eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
出走表(無料)コンビニ配信開始
青山彩

第70回 高松宮記念杯競輪(GⅠ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
セブン-イレブンで競輪新聞・無料出走表が取り出せるようになりました!
 
   eプリントサービスの対象店舗にセブン-イレブンが加わりました!



競輪専門紙、競輪出走表をコンビニのマルチコピー機で取り出せるサービス、「eプリントサービス」

これまで、全国のファミリーマート・ローソンでご利用可能なサービスでしたが、2019年3月1日より
新たに全国セブン-イレブンでも提供を開始しました。

今回の店舗拡充により、利用可能な店舗が全国で約53,000店舗にまで拡大します。

 

・・・約21,000店舗
・・・約17,500店舗
・・・約13,500店舗
 

より身近にますます便利になったeプリントサービスを是非この機会にご利用ください!

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
山内卓也
川村晃司
池田勇人
 
猪俣康一
小野俊之
 

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
S級決勝インタビュー

脇本 雄太
腰に鈍い痛みがある感じ。
納得のレースが出来ず精神的なダメージも大きい。
最後は期待に応える走りで自力
新田 祐大
優勝しか考えていない。
脇本君だけを意識していないし他の選手もみんな好調。
一成さんの前で自力勝負です
清水 裕友
未勝利だけど十分勝負になる状態。
ダービーで悔しい思いをしたので、その分も。
後手を踏まない自力勝負。
小原 太樹
初の特別競輪の決勝戦。
ちょっと信じられない。
基本、他の地区の選手には付けていない。
単騎で一発狙って
平原 康多
普通なら初日の落車で終わっている。
こんな状態で優勝出来たら自分でも感動すると思う。
普段通り自力勝負
渡邉 一成
コンディションは良いけど準決は情けないレース。
あの作戦しかなかった。
新田君の好きな走りで構わない。
中川誠一郎
普段から仲の良い脇本君の番手へ。
過去2回のタイトルは何れも単騎戦。
今度はラインの競走で優勝したいな
木暮 安由
平原さんの番手。
相応しいかどうかは分からないけど、そろそろ自分もタイトルが欲しい。
脚はベストに近い
小倉 竜二
清水君の番手へ。
超抜と言う伸び脚ではない。
完全なマーク選手は自分だけ。
どんな展開でも突っ込みたい。



ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
三日目勝因敗因
   1RS級一般






1金子 哲大
​南君の掛かりを考えて2角で行こうと思った。そうしたら、山中さんの巻き返しが早く、被ってしまった。かなり前が遠かったですね。

2山中 秀将
行けるかなと思ったけど、南君が強かった。もう1回、踏み直された感じですね。

3三谷 将太
すんなり千メートルを駆けさせたら、南君は日本チャンピオン。今日みたいに追い風と向かい風がハッキリしていると、彼は駆け易いんじゃないかな。

4伏見 俊昭
山中君が行けなかったのだから仕方ない。あとは、稲村さんとかに持ってこられない様に我慢しながら走った。

5南   潤
練習の感じは良かったし、みんなが心配している様なデキではないと思っていた。初日、二日目と相手の動きに合わせてからの仕掛け。それで失敗したので、今日は自分のタイミングを大切にした。これなら最終日に逃げ切れそうです。

6牛山 貴広
山中君がもっと構えると思ったけど、巻き返しが早かったですね。

7岡村  潤
​4角までは良いころの感覚と変わらない。ただ、そこからの伸び脚がなくなっている。それを意識した自力の練習もやらないとダメですね。本当なら3着でなく2着に突っ込める展開。あとは山中君の気持ちの強さを感じるレースだった。

8澤田 義和
この二日間の走りをみたら、持たないかなと思ったけど、南君が強かった。3着に入れなかったのはコース取りの失敗かな。

9稲村 成浩

作戦的には、中団からで、こんな感じの組み立てでした。
   2RS級一般






1守澤 太志
小松崎さんがペースで追いかけていた。それを僕はゴール前、抜いた感じですね。

2岡  光良
村田さんが不意打ちできたし、ホームは落ちそうになり危なかった。すんなりでも、吉田君に付いて行けたかは分からない。

3濱田 浩司
取鳥君が行ってくれたし、止めたかったけど技量不足です。

5福田 知也
付いて行く分には問題ない。今日みたいにスンナリなら。ごちゃごちゃになった時、びびらず走れるかですね。

6取鳥 雄吾
また吉田君に負けた。いつ来るのかと思いながら、踏んでいた。

7吉田 拓矢
​中団で休めたのが大きい。あれがなかったら不発だったと思う。行く順番が来たら逃げる作戦だった。内容的には7番手捲りで良くないけど、結果が出てホッとした。

8村田 雅一
考えがまとまらず、レースに挑んでしまった。単なるジャマする競りで岡さんに失礼な事をした。最近の中では、一番ダサイレース。

9小松崎大地

吉田君が仕掛けるのを、やめたのが見えた。それで安心してしまった。悪くはないけど、良くもないですね。そんな感じです。
 
   3RS級一般






1神田 紘輔
全て山本さんの判断だった。僕がもっと仕事を出来れば良かったですが。

2根田 空史
周回中から風が強くてやばかった。チェーンを新品に変えたのも良かった。展開も、もがき合いがあったので。

3佐々木 豪
前を取り、早めにカマシに行く作戦。山本さんが、あのタイミングなら出させてくれると思った。考えが甘かったですね。

4新井 秀明
結果的に、山本君が出させた方が、みんなにチャンスがあったかも。そうすれば、根田君の捲りは決まらなかったので。

5山本 伸一
自分で佐々木君を持って行ったのは、彼に対して悪かった。踏み合いになり、きつかったですね。

6五十嵐 力
根田君が捲ってくれたおかげ。海老根さんも、少しきつそうでしたね。今の状態で2着なら十分ですよ。

7岩津 裕介
佐々木君と山本君で泥仕合。更に泥を塗る様なレースだった(笑)。佐々木君も組み立ては間違っていないし、今日の展開では仕方ない。

8海老根恵太
根田君が凄いスピードで捲って行った。完全に千切れたし、何とかラインに迷惑をかけずに良かった。ファンに対しては申し訳ないですが。

9池田  良

作戦は岩津さんに任せていたので。4着なら上手く対処した方だと思う。
 
   4RS級選抜






1山田 久徳
たまたまでしょう。あそこから届いたのは…。中団の松谷さんもきつそうだったので。

2原田研太朗
小川君には過去2回行ってもらっている。彼はヨコも出来るから、僕からこの並びを提案した。風も強く、掛かり切らなかった。後ろの1着に貢献出来たけど、3着には残りたかった。

3和田  圭
​風も強く、誘導も早いから、初手から脚が一杯。普段はクールダウンはやらないけど、さすがに、今日は乗りますよ。

5志智 俊夫
山田君が頭まで行くと思ったけど、番手が自力の小川君だからね。だけど、よくあそこまで行ってくれた。

6坂本 亮馬
原田君にも小川君にも世話になっているので、徳島勢の3番手を回った。だけど、内に入るのが逆に早すぎて失敗した。

8小川真太郎
自力でやって負けた時より悔しい。今回はピリッとしなかったし、原田先輩にチャンスをもらった。バックで自分の1着は確信したけど、先輩を残す事が出来なかった。ワンツーは無理だとしても、ワンスリーはやらないと。競輪は単に1着を取れば良いもんじゃないから。
9松谷 秀幸

​山田君をあそこで突っ張っておかないと、7番手に置かれてしまう。中団から捲ったけど1車しか出なかった。こんなにタテ脚が落ちているかと思うと、ちょっとショックですよ(笑)。
   5RS級選抜






1園田  匠
(スタート直後の内側追い抜きで6着失格)。

3桐山敬太郎
どうやったら、痩せられるか原田君に相談された。普段節制して、付き合いの時は仕方ない。今日は外から追い上げ、中団を取るので一杯だった。それで仕掛けられそうで、仕掛けられなかった。稲毛君も掛かっていたけど、やはり稲垣さんの存在も大きかった。

4大森 慶一
とにかく、風が強いからきつかったですね。中団ラインだし展開通りだった。

5稲垣 裕之
もっと僕に技量があれば、稲毛君を2着に残す事が出来た。そこは、いつまでたっても勉強です。風の強い中、長い距離を踏んでくれ有り難い。スタートは取りに行ったけど、外枠2人なので取れなかった。それで後ろ攻めになってしまった。

7大槻 寛徳
桐山君は競走センスがあるね。あんな選手が北日本にもいたら良いですね。僕は桐山君が踏んだのを見てからのコース取りだった。

8稲毛 健太
二日目の捲りは10秒8。今日も長い距離を踏んで、後ろの稲垣さんが1着。少し粘りを欠いたけど、デキは良いですね。

9山田 英明

ジャン過ぎに切ったところで稲毛君を待っていた。だけど来てくれなかった。あのタイミングではないんですよね。あとは、外からの方が勢いがあるから桐山さんに位置取りで負けた。
 
   6RS級特選






1山崎 芳仁
車間を切っておかないと、太田君が来てしまうから。そこで脚を使ったし、ジャンでも行きかけた。あとは2角捲りで力勝負。若い子相手に頑張れたし、もっと練習しますよ。

2中村 浩士
後ろが晴智さんだし、吉沢君の気持ちにも応える事が出来なかった。

3太田 竜馬
苦手な悪コンディション。仕掛ける事が出来なかったし、どんどん離れるかと思ったぐらい(笑)。スタートでも脚を使ったし、本当に踏み込んだのは3角ぐらいから。

4内藤 宣彦
成田君が気にしていたけど、この風だし、離れたのは仕方ないよ。

5柏野 智典
3角からは外は無理だと思った。内を狙ったけど、コースがなかった。太田君もかなりきつそうでしたね。

6渡邉 晴智
ラインで7、8、9着だけど、この強風で吉沢君が逃げてくれたので。

7吉澤 純平
力は出し切れたけど、風が強いしバックで一杯になってしまった。

8成田 和也
山崎君にも内藤さんにも申し訳ない。あそこから、山崎君は伸びて行くのだが、そこで離れてしまった。付いて行ければ、山崎君が1着でしたね。

9渡部 哲男

​スタートを取るので脚を使った。太田君が前からやりたいと言ったので。この風では、早めからは仕掛けられない。
   7RS級特選






1古性 優作
新ルールになり誘導の切り方とかが難しいですね。今日の2着は村上さんのアシストのおかげです。もっとガツーンとスピードが出れば良いのですが。

2田中 晴基
久々に暴れました(笑)。もっとスマートに走れれば良いのですが。古性君の追い上げに耐え、外の高橋君の捲りも止めましたから。あそこから鈴木君が突っ張ってくれたし、その気持ちに応えたかった。

3湊  聖二
最後、古性君のペダルと僕の前輪が接触した。かなり激しいレースでしたね。3着に突っ込めて、これで点数もアップ。9番手からだし、やった方でしょう。

4齊藤 竜也
あの低速からのダッシュでは、僕の脚では対応出来ない。それで離れてしまった。

5鈴木 竜士
4着ぐらいに残っているのかな。確かに、あの突っ張りは、新ルールに引っかかるか微妙なところでしたね。あそこまで田中さんに仕事をしてもらえると感謝の気持ちしかない。

