eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
青山彩

開設68周年記念 玉藻杯争覇戦(GⅢ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
 
山内卓也
 
川村晃司 池田勇人 猪俣康一 小野俊之
川村晃司
池田勇人
猪俣康一
小野俊之

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
玉藻杯争覇戦ニコ生e-SHINBUNチャンネル放送予定!!(2019年1月31日~2月3日 10:00~17:00)
1月31日~2月3日 10:00~17:00 高松「玉藻杯争覇戦」
 
 連日 10:00~17:00 7時間の生放送!!
  http://ch.nicovideo.jp/eshinbun

 
放送概要

e-SHINBUNがお届けする競輪予想バラエティ番組!
高松競輪 開設68周年記念 玉藻杯争覇戦e-SHINBUNチャンネル。
毎度お騒がせのe-SHINBUNメンバーに豪華ゲストを交えての生放送です!
皆さん一緒に楽しみましょう~♪


放送統括
町田洋一
   

 
出演者
※出演者は日によって変更になる場合がございますのでご了承ください
町田洋一 長谷川満 アオケイ本田編集長 木三原さくら 二宮歩美
 

 
【配信】A主
【協力】チャリロト https://www.chariloto.com/
【開催施行者】高松競輪 http://www.takamatsu-keirin.com/

 
ページトップへ
 

   
ニコ生e-SHINBUNチャンネル放送予定!!(2019年2月1日~3日 20:00~24:00)
2月1日~3日 20:00~24:00
  玉野「ミッドナイト競輪 ニッカンコム杯」

 
 連日 20:00~24:00 4時間の生放送!!
  http://ch.nicovideo.jp/eshinbun

 
放送概要

e-SHINBUNがお届けする競輪予想バラエティ番組!
玉野ミッドナイト競輪e-SHINBUNチャンネル。
都内某所の特設スタジオから今夜もわいわいお騒がせ生放送です!
皆さん一緒に楽しみましょう~♪


放送統括        
町田洋一
 
出演者
※出演者は日によって変更になる場合がございますのでご了承ください
町田洋一 長谷川満 二宮歩美 木三原さくら

【協力】チャリロト https://www.chariloto.com/
【開催施行者】玉野競輪 http://www.cco.ne.jp/keirin/
 
ページトップへ
 

   
S級決勝インタビュー

太田竜馬
ヤンググランプリで優勝したけど、まだ記念は獲っていないので。
四国地区の大会だし、優勝して盛り上げたいですね。
自力で力を出し切るだけ。
中村浩士
状況判断も悪くないし、タテ脚も悪くない。
狭いコースを突っ込んだり、自分で踏み上げたりと、結果も出ている。
関東ラインの後ろへ。
鈴木庸之
太田君が強くなっているね。
僕も未勝利だけど、勝負になる脚だと思っている。
平原さんの前で責任を持って。
番手を回らせてもらった事もあるけど、競輪祭では平原さんの前を回っている。 
山崎賢人
少しだけど自信が戻ってきた。
結果を考えず、積極的な走りで力を出し切りたい。
鈴木さんも太田君も好調ですね。
園田 匠
やっと山崎君とワンツーが決まった。
5度目の正直でした。
相手も強いけど、山崎君を信頼してベストを尽くす。
中本匠栄
もちろん、記念の決勝は初めて。
乗れる時は、こんなもんですね。
準決と同じ並びで九州の3番手です。
小川真太郎
同県の太田君へ。
番手は回っている。
勝つ走りをやってくれれば十分ですよ。
渡部哲男
脇役だし、徳島勢が頑張ってくれれば。
少ないチャンスかもしれないけど、最後は突っ込みたいですね。
平原康多
鈴木君の番手へ。
準決は自分が思っていた展開より、ワンテンポ遅かった。
他の地区だからアドバイスとかはしないけど、太田君も山崎君も良い道筋で強くなっているね。
僕も年令に関係なく、自力選手だから、そこはライバル心と言うか、気になるところでもある。
与えられたメンバーで戦っているから人の後ろも多いけど、基本、僕は自力選手ですから。


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
三日目勝因敗因
  1R S級一般


1 相川 永伍
今日は前を取ってカマシに行こうと思っていた。
ただ、日野君に良い感じで踏まれていた。
2日間、先行して疲れが残っていたかな。
2 青井 賢治
展開で勝っただけで全然ダメ。
日野君が行ってくれたからだし、苦しい展開は克服出来ない。
3 近藤 誠二
青井さんには、前を回ってくれと言われたけどね。
地元と言っても、点数が違うから、それは出来なかった。
4 大前 寛則
一人落ちのレース。
自分で佐藤君の後ろを選んだ結果なので。
5 兵藤 一也
展開には勝てないよ。
俺もそれだけの状態ではないので。
また、相川君には頑張ってもらうだけ。
6 佐藤 雅春
せっかく、違う地区の大前さんに付けてもらったのに、申し訳ない。
7 日野 博幸
関東勢に駆けられたら、捲れる自信はなかった。
だから逃げようと。
後ろがワンツーで自分も3着に残った。
50点ぐらいのレースかな。
  2R S級一般


1 加賀山 淳
重倉君は点数より脚がある。
見ての通りで、捲るのに時間が掛かった。
今日は7車とかでなく、前の方が良いかなと。
2 下沖 功児
単騎で後方になり被ってしまったので。
3 重倉 高史
補充をかなり受けていたから、練習が足りない。
今日も見せ場を作ったけど、途中で脚がアカンなと思った。
4 大西 健士
加賀山君とは相性が良いけど、抜いた事がない。
山を登る感じできつかった。
ハコ3で、少しカッコ悪いですね。
6 藤原 誠
加賀山君に捲られたけど、僕が4着で、重倉君が5着だと思う。
気持ちの良い走りをやってくれたし、2人で最終日も走れて良かった。
7 桶谷 明誉
加賀山さんは同期なので、その3番手を回った。
今日も3番手から1車抜いているので、明るい兆しが見えてきた。
  3R S級一般


1 利根 正明
弱いし、脚がない。
清水君の後ろに入ったけど、余力がなかった。
7着だとお帰りだけど、何かあれば繰り上がるし、他のレースの結果待ち。
この後は、別府全日本選抜のプレス訪問があります。
2 萩原 操
清水君は引いても良かったのに。
バックでは、小野君が捲るなと見えていましたよ。
3 高橋 隆太
小野君に展開が向いたね。
僕は久々の1着だし、凄く嬉しい。
高津さんの1車も大きかった。
4 山口 泰生
清水君の後ろを大分勢に入られたし申し訳ないですね。
5 大竹 慎吾
6 高津 晃治
セオリーなら大分勢の後ろ。
だけど、南関勢の後ろを選んで正解だった。
利根君より小野君の方が位置取りは巧いと思ったので。
7、8着を取らない事を優先して、位置を決めた。
7 小野 裕次
前がもつれて捲り頃になった。
だけど、最後は一杯でしたね。
8 清水 剛志
引く事も考えたけど、前々に踏んだ方が良いかなと。
それで利根さんを突っ張った。
  4R S級選抜


1 石井 毅
小埜君の作戦は、だいたいあんな感じだった。
高橋泰君が後ろから押さえるなら、その上を叩き、小川君との勝負。
あの初手なら、切って、考えると言うレースだった。
自分も審議になったけど、前の蛇行の動きがあっただけ。
2 西田 雅志
番手が仕事をしていたし、3番手で内を締めていた。
その時に高橋雅君が入ってきた。
3 小川 丈太
掛かっていないから、余計に重たく感じた。
三宅さんの強烈ブロックがなければ捲られていた。
まだまだです。
4 高橋 秀吉
目標にした高橋泰君が落車。
乗り上げなかっただけでも。
5 小埜 正義
三宅さんのブロックが凄すぎた。
小川君は若いし、僕と14歳も違う。
それなら、捲れるはずないですよ(笑)。
2角からでなく、詰まったホームで行けば、乗り越えていたかも。
6 佐伯 翔
一番弱い選手が一番後ろになっては。
S級は体感スピードが全然違いますね。
7 三宅 達也
小川君はぐりぐり加速して行った。
何もせんでも、えかったかな(笑)。
小埜君には少し悪い事をした。
小川君のお父さんにも世話になっているし感慨深いものがある。
8 高橋 泰裕
(過失走行で落車失格)。
9 高橋 雅之
小埜さんが仕掛けてくれたから、3着に入れた。
三宅さんでなければ、決まっていたと思う。
  5R S級選抜


