eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
とん豚テジ

瀬戸の王子杯争奪戦(GⅢ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
山内卓也
川村晃司
池田勇人
 
猪俣康一
小野俊之
 

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
ニコ生e-SHINBUNチャンネル放送予定!!(2019年2月28日~3月3日 10:00~17:30)
2月28日~3月3日 10:00~17:30
  玉野「瀬戸の王子杯争奪戦」

 
 連日 10:00~17:30 4時間の生放送!!
  http://ch.nicovideo.jp/eshinbun

 
放送概要

e-SHINBUNがお届けする競輪予想バラエティ番組!
玉野競輪e-SHINBUNチャンネル。
都内某所の特設スタジオから今夜もわいわいお騒がせ生放送です!
皆さん一緒に楽しみましょう~♪


放送統括        
町田洋一
 
出演者
※出演者は日によって変更になる場合がございますのでご了承ください
町田洋一 長谷川満 二宮歩美 木三原さくら
あいしす 加藤慎平 橋本悠督 彩川ひなの

【協力】チャリロト https://www.chariloto.com/
【開催施行者】玉野競輪 http://www.cco.ne.jp/keirin/
 
ページトップへ
 

   
セブン-イレブンで競輪新聞・無料出走表が取り出せるようになりました!
 
   eプリントサービスの対象店舗にセブン-イレブンが加わりました!



競輪専門紙、競輪出走表をコンビニのマルチコピー機で取り出せるサービス、「eプリントサービス」

これまで、全国のファミリーマート・ローソンでご利用可能なサービスでしたが、2019年3月1日より
新たに全国セブン-イレブンでも提供を開始しました。

今回の店舗拡充により、利用可能な店舗が全国で約53,000店舗にまで拡大します。

 

・・・約21,000店舗
・・・約17,500店舗
・・・約13,500店舗
 

より身近にますます便利になったeプリントサービスを是非この機会にご利用ください!

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
S級決勝インタビュー


1太田 竜馬
ニュートラルに入れるときに若干違和感があったくらいで、初日の落車はほぼ大丈夫。
スピードの出もいつもと同じだった。
同県3人で記念決勝なんて滅多にないから、徳島から優勝者を!って気持ちで頑張ります。
勝つのは僕でもいいし、阿竹さんでもいいし、もちろん北村さんでも。
自力で力を出し切るだけ。
2松浦 悠士
初日が終わった時点で決勝はみんなでまとまろうって話していたけど、さすがに中四国6人でまとまるのは無理がある。
徳島の3人とはライン関係だし、粘りとか自在っぽさを出すのはゼロ。
力勝負一択になりますね。
太田君の逃げイチで難しいけど、競輪は脚だけじゃ勝てないよってところを見せられれば…。
3芦沢 辰弘
理想のスタイルは村上博幸さん。
自力と追い込みハイブリッドじゃなきゃ今の競輪は勝てないし、松阪記念の村上さん(脚を溜めて外強襲)をイメージして走るつもり。
やれることをやってみます。
4志村 太賀
俺が前で動いてもお呼びじゃない。
芦沢君と一緒のときはいつも後ろを回っているし、ここも全面的に信頼しています。
5柏野 智典
西岡君が譲ってくれたし松浦君の番手。
決勝への意気込み? なるようにしかならないんじゃないですか(笑)。
松浦君の感性に全て任せますよ。
6西岡 拓朗
同県だから番手を回れるとは思っていないし、ラインが強くなるなら3番手で折り合うのも必要だと思う。
柏野さんが番手を回った方が松浦君も走りやすいだろうし、広島-岡山-広島でまとまって自分は3番手。
7阿竹 智史
落車の影響は、あるっちゃある。
前は太田君、後ろはラッキーボーイの北村君で徳島3人結束です。
責任のある番手だし集中して。
8北村 信明
恵まれ、恵まれでここまで来た。
記念の決勝は初めてだからめちゃくちゃ嬉しい。
徳島の3番手で離れないようにマーク。
9野田 源一
後方に置かれたら出番はないけど、メンバー的に後方になりそうな気がする(苦笑)。
まずは位置取りをしっかりして、出せるようなら捲りを出したい。


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
三日目勝因敗因
  1R S級一般



1 相川 永伍
長かった。
先行やめようと思ったけど、また逃げちゃった(笑)。
お帰りレースだし、本当は大事に走りたかった。
それでも5着に残れて良かった。
2 近藤 修康
思ったより、上原君のブロックが強烈だった。
篠原君が乗り越えるかと思ったけどね。
5 本郷 雄三
9番手になったけど、今日は1着しか考えていなかった。
2日間、出が悪かったけど、自分では悪いと思っていなかった。
7 上原 龍
もっと、引き付けてから止めに行けば良かった。
その辺りが未熟ですね。
相川さんと松田君に申し訳ない。
8 松田 優一
上原君も経験だと思う。
僕も番手を回る時に、焦って、失敗ばかり。
早めに踏みすぎたり、ヨコを止めるテクニックがなかったり。
9 篠原 龍馬
上田隼君のイン粘りも期待した。
そうしたら、引いてきて。
単調なレースになり、何とか捲り上げた感じですね。
後ろの地元近藤さんにも、もっとチャンスのある仕掛けをやらないと。
  2R S級一般



1 戸伏 康夫
滝本君とワンツーかと思った瞬間に、内から松永さんが来た。
2車なのに、気持ち良く滝本君が行ってくれた。
2 菅田 和宏
地元勢を出させたし、気持ちが弱かったですね。
中団3番手に入ったけど、ちょっと車間が空いてしまったので。
3 加賀山 淳
1レースならメンバー的に勝てる自信はあった。
ここは4分戦だし、やる事が限られる。
形も作れているし、動きも悪くないけど、全体的な流れが悪い。
こればかりは、番組や、レースの流れがあるので。
4 滝本 泰行
連日、後方のレースばかりだし、やっと力を発揮する事が出来た。
逃げて3着なら、大満足ですよ。
最終日は地元だし、勝てる様に頑張ります。
5 松永 晃典
内が空いて恵まれましたね。
自分でも、こんなに伸びるとはビックリ。
今年初勝利だし、この1年でも、1勝しかしていなかったので。
6 河村 章憲
1日だけの補充になってしまいました。
次は松山記念だし、4日間走りたいですね。
7 飯田 辰哉
加賀山君の仕掛けに任せていたので。
彼と一緒に踏んでいたので、内に降りられなかった。
7着では、最終日も走れるか、この後の結果待ちですね。
ちょっと、長くなりそう(苦笑)。
8 清水 剛志
何があっても、堪えようと思っていた。
それが6着で最終日も走れるけど、もっと前々に踏まないとダメですね。
9 小橋 明紀
出すか出さないかは、菅田君の判断だったので。
  3R S級一般



1 谷口 遼平
昨日、何にもやれなかったので、その悔しさがあった。
重かったけど、今日はペースに持ち込む事が出来た。
先輩とワンツーならば。
2 三槻 智清
ギリギリ、6着でしたね。
とにかく、帰らずに済んで良かった。
3 佐々木 孝司
3角の壁がきつかった。
あれを乗り越える事が出来れば良いのですが。
それが今の現状ですね。
4 越智 展孝
目標不在のレースで厳しかった。
切り替え、切り替えと思っていたけど9着でした。
5 明田 春喜
外を踏む脚がないですね。
最後は内を狙うレースだったけど、5着だった。
6 飯塚 隼人
あのまま中団で仕掛けないと、意味がなくなる。
追走だけなら、6着以内に入っていたけど、それは後ろに先輩もいるし、出来ないですよ。
7 渡邉 泰夫
9着、9着だったけど、やはり競輪は展開ですね。
前の頑張りで3着に入る事が出来た。
舘君がブロックして、自分も一緒に上がってしまった。
誰か内に入ってくれば、それから対処しようと思った。
8 遠澤 健二
7着だし、仕方ないね。
この間の大宮記念も3走しか出来なかった。
9 舘 泰守
いつもは谷口君が、もっと楽に回している。
後ろで見ていて、かなりきつそうだった。
前のレースで上田隼君が7着でお帰りになり、顔が青ざめていた(笑)僕は勝つ事が出来て、ホッとした。
これで、晩飯も食べていけるから。
  4R S級選抜



1 吉川 誠
後ろが離れるのも競輪だから…。
カマシに行き、力は出し切る事が出来た。
2 柳谷 崇
川村さんの後輪だけを見て走った。
人気が集中していたし、プレッシャーはあった。
やったと言うより、やり過ぎたでしょう(笑)。
3 溪 飛雄馬
野村君が、もう1回踏む脚があると面白かったね。
最後は、佐竹君が内から来て、その分、伸びを欠いた。
4 深澤 伸介
沼田君が離れたし、あの展開なら、6着で上手くリカバリーが出来た。
5 佐竹 和也
まずは野村君が前々に踏んでくれたので。
2センターぐらいから、内か外か考えながら走った。
外を踏む脚はないので、自然に内を突いた。
6 沼田 淳一郎
初めてのS級だけど、脚がないですね。
よしぽん(吉川誠)のダッシュに千切れて申し訳ない。
7 川村 晃司
とにかく、地元の柳谷君を連れ込めて良かった。
人気だったけど、自分の走りに徹しようと。
カマシか捲りかは流れ次第で、中団基本の組み立てだった。
8 野村 典嗣
昨日は捲って1着。
後ろが梶応さんだと相性が良いんですよ。
今日は見せ場を作って5着。
2の脚、3の脚があれば、もっと成績がアップするのですが。
9 古城 英之
残念ながら、あの川村君の快速捲りには付いて行けない。
前の2人がワンツーだし残念です。
  5R S級選抜



