eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
出走表(無料)コンビニ配信開始
とん豚テジ

第34回 読売新聞社杯 全日本選抜競輪(GⅠ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
 
山内卓也
 
川村晃司 池田勇人 猪俣康一 小野俊之
川村晃司
池田勇人
猪俣康一
小野俊之

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
S級決勝インタビュー


中川誠一郎
輝く九州の為に、みんなの気持ちを背負って頑張りたいですね。
タイトルも2個取って、初めて一人前。
ダービー王だけでなく、もうひとつ取りたいですね。
別府は相性が悪かったけど、バンクコンディションが僕向きで勝つ事が出来た。
単騎で一発狙う。
小倉 竜二
チームイー新聞同士の誠ちゃんが頑張ってくれたからね。
構えるかなと思ったけど、早めに行ってくれ恵まれた。
売り上げを考えて、誠ちゃんの後ろも考えたけど、松浦君に付いて下さいと言われた。
なので、中四国の3番手です。
吉沢 純平
バックは取れていないけど、前々の気持ちが結果に繋がっている。
特別競輪の決勝は、後ろで武田さんと木暮君が競り合った高松宮記念杯以来。
師匠の前で積極的に攻めたい。
武田豊樹
SS級は僕だけですね。
その意味で、誰にもチャンスのあるレース。
ようやく僕も闘える状態に戻ってきた。
弟子の吉沢君の番手へ。
慎太郎君の1車も大きいですね。
香川雄介
オニアツ! 地元のケンボーの分も頑張りたいですね。
オグの前を回るのは格的にも気が引けるけど、松浦君の番手へ。
今回は繰り上がったツキを活かせている。
和田真久留
特別競輪の決勝は初めて。
正直、嬉しいですね。
単騎も苦手意識はないので一発狙う。
自分のスピードを活かした仕掛け。
松浦悠士
小倉さんには、僕から付けて下さいとお願いしました。
それだけの裏付けもあるし絶好調ですから。
特別競輪の決勝は初めてだけど、臆せず走りたい。
位置を取っての自力勝負。
吉田敏洋
今年は地元の名古屋でオールスターもあるからね。
ここで決勝に乗れたのは大きい。
単騎が3人いるけど、自分の走りをやるだけ。
行けるタイミングで自力勝負。
佐藤慎太郎
唯一のタイトルが全日本選抜。
もう16年前ですよ。
武田さんには地元で2周行ってもらった事もある。
その恩義もあるから茨城コンビの後ろへ。
3番手は必ずしも有利ではないけど、最後は強引にでも突っ込みたい。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
三日目勝因敗因
  1R S級一般



2 伊勢崎 彰大
田中君も内か外か迷いながらのレースでしたね。
ずっと誰かとハウスしている感じできつかった。
鎖骨骨折明けだし、まずまずかな。
3 野原 雅也
後手を踏んでしまい、藤木さんに迷惑をかけるレースだった。
4 田中 晴基
赤板から無茶苦茶なレースだった(苦笑)。
取りあえず、野原君が見えたので、一旦、切ろうと。
バンクの相性は良いし、これで悪い流れが断ち切れれば良いですね。
5 志村 太賀
野原君はどこ行ったかな? ブロックしたし、謝りに行かないと。
6 藤木 裕
浮かされてしまい、野原君に付いて行けへんかった。
7 朝倉 佳弘
4番手の僕が1着で、自在戦の田中君が2着。
50万円車券だったみたいだけど、2百万円ぐらい付くと思った(笑)。
ちょっと朝から買えない車券ですね。
今日は内、外を見ながら、すり抜けようと考えていた。
8 金子 幸央
4車結束なので、後ろから押さえて駆けようと思った。
そこそこ残れたし、僕も逃げる気になればやれるんですね。
9 小川 勇介
今回は予備だったので、一旦、前検日に競輪場入り。
それから連絡が来るまで、自宅に戻っていた。
最後は外を良く伸びたけど、ちょっと遠かったですね。
  2R S級一般



1 内藤 秀久
桐山君が気持ち良く駆けているから、援護役に徹しようと。
ただ、後ろの佐々木さんには迷惑をかけた。
絶妙のペースだし、タイムに関係ない巧さがある。
そこが若手の先行選手と桐山君の違うところ。
2 岡 光良
昨日の落車で、多少違和感があった。
だけど、展開も悪かったので。
3 稲毛 健太
作戦は前か後ろだった。
中団に入ったけど、桐山さんがペースで駆けていた。
調子自体は悪くないけど、三谷さんと高原さんに迷惑をかけた。
4 池田 勇人
呼吸も苦しく7番手に置かれてしまい。
予備だったので、前検日から別府入り。
これでは、観光と言われてしまうし、最終日は頑張らないと(笑)。
5 桐山 敬太郎
僕は自在屋でなく、先行選手だったのかも(笑)。
初日、2日目が中団捲りが不発。
今日は稲毛君相手に逃げ切ったので。
6 佐々木 則幸
本当なら3着に入らないといけない展開。
ちょっと、もったいないですね。
8 高原 仁志
2センターから内に行ったけど詰まってしまった。
桐山君のペースが緩いから、稲毛君なら、もっと早く行けたと思うけど。
ただ、任せたし、こんな展開の時でも、克服する脚がないと。
  3R S級一般



1 池田 良
(落車し棄権したが最終日も出走の模様)。
2 大森 慶一
単騎だし、どれぐらい直線で伸びるかのレース。
もっとグッと伸びれば良かったですけどね。
3 吉田 拓矢
昨日のレース後に、先輩のアドバイスでハンドルを狭めたら、凄く走りやすくなった。
体が沈む感じで、綺麗なフォームだったと思う。
ラインで決めるには、前を取り突っ張るのがベストだと思った。
4 小林 大介
堤さんは失格で繰り上がり? 木暮君と一緒でツキがあるね。
掬われるのは分かっていたけど、自分の位置を守りたかったので、外を止めに行った。
5 堤 洋
(妨害して失格)。
6 山内 卓也
松岡君と2車で、関東勢に突っ張られたら厳しいですね。
7 濱田 浩司
堤さんでなく、自分が審議の対象かと思った。
同期の慎平も、すっかり解説者風情ですね(笑)。
8 松岡 健介
あそこで突っ張られたら勝負にならないですね。
関東勢のレースになってしまった。
9 神山 拓弥
誰かが入ってくれば締めようと思った。
もちろん、小林さんなら空けたけど、堤さんだと分かったので。
今日は何にもやっていないし、全て吉田君が頑張ってくれた。
  4R S級選抜



1 橋本 強
取鳥君のスピードが良かったので行けると思ったけどね。
伸びて行くと思い、内に入るのを遅くした。
2 園田 匠
一瞬の判断で迷った面はあるけど、展開的に厳しかった。
頭では3着ぐらいだけど、実際は7着ぐらいでしたね。
3 小松崎 大地
インフルエンザ明けで体力は落ちているけど、今日は見ての通りで飯野君のおかげ。
本当、男らしい選手ですね。
4 守澤 太志
飯野さんが駆けて、小松崎さんが番手捲り。
付いて行っただけだし恵まれた。
5 取鳥 雄吾
井上さんに内を掬われたのが痛かった。
どっちみち、今日は最終ホームから行く作戦。
スピードは良かったし、行く自信はあったけど、小松崎さんが番手捲りだったので。
6 飯野 祐太
北日本ラインの絆を見せようと。
僕はダメだったけど、後ろの3人で上位独占したので。
7 湊 聖二
取鳥君が、もうひと頑張りあれば、行けていたと思う。
僕は途中から昌己を邪魔するレースになってしまった(苦笑)。
8 永澤 剛
4番手だし自分の位置を守ろうと。
3着に入り、3連単の1番人気に貢献出来た。
9 井上 昌己
取鳥君が、やり合う気持ちがなかったみたいですね。
内から中団を掬ったけど、その後の動きに問題があったかも。
まあ、仕方ないですね。
  5R S級選抜



1 金子 貴志
柴崎君のスピードが良かったし冷静でしたね。
差せなかったけど、ラインの3人で決まったので。
2 渡邉 一成
(入念なクールダウンの為に、ローラー台に向かう)。
3 志智 俊夫
前の2人が強いから信頼関係があった。
ただ、捲りの3番手だし、どこまで届くかは、走っていても分からなかった。
4 天田 裕輝
長島君が浮いた後に3番手を確保。
バックから捲り、リカバリーの走りをやりたかったけど、自分も一杯でした。
5 成田 和也
一成君が突っ張ってくれたけど、中部勢の展開でした。
スピードが良くて止める事が出来なかった。
6 長島 大介
2周半で押さえに行かないと、ダメでしたね。
それでは、少し早すぎるので。
7 柴崎 淳
予想外の展開。
あそこからでも一成さんは突っ張るんですね。
加速は良かったけど、普通なら止まるところ。
そこを乗り越えたし、脚の感じは良いですね。
8 渡邉 晴智
北日本が突っ張りの作戦では、僕らは厳しいですね。
9 齋藤 登志信
前の2人に任せているから作戦は何にも聞いていない。
天田君に入られたけど、バックの風がきついから。
  6R S級選抜



1 新井 秀明
(落車滑入も最終日出走)。
2 和田 圭
坂本君と山崎さんに任せていたし仕方ないですね。
それでも、4着に突っ込めたので。
3 池田 憲昭
本当は、あまり捲りを出したくない。
決めずの気持ちだったが、初手は九州勢の後ろで良いかなと。
4 大塚 健一郎
2周行かせて、俺もキッチリ仕事をやって3着。
今までやってきた事もあるし、俺はハコ師だから(笑顔)。
※この後も、香川雄介相手に漫才トーク。
最後に香川に「医務で診てもらおう(笑)」と言われて、2人で消える。
5 山崎 芳仁
坂本君もきつかったと思う。
あそこから突っ張られては…。
何とか位置を確保しようと思いましたが。
6 坂本 貴史
大塚さんが番手だから突っ張りの作戦だと思った。
早めに押さえに行ったが、山崎君に突っ張られて。
7 芦澤 辰弘
ずっと悩んでいたから、この1着は大きいですね。
一旦、杉森さんからマークを外しているので、そこは反省。
どっちが逃げても中団の作戦でした。
8 杉森 輝大
展開は向いたが大塚さんの一発が効いた。
それでも後ろの芦沢君が1着だったので。
9 山崎 賢人
自分も逃げ粘れて、大塚さんと一緒に確定板に載れたのが嬉しい。
作戦は、突っ張りオンリーでした。
  7R S級特選



