eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
とん豚テジ

日本選手権競輪(GⅠ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
【チャリロトからお知らせ】総額50万円!投票キャンペーン実施中!

総額50万円!!
松戸「日本選手権競輪」期間限定の投票キャンペーン実施中!





 
キャンペーン概要

2019年4月30日(火)~2019年5月5日(日)に開催される松戸競輪G1「日本選手権競輪」におきまして、投票キャンペーンを実施致します!
 

■対象レース


松戸競輪G1日本選手権競輪 2019年4月30日(火)~2019年5月5日(日


■応募方法


チャリロトの投票ページから、「キャンペーンに応募する」ボタンからご応募ください。
 
■参加条件

上記対象開催レースのいずれかの車券を当サイトより合計3,000円以上ご投票されたお客様が対象。全ての券種(通常車券、重勝車券)が対象です。

 

■賞品
【10,000円】キャッシュバックまたはチャリカ 抽選30名様
49型液晶テレビ「VIERA(ビエラ)」 抽選1名様
ロボット掃除機「ルンバ」 抽選3名様
日本三大和牛食べ比べセット(神戸牛・松阪牛・米沢牛) 抽選5名様
松戸競輪QUOカード 抽選10名様

 

   
【チャリロトからお知らせ】競輪予想情報ページがリニューアル!

2019年5月 競輪予想情報ページがリニューアル!
さらに使いやすく、見やすくなります!





この機会にぜひ、チャリロトに会員登録を!
https://www.chariloto.com/

 
   
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
山内卓也
川村晃司
池田勇人
 
猪俣康一
小野俊之
 

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
決勝インタビュー


深谷知広
ダービーの表彰台には2回載っている。
だから何としても獲りたいタイトル。
普段はもっと厳しいトレーニングをナショナルチームでやっている。
その成果も出したいですね。
単騎になるけど自力勝負。
海外の大会では、単騎だし、あまり気にならない。
古性優作
準決のアグレッシブな走りが一番の持ち味だと思っている。
それを出す事が出来た。
自分なりに脚の感じは良いですね。
オールスターの決勝で脇本さんに千切れている。
それがあるから今の僕がある。
まずは踏み出しに離れないのが大前提です。
渡辺雄太
特別競輪の決勝は初めて。
脇本さんが強すぎるけど、ほんの少しチャンスはあると思う。
田中さんと2車だが積極的に。
清水裕友
やっと自信が戻ってきた。
それがレースに出ている。
ゴールデンレーサー賞の先行があったから、準決で逃げ切る事が出来た。
特別競輪の決勝だし内容より結果を求める。
3車だし積極的な自力勝負。
田中晴基
地元のビッグで決勝に乗れて嬉しい。
もちろん、南関ラインで渡辺君へ。
連係するのは、これで3度目。
勝つ走りをやってくれれば十分です。
松浦悠士
別府の全日本選抜の決勝では何もやれなかった。
それが良い経験になり、今回に繋がると思う。
まだ、その器かは分からないけど、僕もタイトルを狙える選手の一人だと思っている。
ハラケンが3番手と言っているし清水君の番手で仕事する。
脇本雄太
出来は見ての通りだけど、百点満点でもない。
もちろん、ダービー王の称号は欲しいですよ。
トップスピードが高いから、ナショナルチームの仲間の深谷君が一番の脅威。
油断しなければ獲れると思うし自力勝負。
原田研太朗
オグさんと2人なら別線で自力だった。
ただ、中四国で3人だし、3番手。
この大きなお腹と一緒で、お腹が一杯なので(笑)。
菅田壱道
深谷君の後ろの選択肢は全くなかった。
一成さん、新田さん、慎太郎さんに迷惑をかけておいて、それは出来ない。
これで特別競輪の決勝は4度目。
まだまだ未熟だけど自力勝負。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
五日目勝因敗因
  1R S級一般二


1 松岡 健介
これで通算350勝。
4百勝達成には、何年かかる事やら(笑)。
今日は藤木君、昨日は稲毛君のおかげ。
自力でやった2走は、8着と6着だし、後輩の頑張りが全て。
今日は、もっと岩本君を引き付ける事が出来れば、藤木君を庇う事が出来たけど。
3 岩本 俊介
人気なのにすみません。
松岡さんのヨコを通り過ぎる事が出来れば良かったですが、そこで併されてしまった。
4 高橋 大作
どうしても、この年になると前の先行選手と口が空いてしまう。
これが今後の課題ですね。
5 石毛 克幸
久々の特別競輪だし、1度は確定板に載りたかった。
本命の岩本君が不発だし仕方ないですね。
6 久米 康平
やれる手応えを掴んだ開催でした。
もっと自信を持てば、良い頃に戻ると思う。
最悪の時期は逸したし、これからは良くなる一方。
7 笠松 信幸
一次予選で落車したけど、前に離れる事がなかった。
やはり藤木君が前々に踏んでくれ、松岡さんがスパートしてくれたおかげ。
8 三宅 達也
久米君はスーパーダッシュ。
深谷君に負けないダッシュを今節見せたからね。
千切れたし、この3着は申し訳ない。
9 藤木 裕
もっと引き付けてから逃げても良かったですね。
久米君の後ろに嵌ったけど、飛び付き狙いではなかったので。
先行した結果が、行かれてしまっただけ。
  2R S級一般二


1 新山 響平
突っ張れれば良かったけど、引いての巻き返しになった。
カマシが決まらなかったし、神山さんに申し訳ない。
今回は結果的に、仕上がっていなかったですね。
2 不破 将登
初のダービーで2勝も出来た。
ちょっと出来過ぎでしょう。
師匠の慎平さんからは、惨敗した方が、これからの為になると冷やかされた(笑)。
師匠も解説とイベントで来ていたし、良いところを見せる事が出来た。
3 白戸 淳太郎
松坂君が内、内に行ったので、2人で3、4着でしたね。
4 松坂 洋平
短走路の外では無理だと思い、内、内に行った。
これが特別競輪でなければ、力勝負をやれたが。
次も同じ短走路の富山だけど、F1だし真っ向勝負をやりたい。
6 筒井 裕哉
実は、ワッキーがゴールデンレーサー賞で使っていた自転車を譲り受けた。
だから、気持ちはワッキーで9秒1を出そうと(笑)。
だけど、全然ダメでした。
7 小林 大介
前の神山さんも苦しそうだったし、今日の展開では仕方ないですね。
前を取れば、本線だし、相手にも警戒されるので。
8 鷲田 佳史
久々の特別競輪だったけど、もっとインパクトを残したかったですね。
内を掬われたのも反省。
9 北野 武史
昨日、言った通り、庇うリストから不破君を外した(笑)。
それなのに、差せないのが、マーク屋の哀しいサガ。
竹内雄作や深谷君の後ろだと、体を絞ってマークに専念するが、まだ不破君だと仕事をやりたくなってしまう。
その分、差せないですね。
  3R S級一般一


1 竹内 智彦
山賀君がトリッキーだったね。
田中君と絡み、落車明けだし、その影響があったのかな。
2 黒田 淳
内は気にしていたけど、中バンクに上がってしまったし、そこを掬われてしまった。
3 田中 誠
まだ昨日の落車で恥骨が痛い。
それでも気持ちで走り、3着に入る事が出来た。
4 高原 仁志
山賀君が入ってきて、3番手で併走。
上手く内に降りたけど、欲を言えば、もう1車抜きたかった。
5 河野 通孝
小原君と2人で後手を踏んだし、7、8着で共倒れだった。
6 吉本 哲郎
九州勢の切り替えを誘って5車で逃げようと思った。
そこまでは良かったけど、内から山賀君が来たのが誤算。
7 山賀 雅仁
自力、番手、3番手と何でも勝てる選手が理想。
今日は内が空いたので行けるところまで行こうと、番手を捌いて、そこから捲ったし、納得いく走りが出来ました(笑顔)。
8 小原 唯志
結局、4走して、一度もバックを取れなかった。
松戸は得意だったけど、特別競輪だし力不足だった。
  4R S級特選二


1 芦澤 辰弘
要所、要所で全部遅れている。
何で、今回はこんなに悪いのか自分でも原因が分からない。
2 山田 庸平
左足に重心がかかっている感じで、踏み方が良くない。
昌己さんが付いているのに、後ろになってしまい申し訳ない。
3 椎木尾 拓哉
怪我も多く、もうひと伸びが足りないですね。
あの展開でも2着に入らないと。
それが3着だった。
4 山口 富生
金子君はレースを知っているね。
若手にやらせておいて、一番良いところから駆けている。
俺は、石塚君に絡まれてきつかった。
5 井上 昌己
山田君も徹底先行ではないし、仕方ない。
いつも通り、今日も何にも言わなかったので。
6 石塚 輪太郎
ただ、前を切りに行くだけなのに、僕、簗田君、山田さんで脚を使ってしまった。
そこを、ドンピシャのタイミングで金子さんが駆ける展開になった。
最悪、ひとつのラインは出そうと思っていたけど、金子さんの駆け方が上手かった。
あとは、最終ホームで、強引にでも、山口さんの内まで差し込めば良かった。
7 簗田 一輝
番手が井上さんだし、山田さんの早駆けもあるかなと。
それで迷ってしまった。
あれなら、早めに切りに行き、石塚さんを出させて3番手を確実に取りに行けば良かった。
8 池田 憲昭
昨日、井上さんのおかげで2着に入っている。
あの展開で4着なら頑張った方でしょう。
9 金子 貴志
ジャンからだし、落ち着いて仕掛ける事が出来た。
前も緩んでいたし脚を使わずペースに持ち込めた。
  5R S級特選二


2 桑原 大志
3番手だし、走りや作戦は岩津君に任せていた。
僕は与えられた展開で頑張ろうと。
その結果が5着です。
3 志智 俊夫
竹内君が前に出た時点で勝負ありと思った。
あの展開になれば根田君は8番手なので。
僕は車間を切ったぐらいですよ。
それと、中国勢の抵抗がなかったのも大きい。
4 神田 紘輔
これが勝ち上がりなら、もっと強引に中へ入って行ったけど。
それでも、あの位置から4着に届いているので。
5 岩津 裕介
工藤君には、何が何でも先行とは言っていなかった。
彼も36歳の先行選手だからね。
もう一皮むけて欲しいし、走りは悪くなかったと思う。
6 工藤 文彦
基本は後ろが岩津さんと桑原さんだから先行の組み立て。
ただ、展開次第では、中部勢を出しても良いと言われていた。
やはり、僕では竹内君を捲れない。
それでも得るものがあったし、昔、分からなかった、岩津さんの言う事が分かる様になってきた。
7 根田 空史
(レース後は入念に自転車をいじり、師匠の中村浩士と2人で反省会)。
8 竹内 雄作
今の僕では、このレースが限界。
根田君相手だし、やった方だと思う。
欲を言えば、3着でなく、2着に残りたかった。
  6R S級特選二



1 中井 俊亮
諦めずに踏んだけど、太田君の突っ張りに負けてしまった。
三谷さんに申し訳ない。
2 太田 竜馬
突っ張って、中井さんを出させなかった。
後ろのワンツーにも貢献。
レース内容は良かったと思うけど、さすがに、4角からは失速した。
そこは僕から買ってくれたファンには申し訳ない。
3 成田 和也
一次予選で友和君に逃げてもらっているし、展開もあるから仕方ないですね。
5 橋本 強
僕は3番手で内を締めているだけだし、伊勢崎さんを止めるのは哲男さんに任せていた。
僕が持って行くと、内を掬われるから。
どうあれ、あそこから突っ張る太田君は凄いね。
6 佐藤 友和
もがき合いはあったけど、太田君も強いので。
成田さんに悪い事をした。
8 伊勢崎 彰大
今回の状態なら、変に捲れる自信はあった。
俺が仕掛けた時に、ファンのテンションが上がり、ざわついたと思う(笑)。
それは長年の経験から分かるので。
3着で届かなかったけど、イセファンに対して、熱いメッセージを送れたと思う(笑顔)。
9 渡部 哲男
太田君の突っ張りが全て。
やはり、初日、太田君に千切れた事が悔やまれる。
ああ言うダッシュに離れるのが自分の弱点。
その後は、3連勝だし出来自体は問題なかった。
確か、京王閣のダービーで、石井秀ちゃんが4、1、1、1、1着をやっていると思う。
だけど、もう俺は脚が売り切れだし無理ですよ(笑顔)。
  7R S級特選一


1 小原 太樹
コメントは決めず。
ただ、道中は近畿の後ろと思っていた。
もし、誰か捲って来なければ、早めに外を直線勝負。
村上さんがブロックする流れなら、内を突こうと決めていた。
これは、ラインを組んだら出来ないので、あくまでも単騎だから出来たと思う。
3 村上 博幸
今日は南君と2車。
外に張れば、誰か入ってくるのは分かっていた。
だから加減しながら持って行ったつもりだが。
南君の掛かりは悪くなかったけど、4角から少し失速した。
まだ自転車とか改善の余地はあるし、自分自身も伸びしろはある。
4 守澤 太志
一成さんが不発だったけど、僕も連結は外している。
そこは反省点です。
5 吉田 敏洋
俺が、あの南潤を軽く捲っていた!と書いておいて(笑)。
一成君と中団の取り合いになったけど、それは嫌なもんだよ。
今回から新車だけど、やっと感覚が掴めてきた。
6 大森 慶一
今日は8着だけど、初日と二次予選が3着。
点数は上がっているし、最終日も頑張りたい。
7 南 潤
やりたい走りは出来たけど、内容はどうだったのかな。
ただ、行くだけになってしまったから。
もっと引き付けて良かったし、誰か来てから併せる方が良かったかも。
疲れはないし、スタミナ面は問題ない。
8 近藤 龍徳
吉田さんに千切れた訳ではない。
分かれてしまっただけ。
そこは悲観していない。
9 鈴木 竜士
次の取手記念には呼ばれていないし、高松宮記念杯ですね。
単騎なら単騎の勝ち方があると思うし、それが上手く行かなかった。
タイトルは別として、何年かの内に、記念は優勝したいですね。
やはり究極の目標は平原さん。
人間性、走りと全てが完璧ですから。
  8R S級特選一


1 三谷 竜生
前2走が不甲斐ないレース。
だから、今日は力の出し惜しみはやらないつもりだった。
松本君が来るのが遅いから、突っ張った。
2 大槻 寛徳
小松崎君が捲る感じなら付いて行くし、止まったのを確認してエックス攻撃で入って行った。
今回は伸びているし、自分なりに感じは良いですね。
3 園田 匠
松本君を入れたのは松岡君の判断。
最後は短い直線だけど、伸びたと思う。
出来れば、頭まで行きたかったけど。
4 西岡 正一
当たり前だけど、稲垣さんが仕事をしやすい様に内を締めていた。
みんな強いけど、展開なりに走れている。
5 松本 貴治
結果的に押さえに行くのが遅かったですね。
三谷さんに突っ張られては…。
7 稲垣 裕之
やはり三谷君の強い気持ちを感じた。
小松崎君のスピードが良かったので、前に踏みながら、また三谷君の後ろに戻った感じです。
そこを大槻君がエックス攻撃で入ってきた。
細かいテクニックの部分で負けたし、みんなスキがないですね。
技術で負けたが、脚の具合は良いですよ。
8 松岡 貴久
もう1回行けると思い、松本君を迎い入れた。
だけど、バックを踏みながらだし、きつかった。
9 小松崎 大地
展開は良かったし、捲れなかったのは力ですね。
後ろの大槻さんが1着で、それは救いです。
 
