eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
とん豚テジ

ミッドナイト競輪ニッカンコム杯(FⅡ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
 
山内卓也
 
川村晃司 池田勇人 猪俣康一 小野俊之
川村晃司
池田勇人
猪俣康一
小野俊之

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
玉藻杯争覇戦ニコ生e-SHINBUNチャンネル放送予定!!(2019年1月31日~2月3日 10:00~17:00)
1月31日~2月3日 10:00~17:00 高松「玉藻杯争覇戦」
 
 連日 10:00~17:00 7時間の生放送!!
  http://ch.nicovideo.jp/eshinbun

 
放送概要

e-SHINBUNがお届けする競輪予想バラエティ番組!
高松競輪 開設68周年記念 玉藻杯争覇戦e-SHINBUNチャンネル。
毎度お騒がせのe-SHINBUNメンバーに豪華ゲストを交えての生放送です!
皆さん一緒に楽しみましょう~♪


放送統括
町田洋一
   

 
出演者
※出演者は日によって変更になる場合がございますのでご了承ください
町田洋一 長谷川満 アオケイ本田編集長 木三原さくら
 

 
【配信】A主
【協力】チャリロト https://www.chariloto.com/
【開催施行者】高松競輪 http://www.takamatsu-keirin.com/

 
ページトップへ
 

   
ニコ生e-SHINBUNチャンネル放送予定!!(2019年2月1日~3日 20:00~24:00)
2月1日~3日 20:00~24:00
  玉野「ミッドナイト競輪 ニッカンコム杯」

 
 連日 20:00~24:00 4時間の生放送!!
  http://ch.nicovideo.jp/eshinbun

 
放送概要

e-SHINBUNがお届けする競輪予想バラエティ番組!
玉野ミッドナイト競輪e-SHINBUNチャンネル。
都内某所の特設スタジオから今夜もわいわいお騒がせ生放送です!
皆さん一緒に楽しみましょう~♪


放送統括        
町田洋一
 
出演者
※出演者は日によって変更になる場合がございますのでご了承ください
町田洋一 長谷川満 二宮歩美 木三原さくら

【協力】チャリロト https://www.chariloto.com/
【開催施行者】玉野競輪 http://www.cco.ne.jp/keirin/
 
ページトップへ
 

   
A級決勝インタビュー


1 格清 洋介
ミッドナイトはやっぱり苦手。
普通開催の方がいいですね(苦笑)。
相手が誰でも自分のやれることをしっかりやるだけ。
自力勝負。
2 辰己  豊
伊藤君には世話になっている。
地域的にも中部の後ろになりますね。
3 近藤 範昌
今岡君は中国地区期待の大型先行。
なめていたわけではないけど本当に強かった。
準決が情けないレースだったから、決勝までに何とか修正したい。
再度今岡君へ。
4 森田 康嗣
北日本以外の選手にはなるべく付けないようにしているけど、望月裕一郎さんが脱落して、格清君と2人だけなら話はちょっと違いますね。
先行でこれだけ強い選手を単騎にするのはもったいないし、東日本ラインということでここは番手を回ります。
5 伊藤 稔真
同期対決、同期対決って意気込んでもいいことない。
いつも通り平常心で走ります。
自力勝負。
6 今岡 徹二
1ヶ月ぐらい前から競走の感じがグーンとよくなった。
練習の成果ですね。
格清君も伊藤君も積極的に動くタイプだし、自分も負けないように思い切り行きたい。
7 谷田 泰平
伊藤君とは初連係だったし、間合いの取り方とか抜きにいくタイミングが分からなかった。
1着は決勝にとっておいたということで勘弁してください(笑)。
決勝ももちろん伊藤君一本。
113期3人のバトルは一緒に走る僕も楽しみにしている。

ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
チャレンジ決勝インタビュー


1 井上  崇
吉元君の番手も一瞬考えたけど、埼京の2人が付くならそこまでこだわらない。
人の後ろで後悔したくないしね。
準決でやられた分も今度はリベンジしたい。
自力です。
2 東  隆之
このメンバーで自力は厳しい。
井上君が空いているなら喜んでマークします。
3 吉元 大生
ここを勝てば6連勝ですね。
きっちり決めて次の開催を特班場所にしたい。
自力。
4 志水 祐彦
鮫島さんには勝てるように走ってもらって構わない。
準決同様お任せです。
5 岩田 幸久
初日は吉元君、準決は桜井君に世話になった。
この2人と一緒なら3番手を固めるのが自然でしょう。
離れないように付いていくだけ。
6 桜井 宏樹
岩田さんが番手を回れと言ってくれたので吉元君へ。
吉元君の後ろは初めてだけど、人の後ろはちょくちょくあります。
おかしなタイミングで行かなきゃ付いていけると思う。
7 鮫島 康治
吉元君とは初対戦。
レースを見ていると強いですよね。
負けないように自力勝負。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
二日目勝因敗因
  1R A級チ一般