1 伊早坂 駿一
今日みたいに、スンナリ駆ける事が出来ると、力を出し切れる。
馬力だけは、誰にも負けませんから。
組み立てが下手なので、ちょっとした変な動きがあると対応出来ないですね。
2 森安 崇之
離れた真崎君の動きが、邪魔になりましたね。
怪我の影響は特にないと思いますが。
3 金ヶ江 勇気
勝負どころで小沼さんと接触した。
それもあるけど、全体的に自分のミスですね。
伊早坂さんが駆けて、番手に才迫さんがスッポリでは厳しい。
4 峰重 祐之介
初めてのS級だけど、ダメですね。
自分の位置を守れず、後ろの森安さんに迷惑を掛けた。
5 小沼 良
奈良記念に比べて、成績は良くないけど、あれは、ちょっと出来過ぎでしたね。
6 高木 和仁
金ヶ江君が不発。
その後は、前の山口君のコース取りを見ながらのレースだった。
7 真崎 新太郎
僕が本命の新聞があったけど、有り得ないでしょう(笑)。
伊早坂君が無印の新聞もあったけど、伊早坂君が本命、僕が対抗が普通だと思う。
それで穴目が才迫君から。
何とかリカバリーして3着だけど、離れてはダメですね。
背中の痛みもないし、足の張りが少しあるぐらい。
それで千切れたし、単に脚がなかっただけ。
8 才迫 開
本気で伊早坂君を潰しに行こうと思っていた。
番手に嵌った後は一定のペースで踏んでいた。
あまり車間を詰めすぎると、後ろから捲られてしまうので。
9 山口 貴弘
展開的には金ヶ江君にチャンスがあったけど。
ダメな後のコース取りは巧かったと、加倉さんに褒めてもらえた。
あのクラスのマーカーに、言ってもらえると自信になりますね。
  6R S級選抜



1 取鳥 雄吾
今日が、この3日間で一番良く、一番調子に良い時と同じぐらいの感覚があった。
ホームとバックが流れ、2角からも踏み上がった。
勝利者インタビューで面白い事? プロポーズぐらい、しておきましょうか(笑顔)。
2 志佐 明
調子が良いと言っている、取鳥君相手に見せ場を作れた。
不発だったけど、僕も悪くはないんでしょうね。
3 永井 清史
自転車の乗り心地が悪い。
ヤマコウさんに相談してみます。
4 村上 卓茂
最後、外を良く伸びたし、自分なり調子は良いですね。
価値のある3着だと思う。
5 小林 潤二
(他地区の才迫開が自転車を取りに来て、その後、仲良く談笑)。
「何で仲が良いかって? 宿舎の飲み仲間。
昔は部屋でも飲めたけど、今は食堂だけ。
それも、飲む選手自体も少なくなっている。
あいつと飲んでいると楽しいんですよ」。
6 梶應 弘樹
前の地元2人がワンツーで良かったけど、片岡君のブロックが遅れたな。
それで、わしが、その後に絡まれてしまった。
7 桑原 亮
車番的に前か後ろだと思っていた。
それが痛かったですね。
8 高橋 紀史
同期の桑原さんに任せた結果。
2人で、7、9着でしたね。
9 片岡 迪之
取鳥君の最後の踏み直しも抜群だった。
あとは、自分のブロックが下手で、割り込まれそうにもなった。
結果が出て嬉しいけど、技術不足が露呈した。
  7R S級特選



1 加藤 圭一
荻原君とダッシュが無い同士だから、丁度良いと、イー新聞に書くんでしょ(笑)。
こう言う、スローなレースだと対応出来る。
ちょっと、調子が良くなっているのも確かですが。
2 北野 武史
皿谷君も先行態勢に入ったけど、今節の荻原君は巻き返しが早いので。
3 福島 武士
実は走る直前に階段から転んだ。
足から血が出ているでしょ。
逆に、それで気が引き締まったみたい。
2センターでは苦しい態勢だったけど直線は良く伸びたと思う。
5 宿口 陽一
もっとツケマイ気味に踏みたかったけど。
あとは、皿屋さんも踏まないと言うか、仕掛けが遅いね。
昨日も、そんな感じだから嫌な予感があった。
4車みたいになっていたし、普通、後ろが北野さんなら、もっとガンガン行くと思うけど。
6 皿屋 豊
組み立てが悪いですね。
力の出し惜しみをしているから、叩かれてしまった。
7 荻原 尚人
自然と体が動いている。
今日は幸せ配達人だね。
ねぎらいの言葉でなく、誰か、金をくれ!(爆笑)。
8 大西 健士
3番手だし、内を締めるレース。
荻原君の仕掛けがバッチリだった。
前の加藤さんが1着で良かった。
9 白岩 大助
宿口君が3着までだし、僕は6着で一杯だった。
  8R S級特選



1 鷲田 佳史
あれでもダメ。
もっと車間を切らないと。
僕と高間君でワンツーだけど、栗山君が残っていないので。
2 稲村 好将
埼玉勢の判断だったから。
近畿のレースになってしまった。
最後は中を割ったけど、遠かった。
3 佐々木 則幸
せめて、門田君には中団に入って欲しかった。
あそこで土屋君に入られては…。
4 久木原 洋
もうしょうがない。
行くべきところで、一応、土屋君は行ってくれたから。
自分は、もっとレースが小さく、行かない選手だから(笑)。
今回は2回、人の後ろを回り、行かない選手の後ろの気持ちが分かった(苦笑)。
5 前反 祐一郎
さすがに9番手では、きつかったですね。
ラインで7、8、9着の結果だった。
6 土屋 壮登
ジャンで1回脚を使い、その後の仕掛けで、また脚を使った。
休んでしまい、後ろに迷惑をかけた。
ここのところ、走りっぱなしで、腰の張りもあったので。
7 栗山 俊介
最後の粘りがなかったですね。
後ろで鷲田さんがアシストしてくれたのも分かっていた。
ただ、ラインには貢献出来たので。
8 高間 悠平
最後、中を割る時に、鷲田さんにぶつかりそうになった。
あんなに早く栗山君が行ってくれたおかげ。
9 門田 凌
栗山さんに力負けですね。
その後も、土屋さんに割り込まれてしまい。
  9R S級特選



1 神山 拓弥
捌く脚は悪くない。
そう思えた。
ただ、天田さんが不発になってから、自分で仕掛けたけど、そこからは車が出なかった。
3 荒澤 貴史
神山君を追うレースになったけど、最後、三浦さん辺りに内を掬われた。
4 西村 光太
神山君に締められて、前を見たら、九州の番手が空いていた。
そこまでは良かったけど、4角から踏んだら伸びなかった。
5 西川 親幸
僕にとって、点数ではない価値基準があるし、加倉君は別格。
だから気持ち良く3番手を回ったし、道中の動きも悪くなかった。
6 瀬戸 栄作
鎖骨骨折明けだけど、レースになっている。
今日も、あとちょっとでしたね。
初のS級だけど、初勝利も近いと思います。
7 天田 裕輝
悪くはないと思うけど、車が出なかった。
微調整して、最終日も頑張りたい。
8 加倉 正義
まずは、西川さんが前を回してくれたから。
点数も8点違うのにね。
森川君しか見ていなかったし、2センターからは内をびっちり締めていれば1着だったと思う(笑)。
まあ、その辺りは…(苦笑)。
9 森川 大輔
天田さんが見えたし、被る前に仕掛けようと。
ただ、自分のタイミングではなかったですね。
 10R S級準決勝



1 高久保 雄介
竹内君に叩かれて、3番手に入ったけど、そこからの脚がなかった。
2 竹内 翼
結果は別として、力は出し切れた。
9着だけど、明日に繋げたい。
3 吉田 拓矢
まずは竹内さんがカマシに行った時に、追って行けば良かった。
その後も見過ぎたし、大失敗です。
4 工藤 文彦
番組的には、竹内君でしたが…。
事故点が一杯で、何にも出来ないので単騎で走った。
5 野田 源一
単騎で走るのは慣れているので。
前を取り、引いて内にいれば、どこか良い位置に入れると思った。
松阪記念に続いての決勝だし嬉しいですね。
6 野口 大誠
狙いは良かったけど、最後の脚がなかった。
竹内君に付ける形で正解だったけど、内、外、両方来られて。
だけど、今回走って、今後の方向性が見えてきた。
7 志村 太賀
3番手だから早めに内に入れた。
番手だったら、芦沢君と同じレースだったと思う。
8 畑段 嵐士
6着ぐらいかな。
そう川村晃司さんに教えてもらった。
出すかどうかは高久保さんの判断に任せていたので。
9 芦澤 辰弘
脚自慢みたいな競走だったから。
その中で、野田さんと、志村さんのコース取りが上手かった。
その結果でしたね。
 11R S級準決勝



松浦悠士
初手で理想的な並びになった。
昌己さんの仕掛けが思ったより早かったけど、柏野さんから「それもある」と聞いていたので。
被ってしまったけど前がフワフワ外に外していたから、行ける所まで行こうと。
しっかり反応できたし、内容はともかくライン3人で決められたのが良かったです。
初日のあとに太田君とは「あんな結果になってしまったし、決勝では連係しよう」と話しました(笑)。
次のレース次第だけど、今の気持ちとしてはまとまりたいと思っています。
井上昌己
ホームで緩んだところで中団の松浦が内に差していたのでここしかないってしかけてみたがスピードが合ってしまった。
ちょっとしか車が出なかったし自力でやると今は厳しいですね。
北村信明
被ってしまってヤバいと思ったけど、松浦君が内々へ行ってくれたので、とにかく付いていかなきゃと必死でした。
記念の決勝は初めて。
めちゃくちゃうれしいです。
坂本貴史
組み立ては良かったと思うし松浦さんの動きを見ながら叩けた。
でも脚がないので力負けです。
松本大地
亮馬に期待をしたけど3角であおりもあったから悪いと思い内へ入った。
柏野智典
初手が「こうなったら良いけど、ならないだろうな」って考えていた並びになった。
松浦もすごいけど、あそこから仕掛ける昌己はさすがですね(笑)。
連結を外さないように集中して付いていった。
中を割って抜きに行こうかなとも思ったけど、とりあえずライン3人で決まったので。
調子も日に日に良くなっていて、今日が一番良かったです。
坂本亮馬
昌己さんのスピードがよかったがきつそうだったので降りた。
でもその時はもう松浦が内から追い上げていたしコースもなかったので踏めなかった。
 12R



