級は走っていて楽しい。自力勝負。

黒沢征治
気持ちが弱いし、それがレースに出ている。それがあるから、成績がアップしない。玉野を走るのは初めて。先行で持ち味を発揮。

中村一将
藤木君の番手は何度もある。追加だけど問題ない。好きに走ってもらうだけ。

川崎健次
まずは3番手を回れる関東ラインの後ろから。かなり玉野は走っていないし、懐かしさを感じる。風光明媚だから、本当、良いところですね。

亀谷隆一
初手は川崎さんの後ろから。4番手になるので、切替もある。

前田拓也
中村君には、幾度となく世話になっているので。近畿の3番手を固める。

吉本哲郎
地元の誰かを引っ張ろうと思ったけど、そんな番組ではなかった。久保田君の番手へ。

小林大介
黒沢君の番手は初めて。この後の福井のウイナーズカップも走れる。最近は、良い感じで伸びている。
  11R



岩本俊介
自力勝負。ファンは直接レースを見られないけど、画面上でも伝わるレースをやりたいですね。今回は前泊でなく、飛行機で当日移動。

山内卓也
川口君の番手へ。段々と良くなっている実感はある。このパーカー、着やすくて良いですね。

小川丈太
中8日だし普通に練習をやってきた。普段は街道でなく、ほぼバンク練習。自力で。

小菅誠
岩本君は凄いダッシュだし、離れない様に。南関の3番手。

川口聖二
誘導の早期追い抜きで斡旋が停まっている間はハードに練習が出来た。積極的に攻める。

近藤修康
地元記念と言っても気負う立場でもないので。徳島コンビの後ろへ。

新田康仁
前回の高橋晋也君の番手もそうだけど、岩本君の番手は痺れる位置。踏み出しが強烈で、しかもそこから伸びて行く。加速が凄いし離れない様に。

坂上忠克
自己ベストぐらい、点数を落としてしまった。やはり年には勝てない。中部の3番手。

青井賢治
前回のいわき平は、あまりにも悪くて途中欠場。怪我の影響が残っていた。同県の小川君の番手へ。


 
  12R



佐藤慎太郎
このパーカーはイー新聞&チャリロト&ゲームで有名なMIXIのコラボなの。それなら、普段以上に着てPRしないと。玉野記念は17年か18年ぐらい前に優勝している。まだ、俺がイケメンだった頃(笑)。新山君の番手へ。

清水裕友
静岡記念は胃腸炎で1本欠場。みんなに言われるけど、SSだからとか、タイトルを取ったとかは全く意識していない。ありふれた、清水のままですよ(笑)。今度、慎太郎さんのところに合宿に行く約束をしました。沖縄で一緒に練習をやるのが楽しみですね。前で自力勝負。

郡司浩平
静岡記念は言い訳出来ないし、申し訳ない。ファンの気持ちは重々分かっている。浅井さんのスピードが違ったけど、雄太君を庇いたかった。全体のスパーンもあるし、ひとつずつのレースを評価されるから、そこが本当に難しい。自力で。

新山響平
玉野は1回走って3連勝。だから連対率百%です。それにしても、凄いメンバーですね。2車でも積極的に。

浅井康太
完全復活? いや、普通ですよ、普通(笑)。吉田さんは、でき物があるし、俺が前と言いました。もう完治しているみたいですし、これはジョーダンです。自力で。

木暮安由
郡司君の番手へ。もちろん、初連係。ミドリ虫だけど、チャンスのある位置。

原田研太朗
自分が一番前だと7番手になってしまう。後ろが清水君だし、それは出来なかった。岩津さんも地元だし、中国勢の間には入れない。選択肢としては3番手か単騎だった。新車を試してみるが、3番手で頑張りたい。

岩津裕介
地元記念でファンがいないのは残念。走り始めれば関係ないけど、声援が車を押してくれるからね。一応、地元記念は3回優勝している。これも、先行選手が頑張ってくれたから。清水君と原田君で話して、この並びになった。

吉田敏洋
浅井君も自分でやりたい感じだったので。どうしますか? と言われたら、俺が前でも良いと思っていた。中部は駒不足だし、こんなメンバー相手に自力を出せれば自信にもなるからね。

ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
コンビニのコピー機で玉野競輪の出走表が無料プリントできる!
コンビニで玉野競輪の出走表が無料でプリントできます!!


全国のローソン、ファミリーマート、セブンイレブンのマルチコピー機から
玉野競輪の出走表が無料でプリントできます!!

開催初日分は前検日17:30頃から、初日以降分は当日2:00頃から
プリント可能になります。

ぜひ、ご利用下さい!!

操作方法はこちらから
https://www.e-shinbun.net/cp/keirin61





ページトップへ 
   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。
 
令和2年3月7日
コンドル紙を作っても発売する熊本本場、そしてサテライト・久留米・小倉競輪場は車券の発売禁止では悔しいですけど玉野記念は作る事を断念、イー新聞だけでは採算が合わず、従業員は休ませて自宅待機状態。正直言ってコロナウィルスのお蔭で干上がってます。一応12日初日の松山記念からはファンを入れるとJKAは発表してますが、更に深刻な状態では無観客は延長されそうな予感が、困ったものです。
早くお客さんを入れて欲しいが切実な願い。ファン一人一人が気を付ければ何とか成るんじゃないかと思いますが。現状、外出もまゝならず、日本の経済はストップ、私達みたいな職を奪われる人で溢れ返るのでは。首相は簡単に何でも発表しますが、その裏では泣いてる人も数知れないと言う事はきっと解ってないでしょうね。
小倉ミッドナイトは7日が最終日。9日初日の久留米FⅠ(戸上守杯)は無観客でもネットそして施行に頼まれてるので3日間何時も以上の物を作ります。


 
ページトップへ
   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

九年前の玉野競輪開設六十周年記念

九年前の大地震の日、埼玉県川口市内の社屋で、「玉野競輪六十周年記念競輪」の新聞作成をしていたのを忘れないでいる。まぼろしとなった節目の六十周年に出場した主力選手の名前は憶えていないが、その前後、五十九周年を優勝したのも六十一周年を制覇したのも地元の岩津裕介であった。
明日からはじまる玉野記念六十九周年の初日特選競走の八番車にその岩津の名前はある。他にはミスター安定感の佐藤慎太郎、タイトルホルダーとして準地元に凱旋となった清水裕友、今や競走得点120点ごえの郡司浩平らS班選手が単枠に名前を連ね、五番車には「S班同等」の浅井康太も居る。浅井マークは九番車の吉田敏洋。この中部二人はケース・バイ・ケースで連携の前後を変えてくる。何年前だろう。「浅井の後ろの吉田」を意地になって半年間ぐらい買いつづけたことがあるが、車券の収支は芳しくなかった。
忘れたころに出るかもしれないから、裏目の九-五はすこし買っておかなきゃ。


ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925




ページトップへ
   
二宮歩美が競輪基礎知識をわかりやすく解説!vol.2
二宮歩美が競輪基礎知識をわかりやすく解説!
競輪選手、バンク、ラインなど必要な基本知識を丁寧に説明。 追い抜きなどレース中の動きも簡潔に紹介!

競輪ビギナーの方にも優しい内容になっています!(競輪講師:二宮歩美)

 
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2020年3月5日(木)・6日(金)・7日(土)・8日(日)

■開催場所
玉野競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

いわき平競輪ニュース

福ちゃん

競輪毎日

北競

競輪専門誌ホープ

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