1 小野 祐作
見ての通りで田村君が強かった。
後ろが僕じゃ抜かれる心配もないし、普段よりのびのび走れたんじゃないかな(苦笑)。
2 黒川 将俊
踏んだ瞬間は頭まで行ったと思ったんですが…。
ちょっと前が遠かった。
3 濱田 昭一郎
中のコースを行ったら詰まってしまった。
あれなら外を踏むべきでしたね。
5 田村 英輝
これが今年の初勝利。
勝てたことは嬉しいけど、自分の中ではそこまでカカっていなかった。
黒川君の捲りも全く見えていなかった。
6 武井 克敏
黒川君より前にいなきゃ…。
単騎で走って7番手じゃどうにもなりませんね。
7 齋藤 将弘
お粗末なレース。
内をしゃくって番手まで行かなきゃダメ。
自分の調子も良くないから、中団を取って満足してしまった。
  2R A級チ一般



1 中山 敬太郎
初日の分まで位置だけはしっかり取ろうと思っていた。
1回切って6番3番を受けたのは作戦通り。
アオリがあってキツかったけど何とか捲れてよかったです。
2 眞鍋 伸也
競輪は難しいですね。
竹村君も一度は仕掛けてくれたし、そこからあとは自分の問題。
どうにかできる脚がなかったということです。
3 片岡 典明
小塚君には「勝てるように走れ」としか言ってなかったのに、あそこまで行ってくれるなんてビックリ。
最後は抜いたかなって思ったけど、ほんのちょっと足りませんでしたね。
4 竹村 達也
カマシが全然出なかったから途中で追い上げに作戦変更。
重富さんも半車身ぐらい遅れていたしキメられると思ったんですが…。
7 重富 公輔
竹村君が来る前から踏み遅れていた。
中山君と人気になっていたのに、離れてしまって申し訳ない。
  3R A級チ準決



1 志水 祐彦
100%前のおかげ。
それしかないでしょう。
2人で千切っているのも分かったし、最後はチョイ差しのイメージで踏みました。
2 川本 琢也
3番1番に行かれるのは仕方ないけど、そのあとの対応がまるでダメ。
7番のところを乗り越えられないのは弱すぎますね。
自分自身に腹が立つ。
3 鮫島 康治
最後はかなりタレていた。
差されるなって思ったら、案の定差されましたね。
本当は押さえて駆ける予定だったし、カマシの展開はあまり考えていなかった。
4 岩田 幸久
外にいた川本君が邪魔になって、なかなか外に持ち出せなかった。
あの展開なら3着には入らないと…。
5 妹尾 英信
全て川本君に任せていた。
仕方ない。
6 今村 康志
3番のラインに付いていても離れると思って地元の後ろを回っていた。
あの展開じゃどうにもならないね。
7 桜井 宏樹
頑張りました(笑)。
捲られても最後まで諦めずに踏みました。
先行で3着に残れたのは自信になります。
  4R A級チ準決



1 吉元 大生
8割ぐらいのダッシュで追い掛けた感じ。
初日より楽だったし、離れた後方でも余裕はあった。
2 多田 司
井上君のダッシュにビチっと付くのが今日の目標だったけど、あっさり置いていかれてしまった。
3 東 隆之
先行するつもりで前に出て、あとはどっちが来ても番手飛び付き。
吉元君も井上君もダッシュがいいから後ろは離れてくると思った。
作戦通りと言えば作戦通りのレースです。
4 清水 通
最終バックは多田さんの後ろでしたね。
空けてくれないかなって期待したけど空かなかった。
5 井上 嵩
ジャンで内行ったのは余計だったけど、そのあとすぐに巻き返したのはよかった。
捲りになると吉元君は強いね。
6 戸ノ下 太郎
一瞬で離れた。
1・2班戦のそこそこ点数持ってる人でもあれは追えないんじゃないかな。
70点もない僕にはどうにもなりません。
7 藤本 博之
東君はいい選手ですね。
あの2人(吉元大と井上崇)を相手にレースを作ったし気持ちが強い。
自分も最後は一生懸命前に踏んだし、結果は4着だけど悔いはありません。
  5R A級特一般



1 吉田 昌弘
初日に続いて何も出来なかった。
ダメですね。
2 東 鉄也
中途半端に押さえてきたら突っ張ると決めていたし、後ろの2人にもそれは言ってあった。
突っ張ったあとはペースで走れたけど、このバンクコンディションで1周半はさすがにキツい。

3 鈴木 純
いいところがなかった。
他の人がどう動くのが読めなくて、後ろにいたまま終わってしまった。
4 寺崎 祐樹
前を取って粘りたかったけど、東さんのラインに取られてしまって…。
後ろから切りにいくのも半端だったし、1個ずつのミスが積み重なって負けた感じです。
5 小谷 文康
番手の競りは山田さんが勝つだろうから、そのあと自分のところに入られないように構えていた。
3番手回って3着なら上出来でしょう。
7 山田 雅之
初日のこと(番手で競り負ける)があったから気合が入っていた。
自分の位置を守って前も抜けたんだから最高です。
  6R A級特一般



1 高嶋 一朗
樋口君が積極的に行くと思って、まずは彼のラインに付いていた。
最後は突き抜けたかったなぁ。
あのコースは玉野で一番伸びるのに…残念。
2 樋口 有樹郎
寒すぎてあきまへん。
山口さんの方が格上だから、どうしても自分は早駆けになる。
カカリも全然良くなかった。
3 山口 幸太郎
仕掛けたポイントは悪くなかったと思う。
最後粘れないのが今の実力です。
4 安東 英博
形的には最高だった。
あれで勝ち切れないのは弱いですね。
5 小西 誠也
樋口君は頑張ってくれた。
後ろに地元の高嶋さんも付いていたし、もう少し何かしたかったけど…。
7 川上 修平
山口君なら出切っちゃうと思ったし、下手に先手ラインを追うよりは、彼のラインにいた方がいいかと。
作戦と読みがバッチリ。
上手くいきました。
  7R A級準決勝