1近藤 隆司
謙太郎君が切ってくれて自分が先行する順番だって腹を括ったけど、太田君の勢いとスピードが違いましたね。
力の違いを見せつけられた感じで悔しい。
2太田 竜馬
ラスト半周はタレッタレ。
他のみんなが脚を使っていたから何とかなったけど、普通だったら捲られている。
とにかくキツくて余裕がなかった。
3伏見 俊昭
謙太郎君はコメント通りのレースでトリッキーだった。
離れず付いていかないとダメですよね。
反応できなかった。
4内藤 秀久
さすがに前が遠かった。
自分なりにいい感じで突っ込めたけど、あの展開から3着まで入るのは厳しい。
5阿竹 智史
ああやって踏んで、休んで、踏んでって駆け方は太田君だから出来る芸当で、普通の選手ならまず無理でしょう。
自分は付いていくことだけ考えていて、出切れなかったら仕方ないくらいの気持ちでした。
ワンツーが決まってよかった。
6猪俣 康一
太田君相手に後方では厳しいですよね。
自分なりに車の進みはよかったんですが…。
7松谷 秀幸
太田君が来たときに1回外振ったら、いきなり(鈴木謙に)内を来られてビックリした。
あれはちょっと対処できません。
8西岡 拓朗
毎日毎日ありがたいですね。
一瞬口が空いたけど何とか追い付いた。
前で頑張ってくれた太田君と阿竹さんに感謝です。
9鈴木謙太郎
作戦的にはああいう感じで、空いたところをイン捲りって思っていたけど、レースの流れや自分の入るタイミングが若干早かった。
あの外を行っちゃう太田君は本当にすごい。
若さがうらやましいなって思いました(笑)。

ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
二日目勝因敗因
  1R S級選抜



志佐 明
いいスピードでまくっていけたけど。
キツいブロックをもらってしまった。
なかなか100勝が遠いです…。
永井 清文
誰か来ても合わせられるように踏んでいたので、対応できた。
感じは少しずつ上向いているけど、ずっと流れが悪かった。
今日ワンツーを決められたし、これで良くなれば。
上原 龍
全然ダメですね。
車が出ない。
これじゃお帰りパターンになってしまう。
戸伏 康夫
自分は補充で来た身だし4着だと選抜へ上がれるかは微妙ですね。
飯田 辰哉
志佐君の踏み出しが強烈だった。
離れてしまいました。
滝本 泰行
永井さんと前回の2、3日目に戦った時に、ホームで緩めていたので、今日もそのタイミングで叩きに行くつもりだった。
ただ、簡単に合わされてしまい…。
動いての大敗だし納得はしているけど、脚力の差を感じますね…。
村上 卓茂
志佐君を止められて良かった。
最近は自転車がよく進むし、展開が向けばいい着を取れる状態です。
松田 優一
難しいですね。
前がダメだった時の対応がまだまだヘタ。
一戦、一戦、勉強です。
  2R S級選抜



佐々木 孝司
単騎だったし、難しかったです。
谷口 遼平
タイミングが悪かった…。
ジャンで行こうとも思ったんですが。
キツいところで仕掛ける形になって、3コーナーを乗り越えられなかった。
篠原 龍馬
野村君の気持ちはわかるし、今日は納得の別線でした。
3番手に入れるかなって思って踏んでいったら合わされてしまった。
浮いてキツくなりました。
野村 典嗣
初日は篠原さんにお世話になったけど、梶應さんが補充できたのでワガママ言って自分でやらせてもらいました。
梶應さんが後ろで気合入ったし競輪は気持ちですね(笑)。
今日は暖かかったし、体も動いた。
真崎 新太郎
相川君が強かったし頑張ってくれた。
そのおかげで3着に入ることができました。
梶應 弘樹
野村はオレを千切るように行ったね(笑)。
彼は能力は高いんだけど気持ちが弱いから。
今日は強かったよ(笑)。
相川 永伍
昨日も今日も動けているんですけどね。
でも結果が出ていないし、もうちょいって感じ。
最後はいっぱいになってしまった。
  3R


1片岡 迪之
結果1着というだけで内容はない。
(外併走は)僕は楽だったけど修康さんはキツかったと思う。
本当なら桑原さん仕掛ける前に行かないとダメですよね。
自転車との一体感にクエスチョンマークが付く。
3山口 貴弘
あの展開から3着なら上出来でしょう。
今回からステムを変えたらよく伸びる。
今までとは全然違うしもう少しやれそう。
5桑原  亮
検車場に戻ってきたら坂本亮馬さんや加倉正義さんが「残念。
4着だった」って言うから、それをそのまま信じてしまった。
本当に悪い人達ですよね(笑)。
作戦的にはいい位置、いい位置って考えていて、捲りは出せたら…くらいの感じだったんですが、一瞬緩んだ気がしたから、ここだ!って思って行きました。
自力を出して2着なら上出来です。
6飯塚 隼人
片岡さんが中団の外で止まるとは思わなかった。
切った上を行こうと考えていたから予定が狂った。
7近藤 修康
内行くか外行くかコース選びに時間がかかって…。
迪之君は1着まで行っているんだから流れ込めなきゃダメですよね。
8清水 剛志
もう少し入れ替わりがあると思ったのに…。
イメージ的には片岡さんが行って、その上を飯塚さんが行って、最後に僕がドーンって感じだったんですが…。
脚を余したまま終わってしまった。
9小林 潤二
真後ろからいきなり捲ってきたから対応が遅れた。
桑原君も当たられないように外の方を踏んでいたしね。
前で頑張ってくれた加賀山君に申し訳ない。
  4R 選抜


川村 晃司
なんとかって感じですね。
余裕がないし、後ろに迷惑かけてしまった。
セッティングをいじって修正してみます。
峰重 祐之介
開が強かった。
自分は援護がヘタですね。
波を作ったりしたけど、結局ムダ脚を使っているだけ。
最後に前を抜く脚は残っていなかった。
酒井 雄多
鎖骨が折れたっぽい…。
(落車棄権)。
小橋 明紀
前の2人が落車してしまい残念。
自分は乗り上げなかっただけでも。
才迫 開
最近は仕掛ける勇気がある。
出し切った方がスッキリするし、それを実践できている。
体の感じもいいし今は楽しいです。
沼田 淳一郎
前は頑張ってくれた。
バックを踏んでキツくなってしまった。
濱口 高彰
(落車棄権)
佐々木 省司
(落車棄権)
  5R 選抜



本郷 雄三
下げたら厳しいのはわかっていたけど、あれで行けるかどうかのレースをやるしかなかった。
スピードが違いましたね。
取鳥 雄吾
ホームが流れていたので、それを利用して仕掛けることができた。
しっかり踏めているしあと2日も頑張ります。
松永 晃典
緩んでいるところはあったけどね(苦笑)。
任せての結果だし仕方ない。
渓 飛雄馬
ホームで口が空いてヤバかった。
追いついて一杯。
迫れる感じはなかったけど流れ込めてよかった。
金澤 竜二
斬られて流されては…。
どうにもならなかった。
吉川 誠
切って一杯になってしまい、もう一度仕掛けられなかった。
後ろの松永さんに迷惑かけてしまった。
柳谷 崇
雄吾が強かった。
あれ以上、加速していたら千切れるところだった。
人気だったしワンツーが決まって良かったです。
  6R



1土屋 壮登
まさかまさかの展開。
野田さんが逃げて3番手の併走なんて誰も予想できませんよね。
やっちゃいました…。
2野田 源一
押さえて駆けるのが久しぶりすぎてペース配分が分からなかった。
神山君から「絶妙なペースでしたね」って言われたけど、自分的にはずっと全開で踏んでいた(笑)。
準決以降の体力が残っているか心配です。
3神山 拓弥
しゃーない。
ツッチーに全部任せていたし、外併走でも行っちゃうって信じていたから…。
ツッチーはまあまあセンスがあるし、「これからシフトチェンジして自在にやってみたら」とレースが終わってアドバイスした。
4松本 大地
僕なんか勝っちゃってすいません。
勝利者インタビューでお客さんに謝ってきました。
向かい風の中をあれだけ行ってくれたゲンちゃんに感謝です。
5北野 武史
悔しい。
空いたコースを思いっきり踏んだけど届かなかった。
今までの勝ち上がりと違って二次予選Bの2着権利は厳しいね。
6深沢 伸介
栗山君が内に包まれていたから俺達の展開かなって思ったんだけど…。
仕方ないね。
7森安 崇之
あんなにフタされるとは思わなかった。
展開的にどうにもなりませんね。
8佐竹 和也
あの展開は読めない。
全く予想していなかった。
1番の土屋君がすぐに行くと思って切り替えていたのに…。
9栗山 俊介
引いたら「ない」と思ってあの位置にこだわった。
(土屋壮に)早く行ってよって言いたくなったし、3番手の内でずっとウズウズしていた。
消化不良で不完全燃焼です。
  7R 二次予選B



伏見 俊昭
中団で光太と併走になるかと思ったけど、仕掛けてくれて貴史に展開が向きましたね。
まくりを抜けたしタイムも出ていたと思うので調子は悪くないかな。
年々、1着が少なくなっているし勝てるときに勝っておかないとね(笑)。
大屋 健司
競り勝てたのはよかったけど、隊列が短くなって捲り頃になっちゃいましたね。
いいカカリだったけど援護できなかった。
三浦 稔希
うまいタイミングで行けていればキメられたかもしれないね。
光太は頑張ってくれました。
西村 光太
今日はまくりも先行も考えていなかった。
どっちが駆けても、先行のハコで勝負すると三浦さんには言ってありました。
ただ、技術も脚もないですね。
白岩 大助
前が強かったです。
あの展開だと3着が精いっぱいですね。
坂本 貴史
突っ張りも考えていたけど、しっかり斬られたので中団で(西村と)勝負かなって。
ただ、行ってくれたので展開が向きました。
ワンテンポ遅れたのは反省点だけど、明日はもう少しキレが良くなると思う。
金ヶ江 勇気
一番強い人に展開が向いてしまった(苦笑)。
でも脚があればしのげるはずだし、まだまだということです。
小沼 良
3番に降りられて、ちょっと遅れてしまいましたね。
  8R 二次予選B



