eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
とん豚テジ

開設68周年記念 春日賞争覇戦(GⅢ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
 
山内卓也
 
川村晃司 池田勇人 猪俣康一 小野俊之
川村晃司
池田勇人
猪俣康一
小野俊之

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
S級決勝インタビュー

原田研太朗
後ろのオグさんは好きに走らせてくれるので、走りやすい。
記念の完全優勝はないけど、勝利者インタビューでの優勝宣言はリップサービス(笑)。
もちろん、今回は取れるデキですが。
自力で力を出し切りたい。
小倉竜二
原田君の番手へ。
太田竜馬君は抜ける感じはあるけど、ハラケンの場合は、ほとんど抜いていない。
抜いているレースより、ハコ3の方が多いかも。
あいつは、俺が誰かヨコにいると流して、飛び付かせようとするから(笑)。
佐藤慎太郎
体調不安で前検日入りしたけど、日に日に良くなっている。
準決は思った以上に、伊藤君が頑張ってくれた。
今までの流れもあるから、普通に北日本ラインの3番手。
新山響平
全日本選抜も、初日を抜けば自分の走りは出来ていた。
今回も、悪い感じはしていない。
北日本ラインの一番前で自力勝負。
山崎芳仁
新山君には初日、準決と踏み出しで千切れている。
加速の悪さは、今に始まった事ではないけど。
慎太郎さんの了解を得たので新山君の番手へ。
長島大介
練習での感じの良さを、今回は活かせている。
人の後ろでなく、自力で勝ち上がる事が出来たので。
単騎で自在に。
竹内智彦
追加で決勝進出。
しかも相性の良い大会で2年連続です。
北日本ラインの4番手を固める。
これで長島君の後ろに行ったら、北日本から干される(笑)。
村上博幸
位置を決めずに自分でやる。
初日は捲りが決まったけど、それとはメンバー構成が違う。
ちょっと考えて走らないと。
竜生がいないからと言い、近畿の灯火を消したくない。
村田雅一
近畿で村上さんへ。
凄い選手だし、後ろで勉強するだけ。
少しでもアシスト出来れば。


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
三日目勝因敗因
  1R S級一般



1 小玉 拓真
片寄さんも厳しかったですね。
1人だから入れてくれるかなと思ったけど。
それでも、浮きながら、我慢して捲る事は出来たと思う。
2 河野 要
3年ぶりぐらいのS級勝利。
みんなに初勝利ではないかと冷やかされたけどね。
やはり片寄さんが前々に踏んでくれ脚も溜まっていたから。
3 紺野 哲也
高橋君が逃げてくれたし、もっと伸びないと。
取りあえず、お帰りにならなくて良かった。
4 加藤 寛治
捲れる展開になったけど、逆に言えば、見て見てになってしまったので。
最近は自力の番組が多いけど、これぐらいの脚しかないですね。
5 片寄 雄己
やれる事はやったので。
後ろの河野君が1着で良かった。
6 河村 章憲
加藤君のスピードを借りる事が出来た。
4着なら十分ですよ。
次も彼と一緒で同じ小倉ナイターの配分。
7 高橋 築
内容的に、久々に先行した気分。
昨日は、もがき合いだったので。
S級の壁を感じているけど、頑張りたい。
  2R S級一般



1 蒔田 英彦
やはり気持ちの問題ですね。
今日は末脚を欠いたけど、主導権は取れたので。
後ろのワンツーにも貢献出来て、それは良かった。
2 大西 祐
後方になり失敗ですね。
1日で帰る補充にならなくて良かった。
明日は勝てる様な組み立てをやりたい。
3 日当 泰之
楽に中団を取って捲れなかった。
今回はダメでした。
4 山崎 将幸
日当君が不発でも、何とかコースを探したかったですね。
そこは技術不足だった。
5 川口 直人
調子は上がってきた。
だから補充も引き受けた。
ただ、マッキーを残せなかったし、そこは問題ですね。
6 高津 晃治
8番手になった時は、お帰りを考えたけど、良く突っ込めたと思う。
7 平田 徹
蒔田君が頑張ってくれたおかげ。
僕は3番手だし、内を締めていただけ。
2着は大きいですね。
8 重倉 高史
バックで日当君が不発。
その上を乗り越える脚があれば良かったですが。
5着で最終日も走れるので。
  3R S級一般



1 中井 太祐
(苦笑いしながら)ダメですね。
焦ってしまい、自分のやりたいレースが全然出来ない。
力勝負をやりたいのに、今日もとっさの判断で内に行った。
もう1回、チャンスがあるし、最終日はケレン味のない走りをやりたい。
2 鈴木 良太
中井君が地元記念で、あんな走りになってしまうとは…。
競輪は分からないですね。
3 堀内 昇
怪我の影響はないと思います。
今日は1周半は逃げようと思っていた。
だから出させるつもりはなかったし、5着でも納得のレース。
4 小島 雅章
まさか、先行選手の中井君が内から来るとは…。
そこは油断と言うか自分のミスです。
5 竹田 和幸
中井君は落ち着いて走れば強いのに、気持ちが入りすぎて、空回りしているのかな。
直線も短く、3着で一杯だった。
6 沼田 淳一郎
初めてのS級だし、走っていて楽しい。
だけど、脚が全然ないですね。
7 三上 佳孝
外外を浮かされ、赤塚君に付いて行けなかった。
鈴木さんより点数があったので、番手を主張させてもらった。
8 赤塚 悠人
これがS級初勝利。
堀内君はジャンで出させてくれるかなと思ったけど、そこは考えが甘かった。
ちょっと自信にはなりますね。
  4R S級選抜



1 田村 真広
内、外を来られて、完全に親父狩りですよ(苦笑)。
昨日は最後方、今日は良い位置を回ってきても、スンナリ回れず。
2 佐藤 亙
関東勢の後ろが空いていた。
山田君がそこの位置かと思っていましたが。
あのままスンナリ回れれば良かったけど、山本君が内から入ってきたので。
4 塚本 大樹
内に行ったのが審議だったみたいですね。
まあ、セーフで良かった。
5 吉田 昌司
やっと主導権を取る事が出来た。
後ろの動きは分からなかった。
山本さんに捲られても3着ならば。
7 伊藤 大彦
山本君が下がって来ても良い様に、迎い入れる準備はしていた。
きつかったけど、番手の仕事が出来てワンツーで良かった。
8 中村 雅仁
前の動きを見過ぎた。
チャンスのある展開でしたが。
9 山本 直
イン粘りもやって行きたいし、これからは何でも出来るスタイルで。
そう言う練習もやっているので。
今日は、伊藤さんが入れてくれたおかげ。
その責任感から、捲る事が出来たと思う。
  5R S級選抜



1 矢野 昌彦
伊原さんに踏まれて、外で我慢するレースだった。
競りは関係ないし、今日は自分に脚がなかった。
2 布居 寛幸
番手の俺が下手くそ。
もっと車間を切って、ブロックすれば良かった。
そうすれば、すぐに戻って来れて、内を掬われない。
伊原君は、最後、内を空けなければ、完璧なレースだった。
3 飯田 裕次
加倉さんは実績のある先輩。
加倉さんが、東矢君に行くと言っていたので、そこでは競れない。
なので矢野さんの番手を狙いに行ったが、情けないレース。
4 伊原 克彦
良い感じで主導権は取れた。
最後、加速していないから、無意識に内を空けてしまったと思う。
5 小沼 良
ナイスリカバリーかな。
コースを見極めて、突っ込む事が出来た。
6 坂田 章
単騎だったので、勝負どころだと思い、内に行った。
もちろん、コメントしていれば、あそこは入って行けない。
僕が1着で百万円車券。
ファンが帰ってしまわないか、心配です(笑)。
7 山下 渡
今日は着より、自分の位置を守る事を意識したので。
8 加倉 正義
まだ東矢君なら脚が残っていると思い、先にコースには入らなかった。
そうしたら、小沼君に自分が行きたいコースに入られてしまった。
あと5勝で5百勝だし、早い段階で。
9 東矢 昇太
矢野さんが、なかなか、どかないのが痛かったですね。
被ってしまい踏めなかった。
  6R S級選抜



1 鷲田 幸司
これで、やっと百勝達成(笑顔)。
リーチが掛かってから長かった。
11ヵ月ぶりで、別府の1着同着以来。
これで気分良く、最終日と次の静岡記念を走れそう。
2 松坂 英司
まずは阿部君が前々と攻めてくれたので。
あとは、空いたコースを突っ込むだけだった。
4 桑原 亮
車間を切って、バックから詰める勢いで行ったけど、車の出が悪かった。
3番手を確保したのに、もったいない。
5 上吹越 俊一
僕が桑原君に付いて行ければ、結果は違っていた。
6 山口 貴弘
ホームで詰まったし、行けたかな。
あとは、阿部君が、あのまま行ってくれれば良かったけど、中団に降りてしまったので。
そうすれば、それを追い掛ける事が出来た。
7 栗山 俊介
2車でも力を出し切ろうと。
やはり一次予選は地元のプレッシャーがあったのかな。
段々と自分らしい走りが出来る様になってきた。
鷲田さんの百勝にも貢献出来て良かった。
8 荻野 哲
とにかく脚を溜めて行こうと。
同級生の松坂君はコース取りも巧いから。
今日は朝から、神奈川がみんな頑張っているね。
9 浦川 尊明
何度か詰まった場所はあったけど、ぐっさん(山口貴)に任せていたので。
 