6高橋 和也
かなり良いスピードだったし、行けると思ったのですが。田中さんに良いのを貰ってしまった。

7香川 雄介
7着まで、特選で、8・9着が選抜落ち。まあ、6着で良かったですよ。良い時に比べると、まだまだです。

8松川 高大
高橋さんの捲りに付いて行く形になったし、あのまま決まれば面白かったですね。

9村上 博幸
結構、危ないレースだった。ホームで古性君を入れるのは当然。僕も今日は冷静に走れた。

 
   8RS級特選





1和田健太郎
いくつかのパターンの中に、今日はカマシの作戦もあった。だから最初からの決め打ちではない。もちろん、山崎君を叩き切った事は自信になる。そんなに持っていったつもりはないし、山崎君も寄ってきたから車体故障があったけどセーフだったのでしょう。

2村上 義弘
新ルールになり、初めて自力のレース。誘導のペースがまちまちで走りが難しい。さすがに昨日のペースだと、走っている僕らもきつい。決まった事に対応していくしかないが、ファンがどう評価するかだと思う。どうあれ単調なレースが増えると思う。

3松浦 悠士
太田君はああ見えて、気持ちが強い選手ですね。山崎君の前輪が壊れたのが分かってから踏み込んだ。二次予選で深谷君に完敗したけど脚の感じは悪くない。

4長島 大介
今日はダメだったけど、昨日の先行を神山さんが喜んでくれた。それが凄く嬉しいですね。

5椎木尾拓哉
来年の高松宮記念杯は和歌山で行われる。岸和田が改修になるので。それまでに、もっと強い選手にならないと。

6小林 大介
今日は定番の9番手。今のルールだと後方から突っ込むのは厳しいですから。

7桑原 大志
松浦君とワンツーで良かったけど、競輪は3人で決めるものなので。山崎君の車体故障が残念です。

8萩原 孝之
和田君は凄く掛かっていた。バックからも踏み上がった。僕がもっと仕事が出来れば良かったですね。

9山崎 賢人
(接触して車体故障)。

 
   9RS級西準決





2橋本  強
清水君がスパーンと言う捲りなら面白かったけど、3角で一旦、止まった。小倉さんも内に入る準備をしていたぐらい。もっと余裕があれば中に入ったけど、そこまで余裕がなく外に回した。ゴールはヨコ一線で、良いレースだったと思う。

3深谷 知広
(きつそうにして、すぐにクールダウンに向かう)。

4東口 善朋
もう1回行った、三谷君の勝負根性は凄いね。来年は和歌山で宮杯があるし、自分も頑張らないと。

5清水 裕友
2着権利でラインが3車。そこはジレンマがあったし、岸和田も苦手バンク。昨年の宮杯も良くなかったし、A級の時にも、ぶっ飛んでいるから。今日は脚を使って中団確保。しかも三谷さんも飛ばしている。それで深谷さんを捲ったし自信になる。

6山口 富生
えっ、3着で決勝に行けないの(苦笑)。そんなの嘘だろ…。今日は後方からコースを突き、良い走りを見せられたと思う。

7吉田 敏洋
風も強いし深谷君が構えると思ったら、エックス攻撃で主導権取りに出た。彼も自分のリズムで駆けていたけど、僕が車間を切る余裕がなかった。それで詰まってしまい、清水君に並ばれた。浅井君なら止めただろうし、そこは申し訳ない。

8不破 将登
自分が切ったタイミングで深谷君が来ると思った。来ないので少しパニックになった。来たのは師匠の慎平さんでした(笑)。

9小倉 竜二
​全部、清水君がやってくれた感じだね。今日は抜いて1着だけど超抜と言う感じでもない。昨日はハコ3みたいな感じだし、初日は6着だからね。ギリギリの人生だし、レースもそんな感じでした(笑)。 
   10RS級東準決








1平原 康多
併走を目掛けて行こうと思ったら、1本棒。完全に飛んだと思ったし、よく届いたと思う。初日の落車で普通なら終わっていたし、これで優勝出来たら、自分でも感動すると思う。体調は万全でないし、気持ちだけです。

2新山 響平
​作戦は、慎太郎さんと一成さんが考えて、あんな感じでした。かなり吹かしていたし、最後は一杯でした。

3簗田 一輝
誘導は見ていたので、失格は怖くなかった。そんな詰まらないミスはしたくないので。一成さんのイン切りは想定外。流れで新山君の番手は考えていたけど、外からのスピードで一成さんに負けた。

4内藤 秀久
ちょっと、消化不良のレースだった。ゴールをすぎても、ハーハーしていない。もっと激しく走りたかった。

5渡邉 一成
周回中から入れ代わりがなく、ずっと外で併走になった。本当は、ジカでガツガツ競らないといけないけど、自分の技量では、インを切って内しかなかった。競りと言う、競りにならなかったし、ちょっと恥ずかしい。ラインに助けられた。

6神山雄一郎
道中から慎太郎が当たってくる。簡単には、負けられないと思いましたよ(笑)。最初メンバーを見た時、準決が4つあるのは知らなかった(笑)。あとは競りの技術的な面で拓弥には、アドバイスした。

7佐藤慎太郎
昔は、こう言う、イン切りが多かったけど、今の子は知らないからね。残念だったけど、同じチームイー新聞から4人決勝に乗ってくれたので。

8神山 拓弥
一成さんが前に行ったので、イン切りだとすぐに分かりました。普通なら平原さんの3番手を回っていたけど、こう言う概定番組なので仕方ないですね。

9木暮 安由
​栃木勢には気を遣わせてしまった。平原さんなら、どんな展開でも行ってしまうと思っていた。僕が前なら飛んでいましたよ(笑)。


 
   11RS級西準決








1中川誠一郎
タイミングはバッチリだったけど、雨で滑ってしまった。あれがなければ、ワッキーの先捲りを許さなかったと思う。コメントは、先行、カッコ笑いと、言ったのに、捲りになりすみません。雨でなく、コメントも滑ってしまいました(笑)。

2南  修二
​中団に入ったのは、ワッキーの判断だったので。地元のビッグだし最終日は勝てる様に頑張りたい。

3金子 貴志
いつも通り竹内君が行ってくれた。2車なのに、凄いですね。ただ脇本君と中川君のスピードが違いました。

4坂口 晃輔
自分が、きちんと柴崎さんに付いて行ければ、結果は違った。申し訳ないですね。

5脇本 雄太
オールスターの決勝みたいに、気持ちで竹内さんに負けた。あそこで中団に入ろうとするのはダメでしょう。腰の鈍痛はあるけど、段々と良くなっている。あとは、納得のいく走りが出来ず、精神的なダメージがある。近畿のみんなの気持ちを背負い、決勝は頑張りたい。

6竹内 雄作
ホームで脇本さんが中団で収まったのは分かった。そこから、立ち上げようと思ったけど、踏み上がらなかった。やる事はやったけど力不足です。

7松岡 貴久
これで誠一郎さんは、ダブルで祝勝会の可能性がありますね。2着の届けば良かったですが、残念です。

8井上 昌己
雨で前が見えなかった。2着権利で3番手のレースだと、厳しいですね。

9柴崎  淳
あそこでワッキーに入られる訳にはいかない。それで全力で踏み込んだ。そうしたら、後ろにワッキーがまだいてビックリ。坂口君がいれば結果は違ったと思う。これから、説教しておきます(笑)。

 
   12RS級東準決




1小原 太樹
和田君のレースが完璧でしたね。ワンツーと思った瞬間に、新田さんが飛んできた。

2諸橋  愛
余裕はあったけど、反応が遅れた。もちろん、メンバー的に、きつかったですが。

3新田 祐大
坂本君と意思疎通は出来ていた。結果は別として、彼の気持ちは伝わってきた。坂本君がガス欠をおこした感じになったので、そこから自分で踏み込んだ。もちろん、優勝しか考えていない。

4坂本 貴史
新田さんの力があれば、どんな展開でも勝ってくれると思っていた。逃げるレースが基本だったけど、南関勢にやられてしまった。

5芦澤 辰弘
あの新田さんの仕掛けには付いて行けない。勉強になったし、地道に頑張っていきたい。

6志村 太賀
まずは諸橋さんが決めて、次が芦沢君。それから僕の順番で並びを決めた。同期近藤君が行ってくれたし、少し夢を見ましたが。

7渡邉 雄太
せっかく近藤さんが行ってくれたのに、そのチャンスを活かす事が出来なかった。申し訳ないです。

8近藤 隆司
2角でもう一杯だった。もっと、風よけになれれば良かったですが(笑)。これからも、色々な並びのバージョンで走りたい。

9和田真久留
万全ではない中で、力を発揮する事が出来た。決まったかと思ったけど、最後は新田さんの脚色が違いましたね。



ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
二日目勝因敗因
 
  1R S級選抜




1 山田 英明
初日は、行こうと思った瞬間に、接触して後輪が壊れるアクシデント。ただ、後手を踏んでいたからだし、もっと前々の走りをやっていれば、こんな事はなかった。今年は、なかなか特別競輪で結果が出ない。我慢の時だが、気持ちを切らさず、頑張りたい。

2 岡村 潤
根田君のタイミングに任せていたので仕方ないですね。いつも頑張ってくれるので気にしていない。

3 杉森 輝大
1周目から、メチャクチャ、誘導が上がった。結果的に、九州勢の捲りに乗る感じになった。欲を言えば、2着までに入りたかったですね。

4 伏見 俊昭
予備なので補充は待っていた。さすがに、杉森君の3番手は回れなかった。自分で先に捲る作戦だったけど、脚ががなかったですね。

5 園田 匠
ダッシュがないから、誘導が上がるレースは大歓迎。初日も思ったより後ろになり、突っ込めなかっただけ。タテ脚に不安は感じていなかった。今日は山田君の後ろだし安心感しかなかった。このメンバーで走る選手ではないから。

6 山本 伸一
誘導が早く、押さえるので一杯。2回ぐらい先行した感じです(笑)。逃げると言うより、とにかく一旦ペースを上げておこうと。そんな感じの作戦でした。

7 守澤 太志
最初のメンバーで、杉森さんとコメントしたので。で、最後、アクシデントがありメンバー変更になったけど、そのまま杉森さんに任せるレースだった。あれ以上は、突っ込めないですね。

8 村田 雅一
車間を切っている感じがあったので、真後ろの伏見さんが捲ってくるのは分かっていた。山本さんが行ってくれたけど、山田さんが更脚だったので。

9 根田 空史

初日は赤板過ぎから仕掛けて捲られたけど、掛かりは悪くなかった。今日は8番手になったので仕方ないですね。

 
  2R S級選抜



1 松谷 秀幸
あのまま、稲垣さんに中団を渡す訳にはいかないので。それで、内から掬う走りになった。ハラケンが来る前に、仕掛ける事が出来た。少しは自分らしい走りが出来たかな。