畑段 嵐士
先に切ってある程度踏んでおいて、あとは合った所で勝負かなと。
中団でもよかったけど3番手に入れてラッキーだった。
欲を言えば最後は抜きたかったし、調子はそこまで良くないかな。
記念の準決は去年の初め以来だと思うし明日また頑張りたい。
荻原 尚人
風の感じからしてホームで仕掛けるつもりだった。
最後は苦しくて苦しくていっぱい。
荒澤さんが離れたのはしょうがない、だってオレが思ったより強かったから(苦笑)。
荒澤さんは「オレが付いていければワンツーだった」と言っていたけどタレてたし、それはなかったと思う(笑)。
伊早坂 駿一
ライン3人で出切れるようにジャンで強めに踏んだし、風もあってキツかった。
荻原は合わせられそうな感じもあったけど(齊藤が)切り替えていて横にいたので力が抜けてしまった。
荒澤 貴史
オギに申し訳ない。
オレが付いていれば結果は違ったはず。
齊藤 竜也
後ろの状況が全くわかっていなかった。
荻原君に出られたし、後ろに圭一がいると思ってバックで切り替えたけど。
周りが見えていない。
判断ミスです。
自分と圭一が迷惑かけてしまい、伊早坂君に悪い事をした。
加藤 圭一
やっぱり踏み出しで口が空いてしまい…。
申し訳ない。
鷲田 佳史
加藤さんと絡んでしまい、キツかった。
荻原さんはまくり切っていたんですね。
前の状況もわかっていませんでした。
  9R



1井上 昌己
後輩が頑張ってくれました。
ジャンからフカしそうだったから、そこだけ1回落ち着かせた。
自分はスタート牽制で脚と神経を使ったわりに最後まで余裕がありましたよ。
2工藤 文彦
自分で仕掛けるとか、ヨコに動くとか、そんな余裕は一切なかった。
口が空かないように付いているのが精一杯で、あとちょっとで千切れるところだった。
ギリギリ5着で準決の権利は取れたけど、後ろの2人には悪いことしました。
3鈴木謙太郎
このメンバーで後方になったら厳しい。
1車でも前と思って追い上げて外併走。
そのままツケマイしていれば2着か3着はあると思ったし、たまにはこういうのも見せないとね。
前検日から言っているように体調面はすごくいいです。
4猪俣 康一
最初から前受けと決めていた。
後ろが追い付いてすぐにレースが動いたから、他の8人はキツかったと思う。
緩んだところを思い切って行けたし、攻めるレースをしてよかった。
5福島 武士
6着1人が準決勝だけど、僕の点数では絶望的。
この5着と6着は大きな違いですね。
悔しい。
6瀬戸 栄作
最低限の仕事は出来たと思う。
最終バックでは脚が残っていなかったし、「早く行ってください」って気持ちでした。
井上さんの1着に貢献できてひと安心です。
7芦沢 辰弘
3番手の外で休んだのは謙太郎さんのアドリブ。
自分は付いているだけでした。
3コーナーで謙太郎さんがハウスしていて、アブねーって思って見ていたら遅れてしまった。
最後は外を伸びてドッキングの3着だし、とりあえずはよかった。
  10R 二次予選A



吉田 拓矢
フタをされたけど、すぐに巻き返したほうが近藤さんは嫌がると思った。
余裕持って駆けられたし最後まで踏み切れたけど、2角から踏みっぱなしだったのが最後に響いた。
阿竹 智史
ケガ? 目標がいれば大丈夫かな(笑)。
亮馬との接触がなければ1着争いができていたと思う。
坂本 亮馬
今の状態は自力を出すのはムリだったし、勝つためには東の3番手を回るのが一番だと思った。
あの位置を許してくれた師匠のおかげ。
正直、膝は万全じゃないけど、走る以上はベストを尽くして頑張ります。
門田 凌
ある程度踏んでいれば、どこかに入れると思ったけど。
そもそも、そんな考えな時点でダメですよね。
もっとしっかり踏んでおかないといけないのに、いつもあのタイミングで叩かれて終わっている。
近藤 隆司
もう少し先行争いが長引くかと思ったけど、意外と早く決着がついてしまった。
できればアタマまで行きたかったけど、駆けていた吉田君が強かったし仕方ない。
感じ自体は初日よりも良かったです。
加倉 正義
ついつい内を見てしまって…。
9着でもいいという気持ちでしっかり亮馬に付いていれば違ったかもしれないけど、阿竹あたりに飛ばされていたかもしれない。
着拾いの意識が悪いほうに出てしまった。
志村 太賀
ああー、やべー、しくじったー(苦笑)。
もういっぱいだった。
  11R 二次予選A



竹内 翼
ジャンで行きたかったけど、合わされるかもとか考えちゃって構えてしまいました。
松谷さんが先に仕掛けてくれたから展開が向いたけど、内容的には…。
その分も準決勝は出し切るレースをしたい。
内藤 秀久
松谷君は落ち着いていたし、あれでいいんですよ。
最後、松浦が内に来ると思って仕事する準備はしていたけど、竹内君の外を踏んでいたしあれには対応できなかった。
セッティングを変えて良くなったし戦える脚にあります。
天田 裕輝
腹を括って駆けたけど…。
かからなかったです(苦笑)。
宿口 陽一
ナイス先行だったけど(笑)。
外を来られたしサポートできなかった。
松浦 悠士
(竹内が)いつもなら止まる展開だったけど、乗り越えられそうだったので付いていきました。
本人は内容を反省していたけど、前より強くなっているのは確かですね。
自分もあの展開で突き抜けられたしデキは良い。
前を任されても大丈夫な状態です。
北村 信明
バック最後方だったし脚もいっぱいでキツかった。
なんとか勝ち上がれましたね。
それにしてもあの展開で1着を取る松浦は強すぎます。
ビックリしました。
松谷 秀幸
車間が空きすぎてメチャクチャきつかった。
最後も沈んでしまったし…。
まあ内容は良かったんでヨシとします。
  12R



1太田 竜馬
自分の中では100点満点のペース。
出るときちょっと脚を使わされたけど、そのあとは上手に走れたと思う。
初日の落車は右半身を打ったのに今は左のお尻回りが痛い(苦笑)。
バランスの部分で違和感がちょっとあるくらいで、自転車に乗っちゃえば普通に大丈夫ですよ。
パワーが落ちている感じもないし、マイナス要素はありません。
2西川 親幸
前がぐんぐんカカっていって、1人取り残された感じです。
3稲村 好将
ジャン前の2コーナーは判断ミス。
久木原君が行のくか休むのか微妙な感じで見てしまった。
新車の感じがよかっただけにもったいない。
5高久保雄介
太田君が強い。
頑張って仕掛けたけどちょっとしか出なかった。
初日もそうだし今日もそうだし、セッティングがしっくりこなくて反応が鈍い。
6野口 大誠
5着権利だから大事にいった。
自分の力と言うより、新制度のおかげで勝ち上がれた感じです(笑)。
記念の準決は初めてなので嬉しい。
7柏野 智典
太田君が気をつかってくれましたね。
モガく距離が長くなったしホームくらいで大丈夫?って思ったけど、2コーナー立ち上がってからの加速で大丈夫だと確信した。
最後もタイミングを間違えなければ差せると思いましたよ。
8高間 悠平
高久保さんは苦しい中でも仕掛けてくれたし、自分に脚があれば差して5着で準決だった。
まだまだですね。
9西岡 拓朗
踏み出しでちょっと口が空いたけど、まだそんなにペースが上がってなかったから大丈夫だろうと。
落車明けなのにあんな行ってくれる太田君はすごい。
自分は何もしていないし恵まれただけ。



ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日勝因敗因
  1R S級一予選



伊早坂駿一
野口さんはもう少し早く仕掛けると思ったので下げるか行くか迷った。
良いところから仕掛けられたが伸びも悪かったしダメでした。
加倉正義
野口は4角で仕掛けてそのまま出切ってくれたのがよかった。
2角までズルズルだったらきつかっただろうね。
あまり引き付けると高木が踏みにくくなると思いけん制を入れて早めに踏んだ。
高木和仁
伊早坂君が止まった時点で前で決まると思ったので、あとはもう3番手の仕事をしていた。
加倉さんがうまく空けながら駆けてくれたのでやりやすかった。
近藤修康
伊早坂君が行ききれなかったのでしょうがないですね。
高橋紀史
余裕はあったが少し待ってから入ったので伸びなかった。
迷わずに早めに内でしたね。
金沢竜二
寒くて、重くてまったく踏めなかった。
誘導員みたいなレースになってしまった。
野口大誠
伊早坂君を出したらきついし外併走で脚を使ってでも封じたかった。
うまく駆けられたし1Rから荒らしてやりましたよ。
  2R S級一予選



高久保 雄介
スタートけん制があってきつかった。
誘導を追いかけて脚と息が整わなかったので、開き直ってタメていこうと。
あそこからアタマまで届いたし体の調子は引き続き良い。
ただ、セッティングやフォームなど改善の余地はまだありそうだし、すこし調整してみます。
宿口 陽一
苦しいー。
オジサンは疲れたよ(苦笑)。
志佐がペースに入れていたので、一瞬詰まったところで行くしかなかった。
なんとか乗り越えられたし2人で確定板に上がれたし良いレースができた。
志佐 明
もう少し踏み直せれば違ったかもしれないけど、今の力ではあれが精いっぱいでした。
本郷 雄三
宿口さんが先に仕掛けて、加藤さんがブロックにいったのが見えたので、あとはどのコースを踏もうか考えていたけど。
外から(高久保が)来ていて対応できなかった。
久木原 洋
陽一が連れて行ってくれた。
オレだったら仕掛けられていなかっただろうし、ありがたいですね。
前後が入れ替わったわけ? (空を指差し)これですよ(笑)。
僕は雨が苦手なのでね(笑)。
三槻 智清
コースもなかったし仕方ないですね。
北野 武史
今日はしょうがないね。
5着ならなんとか勝ち上がれるのかな。
あそこから1着まで届くのはすごいけど、それくらいの脚があるならもう少し早く仕掛けて欲しかったな(苦笑)。
  3R S級一予選



