eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
とん豚テジ

ミッドナイト競輪 Kドリームス杯(FⅡ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
山内卓也
川村晃司
池田勇人
 
猪俣康一
小野俊之
 

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
セブン-イレブンで競輪新聞・無料出走表が取り出せるようになりました!
 
   eプリントサービスの対象店舗にセブン-イレブンが加わりました!



競輪専門紙、競輪出走表をコンビニのマルチコピー機で取り出せるサービス、「eプリントサービス」

これまで、全国のファミリーマート・ローソンでご利用可能なサービスでしたが、2019年3月1日より
新たに全国セブン-イレブンでも提供を開始しました。

今回の店舗拡充により、利用可能な店舗が全国で約53,000店舗にまで拡大します。

 

・・・約21,000店舗
・・・約17,500店舗
・・・約13,500店舗
 

より身近にますます便利になったeプリントサービスを是非この機会にご利用ください!

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
決勝インタビュー


山口敦也
まだ優勝は2回しかない。
強い同期達に比べると、まだまだですよ。
神山さんが付けてくれるし、後手を踏まない自力勝負。
田村純一
動いているけど、今回はヨコの動きもやっている感じですね。
真っ向勝負では勝てないし、それはそれで収獲。
佐々木君と同じ開催は初めてなので、これが初連係。
良い思い出にしたいですね。
及川裕奨
3着だけど、初日の1着が大きく決勝に乗る事が出来た。
福島コンビの後ろを固める。
基本、ラインで決める走りだけど、チャンスがあれば突き抜けるイメージで踏みたい。
佐々木賢次
田村さんと練習グループは別。
だけど、アマチュアの時に良く面倒を見てもらっている。
ここは積極的なレースをやりたいですね。
神山 尚
地元だし最低でも決勝と思っていた。
初日は距離が長く失速したけど、準決は自分の走りが出来た。
空いているし、喜んで山口君の番手へ。
好きな走りで十分ですよ。
伊藤歩登
僕が5番車で、井上さんが7番車。
ちょっと枠が悪いですね。
それでも脚の感じは良いので、2人で決まる様に自力勝負です。
井上 嵩
抜くのは決勝に取っておいた。
そう書いておいて下さい(笑)。
準決と同じく伊藤君の番手へ。
自分もこのままでは終われないし、必ずS級に戻りますから(笑顔)。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
二日目勝因敗因
   1R A級チ一般



1 松井 英幸
前田君も先行1車だったけど、4車だから緊張感もあったのかな。
4角から、思っていた以上に失速した。
自分も長らく自力でやっていたし、先行選手の気持ちは分かるから。
2 林 直輝
ホームで詰まったので、行けるところまで行こうと思った。
空いていれば番手まで行ったけど、空いていなかったので3番手になった。
3 丸山 辰男
目の前で落車だから、乗り上げなくて良かった。
危ないね。
4 前田 吉昭
もっと誘導を使えば良かったかな。
どうあれ、先行1車だったしもったいない。
少しでも点数を上げなくてはいけないのに。
5 村上 輝久
前田君の先行1車だし、混戦待ち。
初手で、5番手は大きかった。
6番手か7番手だと、また走りが違ってくるので。
6 木村 圭吾
林君とは話はしていなかったけど、切ってくれれば、それから何かやろうと思っていた。
7 俵 裕一郎
(落車し棄権)。
   2R A級チ一般



1 浦山 一栄
逃げ切ったけど、いかにも後ろを競らせるレースで気まずいな(笑)。
だけど、人気になっていたので、ズブズブになるわけにはいかないし。
新ルール? 誘導を切る場所が早くなるけど、どれぐらい誘導が上がるかは、まだ決まっていない様だね。
後は、誘導の差し込みもOKでしょう、多分。
そうでないと完全に国際ルールになるからね。
2 陶器 一馬
突っ張りも考えたけど、さすがに長いと思って。
やはり浦山さんは駆け方が上手い。
こっちが競り勝つタイミングで踏むと、流して踏まない。
僕も外の天沼君にも両方脚を使わせる感じでした。
まあ、競り負けたけど、後ろの大矢さんが3着に入ってくれたので。
4 天沼 雅貴
先行1車の番手だし競りは覚悟していた。
一気にカマシに行くふりをして、陶器さんのヨコになったらピッチが落ちた(笑)。
もちろん、浦山さんは自分の仕事をやり、僕も番手の仕事が出来たので納得ですが。
5 大矢 勝也
強気に陶器君が勝負してくれたおかげ。
それで3着に入る事が出来た。
6 長澤 道雄
大阪勢は頑張ってくれたけど、自分の調子がまだまだですね。
   3R A級チ選抜



