eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
出走表(無料)コンビニ配信開始
とん豚テジ

e-SHINBUN賞争奪戦(FⅡ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
 
山内卓也
 
川村晃司 池田勇人 猪俣康一 小野俊之
川村晃司
池田勇人
猪俣康一
小野俊之

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
A級決勝インタビュー



7R 決勝


岡本 大嗣
初日特選と同様に古川君へ。
今度はワンツーを決められるように自分のできることをやりたい。
鈴木 幸紀
周りが言うほど寒く感じなかったし、その辺は自分にプラスになると思う。
光岡さんがよければ小林君の番手で頑張る。
小林 史也
レースが下手だし、初日や準決のような走りではまた古川さんにやられてしまう。
しっかり考えてリベンジできるように。
古川 宗行
岡本さんと2車なのでよく考えて。
とにかく中途半端には絶対ならないように気をつけたい。
力を出し切ります。
光岡 義洋
連日小林君に世話になっているし、初日と同じく中近3番手。
瓜生 崇智
落ち着いて走れています。
前橋で兄貴分の松川さんが優勝していたし、自分も続けるように頑張ります。
泉 慶輔
瓜生君が空いてるんですね。
準決も強かったし喜んで任せます。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
二日目勝因敗因
 
 1R A級一般



1 吉田 英二
内を空けてしまったし仕方ない。
なんとか3番手は守れたけど、伸び負けてしまった。
2 十文字 菊雄
中井さんが何かするかもって、少しだけ期待していた(笑)。
あれなら自分で追い上げていけば良かったですね。
踏んでみたけど全然進まなかった。
3 佐山 俊樹
戦法を変えたいのにまた逃げの決まり手とバックを増やしてしまった(苦笑)。
でも今日は腹を括って駆けるつもりでした。
そのわりには誘導を目一杯使いましたけど(笑)。
予選を勝ち上がれればまた違ってくると思うし、課題はそこですね。
4 中井 修
前を取れれば別の組み立てもあったけど。
本線に前を取られたし、今の点数では一車でも前に前に行くしかなかった。
絶対に内は空くと思ったし。
それにしても寒いね。
5 高橋 昇平
自分がもっと伸びていれば吉田さんが3着に入れたはず。
3人で決められず申し訳ないです。
6 菊池 崇史
どうにもならなかった(苦笑)。
 2R A級一般



1 松本 卓也
前受けでも後ろ攻めでもどちらでも良かった。
とにかく主導権は取ろうと。
1着だけどA級の一般戦ですからね。
予選で飛んだのがとにかく情けない。
脚の感じもあまり良くないですね。
2 安坂 洋一
視界も悪かったしちょっとレースにならなかった。
1番の子のダッシュが良かったから一丸さんはキツいと思ったけど、そこに飛びつく脚も自分にはなかった。
3 大内 達也
大島君はキツかったと思うよ。
よく頑張ってくれた。
そのおかげで2着に入ることができた。
4 沼川 夢久
大内さんの後ろにいられれば面白かったかもしれないけど。
踏み出しで口が空き、一丸さんに入られてしまった。
5 大島 将人
苦しかった…。
一瞬、突っ張り切りそうになってしまったので、一車下げて番手に飛びついたけど。
車間が空いてキツくなってしまった。
7 一丸 安貴
松本君が強かった。
離れてしまったしこれが今の脚力です。
 3R A級選抜



1 山田 慎一郎
3番手が取れたけど、後ろに2人付いていたし行くだけ行こうと。
でも車が全然出なかった。
道中から重い感じで嫌な予感はしていたんです(苦笑)。
2 竹内 優也
いやー、寒くてキツかった。
北日本の人間は寒さに敏感で弱いんですよ(笑)。
誰も来なかったからペースで駆けられたし今日は展開が向きました。
3 高田 大輔
スタートを失敗した。
初手で後方になってしまいキツかった。
5 長岡 豪
竹内さんが強かった。
山田さんの進みが悪かったので仕方なく踏ませてもらったけど。
3着じゃ最終日は一般戦でしょうね。
7 杉浦 康一
竹内君はペースに入れると最後までタレないし強いからね。
抜けない気がしたよ。
まあ2人でワンツーが決まったので良かったです。
 4R A級選抜



