eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
出走表(無料)コンビニ配信開始
とん豚テジ

西日本カップ 桃太郎杯争奪戦(FⅠ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
セブン-イレブンで競輪新聞・無料出走表が取り出せるようになりました!
 
   eプリントサービスの対象店舗にセブン-イレブンが加わりました!



競輪専門紙、競輪出走表をコンビニのマルチコピー機で取り出せるサービス、「eプリントサービス」

これまで、全国のファミリーマート・ローソンでご利用可能なサービスでしたが、2019年3月1日より
新たに全国セブン-イレブンでも提供を開始しました。

今回の店舗拡充により、利用可能な店舗が全国で約53,000店舗にまで拡大します。

 

・・・約21,000店舗
・・・約17,500店舗
・・・約13,500店舗
 

より身近にますます便利になったeプリントサービスを是非この機会にご利用ください!

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
ニコ生e-SHINBUNチャンネル放送予定!!(2019年7月1日~3日 10:00~17:30)
7月1日~3日 10:00~17:30
  玉野「西日本カップ『第44回桃太郎杯争奪戦』」

 
 連日 10:00~17:30 7時間半の生放送!!
  http://ch.nicovideo.jp/eshinbun

 
放送概要

e-SHINBUNがお届けする競輪予想バラエティ番組!
玉野競輪 西日本カップ「第44回桃太郎杯争奪戦」 e-SHINBUNチャンネル。
都内某所の特設スタジオから今夜もわいわいお騒がせ生放送です!
皆さん一緒に楽しみましょう~♪


放送統括        
町田洋一
 
出演者
※出演者は日によって変更になる場合がございますのでご了承ください
町田洋一 二宮歩美 加藤慎平 及川奈央

【協力】チャリロト https://www.chariloto.com/
【開催施行者】玉野競輪 http://www.cco.ne.jp/keirin/
 
ページトップへ
 

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
山内卓也
川村晃司
池田勇人
 
猪俣康一
小野俊之
 

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
S級決勝インタビュー


1新山 響平
 準決みたいな感じで行ければ決勝も大丈夫だと思う。後ろが他地区でもしっかり自力を出したい。

2南  修二
 新山君に付くって選択肢はない。沢田さんと決まるように精一杯頑張る。

3小川 勇介
 準決で世話になった松岡君一本。相手が相手だし色んな作戦を考えておきたい。

4大崎飛雄馬
 今回の直君なら良い勝負が出来るんじゃないかな。決勝ももちろんお任せ。同期の南君が暴れそうで怖いね(笑)。

5志智 俊夫
 南君が自分でやるなら新山君に行かせてもらいます。印象ですか? 普通に強いイメージ。どんな競走でも構いませんよ。

6松岡 孝高
 このメンバーでどれだけやれるか楽しみ。緊張はほとんどないし、今からすごくワクワクしている。自力。

7吉村 和之
 新山君はいつもテレビで見ている選手。僕なんかとは次元が違う。番手の俊夫さんも脚があるし、2人に離れないように集中してマーク。

8山本  直
 最近の中で一番の調子。普通の人なら地元三割増しだけど、僕の場合は地元五割増し(笑)。自力で一発狙ってみます。

9沢田 義和
 宮杯でワッキーに自転車のことを聞いたら、それから楽に乗れるようになった。どういう走りになっても南君に任せます。


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
A級決勝インタビュー



1嵯峨昇喜郎
 チャレンジの時に特別昇班に4、5回失敗している。そういうのもあるから「今回ここで決めます!」みたいな宣言は絶対にしません(笑)。毎日毎日周りからプレッシャーをかけられて大変だけど、とにかく自分は力を出し切るレースをするだけです。

2山下 一輝
 一番強い嵯峨君を後方に置くのが理想。逃げるのはおそらく鶴君だから、そこの3番手が理想ですね。地元の2人に迷惑をかけないように自力勝負。

3竹元 太志
 鶴さんは同門の先輩。見た目は僕の方が上っぽいけど、向こうの方が1コ上(笑)。2人の脚質を考えたら、先輩ー自分で並ぶのが自然でしょう。ここに来る前の練習でも、そういう感じの話はしていた。しっかり援護して直線勝負です。

4森川 康輔
 自分は典型的な一発屋。単騎のレースは苦にならない。むしろ好きです。前に目の前で森田優弥君に特進されたことがあるし、ああいう悔しい思いはもうしたくない。嵯峨君にマークする山信田さんは森田君の師匠みたいだからリベンジですね(笑)。

5内藤  敦
 自分が追い込み屋に変わったのは25歳とか26歳のときで、引退した豊田知之さんから「お前はインパクトがない」と言われたのがキッカケ。それから3年くらいはがむしゃらに競ったりして、その中で競輪の奥深さを学んでいった。今はもういい歳だし、俺が俺がみたいなのは全くない。競輪界のことを考えたら、嵯峨君には早く特進してもらいたい(笑)。もちろんここは敵として戦うわけだし、レースになったら全力で抵抗しますよ。山下君ー近藤さんの3番手。

6佐野 恭太
 ビッグヒット連発。40歳間近になってやっと体の使い方をマスターしたみたいで、連日いい感じで自転車が進んでいる。今回はなぜか根拠のない自信もある(笑)。嵯峨君を倒すつもりで自力勝負。

7近藤 修康
 動ける選手がたくさんいますね。ものすごいスピードレースになるのかな。1番の子が強いみたいだけど、自分は前次第だから、前に頑張ってもらいますとしか言えない。山下君にお任せです。

8鶴  良生
 自分が前で竹元君が番手。嵯峨君に負けないように頑張ります。自力。
 
9山信田 学
 嵯峨君は前評判通りの強さだった。ビシッと交わして競輪は甘くないよって伝えたかったけど、全然ダメだった(笑)。決勝ももちろん一本。特進が懸かっているし多分捲りになりそうだね。
 





ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  


   
二日目勝因敗因
  1R A級一般




1吉田 彰久
  踏みながら持っていったら戻ってこれなくなっちゃって、細田君には悪いけど切り替えて踏ませてもらった。余裕はそんなになかったです。

2馬場 和広
 後ろが競りで難しかった。初日よりはマシだけどまだ脚に張りがある。さすがにここじゃ負けられないし、1着を取れてホッとしています。

3深見 仁哉
 カマシに行くか迷っちゃって…。せっかく時松さんが付いてくれたのに申し訳ない。行けば決まってましたね。気持ちが弱い。

4梶原 恵介
 戦い方は間違っていない。取り切って付いていけば2着はあるわけだし、単純に自分が弱いだけ。後輩の池部壮太から「帰って練習せなあかんすね」と言われたし、出直してきます(笑)。

5赤松 秀展
 最後の直線は「空けて~、空けて~」と心の中で叫びながら走っていた。遠慮気味に突っ込んだ分、伸びなかったね。大山君の肘が引っ掛かったのも地味に効いた。

6細田 純平
 自分の形は作れたけど…。踏み上げの感じがしっくりこない。

7二木 茂則
 ギューンと降りてこられていっぱいになっちゃった。弱い。

8永井 亮
 もったいない。追い付いて1回バック入れたところで1番に持ってこられた。休まず踏んでいれば馬場君とワンツーでしたね。

9時松 正
 (深見仁は)ホームで行けば2人で決まったかもね。自力選手にも自分のタイミングがあるから仕方ない。
 
  2R A級一般




1福森 慎太郎
 4番と6番が踏み合うと思って見てたら、6番がすんなり行っちゃって…。ああなると自分はキツい。人の動きをアテにしすぎて失敗です。

2浦崎 貴史
 最後ヨコに動くのはいらなかったね。あれをやったところで高塩君は止まらない。今日はほんと前川君の頑張りに感謝。アマチュア時代から知っている後輩だし、気持ちが嬉しかった。

5青木 亮太
 離れちゃいました。すいません。

6前川 裕希
 後ろは世話になってる浦崎さん。構えるレースはしたくなかったし、順番が来たら行こうと決めていた。僕のこととか気にせず番手から出ていってもらってよかったんですが…。

7高塩 讓次
 珍しく出た(笑)。ビックリ。初日があまりにも悪かったから、セッティングを大幅にいじって外人仕様にしたんです。それがよかったみたいで、いい感じで車が流れてくれた。

8近藤 幸徳
(走った選手1人1人に「ありがとうございました!」と頭を下げながらクールダウンへ向かった)

9中西 司
 レースになってますね。前がダメでも冷静にコースを探せた。乗ってる感じも初日より格段に良かった。
 
  3R A級選抜




1外崎 一成
 捲りのときは1センターからと決めていた。3コーナーのブロックも分かったし、持ってこられないように計算しながら踏んでいった。これで調子に乗るとえらい目にあうんで(笑)、あと1日気持ちを引き締めて走ります。

3池上 孝之
 1番に併せて出ていこうとしたら、ちょうど阿部君に踏み直されて…。今日は自力選手が阿部君しかいなかったし、前を取って飛び付く作戦しかなかった。

4阿部 弘
 半年振りに先行したから、めっちゃしんどかった。押さえたら粘られるのは分かっていたけど、後ろを気遣ってカマしたら今度は自分が残れなくなるし、難しいレースだった。