1 近藤 範昌
恥ずかしいかぎり。
今岡君とは初めてで未知数というのもあったけど、お客さんからしたらそんなこと関係ないですよね。
あれはきっちり差さなきゃダメ。
悔しすぎる2着です。
2 鈴木 孝征
三浦君の後輪しか見ていなかったし、どれだけ車間が空いていたのか分からなかった。
三浦君が苦しそうだったから最後は何とか交わせました。
3 今岡 徹二
車間を切られて、何度も見られて、波も作られて、行くタイミングの難しいレースだった。
持ち味の地脚を活かせてよかったです。
最後までしっかり踏めました。
4 南部 亮太
腹を括って駆けてみたけど、スピードが全然違いましたね。
誘導員も途中でいなくなってしまうし、自分でスピードを起ち上がるのがキツかった。
僕個人の感想だけど、初日に対戦した伊藤君より今日やった今岡君の方が強い気がする。
5 山根 泰道
バックまでは余裕があったけど、余裕があるなら付いていけって話ですよね。
本線の3番手を回って離れているし、何を言っても言い訳になる。
本放送で解説している西谷やっさん(西谷康彦氏)の「よえーなー」って声が今にも聞こえてきそうです(苦笑)。
6 八尋 翔平
まさか自分達が風を切っているとは…。
南部さんの気合はすごいですね。
先輩に任せた結果だから自分は納得です。
7 三浦 雄大
車間が思った以上に空いてしまった。
3番1番の後ろをぴったり追走できれば面白い勝負が出来たと思う。
今回は寒さにやられている感じで自分らしさがなかなか出せない。
  8R A級準決勝



1 森田 康嗣
もう少し伸びると思ったけど、若い子との2分戦は厳しいね。
伊藤君には身長で負けて、顔でも負けて、レースでも負けて、完敗と言うしかない(苦笑)
2 谷田 泰平
俺がフラフラ走っていたから、3番(阿部功)が内に来ちゃったね。
あれで川木君は苦しくなったし、最後は俺も内が気になって伸びを欠いた。
4 川木 敬大
3番は中団で大人しくしているもんだと思っていた。
いきなり自分の内にいてビックリ。
不意打ちのように来られたらどうにもなりませんね。
5 岡田 泰地
完全な2分戦だったし森田さんもやりにくかったと思う。
単騎の3番がもっとカキ乱してくれれば面白かったけど…。
6 早坂 道義
位置的にどうにもならなかった。
7 伊藤 稔真
自転車がしっくりこなくて気持ち悪さはあるけど、脚の感じはめっちゃいい。
あと半周は行けるかなって感じだった。
展開的にも駆けやすい2分戦で恵まれましたね。
  9R A級準決勝



1 辰己 豊
捲りなんて出したのは11年振りぐらいかな(半分冗談で)。
慣れないことをしたからフォームがおかしなことになっていた(笑)。
今日みたいな目標不在のレースを凌げたのはめちゃくちゃデカい。
2 吉松 直人
普通に下げたら捲れない。
前を取ったらああする(粘る)しかないでしょう。
4 有馬 雄二
辰己さんは追い込み選手じゃなくて自力選手ですね。
2コーナーから躊躇せず仕掛けてくれたし、踏み出しのスピードもめっちゃ良かった。
最後は僕が弱くて流れ込めなかっただけ。
5 格清 洋介
先輩の望月さんを競らせてしまったのが…。
自分の中では競られないように行ったつもりだけど、あれで競られちゃうってことは、もう少し踏んでおかないとダメなんですね。
ラインのことを考えると素直に喜べない。
久々のミッドナイトで体もちょっとダレ気味。
6 寺林 正秋
単独3番手で途中まではよかったけど、内踏むか外踏むか迷っているうちに望月さんが下がってきて…。
あそこらへんが甘いですね。
7 田村 浩章
3着には伸びたけど、踏み出しで離れてしまったのは反省点。
僕がキチンと付いていれば違う結果になったかもしれないし、前で頑張ってくれた吉松君に申し訳ない。


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日勝因敗因
  1R チャレンジ予選



1 鮫島 康治
先行での1着は嬉しいけど、上を目指すならもう少しスピードが欲しい。
後ろを競らせてしまったのも反省点です。
2 戸ノ下太郎
小塚君が前々に攻めてくれたおかげ。
4着じゃ100%勝ち上がれないし、最後は内だけびっちり締めて3着キープ3着キープと思って走っていた。
脚の感じはかなりいい。
3 藤本 博之
何回もハウスしそうになった。
最後も味方の中山君と絡んじゃったし、気持ちよく伸びなかった。
4着は2人しか準決に進めないみたいだし、残りのレースの結果待ちですね。
5 多田  司
6番(小塚慎)との競りは冷静に凌げた。
熱くなってバチコーンとやったら離れていたと思う。
今日に関してはとにかく鮫島君が強かった。
前に連係した時よりも更にパワーアップしていた。
6 小塚 慎二
ただ番手に行っただけ。
冷やかしみたいになっちゃいましたね。
後ろが3着に入ったのはよかったけど、自分が7着してちゃ意味がない。
  2R チャレンジ予選



