eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
青山彩

前橋ミッドナイト競輪 ケイドリームス杯(FⅡ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
 
山内卓也
 
川村晃司 池田勇人 猪俣康一 小野俊之
川村晃司
池田勇人
猪俣康一
小野俊之

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
A級決勝インタビュー


隅田洋介
僕は誰が相手でも、やる事は一緒。
先行するだけ。
相手を潰すレースが多いから、今期、一度も優勝はしていない。
脚の感じも良いですね。
宇根秀俊
今回は流れが良いですね。
連日、前の先行選手が頑張ってくれるので。
初日特選と同じく瀬戸君の番手へ。
黒木誠一
僕を買ってくれるファンは穴党ばかり。
昔みたいに喜ばせる事は少なくなりましたが。
西のラインで連係して3番手。
瀬戸栄作
ドームは前回完全優勝。
その流れがあるから走りやすいですね。
来期は初のS級だし結果を恐れずに。
積極的なレースをやりたい。
丸山啓一
かなり久々のA級戦だったけど、今期は勉強になった。
不安があったけど、そつなく走れた。
市川君にも隅田君にも世話になったけど、隅田君の番手でガンバル。
市川健太
隅田君の番手も考えたけど、今回は地元立川市営の開催。
力を出し切りたいので自力で勝負。
脚も気持ちも、今回は地元のつもりで走っているから充実している。
佐々木健司
市川君は隅田君を使わないみたいですね。
丸山君は隅田君にマークですか。
ならば、準決の流れもあるから市川君の番手へ。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
二日目勝因敗因
  1R A級一般



1 飯塚 隼人
藤原さんが離れていたので、車間が空きすぎた。
初手で中団も組み立てやすかったけど、後方になったのが。
何とか届いての2着でした。
2 海野 晃
石井君は良い走りをやるね。
もっと、気持ちを楽に持てば、すぐに結果が出ると思うよ。
3 石井 和明
誕生日だったし残念。
自分では持つと思い逃げたし、練習では、もっと長い距離を踏んでいるので。
骨折明け2戦目なので、こんなレースで調子を戻したい。
4 阿部 弘
楽に中団を取れたのが勝因。
初日、逃げているから今日のレースは楽だった。
点数が勝負だし、頑張らないと。
5 廣瀬 裕道
ぶつかる気持ちで止めに行ったけど全然…。
石井君が行ってくれたけど捲りを止められなかった。
6 藤原 富雄
あれは車間を切った事にして下さい(苦笑)。
こんなレースで恥ずかしいですよ。
7 中島 義之
飯塚君も吸い込まれる感じで捲りに行ったけどね。
一番スピードの乗らない場所からの仕掛けだった。
自分は離れなかっただけでも。
  2R A級一般



1 及川 裕奨
大沢君が完全に競り負けた雰囲気でもなかったので、もう1回入れた。
バックで自分で行くのも早いので。
来期のチャレンジに向けて、少しずつですね。
2 中尾 翔
初日、流しすぎて不完全燃焼。
昨日、今日のレースをやらないとダメですね。
しっかり踏めたし、自分の走りが出来た。
3 佐野 洋継
橋本さんが大沢君を叩き込んだ瞬間に行けば、決まっていたかも。
ちょっと仕掛けが遅すぎた。
4 柳 充
北の3番手だし、大沢君と及川君の判断だったので。
5 橋本 忠延
このバンクで外で競り勝つのは厳しい。
大沢君に粘られ、自分の位置を守るので一杯だった。
6 加藤 正法
佐野さんに好きに走ってもらった。
中尾君の後ろが離れていたので、もう少しで、そこに入れていた。
7 大澤 哉太
直線で中尾君が一気に来たので併せる事が出来なかった。
それで仕方なく番手で粘った。
かなり放り込まれたけど、また及川さんが入れてくれたので。
  3R A級選抜