1 櫻井 利之
昨日、かなり脚を使ったので、今日は前を取らせて下さいと後ろの2人に言ってあった。
2分戦で捲りに回るのは、いつもの事だし、これが得意パターンですから(笑)。
2 岡 俊行
3番手だったし、展開通りの着順。
その中で、よく中屋君は頑張ってくれましたよ。
3 武笠 貴太
自分が桜井君に千切れた事は仕方ないけど、後ろの小峰さんに申し訳ない。
4 尾崎 勝弘
桜井君が1車で捲ってきたから中屋君を入れた。
最後、ゴール前で抜けば良いと思ったら、グングン加速して行った(笑)。
良くありがちだけど、マーク屋が入れると、伸びなくなるんだよね。
かといって、シビアに切り替える訳にもいかないから。
5 上村 常文
ショート捲りは少し考えていたけど、前も掛かっていたので。
6 中屋 庸
浦山さんに言われたけど、初日の5着が大きかった。
それも苦手な単騎だったので。
言葉は悪いけど、上手く着を拾えた。
それがあったから、今日は一般戦でなく、選抜回りだった。
点数もないから、桜井君に捲られたけど必死で頑張った。
明日も、選抜で走れるのは大きいですね。
人の後ろですか? これをやると、今まで、ろくな事がなかったので。
7 小峰 一貴
桜井君は初日、魅せるレース。
だから、今日は勝ちに拘り構えると思っていた。
7番手になったし、前の武笠君も離れたので。
   4R A級チ選抜



1 増成 富夫
酒飲み友達の浦山君の走りを真似しました(笑)。
お互い、先行1車だったので。
目標は600勝だけど、それはどうかな。
これで534勝目だし、それは凄く嬉しい。
2 佐藤 拓哉
発走機に着いて、天を仰いでいる様ではダメですね(笑)。
増成君相手に、どう走れば勝てるかイメージが全く湧かなかった。
増成君が早く来れば引いてカマシも考えていた。
だけど、あのタイミングだと番手で勝負するしかない。
増成君は記念レーサーだけど、俺が記念を取ったのは有馬記念と宝塚記念ぐらい(笑)。
3 大河原 和彦
佐藤君が宮城最年長。
自分が群馬最年長。
何かやる感じだったので任せたけど、勝負どころで木幡君と絡んだのが痛かった。
4 澤亀 浩司
競りは覚悟していたけど…。
連日の走りが、良くないですね。
5 木幡 幸仁
2着権利だし、必死で最後は突っ込んだ。
佐藤さんを抜いたし、これは大きいですね。
6 重富 公輔
今日は4番手だったので、この成績でも納得です。
7 小堀 剛
増成さんの先行1車だったけど、強気に勝負する気持ちが湧かなかった。
   5R A級チ準決



1 栗本 尚宗
突っ張ったけど、井上さんと呼吸が合わなかった。
組み立てが、まだまだです。
2 田村 純一
ごちゃごちゃになったから仕掛けるタイミングが出来た。
もっと早く行っていれば、及川さんとワンツーだったかも。
番手にスッポリ嵌ったけど、そこは及川さんに申し訳ないですね。
3 秋永 共之
踏んだり、やめたりがありきつかった。
それで山口君に付いて行けなかった。
しゃくられるのが嫌だから内も締めていたので。
4 及川 裕奨
さすがに、2センターは少し悩んだけど。
3着だし、残りのレースの結果待ちですね。
5 井上 典善
突っ張るふりをして、引く作戦。
そう栗本君と話していたので、連結が外れてしまった。
6 西田 潤
山口君がきちんと押さえれば面白いレースになったと思うけど。
7 山口 敦也
押さえに行くのが中途半端だった。
番手に入ったけど、それもどうかな…。
1着だけど、反省が残るレース。
   6R A級チ準決



