eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
青山彩

小橋正義杯スポーツニッポン賞(FⅠ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
山内卓也
川村晃司
池田勇人
 
猪俣康一
小野俊之
 

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
セブン-イレブンで競輪新聞・無料出走表が取り出せるようになりました!
 
   eプリントサービスの対象店舗にセブン-イレブンが加わりました!



競輪専門紙、競輪出走表をコンビニのマルチコピー機で取り出せるサービス、「eプリントサービス」

これまで、全国のファミリーマート・ローソンでご利用可能なサービスでしたが、2019年3月1日より
新たに全国セブン-イレブンでも提供を開始しました。

今回の店舗拡充により、利用可能な店舗が全国で約53,000店舗にまで拡大します。

 

・・・約21,000店舗
・・・約17,500店舗
・・・約13,500店舗
 

より身近にますます便利になったeプリントサービスを是非この機会にご利用ください!

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
S級決勝インタビュー


1佐藤 康紀
決勝は約1年振り。
青森2人が宿口君に行けば綺麗な3分戦になるみたい。
鹿内君も宿口君に行きたいと言っていたし、自分は3番手を固めます。
2宿口 陽一
S級優勝は全部で4回。
一番最初のときは村上義弘さんを捲って、その次は脇本雄太君を捲っている。
なにげに大物キラーなんですよ(笑)。
外国人相手のレースは4着が最高。
何とかやっつけられるように自力勝負。
3ボス
(全て日本語で)ワタシ、トシ、ツカレタ、ワカイホウガマエ。
ボティシャーとは初めての連係。
2日間後ろを千切っているから、50%のダッシュでお願いと頼んでおいた(笑)。
自分自身のコンディションは昨日より今日、今日より明日という感じで上向いている。
4藤井 栄二
準決のレースじゃ調子の良い悪いは分からない。
外国人相手でもいつものスタイルで先行基本。
5斉藤 竜也
準決でボスに付いているし、自分が外国勢にマークするのが自然だと思う。
とにかく離れないように集中して!
6佐竹 和也
S級決勝は2年振りとか3年振りとかそれくらい。
調子が良くてもなかなか乗れないのに、あまり良くないときに乗れるなんて本当に不思議。
S級の点数もボーダー上だったし最高に嬉しい。
西日本はひとつと言うことで藤井君-西田君-自分でまとまります。
7ボティシャー
ジャパニーズスタイルで若い方が前。
ボティシャー-ボスの並びです。
高知の決勝と同じ86のギヤで走るつもり。
先行か捲りの自力勝負。
8西田 大志
佐竹さんから「お前がハコ、俺が3番手」と言われたし、藤井君の番手で頑張らせてもらいます。
イケメンライン? それは言い過ぎ。
藤井君は普通に格好いいけど僕は全然たいしたことないです(笑)。
9鹿内  翔
(準決は)練習の成果が出たと言うか、練習以上の力が出た。
斉藤さんが外国勢に行くみたいだし、宿口さんにマークさせてもらいます。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
A級決勝インタビュー


1植原 琢也
113期でS級に特進している選手は全部で7人。
ここで俺が上がれば8番目ですね。
在校順位も8位だったし、末広がりの8ということで縁起もよさそう(笑)。
師匠の相川永伍さんには「今回3日間は何もアドバイスしない」と言われたので、毎日自分で考えながら走っている。
変に構えず、いつも通りのレースが出来れば勝てると思う。
自力でしっかり狙います。
2渡辺 正光
関東が別でやるなら三好君。
喋ったことはあまりないけど、同い年みたいですね。
93点の自力選手を1人にするのは勿体ないし、どういう走りでも任せます。
3中村 圭志
狙って出来るものではないし、5場所連続優勝はそこまで意識していない。
埼玉の新人の子が強いみたいだし、簡単にはいかないでしょう。
準決で世話になった西田君に再度。
4西田 将士
新人が相手でも僕の走りはいつも通り。
絶対やっつけてやる!みたいな意気込みも特にない(笑)。
後ろの2人を信頼して自力勝負。
5内藤 高裕
植原君は前評判通りの強さだった。
楽に自転車に乗っている感じで無駄がない。
準決で離れてしまった分まで気合を入れてマーク。
6岩崎 将士
この成績で大きなことは言えない。
渡辺君が三好君に行くなら、その後ろで3番手です。
7岩本  純
植原君を倒す自信? 全くありません(苦笑)。
決勝に乗っても大きい着ばかりだし、優勝にはずっと縁がない。
単騎で気楽に一発狙う。
8松尾 玄太
西田さんと中村さんのおかげでここにいる。
準決と同じで九州ラインを固めます。
9三好恵一郎
3番手を固めて持ち味を消すのもちょっと…。
同じ関東だけど埼玉・東京の2人とは別でやります。
2日間ダメなレースをしているし、どこかでガツンと仕掛けてみたい。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
二日目勝因敗因
  1R A級一般


1 山根 泰道
初日よりは楽だった。
流れの中で南関の後ろになったけど、(田中誇は)残り1周でバックを踏まれちゃどうにもならない。
2 青木 亮太
中団に追い上げたところで脚一杯。
伸びそうな雰囲気は全くなかった。
3 山本 晋平
竹田さんが強いのは分かっていたけど、あの展開でハコ3着はダメですよね。
「待って~」って心の中で7回叫びました。
5 山城 光央
田中君に叩く勇気があれば違ったと思うけど…。
任せた結果だから仕方ないね。
8 竹田 慎一
今年初勝利。
1着ってこんなに癒やされるんですね。
苦しい時期が続いていたから、優勝したのと同じくらい嬉しい。
9 田中 誇士
すんなり中団なんて滅多にないから逆に焦った。
内か外か誰か来るなと思ったら、案の定来ましたね。
あのタイミングで車を下げて、最後も自分だけになっちゃって、後ろの山城さんに申し訳ない。
  2R A級一般