   7RS級特選


1 三谷 政史
(落車し棄権)。
2 濱田 浩司
徐徐に良くなっている。
連日、千切れていたので。
自分で踏み込んだし、本当は中井君を抜かないといけない。
もちろん、今日は篠原君のおかげ。
3 渡部 幸訓
(落車し棄権)。
4 内田 英介
完全に乗り上げていた。
落ちたと思ったけど、無事だった。
だけど、落車したのと同じぐらい衝撃があったので、首が痛い(笑)。
ずっと悪かったけど、針治療をしてから体が良くなった。
5 中井 俊亮
二次予選で敗退は不甲斐ない。
だけど、負け戦を勝つのも大切なので。
明日も気持ちをこめた走りをやり。
連勝で締めくくりたい。
6 篠原 龍馬
準決、今日と地元中井君との対戦。
きついけど、力勝負をやれている。
特別優秀まで進めるのも大きいですね。
7 島野 浩司
危ないレースだったし、無事で良かった。
そんなレースでした。
8 宮下 貴之
ジャンから、カーンと言う音が聞こえて危ないと思った。
これは何かあると思い、ハンドルを外に切っていた。
9 西田 大志
(落車し棄権)。
 
   8RS級特選


1 近藤 保
自分で捲るレースになったけど、やはり厳しいですね。
太刀川さんに迷惑をかけた。
2 八谷 誠賢
滅多にクールダウンはやらないけど、これから軽く。
二次予選で2着同着。
これで準決に進めなかったのはかなり悔しかった。
もちろん、引きずってはいませんが。
3 高橋 和也
川口君が良いタイミングで行ってくれた。
叩き切った時点で、誰も来ないと思った。
あとは、後ろの吉田さんのコースを作るだけだった。
4 白上 翔
藤井さんも2車できつかったと思う。
中部勢のカマシ頃でしたね。
5 吉田 健市
中部の3人で完璧な走りが出来た。
最後も、3着確保の為に、高橋君がコースを作ってくれたので。
7 三ツ石 康洋
八谷さんを、あそこで入れるのは当然。
赤板で前に出てくれたからね。
9 川口 聖二
ハンドル回りがシックリ来ない。
高橋さんは自力選手だし、抜かれるのは当然。
ラインで決まったのが何より。
 
   9RS級特選


1 月森 亮輔
作戦的にはイン粘りか、突っ張りと思っていた。
いくら競りでも、南君の先行は捲れないから。
奈良だから持ったけど、南君相手に逃げ切ったのは自信になりますね。
2 内藤 秀久
自分が競りに行く事により、南君も仕掛けづらくなったと思う。
そこは申し訳ないけど、他の選択肢はなかった。
今日は自分に対して、イライラする。
明日は結果を出して、気持ち良く帰りたい。
3 志智 俊夫
今日は内藤君と競りになったし仕方ないですね。
どう走るかは南君に任せていたので。
4 前反 祐一郎
我慢出来ず、外に持ち出したら、思った以上に伸びなかった。
そこを米沢君が入ってきた感じですね。
6 米澤 大輔
半年ぐらい新車を試したがダメだった。
前回から元の自転車に戻したら感じが良い。
今日も4番手から良い形で突っ込めた。
7 南 潤
一旦、月森さんに内を掬われた。
態勢を整えて、再度、行こうと思ったけど…。
連日、人気に応えられず、すみません。
8 吉川 誠
2角から行く余裕はなかった。
行っても不発だったと思う。
手堅く6着のレースになった…。
6着までは特選に行けるので。
もちろん、緩めば、単騎でも行くつもりでしたが
9 筒井 敦史
4番手から食われてハコ3。
月森君は気分良いみたいだけど、俺は泣きたい(苦笑)。
4角から脚がパコパコしてしまった。
最近は前の後輩に自信を付けさせてばかり。
 
   10RS級準決勝


1 小倉 竜二
原田君がジャンで行くかと思ったけど、そこは構えたね。
スピードは良かったけど、勝負どころの2センターで慎太郎君に持って来られたらきつかった。
2 佐藤 慎太郎
勝太は、私生活で何かあったのかと思うぐらいの強さだった(笑)。
支線だったし、今日は3着で十分でしょう。
作戦通りの走りをやってくれた。
3 和田 健太郎
中3日の疲れと、前回の落車は言い訳にしたくないですね。
条件は一緒だし脚がなかった。
4 岡本 総
吉田君は頑張ってくれたし、バックでもう少し脚があれば、勝ち上がれていた。
5 伊藤 勝太
後ろが慎太郎さんだし、積極的に行こうと。
今回、初連係だったので、いつになく気持ちも入っていた。
6 久島 尚樹
原田さんが凄いスピードだった。
完全に千切れた。
もし付いて行っても、今度は慎太郎さんのブロックもあったはず。
そこまでの脚はないですね。
8 吉田 茂生
ジャンでは良い形になったけど、伊藤さんの巻き返しが早かった。
9 原田 研太朗
記念の3連勝は初めて。
ピンピンはあったけど、これは初ケース。
小倉さんとは相性も良いし、走りやすいですね。
冬の重たいバンクも苦手ではない。
 
   11RS級準決勝


1 新山 響平
前の仕掛けと合ってしまい何度かバックを踏みながらだった。
最後に仕掛ける感じで、前がみんな止まっていたので。
ふざけたジャレ合いで、山崎さんにゲンコツをもらった(大笑い)。
2 桑原 大志
今野君のイメージ? 今日は共倒れだったけど、可能性を感じる子だね。
車間を詰める時の、走りも悪くない。
後は慣れと経験だけ。
3 牛山 貴広
やはり、あの外を新山君は来ますよね。
僕にもう少し脚があれば。
4 長島 大介
流れ込みのレースでなく、今日はしっかり仕掛ける事が出来た。
堀内君がジャンで行ったのも良かったし、ライン3車のメリットを活かせた。
5 田中 晴基
堀内君が頑張ってくれたけど、捲りを止められなかった。
内から桑原さんにも行かれてしまい。
6 今野 大輔
もやしみたいな走りだったと、先輩達から冷やかされた(笑)。
7 山崎 芳仁
初速はいつもの事だけど、新山君から完全に千切れた。
どこで追い着いたかは覚えていない。
再度、ドッキングしてからも、またバックを踏みきついレースだった。
8 河野 通孝
引退した師匠の十文字貴信さんは元気に第2の人生を頑張っています。
長島君が決勝に乗ってくれたし、3番手を固めた甲斐がありました。
9 堀内 俊介
ジャンで中団3番手だったけど、新山君が飛んで来ると思ったので。
もし、行かれた時は、どこかに飛び付くつもりだった。
 
   12RS級準決勝


1 村上 博幸
最初から2段駆けと言う作戦ではなかった。
僕は自力選手でないし、そんな脚はない。
周回中からドキドキしたけど、二次予選みたいな失敗は出来ないと思った。
だから、被る前には仕掛けようと思った。
小笹君は練習仲間だし、強くなった事が嬉しい。
3 竹内 智彦
坂本君が外を踏んだから、自然と内に行った。
このバンクは相性が良く、昨年も決勝に乗っている。
5 井上 昌己
博幸君が2角から番手捲りだし、無理矢理行ってもきつかったと思う。
6 小笹 隼人
デビュー時から村上さんには世話になっている。
まだまだ恩返しは出来ていないし、もっと強くならないと。
暴走だけはするなと言われていた。
7 坂本 貴史
新山君が先に決勝に乗っていたし、4着で残念です。
自分の気持ちの弱さが出てしまった。
9 村田 雅一
村上さんの後ろだしメチャクチャ緊張した。
金網ぐらいまで行ったし、山を登る感じで行かれたら、千切れていたと思う。
決勝は、こんな時にマーク選手の人が、どんな走りをやるか勉強したい。


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
二日目勝因敗因
   1RS級選抜


1 高橋 築
赤塚さんが残り3周からのレースになった。
あの展開では、やり合いになってしまいますね。
2 加倉 正義
普通なら桑まん(桑原亮)がジャンから行かない。
周回誤認したのでしょう(大笑い)。
あれだけ行ってくれれば、車間を切るのは当然。
選手を目指し始めた息子と、今はハードに練習をやっているので(笑顔)。
3 荻野 哲
5着なら順当でしょう。
赤板前から、もがき合いできつかった。
4 坂田 章
あれなら、コメントで、ハッキリ福岡勢と言えば良かった。
結果的に付いているレースになったけど、メンバーを見た時は決められなくて、すみませんでした。
5 桑原 亮
加倉さんに、頑張る気持ちがないなら、俺が前!と言われた。
自分から志願して、前を回ったので。
奈良バンクだし、ジャンから行っても持つと思った。
6 赤塚 悠人
高橋君の巻き返しが早く踏み合い。
福岡勢に一番良い展開になってしまった。
7 紺野 哲也
年寄りには良くないレースだよ(笑)。
朝イチから、あんな激しいレースになり。
8 鈴木 良太
赤塚君には世話になった事があったので北ラインを選んだ。
9 山下 渡
2角からは、高橋君が苦しそうだったので、自分で踏み込んだ。
後ろに荻野さんもいたので。
だけど、遠かったですね。
 
   2RS級選抜


1 佐藤 亙
重倉君は出るのに脚を使い、その後に緩め、また脚を使っている感じだった。
簡単に言えば、無駄足が多かったと思う。
その辺りは、僕もずっと先行選手だったのでアドバイスした
2 山田 敦也
日当君には申し訳ないけど、切り替える形になった。
重倉君が伊原さんを出させたのが誤算だったね。
3 小沼 良
弟子の阿部君が強くて、恵まれた。
人気だしワンツーが決まり良かった。
4 日当 泰之
昨日の感じだと、重倉さんは、あのまま踏んでくれた。
だけど、出させた時点で、僕にチャンスがなくなった。
次から次に、他のラインが飛んでくる感じになり。
5 伊原 克彦
ジャンからだし、持つと思いましたが。
後ろに重倉君が入ったのは分かった。
6 河村 章憲
伊原君のダッシュに離れて申し訳ないですね。
7 阿部 大樹
調子は良いと思っていないが、後ろが師匠の小沼さんだったので。
その責任感から勝つ事が出来たと思う。
8 重倉 高史
伊原さんの番手に嵌った。
だけど逆の立場から言うと、ジャン先行。
そう簡単に捲れないですね。
9 河野 要
決めずとコメントしたけど、道中は北ラインからだと思った。
6着でしたね。
 