1 和田 健太郎
コンリュウに組み立ては任せていたけど、展開通りの動きで、そこで脚を使わなかった。
何で内にいたはずの南君が逃げているのかも分からなかった。
レース後に、コンリュウに流れを聞いて、やっと理解出来た。
2 鈴木 庸之
最悪な展開。
村田さんのところまで行っても良かったけど、確実に北津留君のところに降りた。
セオリーと違う動きを北津留さんはやるので、ああ言う人がいると僕のコンピュータが狂う(笑)。
3 村田 雅一
結果は南君とワンツーだけど、見栄えが悪いね。
本当、こう言う展開は苦手だし、ハコスンナリだと抜けない。
4 南 潤
教科書通りの走りが出来たと思う。
捲りが見えれば、全部併せるつもりでいた。
このレースを、もっと上でやりたかった。
5 牛山 貴広
鈴木君の動きに付いて行けなかった。
トリッキーだし、走りがクレバーですね。
6 北津留 翼
珍しく中団3番手を取ったけど、鈴木君が降りてきたので、厳しくなった。
7 近藤 隆司
組み立てでワンミスあった。
きちんと、レースをやっていれば、脚の感じからして決まっていたと思う。
8 桑原 大志
北津留君の取り扱い説明書を持っていなかったから、色々とレクチャーを受けた(笑)。
そのせいか、中団3番手は確保してくれたね。
9 岡村 潤
3番手だし、近藤君には世話になっている。
南君が掛かっていてきつかった。
  8R S級特選



1 稲垣 裕之
もっと厳しく前々に攻めたかったけど、後方になったので。
自力、番手と色々なケースがあるけど、その時々で上手く対処したい。
2 新山 響平
カマシに行き、後ろに同期小川さんが入ったのは分かった。
4角から苦しかったけど、何とか3着に残る事が出来た。
3斉藤 竜也
小原君が踏み遅れて菊地君に入られたのも痛かった。
だけど、みんな強いですからね。
4北野 武史
(九州弁を真似して)無理ばい!
5 菊地 圭尚
佐藤君と2人の時は任せているので、3番手で折り合った。
自分の位置を確保してからは、稲垣さんとの併走になった。
きついレースでした。
6 佐藤 博紀
慣れない番手戦だったが、新山君に付いて行けず、新山君にも菊地さんにも迷惑をかけた。
7 岩津 裕介
小川君が落ち着いていたし強かった。
清水裕友君は鎖骨骨折みたいですね。
次の地元玉野記念を考えると、僕もかなり痛い。
売り上げも僕ら地元選手の責任にもなるから頑張らないと。
8 小原 太樹
やはり特別競輪で僕の自力では苦しい。
新山君と小川君が強かった。
9 小川 真太郎
狙っていた訳でもないけど、判断良く同期新山君の番手に入れた。
最後は意地で抜いてやろうと思いましたよ。
  9R S級特選



1 荒井 崇博
松谷君は持って来すぎ。
イエローラインの外までだったし。
あとは竹内君の運行。
普通のイン切りなら良いけど、一番強いラインを引き出す様な感じになっていた。
2 大槻 寛徳
自分なりに突っ込めたけど、同県の後輩が落車しているので、素直には喜べない。
前回の怪我は問題ないですね。
3 柏野 智典
(落車し棄権)。
4 竹内 雄作
単騎だし難しかった。
ある程度、踏んでおきながら考えようと。
荒井さんや山内卓也さんに色々とアドバイスをもらいました。
苦手でも、リスクを取ってやっていかないと。
5 松谷 秀幸
(妨害して2着失格)。
6 根田 空史
竹内さんの、あの動きは想定内だった。
だから、叩きに行く時も焦りはなかった。
バックが重たくて、もう一杯。
松谷さんの、あの動きがなければ、捲られていた。
7 菅田 壱道
(落車も携入)。
8 五十嵐 力
根田君が駆けて松谷君が仕事をやっていたから内を締めていた。
ただ、松谷君の失格は残念。
9 山田 英明
行けるスピードでしたが…。
松谷君が前に踏むと思いましたが、急激にヨコに持ってきた。
脚があるので、ブロックは覚悟していたけど。
あとは誰が落車したのかは分からなかった。
 10R S級準決勝



1 中川 誠一郎
緩んでいたので、早めに巻き返しに行った。
僕の距離ではないと思ったけど、8割方、最終ホームで行くと決めていた。
小倉さんは何にも言わないし、離れる心配もなかった。
準決に進んだ九州は僕だけだったし、責任感もあった。
2 吉澤 純平
みんなに脚を使わせて、最後、勝負のつもりで走った。
上手く最後は中川さんラインを追う事が出来た。
ワッキーみたいな脚があれば楽なんでしょうが。
3 渡邉 雄太
スピードが足りないですね。
一気に中川さんに行かれてしまった。
4 山田 久徳
行くチャンスはありましたね。
行っていれば面白かったと思うし、それは同じレースの諸橋さんにも言われた。
5 小倉 竜二
もっと誠ちゃんが構えるかなと思ったけど、カマシに行ってくれたので。
2センターからもグングン加速して行った。
いつもみたいに、ヨコの動きをやる必要もなかったね。
あとは、太田とハラケンの応援。
6 成清 貴之
渡辺君にアドバイスしたのは、先行なら先行と決める必要はないよと。
8割ぐらいで踏んでおいて、その時々の判断で決めれば良いので。
7 諸橋 愛
吉沢君が脚を使い中団を取った。
そこからだし、最後、僕に突っ込む脚があれば。
8 海老根 恵太
渡辺君が先行態勢に入った時に、誰か粘ってくるのではと思い、色々と考えてしまった。
9 村上 義弘
ちょっと、対応の仕方がなかったですね…。
前で決まり難しいレースだった。
 11R S級準決勝



1 浅井 康太
(過失走行で失格)。
2 古性 優作
山中さんの奇襲カマシに車間が空いてしまった。
追いつけなかったし、博幸さんに申し訳ない。
3 木暮 安由
香川さんはツキがあったけど、僕はツキを活かせなかった。
逆はあるけど、こうして繰り上がったのは初めてでしたが。
4 吉田 敏洋
あれがなければ、浅井君と2、3着で一緒に決勝に乗れていたと思う。
それが残念ですね。
前回の落車で全て、厄払いが出来たと思う。
5 太田 竜馬
競輪学校の生徒への、教材になる様なレースになってしまった(苦笑)。
あんなに車間が空いたのも、選手になって初めてだった。
6 山中 秀将
(落車し滑入)。
7 村上 博幸
脚は良かっただけに残念ですね。
山中君の奇襲カマシに対応出来なかった。
8 和田 真久留
最悪、あの展開になった時は、山中さんからシビアに踏んでも良いと言われていた。
余裕がなく、特別競輪の準決だから、あの形になった。
結果を見れば、残せたかもしれないし、もっと車間を切る方法があったかも。
そこは山中さんに感謝だし申し訳ない。
9 香川 雄介
こんな形で、決勝に乗れる事もあるんですね。
オニアツでした。
今回の全日本選抜のキャッチフレーズですから(笑)。
 12R S級準決勝



1 平原 康多
距離は長かったけど、あのタイミングで行くのがセオリー。
僕も自力選手だから常に先行の気持ちはある。
最後は空けたつもりはなかったし、一杯で苦しく空いてしまった。
2 中村 浩士
負けた事は悔しいですね。
だけど、南関の自力選手のレベルが全体的に上がっている。
それが凄く嬉しいですよ。
3 松浦 悠士
まずは、同期ハラケンの頑張りがあったから。
最後は、中村さんとの勝負と思ったけど、平原さんの内が空いて恵まれた。
4 坂口 晃輔
もっと我慢してから踏めば良かったかな。
そうすれば、3着はあったしマーク選手として技術の問題。
5 郡司 浩平
平原さんの走りを僕がやらないと。
気持ちで負けたし、後ろに申し訳ない。
6 原田 研太朗
本当はカマシがベストだった。
ただ、初手の位置取りもあったので。
松浦君も前でやりたいと言っていたし、構えるレースは避けようと思っていた。
だけど、平原さんの動きが流石でしたね。
7 佐藤 慎太郎
僕が中か内なら平原君は残っていたかな。
4角まで我慢して外に持ち出した。
どうあれ、特別競輪の準決で、あの走りをやれる平原君は流石。
北日本にも、あんな選手が欲しいですね。
8 山賀 雅仁
気持ちが固まっているから、脚も固まっているんでしょうね。
特別競輪の準決で余裕がなかった。
9 武田 豊樹
平原君が行ってくれたおかげ。
バックでは、ラインの3人で決まると思いましたが。
最近は、ファンの期待に応える走りが出来ていなかった。
これから少しずつ、返していきたい。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
二日目勝因敗因
  1R S級特一般



1 成田 和也
坂本君が3番手を確保したけど、竹内君が掛かっていた。
並んだままのゴールでしたね。
2 高原 仁志
余裕があれば、竹内君のラインにスイッチ出来る。
それがないから斉藤さんに飛ばされた。
3 竹内 雄作
思ったより風がないし、良い感じでカマシに行けた。
流れに乗れた部分はあるけど、これが一般戦だから逃げ切れただけ。
自分のスタイルを崩さず、もっと上のレベルで勝たないと。
4 金子 幸央
一旦、切って、また一番後ろになった。
やってはいけないレースで神山さんに迷惑をかけた。
5 齋藤 登志信
高原君を飛ばした? いや、そんな事はないし真っ直ぐ走っただけ。
6 山内 卓也
竹内君の3番手で離れたのは言い訳になるけど、一番大事な場所でバックを踏まされた。
3角の山を登るところで行かれたし、あれは付いて行けない。
7 神山 拓弥
誰かが、8、9番手になる。
それが、今日は俺達だった(苦笑)。
8 坂本 貴史
バックは向かい風なのに、竹内さんはグングン掛かって行った。
仕掛ける勇気と仕掛ける脚がなかった。
9 北野 武史
俺なりに調子は良い。
だけど、自分が調子良くても、竹内君は抜ける相手ではない。
それが3角で分かった。
その後は2着確保に専念した。
  2R S級特一般