1 三澤 勝成
練習不足もあるけど、少し疲れもあるのかな。
一番きついところで佐々木君がカマシに行き千切れてしまった。
その前に、一瞬アクションを起こしてくれたので、そこで行ってくれていれば付いていけたかも。
2 神山 尚
あのタイミングで佐々木君の後ろが離れるのは、頭の中にあった。
もしくは、踏んでおいて飛び付きも考えていた。
最後、抜いたのは地元の意地です。
3 岡崎 克政
ホームで佐々木君が来るのが見えず、併せ切れなかった。
4 渋谷 征広
一番、悪い展開になってしまったけど、前に任せていたので。
5 佐々木 堅次
コンディションは良いけど、ラインで決める事が出来ず。
しかも、あの仕掛けで嵌った神山さんに抜かれてしまい情けない。
6 伊藤 貴史
必要以上だったかもしれないが、ホームは内を締めていた。
誰かに内をしゃくられ、腰砕けになると恥ずかしいので。
7 植木 貴志
神山君の動きに対応出来なかった。
それでも後輩が1着を取ってくれたので。
   7R A級チ準決



1 伊藤 歩登
もっと早めに引いて行かないと。
そこは井上さんに指摘された。
ただ、井上さんに差されなかったのは自信になる。
2 丸山 勝也
ヨコに動いたけど、全然伊藤君のスピードが違った。
最終日も栗田雅君と一緒だし、今度はワンツーを決めたい。
3 栗田 弘一
菅藤君も後ろからになり、きつかったと思う。
相手も、今日は強かったですね。
4 栗田 雅也
力は発揮する事は出来たけど、伊藤君が強かった。
最終日も力勝負をやりたい。
5 井上 嵩
う~ん、差せなくて悔しい。
伊藤君も、もっと早めに引いた方が楽に前に出られるのに。
そこはアドバイスをした。
丸山さんに持ってこられ、栗田雅さんのブロックもあったので、結構きつかった。
番手のレースも勉強になりますね。
6 宮下 潤
明日も、この並びですね。
今日も静岡勢が頑張ってくれたので、信頼するだけ。
7 菅藤 智
どう走れば良かったのか、レースが終わり、大河原さんにアドバイスをもらった。
伊藤君が早めに引き、誘導の後ろに入ろうと思っていたけどダメでした。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日勝因敗因
 
   1R A級チ予選



1 植木 貴志
及川君の捲りは凄くて止める事が出来なかった。
1車で来たので、なるべく浦山さんを残す事を心掛けた。
どうあれ、この2着は、浦山さんのおかげ。
2 村上 輝久
及川君のスピードが良くて、踏み出しで離れてしまった。
好きに走ってもらったけど、もったいないですね。
3 木幡 幸仁
最後は突っ込むレースになったけど、大河原さんと何度も絡んで。
4 伊藤 貴史
今日は浦山さんに怒られたのが全てですね(苦笑)。
先行とコメントして、自分だけが届くレースになってしまい。
5 浦山 一栄
先行とコメントしておいて、あんなレースではダメだよ、伊藤君は…。
これは説教ではないけどね。
こっちが逃がされて、バックで死ぬかと思った(笑)。
6 大河原 和彦
浦山君が突っ張るかと思ったけどね。
最後は3着狙いになったけど、植木君も前残しを掛けているので。
7 及川 裕奨
本当は、ホームで前に付いていかないと。
そこまでの自信がなく、自分のタイミングで仕掛けた。
それにしても、浦山さんは凄すぎますね。
やはり、先行の神様です。
   2R A級チ予選



1 陶器 一馬
伊藤君は意外と、後ろのおっさんを連れて行っている。
だから、自分に脚がなかっただけ(笑)。
2 菅藤 智
どっちみち粘っても、一回は田村君が前に出る。
スイッチする反応とかが全て遅れていた。
準決は神山君の番手でお願いします(笑)。
3 佐藤 拓哉
踏んでも出ないと思ったら、前のタイムが良かった。
伊藤君の上がりが14秒1だったから。
4 武笠 貴太
全て菅藤さんに任せていたので。
4着だし、僕に脚があれば3着に入っていた。
5 伊藤 歩登
後ろが厳しい展開に、自分で持って行ってしまった。
そこは反省だし、やはりラインで決める走りをやらないと。
6 大矢 勝也
鐘の4角で伊藤君が行くかなと思ったけど、それも彼の判断だったから。
7 田村 純一
全開で踏んでおかないと、陶器さんは離れないと思った。
自力でやる分には問題ないけど、今日は少しヨコも使う事が出来た。
それは収獲ですね。
   3R A級チ予選