   3RS級選抜


1 伊勢崎 彰大
(3日目から病気欠場)。
2 田村 真広
矢野君は届いたけど、僕は9番手だし、ちょっと付いて行けないですね。
3 小玉 拓真
昨日、初連係の伊藤さんに迷惑をかけている。
緩めば、行くつもりでいました。
4 竹田 和幸
前の中村君が仕掛けて2着。
もう少し、伸びが欲しかった。
5 伊藤 大彦
小玉君が行ってくれたからね。
2車でも、その気持ちが嬉しいですよ。
6 平田 徹
あそこは伊勢崎君の判断だったので。
蒔田君も余力がある様に見えましたが、僕は3番手だし、何にも言えないですよ。
7 矢野 昌彦
まさか8番手になるとは思いませんでしたよ。
恥ずかしい1着だし、前が混戦になり恵まれた。
8 中村 雅仁
脚はないけど、要所、要所の判断は良かった。
被る前に仕掛けようと思った。
  4R S級選抜


1 東矢 昇太
自分は何とか3着に入れたけど、塚本君と2人で反省会の写真をお願いします(苦笑)。
後方になり内に行ったけど、最後は彼とコースがバッティングして、落ちそうになった。
2 中井 太祐
連日、力を出し切れず、すみません。
明日こそは、勝てる様に頑張りたい。
3 山口 貴弘
たった、1周先行ですよ。
もう、敢闘門に戻ってくるだけで、ヘトヘト。
写真は、恥ずかしいから、お腹を引っ込めておかないと(笑)。
4 高津 晃治
本線の3番手だけど、こんな事もあるんですね。
小島さんが今日は良いブロックだった。
5 松坂 英司
まずは片寄君の頑張りが大きかった。
小島君が仕事をしていて、悪いと思ったけど、これも勝負だから。
6 片寄 雄己
腰痛で、練習不足だけど、走る以上は自力選手なので。
松坂さんが勝ってくれ、最低限の走りは出来た。
7 鷲田 幸司
初日は栗山君、今日は中井君と、地元選手と一緒なのに決められず、すみません。
8 小島 雅章
山口君は、ダッシュ抜群。
下からだったし、踏み出しはきつかった。
内を掬われたけど、番手の仕事は出来たので。
9 塚本 大樹
2センターから内と思ったけど東矢さんも同じコースだった。
それで再内の重たいコースになってしまった。
  5R S級選抜



1 栗山 俊介
初日、不甲斐ないレースをやってしまった。
それがあったから今日は何があっても勝とうと。
後ろが競りになったので、堀内君のカマシは警戒していた。
真田さんの落車は残念だけど、布居さんと決まり良かった。
2 飯田 裕次
上吹越さんと8、9番手になり遠かったですね。
最後は、アクシデントがあったから5着でした。
3 明田 春喜
(落車妨害し失格)。
4 堀内 昇
(落車も再乗) 5 布居 寛幸
誰かが粘ってくるのは分かっていた。
自分も落ちそうになったけど、周りのイメージがあるから。
栗山君の番手を守れて良かった。
内で山崎君、外に浦川君もいたからきつかった。
6 山崎 将幸
捲る脚なんてない。
ああなったら、飛び付くしかないけど、栗山君も踏まないから。
7 浦川 尊明
最後は、布居さんと併走。
外にも堀内君がいたから、お互い、その辺りを見極めながらの、せめぎ合いだった。
8 真田 晃
(落車し棄権)。
9 上吹越 俊一
展開は向いたし、早めに行けば決まっていた。
その勇気がなく、飯田君に迷惑をかけた。
  6R S級二予B



1 田中 晴基
本当は赤板での、柴田さんと山本君のもがき合いを期待した。
そうしたら山本君が出させたので、そこから仕掛けた。
本当は山本君の前まで行きたかったけど、浜田さんが遅れている感じだった。
そこに入ってから、バックで捲った。
2 吉田 健市
柴田君がラインの先頭で頑張ってくれた。
6着でも納得ですよ。
3 濱田 浩司
全日本選抜が終わり、練習をやり過ぎたのが良くなかったのかな。
連日、情けない走りで、ファンから帰れコールが飛んできそうだった(苦笑)。
3場所前から山崎芳仁君の自転車。
その前は晴智さんの自転車だった。
自転車のせいでなく、脚のせい。
すみませんでした。
4 米澤 大輔
最後は危ないコースでも突っ込むしかないから。
それでも7着。
スタート牽制で重注を1個もらったかな。
5 石毛 克幸
踏んだり、やめたりがありきつかった。
だけど、田中君が強くて恵まれた。
6 柴田 祐也
どこかに飛び付きのレースを考えていたけど、カマシのレースになってしまい。
7 山本 直
後ろに田中さんが入ったのは関係ないですね。
残り1周だし、自分に脚がなかった。
あんなに沈んでは。
8 宮下 貴之
僕はディーゼルエンジンなので、かかるまでに時間がかかる。
きちんと千葉勢に付いて行けなかった。
9 島野 浩司
まずは柴田君の頑張りがあったから。
3着だと勝ち上がれないけど、それもルールだから。
スタートは出たくないと柴田君は言っていた。
 
  7R S級二予B



1 國村 洋
短い直線だったけど、外を回したら、良く伸びた。
今回は怪我明けだけど、脚は問題ないですね。
2 近藤 保
吉田君がダメだったけど、もっと自分で何かやれないと。
力不足です。
3 八谷 誠賢
もっと吉田君を引き付けたままの方が良かったかな。
あとは仕掛ける距離を10メートル遅くしていれば(笑)。
2着同着だけど、初日の着で野本君に負けているから。
4 小橋 秀幸
(落車し滑入)。
5 野本 翔太
まずは八谷さんの頑張りですね。
僕は4番手だし、国村さんに付いて行っただけ。
内を掬われて、あんこになったけど、上手く対処出来た。
6 冨岡 健一
(落車し滑入)。
7 西田 大志
審議が長かったしセーフで良かった。
八谷さんは43歳でなく、本当は18歳。
そう書いておいて下さい(笑)。
8 白上 翔
外では無理だと思い、内に行ったけど、詰まってしまった。
脚がないですね。
9 吉田 昌司
八谷さんは苦手。
12月に4回対戦していて、1月も2回ぐらい対戦している。
結構、今日みたいにやられているので。
  8R S級二予B


1 西川 親幸
(落車し棄権)。
2 近藤 龍徳
(ゴール後落車、6着失格)。
3 内田 英介
大沢君の内だし、ペダルが噛みそうになり、危なかった。
3着だけど、かなり脚は良くなっていますよ。
4 前反 祐一郎
目標不在のレース。
落車もあったし、危ないレースだった。
僕も肋骨を骨折して、まだ復帰2場所目なので。
5 池田 勇人
(落車し棄権)。
6 吉川 誠
太刀川さんがいれてくれたけど、もう、その前に脚を使っていたから余力がなかった。
7 吉田 茂生
初日の分も主導権を取ろうと思っていた。
ただ、近藤君の失格は申し訳ないし残念。
彼の分も、準決は頑張りたい。
8 太刀川 一成
吉川君を入れなければ、結果は違った? あれだけ頑張っていたし、まだ1周あったので。
9 大澤 雄大
池田君の車輪が壊れたのは分かった。
だから、それを避ける様にして内に行った。
記念の勝ち上がりの1着だし、凄く嬉しいですね。
  9R S級二予A


2 高橋 和也
原田君の巻き返しも早く、今日は自分のレースが出来なかった。
3 小倉 竜二
あれが本来のハラケンの走り。
仕掛ける場所も良かったけど、途中から、かなり流した。
あれは牛山辺りに、俺に飛び付かせようとした悪い走り(大笑い)。
4 堀内 俊介
4着で良かったねと言われるのも…。
内藤さんには悪い事をしたし、あそこで踏むと藤井さんと、もがき合いになるので。
5 牛山 貴広
ラインも違うのに、あんなに藤井君が行ってくれたからね。
原田君のスピードが良く、そこは止める事が出来なかった 6 藤井 昭吾
9着だけど、主導権を取り、力は出し切れた。
後ろの2人も勝ち上がってくれたので。
7 原田 研太朗
初日は9秒5で一番時計。
こう言う、寒くて重たいバンクは得意なのかも。
全日本選抜から、何も変えていないけど、今回の方が良いですね。
後輪が飛ぶ感じで、仕掛けるタイミングは悪かったかも。
ただ、余裕はあったので、ブロックを貰わないように、外外を走った。
8 河野 通孝
昨年も決勝に乗っているし、このバンクは相性が良いですね。
準決は3着以内を目指して。
9 北野 武史
6着で結果待ちだけど、初日が予選の2着だから厳しいかも。
  10R S級二予A