1 湊 聖二
バックでは届かないかなと思ったけど、4角からは伸びた。
吉本君とも信頼関係があるので。
2 山口 貴弘
金ヶ江君が強かったね。
バックでは、併されたかと思ったけど、よく乗り越えてくれた。
3 五日市 誠
前が駆ける雰囲気だったので、ジャン前は切るつもりはなかった。
結果的に、後ろになってしまったけど。
4 八尋 英輔
自分の位置を守れず、佐賀コンビに申し訳ない。
5 室井 竜二
あの展開では、どうにもならない。
最終日は一般戦回りか。
7 吉本 哲郎
まずは、スタート牽制で前を追うのに脚を使った。
五日市君が叩いてくれ、その上を行くのが理想だった。
仕事が続いているけど、レースが練習になっているので疲れは感じていない。
8 金ヶ江 勇気
重戦車みたいで、車の進みは悪かった。
単騎の堀さんが駆けるのは想定外。
4角からは、口笛を吹きながら、余裕で湊さんが突っ込んできた(笑)。
9 佐々木 雄一
自分の出来も良くないけど、今日は前で決まってしまった。
  6R S級選抜


1 高木 翔
展開は良かったけど、併走、併走の上を行く脚がなかった。
3 片岡 迪之
いつも滝本君は行ってくれるので有り難いですね。
窓場君を止める事が出来れば良かったけど、その後ろの菅原さんをどかす形になった。
4 米原 大輔
岡山勢もやる気だったし、今日の展開では仕方ないですね。
5 吉永 好宏
今日は普通に前の2人に付いていただけ。
滝本君が行ってくれ、片岡君も上手く捌いてくれたから。
6 滝本 泰行
絶対的なスピードがS級では足りない。
中団だと、ふたをされる可能性があるので後ろから押さえて駆けた。
後ろがワンツーだし、最低限の走りは出来た。
7 荒澤 貴史
道中、菅原君と絡んだりしたけど、あの展開で3着ならば。
8 深澤 伸介
4着か、5着だし、今の自分なら満足ですよ。
9 菅原 晃
窓場君に申し訳ない。
自分の位置を守れなかった。
  7R S級特選


1 吉田 昌司
全然、巻き返せず、石塚さんに力負けですね。
高橋さんと山信田さんに申し訳ない。
2 佐藤 和也
勝負どころで遅れて位置が取れなかった。
ダッシュの無さが出た。
怪我は大丈夫。
3 石塚 輪太郎
吉田君が浮いたのは分かった。
その後はペース駆け。
二次予選は後ろが村上さんで緊張したけど、今日は自然体。
ただ、4角から失速した。
あれで3着に残っていれば納得いったけど。
4 武井 大介
山本君の自在性が上手く発揮したね。
切り込んで位置を取りに行った時は凄いと思ったよ。
あとはバックからの掛かりが凄く、捲りに行くのは無理だと思った。
5 高橋 大作
前もかなり踏んでいたから、あれを行くのは厳しいね。
吉田君はこれからの選手ですよ。
7 北野 武史
石塚君はダッシュタイプでないから付きやすかった。
ただ、余裕がないから早めに抜きすぎた。
そこは申し訳ない。
8 川津 悠揮
本当は山本さんの位置を佐藤さんが取りに行く作戦だったが仕方ないですね。
9 山本 健也
3番手は取ったけど、捲れる感じはしなかった。
一旦、2角で行きかけたけど無理だと思い、また戻った。
それで直線勝負になった。
  8R S級特選


1 伊藤 正樹
みんなが大本命の北津留君を意識して後方に置く。
そうなると逆に伏兵の地元ラインに展開が向く。
そんな流れのレースでしたね。
2 北津留 翼
初手で後ろ攻めが想定外。
一旦押さえに行き、また8番手になってしまった。
3 矢口 啓一郎
一人でも抜きたいから、ハンドルのポストが壊れるぐらい投げましたよ。
それでも、前はかなり遠かったですが。
4 郡 英治
大西君がドンピシャのタイミングで行ってくれたね。
一番理想的な展開になった。
5 西村 光太
前も掛かっていたから、捲れる感じはしなかった。
6 網谷 竜次
昨日がハコ絶好の展開で伸びなかった。
今日は少し余裕があった。
地元記念で勝てて凄く嬉しい。
8 大西 祐
初手で車番的に前を取れるとは思っていなかった。
後ろ攻めが北津留さんになり、それを志村君が切ってくれた。
それでカマシやすくなりましたね。
最後は失速したけど、ラインの3人で決まったので。
9 志村 龍己
一旦、切ってから考えようと。
ただ、今日も矢口さんには迷惑をかけた。
  9R S級特選


1 山田 久徳
ジャンでは先行して良いと思い叩きに行った。
そうしたら、単騎の古川さんの後ろに入る形になった。
周りの動きは見えていたし、多少の重さはあったけど、勝つ事が出来た。
調子は問題なかったので、勝ち上がりに失敗した事が悔しい。
結果的に、同期古川さんとワンツーでしたね。
2 小宮 剛
最後は外に回したけど、内の小坂さんの方が伸びますよね。
5 藤田 竜矢
僕もジャンでは先行しようと思ったけど、古川君が邪魔になった。
その後は、鷲田君をどかすレースになった。
6 古川 貴之
一旦、インを切り山田君の番手に飛び付く作戦。
そうしたら、ホーム線でも来ないので、逃げるレースになった。
検車場でも、弟子の金ヶ江君が応援してくれたみたいだね(笑顔)。
7 鈴木 裕
危なかった。
2角で併走になった時は落ちるかと思った。
8 小坂 敏之
まずは藤田君が前々に踏んでくれたから。
最後は内しか狙っていなかったし、3着なら十分ですよ。
9 鷲田 佳史
あんこにもなったけど、自分の位置を守れなかった。
昨日も今日も弱すぎる。
  10R S級準決勝


1 太田 竜馬
地元勢を連れ込めなかったのは反省点だけど、長い距離を踏めたので。
タイムも悪くないと思いますよ。
ここで優勝して、次の全日本選抜に弾みをつけたい。
2 中村 浩士
絡まれてから、自分で捲るみたいだったし、昨日の園田君みたいなレースだった。
あれをスイッチする、鈴木君も強いね。
3 稲毛 健太
バックが追い風なのも分かっていたし、今日はペースで駆けた。
ただ、最近、こう言うレースをやっていなかったので…。
やはり、普段からカマシ・捲りだけでなく、押さえて駆けないと。
4 永澤 剛
中団3番手をただ、取っただけですね。
やはり、自分の自力では厳しい。
5 鈴木 庸之
太田君より先に仕掛けるレースなら、ジャンでカマシに行っていた。
もう、彼に飛び付くしかないと思った。
だけど、強いと言うより、更に強くなっている。
全然、抜ける雰囲気はなかった。
6 青森 伸也
記念の準決となると、普段のレースと全然スピードが違いますね。
7 池田 憲昭
太田君のダッシュが凄すぎた。
地元記念だし付いて行けず残念。
失格になった香川さんの分も頑張ろうと思っていたけど。
8 福島 武士
池田さんも離れたけど、その前に僕も、もう苦しかった。
9 村田 雅一
良い感じで稲毛君も踏み上がっていたけど、それを捲ってきた太田君が強すぎた。
  11R S級準決勝


1 山崎 賢人
だいたい、こんなレースになると思っていたし、想定通りの走りが出来た。
一番危なかったのは、最終ホーム。
あそこで近藤さんを併せ切れれば大丈夫だと思った。
九州3人で決まった事が一番嬉しい。
2 柏野 智典
今日はアフロ君が強かったし、前が遠かった。
4 中本 匠栄
これからは山崎さんと呼ばないと(笑)。
掛かりも良かったし、安心していた。
園田さんも庇っていたから、あまり早めに抜きに行けない。
3番手は慣れていないし、そこの判断は少し難しかった。
5 五十嵐 力
近藤君は行ってしまうかと思ったけどね…。
山崎君相手に見せ場を作ってくれたので。
6 近藤 夏樹
全開でカマシに行ったけど、実力の差で、山崎君に併されてしまった。
7 園田 匠
山崎君とは5度目の連係で、初めてワンツーが決まった。
前回の大宮記念も失敗しているので。
また、彼らしい走りが戻ってきたね。
8 戸田 康平
2車で厳しかったが、主導権を取れず力不足だった。
 
  12R S級準決勝


1 鈴木 竜士
(最終日は頸部痛で欠場)。
2 小川 真太郎
二次予選は7着で失格があったから6着に繰り上がり。
その6着で1人上がりで準決に進んだツキがあった。
迷惑をかけた地元の香川さんの分まで頑張らないと。
今日は哲男さんに仕事をしてもらったから勝ち上がる事が出来た。
番手に入れてもらったし、バックは鈴木君に踏み負けられないと思った。
3 菊地 圭尚
2センターでは平原君と絡み、危なかったですね。
4 不破 将登
絶妙のタイミングでカマシに行けたけど、後ろは笠松さんでなく小川君だったんですね。
これもレースだから仕方ないですよ。
5 渡部 哲男
不破君が仕掛けてきたけど、外を張り、小川君を入れる事が出来た。
あとは、平原君が、どうやってくるかだと思っていた。
7 竹内 智彦
若い子が多いから、激しいレースだった。
今日は圭尚君に任せていたので。
8 笠松 信幸
不破君に踏み出しに離れて、申し訳ない。
付いて行ければ結果は違った。
9 平原 康多
完全に失敗レース。
何度も落ちると思ったけど、ファンの事を考えると、落ちても良いやと思い突っ込んだ。
鈴木君が止まってからだし、その判断が、いつも人の後ろだと難しい。
バックで内に差したけど、最高のリカバリーが出来たと思う。
前が頑張っている間は、先に自分から仕掛ける事は出来ない。
本当は、2角で先に行けば、楽なのは分かっていますが。



ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
二日目勝因敗因
  1R S級選抜



1 片岡 迪之
一旦、切って、また後方になっている様ではダメですね。
組み立ての甘さが出てしまった。
2 深澤 伸介
脚を使い、高木君は中団を取り、理想の組み立て。
僕は捲りの3番手だったので。
3 西田 雅志
2センターで、ちょっと遠いと思ってしまった。
厳しい展開でした。
4 佐々木 雄一
調子は良くないけど、競輪は展開。
高木君が全部やってくれたので。
初日の捲りも良い練習になっていたと思う。
5 桶谷 明誉
片岡さんには世話になっているし、今日の展開では仕方ない。
6 清水 剛志
踏み込んでいたけど、踏み上がらなかった。
そんな感じだと藤原さんに言われた。
7 高木 翔
今の僕では長い距離はきつい。
清水さんが2車だし、あの展開しかないと思っていた。
最後はバテバテだけど、佐々木さんとワンツーが決まり良かった。
8 藤原 誠
選手紹介の時は、自転車のセッティングが出ている感覚はあった。
だけど、今は脚がないですね。
清水君が行ってくれたけど、高木君を止められなかった。
  2R S級選抜



1 小埜 正義
小野君も前々の気持ちがあったし、最後は外を踏んだけど、届かなかった。
2 菅原 晃
2車だけど、止めに行かないといけないので。
分かっていたけど、内を湊さんが入ってきた。
3 湊 聖二
あそこまで日野君が捲り上げてくれたので。
菅原君とも仲が良いけど、あそこは勝負どころ。
悪いが、内を行かせてもらった。
4 小野 裕次
小埜さんからも発進しろとは言われていなかった。
少しでも前々のレースをやってくれと。
5 萩原 操
何で、わしのところで粘るのか、意味が分からん(笑)。
6 高津 晃治
湊さんのトリッキーな動きを、バックぐらいから見失った。
7 金ヶ江 勇気
やっと開花し始めたなと、師匠の古川さんに言ってもらえた。
良いタイミングで行けたけど、やはり2車だし、掬われますよね。
そこは菅原さんに申し訳ない。
8 重倉 高史
ジャンで僕は弱いし、簡単に出させてくれるかなと思いましたが。
そこで、一瞬、小野君と踏み合いになり。
9 日野 博幸
前を取れば、ああなりますよね。
不発だったけど、人気の湊さんが1着で良かった。
  3R S級選抜



1 高橋 秀吉
五日市君の激しい動きに付いて行けなかった。
2 小川 丈太
後ろが競りになるのは想定外。
青井さんと近藤さんに迷惑をかけた。
初日は甘さが出たけど、逃げ切れたし、脚は悪くないと思う。
3 大西 健士
五日市君の邪魔はするつもりはなかったですよ。
あれは3番手に追い上げを狙っただけ。
4 高橋 隆太
どう走れば良いか、難しいレースだった。
他の選手の動きも分からなかった。
5 五日市 誠
あれは狙って番手ではない。
高橋君を決めようと思った勢いで、そのまま番手に行っただけ。
競りになった後の、青井さんも凄かった。
そこは気持ちで負けない様にした。
6 高橋 泰裕
これで4日間走れますね。
良い感じで番手にスッポリ。
ただ、僕は地脚がないから、その後は一杯だった。
3着なら、やった方でしょう。
9 青井 賢治
審議はセーフ? それは良かったけど、競られたら熱くなりますよ。
曲がっていたフレームを修正に出してから、全く伸びなくなってしまった。
  4R S級選抜



1 高橋 雅之
加賀山君任せだったので。
今日は、吉本さんが強かった。
2 兵藤 一也
内から吉本君が来るとは想定外。
それも言い訳になってしまうが。
3 吉本 哲郎
中0日の補充だけど、僕はタフなので問題ない。
併走になったけど、3年前までは、僕も追い込みでやっていたので。
引いても良かったけど、引いている時に、誰かに行かれるのが嫌だったから勝負した。
4 利根 正明
もっと単調な4分戦になると思ったけど、思った以上に激しいレースでしたね。
5 加賀山 淳
怯んだり、ジャン過ぎから、思った以上に脚を使っていた。
見た目は、捲り頃でしょうが。
6 相川 永伍
吉本さんが後ろにいてビックリした。
とにかく、今は主導権を取り脚を戻している状態。
明日は、お帰りにならない様に頑張らないと。
7 吉永 好宏
全部、吉本君がやってくれたね。
番手を捌いて、そこから捲りですから。
8 米原 大輔
もうちょっと工夫して走れば、利根君の力があれば一発決まっていたと思う。
9 室井 竜二
遅れずに付いて行けて良かった。
今日の吉本? まあままと、ちゃうん(笑)。
  5R S級選抜



2 八尋 英輔
脚を溜める事が出来たのと、下沖君が頑張ってくれたおかげ。
せっかくなら、頭まで行きたかった。
3 荒澤 貴史
初手がどこでも、結局は7番手になるかなと、佐藤君と話していた。
ワンチャンスあり、三宅さんの内に入って行ったけど、逆に跳ね返された。
4 下沖 功児
窓場君相手に見せ場を作れたので。
それは収獲ですね。
初日は3番手で、それも勉強になった。
5 大前 寛則
3角からの登りで、窓場君に行かれた。
それで付いて行く事が出来なかった。
6 佐藤 雅春
周回中は余裕があり、楽だけど、仕掛けてからは車が全然出ない。
今日も三宅さんに、軽くあしらわれた。
7 大竹 慎吾
下沖君が逃げの組み立て。
僕はダメだったけど、後ろの八尋君が2着まで行ったし、それは良かった。
8 佐伯 翔
これが初の3着で初の確定板。
荒沢さんの動きを見てから、直線で踏んだ。
9 三宅 達也
窓場君が行ってくれたからね。
ただ、脚を使い、苦しそうだった。
捲りを止めに行けば、荒沢君が入ってくる。
それも対処出来たし、今日は良い走りが出来たと思う。
番組の人にも、窓場君を付けてもらい、気を遣ってもらった。
  6R S級二予B



1 福島 武士
まずは大西君の良いスピードをもらえた。
鈴木さんも脚を使っていたし、最後は外を良く伸びた。
2 鈴木 裕
出させるつもりは最初からなかった。
切って、中団の組み立てなら、もっと楽だったけど。
もう吹っ切れたし、原点に戻ろうと。
3着は悔しいけど、これからの僕を見ていて下さい。
3 竹内 智彦
鈴木君が良いレースでしたね。
僕も外を振り、何度も仕事はやれた。
ただ、地元の福島君がサラ脚でしたね。
4 小林 卓人
堀君がどうするのか、ちょっと分からなかった。
どうあれ、きちんと付いて行かないとダメですが。
5 阪本 正和
今回は走っていて余裕があるけど、展開が向かない。
6 堀 僚介
前に出る迄は楽だったけど、出てからは、きつかった。
後ろに鈴木さんが入ったし、余力がなかった。
8 大西 祐
煽りがあり、バックを踏んでからの捲りになった。
コンマ1秒ぐらい悩んだし、それがなければ竹内さんのヨコを乗り越えていたと思う。
9 西村 光太
位置を取ってからと思っていたけど、何も出来なかった感じです。
  7R S級二予B



1 山口 貴弘
内を締めていたら、遅れてしまった。
それが、最終ホームの動きです。
2 矢口 啓一郎
初日の怪我は大丈夫。
吉田君が行けず、しかも山本君に絡まれて。
3 網谷 竜次
情けない。
戸田君の得意パターンになり、脚がカキーンと入るレースだったね。
僕は4角から、三角形のギヤが付いているかと思うぐらい伸びなかった(苦笑)。
4 戸田 康平
地元記念で結果を出せて凄く嬉しい。
前が踏んでいないから、楽にカマシが決まった。
準決は見せ場だけでも作りたい。
5 山本 健也
色々と考えながら走ったけど、考えがまとまらなかった。
戸田君が地元の選手らしい走りでしたね。
6 青森 伸也
完全にノープラン。
山本君なら立ち遅れないと思い、その3番手にいた。
直線伸びたけど、たまたまでしょう。
7 吉田 昌司
あれで前に出られないのですから弱いですね。
矢口さんと山信田さんに迷惑をかけた。
9 近藤 俊明
コースはなかったけど、狭いコースを勝負だと思い、入って行った。
3着ではダメだけど、やりたい走りは出来た。
  8R S級二予B