2 金子 哲大
頭の中で、しめしめと思う展開だった。それで、簡単に捲られた。新ルールの影響でなく、自分の状態に問題がありますね。

3 稲垣 裕之
新ルールに関しては試行錯誤。今日は初手で後ろ攻めになったけど、難しいですね。松谷君に上手くやられたけど、あれ以上は引けないので。明日も自力のメンバーなら、色々と試したいですね。

4 三谷 将太
ケガの影響は全然ない。今日は稲垣さんに全て任せていたので。

5 堤 洋
初手でスタートを取ってくれと、原田君に言われていた。凄い快速捲りだったので、付いて行く事が出来なかった。

7 原田 研太朗
堤さんがスタートを取ってくれたのが大きかった。前のもつれは気になったけど、自分のタイミングを大切にした。初日、逃げて9着ではなかった。苦手のレースで大敗ではなかったので、調子は問題ないと思っていた。

8 海老根 恵太

9 岡 光良

​元々、喘息の持病はあったけど、水泳を始めて、それは治った。今は体調が万全とは言えないけど、一応、走れる状態。落車で頸椎骨折もやったし、ケガばかりの人生ですよ。金子君が行ってくれたけど、後方からの捲りのスピードが違った。ただ、仕事が出来なかったし、金子君が怒っているかも(笑)。
 
  3R S級選抜




1 小松崎 大地
和田君が抜きすぎ? それは、和田君に聞いて下さい(笑)。車間も空いたし、南君を捲るのが、きつかったですね。

2 南 潤
ペースでなく、もっと引き離す先行の方が良かったかも。あれで、残れないし力不足です。

3 岩津 裕介
小川君自身が分かっていると思うけど、今日の組み立てでは…。突っ張るか、早めに下げるかメリハリがないと。逃げなかった事を、どうのこうの言っている訳ではない。

4 神田 紘輔
本来の南君なら、あそこからグーンとスピードが一段階上がる。僕自身も余裕がなくて止め切る事が出来なかった。

5 和田 圭
何にもやっていない。ただ、捲りに付いて行き抜いただけ。それも、早すぎて(苦笑)。展開1本だけど、小松崎さんに申し訳ない。

6 新井 秀明
とにかくきつかった。一番後方になり、遠すぎた。

7 池田 良
判断は小川君に任せていたので。ちょっと後ろでしたね。

8 澤田 義和
2角から南君が失速する感じになった。本来の彼の走りではなかった。行った時のスピードは良かったですが。

9 小川 真太郎

こんな走りでは、岩津さんに怒られても仕方ない。小松崎さんが、あんなにジャンでムキになると思わなかった。結果的に突っ張るか、早めに引き、捲りに構えた方が良かった。全然ダメな2着です。
 
  4R S級選抜




1 志智 俊夫
稲毛君が踏んだ瞬間に行けると思った。今日は、初手の位置を決めておくぐらいだった。前が脚を使っていたし、それも大きかったですね。

2 稲村 成浩
みんなS取り合戦で、フライング気味のレースでした。新ルールになり、やはり後ろ攻めはきついですから。

3 山中 秀将
レースは作れたけど、まだまだですね。良い時の、5割にも満たない。みんなSが欲しいレースでしたね。

4 濱田 浩司
佐々木君のダッシュが凄かった。完全に千切れる感じだったけど、意地もあるので。

5 吉田 拓矢
前回の地元記念に続き、自分のレースが出来ていない。何とか現状の力で残りのレースも頑張るしかない。

7 佐々木 豪
新車の感じがやばすぎる。今まで作った自転車の中で一番良い。フレーム自体は硬いけど、その分、加力が凄い。これを乗りこなせる様になったら、もっと成績がアップする。

8 稲毛 健太
志智さんと相性が良く、何度もワンツーを決めている。誘導が早く、後方になったけど仕掛けてからのスピードは良かった。落ち着いて、走れてもいる。

9 福田 知也

​二日間、9着、8着だし、まだまだですね。骨折明け二戦目だし、急激に良くなるはずはない。
 
  5R S級西二予






1 小倉 竜二
太田君が粘る感じになった時は、どないしたらええか、分からんかった。内から山田君が来たので、外の山崎君を止める事が出来なかった。完全に内を掬われるから。詰まったので早めに踏んだけど、そんなに出なかった。

2 村上 博幸
最後は自分のタテ脚を信じるレースになったけど、遠かったですね。

3 山崎 賢人
太田君を叩き切ったし、内容は良かったと思う。だけど、残れなかったのは脚がないから。風もあったけど、最後は脚の問題でしょう。

4 松岡 貴久
山崎君が力でねじ伏せる走りをやってくれた。だけど、残せず、昌己さんに怒られそう(笑)。内に太田君がいたけど、そこは気にならなかった。自力では分からないけど、人の後ろなら勝負になりそう。

6 高橋 和也
単騎だし、ちょっと難しかったですね。あとは、若い子も強かったので。

7 橋本 強
もっと早めに突っ込めば頭まであったかも。最初、山田君が僕のところで粘ってきたけど小倉さんのところまで行ってくれたので。あとは小倉さんが早めに外を踏んでくれたので、コースも出来ましたね。

8 柏野 智典
山崎君のダッシュが凄かった。僕がきちんと付いて行ければ、結果は違いましたね。

9 太田 竜馬

​山崎さんを併せる脚がなかった。あとは引けないと思ったので。小倉さんと橋本さんが勝ち上がってくれた事は良かった。
 
  6R S級東二予




1 諸橋 愛
ケガの影響は全然ないですよ。今日も3着に突っ込めたので。この後も、地元弥彦記念とかもあるし、良い走りをやりたいですね。

2 内藤 秀久
一番良いタイミングで和田君が行ってくれた。スーパーダッシュだし、最後の粘りも良かった。あれを抜いての1着だし、僕自身の状態も良いですね。

3 大槻 寛徳
今度のルールは、だいたい車番でレースが決まってしまう。外枠だと、もう枠負けでレースにならない。一旦、押さえても、また後ろになってしまう。あとは、人によっても誘導のペースも違うので。

5 和田 真久留
8百は無理でも6百なら持つ先行の練習もやっているので。一番良い感じでカマシに行けた。体調は万全でもないけど、今日は良い走りが出来たと思う。

6 小林 大介
3番手だし展開次第。今日は和田君のカマシが決まった時点で厳しかったですね。

7 山崎 芳仁
先行争いがなかったし、和田君が駆けたのも残り1周。掛かっていたし捲る事が出来なかった。

8 萩原 孝之
和田君のダッシュに付いて行けた事は良かった。作戦も、あんな感じでした。最後、諸橋君に中を割られたのは、もったいないですね。

9 吉澤 純平

僕のスピードも悪くなかった。だけど、和田君のカマシが見えなかった。それで併せる事が出来なかった。
 
  7R S級西二予




1 村上 義弘
(足早に控室に戻る。さすがに声は掛けずらかった)。

2 渡部 哲男
せっかく河端君が展開を作ってくれたのに、それを活かす事が出来なかった。情けないし申し訳ない。

3 柴崎 淳
本当は中団から攻めたかったけど、後方からのレースになってしまった。だから、早めに一旦押さえてからだと思った。今日は坂口君の仕事のおかげ。上手く古性君の動きに乗る事が出来た。

4 湊 聖二
あの外併走から来るし、古性君は強いね。あとは富生さんのコース取りも流石だった。脚があれば3着に入れる展開だった。

5 古性 優作
地元のビッグだし残念です。哲男さんに持ってこられ、後輪が飛んでしまった。その分、最後失速した。

6 河端 朋之
自分にしては、ちょっと距離が長すぎた。だけど、突っ張られる可能性もあるので、あのタイミングの仕掛けになった。誰かが来る感じで、それを併せる仕掛けの方が良かった。

7 坂口 晃輔
後ろが富生さんだと、格上のマーカーだし自然と気持ちが入る。それがあったから、村上さんを飛ばす事が出来た。柴崎さんも、すぐに反応してくれ、古性君を追ってくれた。最後は4着かと思ったけど、ライン的には、それでもオッケーと思った。この後は、柴崎さんと一緒に黄檗山。精神的にやばくなるし、もっと良い思いをしておきたい(笑)。

8 山口 富生
今日は激伸びでした(笑顔)。コースも見えていたし、ハイペースでなく自分向きの展開になった。これから中部の記者を集めて、胴上げさせよう。これでも、一応、10何年前に、宮杯は優勝しているので。

9 椎木尾 拓哉

​この3番手で負けたのなら納得です。自分もまだまだ、甘さがある。
 
  8R S級東二予




1 中村 浩士
目の前で落車。避けられたのは奇跡ぐらい。初日に続いて、今日も落ちたかと思った。

2 菅田 壱道
(落車し失格)。

3 長島 大介
順番が来たら行こうと思っていた。メンバー的に、徹底先行が不在。しかも後ろは神山さん。上手く駆ける事は出来たけど、最後の最後で粘りを欠いた。だけど、後ろのワンツーに貢献出来たし、それは良かったと思う。

4 成田 和也
(落車し携入)。

5 田中 晴基
スピードは悪くなかったけど、止まってしまった。中村さんと決める事が出来ず、残念です。

6 齊藤 竜也
僕の脚で二次予選を走れただけでも満足ですよ。前の梁田君も勝ち上がってくれたので。

7 芦澤 辰弘
長島君の気持ちと、神山さんの名前で勝ち上がる事が出来た。昔の競輪みたいに、3番手だけど、自分自身で仕事をやれた。失格3回の神山さんに仕事はさせられないし、自分が全部止めようと。どのコーナーを回っても、神山さんへの応援が凄い。実は高松宮記念杯は相性が良く、昨年も準決には進んでいる。

8 神山 雄一郎
長島君とは練習を一緒にやる事もあるし、普段から信頼関係がある。だから、ダメならダメで諦めはつく。一番理想的な展開になったし、前のレースで富生君が勝ち上がっていたのも刺激になった。最後は後輪が潰れる感じになったけど勝てて良かった。失格のハンデはあるけど、走っている時は気にしていない。

9 簗田 一輝

​車番的に前か後ろか極端になると思っていた。だから8番手も覚悟していた。長島さんがペースで駆けていたし、届かないかと思っていたけど、3着に入れて良かった。
 
  9R S級西二予




1 松浦 悠士
深谷君のレースにしてしまった。掛かっていたし捲る事が出来なかった。結果的に前からの方が良かったかな。

2 深谷 知広
粘られない様に、それは意識して仕掛けた。出てからは落ち着いて走れたし、タイムも満足。疲れのピークであるけど、初日より良い走りが出来ました。

3 桑原 大志
先にジャンで松浦君は切った方が良かったと思う。深谷君の先行を6番手から捲るのはきついので。

4 東口 善朋
深谷君と金子さんのおかげですね。僕は3番手で自分の位置を守っただけ。最後も金子さんがコースを作ってくれたので。

5 香川 雄介
あの展開ではどうにもならない。7着なら特選を走れるし、それだけでも良かった。

6 坂本 亮馬
松川君の判断に任せていたけど、どっちが来ても、番手で粘った方が良かったと思う。俺ならそうするし、そう言う話しもしていたけど。

7 金子 貴志
昨日は竹内君、今日は深谷君と、前の先行選手が強いので。中部にとって喜ばしい事です。連日、抜けるか抜けない展開だけど、自分より前が強いと言う事ですよ。だから、悪い感じはしていない。