小沼  良
前回の記念で(初日に)やらかしていたのでホッとしました。
相川君はもうちょっとだね。
中団を取るまでに脚を使っていたし、バックからずっと苦しそうだった。
竹内  翼
ちょっと早いかなって思ったけど、あのタイミングを逃したら次はないし、腹をくくって行きました。
タレたと言ってもゴール前ほんの数メートルだし、自分がやりたかったパワフルなレースは見せられたと思う。
悪くないですよ。
野田 源一
相川君に突っ張られたのが誤算。
相川君がああいうレースをすると下げざるをえないし、難しかったですね。
6番手に入り直してからも仕掛けるタイミングが取れなかった。
吉川  誠
モガき合うと思って見ていたら一本棒になっちゃって…。
細切れ戦の8番手は一番やっちゃいけないし、後ろの遠沢さんに申し訳ない。
佐々木則幸
前のおかげと後ろのおかげ。
竹内君が本当に強かった。
ジャンからフカしていたから、こっから踏んで残るのかなって思ったけど、普通に残りましたね。
僕は何もしていないし展開だけです。
遠沢 健二
吉川君がダメなら自分もダメ。
仕方ないね。
福島 武士
2着までって考えたらあのコースしかない。
狭いと思ったけど強引に行きました。
前で頑張ってくれた2人に感謝です。
相川 永伍
中団を取るまでに脚を使っていたし、口が空いちゃうのは仕方ないかな。
バックで追いかけるのにも脚を使っていたし、最後は全く力が残っていなかった。
山口 貴弘
前が遠くてどうにもならなかった。
  4R S級一予選



金ケ江勇気
川村さんを叩くところでかなり脚を消耗した。
最後のタレがひどかったし感じ的には何とも…。
後ろの先輩たちのおかげです。
山崎賢人さんくらいの脚があれば何ともないけど自分の脚ではいっぱい。
近藤俊明
加賀山君がきつそうだったし早めに降りた。
最後はきれいに割ったというよりも松本さんの動きで自然とコースが空いた感じ。
川村晃司
金ケ江君が出すか引くか迷ったけど、距離が長いと思い引いた。
巻き返せなかったしダメですね。
松本大地
金ケ江君がスタートの位置取りで戸惑っていたから自分がバーンと出て中団を取った。
自分の見せ場だったしあれだけ見てもらえればいい(笑い)。
畑段嵐士
川村さんが巻き返してくれたが止められてしまったので外を踏んだが遠かった。
坂本亮馬
余裕があればホームから車間を空けてもっと動けたと思うが今の膝の状態ではきついので、なるべくやる事を減らして脚を使わずにいた。
今日は金ケ江君のおかげ。
加賀山淳
前受けになったのがまずきつかったし、打鐘過ぎに川村さんが金ヶ江君を出すとは思わなかった。
あそこで見てしまった分、仕掛けが遅れたし半端になった。
  5R S級一予選



工藤 文彦
先に斬って中団を取るのがセオリーですよね…。
ホームでも巻き返すチャンスがあったのに行けなかった。
気持ちが弱かったです。
志村 太賀
天田がいっぱいに見えたから2、3着までに残さなきゃと。
それに工藤さんも後ろから来ていたから、あまり早く踏めなかった。
ギリギリで抜こうと思ったけど抜き損じてしまった。
天田が思いのほか最後まで踏んでいて強かったです。
小野 大介
スピードが違って対応できなかった。
外をドカして切り替えられれば良かったけど。
古城 英之
走る前に柏野君に自転車を見てもらったんです。
そうしたらよく進んだ。
勝ち上がれて良かったです。
天田 裕輝
工藤さんのイン切りもなかったし、すんなり中団が取れた。
状態は上向いていたけど、結果が出ていなかったので、この1着は大きいですね。
大屋 健司
絶望的な展開だと思ったけどね(苦笑)。
それでも仕掛けてくれたし5着までには入れるかなって。
2センターの3車併走はキツかったけど、そこを凌げてよかったです。
酒井 雄多
抑えて駆けるつもりだったし、やりたいレースはできた。
でも力不足でラインに迷惑をかけてしまった。
真崎 新太郎
ホームで詰まった時に、安易な追走をしてしまった。
それが結果的に響きました。
  6R


1松谷 秀幸
モガき合いまでいかなくても、もうちょっと踏み合いになると思ったんですけどね。
8番がすんなり6番を出したのはビックリ。
周回中から体が重くて仕掛けることができなかった。
2上原  龍
内じゃなくて外から追い上げるべきだった。
行くコースを間違えました。
3猪俣 康一
皿屋君は社会人を経験しているだけあって落ち着いているね。
ジャンから全開で行ったら2人してダメになるし、2車出して3番手って判断はよかったと思う。
真後ろにいた松谷君に食われていないし、自分の感じは大丈夫です。
5荻原 尚人
8番は死に体だと思ったら、バックからものすごいスピードで捲ってきた。
さすがにあれは止められませんね。
6菅田 和宏
よかったのは出足だけで、カカリは全然よくなかった。
あれだけのスピード差で捲られたら俺もオギもどうすることもできない。
7小林 潤二
1車でも前って踏んでくれたし、龍君の気持ちは伝わった。
任せた結果だから納得ですよ。
8皿屋  豊
脚見せの時から軽かったし、今日は変な自信があった。
暴走して失敗っていうのを今まで何度も経験しているし、慌てず落ち着いて走ろうと考えていた。
6番5番の後ろにすんなり入れて展開が向きましたね。
9斉藤 竜也
ヨコの勝負は何とかなるから、踏み出しだけ遅れないように松谷君の後輪に意識を集中させていた。
今日の展開で松谷君が3着なら自分は4着がやっと。
  7R



永井 清史
仕掛けようとしたところで前のあおりをもろに受けて大バックを踏んでしまった。
仕掛けても出なかったです。
門田 凌
自分の行ける所からと思って目いっぱい叩きに行った。
最後の粘りがたりなかったが後ろの北村さんたちの仕事を頼りにやれることはやった。
西村 光太
3角で永井さんがカマすと思ったら、高橋さんとからんで落車しそうになっていた。
自分は内に差していてあそこでバックを踏んだらもうないので前に踏むしかなかった。
北村 信明
以前に門田君を切り替えたことがあるのに、今回行ってくれたので何が何でも仕事をしようと思っていた。
ラインで決まったのでよかった。
上田 裕和
西村は内に入ってしまったが自分の位置的には永井ちゃんを迎え入れられる体勢だったので受けた。
それでもきついレースだったしどうにもならない。
荒沢 貴史
前2人が行ききれず慌てて内へ入ったがコースがなかったし危ないレースになった。
佐竹 和也
バックで前の接触でバリンと音がしたから思わず内を空けたら西村君に入られた。
ただ最後は荒沢さんが当たって押してくれた感じになったので進んだ。
佐々木 孝司
中団までは良かったが門田君がカカっていたし詰めるところがなかった。
  8R 一次予選



1 坂本 貴史
一瞬、詰まったところがあったし、ホームでも行こうと思えばいけた。
ひとつ前のレースで陽介さんが飛んでいたのもあって、ビビッてしまい仕掛けられなかった。
ダメですよね…。
情けない。
2 片岡 迪之
一度先頭に立って、1番か8番が来るのを待ったけど。
来なかったのでジャン4で腹を括って駆けました。
3 西川 親幸
いやー、瀬戸君が強かったね。
島田竜二から瀬戸君が強くてポテンシャルが高い事は聞いていたから、彼が勝つレースをやってくれればチャンスはあるかなって。
思い通りの展開になったし落ち着いて仕掛けてくれた。
最後は余裕を持って抜きましたよ(笑)。
5 西岡 拓朗
うまく坂本君を後方に置けたし、前で決まるかなって思ったけど。
瀬戸君のスピードがすごくて…。
片岡君を残せなくて残念です。
6 中村 健志
展開は良かったけど絡まれてしまった。
これが今の脚ですね…。
8 瀬戸 栄作
展開が良すぎました。
前を取って突っ張りとかも考えていたけど、うまく中団が取れたので。
自分のタイミングで行けたし欲を言えば押し切りたかったけど、思ったより戦えたし自信になりました。
9 伏見 俊昭
貴史はジャン4角で行けたね。
あれじゃどうしょうもない。
軽かったし状態も良かっただけに残念。
  9R


1内藤 秀久
コンリュウが強すぎ。
永遠にカカっていく感じで、ゴール前もまた伸びた。
あれはどこまでいっても抜けない。
2栗山 俊介
出るときに8番に抵抗されたのがキツかった。
近藤さんの巻き返しも想像以上に早くて、自分のペースに持ち込めなかった。
3近藤 隆司
8番のところを乗り越えた時点で大丈夫だなって思った。
前回の佐世保で片折(亮太)君の睨みで体が固まってしまったし、そういうことがないように今日は気持ち早めに行ってみた。
踏んでいて余裕もありましたよ。
4峰重祐之介
この展開も想定内ではあった。
滝本君がダメだったと言うより、近藤さんが普通に強かった。
5大西 健士
俺が鷲田君の立場でも内藤君のところにはいかないし、3番手をドカしにいく。
来るだろうって分かっていたから何とか対処できた。
あの展開で3着を確保できたのは大きい。
6飯塚 隼人
地元の後ろと決めていたわけじゃないし、初手の位置はどこでもよかった。
単騎はやっぱり難しいですね。
7鷲田 佳史
どうすればよかったんだろう。
栗山君があれだけ行ってくれたのに申し訳ない。
8滝本 泰行
突っ張り気味に踏んでおいて中団確保と考えていた。
脚には余裕があったけど、被ってしまって持ち味を出せなかった。
9浜口 高彰
競輪は今日だけじゃないからね。
内に行こうと思えば行けたけど、それは絶対やっちゃダメ。
栗山君にはまたどこかで行ってもらいます。
  10R