   9RS級準決勝


1 諸橋 愛
初手の平原君の位置は良いと思ったけど、中川君が先に押さえるか、古性君に中川君が付いて行かないと厳しいですね。
2 渡邉 雄太
競り負けた浅井さんを入れるか、そこで勝負するかは悩んだ。
まだ余裕はあったので1車下げた。
予想と違う展開になったけど、決勝に進めて良かった。
4 和田 真久留
詰まった僕のタイミングで渡辺君が行っていたら、多分、彼は飛んだと思う。
もちろん、あの仕掛けだと僕は苦しい。
良い意味で途中から傍観者になり、彼を応援するレースになりました(笑)。
5 古性 優作
リスクを背負ってでも前々と思った。
単騎だけど、普段通り、ガツガツ攻めようと。
それが良かったですね。
深谷さんの番手を取り切るまでは余裕があったけど、直線では一杯だった。
6 湊 聖二
初の特別競輪の準決だし、凄く楽しめましたよ。
敢闘門から発走台に付くまで、今までに経験のない興奮状態でした。
7 平原 康多
今年に入り、G2以上の準決は全部4着。
これが今の実力ですね。
余裕があったのに、内に行って失敗。
普通に外を踏めば良かった。
自分の心に負けたレースです。
8 深谷 知広
古性君が1車なので車を下げた。
あの踏み方なら飛び付き狙いだと思った。
あとは主導権を取って、浅井さんにお任せしようと。
日本の競輪を走るケースは少ないし、凄く気持ちが入っている。
9 中川 誠一郎
もっとアクションを起こせば良かったですね。
これで、アンチ中川が増えてしまったかも(苦笑)。
すみません。
  10R S級準決勝


1 清水 裕友
ゴールデンレーサー賞の先行が自信になっていた。
あれがなければ、今日、逃げる事は出来なかったと思う。
あとは、車間を切ってくれた松浦さんの援護も大きかった。
3 郡司 浩平
もっと早く清水君が来ると思ったけど、泳がされてしまった。
そこが敗因のひとつ。
4 柴崎 淳
単騎でレースに制約があった。
ただ、間近にいて、新田さんの凄いダッシュを体験出来た。
5 吉澤 純平
位置を取った時に、誰からも掬われなかった。
そこで少し安心してしまった。
郡司君を乗り越える事が出来れば、良かったですが。
6 田中 晴基
雰囲気に飲まれてレースは覚えていない。
無我夢中で、4角から内を踏んだ。
やはり脚を使って郡司君が中団を取ってくれたおかげ。
松浦君が車間を切っていたし苦しかったと思う。
7 松浦 悠士
一番良い場所から、清水君が行ってくれた。
掛かり具合からして誰にも捲られないと思った。
僕は車間を切ったけど、前を抜いていない。
ファンに迷惑をかけたし、あの行為は6月からだと重注になる。
車間を切らないと捲られるケースもあるし、かと言って、最後の踏み直しが強烈な選手もいる。
その辺りはジレンマになるけど、これも決まったルールなので。
8 山崎 芳仁
グランドスラムの夢が消えて残念。
ただ、走っていれば、いつか取れる事があるかも。
それを信じて。
9 木暮 安由
吉沢君のスピードも良かったけど、郡司君も強引に持ってきたから。
  11R S級準決勝



1 山崎 賢人
やはり脇本さんとの力の差を感じたし、特別競輪の決勝に乗るのは簡単な事ではない。
凄いスピードで行かれてしまった。
2 菅田 壱道
たまたま、4角で内が空いただけ。
運が良かった。
仕掛ける場所はあったけど、そこで動けなかった。
単に位置を取っただけ。
慎太郎さんに申し訳ない。
3村上 義弘
(レース後は、写真の様に脇本雄太と話し込む)。
4 原田 研太朗
途中で脇本さんのスピードを借りる感じになった。
踏み出しも悪くなかったけど、僕にもっとスピードがあれば、小倉さんも付いてこれたと思う。
5 佐藤 慎太郎
(決勝に乗ればグランプリの賞金がかなり有利になる。
さすがに険しい表情で、クールダウンに向かう)。
6 金子 哲大
ダービーの本当の雰囲気を味わう事が出来た。
9着覚悟だったけど、何故か5着を取れてしまった。
作戦は平原さんに授けてもらっていましたが。
7 山田 英明
脇本君が1車だと分かったので、山崎君を迎い入れた。
その後は自分で持って行き、菅田君に掬われてしまった。
8 小倉 竜二
ハラケンが決勝に乗ってくれただけでも。
俺は飛ばされたし、残念。
9 脇本 雄太
村上さんと一緒の時は、基本的に作戦はなし。
お互いの目を見て、よろしくお願いします!ぐらい。
前受けを覚悟したけど、中団を取る事が出来た。
ジャンでは、だいたいの展開通りになっていた。
上がりは今日も9秒1ですか。
9秒5ぐらいで村上さんとワンツーのレースを意識したし、そこは申し訳ない。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
四日目勝因敗因
  1R S級一般二



1 伏見 俊昭
早坂君はダッシュが良いし、行けると思ったけど仕方ないですね。
2 坂本 亮馬
怪我もなく、無事終われただけでもハッピー(笑)。
誕生日でもあったからね。
僕にとっては松戸ダービーでなく、松戸スーパーF1ぐらいだった(苦笑)。
3 杉森 輝大
上位陣相手でも、こう言うレースが出来ると良いのですが。
川口君が中団でふたをしていたから、3番手に飛び付けると思った。
もちろん、先行も考えていたから、あの位置が取れた。
最後の1走も勝てる様に頑張りたい。
4 佐藤 幸治
叩きに行くか、中団の外で我慢するか中途半端だった。
5 笠松 信幸
やっと、少し自分らしい走りが出来た。
強引にでも早坂君は止める事が出来た。
ただ、杉森君までは無理だった。
7 川口 聖二
連日、主導権は取れたので、自分の走りは出来た。
走れないと思っていたし、それだけは収獲。
9 小林 大介
中団を杉森君が固執してくれたのが大きい。
あれで引かれると終わってしまう。
決め付けると失敗の可能性もあるが、川口君が逃げが前提の組み立てだった。
ああ言う捲りを差すのは得意。
今年は吉沢純平君も差しているからね。
抜いたのがゴール後だし、少し脚が落ちている。
2着までだと、欠場者が8人いるので、もう1回走れるみたいですね。
  2R S級一般二



1 五十嵐 力
地元の鈴木君に好きに走ってもらったし仕方ないですね。
2 野田 源一
勝負どころで9番手では、ダメですね。
ホームで掬って、少しでも前々と思いましたが。
3 稲毛 健太
2周から前に出たけど、本気に踏んだのは残り1周。
掛かりが悪かったし、後ろがワンツーで最低限の走りでしたね。
4 池田 勇人
脚を使って、中団を確保した。
スピードは悪くなかったし、松岡さんが番手捲りでなければ。
5 東 龍之介
今回は初日のゴール前の落車が全てだった。
あれが無ければ、勝ち上がれていたと思うので。
6 筒井 裕哉
被った時はやばいと思ったけど、松岡さんが前に踏んでくれたので。
川崎記念の一次予選もワンツーだし相性が良いですね。
7 志村 太賀
池田君が不発だけど、自分にもっと突っ込む脚があれば。
8 鈴木 裕
3着だけど、自分だけが届くレース。
後ろの2人に申し訳ない。
9 松岡 健介
本来の稲毛君なら、もっと踏み上がる。
池田君のスピードが良かったし、稲毛君のヨコで我慢したけど、失速してきたので。
今回は疲れを残して本番を迎えてしまった。
年だし、もっと体を考えないとダメですね。
  3R S級一般二



1 北野 武史
不破君が行ってくれたし、仕事して、最後は抜くだけだと思っていた。
そうしたら、凄い踏み直し。
今まで、庇うリストに入っていたけど、これからは外す事にする(笑)。
2 宿口 陽一
昨日は芦沢さんに番手に入れてもらい、横山君の番手。
今日も牛山さんに入れてもらった。
譲ってもらったのに、結果を出せず、残念です。
3 北津留 翼
4 横山 尚則
あそこで踏み合いをやると北津留さんの捲り頃になる。
冷静に中団に下げたけど、気持ちが弱かったかも。
5 不破 将登
横山君が簡単に出させてくれたのが大きい。
成績が良くになるにつれ、長い距離を踏める様になってきた。
今日も逃げて、ラインで決まり最高です。
6 大塚 英伸
初のダービーだけど、良い経験が出来た。
来年も出場出来る様に、これからも頑張りたい。
7 荒井 崇博
8 山内 卓也
不破君が数字通りで強くなっているね。
不破君が駆けて、北野さんが番手でブロック。
僕は内を締めていたし、それぞれ良い仕事が出来たと思う。
9 牛山 貴広
横山君の判断だからね。
まあ、あそこで出させても、1周ちょっとだし捲れないと思うけど。
  4R S級一般二



1 金子 幸央
今回はダメだったけど、次は地元宇都宮記念。
そっちは、良い成績を取れる様に仕上げたい。
今日は芦沢さんに迷惑をかけた。
2 白戸 淳太郎
晴智さんが離れて、自分で捲る形になったけど、自分の持つ距離より長かった。
だけど、頑張った方でしょう。
3 藤木 裕
岩本君はダッシュがメッチャ良いね。
晴智さんが苦しそうだったので、二の脚、三の脚を使って追い掛けた。
4 澤田 義和
藤木君が行ってくれたけど、岩本君のスピードが良かった。
その後も厳しい展開になってしまった。
7 岩本 俊介
やっとファンの前で挨拶する事が出来た。
連日、良いレースが出来ていなかったし、それなのに、ファンが凄く応援してくれた。
その気持ちが嬉しかった。
8 芦澤 大輔
先行選手は先行選手の考えがあるので。
ただ、思い切った競走をやった方が、良い結果が出ると思うけどね。
それを証明したのが初日の友和君。
9 渡邉 晴智
自分が限界を感じるスピードだった。
岩本君が強くて、離れてしまった。
ファンには申し訳ない。
  5R S級特一般



1 山中 貴雄
佐々木君が休みながらだったので、少し口が空いてしまった。
ゴール前は抜けないと思い、2着確保に行ったが、そこをズボッと和田君が突っ込んできた。
2 和田 圭
余裕がありすぎて、割り込まれてしまった感じ。
だけど、脚自体は良いので頭まで行った。
これで、多分、明日は休み。
だから、今日の夜は思い切って飲める(笑)。
4 高橋 陽介
レースの反応は良いけど、踏んでからが伸びない。
やはり、前回の怪我の影響があるのかも。
5着だと、一人上がりで選抜か一般戦。
この差は大きいし、選抜を走れる様に願いたい。
5 長島 大介
佐々木君のスピードが良かったですね。
止める事が出来なかった。
6 吉本 哲郎
最低でも中団と思っていたけど、今日は見せ場も作れなかった。
7 萩原 孝之
最初は決めずとコメントした。
だけど、小原君が行く気配で、長島君なら番手捲りもある。
それで栃茨勢に期待したけど、そんな展開にならなかった。
8 小原 唯志
萩原さんには、ジャン前に少し踏み過ぎと言われた。
どうあれ先行の組み立てだったし、佐々木君に力負け。
9 佐々木 豪
これで4走連続。
普段の開催と違い、メンタルが疲れる。
中団で休むと言うより、ああやって舐める感じの方がスピードに乗るので。
1日休んで、最終日も走れるから、今回は5走になりますね。
  6R S級特一般



1 田中 誠
(落車し棄権)。
2 取鳥 雄吾
落ち着いて駆ける事が出来たし、ペースに持ち込めた。
今日は完全に自分のレース。
上位陣相手に、この走りが出来れば。
3 竹内 智彦
(落車し再乗)。
4 林 雄一
先手ラインとコメントしたけど、逃げるのは取鳥君だと思っていた。
最後は中を割って、1着!と思ったけど、そこまでは無理でした(笑)。
5 堤 洋
取鳥君はダッシュが良いから、簡単に併せてしまうと思った。
相手はびびっていたと思う。
僕は平面からのダッシュなのできつかった。
あとは、最後、下手に抜きに行くと、林君に中を割られるから、そこは注意した。
6 飯野 祐太
本当、自分でやるとレースが下手クソ(苦笑)。
頭では色々と分かっているけど、単純に今日みたいなレースになってしまう。
車体故障もあったので大きく遅れてしまった。
7 東口 善朋
まずは高橋君が中団を取ってくれたので。
4着権利だし、最低限の走りだった。
8 高橋 和也
3、4番手を取るのが基本。
今までは、引いて、カマシか捲りばかりだったけど、それだけでは通用しない。
だから、位置にも拘る様にしている。
位置は取れたけど、前が掛かっていたから捲るのは無理だった。
  7R S級選抜一



1 山田 庸平
基本的に栃茨勢の時は分断、南関の時は中団だった。
ただ、競りになった時に、堀内君が来ないのがラッキーだった。
あそこでカマされていたら、終わっていた。
2 桐山 敬太郎
行けなかった事は、堀内君に対して怒っていない。
それは、レースだから仕方ないし、俺も失敗する。
ただ、簡単に諦める姿勢が許せない。
俺が仕掛けやすくなる意図があるのかもしれないが、買ってくれているファンもいる。
そこは厳しく言うし、ゲンコツです(笑)。
4 神山 拓弥
どっちも2段駆けみたいなレースだし、あの押さえなら山田君は引くかなと思ったけど。
ラインが崩れてしまったし、その後は、上手くリカバリー出来たと思う。
5 堀内 俊介
誘導を早く切ると黄檗山のルールがある。
重注を付けてまで、同期山岸君が主導権を取るとは思わなかった。
前がもつれた時に、行くタイミングあったし、そこで見てしまったのが失敗です。
6 山岸 佳太
作戦の中で山田さんのイン粘りは考えていた。
あのタイミングで押さえに行けば、引くと思ったけど。
7 渡部 哲男
山田君は、こんな感じのレースと言っていた。
ただ、山岸君が早めに来たし、どうするのかと思った。
全部やってくれ、美味しいところを、俺が持って行った感じですね(笑)。
8 池田 良
基本的に決めずに流れの中で対応した。
だから、最後は哲男さんの後ろにスイッチした。
そこは、同期神山君にしゃくられてしまった。
9 内藤 秀久
俺が何か言うより、自力選手の桐さんが言った方が説得力があるからね。
もちろん、堀内君も色々と分かっている選手ですが。
疲れなかったし、すぐに飯に行きますよ(笑)。
  8R S級選抜一



1 近藤 隆司
山中君と僕では脚質が真逆。
そこに難しさもあった。
坂本君が、ちらちら僕を見ていたので、粘ると思った。
山中君と入れ替わる作戦もあったけど、色々と難しかった。
2 井上 昌己
小嶋さんと話しはしていないし、道中、後ろになったもたまたま。
南関の番手がもつれ、小嶋さんが行ってくれた。
ラインなら別だが、偶然のラインなので、バックから仕掛けた。
運がよかったし、ラッキーです。
4 池田 憲昭
実は、この展開は頭にあった。
僕が連対する時は、こうだと思っていた。
井上さんのバック捲りは差せないですよ。
5 成清 貴之
作戦会議は開いたけどね。
近藤君は行きますと言ってくれていた。
あのタイミングなら、引くと思ったけど仕方ないね。
前のレースの山田君みたいに成功したイン粘りなら良いけど、今日みたいなのはどうかな(苦笑)。
8 小嶋 敬二
この先行でファン投票も23位ぐらいに上がったと思う。
あと少しでオリオン賞(笑)。
頭の中で、前を取ったラインが粘ると思っていた。
ジャンで後ろの昌己を見たら、アクションを起こさない。
俺に動いて欲しいんだなと思い、カマシに行った
9 坂本 貴史
あれで車を下げて中団になっても、今度は井上さんと位置の取り合い。
仮に、その位置を取ったとしても、前が番手捲りだし捲れない。
  9R S級二予選