1 米丸 俊成
松田君がよう頑張ってくれた。
それにしても、寒くて寒くてヤバかったね。
2 舘 真成
タイミングがズレてしまって…。
人気になっていたのにすいませんでした。
3 岡崎 哲昌
2コーナーで行ってくれるかなって思ったけど構えてましたね(笑)。
それでも余裕があったので、集中して最後までついていった。
結果的に2人で確定板に上がれたし桜川君は頑張ってくれた。
任せてよかったです。
4 鈴木 宏章
5 松田 直也
たいがい寒くて全然カカらんやった。
米丸さん、すいませんって思いながら駆けてましたよ。
先輩が2着に入ってくれてよかった。
6 櫻川 雅彦
後方から巻き返す脚はないし、とりあえず位置は取ろうと。
展開も良かったし、勝てる時に勝っておかないとなのでこの1着は大きいと思う。
7 和田 誠吾
いい感じで突っ込めたと思ったけど。
コースが空かなかった。
残念。
 5R A級準決勝



2 岡本 大嗣
菱沼君が頑張ってくれたおかげで200勝を達成できた。
ただ、自分がもっとうまくサポートできていれば2人で勝ち上がれたかもしれないし、彼の地元だったのに申し訳ない。
3 鈴木 幸紀
余裕はあった。
本当は厳しく攻めて1着を取りたかったけど、高松記念の坂口(晃輔)の失格を見たあとだったので、誰も転ばないようにソフトにいきました。
4 平尾 一晃
後ろが2人いたし主導権は取ろうと思った。
風が昨日より強くてきつかったです。
バックでは番手から出てほしかったくらい。
先輩が決勝に乗れればいいんですが…。
5 中村 圭志
あれだけ頑張ってくれたし残したい気持ちが出てしまい…。
それで結果的に3着になってしまった。
仙石さんだと思ってコースを作ったら鈴木さんだったのが痛恨のミスでした。
6 菱沼 元樹
早めに仕掛けたつもりだったけど、抵抗されてしまったしタイミングが良くなかったのかも。
でも後ろの岡本さんが1着を取ってくれたので良かったです。
 6R A級準決勝



1 光岡 義洋
小林君がすんなり駆けてくれて恵まれた。
抜こうと思ったけど踏み直しがすごかった。
2 佐藤 清之
強い小林君がすんなり駆けていたしちょっと厳しかったですね。
3 栗田 貴徳
位置を取っただけで終わってしまった。
せめて仕掛けないと…。
榊原さんに申し訳ない。
4 遠藤 勝弥
引いて行ける所から巻き返して、力勝負をしようと思っていた。
小林さんが強かったし勉強になりました。
5 小林 史也
逃げ切れたけど、自分の課題を克服できていないしもっとレースを勉強しないと。
決勝こそ納得いくレースをしたい。
 7R A級準決勝



1 古川 宗行
A級の流れに乗れていない。
レースが下手なのがバレてしまいました…。
2 泉 慶輔
三浦君と連結を外してしまったのは反省点。
でもそこからリカバリーできたので。
2着権利だったし届いてよかったです。
3 瓜生 崇智
しっかり前々に攻められた。
緩んだ時に内を突いていけたし、自分からまくりに行けたのも良かった。
冷静に走れていると思います。
4 女屋 文伸
技術不足でした。
止められたと思ったんだけど…。
古川君が決勝にいってくれただけでもよかったです。
5 坂本 将太郎
2着権利だったし、埼京の2人には申し訳ないけど単騎で走らせてもらった。
ただ、三浦君が駆けてくれると思ったけど読み違えてしまった。
6 足達 重満
三浦君の動きが想定外で…。
それで瓜生君との連結を外してしまった。
7 三浦 翔大
組み立てを失敗した。
ジャンの所で迷ってしまったし、内を空けたのもまずかった。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日勝因敗因
 1R A級予選



1 榊原 洋
差せる状態だと思ったけど、平尾君が強くて抜けなかった。
久々に勝ち上がりの1着を取れるチャンスだったから悔しいですね。
ちょっと晩飯を食べ過ぎたのもよくなかったかも(苦笑)。
2 大内 達也
何もできなかった。
力不足ですいません。
3 山田 慎一郎
なんとか飛びつきたかったけど。
かなり上を行かれたしあれはムリ。
それに全然追いつけなかった。
4 仙石 淳
ライン3人で人気になっていたし、しっかり3着に入れてよかった。
多くのファンの車券にも貢献できたかな。
準決にいけるかどうかは他のレースの結果次第。
日頃の行いが出ますね(笑)。
6 木村 譲
西のラインが前を取ったし、引いてカマすなと思った。
山田君が頑張ってくれたけど、あれは厳しいですよね(苦笑)。
7 平尾 一晃
前受けからのカマシは作戦通り。
抑えて駆けたら粘られると思ったので。
ラインで決められたし、後ろの榊原さんを振り切れたのは自信になった。
やっぱり前回の決勝進出が気持ち的にも大きいですね。
 2R A級予選