5服部 竜二
 外が邪魔でドン詰まり。最後も突っ込むコースがなかった。

6山本 貴章
 服部さんとずっと絡んでいましたね(苦笑)。何度か落車しそうになるし危なっかしいレースだった。

7中村 光吉
 前がカカってないから突っ掛かりっぱなし。位置的にどうにもならないね。

8松山 勝久
 2番の締め込みはかなり危険。落車する一歩手前だった。バック最後方4着まで突っ込めたし、脚の状態はいいと思う。

9田村 浩章
 粘れるのは覚悟していたけど…。体に力が入らなかった。あんなにあっさり競り負けちゃダメですね。
 
  4R A級準決勝




1近藤 修康
 何とかギリギリですね。差し込めそうな雰囲気はまるでなかった。

2吉良 勝信
 鶴君にはきっちり中団を取ってほしかった。中団を取ったことで後ろがもつれてても、それはそれで俺たち追い込み屋の仕事だから。バック踏んだあとの捲り追い込みになるとさすがにキツい。

3山下 一輝
 最後食われたけど捲り切れているので。最近自力を出していなかったからキツかった。樋口君の先行は相当カカってましたよ。

5鶴 良生
 ちょっとテンパってしまった。ああなったら厳しく中団にこだわるべきでした。結果は1着で脚の感じもいいけど、組み立ての部分で反省点が残る。

6樋口 開土
 これがチャレンジだったら普通に逃げ切れるんだけど…。気持ちに余裕がなかった。知らず知らずのうちに慌てていたみたい。

8山内 大作
 絶好の3番手だったのに、捲る脚がなかった。石川さんの後ろを回らなかったのは、競輪に対する考え方の違い。人として石川さんのことは嫌いじゃないし、普通に話もしますけどね。

9塩川 真一郎
 付いていけなかったと言うか、付いていかなかったと言うか、ジャン前2コーナーのところは失格が頭をよぎってしまい…。前2人は決勝に乗っているし、ちょっと悔しいレースですね。
 
  5R A級準決勝




1池野 健太
 中団に入ってもすかさず行くつもりだった。遅い捲りの方が確実だけど、自分のためにならないと思って、あえてしんどいところで行った。

2佐野 恭太
 後ろ攻めから動かして結局元の位置に逆戻り。前が団子になっていたから届いたけど、組み立てとしてはダメですね。後ろの河野君に申し訳ない。

3竹元 太志
 上野君のおかげ。あれで1着を取らなきゃ行ってくれた意味がなくるので、ゴメンって思いながら踏ませてもらった。自分はもともと自在っぽくやるのが得意だし、番手のレースも違和感なくこなせましたよ。

5大山 泰伸
 せっかくいい位置回ってきたのに…。内藤君に軽く捌かれてしまった。あそこをしっかり耐えられるようにならきゃ点数は上がりませんね。 


6上野 優太
 行くつもりではあったけど、思ったより早く順番が来ちゃって…。地脚タイプの自分が1周半近くモガいたらさすがに残れませんよね。駆け方とか強弱の付け方も単調だったし、上にあがって波を作るとか、もう少し工夫して走ればよかった。

7河野 要
 展開を考えたら伸びた方でしょう。バック9番手じゃどんなに頑張っても4着まで。前が遠すぎて3着は無理です。

8高山 雄丞
 前がもつれていたしチャンスはあった。真後ろの2番が2着まで行っているわけだし、ちょっともったいなかった。

9内藤 敦
 中団を取った時点で普通は2角捲りとかバック捲りなのに、池野君は相当早めに行ってくれた。さすが近畿の自力選手。気持ちがすごい。自分は3回目(のブロック)で無理だと思ったから、内に降りて切り込んでいった。
 
  6R A級準決勝




1森川 康輔
 嵯峨君ー山信田さんを追いかけただけ。全く脚を使っていない。打鐘で嵯峨君に入られたところが一番のミスですね。

2嵯峨 昇喜郎
 森川さんの前にしっかり入れたのが勝因。前もカカっていたし、そんなに楽ではなかったです。初日より緊張しました。

3桶谷 明誉
 嵯峨君は想像の上を行くスピード。あれは間違いなく今回特進するね。相手が悪かっただけで、増田さんの先行は強かった。(嵯峨ラインと森川ラインの)4人で捲ったような感じだし、あれはどうすることもできない。

5松尾 玄太
 行かないで後悔するなら、行ってダメの方がよかったね。池部君もそこらへんは分かっていたし、また一緒のときに頑張ってもらいたい。

6増田 仁
 出られたら終わり。巻き返しは100%効かないと思ったし、ライン3人でバック線を取るイメージで走った。完全に力負けです。

7山信田 学
 嵯峨君はさすが。森川君の前に入った時点で勝負アリ。スピードの上がり方が弟子の森田優弥とそっくりで、付いていく分には大丈夫でしたよ。

8池部 壮太
 自力を出して終わりたかった。捲り不発が頭をよぎって、行くかどうか迷ってしまい…。

9小林 信晴
 1番強い子を自由に走らせたらこうなりますよね。森川君には「嵯峨君より前にいなきゃダメだぞ」って言ってあったのに、なんであそこで入られちゃうんだろう…。
 
  7R S級一般




1村上 直久
 中団を取るまではよかったけど、そのあと口が空いちゃって…。ああいうところがダメですね。

2戸田 康平
 またしても後方で不発。後ろの先輩に申し訳ない。

3金成 和幸
 周作君さまさま。ジャンから迷わず行ってくれたね。アイツは俺が残したって言ってるけど、自分の力で残ったって胸を張っていいんじゃないかな。本当に強かった。

4内村 泰三
 俺が付いたラインは9割5分くらいの確率で7番手になる。戸田君が悪いんじゃなくて、もしかしたら俺が悪いのかもしれない(苦笑)。

5白戸淳太郎
 金成君とは初日にラインを組んでいるし、小坂さんは同期で仲がいい。そういう2人が前にいるから内には行けませんよ。戸田君のラインが先行なら躊躇せず突っ込んだけど、⑦③⑨が行ったときは外を踏むって感じだった。ここまで丁寧にコメントで出した方がよかったかな(笑)?

6小塚 潤
 ペースがグ~ンと上がって置いていかれた。S級はほんとレベルが高い。

7坂本 周作
 やった方じゃないですか。こんな調子だから今日は先行しようと決めていた。最後はかなりタレていたし、金成さんが残してくれなきゃ着外でした。

8梅原 大治
 白戸さんが内行くと思ったら外に持ち出したから、アレってなっちゃった。

9小坂 敏之
 頭まで突き抜ける展開だったのに…。余裕があったから焦って踏みすぎた。
 
  8R S級一般




1前田 義和
 1番車なのに後ろ攻めになってる時点でまずダメ。押さえたあと上にあがりすぎて2番に(内を)来られたのも失敗。1人でレースをぶち壊してしまった。

2岸川 哲也
 打鐘で内が空いたから行ってみたけど…。

3河合 佑弥
 四日市で落車してからセッティングに違和感がある。踏んでも踏んでも力が逃げていくような感じ。展開が向いて勝てただけで、感覚的にはまだまだです。

4古川 尚耶
 内に行ったら詰まると思って最後は外。直線だけで1車抜けたんだから悪くないでしょう。

5岡本 英之
 岸川君が何かすると思って近畿の後ろに付いていたけど、いきなり内に行ったらビックリ。あれを見て追うのをやめちゃった。

7武田 哲二
 スイッチしてから先に踏むか迷ったけど、古川君にチラチラ見られて行けなかった。

8小松 剛之
 バックから踏んでみたけどダメでした。

9小林 潤二
 ハコ3しちゃいました。すいません。初日が終わって同級生の沢田義和君に自転車を見てもらって、感覚的にはすごく楽だったんですが…。
 
  9R S級準決勝




1松本 貴治
 5番のラインが行ったときに付いていかなきゃダメですね。1回も前に出られていないし負け方が悪すぎる。細切れ戦は色々なことを考えなきゃいけないから大嫌い(苦笑)。

2志智 俊夫
 完全に展開でしょう。神田君が強かった。想像以上のカカリで自分もちょっと脚にきていた。

3小川 勇介
 松岡君がいいレースをしてくれたね。1回止まりかけたのに、そこからもう一度伸びていった。自分もコースを選ぶ余裕があったし悪くない。

4岸澤 賢太
 松岡さんが捲っていったのに反応できなかった。加藤さんに付いてもらったのに情けない。

5神田 龍
 いい感じで駆けられたんですが…。あそこまでいったら残りたかった。悔しすぎる。

6松岡 孝高
 小川さんが内から来たらフワ~っとなって飛んでいた。僕のことを信じて外を抜きにきたので助かりました。乗り方を意識するようになってからずっと感じよく走れています。

7加藤 圭一
 ゴール前は横一線だったし、ひょっとしたらって思ったけど…。届いてなかったですね。

9筒井 敦史
 いい感じで(コースに)入っていけたし、届いたと思ったのに…。あー、くそ。めっちゃ悔しい。 

 
  10R S級準決勝




1野口 裕史
 G1クラスの自力選手とはあまりやったことがなかったので、1つ良い経験になりました。あれを行けるようにならないと上では通用しない。立川でグレーツァーと走ったときに感じたのと同じで、もっとタテ脚をつけなきゃなって思いました。迫力のあるレースは見せられたけど、走ってるこっちは脚がパンパンで本当にしんどい(苦笑)。


