eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
青山彩

東日本発祥70周年 倉茂記念杯(GⅢ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
 
山内卓也
 
川村晃司 池田勇人 猪俣康一 小野俊之
川村晃司
池田勇人
猪俣康一
小野俊之

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
ニコ生e-SHINBUNチャンネル放送予定!!(2018年1月17日~19日 20:00~24:00)
1月17日~19日 20:00~24:00
  玉野「ミッドナイト競輪 オッズパーク杯」

 
 連日 20:00~24:00 4時間の生放送!!
  http://ch.nicovideo.jp/eshinbun

 
放送概要

e-SHINBUNがお届けする競輪予想バラエティ番組!
玉野ミッドナイト競輪e-SHINBUNチャンネル。
都内某所の特設スタジオから今夜もわいわいお騒がせ生放送です!
皆さん一緒に楽しみましょう~♪


放送統括        
町田洋一
 
出演者
※出演者は日によって変更になる場合がございますのでご了承ください
町田洋一 二宮歩美 後閑信一

【協力】チャリロト https://www.chariloto.com/
【開催施行者】玉野競輪 http://www.cco.ne.jp/keirin/
 
ページトップへ
 

   
S級インタビュー

橋本 強
基本的に黒田君との連係はしていないので自分でやる。
番手も含めて前々に攻めたい。
志智俊夫
単騎になったので脚を溜めるレース。
位置を決めずに、勝負権のある位置からですね。
海老根恵太
大学の後輩の野口君へ。
千葉で言うと、練習は一番強い。
それは根田君も言っていた。
あの大きな体であるし、化け物ですよ。
野口裕史
先行で持ち味を発揮する。
平原さんとの対戦は初めてだし、今回初めて会った。
5百でも長い距離を踏みたい。
田中 誠
数字通りで引き続き順調。
橋本君なら後方にならないし、中団以内は確保してくれる。
前を任せて直線勝負です。
矢野昌彦
平原君との連係は初めて。
記念の決勝に乗るのは宇都宮記念以来だから3年ぶりぐらい。
任せてもらったので思い切って。
平原康多
関東3人で話して、僕が矢野君の番手へ。
確か大宮記念は7回勝っている。
もちろん、地元記念だし特別競輪と同じモチベーション。
黒田 淳
昨年は記念の決勝に一度も乗る事が出来なかった。
だから凄く嬉しい。
単騎で流れを見ながら。
神山拓弥
どっちが前でも世話になっているので、関東の3番手と思っていた。
そこは平原さんと矢野さんで話し合ってもらった。
僕は、平原さんが走りやすい様に援護役です。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
三日目勝因敗因
  1R S級一般



1 西岡 拓朗
目標不在で厳しいレースだった。
3着権利だし、何とか3着に入れた感じですね。
2 齋藤 和伸
近藤君には自力の時に世話になっている。
だから埼京で折り合い3番手を回った。
昨年の5月に鎖骨を折り、それからあまり良くないですね。
最終日は穴を出せる様に。
3 須藤 悟
目標にした藤田さんが捲って1着。
きちんと付いて行けず、申し訳ない。
4 伊藤 慶太郎
使う気になれば、2角まで誘導を使えたと思う。
だけど、前2走で、力を出し切れなかった。
それもあったから、ホームで誘導を切り、力勝負を演じた。
結果を考えれば、4着だし、2角からのスパートなら、もっと違った着になっていたと思う。
5 松崎 貴久
記念になると良かったですが、今回はダメですね。
7着だし、最終日も走れるか結果待ち。
6 山本 恵介
誰も動かず、9番手のまま。
初手の位置取りがポイントでしたね。
単騎が多かったけど、本格的な自力選手が少ないから、あんな展開になってしまったと思う。
7 藤田 大輔
後ろの事を考えると、一旦切り、レースを動かしたかった。
だけど誘導のペースが早くて。
初手で4番手が大きかったし、それが捲れた要因。
最近は早めに動いているけど、今の競輪は積極的な気持ちがないと位置も取れないから。
8 遠澤 健二
最終日まで走りたかったけど、9着でお帰りだし残念だ。
9 近藤 寛央
前で駆けているのが地元の伊藤君。
斉藤さんに番手を譲ってもらったので、藤田さんの捲りは止めたかったですが。
そこは技術不足だった。
  2R S級一般



1 内田 英介
地元勢に任せて9番手。
ちょっと遠かったし微差負けての7着でしたね。
2 野村 典嗣
理想的な組み立てで中団確保。
それで捲れないのが、現状の脚です。
ちょっと、情けない。
3 野木 義規
佐藤君が気持ち良く駆けてくれたけど、その展開を活かす事が出来なかった。
4 小橋 明紀
佐藤君の頑張りで6着に入れた。
微差勝ったし、僕にとって、この着は大きいですね。
5 木村 隆弘
公言通りに穴を出す事が出来て良かった。
確か、初日か昨日、そんな話しを記者さん達としましたよね(笑顔)。
今日は野村君のスピードを借りて突っ込む事が出来た。
6 佐藤 雅春
どんなに練習をやっても実戦で逃げないと、レース脚は付かないので。
少しずつ結果を出せる様になれば。
7 久木原 洋
相変わらず7番手になり、レースが下手くそ(苦笑)。
今年は、この走りから脱却したいのですが。
2着まで届いているし、脚自体は悪くない。
8 國武 耕二
まずは野村君が中団を取ってくれたので。
木村君が突き抜ける形になり、一緒に踏んで3着だった。
9 山信田 学
練習では強い弟子達を楽に差しているけど、本番は違うから。
今日は久木原君に好きに走ってもらった。
  3R S級一般



1 亀井 久幸
田中君がトリッキーな動きをやった時に付いて行けなかった。
それが1コーナー辺り。
それからは、僕にも自力があるので彼に追い上げる事が出来た。
2 西田 雅志
目標不在のレース。
自分で踏み込んだけど、4着でした。
後ろの古城さんに迷惑をかけた。
3 星野 辰也
やっとセッティングが煮詰まってきた。
着は別として、内に切り込んだ時のスピードが良かった。
4 小島 雅章
もう自力は厳しいので。
それで北ラインの後ろを回ったけど、ごちゃごちゃになったので付いて行けなかった。
6 菅田 和宏
ジャンぐらいから、きちんと動けていた。
相手の嫌がる走りは出来たと思う。
だけど、ヨコの強い田中君が番手では、どうにもならないね。
もっと須永君には抵抗して欲しかったけど(笑)。
7 田中 晴基
粘るつもりは、本当になかった。
ここで自力で勝てない様では、上で通用しないので。
引くに引けず粘った感じです。
8 深澤 伸介
ハンドル投げが早すぎて失敗した。
そこを、もう1回、亀井君に差しかえされた。
久々の1着だと思い、ぬか喜びで失敗した(笑)。
9 須永 優太
自分の位置を守れず、菅田さんに申し訳ない。
油断があった訳でもないけど、まさか田中さんが粘ってくるとは。
  4R S級選抜



1 山中 貴雄
8、9番手になった時は、どうなるかと思いましたが。
まずは市橋君のスピードを借りて、直線で思い切り踏む事が出来た。
2 渡邊 健
吉田君は凄いダッシュ力だった。
離れそうになったし、そこで脚をかなり使ってしまった。
自転車をいじりすぎて、よく分からなくなってしまった
3 上原 龍
最後まで、後輩の柿沢君を全面的に信頼。
直線に入って、自分で踏み込むレースになった。
最近は人の後ろが多いので、だいぶ慣れてきた。
4 小林 則之
信じられないぐらい車が出ない。
3番手に入るまでも、そんなに脚は使っていない。
だから、凄くショックです。
5 吉田 茂生
A級の時は受けて立つレースばかりで押さえ先行はやっていなかった。
やっとS級のレースの勘が戻ってきた。
リハビリが終わったので、もう大丈夫。
3着だけど、今日のカマシも悪くなかった。
6 柿澤 大貴
もう少し前にいないとダメですね。
上原さんと飯嶋さんに迷惑をかけた。
7 市橋 司優人
スピードはかなり良かった。
だけど、苦手な地脚がないので、途中で止まってしまった。
それに比べると同県の津村さんに対して羨ましさを感じますね。
8 中井 達郎
小林君のレーススタイルは素晴らしいですね。
結果に関係なく、若手相手に、いつも真っ向勝負ですから。
  5R S級選抜



1 片折 亮太
地元記念だし、最終日も勝ち、ピンピンピンで締めくくりたい。
だけど、今日は捲りに回り、後ろの武藤君と関さんに迷惑をかけた。
2 武田 憲祐
自分に技量があれば、片折君を止められたかな。
これから、佐々木君に謝りに行きます。
3 関 貴之
兵藤さんと話して、地元ラインの後ろを回らせてもらった。
自分で選んだ結果なので。
4 井手 健
最後も突っ込めたので怪我の影響はないですね。
道中は片折君のラインからだと思っていた。
5 兵藤 一也
関君が地元勢に行ったので、神奈川の後ろを回った。
さすがに4番手は回らないので。
今日は佐々木君が行ってくれ、3番手で内を締めていた。
直線も踏み負けしなかったし、少しは、らしさを見せる事が出来たと思う。
6 元砂 勇雪
2車で厳しかったですね。
最終日も積極的な気持ちで。
7 武藤 龍生
言い訳出来ないし、マーク屋として失格。
目標にした片折さんは1着ですから。
8 中川 博文
佐々木君は息子の勝貴と同期。
先行して良い走りを魅せますね。
9 佐々木 龍
地元の武藤君とは同級生で高校の時から知っている。
だからイン粘りは考えていなかった。
簡単に捲られて片折さんに脚負けしただけ。
  6R S級選抜