1 一丸 安貴
5番が引くのが遅かったから、4番は駆けてくれるかなって思ったけど。
6番の切り替えがなかったのがイタかったですね。
ああなったら厳しいし今日は仕方ない。
また明日頑張ります。
4 舘 真成
先にレースを動かして、突っ張るか飛びつく作戦だった。
中井さんが4番手に切り替えてきてくれれば飛びつきやすくなったかもしれないけどしょうがない。
せめて前に追いついて2着まで入れれば良かったけど遠かった。
もう少し踏んでおくべきでした。
5 遠藤 勝弥
押し切れていたんですね。
最後はいっぱいでタレてしまっていたのでわからなかった。
前回から新車なんですけどカカリは悪くないと思う。
ただ、もう少し末の粘りがほしい。
最後に力んでしまうのはクセなので、その辺を気をつけて準決は頑張ります。
6 中井 修
5番のカマシについていって、追い込み勝負と思ったけど。
前が千切れていたのが誤算だった。
7 佐藤 清之
久々のレースだったので緊張はしたけど、余裕を持って走ることはできた。
痛みもなく、体も大丈夫そうだったので、あとはいい目標がいれば(笑)。
 3R A級予選



1 佐山 俊樹
突っ張るか、千切れてきたら番手に飛びつくつもりだった。
気付いたら切り替えられてしまっていたし…。
脚を使わず終わりましたね。
2 高田 大輔
全然踏まないから思い切って行ったけど。
さすがに距離が長すぎた。
苦しい…。
昔はよく、こんなツラい自力なんかやっていたなと思いますよ(苦笑)。
4 坂本 将太郎
後ろに先輩がいたし、佐山さんも下がってきたので切り替えた。
ただ1着を取れなかったのが…(苦笑)。
それでも勝ち上がれたので良かったです。
5 菅原 大也
後ろが併走になったのはわかったので、安坂さんが有利になるように直線で踏もうと思ったんですが。
さすがに流し過ぎてしまい、結局迷惑かけてしまった。
やっぱり自分のタイミングで仕掛けた方が良いし準決こそしっかり力を出し切りたいです。
6 沼川 夢久
5着ならやった方です(笑)。
7 岡崎 哲昌
若い子が相手で踏み遅れてしまった。
でも、そのあとのリカバリーはうまくできたと思う。
 4R A級予選



1 杉浦 康一
竹内君は頑張ってくれたけど。
ちょっとスピードが違いすぎて対応できなかった。
2 瓜生 崇智
竹内さんがヤル気だったし、人気にもなっていたのでムリヤリ仕掛けず落ち着いていきました。
西武園はまくりが決まりにくいと聞いていたので、それを肌で感じてみたかったし結果的には良かったかもしれません。
僕の兄貴である松川さんが前橋で逃げ切って優勝したみたいなので、自分もしっかり続けるように頑張ります。
4 足達 重満
瓜生君は強いし冷静でしたね。
自分の方が少し余裕がなかった(苦笑)。
ラインで決まって良かったです。
5 竹内 優也
前受けは考えていなかった。
後ろからレースを動かして、それで先行するか飛びつくかって思っていた。
20台前半の子と力勝負をしての結果なので仕方ないです。
6 菊池 崇史
どうにもならんかった…。
 5R A級予選



1 小室 貴広
菱沼君が強くて助けられました。
あの仕掛けだし抜かなきゃいけないんだけど、中途半端に余裕を持ってしまって…。
へっぽこですいません(苦笑)。
2 松本 卓也
脚がないですね。
しばらく時間がかかりそうです。
なかなか予選を突破できない…。
3 奥山 雅士
無意識にワンテンポ見てしまうね。
落車の影響なのかな…。
4 菱沼 元樹
ちょっと遅いかなとも思ったけど、2番の方を合わせ切れて良かった。
しっかり最後まで踏めました。
6 桜川 雅彦
組み立ては理想的だった。
ただ脚がないですね(苦笑)。
しっかり現実を受け入れます。
4着で選抜なら良い方かな。
7 栗田 貴徳
予選じゃ飛べないと思っていたけど、まさかこんな試練が待ち受けていたとは(苦笑)。
あそこから仕掛けてくれた松本君の気持ちがうれしかったし、なんとか3着に入って応えることができて良かった。
あと、夜の西武園は寒いと聞いていたからヒートテックを2枚重ねて着ておいたんです。
勝ち上がれたのは松本君の頑張りとヒートテックのおかげですね。
 6R A級予選



