eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
青山彩

第61回オールスター競輪(GⅠ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

 
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

 
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
 
山内卓也
 
川村晃司 池田勇人 猪俣康一 小野俊之
川村晃司
池田勇人
猪俣康一
小野俊之

 
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

 
S級決勝インタビュー

浅井康太
お互い仕上がっている竹内君の番手へ。
ワッキーがいるけど、面白い走りは出来ると思う。
渡辺一成
山崎君が空いているけど、他地区の選手なので。
今回は地元のビッグだし気持ちだけで走っている。
2連覇を目指して自力で優勝を狙う。
古性優作
脇本さんの番手へ。
この3人の並びは初めて。
高松宮記念杯で脇本さんに離れている。
調子は良いので、きっちり仕事をやりたい。
竹内雄作
昨年の決勝で、ファンに迷惑をかけている。
それが頭に残っているし、リベンジの場でもある。
ワッキーが相手だけど、チャレンジャー精神で積極的に走る。
村上義弘
ドリームに選んでもらったし、責任を持って走っている。
今の脇本君は走りに自信も出ているね。
若い2人に前を任せて近畿の3番手。
金子貴志
改修工事が終わり、バンク練習が出来る様になったので。
それと高地トレーニングの成果も出た。
中部で結束して3番手。
脇本雄太
古性君の申し入れもあったが、数秒で却下。
お互いの持ち味があるし、スタイルを崩してまで優勝したくない。
まだ煮詰めたい面もあるけど、勝負出来る状態。
中部勢との主導権争いだが、勝つ走りをやりたい。
山崎賢人
山田さんの失格もあるし、素直に決勝進出は喜べない。
単騎になるけど自力勝負。
中村浩士
何の迷いもなく一成君へ。
連係実績もある。
もちろん、何にも言わないし好きな走りで十分ですよ。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
四日目勝因敗因
   1RS級一般


1 和田 圭
結果的に怪我の影響はあったかもしれないが、自分では調子悪いと思っていなかった。
次の小田原記念は期待して下さい。
2 北野 武史
小嶋さんと共倒れなら、僕の立場では何にも言えないですよ。
偉大な先輩ですから。
3 椎木尾 拓哉
山本さんが行ってくれたし、車間を切りアシストした。
やはり自転車は合っていない。
何かあれば、もう1走、走れるみたいですね。
そう沢田支部長に聞きました。
4 笠松 信幸
小嶋さんなら仕方ないですね。
9番手で前と遠かった。
5 澤田 義和
先行の3番手だけど、椎木尾君が車間を切っていたから。
6 小嶋 敬二
ホームで中団の飯野君が行ってくれれば結果は違ったけど、あそこまで構えられては…
7 飯野 祐太
小嶋さんを警戒しながら3角から踏んだけど、車が出なかった。
8 山本 伸一
百点満点? いや、あれで押し切っていたら、言えるけどね。
最後の最後で失速して2着だったので。
9 大槻 寛徳
和田君が内のコースに入るかなと思ったけど、そのまま外に行った。
少し早いかなと思ったけど、僕が内に入った。
それがあったから、突き抜けたと思う。
 
   2RS級一般


1 松川 高大
突っ張るには早すぎるので…。
稲川さんの動きで、行けるチャンスはあったけど…。
2 橋本 強
コメントからも、稲川君は何かやってくると思っていた。
追い上げにしろ、自力にしろ。
その対処も出来ていたし、今日は松本君が本当に強かった。
4 佐々木 則幸
近畿勢の追い上げできつかったけど、きっちり、ラインの3人で決まり良かった。
5稲川 翔
後ろに三谷君もいたからアクションを起こしたけど、まだまだ仕上がっていなかった。
6 林 雄一
目標不在だし仕方ないですね。
先手、先手ラインと思っていたが。
8 河野 通孝
納得して松川君の3番手を回ったし、今日の展開では苦しかった。
9 松本 貴治
前2走も主導権を取れたけど、やっと2着に残る事が出来た。
それもラインの3人で決まり良かった。
もう1走出来る可能性もあるみたいだし、走れるなら最終日も頑張りたい。
 
   3RS級選抜二


1 小倉 竜二
まずは池田君が仕掛けてくれたから。
スピードを借りるレースを望んでいたし、あとは自分の脚の問題です。
3角から内に行き、冷静に走れば頭があったかな。
小松島記念の前にお寺に行った。
帰ってきてから、ご飯が美味しく、4キロ太った。
早くダイエットして元に戻さないと(笑)。
2 山崎 芳仁
初日みたいに、強引に位置を取りに行ったりせず、一回動いてシンプルに走ろうと。
その方が、僕らしいので(笑)。
あと1勝? いや、2勝も出来たし、もう満足ですよ。
3 柴崎 淳
叩きに行ったけど、鈴木君に併された。
やはり良い時の状態ではないですね。
4 鈴木 竜士
柴崎さんのカマシを併せて、池田さんの捲りも飛んできた。
力を出し切り、内容は満足ですが、あと少しですね。
5 山内 卓也
柴崎君のカマシに付いて行けず申し訳ない。
次は、きっちり付いて行きたい。
6 伏見 俊昭
山ちゃんには勝つ走りで良いと言ってあったし、あれで良かったと思いますよ。
7 牛山 貴広
今日も鈴木君が気持ちの入ったレースをやってくれた。
山崎さんの捲り追い込みは止められない。
8 高橋 陽介
自分が前では、ラインに貢献出来ない。
それで山崎さんと伏見さんの後ろを回った。
9 池田 良
後ろに小倉さんがいて、あのまま直線勝負とはいかない。
それでダメかと思ったけど、バックから仕掛けた。
 
   4RS級選抜二


1 大塚 健一郎
松岡君の組み立ては良かった。
結果的に、展開は関東勢に向いたけど…。
2 神山 拓弥
鈴木さんが作戦通りに踏んでくれた。
一旦、突っ張れば、展開が乱れるので。
一番嫌なパターンは、九州勢に斬られ、そこを渡辺君が一気に行くレースだった。
3 渡邉 雄太
思った以上に、松岡さんに踏まれたし、きついレースになった。
4 海老根 恵太
2角から渡辺君を追い掛けるレースになったけど、まだまだですね。
5 湊 聖二
松岡君も大塚君もお互いの仕事をしていたし、結果は別として納得ですよ。
6 松岡 貴久
体は反応しているし、最近では一番良いけど…。
調子良すぎて、動き過ぎたのが失敗ですね。
ただ、今日は先行と決めていたし、渡辺君に叩かれてショックと書いておいて下さい(笑)。
7 内藤 秀久
あのタイミングで、大塚さんが持って来るのは分かっていたけど。
どうあれ、マークを外したし、まだまだ未熟。
8 池田 憲昭
決めずとコメントしたけど、まずは関東の後ろでも良いかなと。
それが3着に入れた要因。
9 鈴木 庸之
神山君が立てた作戦通りと言うのは真っ赤な嘘(笑)。
結果オーライのワンツーだった。
下から4番手に飛び付くのはきつかったし、大塚さんがブロックし、隊列が乱れたのも大きかった。
その後は海老根さんの仕掛けを追う感じだった。
そこまで、読める訳ないでしょ(笑)。
   5RS級特選二


1 山田 久徳
まずは石塚君が行ってくれたので。
僕も後ろが稲垣さんで責任のある位置だった。
ワンツーが決まり、ホッとした。
2 太田 竜馬
相手は2段駆けだし、8番手からの巻き返しではきついですね。
3 岡村 潤
郡司君は良いタイミングで行ってくれた。
山田君が番手から出る前のホームからだと思っていた。
彼の力があったから、僕は3着に突っ込めた。
5 稲垣 裕之
うん、また出直しですね(苦笑)。
ファンからすれば、あの展開では抜かないと納得しないでしょうから。
後輩のおかげだけど、すみません。
6 近藤 龍徳
どう走っても7着は7着だと山内さんに言われました。
志智さんが太田君に行くなら3番手と思っていましたが…。
7 郡司 浩平
一旦、志智さんと絡んだのも痛かった。
あれなら最初から近畿の4番手にいてくれた方が組み立てやすかった。
近畿の2段駆けにやられたけど力負けです。
8 石塚 輪太郎
後ろが京都の偉大な先輩の2人。
主導権を取る自分の走りに徹した。
ワンツーに貢献出来て良かった。
9 志智 俊夫
切り替え、切り替えだったし、あれで良かったと思う。
初手で近畿の後ろにいれば良かったと言う意見も分かりますが。
   6RS級特選二


1 吉田 拓矢
吉沢さんとの連係は4度目でした。
今日は失敗したし、次は決まる様に頑張りたい。
清水君のペダルが入り、2角では落ちそうになった。
2 松谷 秀幸
怪我明けで、要所、要所の動きが危なくて怖かったですよ(苦笑)。
展開のもつれが大きかったし、脚より、そっちですね。
3 村上 博幸
清水君とは初連係だったけど、良い物を持っている。
これから更に強くなると思う。
4 伊勢崎 彰大
まだ山賀君は動けるからね。
だから、こんな時に点数は関係ない。
それで南関3番手で折り合った。
バックから吉沢君と併走になり。
5 吉澤 純平
清水君が持ってきて、吉田君も危なかった。
落ちてもおかしくない展開だった。
それを回避してからの、仕掛けだし3着で精一杯だった。
6 阿部 拓真
怪我で体は痛い。
あれは、イン捲りのつもりでしたが。
初手の並びを見て清水君の3番手からだと思った。
7 清水 裕友
初手で阿部さんも付いている感じだった。
茨城が2段駆けだし積極的に攻めようと。
レース後は、村上さんから色々とアドバイスをもらえた。
8 山賀 雅仁
5ヵ月ぶりの1着で、その前もいわき平だった。
怪我明けだし勝つ自信はなかったけど。
成清さんに冷やかされるけど、たまには新聞記者さんの前で一杯話させて下さい(笑)。
9 長島 大介
吉田君にも吉沢さんにも世話になっている。
あれでは、吉田君も巻き返すのが厳しいですね。
   7RS級特選一