1 奈良 基
打鐘前なら出させてくれると思ったけど、小川君のやる気が想像以上にすごかった。
後ろに地元を付けていたのに情けないレース。
2 垣外中 勝哉
捲りってこんなに苦しいんだね。
バレないようにコソッと行ったのに、途中で見つかっちゃって、そこからは「来たぞ」「来たぞ」って伝言ゲーム(苦笑)。
3 高田 誠
(2着到達も最終4角の内抜きで失格)。
5 深見 仁哉
小川君はスイッチが入ったみたい。
あそこまでの突っ張り先行は作戦にない。
後輩の頑張りを無駄にしないでよかったです。
6 小川 大地
気合は入っているんだけど、脚が全く伴っていない。
もうちょっとですね。
7 阿部 康雄
奈良君は頑張ってくれた。
問題は自分。
調子がいい時なら3番手の外にへばりついて、そこからもう一度伸びるのに、今は前がダメなら自分もダメで、リカバリーする力がない。
8 市倉 孝良
奈良君は突っ張られても諦めずに踏み続けてくれた。
気持ちは伝わってきたし十分ですよ。
9 川崎 正安
番手勝負なんかしたら、それだけで一杯になってしまう。
今日は最初から先行ラインに乗ってどこまで突っ込めるかという勝負でした。
悪くはないけど、もうちょっと伸びてほしかったね。
  3R A級選抜



1 藤田 晃英
誰にも入ってこられないように内を締めていただけ。
3番手3着なら上出来ですよ。
2 中野 良
鎌田君はシビアなレースをしましたね。
自分は回れる位置にいただけで何もできなかった。
3 井上 雄三
ただの泥船。
自分は先行選手じゃないから、ああやって前に出てもなかなか踏んでいけない。
鎌田さんも内から来たし、増田さんのカマシ頃になっちゃいましたね。
4 鎌田 聡
今の自分に捲る脚はないし、どっちが逃げても番手に行こうと思っていた。
西巻君とは普通に喋る仲だし、そこはちょっと申し訳なかった。
5 増田 利明
まだまだ俺もやれるね。
仲のいい坂本健太郎から「さすが元S級の自力」と褒められたのも嬉しい(笑)。
今日は後ろからでも前からでも先行と決めていた。
6 西巻 秀太
しょうがない、の一言で片付けちゃダメ。
番手を回った以上はしっかり自分の位置を守らないと…。
内から鎌田さん、外から増田さんが同時に来て、どうしたらいいか分からなくなった。
7 米田 勝洋
カマシの4番手でも離れなかったし、最低限の走りは出来たと思う。
9 藤原 清隆
仕事しようと車間を空けたら、最後抜く脚が残っていなかった。
あの展開で前を差せないのは見た目的にも最悪だし、結果は2着でも反省です。
同じ失敗をしないように気をつけます。
  4R A級準決勝



2 法月 成祐
坂木田君がいつ行くのか分からなくて、後ろでずっとビリビリしていた。
3 松尾 玄太
ちょっとでも隙を見せたら川木さんにしゃくられると思って、内に意識をやりながら3番手を固めていた。
西田さんと中村さんの2人が強くて恵まれました。
4 大橋 直人
吉田君の走りはあれでいい。
2車でムリクリ行っても別線の餌食だから。
伸びるコースを行って全く伸びない自分の方がヤバいし重症。
5 坂木田 雄介
仕掛けようと思えば仕掛けられたけど、行き切れたかどうかは微妙。
車間を空けてタイミングを取っていたら、逆に取れなくなっちゃった。
6 武田 良太
前に任せた結果なので。
僕からは特に何もありません。
7 西田 将士
打鐘から1周半とか普段やってないから、ペース配分がぐちゃぐちゃ。
最後は苦しすぎて脚がカクカクしちゃった。
自分でもよく残れたと思う。
8 吉田 元輝
1コーナーで1回詰まるポイントがあったし、行くならそこでしたね。
西田さんのペースに上手く嵌められちゃいました。
9 中村 圭志
坂木田さんはいるし、単騎の川木さんもいるし、混戦になるような気がしていたんですが、思った以上にスンナリの展開でビックリ。
え、こんなんでいいの?って感じでラッキーでした。
  5R A級準決勝



1 三好 恵一郎
矢田さんを目で殺して中団をキープしたまではよかったけど、そのあとがまるでダメ。
行かなきゃ行けないって分かっているのに体が反応してくれない。
地元を付けていながら自分だけ決勝で見映えが悪い。
2 坂本 晃輝
(落車し棄権)
3 渡辺 正光
保科君にはチャレンジの時から世話になりっぱなし。
一緒になったらかなりの確率で先行してくれる。
車間を空けたり、横に動いたり、出来る限りのことはしたけど、もう残せないと思って踏ませてもらった。
5 平 総一
強いラインが4番手で、自分達が7番手じゃどうにもならない。
内に行った坂本君の判断はよかったけど、落車もあって思い切り突っ込めなかった。
6 岩崎 将士
展開一本。
恵まれました。
突っ込んできそうな選手がたくさんいたから、内だけしっかり締めていた。
7 矢田 晋
押さえて駆けるつもりだったんですが、三好君に何度も見られて体が固まってしまった。
8 保科 千春
2日間先行なんて俺らしくない(笑)。
あそこまで誰も来なければさすがに駆けますよ。
9 原田 泰志
地元はなぜか成績が悪くて、最近ずっと決勝に乗っていない。
三好君には2コーナーの立ち上がりで行ってほしかったね。
  6R A級準決勝



1 上田 学
4番と絡んで連結を外した。
もったいないレース。
2 丸山 貴秀
最低でも植原君より前にいないと…。
大沢君と2人で8番手9番手じゃ出る幕なし。
3 内藤 高裕
植原君-自分で2車単180円だったし、リカバリー3着でよかったなんて思えない。
ただただお客さんに申し訳ない。
4 植木 和広
植原君のタイムを見てください。
昭和の競輪をしている俺たちじゃ太刀打ちできない。
お手上げです。
5 植原 琢也
上がりタイム10秒8は実戦での自己ベスト。
初日より落ち着いて走れたし、脚の感じも上がっています。
6 大澤 哉太
丸山さんに迷惑をかけてしまった。
全然動かず8番手だし、反省しかない。
7 岩本 純
上田さんの「来た!」って声に反応して捲っていった。
本当は言われる前に仕掛けないとダメなんですが…。
新人の子には負けちゃったけど、自分なりに体は動いている。
8 伊藤 翼
打鐘前の2コーナーで先行しようと腹をくくった。
今は脚を戻す意味でもこういうレースを心掛けている。
着は悪いけど内容には納得ですよ。
9 作田 悦章
6番2番が行くと思ったら全然行かないし、これじゃアカンと切り替えた。
今日のレースで僕がしたことと言えば、それくらいですね。
  7R S級一般