2大崎 飛雄馬
 直君とは相性抜群。自分はいつも良い着を取らせてもらっている。稲垣さんにキメられた時点で終わったと思ったけど、そこからよく行ってくれたね。

4藤原 浩
 ホームでヤバいと思ってスイッチしたけど…。結果的に前2人がワンツーだから、あそこは我慢して付いてるべきだったかな。

5石塚 輪太郎
 オーバーピッチはオーバーピッチでしたけど、少しでも緩めれば野口さんが飛んでくるんで、ずっと強めに踏んでる感じでした。(打鐘で)8番が粘らず下げてくれれば、もう少し違ったと思うし、あの動きは自分たちにとって少し余計でしたね。

6須永 優太
 付いてていっぱいいっぱいって感じじゃなかったし、このクラスでもやれるんだって手応えを掴めた。最後は余裕もあったし外を踏んでみたけど、目の前の沢田さんも一緒に外を踏んだから合っちゃった。

7澤田 義和
 前が併走でコースないかなって思ったけど、最後は何とか突っ込めた。3着と4着じゃ全然違うし、この結果は本当に嬉しい。

8山本 直
 やりました! 引いたら絶対「ない」から、相手が稲垣さんでもシビアに粘ろうと思っていた。あっさりしごかれて、あーやっぱりってなったのに、前がいい感じでやり合ってくれたおかげで生き返った。地元で1着取ってファンサービスをしたのはめっちゃ久しぶり。最高ですね。

 
  11R S級準決勝




1新山 響平
 あれでも最後は少しタレた。千切って抜かれてないから悪くはないんですが…。ハンドルの位置が2、3ミリ低くなっていたので昨日のレースが終わってから戻しました。そのおかげで踏み心地がよくなりましたね。

2北村 信明
 前が遠かった。山形君任せのレースだったし仕方ない。

3南 修二
 小森君が追い付くと思ってギリギリまで待ったけど、1着を取るって考えたら、もう少し早めに踏まなきゃダメでしたね。そこらへんの判断が甘かった。自分自身の調子は変わらず普通です。

4山形 一気
 組み立てとしてはあれでよかったと思うけど…。

5吉村 和之
 1着は新山君で確定。2着もほぼ南君で、あとは小森君が残るか、自分が流れ込むかの3着争い。南君が踏んでくれたおかげで助かりました。こういうスーパーF1で決勝に乗れたのはめちゃめちゃデカい。

6服部 克久
 昨日のレースで前田義和君に「こうしなきゃダメだろ」って言ったことを自分自身が出来ていない。単騎で難しいのもあったけど、あの組み立てはダメですね。

7武田 憲祐
 付いていけば2着はあるレースだったのに…。もったいない。練習して出直してきます。

8吉永 好宏
 1車でも前にいたかったから山形君達とは別で「決めず」とコメントさせてもらった。展開はあんな感じになると思ったし、欲しい位置も取れたけど、周りがみんな強かった。

9小森 貴大
 せっかく南さんが迎え入れてくれたのに…。追い付くどころか逆にどんどん離された。完敗です。
 


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日勝因敗因
  1R A級予選




1上野 優太
1・2班戦の方が流れがあるからチャレンジより走りやすかった。一瞬中団に入るか迷ったけど、あそこは休まずゴーでしょう。今日のレースでも分かるように、僕の課題は最後の末脚。全体的に向かい風のような感じでキツかったです。

2田村 浩章
油断してましたね。上野君が1車で来たし(高山雄を)迎え入れる準備をしていたら、いきなり降りてこられて…。勿体ないことをした。

3石川 英昭
佐野君の加速は半端ない。途中からものすごい勢いで伸びていった。あの捲りはちょっと追えません。

4梶原 恵介
4番手におさまるかなって思ったら、いきなり叩きに行ったから、タイミングがズレてしまい…。離れて上野君に悪いことした。

5高山 雄丞
上野君と力勝負と決めていた。ジャンからフルで踏んでいたのに、あの上を行かれちゃうんですね。ショックです。

6前川 裕希
終わって浦崎先輩にも指摘されたけど、ジャンで内差したのは失敗でした。あそこをスッと引いていればまた違ったと思う。

7佐野 恭太
最近はずっと負け戦の男だったし、初日の1着はめちゃくちゃ久しぶり。車輪を固いやつに変えたら、いい感じで進んでくれた。新人の子を相手に1着を取れたのは自信になります。

8永井 亮
前川さんに任せた結果だから仕方ない。1番が行ったときに反応してくれれば面白かったけど…。

9石山 直哉
展開的にキツかったですね。
 
  2R A級予選




1池上 孝之
森川君はどうしちゃったんだろう。1コーナーで休まず行っていれば楽勝で頭だったのに…。自分で惰性を殺したみたいで勿体ない。

2増田 仁
600メートルしっかりモガけたし、イメージ通りのレースが出来た。塩川さんとワンツーというのも最高に嬉しい。風が強くてみんながキツい、キツいって言う方が自分には合ってますね。

3外崎 一成
絶好の4番手だったし馬場君なら捲っちゃうと思ったけど…。増田君は強い。色が黒くて雰囲気もあるし、見た目も競走も完敗です(笑)

4北浦 弘幹
終始9番手で余裕なし。森川君にはホームで行ってほしかった。

5馬場 和広
まずはあの形を作ろうと思っていたし、組み立ては良かった。あれで捲れないんだから自分が弱いだけ。実力通りの結果です。

6中西 司
ジャンからペースが上がって、その時点で自分はヘロヘロでした。

7塩川 真一郎
風速3メートルを超えると自分は終わり。今日くらいの風なら何とかしのげる。増田君が強いレースをしてくれたおかげで恵まれました。

8山本 貴章
増田君はああいうレースが得意みたいだね。本当に強かった。

9森川 康輔
なめていたわけじゃないけど、ジャンで余裕を持ちすぎた。あそこで思った以上に車間が空いてしまって、1コーナーの吸い込まれるところで体が反応してくれなかった。
 
  3R A級予選




1深見 仁哉
前のレースの増田君を見ていたから、この樋口君も相当強いと思って、前を取ったら番手飛び付きと決めていた。ああやってすんなり取り切って差せなかったのは初めてかもしれない。樋口君が強すぎるのか、自分が弱いのか、どっちなんだろう(苦笑)。

2山崎 岳志
やっと前を差せた。車間の空いた7番手8番手だし大丈夫なの?って思ったけど、そんな心配は必要なかった。竹元君は強い。自分は前回の最終日にキレ重視のセッティングに変えて伸びが戻った。

3樋口 開土
緊張はしたけど、いつも通りの感じで走れた。番手に嵌られても3着に残ったんだから悪くないと思います。

4高塩 讓次
粘りもあるかなって警戒はしていたけど、耐えることができなかった。情けない。落車を怖がって差し込みも甘くなってしまった。

5竹元 太志
自分の独断でどっぷり構えさせてもらいました。詰める勢いで捲っていくのは得意な方だし、あれだけ車間を空けてもワンツー決める自信はあった。初日の入りとしてはまずまずじゃないですか。

6青木 亮太
1番が粘るのを何度か見ているから、ひょっとしたらと思ったけど、まさか本当に粘ってくるとは…。ああなると高塩君も僕もキツい。

7大山 泰伸
前の2人はワンツーだし、3着には入りたかった。もうひと伸び欲しい感じですね。疲れもあるし、風も強いし、かなりキツいレースだった。

 
  4R A級予選




1山内 大作
福森君には申し訳ないけど、あそこはシビアに切り替えさせてもらった。あのまま4着じゃ5レースの結果待ちになるし、3着!3着!って欲を出して踏みました。伸び自体はボチボチ。

2鶴 良生
4人ラインだったのに巻き返しが遅かった。結果は1着だけどそこは反省。準決以降はメリハリをつけたレースを心掛けたい。

4二木 茂則
山内さんがスイッチしたのに反応できなかった。あのへんが甘い。

5中村 光吉
せっかく良い位置を回れたのに…。自分の脚のなさを痛感しました。

7松尾 玄太
差してやろうって思い切り踏んだら逆噴射(笑)。鶴君と一緒になるといつも差せずのワンツーですね。今日は2人とも新ルール一発目だったから変な緊張感がありました。

8細田 純平
途中までの組み立ては完璧。鶴君に行かれるのは仕方ないし、行かれたあとどこに飛び付くかが問題だった。脚がない。

9福森 慎太郎
いい位置すぎて逆に難しかった。なんで内に行っちゃったんだろう…。せっかく兄弟子の鈴木誠さんが来ていたのに、ダメなレースをしてしまった。
 
  5R A級予選




1嵯峨 昇喜郎
ジャンのところは行ったらヤバいと思って待った。風が苦手で走る前から嫌な感じがしたけど、何とか捲ることができました。脚の感じはいつも通りで大丈夫です。

2窓場 加乃敏
ツイてましたね。岡嶋君が仕掛けてくれたおかげでコースが空いてくれた。

3時松 正
横に動いたら掬われるのは分かっていたけど、だからといって仕事しないわけにはいかない。2車の先行は真後ろに敵がいるから難しいね。

4阿部 弘
行けそうな感じはあった。3コーナーのアオリと接触がなければもう少しいいところまで行ったと思う。僕の中ではこのレースは①④で決まりと思ったんですが(苦笑)。