1 小宮 剛
最後、外を踏んで藤田君と3着同着なら、やった方でしょう。
稲毛君が強すぎたので。
2 鷲田 佳史
人気なのに、すみません。
バックから一杯になり、稲毛君に付いて行けなかった。
3 郡 英治
余裕はあったし、外に張らず、稲毛君の3番手にスイッチすれば良かったかな。
4 小坂 敏之
バックでは藤田君も苦しそうだったので、内に入りたかったけど、前が壁で空かなかった。
6 滝本 泰行
主導権取ったけど、稲毛さんのスピードが全然違いましたね。
7 藤田 竜矢
本当は最低でも近藤君の位置を取らないと。
稲毛君相手に、僕の自力ではきついですね。
8 近藤 夏樹
どう走っても2着以内に入れるイメージが湧かなかった。
松阪記念で、こてんぱんにやられ、自信も失っていたので。
最後は、稲毛君を抜くイメージで踏んだけど(笑)。
9 稲毛 健太
どうせ前を取らされる。
それなら、スパーンと前で受けようと。
一旦、8番手まで引き、そこから早めに巻き返そうと思った。
持って来られたら、回しながら休めば良いと思っていた。
最後は鷲田さんでない気配を感じたので、それは意外だった。
初日、飛んだけど、別に調子は問題なかったので。
  9R S級二予A



1 小川 真太郎
やはり、気持ちで負けて不破さんを出させたのが失敗。
地元の香川さんも失格になり申し訳ない。
ただ、落車しなかっただけでも。
2 鈴木 庸之
勝負だから、あんなに簡単に引いたのが失敗。
地元だから遠慮したけど、最低でも香川さんのところで粘れば良かった。
7番手では話しにならない。
今日は初日と違い、先行も持っていたから駆けた方が良かった。
3 菊地 圭尚
鈴木君をアテにしたのが失敗。
頭で勝手に展開を作っていた。
それで、9番手になったし情けない。
4 不破 将登
小川君が流していたから、カマシに行く事が出来た。
一番良いところから仕掛ける事が出来たので残る事が出来たと思う。
5 中村 浩士
展開は悪かったけど、回りもガチャガチャしていたから、たまたま伸びただけですよ。
8番手になったし、コースだけを見ていた。
6 佐野 梅一
(妨害受けて落車棄権)。
7 香川 雄介
う~ん、失格か…。
確かに少し頭を出したけど。
8 笠松 信幸
不破君が良いタイミングで行ってくれたね。
前に出た時点で、ある程度の着は確信出来た。
9黒田 淳
(落車して棄権)。
 10R S級二予A



1 鈴木 竜士
どの位置を取っても、近畿は2段駆け。
きついと思ったし、神山さんにも迷惑をかけた。
ただ、初日よりは良くなっている。
2 村上 義弘
石塚君とは初連係。
どれぐらいの走りか分からなかったので、ギリギリまで待ったけど、悪いが出させてもらった。
3 園田 匠
翼君が厳しくなったので、自分で2角から捲り上げた。
村上さんが鈴木君を持って行き、その煽りもあったので。
4 永澤 剛
権利を考えれば、インを切り、近畿の後ろに入るのがベストだと思った。
村上さんも番手捲りだと思ったので。
5 村田 雅一
ヘマは出来ないから、村上さんの後ろで緊張感を持って走った。
今は神戸空港の近くで、沢田義和さんと一緒に練習をやっている。
あの年になっても沢田さんは本当に強いですね。
6 佐藤 和也
(落車し棄権)。
7 北津留 翼
みんな危ない。
怖かったですよ。
佐藤さんに乗り上げそうになった。
8 石塚 輪太郎
主導権だけは取ろうと。
後ろが村上さんで、プレッシャーはあった。
脚がないし、最低限の走りが出来ただけですね。
9 神山 雄一郎
失格? レースだから、仕方ないね。
鈴木君も力があるのだから、あのまま行った方が良かったよ。
あれで、一旦スピードが死んでしまったので。
 11R S級二予A



2 太田 竜馬
初日は雨でバンクコンディションがきつかった。
ウエイトトレをやり始めてから、少しはパワーが付いたけど、それでも寒いのは苦手。
今日の方が楽だったし、ラインの3人で決まり良かった。
3 五十嵐 力
スタートで後ろ攻めになったのが誤算。
それで位置を取れなかった。
5着で権利を取っただけのレースになってしまった。
4 中本 匠栄
ジャンで踏んでおいたのが良かったですね。
それで太田君の4番手を確保出来たので。
凄い掛かりだし、捲れる様な感じはしなかった。
5着権利だし、そこは考えながら走った。
5 池田 憲昭
えっ、抜いていないの(笑)。
それなら、今日は残してやったと書いておいて下さい。
もちろん、太田君のおかげです。
6 古川 貴之
外から五十嵐さんに食われてしまった。
もったいないですね。
7 柏野 智典
太田君は意識の高い走りをやっているね。
あの先行なら、誰も捲れないよ。
3番手の走りに徹したし、納得の3着です。
9 北野 武史
ジャンの攻防が全てですね。
僕が何か竹内君に言える立場ではないですが。
 12R S級二予A



1 平原 康多
前受けは不利なのでスタートは我慢した。
後ろで大作さんが激しい動きをしていたみたいですね。
山田君も4車だから引けないだろうし。
今日は山崎君が掛かっていて本当に強かった。
2角から行けず、大事を取り、あの走りになった。
2 稲川 翔
山田君もスタートを追ったり、色々ときつかったと思う。
彼なら競り負けないと言う、信頼感はあったけど、高橋さんも激しかったですね。
後ろに2人いるから、僕がバックから仕掛けて行ける脚があれば良かったですが。
3 山崎 賢人
スタートを出る事も考えたけど…。
平原さんに負けたが、だいぶ良い時の感覚が戻ってきた。
あと、ちょっとの辛抱だと思う。
4 高橋 大作
ずっと、山田君とやり合い、きつかった。
平原君の後ろで、みんな見ているし、負けられないところなので。
5 伊藤 正樹
激しい動きで、みんな危ないから。
今日は落車も多く、怯んでしまった。
6 八日市屋浩之
最後、伊藤さんを抜いて5着だし、大きいですね。
7 渡部 哲男
アフロ君とは3度目の連係だった。
番手だった青森記念、3番手の親王牌。
掛かっていたし、凄く強く感じた。
8 志村 龍己
僕も前を追えず、離れていたので。



ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日勝因敗因
  1R S級一予選


1 神山 雄一郎
まずは吉田君の頑張りがあったから。
もう、一踏ん張りがあれば残せたけど、後ろの勢いも見えたので。
1R、1番車で走る前は緊張感があったけど、走ってしまえば、いつもと一緒。
永沢君と1着争いが微妙だったけど、同着で良かった。
本当、今日は色々とレアなケースですね(笑)。
2 吉永 好宏
スターと牽制があり、自分が前を追った。
重注1個は付いたと思うし、月に3個で、もうお寺ですからね(苦笑)。
3 吉田 昌司
後ろが初連係の神山さん。
オーラが凄かったし、自分なりに早めに巻き返した。
かなりの距離だったし、最後は余力がなかった。
4 小坂 敏之
レジェンドが1着で、3番手を固めた甲斐があった。
俺も何とか二次予選Bに行けるね。
5 永澤 剛
佐藤君のスピードを貰えたので。
自分でやったら、ダメでしたよ。
最後は良い感じで伸びる事が出来た。
6 佐藤 雅春
何もやれない感じだったけど、後ろの永沢さんと青森さんが勝ち上がってくれたので。
だけど、頭まで行ってしまうし、永沢さんにはビックリ。
8 青森 伸也
怖いと思いながら、4角からは、狭いコースに入って行った。
それで3着に入れた。
9 片岡 迪之
本当は前を取りたくなかったですが、牽制があったので。
ジャンで佐藤君が流していたので叩きに行った。
中団に追い上げるか、そこは悩みましたが。
  2R S級一予選




1 青井 賢治
戸田君が7番手になったけど、自分も余裕がなく一杯だった。
2 不破 将登
楽に中団を取れたのが大きかった。
2角で仕掛けた時に、藤田さんと合ってしまったけど、踏んでからのスピードが良かった。
今回は大宮記念とは違うと思う。
3 藤田 竜矢
高橋君が行ってくれたけどね。
やはり、2角からでは長すぎた。
4 戸田 康平
地元記念なのに、7番手になり、すみません。
5 北野 武史
不破君とは久々の連係だけど、強くなっているね。
グングン、加速して行ったよ。
6 高橋 泰裕
主導権を取りに行ったけど、バックすら取れなかった。
完全に力不足です。
7 伊藤 正樹
捲りの3番手だし、付いて行けて良かった。
前2人のおかげです。
8 室井 竜二
展開もあるから、しゃーない。
いつ行くんだと思い、何度も構えて差し込んでいた。
9 兵藤 一也
踏み出しは危なかったけど、何とか付いて行けた。
だけど、本線に中団を簡単に取られては。
 