1 重倉 高史
最初から番手飛び付き狙い。
ダッシュには自信があるし、今日はコケてもいいくらいの気持ちで走った。
2 高橋 広大
さあ追い上げようと思ったらペースがグーンと上がって…。
せっかく茂木さんが付いてくれたのに何もできなかった。
3 飯田 辰哉
先行は酒井君だし、競られるのは覚悟していたけど、まさか重倉君が来るとは…。
いくら外でも追い込み屋が自力屋に「ヨコ」で負けちゃダメ。
反省です。
4 伊藤 世哉
今の自分の競走得点を考えたら、真ん中の着でもやった方でしょう。
6 茂木 和臣
(高橋広が「追い上げられなくてすいません」と頭を下げると)、追い上げなんか期待してない。
カマシだろ、あそこは(笑)。
脚のない2人が組んだところで、A級の植原みたいにはいかないね。
8 酒井 雄多
前回の富山でも重倉さんは僕の後ろに飛び付いている。
そんなに強い先行じゃないのに、なんででしょうね(苦笑)。
後ろを粘らせて3着というのが現状の力だし、まだまだ物足りない。
9 上田 裕和
飯田さんがバコーンと降りてきて怯んじゃった。
離れず付いていれば2着だったし、もったいないレースです。
  8R S級一般



1 高橋 秀吉
終始9番手で前がどうなっているのか分からなかったけど、2センターから4コーナーあたりで視界が一気に開けた。
先輩の引地さんにスピードをもらえたおかげですね。
2 田村 真広
やっちゃいました。
絶好の展開でハコ3だし、ただただ情けない。
3 亀井 久幸
作戦はあんな感じで、1回動かして位置を取ろうと。
すんなりの4番手で捲れないんだから力不足の一言です。
5 相川 永伍
ラスト1周は12秒0、11秒8。
昭和の先行と書いておいてください(笑)。
引地さんが来たら出して3番手でもよかったのに、なかなか来ないから、もういいやって感じで駆けました。
7 深澤 伸介
踏み出しで口が空いているし、1番とのゴール勝負も負けている。
課題が多いですね。
8 引地 正人
何の収穫もないレース。
見過ぎる悪い癖が出てしまった。
9 関 貴之
今日が誕生日ということをすっかり忘れていた。
記者の人におめでとうと言われて思い出したくらい。
バースデー勝利は競輪人生で初めてじゃないかな。
周回中から脚にひっかかりがあったし、いい感じで外を伸びてくれた。
  9R S級準決勝



1 宿口 陽一
予想外のレースで後方になったけど、焦りはそこまでなかった。
外を踏めば何とかなると思ったし、久々にいい感じで伸びてくれた。
3 西田 大志
野口さんが前々に攻めてくれたおかげ。
セッティングをいじったのがバッチリだったみたいで、初日より伸びるようになりましたね。
4 石丸 寛之
あのカマシは狙い通り。
野口君は絶対流すから、緩んでいたら行くぞと佐竹君には言ってあった。
45歳でもこれだけのレースが出来るんだってところを見せられたのは収穫。
5 金成 和幸
西田君が乗っただけでも。
自分は武藤君と絡んで伸びなかった。
6 佐竹 和也
いつもなら2センターでいっぱいなのに、今日は不思議と余裕があった。
このメンバーで1周行っちゃう石丸さんは本当にすごい。
先輩の気持ちが嬉しすぎて涙が出そうになった。
7 白上 翔
石丸さんが行くって分かっていれば3番手に付いていたのに(笑)。
単騎で走って9番手だし、何やってるんだって感じです。
8 野口 大誠
3番手に入って内心ヨシヨシと思ったんだけど、気持ち早めに踏んだら全然進んでくれなかった。
あの展開で決勝に乗れないのはけっこうショック。
9 武藤 龍生
自分のミス。
宿口さんを信用していなかったわけではないけど、ちょっとモコモコしていたから、内のコースを探してしまった。
あれこれ考えず付いていれば2着か3着で決勝でしたね。
  10R S級準決勝



1 鹿内 翔
ヤバい、呼吸が苦しい。
こんな先行を見せちゃったから、色んな人に「また自力に戻せば?」と言われた(笑)。
あそこまで泳がされたら駆けるしかないですよね。
2 ボティシャー
天気もよかったし、気持ちよく走れた。
明日の決勝はもっと良くなると思います。
3 笠松 信幸
藤井君にも考えがあったと思うけど、ホームの緩んだところで行ってほしかった。
溜めて溜めての捲り合戦で後ろはヘトヘトです。
4 藤井 栄二
フタして遅めにと思ったら前が駆けちゃって…。
あんまり早く行ってもボティシャーを引き出すだけだし難しかった。
ラスト1周は無我夢中でしたね。
6 柿澤 大貴
目をつぶって突っ込んでいれば3着はあったかも。
狭いコースを行くのは慣れていないからビビっちゃった。
7 岡部 芳幸
鹿内君の判断に全て任せていた。
何とか外の捲りを止めたかったけど…。
8 藤田 竜矢
鹿内君に完敗。
追い込み選手を相手にホームで叩けないんだから弱すぎる。
9 山田 幸司
ボティシャーと僕ではトップスピードが違いすぎる。
あの仕掛けは付いていけません。
日本のトップの佐藤慎太郎君とかあのあたりでも、付いていけるかどうかだと思いますよ。
  11R S級準決勝



1 齊藤 竜也
アオリがあって踏み出しで遅れた。
もうダメかなって一瞬諦めかけたけど、気力を振り絞って追いかけました。
前にも後ろにも迷惑をかけないでよかったです。
2 坂本 健太郎
やれるだけのことはやったし、見せ場も作った。
悪いのはこういうメンバーを組んだ番組で、俺は全く悪くない(笑)。
3 柴田 洋輔
勢い的にボスや斉藤さんを止めるのは無理だけど、せめて3番手の佐藤康さんはドカさないと…。
前で頑張ってくれた一戸君に申し訳ない。
5 佐藤 康紀
前2人のワンツーは決まりで、健太郎君と俺の3着争い。
経験値の差で何とか凌げましたね。
7 ボス
8番はかなり良いダッシュだった。
いつもみたいにスムーズに乗り越えられなかった。
何回走っても日本の競輪は難しいね。
8 一戸 康宏
全開で踏んでいたのに行かれてしまった。
完敗と言うしかないレース。
終わってボスから「強かったね」と言ってもらえたし、そこだけは素直に嬉しかった。
9 藤原 浩
健太郎君の追い付きざまの捲りは素晴らしいスピードだったね。
自分は色々考えすぎて遅れてしまった。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日勝因敗因
  1R A級予選