1 米丸 俊成
松田君は仕掛けてくれたし頑張ってくれた。
相手が強かったね。
2 甲斐 康昭
強い人がすんなり駆けているし直線も短くて差し込めなかった。
まあ3番手で3着なら悪くはないですかね。
3 泉 慶輔
翔大は駆け方がうまいし思い切り踏んでギリギリで抜けました。
強かったです。
もし自分が仕事をしたり絡まれていたら抜けませんでしたよ。
5 三浦 翔大
沖縄ではガツンと仕掛けるような練習をしている。
今日みたいにダラダラ駆ける展開になると練習の成果を出せません(苦笑)。
抜かれたのは残念だけど勝ち上がれたので準決こそ練習の成果を発揮できるように頑張ります。
6 松田 直也
2車なのに斬らせてもらえないとは(苦笑)。
どうにもなりませんでした。
7 森江 信行
(落車棄権)
 7R A級初日特選



1 小林 史也
番手に入ることができたけど、岡本さんに内から来られてしまって…。
脚力不足と経験不足が出てしまいました。
2 女屋 文伸
ちょっと厳しかったですね。
明日は古川君の番手なので、しっかりワンツー決まるように頑張ります。
3 中村 圭志
ヨコをやるつもりはなかったんだけど。
展開上、我慢できずに勝負しにいってしまった。
脚自体は悪くなかったです。
4 鈴木 幸紀
小林君が頑張ってくれました。
準決は難しい番組ですね…。
菅原君の事は正直わからないけど、積極的みたいだし番手を回ることにします。
5 古川 宗行
しっかり最後まで踏めたと思う。
今度こそラインで決められるように準決も主導権を取ります。
6 岡本 大嗣
メチャクチャ苦しかった。
車間を詰める勢いで踏めば最後は抜けるかなって思ったけどいっぱいでした。
せめて2着には入りたかった…。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日インタビュー
 1R A級予選

1 榊原 洋
玉野のあとに練習方法とセッティングを見直した。
そうしたらここ1年の中で一番というくらい感じが良かった。
状態は上向きだと思います。
平尾君へ。
2 大内 達也
北日本の自力が少ないし、自分で動く番組かなとは思っていた。
前で自力自在に。
3 山田 慎一郎
ここは自力自在ですね。
前橋ミッドナイトで先行したのは、サンサンなのと後ろがタイトルホルダーの出口さんだったから。
400バンクの西武園だし今回はちゃんと考えて組み立てたい。
4 仙石 淳
平尾君が駆けそうな構成ですね。
番手の榊原君もしっかりしているし西の3番手です。
5 十文字 菊雄
7月からいわき平で開催指導員をやっています。
大変だけど、色々と見方とかも変わって勉強になっている。
それをレースで生かせれば良いですけどね。
大内君に任せます。
6 木村 譲
調子は特に変わらずです。
山ちゃん(山田)が一緒ならもちろんお任せします。
7 平尾 一晃
前回は久しぶりに決勝に乗れた。
1・2班戦では3回目の優参です。
脚力も少しずつついてきたと思うしさらに上を目指して頑張りたい。
自力で。
 
 2R A級予選

1 一丸 安貴
左肩を脱臼してからなかなか良くならない。
もう3回目だしね。
ミッドナイトは久しぶり。
頑張らないと。
単騎で前々に。
2 長岡 豪
いつも頑張ってくれる舘君を信頼していきます。
3 西川 弘資
一丸君は1人でやると言っていたし、本線になりそうな南関の3番手にいきます。
4 舘 真成
2分戦なので流れでは何でもやるつもり。
自力基本に攻めるレースをしたい。
5 遠藤 勝弥
準決4着続きで惜しいけど、これが今の脚。
89、90点くらいをずっとウロウロしている(苦笑)。
今期こそS級点を取るつもりでいるし、壁を破りたい。
自力。
6 中井 修
一丸さんは単騎なんですか…。
自分も一人で決めずにやります。
こっそり一発を狙って。
7 佐藤 清之
レース中に筋断裂をしてしまい、しばらく休んでいた。
練習は3週間くらいできたけどまずは走ってみて。
初連係の遠藤君へ。
 