1 根田 空史
だいたいセオリー通りの走りが出来た。
1番車だし、前を取り突っ張りか引いてのカマシ。
二次予選の負け方は悔しいけど、師匠の中村さんにセッティングを出してもらってから、かなり良いですね。
2 桑原 大志
いつも昌己君には世話になっているし仕方ないですよ。
3 木暮 安由
組み立ては良かったけど、そこから仕掛ける勇気がなかった。
悪いなりに頑張れている感じです。
5 井上 昌己
実質根田君の先行1車。
それで位置取りに失敗しては…。
6 小原 太樹
千葉勢と別線と言った以上、仕掛けようと。
だけど根田君が掛かっていて強かった。
3番手を回らなかったのは僕の我が侭です。
7 近藤 隆司
踏み出しは少し危なかったけど、その後は冷静に走れた。
なるべく1本棒の時に、貯金を作ろうと。
根田君が強かったけど、僕も仕事が出来た。
深谷君や、竹内君を使う時の同期浅井君みたいになりたい。
8 芦澤 大輔
もちろん、もうワンテンポ早く木暮君が仕掛けてくれれば面白かったけど。
ただ、前回の福井記念で2勝させてもらっているからね。
9 吉田 敏洋
自転車の感じも良くないし仕上がっていない。
目標不在のレースでは、尚更きつい。
   8RS級特選一


1 三谷 竜生
まずは野原君の頑張りが大きい。
慎太郎さんとも、直前、長野のしらびそ高原で一緒に練習をやった仲なので。
2 佐藤 慎太郎
近畿の選手は競輪を知っているね。
多分、北日本と違い、先輩の教えが良いのだと思う(笑)。
天田君にも世話になった事があるけど、三谷君とは合宿仲間なので、そっちを選んだ。
3 松浦 悠士
位置を取って、そこから何にもやらない訳にはいかない。
後ろに香川さんも哲男さんもいたので。
4 天田 裕輝
やはり、このメンバーで単騎は厳しいですね。
三谷君がスンナリの番手捲りですから。
5 野原 雅也
後ろが三谷さんと地元の慎太郎さんだし、いつも以上に気持ちが入っていた。
和田さんの巻き返しも見えたし、休める場所がなかった。
6 田中 晴基
和田君が早めに巻き返しに行ってくれたけど、あの展開はどうにもならないですね。
7 香川 雄介
おぐさんと一緒に、デブ2人の写真を撮っておいて下さい(笑)。
今日はゴール前に、内を少し踏んだだけ。
8 和田 真久留
隠れながら仕掛けたけど、オーロラビジョンで野原君に見られていた(笑)。
9 渡部 哲男
だいたい、こんな展開になると思っていたし、想定通りでしたね。
まあ、5着ならば。
   9R



1 児玉 碧衣
ずっと大きいところは勝てないと思っていたし、石井寛子さんから「おめでとう!」と最初に言われた時に、ぐっときた。
なるべく、涙は我慢しようと思っていましたが。
勝てる時は、こんな感じだし、これで無冠の帝王も返上ですね(笑顔)。
これから地元の競輪祭、静岡グランプリと続く。
内容は良くないけど、一つ勝つ事により、これから大きなレースが出来ると思う。
応援してくれる人、私を支えてくれる人全てに感謝です。
 
   10RS級準決勝


1 浅井 康太
深谷君は深谷君のレースをやり、僕は僕のレースをやろうと思っていた。
だから最終バックまで余裕があったし、そこまでフォームのチェックをしながらだった。
2センターで、3着まで突っ込む手応えはあった。
2 古性 優作
まずは山中さんの時は一旦突っ張ろうと思っていた。
あとは、スピードの合った場所で勝負しようと。
一成さんより、先に仕掛ける脚があれば良かったけど、それは厳しかった。
シャイニングスター賞の激闘に疲れも残っていたから。
3 渡邉 一成
古性君はどこかに飛び付くと思っていた。
それが僕のところでなく、圭尚さんのところだった。
内に彼が入ったのは分かったし、外には持って行けなかった。
連日、新山君が良い走りをやってくれ恵まれている。
4 菊地 圭尚
作戦では、深谷君をふたをせず、赤板で新山君が飛び出す話しだった。
前に出てから、飛んでくる深谷君との勝負かなと。
どうあれ、俺の位置を古性君に狙われたし仕方ないですね。
6 渡邉 晴智
もう前に2人しかいなかったし、最後は少し夢を見ましたよ。
そう思った瞬間に浅井君が飛んできた。
やはり、そう考えたらダメですね。
7 深谷 知広
新山君にふたをされたし、8番手になったのが失敗です。
8 松岡 健介
古性君は何をやるか分からない。
だから、走る前から変な緊張感があった。
9 新山 響平
なるべく飛び付かせない様に行ったつもりだが…。
一成さんの勝利に貢献出来たけど、圭尚さんまで3人で綺麗に前に出たかった。
 
   11RS級準決勝


1 平原 康多
これからは脇本の一強時代ですよ(笑)。
原田君が突っ張り、その上を軽く行ってしまうのだから。
原田君が突っ張った時は、ワッキーに来るなと思いましたよ。
俺もスイッチしてから仕掛けたけど1車も出なかった。
最後は、ふらふらでしたね(苦笑)。
2 原田 研太朗
突っ張って、脇本さんを併せ様と思ったけど、全然スピードが違いましたね。
3 脇本 雄太
受けて立つ立場ではないと思っている。
もちろん、嫌がらせみたいに早駆けされる事もあるけど。
あまり、褒められ、持ち上げられると相手に異常に警戒される。
これが終わると、月曜日からアジア大会に向かう。
優勝しても、美味しいお酒を飲みに行けない。
ブノワに怒られるし(笑)。
4 菅田 壱道
2角で行けば、決勝に乗れていたかも。
ただ、勝ちたい気持ちが強く、そこで仕掛ける事が出来なかった。
5 中村 浩士
どこかワンチャンスに賭けていた。
それが、最後の直線だと思ったし、コースが空いて恵まれた。
6 新井 秀明
G1の準決は2度目だし、良い勉強になりました。
熊本に移籍してからは初めてでした。
7 諸橋 愛
最後は、平原君が内に行き、更に僕が内に行くレースになったけど、あれ以上突っ込むと、落車になるので。
8 和田 健太郎
先輩の中村さんが決勝に乗ってくれたし、3番手を固めた甲斐はありましたよ。
9 村上 義弘
オッズを見ても、最低でも脇本の2着と思っていた。
ダッシュが凄かったし、確定板に載るので一杯だった。
 
   12RS級準決勝


1 成田 和也
(落車し棄権)。
2 武田 豊樹
(落車し棄権)。
3 山田 英明
(2着失格)。
4 竹内 雄作
苦手な捲りになったけど、落ち着いて走る事が出来た。
アクシデントがあったのは、すぐに分かりました。
5 神山 雄一郎
(落車し棄権)。
6 金子 貴志
踏み合いを覚悟して、竹内君は仕掛けると言ってくれていた。
結果的に捲りになったけど、その気持ちがあったから、ワンツーが決まったと思う。
7 園田 匠
(落車し棄権)。
8 山崎 賢人
自分の仕掛けるタイミングが遅かった。
それが山田さんのアクシデントに繋がったと思う。
決勝進出は嬉しいけど、それは申し訳ないですね。
9 新田 祐大
(落車し棄権)。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
ガールズドリームインタビュー

児玉碧衣
ファン投票1位。
応援してくれる人、全てに感謝。
直前の練習でベストタイムが出た。
自分からレースを動かし、勝つ走りをやる。
高木真備
スピード練習を中心にやり、最近の中では一番の状態。
他のコレクションよりグレードは高いし、特別な気持ちで頑張る。
昨年、勝っているから良いイメージがある。
自力で力を出し切る。
石井寛子
競輪学校に行っている子が帰ってきているから、一緒に練習をやってきた。
昨年のアルテミス賞を勝ってから、いわき平は良いイメージがある。
自分らしい走りをやるだけ。
梶田 舞
勝ちに拘る時と、自力を出す時が半々ぐらいですね。
もう松戸サマーナイトの怪我の影響はない。
前々に攻めて優勝だけ目指す。
奥井 迪
調子は良くないけど、みんな私の先行に期待して選んでもらえたと思う。
直線が長く先行は有利でないけど、積極的に攻めたい。
石井貴子
ここまでは順調に調整出来た。
普段やっている事を、この大舞台でやるだけです。
山原さくら
選手になって一番の成績。
これを、こう言うビッグで、どう結果を出せるか。
自分らしく、自力で勝つ走りです。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
三日目勝因敗因
  1R S級一般



1 稲川 翔
今の状況では、これしか勝てないと言う展開だった。
山本さんの仕掛けが決まりゴール前勝負で。
鎖骨の関係で休んでいたし、この1着はホッとした。
2 佐々木 豪
まだG1で勝つのは早いと言う事でしょう。
順番が来たから、あのタイミングで仕掛けた。
3 大槻 寛徳
普段の早坂君なら行ってしまう展開。
僕も踏み出しは口が空いた。
3着だけど理想は2着まで突っ込みたかった。
4 早坂 秀悟
(レース後に山崎芳仁と話しながら)もう少し、待ってからでも良かったですかね…。
5 坂口 晃輔
永井さんが後方になったし、チャンスがなかった。
6 小野 大介
地元のビッグだし、もう少し活躍したかったですね。
残念なシリーズでした。
7 山本 伸一
位置を取り、シッカリ仕掛ける事が出来た。
稲川君なら差されても納得ですよ。
8 永井 清史
次の地元岐阜記念に向けて、また練習をやりたい。
一次予選で金子さんの勝利に貢献しただけですね。
9 筒井 敦史
佐々木君のスイッチが完全に入った。
あれは止められない。
もう一つのラインを出さしても良いかなと思ったけど。
  2R S級一般



1 志村 太賀
怪我が続いたし、無事終わって良かった。
桐山さんの仕掛けに僕も稲村さんも離れていました。
2 川村 晃司
中井君が叩かれてからの動きがダメでしたね。
出直してきますよ(苦笑)。
3 橋本 強
絶妙のタイミングで伊藤君が行ってくれた。
有り難いですね。
もう少し残せれば良かったですが。
4 中井 太祐
出てから流したところを、伊藤君に行かれた。
川村さんと中野さんに申し訳ない。
5 三宅 達也
怪我の影響で、ラインで走ると迷惑をかける。
だから一人で走った。
9、9、7着だったけど、次、頑張ります。
6 伊藤 裕貴
とにかく風が強く、出てからもう一杯。
4角から50キロぐらい減速した感じ(笑)。
それでも後ろの橋本さんが1着だったので。
7 稲村 成浩
桐山君が頑張ってくれた。
最後はコースも空いたので2着まで突っ込めた。
8 中野 彰人
今回は連日3番手回りで、色々と勉強になった。
9 桐山 敬太郎
番手も考えたけど、川村さんまで通り過ぎたのでやめた。
早めに引き態勢を立て直そうと思ったけど、前に流されたので。
  3R S級選抜一