1 佐藤 亙
どんな展開でも、不破君なら行ってしまうと思ったし、仕方ないですね。
2 杉本 正隆
改めて自力で勝てる様な状態でないのが分かった。
やはり、目標が不在だと。
3 大瀬戸潤一郎
山本君が行ってくれたし、小酒君の捲りは止めようと。
良い走りをやってくれたけど、残しに行った分、山口さんに食われた。
4 山本 直
この長い5百バンクを、もう少しで逃げ切る事が出来た。
不破さんを不発にさせて、後ろのワンツーにも貢献。
悔しいけど、良い走りが出来たと思う。
6 山口 貴嗣
山本君が早駆けしてくれ、3番手でスンナリ。
それで脚を溜める事が出来た。
僕が頭で52万円の大穴でしたか(笑顔)。
7 真崎 新太郎
みんな外を踏んだので、最後は空いている内だと思った。
良い感じでコースには入れた。
8 小酒 大勇
中団を確保したけど、山本さんが掛かっていた。
風もあったけど脚負けですね。
9 不破 将登
人気なのにすみません。
初日と同じ様な失敗をした。
走れば点数を落とす様な状態だけど、最終日は勝てる様に。
  7R S級選抜



1 久米 康平
原田さんだから最初からカマシの作戦。
捨て身でなく、残る様に駆けろと言われていた。
着は別として、今日が一番良い感じだった。
前回の静岡でマッサージにかかり、先生から足首が悪いと指摘された。
それを治療してきたら、かなり良くなってきた。
2 金子 哲大
天田さんが当日欠場して、2車になった。
逃げるか捲りかは、その時の判断だと思っていた。
番手が原田君で車間を切っていた。
その分、早めに仕掛ける勇気がなかった。
3 佐藤 幸治
先輩の後ろだし、何も言いませんでした。
展開もあるけど、自分の状態にも問題ありますね。
4 藤原 浩
原田君が車間を切って残しに行っている。
あの展開だと3番手はきついけど、これもライン戦なので。
5 江守 昇
金子君の番手になり、空いたコースを突っ込んだけど、思ったより伸びなかった。
最低でも2着に入りたかった。
7 原田 研太朗
勝ち上がりや決勝なら別だけど、番手捲りは全く考えていなかった。
とりあえず、車間を切って、久米君をガードしようと。
近畿は近畿の競輪があるし、関東で言えば平原さんと武田さんの関係もある。
僕らも僕らの世界を築きたいですね。
先行屋の駒も豊富になってきたので。
番手は日々、勉強です。
8 森山 智徳
ちょっと、今日は内容より結果を求めてしまった。
2日間、逃げの組み立てをやっているので。
今度、佐藤君や吉良さんと一緒の時は先行したい。
9 天田 裕輝
(インフルエンザで当日欠場)。
  8R S級選抜



1 畑段 嵐士
中西君が5着で僕が6着。
もっとアシスト出来れば良かったですが。
2 吉本 哲郎
若い子が強かったですね。
今日は自分のレースをさせて貰えなかった。
3 鈴木 竜士
初日特選、二次予選と末の甘さと組み立ての雑さが少し気になっていた。
今日は後ろが地元の宿口さんだし、シンプルに先行しようと。
これで調子に問題がないのは分かったし、最終日も勝てる様に走りたい。
4 三槻 智清
前の2人がワンツーだし言い訳は出来ないですね。
どうあれ、鈴木君は強いし、タイトルを獲れる逸材ですよ。
5 中西 大
同期の鈴木君が掛かっていたし力負けです。
今度は勝てる様な走りをやりたい。
7 宿口 陽一
鈴木君が強かった。
最後も抜きに行ったけど、完全に踏み直された。
だけど、ワンツーで人気に応える事が出来て良かった。
8 笹倉 慎也
本当は内で柳谷さんのコースがセオリー。
だけど余裕があったので外を踏んだ。
それで4着なら十分でしょう。
9 柳谷 崇
最後、内が空いたので恵まれた。
そこを思い切り踏む事が出来たので3着に入れた。
  9R S級特選



1 谷口 明正
佐川君に聞いたら、付いても良いと言われた。
自分の自力ではどうにもならないので、ラインを組んだ。
2 山崎 賢人
そんなに自信のある状態でもないけど、佐川さんの押さえが遅かった。
ちょっと、舐められているのかと思った。
それで突っ張るレースになった。
少しずつ戻れば良いですね。
3 新田 康仁
あのまま捲りたかったけど、丁度、佐川君が邪魔になり。
それで3番手追い上げの形になった。
4 佐川 翔吾
どんな状態でも山崎君は違いますね。
完全に力負けです。
5 真船 圭一郎
もがき合いになっていたけど、勝つまでの脚が自分になかった。
6 若松 孝之
6着なら最終日は特選だし、少しでも良い着を取れる様に。
7 高原 仁志
スターのアフロ君を差したのは自信になりますね。
もちろん、別線を出させなかったのが大きいですが。
あの走りが出来れば、すぐに戻ると思いますよ。
作戦会議も特になかったですね。
8 丸山 啓一
同期の新田さんが前々に攻めてくれた。
F1は、かなり優勝したけど、結局、記念は優勝する事が出来なかった。
だけど、若手が育ってきたし、まだ諦めていないですよ(笑)。
9 荻原 尚人
自分でやってもアフロ君を捲れなかったと思うし、真船君に任せた結果なので。
 10R S級準決勝



1 守澤 太志
(ゴール後に落車して最終日は欠場)。
2 村上 義弘
すぐに、クールダウンに向かい、それから入念に自転車の整備を始める。
さすがに、すぐには、声を掛けづらかった。
3 園田 匠
ツケマイ気味に踏み、最後は直線勝負。
ヨコ一線で良いレースだったけど、ちょっと悔しい結果。
それでも後輩の田中君が決勝に乗ってくれたので。
別線だったけど、それは嬉しいですよ。
4 田中 誠
基本的に出たとこ勝負。
カマシの3番手は嫌だったので、押さえるラインからになった。
本当は野口さんの3番手にスイッチしたかったけど、そこまで脚はなかった。
だけど、4角からは冷静に走れた。
5 山崎 芳仁
野口君が凄く掛かっていたね。
二次予選と違い、1本棒になったけど、あそこまで詰める事が出来たので。
6 矢野 昌彦
本当は野口さんを突っ張りたかったけど、その気持ちが3番手に入れた。
特別、変わった事はやらなかったけど、今回は何故か良いですね。
決勝も思い切って。
7 渡邉 晴智
前受けは俺が考えた作戦。
野口君の持ち味を最大限に発揮するには、それが一番良いと思った。
4角からは、俺の実力(苦笑)。
8 野口 裕史
前受け出来れば、ラッキーだと思っていた。
5百で残り1周なら自分の距離なので。
それはいつも練習をやっている千葉バンクで分かっている。
今回は同期のアフロ君でなく、俺が目立っていますね(笑顔)。
9 岡 光良
あの展開は自分の好きなパターン。
それで3着に入れなかったのは実力ですね。
 11R S級準決勝



1 山田 久徳
郡司君に併せて捲るレースだったけど、吉田さんも掛かっていた。
2 橋本 強
吉田さんには地元の松山で先行してもらい1着を取らせてもらっている。
他の選択肢もあったけど、その流れがあるから中部の後ろを回った。
今日も絶妙のカマシを決めてくれ有り難いですね。
3 郡司 浩平
初日の特選で1着。
その後は、尻すぼみで、すみません。
最終日はアフロ君との対戦にまたなるし、負けない様に走りたい。
5 志智 俊夫
敏坊のおかげだけど、残せなかったのは申し訳ない。
後ろから海老根君が突っ込んできたみたいですね。
僕自身は、何ら調子に問題はないですね。
6 土屋 壮登
(乗り上げ落車滑入)
7 吉田 敏洋
(突っ込まれ落車滑入)。
8 高間 悠平
このクラスになると、みんな脚が違いますね。
良い勉強になりました。
9 海老根 恵太
郡司君なら行ってしまうと思った。
だから、車間を空けずピッタリマーク。
苦しそうだと判断してから内に入った。
 12R S級準決勝



1 神山 拓弥
平原さんの後ろで安心感はあった。
もちろん、古性君が強引に持って来るのは分かっていた。
対処していたから、ピッタリ続けた。
2 古性 優作
実質、平原さんとの2分戦。
やる事はやったし、脚負けでしょう。
3 平原 康多
古性君はアグレッシブな選手だから、強引に持って来ると思っていた。
だけど、思っていた以上に激しく持ってきたね(笑)。
地元の気持ちで乗り越えられたと思う。
4 安部 貴之
残り1周ぐらいで、良くて5着か6着の展開でしたね。
そう考えながら走っていた。
5 西岡 正一
本当なら自分が古性君ぐらいブロックしないといけない。
そこは申し訳ないですね。
6 三宅 裕武
後ろで見ていたけど、古性君の走りはカッコ良いし、凄すぎますね。
7 黒田 淳
単騎だったし、様子を見ながらだった。
何かあってからアクションを起こそうと思っていた。
9 神山 雄一郎
う~ん、ちょっと残念だね。
平原君と拓弥の動きに付いて行けなかった。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
二日目勝因敗因
  1R S級選抜