1 鈴木 竜士
南関の2段駆けはないと思っていた。
だけど、なかなか来ないので、これは簗田君はやる気だなと…。
位置は取れたし、そこは合格点。
ただ、武田さんも落車しているし、色々と反省点はある。
2 古性 優作
自分でレースを作っていないから、おかしなレースになってしまった。
稲垣さんとワンスリーだと、稲垣さんは勝ち上がれない。
ワンツーが条件だったし申し訳ない。
簗田君が車間を切っている時は、どうするのかと思った。
自分なりに状態は良いけど、相手との比較もあるので。
3 簗田 一輝
今日は、ある程度、決め打ちで先行。
番手の松谷さんも動けるし、地元の伊勢崎さんも一次予選で逃げ切っているから。
4 松岡 貴久
さあ、これから突っ込もうと思った瞬間に、危ない雰囲気を感じた。
それで落車を避ける準備で一杯。
5 松谷 秀幸
(妨害して4着失格)。
6 伊勢崎 彰大
鈴木君が粘ると言う事に対して、準備が出来ていなかった。
簗田君は逃げると言ってくれていたし、最終バックから、どう走るかを考えていた。
自分が競り負けた事により、ラインが機能しなくなった事が申し訳ない。
7 武田 豊樹
(落車し棄権)。
8 湊 聖二
興奮していてレースは覚えていない(笑)。
選手をやって18年になるけど特別競輪の準決は初めて。
武田さんに当たったけど、落ちなくて良かった。
松岡君も捲ると言っていたけど、タイミングが取りづらそうだった。
9 稲垣 裕之
古性君らしい走りをやってくれた。
ゴール前のアクシデントがあったけど、同期湊さんが良いスピードで入ってきた。
3着では予選3着なので勝ち上がれない。
悔しいし残念です。
 10R S級二予選



1 三谷 竜生
自分の位置を守る事が出来なかった。
やはり両方出来る、村上さん達とは違いますね。
2 木暮 安由
瞬時に内から掬って南君の番手を確保。
あの俊敏さで飯を食っていた。
その荒々しさが最近なくなっていたので。
南君も前を詰める勢いだからスピードは落ちない。
差せるかどうか半信半疑だったけど、脚が許さなかった(笑顔)。
3 小倉 竜二
ハラケンがドンピシャのタイミングだったね。
太田竜馬とかは抜けるけど、ハラケンの場合はほとんど抜けない。
コーナーの加速が特殊だし、抜きにくい選手の一人。
4 山口 富生
俺だけ、レースに参加していなかった(苦笑)。
弟子の雄作に申し訳ない。
5 南 潤
もっとラインで決まる走りをやらないとダメですね。
一戦、一戦が勉強になっている。
6 竹内 雄作
レースが終わり、浅井さんや吉田さんにアドバイスをもらった。
2車だし、もっと引っ張ってから行った方が良かったかも。
どっちみち、南君との先行争いは覚悟していたが。
9 原田 研太朗
もがき合いは、絶対にあると思っていた。
だけど、そればかりに甘える展開を考えると失敗する。
だから、長い距離を踏む事も想定していた。
オグさんとは相性が良いし、安心感もある。
初日は松浦君の後ろ。
その後、2日間空いたので、それだけが不安だった。
 11R S級GDR



1 平原 康多
あれは渾身の捲り。
それを楽にワッキーに行かれた(笑)。
吉沢君の気持ちは嬉しかったけど、浮くと思い、追わなかった。
2 中川 誠一郎
清水君が1度でなく、何度も上の方を走っていた。
それで脚が溜まらなかった。
番手から出たけど、脚が一杯だった。
3 脇本 雄太
ブリジストンの自転車に乗ったけど、重く感じたので、またマキノの自転車に戻す。
勝ったけど納得の走りではない。
ガールズだって小林優香や、児玉碧衣が断然の人気で負ける事がある。
人間がやるものだし絶対はない。
だから気を引き締めて。
準決は村上さんと決める走りが前提です。
4 佐藤 慎太郎
新田君が不発でも、結果的に行った方が面白かったね。
今日のレースの振り返り? 気持ち悪くて、思い出したくもない(笑)。
5 諸橋 愛
平原君の後ろだと安心感がある。
連日、前を抜いていないけど、十分戦える状態です。
6 吉澤 純平
先行の組み立てだったけど、他のラインの仕掛けも早かった。
浮いてしまい、主導権を取れなかった。
7 新田 祐大
今日はラインの競走に徹したので。
自分で行く脚も用意していたが、そのタイミングの取り方が難しかった。
8 菅田 壱道
新田さんには合格点と言われたけど、全体的に中途半端なレースだった。
9 清水 裕友
完全に行く順番が来たので。
ジャンからホームのスピードは悪くなかった。
一走ごとに良くなっている。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
ゴールデンレーサー賞インタビュー


1平原 康多
自分が前でやろうと思ったけど、純平君の気持ちを尊重していつも通りの並び。
純平君とは年齢も近いし良きライバル。
武田さんとやってきたような関係性をこれから2人で作り上げたい。
番手でしっかり走ります。
2中川誠一郎
ワッキーに行くか清水君に行くか迷ったけど、地域的なものを考えたら清水君に行くのがセオリーですよね。
清水君には優勝を獲らせてもらったこともあるし、今まで何度も世話になっている。
どんな競走になっても構いません。
3脇本 雄太
違和感なく走れたし、脚の感じは問題ないですね。
地区的に単騎になるのは覚悟していた。
基本的には一発狙うレースになると思うけど、自分らしく思い切って行っちゃうのもあるかもしれない。
とにかく行けるところから思いきり行くだけです。
4佐藤慎太郎
新田君より外国人の方が付きやすいなんて言っていたけど、今までの発言は全て撤回します(笑)。
それくらい初日の新田君は完璧なレース。
後ろのことまで気遣ってくれて嬉しかった。
ここは自力2人がどう並んでも北の3番手を固めます。
5諸橋  愛
平原君とは考え方が近いので、一緒の時はほぼ全面信頼。
あれこれ口を出すことはほとんどない。
吉沢君-平原君の3番手を固めて直線勝負に賭けます。
6吉沢 純平
初日に関しては脇本君に完敗。
必死で踏んでいたのに軽く行かれてしまった。
最後も村上さんを追いかけて差しただけだし、感触はよく分からない。
平原さんとの前後は一晩じっくり考えて、僕が前でやりますと言いました。
迷惑をかけないように頑張る。
7新田 祐大
同じナショナルチームの一員として脇本君の走りは刺激になる。
自分自身は久々の競輪ということで、緊張感がかなりあった。
そんな中でまずまずのパフォーマンスを見せられたと思う。
菅田君が前でやりたいと言うので任せてマーク。
8菅田 壱道
自分からお願いして一番前になった。
格上の2人に任されたわけだし小細工なしの力勝負をするつもり。
新田先輩を連れていく気持ちで思い切り行きます。
9清水 裕友
脇本さんに行くって選択肢は1ミリもなかった。
誠一郎さんの足手まといにならないように自力でしっかり仕掛けたい。
3月に復帰してから1走目のレースが一番感じよく走れた。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
三日目勝因敗因
  1R S級一般一



1 渡部 哲男
一次予選で太田竜馬君の踏み出しに離れて悔しかった。
今日は佐々木君が良いカマシを決めてくれたね。
ワンツーが決まり良かった。
2 金子 幸央
佐々木君が前に出られないかと思い見てしまった。
捲り不発だけど、怪我の影響でなく、脚の問題。
3 不破 将登
昨日も今日も車番が悪いから厳しい。
ただ、黄檗山のルールがあるから重注覚悟で誘導は切れない。
佐々木君に行かれたし、脚負けです。
4 鷲田 佳史
不破君も先行の組み立てだし、沢田さんも仕事をしていた。
前の頑張りがあったし納得です。
5 佐々木 豪
初日の失敗で気持ちがへこんでいた。
そうしたら、みんなが心配して励ましてくれた。
そのおかげですね。
後ろが哲男さんだし安心感もあった。
6 三宅 達也
踏み出しは、苦しくなかったけど、僕まで出っ切る事が出来なかった。
そこだけですね。
7 野田 源一
同期の伊勢崎君に負けない様に頑張りたかったのですが。
勝利者インタビューのイセ節は凄かったね。
完全にお調子もんですから(笑)。
8 河野 通孝
金子君のスピードが鈍ったので内に入り、自分で踏み込んだ。
あの展開で3着だし悪くないですね。
9 澤田 義和
不破君が行ってくれたし、佐々木君を止めたかったのですが…。
ちょっとスピードが違いましたね。
  2R S級一般一



1 牛山 貴広
杉森君が不発になった後、バックで行ってみようと思ったけど、内に差してしまった。
2 山賀 雅仁
あれでも番手から出たつもり。
だけど、山田君のスピードが違いましたね。
これで最終日まで走れるけど、もう帰って練習したい。
いや、練習はやらないと思うけどね(笑)。
3 山田 庸平
展開が向いた。
やり合いがあったから。
もちろん、そうなる様に組み立てたけど。
4 高橋 大作
杉森君が不発だったけど、3番手の自分も離れているので。
5 白戸 淳太郎
初日が全てだね。
アクシデントがなければ、根田君が綺麗に捲っていたと思うので。
6 鈴木 裕
もがき合いになったし、きつかった。
やる事はやったので。
7 堤 洋
3角で山田君を抜けないと思った。
まるでハラケンの後ろみたいな感覚でしたよ。
8 高原 仁志
ラインの3番手で3着確保。
それは良かったけど、上に行けるのは2人だけ。
そこは残念。
9 杉森 輝大
脚がないのも確かだけど、もっと工夫して仕掛けないと。
  3R S級一般一



1 渡邉 晴智
バックで離れている神山さんのフォームを見たけど、相変わらず綺麗だよね。
それと、鈴木君はあんなに強いのに、一次予選で負けている。
それが競輪だろうね。
2 鈴木 謙太郎
今日は5歩目ぐらいは、凄く感じが悪かった。
そこからは一気に加速して行った。
出来自体は問題ないみたいですね。
3 取鳥 雄吾
まずは、松坂さんは突っ張ろうと思っていた。
その後は、鈴木さんの後ろは離れ待ちの気持ちも少しあった。
黒田さんが入れてくれたのも大きい。
4 五十嵐 力
晴智さんには悪かったけど、まだあそこは松坂君を入れるところ。
もう1回行く、脚が残っていると思ったので。
5 黒田 淳
鈴木君が2車で捲ってきたら、シビアにスイッチした。
だけど、1車なので取鳥君を迎い入れた。
本当は抜かないといけないが、完全に踏み直されてしまった。
6 伊藤 正樹
岡君が当日欠場。
それで本線の後ろが空いたし、そこからだと思った。
鈴木君があんなに構えると、さすがの神山さんも厳しくなるよね。
7 神山 雄一郎
鈴木君が凄いダッシュで離れてしまった。
その後も諦めずに踏んだけど…。
8 松坂 洋平
五十嵐さんに入れてもらったけど、そこからの余力はなかった。
全力で取鳥君を叩きに行ったので。
9 岡 光良
(当日病気欠場)。
  4R S級一般一



1 池田 憲昭
まずは新山君相手に久米君が中団を取ってくれたおかげ。
そのスピードを借りる事が出来た。
飯野君とどうか分からなかったけど、1着同着ですか。
3 伏見 俊昭
飯野君と2人なら当然任せるし、普通に3番手のレース。
判断は飯野君に任せていたし、僕に技量が無かっただけ。
4 飯野 祐太
前が駆けている新山君だし、後ろも伏見さん。
前を残さなくてはいけないし、後ろにも気を遣わないといけない。
残すには20身車ぐらい車間を切らなければダメだったかも(笑)。
だけど、新ルールはそこら辺りも厳しくなるし考えないと。
5 坂本 亮馬
4角手前から前が壁で、踏むコースがなかった。
6 久米 康平
本当は新山君を突っ張るつもりだけど、併せる事が出来なかった。
捲ったけど、出も悪かったですね。
7 新井 秀明
最後、外を踏んだけど、直線が短いから4着でしたね。
狭いコースでなかったし、今日は危なくなかった。
8 笠松 信幸
怪我は大丈夫。
今日は9番手だったので。
9 新山 響平
初日の失敗もあるから、今日は迷い無く先行の組み立て。
だけど、あれで残れないとはショック。
風もあったが、今回は、あまり良い出来ではないかも。
  5R S級選抜



1 東口 善朋
今日は小嶋さんに、お任せのレースだし仕方ないですね。
外では厳しいと思い、内に行ったけどコースが無く、詰まってしまった。
2 松川 高大
タイミングは良かったけど、併されてしまった。
後ろが昌己さんだし、3車でもあるから、気持ち早く行った。
3 堀内 俊介
連日、攻めるレースは出来ている。
特別競輪で勝つには、逃げのレースも出来ないと通用しないので。
余裕があったから、自分で外に持って行った時に、坂本さんが内から来た。
4 坂本 貴史
レースが小さいし、気持ちが弱い。
たまたま、内が空いただけ。
松川君が来る、ホームで先に行かないとダメですね。
結果オーライの2着
5 岡村 潤
今日は全部、反省。
逃げている堀内君に仕事をさせてしまったから。
坂本君が内に来たいオーラを出していたけど、僕が止めに行かないとダメですね。
6 小嶋 敬二
う~ん、悔しいしショック。
煽りがなければ、8番手捲りが決まっていた。
オールスターのファン投票は気になるし、少しでもアピールし続けたい。
7 井上 昌己
まずは、松川君があそこまで行ってくれたから。
前の動きが止まったので自分で仕掛けた。
8 山中 貴雄
バックでブロックをもらった時に井上さんから離れてしまった。
2センターも絡んで危なかったですね。
9 和田 圭
坂本君が、厳しそうだったので自分で踏み込んだ。
そうしたら、彼が空いている内をスイスイ行ってしまった。
あれれと言う感じでした(苦笑)。
  6R S級選抜



1 成清 貴之
本来の山中君の後ろだと付いて行けるか、どうかの勝負。
復帰戦で状態が悪いのに、よく頑張ってくれた。
ヨコの厳しい選手が多かったし、通過するのも大変だったと思う。
2 神山 拓弥
今はちょっと我慢の時かな。
展開も良くないし、何とかリカバーして5着に入った感じです。
3 池田 良
同期の和也君が、あんなに行ってくれ気持ちが嬉しい。
だから、捲りは止めたかったけど、僕の力不足だった。
4 高橋 陽介
中団3番手を取り、余裕はあったけど、被ってしまい踏めなかった。
最後も全く踏むコースがなく。
5 内藤 秀久
3番手だと前の動きが見えない。
それで一旦、離れたけど、追い着く事が出来た。
今回はバイク誘導で、蛇行しながらの練習もやってきた。
それも実を結んだ。
6 小原 唯志
高橋和君が2車だし出させてくれるかなと。
そこは甘かったですね。
叩けず、もがき合いで神山君に迷惑をかけた。
8 高橋 和也
作戦のひとつとして、出させて関東の3番手と言うのもあった。
だけど、小原さんが来るのが遅かった。
後ろが同期の池田さんでもあるしスイッチが入った。
9 山中 秀将
まだまだですね。
スピードも乗っていないし、4角からの粘りも足りない。
唯一の収獲は、行くべきところで行けた事。
  7R S級二予選