取鳥 雄吾
(前反に)何もできずすいません。
余裕はあったけど高間さんの肩が入ってどうにもならなかった。
白岩 大助
取鳥君が遅れてきたので波をつくりながら踏んだらしゃくられた。
3角で復活できたのは外でガシャンと音がして誰もいなくなったから。
高間 悠平
いい感じで止められたと思うけど2車になっていたし、ああなったらしゃくられてしまいますよね。
土屋 壮登
渡辺さんが早めに離れてきたのと取鳥君の巻き返しが早かったので自分のタイミングが取れなかった。
清水 剛志
脚を使わずに駆けられたがカカっていなかった。
もう少しカカリがよければ高間さんももっと仕事がしやすかったと思う。
前反 祐一郎
ものすごくきつかった3着でいいやと思って踏んだが2着もあるなと思い焦って踏んだ。
まるで先行したくらい脚をつかった。
松田 優一
1センターの登りのところで白岩さんが上に上がったので対応できなかった。
柏野 智典
1着は取れたがモヤモヤしていた。
レース前の作戦を組むところから取鳥と呼吸が合わなかった。
落ち着けと思っていたところから踏んだので離れてしまった。
  11R 一次予選



1 鈴木 謙太郎
スタートは前を取らされると思っていた。
巻き返していった時に中団が空いていたので一回休んだけど、詰まってからもう一度行ったからちょっとキツかったですね。
前回は病み上がりで力が入らず気持ちでしのいだけど、今回は大丈夫そう。
二次予選Aで強い人と戦うのが楽しみです。
2 森川 大輔
鈴木さんのスピードが違っていて対応できなかった。
中団で一回休んでいたんですね。
全然わからなかった。
脚の感じは良くも悪くもないです。
3 森安 崇之
久々のレースだったし、知らず知らずのうちに脚を使っていたのかも。
4コーナーからはキツくなってしまった。
それでも一走したし明日から良くなるはずです。
4 篠原 龍馬
勝ち上がれそうな展開になったしチャンスはあった。
でもそれをモノにできませんでした。
7 稲村 好将
意外なところで行ったし少し焦りましたね。
休んだときに粘られそうだったけど、絡まれずすんなりだったので付いていけました。
8  松永 晃典
鈴木君がまくりに構えると思い、自分も構えた時に行ってしまった(苦笑)。
  12R


2松浦 悠士
太田君と同時に切るイメージで打鐘から踏んだけど、あいつが反応してくれなくて、4コーナーで後ろを見たらけっこう後ろにいた。
これで俺の先行だなってスイッチが入りました。
モガいた感じは悪くなかった。
仕事してくれた岩津さんの失格は残念ですね。
3太田 竜馬
落車の怪我は右半身の擦過傷と打撲が少し。
骨までいっていないので大丈夫です。
4吉田 拓矢
(松浦悠に)行かれたあと3番手に入った判断はよかったと思う。
ただバックで捲りにいけなかったのは反省点。
あそこをすかさず行けるようになりたいですね。
追い込み勝負になったけど体はうまく使えました。
5井上 昌己
半分くらいは太田君のラインを追っていこうと思っていたけど、初手の位置とか道中の流れで変わってしまった。
もし最初から太田君のラインにいたら落車に巻き込まれていたはずだし、そういった意味ではツキが あるのかな。
単騎のレースは難しい。
6芦沢 辰弘
何が何でも先行とか、絶対勝つぞっていうよりは、2人して良い競走をしようって走ったのがよかったみたい。
中国と四国だから何かしらあると思ったけど、大田君と松浦君は普通にガチンコだったんですね。
拓矢君の走りはあれでいいし、レースの中でこれからセンスを身につけてもらいたい。

ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日インタビュー
  1R

伊早坂 駿一
継続している練習の成果が出始めている。
自分でいうのも変ですが、去年の松戸での初優勝からひと皮むけた気がします。
加倉 正義
1Rは早いな…5Rくらいだったらいいのに。
奈良記念でいい流れができたしこれがきっかけになれば。
佐々木 省司
金沢君には世話になっているししっかり番手で。
自分の状態は1着こそ取れているがそこまでいいというわけではないんです。
高木 和仁
1着がないし点数通りって感じですよ。
ここは加倉さんの後ろにいます。
近藤 修康
予備から繰り上がるとは思わなかった。
準備はしていたがまさか本当に出番があるとはね。
高橋 紀史
1Rは嫌だなとここに来る前に金沢君と話していたんです。
そうしたらまさに2人でそうなるとはビックリ。
神山 拓弥
前回、叩いてしまったが別に調子が悪いとかではなんです。
単なる展開負け。
脚の方は大丈夫です。
金沢 竜二
前回から日程が詰っていたし正直いってきつい。
それに1Rなので早起きして準備するのがきつい。
野口 大誠
根拠はないですが今はすべてが解き放たれてやる気に満ちている。
熊本勢が多いので今回は頑張りたい。
  2R

高久保 雄介
前回の西武園はS級に上がったばかりの若手が相手だったのでヤル気満々に動いた。
ああいうレースをたまにはやっておかないと。
宿口 陽一
最初は自分が番手と思っていたが、後になってたたみ部屋で寝っころがって考えたら自分が前がいいかなと思った。
志佐 明
100勝リーチから早4ヵ月、足踏み状態が続いている。
そろそろ決めたいけどこれだけ空くとさすがに焦りはなく、達成できればいいやっくらいの感じです。
本郷 雄三
状態は悪くないけど初日の成績がとにかく良くないので。
失敗を少なくして点数を上げたい。
加藤 圭一
志佐君とは2日目の連係。
一回は仕掛けてくれるし期待して付けます。
深沢 伸介
自分たちだけライン3車なんですね。
その辺を志佐君は意識して駆けてくれればいいけど。
久木 原洋
1月静岡で宿口君とは連係したがその時は自分が前でやった。
今回もそう思ったけど、結局彼に任せて自分が番手になった。
三槻 智清
前回の大垣で叩いてしまったので盛り返したい。
状態は悪くないので。
北野 武史
奈良から状態面は変わらない。
脚の感じはいいしキープできているがそれよりも花粉症がいやだね。
  3R

小沼 良
奈良でいい着が取れてやる気がまた戻ってきた。
ちょうど点数が落ちていたところだったのでいい刺激になったし立て直せたと思う。
竹内 翼
松山の前にインフルになって脚が落ちたと不安になったが思いのほか大丈夫だった。
バックを取ったときは結果がでているし地元地区なので一層がんばりたい。
野田 源一
だいぶ日にちが空いたので前半は休みをとってその後は結構やってきた。
あとはレース勘だけですね。
吉川 誠
遠沢さんの前で自力。
佐々木 則幸
今の若い選手は強いし自分は連れて行ってもらうだけ。
竹内君との連係はあるけど前回は競りだったのですんなり付いていけるかちょっと不安がある。
遠沢 健二
(本田晴美氏から白髪が増えたと指摘さて)もう年も年なんだから。
気苦労があるんですよ。
吉川君へ。
福島 武士
前回佐世保の落車は体は大丈夫だったがそれよりも2走で2点下げてしまった。
そっちの方が痛いので今回は必死です。
相川 永伍
成績は悪いけど練習での感じは戻っている。
今は事故点の都合で動きに制限があるがその中でやれることをやりたい。
山口 貴弘
前回3日間は展開が向かなかった。
最終日は切り替えて自力を出したが4着でいっぱい。
それでも動く脚はあるしそろそろ突き抜けたい。
  4R

金ヶ江 勇気
坂本さんとは会ったことはあるが話したり一緒に走るのは初めて。
緊張しているが自分のレースをします。
前回は腰痛できつかったがもう大丈夫。
近藤 俊明
加賀山君とは相性がよくて高松記念の最終日にもワンツーが決まっている。
川村 晃司
畑段との並びは最近は自分が前でやっている。
大垣もそうだったし自分で動きます。
状態は上積みはないが戦える状態。
松本 大地
調子は数字よりはいいはずだけど、結果がでていないので何とも…。
そろそろ結果が欲しい。
畑段 嵐士
川村さんには大垣でお世話になったしここも番手を回らせてもらいます。
中4日なのでそこまで追い込んではできなかったが状態は大垣と同じくらい。
沼田 淳一郎
ここ最近は補充ばかりなので、今回は最低でも3日間は楽しんで走ります。
坂本 亮馬
怪我の影響がまだあるから正直言って自力ではむり。
練習でも60キロでないしS級の脚ではないですよ。
前回の岐阜で決勝に乗れたのは林大悟君がブン回してくれたおかげ。
村上 卓茂
前回、コケているけどかすり傷ひとつなくて、拍子抜けしたくらい。
帰ってからも何ともなかったし普段通りに練習できた。
加賀山 淳
千葉バンクが使えなくなったので今は松戸でやっています。
今は久留米バンクにも世話になっているしそこまで不便ではないですよ。
  5R 一次予選

1 工藤 文彦
成績がイマイチですね。
寒い時期は苦手だし、今は我慢の時なので。
早く3月にならないかな(笑)。
地元記念だからって変わったことせず普通にやってきた。
何着でもいいので二次予選にはいきたい。
2 志村 太賀
前回の失格を取り返したい? そんな気持ちは全くない(苦笑)。
真崎さんに一言いって天田君につけます。
3 小野 大介
調子はだいぶ良くなってきた。
前回の1着はその成果だと思う。
酒井君に頑張ってもらいます。
4 古城 英之
大屋君の後ろ。
みんな強いから付いていくので精いっぱいですよ。
5 天田 裕輝
大宮記念をインフルエンザで欠場してから流れが悪い。
それでも少しずつ良くなっている感じはするし、前回よりは走れるはず。
自力でやります。
6 小橋 明紀
遠征が続いているけど、走れるだけありがたいし疲れも大丈夫。
福島の後ろで3番手。
7 大屋 健司
前回の2日目は地元パワーで宮本隼輔君を抜くことができた。
連続して予選で飛んでいるけど感じは悪くない。
工藤君のスーパーダッシュに離れないように。
8 酒井 雄多
S級は厳しいですね。
1勝はできたけど、そのほかのレースは全部大敗だし。
今回は師匠の成田さんと一緒の配分なので、良い所を見せられるように頑張ります。
9 真崎 新太郎
何年も選手をやっているけど、何が正解なのかはわからないし、試行錯誤がずっと続いています。
関東3番手で自分のやれることを。
  6R 一次予選