1 妹尾 英信
川本君が気を遣って駆けてくれたおかげ。
僕がもう少し上手にやればワンツーだったし、そこだけが心残りですね。
2 片岡 典明
競輪だからこういう時もある。
黒川君に任せた結果だから納得ですよ。
3 日比野行政
レースの流れは大体想像通り。
途中で突っ掛かって危なかった。
4 黒川 将俊
粘る気は全くなかったし、全部下げてどこまで行けるかというレースだった。
寒さと重さで全然力が入らなかった。
5 川本 琢也
あの先行なら押し切らないとダメでしょう。
周回中からずっと重くて、カカらずじまいでした。
このままではマズいし、明日の準決までには修正します。
6 武井 克敏
珍しく余裕があった。
被るのが嫌だったから先に外に持ち出したけど、すんなりの中団だし1人ぐらいは抜きたかった。
7 清水  通
外踏んで誰かに突っ込まれるのは嫌。
最初から内しか考えていなかった。
頑張ってくれた前の2人に感謝です。
  3R チャレンジ予選



1 桜井 宏樹
完全に力負け。
3番手に入れてラッキーでした。
本当なら打鐘でちゃんと切って3番手を取らなきゃダメでしたね。
2 井上  嵩
本気で踏んだら後ろが離れると思って、半分ぐらいの力で踏みました(笑)。
人気に応えられてよかったです。
3 竹村 達也
粘った判断は間違えてなかったと思うけど、1コーナーで遅れてしまって…。
そのあと1番(桜井宏)に入られたのもダメですね。
5 斉藤 将弘
せっかく桜井君がいいタイミングで行ってくれたのに…。
あれを追えないんだから話にならない。
弱すぎる。
6 平岡 浩司
粘りもあったし、あぶねーって思って下げちゃった。
余裕はあったし悪くないですよ。
7 志水 祐彦
オッズを見たら井上君-自分で2車単130円。
生きた心地がしなかった(苦笑)。
競られてどうなるかと思ったけど、何とかワンツーを決められてホッとしている。
  4R チャレンジ予選



1 重富 公輔
新人の子にああいうレース(突っ張り先行)をされるとキツいね。
最終バックまでは余裕があったけど、そのあとぐんぐん伸びていって、どうにもならなかった。
2 岩田 幸久
吉元君さまさま。
あんなに早い先行になるとは思ってなかった。
自分は2着で上出来だし、1年分の運を使い果たした感じです(笑)。
3 田村 英輝
あの上昇で突っ張られちゃどうにもならん。
4 東  隆之
田村さんが押さえてくれたら、その上を叩いて先行と思っていたんですが…。
思った通りにいきませんね。
出番がないまま終わってしまった。
5 真鍋 伸也
田村さんがダメなら自分もダメ。
外にへばりついているのがやっとでした。
捲っていく脚もなかったです。
6 今村 康志
本線の3番手をすんなり回れて、前が突っ張ってくれたんだから、これ以上ない最高の展開。
首の皮一枚つながったね。
7 吉元 大生
ほんとは引いて巻き返す予定だった。
田村さんが来るのが遅かったから突っ張りました。
9連勝で1・2班戦に行くのが目標だし、2日目以降もしっかり勝ちにいきたい。
  5R A級特予選



1 三浦 雄大
先行した東さんが上手かったですね。
カマそうか迷ったぐらいの絶妙なペース。
3車のラインにすんなり駆けられたら、さすがに簡単には捲れませんよ。
ちょっと消化不良ですね。
2 川木 敬大
落車明けでも違和感なく走れた。
とにかく今日は前の東君のおかげ。
僕に技量があれば3着まで残せたし、そこはしっかり反省します。
3 小谷 文康
ダメでしたね。
川上さんに任せた結果だから悔いはない。
4 鈴木  純
6着ぐらいかな。
三浦君は何度も「すいません」って頭を下げてきたけど、俺に脚があれば3着4着に潜り込めているわけだし、そんなに気にするなと言っておいた。
5 有馬 雄二
ラッキーしました。
6 川上 修平
重くて寒くて全然踏めなかった。
7 東  鉄也
空気が詰めたくて、最後の踏み直しが出来なかった。
2着かな3着かなと思ったら、最後にドバドバっと行かれてしまった。
自分の力は出せたけど
  6R A級特予選



1 山根 泰道
これが実力です。
バックで1回突っ掛かって、そこから1人ロデオ状態。
先行しているのと同じぐらいキツかった。
2 寺林 正秋
3着確保でいいかなと思ったら、想像以上に伸びてくれた。
今岡君が行イキのいい先行選手で助かった。
3 寺崎 祐樹
山口さんは力勝負してくれた。
行ける行けないはその時の運もあるから仕方ない。
4 山口幸太郎
3コーナーから4コーナーにかけてカマせるポイントがあればよかったけど、今岡君に上手いこと駆けられてしまいましたね。
5 今岡 徹二
赤板から動いて押し切れているので脚の感じはいいと思う。
みんなが言っているようにバンクはすごく重かった。
6 早坂 道義
寺林君は引き込んでくれた。
自分は何もしていないし中団にいただけ。
前が強くてラッキーでした。
7 安東 英博
口が空いて諦めかけたけど、頑張って最後まで踏みました。
途中で1回バックを踏まされたのも響きましたね。
  7R A級特予選