2 香川 雄介
(落車し失格)。
3 柴崎 淳
まだまだ求めるスピードではない。
連日、良い位置が取れているし自分が怖い。
怪我が完全に治っている訳ではないから、力でねじ伏せるレースは出来ない。
だから位置に拘るし、前受けして、横綱相撲をやる山崎さんと違うところ。
4 松本 貴治
今日は根田さんと力勝負をやろうと思っていた。
やりたい走りは出来たけど、まだまだですね。
5 山崎 芳仁
これでグランドスラムの夢が繋がった。
走っていれば、何があるか分からないので諦めた訳ではない。
柴崎君の先捲りはきつかったけど、二次予選に進めて良かった。
6 大森 慶一
同期山崎さんの後ろだと、車間を詰めて行く感じがしない。
段々と伸びて行くので。
7 椎木尾 拓哉
柴崎君が2回ぐらい、グングン加速していた。
付いて行けず、内を狙うレースになってしまった。
8 西岡 正一
柴崎君が1着だし、3番手を固めた甲斐はあった。
もう少し前にいれば、もっと突っ込めると思う。
9 和田 健太郎
(内側追い抜きで3着失格)。
  8R S級二予選



1 郡司 浩平
中団外併走になったけど、それもレースの中での判断だから。
山田さんに強引に持って来られる前に仕掛けようと思った。
もっと綺麗なレースが出来れば、中村さんも付いて来やすかったと思う。
2 村上 博幸
ゴールは大槻君に微差負け。
3着なら勝ち上がれていたし、残念です。
気持ちを切らさず、残りも頑張りたい。
3 大槻 寛徳
後方になったけど諦めずに、コースを見つけながら突っ込んだ。
ダメなパターンからの3着だし悪くはないでしょう。
友和君が浮いてからは、内しか見ていなかった。
4 朝倉 佳弘
連日、金子君が良い競走をやっている。
僕は脇役だし、アシスト役。
彼が準決に進んでくれ良かったし、4角からは自分の実力が出ただけ。
5 山田 久徳
中団以内がスタイルだし、そこは普段通りのレース。
その後は、脚の問題でしょう。
7 金子 哲大
思惑通りにレースを進める事が出来た。
ジャンで踏んでおいて、そこから中団をもつれさせようと。
F1でも勝てないし、特別競輪も2回目なのにやった方でしょう(笑顔)。
9 中村 浩士
郡司君のスピードに対応出来なかった。
人気なのに、すみません。
  9R S級二予選



1 渡邉 一成
踏み出した感触は悪くなかったけど、そこから車が出なかった。
2 村上 義弘
一成君や、太田君など、トップスピードの高い選手が多かった。
だから、一瞬でも躊躇すると、石塚君も気持ちを無駄にすると思った。
期待に応えられる成績ではないし、何より、ファンからの声援が励みになり力になっている。
3 田中 晴基
渡辺君が全部やってくれた。
後ろから押さえに行き、中団を確保。
そこからも外をどかすレースだった。
予選は3着だと厳しいけど、残りのレースの結果待ちで。
大森さんと大槻さんには、現時点で勝っていますね。
4 守澤 太志
一成さんはダッシュタイプだし、僕はダッシュがない。
そこだけ気をつけて走りました。
5 桑原 大志
前があっての僕だし、太田君が行けないなら納得ですよ。
6 石塚 輪太郎
後ろからの気配はどんな感じになっているか分からなかった。
6番車でもあるし、自分の役目は果たせたと思う。
村上さんが勝ってくれ良かった。
7 渡邉 雄太
脚は悪くないし動けている。
だけど、村上さんが番手から出ていなければ、バックを踏んで飛んでいた。
そこがラッキーだった。
8 近藤 龍徳
渡辺君に飛び付かれる形になったけど、耐えないとダメですね。
やはり村上さんのオーラは凄いです!
9 太田 竜馬
中団の外併走になったけど、車の出が悪かったですね。
石塚さんも、かなり吹かしていたので。
 10R S級二予選



1 吉田 敏洋
残念だけど、若手に力負け。
後方になり、行くチャンスもなかった。
2 山崎 賢人
松浦さんに残してもらったし、3車のメリットがあった。
もし、単騎なら勝ち上がれていたか疑問。
こんなレースを残りもやりたい。
5 松浦 悠士
山崎君とは前泊のホテルも一緒だった。
付けるか悩んだけど、これも縁だと思って。
3人で勝ち上がるには、任せるのが良いと言う結論に達した。
最近の競走内容も良いし、競輪の話しもよくする。
ああ見えて、頭の回転は良いですからね。
僕がマーク選手なら良いけど動いている。
その辺りの地区事情もあるから、付けるか迷っただけ。
彼の実力に関して、付けるかどうか悩んだ訳ではない。
7 小原 太樹
和田君のスピードも悪くなかったけど、ちょっと遠かったですね。
8 中井 俊亮
山崎君を併せる脚があれば良かったけど、3人で行かれてしまった。
どこか、どかそうか考えたけど、無理だった。
9 岩津 裕介
中井君に持ってこられたけど、それより、自分の感覚も良くなかった。
松浦君には、自分でやっても良いし、山崎君に付けても良いよと。
どんな選択をしても、彼の後ろだった。
 11R S級二予選



1 園田 匠
山田君のスピードを借りて突っ込むレース。
道中、無駄脚を使ったし、ちょっと遠かったですね。
2 浅井 康太
(ジョークで)深谷君のダッシュが凄くて肋骨がもう1本折れた。
ホームで瞬間接着剤でくっつけた(笑)。
良い場所から行ってくれたし、そこは及第点。
だけど、俺をジャンで、ぶっ千切るぐらいなら、もっと褒められるかも(笑)。
3 小松崎 大地
深谷君と力勝負をやったけど、併せる事が出来なかった。
その後も浅井君に締められた。
4 成田 和也
小松崎君は前々に攻めてくれたけど、園田君と絡み、きつかった。
5 山田 英明
道中の位置取りは褒められたもんではない。
ただ、仕掛ける勇気もあったし、スピードの出も悪くなかった。
そこは、皆さんに褒めてもらえた。
6 工藤 文彦
もっとアクションを起こす走りをやりたかったけど、実力不足。
せっかく付けてくれた橋本君に申し訳ない。
7 深谷 知広
セッティングが出て、一次予選より断然良い。
もう、ツーテンポ早ければ、志智さんまで綺麗に出られたと思う。
8 志智 俊夫
深谷君がカマシに行ってくれたけど、丁度、成田君にどかされてしまった。
9 橋本 強
やはり、厳しいレースになったけど、ライン重視の競走をやったので。
 12R L級Gコレ



1 児玉 碧衣
今日は5番手からのレースになったけど、カマシと決めていた。
佐藤さんとかが前に出ても、ダッシュには自信があるから。
2角から3角にかけては、少し安定しない走りになった。
後ろに同期の尾崎さんが入ったのは分かったし、キッチリ踏み直す事が出来た。
人気のプレッシャーもなかったし、普段通りの走りが出来ました。
4 高木 真備
田中さんが出させてくれると思った。
そこを踏まれてしまい、考えが甘かったですね。
5 小林 莉子
児玉さんの真後ろは考えていなかった。
だけど、どこかで児玉さんの後ろに飛び付くのが作戦。
それが出来なかったのが敗因です。
6 尾崎 睦
3番手なら自分で動かないといけないけど、児玉さんの後ろなら動く必要はない。
ピッタリマークの考えに変わった。
児玉さんとは仲が良いけど、後ろに入った事は、ほとんどない。
どれぐらい強くなっているか体感出来た。
あれを抜かないと、自力では勝てない事が分かったし、収獲のあるレースだった。
7 田中 まい
高木さんは、出させるつもりはなかった。
そこは突っ張り、もう一つのラインに飛び付く作戦。
ただ、児玉さんのダッシュが良すぎましたね。
3着だけど、みんなに良いレースだと言ってもらえ、それは嬉しいです。
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
ガールズコレクションインタビュー


1児玉 碧衣
前回の平塚は3日間11秒台の上がりタイム。
脚とか調子は問題ないですね。
直前は雨ばかりで1日しかバンクに入れなかったけど、レースになればたぶん大丈夫。
自力でしっかり勝つレース。
2石井 寛子
去年のグランプリも大垣のコレクションも体調的には最悪。
それに比べれば今回はかなりいいし、久々に何のストレスもなく走れそう。
楽しんで走って優勝を狙いたい。
3佐藤 水菜
ナイター開催は好きだけど昼開催は普通。
睡眠時間をちゃんと取れるかそこだけ心配です(笑)。
初めてのコレクションだから普段とは違って緊張感がある。
小回りバンクはもともと好きな方だし、自力で思い切って仕掛けたい。
4高木 真備
バンク練習とウエイト練習で仕上げてきた。
松戸は相性のいいバンクだから走るのが楽しみ。
いつものスタイルで積極的に行きます。
5小林 莉子
年末の立川グランプリに向けてここが勝負。
車番的にスタートで前の方を取るのは無理だけど、どういう流れになっても先手の3番手以内を確保したい。
前々から自在に。
6尾崎  睦
33バンクは攻めることが大事。
見過ぎたり、立ち遅れたりしたら確実に失敗する。
ここだと思ったポイントから躊躇せず行きます。
7田中 まい
何パターンか作戦は考えている。
地元代表として精一杯頑張りたい。
後ろに置かれないように前々勝負。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
二日目勝因敗因
  1R S級一般一




1 稲毛 健太
ジャンで、3車身ぐらい空いてしまったのが失敗。
そこに早坂さんに入られて。
その後は登志信さんが降りてきて、踏めずに終わってしまった。
2 松坂 洋平
力勝負をやって、ゴール寸前まで粘れている。
悪くないですね。
地元平塚記念に出場出来ないので、その分も頑張りたい。
3 齋藤 登志信
やはり早坂君の踏み出しは抜群。
遅れてしまった。
ダービーは何年連続出場? 30年ぐらいとしておいて下さい。
そんなに選手をやっていませんが(笑)。
4 高橋 大作
長島君のスピードが良くて離れてしまった。
だからバックから内に切り込むレースになった。
5 北野 武史
もう少し、早めにコースに入っていれば。
それでも、十分、良くなっていますよ。
連続して落車したけど、その心の傷も癒えてきた。
6 早坂 秀悟
久々の特別競輪で自分の感覚と実際のレースにズレがあるのかも。
あとは、レースだから、思っていた展開と違う。
初日の佐藤幸治の早駆けも想定出来ないし、ジャンでの稲毛君の動きも予想外。
空いていたから入ってしまったけど、それでスピードを殺す結果になった。
段々と良くなっているので、ちょっとした噛み合わせですね。
7 長島 大介
初日も捲り切るスピードだったし調子は抜群に良いんですよ。
凄いスピードで来たのが永沢さんだったのでビックリ。
だって、北日本の3番手でしょ。
8 東 龍之介
初日はゴール前で転ばなければ3着だったと思う。
悔しい思いをした。
今日は走っていて大丈夫だったし、基本的な脚の問題。
9 永澤 剛
2センターぐらいから、自分で踏み込む展開になった。
それも早坂君が前々に攻めてくれたから。
  2R S級一般一



1 岩本 俊介
初日に続いて7着でしたね。
精一杯、走ったけど相手が強かった。
2 田中 誠
翼君が浮いたから、自分で山岸君の番手に切り込んだ。
ある程度、納得の走りは出来たけど、2着に入りたかったですね。
3 山岸 佳太
初日のレースが、かなり悔しかった。
調子は戻っているので、逃げ切れる自信はあった。
志村さんに仕事をしてもらったおかげですね。
4 大塚 英伸
初のダービーだし、良い経験になっている。
全てが目新しいですから。
3番手のレースが続いたし、このバンクの3番手は厳しいですね。
5 北津留 翼
結果的に、もうワンテンポ、早めに行けば良かったかな。
最後、山岸君にも貰ったけど、それ以上に志村さんのブロックがきつかった。
6 筒井 裕哉
単騎だし、岩本君が入れてくれるかなと思ったけど。
7 石毛 克幸
久々のG1だけど相手が強いので。
せっかく番手のレースだけど、それを活かし切れていない。
8 吉本 哲郎
単騎だし今日は好きに走れた。
もちろん、レースのシミュレーションはやっていたけど。
今の僕があるので弟子達のおかげ。
自分はビビリだけど、弟子達は、肝が据わっているので(笑顔)。
9 志村 太賀
北津留君を止めるのは僕の仕事。
その後、田中君が降りてきて絡んでしまった。
体がでかいから重たかった。
  3R S級一般一



1 小林 大介
展開が向かないね。
バックで届かないと思いましたよ。
2 川口 聖二
2車でも行こうと思っていた。
普通なら、今回走れていないので。
やる事は全部やったつもり。
3 近藤 隆司
実は今日、入籍する予定。
嫁が役所に行く事になっている。
テレビで見たら、各地で並んでいましたね。
1年付き合ったけど、僕もやっと結婚出来る。
ずっと、変わりもん扱いされていたので。
レースも構えるけど、結婚も構えていたと書いておいて下さい(笑)。
4 山内 卓也
きつくて川口君と口が空いてしまった。
きちんと付いて行き、余裕があれば、近藤君を止められたかも。
5 萩原 孝之
地元の近藤君が強かったね。
あの捲りは抜けないし、ワンツーなら十分ですよ。
6 久米 康平
車番的に前か後ろだと思っていた。
残り1周を行く感じにすれば良かったけど、見てしまった。
佐藤さんに悪い事をした。
7 池田 勇人
ホームで中団を取るのに、バックを踏んでいた。
そこを近藤さんに割り込まれてしまった。
8 武田 憲祐
怪我は言い訳にしたくないけど、3着に入らないといけない展開。
池田君との併走でも脚を使った。
9 佐藤 幸治
納得して久米君に付いたので。
僕も仕掛けは早くないので気にしていない。
  4R S級一般一



1 佐々木 豪
ジャンで横山さんを併せる事が出来なかった。
それからは下げるレースになってしまい、前と遠かった。
2 松岡 健介
道中、内に入るか見てしまったり、納得の走りが出来なかった。
それもあって捲れなかった。
3 桐山 敬太郎
あんこになっても下げなかったのが勝因。
まさか、番手に入れるとは思っていなかったけど。
ラッキーが続いたけど、これが本来の俺のレース。
4 宿口 陽一
せっかく芦沢さんに番手を譲ってもらったのに、離れてしまい申し訳ない。
5 鷲田 佳史
松岡さんの頑張りがあったから。
バックで苦しそうだったので、同期桐山さんラインにスイッチした。
6 横山 尚則
後ろが桐山さんなのは分かった。
だけど、もう行くしかなかったので
7 林 雄一
桐山君の後ろだと勝手に前々に攻めてくれるから、何にもやらなくて済む。
この安心感が大きいし、前にいられる幸せを感じた。
最後、鷲田君が中を割ってきたけど、僕もマーク選手なので。
9 荒井 崇博
地元記念で運を使い果たしたのかな(笑)。
バックで芦沢君にも締められて。
  5R S級一予選