 3R A級予選

1 佐山 俊樹
本当は番手を回って勉強したいのに。
またバック数とか逃げの決まり手が増えてしまった(苦笑)。
2分戦だしコメントは自力自在。
でも比率的には「自在自力」って感じですかね。
とにかく何でもやります。
2 高田 大輔
まだ腰はしびれがあるし、自分で動けるような状態では…。
単騎で切れ目から。
3 安坂 洋一
菅原君と神奈川2人ですか。
それなら番手で頑張ります。
4 坂本 将太郎
前回久々に決勝に乗れて少し流れが良くなったかな。
沼川さんの許可をもらって佐山さんに付けます。
5 菅原 大也
2場所前の落車の影響? 大丈夫だし結果を出したい。
自力でしっかりと。
6 沼川 夢久
将太郎の後ろですね。
良い位置だと思うしちゃんと付いていきたい。
7 岡崎 哲昌
東京で記者として頑張っている娘のところに前泊して来ました。
点数を持っている高田君が単騎と言うので、自分は神奈川へ。
菅原君は娘の同期ですしね(笑)。
 
 4R A級予選

1 杉浦 康一
竹内君が一緒とは心強い。
何でもやってくれるし信頼して。
2 瓜生 崇智
前回はフレームが合わず全然ダメだった。
久々に準決で飛んでしまったので、今回はそんなことがないように。
たぶん大丈夫だと思うけど油断せず自力で頑張ります。
3 和田 誠吾
考えたけど九州の3番手で。
カマシかまくりだろうから踏み出しに気をつける。
4 足達 重満
久しぶりに前回決勝に乗れてうれしかった。
瓜生君とは何度か連係しているし、しっかりワンツーを決められるように。
5 竹内 優也
若い子との2分戦ですか…(苦笑)。
後ろに2人つくし迷惑かけないように自力基本にやります。
6 菊池 崇史
こんな点数だし厳しい番組なのは仕方ない。
単騎でやりますよ。
7 大島 将人
これから追い込みとして頑張っていきたい。
北海道勢の後ろを固めます。
 
 5R A級予選

1 小室 貴広
そろそろ決勝に乗りたいけど、ミッドはとにかく初日が大事だから(苦笑)。
菱沼君に離れないように。
いいレースをするし楽しみ。
2 松本 卓也
降級後も勝てていないし、やっぱりいい頃に比べれば全然戻っていない。
少しずつ脚を戻していくしかないですね。
自力でやります。
3 奥山 雅士
今回が復帰戦。
練習は2週間くらいできたかな。
桜川君に任せます。
4 菱沼 元樹
前回はたまたまとはいえ決勝に乗れた。
1、2班戦でもやれそうだし気持ち的にも大きいです。
急な追加だったけど練習はしっかりやっていたので大丈夫。
自力で。
5 鈴木 宏章
前の2人がしっかりしているし、関東3番手で自分のできることを。
6 桜川 雅彦
菱沼君は前回決勝に乗ったんですか。
みんな強いですね(苦笑)。
自分の感じはまあまあ。
自力で。
7 栗田 貴徳
前期もそうだったけど、期初めはいつも成績が悪くて(苦笑)。
でも原因はわかっている。
練習をやりすぎてオーバーワークになってしまい、しかも年齢のせいなのか回復しなくて(苦笑)。
それでもしっかり今期も余裕を持ってS級点を取りますから。
これからです。
松本君の好きなように。
 