1 稲毛 健太
早めに引いて、カマシに行く予定。
組み立てが甘く、後方になってしまった。
自力のある松岡さんに迷惑をかけた。
2 小川 真太郎
心を入れ替えたし、有言実行の先行。
これからも、ガンガン逃げて行きたい。
3 牛山 貴広
天田君のスピードを借りる事が出来た。
怪我明けだけど、練習は出来たし、悪くないと昨日、言ったでしょ。
4 内藤 秀久
自分がやった事と言えば、橋本君を飛ばしたぐらい。
あとは、田中君に全部任せていたので。
5 橋本 強
一発良いのを貰って、小川君から離れた。
その後は、追い上げる事が出来たけど、マーク選手として情けないレース。
6 松岡 健介
あれはあれで、稲毛君らしいから(苦笑)。
セオリーなら3番手の小川君のところで粘るべき。
最後の直線は、フェンスにぶつかりそうで危なかった。
7 天田 裕輝
自分のタイミングで捲ろうと思っていた。
届かなかったし、小川君が強かった。
だけど、稲毛君は僕と併走しても意味がなかったと思う。
8 田中 晴基
一旦、小川君の後ろに入ったけど余力がなかったですね。
それまでに脚を使っていたから。
9 池田 良
小川君のタイミングに任せていたけど、3番手できつかった。
内に行き、内藤さんと絡んでしまった。
  3R S級特一般



1 柴崎 淳
中団を取りに行く時に、締め込んでいたので、番手まで行った。
その後は冷静に対応しようと。
悪くはないけど、もう少しですね。
2 芦澤 大輔
(落車し滑入)。
3 菊地 圭尚
初日はレース後、不機嫌で、自転車を取りに来た選手にも、声を掛けづらい雰囲気を出していた(苦笑)。
かなり悔しかったので。
今日は飯野君が駆けてくれ恵まれた。
最後も鈴木君に踏み勝てたので。
4 守澤 太志
ジャンから、全部、鈴木庸が悪い(笑)。
みんな、危ない、危ないと言う様なレースだった。
5 岡 光良
(妨害され落車棄権)。
6 飯野 祐太
後ろの圭尚さんが1着。
本当に踏んだのは残り1周。
かなり失速したけど、段々と良くなっていますね。
7 東口 善朋
(岡を妨害して失格)。
8 佐々木 則幸
9番手だし、前が落車。
危ないレースでした。
落車も2回、あったので。
9 鈴木 庸之
自分でも中団4番手を取るまで、どんな動きをやったか覚えていない。
直線でハウスしなければ、頭まで行っていたと思う。
審議は見栄えが悪かった? そんな事はないと思いますよ(笑)。
  4R S級特一般



1 芦澤 辰弘
兄貴が前のレースで落車。
いつも以上に気持ちは入っていた。
吉田君の頑張りがあったけど、これが僕の実力です。
2 新井 秀明
翼らしいレースだったね。
あの一発破壊力のある走りが彼の持ち味だから。
あの展開では付いて行くのは無理。
3 桐山 敬太郎
中団に入ったけど、予想外のレース。
無駄足を使っていた。
連日、同じ負けパターンだし明日以降は、もっと考えたい。
4 北津留 翼
昨日、走った後にフレームが曲がっていたのが分かった。
直したら、少し元気になった。
セッティングは、あとちょっと煮詰めたい。
組み立ては、相変わらずで、やばいですね(苦笑)。
5 和田 圭
佐藤君にスピードをもらうレースを考えていたけど、あれ以上、突っ込むのは無理ですね。
6 佐藤 博紀
もう少し早く行くパターンを考えたけど、桐山さんが車間を切っていたので、併されるのが怖く。
吉田君を捲れたけど、逃げている、あっちの方が強いですよ。
7 志村 太賀
吉田君がたれてきたから、そこから自分で踏んでも車が出ないですね。
9 吉田 拓矢
バックの向かい風にやられましたね。
そこから急激に失速した。
  5R S級特一般



1 湊 聖二
悪くはないけど2着までに突っ込みたかった。
そこが一番悔しい。
2 野原 雅也
自分のやりたい走りは出来たし、後ろの稲垣さんが1着だったので。
最近は捲りの勝利しかなかったし、今回は連日、主導権を取れているので。
3 小林 大介
ジャンで長島君が行っていれば、ラインで決まっていたと思う。
野原君がかなり流していたので。
4 取鳥 雄吾
今日はやり合わず、中団の組み立てで良いと湊さんと池田さんに言われていた。
ジャンでは、内を掬い先行しようと思ったけど、野原さんに気づかれた。
6 長島 大介
ジャンで行きかけたけど、やめてしまった。
勝負どころは、そこでしたね。
7 池田 憲昭
取鳥君のスピードをもらい、もう少し直線は伸びたかった。
8 朝倉 佳弘
長島君の判断。
やはり、特別競輪で9番手になっては。
連日、前が遠いですね。
9 稲垣 裕之
強風の中、野原君が強い気持ちで走ってくれた。
なるべく残そうと思ったけど、彼の走りを無駄にしない為にも、踏まさせてもらった。
  6R S級二予選



1 山田 英明
中村さんの牽制も凄かったけど、捲れず申し訳ない。
2 志智 俊夫
あのまま南関勢を追い、1車抜くレースでも良かったですね。
考えがまとまらない内に終わってしまった。
3 郡司 浩平
先行しない訳ではないし、いつでも、その気持ちはある。
野球と一緒でストレートが走らないと、変化球が決まらない。
2周先行だったけど、後ろの中村さんと成清さんを信じて主導権を取った。
ラインの3人で決まったし、最後も余力は残っていた。
4 大塚 健一郎
最後の地元G1だと思い気持ちを高めて走ったけど、あれ以上突っ込むのは無理だった。
残念だが、残りは良い走りを見せられる様に。
5 中村 浩士
郡司君は南関のエースだし、色々なカードを持っている。
ワンパターンでないから、相手も嫌がると思う。
残したと言うより、勝手に残ってくれた感じですね。
6 成清 貴之
郡司君から赤板先行なんて一言も聞いていない。
僕が言ったのは3着狙いの走りはやらないでくれと。
3着狙いは俺だから(笑)。
笑いがこぼれてしまうし、写真は恥ずかしい。
7 小松崎 大地
8番手になり大槻さんに迷惑をかけた。
インフルエンザ明けで体力も落ちているのかな。
8 桑原 大志
昨日も今日も地元の大塚君の後ろ。
山田君を信頼したし仕方ないですね。
9 大槻 寛徳
一つ一つ、小松崎君も成長して行ければ良いと思う。
脚では郡司君や山田君に負けていないし、組み立てだけだと思うよ。
今日も結果は別として頑張ってくれたので。
  7R S級二予選



1 村上 博幸
7番手になった時に、どうするかだけだった。
スピード勝負になると山田君では苦しい。
だから、位置にだけ拘れと言ってあった。
僕は引き続き良いですね。
2 海老根 恵太
諦めずに外を踏んだら届いた。
根田君には、あんなレースで良いと言ってあった。
3 新山 響平
ニュートラルに入れ、その後は、踏み上がる様に頑張った。
だけど、風もきつく、スンナリ山田さんが中団で捲られてしまった。
4 金子 貴志
新山君が行ってくれたけど、3番手で被ってしまったので。
5 村田 雅一
直線で村上さんと絡み、車輪が入ってしまった。
その分、伸びなかったですね。
6 渡邉 晴智
俺は性格が優しい。
厳しく走れば、3着はあったかな(笑)。
7 木暮 安由
新山君の掛かりは悪くなかった。
技術が足りず、山田君を止められなかった。
8 根田 空史
新山君と叩き合いのレースは避けようと。
そう作戦会議で決まった。
このバンクコンディションでなければ、普通にジャンから仕掛けていた。
今までの僕ならスライドして、早めにやめているけど、諦めは悪くなっている(笑)。
9 山田 久徳
新山君のダッシュは凄いし、バックも掛かっていた。
ただ、楽に中団を取れるメンバーで、それが助かった。
  8R S級二予選



1 山崎 賢人
(レース後は山田英明にアドバイスをもらいながら歩き、すぐに井上昌己、園田匠の3人で指導員室に行き、ビデオを確認しに行く)。
2 武田 豊樹
弟子の吉沢君も僕も、練習の良さを実戦で出す事が出来た。
吉沢君が番手を取り切るまでは、内で迎い入れよう、迎い入れようと思い、僕もきつかった。
本当なら差して1着がベストですが。
九州地区の大会で、しかも山崎君達がいるのに、僕らにも声援が凄かった。
それが凄く嬉しかった。
3 松谷 秀幸
一瞬、山中君を抜いたと思ったけど、また差し返された。
4 山中 秀将
僕に展開が向いて3着までしか届いていない。
ゴールした後に、松谷さんに抜かれたと思い、「クソッ!」と言ってしまった。
だから、すぐに謝りました(笑)。
6 小原 太樹
9番手になったけど、山中さんだけでも勝ち上がってくれ良かった。
8 岩津 裕介
あの展開になった時に、武田さんが外をグッと伸びれば、自分も一緒に伸びる感じになっていたと思う。
9 吉澤 純平
本当は山崎君を併せて、突っ張り切る作戦。
だけどヨコに並ばれたので、無我夢中で井上さんをどかしに行った。
その後も、山中君の捲りに併せて、自分から仕掛けた。
武田さんとワンツーだし内容も良かったと思う。
  9R S級二予選



1 坂口 晃輔
吉田さんとは本当に相性が良い。
弱い時から、いつも行ってくれたし、今の僕があるのも吉田さんのおかげ。
アクシデントがあったのは分かったけど、集中して走った。
2 清水 裕友
(落車し棄権)。
3 和田 健太郎
(落車も携入)。
4 鈴木 竜士
(落車も携入)。
5 香川 雄介
踏み出しで清水君から離れた。
落車があったから4着に入れただけ。
あと、イー新聞の特設サイトで、僕の写真を使って下さい(笑)。
6 神山 雄一郎
(斜行し5着失格)。
7 吉田 敏洋
哲男君の欠場で、他の選手の考えや走りが変わると思った。
自分だけは変えず、積極的に行こうと。
狙い通りのレースになったし、落車前より体が良くなっている。
8 和田 真久留
一旦、叩きに行き、鈴木君ともがき合う自信がなかった。
清水君に押し込まれたり、色々と難しいレースだった。
自力を出していないし、今日は運だけですよ。
9 渡部 哲男
(インフルエンザで当日欠場)。
 10R S級二予選



1 五十嵐 力
山賀君には自力で世話になっている。
だから納得して3番手を回ったので。
3 荒井 崇博
浅井君の動きは激しいから、仕事をしやすい様に3番手で内を締めていた。
それなのに、最後はコースも作ってくれず逆に締められた(笑)。
4 南 潤
浅井さんとは初連係だった。
力は出し切れたし、今度は、こんなレースで勝ち上がりたい。
5 渡邉 雄太
狙って4番手のレースではない。
南君に踏み負けて4番手に入っただけ。
自分の車が出たと言うより、南君がたれてきたから伸びただけ。
6 山賀 雅仁
五十嵐さんが前を譲ってくれたおかげ。
直前も成清さんと、競輪学校に合格した成清さんの息子と3人で茨城で合宿をやった。
その成果も出ましたね。
8 杉森 輝大
渡辺君と南君のもがき合いを期待した面もある。
やはり、単騎でレースに制約があった。
9 浅井 康太
準決は自力の番組になると思う。
今日みたいにマークなら問題ないけど、そうなった時にどうかな。
南君が強く、出っ切った時は3人で決まったと思った。
最後は悪いが踏まさせてもらった。
靴のサンは交換したら問題なかった。
 11R S級二予選