1 坂本 亮馬
山田君が捲り不発。
あの展開を自分でリカバリーする脚はない。
練習では、膝の具合が昨年から良くないので。
手術をしても無理だし、騙し騙しですよ。
地元久留米記念もあるから、もっと頑張りたいけど。
2 簗田 一輝
本当は前を取りたくなかった。
牽制があったから仕方なく。
後方に置かれて何とか届いたけど、最終ホームで行きたかった。
3 金子 貴志
雄作が落ち着いていたし掛かりも悪くなかった。
ギリギリまで踏むのを我慢したし、残ってくれて良かった。
自分の仕上がりも悪くはない。
4 竹内 雄作
高原さんの1車も大きかったし、自分の持つところから仕掛けた。
最後は一杯だったけど、ゴール前も我慢する事が出来た。
5 伏見 俊昭
飯野君が前に出たけど、良いところから中部勢にカマされてしまった。
6 高原 仁志
決めずとコメントしたけど、初手は中部勢の後ろと思っていた。
もう少し突っ込む脚があれば。
7 岡村 潤
簗田君は届いたけど、直線が短いですね。
その分、内の竹内君に負けてしまった。
8 飯野 祐太
ちょっと流しすぎましたね。
セッティングは悪くないし、脚の問題。
いつも弟子達と練習をやっているけど、弟子が強ければ、自分も自然と脚が付くのですが(苦笑)。
9 山田 庸平
亮馬さんが後ろだし必死に捲りに行った。
だけど竹内君も掛かっていたし金子さんも余裕がありそうでしたね。
  6R S級一予選



1 山賀 雅仁
まだ伸びて行く感じがあったので根田君の外を踏んだ。
だけど、内に行った方が届いていたかな。
2 西岡 正一
中井君は失格ですか。
後ろで見ていて、そんなに斜行していない様に見えましたが。
僕は余裕があったし、周りの状況は見えていた。
3 金子 幸央
(落車し棄権)。
4 牛山 貴広
目標にした金子君が落車。
今日の展開では仕方ないね。
5 根田 空史
落車が目の前であって、脚が削られてしまった。
もうスイッチが入っていたし、1回抜いてからになった。
その分、届かなかったけど、繰り上がった事はツキがある。
ポンコツレースだし、二次予選は本来の走りをやりたい。
6 中井 太祐
(妨害して1着失格)。
7 池田 良
工藤さんから作戦は立ててくれと言われていた。
だいたい、そんな感じになったし、工藤さんだけでも勝ち上がってくれ良かった。
中井君が入ってきたけど、あそこは内を締めていられない。
8 工藤 文彦
初の特別競輪だけど、爪痕を残そうと思っていた。
単に出場するだけでは面白くないので。
展開もラッキーだったけど、作戦を考えてくれた池田君のおかげ。
良いパートナーを持ちましたよ。
9 白戸 淳太郎
いくら根田君でも、前を取ると、こんな展開になりますよね。
しかも、本線で警戒されていたから。
  7R S級一予選



1 柏野 智典
(落車し棄権)。
2 村田 雅一
(妨害して4着失格)。
3 神山 雄一郎
う~ん、展開もあるから、しょうがないね…。
4 高橋 陽介
上手く決まらなかったけど、こうやって3番手を回るのも勉強になるので。
5 中井 俊亮
あまりにも良い展開過ぎて、大事に走った。
吉田君相手に捲れないから、出させない作戦。
それが良かったみたいで、来たのが、伊勢崎さん1車。
前のレースで兄が失格になったし、その分も頑張れた。
6 伊勢崎 彰大
地元のファンの皆さん、テレビを見ているファンの皆さん、やりましたよ! 今日は完全に狙っていました。
みんな仕上がっていると言いながら、本当に仕上がっている選手は少ない。
選手は、悪いとは言わないからね。
だけど、俺は本当に絶好調だったでしょ(笑顔)。
仕上がり過ぎているから、どうやって姿を消しておくか大変だった。
いつもの特別競輪は詰まらない3番手を回ったりして、遠足に来た気分で終わってしまった。
今回は地元のビッグだから違う。
こう言う性格だから、乗りやすいし、二次予選はもっと良い走りを魅せる(高笑い)。
7 黒田 淳
すみません、柏野さんが落車したので、もう少し話しは待って下さい。
8 大森 慶一
一旦、伊勢崎さんを追い掛けようと思ったけど、そこで付いて行けなかった。
目標不在のレースだったし、これを凌げたのは大きい。
9 吉田 拓矢
(落車し棄権)。
  8R S級一予選



1 小嶋 敬二
ファンからは痺れたぞ! と言われたけど、俺の脚の方が痺れていた(笑)。
まあ、これでオールスターのファン投票が伸びるかな。
若い奴の押さえが遅いから突っ張った。
(隣に伊勢崎がいて)逃げ切り方を教えてもらおう(爆笑)。
2 新山 響平
踏み出した瞬間は行けると思った。
それ以上に、小嶋さんが掛かっていたと言う事。
3 桑原 大志
もう1回立て直した時に、ホームから取鳥君が行ければ、もっと面白かったかも。
だけど、彼のスピードを借りて、僕は突っ込む事が出来た。
4 堤 洋
完全に小嶋さんワールドでしたね。
取鳥君も良いスピードだし行ったかなと思ったけど。
桑原君だけでも勝ち上がってくれ良かった。
5 和田 圭
大槻さんも外を切り替えて踏んでくれた。
自分に突っ込む脚がなかった。
6 伊藤 正樹
小嶋さんは化け物。
有り難いですね。
3番手だから内を締めながらだった。
誰が入ってくるか分からないので。
7 大槻 寛徳
ショート捲りみたいなレースだった。
後ろに後輩の和田君もいたので。
番手無風の志智さんの方が余裕ありましたね。
8 取鳥 雄吾
小嶋さんが、あのタイミングで突っ張るとは思わなかった。
無理矢理、押さえに行くと、新山さんの展開になる。
下げて、もう1回行ったけど小嶋さんが強かったですね。
9 志智 俊夫
あれは作戦以上のレース。
小嶋さんからは、全く聞いていないし嬉しい誤算。
みんな、ゴール前は、わっと押し寄せてきたので、残す事が出来なかった。
  9R S級一予選



1 太田 竜馬
早めに引いて、巻き返す作戦。
後ろに堀内さんが入ったのは分かった。
番手捲りも見えたので、そこは力を振り絞って耐える事が出来た。
ラインで決められなかったけど、脚の感じは良いですね。
2 小原 太樹
堀内君が叩いてくれたからね。
しかも、番手に嵌ってからも仕掛けようとしてくれた。
最後は後ろに晴智さんがいるし、なるべく外を踏もうと思った。
3 三谷 将太
藤木君がバックで内に差していた。
だから自分で前々に踏み込んだ。
堀内君と3着同着ですか。
選考順位が上なので、二次予選に進めますね。
5 渡部 哲男
太田君の踏み出しが凄かった。
山登りの感じになり付いて行けなかった。
6 三宅 達也
哲男も離れていたけど、3番手のわしも、すでに離れていた。
7 渡邉 晴智
2角で誰か入ってこない様に内を締めていた。
結構、それで脚を使った。
堀内君は同期の英雄・村上義弘さんにも勝った男。
良い走りを演じていましたよ。
8 笠松 信幸
(ゴール後に落車)。
9 堀内 俊介
あのまま太田君マークで流れ込みとはいかない。
踏み直されるのは分かっていたけど仕掛けてみた。
3着同着だけど、選考順位で9人分、負けているみたいですね。
悔しいし残念です。
 10R S級特選予



1 新田 祐大
ファンも僕自身も日本の競輪に対して不安があったと思う。
その意味で今日のレースは大きい。
ホームで山崎君が見えたので軽く併せた。
慎太郎さんにも良いレースだと褒めて貰えた。
2 郡司 浩平
山崎君が思っていたより流していたから、新田さんの行き頃になった。
掛かっていて厳しいレースになった。
3 中川 誠一郎
山崎君が仕掛けたけど、出なかったので、また戻ってきた(笑)。
半信半疑だったけど、自分で仕掛けたら、届いてしまった感じです。
4 山崎 賢人
新田さんに完敗ですね。
誠一郎さんに入れてもらったけど、また行く脚はなかった。
まだ誠一郎さんと決まった事がないし、早く1度は決めたい。
5 浅井 康太
本来の走りが出来なかった。
二次予選は、深谷君だし集中して走るだけ。
6 木暮 安由
新田君の先行も頭の片隅に少しあったけど、それに対応するレースは考えていなかった。
速球狙いで待っていて、フォークをホームランにするぐらい難しい。
着は別として、最近の中では一番良い。
7 村上 博幸
浅井君には何度も世話になっている。
このバンクでタイトルを獲っているし二次予選以降は頑張りたい。
8 和田 健太郎
山崎君が押さえて、ふわっとなったところを新田君が行くレース。
あれでは郡司君も厳しいでしょうね。
9 佐藤 慎太郎
新田君はグングン踏み上がって行った。
トップスピードが今までより上がっているんだろうね。
体感的に誰も捲ってこないと思った。
俺の計測だと前半が9秒1、後半の上がりも9秒1、多分(笑)。
それぐらい、凄い先行だと言う事。
これでカマシ、捲りになった時が恐ろしい。
新田君の後ろは1%のワクワクと99%の恐怖。
相手にも恐ろしいダメージを与えたと思うよ。
 11R S級特選予



1 三谷 竜生
接触が少しあって、古性君に付いて行けなかった。
今日は、そこが反省点です。
2 渡邉 雄太
出るのに脚を使った。
風もあったし、残る事が出来なかった。
だけど二次予選に繋がると思いたい。
3 諸橋 愛
バックでは内に行くか少し悩んだ。
周りは全て見えていたので。
どうあれ今日は平原君に付いて行っただけ。
最後も清水君を振っておかないと、直線の下りで踏み負ける可能性があるから。
4 山田 英明
一番後ろになったのが失敗。
それで内に行ったけど、最後はコースが空いていなかった。
5 清水 裕友
やっと明るい兆しが少し見えてきた。
一旦、突っ張るのも脚を使ったし、届くかどうかは半信半疑だった。
6 香川 雄介
山田君に内を掬われ、一旦、清水君からマークを外した。
ドッキングしてからは、まずまずだったし、あの展開で4着ならば。
7 中村 浩士
渡辺君が強い気持ちで駆けてくれた。
僕らは止まってきたし、後ろからのスピードに負けた。
8 古性 優作
位置取りは上手く行った。
そこからの脚がなかった。
それだけですね。
9 平原 康多
まずは、清水君に突っ張られ、そこがきつかった。
車番が悪かったし、後ろから押さえるのは覚悟していた。
タテの勝負になってからは車は思った以上に出た。
これもナショナルチーム対策で頑張ってきた成果かも。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日勝因敗因
  1R S級一予選



1 松本 貴治
本当は後ろからの作戦。
スタート牽制があり、小倉さんが前に出てから突っ張った。
残り3周で来なければ、突っ張ろうと思った。
小倉さんでなければ4着だったと思う。
残り半周はバタバタだった。
2 山岸 佳太
押さえに行くのが中途半端だった。
前を取るのは、近畿か南関の自在組だと思った。
それが松本君なのでビックリした。
反応が悪く、気が付いた時は、松本君が突っ張っていた。
3 内藤 秀久
桐さんに任せていたので。
もう少し前に行ってくれれば3着に届いていたかな。
どうあれ、最後は自分の脚の差。
4 湊 聖二
番手が同級生のオグなので、ラインが生きるね。
松本君も長い距離を踏んでくれたし、最後もコースを空けてくれたから。
5 小林 大介
松本君が浮いてから自分で行ってみた。
だけど、オグリューさんの関所はきつい。
普通なら、決まっていたかも。
天皇賞? 競輪と同じでダメでした(笑)。
6 筒井 裕哉
内を掬って5番手を確保してからも人任せになってしまった。
小林さんの捲りが決まれば面白かったけど。
7 桐山 敬太郎
行こうと思っていたところで、内をしゃくられている様ではダメだね。
その後、捲りに行ったけど、煽りもあって。
8 澤田 義和
今回の誘導タイム? 後ろの方だったので、よく分からないね。
9 小倉 竜二
新ルールだと2周半で切っているから、松本君は失格。
今月の暫定ルールだと重注になる。
重注3個で黄檗山だから、先行選手はきついね。
だけど、きちんと3着に残っているのだから、どうなのかな…。
自分も仕事が出来たし、ラインの3人で決まり良かった。
  2R S級一予選



1 松川 高大
中団を取れなかったのが全てですね。
そこのミスが大きかった。
2 萩原 孝之
松川君に内を掬われて、浮いてしまい終わってしまった。
3 鈴木 竜士
実は、これが嬉しいG1初勝利。
牽制が入ったから、前受けでも良いやと思った。
川口君が来るのが遅いし、一旦突っ張るふりをしたら、楽に中団3番手を取れた。
これなら、予選組は2着権利で厳しいが、二次予選以降も楽しみ。
4 北野 武史
川口君が行ってくれたし、もう少し、やりようがあったかも。
3着に入りたかったですね。
5 芦澤 辰弘
竜士が落ち着いていたし普通に強かった。
あの仕掛けなら、誰も捲ってこないと思った。
ただ、来るのも特別競輪だし、そこは気を引き締めた。
内を気にしていた分、外の園田さんに負けた。
6 鈴木 裕
あれは内を狙っていたのでなく、内を締めていた。
てっきり、後ろに北野さんがスイッチしていたと思ったので。
外を踏んでいれば、3着だったかもしれませんね。
7 園田 匠
この短い直線を、外を伸びての2着だし悪くないですね。
今回の出来なら十分勝負になりそう。
9 川口 聖二
スンナリ竜士君に中団を取られては…。
そこを、もつれさせようと思ったが、誰も、そこに絡まず。
抵抗したけど捲られてしまった。
  3R S級一予選



1 金子 哲大
こんな感じで駆けようと思っていた。
あそこで岩本さんが来ると思ったし、ビジョンを見たら、案の定来ていた。
そこで併せる事が出来たのが良かった。
負け戦回りだと思っていたし、予想外の二次予選(笑)。
2 岩本 俊介
完全に金子君に併されてしまった。
成清さんに申し訳ないですね。
3 坂口 晃輔
(落車し棄権)。
4 朝倉 佳弘
金子君が逃げやすいメンバーだった。
柴崎君を下手にブロックするより、行かせて、金子君を迎い入れる方が良いと思った。
5 野田 源一
危なかったですね。
完全に乗り上げると思いました。
落ちなかっただけでも。
6 武田 憲祐
(落車し棄権)
7 柴崎 淳
落車してから良くない。
踏み応えも全くない。
今日も自信なんて全くなかった。
楽に中団を取れたし、展開1本。
こうやって勝ち上がって行けば、自然と自信が戻ってくるかも。
9 成清 貴之
発走台に付いた時のファンからの声が「成清、闘え!」だから、思わず笑ってしまった。
今、競れば、誰にも負けない気もするけど、そう言う競輪ではないから(笑)。
今年の俺は終わってしまったけど、気落ちせずに。
  4R S級一予選