1 佐々木 龍
今日はごちゃごちゃになったけど、佐藤雅さんの駆け方が上手く、車の出が悪かった。
とにかく長男として、弟2人が競輪学校に受かり良かった。
次男はサラリーマンから転職して1回目で合格、三男は3回目の受験で合格。
実は三男は神奈川県警で警官をやっていた。
だから、母親は少し、心配でガッカリしていました(笑)。
これから、もっと責任を持って走らないと。
2 野木 義規
あそこで内を掬われるのは仕方ないね。
佐藤雅君が先行態勢に入った1角で、佐藤亙君が内から入ってきた。
3 佐藤 亙
今日は120点のレースでしたよ(笑)。
番手を取り切り、それから番手捲りですから。
ただ、大宮だから直線が長く飲み込まれてしまった。
4 木村 隆弘
6着、5着だと思うけど、自分なりに感じは良いですよ。
中団でサラ脚なら、面白い走りが出来ると思う。
どこかで大穴を演出したいですね。
5 武藤 龍生
佐々木君が頑張ってくれたけど、地元記念なので、早めに内に入った。
そうでなければ、もっと我慢しましたが。
負け戦だけど、1着だし、やはり嬉しいですよ。
6 佐藤 雅春
状態? 悪くはないけど、う~んと言う感じ。
上に上がったから野木さんが、きついレースになってしまった。
自分でラインを殺した感じですね。
7 山中 貴雄
もっと前々のレースを意識したけど…。
不完全燃焼の走りが続いている。
8 齋藤 和伸
昨年の大宮記念は突っ込んで穴を出している。
今年も、それをイメージして走りましたが。
9 西田 雅志
昨日も今日も6着。
追加の影響はないし、自分に脚がないだけ。
  2R S級選抜



1 大瀬戸潤一郎
位置取りで、初手から併走だと集中力が高まる。
もう捲りが出ないし、今日のレースで完全に自力は諦めがついた(笑)。
捲ってみたけど追い上げみたいだった。
2 亀井 久幸
後ろは柿沢君になっていたんですね。
途中から分かりました。
逃げたけど、4角からの余力がなかった。
3 飯嶋 則之
柿沢君の走りは素晴らしい。
カマシに行き、ダメだと思った瞬間に追い上げに切り替えた。
ああ言う、走りをやってくれると後ろは楽ですよ。
4 須藤 悟
自分の位置を守れず亀井さんにも、遠沢さんにも申し訳ない。
5 西岡 拓朗
大瀬戸さんが捲りに行ったけど、遠沢さんと絡んでしまい。
6 遠澤 健二
S級になれば、S級になったで、それなりに走れる。
2センターの動きも悪くなかっただろ。
7 柿澤 大貴
もちろん、あれはカマシを狙いに行った。
後ろがビッグネームの飯嶋さんですから。
完全に併されたので、結果的に番手追い上げになった。
9 関 貴之
柿沢君が前々の走りをやってくれた。
前の2人がワンツーで、僕も4着ですから。
  3R S級選抜



1 新山 将史
(3日目から欠場)。
2 片折 亮太
西武園の大惨敗で、嫌なトラウマが残っていた。
だけど、今日は開き直って思い切って行こうと。
それが良かったし、人気に応える事が出来て良かった。
今年初勝利だし、昨年以上の勝ち星を積み重ねたい。
3 松崎 貴久
前が掛かっている中で、内に行っても伸びない。
4角からは、そんな感じでした。
4 小橋 明紀
新山君に任せていたし、7、8番手できつかった。
5 杉本 正隆
片折君がペースで駆けてくれた。
落ち着いていたし、自分も余裕はあったけど。
最後は思い切り、抜きに行ったけど踏み直されました。
道中は抜ける雰囲気を感じていたけど(笑)。
6 山本 恵介
今日の感じでは分からないけど、まだ、体も戻っていないので。
8 元砂 勇雪
片折さんに気持ちで負けていたし、バックが向かい風だけど、掛かっていた。
何とか4着で選抜に行けるぐらいですね。
9 真崎 新太郎
前の2人は、それぞれの仕事をやり、僕も3番手の走りに徹した。
それが、ラインの3人で決まった要因だと思う。
初日は9番手9着だし、競輪はやはり展開ですね。
  4R S級選抜



1 武田 憲祐
田中君の力があれば、外を、ぐっと伸びて行くと思った。
それで内に入るのが遅くなった。
もっとシビアに行けば、頭まであったかも。
それでは、ラインの競走でなくなるので。
2 室井 竜二
(2日目当日欠場)。
3 庄子 信弘
車間を切る余裕もあったけど、この強風の中、菅田君が行ってくれたおかげ。
この2場所、良くなかったので、1着で凄く嬉しい。
4 近藤 寛央
気持ちは捲りだったけど、全然、出なかったですね。
5 田中 晴基
見た目は構えた様に見えるけど、あれでもホームから踏んでいる。
だけど、踏んでも踏んでも出なかった感じです。
連日、人気なのに、すみません。
6 菅田 和宏
実質2分戦だし、田中君が見えてから踏む余裕があれば良かったけど。
そこまでの状態でないから。
焦って踏みすぎたけど、庄子先輩が勝ってくれたので。
7 兵藤 一也
そんな凄い脚はなくなっているので、今日みたいな展開は助かる。
ただ、3着権利だけど本当は2着に入らないと。
8 深澤 伸介
田中君の3番手だし、9番手は想定外だった。
強い選手の後ろなので納得です。
9 野村 典嗣
バックが向かいだけど、自分自身のスピードも悪かった。
もう1車前でも、結果は同じだったと思う。
  5R S級選抜



1 不破 将登
初日、不発の9着だったけど調子が悪かった訳ではない。
仕掛ける場所のミスがあっただけ。
今日は、責任を持って、ラインの3人で決める事が出来た。
2 須永 優太
怪我の影響はないけど、小酒君と2人で後方になったので。
3 内田 英介
地元の伊藤君に任せていたので。
今日は不破君が強かったですね。
4 中川 博文
踏み出しは危なかったけど、その後は余裕があった。
ゴール前も、あわや2着だし、かなり詰める事が出来た。
5 小酒 大勇
不破さんの走りを自分がやりたかったけど、そこまでの脚がなかった。
6 伊藤 慶太郎
9着、8着だし、脚がないですね。
地元記念だし、もっと頑張らないと。
7 渡邊 健
不破君が全部やってくれた感じですね。
最後は写真判定になったけど2着を確保出来て良かった。
8 星野 辰也
今回から新車だけど、出足が悪い。
元々ダッシュはないけど、いつも以上にそこが悪い。
9 田中 陽平
(3日目から欠場)。
  6R S級二予B



1 市橋 司優人
押さえに行くのが遅かったかな。
僕の後ろで畑段さんが粘るのは想定外。
2 畑段 嵐士
九州勢の押さえが遅かったから、分断に行った。
粘って下さいみたいな感じになったので。
最後は接触して、後輪がブレーキ。
そうでなければ、もっと伸びていた。
3 石塚 孝幸
矢野君が強かったし、前がもつれて捲り頃になりましたね。
記念の準決に進めて、凄く嬉しい。
4 笹倉 慎也
どうするかは畑段君の判断。
与えられた展開で、いかに突っ込むかだった。
5着ぐらいだったかな。
5 佐藤 幸治
外競りになりきつかったけど、自分の技量不足。
僕が何か言える立場ではないけど、近畿勢が粘れば、矢野さんの展開になりますよね。
6 棚橋 勉
もったいないね。
前の2人が捲ってワンツーだったので。
7 矢野 昌彦
初日は早めに動くレースだったけど、今日は展開の助けがあったから。
1本棒では捲れなかったし、畑段君が粘り助かった。
8 山口 貴嗣
みんな、それぞれ考えがあるけど、粘るなら本格先行の矢野君の後ろだと思うけど。
併走になり、車を下げてしまった。
9 伊代野 貴照
(落車し棄権)。
  7R S級二予B



1 天田 裕輝
脚自体は問題ないけど、走り方でしょう。
初日は中団に固執して失敗したので、一旦切ってから考えようと思った。
最後、内に行ったのは結果論ですから。
2 柳谷 崇
山本君が前々に攻めてくれたから。
最後は自分で突っ込むレースになり3着でした。
3 谷口 明正
6着だけど内容の濃い走りだったと思う。
もうちょっとの粘りが欲しかったけど、風もきつく、直線も長かったので。
4 小林 則之
本当は、もっと構えたかった。
みんな、バタバタしているから自分も一緒になって仕掛けてしまった。
悪くはないけど、何かが噛み合っていない。
5 上原 龍
もう天田君に全て任せていた。
もっとアシスト出来れば良かったですが。
6 吉良 勝信
コースを見つけながら突っ込むレース。
最後は、柳谷君に引っ掛けられてしまった。
7 近藤 保
まずは小林さんが仕掛けてくれ、その後、コースが空いた。
そこを冷静に踏めたので強襲する事が出来た。
8 山本 直
組み立ては、ほぼ完璧。
やる事は全てやれた。
ただ、今は練習方法、自転車のセッティング、走り方と悩んでいて。
迷いが悪い方に全部出ていますね。
9 高間 悠平
谷口さんが行ってくれたから、番手の仕事をやる事が出来た。
外の山本君を止め、内の天田君も封じ込める事が出来た。
残しに行った分、2百勝を達成する事が出来なかった。
  8R S級二予B



1 黒田 淳
後ろ攻めになったのは想定外。
だから、一旦、押さえて早めにレースを動かそうと。
もつれたし、自分の好きな展開にもなった。
今日はスピードも良かったですね。
2 真船 圭一郎
ちょっと早かったけど、行く順番が来たので。
昨日も今日も5着ですね。
3 吉田 茂生
理想はホームからの仕掛けだった。
ただ、何度か出入りがあり、中団に入る展開になった。
結果的に、もっと仕掛けを遅くすれば良かったけど、普段、そう言う競輪をやっていないので。
5 井手 健
(落車し棄権)。
6 若松 孝之
点数がないのに、三宅さんが前を回してくれ責任を感じた。
だから吉田君が不発になってからは少しでも前々と思った。
それで内に行ったら、江守さんと絡んだ。
7 江守 昇
真船君が逃げるレースになったけど、若松君が内から入ってきたので。
その対処に脚を使ってしまった。
8 三宅 裕武
吉田君が仕掛けてくれ、若松君も強引に内に行ってくれた。
それで3番手で脚をタメ、外を踏む事が出来た。
やはり、後輩に前を譲って良かったでしょ。
9 藤原 浩
5回ぐらいバックを踏まされた。
黒田君の捲りは、だいたいあんな感じと分かっていたし、それも言い訳になってしまうから。
前が1着だしファンは2着に入らないと納得しないですよね。
  9R S級二予A