8 松川 高大
番手か3番手で粘れば良かったけど、その余裕がなかった。松浦君が前の東口さんのところに降りてきて、踏むコースもなかった。



 
  10R S級東二予





1 内藤 宣彦
大森君と2車で厳しい展開。6着だし、あれ以上は厳しいですね。

2 平原 康多
落車後で状態は最悪。ただ、気持ちだけは負けない様に走った。鈴木君が一旦、止まったけど、再度、行ってくれた。最後も捲り切ってくれたけど、僕も小原君に持ってこられていたので。そこで余裕が少しなくなっていた。

3 小原 太樹
自分の技量不足で、ライン全体のチャンスを潰してしまった。そこは申し訳ないし、自分だけになってしまった。ただ、タテの脚は問題ないですね。

4 大森 慶一
少しでも前々と思っていたけど、特別競輪の二次予選で、自分でやるレースでは無理。

5 和田 健太郎
桐山君は、やはり気持ちが違うね。ジャンで腹をくくったのが分かった。もう一発、小原君が止める感じになれば面白かった。

6 渡邉 晴智
本当は僕の選考順位で6着だと二次予選には進めなかった。ここを走れただけでも。

7 鈴木 竜士
突っ張る準備をしていなかったのは反省材料。一応、力は出し切れたけど、最後の余力がなかった。桐山さんもハイペースで駆けていたので。

8 志村 太賀
平原さんの後ろだし責任のある位置。離れない事だけを考えて走った。特別競輪の準決は2度目。最初の1回も、高松宮記念杯でした。

9 桐山 敬太郎

4車だし、基本的に逃げようと思っていた。北日本も味方になれば6対3になるので。鈴木君は飛んだかと思ったけど、休んでいただけ。結果的に、全開で踏まず、彼が休んでいる時に一緒に休めば良かった。
 
  11R S級白虎賞




1 三谷 竜生
ワッキーが行けなかったのだから仕方ない。準決は、今節初めての自力の番組になる。ただ、ワッキーの後ろは、自力でやるのと一緒なので。体も特に問題はない。

2 中川 誠一郎
初日は3番手、今日は番手、明日の準決は自力のメンバー。松岡君と昌己君の前で、先行します!と書いておいて下さい(笑)。

3 吉田 敏洋
こんな言い方をすると怒られるかもしれないが、今日の結果はまぐれでしょう。鼻息を荒くして、すっ飛んで行き、失格になったら馬鹿らしい。そうルールが決まったのだから、それはやるなと不破君には言っておいた。今回は中部が10人参加して8人が準決進出。浅井君の気持ちを背負い、その責任感でみんな良い走りが出来ているのだと思う。もちろん、彼1人の力には、全員まとめてもかなわないけど。

4 井上 昌己
今日も3番手、明日の準決も熊本勢の後ろで3番手。一人でやった方がチャンスはあるけど、そう言う訳にもいかないので(笑)。

5 南 修二
前の2人の動きを見て、どのコースを踏もうか考えていた。準決はワッキーの番手。久々の番手だし、凄く楽しみ。まずは、踏み出しに注意して。

6 不破 将登
誘導の早期追い抜きと、5秒ルールは頭に入っていた。だから、最後まで、しっかり踏もうと。今日に限って言えば、いつもの5倍の力が出ました。

7 清水 裕友
これがセオリー通りの展開なので。あまりにも早く行くと、脇本さんを引き出してしまう。ただ、相手が2段駆けだったけど、思ったより車が出なかった。

8 竹内 雄作
番手スパートのタイミングは難しかった。不破君が失格なら、台無しになるので。今日は完璧な走りをやってくれたし、僕自体の出来も良いです。

9 脇本 雄太

​今日は不破君が冷静でしたね。前検日、初日に比べると腰の違和感はなくなっている。あとはハンドル回りの感じが良くないので、そこは交換するつもり。
 
  12R S級青龍賞




1 木暮 安由
まずは8番手になったのが失敗。前も邪魔になり、本当に踏んだのは2センターぐらいから。

2 佐藤 慎太郎
新田君が落ち着いていたし、仕掛けるタイミングもバッチリでしたね。外に木暮君が見えたけど福島の3人で決まり良かった。準決は競りなの? 嘘でしょ(苦笑)。普通に考えたら、競り負けるよね。その先の事も作戦の中で考えておかないと(笑)。

3 渡邉 雄太
一発狙う走りだったけど、新田さんの力が上回った。最後まで諦めずに踏んだつもりですが。

4 神山 拓弥
やっさんには、いつも世話になっているから。準決は関東別線になるけど2着権利なので新山君ジカ。後ろに雄一郎さんもいるし、一成さんに競り勝てば4角番手だと思うので。

5 新山 響平
出るのに脚を使ったし、結構最後はバテバテでした。自分の走りは出来たので、準決も引き続き先行します。

6 近藤 隆司
人の後ろは慣れていないし難しいですね。準決も渡辺雄太君と一緒だけど、今度は逆並びで。彼が調子悪いと言っていたから、僕が前でやります。

7 渡邉 一成
今日に関して言えば、新田君が強かった。準決は競りになるけど、引けないですね。神山君と競りになるけど、新山君の番手へ。

8 坂本 貴史
最後は新田さんとの勝負になったけど、踏み負けた。今度はラインを組むし、迷惑をかけない様に走りたい。

9 新田 祐大
とにかく、駆けるにしろ、位置を取るにしろ、一旦前に出てから考えようと。仕掛けた時に前の坂本君と合ってしまい、きつかった。一成さんなら脚があるから抜かれても気にしていない。青森勢とは別線だったし、僕も負けられない気持ちで走った。




ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日勝因敗因
  1R S級西一予




1佐々木 豪
小倉さんには、先に切れと言われていたけど、新ルールの失格が頭をよぎってしまった。内外線間でなく、その外なら、誘導に差し込んでも良いみたいですね。初速は良かったし行けると思ったけど、竹内さんが掛かっていた。違う自転車に変えようと思ったけど、小倉さんにやめておけと言われた。

2 桑原 大志
ちょっとシビアだったかもしれないが、竹内君の3番手を回って正解だった。自分でも佐々木君を張る余裕があった。外から、もう1車伸びれば良かったけど、この3着なら十分でしょう。今は清水裕友と、特別競輪で一緒に走れる事がモチベーションになっている。

3 山田 久徳
取手記念で1回走っているから、新ルールは気にならなかった。誘導も極端に上がった感じはしなかった。捲りが決まらなかったけど、何とか勝ち上がれたので。

4 竹内 雄作
特別競輪の1着なんで嬉しいですね。珍しく、ガッツポーズをしてしまった。あまり後ろは見たくないんですが、モニターで佐々木君の動きを確認していた。もこもこしていたのが見えたので、大丈夫だと思った。悪くはないし、白虎賞も勝負になると思う。

5 東口 善朋
まずは山田君が中団を取ってくれたから。5着だし、二次予選も頑張りたい。

7 小倉 竜二
6着で勝ち上がれるルールはダメでしょう(笑)。2人上がりだけど、選考順位が上だし勝ち上がれると思う。多分、こんな展開になると思っていた。佐々木君の場合は脚があるし、あとは組み立ての問題でしょう。

8 堤 洋
9番手で、遠かったですね。まあ、オグだけでも、勝ち上がってくれたので。

9 金子 貴志
雄作君は落ち着いていたし、凄く掛かっていた。あの展開なら抜けるか抜けないかの勝負。本気で踏み抜けなかったので仕方ないですね。
  2R S級東一予




1渡辺 一成
どっかで流れるところがあるかと思ったけど、良い感じで根田君が駆けていた。ジャンがなっても一本棒だし、やばいなと。丁度、五十嵐さんの後ろが空いていたので休んだ。杉森さんも当たってこなかったので、余裕はあった。あとは和田健さんのところを乗り越えられるかだった。

2 和田 健太郎
いくら根田君でも、一番脚を使っていたからね。来ない感じで駆けていたし、一成君が強かった。あれを止めるには、イエローラインまで持って行かないといけない。それは、さすがに無理なので。

3 神山 雄一郎
みんな関東の仲間が気をつかってくれ、5着と言ってくれた。これで、6着だったら、さすがに俺でも落ち込むよ(笑)。

4 杉森 輝大
​後ろの2人が勝ち上がってくれただけでも。ホームの動きは、少し甘かったですね。

5 根田 空史
新ルールは僕向きと思っていたけど、今日はきつかったですね。

6 五十嵐 力
根田君には、いつも世話になっているので4番手を固めた。今は良くないので我慢の時です。

7 和田 圭
一成さんのトリッキーな動きに対応出来なかった。力不足です。

8 萩原 孝之
3番手だし内を締めて回っていただけ。根田君が行ってくれ、和田健君もタテに踏んでくれたので。だけど、一成君のスピードはやばかったですね。

9 長島 大介
​もちろん、神山さんのコースを作る事は意識していた。作戦は前からだったし、杉森さん任せ。2着まで届いているし余裕もありました。

 
  3R S級西一予



1 松岡 貴久
みんなが、やり合うと思っていたので、最後に捲れば良いやと思っていた。そうしたら、単調な展開になってしまい。脚も使っていないので、前の選手のおかげと書いておいて下さい(笑)。

2 稲垣 裕之
​南君のタイミングに任せていたし仕方ないですね。気持ちを切らさず、残りのレースを頑張りたい。

3 原田 研太朗
切って、南君が来るのを待っていた。そうしたら、全然来ない。それで仕方なく逃げた感じですね。まさか、あんなに沈むとは(苦笑)。

4 坂本 亮馬
今の状態で5着は大きいですね。ずっと、内で詰まり、踏むコースもなかった。
二次予選は穴を出せる様に。

5 不破 将登
ハラケンが踏んでくれないかと思ったら、踏んでくれたので。やはり、急遽、正規に繰り上がり、ラッキーボーイでした(笑顔)。渡部さんのブロックは強烈だったけど、乗り越えられて良かった。

6 神田 紘輔
地元の高松宮記念杯だったけど、そんなにプレッシャーはなかった。僕は稲垣さんの後ろだし、何か言える立場ではないですよ。

7 渡部 哲男
最後は残す事が出来なかったけど、原田君は掛かっていた。段々と上がって行く感じだった。真後ろからの捲りで止める事が出来なかった。

8 山口 富生
不破君が中団3番手を取ってくれたからね。本当はワンツーの展開だけど、4着で勝ち上がったので。

9 南 潤
​仕掛けるタイミングを逸して、稲垣さんに迷惑をかけた。ファンにも申し訳ないです。

 
  4R S級東一予








1 芦澤 辰弘
鈴木君は仕上がっていますよ。1周半先行で抜けなかったので。ジャン前は離れかけたし、付いて行けて良かった。

2 桐山 敬太郎
想定外の展開でした。内から、しゃくられるのは仕方ないとしても、後ろに2人いるから、もっと早めに追い上げないとダメですね。脚の感じは悪くないけど、こんな走りだと後輩達に言えなくなる(笑)。