5浦崎 貴史
嵯峨君はすぐにS級に上がる選手。これが最初で最後の連係かな。離れてしまったけど、いい思い出になりました。

6岡嶋 登
バックで先捲り打とうと思ったら、前が伸びていったから待ってしまった。気持ちが弱い。脚もない。

9池部 壮太
ホームの立ち上げが微妙な感じで、いつもみたいにカカらなかった。残念。
 
  6R A級初特選




1山下 一輝
何もかもが雑でした。桶谷さんと近藤さんが付いていたのに中途半端で消極的。全部下げても巻き返すチャンスはあると思ったんですが…。

2山信田 学
バックで捲りに行けばよかったね。ノブさんに張られると思って大事に行っちゃった。直線勝負で2着まで行けたし脚の方は大丈夫です。

3小林 信晴
池野君のローリング先行に酔わされた。最後は山信田さんに行かれかけて、見苦しいくらいにハンドルを投げた(笑)。今度デビューするガールズの鈴木樹里は僕の弟子。卒記も勝っているようにポテンシャルは高いですよ。普段はその子と110期の斉藤由紀と3人で練習することが多く、みんなで和気あいあいとやっています。

4吉良 勝信
誰かがしゃくって来ると思って、残り1周はずっと左側を意識しながら走っていた。すんなりの3番手だけどあれはあれで大変。余計な気を使いすぎたせいで最後は全く伸びなかった。

5近藤 修康
もうちょっと動きがあると思ったけど、みんながみんな牽制したまま終わった感じ。見てる方も走ってる僕らも「う~ん」って感じのレースでしたね。初日に9着しちゃうと点数がなかなか上がらないし、残りの2日間で巻き返します。

6河野 要
もうワンテンポ早くコースに入っていれば…。判断がちょっと悪かった。

7桶谷 明誉
A級特選と言ってもS級予選とそんなに変わらないメンバー。徹底先行が1人もいないし山下君は難しかったと思う。池野君に上手く駆けられたし仕方ないね。

9池野 健太
本当はカマシを狙っていたんですが、車番と初手の位置から押さえ先行になった。一番苦手な戦法で3着ならギリギリ合格点かな。距離も長かったし最後はバテバテです。
 
  7R S級予選




1山本 直
捲り切るまで時間がかかったし最後はかなりキツかった。自分の点数だと5着じゃ準決は無理っぽいし、4着に残れてひと安心です。

2坂本 周作
自分自身にガッカリ。ケツを上げないでペースで駆けたのが失敗。カカりきる前に山本君に並ばれてしまった。

3武田 憲祐
このルールだと7番手からの巻き返しは相当な力差がないと厳しい。自分は村上さんが仕掛けてくれたおかげで突っ込むことができた。

4村上 直久
切って、切っての上をドーンというのが理想だったけど、坂本君がジャンでかなり踏んだから反応できなかった。せっかく前受けから運べたのに勿体ない。

5吉永 好宏
前2人のおかげ。離れず付いていけたし悪くないでしょう。

6古川 尚耶
最後は5番と7番の間を行かなきゃダメですよね。危ないと思って見ちゃった。

7筒井 敦史
見ての通りで直君のおかげ。ハンドルやシューズを色々変えたら、前回の岸和田より感じよく走れた。今回は記念みたいなF1開催だし、いつものような地元感はゼロ。普通のイチ選手として準決も頑張ります。

8岡本 英之
僕みたいな選手は展開任せ。前が行けなきゃどうにもならない。武田君が勝ち上がってくれただけでもよかったです。

9須永 優太
坂本君の頑張りに感謝。自分がもう少し上手くやれれば残せたかもしれない。感じの方は大丈夫です。
 
  8R S級予選




1岸澤 賢太
真ん中の位置を取ったんだから2コーナーから行かないと…。行っても番手の横あたりで止まっちゃうと思って、仕掛けるのが遅れた。気持ちの弱さがそのままレースに出た感じです。

2大崎 飛雄馬
1番が抵抗するなり粘るなりしてくれれば面白かったけど…。ただのズル引きじゃ俺たちはキツい。態勢が整ったあとの7、8、9番手じゃ出番はないですね。

3小森 貴大
前回の四日市の反省を踏まえて上手く走れた。フタしてるときの外併走が思ったよりキツくて、前に出た時点でいっぱいだった。あれでよく2着に残れたと思う。

4小林 潤二
もう引退かな、甥っ子もS級に上がったことだし…。と言うのは冗談で(笑)、島野さんとか年上の人が頑張っているのを見ると、まだまだ俺も負けていられないって気持ちになる。今日のこの悔しさは2日目、3日目のレースにぶつけたい。

5澤田 義和
小森君のおかげ。それしかないでしょう。自分は宮杯が終わって気付いたことがあって、それを意識しながら練習したら、急激に感じが良くなった。番組次第では準決もそこそこやれそう。

6梅原 大治
スタートの並びを見て③⑤⑨のラインを追いかけようと決めた。あの展開ならもう少し突っ込めると思ったけど、踏んでも踏んでも全く伸びていかなかった。最後のゴール前でA級とS級の違いをモロに感じました。

7戸田 康平
ああなると無理です。ムリクリ捲ってみたけど前が遠かった。

8内村 泰三
清水裕友君とか宮本俊輔君が出てきて山口はかなり盛り上がっているけど、あいつらと練習すると力の差をモロに感じるから面白くない(笑)。今までは練習で気持ちよくモガいて競走も頑張ろうって感じだったのに、今は練習でこてんぱんにやられてブルーな気持ちで競輪場入り…というのがほとんど。ま、こういう活性化は競輪界全体で見ると良いことだし、自分も彼らのエキスを分けてもらいながら頑張っていきたい。

9島野 浩司
前回の函館があまりにも酷くて、今回も正直どうかなって感じだったけど、いざ走ったら普通に付いていけた。前で頑張ってくれた小森君と沢田君に感謝です。
 
  9R S級予選




1松岡 孝高
トレーニングメニューを元に戻しただけでこんなに違うんですね。流行りのやつを試してみてもどれもしっくりこなくて、青森の前に今までの自分のやり方に戻したら、一気に感じが良くなった。河合君を捲ったのは今回で2回目。青森では松井宏佑君にも勝っているし、俺は113期キラーなのかもしれない(笑)。

2河合 佑弥
出るとき9番に踏まされたのがキツかった。前回の落車は関係ないし、捲られた自分が弱かっただけ。最近長い距離を踏んでいなかったツケがきた感じですね。

3吉村 和之
2コーナー過ぎて1番4番の捲りにスイッチするか迷ったけど、まだ早いと思って我慢した。とりあえず神田君と2人で勝ち上がれてよかった。

4服部 克久
孝高君には一発狙いの捲りでいいぞと言ってあった。彼みたいな地脚選手は今日みたいな強風・重馬場でこそ真価を発揮する。一緒にラインを組むとお互いいつも成績がいいし、本当に世話になりっぱなしです。

5金成 和幸
ライン3人で出っ切ったときにはヨシヨシって思ったけど…。外のスピードが違いすぎましたね。

6小塚 潤
ジャンで一気にペースが上がって、そのあと急激にバックを踏まされた。S級の流れに対応できないまま終わった感じです。

7白戸 淳太郎
追走で一杯。何も援護できなかった。前で頑張ってくれた河合君、後ろを固めてくれた金成君に申し訳ない。

8小松 剛之
単騎でも作戦は何パターンか考えている。ノープランで走ることは滅多にない。今日のレースは色々考えすぎて失敗。内ではなく、シンプルに外を踏めばよかった。

9神田 龍
吉村さんが捨てずに拾ってくれたおかげで、もう一度1番4番の捲りを追うことができた。あの展開から頭まで突き抜けたのは自分が一番ビックリ。
 
  10R S級予選




1野口 裕史
引いてからの巻き返しだとラインで決めるのは難しいですね。赤板のところは突っ張った方がよかったかな…。あれだけモガいても苦しさはそこまでないし、脚の方は変わらず大丈夫そうです。

2武田 哲二
岸川君任せのレースだったし仕方ないですね。

3山形 一気
スイッチして追い付いたときにはヨッシャー1着って思ったのに…。横に並んでから踏み直された。強い強いと聞いてはいたけど野口さんは本当に強かった。自分的にはあとひと伸び欲しい気がするから、準決に向けて自転車をちょこっといじってみます。

4小坂 敏之
俺は加藤君を追いかけていただけ。あの展開だと厳しいね。

5岸川 哲也
ジャン前の駆け引きが全て。あそこで脚を使ってでも前に出れば、野口さんに行かれたとしても番手に入れたのに…。ヘッポコでした。

6岡田 雅之
前田君はいいレースをしてくれた。すんなりだったのに離れた俺が悪い。

7藤原 浩
山形君が前々に攻めてくれたおかげ。ああいう感じで走ってもらえれば後ろの選手はすごく助かる。最後は余裕もあったし抜けるかなって思ったけど、逆に僕が9番に食われかけた(苦笑)。

8前田 義和
結果は野口さんに完敗だけど、1本走って色々得るものがあった。道中の立ち回り、レースの組み立てをしっかりやれば、S級でもそこそこ戦えそうな気がする。終わってからの反省会で服部克久さんや松岡孝高君からたくさんのアドバイスをもらったし、今後のレースに生かしたい。