1 南 潤
きつい展開になったけど、まだまだ自分に脚も足りない。
2 井上 昌己
今野君とは、僕が松山に行き、一緒に練習をやった事もあった。
ただ、僕は滅多に声を出さないけど、今日はさすがに(笑)。
仕掛けてからは凄く車は出ていたし、俺が離れるかと思ったぐらい。
3 坂本 貴史
僕が切った時に、すかさず南君が来てくれれば良かったけど。
その後、長島君の高速イン切りもあり、泳がされてしまった。
もう誰も捲ってこないと思ったら、今野君が仕掛けてきた感じ。
ツケマイ気味に、へばり付いていれば飛ばないと思った。
4 長島 大介
一旦、前に出れば、番手か3番手に入れると思った。
その辺りの走りは良かったけど、最後は反省点もある。
芦沢さんも失格してしまったので。
5 三谷 政史
(落車し棄権)。
6 今野 大輔
脚は溜まっていないし、仕掛けも無茶苦茶。
ただ、南君も、かなり脚を使っているだろうと。
捲れたのは、まぐれかな。
あと、彼は何着? 7着なら準決で対戦しないし、復讐されずに済む(笑)。
7 芦澤 大輔
(7着失格)。
8 渡部 幸訓
6着だし、この時点で前のレースの北野さんに負けていますね。
9 山崎 芳仁
坂本君の動きを見てからだと思った。
自分のせいで、彼がどかされる形になったので。
サラ脚だったし、自分も気持ちの余裕があった。
  11R S級二予A


1 佐藤 慎太郎
今回の感じでは抜ける感じがしなかった。
新山君の踏み直しも凄く、直線が短いから。
ワンツーが決まったと思った瞬間に、誰かが飛んできたんだと言う感じだった。
2 村田 雅一
小笹君が外で無理矢理行っている感じ。
僕は内から誰かに入って来られないようにしていた。
2人で勝ち上がるには、それがベストだったので。
3 桑原 大志
ホームで月森君が一旦行ったが、止まってしまった。
僕も後ろに三ツ石君がいるし、そこはシビアに行った。
駆けているのが新山君だし、どこまで行けるか分からなかったけど、思った以上に車が出た。
途中では3着狙いだったけど、突き抜けたし良い走りが出来たと思う(笑顔)。
5 川口 聖二
新山君が駆けていて、後方に置かれてしまった。
大失敗のレースだし志智さんに申し訳ない。
6 小笹 隼人
ペースで踏んでいた時に新山君が飛んできた。
2車なので出させたけど、前々の気持ちが良かったと思う。
7 新山 響平
踏みしろがないと言うか、スカスカしている感じだった。
楽にカマシは決まったけど、修正する面は色々とある。
8 三ツ石 康洋
桑原さんが捲りみたいに踏んでくれたし、僕に技量があれば5着に入れた。
9 志智 俊夫
川口君と後方に置かれたし、遠かったですね。
 
  12R S級二予A



1 中井 俊亮
村上さんと人気になっていたのに、すみません。
ずっと篠原さんとの踏み合いで、きつかった。
2 和田 健太郎
全日本選抜で落車したけど、まだまだですね。
連日、勝ち切れていないし、もっと前々にいないと。
3 伊藤 勝太
きっちり、竹内さんとワンツーで良かった。
混戦で展開が向いた。
準決は慎太郎さんと一緒で責任重大。
初連係だし、迷惑をかけない自力勝負。
5 岡本 総
僕も3番手で余裕がなかったけど、あれだけ中井君が頑張ってくれたので。
6 篠原 龍馬
地元の中井君ともがき合いになり、きつかったですね。
踏み合いで、地元ファンには申し訳ないですね。
7 竹内 智彦
伊藤君の一発に賭けていた。
それが主導権争いになり、ツボに嵌った。
こんな事もあるんですね。
8 久島 尚樹
色々と考えたけど、中井君も地元のプレッシャーがあると思った。
だから先手ラインでなく、どこか破壊力のあるラインが良いなと。
それが北ラインの後ろだった。
記念の準決進出は初めてです。
9 村上 博幸
これが5着、6着権利の怖さなのかな…。
中井君も踏み合いで、伊藤君とのスピード差が大きかった。
伊藤君の3番手にスイッチしたかったけど、番手の竹内さんも遅れ気味で。
申し訳ないが、対処出来ない展開になってしまった。
準決は練習仲間の小笹君。
これから頑張らないといけない選手だし、期待していく。

ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日勝因敗因
   1RS級一予選


1 吉田 昌司
弱いですね(苦笑)。
川口さんが来るのは分かっていたけど併せ切れなかった。
これが力の差でしょう。
3番手に入ってからも、車間を詰める事が出来なかった。
2 北野 武史
川口君が構えるかなと思ったけど、すかさず行ってくれた。
強いし、直線も短いからね。
最後の踏み直しも良かったと思う。
3 小橋 秀幸
東矢君に絡まれたし、中部勢のペースでしたね。
自分で茨城勢を選んだ結果なので。
4 東矢 昇太
佐世保記念でフェンスに激突する落車。
皆さんに心配をかけたけど、無事に復帰する事が出来た。
レース勘も悪かったし、中部に付いて行く事が出来なかった。
5 芦澤 大輔
吉田君が、もう少し踏んでおけば面白かったと思う。
前が遠かったし、あれが精一杯の3着だった。
6 真田 晃
伊原君に任せていたので。
今日は川口君が強かったですね。
7 川口 聖二
来月には地元でウイナーズカップがある。
それに向けて仕上げているし、調子も良いから追加を引き受けた。
ダッシュは問題ないけど、セッティングを変えたから、もう少し煮詰めたい。
マーカーの北野さんに、あんなに迫られてはダメでしょう(笑)。
8 伊原 克彦
このバンクは前々で決まってしまうし、後ろになったので。
9 飯田 裕次
東矢君が中部勢の仕掛けに付いて行ければ、結果は違ったと思う。
 
   2RS級一予選


1 岡本 総
ちょっと自分らしい走りが出来なかった。
中団で1車だけ掬うレースになり。
突っ張るか番手飛び付きが、僕の持ち味ですから。
2 竹内 智彦
美味しい追加になりました。
坂本君が突っ張ってくれたおかげ。
最後は余裕があったから差す事が出来た。
3 前反 祐一郎
5着なら1人落ちだし、権利はまだありますね。
あとは点数がない選手が5着に入る事を願って(笑)。
4 桑原 亮
坂本君が突っ張るのは分かっていた。
早めに押さえに行ったつもりだが。
5 坂本 貴史
誕生日だし1着が良かったですが。
竹内さんは脚があるから、抜かれたのは納得。
突っ張って長い距離を踏めたので脚は問題ない。
6 高津 晃治
切り替え、切り替えで好位を狙う走り。
ただ、バックでは後方になってしまいましたが。
7 近藤 龍徳
バックでは捲りを狙う余裕があったけど、また、岡本さんに付き直した。
内、内に岡本さんが行ったけど、ひとつも遅れる場所はなかった。
着は別として感触は良いですね。
8 中村 雅仁
桑原君が押さえに行った時に、締めて内から行かれない様にしたつもりですが。
9 田村 真広
内から追い掛けたのが審議の対象でしたね。
岡本君に掬われたのが痛く、6着だった。
 
   3RS級一予選


1 鷲田 幸司
いつもの栗山君ではなかったね。
やはり地元記念のプレッシャーがあったのかな。
普通なら初手の位置から、トントントンと言う流れがあり主導権を取れるのに。
負け戦回りになったけど、これで百勝を狙える。
やはり市田さんが来ているから緊張しますね(笑顔)。
2 田中 晴基
三ツ石さんの動きが痛かったけど、伊勢崎さんに迷惑をかけるレースだった。
3 栗山 俊介
行こうと思った時に、三ツ石さんにもらった。
地元記念で残念な結果に終わったけど、残りは全部勝つつもりで。
4 宮下 貴之
山口君からマークを外したのは失敗。
4角からのコース取りが上手ければ勝ち上がっていたと思う。
5 三ツ石 康洋
自分が遅れたのが、結果的に篠原君のアシストになった。
偶然の副産物だった(笑)。
田中君、栗山君、山口さんと…。
何か珍プレー大賞みたいだった。
6 山口 貴弘
赤板から前に出て、気持ちは出せたと思う。
ただ、体重が百㎏を超えて、お腹が出すぎた。
体が重たい(笑)。
7 冨岡 健一
たまたま、コースが空いて恵まれた。
狭い場所でも、突っ込むのが僕の持ち味ですから。
8 篠原 龍馬
穴党を喜ばせる事が出来たかな。
記者さんに1着宣言が出来て良かった(笑顔)。
三ツ石さんには、イメージダウンになるからVTRを見ないでくれと言われた(笑)。
残り1周でヘロヘロになったけど、逃げ切れて良かった。
   4RS級一予選


1 布居 寛幸
いつも中井君は頑張ってくれるし、今日は展開が向かなかった。
2 山本 直
ジャンの反応は良かったけど、一回、休んでしまったのが痛かった。
それでスピードが死んだ。
その後は、1角目掛けて行き、内田さんと併走になった。
飛ばなかったし、脚は悪くない。
むしろ調子は良いですね。
3 河野 通孝
いつも長島君は頑張ってくれるので。
久々の実戦で呼吸は苦しかったけど、番手スンナリで恵まれた。
とにかく、ラインの3人で決まったのが何より。
普段から吉沢純平君とか、強い選手と練習をやっているので。
4 内田 英介
長島君が駆けてくれ、最後も河野君がコースを作ってくれた。
外に山本君がへばり付いていたけど、そこは余裕があった。
5 國村 洋
5着なら点数があるから二次予選Bに進める。
2着権利で厳しいけどクリアしたい。
7 長島 大介
記念の一次予選だから、思い切って行けた。
これを特別競輪の勝ち上がりでやれれば良いのですが。
練習はハードにやっているので、これから良くなる一方だと思う。
9 中井 太祐
中途半端なレースになり、ラインに迷惑をかけた。
地元ファンに対しても申し訳ない。
最後もコースを探したけど、被ってしまい。
   5RS級一予選