  3R S級一予選


1 高木 翔
あの形になって、ラインで決められないのが現状の脚ですね。
2 山中 貴雄
番手から出るのも…。
あれだけ頑張ってくれたし、そこは葛藤があった。
イエローラインぐらいまで追い掛けて持って行ったけど、その上を逃げられてしまった。
3 北津留 翼
相変わらず、組み立てが下手ですね(笑)。
7番手になり、何度も行くチャンスはあったけど。
4 米原 大輔
3、4回、翼君が行くチャンスがあった。
だけど、勝ちたいだろうし、そこで見られてしまった。
9番手だし、5着なら十分かも。
5 川津 悠揮
今日は圭尚さんの後輪だけを見て走った。
僕の脚で3着なら大きいですよ。
6 桶谷 明誉
自分も少し波を作り、後は山中さんの仕事に任せた。
外の勢いが良かったですね。
7 菊地 圭尚
二次予選Aと二次予選Bでは、全然違うし、とりあえず2着に入れて良かった。
北津留君には対応出来なかったけど、脚の感じは悪くないですね。
8 日野 博幸
自分がもう少し掛かっていれば、山中君も止められたと思う。
だけど、あんなに大きくブロックしてくれ、その気持ちは嬉しいですね。
9 阪本 正和
あのスピードには付いて行けないですよ。
北津留君が豪快な捲りでしたから。
  4R S級一予選



1 鈴木 裕
みんなが思っている通り、あれで小川君を出させて4番手でも、捲り不発で5着だけ(笑)。
ダービー出場の賞金もダメだったし、色々と吹っ切れた。
今日に関して言えば、気持ちは自在だったけど、脚が先行だった(笑顔)。
次も続くか分からないけど、原点に戻る走りをやりたいですね。
心を入れ替えたと書いておいて下さい。
2 湊 聖二
今日はキックのスイッチが入っていた。
小川君も出させてくれると思ったのでしょう。
番手が脚のある五十嵐君だし、外は無理だと思い、内を狙った。
だけど、コースがなく、詰まってしまった。
3 西村 光太
鈴木さんが四国勢を出させると思った。
そうなったら、内をしゃくろうと思ったけど、意外な展開になった。
4 小川 丈太
自分の考えが甘かったし、先輩に迷惑をかけた。
巻き返す事が出来ず、このクラスで対応するダッシュ力もなかった。
5 佐藤 和也
インフルエンザ明けで、多少、苦しかったけど、最後は突っ込む事が出来た。
6 藤原 誠
湊君が肘を出してきたりして、危ないレースだったね。
7 福島 武士
外か内かは悩んだ。
多分、5着に入っていると思うけど。
9 五十嵐 力
今回はキック(鈴木裕)と同じ飛行機で来た。
空港からもタクシーで2人で来た。
有り難いし、良い先行だったと思う。
  5R S級一予選


1 石塚 輪太郎
イナショーさんだから安心感があった。
4番の動きも見えたので、そこは簡単に併せる事が出来た。
最後は少し失速したけど、修正出来る範囲だと思う。
2 三宅 達也
鬼になれなかった。
何度も地元の大西君には1着を取らせてもらっているので。
入れなければ5着で勝ち上がれていたけど、それも、わしの生き方なので。
3 稲川 翔
石塚君が主導権を取ったし、後は車間を切って様子見。
2着に残せなかったのは反省点。
来期は2班でS級シリーズはオール予選スタート。
記念は関係ないし、与えられた展開とレースで頑張るだけ。
4 近藤 夏樹
巻き返すスピードが足りなかった。
やはりS級では、力不足を感じる。
5 大西 祐
あそこでまだ、三宅さんが入れてくれた。
本当、申し訳ないですね。
5着で何とか勝ち上がれたけど、何かあれば三宅さんに恩返しをしないと。
6 佐伯 翔
展開に関係なく余裕がないですね。
良い勉強になっている。
7 八日市屋浩之
イナショー君が石塚君を残しに行っているし、あとは、内を締めているだけ。
一番良い展開になり恵まれた。
8 大前 寛則
あの人の優しさが三宅君の売りだからね。
着は別として、軽く感じたので、久々に競輪をやった気がした。
9 大西 健士
7番手からの巻き返しだし、近藤君もきつそうでしたね。
  6R S級一予選



1 黒田 淳
滝本君が行けないと思った時は、自分で行こうと思っていた。
そうしたら、思った以上に車が進んでいた。
2 近藤 俊明
小埜君が行ってくれる流れになったし、何とか捲りは止めようと思った。
5着だし、勝ち上がれて良かった。
一旦、マークを外し、内からドッキングする形になった。
3 山田 久徳
3番手に入れる展開だし、最終ホームでは、窓場君を待っていたけどね。
そこで、踏み合いになってしまい、彼はきつくなったと思う。
バックから自分で捲る形になったけど、なるべく、ラインで決めようと思った。
4 萩原 操
どうするかは、山田君の判断だった。
浮いた窓場君を庇いながらでしたね。
もっとシビアに内に行ってくれれば、わしの着順もあった。
5 郡 英治
厳しい展開だったけど、よく凌げたと思う。
最近は、何気に良いですね。
6 滝本 泰行
前を取れば、ああなりますよね。
たまたま、ラッキーパンチが決まっただけ。
本当は小埜さんが切った時に行かないとダメ。
その時に、内に差してしまい。
9 窓場 千加頼
焦って、レースが空回りした。
山田さんとも初連係だったので。
  7R S級一予選



1 佐々木 雄一
まずは、6番がきちんと切らないから、こうなる。
先行選手なら、ホームからカマシに行く最高の展開だったけど。
そんな、自力は、もうないので。
2 稲毛 健太
本当は内から抜け出して先行しようと思った。
もう、ああなったら引けないですよ。
二次予選Bの方が楽? 狙って着は取れないし、失敗したが精一杯やった結果。
また、人気になるし、今度は勝てる様に頑張る。
今日は脚負けでなく、展開負け。
すみませんでした。
3石井  毅
みんな親父狩りで、弱いところを虐めてくる。
今の競輪界と一緒ですよ(笑)。
点数があるから5着でも勝ち上がれそうですね。
4古川 貴之弟子が全部、頑張ってくれた。
金ヶ江は甲子園に行っているけど、ベンチで補欠(笑)。
僕の従兄弟が、楽天ゴールデンイーグルスの古川なので、その関係で弟子入りした。
本当、良い弟子を持ちました(笑顔)。
5 佐野 梅一
村田君が伸びたから、一緒に伸びた。
引き続き、脚は良いですね。
6 小野 裕次
これからは、自在でやって行こうと思ったので。
稲毛君には、負けられないと思った。
7 村田 雅一
稲毛君が引いても良い様に待っていましたが…。
スイッチが入りましたね。
4コーナーからは冷静にコースが見えていたし、脚の感じも良いですよ。
8 金ヶ江 勇気
師匠が2着に入ったのが何より。
自分の責任は果たせましたよ(笑顔)。
負け戦は、勝つ走りで。
9 荒澤 貴史
佐々木君の捲りのスピードも悪くなかったけどね。
その前の展開が僕らに向かなかった。
  8R S級一予選


1 藤田 勝也
(落車し棄権)。
2 五日市 誠
惜しいで終わってしまった。
尾崎さんが離れるかなと思ったけど、それ以上に鈴木君の巻き返しも早かった。
堀君の前まで行ければ良かったけど。
3 鈴木 庸之
押さえに来るのが遅ければ、突っ張りも考えていた。
引いて、早めに巻き返しに行ったけど、てっきり、後ろは尾崎さんかなと。
落車は分かったので、外に持って行き、落ちたのかと錯覚した。
最後に失速するのは、脚質的に仕方ない。
どんなに点数を持っていても、1着を取れないのが競輪だね。
4 山口 貴弘
中本君が内に行った時に、付いて行けなかった。
5 竹内 智彦
2段駆けの可能性もあるし、初手は近畿の後ろと思っていた。
ただ、鈴木君の巻き返しが早かった。
6 高津 晃治
結果的に近畿の後ろにいた方が良かったかも。
だけど、藤田君が落車しているので、巻き込まれていた可能性もある。
それは、どうなっていたか分からない。
7 中本 匠栄
内から位置を取りに行くレースになった。
展開では鈴木さんの番手も考えていた。
山口さんに迷惑をかけたけど、俊敏なレースは出来たと思う。
8 堀 僚介
ああなれば、一人で鈴木さんが飛んでくると思った。
そこは藤田さんが作戦を考えてくれていた。
番手に入り、本能的に抜きに行った分、内から来られてしまった。
9 尾崎 剛
(落車し棄権)。
  9R S級一予選