1 松谷 秀幸
前回の失格はやることをやった結果なので。
思うところはあるけど、気持ちを切り替えてやっていきます。
別府のあと、種子島へ合宿に行った。
一周150キロあるので良い練習になりました。
自力自在に。
2 上原 龍
人の後ろを回る番組がずっと多かったけど、最近また動く番組が増えてきた。
元々、追い込みになるつもりはなかったし常に動く準備はしていたから全く問題ないですよ。
自力自在に。
3 猪俣 康一
皿屋君が一緒なんですね。
強い姿は見ているし任せますよ。
もちろん初連係です。
4 飯田 辰哉
半年間のA級生活で鍛えられました(笑)。
神奈川の後ろは良い位置だし付いていきたいね。
5 荻原 尚人
菅田さんと一緒ですね。
僕が前でやったこともあるけど、菅田さんは先行基本のレースをやってくれるし僕が後ろの方が自然でしょう。
6 菅田 和宏
まだ慌ててしまうこともあるけど、だいぶ落ち着いてペースで駆けられるようになってきたし、逃げ残れるイメージもわくようになった。
僕が前で自力でやります。
7 小林 潤二
自力の龍に付けるのは久しぶりだね。
何でもできるし信頼して付いていきたい。
8 皿屋 豊
自分のパターンに持ち込めばS級でもそれなりにやれている。
でも、A級の時に比べて型に持ち込めないことが多いので、難しいですよね。
猪俣さんに任せてもらえたので前で頑張ります。
9 齊藤 竜也
前回の地元戦決勝は優勝を取れる展開だった。
あれをモノにできないの今の脚力だし、もっと上を目指さないとですね。
松谷君にしっかりと。
  7R 一次予選

1 永井 清文
11月の京王閣最終日にゴール後落車してから、全然良くないですね。
かからないし失速するし…。
走りながら戻していければいいけど。
自力で。
2 高橋 陽介
佐々木さんは人の後ろを回っていないし、僕も自分でやると言ったら分かれる形になってしまうので、佐々木さんに任せます。
以前この並びで連係したこともあるので。
3 門田 凌
前回の地元戦は、原因はわからないけど全然踏めなくて散々でした。
2週間空いたのでかなり練習はやった。
これで前回みたい感じだったら困りますよ(笑)。
4 西村 光太
追加が来ないかなって祈っていたら連絡が来ました。
しかも目標がいるなんてありがたい(笑)。
前回も連係して良い着を取らせてもらった永井さんへ。
5 北村 信明
この成績はたまたまですよ(笑)。
門田君とは何度も連係している。
自分のやれることをしっかりと。
6 上田 裕和
年末の落車の影響がようやく抜けてきた。
西村君の後ろでチャンスを待ちます。
7 荒澤 貴史
前回は久々に決勝に乗れて流れが変わったかな。
ちょっと違うセッティングを閃いたので、初日に試してみるつもり。
並ぶならもちろん青森勢の後ろ。
8 佐竹 和也
展開が向いてないのもあるけど、それより脚の問題ですね。
強い北村君の後ろで。
9 佐々木 孝司
最近は人の後ろを回っていない。
高橋君も任せてくれるというので前で自力でやります。
  8R 一次予選

1 坂本 貴史
冬期移動先の競輪学校で良い練習ができている。
一週間バッチリやれたし走るのが楽しみ。
自力で。
2 片岡 迪之
成績はまとめられているけど、感覚的には今年に入ってから良くないですね。
それでも最近少しずつ上向いている感じはある。
勝ち上がれるように自力でやります。
3 西川 親幸
ケガは全然大丈夫。
(野田)ゲンちゃんか、亮馬と一緒かと思ったけど違うんですね。
瀬戸に任せる。
4 明田 春喜
前回落車失格をしてしまった。
挽回しないとだしここから気合入れていく。
ケガは全然大丈夫ですよ。
北の3番手。
5 西岡 拓朗
成績にムラがあるけど展開や相手があることなので仕方ないですよね。
感じはずっと悪くない。
迪之とはA級の時に何度も良い着を取らせてもらっているし、自分にとって最高の相性の選手の1人ですよ 6 中村 健志
8,9番手にいることが多くて、なかなか着と点数が上がらない(苦笑)。
でも、去年もそんな感じだった時に玉野記念を走って、そこで1着取ってから流れが変わったんです。
今年もそうなることを祈ってます。
西川さんの後ろ。
7 渓 飛雄馬
着に絡めるようになったし上向いていると思う。
前の2人がしっかりしているし、中国勢に離れないように頑張る。
8 瀬戸 栄作
昨年末に鎖骨を骨折し、今回がS級デビュー戦。
1月後半から練習を始めて、少しずつ感じは良くなってきたけど…。
まずは一走してみてですね。
自力で頑張ります。
9 伏見 俊昭
貴史とは松阪記念の初日に連係した。
その時はうまく援護できず結果が出なかったので、今回こそ決めたいですね。
  9R

1内藤 秀久
奈良記念の成績は参考外。
サイコロの目が悪かっただけで、自分はそこまで気にしていない。
今回はその時よりも余裕があるし、変な自信もある。
やれると思うので見ていてください。
ラインの近藤君をしっかりガード。
2栗山 俊介
直前の地元記念は初日の失敗が全て。
2日目からは気持ちを切り替えられたし、最終日の特選競走まで進めたのは自分の中で評価できる。
終わってから1週間は普通に練習していたし、いつも通りの自力で結果を出したい。
3近藤 隆司
ゴールデンウィークに開催される松戸ダービーで活躍するために、最近また食事制限を再開しました。
今はお菓子、揚げ物、甘いものが目の前にあっても一切手を出さない自信がある(笑)。
これからしばらくはストイックな生活を続けていくつもり。
自力で人気に応えるレースをします。
4峰重祐之介
滝本君とはA級時代に何度か連係があって、いつもいいところまで連れていってくれる。
練習で仕上がったという噂も聞いたし、連係するのが楽しみですね。
5大西 健士
大本線の3番手! 離れず付けきることが一番で、隙あらば抜いてやろうなんて考えは全くない(笑)。
近藤君と内藤君にしっかりマーク。
6飯塚 隼人
どこかで一発と思っているんですが、現状では厳しそうですね。
地元の後ろを回るって選択肢はないし、単騎になっても自力で勝負します。
7鷲田 佳史
まあまあじゃないですか。
失敗したなって開催は2月の高松記念くらいで、それ以外はちゃんと走れている。
栗山君とはワンツーを決めたこともあるし、全面信頼のマークです。
8滝本 泰行
直前の大垣では永井清史さんを相手にバック線を取れたし、少しずつだけど自分の走りが出来るようになってきた。
自力勝負。
9浜口 高彰
9レース9番車なんてゴロが悪いね(苦笑)。
車番と同じ着にならないように頑張る。
栗山君-鷲田君の近畿勢を追走します。
  10R

1取鳥 雄吾
前回の広島よりは間違いなくいい。
今回は107期の同期がたくさんいるし、太田竜馬君や竹内翼さんもいるから、開催中に色々なことを聞いて吸収したい。
柏野さんと決まるように自力です。
2白岩 大助
土屋君がいるなら何も言うことはない。
一緒の時はいつも頑張ってくれますよ。
自分はしっかり付いていくだけ。
3高間 悠平
練習仲間の清水君。
今期に入って2回連係しているけど、松阪の初日は8着9着。
久留米の初日も8着9着で散々だった。
2人して良い着が取れるようにアシストしたい。
4渡辺 泰夫
年も若くないし、落車もちょくちょくあるし、なかなか状態が上がっていかない。
清水君-高間君に頑張ってもらって直線勝負の展開になれば…。
5土屋 壮登
玉野は1着が多いって記者さんから聞いたけど、A級とかチャレンジの数字だからアテにならない。
調子は可もなく不可もなく普通。
行けるタイミングから自力勝負です。
6清水 剛志
いろいろ試行錯誤している段階。
今の状態で大きなことは言えないし、6着より上の着が取れれば…くらいの感じです。
自力勝負。
7前反祐一郎
欲はかかない。
前の2人が強いから、3番手3着の流れ込みで十分。
取鳥君-柏野君に離れないように。
8松田 優一
自力を出せるほどの状態でもないし、埼玉2人の後ろを固めます。
9柏野 智典
地元だからとか、記念だからとか、気持ちを入れすぎてもいいことない。
あまり気負わず平常心で走りたい。
目標にする雄吾君とは去年の記念でも連係していて、準決ワンスリーで2人で優出。
決勝も頑張ってくれて僕は2着だった。
  11R

1鈴木謙太郎
インフル明けで走った平は9着2着2着でまずまずの結果。
僕にマークした島田竜二さんが十何年振りに優勝したって喜んでいた。
その時に島田さんから強くなるサプリメントをもらったので、今回の僕は更に強いですよ! って、この話は嘘、冗談。
こんなデリケートなことは口にしちゃいけないし、忘れてください、本当に嘘ですから(笑)。
体調的には今は9割5分くらい戻ったし、脚的にも決勝に乗った立川記念より全然いい。
予選のメインに恥じないように自力で勝ちます。
2森川 大輔
最近は目標のいるレースばっかり。
前回の大垣も3日間後ろを回っていた。
浅井康太さんみたいな前残しとか捌きは理想だけど、僕にはあんな技は出せない。
稔希さんもいいと言ってくれたし谷口君の番手を回る。
3森安 崇之
落車の怪我は大丈夫。
練習も普通にしてきました。
野村君が弱気な感じだったので篠原君を目標にします。
4篠原 龍馬
自分が前でやりたいと言ったわけじゃないですよ。
野村君が弱気な感じで「3番手を回っています」と言うから、自然にこういう並びになった。
成績を見てもわかるように確実に上向き。
行けるところを逃さず思い切り行きたい。
5谷口 遼平
鈴木さんとの対戦は久しぶり。
強いイメージがあるので負けないようにしたい。
自力。
6野村 典嗣
寒いのが苦手で、体が思うように動かない。
今の状態で前を走っても迷惑をかけるだけだし、四国の3番手で大人しくしています。
7稲村 好将
予選のメインで鈴木君の番手なんて最高。
離れて恥をかかないようにしないとね(苦笑)。
追走に専念します。
8松永 晃典
静岡記念を走れなかった分まで今回は頑張りたい。
1Rからメンバーを見ていって俺はどこにいるんだって思ったら、予選のメインの11Rだったんだね。
斡旋されてないのに間違って来たんじゃないかって不安になった(笑)。
鈴木君-稲村君にしっかり続きたい。 9三浦 稔希
復帰して1本走ったし、前回の佐世保よりは上積みがあると思う。
中3日でも練習はしてきた。
中部の3番手を固めます。
  12R