1 小峰 一貴
捲りの3番手では離れてしまうので、先行の番手を狙った。
だけど、坂野君も失格だし意地になっていたね。
2 坂野 耕治
(妨害して失格)。
3 神山 尚
前が競りで、カマシやすくなった。
だけど、あれで後ろに抜かれている様ではダメですね。
もっと、後続を千切る感じで全開で踏めば良かった。
4 岡崎 克政
まさか小峰さんが僕の番手を狙ってくるとは…。
後ろが見えなくなるし、神山君の行き頃になるから。
踏んで番手に嵌るレースで、この1着はラッキーだった。
5 栗田 弘一
神山君の仕掛けはドンピシャだった。
分かっていても離れてしまった。
その後は、リカバリー出来たけど、千切れたのは年のせいですね。
6 木村 圭吾
特別昇班する感じでないと、選手生命は今期で終わりになると思う(笑)。
だけど、1回ぐらいは、僕を買ってくれたファンに大穴を出したい。
そんな気持ちは持っています(笑顔)。
7 重富 公輔
前が競りになってしまったし、今日の展開では仕方ないですね。
   4R A級チ予選



1 佐々木 堅次
今日はメンバー的に突っ張るのがベストだと思っていた。
秋永さんと2分戦だったので。
三沢さんとワンツーもノルマなので。
2 小堀 剛
佐々木君が有り難い事に突っ張り先行。
本当は3着に流れ込まないと。
最後、秋永君に食われてしまった。
3 工 正信
佐々木君が突っ張りだし、切り替えようと思ったけど…。
4 秋永 共之
自分だけのレースになり、後ろに申し訳ない。
直線の伸びは良かったけど、謝っておきます。
5 三澤 勝成
抜ける気はしなかったし、ハコ3かハコ4のイメージしかなかった(笑)。
見栄えが悪くなかっただけでも。
佐々木君が引いてのカマシなら千切れていたと思う。
7 岡 俊行
厳しい展開になったし、秋永君のタイミングに任せていたので。
   5R A級チ予選



1 井上 嵩
ホームで行けば、ラインで決まったかもしれないが、久々の5百バンクだから大事に行ってしまった。
その後は、6番が邪魔になりましたね。
2 俵 裕一郎
松井さんも、あのダッシュでは厳しいですよね。
自分も3番手できつかった。
3 井上 典善
まずは、桜井君の頑張りのおかげ。
影しか見えないから最初は分からなかったけど、捲りが止まったのは中屋君でしたね。
その後は、井上君が良いスピードで捲ってきた。
なるべく、桜井君を残そうと思ったけど。
4 櫻井 利之
踏んでおいて、井上嵩君の後ろに入る作戦。
あれしかないでしょう。
ただ、自分も泳がされたし、なかなか井上君が来てくれなかった。
残れなかったのは残念だけど、後ろの2人が勝ち上がってくれたので。
5 松井 英幸
あの踏み出しに付いて行くのは無理だよ。
まあ、好きに走ってもらったので仕方ない。
6 中屋 庸
前も踏んでいなかったので仕掛けてみた。
普通は外に浮いて、終わりになるけど、今日は内に上手く降りる事が出来た。
一般戦に回ると浦山さんとの対戦が待っているので。
選抜なら、先行1車の可能性もあると思って(笑)。
7 渋谷 征広
豊橋ミッドの予選3着も、今日みたいな展開だった。
井上嵩君の後ろが千切れて、3着に突っ込む展開。
最後は外は無理だし、内を狙いました。
   6R A級チ予選