2 小西 誠也
前でも後ろでも番手飛び付きって樋口君には言ってあったけど、相手のレベルが違いすぎたね。
自分の手持ちのカードが弱かった(苦笑)。
3 格清 洋介
寒くていつもみたいにカカらなかった。
1周だったから押し切れただけで、もう少し長い距離を行っていたら危なかったかも。
今日は展開と後ろのラインに助けられた感じです。
4 原  敬次
本線を分断するのも少しは考えたけど、今の脚でやってもただの冷やかしになってしまう。
壊すだけ壊して流れ込めないんじゃ意味がないからね。
格清君のラインで車券も売れていたみたいだし、お客さん的にはこれでよかったんじゃないですか。
5 田村 浩章
抜ける抜けないは別として、最後は外じゃなくて内に行くべきだった。
そこだけちょっと反省。
とりあえず3連単の大一番人気に応えられてよかったです。
6 樋口有樹郎
敵が強すぎる。
スピードが全然違いました。
格清君みたいな選手を相手に先行はもう無理ですね。
7 岡田 泰地
格清君の後ろに競りにいったことはあるけど、こうやってすんなり回ったのは初めて。
馬力がすごくてビックリしました。
行くときもちゃんと僕のことを確認してから行ってくれたし、後ろにやさしい選手ですね。
  8R A級特一般



1 伊藤 稔真
早めに押さえれば引いてくれると思ったのに…。
2番の人が厳しく粘る選手とは思っていなくて、そこはちょっと山田さんに迷惑をかけました。
結果は1着だけど自転車の感じもしっくりこなかった。
2 南部 亮太
1コーナーでドンと当たられると思って避ける準備をしていた。
レース的には微妙な感じになっちゃったけど、伊藤君との2分戦だし粘るしかないでしょう。
3 吉田 昌弘
捲るなり追い上げるなり何かしたかったけど、結局何も出来なかった。
一番強い子にペースで駆けられるとどうにもなりませんね。
4 山田 雅之
粘られるのは頭にあった。
分かっていて競り負けちゃうんだから、捌きの力が弱すぎる。
前にも後ろにも悪いことをしました。
6 山岸 博勝
競りはやっぱり後ろで見るより自分でやった方がいい(笑)。
ずっと「おいおい大丈夫?」って気になっちゃって、前を見たままのレースでした。
7 八尋 翔平
南部さんが全部やってくれた。
僕は付いていただけで恵まれました。
  9R A級特選



1 望月裕一郎
慣れない時間と厳しい寒さで、余裕がまったくなかった。
調子がいいときなら頭まで突き抜けたと思うけど、2着に入るのがやっとでした。
最後も狭いコースを行ったし危なかったね。
2 近藤 範昌
5着か6着かそれぐらいですね。
被ってしまって踏むコースがなかった。
3 谷田 泰平
慣れない先行で4コーナーまでもったんだから、そこまで悪くないと思います。
腹を括ったと言うか、流れ的に誰も行かないから、駆けさせられた感じです(苦笑)。
4 辰己  豊
谷田さんがあれだけ行ってくれたんだから1着を取らないと…。
森田君と吉松君をまとめて持っていこうと思ったら、吉松君は内を来ていたんですね。
あれは読めなかった。
5 吉松 直人
完全に結果オーライ。
すんなり3番手が取れたし、普通に外踏んで捲らなきゃ…。
後ろに付いてくれた近藤さんに申し訳ない。
6 鈴木 孝征
森田君はホームで行くと思ったけどね。
あれ、行かないんだって思い切りバックを踏んでしまった。
最後はコースもなかったね。
7 森田 康嗣
鈴木さんとも話したけど、行くならホームでしたね。
重くて見ちゃった。
前検日にも言ったように、この時間は普段は寝ている時間だから、体がシャキッと動いてくれない。
早くミッドナイト仕様に慣れないとマズいですね。


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日インタビュー
  1R チャレンジ予選

1 鮫島 康治
玉野はミッドナイトで1回、ナイターで1回走っていて、いまのところ着外なし。
優勝も1回しています。
デビュー当時に比べて成績も安定してきたし、これからもっと上げていきたい。
しっかり勝てるように自力勝負。
2 戸ノ下太郎
小倉の最終日に昔のセッティングに戻したら、そこから一気に感じが良くなった。
点数以上の脚だと思ってもらって構いません。
小塚君と緻密な作戦を練って頑張ります。
3 藤本 博之
熊本は新たに400バンクとして生まれ変わるみたいだけど、いつ着工するとか具体的な話は未定。
あと2・3年で引退しているかもしれないから、早く完成してほしいね(苦笑)。
とりあえず今年いっぱいはバンクを使えるみたいなので、時間があるときはたまに入っている。
今まで何度もある中山君に全て任せます。
4 濱田昭一郎
少しでも良い着が欲しい。
最初は九州で連係するつもりだったけど、鮫島君の本線に行かせてもらう。
5 多田  司
9月にやった失格のペナルティーで斡旋が止まっていた。
休んでいた1ヶ月はめちゃくちゃ練習したけど、ここに来る少し前に風邪を引いてしまって、1本走ってみないと分からない状態。
1ヶ月の苦労が水の泡にならなきゃいいけど…。
強い鮫島君に食らい付いていく。
6 小塚 慎二
去年の10月までは普通に走れていたのに、そこから急激に悪くなってしまった。
冬期移動に行かず室内だけの練習だから、脚の貯金がなくっているのかもしれない。
戸ノ下さんの前で自力。
7 中山敬太郎
調子はまあまあ。
チャレンジにも強い選手がたくさんいるから簡単には勝てませんね。
自力自在に何でもやるつもり。
  2R チャレンジ予選