 6R A級予選

1 米丸 俊成
厳しかね…。
いやあ、厳しいな…。
自力と言っているし松田君に任せるけど…。
2 甲斐 康昭
前回の決勝進出は練習の成果(笑)。
10日くらい空くはずだったのでまた練習をしようと思ったら追加をもらいました。
自分でやっても宮城勢の後ろを取る組み立てになるだろうし、吉田さんがいいと言ってくれたので宮城の後ろに決めます。
3 泉 慶輔
この点数で予選スタートは厳しいですね(苦笑)。
初日から頑張らないとです。
同級生の三浦君を援護できるように。
4 吉田 英二
ハコ勝負にいって泉君と競るのは得策じゃないし、だからといって3番手で甲斐君と絡むのもね。
決めずといってもどうせ甲斐君の後ろにいるだろうから、東の4番手で。
5 三浦 翔大
前回の京王閣が終わったあとから、沖縄に行って練習しています。
(佐藤)慎太郎さんや山崎(芳仁)さんから色々と教えてもらったので、その成果を発揮できるように。
でも、あまり期待しすぎないで下さい(笑)。
6 松田 直也
新車の具合が悪くてここ2場所ダメですね(苦笑)。
いつも通り自力でやります。
7 森江 信行
東が4人並ぶのは厳しいね。
九州の後ろに決めちゃうと7番手の可能性もあるし、決めずにやります。
 
 7R A級初日特選

1 小林 史也
来期からのS級戦を見すえて今はやっています。
でもまだ課題も多いし、考え方とか自転車についてもっと勉強しないと。
中近の先頭で自力。
2 女屋 文伸
前回は競られてしまってダメだったけど、最終日には1着も取れたし脚は悪くない。
いつもお世話になっている東京勢の後ろで援護したい。
3 中村 圭志
3、4年ぶりのA級です。
前期も2回失格しているし、今年1年はA級でしっかりやり直して、またS級で活躍できるように頑張ります。
自分以外は3人ずつだし、単騎で決めず。
4 鈴木 幸紀
自力を出せるわけじゃないし、自分は展開次第の選手。
前回はラインの頑張りがあったから確定板に3日間とも乗ることができた。
小林君に託します。
5 古川 宗行
調子いい? どうなんでしょうかね。
自分ではそうは思わないけど、結果はそれなりに出ているので…。
しっかり主導権を握ってラインで決めたい。
6 岡本 大嗣
ギリギリ特選ですね。
良かったぁ。
女屋さんがいいなら古川君の番手で。
いま199勝なので、初日に200勝を達成できれば最高です。
7 光岡 義洋
今期はリズムが悪いですね。
落車で腰を打ったけど日に日に良くなってきたし練習もできている。
この成績で「調子良い」とは言えないので普通ってことにしてください(笑)。
点数順で中近の3番手です。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。




 
ページトップへ
   
コンビニのコピー機で西武園競輪の出走表が無料プリントできる!
コンビニで西武園競輪の出走表が無料でプリントできます!!




全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
西武園競輪の出走表が無料でプリントできます!!

ぜひ、ご利用下さい!!

操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin26


ページトップへ 
   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

ぶらり旅

かつて家人に競輪とプロ野球しか映らないと揶揄された我が家のテレビも、今や穏健な機器へと戻り、大河ドラマも朝ドラもぶらり旅もそれなりの「位置」を得た。
ぶらり旅系に出演する旅行者もいろいろで、ひょいひょい買いものしちゃうお客様から、財布のヒモが固い吝嗇者まで――。ギャラ以外に幾ら領収書が切れるのか皆目見当もつかないが、楽器の衝動買いでガミになっちゃった。なんて回に出くわせたら最高である。
いろんな媒体で喋りまくる競輪予想者も出演料と車券の購買額のバランスは各人各様で悩ましい。
この目を幾らと幾ら、あとはボックスで幾らずつ――。買った車券そのものを敢然と画面に晒す番組が主流となりつつあり、時代の流れを感ずる俺だ。
昔、記者席で車券を机上に置きっぱなしにして取材に行く奴が居た。それも表向きだからレース番もフォーカスも見えてしまう。ま、文句はないが慣れない光景だったので俺は不快だった。それを察したEさんが俺に云った言葉が秀逸なのだが、ここでは記さない。
終ったレースのはずれ車券がいつまでも捨てずにあるのを、それだけは捨ててくれないかと叱責したのは俺だったかEさんだったか。



ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」





【定期ギフト】


最近は民間投票サイトのキャンペーンは当たらず。


嘆いていたらオッズパークから一通の封書が。


開けてみればダイヤモンド会員への「冬のギフト」だった。




こういうのが定期的に贈られてくると、またダイヤモンド会員(年間購入1000万円以上)を目指そうと思っちゃう。


オッズパークさん、今年もよろしくです。


ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925




ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2019年1月30日(水)・31日(木)2月1日(金)

■開催場所
西武園競輪場

取り扱いネット新聞

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