1 丸山 勝也
絶好のハコで3着。
すみません。
前がペースで駆けていて、スンナリの番手は一番苦手。
後ろからも飛んでくるし、その加減が難しくて。
2 尾崎 勝弘
増成君も押さえに行ったけど、新人に突っ張られては…。
3 林 直輝
勝負どころの反応が悪く、一番後ろになってしまった。
最低でも4番手にいないと。
4 増成 富夫
自分が若い頃にやってきた事を、今度は自分がやられる番になっていると言う事。
若い奴は、走っていて楽しいだろうな。
井上嵩辺りに、準決は新人イジメをやってもらおう(笑)。
5 宮下 潤
丸山君も仕事をしていたし、3番手から抜いてしまい、ゴメンナサイと言う感じです。
6 丸山 辰男
これから同期増成君と、食堂で反省会だね(苦笑)。
ビールで晩酌をやりながら。
7 栗本 尚宗
本当は突っ張りでなく、引いて巻き返す作戦。
ただ、増成さんが、ふわっと押さえに来たので。
逃げると強い先行の職人だし、今日はこの走りがベストでしたね。
ラインの3人で決まったのも良かった。
   7R A級チ予選



1 上村 常文
今日は1番車だし、初手で中団を取ってくれと言われていた。
踏み合いになると3番手だし、きついですよね。
2 栗田 雅也
ミッドの3周は短く感じる。
あと1周欲しいですね。
反応良く山口君の後ろに入ったけど、抜く脚はなかった。
3 西田 潤
今日は前田君の頑張りですね。
一旦、前に出てくれたから、最終的に山口君の3番手を確保出来た。
4 山口 敦也
う~ん、どうなんでしょうね。
勝てば良いと言うもんではないし、ラインで決められなかったのが。
準決は、それを意識して走りたい。
5 澤亀 浩司
山口君の番手を守れず残念。
人気になっていたし、すみません。
6 前田 吉昭
見せ場は作れたけど、結果が出なかったので。
明日の一般戦は先行1車なので、勝てる様に頑張りたい。
7 砂川 秀樹
栗田君が山口君の番手に入ったけど、ちょっときついレースになった。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日インタビュー
 
  1R A級チ予選

1 植木 貴志
地元だし脚は作ってきたつもり。
昔なら、地元だと馬を付けてもらうと簡単に勝てましたが、今はどうかな。
3番手は回った事のある浦山さんの番手へ。
2 村上 輝久
スピードある及川君の番手へ。
実績のある選手だし信頼して。
3 木幡 幸仁
かなり濃いメンバーですね。
及川君や浦山さんがいて。
僕は初連係だが伊藤君を信頼。
4 伊藤 貴史
1着は取れているけど、勝ち上がりに失敗している。
それがネックですね。
ここは先行で勝負したい。
5 浦山 一栄
先行を基本の組み立て。
スイッチが入り突っ張るかもしれないし、簡単に引いての巻き返しかもしれない。
相手がいる事だし、思い通りには走れない。
6 大河原 和彦
膝の具合が良くなり、前回の最終戦はギヤを上げてみた。
だけど、重すぎて踏み出しで離れた。
その後のリカバリーは上手く行ったけど。
浦山君は先行選手の鏡だし、喜んで関東の3番手。
7 及川 裕奨
交通事故の影響で長いブランクがあった。
それでS級からチャレンジまで落ちたけど、来期は2班に復帰。
今は人の後ろと、自分でやるのが半々ぐらい。
人の後ろだと、自分に甘さも出てしまう。
こう言う番組の方が、気持ちが入って良いかも。
自力勝負。
  2R A級チ予選

1 陶器 一馬
昨年の暮れは良かったけど、今年に入り全く良くない。
選手会の役員をやっているけど、忙しいのは今に始まった事ではない。
初連係の伊藤君へ。
菅藤君は飛び付き名人のイメージがある。
まあ、前受けも、ひとつの作戦ですね。
2 菅藤 智
前回の地元ミッドは予選は捲り。
準決と決勝は目標がいた。
中団以内を基本に流れで自在に攻める。
3 佐藤 拓哉
子供が大学に進学。
お金がかかりすぎて、千円と一万円札の、感覚がおかしくなってしまった(笑)。
まだまだ、働かないと仕送りや学費も払えない。
田村君に頑張ってもらう。
4 武笠 貴太
菅藤さんは、シビアな選手。
立ち遅れる心配はない。
僕も久々に優出して、状態は上向いていると思う。
5 伊藤 歩登
師匠は徳丸さん。
年令のわりには若いし、50後半の選手には思えない(笑)。
宇都宮は初めてだけど、優勝は4回ある。
少しずつ、歩みを進めて行けたら良いですね。
積極的な自力勝負。
6 大矢 勝也
もっと頑張らないと、選手生命も危ない。
近畿で結束して3番手です。
7 田村 純一
若い子と、真っ向勝負をやっても勝てない。
もっと頭を使わないと。
自分が思っている事と、違う事をやられるのも苦手。
宇都宮ミッドは、松井君、宮本君など、新人の強い子を集めたシリーズ以来。
あの時の、若手は凄かったですね。
みんなS級で活躍していますから。
自力勝負。
  3R A級チ予選