9加藤 圭一
離れてしまった。ああいう巻き返しになるとキツい。自分は何とかリカバリーして4着だけど、後ろを回ってくれた小坂さんにはホント申し訳ない。
 
  11R S級初特選




1稲垣 裕之
落車の怪我はたいしたことない。自転車も大丈夫だったし、車輪を交換するだけで済みそう。今日のレースの並びに関しては、南修二君を認めているから3番手を回ったわけで、勝負から逃げたとかそういうことではない。番手を回れるのは自力選手だけという決まりはないし、体を張って頑張っている追い込み選手にも平等にチャンスがなければいけないと思っている。僕から見たら、前で風を切ってくれる選手も有り難い存在だけど、後ろで仕事してくれたり、捲り不発に付き合ってくれる追い込み選手も同じくらい大事ですから。

2松本 貴治
輪太郎君がムリヤリ来るなら、行かせて4番手でもよかったけど、そういう雰囲気でもなかったので突っ張ってみました。前回の高知よりは間違いなくいい。この1走で悪い流れは払拭できたと思う。

3新山 響平
南さんが出ていくのか一瞬見ちゃった。そこがちょっと反省ですね。結果は1着だけど周回中からフワフワしていて変な感じ。ケツの位置も前に来ちゃって、フォームもぐちゃぐちゃだった。ちょっと修正します。

4石塚 輪太郎
ホームで出切ったと思ったら、内からもう一度復活してきた。ジャン前から脚を使っていたし、番手に入っても余力はほとんどなかったです。

5齋藤 登志信
僕の感じはずっと普通。気持ちを切り替えてまた頑張ります。

6北村 信明
ジャン前の2コーナーで松本君があんなに踏むとは思わなかった。援護できずに情けない。

7志智 俊夫
ものすごいスピードレース。最後は外を踏んでみたけどダメだった。

8小川 勇介
思っていた展開と少し違った。自分は落車を避けたところで脚一杯。試したセッティングが微妙だったから、準決はまた元に戻します。

9南 修二
判断ミスが幾つかあったし、まだまだですね。こうやって(稲垣裕の)前を回るのを1つの目標にしていたし、そこは素直に嬉しく思った。ただこの並びが確定というわけではないので、今後また一緒のとき「前を回れ」と言ってもらえるように頑張っていきたい。
 

ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日インタビュー
  1R



上野優太
 このクルクル頭は地毛。パーマ代がかからなくて助かっています(笑)。自分の持ち味はダッシュだし、行けると思ったところから全力で行きたい。同期の嵯峨君の特進を阻止できるように頑張ります。
田村浩章
 玉野は近いし走り慣れている。急な追加でも問題ありません。高山君とは何度かあるし全て任せます。
石川英昭
 佐野君とは取手の初日に連係したばかり。同じ市内に住んでいるから今回ここに来るのも一緒でした。先輩の俺が6時間ずっと運転していたし、その分、競走では頑張ってもらいます(笑)。
梶原恵介
 上野君に行けるなら迷わず一本。113期と一緒に走るのは今回が初めて。109期や111期との連係も記憶にない。こんなに若い子と走るのは久しぶりだから新鮮な気分です。
高山雄丞
 細切れ戦になるみたいですね。自分はいつものスタイルで自力勝負。
前川裕希
 久々の実戦だし、走ってみてという感じ。自力主体に攻めたい。
佐野恭太
 前回の初日は113期の中釜章成君に遊ばれた。新人の子に突っ張られたら僕みたいなオジサンはどうにもならない。最近は色々な人にアドバイスをもらって、体の使い方や自転車の乗り方を意識しながら走っている。先行基本。
永井亮
 前期は失格もあって1・2班戦の点数が取れなかった。先輩の前川さんにお任せします。
石山直哉
 僕より田村さんの方が点数を持っている。四国ラインを固めて直線勝負です。

 
  2R



池上孝之
 森川君。今回初めて会ったから当然初連係。レースを見てるとダッシュに自信がるタイプみたいだね。千切れるんじゃないかって今から不安(苦笑)。
増田仁
 1・2班戦では僕はチャンレジャー。600メートル踏み切るイメージで先行したい。
外崎一成
 点数的にも馬場さんに行けるみたい。中西さんも「いいぞ」と言ってくれたし番手で頑張ります。
北浦弘幹
 池上さんが森川君に行くでしょう。その後ろで中部近畿ライン3番手です。
馬場和広
 粘ったり、外併走したり、色々なことをしているけど、ヨコはそんなに得意じゃない(笑)。前々にいないと厳しいと思ってやっているだけです。調子はそんなに良くないけど、自力で何とかしてみます。
中西司
 81点持っているのに6番車。今回はいつもよりレベルの高い開催ですね。東日本でまとまって3番手。
塩川真一郎
 増田君のことはアマ時代から知っている。1回選手の夢を諦めて、また戻ってきた苦労人。彼の成長した姿を後ろで見守っています。連係するのは今回が初めて。
山本貴章
 増田君-塩川君の後ろ。中国ライン3番手です。
森川康輔
 ナショナルチームのBから離れて、今は地元の岐阜で兄貴(大輔・92期)と練習。自分と2人になると兄貴はめちゃくちゃ厳しくて、毎日鬼のようなシゴキを受けている(笑)。特進が懸かっている嵯峨君には前回の西武園でやられているし、今回は何としてもリベンジしたい。

 
  3R



深見仁哉
 チャレンジで78点持っていた樋口君は間違いなく強い。竹元君も前回優勝しているし、厳しい戦いになりそうですね。服部さんに迷惑をかけないように自力自在。
山崎岳志
 自分はもともと差し屋だったのに、いつのまにかマーク屋みたいな数字になってしまった(笑)。最近の予選はいつも断トツ◎の若手と一緒で、2倍前後のオッズにびびりながら走っている。竹元君がいるなら一本。
樋口開土
 野球の松坂大輔に似てるってよく言われます。兄2人も選手だけど、練習はだいたい別。自分は時間があれば西武園に入っているし、平原康多さんとモガくこともたまにある。チャレンジ時代に目の前で特進されたことが何度もあるので、今回はそうならないように、嵯峨君の特進を阻止できれば…。挑戦者らしく先行で勝負。
高塩譲次
 去年からウエイト練習を取り入れて体重が3、4キロ落ちた。初日から目標がいるのは有り難い。樋口君をしっかり援護して直線勝負です。
竹元太志
 前回の優勝は広島の今岡徹二君が頑張ってくれたおかげ。前に久留米で優勝したときも人の後ろだったし、マークの競走も嫌いじゃない。とりあえず今期は本気でS級を狙っているし、ここが終わったら吉本卓仁さんのところで稽古をつけてもらう予定。予選は自力でクリアしたい。
青木亮太
 チャンスのある位置だし楽しみ。関東の3番手をガッツリ固めます。
大山泰伸
 地域的にも九州の後ろが自然でしょう。竹元君-山崎君の3番手です。 
赤松秀展
 大山さんの後ろを回ると4番手になってしまう。さすがにそれじゃあ…。決めずに1人で走ります。
服部竜二
 ちょっとずつだけど良くなっている。深見君との連係は前にどこかで1回あった。同県の後輩だし全て任せます。

 
  4R



山内大作
 前回の1着は9連勝で上がってきた久樹克門君に飛び付いて差したもの。会心のレースだったし、『競輪.JP』のダイジェストでみんなに見てほしい(笑)。福森君。
鶴良生
 1ヶ月斡旋が止まっていたから、新ルールになって初めての実戦。色々なレースをチェックしてここに備えました。休んでいる間はお金もないし練習漬けの毎日でした。主導権を取ってラインで決めたい。
隅直幸
 中国ラインで細田君。番手でしっかり援護します。
二木茂則
 年齢と共にレースの中での「離れ」が多くなってきた。1着は1年くらい取っていないと思う。南関コンビの後ろ。
中村光吉
 期変わり一発目だから、いつも以上に気合は入っている。先手をロリ壮な鶴君-松尾君の3番手から。
近藤幸徳
 最後の1・2班戦にならないように頑張らないと…。中村君の後ろから組み立てます。
松尾玄太
 鶴君と同じで僕も1ヶ月斡旋が止まっていた。休んでいる間はしっかり練習していましたよ。鶴君との連係は今まで何度もあって、かなりの確率でワンツーが決まっている。僕はいつも差せずの2着ですが(苦笑)。
細田純平
 肉体改造をして体重が15キロ落ちた。一生懸命頑張ります。
福森慎太郎
 生涯自力を貫いているわけではないですよ。変わる時期を逃して今に至るという感じ(苦笑)。自分より年上の坂木田雄介さんとかまだまだ自力で頑張っているし、ああいうのはやっぱ励みになりますよね。今回は兄弟子の鈴木誠さん(引退)が解説者として来ているから、少しでもいいところを見せたい。自力。