1 渡会 啓介
叩きに行ったけど、全然出なかった。
山田さんは自分で捲ったし、そこは救いですね。
2 浅沼 聖士
狙って番手をやった訳ではないし、少しでも前々と思い。
ヨコにも渡会さんがいたから。
大橋さんに決められてから、このバンクは内が噛むのでバックを踏みながら3番手に入った。
3 大橋 直人
粘られたし、必死だよ(苦笑)。
浅沼君に競り勝つので一杯。
それで同期山田さんを止める事が出来なかった。
4 大島 将人
ちょっとシビアだと思い、鐘の4角すぎは切り替えられなかった。
難しい判断でしたが。
5 永井 亮
浅沼君の気持ちは嬉しいけど、意地にならず、3番手に引いても良かったね。
6 相川 巧
実質、先行1車だけど、渡会さんも浅沼さんも自力がある。
それでペースに持ち込めず、最後は一杯だった。
7 山田 晃久
初日は、責任あるレースが出来たし負けても納得だった。
自分で動いていたから脚の貯金があった。
渡会君が不発の後、自分で捲ったけど、届く自信はなかった。
同期、大橋君のヨコを通り過ぎる時が一番問題だった。
  4R A級選抜



1 安坂 洋一
惰性を殺さず突っ込めたので頭まで行った。
それも、稲葉君が前々に攻めてくれたおかげ。
ドームは昔から相性が良いですね。
2 井山 和裕
本当は前まで行くつもりはなかった。
番手追い上げのつもりが、村上君に流されて。
宮原さんが付いて来ていれば、そのまま駆けていたかも(笑)。
3 小佐野 文秀
初日のレースを後閑さんに褒めてもらい嬉しいですね。
単なる暴れたレースですが。
今日もハードに止めに行ったけど止まらず、その勢いで番手から出る走りになった。
4 鈴木 宏章
危ないよ(苦笑)。
小佐野君は完全に落ちたと思った。
ちゅっちゅしていて、凄い音もしていた。
5 稲葉 一真
組み立てが難しかった。
井山さんの動きも読めず、どう走れば良かったのかな。
本命なのに、すみません。
6 宮原 英司
井山君に付いて行けず申し訳ない。
その後は、掛かっていなかったし、捲りに行こうと思ったけど、ふわふわしていて。
7 村上 皇
今回は師匠の佐々木健司さんと一緒の配分。
先行したけど、掛かり切らなかった。
  5R A級準決勝



1 黒木 誠一
やっと恵まれたわ。
腰の状態もあまり良くないので。
バックでロックオンだと思ったし、瀬戸君の先行なら誰も捲って来ないと思った。
2 齋藤 一茂
見せ場を作った? いや、瀬戸君に遊ばれていましたよ。
何で俺が前を取り、王者の走りをやらないといけないのかな(笑)。
普通は瀬戸君が前受けでしょ。
3 植草 亮介
悔しいレース。
牧田君が頑張ってくれたけど、瀬戸君が強すぎた。
4 田村 武士
自分に内に行く能力があれば…。
空いているし分かっているけど、怖いから入って行けない。
だけど、地元の一茂は頑張ってくれましたよ。
5 牧田 賢也
内容のないレースをやってしまった。
3着だけど、特選組がいるから決勝進出は厳しいですね、多分…。
6 瀧口 和宏
本線に駆けられて厳しかった。
上越勢の巻き返しに期待したけど。
7 瀬戸 栄作
最後は余力がなかったし、ズッポリ行かれると思った。
ただ、黒木さんに残してもらったし、内容の濃い走りは出来たと思う。
ドームは結果も出ているから走りやすいですね。
  6R A級準決勝



1 吉良 勝信
目標不在のレース。
勝負どころで内を掬おうと思ったけど、誰も、びた一文空けない(苦笑)。
2 隅田 洋介
丸山さんなら脚があるから、自分のダッシュに離れないと思った。
2分戦だし、セオリー通り、巻き返す事が出来た。
3 丸山 啓一
隅田君のレースは迷いがないから、素晴らしいね。
踏み出しはきつかったけど、人気に応える事が出来て良かった。
4 竹澤 浩司
隅田君を併せ切りたかったけど、3番手をどかすので一杯だった。
5 櫻井 丈
あのカマシに付いて行くのは完全に無理。
番手の丸山さんでさえ、きつそうだったでしょ。
6 橋本 勝弘
もう自分で選んだ位置だから仕方ないですね。
前で決まったし遠かった。
7 宇根 秀俊
今回は流れが良いですね。
竹沢君も頑張ってくれたから。
あとは最終レースで市川さんが3着にならない事を祈るだけ(笑)。
  7R A級準決勝