1 中野 良
余裕がない。
2番7番に行かれちゃうのは仕方ないけど、3番手の5番は止めなきゃダメ。
すんなり先行のハコだったのにめちゃくちゃ重くて苦しかった。
2 西田 将士
見過ぎて仕掛け遅れたけど、踏んだら良い感じでスピードが出た。
井上昌己さんとか山崎賢人と普段は一緒に練習しているし、少しでも彼らに近づけるように頑張りたい。
3 藤原 清隆
奈良君-中野さんが来たら3番手。
そこだけは絶対譲れなかった。
最終バックから捲る脚は今の僕にはないし、捲りを止めようと横に動くのが精一杯。
コメント「決めず」でこれだけやれたんだから悪くないでしょう。
4 山本 晋平
小川君はどうしちゃったのかな。
中途半端で、らしくないレース。
5 沖本 尚織
しんがりか、キツいなと思ったけど、諦めずに付いていってよかった。
離れ気味でも3着は3着だし、ひとまずホッとしました。
6 小川 大地
自分の持ち味を出せなかった。
また頑張ります。
7 平 総一
やっぱり西田君はこのクラスじゃ力が違うね。
ブロックを避けながら付いていたから最後はちょっと遅れてしまった。
何とか人気に応えられてよかったです。
8 市川 博章
突っ込む展開にならなかったし仕方ない。
見ているだけで終わっちゃいました。
9 奈良 基
番手の中野さんが重いって言ってるくらいだから、前で風を切っている自分はもっと重い(苦笑)。
体感的にはラスト半周13秒0くらいかなって思ったけど、実際は12秒0だったし、そこまで悪くないのかな。
  2R A級予選



1 法月 成祐
吉田君がもう少し早く来てくれればブロックに行けるんだけど、捲り追い込みみたいな感じで来られたからどうにもならなかった。
あれだけ頑張ってくれた誇士君を着外にしちゃって申し訳ない。
2 大橋 直人
ちょっと前までの自分だったら離れていた。
吉田君には好きに走ってもらったし、2人で決まって本当によかった。
3 田中 誇士
慣れないことをしたから疲れました(苦笑)。
吉田さんが来てくれれば飛び付きでもよかったけど、なかなか来ないから腹を括って駆けました。
4 田中 孝法
5番のカマシに期待してあの位置にいたんだけど、結果的に後方になっちゃいましたね。
ただ脚は悪くない。
自分なりに突っ込めたし手応えは掴めた。
5 吉田 元輝
スタートが全て。
田中(誇士)君とはお互い似たタイプだし、2分戦なら前を取っちゃった方が堅いと思っていた。
後ろの先輩方が好きに走らせてくれたのも大きい。
9 米田 勝洋
田中(誇士)君は不慣れな押させ先行でキツかったんじゃない。
結果はダメだったけど気持ちは伝わってきた。
  3R A級予選



1 井上 雄三
後ろが地元だし仕掛けないわけにはいかない。
いつもより長い距離をモガいたから寿命が縮まりました(笑)。
2 矢田 晋
4コーナーから1コーナーにかけて向かい風が強くて、ラスト1周、最後のゴール前と2回も強烈なやつを食らった。
出るまでに脚も使っていたしキツいレースだ。
先行で2着に残れたのは自信になる。
3 植木 和広
調子がいい時なら1着2着に突っ込めるのに…。
バック通過4番手でそのまま4着はダメ。
前回の別府はまあまあよかったのに、なんでだろう。
戻したフレームの問題かな…。
4 伊藤 翼
同期の矢田さんに完敗。
バックからのカカリが尋常じゃなかったし、3番手に入っても全然脚が溜まらなかった。
まだまだですね。
5 松尾 玄太
矢田さんが1人で全部やってくれた。
3番手の山根さんが離れているのは分かったし、最後は前と後ろを気にしながら踏みました。
7 山根 泰道
最近はこんなレースばっか。
本線なのに離れてすいません。
8 西巻 秀太
もうちょっと伸びてもいいかなって感じだけど、予備からの急な繰り上がりだし、こんなもんかな。
仕掛けてくれた井上さんに感謝です。
  4R A級予選



1 作田 悦章
前がなかなか踏まないから、1車でも前と思って3番手に行った。
あの展開で外を抜けないのが現状だし、脚がないのがバレてしまった(苦笑)。
2 増田 利明
ホームで8番がフワフワしていたのが邪魔になって、仕掛けのタイミングが少し狂った。
保科君を相手にあそこまで捲っていけたんだから、脚的にはまあまあだと思う。
敗者戦なら面白い勝負ができそう。
3 丸山 貴秀
6番が前受けで自分達が押さえ先行なんて想定外。
押さえ先行の保科はあまりカカらないから、大丈夫?って感じで付いていたけど、そんな心配は一切必要なかったね。
めっちゃ強くて恵まれました。
4 垣外中 勝哉
竹田君とは今まで何度も連係している。
こういう時もありますよ。
また今度一緒になったら頑張ってもらいたい。
5 武田 良太
作田君が前々に踏んでくれたおかげ。
踏み出しのところだけキツかったけど、そこを凌いだらあとは楽だった。
6 竹田 慎一
大失敗。
ここまで成績が落ちてくると、先行の仕方とか誘導の切らせ方が分からなくなってくる。
前受けからズル引きの不発なんてダサすぎますよね…。
7 藤田 晃英
5番のところに降りて最後は内って思ったけど、コースが空かなかった。
仕方ないね。
8 市倉 孝良
1番にしゃくられなかったら前3人で決まったのに…。
悔しい。
来るかもっていうのは少し頭にあったけど、あれは対処できませんね。
9 保科 千春
(冗談で)坂口さんは抜くのが早い! 最後のゴール前はヨッシャーってヨダレをたらしながら踏んできた(笑)。
最近は予選でも飛んでばかりだったし、結果は2着でも大満足。
もうお腹いっぱいです。
  5R A級予選



1 原田 泰志
前に吉沢純平君に付いた時もかなり口が空いたけど、今回の植原君はそれ以上。
最後は半分自力みたいな感じだし、決まり手はマークじゃなくて捲り(笑)。
最終的に2車単は植原君-僕で150円だったんですね? 緊張すると思ってオッズは見ないようにしていました。
2 深見 仁哉
中団を取っただけで何も出来なかった。
やっぱり新人の子は強いね。
3 岩崎 将士
大沢君が作戦通りのレースをしてくれた。
本当にありがたい。
最後は抜けるかなって思ったけど踏み直されました。
7 植原 琢也
ホームで無理矢理行くようなレースはやりたくなかったけど、展開的にあそこで行かなきゃ厳しいと思った。
5・6場所前の久留米のあとから気持ちを入れて練習するようになって、今はだいぶいい感じです。
同県同期の森田優弥や黒沢征治さんの存在も刺激になっている。
さっき記者さんからジャニーズ顔で格好いいねって言われたので、麻薬には手を出さないように気をつけます(笑)。
8 大澤 哉太
植原君が突っ張らないのは雰囲気で分かったし、押さえてしまえば何とかなると思っていた。
結果は捲られて3着だけど上出来でしょう。
  6R A級初特選