3 山崎 芳仁
鈴木君が内から来るのは想定内。そこで4番手を冷静にキープした。ただ、それで安心してしまい、近藤君に入られた。それで、ジエンドでした(苦笑)。

4 近藤 隆司
山崎さんが切った上を叩かないとダメですね。4車のラインを活かす事が出来なかった。スピードが足りないし、途中で休んだのも問題。1着だったけど、内容が良くないですね。

5 守澤 太志
僕がもっと、山崎さんをアシストしないとダメですね。2人で共倒れに終わってしまった。

6 牛山 貴広
踏み遅れて、近藤君に割り込まれてしまった。きちんと付いて行けば、3人で決まったかも。

7 田中 晴基
近藤さんと桐山さんの判断だった。僕は与えられた展開で頑張ろうと。ギリギリだけど5着で勝ち上がれて良かった。

8 福田 知也
まだ骨折明け2戦目。今日は4番手だったけど、もう少し時間が掛かりますね。

9 鈴木 竜士
南関勢を出させると4車だし面倒臭い。それで、ジャンで内が空いたのが見えた。主導権を取ってからも自分のペースに持ち込めた。逃げてのレースだし二次予選以降も楽しみです。

 
  5R S級西一予





1 三谷 将太
(落車棄権も二日目も出走)。

2 岩津 裕介
見ての通りです。河端君のダッシュが凄くて、離れてしまった。

3 山田 英明
(接触して事故棄権)。

4 稲毛 健太
​行けると思ったけど、河端さんが強かった。ダッシュは自信あるけど、河端さんは、それ以上でした。僕はダメだったけど、後ろの南さんが1着だったので。

5 坂口 晃輔
高橋さんが前々に踏んでくれたので。それと先頭の河端さんの掛かりが良かった。それで後ろは、きついレースになったし、僕らは助けられた。

6 高橋 和也
緩めすぎると、みんな飛んでくるので、ある程度ペースを上げておいた。番手に嵌ったのはラッキーだけど、それを計算していた面もあった。最後は抜いて1着かと思ったけど、そこまで甘くなかったですね。

7 南 修二
飛んでしまったけど、稲毛君が頑張ってくれたので。あとは、地元のビッグだし行けるところまで行こうと。地元ファンの声援が車を押してくれた。脚は仕上がっているので、あとは、気持ちを更に高めて。

8 河端 朋之
とにかくダッシュ戦で、自分の走りをやろうと。久々の日本の競輪で違和感はあるけど、走る以上は頑張りたい。

9 橋本 強
​山田さんの落車は残念。それを避けてからは、少しでも流れに乗ろうと。自分で捲ろうと思ったら、前の南さんが仕掛けてくれた。それに上手く乗る事が出来た。

 
  6R S級東一予





1 和田 真久留
復帰戦で新ルール。感覚のズレが相当ありました。ジャン前に仕掛けるタイミングがあったけど、そこで見てしまった。斉藤さんのあおりがあり、行く事が出来なかった。

2 成田 和也
和田君の捲りが怖かったけど、坂本君のスピードが良かったですね。前回の小松島で優勝しているし、坂本君が自信を持って走ってくれた。

3 岡 光良
体調不良が続いていたけど、思ったよりは走れそう。金子君が行ってくれたけど、後ろのスピードが違いましたね。

4 齋藤 登志信
俺は何にもやっていないよ。捲りの3番手だし、離れなくて良かった。

5 稲村 成浩
金子君が行ってくれたけど、止められるスピードではなかった。力不足です。

6 渡邉 晴智
流れが悪くなると、こんな感じですね。9番手で、チャンスがなかった。

7 坂本 貴史
中団から組み立てたかったし、理想通りのレースになった。成田さんが位置を取ってくれたし、仕掛けてからのスピードも良かった。もっと噛み合えば、今回は面白い走りが出来そう。

8 金子 哲大
自分の走りは出来たけど、掛かり切らなかった。新ルールでなく、自分の脚の問題でしょう。

9 小原 太樹
​和田君の力があれば、ジャンでカマシに行けましたね。二人で4、5着だったし、今度はワンツーが決まる様に頑張りたい。

 
  7R S級西一予






1 山崎 賢人
駆けた感じも最後の粘りも今ひとつだった。すんなり主導権は取れたけど、あんまり良くない。修正して頑張らないと。

2 柴崎 淳
誘導が早いし、切るのに脚を使った。山崎君は、おいで、おいでの先行で楽に駆けていた。オレは香川さんが降りてくるし、かなりきつかった。

3 香川 雄介
​あれでは、小川君の巻き返しが決まらない。きつかったので、柴崎君のところに降りるしかなかった。これで高松宮記念杯は20回連続で出場。表彰もされたけど、20回も出ていて、何にも結果を残していないオレも凄い(笑)。

4 濱田 浩司
前が良いペースで駆けていた。これなら8着でも仕方ない。

5 井上 昌己
捲りが飛んでくる感じはしなかった。賢人も僕もお互い良い仕事が出来たと思う。2着に残るかと思ったけど、最後は少し失速しましたね。

7 志智 俊夫
捲り頃の展開になったけど、香川君の動きが誤算だった。あれで、柴崎君も踏めなくなってしまった。

8 小川 真太郎
もっとメリハリを付けた仕掛けなら行けたかも。ホームで中団に入ろうとしたのも失敗ですね。スピード自体は悪くなかった。

9 柏野 智典
​久々に、こんな本線の3番手なので、ドキドキした。最後は井上君が僕のコースを作ってくれたので。内だけ締めていて、誰か来る感じはしなかった。

 
  8R S級東一予






1 大槻 寛徳
最後は外でなく、内でしたね。6着だけど、何とか勝ち上がれそうです。

2 松谷 秀幸
菅田君を出させたのが失敗。あそこは踏んで、中団を確保しないと。最後もスライスして伸びなかった。

3 神山 拓弥
吉沢さんとワンツーを決められたのが何より。先行で強くなった人だから、やはりこう言うレースが得意ですね。長い距離を行ってもらったので、後ろからの仕掛けはかなり気になった。誰も来ないので、良いゴール前勝負が出来た。

4 山中 秀将
結局、みんな吉沢さん待ちのレース。後ろから押えに行き、また8番手になってしまった。駆ける気持ちがあれば別だけど、踏み過ぎると、ハラケンみたいなレースになるので。

5 吉澤 純平
不安は苦手なダッシュ戦の展開。そうならず、楽に主導権を取る事が出来た。久々に良い感覚を感じたし、これならケガの影響もない感じですね。また、昨年みたいに決勝に乗れる様に頑張りたい。

6 小林 大介
吉沢君の実質先行1車だし、前受けの作戦が良かったですね。こんな展開がいつもあると良いですね。

7 菅田 壱道
組み立ては良かったけど、車が全然出ない。体重を10キロ落として、腹回りの肉がなくなってしまった。それで、体が沈む感じがなく、ふわふわしていた。この体用にセッティングも出さないとダメですね。

8 海老根 恵太
山中君と8、9番手だったけど、まだ僕の状態も万全ではないので。

9 内藤 秀久

​松谷君の仕掛けを待った分、突っ込むのが遅くなった。躊躇せずに行っていれば、頭まであったかも。だけど、みんなに良い突っ込みだと褒めてもらえたので。
  9R S級西一予






1 吉田 敏洋
深谷君には、もっと構えても良いと言ってあったけど。俺もケガ明けで、コンディションが分からなかったので。千切れるか千切れないか、微妙なところだった。やはり世界で通用しているダッシュは違う。

2 椎木尾 拓哉
僕が深谷君ラインのどこかを、どかせれば良かったけど、ごっそり行かれてしまったので。

3 池田 憲昭
深谷君は行ってしまう感じだったけど、吉田さんと僕が付いて行けるかどうかだった。ケガの影響もないし、普通に走れますね。

4 松川 高大
ジャンで波を作ったけど、そんなの関係なく深谷君が行ってしまった。あとは8番手だし、行けるところまで行こうと。

5 湊 聖二
4番手で5着なら十分ですよ。深谷君は強いし、スピードもある。吉田君は深谷君にムリ駆けするなと作戦会議で言っていた。

6 山本 伸一
深谷君を併せるダッシュがなかった。行かれてからは、どこかどかしたかったけど。

7 園田 匠
一番強い選手が追い風を利用して、スイスイ駆けている。内も空かないし、突っ込むコースがなかった。番組の意図通りのレースになりましたね(苦笑)。

8 村田 雅一
深谷君のスピードが異次元だった。ちょっと、どうにもならなかったですね。

9 深谷 知広
​踏み出しは良かったけどペース配分をあやまった。そこは修正が必要ですね。最後はバテバテになったけど、ラインの3人で決まったので。ロシア遠征帰りの疲れはないと思うので、二次予選もクリア出来る様に走りたい。新車の感じも悪くないです。

 
  10R S級東一予






1 吉田 拓矢
引けないと思い中団で粘った。内に差していたので、外に当たれなかった。引いた方が良いと言う意見もあるだろうが、瞬時の判断だった。

2 簗田 一輝
吉田君のレーススタイルなら引くと思ったし、そこは驚いた。僕は、外併走でも固執するタイプなので。後ろの岡村さんが車体故障なのは分からなかった。2角で行ければ良かったけど、その脚はなかった。

3 小松崎 大地
逃げる展開になったし腹をくくった。やる事をやった結果なので。

4 大森 慶一
僕が6着だと、同期山崎芳仁さんが勝ち上がる。その方が興行的にも良いでしょう(笑)。

5 木暮 安由
俺は何にもやっていないよ、岡村さんのクリップバンドが外れたみたいだけど。吉田君が頭を出していたから、これでは負けると思った。ちょっと、シビアだったかもしれないが、自分で捲った。飲み込んだし、脚は悪くないと思う。昨年も決勝に乗り話題を提供したけど、今年も決勝に進みたいですね(笑)。

6 志村 太賀
木暮君が自ら仕掛けてくれたからね。だけど、途中で止まる感じになり、オレはきつかった。

7 岡村 潤
ちょっとアクシデントがあり、残念な結果でした。すみません。

8 齊藤 竜也
梁田君は梁田君のレーススタイルがあるので。あれで、2着まで行っているんだから組み立ては間違っていない。ラインを固めた甲斐はありました。

9 内藤 宣彦

​小松崎君が行ってくれたおかげ。足の痛みもなくなったし、状態は上向き。特別競輪の一次予選をクリアしたのは2年ぶりです。
  11R S級西特選







1 三谷 竜生
脇本君の仕掛けが、いつもと違ったかは、分からない。僕自体の調子が、ずっと悪かったので。踏み出しも余裕があったし、かなり状態は上がっている。清水君のブロックがあったから、ワッキーもきつく、それで失速したと思う。高松宮記念杯の連覇を目指して頑張りたい。