1 石毛 克幸
ホームでコンリュウ(近藤隆)がブロックされた時に離れてしまった。
久々の特別競輪は違いますね。
2 成田 和也
見ての通りで友和君が強い気持ちで駆けてくれた。
全部、彼がやってくれた感じですね。
正直、ここまで上手くいくとは思っていなかった。
3 近藤 龍徳
横一線で、ゴール前の落車もあったから、ハンドル投げをした時は、何着か分からなかった。
3着だと聞いた時に、俺も終わっていないと思った。
まずは、高橋さんが中団を取ってくれたおかげ。
4 高橋 和也
被るのは嫌だし、近藤さんを持って行くのは当然。
だけど、簡単に飛ばなかったですね。
5 近藤 隆司
ホームで高橋君に一発貰ったのも、きつかった。
その後は、友和さんなら失速すると思ったけど、全然たれて行かない。
このバンクの怖さと、友和さんの実績に負けた感じですね。
6 佐藤 友和
俺と成田さんのG1のワンツーなんて10年ぶりぐらいかな(笑)。
ファンや他の選手もビックリしたのでは…。
開き直って先行したのが良かったですね。
8 東 龍之介
(落車し滑入)。
9 神山 拓弥
鈴木さんと今日は最後まで心中。
バックから内を見たけど、全くコースは空いていなかった。
それで外に回したけど、遠かったですね。
  5R S級一予選



1 岩津 裕介
もっと石塚君が踏むかと思ったら、意外にも流したね。
そこを佐々木君が叩いてくれた。
後ろが稲垣さんだし、もっと早めに巻き返して来ると思った。
そうしたら内から来て…。
あれがなければ、佐々木君も4角まで持っていたかも。
そこは申し訳ない。
2 岡 光良
少し不安のある状態で入ったけど5着だった。
展開なりに走れると思う。
3 石塚 輪太郎
特別競輪の勝ち上がりで、もがき合いをやって勝つ自信はなかった。
だから、冷静に佐々木君を出させた。
その後は中団に固執しようと。
小原さんが外にいる感じだったけど、岩津さんが内を空けたので番手まで行った。
5 稲垣 裕之
最終ホームは自分で捲りを出すか考えていたところ。
そうしたら、内から石塚君が番手まで行くのが見えた。
そこで慌てて追い掛けた感じです。
6 山内 卓也
石塚君が出したからね。
ただ、彼が1着だし、僕の立場では何も言えないですよ。
あとは、もまれて、付いて行けなかった。
7 佐々木 豪
勇気を持って2車なのに良く行った? いや、結果が出なかったし、どうなんですかね。
何とも言えないですよ(苦笑)。
8 小原 唯志
まさか石塚君が稲垣さんが付いていて、佐々木君を出すとは思っていなかった。
そこが誤算ですね。
4着だったけど、大きく離れていたので。
9 林 雄一
6着ぐらいですね。
前で決まってしまったし仕方ない。
  6R S級一予選



1 山崎 芳仁
ダービー王になり、これでグランドスラムの夢が繋がった(笑顔)。
2 東口 善朋
良いポジションを稲毛君が取ってくれたけど、池田君の動きが誤算だった。
3 井上 昌己
内に差したり、全部インコースのレース。
あれでも、最短コースを強引に突っ込んだつもり。
この手のレースが上手い園田君にどうすれば良いか聞いてみましたよ。
4 北津留 翼
車間を詰めすぎたのが、まず失敗の要因。
今度は空けすぎて、タイミングが取れなくなってしまった。
5 小松崎 大地
6 池田 勇人
8番手になったので行けるところまで追い上げようと。
まずは、外から行き、最後は内を掬うレースだった。
もっと展開が噛み合えば、今回は良い走りが出来ると思う。
7 守澤 太志
もちろん3番手のレースに徹したし、小松崎さんが行ってくれたおかげ。
8 宿口 陽一
今日は池田君のトリッキーな動きに付いて行けなかった。
9 稲毛 健太
う~ん、微妙なところで内を掬われてしまった。
今日は、それだけですね。
  7R S級一予選



1 山中 秀将
本当はスピードが上がっている7番手から捲る方が大好き。
セオリー通りに、切って、切ってがあり、そこを行く展開は苦手。
自分で踏み上げないといけないから。
それと7番手捲りだと、前の6人が良い目標になり、吸い込まれる感じになる。
これがF1なら欠場していたと思うし、状態はまだまだ。
だけど、少し不安はなくなった。
今日が子供が産まれる予定日だったけど、まだ連絡が来ない。
せっかくなら令和元年生まれの方がカッコ良いかな。
ちなみに明日はコンリュウの結婚記念日みたいだけど(笑)。
2 松岡 貴久
4角で後輪がドリフトして1回やめた。
その分、伸びなかった。
自分の中では頭まで行く感じがあった。
3 松岡 健介
自分で動いて4番手を確保。
そこまでは良かったけど、強引に捲る感じで自分のタイミングではなかった。
4 五十嵐 力
田中晴君が仕事をしやすい様に内を締めていた。
誰が入ってくるか分からないので。
確かに前と詰まってきて、内のコースは難しいが、追い込みのスキルのある人なら、結果は違ったと思う。
まだ僕に、その技量はない。
5 山口 富生
まずはマツケンが1回押さえて、レースを作ってくれた。
それがあったから自分の突っ込むコースが出来た。
連続して落車しているが、4角からは自分らしさが出た。
6 横山 尚則
前受けになったし、一発狙うレースになった。
見せ場は作れたけど、後方になり芦沢さんには迷惑をかけた。
7 田中 誠
僕は届かなかったけど、貴久君が届いて良かった。
怪我明けだけど擦過傷程度なので問題ない。
9 田中 晴基
確かに本来の山中君ではなかったけど、僕にもっと残す技術があれば。
前が緩んでいるところのカマシは、山中君は苦手。
逆に根田君は一番得意パターン。
それぞれ、みんな得意な戦法があるので。
  8R S級一予選



1 荒井 崇博
佐藤君が構えず早めに行ってくれた。
それによって和田君の捲り頃になったけど。
2 竹内 智彦
セオリー通りの展開を早坂君が作ってくれたけど、佐藤君の動きが誤算。
やはり荒井君が付いているから巻き返しが早かった。
3 松谷 秀幸
結果的に前受けで良かった。
今日は、もつれると思っていたので。
不安視された和田君のスピードだけど、悪くはなかったと思うよ。
4 林 巨人
強引に不破君が行ってくれたおかげ。
それで自分の踏むコースが出来て3着に入れた。
5 永澤 剛
6着ですね。
今は自分で動いている訳ではないし、前任せになっているので。
7 和田 真久留
まだ右太ももの肉離れの影響があり、少し制御して走った感じ。
本当、練習も出来ていないし不安で一杯だった。
思っていたより、勝負になったし、1日休めるのも大きいですね。
8 佐藤 幸治
友和さんのレースを見ていたから、一旦、前に出ようと。
攻めたもん勝ちみたいなバンクなので。
結局は、和田君の展開になってしまったが。
9 不破 将登
スムーズに切り替える事が出来たのは収獲。
もしかしたら、あのまま仕掛けなければ3着だったかも。
ただ、それは出来ないと思い仕掛けた。
  9R S級一予選



1 南 潤
今回が初のダービー出場。
だからチャレンジャーのつもりで走っている。
自分の思っている感覚と、自転車の進みに、多少ズレがある。
それが解消されれば、もっと良い走りが出来ると思う。
2 齋藤 登志信
坂本君にマークしていたけど、吉本君に割り込まれたしダメだね。
3 長島 大介
8番手になったから、行くしかなかった。
だけど、南君が掛かっていて不発に終わった。
4 神田 紘輔
山田君は僕より番手の仕事が上手い。
後ろで見ていて勉強になった。
つい内に吸い込まれる感覚になり、ちょっと悪かったですね。
3番手は3番手で難しいし、もっと技術が必要。
5 坂本 貴史
脚を使わず南君の4番手を確保。
行けたかもしれないが、びびってしまった。
6 吉本 哲郎
どこかで一発、叩きに行くレース。
だけど、南君に睨まれておしまい。
その後は、どこかに入ろうと思った。
あれで、坂本君が行ってくれれば面白かったけど。
7 山田 久徳
南君の掛かりが良かったですね。
あとは自分の技量の問題。
レースが終わり、三谷竜生君とかに色々と聞きました。
8 河野 通孝
あそこまで長島君が行ってくれたし、僕にもう少し脚があれば。
9 池田 憲昭
初連係の吉本さんも頑張ってくれたけど、南君が強すぎた。
 10R S級一予選



1 深谷 知広
どこからでも行ける雰囲気はあったが、ちょっと見過ぎた。
ひと思いに行けば良かったし、そこは反省点。
セッティングを変えたけど、まだおかしい。
自転車は、もう1回、いじってみる。
2 橋本 強
吉田さんに自力がなければ、深谷君の後ろに僕と久米君で嵌っていたと思う。
ただ、吉田さんに行かれてしまったのでスイッチさせてもらった。
3 志村 太賀
ちょっと、対処する方法がなかった。
深谷君の力が違った。
4 鷲田 佳史
初めて深谷君と連係したけどスピードが凄い。
勝負どころで橋本君に持ってこられてしまった。
5 山中 貴雄
十分、久米君は見せ場を作ってくれましたよ。
3番手だし、前の2人に任せていた。
6 久米 康平
ダッシュは、そこそこ自信があるけど、やはりナショナルチームのメンバーは違いますね。
深谷さんに完敗です。
8 高橋 大作
ラインで5、6、7着。
やはり深谷君が強すぎて、どうにもならなかった。
9 吉田 敏洋
あれは完全に深谷君の失敗レース。
力で行ってしまっただけ。
ファンからは、俺の指導不足との声がレース後に聞こえてきた(笑)。
他のラインが良い組み立てをやり、無用に深谷君が付き合ってしまった感じ。
深谷君は前の動きが見えるけど、俺は見えないから、赤板からハンドルを絞りっぱなし。
あまりのきつさに、まだ、頭がクラクラするし、やっと視界が広がってきた(笑)。
正直言えば、今まで、自力でやってきて良かった。
 11R S級特選予



1武田 豊樹
吉沢君とは練習でよく松戸バンクに入っている。
レースの内容としては悪くなかったけど、もうちょっとカントを使って走ってほしかったね。
2脇本 雄太
湿気があって重く感じたけど、緩むならここってところをピンポイントで行けた。
日本で走る競輪は楽しい。
まだまだ進化したいって欲望もある。
休養日になる2日目・3日目に他の自転車に乗り換えるか考えてみます。
3松浦 悠士
ジャンの2コーナーで叩いていればなんてことなかった。
周りの動きをアテにしすぎた自分のミス。
最近はずっといいレースができていたのに、一番大事なG1でやらかしてしまった。
4原田研太朗
前が遠かったですね。
悠士君に任せた結果だから仕方ない。
5菅田 壱道
しっかり前々に行けたというか、自然と前々のいい位置に入ることができた。
ラッキーでしたね。
最後の直線で前の2人を抜いているし、脚の感じは悪くないです。
6渡辺 一成
吉沢君がもっとガンガン行くと思ったけど、(脇本雄が)見えてから踏んでるんじゃ遅いですよね。
自分は武田さんのブロック、外にいた椎木尾君が気になって連結を外してしまった。
7村上 義弘
脇本君が強かったです。
今開催中にコンディションを整えて修正したい。
8椎木尾拓哉
踏み出しでキチンと付いていれば(武田豊に)持ってこられても対処できたのに…。
あれだけ張られたけど故障はしていないです。
9吉沢 純平
あんまり早く行っても脇本君を引き出すだけだし、走り方が難しかった。
自分としてはそこまで流したつもりはないけど、気が付いたら一気に行かれていた。
必死に追いかけて何とか3着という感じです。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日インタビュー
  1R


松本貴治
G1の1レース1番車だし期待されている証拠。
後ろも仕事をやってくれる小倉さん。
松戸は初めてだけど積極的に駆けたいですね。
変なプレッシャーはないけど、朝イチの競走で、レース形態が分からない。
山岸佳太
短走路は成績が良いし嫌いではない。
奈良や松戸も感じが良かった。
練習の感じも良かったので積極的に。
内藤秀久
桐さん(桐山敬)と走る時は、いつもノープラン。
レースを知っている選手だから楽ですよ。
相性も良いですね。
番手で自分の仕事をやるだけ。
湊 聖二
武雄記念で落車したけど、前回の平塚で2勝出来たので大丈夫。
四国ラインの3番手を固める。
小林大介
関東ラインで山岸君の番手へ。
趣味の競馬も、いつも儲かっている訳ではないし本業を頑張らないと(笑)。
筒井裕哉
尊敬する沢田さんと一緒ですか。
責任重大ですね。
今節、何とか3百勝を決めたい。
自力勝負。
桐山敬太郎
前回の静岡は大敗して屈辱ですよ(笑)。
初日は地元の渡辺雄太君と割り切って力勝負。
決勝で番手を回ろうと思ったから。
松戸はオールスターの決勝に乗っていて大好きなバンク。
全日本選抜も1レースで失敗しているし今回は頑張りたいね。
積極的な自在戦。
沢田義和
兵庫同士の筒井君。
過去、何度も連係しているし、いつも頑張ってくれる。
お互い、失うものはないからね。
小倉竜二
四国ラインで松本君の番手へ。
連係するのは久々。
松本君に先行で挑んでくるとすれば、山岸君だね。
もちろん、桐山君も構える走りはやらない。
だから、どう走れば勝てるか、作戦を教えて下さい(笑)。
  2R

松川高大
3場所連続で優勝した時に比べ、調子はどうなのかな。
それでも園田さんが付くし、前々に攻めたい。
萩原孝之
地元の鈴木裕君の番手へ。
もちろん、好きに走ってもらうだけ。
鈴木竜士
脚も悪くないけど、それ以上に流れが良いですね。
昨年の一番良い時期に比べれば物足りないけど、それでも今年になって一番の出来。
芦沢さんは信頼出来るし、ワンツーを決める自力勝負。
北野武史
中部ラインで川口君の番手へ。
前回の大垣の決勝でも連係している。
芦沢辰弘
同県鈴木竜君の番手へ。
茨城は今回だけでも13人か14人参加している。
だから地元取手記念には出場出来ない。
多分、誘導になるでしょうね。
鈴木 裕
松戸記念で優勝もあるし、地元の苦手意識はない。
あの時は根田君が行ってくれたけど、もうだいぶ前の話し。
3車を活かして自力勝負。
園田 匠
九州で松川君へ。
直線が短いけど、いつも通り強引にでも突っ込みたい。
レースが始まるのが早くなるから、それだけスピードが上がる。
その分、僕にもチャンスはある。
大塚英伸
脚はないし少しでも前の方にいたいですね。
キック(鈴木裕)に頑張ってもらい南関の3番手。
夢だったダービーに初めて出場出来て嬉しい。
川口聖二
本当は隠れ予備だったから出場出来ないと思った。
これは欠場者が多くて、本当にレアなケース。
26日にディズニーシーに行っていたら、追加の連絡を受けた。
慌てて、家に帰りましたよ(笑)。
  3R