1 岩本 純
先行争いもあったし、目の前にいた渡辺君も捲ってくれたし、何もしない自分が一番恵まれちゃいました。
展開一本、ツキ一本の勝利です。
2 三好 恵一郎
坂木田さんに完敗です。
8番の川木さんが切り替えないでいてくれれば、引くタイミングとかカマすタイミングも微妙に違ったと思うけど…。
3 中村 圭志
判断の難しいレースだった。
自分がもう少し上手にやれば坂木田さんも残れましたね。
他地区が後ろでもあれだけ行ってくれるなんて本当に素晴らしい。
4 上田 学
2コーナーでかなりペースが落ちたから、岩本君にはそこで仕掛けてほしかった。
ああいう捲り追い込みになると後ろに付いている自分はキツい。
5 渡辺 正光
狙い通りの捲り。
ギヤが軽すぎてスカスカしたけど修正できる範囲。
全プロで4000メートルを走ったあとでも違和感は全くなかったですよ。
6 坂木田 雄介
自分には特殊な能力があって、一瞬後ろを見ただけで、誰がどこにいるとか、ここからカマしてくるって全体図が手に取るように分かるんですけど、45歳という年齢になってその能力が最近少しずつ落ちてきた。
今日なんかも三好君のカマシに気付くのにほんのちょっと遅れているし、こういう0、1秒・0、2秒の誤差はものすごい痛手。
周りからはいいレースだったよって言ってもらえたけど、自分の中では全然ダメなレース。
7 坂本 晃輝
付いていて余裕はあったし、踏もうと思えば踏めたけど、3コーナーから捲り気味に行くのも見映えが悪い。
中村君が踏むのを待ってからにしました。
脚とか調子は全く問題ないです。
8 川木 敬大
決めずにコメントだったから、切り替え・切り替えのレース。
最後は普通に伸びなかった。
  7R S級予選



1 一戸 康宏
行くべきところでしっかり行けたのはよかったけど、道中踏みっぱなしで最後はかなりキツかった。
最低限のレースはできたと思います。
2 西田 大志
野口さんは1回突っ張られているし、行けるか行けないか半信半疑で付いていた。
それが失敗でしたね。
野口さんは1着まで行っているのに、マークの自分が5着なんて情けない。
3 鹿内 翔
酒井君は作戦通りのレースをしてくれたけど、野口君を突っ張って、一戸君まで突っ張る脚はさすがにないよね。
自分は慎重になりすぎて、外に持ち出すのがちょっと遅れた。
それでも直線の伸びはよかったです。
5 野口 大誠
死んだフリ作戦成功! というのは冗談で、酒井君に突っ張られたところは本当に一度死にかけた。
自分がヤングGPを獲ったのは3年前とか4年前だし、年齢的にも今年30歳で中堅の域になってきた。
これからはただ行くだけじゃなくて、こういう粘り強いレースも見せていきたい。
6 酒井 雄多
自分のやりたいレースはできた。
復帰戦の富山は2日目しか思い通りに走れなかったし、初日から力を出し切れたのは収穫です。
7 関 貴之
出っ切った時は3人で決まったと思ったのに…。
あの展開で6着なんだから、コース取りも含めて自分が下手くそでしたね。
9 柿澤 大貴
一戸さんさまさま。
あそこから躊躇せず行く脚は自分にはありません。
結果は2着3着でよかったけど、野口君を止められなかったのは悔しい。
  8R S級予選



1 亀井 久幸
粘るのも当然頭にあったけど、あんまり早く粘っても藤井君は踏んでくれないし、藤田さんの追い上げもある。
あのタイミングなら中団の方がいいかなと思って下げました。
下げたときに口が空いたのと藤田さんが降りてきたので
2 藤田 竜矢
サラリーマンレーサーなのに色々動いて疲れました(苦笑)。
亀井君が粘らないで下げてきたから、これじゃマズいと思って追い上げた。
あれ以上の走りは今の自分には無理です。
3 白上 翔
藤井君は作戦会議の時から気合の入り方がすごかった。
前回の富山の初日に全然差せなかったから、ちょっと焦って早めに踏んでしまった。
そこだけちょっと申し訳ない。
藤井君とは本当に相性抜群でA級の時に優勝させてもらっている。
弥彦バンクも前に優勝しているし、今回はかなり楽しみなシリーズ。
4 須藤 悟
亀井さんに全て任せていた。
5 佐藤 真一
何個か考えていた展開の中で一番悪い展開。
最後も藤田君が4着確保みたいな感じだったから、その後ろの自分はどうにもなりません。
7 佐竹 和也
3番手3着の流れ込みだし、100%運だけです。
去年の6月に鎖骨を粉砕骨折して半年くらいずっと悪かった。
今年1月の和歌山記念で岩津裕介君にアドバイスをもらってワットバイク中心の練習に変更。
それからワット信者の山形一気君に練習メニューを教えてもらって、何とかここまで立て直せた。
ただ4月に練習しすぎて膝を痛めて、1ヶ月以上経った今もまだ万全とは言えません。
9 藤井 栄二
自分のスタイルを貫き通した結果。
直線が長くて最後はバてたけど、とりあえずよかったです。
  9R S級予選



1 藤原 浩
マルさま(石丸寛)はさすが。
ボスのいるレースで2人して3着4着なら十分ですよ。
2 山田 幸司
踏み出しのところはちょっと口が空いた。
ボスが1回休んでくれたおかげで何とか追い付いた。
ゴール前迫れたのはたまたまで、差せそうかなって思った瞬間に、思いっきり踏み直された。
3 相川 永伍
作戦は完璧。
ああやって踏んでいれば番手、3番手、4番手のどこかに入れるからね。
自分に脚がなくて第2先行になってしまった。
5 ボス
風がすごくて最後のコーナーがキツかった。
僕たち外国人選手は世界選やワールドカップを目標に体作りをしているので、今の時期はどうしても調子が落ちる。
100%のコンディションではないですね。
7 飯田 辰哉
あんな強烈なカマシを打つ選手は日本にはいない。
仮に7番手捲りでも離れていただろうし、僕の脚力ではどうすることもできませんね。
9 石丸 寛之
ナイスレースでしょう。
相川君が切って、その上をボスが行くのも分かっていたし、そこから自分が何人捲れるかの勝負だった。
バックの追い風を上手く利用できましたね。
  10R S級予選