1 塚本 大樹
今日の展開では仕方ないですね。
上吹越さん任せだったので。
2 島野 浩司
藤井君が行ってくれたから仕事が出来た。
あれで中を割られず、2着なら、もっと良かったけどね。
3 池田 勇人
島野さんのブロックが凄かった。
あわや、落ちそうになった。
何とか5着で二次予選Bに行ける。
ファンには迷惑を掛けましたが。
4 上吹越 俊一
捲りは厳しいバンクだし、塚本君に迷惑をかけた。
5 近藤 保
赤塚君が3番手を取ってくれた。
僕は、それが大きかった。
4着なら十分ですよ。
6 赤塚 悠人
3番手に入ったのは良かったけど、内に行こうとした。
まだまだ課題が一杯ありますね。
7 松坂 英司
やはり、本線と言えども、3番手は3番手ですね。
前と遠かった。
8 藤井 昭吾
自分の持つ距離を逆算して、あの仕掛けになった。
ジャンからだし、理想的な仕掛け。
前も踏んでいなかったし、島野さんも強烈な仕事をしてくれた。
9 牛山 貴広
良い感じで突っ込めたし、状態に不安はないですね。
怪我明け2戦目だけど、前回の全日本選抜より、良くなっている。
   6RS級一予選


1 山田 敦也
踏み合いになり、丁度、月森君の行き頃になってしまった。
2 月森 亮輔
道中は楽だったけど、僕の距離より長かったので、きつかった。
最後の踏み直しは良く、桑原さんとワンツーで責任は果たせた。
3 久島 尚樹
初手は月森君のラインで良いかなと。
4番手だし、きつかったけど最後は伸びましたね。
4 明田 春喜
あの展開では厳しいですね。
最後は5着狙いで、内に行ったけど遠かった。
5 西田 大志
凡ミスと言うか、ゴールした瞬間、俺は何をやっているんだと思いましたよ(苦笑)。
前の2人がワンツーで、後ろにいた久ちゃんに食われましたから。
6 重倉 高史
9着ですね。
やる事はやったし、どうにもならなかった。
7 桑原 大志
清水裕友のピンチヒッター? その代わりの追加だけど、格 が違うから、たいそれた事は考えていない(笑)。
目標は勝ち上がりで小倉の後ろを回る事ですよ。
今日は何にもやっていないし、月森君のおかげ。
8 柴田 祐也
重倉君に離れて申し訳ない。
5着だけど、点数がないから、勝ち上がるのは厳しそうですね。
9 高橋 築
一旦、重倉さんの番手に入ったのが良くなかったですね。
せっかく付けてくれた北海道勢に申し訳ない。
   7RS級一予選


1 筒井 敦史
コントロールボタンの押し方は上手かった(笑)。
だけど、あれを抜けない俺の脚は重症だ。
2 大森 慶一
セオリーなら、あそこで伊藤君は神奈川勢を叩く。
そうすれば、吉田君か今野君が飛んでくる。
楽に中団3番手なのに…。
3 吉田 茂生
何にも出来なかったし、佐藤さんに申し訳ない。
権利だけは取れたし、二次予選は今日の分も頑張らないと。
4 今野 大輔
ちょっと長かったけどS級初勝利。
これで、今後やれそうな気がする。
今日は筒井さんに上手く操縦してもらえた。
5 浦川 尊明
迷いに迷ったが自分で北日本ラインを選んだ結果なので。
勝負権ある位置を回れなかった。
6 荻野 哲
伊藤君との併走で、かなり無駄足を使ってしまった。
8 吉川 誠
珍しく、中団3番手を取れたので。
荻野さんも激しいレースをやっていましたね。
9 伊藤 勝太
吉川さんがスイッチ入ったと思い、あの位置に拘ってしまった。
それが致命的で後ろの大森さんに迷惑をかけた。
   8RS級一予選


1 堀内 俊介
流していたつもりはなかったけど、良いタイミングで小笹君がカマシに来た。
気がついた時は、もうヨコにいた。
その後は後ろが先輩の内藤さんだし早めに行った。
だけど、白上さんのブロックも良く、捲る事が出来なかった。
2 紺野 哲也
神奈川勢の後ろでも良かったけどね。
まあ、山崎君が頑張ると言ったので。
3 内藤 秀久
堀内君が、まだへばり付いていたから、内には行かなかった。
2人で勝ち上がる事を大切にしたので。
4 白上 翔
小笹君の踏み出しに離れそうになった。
その後は、自分なりに堀内君を止める事が出来たと思う。
もう一発張りたかったけど、後ろに内藤さんがいた。
掬われる可能性が高いし、そこは躊躇った。
5 山下 渡
阿部君と2人で6、7着でしたね。
また、頑張ってもらうだけ。
6 山崎 将幸
あのまま、綺麗に堀内君が捲っていれば、付いて行き3着。
厳しそうだったし、ダメ元で、自分も仕掛けた。
後ろに紺野さんもいたので。
7 小笹 隼人
逃げようと言う、前向きな気持ちになっていた。
仕掛けのタイミングも良かったし、白上さんも良い仕事をやっていた。
やはり走りやすいバンクですね。
8 米澤 大輔
目標不在のレースで5着。
やった方でしょう。
上手く立ち回れた。
   9RS級一予選


1 三谷 政史
竜生の存在は大きすぎるけど、気持ちは竜生の代わり。
中井君は強いけど、絶対に抜こうと思っていた(笑顔)。
実は奈良に移籍して地元初勝利。
それは少し恥ずかしいね。
2 西川 親幸
八ちゃんは、いつも頑張ってくれるからね。
地元番組だし、2人で勝ち上がれて良かった。
3 伊藤 大彦
初手は前から2番目がベストだと思ったけど、小玉君の判断に任せていたので。
4 小玉 拓真
重注を付けるぐらいでないと、前に出る事が出来なかった。
片寄さんに突っ張られたのも誤算だった。
5 八谷 誠賢
もう少し勇気を持って仕掛ければ良かったかな。
ちょっと見てからだし、勝ち上がりを大事にしてしまった。
6 片寄 雄己
良い時に比べれば、全然だけど、自力選手としての動きはやっていきたい。
7 中井 俊亮
ラインの3人で決める事が出来て良かった。
ペースに持ち込めたし、着以上の出来だと思う。
地元記念だし少しでも上に勝ち上がりたい。
8 平田 徹
どんな状態でも片寄君は一度は仕掛けてくれる。
気持ちは有り難いですね。
9 吉田 健市
煽りはあったけど、仕掛ける時のスピードが中井君は良かったね。
きっちり3着に入れて、3連単に貢献出来た。
  10RS級一予選


1 原田 研太朗
人気に応える事が出来て良かったけど、自分だけのレースになり。
スタートは出たくなかったけど、立場的に。
味方を少しでも多くするのが自力選手の責任なのに、そこは申し訳ないですね。
2 渡部 幸訓
日当君の事を考えれば、あのまま前に踏まず、併走の方が良かった。
そうすれば、彼も勝ち上がれたかも。
脚の余裕はあるけど、気持ちの余裕がないから、バックで前に踏んでしまった
3 大澤 雄大
矢野君が行ってくれたけど、日当君の巻き返しのスピードも良かった。
そこで対処が出来ず、原田君の捲りを誘発させてしまった。
4 加倉 正義
悔しいですね。
脚は悪くないけど、前の浜田君も離れてしまい。
残念でした。
5 濱田 浩司
人気なのに、原田君に離れてすみません。
単なるマークなのに、先行みたいな感じできつかった。
スピードが一段階上がった時に、付いて行けなくなった。
ハラケンも、かなり気を遣ってくれたのに。
6 日当 泰之
2車だけど、ダッシュ戦が持ち味なので。
それで初手は中団だった。
一応、バックが取れただけでも。
7 太刀川 一成
基本的に後ろ攻めのラインからと思っていた。
日当君も魅力はあるけど、カマシの3番手ではきついかなと。
矢野さんが、あのまま吹かし、それは凄いと思った。
3着だけど、脚は良く回っている。
9 矢野 昌彦
赤板からだし、特別長い距離ではないと思った。
後ろに南関勢も付き4車の雰囲気だったので。
  11RS級一予選


1 野本 翔太
南君の気持ちは素晴らしいですね。
簡単に相手を出させないから。
3連単の1番人気だし、3着で責任は果たせた。
2 石毛 克幸
きつかった。
蒔田君も頑張ってくれたけど、南君が強すぎた。
何とか4着で、僕は良かったですが。
3 村田 雅一
南君のスピードは抜群。
一旦、蒔田さんに入られそうになり、そこは危なかった。
抜きに行ったけど、断然の1番人気だったから(笑)。
だけど僕も意外と人気があり、差しても300円ぐらいだったみたいですね。
4 堀内 昇
全然、レースに参加出来なかった。
南君との力の差が出た。
5 南 潤
出させると面倒臭いので、そこは考えて走った。
小回りバンクの怖さを知っているので。
確実に脚は上がっていると思うので、少しでもラインの為に長い距離を踏みたい。
上がりタイムは10秒6だけど、内容は良かったと思う。
7 蒔田 英彦
南君と力勝負をやった。
その結果ですから。
8 鈴木 良太
この点数では5着でも上がれないよ。
91点しかないので。
9 小沼 良
前と遠かったですね。
6着に入るので一杯だった。
  12RS級初特選