金子哲大
若手の成長で埼玉も勢いが出てきた。
伊東のG3で森田優弥君も決勝に乗っていたし黒沢征治君もS級に特進した。
そんな感じで、最近は人の後ろもありましたね。
川崎記念は1本休んだけど大丈夫。
調子が落ちていたから練習もやりたかったので。
自力勝負です。
岩本俊介
川崎記念は単騎だったし仕方ないですね。
だけど、良い形で地元のビッグに挑める。
作戦は成清さんに考えてもらい自力勝負。
坂口晃輔
平塚は松谷さんの自力1車だけど自分でやり優勝した。
練習仲間の柴崎さんの番手へ。
これは、淳さん向きのメンバーですね(笑顔)。
朝倉佳弘
埼京ラインで金子君の番手へ。
せっかくのダービーだし少しでも頑張りたい。
野田源一
前橋の決勝は、ぶれない走りで山崎賢人君とは別線だった。
それが自分らしくて良いでしょ。
F1より、もつれるからGの付くレースの方が得意。
自力勝負。
武田憲祐
地元コンビの後ろを固める。
もちろん、切り替えは無しですよ。
柴崎 淳
松山記念で浅井さんと一緒に落車。
前回の地元戦は少し影響があったかも。
位置取りを重視して自力で仕掛ける。
新井秀明
九州ラインで野田さんの番手。
好きに走ってもらうだけ。
成清貴之
地元同士の岩本君の番手へ。
俺は地元のビッグだし超テンションが上がっていますよ(笑顔)。
  4R

石毛克幸
やっと特別戦線に戻ってくる事が出来た。
一時は、あのまま終わってしまうかと思いましたよ(笑)。
近藤君の番手へ。
成田和也
北日本ラインで同期の友和君。
今まで、頑張ってくれているから。
落車と失格が続き流れが悪いけど、脚自体は問題ないと思う。
近藤龍徳
相性抜群の高橋さんへ。
僕も点数が戻ってきているし上向いていると思う。
高橋和也
今期は大垣で優勝したけど、あとは、あまり良い走りが出来ていない。
松戸は過去5年で5勝し、着外は8回みたいですね。
2車の4分戦だけど、前々に攻めて行きたい。
近藤隆司
もちろん地元のビッグなので仕上げてきたつもり。
プレッシャーはないし普段通りの走りをやりたい。
佐藤友和
とうとう百点の大台を切ってしまった。
結果が全ての世界だし、現状に甘んじるつもりはない。
自力で頑張るだけ。
鈴木謙太郎
松山が終わり、帰らず松山で練習して、そのまま高知記念を走った。
今回は2週間空いて普通に練習。
特別競輪の出場も2年ぶりみたい。
調子はウイナーズカップより上だと思っている。
今月は新ルールの試行期間だけど、スタート牽制の黄檗山は厳しいルールですね。
東龍之介
自分で勝負する事も考えたけど、ラインを大切にしたい。
地元コンビの後ろで3番手。
神山拓弥
栃茨ラインで鈴木さんの番手へ。
相性は抜群。
確かに松戸記念は、何年か前に色々とありましたね(苦笑)。
もう忘れましたが。
5月は宇都宮記念もあるし、緊張感のあるレースが続く。
  5R

岩津裕介
中四国ラインで佐々木君の番手へ。
松戸はオールスターで優勝した思い出のバンクですよ(笑顔)。
岡 光良
四日市記念の失格で4月は斡旋が停まっていた。
ダービーは5月開催の扱いになるから走れる。
関東ラインで小原君の番手へ。
練習をやり過ぎて、少し腰痛が出てしまった。
石塚輪太郎
松戸は何度も走っている。
一番良い時に比べると、確かに落ちていますね。
細切れ戦だし後手を踏まない様に。
後ろが稲垣さんで責任重大ですから。
松坂洋平
4月は3本走り、配分が詰まっていた。
だけど疲れもないし大丈夫。
林さんと2人で車番が悪いが自力勝負。
稲垣裕之
近畿ラインで石塚君へ。
高知記念の前の向日町、福井と連続して、連係している。
積極的な選手だし心強いですよ。
僕も休養を取りながら、きつめに練習をやってきて仕上げてきた。
山内卓也
番手が稲垣君なら悪い3番手ではないですね。
実質、番手と言っても良いですから。
競輪祭で鎖骨を折り、良くなかったけど、少し上向いてきた。
佐々木豪
松戸を走るのは初めて。
1着は多いけど、内容が伴っていない。
そこは不満ですね。
小原唯志
4分戦だけど、自力型の中で僕が一番弱い。
後方にならない様に。
松戸はA級の時から得意にしている。
林 雄一
神奈川同士の松坂君へ。
どんな展開でも突っ込むつもりで穴を出したい。
  6R


山崎芳仁
グランドスラム達成には、あとダービーだけ。
まだ諦めていないし走る以上はチャンスがあると思う。
福島同士の小松崎君へ。
東口善朋
和歌山同士の稲毛君へ。
連係も一番多いし、気心も知れている。
基本的に相性は良いので、出渋る走りをやらなければ問題ない。
井上昌己
九州ラインで北津留君へ。
前回の大垣は疲れが溜まり、あまり良くなかった。
北津留翼
相変わらずレースは下手だし昌己さんに迷惑を掛けない走りをやりたいですね。
構えず、積極的な走りをやりたい。
小松崎大地
前回は勝たなくていけないレースで2着だった。
それでも、調子は段々と上がってきた。
ラインの3人で前に出る自力勝負です。
入れ替わり立ち替わりレースが動きそうだし、乗り遅れない様にしたい。
池田勇人
6番車でも勝つところを見せたいですね。
宿口さんの前で自力勝負。
守沢太志
福島コンビの後ろへ。
暴れるレースを復活? いや、山崎さんの後ろで大人しく走っています(笑)。
宿口陽一
若い子が前が自然。
同県の池田君に任せる。
連係するのは、これで3度目か4度目です。
稲毛健太
2週間空いて仕上げてきたつもり。
松戸は4場所前に走ったばかり。
東口さんと決める自力勝負。
  7R

山中秀将
浅井さんに突っ込まれる形になったけど、レースだから気にしていない。
怪我は結構酷かったけど、完治したと思っている。
どうやら今開催中に第一子が産まれそう。
久々の実戦だし、両方の緊張感がありますね(笑)。
普段通り自力で。
松岡貴久
自分で何かやる。
川崎記念から新車を投入。
自転車を毎日いじっていたら、決勝の日が一番悪かった(笑)。
松岡健介
今は自力と人の後ろが半々ぐらいだけど、このメンバーなら自力ですね。
松戸興産の人には、お世話になっているので、頑張りたいですね。
五十嵐力
いつも、お世話になっているし地元コンビの後ろへ。
川崎ナイター記念は決勝に乗れず悔しい思いをした。
スランプ脱出? 今回、そう言える様な成績を残したい。
山口富生
連続して落車しているけど幸い軽傷。
前橋の準決は何とかアフロ君に付いて行けたけど、決勝は踏み出しで千切れた。
中部近畿で松岡健介君の番手へ。
横山尚則
レースに対し、気持ちの弱さが自分の欠点。
トレーニングは激しくやっていますが。
これ以上悪くなる事はないし、自力で頑張るだけ。
田中 誠
競走センスがあり何でも出来る松岡貴君へ。
怪我明けだけど、大丈夫ですよ。
芦沢大輔
一戦、一戦、集中して頑張るだけ。
脚がない分は気持ちでカバーしたい。
同県の横山君を信頼する。
田中晴基
もちろん山中君が前で僕が番手。
年末年始は最悪だったけど、今は自信を持って走れる状態。
今、考えると、色々と試したのが失敗だった。
  8R

荒井崇博
地元記念は全てが噛み合い優勝する事が出来た。
自分の体調、目標にする選手、レースの流れと一番良い形になった。
もちろん、山崎賢人が行ってくれたのが一番大きいですが。
九州で佐藤君に任せる。
竹内智彦
宮城同士でダッシュ鋭い早坂君へ。
武雄記念で、お世話になったばかり。
僕は、いつも良い成績を取らせてもらっている。
松谷秀幸
スーパーダッシュの和田君へ。
前回の平塚は反応が悪かった。
和田君が怪我明け? その方が僕には丁度良いですよ(笑)。
林 巨人
中部ラインで不破君へ。
2人で車番が悪いですねと、不破君に言われた。
永沢 剛
宮城コンビの後ろを固める。
早坂君のダッシュは強烈だし、離れない様にしたい。
早坂秀悟
だいぶ戻ってきた手応えはある。
ここで結果を出せれば最高ですね。
先行か捲りで。
和田真久留
川崎記念で足の肉離れ。
それで途中欠場した。
怪我や落車の後は、走ってみないと分からない。
それが正直な気持ち。
ただ、本当にダメなら走っていない。
自力勝負。
佐藤幸治
荒井さんが任せてくれた。
ダービーに出場するのは初めて。
前々に攻める自力勝負。
不破将登
地元のウイナーズカップが終わり、一息ついたところ。
2場所、準決で失敗したけど感じは悪くなかった。
ダッシュタイプばかりし、上手く自力で対応したい。
  9R

南  潤
基本的に短走路は苦手。
だけど、ここに向けて仕上げてきた。
だから、いつもより、早めに仕掛けたい。
斉藤登志信
北日本ラインで坂本君へ。
いつも言っているけど、この成績はたまたまですよ。
長島大介
ビッグレースになると人の後ろが多いけど、ここは自力ですね。
ただ、南君が強すぎる。
奈良記念は良かったし短走路は問題ない。
この後も地元宇都宮記念があるので頑張りたい。
自力勝負。
神田紘輔
近畿ラインの3番手。
本線の3番手だしチャンスがある。
ダービーは予備、予備だったので、こうして走るのは初めて。
坂本貴史
南君に負けない強い気持ちで走りたい。
細切れ戦なら、必ず仕掛ける場所はあると思う。
登志信さんと決めたいですね。
吉本哲郎
補充を喜んで引き受けたから、賞金でダービーに出場出来た。
僕はタフだし疲れは感じなかった。
競走が練習になるので丁度良かった。
この年になり特別競輪に出場するのは初めて。
新人みたいな走りをやりたいですね(笑)。
山田久徳
近畿ラインで南君の番手へ。
岸和田はタフな落ち方だったけど、怪我は大丈夫です。
河野通孝
栃茨ラインで長島君の番手へ。
前回の平塚でも彼と連係している。
破壊力のある走りに期待。
池田憲昭
中四国ラインで吉本さんへ。
連係するのは今回が初めてです。
  10R

深谷知広
久々の特別競輪なので、少し緊張する。
川崎記念は良くもないし、悪くもなかった。
競技の自転車と違うし、その辺りのセッティングも出したい。
自力勝負。
橋本 強
四国ラインで久米君の番手へ。
深谷君と吉田さんが大本線だが、少しでも自分らしい走りをやりたいですね。
久米君もダッシュは良いし、それを活かして欲しい。
志村太賀
関東ラインで杉森さん。
前回の川崎記念でもワンツーを決めている。
鷲田佳史
愛知コンビの後ろです。
吉田さんとの連係はあるけど、深谷君とは初めて。
特別競輪に出場するのも5、6年ぶり。
山中貴雄
四国ラインの3番手を固める。
地元記念を優勝したけど、自分でも信じられなかった。
決勝に乗れれば良いなと思っていたぐらい。
久米康平
前橋は、哲男さんのアシストがあったけど、良い走りが出来た。
同じ短走路だし、今回も自分の走りをやりたい。
深谷さんに胸を借りるつもりで積極的に。
杉森輝大
川崎記念の二次予選は平原君の番手で1着。
だけど、バック数も増えてきた。
最低でも中団を確保した自力勝負。
高橋大作
関東ラインの3番手。
骨折ではないけど、打ち身が酷かった。
それで少し休ませてもらった。
吉田敏洋
西武園の落車でフレームが壊れた。
深谷君とは久々の連係だけど、俺は普通に走っていた。
あいつが、走っていなかっただけだから(笑)。
特別な気持ちもないし、普段通りの連係で。
  11R

武田豊樹
川崎記念は感触が悪かった。
3年ぶりに自転車のメーカーを変えたけど良くなかった。
今回は元に戻して。
松戸は家から近いので、普段からバンクに入っている。
直前も一緒に弟子の吉沢君と練習をやった。
もちろん、ここも彼に任せて。
脇本雄太
国際大会はオフの時期だから、伊豆で普段通り、ナショナルチームの練習。
ウイナーズカップより凄みのある走りを魅せたい。
松戸を走るのは4年前のオールスター以来。
松浦君とハラケンの並びは想定外。
一成さんと菅田さんは、そう並ぶと思った。
警戒されるのは覚悟の上。
その上で自分の走りをやるだけ。
松浦悠士
今年に入って、安定して良い走りが出来ている。
同級生のハラケンにどうする?と聞いたら、任せますの返答。
だから、自分も前でやりたかったので良かった。
この並びは初めてだけど、自力で頑張るだけ。
原田研太朗
短走路は5百バンクより大好き。
川崎記念は準決で失敗したけど、かなり良かった。
色々なバリエーションがあった方が良いと思うし、松浦君に任せます。
菅田壱道
この1カ月はナショナルチームの練習に参加させてもらったり、栄養学を勉強していた。
やはり、ナショナルチーム以上の筋肉や、トレーニング方法が大事だと思うので。
松戸のサマーナイトで、一成さんに優勝を獲ってもらっている。
それなりの走りをやりたいですね。
渡辺一成
小倉は自転車と体がマッチする感じがなかった。
やはり、初日の2着権利が厳しかった。
その後の2走は、自力としての幅を増やす事が出来た。
菅田君に任せる。
村上義弘
玉野記念の落車以降、練習をやればやるほど、悪くなっている感じです。
痛みを堪えて練習をやっているのが良くないのかも。
松戸の成績は良いし脇本君の踏み出しに集中して。
椎木尾拓哉
近畿ラインの3番手。
奈良、和歌山、兵庫の合宿があり三谷兄弟達も参加。
これが良い練習になりましたね。
吉沢純平
今は脇本君の力が飛び抜けている。
自分も成績が良くないし強気な材料はない。
だけど、思い切った競走で一発狙いたいですね。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
2日目インタビュー(5R~11R)
  5R

坂本亮馬
何度か任せているので山田君へ。
もちろん、自信がないなら俺が前でやるけどね。
本当、膝の具合は良くなく、満足に練習出来ない。
それでいて、この成績だから、みんなに信じられないと言われている。
広島も外国人とのレースだったから、次の日は起きられないぐらい足に負担が来た
簗田一輝
川崎記念は失格でファンに迷惑を掛けた。
小回りバンクだし、後ろにならない自力勝負。
金子貴志
中部ラインで竹内君の番手。
2車だけど、彼らしい走りをやってくれるでしょうね。
竹内雄作
フレームを変えたり試行錯誤しているけど、なかなか戻らない。
末の粘りが甘くなっているので、それを解決しようと思って。
黄檗山のルールがあるし、初日のレース形態を見られるのは大きい。
積極的に攻める。
伏見俊昭
与えられた展開と番組で頑張るだけ。
同県の飯野君へ。
5百勝は少しでも早く決めたいですね。
ダービーは15年前の静岡で優勝している。
高原仁志
どこの3番手も回れる。
セオリーは竹内君の3番手だが、短走路の怖さもある。
だから、コメントは決めずでお願いします。
岡村 潤
静岡同士の簗田君へ。
こんな時の竹内君は怖いんですよね。
その辺りは簗田君も分かっていると思いますが。
飯野祐太
伏見さんに迷惑をかけない走りをやりたい。
積極的な自力勝負です。
山田庸平
亮馬さんに頑張らせて下さいと言った。
今年はF1で3回優勝したけどGの付くレースは良くない。
前々から自在に攻める。
  6R