1 金成 和幸
引地君は一緒になるといつも先行してくれる。
感謝の言葉しかないですね。
何とか5着まで残したかったけど、僕の援護が下手くそで…。
2 柴田 洋輔
隙があれば捲ってやろうと思ったけど、そんなこと考えた自分が恥ずかしい(笑)。
1車前に本郷君がいたから、彼の仕掛けを見てからでいいやと大事にいった。
3 ボティシャー
(自分を指差し)ワタシ、半端ないでしょう。
最後はちょっと疲れたけど、踏み出しのダッシュはよかった。
今までの感じから初日より2日目、2日目より3日目というように、だんだん良くなっていくと思う。
4 重倉 高史
お粗末なレ-ス。
ボティシャーにスイッチしたところで追い付くわけないんだから、あそこは冷静に「待ち」が正解。
脚を溜めて捲り追い込みなら勝ち上がりの権利は取れたはず。
(着を)拾えるときに拾えない自分自信に腹が立つ。
5 石田 洋秀
次元が違った。
あの仕掛けに付いていけるのは110点クラスの選手だけ。
僕なんかじゃ無理です。
6 引地 正人
金成さんが勝ち上がってくれただけでもよかった。
今の状態なら自分は5着で十分。
7 本郷 雄三
捲ってみたけど全然ダメ。
あれならホームの緩んだところで行けばよかったかな。
  11R S級初特選



1 笠松 信幸
健太郎君とはデビューした頃からの付き合いで、一緒にごはんとか行っていた。
我を通して「自分でやる」とか言わず、素直にマークして正解でした。
苦しい7番手のはずなのに軽く行っちゃいましたね。
2 齊藤 竜也
捲ってきた坂本君につられて自分も一緒に踏んでしまった。
あのタイミングで踏んでも前に進むわけないのにね。
たらればになるけど、あれならじっくり溜めて、コースを突くレースの方がよかった。
3 宿口 陽一
不慣れな押さえ先行というのもあるけど、それを差し引いても簡単に捲られすぎ。
重くて全然カカらなかった。
直前の全プロ(ケイリンに出場)で3本モガいたのも影響しているみたい。
4 望月 永悟
3着か4着か際どかったけど、自分の中でははっきり4着だと分かった。
ブロックとかアオリをもらわないように、遠回りしながらの追走だった分、最後はちょっとだけ届かなかったね。
5 武藤 龍生
技術不足の一言です。
中団にいた斉藤さんが気になって、坂本さんへの対応が遅れてしまった。
先輩の宿口さんがあれだけ頑張ってくれたのに申し訳ない。
6 岡部 芳幸
自転車は流れていた。
薄皮一枚ずつって感じで、ちょっとずつ良くなっている。
7 加藤 圭一
単騎でやると言いながら何もできなかった。
すいません。
8 佐藤 康紀
斉藤君任せのレースだったし仕方ない。
最後も内しか踏み場がなかったし、思い切り突っ込めなかった。
9 坂本 健太郎
全て事前のシミュレーション通り。
全プロ終わりの宿口君は疲れているから、押さえて駆けさせたら絶対にカカらない。
そういう流れに持って行けば何とかなると思ったし、作戦勝ちみたいな感じですね。
脚の方も引き続き好調です。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日インタビュー
  1R

中野 良
奈良君。
彼は世界的なロードレースの選手でしたね。
一番バック数が多いし信頼して。
西田将士
来期はS級に復帰。
直前は、かなり良いタイムが出ていた。
自力自在に走る。
弥彦は今回が初めてです。
藤原清隆
後ろに先輩がいて、他地区の3番手とは言えない。
自分で何かやりたい。
山本晋平
来期も2班だけど、今期は失格があるので。
愛知同士の小川君へ。
沖本尚織
落車や失格で少し流れが悪いですね。
西田君が強いし九州ラインの後ろへ。
小川大地
耳の手術と、首の痛みもあり、長期欠場が続いた。
自力で頑張る。
平 総一
西田君が本命だし、チャンスのある位置。
しっかり番手を守りたい。
市川博章
今期は、2班の点数が取れていないし、頑張らないと。
自分でやるみたいだし後輩の藤原君へ。
奈良 基
2車だけど積極的なレースをやる。
逃げれば、静岡勢も乗ってくれると思うので。
負け戦の1着は多いけど、勝ち上がりで勝てないのが悩みの種。
 
  2R

法月成祐
田中誇君には世話になっている。
スピードがあるし、信頼して任せたい。
大橋直人
ちょっと、この辺りで馴染んでしまった。
関東ラインで吉田君の番手へ。
田中誇士
吉田さんとの2分戦なら、最初から捲りには構えない。
あとはスタートの位置次第ですね。
積極的な気持ちで。
田中孝法
僕ら西日本の3人は目標不在ですか。
ラインの切れ目から。
吉田元輝
予選を連続してクリアしているので、状態は上向いている。
3場所前の弥彦の補充は7着、6着でしたが。
先行も含めた自力自在戦。
橋村法男
厳しいメンバーですね。
位置を決めずに先手ライン追走。
青木亮太
前橋の予選はショート捲りが出たけど、僕らは展開次第なので。
関東の3番手を回る。
高田 誠
田中孝法君も、そんなに点数が無いですね。
僕も同じですが。
先手ラインに乗るしかないね。
米田勝洋
南関の3番手。
田中誇君に行ってもらいたいね、2分戦だから。
 
  3R

井上雄三
そんなに強引な事は出来ないけど、自分で何かやりたい。
地元の西巻君も付くので、捲りが決まれば良いですね。
矢田 晋
弥彦は何度も走っているけど、直線が長い印象。
先行選手にとっては、きついバンク。
先行か捲りで。
植木和広
落車が続き、完全にリズムを崩してしまった。
気持ちは負けていないけど、怪我には勝てない。
同県の伊藤君へ。
伊藤 翼
小倉で大きな怪我をして、これで復帰4場所目。
少しずつ良くなっている。
自力勝負。
松尾玄太
九州ラインで矢田さんへ。
連係は何度かある。
カマシ、捲りが強烈なイメージです。
長岡 豪
こんなに酷い成績は、選手になって初めてから。
チャレンジに落ちるし、そこで出直しです。
やはり、捲りぐらいは出せる様にならないと。
ここは自分でやる。
山根泰道
矢田君も番手の松尾君もシッカリしている。
九州ラインの後ろを回る。
西巻秀太
今回は予備だったけど、前検日に欠場者が出て、急に正規に繰り上がった。
初連係だが井上さんを信頼。
山城光央
時たま、伸びているし前の方にいれば。
神奈川ラインの後ろです。
 