1 金子 哲大
超一流の自力選手ばかりだし、力負けですね。
郡司君の巻き返しも早かったので。
2 渡邉 晴智
新田君が絡まれていたので山田君の後ろにスイッチ。
もし、俺が番手を回っていても、絡まれていたよ。
どうあれ、息子の合格で、少し肩の荷が降りた。
腰痛とかもあったけど、もう、これ以上悪くなる事はないので。
3 山田 久徳
なるべく佐川さんを庇いたかったけど。
郡司君のスピードが良くて止める事が出来なかった。
4 新田 康仁
ちょっと踏み出しが遅れていたし、きっちり郡司君に付いて行く事が出来なかった。
ガールズの弟子が、競輪学校に合格して、それはホッとした。
5 吉田 敏洋
2センターの煽りを見てからだし、まずまず伸びた方じゃないかな。
もちろん、頭まで行ければ良かったけど、十分戦える状態です。
6 佐川 翔吾
山田君とはチャレンジ以来の連係だった。
やる事はやったし、久々に一緒に走れて楽しかったですよ。
7 志智 俊夫
四日市記念の落車から自転車を変えた。
そうしたら良い感じで伸びている。
吉田君の後ろだし安心感はありましたよ。
9 郡司 浩平
4角からは重たくて一杯だったけど、力は出し切れた。
早めに巻き返す事が出来たし、準決以降に繋がるレース。
  10R S級二予A


1 古性 優作
村上さんとワンツーで良かったけど、まだ修正点はある。
本来の自分の走りには程遠いし、見失っているものを取り戻したい。
3 田中 誠
このメンバーでも脚負けしていない。
直線も伸びている。
準決も展開が噛み合えば。
4 久米 康平
引いてカマシは作戦通り。
だいぶ、良い時の感覚に戻りつつある。
8着だけど、力を出し切る事は出来た。
5 神山 拓弥
鈴木君にあたらない様に4角からは踏んだつもり。
彼が脱落したのは残念だし痛いですね。
6 土屋 壮登
5着なら準決に進めますね。
慣れない3番手回りだけど、必死で走りました。
7 吉本 哲郎
久米君のダッシュは凄い。
人の後ろだと自分のタイミングと違うから、口が空いてしまった。
そこは申し訳ないですね。
9 村上 義弘
古性君の走りに関しては全く問題ない。
バックから、挟まれる感じになったけど、そこも凌ぐ事が出来た。
まずは、今年初勝利を決める事が出来たので。
  11R S級二予A


1 山崎 芳仁
一旦、賢人君に中団に入られたのは失敗。
だけど、5百だし、そこは気にするところでもないので。
踏み合いもあったけど、車の出も良かったですね。
ただ、今日は今日でたまたまかもしれないし、明日は分かりませんよ(笑)。
3 海老根 恵太
あの野口君の仕掛けだと、アフロ君は捲れないですよ。
逃げているのでなく、捲っている様なスピードでしたから。
それでも、あれを飲み込んでしまう、ざきさん(山崎芳仁)も次元が違う。
最後も順天堂大学陸上部の後輩の野口君を差せたかも分からなかった。
4 野口 裕史
もう全開で踏み、アフロ君を不発にさせようと思っていた。
途中で諦めてくれる事を願ったけど、向こうも本気でしたね。
最後は、ふらふらで、控え室でぶっ倒れていました(笑)。
だから6着は1人上がりだけど、他のレースを見る余裕はなかったですね。
5 守澤 太志
山崎芳さんが、凄いスピードで捲ってくれたおかげ。
僕は、あんな捲りが出なくなったから、マーク選手になりました。
通用する自力はF1の予選ぐらいですよ。
6 丸山 啓一
結果的に北日本勢のレースになったけど、野口君の走りは素晴らしいですね。
あれなら負けても本望ですよ。
7 山崎 賢人
野口さんは同期同班。
意地を見せて、行ったけど、完全に併されてしまった。
8 安部 貴之
ワンミスあれば、千切れていたところ。
前にピッタリで3着に入る事が出来て良かった。
9 橋本 強
普通ならアフロ君は中団で構えても良いところ。
楽に中団に入りましたから。
あれを強引に行ったのは野口さんに対しての同期としてのライバル心からでしょう。
  12R S級二予A


1 園田 匠
5百だから冷静に走れている。
今の状態なら、どこからでも3着以内に入れる感じ。
ハラケンも、逆に落ち着いて構えた方が良かったと思う。
そこは気を遣ってもらった。
2 岡 光良
前が平原君だし、後ろも神山さん。
かなりのプレッシャーはありました。
3角からの仕掛けだし、自分でもよく付いて行けたと思う。
踏み出しだけ集中していた。
3 中西 大
中団が平原さんで、気持ちの余裕がなかった。
掛かり自体は悪くなかったけど、そこは脚と経験の差。
4 西岡 正一
平原君の3角捲りは対処出来ない。
どうあれ、彼の頑張りで勝ち上がる事が出来た。
5 原田 研太朗
万事休すのレースでしたね…。
平原さんの思い通りのレースにしてしまった。
明日は同県の久米君を信頼して。
6 三槻 智清
9番手とか関係なく、このクラスは違いますね。
中西君も掛かっていたのに、それに関係なく、平原君は楽に捲って行った。
7 神山 雄一郎
う~ん、ちょっと仕方ないね。
まあ、勝ち上がれたので。
準決は拓弥に番手を任せて、再度、平原君の3番手。
8 荻原 尚人
送りバントで手堅く5着以内と思ったけど、ダメでした(笑)。
9 平原 康多
人の後ろは色々と難しい。
前を庇わなくてはいけないし、ファンの事を考えると踏まなくてはいけない。
その辺りは、いつもジレンマがある。
今日みたいな自力のレースが、自分には一番合っている。
セオリー通りの組み立てだったし、脚の感じも悪くなかった。
あれ以上、仕掛けを遅くすると、ハラケンに飲み込まれるので。
準決も、ラインで決まる走りを意識して。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日勝因敗因
 1R S級一予選



1 田中 晴基
あの展開なら、久米君を待っていても仕方ない。
だから、駆けてしまった。
4か5着に残ると思ったけど、さすがに直線が長すぎた。
2 久米 康平
前を取り、引いてカマシの作戦。
中団で休まず、あのまま捲った方がライン的には良かった。
空いていたので楽をしたけど、脚の感じは戻っている。
3 市橋 司優人
完全に自分のミス。
タイミングを計っていたら、中団が空いてしまった。
それでも5着なら1人落ちだし、勝ち上がれると思う。
4 田中 陽平
市橋君に任せたし仕方ないですね。
セオリー通り、中団の組み立てと言っていた。
5 大瀬戸潤一郎
何度かバックを踏まされ、久米君の仕掛けに付いて行けなかった。
あのまま休まず、行ってくれていたら。
6 棚橋 勉
千切れるかどうかの勝負と本当は思っていた。
最後は内を突き4着。
僕が3着なら30万ぐらいの配当だったでしょう。
7 丸山 啓一
今は練習の裏付けがある。
普段から簗田君や渡辺雄太君と良い勝負が出来ているから。
根拠のある自信があるので。
8 國武 耕二
6着ぐらいでしたね。
前と遠かった。
9 新田 康仁
晴基を残しに行った分、最後、マルケイに食われた。
逆に、もう少し早めに踏んでおいた方が、良かったと思うけど、彼の判断なので。
  2R S級一予選


1 松崎 貴久
不破君が不発なので納得。
自分でリカバリーする脚はないですから。
2 矢野 昌彦
5百のペース配分は分かっているので。
若い時から、宇都宮で練習していますから。
中団がもつれていたのも分かっていました。
3 荻原 尚人
不破君より先に仕掛けようと思っていた。
思ったより車が進まず、3番手の兵藤さんのところに降りた。
4 中井 達郎
伊東記念の3日目に自分で捲った。
それから良いですね。
僕が不破君を牽制して邪魔した? 確かに、そんなレースだった様な(笑)。
5 岡 光良
矢野君が行ってくれたおかげ。
番手絶好でしたから。
新制度の記念は5着でも勝ち上がれて、僕向きですね(笑)。
通算67勝しかしていないのに、1着ですみません。
6 遠澤 健二
白髪がかなり増えて真っ白? もう53歳だから(苦笑)。
7 不破 将登
何度も牽制されたけど、あれなら、もっと構えた方が良かった。
7番手になり慌ててホームで行ったのが失敗。
久々に、やらかしました(苦笑)。
8 山口 貴嗣
最後は諦めずに突っ込んだけど5着でしたね。
9 兵藤 一也
矢野君が行ってくれたけど、荻原君が降りてきて、絡んだのが痛かった。
 3R S級一予選