1 和田 健太郎
単騎だけど、もう少し前々の走りをやりたかった。
そこは反省ですね。
2 村上 博幸
結果的に捲りになったけど、最初から捲りの組み立てではなかった。
普段、試せない事をレースで試したかったので、前々の気持ち。
位置が取れる保証もないし、捲れるほどの確実性もないから。
ただ、特別競輪でも、混戦になれば、やれる自信はある。
今の競輪は緩む場所がないし、特にジャンでのスピードが上がっている。
若い子が力を付けた証拠だし、その辺りも今後の問題点のひとつ。
3 山崎 芳仁
踏み出しのスピードが足りない。
いつも以上に、新山君のダッシュも良かった。
本当は追い上げないといけないが、千切れてから、追い着くのは難しいので。
4 井上 昌己
ホームで詰まったが、そこで行けなかった。
その後は、同期村上君任せになってしまった。
5 佐藤 慎太郎
全日本選抜の準優勝でグランプリ出場が見えてきた。
だから一戦一戦が大切。
今日は山崎が千切れたから仕方ない。
それより、新制度の二次予選はどうなのかな。
AとBでなく、平たく分けた方が、ファンも買いやすいと思うけどね。
Aは権利が緩いけど、強い選手の集まり。
いくら本命でも簡単には勝てないし、ファンも強気に勝負出来ないはず。
僕らは筋肉で商売しているけど、競輪界には頭が良い人が一杯いると思うので(笑)。
6 高橋 和也
新山君の番手に入ったけど、そこまでに脚を使っていたから。
7 小倉 竜二
今回は全日本選抜の時の状態ではない。
少し疲れが溜まっているのかな。
8 志智 俊夫
慎太郎君に絡まれて、脚を溜める事が出来なかった。
9 新山 響平
ごちゃごちゃになってしまい、ペースに入らなかった。
収獲は、最近の中では、一番のダッシュだった事。


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日インタビュー
  1R


吉田 昌司
高松記念も1レース。
だけど、1番車はレジェンド神山さんでした。
奈良は3場所前に走り1着、9着、1着。
小回りバンクだし積極的に走る。
6時半か7時には起きるけど、朝は苦手ですね。
北野 武史
中部ラインで川口君へ。
最低でも3番手か4番手は確保出来るメンバーですね。
小橋 秀幸
決めずに走るより、このメンバーなら決めた方が良い。
吉田君も強く芦沢君も仕事が出来るので。
茨城コンビの後ろを回る。
東矢 昇太
佐世保記念で落車。
骨折ではなかったけど、頭痛と首のむち打ちが酷かった。
だけど練習では、悪い感じはしなかった。
自力勝負。
芦沢 大輔
茨城同士の吉田君へ。
連続落車で流れが悪いけど、気持ちは入っている。
真田 晃
近畿ラインで伊原君へ。
怪我明け2戦目なので、少しずつですね。
川口 聖二
アゴの兄貴の栗山さんだけには負けたくない(笑)。
点数的には、これぐらいの位置をふらふらしているし、もう少し上げたいですね。
積極的なレースをやる。
伊原 克彦
まだまだ若い子には負けられない気持ちで走っている。
先行か捲りで。
飯田 裕次
九州ラインで東矢君へ。
6場所前の豊橋の予選で世話になっている。
一発の走りに期待する。
  2R


岡本 総
1月は事故点のペナルティーで斡旋停止。
大宮は少しレース勘が悪かった。
最終日は、いつもと逆並びで森川大輔君の番手で1着。
それが良かったですね。
自力自在の総力戦。
竹内智彦
北日本ラインで坂本君へ。
最近は納得いかないケースは強気に番手を狙っている。
後輩が頑張ると言っても、点数の無い自在選手の後ろでは勝負にならないから。
もちろん、坂本君なら喜んで。
前反祐一郎
色々と考えたけど、愛知コンビの後ろを回る。
岡本君なら後方にならないと思うので。
桑原 亮
前回の大垣は久々に決勝進出。
中村さんと話して、僕が前で頑張る。
坂本 貴史
誕生日だし、1着で自らを祝いたいですね。
僕も30歳になってしまいましたから。
位置取りは厳しく走りたい。
結果は分からないけど、いつも絶好調です。
自力で。
高津 晃治
前反さんは愛知勢の後ろですか。
ならば、位置を決めずに先手ライン。
高松記念の時も、こんなケースが多かった。
近藤 龍徳
愛知同士の岡本さんへ。
一次予選は2着でクリアして、二次予選は5着でクリア。
欲を欠かず、低空飛行で頑張ると書いておいて下さい(笑)。
中村 雅仁
A級上がりだから、点数がないだけ。
自分では8番車の脚だとは思っていない。
同じ脚質だし、ここは後輩の桑原君に任せる。
田村 真広
竹内君は群馬にいた時の練習仲間。
同じ安中グループでした。
ここは3番手を回れる北日本ラインへ。
  3R


鷲田 幸司
地元の栗山君をアシストする。
1月は失格のペナルティーで斡旋停止。
彼とは、この世で一番相性が良いと思いますよ(笑顔)。
田中 晴基
大宮記念の前に自転車、シューズ、トレーニング方法と全部変えた。
それが悪く、また戻した。
それで別府全日本選抜を走ったけど底は脱出したかな。
奈良は完全優勝も含めて2度優勝している。
まだ、バリバリに先行していた時期ですが。
自力で。
栗山 俊介
地元のトップバッターだし良い流れを作りたいですね。
松山の準優勝は3人に競られたけど中井俊亮君の番手を守った。
外競りの栗山で売って行こうと思います(笑)。
仕上げてきたつもりだし、積極的に走る。
宮下 貴之
最近は動いていない。
実績からも、レースセンスからも山口君の方が上。
黙ってお任せです。
三ツ石 康洋
四国ラインで篠原君へ。
今回も追加だけど、4場所前の奈良も追加だった。
よく呼んでもらっている。
山口 貴弘
前々から何でもやる。
タテ、ヨコ、斜めと展開に応じて。
冨岡 健一
近畿ラインの後ろを固める。
しっかり追走したい。
篠原 龍馬
自分では一発狙えるメンバーだと思っている。
穴を演出したいですね。
自力勝負。
伊勢崎 彰大
千葉同士の田中君の番手へ。
千葉競輪場の解体は、若い頃からの練習バンクだし淋しいね。
新しく完成する、室内バンクに期待して。
松阪記念の怪我は鎖骨骨折だったけど、普通に全日本選抜を走れたので。
また、自力で勝てるぐらいの脚に戻したいですね。
それには、まず1着が欲しい。
  4R


布居 寛幸
息子だけでなく、娘も競輪学校に合格したので、色々とよろしくお願いします。
女の子だから心配ですが、自分で選んだ道なので。
地元の中井君を信頼する。
山本 直
最近は人の後ろも多い。
バック数も減っているが、気持ちは前々です。
地元記念を走れない分も頑張りたい。
積極的な自力勝負。
河野 通孝
栃茨ラインで長島君へ。
成績は落ちているけど、脚はそんなに悪くないですよ。
内田 英介
小田原で落車してから良くないですね。
ここは栃茨ラインの後ろへ。
国村 洋
中国ラインで山本君の番手へ。
怪我は大丈夫。
娘が競輪学校に合格したけど、あまり言っていなかったので。
だから記者さん達は知らなかったと思います。
無事に走って欲しいけど、そう言う競技でないし、あとは本人次第ですよ。
デビューしたら、またお願いします。
坂田 章
中国コンビの後ろを回る。
奈良は少しでも前々にいたいですね。
長島 大介
G1で僕の自力勝負では、厳しかった。
成績が良い時は、人の後ろなので。
記念の一次予選なら負けられない気持ちで自力勝負。
竹田 和幸
地元の中井君の気持ちが入っていた。
近畿ラインの後ろへ。
中井 太祐
弟と2人で地元記念を盛り上げたいですね。
それには、まず、僕が頑張らないと。
ラインで決める自力勝負です。
  5R


塚本 大樹
大垣で失格したのは痛いけど、脚自体は悪くないですよ。
ちょっと難しい番組ですね。
上吹越さんが自力と言っているので、任せます。
島野 浩司
中部近畿ラインで藤井君へ。
今回は久々だけど、何度か連係している。
池田 勇人
別府の全日本選抜は予備だったので、現地のホテルで待機して補充を2回走った。
成績的には観光に行った感じですね(笑)。
行けるタイミングで自力勝負。
上吹越 俊一
自分なりに調子は良くなっていると思う。
ただ、構えて届くバンクではない。
早めの仕掛けを意識して自力勝負。
近藤 保
松坂さんに聞いて、僕は赤塚君に付ける。
自分なりに調子は良いですね。
赤塚 悠人
もっと脚があれば良いですが。
冬期移動と言うより、頻繁に沖縄に合宿に行っている。
これが終わってからも行く予定です。
自力で。
松坂 英司
決めずに走ろうか悩んだけど、ここは関東勢の後ろへ。
いくら本線でも後方になるリスクはあるが、池田君に託してみる。
藤井 昭吾
時たま、奈良バンクには練習に来ます。
だからバンクの特徴は分かっている。
先行で勝負する。
牛山 貴広
岐阜の落車で古傷である頸椎を、また痛めた。
だけど、全日本選抜は思ったより走れた。
関東で池田君の番手へ。
  6R


山田 敦也
明田支部長の了解を得て高橋君の番手へ。
前橋が終わり、一旦身体検査があったので北海道に戻った。
それからは冬期移動先の沖縄で練習していた。
月森 亮輔
残念ながら月末の地元玉野記念には呼ばれていない。
今の調子なら、かなり活躍出来ると思いますが(笑)。
西田さんの1車は大きいので自力勝負。
久島 尚樹
単騎になるけど、自力勝負。
まずは中団以内を確保して。
明田 春喜
山田君の後ろで高橋君の3番手を固める。
前回の大宮は、あまり伸びなかった。
西田 大志
久ちゃんには、まだ一度も付けた事がない。
なので、ここは月森君の3番手を回る。
重倉 高史
走れるだけ有り難いし、高松記念の補充は喜んで参加した。
自力で。
桑原 大志
後輩の清水裕友君が鎖骨を骨折したのは残念。
川崎に行き、手術を受けたみたいですね。
初の鎖骨骨折と言っていたから、それも心配ですね。
僕はSSで1年頑張ったけど、もう過去の事。
全て、一からの出直しです。
こんなに強くなってからの月森君は初めてかも。
信頼して。
柴田 祐也
中部ラインで重倉君の番手へ。
S級で自力は厳しいですね。
高橋 築
後ろは北海道の2人ですか。
ラインがシッカリしているので主導権は取りたい。
  7R