1 諸橋 愛
平原君の捲りを差したし悪くはないですね。
斡旋が停まっている間は昨年のプレッシャーがあったし、ゆっくり休んでいた。
本当に走りたくなったのは2週間ぐらい前かな。
2 近藤 隆司
今日は前から行きたいと後ろの先輩にお願いした。
鐘の3角からスパートは思い通り。
どっちみち、どこかで強風を浴びる。
やりたいレースで負けたし納得ですね。
4 齊藤 竜也
コンリュウが良いレースだったね。
僕は3番手で前任せだったけど、かなり風を浴びた。
5 平原 康多
山崎さんの前で、あれは休んだのではない。
あんな感じで捲らないと、後ろのハラケンを引き出すので。
切って、切ってがあり、近藤君の思い通りのレースになったし、彼の先行も掛かっていた。
力づくで捲った感じでした。
6 原田 研太朗
スタートで後ろになり、これがかなり応えた。
柏野さんを連れ込めなかったのは申し訳ないし、後々、自分にも影響が出てくる。
単騎より2車、2車より競輪は3車なので。
7 岡村 潤
近藤君は良い走りをやってくれた。
平原君を止めに行ったけど、スピードが違いましたね。
外を一気に行かれてしまった。
8 永澤 剛
スタートで、かんな削りみたいになり。
みんな初手のポジションが大事になりますから。
諸橋さんと岡村さんが怒っていないか、聞いてきます。
9 柏野 智典
初手で、あの位置だと、やはり後方になりますよね。
原田君が良くなっているし、僕ら後ろの選手にとっても大きいですね。
 12R STR



1 三谷 竜生
(落車棄権)。
2 太田 竜馬
昨日と同じ結果になりましたね。
近畿のあの並びに対して、勝ったのは自信になります。
審議になったみたいだけど、何でかは分からなかった。
どうあれ、僕も小倉さんもセーフで良かった。
3 佐藤 慎太郎
後ろから押さえて、1回レースを動かした方が良いと言う作戦だった。
前を取ると、どうしても後ろでレースが始まるから。
結局、誠ちゃんが8番手になったし、今日の展開では勝負にならない。
4 松浦 悠士
昨日、この並びで走ったばかりだから、余裕を持って走れた。
昨日より車間も切らずに済んだ。
再現VTRみたいなレースだったけど、僕の脚も悪くないですね。
5 古性 優作
乗り上げた感じだったけど、ちょっと、そこは奇跡でした。
だけど三谷さんと、椎木尾さんが心配ですね。
6 小倉 竜二
人間、自信を持つと、こんなに変わるんですね。
僕も42歳だけど、今から変わろう(笑)。
三谷君を簡単に叩き、不発にさせるのだから太田君は立派。
2日間、太田君と一緒だから準決は別になる。
だから、ハラケンの番手でしょう、多分…。
7 村上 義弘
踏んだコースが良かったから、落車を避ける事が出来た。
今日はそれだけです。
8 椎木尾 拓哉
(落車棄権)。
9 中川 誠一郎
もがき合いを誘うレースにしたかったけど、そうならなかった。
踏んだ瞬間に落車があったから、それで、もう一杯だった。
準決は僕が久留米記念を優勝した時の小倉さんですね。
小倉さんは何にも言わないから、自分のレースが出来ますね。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
スタールビー賞インタビュー


三谷竜生
ある程度、自分が前でやりたいと志願した。
近畿の一番前で自力勝負です。
太田竜馬
やはりウエイトトレの効果も出ている。
スタミナがかなり付いている。
三谷さんと力勝負になると思うけど自力勝負。
佐藤慎太郎
最初、誠ちゃんは、中四国勢からのコメント。
それなら、俺がそこを回ると言ったよ(笑)。
きっちり話したら、自力で頑張ると言ってくれた。
なので任せる。
連係するのは初めてです。
松浦悠士
徳島コンビの後ろへ。
初日特選みたいな流れになると良いですね。
古性優作
何か吹っ切れた感じもするし動き自体問題ない。
村上さんの了解を得たので三谷さんの番手へ。
小倉竜二
同県の時は、どんな場合でも番手を回っている。
頼もしくなった太田君の番手へ。
村上義弘
若い2人に前を任せる。
近畿で決まる様に3番手を固める。
椎木尾拓哉
もちろん、近畿ラインの4番手です。
ライン固めの競走。
中川誠一郎
慎太郎さんに言われたので、自力を出してみる(笑)。
最初のコメントは無しでお願いします。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日勝因敗因
  1R S級一予選



1 鈴木 竜士
ジャン前からだし、ペースで駆ける事が出来た。
別府は朝は風がなく、昼から夕方にかけて、強くなって行くみたいですね。
そのバンクコンディションにも助けられた。
流しながら踏み、全部、併せ切る自信もあった。
実は、特別競輪で勝ち上がったのは初めてです(笑顔)。
今年は違う走りを見せたいですね。
2 桐山 敬太郎
内から掬ったり、色々と考えたけど、自信があったから中団からの捲りになった。
余計な動きをやり、鈴木君が踏んでいないから、山田君にカマされるのも嫌だった。
力勝負をやった結果です。
4 永澤 剛
こんな感じで勝ち上がれる事もあるんですね。
何もやらず、3番手で内を締めていただけ。
鈴木君が駆け、大槻さんが番手で仕事をやってくれたおかげ。
5 山田 久徳
自分だけのレースになり、後ろの2人に申し訳ない。
ジャンでも行けたし、何度も行くチャンスがあった。
スピード自体は悪くないので、二次予選でも戦える状態です。
6 田中 晴基
桐山さんの判断は完璧だったと思う。
あとは、鈴木君が今日は上手く駆けていた。
7 大槻 寛徳
やっと差した感じですよ。
鈴木君が掛かっていて、最後も踏み直された。
僕の仕事は、桐山君の捲りを止めに行っただけ。
1着だし、怪我の影響もないですね。
8 高原 仁志
朝早いレースで、体がふわっとしていたけど、9番手のままだったので。
9 内藤 秀久
桐山君が止められた後の判断で、何か違う方法があったかも。
後ろに田中君もいたので。
そこだけですね。
自分に脚があれば、4着に突っ込めていた。
  2R S級一予選



1 南 潤
初日で少し力んでいて、バタバタしていた。
最後も坂口さんに残してもらった感じですね。
別府は6勝し、2着も2回。
得意バンクだし、連対の記録も伸ばす事が出来た。
2 池田 憲昭
成清さんの追い上げが痛かった。
それで、自分の位置を守れなかった。
3 岡村 潤
鈴木君なら立ち遅れないし、スピードをもらえると信じていた。
自力選手ですが、組み立ても上手く、ヨコも強いですから。
捲って行きながら、内も決めようとしていましたからね。
4 坂本 貴史
ある程度、持つレースを意識していたので、ペースを上げたぐらいの時に、ドーンと南君が来た。
それで併せる事が出来ず、中団に下げた。
5 鈴木 庸之
ジャンで切れるタイミングがあれば切って、南君の番手だと思っていた。
坂本君が踏んでいたので、それに期待して、少し様子を窺っていた。
その後の状況判断は覚えていないけど、捲りながら番手に切り込もうとしていたね(笑)。
6 佐々木 則幸
自分は成清さんみたいな動きは出来ない。
だから捲りのラインに乗り、スピードを貰おうと思っていた。
4着に入りたかったけど、あとちょっとの伸びが足りない。
7 和田 圭
坂本君から切り替えて、南君のラインにスイッチしていれば、勝ち上がれていたかも。
だけど、中団だし、それは出来ないよ。
8 成清 貴之
自分でやって良かった。
捲りは無理だし、前が掛かる前に1車でも前と思った。
1レースも前のラインで決まっているので。
9 坂口 晃輔
南君のスピードが良かったですね。
ホームで巻き返す時も、余裕がありそうでした。
僕は抜く事より、まずは自分の位置を守ろうとした。
その結果がワンツーだったと思う。
鈴木さんも結構、頭を出してきましたね(笑)
  3R S級一予選



1 園田 匠
僕の状態に関しては全く問題ない。
野原君が初連係で、どれぐらいの先行をするのか分からなかった。
残しに行ったし、外を来られたのは仕方ない。
2 五十嵐 力
指定練習で走ったら、直線が長く感じた。
だから外を踏もうと思っていた。
9番手になったけど、根田君のスピードを借りる事が出来ると思った。
小原君にも恩を切れたし、最高の結果が出たと思う(笑)。
3 芦澤 辰弘
岡さんも内から入ってきたし、自分の踏むコースがなかった。
リカバリー力が凄い選手だし、その辺りも勉強になった。
4 野原 雅也
自分の中で、先行が無くなり欠けていた。
その中で、根田さん相手に主導権を取れたのは次に繋がると思う。
そう思いたいですね。
5 天田 裕輝
中団を取っただけのレースになってしまった。
ラインが機能せず申し訳ない。
6 小原 太樹
外では無理だと思い、内のコースを狙った。
その外を五十嵐さんが強襲したし、流石ですね。
番手を譲ってもらったけど、最後は脚負けです。
7 新井 秀明
野原君が行ってくれたけど、根田君のスピードが違った。
凄い勢いで捲って行った。
8 根田 空史
新車が前検日に届いたけど、敢えて使わなかった。
野原君とやり合うと、天田さんの捲り頃になる。
だから、ジックリ構えた。
脚の裏付けがあるから、焦らずあのレースが出来た。
ダメな時なら、7番手になった時点で焦って行き不発だった。
9 岡 光良
自分の持ち味である、狭いコースを突っ込む走りが出来なかった。
最後方になり諦めずに踏みましたが。
  4R S級一予選