1 佐藤 幸治
先行が持っていないから、迷ったけどホームで行く勇気がなかった。
車の出も悪かったので、今日に関して言えば、感じが悪かった。
2 海老根 恵太
もちろん、佐々木君が行ってくれたおかげ。
車間を切る余裕がなかったのは失敗。
人気にもなっていたけど、その辺りは、悩みどころですね。
3 西田 雅志
微差、佐藤君に負けて6着ですか。
悔しいし残念です。
4 近藤 寛央
土屋君には地元だし、勝つ走りをやってくれと言ってあった。
だから納得のレースですよ。
5 佐々木 龍
ホームで誰も来ないから、腹をくくって逃げた。
海老根さんが1着なのは素直に嬉しい。
やはり、ゴールまで、かなり遠く感じた。
6 星野 辰也
踏むコースもなかったし、9着の流れ込みでした。
7 田中 誠
佐藤君には構えて良いと言ってあったので、全く慌てなかった。
どこからでも3着に入る自信はあったので。
それぐらい、脚の感じは良いですよ。
8 土屋 壮登
後ろには迷惑をかけるレースでしたね。
自分のレースだけになったし、地元記念と言う事で許してもらいます。
9 江守 昇
海老根君も、番手から出ず、基本的に佐々木君を残しに行くと言っていた。
土屋君が来て、被ってしまい、内に行くしかなかった。
その分、外からの勢いに負けた。
  4R S級一予選


1 神山 雄一郎
片折君と決められず残念だけど、感じは悪くない。
ただ、新制度は4日間、気が抜けない。
やはり、突然の引退で十文字君にはビックリした。
やはり、簡単には語れない、色々な思い出が一杯ありますよ。
2 近藤 保
5着まで二次予選Bに行けるし、最後は必死でした。
関君を抜けたのが大きかった。
3 吉本 哲郎
スタート牽制はあったけど、初手はどの位置でも良かった。
自分のタイミングを大事に走ったし、片折君が流したところを行こうと思った。
高原君とワンツーで良かった。
4 藤原 浩
前の2人がワンツーだし、本当は3着に入らないと。
最後は神山さんに名前負けした。
5 関 貴之
初めて神山さんの後ろを回り勉強になった。
近藤さんに、最後、脚負けしてしまった。
6 深澤 伸介
僕の足で9番手では、勝負にならないですね。
7 片折 亮太
地元記念で結果を出せず、情けない…。
残りは全部勝つぐらいの気持ちで頑張りたい。
8 亀井 久幸
細かい動きで気になるところはあったけど、全体的に脚がなかっただけ。
ホームでも詰まってしまった。
9 高原 仁志
鐘の4角で吉本さんが7番手だったけど、驚異的なバック数を持っているからね。
単なる捲り屋の後ろではないから安心感があった。
今回は三週間空いて、じっくり練習出来たので。
  5R S級一予選


1 安部 貴之
前の2人が強いから、単に付いて行っただけ。
自分だけ楽して恵まれた。
守沢君が残しているから、一番美味しいところを持って行く感じになった。
2 佐藤 亙
せっかく元砂君が行ってくれたけど、それを活かす事が出来なかった。
3 山本 直
中団を取っただけのレース。
後ろに迷惑をかける走りだった。
4 三宅 裕武
この4着は大きいですね。
元砂君が逃げてくれたおかげ。
5 山中 貴雄
最後の室井さんとの接触で後輪が壊れた。
あれがなければ、軽く感じていたから、もっと伸びていたと思う。
失格にならなくて良かったけど、長い3日間になりそうです(笑)。
6 元砂 勇雪
少しずつ、調子を戻している状態。
こんな走りをやりながら。
7 守澤 太志
強引に真船君が行ってくれたから。
少しでも残したいと思い、踏んでいた。
何とか5着に残ってくれ良かった。
8 室井 竜二
(落車し棄権)。
9 真船 圭一郎
もっと流れているところをカマシに行きたかった。
元砂君が踏むのと一緒になったので、きつかった。
最後は完全にバテバテでした。
  6R S級一予選


1 吉田 敏洋
知らない選手ばかりだから、走り方が難しい。
普通の記念の特選シードだったら、手の内が分かるけど。
これも、言い訳になってしまうけどね。
2 庄子 信弘
佐藤君に任せた結果なので。
彼は怪我明けで脚うんぬんでなく、レース勘の問題だったと思う。
3 宿口 陽一
ちょっとシビアだったかな。
もう少し、伊藤君をアシスト出来たかも。
そこは、勝ったけど、一応、反省しないと。
4 柳谷 崇
点数が少しあるから5着でも勝ち上がれる。
A級上がりの選手がいるから助かった。
5 内田 英介
宿口君を追えなかった。
脚もあるけど、僕の場合は気持ちの問題。
6 佐藤 雅春
もっとやれる事はあったと思う。
復帰戦で、終始遅れていたが、練習はやれているので。
7 西岡 正一
吉田君に離れたのは申し訳ない。
その後は、リカバリー出来たし脚自体は問題ない。
8 伊藤 慶太郎
吉田さんクラスの選手になると全然違いますね。
主導権取れたけど、簡単に行かれた。
それでも後ろの宿口さんが勝ってくれたので。
9 黒田 淳
ホームぐらいからの位置取りの攻防が甘かった。
そこで吉田さんに負けたから。
  7R S級一予選


1 武藤 龍生
地元記念だし6着で残念。
後ろも重たい飯嶋さんだし責任を持って走りましたが。
2 吉田 茂生
僕が、もっとヨコの出来る選手なら天田さんを飛ばしていた。
そこは後ろに迷惑をかけた。
ただ、最後の踏み応えはあったし、脚は仕上がっている。
4 三槻 智清
実は昨年の大宮記念も二次予選で大穴を出している。
その時も4番車で50万円の配当だった。
その事を前検日に言っておけば良かったですね(笑)。
森山君が良いペースで駆けてくれた。
5 天田 裕輝
中団に固執するのは、自分のスタイル。
だけど、どこから仕掛ければ良いか難しかった。
何とか二次予選Bに進めるし、そこでは人気に応えたい。
6 吉良 勝信
森山君が最高のレースをやってくれた。
余裕はあったし、突き抜けるイメージで踏んだけど(笑)。
8 森山 智徳
中団の併走が見えたので、完全にペースに持ち込めた。
5百でも、自分のレースさえ出来れば、こう言う結果が出ますね。
9 渡邊 健
道中、飯嶋君と絡んできつかったですね。
2人で8、9着でした(苦笑)。
  8R S級一予選


1 小林 則之
あそこでインを切れば、みんなにチャンスがあると思った。
理想は中西君を併せ切る走りだけど、そこまでの脚が今はないから。
2 志智 俊夫
中西君が快調に飛ばしてくれた。
最後は、差しっぱぐれたと思うぐらい、踏み直された。
とにかく人気のワンツーで良かった。
3 杉本 正隆
どうにもならない展開でした。
僕は木村貴宏さんが師匠だけど、十文字貴信さんにも良くしてもらったので、残念ですね。
4 井手 健
最高の3番手で恵まれた。
メンバーを見た瞬間にやれると思った。
中西君も志智君も脚はありますから。
5 真崎 新太郎
9番手では、どうにもならないですね。
しかも駆けているのが本命の中西君ですから。
6 須藤 悟
空いた内を突いたけど、武田さんを抜くだけで一杯だった。
7 中西 大
今は先行より捲りの方が自信を持っている。
ただ、今日のホームカマシだと上位陣相手だと簡単に捲られてしまう。
駆けていて、そんな風に思いながら踏んでいた。
8 柿澤 大貴
小林さんが先行態勢に入ったと思い、中西君を出させないと思った。
それが全てだし、7番手になった要因。
9 武田 憲祐
この5着と6着の差は大きすぎる。
もっと伸びると思い、外を踏んだ。
  9R S級一予選


1 小酒 大勇
このメンバーで、あの位置では届かないですね。
野口さんが強すぎた。
2 高間 悠平
6着と思ったけど、何とか5着で助かりました。
二次予選Bに進めて良かった。
3 渡邉 晴智
カマシだけなら野口君は、S級でもトップクラスじゃないかな。
新聞に伸びない晴智と書いてあったから、思い切り抜きに行ったけど(笑)。
お陰様で、長男の雅也が競輪学校に合格した。
雄太に対しては甥っ子だから、鬼になれないけど、息子に対しては厳しく育てるよ。
いつか、特別競輪で一緒に走りたいね(笑)。
4 野村 典嗣
車番が悪いから、ちょっときつかった。
中団を取っただけで終わってしまった。
5 石塚 孝幸
野口君のカマシは強烈ですね。
番手も晴智さんで安心感があった。
誰も狙ってきませんから。
7 畑段 嵐士
捲れる感じも途中であったけど、4角から野口さんに踏み直された。
8 木村 隆弘
敢闘門から引き揚げてきたら、みんなに5着と言われた。
そうしたら、タイヤ差負けて6着。
かなり、ショックですよ。
9 野口 裕史
同じ5百の千葉で練習をやっているから、大宮の攻略法は分かっていた。
風や寒さも気にならなかったし、自分のレースが出来た。
晴智さんに差されなかったのも自信になる。
  10R S級一予選


1 原田 研太朗
1回、レースを動かしてからでないと、信用が無くなりますので。
それは意識して走っている。
だけど、油断して、車間が空きすぎた。
そこは反省材料。
2 佐藤 康紀
(2日目から欠場)。
3 佐川 翔吾
長かったけど、逃げないと持ち味を発揮出来ませんから。
5 伊代野 貴照
車間を切って、後ろからの仕掛けに併せて踏もうと思った。
そうしたら、なかなか原田君が来ない。
そうしたら、今度は佐川君に踏み直されてしまった。
6 菅田 和宏
良い時に比べると、全然スピードが足りない。
位置も取れずに終わってしまった。
7 橋本 強
どんな展開でも、原田君とワンツーを決めないと。
そこは、言い訳は出来ないし、ファンに申し訳ない。
8 若松 孝之
やはり佐川さんが行ってくれたから、勝ち上がる事が出来た。
展開なりに走れますね。
9 西岡 拓朗
このメンバーなら原田君と橋本君と3人で決まると思った。
6着だし残念です。
  11R S級一予選