1 妹尾 英信
地元だし気合を入れて頑張ります。
川本君とは何回かあるし、安心して任せられる。
2 片岡 典明
黒川君はこんな点数の選手じゃないよね。
僕の中ではものすごく強いイメージ。
普段の東の開催では北日本と南関は敵になるし、連係するのはたぶん初めてじゃないかな。
3 日比野行政
武井君が自信なさげだったから、別々でやることにした。
決めずに前々から組み立てます。
4 黒川 将俊
調子の波が激しいってよく言われるけど、自分でもそれは自覚している(笑)。
良い、悪いで言ったら、今は間違いなく良い方。
ガンガン行くような先行はあまりしたくないし、駆けたい人を駆けさせて捲りかな。
子どもが3人いるから、まだまだ現役で頑張ります。
5 川本 琢也
チャレンジに落ちてきてからミッドナイト3連発。
9レース制のチャレンジと1・2班戦混合というのも初めてだから、勝ち上がりの概定をあとでしっかり確認しなきゃ。
直前の松戸は3日間先行して今の自分の力を把握できた。
いつも通り先行を基本に走って妹尾さんと清水さんと決めたい。
6 武井 克敏
強い強いと言われた75期もみんな落ち目。
上位で頑張っているのは金子貴志君ぐらいで、同班だった太田真一君なんかも今ではA級でしょう。
十文字貴信君が引退したって情報は、さっき別の記者さんから聞いてビックリした。
僕自身は去年の落車2回でリズムが崩れてしまって、最近はずっとこんな成績。
強気なことは言えないけど何かしてみます。
7 清水  通
期末にバタバタしないように、いまのうちからちょっとずつ点数を上げておきたい。
川本君とは過去に何度か走っているし、こういう構成なら地元の後ろを固めます。
  3R チャレンジ予選

1 桜井 宏樹
今期で3期目。
まだクビになりたくないし頑張ります。
対戦相手の井上君とは東京時代に何年か重なっていたけど、一緒のレースは一度もなかった。
雲の上の存在だったから、トントン拍子で上に行ってしまった印象ですね。
自力勝負。
2 井上  嵩
9月に結婚してから東京暮らしにまた戻った。
バンクに入ることもできるけど、練習はいつも自分1人でやっています。
今期の半年間は修行のつもりで、前みたいな勝ち癖を付けて1・2班戦に戻りたい。
自慢のスーパーダッシュを見せつけたい!
3 竹村 達也
井上さんは見た目も実際のレースも僕よりワイルドで強い。
何とか少しでも抵抗したいですね。
徹底先行みたいな数字だけど、こだわりはそこまでないし、流れの中で巧く仕掛ける。
4 小野 祐作
中四国ラインで竹村君の番手ですね。
しっかり付いていきたい。
5 斉藤 将弘
桜井君。
連係は何度もあって、直前の大宮の2日目も一緒。
桜井君が失敗して2人で6着7着でした。
6 平岡 浩司
気持ちが切れてこのまま引退かなって思った時期もあったけど、色々な選手に相談をして、やっぱりまだ選手を続けようと考え直した。
今期の半年間で点数を取らなければクビになるし、厳しい状況は間違いないけど、やれるだけのことはやってみます。
単騎で前の方にいたい。
7 志水 祐彦
自在に動いていたのは一昔前の話。
今はガッツリ追い込み選手です。
井上君とは昔から相性がよくて、1・2班戦の時に2回か3回1着を取らせてもらっている。
えげつないダッシュに離れないように。
  4R チャレンジ予選

1 重富 公輔
前回の失格を取り戻せるように頑張りたい。
九州ラインで東君にマーク。
2 岩田 幸久
モーニングは嫌いだけど、ミッドナイトは好き。
昼間の開催みたいにダラダラしないし、ちゃちゃっとやって、ちゃちゃっと終わるのがいい(笑)。
吉元君とは7月の奈良ミッドで連係していて、捲りにぶっ離れた思い出がある。
今度はしっかり付いていきたい。
3 田村 英輝
斡旋が止まっている間はしっかり練習していた。
どういうレースになるのか、なんとかく想像できている。
生涯自力で格好いいなんて自分では思わないし、それしか出来ないからやっているだけ。
真鍋君の前で頑張ってみます。
4 東  隆之
吉元君は強いですよね。
同じ開催は何度かあるけど、対戦するのは初めてだと思う。
最近は先行でもけっこう残れるようになってきたし、自在より自力をメインに走るつもり。
5 真鍋 伸也
何か出来るような状態でもないし、ここは田村さんに任せます。
自分もちょっと前まで動いていたから、番組的に2人一緒になることはまずなかった。
初連係です。
6 今村 康志
落車してから全然状態が戻らない。
東君には世話になっているし、九州でまとまることも考えたけど、決めずに先手ラインからにします。
7 吉元 大生
優勝はまだ3回だけ。
特班している他の同期の遅れを取っているし、早くみんなに追いつきたい。
ダッシュやスピードには絶対の自信がある。
自力でしっかり仕掛けます。
  5R A級特予選