1 小峰 一貴
地元の神山君には申し訳ないけど、捲りの3番手では離れてしまう。
なので、位置を決めずに走る。
2 坂野 耕治
ラインの岡崎君の番手へ。
徹底先行の後ろだし楽しみ。
3 神山 尚
最近は人の後ろも多い。
本当は甘えては、いけないのですが。
地元の予選ぐらいは、スケールの大きい走りをやりたい。
先行も含めた自力勝負。
練習の感じは良かったですね。
4 岡崎 克政
前回の静岡は3日間主導権を取った。
予選は別として、掛かり切らなかった。
5百バンクだけど逃げます。
5 栗田 弘一
本当は番手より3番手の方が得意ですが。
点数も今期は70点を確保。
地元の神山君を信頼する。
6 木村 圭吾
こんな成績だし大きな事は言えない。
単騎で位置を決めずに。
7 重富 公輔
前回の静岡が岡崎君と一緒の配分。
逃げまくっている姿を目にしました。
中四国ラインの後ろへ。
  4R A級チ予選

1 佐々木 堅次
前回の宇都宮ミッドは完全優勝。
もちろん、今回も狙っています。
三沢さんには迷惑をかけているので、ラインで決まる自力勝負。
2 小堀 剛
本線の3番手を回れますね。
3着権利だし、これは大きい。
北日本ラインの後ろへ。
あとちょっとで、70点を確保出来るし、頑張りたい。
3 工 正信
岡君が番手を回りたいなら、まずは西ラインの3番手から。
4 秋永 共之
流れを見て自力自在に。
佐々木君との2分戦だし、考えながら走りたい。
5 三澤 勝成
佐々木君の番手は2度目。
前回は伊東の予選で3着失格(笑)。
前橋ミッドが終わり、あまり練習出来なかったので、不安しかない。
6 長澤 道雄
まだ1期目ですが、大きな数字しか取っていない。
位置を決めずに走る。
7 岡 俊行
工さんは実績がある。
お願いして、秋永君の番手を回らせてもらう。
  5R A級チ予選

1 井上 嵩
チャレンジはシンプルな力勝負だから、走っていて楽しい。
今はパーキンスに練習メニューを組んでもらっている。
ウエイトやワットバイクが中心になっている。
パーキンスもロシア国籍でオリンピックを目指しているし、僕も頑張らないと。
自力で。
2 俵 裕一郎
井上嵩君が強すぎる。
中屋君には悪いけど、ここは愛知コンビの後ろへ。
3 井上 典善
桜井君の番手へ。
この3場所は予選も、準決も成績が良いし、脚の感じは悪くない。
4 櫻井 利之
中屋君は単騎ですか。
普通に3分戦の方がやりやすかった。
準決で1着が2回あるけど、何れも自分でやったレース。
自力自在に何でも。
5 松井 英幸
井上嵩君に押さえ先行を希望する? いや、あいつは俺の言う事は聞かないよ(笑)。
ダッシュは抜群だし離れない様に。
世界選手権でメダルを取ったが、あのスプリント力が懐かしいよ(笑顔)。
6 中屋 庸
俵さんは、愛知の後ろみたいですね。
ならば、単騎で気楽に走ります。
7 渋谷 征広
井上嵩君が豊橋で、後ろを千切ったレースを見たばかり。
今なら、S級でも通用するのでは。
南関の3番手から。
  6R A級チ予選