 
  5R



嵯峨昇喜郎
 特進リーチの開催はこれで2回目。この間の前橋は初日に落車してしまったし、今回はそういうことのないように。特進、特進って意識するとレースが小さくなるから、あまり気負わず平常心で走りたい。自力勝負。
窓場加乃敏
 初日から強烈なメンバー。ラインの岡嶋君を信頼して。
時松正
 なかなか点数が戻らない。1着は取れているし悪くないけど…。池部君がいるなら任せてマーク。
阿部弘
 吉田さんが任せてくれた。どこかで一発自力を出したい。
浦崎貴史
 早ければ今年、遅くても来年の頭くらいに2000走に達成します。デビューして25年経つから、1年平均で80本走っている計算になるね。60歳を過ぎて現役の三ツ井勉さんは3000走くらいしているのかな? 目標にする嵯峨君とは今回初めて顔を合わせた。強いと評判の選手だし追走に専念します。
岡嶋登
 今回からフレームを変えます。練習の感じはまずまずだった。自力。
吉田彰久
 阿部君には捲りの決まり手が残っている。どんな競走になっても構わないし全面信頼です。
松山勝久
 強いのが1人いるね。話を聞くと1番の子はカマシ捲りが強いみたい。自分は窓場さんの後ろで近畿3番手。
池部壮太
 「お前はハナを切ってなんぼ」と色んな先輩から言われるし、自分自身もそういう選手だと思っている。相手は強いけど主導権を取りたい。

 
  6R



山下一輝
 ここならたぶん自在はなし。自力で動くことになると思う。A級を走るのは3年振りとかそれくらいですね。
山信田学
 S級でもたまに捲ったりしていたから、こういう番組も嫌いじゃない。前がいなきゃ自分で何とかします。河野君も付いてくれるみたいだし、チャンスがあれば外を踏んでみたい。
小林信晴
 失格2回で今期はA級。池野君とはS級のときに1回あったかなかったか。器用なところもある選手だし、勝てるように走ってくれればいい。
吉良勝信
 池野君とは過去に何度かラインを組んでいる。この構成なら中部近畿の後ろを主張させてもらいます。
近藤修康
 A級を走るのは2年振り。前に落ちてきたときも地元の玉野が一発目だった。S級と違ってA級はモーニングとかミッドナイトがあるから大変。点数順で山下君-桶谷君の後ろを回ります。
河野要
 細切れ戦なら捲ってもいいかなって思うけど、2分戦で動いたところでノーチャンス。山信田さんに任せます。
桶谷明誉
 地元の2人が回っていいよと言ってくれたので山下君の番手。今まで何度も世話になっていますよ。
内藤敦
 地元で4番手を回りますとはさすがに言えない。他の中国3人には悪いけど、決めずに1人で走ります。
池野健太
 同県の松岡健介さんや、函館で一緒だった藤木裕さんから「特進してこい」とプレッシャーをかけられた(笑)。A級にも若くて強い選手が大勢いるから、簡単にはいかないと思っている。自分はどちらかと言えば細切れ戦が得意だし、自力が少ないこういうレースはちょっとやりにくい。今後につながるように攻めのレースを心掛けます。

 
  7R



山本直
 1本欠場したけど全く問題ない。地元だし結果にこだわって走ります。自力でしっかり。
坂本周作
 嵯峨君とか新山君とか強すぎる後輩が一緒だから、いつもの開催より気合が入る。目標は一応、決勝で新山君と連係と言っておきます(笑)。自力勝負。
武田憲祐
 充実した練習が出来ているし、調子自体はいいと思う。何度もお世話になっている村上さん一本。
村上直久
 車番が悪い。3番手の岡本さんに「スタート得意ですか?」って聞いたら「ダメ」って言われたし、初手の位置取りに苦労しそう。こんな成績だけどちょっとずつ上向き。自力で何とかします。
吉永好宏
 平塚で太田竜馬君の3番手を回って、前半10秒7、後半11秒3のカマシに付いていけたのは自信になった(結果は4着)。一時期よりはだいぶいいと思う。玉野は得意バンクの1つだし楽しみ。地元コンビの後ろでラインを固める。
古川尚耶
 動かない。と言うか、もう動けない。S級で2期連続で点数を取れなかった時点で自力は無理だと思った。今は追い込みオンリーで、中とか内とか狭いコースも怖がらずに突っ込むようにしている。単騎でやっても出番はなさそうだし、坂本君の3番手を回ります。
筒井敦史
 オフの日に子供と一緒にダッシュをしたり遊んでいたら、お尻の下の肉がブチ~ンとなって肉離れ。それで2ヶ月近く休んでいた。復帰戦の青森はまとめられたけど、感覚的にはまだまだ。今はセッティングを試行錯誤している段階です。山本君に任せて直線勝負。
岡本英之
 新制度になって2本走ったけど、僕みたいな追い込み選手にはそこまで影響はなかった。ペースが上がって走りやすいと感じたくらい。神奈川コンビの後ろ。
須永優太
 前回の青森は佐々木雄一さんが超抜。自分も久々にまとめられたし、手応えを感じられたシリーズだった。1月の奈良の落車をずっと引きずっていたけど、最近はだいぶマシになってきた。今期はS1の点数を取るのが目標。坂本君。

 
  8R



岸沢賢太
 小森君には伊東G3の二次予選で勝っている。小森君と真船圭一郎君がやり合ったところを自分が捲って1着でした。今回もそういう流れになるように期待したい(笑)。展開をよく見て自力勝負。
大崎飛雄馬
 戸田君がいるなら任せるだけ。どんな競走でも構いませんよ。
小森貴大
 落車は大丈夫。前回の四日市は新ルールに馴染めなかったので、ここまで色々なレースをたくさん見て勉強してきた。沢田さんも島野さんも実績のある選手だし、迷惑をかけないように思い切り行く。
小林潤二
 甥っ子の小林泰正(113期)が追加で宇都宮を走るみたい。ここと同時開催だし、向こうの結果も気にしつつ、自分もしっかり頑張りたい。岸沢君。
沢田義和
 F1の予選スタートなんていつ以来だろう。追加の連絡が来て「はい、行きますよ」って言ってから、「しもた、10番目で予選からや」って気付いたけど、1回引き受けた以上は精一杯頑張ります(笑)。小森君。
梅原大治
 選手生活21年で初めてのS級。どういう流れになるか全く読めないし、岸沢君の3番手とは決めずに自分で何か。先手ラインに乗っていく形になると思います。
戸田康平
 警戒するのは小森さん。前に名古屋の決勝で一度やっているけど、その時よりパワーアップしているはず。自力勝負。
内村泰三
 前期は公傷。実戦復帰してから何本か走ったし、脚はだいぶ戻ってきた。戸田君-大崎君の3番手。
島野浩司
 前回の函館記念は踏み出しで千切れたり、全く力が入らなかった。このままではマズいし、どこかで悪い流れを変えたい。近畿コンビ。
 
  9R



松岡孝高
 青森の準決は松井宏佑君のいるレースで捲って1着。3連単で69万円もついた。前の開催で9着9着9着していたし、とてもじゃないけど買えないですよね(苦笑)。この69万円もすごいけど、昔、自分が大本命で飛んで100万円を出したこともある(笑)。感じはだいぶ上向いてきたし、ここでも一発狙ってみたい。
河合佑弥
 6月からの新ルールは脚だけじゃ勝てない。その場その場の適応能力も求められるし、色んなレースを見て、実際にレースを走って勉強したい。最近は全部下げて失敗というのが多かったし、もう一度初心に戻ってガンガン行きます。
吉村和之
 今期から2班だし予選スタート。追い込み選手は展開に左右されるし、厳しい半年になりそうですね。神田君の頑張りに期待してマークします。
服部克久
 玉野は相性のいいバンク。自分自身の感じも悪くないし、ここらへんで結果を出せれば…。後輩の松岡君一本。
金成和幸
 小松さんは基本自分でやるスタイル。ここも「気楽にやらせて」ってことだったし、自分は河合君-白戸さんの3番手を回ります。
小塚潤
 静岡の梅原さんと同じで自分も初めてのS級です。デビューから18年かかりました。脚も気持ちも全然戻っていないし、集団でゴールできれば…という感じかな(苦笑)。吉村さんの後ろを固めるだけ。
白戸淳太郎
 河合君。宇都宮記念の初日に敵として走っている。こうやってラインを組むのは今回が初めて。見た目も実際のレースもパワフルだし頼もしいですね。
小松剛之
 選手生活20年以上で先行とか引っ張り役とか色々なことをやってきたし、残り少ない競輪人生は好き勝手にやらせてもらいたい(笑)。今は同県以外には付けないスタイルで、福岡の野田源一君みたいな感じですね。金成君とは別で単騎一発。
神田龍
 前回の佐世保は叩いてしまったけど、調子自体は悪くない。先行か捲りの自力勝負です。

 
  10R



野口裕史
 平塚の準決は捲りになっちゃって、結果は1着だけどレース後は「あちゃ~」って複雑な気分だった。やっぱり自分は先行してなんぼ。先行以外の1着は全然嬉しくない。相手が誰でも、後ろが誰でも、いつものスタイルでガンガン行きます。
武田哲二
 自分の着は前次第。ラインの岸川君に頑張ってもらいます。
山形一気
 四日市の落車で左の薬指の腱を痛めて、今もしっかり曲がらない。ここが終わったら、地元の小松島記念で誘導を引く予定です。自在に何でもするつもり。
小坂敏之
 南関の後ろを回れという番組。野口君と一緒のレースは初めてだけど、レースを見ているとおそろしく強いよね。余計なことは考えずに付いていきます。
岸川哲也
 野口さんが強すぎ。誰かが粘ったところを捲るのがベストだけど、誰もやらなきゃ自分がやるのもアリですね。後手を踏んだら出番はないし、前々に攻めていきたい。
岡田雅之
 点数が点数だし、開き直って走るしかない。九州ラインで前田君。
藤原浩
 前回の準決は9番手から4着まで突っ込んだ。脚の状態はまずまずですね。山形君の気持ちを確認してマークすることにした。
前田義和
 1月~6月に色々なことを試して、そのほとんどが自分には合わなかった(笑)。初日からキツいメンバーだけど、自分の力を信じて頑張ります。
加藤圭一
 野口君。3番手は前に1度ある。番手は初めて。あとがかりのジワジワ系だから、自分的には好きなタイプ。心中覚悟でマークする。