筒井 敦史
成績通りで、もう少し伸びが欲しいですね。
中四国ラインで今野君へ。
今回は気分転換の意味も含めて、セッティングは変えてみる。
大森 慶一
別府が終わってから、芦沢大輔君がスポンサー契約している、東京赤坂にあるNEXTと言う自分でトレーニングしてきた。
その成果を出したいですね。
北日本ラインで伊藤君の番手へ。
吉田 茂生
今回から新車を投入。
奈良も走りやすいイメージがあるし、今回はチャンスのあるメンバー。
自力で勝つ走りをやりたい。
今野 大輔
今期、初のS級。
色々と勉強している最中です。
奈良はA級の時に成績が良かった。
自力勝負。
浦川 尊明
悩みに悩んだけど、北日本ラインの後ろから。
あとは流れで判断する。
荻野 哲
神奈川同士の吉川君へ。
破壊力のある走りに期待する。
佐藤 瓦
中部ラインで吉田君の番手へ。
5場所前の四日市で連係している。
点数より強いし楽しみです。
吉川 誠
僕の場合は脚でなく気持ちの問題。
作戦は荻野さんに考えてもらい自力勝負。
伊藤 勝太
なるべく後ろを連れ込む仕掛けをやりたいですね。
後手を踏まない自力勝負。
  8R


堀内 俊介
後ろが内藤さんなら仕事をやってくれますね。
来月は事故点のペナルティーで斡旋が停まる。
自力勝負。
紺野 哲也
腰と股関節が悪いので、成績が落ちた。
練習はやれているけど、まだまだ納得のデキでは。
厳しいメンバーだけど、山崎君に任せる。
内藤 秀久
神奈川同士の堀内君の番手へ。
相性は良いと思いますよ。
しっかりサポートしたい。
白上 翔
近畿ラインで小笹君の番手へ。
S級に上がってからは番手、3番手のレースが多く、動くレースは減っていますね。
山下 渡
関東ラインで阿部君の番手へ。
3、4着が多いけど、勝ち上がりには成功しているので。
山崎 将幸
紺野さんには、どこか回って下さいと言ったのですが…。
こんな状態だし自力は出せない。
少しでも前々に攻めたい。
小笹 隼人
奈良には、近畿の合宿とかで、練習に来る事もある。
積極的に攻める。
米沢 大輔
ここは位置を決めずに走る。
先手ラインを追走から。
阿部 大樹
地元の大宮は予選で飛んで5着。
最終レースで須賀和彦さんが欠場して急遽繰り上がった。
そのツキを活かして、後輩の番手で準決は2着。
やはり競輪は流れが大切ですね。
自力勝負。
  9R


三谷 政史
長男として、欠場した竜生の分も頑張りたい。
売り上げのアップの為にも、中井君とキッチリ決めたいですね。
西川 親幸
九州ラインで八谷君の番手へ。
3場所前の前橋の予選で連係してワンツーだった。
いつも頑張ってくれるから有り難い。
伊藤 大彦
中四国ラインで小玉君へ。
1度も付けた事がないので、1回は付けないと失礼にあたるので。
小玉 拓真
ちょっとレース内容は良くなっているかな。
捲りに構えず、前々に踏んで行きたい。
八谷 誠賢
先手必勝のバンク。
中井君は強烈だが、負けない様に頑張りたい。
自力勝負。
片寄 雄己
腰の具合が良くないので1本休んだ。
成績は良くないけど、気持ちは切れていない。
自力勝負。
中井 俊亮
松山は逃げ切りで優勝し、栗山さんとワンツーだった。
追加だし、このチャンスを活かしたいですね。
自力勝負。
平田 徹
静岡同士の片寄君へ。
どんな走りでも実績のある選手だし、お任せです。
吉田 健市
地元コンビの後ろですね。
本線の3番手だしチャンス。
内を締めながら3着に入りたい。
  10R


原田 研太朗
誠一郎さんの優勝を見て、やはり思い切りの良さが大切だと実感しました。
奈良はイー新聞杯のトークショーで昨年来ました。
今年は誠一郎さんだったみたいですね。
自力で自分らしい走りをやりたい。
渡部 幸訓
北日本ラインで日当君へ。
大宮も大垣も一緒だったので、走り方は分かっている。
大沢 雄大
坂本貴史君と同じ誕生日みたいですね。
僕も、もうひと頑張りしないと。
関東で矢野君の番手へ。
加倉 正義
A級の時と脚は変わっていない。
本線で走るか、支線で走るかの違いが大きいと思う。
不思議と競輪は点数のある選手に展開が向くもの。
ここは原田君の仕掛けに期待して四国コンビの後ろへ。
浜田 浩司
四国ラインで原田君の番手へ。
何度もワンツーがあるので心強いですね。
日当 泰之
原田君との対戦は、多分初めてだと思う。
自力で持ち味を発揮する。
太刀川 一成
後ろに河野君もいる。
自力も少し考えて先手ラインから。
河野 要
南関ラインで太刀川さんへ。
脚もないから、お任せです。
矢野 昌彦
大宮記念の決勝は、結果的に僕の力不足だった。
地元の平原君には申し訳なかった。
小倉の決勝も関東で結束して4車だった。
成績的には良くなっていますね。
いつも通り積極的な自力勝負。
  11R


野本 翔太
近畿ラインの後ろへ。
百勝にリーチが掛かってから、かなり時間が経っている。
ここは3着で十分ですよ。
石毛 克幸
千葉同士の蒔田君の番手へ。
南君は強いけど、頑張ってもらうだけ。
村田 雅一
近畿ラインで南君の番手へ。
彼とは3回連係している。
前回の全日本選抜も3日目に連係してワンツー。
引きずり回されて抜けなかった。
調子が悪そうだった四日市記念の一次予選は差してワンツーだった。
堀内 昇
みんな強いですね。
色々と試しながら走っているけど、一番良い時に比べると、まだまだです。
自力で。
南  潤
今年の目標は特別競輪の決勝に乗る事。
本当はカマシ、捲りが得意だけど、敢えて押さえ先行をやっている。
そうしたら、脚力がアップして、だいぶ残れる様になってきた。
内容も考えた自力勝負。
小島 雅章
関東ラインの3番手。
今期のS級は、まだ一度も確定板に載っていない。
まずは、3着を目指して。
蒔田 英彦
体は、どこも悪くないけど成績が上がらない。
厳しいけど自力で一発狙いたい。
鈴木 良太
千葉コンビの後ろへ。
ある程度の位置にいれば突っ込める状態。
小沼 良
関東ラインで堀内君の番手へ。
大宮は良い感じで走れた。
僕はどこでも呼ばれれば、補充は引き受けるつもりでいる。
時間的に厳しく、断ったのは昨年の佐世保記念だけ。
  12R


和田 健太郎
単騎で走る。
自在派宣言したけど、こう言うケースは難しくない。
自分なりに決めている事もあるけど、難しい選択の時もある。
その時、どうするかですね。
優秀レースはなくなったけど、こんな時に3着に入るのは大事だと思う。
村上 博幸
三谷君の欠場は僕にとっても痛いね。
特別競輪が終わり中3日だから軽めの調整。
SSも僕しかいないし、責任重大。
単騎で流れを見ながら。
山崎 芳仁
別府が終わり、福島で練習をやっていたから追加を引き受けた。
沖縄にいたら、引き受けていなかったと思う。
慎太郎さんが良いと言うので、新山君の番手へ。
井上 昌己
誠一郎の優勝は自分の事の様に嬉しかったですよ。
九州のビッグレースだし最後の砦でもあったので。
奈良の印象? すぐにゴールになるイメージしかない。
自力勝負。
佐藤 慎太郎
別府が終わり熱を計ったら、かなりの高熱だった。
だから、前回に比べて脚は落ちている。
あとは、展開の助けが必要。
2度目のタイトルを狙ったけど、あれは誠ちゃんが強かった。
もう少し、吉沢君のスピードを貰っていれば突き抜けていたかも。
あんな先行選手や、平原君みたいな選手が、北日本にも欲しいね。
2人なら山崎に任せるし北の3番手。
高橋 和也
この点数で特選に乗れるとはラッキーですね。
優勝もしたので調子も上向き。
自力勝負。
小倉 竜二
8年ぶりの特別競輪の決勝。
長かったけど、楽しかった。
誠ちゃんに付ける作戦もあったけど、中四国のラインを大切にした。
もし、誠ちゃんに付けていても、同じ流れにはならなかったと思うので。
奈良は一昨年のイー新聞杯でトークショーに来ている。
ここは昌己君の番手へ。
志智 俊夫
中部ラインで高橋君の番手へ。
脚は引き続き良いけど、ここは直線が短いので。
直前は体のケアと練習が半々。
新山 響平
短走路は久々ですが、競輪学校の短走路で練習しているので。
全日本選抜の初日は良くなかったけど、段々と本来の走りが出来る様になっていた。
北の3人で決める先行勝負。

ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら



みなさんこんにちは。
ヤマコウです。

奈良競輪開設68周年記念春日賞争奪戦が始まっています。
今、この原稿を書いているのは2日目。
昨年までは優秀戦があったのですが、今年からはオール二次予選。
勝ち上がりの間口が広がったので、選手の緊張感が薄れています。
ざっくり言うと、負け方が悪くなっていると思います。