  4R

作田悦章
流れを見て自在に攻める。
決まり手はないけど、まだ動けるところを証明したいですね。
増田利明
藤田さんが付けても、付けなくても、自分でやる。
弥彦は、昔、記念も走っている。
弥彦神社とか、ロープウエーにも観光に行っている。
丸山貴秀
北日本ラインで保科君へ。
彼のポテンシャルからすれば、楽勝でしょう。
垣外中勝哉
ブログやツイッターもやっているので、お時間があれば、そっちも見て下さい。
中部近畿で竹田君の番手へ。
武田良太
作田君は完全なマーカーではないし、前々に攻めてくれると思う。
信頼して。
竹田慎一
今回は街道を、かなり乗り込んできた。
その成果が出れば良いですね。
自力勝負。
藤田晃英
増田君に任せる。
何も言わないし、好きな走りで十分ですよ。
市倉孝良
南関勢が、どうコメントするか分からないけど、僕は北日本ラインの後ろを主張する。
保科千春
負け癖が付いてから、ダメですね。
この辺りで、何かキッカケを掴みたい。
自力勝負。
 
  5R

原田泰志
植原君の番手は初めて。
同じ開催はあるので、話した事はある。
強いし離れない様にしたい。
責任のある位置ですね。
深見仁哉
流れを見て自在に。
ただ、原田君は同期で地元戦。
競走だから、何があるか分からないけど、そこは気になりますね。
岩崎将士
今は鎌田さんより点数がある。
良いと言ってもらえたので、大沢君の番手へ。
阿部康雄
年には勝てないけど、少し良くなってきた。
原田君の後ろで離れない様に。
鎌田 聡
大きな怪我ではないけど、落車が続いているので。
北日本の3番手を固める。
川崎正安
まずは綺麗な3分戦にしたい。
3番手を回れる中部近畿勢の後ろから。
植原琢也
今回は師匠の相川永伍さんと初めて一緒の開催。
S級特進を狙うシリーズだけど、あまり意識していない。
チャレンジから特別昇班するのも遅かったし、練習量も多くはないので。
そこは強い同県同期の2人(黒沢征治と森田優弥)に任せておく。
勝ちに拘らず、地元の2人に迷惑をかけない走りが基本。
積極的に攻める。
大沢哉太
地べたを乗れる様になり、調子は上向いてきた。
だけど、相手が悪いですね。
先行か捲りで。
河本 茂
前橋ミッドの怪我は大丈夫。
中部近畿で深見君に任せる。
 
  6R

岩本 純
自力自在の総力戦。
メンバー的にも、タテのレースが基本となる。
三好恵一郎
まだ来期もA級。
今期は、このままならS級の点数は取れると思う。
3場所続けて準決を外しているけど、成績より悪くない。
積極的な自力勝負。
中村圭志
4場所連続して優勝。
捲りも出ているけど、たまたまですよ。
来期もA級ですから。
ちょっと悩んだけど、空いている坂木田さんの番手を回る。
上田 学
前橋ミッドの予選は競られたけど番手を死守。
準決、最終日は、あまり良くなかった。
ラインの岩本君を信頼。
渡辺正光
全プロの競技に行き、一応、親王牌の出場権は得た。
この1カ月は競技の自転車ばかり。
失格もしたくないし、自分でやる。
今は捲りも出ているので安全運転でタテ攻撃。
大宮記念で、ひとつのレースで2回失格をやり、A級に落ちたので。
坂木田雄介
来期はS級に復帰。
ただ、このままの調子だと、最後のS級になると思う。
それは自分が一番良く分かっている。
九州勢が付くし。
自力で頑張るだけ。
坂本晃輝
どんな走りになっても中村君に任せる。
優勝を量産しているし、A級で一番強いと思うよ。
川木敬大
失格、落車、落車で流れが悪すぎる。
それでも来期はS級。
ここは位置を決めずに走る。
内藤高裕
連係実績のある三好さん。
来期は、初のS級だし、かなりビビっている(笑)。
 
  7R

一戸康宏
弥彦は何度も走っていて相性も良いですね。
積極的なレースをやりたい。
西田大志
野口さんの番手へ。
ヤンググランプリの覇者であるし、離れない様にマークするだけ。
鹿内 翔
今期は、このまま行けば、初のS級1班の点数が取れそう。
それが何よりのモチベーションになっている。
北日本で酒井君の番手へ。
高橋秀吉
2場所、短走路が続いたけど、ここは直線が長いですね。
北日本の3番手です。
野口大誠
練習中の落車で久々の実戦。
そんなに酷くないので、大丈夫だと思う。
中団基本の自力勝負。
酒井雄多
玉野記念は鎖骨を骨折。
師匠の成田和也さんも、一緒に骨折でした(苦笑)。
だけど1本走ったので大丈夫。
今期は公傷だし、来期に向けて積極的に攻めたい。
関 貴之
2人の時も、基本的に柿沢君に任せている。
なので、関東で結束して3番手です。
伊藤世哉
来月の四日市G3には呼ばれていない。
九州ラインの後ろへ。
柿沢大貴
徹底先行の一戸さん。
連係するのは初めて。
中2日の追加だけど疲れは感じていない。
 
  8R

亀井久幸
位置に拘りながら、自分の仕掛けをやりたい。
藤井君の主導権だし、よく考えて。
藤田竜矢
富山の初日に佐藤さんと1着、3着だった。
今度はワンツーを決めたい。
中2日の追加だけど喜んで引き受けた。
自力勝負。
白上 翔
近畿ラインで藤井君の番手へ。
前回の富山の予選もワンツーでした。
行ってくれるし、番手の仕事をやるだけ。
須藤 悟
千葉同士の亀井さん。
今期は1着が1回あるけど、あとはダメですね
佐藤真一
全プロのケイリンに出場した。
まあ、疲れはないよ。
富山の準決は判断ミス。
最終日は展開が向かなかった。
埼京ラインで藤田君へ。
星野辰也
弟子が今度デビューするけど、強いので期待して下さい。
今は一緒に練習はやらず、新人同士で練習をやっています。
ここは埼京ラインの後ろへ。
佐竹和也
小田原の後は斡旋停止。
前回はオーバーワークで疲れが残っていた。
近畿ラインの後ろへ。
深沢伸介
亀井君には世話になっている。
千葉コンビの後ろへ。
藤井栄二
全プロの競技には出場していない。
普段通り先行を基本に。
同型の仕掛けは早くないけど油断しないで。
 