1 中川 誠一郎
う~ん、ダメな時の僕になっている(苦笑)。
松阪記念で池田君に競られている? レースだから、そう言う事は気にしていない。
2 和田 圭
展開もあるけど、怪我明けだし、自分の調子にも問題があるから。
3 長島 大介
横山君には昨年の久留米記念で、優勝を取らせてもらっている。
今日も行ってくれたし感謝で一杯。
相性と言うのはあるんですね。
4 永澤 剛
自分だけのレースになり、後ろの和田君に申し訳ない。
5 池田 良
落車のダメージがかなりあったし、ここまでやれるとは思っていなかった。
新車の感じが良いし、体が良くなれば、もっと成績が上がると思う。
6 横山 尚則
実質中川さんとの2分戦。
良い感じで駆ける事が出来たけど、ゴール前で一杯になってしまった。
7 椎木尾 拓哉
先行選手みたいな組み立てでしたね(笑)。
最低でも3番手と思っていた。
あれで車が出れば良かったけど、そこまでの調子でない。
一次予選で南君に千切れているぐらいなので。
8 佐々木 則幸
9番手で遠かったですね。
だけど誠一郎君に好きに走ってもらったので。
9 澤田 義和
椎木尾君は捲りの作戦と言っていた。
風がなければ、スピードの乗りも違ったと思う。
  4R S級選抜一



1 飯野 祐太
ホームの動きが中途半端だった。
突っ張るのか、番手なのか、中団なのか…。
結果的に、もっと踏んでおけば南君の番手にスッポリでしたね。
2 南 潤
初手はどこでも良いと思っていた。
だから取れた位置から。
後ろが離れたのは分かったけど、そこからのスピードも僕自身良くなかった。
だから自分の責任です。
3 大塚 健一郎
良い時の松岡君のスピードだった。
南君を軽く捲ってしまうのだから強いね。
4 海老根 恵太
3着だけど、何にもやっていないし流れ込みですよ(苦笑)。
5 笠松 信幸
ホームで飯野君がもっと踏んでおけば面白かったですね。
6 松岡 貴久
一次予選で南潤君と対戦。
彼の同期の山崎賢人君から、相当強いよと聞いていたけど、そうでもなかった。
確かに番手に嵌り、そこから仕掛ける事も出来ず、彼も抜いていない。
ただ、選手にしか分からない手応えを掴んでいた。
ある程度、展開の味方があれば、勝つ自信はありました。
今日で欠場する誠一郎さんの分も頑張りたい。
7 北野 武史
南君がダッシュ戦になり、僕も三谷君もきつかった。
8 三谷 将太
南君とは岐阜F1で連係し2回抜いているけど…。
今日のダッシュはきつかった。
9 白戸 淳太郎
海老ちゃんだけでも3着に届いて良かった。
僕は人数合わせなので(笑)。
  5R S級選抜一



1 吉澤 純平
接触して車体故障もあったけど、力を出し切る事が出来なかった。
2 野原 雅也
3車だし攻める気持ちがあった。
このメンバーで主導権を取れただけでも。
3 郡司 浩平
前も掛かっているし、外外を回され、車も出なかった。
4 清水 裕友
入れ替わり、立ち替わりで、こんなレースになると思っていた。
3番手に入ったけど、捲る余裕はなかった。
5 中村 浩士
バックで車体故障もあったし、大波、小波が押し寄せてきた。
かなり危ないレースだったけど、冷静にコースを突いた。
先に成田君がコースをこじ空けていたのも大きかった。
6 松岡 健介
踏み出しで口が空いたけど、野原君が行ってくれたおかげ。
絶好の展開で恵まれた。
7 成田 和也
途中で吉沢君の車体故障は分かった。
2センターぐらいから自分で切り開くレースになった。
危ないとは思ったけど、あそこは勝負どころなので。
8 東口 善朋
野原君のカマシに3番手で付いて行けなかった。
自分の責任ですね。
9 桑原 大志
我慢して清水君の内かなと思ったら、もう成田君が内に入ってきた。
あとは自分の技術と脚の問題。
  6R S級選抜一



1 園田 匠
最後は見苦しいレースになったけど、これも持ち味なので。
自転車も壊れたけど、執念深い走りは出来ました。
2 吉田 敏洋
初日の感じが悪かったので、自転車を変えた。
練習では使っているけどレースでは初めて。
今の深谷君は付いて行けるかどうか。
ナショナルチームに入ってから異次元のダッシュ力になっている。
3 岩津 裕介
(落車し棄権)。
4 田中 晴基
最後、内に入ったのが失敗ですね。
松浦君と岩津さんの間なら3着はあったかも。
5 山崎 賢人
正直、一次予選で井上さんに抜かれたのは悔しかった。
今日はもっと楽に駆けさせてもらえるかなと…。
恵まれの2着だし、準決はもっと積極的に。
6 阿部 拓真
(落車も再乗)。
7 松浦 悠士
最高のタイミングでインを切れた。
思ったより、深谷君と車間が空いてしまった。
岩津さんも仕事をしてくれたし、3着に残りたかった。
8 山賀 雅仁
(落車も再乗)。
9 深谷 知広
ドリームで何にも出来なかった。
その分、今日は力を出し切ろうと。
吉田さんと決められなかったのは残念です。
 
   7RS級二予選


1 浅井 康太
良いタイミングで竹内君が行ってくれたし、強かった。
深谷君も竹内君も仕上がっているから、準決も楽しみ。
僕も悪くない。
2 渡部 哲男
あれでハラケンを差せれば3着。
死ぬ気で踏んだけどね(笑)。
3 松谷 秀幸
組み立ては良かったし、合った場所で勝負しようと思っていた。
だけど、怪我明けで、G1で勝負出来る脚でなく…。
5 竹内 雄作
1日休んで疲れも取れていた。
見ての通りで悪くはないし、準決もクリア出来る様に準備しておく。
6 近藤 龍徳
分かっていても離れてしまった。
きちんと、竹内さんと浅井さんに付いて行ければ3着だったのに。
7 天田 裕輝
展開待ちだし、後方になったのが敗因ですね。
8 芦澤 大輔
一次予選は天田君とワンツー。
ただ。
今日は僕らに流れが向かなかった。
9 原田 研太朗
竹内さんが掛かっていたから届く自信はなかった。
バックでもかなり遠くに見えたので。
この3着は大きいですね。
 
   8RS級二予選


1 香川 雄介
太田君が行ってくれたけどね。
逆にああ言う、4角番手の展開は得意でないけど、脚がなかった。
2 菅田 壱道
中団で脚を使うより、5番手ぐらいでフリーになる方が良いと思っていた。
それぐらい、今はタテの脚には自信があるので。
4 山田 久徳
踏み出しで三谷君に離れているし、まだまだですね。
迷惑をかけてしまった。
5 菊地 圭尚
どこで菅田君が行くか分からなかった。
僕の場合、タイミングだけだけど、1コーナーぐらいから、突っかかっていた。
理想は、あと一歩、二歩の伸びが欲しい。
6 伊勢崎 彰大
今日は、これから近藤君と2人で反省会(笑)。
俺も6割ぐらいの脚しか使えなかった。
7 太田 竜馬
風も強くて、掛かり切らず流れなかった。
見ての通りの先行でした。
8 金子 貴志
離れた山田君もキッチリ追い上げていた。
その後ろで脚を溜める事が出来たので。
最近の中では一番良いですね。
9 近藤 隆司
伊勢崎さんと作戦通りの走りが出来なかった。
悪くはないけど、G1の二次予選は違いますね。
 
   9RS級二予選


1 稲垣 裕之
今の脇本君のダッシュは昔と違う。
ナショナルチームで猛練習をやっているし、僕らも対応策を考えないと。
今日は離れてすみませんでした。
2 和田 健太郎
初手の並びから全部、山中君と作戦を考えていた。
こう言うスピードレースになると良い走りをやるね。
最後は無理に差さなくても良かった? いや、そんな事はないですよ(笑)。
3 吉田 拓矢
脇本さんのスーパーダッシュを併せる脚がなかった。
木暮さんに申し訳ない。
4 志智 俊夫
ワッキーは強いね。
僕は遅れていたところを、木暮君に捌かれてしまった。
5 山中 秀将
自分に展開が向いたのもあるけど、調子自体もかなり良いので。
もちろん、それ以上に脇本君が強かったですが。
6 小原 太樹
3角から和田真君から切り替えて自分で踏んだけど届かなかった。
7 木暮 安由
あのスピードをワッキーに出されると、僕らはどうにもならないよ。
吉田君が頑張ってくれたけど。
8 和田 真久留
ジャンでは突っ張るぐらいの気持ちはあったけど…。
全くレースをさせてもらえなかった。
9 脇本 雄太
昨日のレース後に、クランクを変えて、セッティングをいじったら見違える様に良くなった。
風も気にならなかったし、タイム以上にスピードも出ていたと思う。
 
   10RS級二予選


1 新田 祐大
作戦的には、早めに行くか、遅めに行くかだった。
ただ、今日はあまりにも遅く自分だけのレースになった。
慎太郎さんと豪快に決めたかったし慎太郎さんにもファンにも申し訳ない。
2 新井 秀明
ゴールした瞬間も3着か4着か分からなかった。
オーロラで確認したけど逆光で見えず。
まだ埼玉にいた頃に、岸和田ダービーの準決を走っている。
これでも85期、在校ナンバーワンなので(笑)。
3 根田 空史
2、3、4着争い。
それで微差、タイヤ差負けての4着。
力は出し切ったけど、最後は失速した。
4 渡邉 晴智
あそこから行ってくれた根田君のおかげ。
ゴール前は必死だし、何着か分からなかった。
風がなければ、普通に根田君は残っていたと思う。
5 村上 博幸
石塚君と2車で厳しかったし、良いタイミングで根田君にカマされてしまった。
6 石塚 輪太郎
残り2周半から押さえに行ったので、あそこは踏めなかった。
2車でなく3車なら結果は違ったけど。
7 佐藤 慎太郎
うん、悔しいね。
菅田と圭尚はワンツー、成田君も勝ち上がっている。
それで俺は…。
引退してディリースポーツの評論家になる道もあるけど、まだまだ現役で頑張りますよ(笑)。
9 井上 昌己
メンバーを見た時は、やれそうな予感はありましたが…。
 