1 三浦 雄大
たまたま流れがいいのが4回続いただけ。
自分の中では何も変わっていない。
天狗になることもありません(笑)。
この構成ならカマしてもいいかなって気持ちも少しはあるし、いつもより積極的な自力勝負。
2 川木 敬大
近畿の2人で東君に行っていいよという番組。
有馬君より点数を持っているし、東君の番手を回ります。
3 小谷 文康
今使っているフレームは亡くなった手島慶介さんのヤツ。
僕自信は直接繋がっていないんですが、同じ広島の吉本哲郎君が仲良くしていたみたいで、彼が貰ったヤツを僕に譲ってくれたんです。
使い始めて半年だけど、前よりだいぶ成績が良くなった。
この間、松浦悠士君にセッティングを出してもらったもの大きい。
って、ここまで言って、登場人物が全部大物ってことに驚いた(笑)。
ラインの川上君に好きに走ってもらう。
4 鈴木  純
前回の大宮は風が強くて全然ダメだった。
珍しく598と叩いてしまったので、ここからまた挽回したい。
初連係の三浦君にしっかりマーク。
5 有馬 雄二
敗者戦とはいえ、前回の1着はめちゃくちゃ嬉しい。
ここから僕のピンラッシュがはじまるので、期待していてください(笑)。
前は川木さんだし安心・安全の3番手。
中部近畿ラインを固めます。
6 川上 修平
前回の1着は先行逃げ切りです。
先行選手じゃないのに、他が全然駆けないから…。
小谷さんには三浦君の3番手に行ってもらってよかったのに、「任せるよ」って言ってくれた。
期待通りの走りができるか分からないけど頑張ってみます。
7 東  鉄也
相手が誰でも僕の走りは変わらない。
いつも通り力を出し切るレースをするだけです。
  6R A級特予選

1 山根 泰道
地元で良い番組をもらった? 良いか悪いかはゴールしてみてからじゃないと分からないよ。
今岡君とは何度か走っているけど、大体いつも抜いていない。
2 寺林 正秋
九州は3人いるんですね。
それなら僕は今岡君-山根さんの3番手を主張させてもらう。
3 寺崎 祐樹
先輩に頑張ってって言うのは失礼だけど、山口さんに頑張ってもらうしかないですね。
山口さんがS級に上がる前、まだ先行していた頃に何度か後ろに付いたことがある。
4 山口幸太郎
弟子の山崎賢人がプチスランプ中。
今までで初めての経験だから、本人もだいぶ苦しいんじゃないかな。
これから走り方を工夫したり、周りのアドバイスを聞いたりして、もうひとまわり成長してほしい。
師匠の僕は、レースのことはあまり言わないけど、私生活のことはキチンと指導している。
人間そっちの方が大事ですから。
初日のレースに関しては、徹底先行との2分戦で難しいけど、力勝負で頑張ってみたい。
5 今岡 徹二
行くとこ行くってレースをしているだけで、何が何でも先行という感じではない。
今期は確実にS級の点数を取りたいし、色々考えながら走っていきたい。
自分のやるべきことをやるだけ。
6 早坂 道義
寺林君のコメント次第だけど、誰がどう考えても中国勢の3番手って言いますよね。
それなら僕は決めずに単騎。
決めたところで4番手しか回れるところもないから…。
7 安東 英博
ずっと良くない。
この数ヶ月でビックリするぐらい点数を落とした。
練習での手応えはそこまで悪くないし、3日間のどこかで1着を取りたい。
九州の3番手です。
  7R A級特予選

1 阿部  功
自力選手じゃありません。
捲りの決まり手はどれもたまたま付いたもの。
動くつもりは全くない。
田村さんには本線(格清洋-岡田泰)の3番手に行ってもらって、自分はその4番手から。
2 小西 誠也
自分でやるとすれば、ハコ勝負に行くか、流れ込むかの二択。
それなら俺より攻めのカードが多い樋口君に任せた方がいいでしょう。
前にどこかで連係している。
3 格清 洋介
玉野は6回走って1着4回というデータだけど、勝ったレースはどれも内容が悪くて、玉野のバンクに良いイメージはあまりない。
予選・準決をしっかりクリアして、同期の伊藤稔真君と決勝で走るのが今回の目標。
いつも通り先行基本のレースをします。
4 原  敬次
四国の2人が格清君のラインに行くのか。
回れるところがどこもないね。
決めずと言うしか…。
5 田村 浩章
勝たなきゃいけないところで勝ち切れなかったり、決め脚が以前よりだいぶ落ちている。
決勝に乗れていないのも点数が上がらない要因。
阿部君が回ってくださいと言うので格清君の3番手。
6 樋口有樹郎
小西さんに頑張りますアピールをしてきました(笑)。
任せてもらったからには少しでも見せ場を作りたい。
自力勝負。
7 岡田 泰地
東日本は2人だけ。
強い格清君に離れないようにマークします。
  8R A級特一般