1 渡部 哲男
コース的に最後は内しかなかった。
どうすれば勝ち上がれるか考えても分からない。
だから、走っていて、その感性に任せた。
2 小松崎 大地
インフルエンザ明けで、少しビビっていましたね。
流れの中で判断しようと思ったけど、登志信さんに迷惑をかけた。
3番手に入るまでに脚を使い、余力もなかった。
3 渡邉 晴智
和田君の仕掛けに付いていけるか、微妙なところだった。
昔はスプリントでならしたけど、今はそんな脚がないから(笑)。
4 北津留 翼
やっぱり、ダメですね。
一人で走ったけど、9番手になってしまい。
誰かに操縦してもらわないと。
5 和田 真久留
前検日の指定練習から軽く感じた。
ただ、実際のレースでは重たくて重たくて。
前のレースで根田さんは軽いと言っていたけど騙されました(笑)。
6 金子 幸央
一旦、小松崎さん相手に脚を使わされた。
やはりビッグレースで勝つのは厳しいですね。
脚力差があるので、練習で、この差を埋めないと。
7 齋藤 登志信
本来の小松崎君ならもう1回仕掛けていたし、行けたと思う。
欠場明けで大事に走っていたね。
後ろに哲男君がいたので、最後のコース取りは難しかった。
8 伊勢崎 彰大
もったいないね。
和田君はスーパーダッシュだけど、付いて行ければ3着ですから。
9 牛山 貴広
体的には不安がないのは分かった。
展開が向けば、大丈夫ですね。
  5R S級一予選



1 山崎 芳仁
本当は突き抜ける勢いだったけど、志智さんのペダルが入り、スピードが死んだ。
あとは前が遠く感じて、初速のスピードも悪かった。
僕は、そこを大切にしているので。
ただ、神山さんと2人で勝ち上がる事が出来て、それは良かった。
2 池田 良
取鳥君が頑張ってくれたけど、きつそうで、自分も外を止める事が出来なかった。
3 吉田 敏洋
松岡君を入れるか悩んだ。
最後、致命的になる可能性もあるけど、1車だから良いかなと。
僕は優しい性格なので(笑)。
段々と風が出てきて、取鳥君が止まったのもラッキーだった。
4 神山 雄一郎
前で大きな音が聞こえて、一瞬、内に入るか悩んだ。
だけど、そこから山崎君は伸びるので、そのまま付いて行く感じだった。
踏んだり、やめたりがあり、かなりきついレースだった。
5 取鳥 雄吾
風が強くて、前に出た時は、やばいと思った。
ホームで山崎さんのカマシを警戒して、そこでも踏んだ。
普段ならきつくならないところできつくなり、脚が4角に回っていた。
6 松岡 健介
吉田君が入れてくれたのは有り難い。
先捲りを狙っていたけど、きつかったですね。
8 朝倉 佳弘
前の2人は凄いタイトルホルダー。
結果は出なかったけど、良い思い出になった。
9 志智 俊夫
車番が悪いから、吉田君が後ろ攻めになると思った。
その中で、良い組み立てをやってくれた。
3コーナーで煽りを受けたけど、吉田君の出が良かったから影響がなかった。
  6R S級一予選



1 井上 昌己
風が強い中、1周半、小川君が行ってくれたおかげ。
自分にもっと残せる技術があれば。
そこは申し訳ないですね。
直前の練習では、荒井さんに、こてんぱんにやられたけど、本番ではそうでもなかった(笑)。
2 小林 大介
杉森君が仕掛けなかったので、内に行ったけど、詰まってしまった。
3 稲垣 裕之
あの位置を取って捲れない。
現状の脚を把握出来たし、残りは勝てる様に頑張りたい。
4 杉森 輝大
権利は取ったけど、内容が良くない。
二次予選は、もっと前々に踏みたい。
5 小川 真太郎
バックの向かい風を2回ぐらい食らって、もう一杯。
とにかく弱いし出直します。
6 飯野 祐太
後方になったけど、見せ場を作れて良かった。
明日以降に繋がると思う。
7 村田 雅一
思った通りの展開になったけど、小川君もなかなか踏み込まないから。
変に稲垣さんも、きつかったと思う。
着はどうか分からなかったけど、脚の感じは良いですね。
8 守澤 太志
怪我の影響はないと思う。
前の方にいれば、何とかなりそう。
9 荒井 崇博
内か外か迷って、結局外を踏んだ。
あわよくば、昌己を抜こうと思っている人間だから、どうしても外に行ってしまう(笑)。
前3人で決めるなら内に行った方が良かった。
そこがマーカーと違うところ。
  7R S級一予選



1 柏野 智典
ハラケンが駆けてくれたから、僕も岩津君もアシスト出来たと思う。
今は点数を落としているけど、彼はこんな選手ではないので。
2 東口 善朋
いつも稲毛君は頑張ってくれるし、こんな事もありますよ。
後方になってきつかったですね。
3 渡邉 雄太
流してはいないけど、良いタイミングで、原田さんが来た。
あまり踏み合っても、中団に入った時に捲る脚がなくなるので。
柏野さんの牽制が絶妙だったし、突っ張った方が面白かったかも。
4 北野 武史
前がもがき合いかなと思ったけど、渡辺君が出させてしまった。
1角であ~あと思いましたよ(笑)。
5 稲毛 健太
もっと早めに誰かが来て、僕がカマシに行く展開だと思っていた。
無理に突っ張っても、原田君に行かれるだろうし。
動きは悪くないんですけどね。
6 原田 研太朗
これが、本来の俺の姿だ!と小川真太郎に言えと言われました(笑)。
まだ一次予選が終わったばかりだし、これからが本当の勝負。
ただ、先行で結果が出たのは大きいですね。
7 芦澤 大輔
自分が渡辺君に何か言える立場ではないからね。
全て彼に任せたし、自分に脚がなかっただけ。
8 志村 太賀
渡辺君が先行態勢に入ったけど、原田君の巻き返しが早かった。
9 岩津 裕介
まずは原田君の頑張りが全て。
力を出し切る走りをやってくれた。
僕は怪我の影響がない感じだし、そこそこ勝負になると思う。
  8R S級一予選



1 大塚 健一郎
最後、竹内君が退避して、これはやばいと思った。
後ろに桑原さんがいるので、タテに踏まないといけない。
だけど、そこから立ち上げて踏む脚がなかった。
何とか勝ち上がれたけど、大きな花火は上げられなかった。
今回の緊張感は半端ではない。
2 山中 秀将
早めに仕掛けたのに、捲り切るのに時間が掛かった。
あと50メートル仕掛けが遅ければ、大塚さんの餌食になっていたと思う。
練習での感じが良かったので、どれだけ本番で走れるかだと思っていた。
悪くはないけど、もう少し、何かが欲しい。
3 神山 拓弥
後輩の長島君には優勝も取らせてもらっている。
失敗だけど、納得のレースです。
4 桑原 大志
竹内君が先行してくれたおかげ。
大塚君が切り替えてからは、彼が勝ち上がれる様に、ギリギリまで踏むのを遅くした。
5 海老根 恵太
今回、来る前も一緒に山中君と練習をやっていた。
気心も通じるし、僕の走りと合っているから。
車間が空いた時は、やばいと思った。
6 佐藤 博紀
中団を取っただけで終わってしまった。
もっと早めに行く勇気がないと。
7 竹内 雄作
地元の大塚さんと、3番手の桑原さんが勝ち上がってくれたけど、自分は残る事が出来なかった。
風も強く、きつかった。
8 長島 大介
8番手になったのが失敗。
竹内さんの先行だし巻き返す事が出来なかった。
9 菊地 圭尚
最後は内しかなかったですね。
何とか4着と思いましたが…。
  9R S級一予選



1 吉田 拓矢
周回は、中団で良かった。
別線が動いたところを叩くのはイメージ通り。
出てから、柴崎さんが来ないと思い油断した。
組み立てを修正しないとダメですね。
2 松谷 秀幸
中団か前受けと思っていたけど、後ろになってしまった。
その時点で開き直って、1回動こうと。
ホームは流れるけど、バックは車が止まるぐらい強風。
まだ指の痛みはあるけど、中部の動きがあったから、自分にも出番が来た。
3 金子 貴志
内にいた吉田君が気になり、柴崎君を援護出来なかった。
そっちに意識があったので、外の松谷君を素通りさせてしまった。
4 齊藤 竜也
G1の勝ち上がりで1着は初めて。
松谷君の仕掛けが決まったから、自分にチャンスが出た。
同県の後輩のおかげ。
5 柴崎 淳
吉田君の弱点をつく走りは出来たと思う。
タイミングは良かったけど、出るのに脚を使った。
出っ切った事は評価出来ると思う。
6 山内 卓也
今は、ちょっと正念場ですね。
前の2人が強く、ダッシュに対応が出来なかった。
7 成田 和也
吉田君が頑張ってくれたし、もう少し援護したかった。
申し訳ない。
8 山賀 雅仁
番組が出た時点で、3番手の仕事に集中しようと。
ラインのお陰で勝ち上がる事が出来た。
今後も与えられた展開と番組で頑張るだけ。
9 湊 聖二
今日は柴崎君の巻き返しが早く、吉田君のペースにならなかったですね。
 10R S級特選予



1 中村 浩士
一成君が世界のダッシュを披露するレースにならなかった。
二次予選はクリア出来る様に。
2 浅井 康太
(レース中にシューズのサンが割れて、2割ぐらいしか踏めなかった模様)。
3 吉澤 純平
松浦君の牽制も上手かったけど、今日は太田君に完敗です。
4 太田 竜馬
これで、僕も徹底先行として認めてもらえるでしょう(笑)。
以前の僕なら、吉沢さんを叩けず、早々と浮いて諦めていたと思う。
そこが変わったところだし、今は重たいバンクでも対応出来ている。
今は走っていても楽しいですね。
5 村上 博幸
浅井君とは何度も決まっているし、今日の展開ではきついですね。
太田君が掛かっていたと思う。
7 松浦 悠士
自分が3番手で仕事をする方が良いと思った。
僕のヨコを通り過ぎたら、小倉さんに任せようと思った。
メンバーが出たときに、太田君に聞いたら、付いてもらった方が楽ですと言われたので。
8 小倉 竜二
完全に太田君が変わったね。
おこぼれを貰う身としては、嬉しい材料(笑)。
だけど、人間、こんなに変わるんですかね。
後ろの松浦君が仕事をしていたので、何にもやらずに済んだ。
9 諸橋 愛
普通に走れたし、久々の実戦の不安はなかった。
今年も自分らしい走りをやりたい。
 11R S級特選予