1 市川 健太
2周逃げ切っているので、調子は良いですね。
ラインの3人で決まったのも何より。
2 稲吉 悠大
結構なもがき合いもあった。
もう少し車の進みが欲しかった。
それが本音ですね。
3 篠田 宗克
勝俣君の踏み出しに秒殺でしたね。
恥ずかしから、彼に構えて欲しかった(笑)。
4 下田 和美
初日は、徹底先行の隅田君の番手。
今日は捲りの後ろになったのできつかった。
5 佐々木 健司
あんなに市川君が行く選手とは知らなかった。
敵で戦っていた時に、本命になっていても潰しやすい相手だったので。
あの距離をもがけ、更にヨコも強くなったら、平原君クラスになるね。
6 勝俣 亮
市川さんは強いのだから出さして欲しかった。
俺が行った瞬間にホームを変えて、本気モードになった(笑)。
7 三澤 康人
最後も詰められたし、チャンスのある展開だった。
市川さんが行ってくれたし有り難い。
あんな選手は少ないですね。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日勝因敗因
 1R A級予選



1 稲葉 一真
勝ち上がりに失敗したけど、前々の激しいレースは出来たと思う。
負けても納得だし脚の感じも悪くないですね。
2 橋本 忠延
阿部君が駆けてくれたけど、内を稲葉君にしゃくられたのが痛かった。
3 鈴木 宏章
踏み出しは完全に千切れた。
本当は無理して追わないと。
脚は溜まっていたので最後は外を伸びた。
2着まで行くと、点数がかなり楽になった。
3着だし、もう1回勝負ですね。
4 齋藤 一茂
あのワッキーと何度も勝負している。
叩けなかったけど、ヨコまで行けたのは良い思い出。
ワールドクラスの選手と真っ向勝負が出来たのが20代。
最終日は30歳の誕生日だし、また新たな自分を見つけたい。
群馬の同級生? 三木翔太。
あいつもS級で、少しだけ売り出した時期があるね(笑)。
今日は阿部さんが、やる気だったけど、2着に入れて良かった。
5 植草 亮介
見ての通りで、稲葉君が前々に攻めてくれたおかげ。
自在選手のお手本みたいなレースだった。
練習の成果が出て、自分も直線は良く伸びた。
6 阿部 弘
明日以降に繋がるレースかな。
やるだけやったし、力は出し切れた。
7 大橋 直人
地元の斉藤君が早めに巻き返してくれた。
阿部君も踏んでいたし、最後は稲葉君とも併走になりきつかった。
 2R A級予選



1 柳 充
今日は目標不在だし仕方ないですね。
先手ラインからと思っていた。
2 吉良 勝信
普通の飯塚君なら楽に行ってしまうし、俺との相性が良くないのかな(苦笑)。
小佐野君が持って来て、止まったと思い、悪いが内に切り替えた。
3着だし、勝ち上がれるか結果待ちですね。
3 田村 武士
僕は粘る選手ではないから、今日はシンプルに逃げる作戦。
2分戦だし、上手く自分のレースに持ち込めた。
あとは小佐野さんにも仕事をしてもらえた。
4 飯塚 隼人
引いて、早めに巻き返す作戦。
叩けると思ったけど、田村さんに併されてしまった。
後ろ2人にも申し訳ない。
5 小佐野 文秀
番手の仕事は出来たけど、結果が出なかったし悔しいレース。
6 加藤 正法
飯塚さんなら叩けると思い追走した。
田村さんが強かったですね。
7 瀧口 和宏
田村君には地元でも1着を取らせてもらっている。
ドームの3番手だし厳しいと思ったが、あれだけ頑張ってくれたので。
最後も内がもつれて自分に取り良い展開になった。
外を踏んで2着ならば。
 3R A級予選