1 伊藤 稔真
上で活躍している同期に追い付いて追い越す。
これが今の一番の目標。
師匠(浅井康太)からも「最後にG1を優勝したヤツが勝ち組」と言われているし、その言葉を信じて日々頑張っています。
自力勝負。
2 南部 亮太
予想通りの番組。
強い若手と当たるような気がしていた。
12月1月とまともに走れていないので、今回はしっかり3日間走り切りたい。
攻める気持ちを忘れずに。
3 吉田 昌弘
目標にできる先行屋もいないし、単騎でうまく立ち回りたい。
4 山田 雅之
伊藤君。
だいぶ前の西武園で連係した時は、伊藤君がカマされて2人してダメだった。
その時よりパワーアップしているみたいだし、安心して任せられますね。
直前の落車は軽傷だったので問題ない。
5 高嶋 一朗
地域的には九州の後ろだけどね。
地元でワガママを言わせてもらって伊藤君-山田君の3番手を主張。
6 山岸 博勝
去年は落車4回、骨折3回。
デビューから約20年で失格も30回以上している。
脚は全然違うけど、A級版の大塚健一郎君みたいでしょう(苦笑)。
九州勢追走か前々からですね。
7 八尋 翔平
南部さんが前で頑張ってくれるみたい。
九州の先輩だし全て任せます。
  9R A級特選

1 望月裕一郎
A級を走るのは20年以上振り。
ここまでの2場所は何とか形になっていますね。
前期の後半から脚の感じが良くなっているし、体の状態も引き続きいい。
不安があるとすれば、ミッドナイトも7車立ても初めてということ。
S級で何度かある森田君に任せます。
2 近藤 範昌
A級も楽じゃないね。
若い子がみんなアスリート化していて、引きずり回されてばっか。
地元だし3日間確定板に乗るのが今回の目標。
吉松君の気持ちを聞いて任せることにしました。
3 谷田 泰平
今は目標がいたりいなかったり半々ぐらい。
その時その時で自力とマークを使い分けています。
出せるうちは自力を出したいと思っているし、今回みたいな番組でも問題ありませんよ。
前々から自在に。
4 辰己  豊
追い込み選手なのに大きい着がけっこう多くて、そのせいでなかなか点数が上がらない。
まとめるのが下手なのが一番の欠点。
中部近畿ラインで谷田さん。
5 吉松 直人
降級後の感想? 点数を確保するのに必死すぎて、よく分かりません(苦笑)。
自分でやった方が納得できるし、近藤さんの前で動いてみたい。
6 鈴木 孝征
一発狙えと言われれば狙えそうなメンバーだけど、久々の特選だから冒険はしない(笑)。
前橋の初日に先行もしているし、脚自体は悪くないと思う。
森田君みたいなスピードタイプは昔から好きだし、東日本の3番手を回って直線勝負に賭けます。
7 森田 康嗣
夜10時には寝ている人間だから、ミッドナイトの開催は本当にキツい。
前回の奈良なんか毎日ウトウトしながらアップしていた。
今期3場所の競走得点は90・66だし、このままのペースじゃS級の点数はアウト。
積極的に行きすぎて失敗というのもけっこうあったし、これからはもうちょっと大事に走ろうかな。
展開を見極めてから自力勝負。

ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
コンビニのコピー機で玉野競輪の出走表が無料プリントできる!
コンビニで玉野競輪の出走表が無料でプリントできます!!


全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
玉野競輪の出走表が無料でプリントできます!!

開催初日分は前検日17:30頃から、初日以降分は当日2:00頃から
プリント可能になります。

ぜひ、ご利用下さい!!

操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin61





ページトップへ 
   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。




 
ページトップへ
   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

外出許可は競輪場
 
「美味しかったねえ、○○さん――」と中年の女性。
「うん――」とお婆ちゃん。
「○○さん、ひさしぶりの外出はいいでしょう」とスーツにネクタイの中年男性。
「ママさんが昔きれいだったの、わかるは――」。カウンターの女性に眼をやったあと、対面に顔を近づけ小声で振ると、お婆ちゃんはむにゃむにゃ囁きながら笑った。
たまに珈琲を飲む昭和風情たっぷりの喫茶店にて、四人掛けのテーブルに座る男女三人の会話だ。
ほどなく店の駐車場に某介護施設の名が横書きされたワンボックスが入って来、三人は席を立った。
お婆ちゃんがたまさかの外出先に選んだのは昔よく来た古い喫茶店だった――が、俺の勝手な理解である。
そう遠くない将来、俺がどこかの知らない施設に入居したとして、外出希望に立川か京王閣か西武園の競輪場を選んだら、管理者の許可は下りるのだろうか――。
あらぬことを考えながら今月の珈琲「ペルー」を飲み干した。
昼前の窓外の景色がやたら寒そうだ。

ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925




ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2019年2月1日(金)・2日(土)・3日(日)

■開催場所
玉野競輪場

取り扱いネット新聞

競輪毎日

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