1 上原 龍
先行の3番手の方が慣れていないから難しい。
逆に、僕みたいな選手は捲りの3番手の方が良い。
3連単の1番人気に貢献出来た。
2 谷口 明正
地元番組で本線が強烈だった。
もっと勝ち上がりだけを考えれば、楽な方法もあったけど、気持ちの中でどこか、真っ向勝負をやりたかった。
3須永 優太
怪我の影響はないけど、外の勢いが良かった。
新山君が行ってくれたし、もったいない。
4笹倉 慎也
久々のS級だし、こう言う勝ち上がり方は大切ですね。
まだ、マーカーとして未熟だし、少しずつ勉強しながら。
5 金子 哲大
大宮は苦手イメージがあったし、少し自信になった。
ラインの3人で決まったのが一番嬉しい。
6 山本 恵介
みんなに怪我の多い選手と言われてしまう。
自分でも、そんな感じでいますが。
走りながら戻していきたい。
7 神山 拓弥
大宮記念は優勝しているし相性が良いのかな。
今日も金子君が落ち着いて良い走りをやってくれた。
9 新山 将史
逃げるとこんな感じですね。
力は出し切れたけど、金子さんの捲り頃にしてしまった。
  12R S級初特選


1 村上 義弘
準決のメンバーを見て、一言「優作」と言い、入念に自転車のセッティングと整備に取りかかかる。
表情は終始、笑顔! 2 平原 康多
古性君の捲りを止めるまでの、鈴木君のスピードは良かった。
もちろん、番手から出る事は考えていなかった。
その後に、山田君の捲りにより、後ろを連れてきたね。
3 山崎 賢人
今日のレースは失敗だし、園田さんに迷惑をかけた。
二次予選は野口さんとの同期対決。
負けられないつもりで走りたい。
4 山崎 芳仁
古性君が降りてくると思い、外を踏んでしまった。
いつも、そんな走りをやるので。
結果的に内でしたね。
僕の動きにより、郡司君のコースが出来た。
新車だけど悪くはないし、微調整程度で。
5 古性 優作
仕掛ける事は出来たけど、平原さんの一発で止まってしまった。
6 山田 久徳
まずは古性君の頑張りがあったから。
平原さんを乗り越えた時は1着かと思いましたが。
二次予選で連係する佐川さんとはチャレンジ以来。
だから楽しみです。
7 郡司 浩平
本当は、ホームでもっと前にいたかった。
最後はコースが空き、脚も仕上がっているから伸びる事が出来た。
だけど、もっと厳しい攻めをやらないと。
8 園田 匠
今日の山崎賢君の走りは反省でしょう。
これから、ビデオを見ながら反省会。
俺は見ての通りで、伸びている。
9 鈴木 竜士
良い感じでカマシに行けたけど、流す場所がひとつもなかった。
そこは、いつもと違う仕掛け。
周りから、掛かっていたと言ってもらえたし、二次予選以降に繋がる。
怪我の影響も全くない。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日インタビュー
 1R


田中晴基
記念の1レース1番車だし期待されている証拠ですね。
今期、一発目のレースだけど、やる事はやってきた。
前期は良いレースもあったけど、落車や失格が多かった。
自力勝負。
久米康平
5百は意外と得意だし好きですよ。
成績も少しずつ良くなっている。
積極的な自力勝負です。
市橋司優人
年末のグランプリシリーズは初日から体調が悪く、最終日に欠場した。
今回は大丈夫だと信じたい。
九州の一番前で自力勝負。
大宮は2度目。
田中陽平
前期はS級の点数を取れなかった。
今期は頑張らないと。
九州ラインで市橋君の番手へ。
連係するのは初めてです。
大瀬戸潤一郎
広島で開催指導員をやっているけど、もう慣れました。
立場的に危ない走りは出来ませんが。
ラインの久米君を信頼する。
棚橋 勉
もう自力では勝てないので、完全に追い込みですね。
トラックの運転手から転職したけど、やっている方でしょう。
四国ラインの後ろへ。
丸山啓一
僕にとって同期新田さんは雲の上の存在です。
それは、強い弱いに関係ないし、これからの序列も崩れない。
南関の3番手で脚を溜めたい。
国武耕二
九州は本格的な先行が少ないから厳しいですね。
前期は、何とかS級の点数をキープ出来たと思う。
前の2人には世話になっているので九州の3番手。
新田康仁
田中晴君なら後ろにはならない。
必ず、中団以内をキープしてくれますからね。
後ろのマルケイには、競輪を知らないから、思い切り抜かれた苦い思い出がある(苦笑)。
段々と、自分の調子は良くなっている。
 2R


松崎貴久
松阪が追加だったので中2日です。
だけど、決勝に進めたし、良い追加でした。
乗れている不破君の番手です。
かなり久々の連係になる。
矢野昌彦
今は生活の拠点は女房の実家の関係で富山です。
だけど、この時期は冬期移動で宇都宮に戻っている。
5百は嫌いでないので自力勝負。
荻原尚人
伊東記念の二次予選は1着失格。
結果的に大量落車があったし仕方ないですね。
自分でやる番組だし自力、自在に。
5百バンクで広いから、あまり細かい事は気にせずに。
今は競輪学校に冬期移動している。
中井達郎
遠沢さんの了解を得て荻原君の番手へ。
4角で前の方にいる事が出来れば。
岡 光良
デビューして67勝。
ただ、昨年はS級でも6勝出来たので。
前橋で頸椎損傷の大怪我をやったし、良くここまで戻ってきたと思う。
四日市記念の落車は頭痛が酷く、膝も痛めた。
ただ、骨をやらなかったのは救い。
矢野君の番手へ。
遠沢健二
これが最後のS級になりそうだし、思い出作りに(笑)。
荻原君の3番手を固める。
年末の2カ月欠場? 白内障が酷かったので、手術を受けた。
不破将登
特に変わった事はやっていないけど、成績が安定していますね。
今が一番のピークかもしれません。
何せ、キャリアハイですから。
あとはS級シリーズだけでなく記念でも結果を残したい。
それと3月の地元大垣のウイナーズカップにも出場出来そうだし、ダービー出場の賞金も足りている。
まだ特別競輪に出場していないし、今年は良い一年にしたいですね。
山口貴嗣
不破君は強いし3番手があれば有り難い。
中部ラインの後ろへ。
兵藤一也
この位置にいる事が出来るかどうか、瀬戸際だし一杯一杯。
確かに昔、S級S班にいた事もあったけどね(笑)。
関東の3番手。
12月は首の状態が悪く、手のしびれもあったので、1カ月休んでいた。
 3R


佐藤幸治
奈良のイー新聞杯の決勝はアフロ君が脱落して残念(笑)。
一緒なら優勝があったかもしれないし、単騎で難しかった。
大宮は相性が良いので自力で勝つ走り。
海老根恵太
年末の取手と松山で連続優勝出来たけど、今年一発目の小松島は散々な結果だった。
南関ラインで佐々木君へ。
もちろん、彼のお父さんとも、何度も連係している。
だから親子2人と連係で、何か不思議な気がする。
西田雅志
とりあえず、武雄で3百勝を決める事が出来て良かった。
これでひと区切りついたし、次は4百勝を目指して。
喜んで九州ラインの後ろです。
近藤寛央
地元の土屋君を盛り立てたいですね。
最後の福井で落車したけど、S級の点数は取れました。
佐々木龍
親王牌で1着を取れた事は嬉しいけど、その後、結果が出ていない。
それから決勝にも乗れていないので。
海老根さんに迷惑をかけない自力勝負。
初日の3時に、競輪学校の合格の発表がある。
弟2人が受験したので、それも気になりますね。
星野辰也
A級でも勝てないのに、S級では、展開に恵まれないと。
埼京ラインの後ろです。
田中 誠
いわき平の決勝は単騎。
埼玉の池田勇人君の捲りにスイッチしたけど、タイヤ、差す事が出来なかった。
九州ラインで佐藤君の番手へ。
今、井上昌己さんと一緒に練習をやっている選手は、みんな強いですから。
ただ、海老根さんの事ですから、多分、番手捲りでしょう(笑)。
土屋壮登
来期はA級だし、また出直しですね。
地元記念だし自力で見せ場を作りたい。
江守 昇
僕は、どちからと言えば、3番手の方が得意なので。
番手は海老ちゃんに任せて南関で結束する。
 4R


神山雄一郎
地元の片折君を信頼。
地元だし勝つ走りをやってくれれば。
記念の新制度になり、精神的にきつくなった。
4日間、気が抜けないし、緊張感を持続させたい。
近藤 保
千葉同士の同期亀井さんへ。
僕は追加だけど、調子は問題ない。
吉本哲郎
今年も弟子達の模範になる様に、自分が率先して先行したい。
もちろん、みんな大砲ばかりではないし、ショート砲でも構わないけど。
どうあれ、行くべきところで行って欲しいね。
大宮は、走ったか走っていないかも定かではない。
藤原 浩
1着は少ないけど大敗がなかったので前期はS級の点数が取れた。
中四国の3番手を固めたい。
関 貴之
負け戦だけど宇都宮で1着を取れて良いスタートが切れた。
初めて後ろを回るし、神山さんの後ろで勉強する。
深沢伸介
A級での負け戦でも勝てなかったのに、S級戦で少し恥ずかしい。
千葉コンビの後ろです。
片折亮太
昨年は33勝する事が出来た。
3月の大垣ウイナーズカップは特選シード。
ダービー出場の賞金は、ボーダーより少し上ぐらい。
3場所前の西武園で6、9、7着。
だから、少し地元恐怖症がある(笑)。
大宮記念は2度目だけど力を出し切りたい。
亀井久幸
ここ3場所、連対出来ていない。
僕らは第3ラインの立場だし、自力で少しでも見せ場を作りたい。
大宮は5年ぐらい前のA級戦で、途中でサドルがずれた思い出がある。
高原仁志
親王牌、取手記念と落車が続き、それから全く良くない。
年が変わり流れを変えたい。
世話になっている吉本さんへ。
 5R