1 橋本 勝弘
稲吉君が構えた時はどうなるかと思ったけど、やはり脚が違いましたね。
彼が内に行った時、少し口が空いた。
逆にピッタリマークでなく、追い掛ける感じになったので、差す事が出来たと思う。
2 廣瀬 裕道
道中から休む場所がなく、きつかった。
きちんと相川君を追っていれば。
3 大澤 哉太
作戦は間違っていなかったと思う。
ただ、ジャンで相川君に脚を使わされた。
それで、バックで一杯だった。
4 安坂 洋一
自分もベストの状態ではないし、大沢君を援護出来なかった。
脚を使っての先行になってしまいましたね。
5 稲吉 悠大
あれは捲りでなく、追走からの内抜けと吉良先輩に冷やかされた(笑)。
もっと豪快に捲れれば良かったけど、こんなタテ脚しかないですね。
6 相川 巧
脚を使い3番手だったけど、一応捲れたので。
ふわっとなった時に、内から稲吉さんに行かれた。
きちんと外線を外さなかったら結果は違った。
今の脚で3着なら十分。
7 渡会 啓介
単騎の気持ちだったけど、一応、西ラインの連係になった。
 4R A級予選



2 三澤 康人
もしかしたら、俺が差す方が1番人気? それなら差したと思ったし申し訳ない。
レースの振り返りをやったら、俺より、牧田君の方が冷静で全部見ていた。
それだけ、俺に余裕がなかったんだと思う。
3 浅沼 聖士
位置取りは良かったけど、バックで行かないと。
それが、この成績ですね。
詰まってきたし、その前に車間を切っていないと。
4 牧田 賢也
僕の先行1車だと思い、後ろを競らせない様に走った。
踏み直しも良かったし、ラインで決める事も出来た。
練習中の落車で鎖骨を骨折したけど、不安はないですね。
準決は佐々木健司さんと一緒かな…。
5 佐野 洋継
せっかく井山さんが付けてくれたのに、何も出来ず迷惑をかけた。
6 海野 晃
バックで詰まり、そこを井山君にしゃくられてしまった。
浅沼君の脚があれば、そこそこ捲れたと思うよ。
7 永井 亮
3着では勝ち上がれないけど、3番手3着でラインに貢献する事が出来た。
 5R A級予選



1 中島 義之
中尾君があのまま踏むと思ったけどね。
まあ、山田君もアクションを起こしてくれたので仕方ない。
2 勝俣 亮
中尾君が全然、踏んでいない。
勝負どころだったけど、脚を使わずカマシに行けた。
距離も短かったので、最後も踏み直す事が出来た。
3 山田 晃久
中尾君があのまま逃げていたら、早めに踏む作戦。
下げてきたので番手に追い上げた。
余裕があると思ったし捲ってくれると思った。
それが、全然出ないで…。
4 櫻井 丈
強引に中へ行けば良かった。
篠田さんが余裕ある様に見えてしまい。
3着では厳しいので、4角からの動きに失敗。
5 中尾 翔
見ての通りで流しすぎた。
2分戦だし、何をやっているんですかね…。
本当、すみませんでした。
6 宮原 英司
山田君が番手に追い上げてくるのは想定内。
普通に中尾君が逃げてくれれば、面白い展開になったのに。
7 篠田 宗克
番手絶好の展開で一杯、一杯。
抜くなんて、完全に無理。
勝俣君が一番得意なパターンでしたね。
 6R A級予選



1 村上 皇
どこか良い位置に入るとかでなく、隅田さんを併せ様と全力で踏んだ。
だけど、簡単に行かれてしまった。
脚の違いが出ましたね。
2 石井 和明
ヨコは出来ないし、単騎にもなってしまった。
地元戦だが自分のレースが出来なかったので仕方ないですね。
3 下田 和美
隅田君にピッタリマーク出来た。
話していても、考え方が違うし、レースの組み立ても上手い。
九州にも、こんな選手ばかりなら、自分の点数も上がりますよ。
本当、レースに参加した気がする。
4 及川 裕奨
隅田君が強すぎて、1本棒。
せめて、頑張ってくれた村上君を差せれば良かったのですが。
5 隅田 洋介
乾燥しているから、多少、呼吸は苦しかった。
もちろん、主導権は誰にも渡すつもりはなかった。
脚の感じも良いので、先行で準決も突破したい。
6 藤原 富雄
今日も本線の3番手にいたけど、簡単に離れてしまった。
そこだと思っていたけど、迷惑をかけるからコメント出来なかった。
7 大島 将人
後ろの石井さんも1車も出なかったですね。
前のペースが良くて僕も並んだままでした。
 