1 矢口 啓一郎
(落車し滑入)。
2 竹内 雄作
人気だし残れなくて悔しいですね。
バックで緩めた分、踏み上がらなかった。
その分、最後、失速した。
3 志村 龍己
正直、今日はあまり番手は考えていなかった。
来期A級だし、もう1回、タテ脚を磨こうと。
楽に中団を取れると思っていたし、そこからの勝負。
竹内君を捕らえたし、絶好調でしょう(笑)。
4 利根 正明
後ろ攻めでも、結局同じですよ。
竹内さんで、今日は戦う相手が悪かった。
5 坂口 晃輔
う~ん、失格ですか…。
残念です。
何かの声に反応してしまい、外に持って行ったかもしれない。
6 下沖 功児
9番手になり、マーク選手の気持ちが分かりました。
普段、僕も後ろになるケースが多いので。
7 山信田 学
志村君が前だし、だいたいこんな展開だと思っていた。
8 大竹 慎吾
志村君が引いた時点で終了ですね。
僕らは粘り待ちでしたから。
9 笠松 信幸
志村君は一緒に上がり、番手勝負だと思った。
引いたのは想定外だった。
坂口君の失格は残念です。
  10R S級一予選


1 山崎 賢人
前を取らされたし、早めに、自分のタイミングで行こうと思っていた。
必要以上に警戒されるのは、いつもの事。
最近は、もやもやのレースが続いたし、久々に良い走りが出来たと思う。
2 山本 健也
山崎君をどかせれば、もっと良かったけどね。
現状の脚では、精一杯やった方でしょう。
3 鷲田 佳史
清水君は頑張ってくれた。
山崎君相手だったしね。
取りあえず、勝ち上がれて良かった。
4 八尋 英輔
山崎君の踏み出しが強烈だった。
3番手だし、付いて行けなかった。
5 武井 大介
久々に、らしい走りが出来たかな。
最後も、山本君がコースを作ってくれたので。
6 清水 剛志
山崎君がS級に特進したレースも一緒だった。
それ以来だけど、また強さを見せられてしまったね。
7 菅原 晃
すみません、山崎君に付いて行けなかった。
9 小林 卓人
5着以内に入っていますよね。
山崎君相手に、清水君が頑張ってくれた。
  11R S級一予選


1 小川 真太郎
寒すぎて、脚が上に上がらなかった。
しょぼいレースで、すみません。
二次予選は、もっとラインで楽に決まる様に。
2 高橋 大作
スタイルを崩さず、相川君が頑張ってくれたおかげ。
小川君はスピードが良く止められなかった。
3 加賀山 淳
こう言う、中団の攻防が下手ですね。
みんなにアドバイスをもらったけど。
4 網谷 竜次
小川君は何度も行くチャンスはあったと思う。
最後は、内しかなかったし必死で突っ込んだ。
5 高橋 雅之
自分に脚があれば5着には入れていたし、仕方ないですね。
7 小宮 剛
5着? 6着? これは大きいし、高橋雅君には勝っていますよね? 8 相川 永伍
主導権だけは渡さないつもりだった。
最後、内を空けたのがもったいないけど、ふらふらだったので。
9 池田 憲昭
小川君には、せめて誘導を残さず、引いて欲しかった。
2角では、危なかったし、必死で彼を追った。
決勝を見据えれば、こう言う、試練があった方が良いでしょう。
  12R S級初特選


1 太田 竜馬
とにかく長い距離を踏んだので脚が痛い。
寒さにも、やられた。
ハイパワーでなく、今日はミドルパワーでした。
明日は、もっと軽くなる事を信じて。
2 鈴木 竜士
太田君が掛かっていて、とても捲れる様なスピードではなかった。
車体故障かなと思ったけど、自転車は壊れていなかった。
3 村上 義弘
(検車場の奥のローラー台にクールダウンに向かう)。
4 園田 匠
今日の展開では分からないけど、普通に走れると思う。
次が九州のビッグレースの別府全日本選抜だし、もっと調子を上げておかないと。
5 香川 雄介
太田君の掛かりは悪くなかったと思うよ。
平原君だから、来れただけ。
俺が持って行き、鈴木君が飛んだから審議だったみたいだね。
6 柏野 智典
僕が4番手にいたし、ラインの厚みがあるから太田君は逃げたのでしょう。
平原君の走りは後ろで見ていて流石。
危なくない様に、加減して走ってあれですから。
余裕の持ち方が違いますね。
7 平原 康多
寒いしタイムは、そんなに出ていないと思う。
苦しい展開だったけど、鈴木君が仕掛けてくれたから、その勢いで突き抜けた。
8 渡部 哲男
太田君の気持ちを感じるレース。
香川さんが持って行き、待っていたからバックを踏んだ。
ラインの走りをやったので仕方ない。
9 中村 浩士
平原君は技術力が高いね。
どんな展開にも対応出来るから安心感があった。
今日は付いていただけ。

ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日インタビュー
  1R


神山雄一郎
えっ、俺が1レースの1番車? 若手の登竜門だし、俺でなくても良いでしょ(苦笑)。
吉田弟君とも初めてだし、何もかもが初体験ですよ。
吉永好宏
乗れている片岡君へ。
2場所前の大垣の初日と最終日に連係している。
永沢君が前なら、嫌だったし、北日本のこの並びは助かる。
吉田昌司
神山さんと会うのも初めて。
どう挨拶して良いか分からないですよ。
僕にとっても神様ですから。
迷惑をかけない自力勝負。
小坂敏之
神山さんの後ろで3番手。
神山さんの性格を考えれば、1レースでも、そんな小さい事に拘らない人ですよ。
ただ、マーク選手は展開に左右されるし、アフロ君とか小川真太郎君の方が良かったのでは。
永沢 剛
後輩が頑張ると言う以上は任せるのが自然。
北日本ラインで佐藤君へ。
佐藤雅春
骨折して復帰2戦目。
前回の大宮記念よりは良いと思う。
北の一番前で自力自在の総力戦。
西田雅志
最近の片岡君は良いレースをやっている。
このメンバーなら中団を取りやすいね。
あとは権利を考えて勝ち上がれる様に。
青森伸也
北日本で結束する。
点数的にも3番手です。
高松を走るのは、これで3度目。
片岡迪之
仕掛けが早くなったと言われているが、流れの中で体が動いているだけ。
まだ、この成績には満足していない。
自力勝負。
  2R


青井賢治
地元の戸田君を信頼する。
前回の岐阜で途中欠場しているので、どこまで状態が上がっているかだ。
不破将登
大宮記念は人気なのに、裏切るレースが多く、すみませんでした。
今回は修正してきたつもり。
高松は5場所前に走り、決勝5着だった。
自力で頑張る。
藤田竜矢
同県の高橋君を信頼。
前回の取手は一緒の配分だったけど、レースは一緒にならなかった。
戸田康平
地元記念だけど、いかに平常心で走れるかだけ。
そこだけ集中して。
先行か捲りの自力勝負。
北野武史
中部で不破君の番手へ。
こんなに強くなってからは、初めての連係。
中2日の追加だけど、疲れはない。
高橋泰裕
3場所、S級を走ってみたけど、全体的に力の無さを感じている。
藤田さんは自力のある先輩。
それも踏まえて自力勝負。
伊藤正樹
中部の3番手。
まだ自力は捨てていないけど、目標不在の時、限定ですよ。
室井竜二
怪我は大丈夫。
青井君は、付かない選手もいるから、それを聞いてから(笑)。
付くなら四国の3番手。
兵藤一也
高橋君がどんな選手か知らない。
だけど藤田君には昔から世話になっているので。
とにかく行ってくれる事を信じて埼玉コンビへ。
  3R


高木 翔
5場所前の宇都宮の初日に菊地さんと連係。
その時は、1着を取ってもらっている。
そんなに自信はないけど自力勝負。
山中貴雄
大宮記念は予選で飛んだが、その後、2勝出来たので。
切れ味は悪くないと思う。
相性の良い日野君の番手へ。
北津留翼
前回の地元戦は全くダメだった。
自分でも、いつ出るか分からない状態(笑)。
組み立ては失敗すると思うが、自力で勝つ走り。
米原大輔
翼君の仕掛けが決まる事を祈って。
一旦は7番手になるだろうが、そこから行ってしまうはず。
川津悠揮
圭尚さんが仕事をしやすい様に内を締めて走る。
ただ、あまりにも内を締めるのもダメ。
だから外帯線の付近を、走るのがベスト。
桶谷明誉
前回の小倉の最終日は後方から突っ込んだ。
やっと、練習の成果が出た感じです。
四国コンビの後ろへ。
菊地圭尚
昨年は呼ばれなかったけど、今年は函館記念を獲るのが目標。
記念自体、そんなに縁がないけどね(苦笑)。
高木君の機動力に乗って。
日野博幸
大垣はインフルエンザで途中欠場。
前検日から、嫌な感じがあった。
積極的なレースをやるだけ。
阪本正和
北津留君の番手へ。
あのダッシュに付いて行くのは大変ですよ。
しかも、どこで行くのか分からないので(笑)。
  4R