   11RS級シャイ


1 渡邉 一成
全く捲られる感じはしなかったし、新山君が掛かっていた。
地元だし今日は1着を取る事しか考えていなかった。
2 平原 康多
今日は失敗レース。
準決は修正して。
今、脇本君に自転車とか見てもらっているし、その彼との対戦は楽しみ。
3 村上 義弘
作戦は全て古性君任せだった。
位置も取ってくれたし、そこから仕掛けてもくれた。
その結果が2着。
準決は脇本君に頑張ってもらう。
4 新山 響平
一成さんの勝利に貢献出来たし、今日はペースで駆ける事が出来た。
最後は失速したけど、みんなに良い先行だと褒めてもらえた。
準決も一緒だし積極的に攻める。
5 山田 英明
新車の感じがあまりにも良くない。
違和感しかなかった。
それがジャンで踏み遅れた要因のひとつ。
だから高松宮記念杯で使っていた時のフレームに戻す。
6 古性 優作
本当はやりたいレースがあった。
だけど、後ろ攻めになったので、こんな走りになった。
位置は取れたけど、そこからがきつかった。
7 武田 豊樹
平原君も前受けで厳しかったと思う。
新山君がカマシ気味だったので、内の分、好位に飛び付けなかった。
彼の力があれば捲ってしまうと思ったけど、前も掛かっていた。
8 神山 雄一郎
9番手だし、今日は見ての通りですよ(苦笑)。
準決は武田君と2人だし決まる様に頑張りたい。
9 諸橋 愛
最後は武田さんが内なら外、外に行けば内に行こうと思っていた。
今日は新山君が掛かっていた。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
シャイニングスター賞インタビュー


渡辺一成
ここで連係もあるし、優勝も取らせてもらっている新山君へ。
お互い、力を出し切る走りをやりたい。
平原康多
関東の一番前で自力勝負。
全てが噛み合い良い方向に向いてきた。
みんなにチャンスのある仕掛けをやりたい。
村上義弘
近畿ラインで古性君の番手へ。
彼はタテ、ヨコ何でも出来るので、本当に心強い。
新山響平
一成さんと2車だけど積極的に攻めたい。
オリオン賞のレースは自信になりますね。
山田英明
単騎で。
これから、こう言うレースも増えると思う。
どう対処すれば良いか勉強したい。
古性優作
レース前にヒラメキで乗り方を変えたらバッチリだった。
村上さんと決まる様に前々に攻めたい。
武田豊樹
関東結束で平原君の番手へ。
怪我明けで不安はあったけど、思ったよりやれそうだ。
神山雄一郎
関東でまとまる事になったので4番手。
新山君が行ってくれ恵まれたけど、それなりに戦える状態です。
諸橋 愛
神山さんの了解も得られたので関東の3番手。
悪い流れは全て断ち切れたと思う。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
二日目勝因敗因
  1R S級選抜一



1 柴崎 淳
風の強い中、同門の伊藤君が頑張ってくれた。
なるべく、残したかったけど、あれ以上はきつい。
人気だし山内さんと決まり良かった。
2 芦澤 辰弘
横山君が叩けなかったからね。
なるべく、内に早く降りるのを我慢した。
連日、同じ様な展開だけど、僕も脚がないので。
3 佐々木 豪
何がやりたかったのか分からないレース。
これでは橋本さんに怒られても仕方ないですね。
4 内藤 宣彦
初手の並びからも、中部勢の2段駆けが見込めるので、その動きに乗った。
同じ北日本地区の大会だけど、アウエーみたいで、きついメンバーだった(苦笑)。
5 稲村 成浩
横山君と芦沢君の動きを見ながらのレースだった。
ちょっと、展開が向かなかったですね。
6 伊藤 裕貴
佐々木君に警戒されたけど、主導権を取る事が出来て良かった。
後ろのワンツーに貢献出来たし、明日1本走って帰りますよ。
7 山内 卓也
これで最終日まで走れそうですね。
三重2人の絆が出る走りでした。
8 横山 尚則
叩けなかったし、完全に力不足。
芦沢さんと稲村さんに申し訳ない。
9 橋本 強
う~ん、佐々木君は何をやりたかったのかな(苦笑)。
気持ちとしてはシビアにホームで切り替えたかったけど、僕はラインを大切にしているので。
  2R S級選抜一



1 牛山 貴広
相手が来るタイミングで鈴木君が踏んでくれた。
あれでは他の自力選手は厳しいですよ。
今回の彼は、かなり良い走りをやっているね。
2 坂本 亮馬
連日、内に行くレースだけど重たい。
組み立ては自分らしいけど、そこからの脚が問題。
3 川村 晃司
山本君が浮いていて、バックを踏んでから自分で仕掛けた。
その分、車が出なかったですね。
4 河野 通孝
亮馬君に内を掬われたのが致命的になった。
このクラスはスキがないですね。
5 山本 伸一
緩んだところを行く作戦だったけど、上手く鈴木君に駆けられてしまった。
6 中野 彰人
7着でした。
今日は京都の先輩に任せていたので。
7 湊 聖二
亮馬君が内に行くのは分かっていた。
そこから、どうコース取りをするかだった。
内に行ったら詰まるので外に回した。
ちょっと怖いレースでした(笑)。
8 友定 祐己
2センターでは前が4車併走になっていた。
危なかったけど亮馬君が前々に攻めてくれたので。
9 鈴木 竜士
最後は牛山さんに残してもらったけど、3着一杯だった。
連日、駆ける事が出来ているし、後は末の粘りですね。
  3R S級選抜一



1 渡邉 雄太
3車の利もあるし、今日はペースで駆ける事が出来た。
前回の落車で顔面から落ちたけど、練習は出来ていたので。
残りのレースも逃げ切れる様に頑張りたい。
2 鈴木 庸之
志村さんからも調子が悪いから、捲り差しで良いと言われていた。
平原さんからも同じ様なアドバイスをもらった。
自分だけのレースだったし、あれをやるなら頭まで行きたかった。
3 筒井 敦史
3角では前が団子だし、松川君が行けると思ったけどね。
4 松川 高大
最後、落車があり、それが気になってしまった。
悪くはないし、もう少し色々と噛み合えば。
5 成清 貴之
渡辺君が強かったね。
俺? 岡本君にハウスされてから抜きに行ったので、伸びなかった。
そこを鈴木君に強襲された。
6 岡本 総
(落車し失格)。
7 志村 太賀
(落車棄権)。
8 五十嵐 力
とにかく3番手のレースだし、内を締めていた。
ラインに貢献出来たし、渡辺君が勝ってくれ良かった。
  4R S級選抜一



1 齋藤 登志信
地味に伸びている? そんな事はないですよ(笑)。
今日も早坂君には好きに走ってもらった
2 桐山 敬太郎
先行するか半分腹をくくったところで、取鳥君が内から掬ってきた。
そこから冷静に中団。
小倉さんのブロックも凄かったけど、思った以上に車が出なかった。
捲り追い込みなら別の結果だったけど、後ろに2人いるので。
3 取鳥 雄吾
久々にもがいた。
あまりにも苦しく、敢闘門に戻って来る前に吐いてしまった。
そんなところで吐くなと岩津さんに怒られましたよ(苦笑)。
やはり小倉さんの仕事ぶりは流石ですね。
あれなら2周でも3周でも行きたくなる。
4 早坂 秀悟
取鳥君をふたしていた。
まさか、桐山さんが、あそこで内を空けるとは…。
5 内藤 秀久
桐山君のスピードを上手く借りる事が出来た。
同じマーク屋として、小倉さんの走りは勉強になりますね。
6 小野 大介
連日、後方になっているけど仕方ないですね。
8着、8着だけど残りの1走は良い着を取りたい。
7 小倉 竜二
前の取鳥君も後ろの高原君も良い仕事をしてくれた。
一発で止めるのでなく、もっと桐山君を泳がしておいても良かった。
ビデオで見たら、ブロックの必要もないぐらい取鳥君が掛かっていた。
最後は、ワンテンポ、抜きに行くのが早かった。
8 林 雄一
うん、6着かあ…。
あと1走して帰りますよ。
9 高原 仁志
小倉さんが仕事をしやすい様に内を締めていた。
その分、伸びなかったけど、連日前が頑張ってくれるので。
  5R S級選抜一



1 小松崎 大地
もう自在にやって行くつもりだが、今日はあのタイミングで行くのがベストだと思った。
あれで、距離が長かったと言い訳は出来ないし、自分に力がなかっただけ。
2 小川 真太郎
今の状態で先行で勝つのは無理。
ぶっつけ本番で出場したので。
鎖骨骨折の事を考えると、今日はやった方でしょう(笑)。
前の忍者さん(坂口晃輔)がふらふら走っているので危なかった。
3 坂口 晃輔
小川君が中団取りのレースとは意外だった。
小嶋さんも外を踏むと思いましたが。
4 小嶋 敬二
永井ちゃんには、何度も行ってもらっているし、こんな日もありますよ。
5 山崎 芳仁
なるべく小松崎君を残したかったけど、伏見さんが先に踏んできたので。
伏見さんとワンツーで良かったけど、納得の1着ではない。
ただ、地元の多くのファンは喜んでくれた。
6 永井 清史
オーロラビジョンで確認しながら走っていた。
流していた訳ではないし、オーロラとタイム差があるから、小松崎君に気付くのが遅れた。
7 三宅 達也
小松島の落車が思った以上に酷かったので。
今の状況では、こんなもんですね。
8 伏見 俊昭
こんな形で山ちゃんと決まったのは久々ではないかな(笑)。
昔の名前コンビですね。
どうあれ小松崎君が行ってくれたおかげです。
9 池田 憲昭
昨日も今日も着以上に伸びている。
欲を言えば、伏見さんを抜きたかったですね。
  6R S級選抜一



1 松本 貴治
師匠の浜田さんとは2度目の連係だった。
ここまで僕が来れたのも師匠のおかげ。
バックが追い風だったけど、最後は一杯でした。
2 大槻 寛徳
高橋君が2角で行ってくれれば、面白い展開になったかも。
3 稲川 翔
中井君が先行態勢に入ったけど、何にもアシスト出来なかった。
申し訳ないですね。
4 堤 洋
最後は絶好調だと思い突っ込みましたが、5着でしたね。
5 神山 拓弥
自分の調子も悪くないけど、今日は杉森さんの良いスピードを借りる事が出来た。
6 高橋 陽介
実は2週間ぐらい前に練習中に落車した。
それで肩を痛めて靱帯が伸びている様な状態。
足で言うと、捻挫みたいな感じです。
まだ痛みはあるけど、今日は思った以上に伸びました。
7 杉森 輝大
前受けは作戦通り。
初日の感じから巻き返す自信はあった。
ただ、残念な事に浜田さんのペダルが入って車輪が壊れてしまった。
それがなければ1着だったと思う。
8 中井 太祐
勝負どころで松本君に叩かれたし、今日は力負けです。
9 濱田 浩司
松本君が前に出てからの動きがダメ。
もっと車間を切ったり、仕事をしないと。
普段の彼の力があれば、もっと残ると思った。
思った以上に脚を使っていたみたいですね。
今日は師匠の僕が反省です。
  7R S級一予選