 7R A級初特選



1 瀬戸 栄作
本当は前か中団のつもりが後ろ攻めになってしまった。
駆けた感じは悪くなかったけど、市川さんが強かった。
2 丸山 啓一
自分のワンミスで市川君から踏み出しで離れた。
そこは呼吸が合わなかった。
その後の直線の伸びは良かった。
準決は初連係の隅田君へ。
3 竹澤 浩司
後手を踏んで失敗した。
このバンクで後方になっては…。
準決は隅田君との2分戦。
多分、対戦するのは初めてだと思う。
4 佐々木 健司
目標不在で切り替え、切り替えのレース。
準決は市川君の番手になったのでラッキーだ。
5 宇根 秀俊
久々の特選だったけどスピード負けしなかった。
瀬戸君は良い先行でしたね。
6 黒木 誠一
う~ん、厳しいレースだった。
準決は九州の瀬戸君の番手だし気を遣ってもらった。
7 市川 健太
捲ったスピードは良くなかったけど、中団3番手を取れたので。
久々のレースで疲れも抜け切っていたかも。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日インタビュー
 
  1R A級予選

1 稲葉 一真
玉野が終わり中2日の追加。
先輩と交代しながら車で6時間半かけて帰ってきました。
玉野の予選は格清君の番手で2着。
準決は自分でやったけどダメでした。
自力自在の総力戦。
2 橋本 忠延
阿部君が一人でやりたいと言うなら考えたけど。
以前、そう言われた事があるので(笑)。
頑張ると言うので任せます。
3 鈴木 宏章
関東ラインの3番手から。
点数に余裕がないので、後手を踏んだ時は考えます。
4 齋藤 一茂
臨機応変に何でも。
基本は自力勝負ですが。
今回は予備で、前検日に急な欠場者が出て正規に繰り上がった。
補充で走る準備はしていたけど、ガッツリ仕上げてきた訳ではない。
普通ぐらいですね。
5 植草 亮介
南関ラインで稲葉君へ。
自分でやった時に失敗しているので点数を下げた。
このままでは、やばいので、今は真面目に練習をやっています。
6 阿部 弘
股に腫瘍が出来て2カ月欠場。
幸い、悪性ではなかった。
気持ちは前向きですが、なかなか戻らないですね。
S級の点数が見えていた時期もありましたが。
このままではチャレンジに落ちるし勝負駆け。
ドームは結構、予選はクリアしている。
自力勝負。
7 大橋 直人
地元の斉藤君を信頼する。
奈良ミッドは、マーカーの茂木和臣さんが逃げてくれワンツー。
20年ぶりぐらいの先行と言っていました。
僕には真似が出来ないし有り難いレースでしたね。
  2R A級予選

1 柳 充
2分戦で目標が不在。
ラインの切れ目しかないですね。
2 吉良 勝信
九州同士の飯塚君へ。
彼も自分も来期はS級。
骨折してから3場所走ったけど、準決で失敗しているので。
3 田村 武士
飯塚君との2分戦ですね。
前橋は成績より相性は良いと思う。
5場所は前は5、9、8着。
11場所前に来た時は2、9、4着でした。
先行か捲りで。
4 飯塚 隼人
色々とあって成績を落とした。
ただ、前橋ミッドは優勝もあり、来期はS級。
そろそろエンジンを掛けないとまずいし、自力で勝ちたい。
5 小佐野 文秀
ラインの田村君へ。
いつも行ってくれるイメージ。
前橋は好きで7場所前の予選は1着。
6 加藤 正法
並んだ方が良いと思うので、九州ラインの後ろを回る。
7 瀧口 和宏
点数を考えると、大きな着は取れない。
自力でやっていた時はドームは得意で優勝もあります。
大昔の話しですが(笑)。
関東の3番手。
  3R A級予選