昔の高松宮記念杯は、東西王座戦が準決の変わりだったので2個レース。
初日から着を計算すれば、5着でも勝ち上がれると思ったら無理はしませんでした。
後方になっても何人拾えるか…と考えて私は走っていました。
果たしてこの勝ち上がりでいいのか疑問が残ります。

先日の別府全日本選抜競輪は中川誠一郎が、単騎でかまして逃げ切り2つ目のGⅠを獲りました。
セイちゃんのベストレースなのでは…という内容でした。
あの周囲をほっこりさせるセイちゃんスマイルで、私も検車場でいつも癒されています。
「追い込み宣言」をしたセイちゃんの「ホーム追い込み」。
優勝インタビューでも、レースを振り返っているだけなのに観客席から微笑ましい笑いが起きていました。
まさにセイちゃんワールド。
これからもたくさん優勝して、観客もインタビュアーもほっこりさせてもらいたいです。

そして2着に敗れた佐藤慎太郎。
連日の伸び脚は光っていました。
慎太郎から買ったファンの方も多かったのではないでしょうか。

優勝したら実に16年ぶり。
あのときは高知競輪場で、ゴール後に落車しました。
確かタイヤ差か微差での優勝だったので、ウイニングランはできませんでした。
確かな技術をもつ追い込み選手が絶滅寸前なので、次の世代に継承していってほしいです。
それは今回参加している、小倉竜二や村上博幸、加倉正義も同じです。

慎太郎の話に戻すと、初日は山崎芳仁(やまちゃん)が新山響平から離れたので5着でしたが、検車場でやまちゃんを説教して心を入れ替えて2次予選に挑むことでしょう。
最近慎太郎に関して気になることが一つ。
インタビュアーとして吹っ掛けても乗ってこないのが少し寂しいです。


ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。
 
平成31年2月18日
奈良記念は日程と番組の迅速さもあって順調に目標額に近付いてます。
現在の競輪はスーパースターより日程と言う事がはっきりしました。
3日目は心配してた落車事故は1個だけで、仮番が全て生きる奇跡。
3連単100万の特大大穴もありましたが、10・12Rは想定通りに本命一発で収まりました。
最終日もヒントを少々。
1R、東矢昇太
2R、大西祐
3R、九州コンビ
4R志智俊夫
5R中井太祐
6R山岸佳太
7R吉田茂生
8R堀内俊介
9R伊藤勝太
10R川口聖二
11R高橋和也
12Rは北日本カルテットが優勢ですが、狙いはズバリ村上博幸
そして夜は小倉ミッドの最終日。こっちは自信あります。
 
平成31年2月17日
奈良記念の2日目は、初日とはガラリと変わり3・3特有の落車に失格が相次いだのは困ったものでしたが、売り上げは裏で5開催もあったのに14億4650万とは健斗した方だったのでは。2日間で27億強ならば、月曜からはFⅡが裏で一開催なので、年金効果に期待して12億行けば、最終日に15億で目標の53億は軽く突破する計算、期待したいものです。
2日目は後半は荒れましたが、要所はしっかり的中させたので。
落車もそして売り上げも新しい勝ち上がりが原因したもので大失敗でしょう。これだけ欠場者が出たのに初日から感じた事ですが、番組の迅速さには感謝しかありません。お蔭で記者席は皆帰りが早くて驚く程、これに売り上げが併なえば更に評価は上がると思います。
3日目も売り上げアップを念じてヒントを。
1R、小玉拓真。
2R、大西祐。
3R、中井太佑。
4R、熊本コンビ。
5R、加倉正義の3連対。
6R、近畿コンビ。
7R、渡部幸訓。
8R、高橋和也。
9R、月森亮輔。
10R、原田研太朗。
11R、北コンビ。
12R、村上博幸。
そして夜は小倉ミッドの2日目、今日もバンバン的中させます。コンドルで楽しんで下さい。

 
平成31年2月16日
奈良記念の初日は、失格に落車が例年なのに、ゆるい勝ち上がりが功を奏してゼロだったのは良かったけど、年金支給直後の土曜日で、12億6449万7000円は微妙な数字。裏で平FⅠがあり、FⅡ4ヶ所が影響したのは事実。目標の53億に到達するには日曜は15億はオーバーして欲しいものです。新しい勝ち上がり制度は似た様な番組が11個もあっては退屈と思われてるファンは多いのでは。仕事をしてる私達もそうなので、もっとエキサイティングでファンが飛び付く様な事を考えたらどうでしょうか。それを思い付かないなら先人達がやって来た素晴らしいルールに制度に戻す勇気は必要かと思います。
初日良かったのは、川口聖二・原田研太朗・南潤に村上博幸。2日目は2次予選Aに強豪が集まっても5着権利(6着一人)の広き門、Bの方は弱メンバーと成り、自力型に有利でも2着権利なら自力型も番手の選手も考えてに成るのは仕方ない事、これを踏まえて売り上げアップに貢献出来たらとヒントをサービスします。
1R、加倉正義。
2R、日当泰之。
4R、鷲田幸司。
5R、九州コンビ。
7R、近藤保。
9R、原田研太朗。
10R、南潤。
11R、岐阜コンビ。
12R、和田健太郎の捲り。
夜中は小倉ミッドナイト(久留米主催)の初日、こっちの方は全レース自信満々、又しても全的を狙ってるので大いに利用して下さい。
 
平成31年2月15日
一年振りの奈良記念は底冷えする中の前検作業。主力の大半は別府全日本選抜から中3日の強行軍。GⅠ直後のお疲れムードは仕方ない事なのかも。
残念なのは全日本で落車した三谷竜生・清水裕友のSSが欠場しただけでなく、決勝に乗った和田真久留に福井のプリンス野原雅也も欠場。追加で走る予定だった稲垣裕之もインフルエンザでダウンとは売り上げ面を考えたら大打撃ですが、救いは今日支給される年金。こんな頼もしい物はありません。この4日間は年金効果で是非目標をクリヤーして欲しいと願うばかり。
初日特選は新山響平と高橋和也の実質2分戦。捲りの和田健太郎と井上昌己は居ますが、どう見ても新山が逃げそうで、有利なのは山崎芳仁―佐藤慎太郎の兄弟々子コンビ。好評を博してる私の推奨選手(狙い)を売り上げアップのためにサービスしたいと思います。
1R、川口聖二
2R、坂本貴史
3R、鷲田幸司
4R、中井太祐
5R、上吹越俊一
6R、月森亮輔
7R、吉田茂生
8R、堀内俊介
9R、中井俊亮
10R、渡部幸訓
11R、南潤
同時進行は久留米主催の小倉ミッド。今回はガールズ2個、チャレンジ5個の7R制。全的を狙ってます。


 
ページトップへ
   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

特別競輪から中三日の奈良記念

かたまりとなった客と客が暖を求めて陽とともに移動する――。そんな酷寒のもとで奈良記念を見物していたのは三十数年前だ。
今年最初の特別競輪が終幕してから中三日でも選手は皆プロフェッショナルだから、心配ないという語調のコメントが並ぶが、大一番を闘った疲労がたった三日で癒えるのはむずかしかろうとも思う。
初日のシード戦・第十二競走にてGⅠからの転戦組でないのは⑥高橋和也だけ。直前の大垣FⅠで優勝を飾り中六日空いての参加である。マークは昨年の十月に当地FⅠを捲って優勝している⑧志智俊夫かァ――。「無印」-「無印」は承知だけど⑥⑧と⑧⑥でもちょこっと買って見物しよう。


ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925


賛否両論ある、記念の新制度。選手も総じて、5着、6着権利は良くないと言っている。ただ、その記念にミッドナイトで競輪を始めた新規ファンは、入ってきていない。民間投票サイトから、その手のファンは入ってきているので、競馬含めギャンブルは好きだし詳しい。チャレンジの新人やA級のベテランは知っていても、意外とS級選手の事は知らない。これは、今までには考えられない逆転現象だ。とにかく、この層を、昼間の競輪に興味を持たせる事が大事になってくる。幸い、奈良競輪場は、ミッドナイトも早い段階で開催を始めた。上手く、ミッドとビッグレースをマッチングさせたい。さて、今開催は落車が多く、近畿勢の活躍も少ない。やはり、三谷竜生の負傷欠場で、他の選手にプレッシャーがかかっていたのかも。二次予選も最終レースで、南潤、村上博幸、三谷政史の並びにすれば、3人で決まっていた確率が高い。もちろん、結果論と言われればそれまでだが、走っている選手の間でも、その声が多かった。今はナショナルチームのメンバーと、SSの選手が怪我をしており、人材不足。ワッキー、新田祐大、深谷知広は、競技にほぼ専念。もう東京オリンピックの枠取りが大切になっているからだ。清水裕友は鎖骨骨折だし、三谷竜生も時間が掛かりそう。浅井康太も肋骨を痛めている様だ。今月は、この後に静岡記念や、玉野記念もあるし売り上げが心配だ。さて、今日の慎太郎先生。準決のメンバーが発表されると、「新山?」。記者が「違う」。「坂本貴史?」。記者が再度「違う」。そして「まさか…」と苦笑いして「じゃ、伊藤勝太?」。記者一同が「そうです」と言うと「10点下の伊藤君へ。2周行かせると自分が逆に苦しくなる。だから彼のタイミングで行ってもらう。与えられた番組と展開で頑張るのが選手だから」と最後は大人の対応を見せた。半分、本音、半分ジョークが慎太郎節。だけど、嫌みでなく、周りに対して不快な思いをさせないのが慎太郎先生の人間性。こちらの業界に来ても、成功、間違いなしだろう。あと10年は、超一流の選手でいて欲しいが。

ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2019年2月16日(土)・17日(日)・18日(月)・19日(火)

■開催場所
奈良競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

いわき平競輪ニュース

福ちゃん

競輪毎日

北競

競輪専門誌ホープ

別府競輪ダービー

金星

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