  9R

藤原 浩
実績のある先輩の石丸さんへ。
スピードを借りる走りで十分ですよ。
山田幸司
ボスの番手を主張する。
長年、選手をやっているから、外国人の後ろは何度も回っている。
あの跳躍力は凄いね。
相川永伍
今回は弟子と一緒だし、自分も頑張らないと。
怪我は大丈夫。
先行主体の自力勝負。
高橋広大
茂木さんの了解を得られたので、相川さんの番手へ。
ボスが強いけど、自分の仕事に徹したい。
ボス
コンディションはバッチリ。
日本の競輪を意識して、ロングスパートになっている。
弥彦はウエブスターの番手で優勝した事がある。
副賞で米をもらったけど、通訳さんにプレゼントした。
先行か捲り。
高田真幸
石丸さんと連係した事はないけど、自分でやる脚もないので。
中四国ラインの後ろへ。
飯田辰哉
外国人の後ろだと厳しい。
コメントは自分でやるか、ボスの3番手にして下さい。
茂木和臣
色々な病気をしたし、仕方ないですね。
埼玉の3番手を固める。
石丸寛之
ボスとの対戦は多分ない。
この間、友定君が外国人相手に凄い走りをやっていたね。
その前は千切れていたし、本当、彼は分からない(笑)。
自分のタイミングで自力勝負。
 
  10R

金成和幸
北日本ラインで引地君へ。
外国人が来ても、多分1車だし、チャンスはありそう。
柴田洋輔
番組的には俺と田村さんで外国人にマーク。
だけど百%、千切れると思う。
しかも意思疎通も出来ないので。
そんな理由で前々勝負。
ボティシャー
ライン細切れなのは全く問題ない。
2場所、良いフィーリングで走れて結果も出ている。
先行か捲りで。
重倉高史
外国人相手に、見せ場を作った事もあるけど、謙虚な気持ちで走りたい。
自力勝負。
石田洋秀
誰も行かないみたいだし、自分がボティシャーの番手を回る。
他の位置を回るより、面白そうなので。
引地正人
意外と外国人相手に善戦している。
スンナリ駆けさせてもらえるので。
自力勝負。
本郷雄三
セッティングとかいじっていたら、逆におかしくなってしまった。
単騎になるけど自力勝負。
上田裕和
中部ラインで重倉君の番手へ。
2車だし好きな走りで。
田村真広
俺が外国人に行っても、千切れて恥をかくだけ。
今日の夜から緊張して、ホームで一気にスパートされ、離れている姿が目に浮かぶ。
だから柴田君の後ろで。
 
  11R

笠松信幸
坂本君へ。
最初は自分でやる事も考えたけど、徹底先行が不在なので。
もちろん、連係した事はない。
全プロは地区プロで負けてしまったので。
斉藤竜也
全プロの4キロ個人追い抜きに出場。
後輩の志佐明君が怪我をしてピンチヒッター。
だから疲れが抜け切っていない。
前々から。
宿口陽一
全プロのケイリンで決勝に進出。
最後はカマシに行き7着でした。
坂本さんが、どう考えているか分からないけど、自力勝負。
俺より、後ろの武藤君が乗れているから。
望月永悟
斉藤さんと加藤君が別々なのに、どっちかの後ろとは言えない。
これでも気を遣ったつもり。
笠松君には世話になった事があるので、その後ろへ。
武藤龍生
静岡、立川と連続優勝。
しかも4角番手で、立川は売り出し中の藤根君の番手だった。
実は親父はS級で優勝した事がない。
マーク屋で2着選手でもあるから。
だから武藤家にとって、悲願のS級Vでした(笑顔)。
先輩の宿口さんへ。
岡部芳幸
点数もないし、コメントは最後で良いよ。
そうでないと失礼だから。
空いている埼玉コンビの後ろへ。
加藤圭一
名古屋で鎖骨骨折。
それでも、地元平塚記念は最低限の走りが出来た。
斉藤さんと別で前々からです。
佐藤康紀
斉藤君は同期でもある。
点数も一番持っているから、彼に任せたい。
坂本健太郎
外国人みたいに、このメンバーなら先行か捲りでしょう。
前回の富山は準優勝だったけど、かなり車が進んでいた。
初手のポジションで、どうなるか決まると思う。
どうなるか分からないけど、後ろにチャンスのある仕掛けはやるつもり。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
コンビニのコピー機で弥彦競輪の出走表が無料プリントできる!
コンビニで弥彦競輪の出走表が無料でプリントできます!!


全国コンビニのマルチコピー機から
弥彦競輪の出走表が無料でプリントできます!!

通常開催時
前検日15:00頃から、初日以降は開催日前日18:00頃から
ミッドナイト開催時は
前検日19:00頃から、初日以降は開催日当日の3:00頃から

ぜひ、ご利用下さい!!



操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin21

ページトップへ 
   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。




 
ページトップへ
   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

小橋正義と豊田知之

小橋正義といえば寛仁親王牌だが(何と四回の優勝だ)、競輪祭も二回、日本選手権(通称競輪ダービー)も二回優勝している。ダービーの優勝はおそらく両方現場で観ているはずだ。1994年の静岡はイン粘りだったかなァ(もし記憶違いだったらごめんなさい)。1995年は開催中に都内で地下鉄サリン事件が起きた松戸で、三宅伸が逃げハコ一気、児玉広志とのズブズブだったとおもう。
昔、友人と、小橋正義と豊田知之のどっちが強くなるかと酒場で延々駄弁ったことがある。両者ともおなじ時期にS級に昇ってきた。俺は豊田のほうにセンスを感ずると強弁したはずだ。
豊田も一流に育ったがタイトルはふるさとダービーのひとつどまり。小橋のほうはグランプリをふくむ数多のタイトルを手中にしたのだから、俺の「予想」の的中率はあの時代から低い。
小橋の頭を上下に振る独特のフォームを忘れずにいる――。


ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925




ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2019年5月29日(水)30日(木)31日(金)

■開催場所
弥彦競輪場

取り扱いネット新聞

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