2 清水 裕友
まずは太田君の頑張りがあったから。自分だけになり申し訳ないけど、スイッチしてからは、かなり伸びた。あわやの展開まで持ち込めたので。やはり、このクラスのメンバーになると、全員、スキがないですね。

3 村上 義弘
結果は出なかったけど、1周タイムは悪くなかった。だから悲観はしていない。二次予選も古性君の番手。今度は決められる様に走りたい。新ルール? 走っている時は忘れていたし、これではやばいですね(笑)。

4 太田 竜馬
なるべく、レースが始まるのを遅くしたかった。古性さんが、切るのが早かったので嫌な予感はあった。普通に駆けても捲られるので、脇本さんを見ながらの仕掛けだった。

5 村上 博幸
やはり、ワッキーのスピードは凄いね。ごう音を立てて、ジェット機みたいな感じで通り過ぎて行った。

6 中川 誠一郎
僕も競技をやっていたし、ナショナルチームにも入っていた。だから3番手でもワッキーの踏み出しに離れない自信はあった。途中はブロックをもらわない様に遠くを走った。最後は死ぬ気で4着だと思い、松浦君を締め込んだ(笑)。

7 脇本 雄太
ちょっとスカスカしていた。今日は完全に太田君と力勝負だと思っていた。警戒されていたし、かなりきついレースだった。時差ボケもあるし、海外遠征の疲れもある。正直、良くないけど、戦える状態なのは間違いない。

8 古性 優作
組み立ても甘く、自分のレースが出来なかった。二次予選は村上さんと決めらえる様に頑張りたい。

9 松浦 悠士

​凄く良い感じはないけど、普通に走れるぐらい。ただ、ラインの先頭になった時がどうかな。二次予選は深谷君との対戦になるので。
  12R S級東特選





1 郡司 浩平
(落車し棄権)。

2 新田 祐大
3百勝はあまり意識していなかった。ゴールした瞬間に慎太郎さんから、おめでとう!と言われ気がついたぐらい。新ルールになり、車間を切り、後ろを確認するのが難しくなった。今日も、あわや新山君に離れるところだった。どうあれ、昨日から新山君の気迫が凄くて。その気持ちに自分も負けないように必死に走った。

3 平原 康多
(落車し棄権)。

4 諸橋 愛
落車したけど幸い、軽傷だった。明日も走れるし、頑張るしかないですね。

5 渡邉 雄太
組み立ては間違っていなかったし、乗り越える脚がなかっただけ。ゴール前も危なかったけど、必死に耐える事が出来た。平原さん相手に中団を取れるとは。たまたまだけど、青龍賞も頑張りたい。

6 新山 響平
落車があったから、たまたま。ただ、先行したから、こう言う結果も出る。吹かしていたわりには、最後も残れましたね。

7 武田 豊樹
(落車し棄権)。

8 中村 浩士
落車したけど、再入する事が出来た。体は大丈夫なので、二次予選も走りたい。

9 佐藤 慎太郎

​難しいレースになったけど、最後、みんな強引に突っ込んでくるからね。4着権利で、準決行けると思えば、後ろになった選手は死に物狂い。俺も、その立場だったら同じ事をやる。今日に関して言えば、新田君の技術が凄かった。番手捲りでなく、普通に残しに行ったからね。明日の並びを決めるのは難しいし、みんなの意見を聞いてから。あんに自力でやっているとか、同県とかで並びを決める​のはおかしいと思うので。北日本は北日本なりの、やってきた競輪があるから。
   
初日インタビュー

1R




佐々木豪
川崎の決勝は間違って北野武史さんがガッツポーズをしていましたね(笑)。ビッグの1R1番車だし期待されている証拠。新ルールで優勝出来たのも大きい。作戦は小倉さんに考えてもらい自力勝負です。

桑原太志
​さすがに4番手では、きつい。四国勢には申し訳ないけど。竹内君にも世話になっているので中部ラインの後ろ。

山田久徳
取手記念は完全に新ルールに対応出来ていなかった。あまりダッシュがある方ではないので。流れを見て自力自在に。

竹内雄作
まだ新ルールを走っていないので未知数。色々と変えたし、考える事もあった。2車より3車の方が当然走りやすい。僕は誰が相手でも金子さんを信頼して逃げるだけ。

東口善朋
​近畿で山田君の番手へ。レースセンスがあるし立ち遅れる心配もない。佐々木君も竹内君も位置に拘る選手ではないので。

沢田義和
​近畿の3番手。取手記念が終わり、向日町とサテライト姫路で5百勝達成のイベントがあった。次は6百勝を目指して頑張りたい。

小倉竜二
松戸ダービーも朝早い1レースだった。その時は取鳥君が突っ張ってくれ、ラインで決まり1着。ただ、佐々木君は作戦通り走るタイプではない(笑)。そこが問題だけど分かってくれるでしょう。

堤  洋
​四国ラインの3番手。番手がオグなので安心だ。前回は地元戦だったし、準決で失敗して残念。

金子貴志
​宇都宮の前に二泊三日で長野の松本競技場で合宿。高地トレーニングとも違うし
良い練習が出来た。涼しいし天気も良かったので。もちろん、竹内君の番手で仕事するだけ。

2R




渡辺一成
​新ルールが初めてだしイメージトレーニングはやってきた。だけど、走ってみないと分からない面もある。自分の行けるタイミングで自力勝負。

和田健太郎
取手記念の決勝? 意地は見せられたけど、競り負けてはダメでしょう。ジャンで松浦君の前に入り楽をしたかったけど、さすがにそれは…。ホームも野口君をカマシに行く感じだった(笑)。根田君の番手へ。

神山雄一郎
宇都宮記念? まあ最低限の走りが出来た感じかな。杉森君と長島君で話してもらい僕は、どうあれ長島君に任せる。

杉森輝大
最近は良かったり悪かったりで波がある。それが欠点ですね。長島君と話して僕が前で自力勝負。

根田空史
​新ルールは大歓迎。僕や野口さん向きですね。スピードを立ち上げるのは苦手だったし、今度は勝手に誘導が上がってくれる。小松島の決勝は後ろが諸橋さんと大槻さんで競り。それもあったけど、松山の全プロから帰らず、小松島に行ったので。自力勝負。

五十嵐力
全く伸びている感覚がないですね。特に心当たりはないですが。根田君は別格なので4番手になるけど南関で結束。

和田 圭
一成さんの番手へ。宇都宮はガッツリ練習をしてから行ったのに、あまり良くなかった。とにかく踏み出しに集中。

萩原孝之
​千葉コンビの後ろへ。新ルールに関しては、何とも言えないですね。直前は軽めに練習をやった程度です。

長島大介
自力でやる訳ではないので、新ルールに関しては関係ないですよ。杉森さんの番手へ。


3R




松岡貴久
​取手記念は、みんなに良いレースと言われたけど、残念ながら失格。亮馬とは、その時々で前後を決めている。今回は僕が前で頑張る。まずは位置に拘って。

稲垣裕之
やっとやりたいレースが出来る様になってきた。それで結果も付いてくる様になった。ここからが本当の競輪人生ですよ(笑顔)。連係実績のある南君の番手へ。

原田研太朗
取手記念の二次予選は悔やまれますね。野口さんの突っ張りは分かっていたし、もっと意地を見せないと。岸和田は苦手意識もないし自力勝負。

坂本亮馬
同期松岡さんの番手へ。やっと練習が出来る様になってきたけど、G1で勝つ脚があるかは何とも…。

不破将登
完全にラッキーボーイです。前検日に荒井さんが欠場して、急遽、予備から正規に繰り上がった。このツキを活かして自力勝負。

神田紘輔
​実力不足だけど、地元戦なので。近畿の3番手で勝ち上がれる様に。

渡部哲男
原田君の番手へ。前回の決勝進出で悪い流れを断ち切れたかな。決勝もラインの4人で決まり、4番手で4着なら十分でしょう。

山口富生
4百勝は、いつか達成出来ると思う。かなり足踏み状態が続いていますが。同県の不破君の番手へ。

南  潤
最近、捲りが多くなっているけど意識的ではない。新ルールに関しても、対応出来る様に勉強してきたつもり。ライン3車を活かして自力勝負。


4R




芦沢辰弘
​良いパフォーマンスを魅せられる様に頑張りたい。鈴木君との相性も良いですから。残す、残さないでなく、まずは離れない様に。今年前半は目立ったヒットもなかったし、これからですよ。

桐山敬太郎
後輩達がこの並びで良いと言ってくれた。最初は別かなと思ったけど。なので近藤君の番手へ。捲りが来たら全部止める気持ちで。

山崎芳仁
​来年の3月までは沖縄にいる予定。その後は、子供の学校もあるから、いわきに戻ると思う。自力でやっても苦にならないし、普通に自力勝負。

近藤隆司
​4車ラインの先頭だし責任を持って。前橋F1の初日特選で、桐山さんに行ってもらい1着を取っている。ラインの全員にチャンスのある仕掛けが理想です。

守沢太志
暴れていないし、最近は大人しく走っている(笑)。何度も後ろを回っている山崎さんの番手へ。

牛山貴広
地元記念は、武田さんの分までと思い走ったけど役者不足だった。後輩2人に頑張ってもらい茨城の3番手。

田中晴基
桐山さんには、いつも世話になっている。まとまるなら、この並びと言う事になった。僕は南関の3番手です。

福田知也
南関で結束して4番手。取手記念は骨折明けで5割にも満たなかった。それよりは少し上積みがあるぐらい。

鈴木竜士
納得のいく成績を残せていない。もちろん、このまま甘んじるつもりもない。ラインで決める自力勝負です。


5R




三谷将太
近畿の3番手。普通に地元で練習をやり仕上げてきた。番手の仕事は南さんに任せて脚をためたい。

岩津裕介
差せば優勝だったけど、松浦君が強かった。世界の脚がある河端君の番手へ。とにかく踏み出しだけは凄いので。

山田英明
​前回の地元武雄は新山君が強すぎた。僕ら自在選手は、後ろ攻めだけはダメだ。それが新ルールの特徴のひとつ。自力で自分の走りをやりたい。

稲毛健太
後ろは地元の南さんと三谷さんだし責任重大ですね。自分の中では成績より悪くないと思っている。後手を踏まない自力勝負。

坂口晃輔
中部で高橋さんの番手へ。新ルールで、それなりに成績をまとめる事が出来たのは大きい。どんな展開でも突っ込みたい。もちろん、浅井先輩の分も。

高橋和也
車番が悪いですね。これでは後ろ攻めになってしまうかな。坂口君はファイターだし後ろを信じて自力勝負。

南 修二
​ずっと大きなところを走れずF1回りだった。それがあったから、捲りの決まり手が増えたと思う。タテ脚は重要になるので。あまり入れこまず、自然体で走りたい。稲毛君の番手へ。

河端朋之
​ロシアに遠征に行き、時差は6時間。普段より、時差ボケはない。日本の競輪の練習はやっていないし、新ルールも分からない。どうあれ、自分の持つ距離を考えて、自分のタイミングを大切にしたい。岸和田で鎖骨を骨折しているけど、それも気にしないで自力勝負。