1 三谷 竜生
新山君が下がったから3番手で良いと思った。
清水君が掛かっていて早めには行けなかった。
だけど、仕上がり自体は問題ない。
2 中川 誠一郎
清水君が行ってくれたおかげ。
これで準決フリーパスになったのは大きい。
もう少し、残したかったですが。
3 武田 豊樹
木暮君が内に行くレースで、僕もきつかったですね。
4 新山 響平
もっと早めに引いてカマシに行った方が良かったかな。
清水君にも誘導を使わされてしまい。
5 木暮 安由
後手、後手になってしまった。
武田さんに申し訳ないですね。
6 和田 健太郎
あの位置で良いと思った。
三谷君が中団だったからね。
そこを木暮君に内から掬われたのが誤算だった。
7 清水 裕友
想定外過ぎる。
もっと流れが何度かあると思った。
以外とレースが動かず、僕が逃げる形になった。
だけど、4角から粘る脚がなかった。
8 椎木尾 拓哉
三谷君が落ち着いていました。
木暮君も僕の後ろ迄でしたね。
9 菅田 壱道
どうするかは新山君の判断。
前のペースが良く、共倒れに終わってしまった。
 12R S級特選予



1 香川 雄介
何となく、こんなレースになると思っていた。
やはり、平原君か古性君が粘ってくるかなと。
ありがちなレースになってしまった。
2 平原 康多
まだ古性君が車輪をかけていたんですね。
そこを内から来られた。
一旦、引いて、態勢を整えたが。
3 村上 義弘
古性君の動きに、きちんと付いて行けた。
ごちゃごちゃになって、対応が難しい部分もあったけど。
4 山田 英明
自分の位置を守れず、技術不足。
平原さんと、古性君が流れで来るのは分かっていたけど。
5 佐藤 慎太郎
結果は別として平原君の動きは後ろから見ていて流石。
あんな選手が北日本にも欲しいですね。
最後、自分の伸びも良かった。
6 近藤 隆司
郡司君のタイミングは悪くなかったと思う。
最終バックは、自分で仕掛けたけど1車身も出なかった(笑)。
7 古性 優作
2回目の動きは、本当は引くつもりだったし、引きかけていた。
ただ、山崎君が踏まないので厳しいレースになった。
8 山崎 賢人
平原さんの動きは見えたけど、その後の古性さんの動きは分からなかった。
郡司さんは併せたけど余裕がなかったですね。
9 郡司 浩平
ごちゃごちゃになったし、もっと早めに引き、態勢を整えれば良かった。
平原さんと古性君なら、2人で激しい走りをやりますからね。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日インタビュー
  1R S級一予選


鈴木竜士
高松記念は首痛で途中欠場。
落車や一般戦回りになっても欠場した事はなかった。
気持ちで負けたし、この選択に後悔もあった。
ビッグの1レース1番車は初めてだが、記念なら3、4回ある。
その時は、ほとんど成績は良い。
自力勝負。
桐山敬太郎
前橋は初日特選、準決と先行。
決勝は4車だったが立ち遅れた。
疲れが残っていたのかな(笑)。
田中君には任せた事がないので、普段通り自在にやる。
三谷将太
残念ながら、次の地元奈良記念は、ブロック7に出場。
昨年は兄弟で盛り上げてワンツーだったのに残念。
近畿で山田君の番手へ。
永沢 剛
大槻さんが鈴木君に行くし、喜んで3番手。
特別競輪で、僕の自力では、しれていますから。
山田久徳
二次予選で失敗した高松記念は凄く悔しかった。
誘導を追い脚を使ったのもあるが。
ただ、3勝出来て、全体的に調子も良かった。
後手を踏まない自力勝負です。
田中晴基
失格が続き流れが悪いけど、僕はどちらかと言えば、ビッグレースに強いタイプ。
大宮記念は、自転車、シューズ、練習方法と新しいものを取り入れたのが失敗だった。
ここは神奈川コンビの後ろへ。
大槻寛徳
鈴木君にジカ付けする。
何度も連係はあるし、有り難いですね。
高原仁志
近畿ラインの後ろを回る。
今年に入って、伸びは戻ってきた。
内藤秀久
どう走るかは桐山君に決めてもらう。
彼が自分でやると言っているし番手を回らせてもらう。
田中君には申し訳ないが。
  2R S級一予選


南  潤
昨年の目標はS級で完全優勝を決める事だった。
その目標を立てた途端に決勝にも乗れなくなった(笑)。
ヤンググランプリを境に、かなり良くなっている。
練習での感じも一番良い時に近い。
同期山崎さんも苦しんでいたけど、やっと戻っていますね。
僕も負けない様に自力勝負。
池田憲昭
まずは中部近畿ラインの後ろから。
地元記念の最終日は競られて熱くなった。
最終的に自分で踏み込むレースになったけど、意地は見せられた。
準決で太田君に離れたのはショックでした。
ただ、脚は引き続き良いですね。
岡村 潤
鈴木君の番手を回る。
連係は初めて。
ずっと、安定はしているし勝ち負け出来ると思う。
子供はインフルエンザにかかったけど、自分は大丈夫だった。
坂本貴史
いつでも走る以上は仕上げてきたつもりでいる。
結果は別として、そうでないとファンに失礼だから。
自力で頑張るだけ。
鈴木庸之
高松記念が終わり後泊して、今回も前泊。
その前に練習はやっていたので問題ないと思う。
高松記念の決勝は、山崎君が強かっただけ。
もう少し展開の助けが必要だった。
悪くはないので自力勝負。
佐々木則幸
さすがに4番手ではきつい。
位置を決めずに流れの中で判断する。
和田 圭
北日本ラインで坂本君の番手へ。
2車だが頑張ってもらうだけ。
成清貴之
南関なら3番手を固めるが、そう言うケースではないので。
単騎で何かやりたい。
息子が競輪学校に受かったけど、晴智の息子も一緒。
俺らも同期だし、何かしらの縁があるんだろうね。
高校時代は野球をやっていたけど、レギュラーではなかった。
俺と違い、優しく、真面目なのが欠点ですよ(笑)。
坂口晃輔
失格が続いて流れが悪いですね。
高松記念の失格も、そんなに振った感じはなかった。
南君の番手で仕事する。
  3R S級一予選


園田 匠
高松記念の決勝は山崎君に離れて申し訳ない。
準決は4度目の連係で初めてワンツーを決めたけど、最後は迷惑をかけてしまった。
ちょっと脚質が合わないのもある。
ここは初連係だが野原君の番手へ。
五十嵐力
小原君は、まだ自力選手。
世話にもなっているから、僕が南関の3番手で構わない。
芦沢辰弘
G1で通用する様なフレームを持ってきた。
練習も大事だけど、自転車の不安があると嫌なので。
関東で天田さんの番手へ。
野原雅也
小倉の優勝は細切れ戦を捲り久々の優勝だった。
G1の前だし、気持ち良く走れそう。
地元地区の園田さんが後ろだし積極的に走る。
天田裕輝
大宮記念はインフルエンザで途中欠場。
直前は普通に練習をやってきた。
自力勝負です。
小原太樹
五十嵐さんが前を回れと言うので、根田君の番手へ。
俺からリクエストした訳ではないですよ(笑)。
新井秀明
野原君、園田君の後ろを回る。
チャンスのある位置ですね。
根田空史
今日は、まずカメラマンの仕事をやってから(笑)。
最近の野原君は捲りの決まり手ばかり。
天田さんも仕掛けは遅い。
実質先行1車だし、自分のレースをやり逃げ切りたい。
岡 光良
通算69勝しかしていないのに、今年はもう2勝も出来ている(笑)。
連続して特別競輪に出場しているけど、来期は失格が2本あるから2班に落ちる。
関東の3番手。
  4R S級一予選


渡部哲男
扱いが悪い? そこまでは思っていないですよ(笑)。
ただ、翼君も強いけど安定感に欠ける。
大事な特別競輪なので、ここは自分で何かやりたい。
今回は、敢えて地区同士でない番組を組んでいるみたいですね。
それはそれで斬新で良いと思います。
小松崎大地
高松記念は走りたかったけど、インフルエンザで欠場した。
その前の防府は3日間慎太郎さんで、早い仕掛けだった。
悪い感じはしなかった。
自力で勝てる様に。
渡辺晴智
和田君の番手へ。
スーパーダッシュだし離れない様に。
大宮記念? あれが今の実力だよ。
息子が競輪学校に合格して安心したから? それは関係ないよ(笑顔)。
この後も地元静岡記念があるし、大事なレースが続く。
北津留翼
高松記念は、負けてはいけないレースで負けてしまった。
本当、すみません。
単騎になるので気楽に一発。
和田真久留
練習はハードにやってきたので楽しみ。
それを出せれば、勝つ自信はある。
昨年の特別競輪は、ほとんど脇本さんの当て馬。
番組の人も、僕を対戦させやすいんでしょうね。
そこそこ点数も脚もあるし、かと言ってガンガン逃げるタイプでもないので(笑)。
金子幸央
牛山さんと2車ですか。
みんな強いけど、自力で力を出し切りたい。
斉藤登志信
この年で、この成績なのは、たまたまですよ。
もうすぐ引退ですから(爆笑)。
北日本ラインで小松崎君の番手へ。
伊勢崎彰大
南関ラインの3番手。
もう1回、自力で勝てる脚は作っているところ。
そうでないと、これぐらいの選手で終わり、覚醒しないから。
牛山貴広
岐阜の落車は頸椎を痛めた。
元々、首はあまり良くないので。
ラインの金子君の番手へ。
  5R S級一予選


山崎芳仁
確か俺が9個で、神山さんが16個。
これは、2人のタイトルの数ですよ(笑)。
まだ、グランドスラムは諦めていないし、可能性がある間は狙って行きたい。
行けるタイミングで自力勝負。
池田 良
中国ラインで取鳥君の番手へ。
F1が続いたけど、悪い感じはしない。
吉田敏洋
大宮記念の怪我は泣きたくなったよ(苦笑)。
後ろから突っ込まれた。
今年は名古屋でオールスターがあるので、大事な一年になる。
志智さんと決まる自力勝負。
神山雄一郎
高松記念の失格は不運だった…。
ちょっと考えたけど山崎君の番手へ。
彼がガンガン逃げていた頃は、よく連係している。
取鳥雄吾
僕が一番若いし積極的なレースをやりたいですね。
ラインで決まる仕掛け。
松岡健介
このメンバーなら単騎で自力勝負。
普段は明石競技場と、室内トレーニングです。
橋本 強
大宮記念の失格は最後の海老根さんのところが空いていなかった。
セーフなら12万円の配当だったみたいですね。
中国コンビの後ろへ。
朝倉佳弘
神山さんの後ろへ。
前の2人でタイトルは25個。
1個ぐらい、分けて欲しいですね(笑)。
志智俊夫
引き続き脚の感じは良いですね。
伸びている感覚もある。
中部で吉田君の番手へ。
  6R S級一予選