鈴木 裕
前回の取手が一緒の配分だったけど、小川君はパワーもあるし強いね。
僕は位置を取って自力勝負。
湊 聖二
後ろの岩津君に食われて、ハコ3かと思ったけど、太田竜馬君の先行に乗り優勝してしまった(笑)。
同じ並びで、そんなトラウマがあったので。
自信になるレースだったし、後輩の小川君を信頼して。
西村光太
確か、5場所前の高松はジャンから先行している。
後ろの先輩が点数が微妙だったので。
ここは普段通り、自在に攻める。
小川丈太
やはり、S級の方が走りやすいですね。
まだ、ノーマークですから。
今回は和歌山記念以上の成績を目指して。
佐藤和也
高橋君に任せてもらったので、自力自在に何でもやる。
少しでも、前々に攻めたい。
藤原 誠
大垣でウイナーズカップがあるし、選手会としても、盛り上げて行きたい。
中部で西村君に前を任せる。
福島武士
確か、昨年の記念は予選を1着でクリアしている。
ここは徳島コンビの後ろへ。
悪い3番手では、ないですね。
高橋秀吉
今期のS級は4着が最高。
もう少し頑張らないと。
北日本ラインで佐藤さんへ。
五十嵐力
佐世保記念を優勝してから、その後はサッパリ。
燃え尽き症候群ではないですが(笑)。
いつも頑張ってくれるキック(鈴木裕)へ。
  5R


石塚輪太郎
練習の感じも悪くないし、誰もが通過する茨の道だと思っている。
みんな、それを経験して強くなっている。
先行を基本の組み立て。
三宅達也
わしは、ラインで付けない選手はいない。
好き嫌いはないし、前がいるだけ有り難い。
地元の大西祐君を信頼する。
稲川 翔
復活するとか、あまり、そう言う事は意識していない。
成績と回りの評価で決める事。
自力も捨てていないし、状況に応じて出して行く。
ここは近畿で石塚君の番手へ。
近藤夏樹
首になりそうな時期もあったし、今は夢みたいですよ。
だけど、S級の選手は意識が高いし、甘い世界でないと実感している。
自力で一発。
大西 祐
自力、自在の総力戦。
三宅さんは、何の注文も出さないから走りやすいですね。
逆に責任を感じてしまうけど、自分のタイミングを大切にして。
佐伯 翔
初のS級だけど、全然スピードが違う。
もっとやれると思ったけど、全然ですね。
3番手を回れる南関ラインへ。
八日市屋浩之
近畿ラインの3番手へ。
番手はタイトルホルダーのイナショー君だし、よろしくお伝え下さい(笑)。
大前寛則
どんな走りになっても三宅君に前を任せる。
大西健士
近藤弟君とは初連係。
スピードタイプみたいですね。
そのダッシュ力を活かしてもらえれば。
  6R


黒田 淳
同県の滝本君へ。
もちろん、初連係。
家は近いけど、練習は別ですね。
近藤俊明
取手は後方から突っ込んで準優勝だけど、たまたまでしょう。
南関ラインで小埜君へ。
山田久徳
京都同士の窓場君へ。
新制度の記念だし、予選スタートは仕方ないですね。
人気になるし責任を持って。
萩原 操
松阪記念に、わしがいなくて淋しかった? そう言ってもらえるのは嬉しいけど、そう言う事に拘る年ではないよ(笑)。
若い子に頑張ってもらえれば、それで良い。
京都コンビの後ろへ。
郡 英治
取手の決勝は木暮安由君が失格。
それがあったから繰り上がりの3着だった。
岡山コンビの後ろへ。
滝本泰行
立川記念は落車欠場。
前回の伊東はオール9着。
これ以上、悪くなる事はないですからね(笑)。
黒田さんの前で自力勝負。
小埜正義
高松は過去5年で3勝し、2着も2回。
相性は悪くないですね。
いつも通り、自力で一生懸命走る。
松田優一
関東の目標が不在のレース。
自分で位置を決めずに。
落車が多いけど、それもレースなので。
窓場千加頼
実は山田さんとは初連係です。
迷惑をかけない様に自力で仕掛ける。
  7R


佐々木雄一
中2日の追加だけど、記念だし喜んで追加を引き受けた。
ただ、目標が不在とは…。
まずは先手ラインに乗って。
稲毛健太
地元和歌山記念は準決で飛んだけど、タイム自体は悪くなかった。
ブロック7も2着だし、引き続き順調です。
追加だけど、練習の感じも和歌山記念の前より良かった。
自力で勝つ走り。
石井 毅
南関ラインで小野君へ。
稲毛君が強すぎるけど、時たま、ポカもあるので。
それに期待したいですね。
古川貴之
弟子の金ヶ江君とは2度目の連係。
A級の決勝で一度あり、その時は僕は準優勝。
彼が不発だったけど、自分で捲り上げた。
とにかく全面的に信頼して。
佐野梅一
A級に落ちそうになったけど、点数も百点に戻ってきた。
状態も上向いている。
近畿ラインの3番手。
小野裕次
もう、自在にやって行こうと思っている。
だから、自力自在のコメントで。
村田雅一
稲毛君のスピードに離れずに。
そこだけですね。
不発の展開はないと思うので、後輪だけに集中して。
金ヶ江勇気
A級の時は捲りばかりだったけど、今は積極的に駆けている。
師匠が後ろだし、上手く駆けたいですね。
荒沢貴史
佐々木君の方が点数上位だし、前を任せる。
スピードを貰い突っ込みたい。
  8R


藤田勝也
近畿ラインで堀君へ。
前にも1回、任せているので。
最近は、人の後ろも多いですね。
五日市誠
僕もバックがあるけど、展開次第になってしまうので。
単騎で気楽に。
鈴木庸之
携帯電話を管理に預ける時に、点数を見たら上から10番目。
これは、ちょっとショックでした。
まあ、予選で勝てない様では、上でも通用しないので。
次の全日本選抜に繋がる走りが出来れば。
これが終わると後泊で、別府も前泊。
実質、中1日になるので、今回仕上げておきたい。
自力勝負。
山口貴弘
鈴木君に20番手ぐらい、後ろにいて欲しい(笑)。
そんな展開を願って。
九州で中本君の番手へ。
竹内智彦
前回の取手も伊藤勝太君に付けず、自分で番手勝負に行った。
これからは納得いく走りをやりたい。
自分で何かやる。
高津晃治
関東の後ろを回れるみたいですね。
それなら喜んで。
付いて行ければ3着はありそう。
中本匠栄
タテ、ヨコ、斜めと何でもやりたい。
位置を取ってからの仕掛けです。
堀 俊介
前回の内抜き失格はショックでした。
初めて補充を引き受けたので、調整の仕方も分からなかった。
汚名返上の自力勝負。
尾崎 剛
関東で鈴木君の番手へ。
前回の防府の準決で千切れているので、今度はシッカリマークしたい。
 9R


矢口啓一郎
志村君と2人の時は、いつも任せている。
彼はバックゼロだけど、それが俺達の流儀なので。
竹内雄作
立川記念、松阪記念と自分のレースは出来たけど、まだ納得はしていない。
地元の大垣が全くダメだったので。
今回は車で来たけど疲れもない。
松阪記念が追加だったので、中2日。
普段通り、自力勝負。
志村龍巳
矢口さんの前で自力自在の総力戦。
竹内君が強すぎるし、そこを考えて走りたい。
利根正明
九州の一番前で自力勝負。
竹内さんが相手で厳しいですね。
坂口晃輔
竹内君。
前回の大垣は3日間、一緒だった。
自分が上手く操縦出来なかったですね。
そこが自分と浅井さんの違うところですね。
下沖功児
3番手回りは苦手だけど、これも勉強だと思って。
大分コンビの後ろです。
山信田学
矢口君と志村君は思っていた並びと逆なんだね。
それでも関東だし3番手を固める。
大竹慎吾
大分同士の利根君へ。
任せた以上は信頼して。
笠松信幸
中部の3番手。
この並びがあったかどうか、ハッキリしない。
 10R


山崎賢人
プチスランプと言われても仕方ないですね。
練習では、そんなに悪くないですが。
高松を走るのは2度目。
前回の大宮記念は同期の野口裕史さんと対戦し刺激が入った。
あのレースは完敗でした。
自力で力を出し切りたい。
山本健也
自力自在の総力戦。
取手の準決? 太田竜馬君の番手に嵌ったけど、大塚健一郎さんが相手だし、少しでも近くにいない様に、思い切り踏んだ(笑)。
競輪界で最も近づきたくない人なので。
鷲田佳史
2度目の連係の清水君へ。
福井は昨年と違い雪が少ないから、普通に街道練習も出来る。
バンクにも入れるし、影響は全くないですね。
八尋英輔
山崎君と一緒に走れるとは幸せですね。
離れない様に九州の3番手。
武井大介
弟子の野口裕史君が強いから、そっちの話題ばかりで(笑)。
俺も頑張らないと。
同県の山本君へ。
清水剛志
1年間、S級にいた事もあるから、初めてのS級ではないですよ。
後ろが仕事をしてくれる鷲田さんだし積極的に。
菅原 晃
山崎君の番手へ。
取手記念の一次予選でワンツーを決めている。
あの時の彼は本当に強く、優勝もしましたから。
高橋隆太
やはり脚の無さを感じている。
千葉コンビの後ろへ。
小林卓人
記念になると、そこそこ突っ込めていますね。
福井コンビの後ろへ。
 11R