1 田中 晴基
誠一郎さんが後方になったのはビジョンで確認出来た。
まずは4番手を取れたのが大きいし、車の出は悪かったけど、何とか届いた感じです。
2 中川 誠一郎
言い訳になるけど、番組的にきつかった。
本当は、8番手なら8番手で構えるレースの方が良かったかも。
ただ、良くなっているのは、ウイナーズカップでワッキーに自転車をいじってもらってから。
負け戦で残念だけど、また頑張ります。
3 飯野 祐太
昨年のオールスターみたいに緊張感はなかった。
ただ、人気の誠一郎さんを邪魔する様なレースで、結果的に心苦しい。
ダメでも、もっと前まで行かないと。
そこは反省している。
4 海老根 恵太
田中君には好きに走ってもらった。
僕に直線で伸びる脚がなかっただけ。
5 東口 善朋
石塚君のあの掛かりだと、捲って来るのは難しい。
なるべく前を残し、ギリギリまで待ってから踏んだ。
暑さに負けない様に、気持ちを強く持って走りたい。
6 三谷 将太
展開は良かったけど、番手と3番手の差があった。
怪我が続いているけど、それは大丈夫。
7 大塚 健一郎
どう走るかは誠一郎の判断だったので。
一番嫌な展開になった。
8 石塚 輪太郎
4分戦だけど実質僕の先行1車だし、流れが向いた。
バンクは重たかったけど、全開で踏んだ。
岸和田の高松宮記念杯は二次予選で失敗したし、今回はそれ以上の成績を求めたい。
  8R S級一予選



1 南 潤
初のビッグだったけど、力不足だった。
明日も走る事になるけど、勝てる様に頑張りたい。
2 白戸 淳太郎
和田君のスーパーダッシュに千切れなかったのは収獲ですね。
3 天田 裕輝
展開がラッキーだった。
南君の後ろが離れて、和田君も早めに巻き返している。
そこを溜めていた僕が一撃を食らわしただけです。
4 芦澤 大輔
4角手前で、だいたい大丈夫だと確信した。
天田君が強かったけど、前回の福井記念から手応えがあった。
5 澤田 義和
綺麗に3人で前に出られれば良かったですが…。
南君のダッシュが凄かった。
6 松岡 貴久
最近の成績を考えれば、見せ場を作った方でしょう(笑)。
まあ、少しずつ。
7 和田 真久留
南君の弾丸仕掛けをホームから行くのは勇気が行った。
ただ、前回弥彦記念の失敗が頭にあった。
3着だけど内容の濃い走りが出来たと思う。
8 佐々木 則幸
来月は地元のビッグの高知共同通信社杯がある。
それに向けて少しでも脚をアップさせたい。
今日は松岡君が前々のレースをやってくれたし、その気持ちだけで十分。
9 椎木尾 拓哉
南君の仕掛けに千切れて申し訳ない。
前にも後ろにも迷惑をかけてしまった。
  9R



2 長澤 彩
前団のごちゃごちゃに巻き込まれず、捲りのポジションを作れたのが大きい。
優勝するイメージは全く湧いていなかった。
昨年、石井姉妹にやられて悔しい思いをしたのも、今では良い思い出です(笑顔)。
3 石井 貴子
ここに向けて全てやってきたし、悔しい思いしかありませんねと言い、涙をポロリ。
5 小林 莉子
結果的に長沢さんが一番仕上がっていた。
自分は併走もあり、気持ちの余裕がなかった。
前に鈴木さんや尾崎さんがいたし、あの捲りは予想外でした。
6 尾崎 睦
車番的に後ろ攻めだと思っていた。
全ての動きが想定内だったし、自分に脚がなかっただけ。
先行して力を出し切れたし、次に繋がると思う。
7 鈴木 美教
2コーナーぐらいから、またやり直したいですね。
車間を切ると、石井さんに内をしゃくられる様な気がして。
絶好の番手だったし、悔し過ぎます。
  10R S級特選予



1 古性 優作
1着権利は意識せず、稲垣さんとワンツーになる事を考えて走った。
位置を取って捲れたし、今日に関しては納得のレース。
木暮さんの番手捲りの上を行けたのも大きい。
3 木暮 安由
1着権利だしシビアに番手捲りに行った。
だけど、古性君に踏み負けて完敗。
次に吉沢君と一緒のレースは番手でアシストしたい。
5 佐藤 慎太郎
コメントには出さなかったけど、ニュアンス的に関東の後ろと言ってあったと思う。
1着権利だし、凄く悔しいレース内容。
このバンクは内でなく外が伸びる。
古性君の外を踏むべきだった。
6 稲垣 裕之
気持ちの余裕はなかったけど、集中して走れた。
古性君の競走センスは抜群。
2着だと二次予選回りになってしまうけど、まずは彼とワンツーが決まった事を大切にしたい。
7 松谷 秀幸
怪我明けで仕上がっていなかった。
このままでは、二次予選はまずい。
理想は誰が考えても、古性君のレースですね。
8 吉澤 純平
3車になりそうだし、今日は最初から逃げる作戦。
誰が4番手に入るかのレースだったけど、一番強い古性君に入られてしまった。
その辺りも考えて走らないとダメですね。
9 香川 雄介
今日のレースでは感触は分からない。
2場所連続で落車しているけど大丈夫だと思いたい。
  11R S級ORI



1 諸橋 愛
今年の前半は苦しんだけど、やっと我慢した甲斐があった。
新山君が行ってくれたし、あそこのブロックは技術の見せどころ。
もちろん、紙一重で、誰かが落ちれば失格ですが。
2 脇本 雄太
赤板で誰かが押さえに来なかったのは、選手になって初めてぐらい。
それを突っ張れなかった、俺も、ひ弱い(笑)。
クランクの感じが良くないので、全部、取り替え、セッティングも見直す。
二次予選も厳しいメンバーだけど、自分らしい走りをやりたい。
外のアクリル板が見えたし、怖かったですよ。
3 原田 研太朗
太田君が行けなかったのは仕方ない。
ただ、諸橋さんのブロックで落ちなくて良かった。
4 太田 竜馬
原田さんと桑原さんに迷惑をかけるレースだった。
中団に入ったけど、諸橋さんのブロックも強烈だった。
5 桑原 大志
このクラスになると全然違う。
加速から、その後の流れも凄いから付いて行くだけで一杯。
6 神山 雄一郎
諸橋君が持って行った時に入ろうか悩んだ。
2センターは勝負どころなので。
ただ、あそこで我慢したのは正解でしたね。
7 新山 響平
主導権は取ろうと思っていた。
鐘前の2角からだし、思ったより楽に駆ける事が出来た。
8 村上 博幸
作戦的には先行の組み立て。
あそこで突っ張るかどうかは、脇本君の判断だったので。
9 園田 匠
最後のコース取りだけ。
桑原さんの違うコースを踏もうと思ったけど、そこで失敗した。
外でなく、内でしたね。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
初日勝因敗因
  1R S級一予選



1 山崎 賢人
特別競輪の1レース1番車のプレッシャーはなかった。
逆にファンが多く楽しめました。
小川さんの落車は残念だけど、練習仲間の昌己さんと決める事が出来て良かった。
2 南 修二
(落車し棄権)。
3 長島 大介
杉森さんも頑張ってくれたし、最後は落車を避けるので一杯だった。
4 杉森 輝大
8番手になったので、カマシに行ったけど力不足だった。
5 小川 勇介
(落車し棄権)。
6 岡本 総
(落車し再乗)。
7 井上 昌己
山崎君には、ハワイアンらしく、レイをプレゼントしましたよ。
練習みたいな感じで落ち着いて駆けてくれた。
かなり川村さんのスピードが良かったけど、そこは我慢してくれた。
南君が降りてこなければ、小川君も3着でしたね。
8 近藤 龍徳
落車した先輩に失礼だし、アクシデントがあったから勝ち上がったと言うのは…。
だから、自分が伸びたと書いておいて下さい(笑顔)。
9 川村 晃司
行けるスピードだと思ったけど残念。
3角で山崎君に併せられてしまった。
若い子相手に真っ向勝負が出来て良かった。
  2R S級一予選



1 坂口 晃輔
厳しい展開になりましたね。
だけど、柴崎先輩の後ろなら納得。
最後は、同期芦沢君と違うコースを踏もうと。
2 吉田 拓矢
負ける時は、いつもこんな感じですね。
赤板で遅れ、その後は内に行って…。
何とか勝ち上がったし、二次予選は今日の分も積極的に。
3 桐山 敬太郎
最後は、熊本のバンクかと思うぐらい、直線が長かったですよ。
飛び付くにしても、1角でスピードを上げておかないと。
まあ、吉田君がだらしない走りをやったので、僕が逃げる形になった(笑)。
4 松川 高大
本当は2角で行きたかったけど…。
桐山さんのローリング先行も上手かったし、逆に良い展開過ぎた。
5 柴崎 淳
ちょっと、吉田君を意識し過ぎたかな。
前でレースが始まってしまった。
6 小野 大介
自分で茨城勢の後ろを選んだ結果だし、仕方ないですね。
7 新井 秀明
前のレースで九州ワンツーだったし、良い流れをもらえた。
直線で突っ込む自分の得意パターンになった。
余裕はあったけど、松川君に当たらなければ、彼も3着だったかな。
そこは悔やまれる。
8 渡邉 晴智
もう展開、展開。
桐山君が男気を出して逃げてくれたおかげ。
見ての通りですよ(笑)。
9 芦澤 辰弘
う~ん、吉田君の番手だしシビアに成りきれなかった。
そこが失敗だし、自分の甘さです。
  3R S級一予選