1 丸山 勝也
南関ラインで栗本君の番手へ。
前回の予選は久々に1着を取る事が出来た。
2 尾崎 勝弘
増成君の番手へ。
昔から何度も世話になっている。
新人相手でも強い走りを演じるのでは。
3 林 直輝
前期は最後の最後で選手生命が助かった。
もう、あんな思いはやりたくないですよ(笑)。
年が明けたら、帯状疱疹が出て、2カ月欠場。
単騎だが、脚は悪くない。
一発、狙っていく。
4 増成 富夫
来期は2班に復帰。
先行は趣味みたいなもんですよ(笑)。
栗本君も2世選手だけど、昔戦った選手の息子と走るのは、自分が頑張っている証拠。
自力勝負。
5 宮下 潤
3番手だけど、悪い位置ではないですね。
南関で結束する。
6 丸山 辰男
西のラインで連係するのが自然でしょう。
同期増成君の3番手です。
7 栗本 尚宗
まだ優勝は1度もない。
前回の西武園は狙ったけど、準優勝だった。
まだ、早いと言う事かも。
自力勝負。
  7R A級チ予選

1 上村 常文
山口君とラインを組むのは初めて。
点数通りに九州ラインの3番手です。
2 栗田 雅也
静岡の補充を走ったので中3日。
前橋は決勝に進めなかったのが少しショックです。
いつも通り、自分のレースをやるだけ。
3 西田 潤
前田君から頑張ると言う言葉を聞いた。
中部同士だし、信頼して任せます。
4 山口 敦也
宇都宮は2度目です。
優勝候補の筆頭は井上嵩さんかもしれないが、一応、僕が点数最上位。
その責任感を持って。
ラインで決めたいし、積極的に走る。
5 澤亀 浩司
九州で山口君の番手へ。
今期は1度も1着がない。
どうしたら勝てるのか教えて下さい(笑)。
6 前田 吉昭
山口君も栗田さんも強いけど、負けない様に自力勝負です。
7 砂川 秀樹
栗田君の番手へ。
正式に来期は2班復帰でホッとした。
何人上がれるか、ふたを開けないと分からないですから。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
コンビニのコピー機で宇都宮競輪の出走表が無料プリントできる!
ミッドナイト競輪限定!
コンビニのコピー機で宇都宮競輪の出走表が無料プリントできます!!




全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
宇都宮競輪の出走表が無料でプリントできます!!

開催初日分は前検日18:00頃から、初日以降分は当日の12:00頃から
プリント可能になります。

ぜひ、ご利用下さい!!


操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin24


ページトップへ 
   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。




 
ページトップへ
   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!


あんな脚の細い競輪選手など居ない——。
 
Yのメールでショーケンの訃報を知った俺だが、信じてもらえないかもしれないがその約三十分前まで、映画『青春の蹉跌』のメイン・テーマと冒頭のローラー・スケートの場面に流れる旋律を交互にギターでつま弾いていた。
ショーケンこと萩原健一は俺の指針だったと記せばおこがましいが、ショーケンの一挙一動に憧れ真似をすることに、多大なエネルギーを費やした青春の日々があった。
テレビ・ドラマ『太陽にほえろ!』のショーケンも『傷だらけの天使』のショーケンも煙草はハイライトだったから、俺もハイライトを吸った。『前略おふくろ様』の片島三郎はショートホープにマッチで火を点けていたので俺も倣った。『太陽にほえろ!』のヤマサン役・露口茂が愛飲するチェリーを吸いだした変な奴が居たが名前を想い出せない。松田優作がミスター・スリムをチェーン・スモークしていたのはどのドラマだったっけ——。
ショーケンが着ていたトレンチコート、カーディガン、マフラーに似た洋服を街中で探した。ショーケンのマフラーの巻き方は彼女が教えてくれた。新宿東口から地下道を潜り西口に出たすぐのところにある店で丸型のサングラスを試着していたら、それショーケンがしていたやつとおなじと店員に云われ、嬉しくなって買った。千円ちょっとのまァバッタものに近い代物だったが。
ショーケンが「メンズ・ビギ」を着始めたのを知って、丸井のクレジットを組んで無理してビギの服を買った。
『祭りばやしが聞こえる』のショーケンの役柄は競輪選手だった。見た俺の先輩は、あんな脚の細い競輪選手など居ないと揶揄した。共演の山崎努が演じた先輩選手はおそらくマーク屋だったと今になって想うのだが、はたしてどうだったか。
あのショーケンを見、憧れ、競輪選手になったという競輪選手を俺は知らない。


ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925




ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2019年4月5日(金)・6日(土)・7日(日)

■開催場所
宇都宮競輪場

取り扱いネット新聞

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