1村上 義弘
インフルエンザにかかって40℃以上の熱が出たので練習はあまり…。
一応、自分でやる準備はしてきたし、いつも通り一戦一戦頑張ります。
2松浦 悠士
全日本選抜の決勝はめちゃくちゃ悔いが残る。
決勝に乗った嬉しさよりも、何も出来なかった悔しさの方がデカい。
中川さんの単騎カマシなんて1ミリも頭になかった。
いつもの悪い癖で、ある程度はこう走ろうって決めてかかったのが裏目に出た。
特選の並びに関しては中四国4人結束か、2・2で分かれるかで迷ったけど、メンバーを見て最初に思ったのが2・2の別線だったので、岩津さんや阿竹さんの了承を得て自分でやることにした。
自力の太田君と対戦できるのは楽しみですね。
3太田 竜馬
チャンレジの時にここでバンクレコードを出したけど、結果だけ見ればいつもと変わらない1着だし、あれはオマケみたいなもの。
それよりもこの記念の勝ち上がりシステムはどうにかならないんですかね。
二次予選Aは5着権利といっても準決みたいなメンバーだし、2日目・3日目って2回続けて準決を走るみたいで、どうも馴染めない。
とりあえず僕の脚は大丈夫そうだし、今回もイケそうな感じはある。
どういう並びになっても自力です。
4吉田 拓矢
同世代の太田君のことは当然意識しますよ。
去年の松戸記念の決勝で先着していて、平のG1でも確か勝っている。
今年が勝負の年だと思っているし、出し惜しみしないで思い切り行く。
5井上 昌己
目標がいれば上のクラスでもそこそこ走れるけど、自分で動く時はまるでダメ。
体がフワフワしちゃって自転車に力が伝わらない。
若い頃のような爆発力もなくなってきた。
単騎で難しいけど、どこかで自力を出したい。
6芦沢 辰弘
三谷竜生さんが急きょ欠場して、予選スタートから特選スタートに繰り上がった。
前回の佐世保は武田豊樹さんのアドバイスで6年前のフレームを持っていったらズバリ当たり。
めちゃくちゃタテが出るってわけではないけど、乗ってるリズムが抜群にいい。
今回もこのフレームで4日間行く予定。
吉田君の番手で自分の仕事に専念します。
7岩津 裕介
地元記念は過去3回優勝。
これは引退した本田晴美さんと同じ回数みたい。
直前は強烈なインフルにかかって40℃の高熱が2日続いたけど、完治してから出来る限りのことはやってきた。
地元の記念だし気持ちは誰よりも入っている。
追い込み選手の僕がああだこうだ言っても仕方ないし、並びに関しては動ける3人に決めさせた。
別でやりたいって言うので松浦君にマークします。
8成田 和也
村上さんが空くならマークさせてもらいます。
10年以上ずっと上のクラスで敵として戦っていたし、40歳を過ぎてこうやってラインを組むのは変な感じ。
新田祐大とかにマークするのとは違う緊張感があるし、楽しみとかそういう軽い言葉は口にできない。
どういう競走になってもお任せです。
9阿竹 智史
鎖骨骨折で4ヶ月休んでいた。
復帰してからの2場所はそこそこまとまっているけど、自分の中ではもう少しやれると思った。
間合いの取り方とか車間の詰め方とか、細かい部分で若干のズレを感じる。
目標にする太田君とは今まで何度か走っているけど、こんなに強くなってからはない。
同県の後輩だし頑張ってもらいます。

ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
玉野競輪開設68周年記念 瀬戸の王子杯争奪戦オリジナルクオカードプレゼントキャンペーン!
玉野競輪開設68周年記念 瀬戸の王子杯争奪戦(GⅢ)の開催を記念いたしまして、
e-SHINBUNプレミアム会員の皆様に素敵なプレゼントのお知らせです。

第72回日本選手権競輪オリジナルクオカードを抽選で10名様にプレゼントいたします。

※こちらはe-SHINBUNプレミアム会員様限定キャンペーンとなります。
応募期間は瀬戸の王子杯争奪戦初日の2019/2/28(木)から最終日翌日の2019/3/4(月)までです。

瀬戸の王子杯争奪戦オリジナルクオカード 10名様
 
 



この機会に是非e-SHINBUN会員登録を!
 
   
コンビニのコピー機で玉野競輪の出走表が無料プリントできる!
コンビニで玉野競輪の出走表が無料でプリントできます!!


全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
玉野競輪の出走表が無料でプリントできます!!

開催初日分は前検日17:30頃から、初日以降分は当日2:00頃から
プリント可能になります。

ぜひ、ご利用下さい!!

操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin61





ページトップへ 
   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら




こんにちは、ヤマコウです。

今回の玉野競輪開設68周年記念GⅢ瀬戸の王子杯争奪戦は、
私も現地玉野競輪場で盛り上げています。
今回は、市田佳寿浩(引退・福井・76期)と一緒です。
奈良記念でも一緒でしたが、とにかく真面目。
イジるといい味出ます。

今回も検車場で一生懸命取材していました。
竹内翼(広島・109期)を取材していたので、ちょっと盗み聞きしてみました。
「どうもこんにちは、先日引退した市田佳寿浩と申します」
と丁寧なあいさつから始まりました。
「まじめかっ!」
と思いながら聞いていると、竹内も驚いて
「109期の竹内と言います」
とあいさつしています。
まるで、吉本新喜劇を見ているような気になりました。

そして切り上げる時も
「どうもありがとうございました」
と竹内に深々と頭を下げました。
すると竹内も、同じくらい深々と頭を下げています。
新鮮でしたが、なにかシュールな絵面でした(笑)

そんな市田の衣装に目を向けると、テレビもイベントも何もないのにベルベット地のワインレッドのジャケットに赤いネクタイ。
対して私は、デニムにセーターとラフな格好。
出番なしでその格好なら、テレビがあったらベルサイユのばらのような服に電飾して、パラシュートでも付けないとバランス取れんよ~と思いながら、市田と話していました。

そして迎えた本番、気になる市田の格好は…。
黒い地味なスーツやないかい!
市田の人柄を見たようで微笑ましかったです。

なにか初心を思い出させてくれる市田との再会でした。



ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。
 
平成31年3月3日
玉野記念の最終日は、別府ジャパンカップの前検と重なり、夜遅くは小倉ミッドナイトと体は一つでは足りませんが、こなすしかないで頑張ってます。
別府には息子が行ってしっかりした取材をしてくれたので納得の新聞が出来上がり、ミッドナイトも玉野から帰って弟の情報を元にバッチリの解説・予想をしてるので、ローソン・ファミマそして今月からセブンイレブンのマルチコピー機から「コンドル」を取り出せる様に成ったので、ジャンジャン利用して貰えれば助かります。
玉野の最終日は合格点を貰える結果が。大ヒットは決勝戦、想定してた通り男らしい太田竜馬が先輩2人を連れて発進するとの予想がズバリはまり、阿竹智史が2度目の記念優勝。(豊橋以来)2着に執念の柏野智典が突っ込み、3着は阿竹マークの北村信明は◎▲×で3連単2万4830円。2車単は3350円。コンドルを信じた方は祝杯を挙げられたのでは。
これも取材の勝利。これからもヒットを飛ばし続けますから大いに儲かって下さい。
 
平成31年3月2日
玉野記念の3日目は14億オーバー、これで35億を越えた事で、最終日は岸和田FⅠがスタートしても17億は大丈夫なので、無事目標達成の運び。
決勝は徳島と中国の争い、有利は徳島トリオと思いますが、記念初Vを狙う執念の柏野智典は狙って損ない選手です。
夜は小倉ミッドナイトの初日で、明日は別府FⅠの前検日、超多忙が永遠に続きます。

 
ページトップへ
   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

 
Gamboo生放送出演中!
 
厳しい近畿の掟
 
昨日終幕した静岡記念決勝の近畿は「稲毛健太-古性優作-南修二-東口善朋」、県別に表せば「和歌山-大阪-大阪-和歌山」の折り合いとなった。ま、大一番のグランプリでも四人で並んでしまえる近畿だから驚きはしないが、競走得点111.03の東口善朋が104.42の南修二の後ろまで引かなければいけない——というのはなんとも厳しい~! 南の地歩と東口の地歩の「違い」に関して 誰かが熱弁をふるっている(熱弁はちと大げさかァ)。これこそ競輪か、これも競輪か、こんなのも競輪か——。
番手捲りが決まり三連単3,120円を俺は一枚も買っていないがいたって平静である。競輪選手の格について一本筋の通った論を持たない俺だが、冗談口を許してもらえば、南修二も東口善朋も車券の勝負目(二着でも三着でも)に据えることはまずない。
だけどまァ、きれいに「出た」ものだ。やっぱりちょっと悔しいか——。

ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」




 

【自力でゲット】




昨年末に行われたオッズパークのキャンペーン。


現金200万円を山分けするというもの。


ガールズグランプリの優勝者&競輪グランプリの優勝者を当てた方で山分けっていうわけ。


それに見事、当たりました。


ぱちぱち、ぱちぱち。






3853円という、正直に言って少額ですが、児玉碧衣&三谷竜生では致し方ない。


519名の同志と喜びを分かち合います。


ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925






初日のイー新聞チャンネルのゲストは、お初の加藤慎平氏。現役時代から、顔が広く、人脈も持っている。話しの面白さは定評があったし、僕、慎平さん、ハッシーの男3人の放送は、僕ら自身も楽しめた。いくら、喋り手の話しが面白くても、喋りの引き出し手が下手だと噛み合わない。その意味で、良い組み合わせだったと思う。その慎平さんが、日本一の選手食堂と言っていたのが玉野の選手食堂。ドライカレー、和風ラーメンと、本当に美味しい。


ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2019年2月28日(木)・3月1日(金)・2日(土)・3日(日)

■開催場所
玉野競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

いわき平競輪ニュース

福ちゃん

競輪毎日

北競

競輪専門誌ホープ

別府競輪ダービー

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