1 清水 裕友
外併走から行くスタイルは嫌いでないけど、後ろの事を考えると、もっと早めに行けた。
そこは反省している。
2 小松崎 大地
脚を使って中団を取ったけど、清水君に降りられてしまい…。
あのまま行ってくれれば、先行争いでしたが。
3 山田 久徳
まずは中井君の頑張りのおかげ。
清水君が1車なので上手くスイッチ出来た。
最後は差し返したし、踏み応えはあった。
4 三宅 達也
前の2人を追えず、離れてしまった。
大きく離れた9着でした(苦笑)。
5 笠松 信幸
やはり山田君が仕事をしている時に、内を締めていたからきつかった。
6 高橋 陽介
地元の小松崎君に好きに走ってもらったし仕方ない。
5着でしたね。
7 岩津 裕介
清水君に離れたのが現実。
何とか3着を確保出来たけど、まだまだですね。
あと、どれぐらい修正出来るかですね。
8 中井 太祐
主導権取る、自分のレースが出来ただけでも。
あとは、後ろの山田さんも勝ってくれたので。
9 和田 圭
最後、岩津さんに踏み勝てれば良かったですが…。
悔しい4着ですね。
  4R S級一予選



1 近藤 隆司
1回切って、野原君を出させて先行争いを誘おうと。
ただ、松本君に突っ張られ、きつかった。
外に浮きかけたけど、後ろのアシストが大きかった。
野原君を追う形になったり、今日は色々な手助けがあった。
2 稲川 翔
う~ん、終始遅れていたし、久々でレース勘も悪かった。
走りながら、立て直すしか…。
3 渡部 哲男
あの距離を踏んでくれた松本君のおかげ。
最近は、嫌がらせされる展開が多かったけど、今日はスンナリだったので。
初めて番手を回ったけど、頼もしいね。
あと5年早く、彼らが出てくれば、俺の競輪人生も違った(笑)。
4 松本 貴治
引いてはダメかなと思い、千メートルをもがくレースになった。
結果は別として、力を出し切れたし、後ろの哲男さんも勝ってくれたので。
5 五十嵐 力
何度か近藤君を迎い入れたけど、僕より後ろの林さんの方がきつかったと思う。
近藤君の組み立ても間違ってはいないし、内を空けられない分、きつかった。
7 高原 仁志
愛媛勢が突っ張ってくれたけど、その展開を活かす事が出来なかった。
8 林 雄一
3番手は3番手なりの仕事がある。
ジャンで稲川君を決めるのに、かなり脚を使った。
9 野原 雅也
後ろに近藤さんが入ったのが分かった。
だから被る前に仕掛けたけど、あれで3着ではダメですね。
  5R S級一予選



1 志村 太賀
走る前から体が重たく、すでにオーバーヒートしていた(笑)。
これが調子悪いと言う事でしょうね。
絶好の展開だけど、やはり弥彦記念の落車が響いている。
2 松浦 悠士
あの展開の時、鈴木君は流す癖がある。
そこを根田さんにカマされるのが一番嫌な展開だった。
踏んでくれて助かったし、1着かなと思ったけど、今日は根田さんが強かった。
3 内藤 秀久
9番手できつかったけど、前の2人はワンツーだったので。
だから何にも言えないし、常に番手を回れる様に頑張るだけ。
4 鈴木 竜士
力勝負をやった結果だし、脚がなかっただけ。
内容を求めながら、勝つ走りをやりたい。
5 池田 良
本当は、もっと伸びても良い展開。
やはり、前回の怪我の影響がありますね。
6 友定 祐己
あれが松浦君のレーススタイルなので。
僕も怪我明けだし、まだまだですね。
7 根田 空史
7番手になったけど、かなり余裕はあった。
やはり師匠の中村浩士さんに自転車を見てもらい、乗り心地が良くなった。
肩に力が入らないから、フォームも綺麗になったと思う。
8 山賀 雅仁
完全に途中で諦める展開(苦笑)。
根田君と7、8番手になった時は無理かなと。
あれを行ってしまうのだから、かなり仕上がっているね。
9 稲村 成浩
鈴木君は踏み出しが良いから、ホームのスピードの乗りは強烈でしたね。
  6R S級一予選



1 坂本 亮馬
自在選手の脆さが出た。
良い時は持てはやされるけど、ダメな時は酷い扱いになるので(苦笑)。
2 齋藤 登志信
最後は外を踏んだけど、届かなかった。
まあ、後輩の阿部君が勝ち上がってくれただけでも。
3 竹内 雄作
2周行き、強いと言ってもらったけど、実際は1周半ぐらい。
作戦は山内さんに組んでもらったのに、その山内さんを連れ込めなかったのは反省材料。
誘導を残したり、体も重かったり、レースに甘さもあった。
4 堤 洋
亮馬君は前々のレースをやってくれたし、もう少し自分に脚があれば。
ただ、弱気になりたくないので、今年1番の出来と書いておいて下さい(笑)。
5 志智 俊夫
竹内君の踏み出しに離れた。
そこは見ての通りですよ。
その後は必死だし、内も空けられなかった。
6 横山 尚則
結果的に、あのまま番手で勝負すれば良かった。
3番手が空いていたので、引いたのが失敗ですね。
7 山内 卓也
雄作君のダッシュが強烈だった。
番手の志智さんも離れていたし、3番手の僕もかなりきつかった。
8 阿部 拓真
叩けず、外にへばり付くレースになった。
自分だけで登志信さんに申し訳ない。
9 牛山 貴広
どうするかは横山君の判断。
ちょっと、竹内君の力が抜けていましたね。
  7R S級一予選



1 山崎 芳仁
どっちが逃げても7番手ではきついから、中団、中団の組み立てだった。
だから渡辺君のところに追い上げた。
本当はそこから捲り差しで良いと思ったけど、渡辺君に持ってこられたので。
2 北野 武史
金子君も永井君を残しているから、かなり詰まっていた。
最後に金子さんが車を外した瞬間に内に行けば、3着はあったかも。
3 和田 健太郎
渡辺君がハウスしながら、山崎さんを持って行った。
それを避ける為に前まで行ってしまった。
見栄えの悪い場所もあったけど、どうあれ全部やってくれた渡辺君のおかげ。
4 金子 貴志
強風の中、永井君が行ってくれたからね。
僕もバンク練習が出来る様になったし、感じ良くなっている。
あとは、点数上位の北野さんが番手を譲ってくれたので。
6 永井 清史
休む場所がなかったし、踏み続けていた。
自分は残れなかったけど、金子さんが1着だったので。
7 菊地 圭尚
4着かなと思ったけど、まぐれで3着まで届いた(笑)。
山崎さんが気持ちの入ったレースをやってくれたおかげですね。
9 渡邉 雄太
山崎さんの追い上げが誤算だった。
あれで、かなり無駄脚を使ったし、あれがなければ勝っていたかも。
顔の傷はまだ残っているけど、怪我の影響はなかったと思う。
  8R S級一予選



1 神山 拓弥
鈴木さんも橋本さんの一発で苦しくなったと思う。
あれがなければ、もう少し面白い走りが出来たと思う。
2 郡司 浩平
今日は態勢が整った時点で、早めに行こうと思った。
作戦通りの走りが出来たし、ラインの3人で決まり良かった。
3 小川 真太郎
走る以上は鎖骨骨折は言い訳に出来ない。
骨折した場所が痛いと言うより、体の全体が重たかった。
走りながら、戻していくしかないですね。
4 伊勢崎 彰大
小川君はよく知っているし心苦しいけど、鎖骨骨折明けだったからね。
その辺りも踏まえ、郡司君が仕掛けてくれたと思う。
今日もラインに感謝のレースです。
5 鈴木 庸之
作戦は作戦通りだったけど、詰める時に一発貰ったのが痛かった。
それで4角で、ふらふらになってしまった。
6 河野 通孝
展開に関係なく、今日はスカスカしていた。
やはりG1だと、厳しさを感じますね。
7 橋本 強
松戸のサマーナイトで肋骨を骨折。
小川君の気持ちに応える為に、郡司君を止めたかったけど。
8 小原 太樹
郡司君が早めに行ってくれたし、有り難いですね。
南関の選手で彼と相性が悪いと話す選手は1人もいませんよ。
9 濱田 浩司
小川君が行ってくれたし、橋本君が仕事をしやすい様に内を締めていた。
だけど郡司君のスピードが全然違いましたね。
  9R S級一予選



1 佐々木 豪
早坂さんのスーパーダッシュを併せ切れなかったし、後ろに迷惑をかけてしまった。
2 山中 秀将
ちょっと長いかなと思ったけど、あのタイミングしかなかったので。
前のレースの郡司君の走りが参考になった。
問題は二次予選。
自分も勝ち上がり、一人でも多くの仲間を上に行かせないと。
3 大槻 寛徳
絶妙のタイミングで山中君に来られてしまった。
スピード差もあり止める事が出来なかった。
早坂君に申し訳ない。
4 池田 憲昭
一頃より良くなっているけど、今日は前と遠かったですね。
5 萩原 孝之
最近の中では一番良い状態。
早めに巻き返してくれた山中君のおかげです。
6 伏見 俊昭
早坂君の気持ちが嬉しいですよ。
地元のビッグだし、残りのレースは少しでも良い着を取りたいですね。
7 岡村 潤
要所、要所で風がきつい。
そこを無理矢理行ってくれた、山中君のおかげです。
最後は少し抜きすぎたけど、ラインの3人で決まり良かった。
8 早坂 秀悟
追い風を利用出来たし、良い時なら、もっと車が流れた。
普通なら出てから考えるのに、出られるかどうか考えてしまった。
あとは、車番的に、前か後ろしかなかったので。
9 小倉 竜二
やはり、佐々木君の走りは読まれているし、実力差があったかも。
最後は自分で踏み上げたけど、ちょっと一杯だった。
 10R S級一予選



1 菅田 壱道
まずは取鳥君の4番手を確保して、そこからスイッチ、スイッチのレースになると思っていた。
レースも見えていたし、車もかなり出ている。
従兄弟から、勝利者インタビューで祝福されるのは恥ずかしいね(笑)。
理想は車券的にも成田さんとのワンツーだったけど、最低限の走りは出来たと思う。
2 筒井 敦史
取鳥君も頑張ってくれたけど、山本君ともがき合いになり、きつくなった。
3 山本 伸一
今まで、松岡さんに迷惑をかけているので、今日は積極的に攻めようと。
ただ、力負けでした。
4 取鳥 雄吾
ジャンの動きが甘いと、岩津さんに指摘された。
あそこは、もっと踏んでおいた方が良いよと。
怪我の影響はないので、残りは勝ちたいですね。
5 松岡 健介
まずは、山本君の頑張りが大きかった。
途中から小嶋さんの仕掛けにスイッチして。
ワッキーにセッティングを見てもらっているけど、かなり良くなっている。
6 伊藤 裕貴
単騎はやる事が限られているので。
小嶋さんとは割り切って走ろうと。
だけど、G1の大舞台では力不足です。
7 成田 和也
最後の最後まで菅田君を信じていた。
同期の山崎君や伏見さんの分も頑張ろうと。
少し焦ったけど、勝ち上がれて良かった。
8 小嶋 敬二
粘ったと思ったけど…。
最後は力が尽きた。
今回は、かなり練習をやってきたので、自信はありましたが。
9 湊 聖二
思った以上に、出入りの激しいレースだった。
もっと脚があれば3着に入れていたと思う。
 11R S級DRM