井上昌己
小川君の番手へ。
連係ですか? 記憶にないので、確かな事は言えない。
もちろん、何にも言わないし好きな走りで十分。
小林大介
高知競馬の最終は企画レース。
そのレースだけは相性が良く、大穴も当てたばかり(笑)。
競輪で勝てるかの運は分からない。
関東では一番連係の多い杉森君へ。
稲垣裕之
小田原は急にギックリ腰になり途中欠場。
初日の朝から、少し嫌な予感があった。
与えられた番組で頑張るだけだし、自力でも問題ない。
杉森輝大
3場所前の平塚から新車。
展開が噛み合えば、面白い走りが出来ると思う。
自力勝負。
小川真太郎
高松記念は、あれで精一杯。
自分の技術が不足していたけど、太田君も強すぎた。
番手で良い勉強になった。
自力勝負。
飯野祐太
怪我が続いているので、強気な材料はない。
自力で頑張るだけ。
村田雅一
稲垣さんの番手は初めて。
3番手は経験しているけど、走るグレードが違ったので。
楽しみだし、結果も出したいですね。
守沢太志
怪我は大丈夫。
多分、前は回った事はないと思うので飯野さんの番手へ。
荒井崇博
昌己と一緒なら喜んで。
とにかく小川君に頑張ってもらうだけ。
  7R S級一予選


柏野智典
今は僕の方が点数を持っているけど、岩津君は実績のある選手。
2人の時は任せているし原田君の3番手。
東口善朋
稲毛君の番手へ。
相性はバッチリだし、ほとんど決まっている、僕が後ろだと、彼の良さを引き出せるのかも。
渡辺雄太
松阪記念は準決で失敗したけど、脚自体は、ずっと良い。
いつも通り積極的なレースをやる。
北野武史
和歌山コンビの後ろですね。
付いて行ければ3着。
1人抜かれても4着はありそう。
稲毛健太
高松記念の準決は太田君と力勝負。
ジャンから押さえる様な走りで最後は一杯だった。
最近、あの手のレースをやっていなかったので。
ただ、調子は引き続き良いですよ。
先行か捲りで。
原田研太朗
後輩達が頑張っているので、自分もの気持ちでいる。
まだまだ、これから。
自力勝負です。
芦沢大輔
渡辺君の番手で良かった。
番手を回った事もあるし、競りに行った事もありますよ。
志村太賀
成績通りであまり良くないけど頑張らないと。
それより、まだ自転車が届かないし、準備も出来ない(苦笑)。
渡辺君の3番手へ。
岩津裕介
練習の感じでは特に怪我の影響はなかった。
柏野さんが良いと言ってくれたので原田君の番手へ。
  8R S級一予選


大塚健一郎
最初で最後の地元の特別競輪。
ここで、どでかい花火を、ぶち上げますよ(笑顔)。
脚は分からないが、完璧に仕上げてきた。
竹内君の番手へ。
山中秀将
やりたい練習はやってきた。
ここはS級で初優勝した思い出のバンク。
一番気をつけたいのは、大塚さんですね(笑)。
神山拓弥
全体的に面白い番組が多いね(笑)。
長島君の番手で、俺が付くと長い距離を踏んでくれる。
大宮記念で優勝したし、あと2、3個取りたいね。
桑原大志
竹内君の3番手。
大塚君も気合いが入っていたし、竹内君の先行が有力。
だからSSの時に大塚君に競られたとかは関係ない。
僕は過去は振りかえないし、前を見て歩いている。
SSでいた事さえ、一旦、砂場の砂の様に、崩していますから。
海老根恵太
前泊せずに、朝一の飛行機で来ました。
もちろん、山中君の番手へ。
佐藤博紀
構えると圭尚さんに怒られるので、前々に踏みたい。
2場所前の和歌山記念でも連係している。
竹内雄作
高松記念は途中欠場になり情けないし申し訳ない。
疲れが溜まっていた。
大塚さんの地元だし、普段以上に気持ちを入れて自力勝負。
長島大介
4分戦だが竹内さんの実質先行1車。
だけど、積極的な気持ちで仕掛けたい。
菊地圭尚
佐藤君とは、ほとんど決まらず、この間、やっと1回決まっただけ。
ダメなら付けないと思ったけど、頑張ると言うので。
高松記念はタテ脚は良かったけど、考えと組み立てが甘かった。
  9R S級一予選


吉田拓矢
記念を含め決勝を外していないので悪くないと思う。
あとちょっと、何かが噛み合えば、更に良くなると思う。
積極的に攻める。
松谷秀幸
南関の一番前で自力自在戦。
伊東の落車は指先が取れた感じになった(苦笑)。
鎖骨とか骨折しても興奮しているから痛みは感じないけど、今回の痛みは半端でなかった。
柴崎君の早駆けは考えづらいし、初手の位置取りが問題ですね。
金子貴志
中部で柴崎君の番手へ。
スピードをもらえる走りで十分ですよ。
斉藤竜也
特に変わった事はやっていないしシューズとセッティングを変えたぐらい。
それから急激に良くなった。
同県の松谷君へ。
柴崎 淳
地元松阪記念は、パッとしなかった。
年末の佐世保記念で失格した悪い流れを断ち切れなかった。
後手を踏まない自力勝負。
山内卓也
鎖骨骨折の痛みは、まだ多少あるが、段々と良くなってきた。
もちろん金子先輩の後ろへ。
一宮競輪場の民間への売却が決まり、3月一杯で練習が出来なくなる。
残念だけど、それも時代の流れだから。
成田和也
吉田君の番手へ。
連係は何度もあるし問題ない。
しっかり自分の走りをやるだけ。
山賀雅仁
松谷君なら後方にならない。
神奈川コンビの後ろですね。
湊 聖二
吉田君の3番手が空いている。
番手も名前のある成田君。
喜んで3番手へ。
 10R S級特選予


中村浩士
前回の高松記念は良い感じで突っ込めていた。
もちろん、決勝は厳しい展開になったけど、その他のレースは、及第点を上げられる。
一成君の番手へ。
浅井康太
相手の選手がどれぐらいの強さになっているか、まずは一緒に走り確かめてみたい。
自分の足りない面を補いながら練習をやってきた。
自力で。
吉沢純平
怪我は擦過傷程度。
だから、問題なく走れる。
太田竜馬
ヤンググランプリで優勝したけど、記念の優勝は遠い存在だと思っていた。
勝った瞬間は実感が湧かなかったけど、少しずつ、色々な思いが巡ってきた。
長い様で短い2年半でした。
ヤンググランプリを勝ち自信になったのと、ウエイトトレを始め、基本的な体力も倍増した。
もちろん、自分でも強くなっていると思うけど、特別競輪は別物だと思っている。
自力で。
村上博幸
ここまで近畿の競輪を作ってきた自負がある。
だけど、和歌山記念の優勝の様に、自分でやり勝ち、違う喜びがあったのも確か。
実は記念の完全優勝は初めてだった。
浅井君の番手へ。
渡辺一成
昨年は7開催しか、競輪は走っていない。
その上で、グランプリ出場の近くまで行ったのは集中して走れたからだと思う。
1月はアジア選手権、ワールドカップと海外遠征があり、27日に帰国した。
その後は競輪の練習はやらず、普段通り競技の練習ばかり。
6番車なりの自力勝負(笑)。
松浦悠士
徳島コンビの後ろへ。
太田君に聞いたら強い気持ちで走ると言っていた。
小倉竜二
太田君は完全に一皮むけたね。
俺が何を言っても、聞く耳を持たなかったのに(笑)。
レース内容が抜群に良いし、この姿勢を貫いて欲しい。
まずは離れない様に番手を回る。
諸橋 愛
1月は事故点のペナルティーで斡旋停止。
だから練習はハードにやっていた。
関東で吉沢君の番手へ。
 11R S級特選予


三谷竜生
グランプリレーサーとして責任を持って走りたい。
軽い腰痛が出て1本休んだけど、合宿もこなしてきた。
この後も地元奈良記念。
自力で勝つ走り。
中川誠一郎
練習では抜群に仕上がっていると、みんなに言ってもらえた。
だけど、自力でやる訳ではないので。
ここは清水君に前を任せる。
武田豊樹
和歌山記念で少し手応えを掴んだ。
やはり昨年は度重なる落車が応えた。
木暮君が頑張ると言うので任せるのが自然。
新山響平
競輪学校でハードに練習をやってきた。
追加の連絡もあったけど断り、ここに備えた。
積極的なレースをやる。
木暮安由
取手の失格は残念だけど、やっとタテ脚が戻ってきた。
今年は、本気でタイトルを狙っているし、それだけの脚も技術もあると思っている。
それには常に、高い競走得点を持ち、この位置にいないと。
そうすれば、必ず、チャンスが巡ってくると思っている。
武田さんの前で自力勝負。
和田健太郎
自在宣言したけど、急には結果が出ないと思っている。
長いスパーンで考えている。
南関の目標が不在だし単騎で走る。
清水裕友
インフルエンザで欠場したけど、問題なく走れる。
今年は、タイトルを取るのを目標にしている。
グランプリに乗ったし、更なる高みを求めたい。
自力勝負。
椎木尾拓哉
地元和歌山記念は悔しかったですね。
ただ、小田原の優勝は自分で捲った。
近畿で三谷君の番手へ。
菅田壱道
今年初めてのレースだが1月は斡旋停止。
気持ちもリセットしたかったので、ゆっくり休んだ。
その間、いわきに合宿に行ったり、山崎さんと練習をやる為に沖縄にも行った。
良い感じで仕上がっていると思う。
北で新山君の番手へ。
 12R S級特選予


香川雄介
高松記念は失格でお帰り。
初日の審議はセーフで乗り越えたけど、結局、ツキのない大会だった。
九州ラインの後ろへ。
僕が1番車をもらったと言う事は、そう言う事でしょ(笑)。
平原康多
高松記念の感想? 太田君も山崎君も良い筋道で成長している。
地区が違うから特にアドバイスはないけど、僕も基本的に自力選手なので。
決勝も鈴木君が良いタイミングで行ってくれたけど、太田君が強く、止まってしまった。
何度走ってみても、前が止まってからが難しい。
完全に終わるまでは、自分からアクションは起こしたくないので。
大宮記念は違和感が残っていたけど、前回の高松記念で手応えを掴んだ。
慎太郎さんと決まる自力勝負。
村上義弘
グランプリの落車で、大宮記念、高松記念と違和感があった。
その辺りを修正してきた。
近畿で古性君へ。
山田英明
別府のバンクに来ようと思ったけど、普段の練習を大切にした。
山崎君の番手へ。
今年は一緒にグランプリに乗る事も目標のひとつ。
佐藤慎太郎
こんな番組なら、今回は売り上げが良いと思いますよ。
平原君と僕のタッグですから(笑)。
決められる様に頑張るだけ。
近藤隆司
慣れない番手戦だけど郡司君の番手へ。
前橋の初日に桐山さんの番手を回り、車間を切りすぎて怒られた(笑)。
空けすぎても、今度は、後ろが苦しくなるので。
古性優作
自力自在の総力戦。
地元で優勝出来て、ラインの有り難みを改めて感じた。
試行錯誤しているけど、ひとつ結果が出て、気持ちが少し楽になった。
山崎賢人
徐徐にだが良くなっていると思う。
今回は九州地区のビッグレースだし、責任もある。
高松記念の決勝は先行しようと思っていたけど、結果的に太田君に力負け。
ただ、底は脱出したと思う。
自力で。
郡司浩平
2場所連続して決勝進出に失敗。
だけど、自分なりに感覚は良いですね。
脚負けはしないと思うので、自力勝負。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
コンビニのコピー機で別府競輪の出走表が無料プリントできる!
コンビニのコピー機で別府競輪の出走表が無料プリントできます!!