 
  11R



稲垣裕之
 石塚君の先行力、南君の技とか技術を考えたら、自分が3番手を回るのが一番自然だと思う。3番手でもチャンスはあるはずだし、しっかり援護してから直線勝負に賭けます。
松本貴治
 前回の高知は原因不明の絶不調。9着7着5着なんて自己ワーストですね。激しく叩いてしまったあとだし、直前の練習も何となく微妙な感じだった。このままズルズルいかないように今回の3日間でしっかり立て直したい。自力勝負。
新山響平
 ナショナルチームと言ってもBの方ですから。Aにいる人達は大会とか海外遠征中心のスケジュールになるけど、僕らはそんなに縛りもキツくなくて、これからも今まで通りに日本の競輪メインでやっていくと思う。練習疲れ、競走疲れはあるけど、それを言い訳にはしたくないし、初日からしっかり力勝負をしたい。
石塚輪太郎
 ものすごいメンバー。F1と言うよりG3みたいな感じですね。自力3人は全員同級生で、松本君のことも新山君のことも意識します。展開が噛み合えばこのクラスでも勝負になると思うし、自信を持って仕掛けたい。
斉藤登志信
 年齢も年齢だし疲れは普通にありますよ。まずは1本走ってみて。新山君一本で踏み出しに集中。
北村信明
 落車明けのわりに前回の取手はいい感じで走れた。期変わり一発目の開催だし、もう一度ここからスイッチをONにしたい。ラインの松本君にマーク。
志智 俊夫
 点数を見てビックリ。俺って112点も持ってるんだ? すげー(笑)。近畿の4番手も一瞬考えたけど、固めるだけじゃ面白くないし、自分で何かやってみます。こっそり着を拾うのも昔から得意だしね。志智の一発を期待しているマニアックなファンのために頑張ってみます。
小川勇介
 着ほど悪くないですよ。地域的には四国の後ろなんだろうけど、決めずにやってみます。
南修二
 開催ごとに脚の状態が上がっている。前回の函館記念も毎日感じよくはっ知れた。ここまでの練習はいつも通り。稲垣さんの言葉に甘えて石塚君の番手を回らせてもらう。


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
出場予定選手
S級

S級5R3日制

 
級班 地区 選手名 期別
府県/級班前現/脚質 年齢
S1 北日本 86
青 森/S2S1/追
40
S1 北日本 107
青 森/S1S1/逃
25
S1 北日本 80
宮 城/S1S1/追
46
S1 南関東 73
千 葉/S2S1/追
44
S1 南関東 74
神奈川/S1S1/追
46
S1 中 部 70
岐 阜/S1S1/追
46
S1 近 畿 86
京 都/S1S1/両
41
S1 近 畿 105
和歌山/S1S1/逃
25
S1 近 畿 88
大 阪/S1S1/追
37
S1 中 国 85
岡 山/S1S1/追
43
S1 四 国 93
徳 島/S2S1/追
33
S1 四 国 111
愛 媛/S1S1/逃
25
S1 九 州 97
福 岡/S1S1/追
31
S2 北日本 105
青 森/S2S2/逃
35
S2 北日本 79
宮 城/A1S2/追
44
S2 北日本 88
福 島/S2S2/追
40
S2 北日本 94
福 島/S2S2/両
31
S2 関 東 74
栃 木/S2S2/追
46
S2 関 東 92
栃 木/A1S2/追
33
S2 関 東 75
群 馬/S2S2/追
46
S2 関 東 91
埼 玉/S2S2/両
32
S2 関 東 113
東 京/S2S2/逃
24
S2 南関東 85
千 葉/A1S2/追
40
S2 南関東 111
千 葉/S2S2/逃
36
S2 南関東 85
神奈川/S1S2/追
41
S2 南関東 95
神奈川/S1S2/逃
38
S2 南関東 81
静 岡/A1S2/追
42
S2 中 部 62
愛 知/S2S2/追
50
S2 中 部 86
愛 知/A1S2/追
40
S2 中 部 92
岐 阜/S2S2/追
34
S2 中 部 105
三 重/S2S2/逃
29
S2 近 畿 111
福 井/S2S2/逃
29
S2 近 畿 65
京 都/S2S2/追
48
S2 近 畿 105
大 阪/S2S2/逃
33
S2 中 国 101
岡 山/S2S2/逃
26
S2 中 国 80
広 島/S2S2/追
44
S2 中 国 72
山 口/S2S2/両
45
S2 四 国 101
香 川/S2S2/逃
35
S2 四 国 96
徳 島/S1S2/両
30
S2 四 国 87
高 知/S2S2/追
39
S2 四 国 88
愛 媛/S2S2/追
40
S2 九 州 90
熊 本/S2S2/両
38
S2 九 州 98
熊 本/S2S2/両
33
S2 九 州 94
鹿児島/A1S2/逃
35
S2 九 州 67
沖 縄/A1S2/追
47
A級

A級1・2班戦6R

 
級班
地区 選手名 期別
府県/級班前現/脚質 年齢
A1 北日本 浦崎 貴史  75
北海道/A1A1/追 47
A1 北日本 外崎 一成  94
北海道/A2A1/追 32
A1 関 東 櫻井 学  84
群 馬/A1A1/両 39
A1 関 東 山信田 学  83
埼 玉/S2A1/追 43
A1 南関東 河野 要  94
神奈川/S2A1/追 35
A1 南関東 佐野 恭太  94
静 岡/A1A1/逃 39
A1 中 部 加藤 寛治  83
愛 知/S2A1/両 41
A1 中 部 小林 信晴  83
愛 知/S2A1/追 41
A1 中 部 山田 裕哉  98
岐 阜/A1A1/両 33
A1 中 部 森川 康輔  111
岐 阜/A2A1/逃 22
A1 近 畿 窓場 加乃敏  59
京 都/A2A1/追 51
A1 近 畿 河村 章憲  83
京 都/S2A1/追 42
A1 近 畿 木本 賢二  69
大 阪/A2A1/追 47
A1 近 畿 池上 孝之  69
兵 庫/A1A1/追 47
A1 近 畿 池野 健太  109
兵 庫/S2A1/逃 35
A1 中 国 近藤 修康  67
岡 山/S2A1/追 47
A1 中 国 内藤 敦  80
岡 山/A1A1/追 43
A1 中 国 桶谷 明誉  94
広 島/S2A1/追 30
A1 中 国 山下 一輝  96
山 口/S2A1/両 29
A1 四 国 小川 丈太  111
徳 島/S2A1/逃 24
A1 四 国 高山 雄丞  109
愛 媛/A1A1/逃 26
A1 九 州 吉良 勝信  75
福 岡/S2A1/追 45
A1 九 州 鶴 良生  111
福 岡/A2A1/逃 24
A1 九 州 山崎 岳志  74
佐 賀/A1A1/追 45
A1 九 州 松尾 玄太  93
佐 賀/A1A1/追 33
A1 九 州 池部 壮太  109
大 分/A2A1/逃 26
A1 九 州 時松 正  67
熊 本/A1A1/追 48
A2 北日本 永井 亮  89
北海道/A2A2/追 38
A2 北日本 前川 裕希  95
北海道/A3A2/両 42
A2 北日本 嵯峨 昇喜郎  113
青 森/A2A2/逃 20
A2 関 東 高塩 讓次  90
栃 木/A2A2/両 35
A2 関 東 青木 亮太  89
群 馬/A2A2/追 36
A2 関 東 二木 茂則  82
埼 玉/A2A2/追 42
A2 関 東 樋口 開土  113
東 京/A3A2/逃 22
A2 南関東 福森 慎太郎  84
千 葉/A2A2/逃 42
A2 南関東 中西 司  95
神奈川/A2A2/追 37
A2 南関東 山内 大作  75
静 岡/A1A2/追 43
A2 中 部 服部 竜二  76
愛 知/A1A2/追 47
A2 中 部 深見 仁哉  91
愛 知/A1A2/両 36
A2 中 部 中村 光吉  60
三 重/A2A2/追 52
A2 近 畿 松山 勝久  73
福 井/A2A2/追 44
A2 近 畿 北浦 弘幹  77
和歌山/A1A2/追 44
A2 近 畿 岡嶋 登  99
大 阪/A2A2/逃 34
A2 中 国 山本 貴章  76
岡 山/A2A2/追 44
A2 中 国 塩川 真一郎  74
広 島/A2A2/追 44
A2 中 国 細田 純平  99
広 島/A2A2/逃 29
A2 中 国 隅 直幸  84
山 口/A2A2/追 40
A2 四 国 吉田 彰久  80
香 川/A1A2/追 45
A2 四 国 石山 直哉  85
徳 島/A2A2/追 38
A2 四 国 阿部 弘  99
高 知/A1A2/両 37
A2 九 州 檀 雄二  66
福 岡/A3A2/追 51
A2 九 州 竹元 太志  107
福 岡/A1A2/逃 23
A2 九 州 梶原 恵介  92
大 分/A1A2/追 37
A2 九 州 上野 優太  113
熊 本/A3A2/逃 22