1 橋本 勝弘
西のラインで稲吉君の番手へ。
地区が違うから、連係するのは多分初めて。
アグレッシブな選手だし後方にはならないですね。
2 廣瀬 裕道
関東ラインで相川君へ。
中2日の追加だけど、走れるだけでも有り難いですよ。
3 大澤 哉太
何となく勝負になりそうなメンバーですね。
負け戦なら1着を取れているし、稲吉さんも徹底先行ではないので。
自力で一発狙いたい。
4 安坂 洋一
大沢君の番手へ。
小松島の落車は擦過傷より打撲が酷かった。
それで1本欠場した。
前橋は何度も決勝に乗っている。
5 稲吉 悠大
自力自在に何でもやる。
それなりの立ち振る舞いはやっているけど、綺麗に捲れていない。
それが、この成績ですね。
最終バック辺りまでは、良い時の走りのままだけど、そこから車が出るかが問題。
6 相川 巧
この1カ月で点数を上げないとチャレンジに落ちてしまう。
自分なりに勝負駆けです。
先行か捲りで。
7 渡会 啓介
稲吉君が先行なら3番手だけど、そんな組み立てはしないと思う。
単騎で自在に攻める。
  4R A級予選

1 井山 和裕
佐野君に付けた事はない。
自分でやる事も考えたけど、話した雰囲気で任せる事にした。
2 三澤 康人
北日本ラインで牧田君へ。
前橋ミッドは2場所前に走ったばかりで4、4、3着で恵まれなかった。
最近は4着が多いのが…。
3 浅沼 聖士
自力自在の総力戦。
バックは減ったけど、動いていない訳ではない。
先輩も任せてくれるので前々に攻める。
4 牧田 賢也
前回岐阜の前の2カ月欠場は練習中の怪我。
街道練習中に鎖骨を骨折した。
大丈夫だと思うので、ラインで決める自力勝負。
5 佐野 洋継
単騎でも自力と思っていたし、井山さんが任せてくれるのも有り難い。
点数はボーダーだけど、あまり気にしていません。
行けるタイミングで。
6 海野 晃
来期はチャレンジだし、今期も点数は厳しいですね。
同県の浅沼君に任せる。
7 永井 亮
北日本ラインの3番手。
展開なりに走れるし、前の2人に頑張ってもらうだけ。
  5R A級予選

1 中島 義之
山田君が中尾君の3番手なら考えたけど…。
自分で何かやるみたいだし中部近畿なので任せる。
あとは流れで判断。
2 勝俣 亮
予備の小田原が欠場者が出ず、補充が入らなかった。
それで3週間、レース感覚が空いた。
中尾君との2分戦で、彼がどんな選手か分からないけど自力基本の組み立て。
3 山田 晃久
うん、難しいですね。
自分1人なら3番手でも良かったですが…。
流れで番手になるか、好位で脚を溜めるかは少し考えさせて下さい。
コメントは前々勝負で。
4 櫻井 丈
勝俣さんは破壊力がありますからね。
3番手でもチャンスがあると信じて。
5 中尾 翔
前橋はチャレンジで1回走り、ピンピン7でした。
走ったイメージは良いですね。
後ろの並びが分かったら、また教えて下さい。
自力勝負。
6 宮原 英司
西で結束すると4番手になるので…。
それなら地域的にも番手を主張し中尾君ジカ。
もちろん、競りも覚悟しています。
7 篠田 宗克
今期の初めは連続して決勝に乗れていたけど、少し落ちている。
勝俣君に頑張ってもらうだけ。
  6R A級予選

1 村上 皇
隅田さんとは初対戦だけど、なるべくなら対戦したくない相手です(笑)。
自力勝負。
2 石井 和明
京王閣で肘の骨折。
3カ月休み、前回の豊橋で復帰した。
番組の人に気を遣ってもらい、隅田君の番手なんでしょうが…。
先に下田さんに主張され、ヨコも得意ではないから単騎で自力勝負。
3 下田 和美
地元の石井君には申し訳ないけど、そこしかないでしょう。
徹底先行の隅田君ジカ付け。
ダッシュが鋭いし離れない様に。
4 及川 裕奨
練習中の交通事故で2年ぐらいブランクがあった。
何度も手術をやったが時間が掛かった。
公傷がきかないので来期はチャレンジ落ち。
更に厳しくなりますね。
少しずつですが、村上君を信頼して結果を出したい。
5 隅田 洋介
先行勝負。
前期のS級では5勝か6勝したけど、S級の点数を取れなかった。
どうしても大きな着が多いので。
S級でも後ろが離れ、裸逃げのレースが多かった。
今期も優勝はなく、決勝は相手を潰すだけになっている。
、もっと勝ちを意識しても良いのでしょうが。
6 藤原 富雄
ラインの切れ目から。
石井君の後ろとか、隅田君の3番手も空いているけど、きちんと追走出来る状態ではないから。
7 大島 将人
今期は怪我ばかり。
来年は無事に走りたいですね。
それでも丈夫な体に産んでくれた両親に感謝。
北日本の3番手。
  7R A級初特選