全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
別府競輪の出走表が無料でプリントできます!!

開催初日分は前検日17:00頃から、初日以降分は前日19:00頃から
プリント可能になります。

ぜひ、ご利用下さい!!


操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin86


ページトップへ 
   
第34回 読売新聞社杯 全日本選抜競輪限定!コンビニのコピー機で無料予想情報がプリントできる!

34回 読売新聞社杯 全日本選抜競輪限定!!

コンビニのコピー機で無料予想情報がプリントできます!!



全国のローソン、ファミリーマートのマルチコピー機から
全日本競輪新聞協会連合会が無料でプリントできます!!
(最終レース発送時間まで)

eプリントサービスでしか手に入らない期間限定の無料予想情報!
後半3レースの予想とレース情報を掲載!




ぜひ、ご利用下さい!!


操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/zennihon-keirin


ページトップへ
   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。
 
平成31年2月10日
別府全日本選抜の3日目は、この時期にしては天候に恵まれたのに大票田の関東が寒波襲来で、売り上げは伸びず前年の四日市を2億近く下廻る残念な結果に。
レースの方も開幕戦から3連単、約60万の大波乱。其の後は落ち着きましたが、9Rの落車・失格レースで雲行きは怪しく成り、極め付けは11Rの浅井康太がやった信じられないボーンヘッド。12Rも主役の平原康多が4着に沈むとは。それでも決勝は全員がVチャンスがあると言う事は立川GP出場もで大激戦、ドンドン車券を買われて大いに楽しんで下さい。私の本命は熊本の救世主、中川誠一郎。単騎捲りでGⅠVは3年前、静岡ダービーの再現、やってくれると信じてます。2・3着は手広く。
そして夜は小倉ミッドナイトの2日目で、熊本FⅠ(松本秀人杯)の前々検日、私は息子と明日の全日本選抜は久留米競輪場で、S級・A級・ガールズの取材をし乍らにします。全国規模の場外展開なので頑張るしかありません。

別府全日本選抜3日目の3Rで不可解な失格判定がありました。
それは3角から内へ行った堤洋が前を行く神山拓に軽く当って3着をキープしたのに赤旗審議。それは堤の行為で5・6番手池田良が落車したからの事ですが、何度もビデオを戻して観ましたが、濱田浩司が池田良の内へ行って接触しての落車にしか見えないのに、堤が失格、3着で3連単に貢献しただけに、買ってたファンの方は怒りまくったのでは。もっとちゃんとした判定をして下さい。
 
平成31年2月9日
別府全日本選抜の2日目は、東日本の大寒波もあって売り上げは昨年並みでしたが、3日目・4日目は連休なので、起死回生の大逆転を願うばかり。
初日は落車・失格はゼロだったのに、3Rで落車3人に失格1人、9Rで3人落車で又失格1人、極め付けは全員が準決フリーパスのスタールビー賞で、昨年の賞金王、三谷竜生と好調、椎木尾拓哉の落車でてんてこまい。仮番は全てボツと成りましたが何とかやり遂げたのは番組の頑張りがあったから。競技会は本当に頑張ってます。
尚三谷竜生は可成りのダメージで骨折が心配です。清水裕友は初めての鎖骨々折したのは輪界に取っては一大事、欠場が長引かないのを願うばかり。そんなこんなでもつれて大荒れしましたが、決める処はキッチリ的中させました。3日目も面白いレースばかり、しっかり車券を購入して貰うために推奨選手を挙げてみます。
1R、野原雅也
2R、池田勇人。
3R、神山拓弥。
4R、小松崎大地。
5R、天田裕輝の番手捲り。
6R、山崎賢人と池田憲昭。
7R、和田健太郎。
8R、小川真太郎。
9R、松谷秀幸。
10R、中川誠一郎と渡邉雄太。
11R、太田竜馬。
12R、松浦悠士に郡司浩平。
そして夜遅くは小倉ミッドナイトの初日です。
 
平成31年2月8日
別府全日本選抜の初日は、施行者の熱意も年金前の平日には勝てず、昨年の四日市と同じで15億を割ったのは残念としか。それ以上に不安は関東だけでなく日本全体を襲うであろう大寒波の予報。明日からは3連休なのに水を差さねば良いですが。初日に一番良かったのは落車・失格がゼロだった事でこれを4日間続けてくれたらと願うばかり。
初日に目立って良かったのは鈴木竜士・南潤・根田空史・和田真久留・吉田敏洋・山中秀将・松浦悠士・清水裕友・山崎賢人、2日目以降も狙って損は無いレーサー。
これだけのメンバーに成れば6割は従来通りのマンネリ番組ですが、そこは九州の優秀な番組マンは4割は斬新なものに挑戦してます。
これは大事な事で、地域性を撤廃して選手の判断に委ねるのも新しい戦術かと。
そんな努力は必ず報われるもので、競輪の未来は明るいと思います。
記者室の係に今回から新しく採用されたルーキーが4名(女性2人)が頑張ってます。この人達が末永く頑張れる様にもっともっと売り上げを上げる努力は必要かと。
JKAのトップは責任重大。ファンのための改革に改善は早急にやるべし、そう思いませんか。
1R、栃木コンビ。
2R、松岡健介。
3R、岡光良。
4R、桐山敬太郎
5R、稲垣裕之。
6R、志智俊夫。
7R、村上博幸。
8R、松谷秀幸。
9R、清水裕友。
10R、山賀雅仁。
11R、平原康多。
12R、村上義弘を推奨します。
そして明日夜は小倉ミッドナイトの9R制。こっちの方も全力で頑張ってます。
 
平成31年2月7日
別府競輪初のGⅠ全日本選抜。以前にふるさとダービー・東西王座のGⅡを開催した時とは違い、施設は大幅にリニューアルされて、全てのスタンドが特別観覧席と同じの快適空間。
ファンサービスは至れり尽くせりはこれ全て施行者の熱意。
目標は昨年の四日市が84億弱だったのにドーンと95億をブチ上げたのは施行者の意気込み。
選手も全員がやる気なので私もせめて90億には達する様に微力ながら頑張ろうと思って何時も以上に張り切って取材しました。
1R、強気に自力とコメントした桐山敬太郎のカク乱で恵まれそうなのは山田久徳。
2R、若武者南潤。
3R、根田空史から手広く。
4R、単騎渡部哲男の3連対。
5R、山崎芳仁と松岡健介の捲り。
6R、近畿コンビ。
7R、渡邉雄太から和歌山コンビ。
8R、千葉コンビ。
9R、吉田拓矢。
10R、浅井康太・村上博幸。
11R、中川誠一郎。
12R、山崎賢人。


 
ページトップへ
   
【チャリロト会員限定】コンドル無料配信スタート!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて会員様限定のサービススタート!



競輪専門紙『コンドル』がGⅡ以上の開催時限定で無料公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/keirin/tp_predictions/condor/
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!


下手なブロック休むに似たり

競輪は人力で自転車を操るスポーツだから思うままにならぬは承知だが、それでも標的と一緒に中バンクを下がってゆく技量足らずのブロックにはがっかりするし、遠慮気味(に此方からは見える)お嬢さんブロックもまた同様だ。ま、ETCのゲートのごとき素通りを許すよりはマシ(好み)ではあるが、下手なブロック休むに似たりと愚痴りたくもなる。
四十年前の競輪は、競りじゃなかろうかと過半が予想すれば、かなりの確率で実際に競った。奴はガチンとブロックだろうの期待は数多の場面で実践された。が、今の競輪は競りがあるかもしれないで競ってくれる可能性は低い(もちろん昔と今ではギヤ倍数から何から競走形態が大きく違うから、「得策に非ず」もまたプロの判断でありましょう)。
利かん坊(失礼容赦)の大塚健一郎の膝元、別府競輪場でのGⅠ開催だ。
 “目標が出っきれずに浮いてしまった大塚健一郎が、踏み出しに不覚をとりマークをはずしてしまった大塚健一郎が、間髪入れずに真横の選手に思いっきりぶち当たりキメようとする。” ――俺が愛してやまない「競輪」のひとつであるが、この画を見たさに無理やりに捻くった車券を買うことも辞さない、捻くれた俺だ。


ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925



前検日
今年、初の特別競輪。最初は自動番組かと思ったぐらい、いつもより斬新な番組。関東と南関、南関と北日本、北日本と関東、近畿と九州、四国と九州など、かなりシャッフルしている。北津留翼を付けられた渡部哲男や、山ちゃんとのタッグになった神山雄一郎などは苦笑いしていたが、総じて、選手の間では好評だった。何が良いか、競輪に答えはないが、やらないよりやった方が良い。ダメだった時に、元に戻す勇気があるかどうかだ。別府は、意外にも初の特別競輪の開催。昔、東西王座戦や、ふるさとダービーで取材にきた記憶があるが、別府は趣のある良い観光の街だ。海に近く、美味しいお魚、温泉と競輪以外にも、楽しめる事が一杯ある。施行者も熱心で、新スタンドを数年前に建て、ナイター開催、ミッドナイト競輪の開催で、経営基盤もしっかりしている。週末が東京は雪予報で、多少、売り上げが心配だが、熱い情報を毎日、送っていきたい。




ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2019年2月8日(金)・9日(土)・10日(日)・11日(月)

■開催場所
別府競輪場

取り扱いネット新聞

別府競輪ダービー

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

いわき平競輪ニュース

福ちゃん

競輪毎日

北競

競輪専門誌ホープ

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