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  
   
発売案内
府県 売場名 7月1日 7月2日 7月3日
  本場 7:00~終 7:00~終 7:00~終
北海道 函館競輪場 7:30~終 7:30~終 7:30~終
サテライト石狩
サテライト札幌
サテライト松風
青森県 青森競輪場
藤崎場外 7:30~終 7:30~終 7:30~終
青森前売SC 7:30~14:00 7:30~14:00 7:30~14:00
サテライト六戸
岩手県 サテライト石鳥谷
宮城県 サテライト大和
秋田県 サテライト男鹿
サテライト六郷
福島県 サテライト会津
サテライト福島
サテライトあだたら
サテライトかしま
茨城県 サテライト水戸
サテライトしおさい鹿島
群馬県 館林場外 7:30~終 7:30~終 7:30~終
利根西前売サービスセンター 7:30~終 7:30~終 7:30~終
サテライト前橋
東京都 立川競輪場
ラ・ピスタ新橋 7:30~終 7:30~終 7:30~終
山梨県 サテライト双葉
新潟県 弥彦競輪場
サテライト中越
サテライト新潟
サテライト妙高
千葉県 千葉競輪場
サテライト鴨川
サテライト市原
サテライト船橋  
サテライト成田
神奈川県 川崎競輪場 7:20~終 7:20~終 7:20~終
サテライト横浜
静岡県 伊東競輪場 7:30~終 7:30~終 7:30~終
愛知県 名古屋競輪場 7:30~終 7:30~終 7:30~終
豊橋競輪場 7:30~終 7:30~終 7:30~終
サテライト名古屋
サテライト一宮 7:30~終 7:30~終 7:30~終
岐阜県 岐阜競輪場 7:30~終 7:30~終 7:30~終
大垣競輪場 7:30~終 7:30~終 7:30~終
三重県 松阪競輪場 7:15~終 7:15~終 7:15~終
四日市競輪場 7:00~終 7:00~終 7:00~終
川越場外 7:15~終 7:15~終 7:15~終
富山県 富山競輪場 7:10~終 7:10~終 7:10~終
福井県 福井競輪場 7:30~終 7:30~終 7:30~終
滋賀県 サテライト湖南
京都府 向日町競輪場
奈良県 奈良競輪場
和歌山県 和歌山競輪場
大阪府 岸和田競輪場 7:30~終 7:30~終 7:30~終
サテライト大阪
兵庫県 サテライト阪神
サテライト姫路
鳥取県 サテライト鳥取
島根県 サテライト山陰
岡山県 サテライト笠岡
サテライト津山
広島県 広島競輪場 7:30~終 7:30~終 7:30~終
サテライト山陽
山口県 防府競輪場 7:20~終 7:20~終 7:20~終
駅前SC 7:00~終 7:00~終 7:00~終
サテライト宇部
香川県 高松競輪場
サテライト観音寺 7:20~終 7:20~終 7:20~終
徳島県 小松島競輪場 7:30~終 7:30~終 7:30~終
サテライト鴨島 7:30~終 7:30~終 7:30~終
サテライト徳島
高知県 高知競輪場 7:20~終 7:20~終 7:20~終
サテライト南国
サテライト安田
愛媛県 松山競輪場 7:30~終 7:30~終 7:30~終
サテライトこまつ
サテライト西予
二番町前売SC 7:30~15:00 7:30~15:00 7:30~15:00
福岡県 小倉競輪場 7:30~終 7:30~終 7:30~終
久留米競輪場 7:10~終 7:10~終 7:10~終
サテライト北九州
ハイビジョンシアター門司
サテライト若松
サテライト久留米 7:10~15:25 7:10~15:25 7:10~15:25
サテライト中洲
佐賀県 武雄競輪場
サテライト武雄 7:00~15:30 7:00~15:30 7:00~15:30
長崎県 佐世保競輪場 7:15~終 7:15~終 7:15~終
サテライト長崎
大分県 別府競輪場 7:15~終 7:15~終 7:15~終
サテライト宇佐 7:15~終 7:15~終 7:15~終
熊本県 熊本競輪場 7:20~終 7:20~終 7:20~終
サテライト熊本新市街
サテライト宇土
宮崎県 サテライト宮崎
サテライト三股
サテライト門川
鹿児島県 サテライトみぞべ
サテライト阿久根
サテライト鹿児島
サテライトきもつき
サテライト薩摩川内

【発売時間】○○:○○~△△:△△終:最終レースまで

【発売レース】全:全レース発売 部:一部レース発売



ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  
   
S級レース展望


​ 
​ ビッグネームが多数参戦。今回は西日本カップで場外発売も多いからだ。​中でも、石塚輪太郎を使う、稲垣裕之と南修二のセットが一番魅力。稲垣は人格者として有名で関係者の中でもファンは多い。負けると、急にふてくされる選手も多いが、稲垣は勝っても負けても、我々記者に真摯に対応。ピークは過ぎたとの意見もあるが、村上義弘の後継者として、近畿では存在感がある。連係するのはファイターの南修二。時には激しい走りで失格も多いが、近況、F1戦では捲りも出ている。新山響平も輝きを取り戻しつつある。次のパリ五輪を見据えて、ナショナルチームに加入。愛妻と共に、伊豆に拠点を移した。長い距離をもがけるし、新ルールにも対応。近畿に2段駆けを許さず、ペースで押し切る展開もある。番手は同県の伊藤大志か、斉藤登志信だが、地味な印象もある。仕事をすると言うより、付いて行くだけで一杯かも。松本貴治もパワーアップし、一皮むけた。やはり、中四国旋風に乗り遅れまいと、この気持ちの強さが良い方に出ている。番手は四国で北村信明が有力。2班では、野口裕史と河合佑弥が注目のレーサー。両者共に、徹底先行で売っている。河合はすでに、前橋ドームで優勝し、野口もダイナミックな走りで超一流選手相手にも負けていない。  


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
A級レース展望


 売り出し中の若手先行選手が多く、予選から激しいレースが予想される。点数的には池野健太や山下一輝が、S級下がりで一番持っているが、勝ち上がりでは、両者共に苦戦していた。池野はスプリンターで、山下は自在に戦法をチェンジ。山下は小川丈太との連係が基本になり、番手戦に回りそう。その小川も、スンナリ逃げるとS級でも好走していた。S級とA級のエレベーター選手でなく、ワンランクアップが必要。A級なら、逃走劇も可能だ。池野をアシストするのは、中部近畿で小林信晴だ。S級特進に失敗している嵯峨昇喜郎だが優勝候補のひとり。来年の今頃は間違いなく、S級トップで活躍している逸材。多少、捲りに構えるきらいはあるが、逃げても本当は強い。地元の近藤修康や選手会の支部長の内藤敦も、今回は脇役に甘んじない。伏兵以上の走りをやりそうなのは、捲りのスペシャリストになりつつある森川康輔や、ベテランの桜井学だ。九州は鶴良生と竹元太志の出来がカギとなる。

ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
コンビニのコピー機で玉野競輪の出走表が無料プリントできる!
コンビニで玉野競輪の出走表が無料でプリントできます!!


全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
玉野競輪の出走表が無料でプリントできます!!

開催初日分は前検日17:30頃から、初日以降分は当日2:00頃から
プリント可能になります。

ぜひ、ご利用下さい!!

操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin61





ページトップへ 
   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。




 
ページトップへ
   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

コインの汚れ
不器用な俺だが、レコード盤を探すのはけっこう上手だった。
棚に詰まったレコードを一枚ずつ、両手の指で半面抜き出しジャケットを確認し戻す、確認して又落す。
盤を軽く落すような案配となるからストンという音が出、それが繰り返されると小気味よいリズムに変わった。
三十分もすると盤を包むビニールの汚れで手指が黒っぽくなった。
御茶ノ水の古レコード屋さんでチャボこと仲井戸麗市を見かけたことがあった。
きれいに痩せているギタリストはホント恰好良かった。
昔の「雀球」や旧式の「スロット」もコインを一枚一枚、自分で遊技台に入れなければならないから、小一時間粘ると手が黒く汚れた。
新宿の歌舞伎町の中央にまだスマートボール屋が営業していた時代の話だ。
当時の競輪場は半日居ると、顔が煤ける感じがしたし、着る物も汚れるから洒落た服は避けていたとおもう。
雀球が好きだった俺の競輪観と、雀球も公衆電話もトップ引きも知らない世代の競輪観はえらく違うのか、たいして違わないのか――。
ま、どうでもいいことか。
♪十年二十年ごときの世代論などぶつより/百万光年の星くずにでもなって/遥か宇宙の果てへ飛び散りたい/覚えた事は自由であろうとすること/事のはじまりは例えばそれは俺なら/MISSISSIPPI DELTA BLUES…OH yeh(チャボの『My R&R』より)
 

ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925




ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2019年7月1日(月)・2日(火)・3日(水)

■開催場所
玉野競輪場

取り扱いネット新聞

競輪毎日

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