安部貴之
中団を取っても自分でやったら捲れない状態。
僕より脚もあり、レースが強引な守沢君に任せるのが自然。
何も考えず北日本の3番手を固める。
他の選択肢は全くない。
佐藤 亙
中部近畿ラインで元砂君の番手へ。
徹底先行のイメージがありますね
山本 直
こんな成績で恥ずかしいですよ。
今年こそ、完全ブレークしたい。
自力で1着取ります!
三宅裕武
中部近畿で結束する。
佐藤さんが番手で自分が3番手。
山中貴雄
松阪が追加だったので中2日。
だから軽めの調整。
山本君の番手で仕事する。
元砂勇雪
松戸記念で落車して、復帰3場所目。
それでも前回の地元奈良の負け戦で2着に入れた。
積極的なレースをやる。
大宮はS級でも2勝している。
守沢太志
北ラインで真船君の番手へ。
本当は完全に自力を捨てたい。
そこは悩みどころだし、難しい。
メンバー的に、どうしても捲りを出す状況もあるので
室井竜二
段々と良くなってきたけど、全盛時に比べると、まだまだ。
中四国ラインの3番手です。
真船圭一郎
前回の奈良は、それなりにまとめる事が出来た。
北日本ラインの一番前で自力勝負。
2百勝は早めに決めたいですね。
後ろが確りしているので、気持ち良く仕掛けられる。
 6R


吉田敏洋
今年は、こんなスタートで恥ずかしい。
ただ、いわき平の初日は単騎で、準決は後ろが守沢君と畑段君で競りだった。
記念も特選が1個になったし、予選スタートは折り込み済み。
庄子信弘
四日市記念で南潤君を捲ったのは一生の思い出ですよ。
最近は少し、化けの皮が剥がれてきたかな(苦笑)。
宮城同士の佐藤君へ。
だけど、チャレンジからここまで来たし、頑張った方でしょう。
宿口陽一
地元記念に向けて仕上げてきたつもり。
もちろん、後輩の伊藤君の番手へ。
A級の時に一度あるから、連係は2度目。
やはり勝ち上がりの段階で練習仲間の平原さんと一緒に走りたいですね。
それには一次予選をクリアしないと。
柳谷 崇
岡山同士の黒田君に任せる。
快速捲りに期待したい。
抜く脚はないし、良くて2着ですね。
内田英介
地元コンビを盛り立てたい。
伊藤君は公人さんの遺伝子を継いでいるから熱い走りをやってくれるでしょう。
佐藤雅春
怪我明けなので走ってみないと。
かなりの重傷で、何本も骨を折った。
入院して11月ぐらいから、練習を再開した。
庄子さんも自力でやっているので、意向を聞いてから自力勝負。
西岡正一
和歌山記念は誘導をやっていた。
もちろん地元だし走りたかったけど、一生懸命、椎木尾君と東口君を応援した。
中部近畿で吉田君の番手へ。
連係は何度もある。
伊藤慶太郎
初のS級だけど、立川記念は緊張せず、自分の走りが出来たと思う。
もちろん、今回は地元記念だし、それ以上の結果を出したい。
内容も求めながら積極的な走りをやりたい。
黒田 淳
中四国の後輩がいれば目標にするけど、それ以外は基本的に自分でやっている。
自力、自在に。
細切れの4分戦で、5百バンクなら、僕に展開が向きそう。
 7R


武藤龍生
飯嶋さんは格上のマーカーだしタイトルホルダー。
まずは、お伺いを立ててからですね。
良いと言ってもらえたので天田さんの番手へ。
初の大宮記念だし、気持ちを入れて。
吉田茂生
配分が詰まっているけどレースが練習になっている。
負け戦だけど立川記念で2勝出来たので。
自力勝負。
間違っても、赤板から逃げる走りはやりませんよ(笑)。
自分の持つ場所から。
古城英之
メンバー的に中部ラインの後ろでしょう。
後は流れ次第で。
三槻智清
九州ラインで森山君の番手へ。
新制度になってからの記念の売り上げはどうなんですか? 立川記念は目標から4億足りず、和歌山記念は目標通りの56億円でしたか。
大宮記念は目標通り53億売れれば良いですね。
天田裕輝
何が何でも自力と言う訳でもないし、流れに沿って走っている。
後ろが地元の武藤君で3番手も実績のある飯嶋さん。
後手を踏まない自力勝負。
脚の感じは悪くない。
吉良勝信
奈良は九州で連係しないレースもあったけど、ここは森山君には世話になっているので九州の3番手。
飯嶋則之
気持ちは、いつでも突き抜けるイメージでいる。
良い時と悪い時の波はあるけど底は脱出したと思う。
一番きついのはダッシュ戦だけ。
関東の3番手。
今年の目標? 間違って記念ぐらい取りたいな(笑)。
森山智徳
大宮は3回目だと思う。
やはり直線は長いイメージがある。
カマシか捲りが理想ですね。
渡辺 健
奈良は3日間大きな着を叩いてしまったけど小回りバンクで展開が向かなかった。
中部で吉田君の番手へ。
 8R


小林則之
時折り、一発あるスタイルは不変ですかね(笑)。
若い子相手に真っ向勝負はきついですから。
5百だし落ち着いて自力勝負。
志智俊夫
中部近畿ラインで中西君へ。
連係があるかどうか、はっきり覚えていない。
杉本正隆
関東ラインで柿沢君へ。
位置を取ってくれる選手だし、必ず差し場はあると思う。
やはり、十文字さんの引退は残念ですね。
井手 健
新年一発目の奈良は同県の山崎賢人君と一緒の配分だけどダメだった。
ここは本線だし喜んで中部近畿ラインの後ろへ。
真崎新太郎
関東ラインの3番手。
今年は怪我がなく、運を引き寄せる年にしたいですね。
須藤 悟
半年A級を走ったけど、1着が少なかった。
南関ラインの3番手です。
中西 大
和歌山記念は誘導をやっていた。
いつか、地元記念を勝てる選手になりたいですね。
大宮を走るのは初めて。
自力勝負。
高知でS級初優勝したけど、まだダービー出場の賞金が足りない。
柿沢大貴
5百だけど、いつも以上に厳しい位置取りをやりたい。
そんなにタテ脚はないですから。
自力、自在に。
武田憲祐
点数より脚はないし百勝を決めてから1着もない。
南関ラインで小林さんの番手へ。
 9R


小酒大勇
大宮はA級の時から何度も走っている。
今回は中2日の追加だけど疲れはない。
自力勝負。
ただ、野口さんの実質先行1車ですね。
高間悠平
2百勝にリーチだし一発で決めたいですね。
ちょっと点数を落としたのも気になる。
失格があるから来期はA級です。
近畿ラインで畑段君へ。
渡辺晴智
南関ラインで野口君へ。
連係するのは初めて。
抜けない晴智、差せない晴智から脱却したいね(笑)。
野村典嗣
前期は初のS級だったけど力の無さを感じた。
大宮は初めて。
決まり手は少ないけど自力勝負です。
石塚孝幸
前の2人が強すぎる。
僕は南関の3番手で内を締めているだけ。
3着に入りたいですね。
小橋明紀
北日本ラインで小酒君へ。
冬期移動はしていないので室内練習のみ。
畑段嵐士
自力基本の自在戦。
展開次第でタテ、ヨコ、斜めと何でもやりたい。
木村隆弘
四国ラインで野村君へ。
動くと言っているので任せます。
野口裕史
少し自分の戦法をみんなに読まれ始めたかな。
それが、準決をクリア出来ない要因。
早駆けの選手は不在だけど油断しないで先行勝負。
ヨコの強い晴智さんなら誰も競って来ないですね。
10R


原田研太朗
点数がないから、まずは記念の特選シードぐらいの点数に上げないと。
正月開催の地元小松島で優勝する事が出来た。
それも後輩の小川丈太君が頑張ってくれたおかげ。
彼も和歌山記念で、負け戦を3連勝していた。
これからの選手だし、上手く育てたいですね。
自力で勝つ競走。
前回の2日目から新車を投入したら良い感じになった。
今年こそ、グランプリ出場の気持ちで。
佐藤康紀
北日本ラインで菅田君へ。
ダッシュタイプだし、離れない様にしたい。
息子の競輪学校の合格発表は気になりますね。
佐川翔吾
バックも取れているし、自分らしい走りが出来ていると思う。
積極的な走りをやるだけ。
野木義規
失格がなければS級に点数が取れていたし前期は残念ですね。
北日本ラインの3番手。
伊代野貴照
奈良のイー新聞杯は誘導をやっていた。
ニコ生のゲストで及川奈央さんが来ていたけど、綺麗ですね。
近畿で佐川君の番手へ。
菅田和宏
成績より悪くないと思うし、何かが噛み合えば。
自力で一発狙いたい。
ただ、原田君が強すぎますね。
自分にチャンスでなく、相手にとってチャンスの番組ですね(笑)。
橋本 強
奈良の決勝は前が行ってくれたけど、捲りを止めに行ったら、内から小林大介さんが来た。
仕事をやった結果だから納得。
原田君とワンツーを決める。
若松孝之
前期のS級は何度か体調を崩した。
それで、あまり成績が良くなかった。
近畿ラインの後ろへ。
西岡拓朗
ここ3場所、勝ち切れていない。
それで3着が多い。
ここは四国コンビの後ろで3着で十分。
11R