橋本 強
​岩津さんに断りを入れてから山田さんの番手へ。そうでないと、競輪道にも反するから。

6R




和田真久留
​今回は練習と言うより、体の治療がメインだった。だから、ハードな練習はやっていない。足の故障から腰痛も出たので。走ってみないと分からないけど、それなりの自信もある。自力で。

成田和也
ここ数場所、全然良くないですね。年齢には勝てないかも。北日本ラインで坂本君の番手へ。

岡 光良
​原因不明だけど、眩暈とか体調が良くなくて。それもあるから、関東で折り合う。稲村さんも実績のある選手だし関東の3番手です。

斉藤登志信
調子はボチボチ、展開次第。北日本の3番手で欲をかかずに。

稲村成浩
​最初は埼玉の後ろだと思っていたけど岡君が折り合ってくれた。金子君の番手で結果を出したい。

渡辺晴智
​これ以上、悪くなる事はないと思うけど(苦笑)。神奈川コンビの後ろで離れない様に。

坂本貴史
小松島は中団からの先捲りで優勝だった。誘導が早くなっているけど、あまり気にならなかった。先行か捲りの自力で。

金子哲大
松戸ダービーは出来過ぎだった。まさか準決勝まで進めるとは思っていなかった。積極的な自力勝負です。

小原太樹
競走得点は自己マックスをキープ。取手記念の1着失格は残念。和田君とは確か、川崎記念の二次予選以来。その時はワンツーでなかった。後ろが晴智さんでもあるし気持ちは自然と入りますね。


7R




山崎賢人
2週間前の岸和田で落車したけど、幸い擦過傷程度だった。フレームも大丈夫だったし、全プロも普通に走れたので。井上さんには公私共に世話になっている。ワンツーが決まる自力勝負。

柴崎 淳
​新ルール? 四日市G3で誘導をやっていたので、何となく感覚はつかめた。僕は誘導のエースだし、パーフェクトの誘導だったと思う(笑)。小松島の準決は失敗したけどメンバーがきつかった。普段通り自力で。

香川雄介
​小川君の番手。連係は昨年の宮記念杯以来。ケガが多いけど、オレとオグが落車王になっているので(苦笑)。
​丈夫に産んでくれた両親に感謝。

浜田浩司
弟子の松本君が今強いので。僕も置いていかれない様に。四国の3番手を固める。

井上昌己
​全プロに出れなかったので、残念ながら親王牌には出場出来ない。何度も連係している山崎君の番手へ。

池田 良
​柏野さんが九州の後ろを選んだ。なので僕は3番手を回れる中部ラインの後ろへ。

志智俊夫
2場所走ったので高松のケガの影響はない。相性良い柴崎君の番手へ。

小川真太郎
上を目指してセッティングを試したけど、効果がなかった。だから、今回から元に戻す。直前の練習の感じは良かったので、先輩の言われた通りに走ります!

​柏野智典
地区的に中国と九州の方がラインは濃い。なので、長崎コンビの後ろへ。成績は良くないけど、戦える状態だと思っている。


8R




大槻寛徳
​前回の決勝は青森勢の後ろは回れなかった。準決で根田君とワンツーを決めていたので諸橋さんと競った。菅田君の機動力に乗る。

松谷秀幸
​最近は人の後ろが多かったので、自分でやるレースは少し緊張する。別府全日本選抜、松戸ダービーと肝心なところで失格している。ちょっとツキがないですね。自分のレースセンスを信じて自力自在に。

神山拓弥
吉沢さんの番手へ。平原さんは決まっていないと言っていたけど、僕は結構決まっている。直前は雨が多く乗り込みは不足した。だけど、調子自体は上がってきているので。

山中秀幸
​全日本選抜の落車は恥骨の骨折。まだベストではないし、流れに乗れない時もある。松戸ダービーからの復帰も早すぎたけど、あのタイミングしかなかった。新ルールで1本走ったけど、あまりにも誘導が早くビックリした。その辺りも対応しないと。自力勝負です。

吉沢純平
前回の落車で肋骨が1本折れたけど、走る分には影響ない。フレームはダメになったので昨年の宮記念杯で使ったやつを持ってきた。そんなに違和感もないし大丈夫だと思う。自力で。

小林大介
​S級に特進した小林泰正君は同じ安中グループ。やっと群馬からも、若い子が出てきた。今回も自分、稲村さん、木暮君の3人ですから。どこに入っても3番手で人数合わせ。この3番手ならチャンスがありそうだし、栃茨ラインの後ろへ。

菅田壱道
​断食を六日間して、水をガブガブ飲んでいた。脂肪は取りながらも、質の高い練習はやってきた。これぐらいやらないと、ワッキーには勝てないので。新ルールに関しては色々と研究してきた。自力で。

​海老根恵太
​千葉同士の山中君へ。ウイナーズカップの骨折で手を骨折。まだハンドルの引きが甘いですね。走りながら少しずつ。

内藤秀幸
​松谷君が千葉勢と別々と言っていた。新ルールは脚質的に合っていると思っている。だから気持ちも前向き。あとは運が味方してくれれば。



9R




吉田敏洋
高松の落車で肋骨を数本骨折し入院。ダメージはかなりあったので全プロは欠場した。もちろん、欠場しても親王牌に出場出来るかは、何度も確認した。練習はやってきたけど、本番は違うし、深谷のダッシュですからね。とにかく食らいつくとしか言えない。

椎木尾拓哉
山本さんの番手は久々ですね。冴えない数字が続いているし、この辺りで何とかしたい。

池田憲昭
​前回のケガは大丈夫。体も自転車も異常なし。愛知コンビの後ろで離れない様に。

松川高大
今年の前半に比べると、まだまだですね。直前は軽めの調整で、その前にガッツリやっていた。自力勝負。

湊 聖二
本当は松川君には世話になっているけど、ちょっと考えて…。なので4番手になるけど池田君の後ろを回る。

山本伸一
前回の落車は腰の打撲と擦過傷。次の日から普通に練習をやっていた。フレームはダメになったので練習用の自転車を持ってきた。自力勝負。

園田 匠
前泊して松岡君と一緒に知り合いがやっている焼肉屋に行ってきた。全プロから空いたけど、やるべき事はやってきた。九州で松川君の番手へ。

村田雅一
​近畿の3番手。失格、落車と流れが悪いけど、ビッグレースだし少しでも頑張りたいですね。

深谷知広
ロシアの大会は、精神的にも肉体的にも、かなりきつかった。日曜日に帰ってきたけど、時差は慣れているので。ただ、食事面は、苦労しました。※詳しくは東京スポーツのコラムを参照して下さい。


10R




吉田拓矢
武田さんも不在で地元記念は気負いすぎた。少しプレッシャーに負けたかもしれませんね。今回は、気持ちを切り替えて頑張りたい。自力勝負。

梁田一輝
岸和田も初めてだし、高松宮記念杯も初めて。特別競輪自体も、ダービーに続いて2度目。何となくやれそうなメンバーかも。勝ちを意識した自力勝負。

小松崎大地
​車番が悪いですね。だから、取れた位置からになると思う。練習は2週間、みっちりやれた。自力勝負。

大森慶一
ダービーを走っても、そんなに足負けした感覚はなかった。だから楽しみです。北日本の3番手。

木暮安由
​吉田君の番手へ。あんまり決まっていないけど、ここで決めれば良いだけ。1着が無条件で準決に行けるシステム。だけど、前も残さなくてはいけないので、葛藤もある。武雄の決勝は稲垣さんが上手かった。昨年は武田さんとの競り。それで物議をかもしたけど、武田さんとは良い関係を築けている。終わった事です(苦笑)。

志村太賀
関東の3番手。僕はF1で優勝出来るか、出来ないかの選手。自分をわきまえているし勘違いはしていない。たいそれた事は考えていませんよ(笑)。

岡村 潤
強引な走りも出来る梁田君へ。普通に勝つ走りをやってくれれば、僕にもチャンスがある。前回の3日間は、違うセッティングを試した。

​斉藤竜也
静岡コンビの後ろへ。人数合わせだけど、頑張りたいですね。

内藤宣彦
​足のケガも良くなった。武雄の検車場で、転んだ自分のミス。疲れがあったから1本欠場。小松崎君の番手へ。



11R




三谷竜生
​もちろん、宮記念杯の連覇は意識している。1日から5日まで事故点の違反訓練があった。僕の意見を通してもらい脇本君の番手になりました。

清水裕友
太田君の番手へ。連係は2、3回ある。練習は弱かったけど、それは、いつもの事ですよ。太田君の最近の走りを見ていると、脇本さん相手でも十分勝負になる。だから楽しみです。

村上義弘
地元の古性君を信頼する。5月ぐらいから良い感覚が戻ってきた。近畿別線も仕方ないですね。

太田竜馬
ほぼ、絶好調と言っても良いと思う。もちろん、意識するのは脇本さん。普通に駆けたら簡単に捲られるし、そこは考えて走りたい。

村上博幸
取手記念はジカで勝負するしかなかった。それがマーク屋なので。感じも良くなっているので、アニキの後ろで頑張る。

中川誠一郎
余っているところが、ワッキーの3番手だった(笑)。どうせ一人でやっても後方に置かれる。同じ後方になるなら、人の後ろでスピードを借りたい。それも、ワッキーの3番手を回る、理由のひとつ。

脇本雄太
​昨年の高松宮記念杯に比べると、自分でも成長を感じている。逃げ切る仕掛けだったけど、三谷さんに差された。あの時、ファンが凄かったですね(笑)。僕は、まだ時差ボケが酷い。確か、昨年の白虎賞も、こんな感じのメンバーだったと思う。この後、オールスターには出場するけど、その他は未定。海外遠征もなく、国内でのトレーニングが中心です。自力で。

古性優作
​地元のビッグだし頂点を目指して頑張りたい。三谷さんが脇本さんに行くので僕は自力で。ここに向けて完璧に仕上げてきたつもり。

松浦悠士
中四国で結束して3番手。記念の優勝は地元広島に続いて2度目だった。出来は見ての通りだし、最低でも決勝進出


12R




郡司浩平
逆並びもあるけど、連係実績のある渡辺君。大事を取り、ここに向けて仕上げてきた。引き続き、順調です。

新田祐大
ロシア遠征は、今までの自転車人生で一番充実していた。かなりハードだったけど得るものも大きかった。新山君の番手へ。3百勝は意識していないけど、勝てたら良いですね。

平原康多
方向性は見えてきた。だけど、ガマン、ガマンの人生ですよ(笑)。勝ち続けている時は、自然と守りに入っているけど、こう言う時は色々と試せる。だから、逆に大切な時間だと思っている。今は悔しい気持ちしかないけど、そのモチベーションがあるから頑張り続けられる。僕が前で自力勝負。

諸橋 愛
平原君と武田さんは特別な存在。僕の方が武田さんより点数はあるけど、そんなの関係ない。黙って3番手です。

渡辺雄太
​全プロのケガは擦過傷程度。普通に走れますよ。南関の一番前で自力勝負。

新山響平
​ナショナルチームと同じ練習をやっているので、嫁と一緒に伊豆に拠点を移した。後ろが新田さんと慎太郎さんで重たい。積極的に。

武田豊樹
平原君の番手へ。ケガは股関節の骨折と、内転筋の損傷。良い状態とは言えないけど、このバンクは実績がある。グランプリ、高松宮記念杯、ダービーと優勝しているので。

中村浩士
​公務も忙しいけど、時間を割いて練習はやってきた。前の2人には世話になっているので、どっちが前でも南関3番手。

佐藤慎太郎
​北日本の3番手。良い時に比べると、少し落ちている。ただ、賞金でグランプリ出場の可能性もある。少しでも欲をかいて。










ページトップへ   輪専門紙購入はこちら  

   
第70回高松宮記念杯限定!コンビニのコピー機で無料予想情報がプリントできる!
第70回高松宮記念杯限定!!
コンビニのコピー機で無料予想情報がプリントできます!!