1 瀬戸 栄作
ドームは完全優勝している。
そこから快進撃が始まった感じですね。
来期は初のS級だし不安だけど楽しみ。
初日特選の数字が良くないけど自力で頑張ります。
2 丸山 啓一
番手か3番手か忘れたけど市川君の番手へ。
今期は4百勝を決めたりと、不安なA級戦だったけど、何とか凌げている。
もちろん、来期はS級に復帰。
この後は伊東記念でレインボーカップのファイナルがあるけど、みんな1年を通じてS級入りを決めている。
だから勝負駆けの選手は1人もいません。
ただ、優勝賞金が百万円ぐらいあり、賞金が良いんですよね。
地元だし嶋津君や太刀川君と連係して頑張ります。
そっちも応援して下さい。
3 竹澤 浩司
練習バンクが短走路なので、ドームも嫌いではない。
特殊性は感じますけど、S級の時から何度も走っている。
先行か捲りで。
4 佐々木 健司
どこの3番手も回れるので位置を決めずに走る。
捲りのラインは嫌なので、初手の位置を見て判断したい。
前を取るラインはダメ。
5 宇根 秀俊
恥ずかしながら、今期初の特選シード。
こうやって、自転車の宅急便も、6千円ぐらいかかり高いんですよ(笑)。
少しでも稼がないと。
強い瀬戸君の番手で仕事。
6 黒木 誠一
家計が苦しいので喜んで追加を引き受けた(笑)。
竹沢君とは5場所前の広島モーニングで連係して、上手く行かなかった。
その分も頑張ってくれるでしょう。
7 市川 健太
中2週間だけど、地区プロの役員とかもあったから。
宇都宮ミッドは若い子が強かった。
やり合う気持ちが最初からなく、静岡の菊池君の優勝でした。
その辺りが僕らの世代とは違いますね。
来年の立川記念から概定が変わり、注目されますね。
僕は選手会の支部長として、イベントの手伝いです。
選手としては和歌山記念から。
長い距離をもがく事も考えて自力勝負。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。




 
ページトップへ
   
コンビニのコピー機で前橋競輪の出走表が無料プリントできる!
コンビニで前橋競輪の出走表が無料でプリントできます!!


全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
前橋競輪の出走表が無料でプリントできます!!


通常開催時
前検日17:00頃から、初日以降は開催日前日18:00頃から

ナイター開催時は
前検日17:00頃から、初日以降は開催日前日22:00頃から

ミッドナイト開催時は
前検日17:00頃から、初日以降は開催日当日の10:00頃から


ぜひ、ご利用下さい!!




操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin22


ページトップへ 
   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

競輪創生期の映像

ドキュメンタリー番組の名作『映像の世紀』をたまに見返すのだが、登場する歴史上の傑物がすでにこの世にないことよりも、「重要な脇役」に配された生き生きと泣き笑いしている市井の男女がとっくに死んでしまっているという時空の経過を、みぞおちの附近に鈍く感ずる。
競輪創生期の白黒のフィルムが再生され、興奮するファンの姿が画面に映ったりすると似た感情が起こる。
Eさんは私より約十年長で、競輪を初めて見たのは十八ぐらいだと云っていたから、昭和四十年ごろということになる。競輪発祥が昭和二十三年、Eさんの誕生した年もおなじくらいだから、Eさんと競輪はほぼおなじ「年齢」だったのだ。そのEさんが突然逝ってしまった。数日前に電話で話したばかりなのに――。
先月のSさんといい、団塊の世代の競輪党を次々と鬼籍に入れるなんて、オイ、神様、ちょっと来いよ――!


ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925




ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2018年12月5日(水)・6日(木)・7日(金)

■開催場所
前橋競輪場

前橋競輪場

取り扱いネット新聞

販売新聞:アオケイ

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