上原 龍
自力を捨てた訳でもないけど、決まり手がゼロになってしまった。
関東で結束して3番手。
弟子の中嶋君が取手で落車したけど、肩にヒビが入っただけで大丈夫そう。
谷口明正
あまり最近は流れが良くない。
大宮に呼んでもらったのは初めて。
次の地元松阪記念には呼ばれていない。
自力勝負。
須永優太
奈良の決勝で落車したけど大丈夫。
北日本ラインで新山君へ。
相性は普通ぐらいですね
笹倉慎也
完全に追い込みにシフトチェンジ。
今までのS級は動いていたので新たなチャレンジ。
中部ラインで谷口さん目標に。
別線で戦った事はあるけど連係するのは初めて。
金子哲大
西武園は得意だけど、大宮は失敗ばかり。
この時期は寒くて、風も強い。
しかも直線の長さも半端でない。
期待に応えられる様に自力勝負。
山本恵介
怪我が多い競輪人生。
これも職業だから仕方ないですが。
今回は痛めていた膝の手術もやってきた。
北日本の3番手です。
神山拓弥
地元の金子君をアシスト。
前回の地元宇都宮は3日間、展開がきつかった。
杉森輝大さんの番手でしたが、いつも世話になっているので。
今年は記念を、ひとつでも多く取りたい。
それが目標です。
と、言うより、昨年はF1も1回しか優勝出来なかったですが。
スタイルを変えた和田健太郎さんは凄いですね。
俺は、もう、あんなに自力が出ないので。
大宮記念は平原さんと別線で走り、まだ自力でやっている時に、1回優勝している。
中川博文
息子がA級に落ち、俺がS級に昇級。
自分自身としては嬉しいけど、親としては、ちょっとね(苦笑)。
中部ラインの後ろへ。
新山将史
ムラ駆けで成績が安定しない1年でした。
今年は、それを少し返上したい。
自力勝負。
12R


村上義弘
グランプリの怪我は、気にならない程度。
昨年はS1としてチャレンジの1年。
今年はSSとして、新たな世界を築きたい。
古性君にも山田君にも世話になっているから近畿3番手。
特に注文はないけど、2人共に、普段の走りをやって欲しい。
平原康多
初連係の鈴木君。
これからコミュニケーションを取りながら。
グランプリですか? 落車して再乗する時に、ファンから温かい言葉が一杯あった。
近畿の後ろ攻めも予想外だったし、清水君が全部引いて中団だったのでタイミングが狂った。
どこか粘ると思ったし、それで対応が遅れた。
いくら何でも、ワッキーの先行は簡単に捲れないよ。
立川記念は走りたかったけど、自転車の修理が間に合わなかった。
正月を、ゆっくり過ごせて、自分を見つめ直す事が出来た。
自分では分からなかったけど、大宮記念は6回獲っているんですか。
自然体で走り7度目を目指して。
山崎賢人
ボロボロの状態でも、走らないと感覚も戻らないので。
前回奈良の野次は、アフロを刈り上げるぞ!とか、とにかく凄かった(苦笑)。
もちろん、全部、聞こえていた。
5百を走るのは、高知の共同通信社杯以来だから、かなり久々。
自力で。
山崎芳仁
取手記念の決勝は、たまたま賢人君の後ろになっただけで、今まで北日本以外の自力選手に付けた事はない。
これは引退するまで変わらないし、自分の好きな競輪をやっていきたい。
中川誠ちゃんは、同級生だけど、あのスタイルも良いですね。
お互い、前厄なので、薬師様に行ってきた。
沖縄は、ゆたの文化なので、そこは少し違いますね。
グランドスラムに関しては、まだ諦めていません(笑)。
古性優作
理想を持って走っているが、何かが、おかしくなっている。
オールスターで脇本さんに離れたけど、あの頃の状態が一番良かった。
岸和田は来年の6月から2年かけて改修するみたいですね。
近畿の一番前で。
山田久徳
鎖骨に入っていたプレートを抜いてきた。
1年ぐらい、様子を見て、除去する話しになっていた。
村上さんの了解を得たので、古性君の番手へ。
郡司浩平
単騎だけど、負けるイメージはわかない。
前回の奈良にしても、数字より踏めていた。
初日もアフロ君に完勝したから。
もちろん、今年の目標はタイトルを取る事です。
園田 匠
ダービーの特選シードの賞金が足りないので、追加が欲しかったけど入らなかった。
賢人君は弱っているぐらいの方が、僕にとっては丁度良いですよ(笑)。
やはり、佐世保記念で、落車しても無理して走った影響があるのかな。
鈴木竜士
今年は躍動感のある、みなぎる走りをやりたいですね。
静岡は派手に転んだけど、次の日から練習をする事が出来た。
平原さんの前で、ただ捨て身で行くだけなら簡単。
もちろん、早駆けするにしても、今後の方向性を考えれば残る走りが理想。
相手関係もあるし、何とも言えないけど、逃げる走りをやるだけ。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
東日本発祥70周年周年 大宮競輪 倉茂記念杯オリジナルクオカードプレゼントキャンペーン!
東日本発祥70周年周年 大宮競輪 倉茂記念杯(GⅢ)の開催を記念いたしまして、
e-SHINBUNプレミアム会員の皆様に素敵なプレゼントのお知らせです。

倉茂記念杯オリジナルクオカードを抽選で10名様にプレゼントいたします。

※こちらはe-SHINBUNプレミアム会員様限定キャンペーンとなります。
応募期間は倉茂記念杯開催最終日の2019/1/20(日)から2019/1/26(土)までです。

倉茂記念杯オリジナルクオカード 10名様
 
 


この機会に是非e-SHINBUN会員登録を!
 
   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。

 
平成31年1月19日
大宮記念の3日目は、13億を切ったのは手痛い打撃。これで目標の53億は絶望と成ったのは、1月からスタートした勝ち上がりに問題があったとしか思えません。改善するんでなく真の意味で、ファンの事を想うなら、もっと違った策がありそうなもの。経験不足の石頭でなく、経験がある柔軟な頭脳の持ち主が改革・改善はやるべきだと強く訴えます。
そこで4日目の狙いは、
1R、山信田学。
2R、佐々木龍と市橋司優人。
3R、佐川翔吾。
4R、谷口明正。
5R、不破将登 から中川博文。
7R、地元コンビ。
8R、山中貴雄。
9R、中西 大。
10R、山崎芳仁。
11R、山崎賢人。
12R、平原康多と志智俊夫です。
夜は小倉ミッドナイトの2日目、勿論自信あるので、コンドル紙を参考に今日もジャンジャンバリバリ勝負して下さい。そして明日は防府FⅠの前検日、リズムの久米さんにお世話に成ります。1日遅れて久留米ナイターFⅡ、ガールズと仕事は永遠に続きます。
 

平成31年1月18日
大宮記念の初日は、裏でFⅠの3日目が3ヶ所もあったのに8億8千万。明日は川崎・奈良のFⅡが裏でありますが、10億突破は確実な状況。初日は1次予選は全て本命で入れる様に組んでましたが、決まったのは8・9・11Rの3個。大口ファンはしこたまやられたのかも。逆に高配当を狙うファンには、この制度でもチャンスありと思われたのは逆に良かったのかも。
特選は平原康多は4着でしたが、一押しの郡司浩平は1着で私の予想は穴目でバッチリ的中させました。2日目も精一杯堅いレースを作ってますが、前半3個は荒れムード。
1Rの狙いは、山中貴雄。
2R、柿澤大貴。
3R、松崎貴久。
4Rは、本命戦。
5R、埼京コンビ。
6R、佐藤幸治と矢野昌彦。
7R、谷口明正。
8R、吉田茂生。
9R、郡司浩平から手広く。
10R、吉本哲郎。
11R、山崎芳仁。
12R、平原康多から荻原尚人の2・3着が狙い。



 
ページトップへ
   
【チャリロト会員限定】チャリロトでAOKEI競輪ニュース無料公開中!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて、チャリロト会員様限定でAOKEI競輪ニュース』を無料配信中です!!



GⅢ開催時限定、開催日前日の夜から公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/keirin/tp_predictions/aokei
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
コンビニのコピー機で大宮競輪の出走表が無料プリントできる!
コンビニのコピー機で大宮競輪の出走表が無料プリントできます!!



全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
大宮競輪の出走表が無料でプリントできます!!

開催初日分は前検日18:00頃から、初日以降分は前日19:00頃から
プリント可能になります。

ぜひ、ご利用下さい!!


操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin25


ページトップへ 
   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

ガッツポーズ

お呼びじゃない選手(あくまで私的無印という意味です)が突き抜け、更に右腕を挙げながら拳を握られたりすると、俺は腹立ち紛れにガッツポーズなんかしてンじゃねえよと行儀が悪くなるが、誰だってどんな職業の人間だってガッツポーズはする。
元競輪選手の某は観客の前での経験はないが、準決三着で引きあげてきた検車場で、初めての決勝進出に思わずガッポーズが出たと記憶していた。
高級車が売れたセールスマン、保険契約の最大ノルマを達成した営業マンらのガッツポーズは如何に――。
約六十年の人生に於いて数回、車券の本線が出てガッツポーズをした過去がある俺だが、ギャンブルを嗜む人間にとって、あの種の「拳」は他人眼にあまり見栄えの良いものではない。
最近はガッツポーズを繰り出すこともなくなった俺だが、自制心が培われたわけでも、寡黙な車券師と化したわけでもなく、只々、快哉を叫ぶようなギャンブルにとんとご無沙汰というだけのことだ。


ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」






【チャリカです】


先月から始まった、チャリロトで使える電子マネーのチャリカ。


それにともないキャンペーンをちょこちょこやっている。


それに当たりました。






この1000円から僕の大宮記念が始まります。


玉野ミッドのキャンペーンで当たったのだから、玉野ミッドの車券も買わないと。


ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925




ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2019年1月17日(木)・18日(金)・19日(土)・20日(日)

■開催場所
大宮競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

いわき平競輪ニュース

福ちゃん

競輪毎日

北競

競輪専門誌ホープ

別府競輪ダービー

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