全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
全日本競輪新聞協会連合会が無料でプリントできます!!
(最終レース発送時間まで)

eプリントサービスでしか手に入らない期間限定の無料予想情報!
後半3レースの予想とレース情報を掲載!




ぜひ、ご利用下さい!!


操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/zennihon-keirin


ページトップへ
   
コンビニのコピー機で岸和田競輪の出走表が無料プリントできる!
岸和田競輪 第69回 高松宮記念杯競輪(GⅠ) 限定!
コンビニのコピー機で岸和田競輪の出走表が無料プリントできます!!




全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
岸和田競輪の出走表が無料でプリントできます!!

開催初日分は前検日18:00頃から、初日以降分は前日19:00頃から
プリント可能になります。

ぜひ、ご利用下さい!!


操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin56


ページトップへ 
   
【チャリロト会員限定】コンドル無料配信スタート!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて会員様限定のサービススタート!



競輪専門紙『コンドル』がGⅡ以上の開催時限定で無料公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/keirin/tp_predictions/condor/
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。
 
令和元年6月16日
高松宮記念杯の決勝は、敢えて7番手を選んだ脇本雄太は清水裕友が前を取った事でやった事は赤板過ぎからの大カマシ。後に居た中川誠一郎ー小原太樹迄連れて出切った後は休む事なく逃げた事で番手の中川は2角から世界のスピードで捲って来た新田祐大に合わせてスパート。これで今年は2冠、これ迄GⅠは4度優出で3回の優勝はこれ全て熊本のファンが送った神風が又しても誠一郎に追い風を吹かせました。
次の久留米記念が凱旋レースに成ります。こゝでも九州代表として頑張ってくれると信じてます。
私の◎に又応えてくれました。目出度し目出度し。
 
令和元年6月15日
岸和田高松宮記念杯3日目は、やっと21億2千万余りを売り上げました。目標達成には35億が必要ですが、これは厳しいので、せめて80億には行って貰わないと競輪界の前途は暗いとしか。年金支給直後でこの有様、もっと大胆な改革が必要と思います。新ルールは良い方に行く様な気がして成らないので、今度はファンを引き寄せる施策を期待します。決勝戦は楽しみなメンバーに成りました。ナショナルチームで鎬を削る脇本雄太と新田祐大に若武者、清水裕友、そして落車した姿は痛々しくても気力で乗って来た平原康多を先頭に4分戦。脇本の番手、中川誠一郎。新田の番手、渡邉一成。清水の番手、小倉竜二。平原の番手、木暮安由に単騎の小原太樹にも優勝のチャンスは充二分にあります。熊本人の私は脇本を得た中川誠一郎一本。GⅠはこれ迄3度優出して2回Vの勝負強さを発揮して貰いましょう。
次の仕事は小田原FⅠがあって、函館・久留米記念が昼間、夜は小倉ミッドナイトにナイターと休む事はありませんが全力で頑張ります。
4日目のヒントを。
1R、4度び佐々木豪。
2R、村田雅一の3連対。
3R、四国コンビ。
6R、太田竜馬から手広く。
7R、古性優作と山崎芳仁のマルチ。
8R、松浦悠士。
9R、和田真久留。
10R、柴崎淳。
11R、竹内雄作です。 

令和元年6月14日
岸和田第70回高松宮記念杯の2日目は、年金効果で初日より3億アップ、2日間で30億7314万4400円。目標の87億には残り56億3千万が必要です。厳しい数字ですが、3日目の準決4番で何とかして欲しいですが、2着権利(3着が一人)の狭き門では、3連単主流のファンに受け入れて貰えるかどうか、年金に頼る事にしましょう。危惧された落車事故は一件だけでした。3日目は更に混迷を極めそうで、予想するのが楽しくてやっと腕の見せ処と思ってる次第。
3日目の狙いをコンドルファンに提供します。
1R、山中秀将の捲り単。
2R、北日本コンビ。
3R、佐々木豪。
4R、小川真太郎。
5Rは観るレース。
6R、3日目こそはの山崎芳仁。
7R、鈴木竜士。
8R、山崎賢人・松浦悠士。
9R、清水裕友。
10R、簗田一輝の3連対。
11R、脇本雄太から手広く。
12R、和田真久留の一発。 
 
令和元年6月13日
岸和田高松宮記念杯の初日は年金支給前日と言う事もあって14億を割ったのはGⅠとしては淋し過ぎる数字、目標の87億に到達するには年金が頼みです。レースの方は新ルールを考え過ぎてか思わぬ波乱も、そしてナショナルチーム組はロシアワールドカップを転戦して9日に帰国したばかりでは疲れと時差ボケの影響はありありな上に、最終レースは5人落車のアクシデント、これは勝ち上がりに問題ありと思いますが、4着ないし5着・6着権利だと立ち遅れた選手が権利取りのために狭いコースを突っ込んで来るから発生する事故、考えものと思いませんか。
2日目も勝ち上がりは西と東は分かれてのもので、1R~4R迄は混合に成ってます。初日の売り上げが悪かったので番組は手堅く組んでるのがファンに受ける事を祈るばかり。2日目の狙いをサービス。
1R、南関コンビ。
2R、原田研太朗から、堤洋・稲垣裕之・松谷秀幸のボックス。
3Rは、見送り。
4R、佐々木豪。
5R、徳島コンビ。
6R、山崎芳仁・大槻寛徳。
7R、古性優作迄は平凡。
8R、簗田一輝。
9R,深谷知広から松浦悠士の力車券。
10R、桐山敬太郎・小原太樹・和田健太郎のボックス。
11R、本命戦。
12R、渡邉一成です。
 
令和元年6月12日
6月に新ルールが施行されて初のGI。選手の感想は「走ってみないと何とも」が殆どですが、戦々恐々してるのは事実。
どんな展開に成り結果が出るか楽しみな反面、不安もあります。誘導が1周目からドンドン上がる事で、赤板過ぎから出た自力型が逃げ切るのは至難の業なので、
スタートの位置取りが勝敗の岐れ目に。後方より前の方が良いのだけは間違いなさそう。1次予選は東西に分かれて5個ずつ。
1着だけが準決勝を決める王座戦進出と言う事で、番手の選手は仕事するより前に踏むのは仕方ない事かも。それで前の自力型は当然仕掛け遅く成るでしょう、微妙な駆け引きも興味津々。
西は瀬戸内の台頭で何時もなら4番手でも5番手でも固めるのに、権利もあって一枚岩は崩れるレースがチラホラ。東は南関東が数で圧倒して居り、4人で結束したレースもあれば、分かれるレースも。
2次予選の権利は5着迄で6着2人の広き門も選手を考えさせてる一因かと。
これがファンに受けてるとは到底思えないのがダービー以降の記念なので、今回も売上げは苦戦しそうですが、救いはナショナルチームの脇本雄太・新田祐大・深谷知広・河端朋之が走ってくれた事。
瀬戸内の太田竜馬・清水裕友・松浦悠士が新旧交代の担い手として台頭して来た事。白虎賞は近畿が分かれた事で、瀬戸内3銃士にもチャンス到来。
中川誠一郎は脇本相手に単騎では権利の4着内は無理と判断して、選んだ位置は脇本―三谷竜の3番手。青龍賞は新山響平を使える新田祐大が絶対有利。
後の佐藤慎太郎で決まりそうですが、その佐藤は「新田は番手戦はそこ迄上手くないし、新山がブッ飛ばせば、多分僕は追走一杯で後の平原に喰われますよ」は本心なのかも。
1次予選は西も東も絶対に見逃せないものばかり。しっかり選手の調子を見極める事にします。それで真の狙い目は2日目から。
今回は何となく自信があるので期待して下さい。4日間全力で頑張ります。

 
ページトップへ
   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

ここに、あったか――。
 
岸和田の高松宮記念杯が開幕した日の昼前、俺は、遊覧船「ミシガン」に乗船し琵琶湖を周遊していた。酔狂に梅雨時季の特別競輪の生地を旅しているわけではないのだが、幾度となく訪れた琵琶湖競輪には感慨も起こる。湖畔には琵琶湖競艇場の立派な観覧席が見えた。
前日、比叡山にて、旧式の鉄製の二分百円の双眼鏡をもどかしく動かしながら、琵琶湖競輪場の跡を探したが、見つけられなかった。僅かな寂しさはあったが、何もかも残っているほうが気味が悪かろう。その晩は浜大津で一泊した。宮杯出張の際によく利用した中華料理屋は探さずとも健在だった。大人数の記者仲間で二階の個室に案内されるとかならず、“ここにあったか『あたか飯店』”と愚にもつかない駄洒落を飛ばしたY先輩は元気にしているだろうか。店の味が変わっているのかどうか食に無粋な俺にはわからんが、老舗の構えは懐かしく、料理も美味であった。
一次予選が何個か走り終えたであろう時刻にぼんやり想念する。――高松宮杯、高松宮記念杯の伝統と評せば大仰だが、たしかに在って今に繋がっているこの特別競輪の歴史――時効となったもの・変えられたもの・戻されたもの……。もちろんその皆を知る自分ではないが、漸進的な変化と急進的な変化の功罪は如何な結末を迎えたのか、迎えるのか。
七面倒なことは避けよと船の心地よい揺れが睡魔を誘った。
附記――。一着の上がりタイムが10秒9、三谷竜生、清水裕友、脇本雄太の順にはいった第十一競走を眼前で観戦したかったなァ――。岸和田からそう遠くないところに居たのだから。


ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」





【お得】

チャリロト、オッズパーク、Kドリームスの民間投票サイトがあるが、今年3月から第4の民間投票サイトとしてウインチケットが開設された。


そのウインチケットが今回の高松宮記念杯で大キャンペーン。




電子マネーに入金する形だが、もし10万円を入金すれば投票画面には11万5000円と記され、11万5000円分の車券が買えちゃう。


現実的な金額でいえば、2万円を入金すれば2万3000円分、車券が買えるって事。


会員登録がまだの方は他にもお得なキャンペーンがあります。


「ウインチケット」で検索!


ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925




ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2019年6月13日(木)・14日(金)・15日(土)・16日(日)

■開催場所
岸和田競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

いわき平競輪ニュース

福ちゃん

競輪毎日

北競

競輪専門誌ホープ

別府競輪ダービー

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