1 浅井 康太
深谷君任せだったし、今日の展開ではチャンスがなかった。
2 新田 祐大
あの位置では苦しいと思っていたけど、後ろの深谷君を意識し過ぎた。
ナショナルチームで一緒に練習をやっているから、強さを実感しているのがあったかもしれませんね。
今日は残念だったけど、また頑張ります。
3 平原 康多
誘導も残っているし駆けているのも三谷君。
村上さんも車間を切っていたし、かなりきつかった。
今日はタイムも出ていないし、かなりの強風。
理想は1コーナーから行きたかったけど、大事を取り、あの仕掛けになった。
4 深谷 知広
緩む場所がなく、巻き返すタイミングがなかった。
それと新田さんに見られていたので。
二次予選は勝てる様に頑張ります。
5 三谷 竜生
捲られたけど、感じ自体は悪くなかった。
次に繋がるレースになったと思う。
6 武田 豊樹
平原君もタイミングを取りにくそうだったね。
それでも行ってしまうのだから彼の力。
微妙に怪我の影響もあるけど、このメンバーで勝てたのは大きいですね。
7 村上 義弘
竜生の頑張りに尽きますね(5着権利で準決フリーパスのシャイニングスター賞に進めるので)。
8 渡邉 一成
新田君も前のプレッシャー、後ろに深谷君もいるプレッシャーがあったと思う。
自分が先にコースに入らないと、浅井君が入ってくるので、そこはシビアに立ち回った。
慎太郎さんみたいに、もっと上手い人なら、頭まであったかもしれませんね。
1着は取れなかったけど、初のドリームで3着は嬉しいですよ。
9 山田 英明
単騎だったし、別に平原さんの3番手にいたわけではない。
流れで、あの位置になった。
いつもいつも、こんなメンバーと一緒に走りたいでね。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
アルテミス賞インタビュー


太田りゆ
アジア大会に向けてナショナルチームで練習。
体調も崩さず計画的に仕上がっている。
単発レースで結果は出ていないが、苦手意識はない。
勝てると思うし、タイミングを逃さず仕掛けたい。
長沢 彩
サマーナイトで戦えなかった事を反省して、練習してきた。
いわき平は1回しか来ていないが、悔しい思い出がある。
昨年の分も、力を出し切りたいですね。
石井貴子
自力を基本に展開で何でもやる。
ここまで、練習、休養とバランス良く仕上げる事が出来た。
とにかくファンに楽しんでもらえる走りをやりたい。
元砂七夕美
大きなレースは初めてなので楽しみですね。
選んでもらった以上は見せ場を作りたい。
チャンスがあれば仕掛けたいですね。
小林莉子
このバンクは直線が長いから、自分に向いていると思う。
自在に動いて最低でも3番手は確保したい。
そこから勝つ走りです。
尾崎 睦
ファンの声が直接聞こえるし、日本で一番綺麗なバンクだと思う。
前回の地元戦は良くなかったけど、やれる事は全てやってきた。
力を出し切る走りをやりたい。
鈴木美教
ギヤを変えてから調子が良いですね。
前回、完全優勝だし、脚も流れも良い。
7番車だし自力で攻めるレース。
優勝しか見ていません!  
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
初日インタビュー
 1R

山崎賢人
初のG1の大舞台。
だけど、緊張感は無いし普通に走れると思う。
前回の小松島から新車だけど、感じは良い。
後ろも練習仲間で同門の先輩。
積極的な自力勝負です。
南 修二
近畿ラインで川村さんの番手へ。
2場所連続で落車しているけど、体調は問題ない。
長島大介
栃茨ラインで杉森さんへ。
僕が前は一度もないので、話し合ってこの並びになりました。
杉森輝大
最近は後手、後手で積極性が足りない。
細切れ戦だし、後方にならない自力勝負です。
小川勇介
基本的に自力はやめた。
だから、こう言う最高の番組になったと思う。
長崎コンビの後ろへ。
岡本 総
鎖骨骨折明け。
本当は、もう少し早めに復帰したかったけど、師匠からやめとけと言われた。
外国人キラーと言ってもらえるのは嬉しいけど、ここは日本人同士の対決なので(笑)。
自力、自在戦。
井上昌己
もちろん、直前も一緒に山崎君と練習をやってきた。
残す必要もないし、勝手に残ってくれると思うよ。
近藤龍徳
この辺りで大爆発しないと。
先輩の岡本さんに頑張ってもらうだけ。
川村晃司
前回、いわき平を走ったばかり。
決勝は目標のいるレースだったけど、早坂君に捲られ慎太郎君の優勝だった。
若い子が強いけど、負けない様に自力勝負。
 
 2R

坂口晃輔
腰痛で成績を落としたけど、かなり良くなっている。
先輩で練習仲間の柴崎さんへ。
吉田拓矢
松戸記念は力勝負をやり、成績以上の手応えがあった。
今回は更に良くなっていると思う。
自力勝負。
桐山敬太郎
かなり濃いメンバーだね。
だけど、やる事は、いつもと一緒で何でもやるスタイル。
駆けなければ、駆ける準備もしている。
最低でも中団で、流れで番手も。
松川高大
まずまずだけど、相手も強いから。
吉田君が駆けたら苦しいね。
流れを見て自力勝負。
柴崎 淳
小野さんは愛知に住んでいるのに、やはり本線の3番手を選んだか(笑)。
僕らは当て馬だから仕方ないね。
自力で一発狙う競走。
小野大介
最初は決めずに走ろうと思ったけど…。
やはり、ここは3着権利。
逃げる吉田君の3番手へ。
新井秀明
同県の松川君へ。
最近は連係が多く、伊東の準優勝も彼のおかげ。
好きな走りで十分ですよ。
渡辺晴智
桐山君なら後手を踏まないし、自分の差し場もある。
今月までが競輪祭の選考期間だけど、丁度ボーダーより少し上ぐらい。
次の静岡F1では点数が上がらないから、今回頑張らないと。
芦沢辰弘
吉田君の番手は責任のある位置だし、自然と気持ちも入る。
あと2勝で2百勝だけど、それは意識していない。
 
  3R

清水裕友
特別競輪は2次予選止まりで、準決が壁になっている。
今回は、それをクリアするのが目標かな。
自力で勝てる様に。
小松崎大地
怪我は擦過傷と打撲程度。
だから、大丈夫だと思う。
あとは地元だし気合いで。
自力勝負。
山田久徳
近畿で中井君の番手へ。
僕の怪我明け復帰戦だったけど、昨年の富山で連係している。
多分、それ以来です。
三宅達也
清水君も強いし、番手の岩津君もシッカリしている。
中国ラインの3番手を固める。
笠松信幸
それなりに走れているけど、今は前次第。
何の迷いもなく、近畿ラインの後ろを回る。
高橋陽介
今の状況では一番前も番手も有り得ない。
3番手も大切な仕事なので、北日本の3番手です。
岩津裕介
前回の弥彦記念より上積みはあるかな。
あれは、何となく決勝3着で、出来的には7割程度だった。
ここは清水君の番手へ。
中井太祐
今回は近畿の記者クラブに選んでいただき、記者推薦。
有り難い事ですね。
とにかく、自力で力を出し切る。
和田 圭
自分では落車する前より、調子は良いと思っている。
だから、絶好調と書いておいて下さい(笑)。
地元の小松崎さんの番手へ。
 
  4R

近藤隆司
いわき平は優勝しているけど、直線の長さが記憶に残っている。
捲り追い込みが決まるバンクだけど、長い距離をもがく事を意識している。
自力勝負。
稲川 翔
鎖骨が折れていたけど、気付かずに走っていた。
だから、今回は痛みが取れるまで、ジックリ治してきた。
サマーナイトは走る気になれば、走れましたが。
練習は良かったけど、理想通りに噛み合っているかは、走ってみないと。
近畿で野原君へ。
渡部哲男
松本君の番手へ。
ここ2場所のF1は競られてばかりで、嫌になりましたよ(笑)。
若手マーカーの踏み台になっていた。
地元の決勝で失敗したけど、その時は松本君、佐々木豪君、自分の並びで吉田敏洋君に激しく抵抗された。
松本貴浩
競輪学校で新人訓練があったりして、良い練習は出来た。
野原君との主導権争いになりそうだけど、積極的な走りをやる。
五十嵐力
もがき合いになりそうだし、近藤君に良い展開になりそう。
もちろん、好きな走りで構わない。
中野彰人
近畿の3番手ですね。
オールスターは初めてだけど、特別競輪を走った記憶はある。
予備の最後の繰り上がりだし、ツキがありますね。
高原仁志
愛媛コンビの後ろを回る。
悪くない3番手ですね。
林 勇一
色々とあって、単騎でサマーナイトとブロック7は走ったけど、ここはライン重視の競走。
南関の3番手です。
野原哲也
高熱が出て、防府は1本欠場した。
納得の状態ではないけど、普通に勝ち負け出来ると思う。
自力勝負。
 
  5R

志村太賀
弥彦記念の準決で鈴木君に離れて落車。
さっそくリベンジの場を与えてもらった。
稲村さんの了解を得て番手を回る。
松浦悠士
自力自在の総力戦。
追い込んで練習をやってきたから、仕上がっているかは走ってみないと。
弥彦記念の最終日は、平原さんに勝つには先行しかないと思った。
だけど10秒いくつのタイムで捲られてしまった。
内藤秀久
点数は少しあっても同県には割り込めないので。
千葉コンビの後ろから突っ込みますよ。
鈴木竜士
今回は関東記者クラブから記者推薦で選んでもらった。
今は茨城に勢いもあるので僕も頑張りたい。
弥彦記念は地元の諸橋さんが勝ってくれたし、自分の仕事は果たせた。
自力勝負です。
池田 良
腕の骨折だし、走ってみないと分からない。
同県の松浦君の番手へ。
友定祐己
怪我明けだし、強気な材料はあまりない。
広島コンビの後ろです。
根田空史
あまり良くなかったから、師匠の中村浩士さんにセッティングを見てもらった。
これで感じが良くなった。
先行か捲りで。
山賀雅仁
まさか、僕みたいな選手が根田君の番手とは。
しっかりサポートして迷惑をかけない様に。
稲村成浩
久々の特別競輪だけど気負いはない。
関東で結束して3番手です。
 