小川真太郎
前回の岐阜は疲れが溜まり、途中欠場。
迷惑をかけてしまった。
やはり四国のビッグレースだし盛り上げたいですね。
なるべくなら地元勢を連れ込みたいですね。
僕は3着でも二次予選Aに行けるので。
高橋大作
埼京ラインで相川君の番手へ。
小川君のパワーは凄いが、少しでも頑張りたいですね。
加賀山淳
最悪のレースは、自分と相川君の先行争い。
それだけは避けたいですね。
前回の岐阜も先行して後ろの優勝に貢献。
自分も6着に残っているので悪くないと思う。
強風と重たいバンク状況を期待して自力勝負。
網谷竜次
良い形で地元記念に挑めると思う。
番手は池田さんに任せて小川君の3番手。
高橋雅之
最近は全く伸びていない。
練習では山中君や近藤君とも良い勝負を演じるのですが。
千葉同士の加賀山君へ。
深沢伸介
加賀山君には世話になっている。
千葉コンビの後ろですね。
小宮 剛
1着を取れているけど、その形になった時だけ。
埼京の3番手を固める。
相川永伍
相手に関係なく、今は先行して調子を戻している段階。
主導権を取る競走。
池田憲昭
和歌山記念で記念初V。
あの時も、小川君に世話になったからね。
三谷君相手に、よく逃げてくれたと思う。
心の中では感慨深いものはあったけど、意外と取れちゃったと言う感じでした(笑顔)。
小川君の好きな走りで。
 12R


太田竜馬
寒い冬場は苦手だけど、ウエイトトレをやる様になり、多少虚弱体質から脱却した(笑)。
取手の決勝は失速したけど、先輩の優勝に貢献出来たので。
自力勝負です。
鈴木竜士
前回の大宮記念で平原さんと初連係。
怪我の影響もなかったし、それなりの走りは出来たと思う。
ただ、4日間、バックを取れなかったのは残念。
少しは平原さんから信頼感を得られたみたいなので、それは収獲。
行くだけでなく、自分も残りながら、平原さんが勝つ走りが理想ですね。
吉田拓矢君や吉沢純平さんとは違う、自分の走りを確立させるのも目標のひとつです。
村上義弘
自転車もセッティングも試しながらですね。
大宮記念の直前は、練習の感じが悪かった。
それでも本番は、思ったより走れた。
今回は更に上積みがあると思う。
後輩がいないし普通に自力勝負。
園田 匠
何度も連係している村上さんへ。
大宮記念は山崎賢人君から、マークを外したレースはいただけなかった。
それ以外の伸びは特に問題なかった。
香川雄介
別府で3日間、太田君と連係したけど、メチャクチャ強かった。
とにかく離れないか心配。
付いて行って、後ろの哲男に抜かれる分には構わない。
地元記念と言っても、変わった事はやっていない。
柏野智典
4番手になるけど四国ラインの後ろへ。
それが自然ですよ。
平原康多
鈴木君は気持ちのこもった走りをやる。
それは、結果でなく、一緒に走り分かった。
大宮記念の決勝は残念だけど、自分に脚がなかった。
怪我明けとか関係ないし、風が強く寒いコンディションも得意でないから。
この後も中3日で別府の全日本選抜だし、それに繋がる走りをやりたい。
渡部哲男
松阪の完全優勝は全部、松浦君のおかげ。
親王牌で横突起を骨折したけど、こんなに早く良くなるとは。
絶好調だし、3番手突き抜け? それは、無理、無理(笑)。
中村浩士
平原君の後ろで関東ラインへ。
伊豆のドームで、千葉の新バンクに向けての模擬レースがあった。
この後も、10回ぐらいやる予定。
ルールや制度は多少、変わると思う。
例えば、車立てが少なくなったり、走りたい選手が走るエントリー制になったり。
これから煮詰めていくけど、既存の競輪が活性されていくと思うし、僕自身に楽しみにしている。




ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
玉藻杯争覇戦限定!コンビニのコピー機で高松競輪の出走表が無料プリントできる!
コンビニのコピー機で高松競輪の出走表が無料プリントできます!!



全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
高松競輪の出走表が無料でプリントできます!!


ぜひ、ご利用下さい!!


操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin38

開催場HPもご確認ください


ページトップへ 
   
【チャリロト会員限定】チャリロトでAOKEI競輪ニュース無料公開中!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて、チャリロト会員様限定でAOKEI競輪ニュース』を無料配信中です!!



GⅢ開催時限定、開催日前日の夜から公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/keirin/tp_predictions/aokei
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。
 
平成31年2月2日
高松記念の2日目は、日程に恵まれて予想通りで2日間の売り上げは21億6千万弱。土・日の3・4日目は裏で、FⅠとFⅡが取手に和歌山がありますが、勢いもあり13億行けば最終日が17~18億で53億近くには行く計算、目出たし目出たし。番組は早いし考えてるのも功を奏してる要因だと思います。施行そして競技会の頑張りは必要不可欠。次の別府全日本選抜に繋がる事を願ってます。
2日目に目立って良かったのは、稲毛健太・太田竜馬・平原康多に吉本哲郎。
3日目も売り上げアップに貢献せんとヒントを。
1R、相川永伍。
2R、南関コンビ。
3R、利根正明。
4R、三宅達也。
5R、金ヶ江勇気。
6R、高木翔。
7R、石塚輪太郎。
8R、北津留翼。
9R、山田久徳。
10R、中村浩士。
11R、中本匠栄。
12R、平原康多です。
 
平成31年2月1日
高松記念の初日は、終日小雨降る暗くて重いバンクの中で開催、大票田の関東は雪に雨もあって思う様に売り上げは伸びませんでしたが、最低限の10億はやっと越えました。新しい勝ち上がりはどう考えても失敗でしょう、これは2次予選Aでもモロだと思いますよ。明日迄はほゞ単独開催なので10億は越えるでしょうけど、3日目からは取手FⅠ(ガールズ)が裏でぶつかるとの事ですが、勢いは高松なので、何とか土・日で33億は売り上げて欲しいものです。
初日に目立って強かったのは、北津留翼。安定してたのは山田久徳に天下の平原康多、そして熊本の中本匠栄。
2日目も狙ってみます。
1R、もう一度、片岡迪之。
2R、金ヶ江勇気。
3R、小川丈太。
4R、高橋雅之。
6R、鈴木裕。
7R、地元コンビ。
9R、鈴木庸之。
10R、北津留翼。
11R、中本匠栄が狙いです。


 
ページトップへ
   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!



僅かでも新鮮な響きがあるか――。
 
――「ポップスの真髄は常に新鮮な驚きがなきゃいけない」と述べられてますね。
細野:あのね、8割方は新しくないんですよ。僕が中学校の頃に聴いてたヒット曲はアメリカ製が多いんですけど、8割方は、勝手知ったるパターンなんです。でも2割ぐらい、プラスアルファの未知の領域があって、これなんだろうって思わせるんです。それがね、子供を興奮に掻き立てる(笑)。頭で考えるより先にカラダが反応しちゃうんですね。ゾクゾクっとくるわけですよ。それがヒットの要因なんですね、実は。
――8割はよく知ってるものだけど、2割だけ新しいものが入っている。
細野:数字に特に意味はないけど、まあそういうことです。それがポップ・ミュージックの醍醐味なんですね。だからみんながまったく知らない音楽はダメなんです(笑)。
――まったく知らないのもダメだし、全部わかっちゃうのも面白くない。(「Real Sound」掲載の、細野晴臣 が語る“音楽の鉱脈”の探し方「大きな文化の固まりが地下に埋もれている」より抜粋しました。)
旧態依然の競輪というギャンブルに誰かは呆れ、いきなりの変革に誰かの腰は引けはじめる。
懸賞マニアまで呼びこむようなプレゼント企画を俺は好かないが、楽しみとする競輪ファンもたくさん居ることだろう。次々とあらわれる「新種」のサーヴィスをひとつひとつ品定めする気はないし、現在の情報化社会に於いて双方向コミュニケーションが必須のツールであることも理解しているつもりだが、それでも固陋の俺はボソリ呟く。俺が淫した競輪の諸々はちょっと違ってしまったようだ……と。
ただ目新しいだけではなく、競輪の根っこを見失わないことを前提にして、今の競輪に、競輪界に新鮮な響きはあるだろうか。俺が喋り記す百文千文の内、僅か一文でも新鮮な響きはあるだろうか――。


ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」






【定期ギフト】


最近は民間投票サイトのキャンペーンは当たらず。


嘆いていたらオッズパークから一通の封書が。


開けてみればダイヤモンド会員への「冬のギフト」だった。





こういうのが定期的に贈られてくると、またダイヤモンド会員(年間購入1000万円以上)を目指そうと思っちゃう。


オッズパークさん、今年もよろしくです。


ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925




ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2019年1月31日(木)・2月1日(金)・2日(土)・3日(日)

■開催場所
高松競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

いわき平競輪ニュース

福ちゃん

競輪毎日

北競

競輪専門誌ホープ

別府競輪ダービー

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