山賀雅仁
大垣のウイナーズカップで落車。
だけど、その後、二場所続けて準優勝。
体に不安はないですよ。
もちろん根田君の番手へ。
もう勝負事だし、結果は決まっていると思う。
いかに、普段、良い練習をやっているか、いないかだと思う
西岡正一
近畿ラインで中井君の番手へ。
結構、きつい展開でも、最近は突っ込めている。
金子幸央
逃げの決まり手と捲りの決まり手を逆にしないとダメですね。
どうしても勝つ時は捲りになっている。
まずは、位置を取って、そこから仕掛けたい。
牛山貴広
誕生日のレースだし1着を取りたいですね。
ラインの金子君を信頼する。
取手記念も入っているし頑張りたいですね。
根田空史
西武園の決勝は先行して師匠の中村浩士さんとワンツーだった。
前橋の決勝は単騎だから参考外。
山賀さんとは相性が良いし、僕の踏み出しに離れない。
だから大好きな先輩。
ただ、人間は面倒臭いと書いておいて下さい(笑)。
中井太祐
F1でも飛んでいるけど、少しでも自信を持って走りたい。
自力勝負です。
池田 良
中国ラインで工藤さんへ。
連係は何度かあるので、大丈夫。
工藤文彦
川崎記念の最終日に落車したけど大丈夫。
ダービーに出場するのも初めて。
多分、これが最後の良い思い出でしょう(笑)。
白戸淳太郎
根田君の3番手なら最高ですよ。
3着に入りラインで決めたい。
実際は離れてしまい、単騎になっていそうですが(笑)。
  7R

柏野智典
基本的に黒田君には任せているので。
なるべく、構えない走りをやって欲しいですね。
メンバーを見た時、自信ありそうな雰囲気だった。
それに期待する。
村田雅一
近畿ラインで中井君。
松戸は初めて記念の決勝に乗ったバンク。
だから思い入れがありますよ。
神山雄一郎
今期は失格が3本あるけど、レースだから仕方ないね。
こんな事もあるのかと我慢するしか。
ラインの吉田君の番手へ。
自分なりに時間をかけて仕上げてきたつもりだし、まるっきり、自信がない訳ではない。
高橋陽介
武雄記念の落車で、前回の地元戦は走る事が出来なかった。
完全に自力でやっている訳ではないし、ここは栃茨ラインの後ろへ。
中井俊亮
2週間空いたので、良い練習が出来たと思う。
吉田君が強いけど、自力勝負。
伊勢崎彰大
気持ちは自力で勝つぐらいの脚を作ってきたつもり。
ここは先手ラインに乗ってから。
黒田 淳
大垣は、優勝かと思ったけど届かなかった。
前々に攻めていきたい。
大森慶一
高橋君が自力なら付けようと思ったが…。
3番手を回るみたいだし単騎で流れを見ながら。
吉田拓矢
川崎記念の決勝は、地元3人の気持ちに負けた。
高橋さんが付けてくれる1車も大きいですね。
自力勝負。
  8R

小嶋敬二
何かイタリア人みたいだろ(笑)。
まあ、若手の先行争いに期待して自力勝負。
新山響平
同期取鳥君がいると、お互い意識して、やり合ってしまうケースが多い。
だけど、そればかりだと共倒れになってしまう。
よく考えて自力勝負。
桑原大志
僕はマーク選手だし、前の選手に気持ち良く走ってもらうのが仕事。
ラインの取鳥君を信頼する。
堤  洋
取鳥君、桑原君の後ろで3番手。
怪我が多いけど、それは大丈夫ですよ。
和田 圭
大槻さんが点数上位だし北日本の3番手。
前の2人に頑張ってもらうだけ。
弟子が話題になっているけど、改めてジックリ。
伊藤正樹
小嶋さんに頑張ってもらい、おじさんパワーを見せたいですね。
中部の3番手を固める。
大槻寛徳
新山君の番手で仕事。
先行は厳しいけど、捲りなら出ている。
改めて先行選手は凄いと思いますよ。
取鳥雄吾
成績も良くなっているし、自分の走りも出来ている。
松戸を走るのは3度目。
先行か捲りの自力勝負。
志智俊夫
小嶋さんの番手へ。
僕は良い感じで仕上がったので展開次第です。
  9R

太田竜馬
ヤンググランプリを獲ってから気持ちが変わったと、みんなに言われる。
僕としては、昨年のオールスターぐらいから、色々と考えてきたつもり。
だから、ある日、突然変わった訳ではない。
内容も考えた自力勝負です。
小原太樹
川崎記念は残念だったけど、点数はかなり上がってきた。
これが自己最高得点。
同県の堀内君の番手へ。
三谷将太
近畿ラインで藤木君の番手へ。
合宿に行ったりして、仕上げてきたつもり
藤木 裕
前々から自在に攻める。
足りないものが何かを意識して練習をやってきた。
渡部哲男
太田君の番手へ。
地元松山記念を優勝出来たのも、彼のおかげだからね。
前橋の決勝は山崎賢人君が強すぎた。
最後の審議はセーフだと思いましたよ。
三宅達也
四国ラインの後ろへ。
現状では、離れて迷惑をかけない様にとしか言えない。
渡辺晴智
神奈川コンビの後ろへ。
堀内君には世話になっているので。
ダービー王の称号? 一生、消えないものかもしれないが、それだけでは勝てないからね(笑)。
笠松信幸
数字通りで、あまり良くないですね。
近畿コンビの後ろで脚を溜める。
堀内俊介
今節、百勝を決められた良いですね。
太田君が強すぎるが、負けない様に自力勝負。
  10R

新田 祐大
ナショナルチームの活動は3月の世界選手権でひと区切り。
そこから完全オフの期間を経て、もう一度ハードなトレーニング、今回のG1という流れです。
体調面の不安は全くないし、久々の日本の競輪でしっかり結果を出したい。
自力で勝つレース。
郡司 浩平
地元の川崎記念はさすがに疲れた。
いつもなら1日で疲れが取れるのに、今回は2日かかった。
調子を落とさず、維持する感じでここまではやってきました。
自力勝負。
中川誠一郎
全日本選抜を勝ってから『優勝ボケ』みたいな感じでなかなか気持ちが上がらなかったけど、最近になってようやく勝負モードが戻ってきた。
九州ラインで山崎君。
山崎 賢人
長崎に新しい美容室を見つけて今回はそこでカットとパーマをしてきた。
今までより頭は小さくなったけど、切ったのは全部で1センチくらいですよ。
競輪の方は一時期よりだいぶ良くなってきて、武雄記念の時にいじったセッティングがしっくりきている。
誠一郎さんと走ると失敗ばかりだし、今回こその気持ちで頑張ります。
浅井 康太
今年3回の落車の中で前回のヤツが一番ひどかった。
肋骨を3本折って、意識も飛んでしまった。
練習は一応やってきたけど、1週間くらい前から頭痛に悩まされて、満足に歩くこともできない状態が続いた。
ここに来るギリギリまで出場するか欠場するか悩みました。
どこまでやれるか分からないけど、行けるところからしっかり自力を出したい。
木暮 安由
前回の地元戦はイマイチでしたね。
ここに向けて色々試していたので原因は自分で分かっている。
単騎で何かします。
村上 博幸
3月に追い込んだ練習をやったせいで、3月4月は着ほど感じが良くなかった。
1回疲れを抜いてからしっかり練習。
今まで何度もある浅井君に任せます。
和田健太郎
地元のダービーだから気合は入っている。
3場所4場所前くらいからここを見据えてレースをしていた。
強い郡司君に黙ってマーク。
佐藤慎太郎
賞金ランクでいい位置にいるし、ここで決勝に乗って確定板に入ればグランプリがぐっと近づくね。
まずは3着まで入ってゴールデンレーサー賞の権利を手に入れたい。
新田君一本。
  11R

三谷 竜生
古性君が前で頑張りたいと言ってくれたので僕が後ろ。
2人の前後はその時その時で、前でやりたいって言った方の意見が大体通っている(笑)。
ダービー3連覇は当然意識しているし、初日からしっかり走りたい。
渡辺 雄太
直前は村本兄弟と一緒に合宿。
引退した大輔さん(77期)と現役の慎吾さんとは定期的に練習しているんですよ。
脚はいい感じで仕上がった。
後ろは地元の中村さんだし、積極的なレースを心掛けたい。
諸橋  愛
直前の平塚はまずまず。
オーバーワークで入ったわりには3日間いい感じで動けた。
松戸は記念で完全優勝もあるし得意バンク。
相性いい平原君にお任せします。
山田 英明
落車後は2、3日休んで、そこから徐々に練習再開。
自転車も壊れてしまったし、今回は新しいやつで走ります。
このクラスになると、ああ走ろう、こう走ろうって作戦を立てても意味がないし、その場その場の状況判断を大事にしたい。
いつものスタイルで泥臭い自在戦。
清水 裕友
練習の感じは抜群に悪いけど、それはいつものことなので気にしていない(笑)。
大垣のウィナーズよりは高知記念、高知記念よりは今回という感じで、ちょっとずつ良くなっている。
地元の防府が33だから松戸も大丈夫だと思う。
自力。
香川 雄介
生涯落車ランキングがあれば俺とオグ(小倉竜二)は間違いなく上位に入るね(笑)。
前回の落車は今年2回目。
残りの8ヶ月は無事故、無違反を心掛けたい。
体は大丈夫だと思うし、清水君にしっかり食らい付いていく。
中村 浩士
平成最後のF1(前回西武園)で弟子の根田君とワンツーなんて最高に嬉しい。
いい思い出になりました。
ここに向けては西武園の前に2日間合宿をして、たくさんの刺激をもらって成長できた。
地元というか南関のみんなでこの開催を盛り上げたい。
渡辺君。
古性 優作
車の進みはかなりいいし、常日頃から気にしている「踏力」もボチボチ。
しっかり仕上げてこの大会を迎えられたと思います。
竜生さんの前でいいレースをしたい。
平原 康多
川崎の前の武雄くらいから感覚が良くなって、ここまでの間に新しい発見もあった。
やることもキチンとできているし順調ですよ。
諸橋さんと決まるように自力勝負。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
日本選手権競輪限定!コンビニのコピー機で無料予想情報がプリントできる!
日本選手権競輪限定!!
コンビニのコピー機で無料予想情報がプリントできます!!



全国のローソン、ファミリーマート、セブン-イレブンのマルチコピー機から
全日本競輪新聞協会連合会が提供する予想情報が無料でプリントできます!!
(最終レース発送時間まで)

eプリントサービスでしか手に入らない期間限定の無料予想情報!
後半3レースの予想とレース情報を掲載!




ぜひ、ご利用下さい!!


操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/zennihon-keirin


ページトップへ
   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。
 
令和元年5月3日
松戸ダービーの4日目は、好天に恵まれたのに、3・3だからなのか3日目の大荒れで勝負師が買い控えをしたのか、3日目と同じ売り上げは残念、それでも4日間で80億なら目標の140億に達すのは残り60億。5日目に25億を越えて最終日に35億が必要に成りました。ゴールデンウィークはそこ迄の効果は無かったと言う事で、来年の静岡ダービーは5月5日が初日で、5月10日の日曜迄の日程に見直されてます。どんな意図でこう成ったのかは定かでありませんが大丈夫なんでしょうか。現在は特別・記念がダメでもミッドナイトにナイター・モーニングでジャンジャン売ってるからの余裕なのかも。
落車に失格はちょくちょくありましたが、このメンバーでバンクを考えたら少ない方なのかも。番組はこれ以上ない手堅くてマンネリを作ってます。これも不振の原因なのでは、もっと大胆に選手そして記者、ファンもアッと驚く様なものに挑戦する時なのかも、勇気を出してやって下さい。そうしないとジリ貧現象は永遠に続くと思います。
主役の脇本雄太は正に別格、こゝが終わったら高松宮記念杯とオールスター迄走り、後は競技に専念するかもとか、これは大打撃。早く脇本に匹敵するスーパースターの出現を待望するしか。
私の力で売り上げアップをで5日目のヒントを。
1R、岩本俊介から手広く。
2R、新山響平・不破将登 の力と力に近畿コンビ。
3R、山賀雅仁。
4R、簗田一輝と石塚輪太郎。
5R、地元コンビ。
6・7Rは、本命戦。
8R、北コンビ。
9R、古性優作の3連対。
10R、松浦悠士。
11R、脇本雄太から筋違いです。
 
令和元年5月2日
松戸ダービーの2日目は、雨模様でもあり、落車レースもあり、とんでもない大穴が、1・2・6・7Rに飛び出す大波乱。1年間の賞金で選ばれた162名が激突すれば当然の現象だったのかも。松戸競輪場は初日以上の盛り上がりで、荒れたのが良かったのか、売り上げも初日より1億1千万増なら順調なのかも。3日目は最終12Rにガールズコレクションが予定されてる関係で検車場は初日と違い華やかだったし、不動の本命は久留米のヒロイン、児玉碧衣。対抗は超安定の石井寛子で、ニュースター佐藤水菜がダークホース。そして本番の方は準決勝進出には狭き門の1・2着は全員で、3着は4名と言う事は3名がこぼれる事に。特選シードの選手が有利なのは否めません。
7Rは、根田空史・和田健太郎の地元コンビに◎○を付けましたが、狙いたいのは111期生、松本貴治。
8Rは、充実、郡司浩平と地元、中村浩士のマッチレース。
9Rは、次代のエース、太田竜馬・渡邉雄太、力の両立。
10Rは、山崎賢人を付けて貰った松浦悠士で山崎との一騎討ち。
11Rは、深谷知広・浅井康太で人気ですが、落車明けの浅井は不安なので、山田英明が私の狙い。参考にして大いに儲かって下さい。

 
ページトップへ
   
【チャリロト会員限定】コンドル無料配信中!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて会員様限定のサービススタート!



競輪専門紙『コンドル』がGⅡ以上の開催時限定で無料公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/keirin/tp_predictions/condor/
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦



専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

日本代表の橋本英也、17秒9の上りタイムで「特別昇班」に失敗す——。
 
一昨晩(四月二十七日)の高知ミッドナイト競輪、オムニアム種目の日本代表選手でもある橋本英也(岐阜113期)が特別昇班に失敗しているのだが、そのVTRを見て笑ってしまった(橋本の車券を買っていた人ゴメンナサイ)。映像が始まる赤板直前からすでに◎橋本―〇奥出健士郎(二車単は190円だ)はぶっちぎりなのだが、五百走路だしいかにも早逃げにすぎる。第二集団、第三集団と車間が空き、だだ長~い一本棒状態だが、あと一周、あと半周、もう一杯一杯の鈍さは素人目にも瞭かである。最後の最後に捲り届いた川本琢也(岡山100期)の上りタイムは16秒0。何とか二着の橋本のタイムは17秒9であった。
明日から松戸で競輪ダービー(日本選手権競輪)が開催されるが、素質抜群の橋本英也がGⅠ最高の舞台に立てる日をいつになるのだろう——。
この拙文作成中に小松島S級決勝では、おなじナショナル・チームの一員である松井宏佑(神奈川113期)が雨バンクのなか、ぶっちぎりの逃げ切り優勝を「完全」で飾った。


ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」





【本命の特典】

オッズパークのダイヤモンド会員にはさまざまな特典が用意されているが、その中でも1番の特典は厳海観戦ツアー&国内観戦ツアー。




たくさんの選択肢から、僕はマレーシア&九州エリアの観戦ツアーを申し込む予定。


このツアーに参加される方々、よろしくお願いいたします。


※仕事の都合上、いけないかも知れませんが…。


ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925




ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2019年4月30日(火)・5月1日(水)・2日(木)・3日(金)・4日(土)・5日(日)

■開催場所
松戸競輪場

取り扱いネット新聞

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