  6R

坂本亮馬
竹内君が徹底先行で、後は似たようなタイプ。
今回はG1仕様に急ピッチで仕上げてきた。
今回はテレビの中継で言えば、僕は連勝君。
だから、更なる連勝記録を目指して(笑)。
1番車を貰えたのは有利だし、自力自在に。
斉藤登志信
小倉は坂本健太郎君の捲りに乗り、ちゃっかり優勝した感じですね(笑)。
宮城同士の阿部君へ。
竹内雄作
フォームを変えてから成績は良くなった。
僕の場合、ポカが多いので、そこは気をつけたい。
あとは、ここで深谷君の番手で迷惑をかけている。
その汚名返上も。
自力で勝つ走りです。
堤  洋
年令の割りには、頑張っている方だと思う。
ここは亮馬君の捌きに乗って。
志智俊夫
松戸記念のエボはボスが強すぎた。
準優勝なら優勝と同じ価値がある。
狙われる可能性もあるし、竹内君の番手でシッカリ。
横山尚則
練習はハードにやってきた。
理想は力勝負ですね。
自力で一発狙う競走です。
山内卓也
走りは竹内君に任せるけど、作戦はキッチリ立てたい。
岐阜コンビの後ろです。
阿部拓真
特別競輪では、自力だけだと厳しい。
そこまでのスピードはないので。
自力基本に展開で何でもやりたい。
牛山貴広
防府を追加で1本走り、あとは練習を普通にやってきた。
同県の横山君の番手へ。
 
  7R

山崎芳仁
一次予選は自分でやった方が後悔しないと思っていた。
だから自力のメンバーは大歓迎。
福井記念でワッキーと4日間対戦して、良い練習にもなった。
直前もバンクの合宿に参加した。
昔は勝たなくてはいけないから緊張したけど、今は普通のS級選手なので(笑)。
それでも昨年の決勝も乗っているけどね。
北野武史
松戸記念は深い裂傷があったので、縫うために病院行き。
だけど怪我自体は軽傷なので、本当は走りたかった。
僕にとって金子君は別格の存在なので中部の3番手です。
和田健太郎
自力も出ているので、脚の感じは良いですね。
成清さんの許可を貰えたので渡辺君の番手へ。
金子貴志
やっと豊橋バンクを使える様になってきた。
改修の間は、やはり成績が落ちてしまった。
だから、これから良くなる一方だと思う。
永井君の番手へ。
成清貴之
渡辺君が怪我明けだけど、いつも、ねちっこい走りをやってくれる。
番手の和田君も伸びているからね。
南関の3番手です。
永井清史
成績は落ちているけど、感覚的には、それ程悪くない。
主導権取る走りが理想ですね。
菊地圭尚
山崎先輩が、自分でやりたいと言っていた。
最近は、後ろを回るケースが多いし、好きに走ってもらうだけ。
内藤宣彦
だいたい、どこも想定通りの並びになっていますね。
山ちゃんに頑張ってもらい北の3番手。
渡辺雄太
練習はやってきたけど、怪我明けなので。
後手を踏まない自力勝負。
 
  8R

神山拓弥
俺が俺がとは言えないし、関東の時は3番手でも4番手でも回る気持ちでいる。
河野さんの強引ブロックを見たけど、回してくれると言うので鈴木さんの番手へ(笑)。
郡司浩平
ガツーンと、どこかでタイミング良く仕掛けたいですね。
この後も地元小田原記念があるので追加をハードに練習をやってきた。
このまま終われないし、一番良い時の状態に戻したい。
小川真太郎
鎖骨骨折明け。
すぐに川崎の病院でワイヤーでくっつける手術をやった。
ぶっつけ本番だけど、気持ちで何とか。
自力勝負。
伊勢崎彰大
実は小川君は内の嫁の実家の隣近所。
ラインを組んだ時もあるし、選手になる時も相談された。
彼は料理人もやっていたけど、実家は和菓子屋のボンボン(笑)。
ちょっと骨折明けなのは心配だね。
僕は南関結束で神奈川コンビの後ろへ。
鈴木庸之
弥彦記念は良い勉強になった。
特に最終日に平原さんとの連係は結果は別として良い財産。
直前は松本競技場での、大会に出て、千メートルで自己ベストを出した。
遊びみたいなレースだけど、地元記念が終わり、中だるみにならなかった。
自力自在戦。
河野通孝
向日町は木暮君が先行してくれ通算3度目の優勝だった。
自在選手が稲垣さんと村上博幸さん相手に逃げてくれたし有り難いですね。
ここは関東の3番手。
橋本 強
僕も小川君も怪我明けだけど、頑張ってもらうだけ。
やれる事を精一杯やりたい。
小原太樹
郡司君との連係は4、5回ある。
ワンツーもあるけど、抜いてのワンツーはない。
まずは離れない様に。
浜田浩司
四国の3番手を固める。
レースは何があるか分からないし、最初から諦めずに。
 
  9R

佐々木豪
特別競輪は初めて。
S級デビュー戦がいわき平だったけど、一度も確定板に載れなかった。
その時に比べれば、強くなっていると思う。
自力勝負。
山中秀将
1走するまでは、僕だって不安はある。
確認作業をしながら、一つずつ勝ち上がっていきたい。
脚自体は引き続き順調だと思う。
自力で人気に応えたい。
大槻寛徳
弥彦記念は初日、優秀と伸びていたけど準決で落車。
早坂君のスーパーダッシュに千切れない様に。
池田憲昭
四国で結束して3番手。
小倉さんが仕事をしやすい様に。
萩原孝之
う~ん、ちょっと流れが悪いですね。
この辺りで頑張らないと。
南関の3番手です。
伏見俊昭
僕も地元の合宿に参加して気持ちを高めてきた。
宮城コンビの後ろです。
岡村 潤
山中君の番手へ。
痛みはあるけど、怪我は大丈夫。
連係の相性ですか? 脚質が違うから良かったり悪かったり。
早坂秀悟
前回のいわき平は、力を出し切ったけど慎太郎さんが強かった。
悪くはないと思うし自力勝負。
小倉竜二
佐々木君の番手へ。
最近、彼の走りが他の選手にバレているね。
外で我慢しながら踏み続けると言うスタイルが。
俺は肘の痛みで練習不足。
そのせいか、4㎏ぐらい太ってしまった。
まあ、今は阿波踊りの季節だし、気分的には乗っている。
 
  10R

菅田壱道
オーバーワーク気味に乗り込んできた。
やはり成田さんと一緒だし決めないと。
自分のスタイルで自力勝負。
筒井敦史
ウエイトトレで軽く腰を痛めたけど大丈夫。
岡山同士の取鳥君へ。
山本伸一
合宿もやってきたので準備は万端。
松岡さんに迷惑をかけない自力勝負。
取鳥雄吾
落車で今回から新車。
岩津さんにセッティングを見てもらってきた。
自力で頑張るだけ。
松岡健介
競りでなければ人の後ろも慣れてきた。
山本君とは、あまり決まっていないけど、走る以上は信頼して。
伊藤裕貴
小嶋さんとは割り切って走ろうと言う結論に達した。
単騎になるけど自力勝負。
成田和也
幸い、松戸記念の怪我も酷くなかった。
最終日の1着は精神的に大きい。
菅田君はあれこれ言う選手でないし、与えられた展開で頑張るだけ。
小嶋敬二
自分も調子が良いし、伊藤君の気持ちもある。
単騎になるけど自力勝負。
湊 聖二
取鳥君には、かなり世話になっている。
岡山コンビの後ろですね。
 
  11R

浅井康太
基礎から自分を見つめ直し、練習に取り組んだ。
松戸サマーナイトの深谷君の初日のダッシュは半端でなかった。
深谷君の番手で、まずは追走に専念する。
新田祐大
久々の競輪だが、大会に出たり、伊豆でハードにトレーニングしている。
気持ちの面でも地元G1はプラス。
一成さんの前で自力勝負。
平原康多
ワッキーに色々聞いたりして、ナショナルチームのトレーニング方法や自転車を取り入れている。
新しい物を吸収しないとダメ。
現状に満足していては衰退するだけ。
だから、弥彦記念の前に全部変えてしまった。
体も絞れてきたし自力で。
深谷知広
まだドリームで1着を取った事がない。
サマーナイトでも手応えのある走りが出来た。
もちろん、ナショナルチームのトレーニングがメインになっているけど、走る以上は結果を出したい。
自力勝負。
三谷竜生
計画的に練習はやってきた。
脚負けはしないし、村上さんの前で、きちんとしたレースをやりたい。
武田豊樹
前回の落車で自転車が壊れ、今回から新車。
怪我は幸い打撲程度。
昨年のオールスターの落車で骨盤を痛め、それが長引く1年だった。
やっと良くなってきたし平原君の番手で。
村上義弘
小松島記念が終わり、鎖骨に入っていたプレートを除去した。
その後、防府を1本走った。
脚は問題ないので三谷君の番手へ。
渡辺一成
地元オールスターの連覇を目指して、優勝旗は家に持って帰る(笑)。
ずっと良い状態をキープしている。
新田君の好きに。
山田英明
初のドリームは凄く嬉しい。
色んな気持ちがある。
単騎になるけど良い位置を取ってから。
穴を演出したいですね。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
二日目インタビュー
  7R

田中晴基
競技に出たりしてリフレッシュ出来た。
特別競輪で成績は良いけど、それは馬がいるから。
ここは自分でやるし、どうかな。
自力で。
中川誠一郎
松戸記念はロング追い込みで優勝する事が出来た(笑)。
福井記念はワッキーが強く、ハンドルを引き過ぎて痛かった。
宇都宮記念は4百勝を達成出来たり、バンクレコードも出したりで最高のシリーズ。
今回も良いところを魅せたいですね。
自力で頑張るだけ。
飯野祐太
昨年の地元オールスターは、緊張し過ぎて失敗した。
今回は、昨年程のプレッシャーはない。
今は弟子が9人いるが、2人は地元に帰ったりした。
自力で結果を出したい。
海老根恵太
1着は取れているけど、技術が無いし力不足を感じている。
同県の田中君の動きに乗る。
東口善朋
石塚君の番手でガンバル。
同県の後輩だし、しっかりサポートしたい。
三谷将太
さすがに、同県には割り込めない。
また点数を戻して頑張るだけ。
和歌山コンビの後ろへ。
大塚健一郎
絶好調の誠一郎君へ。
作戦は何にもないし、ハンドルを絞って付いて行くだけ。
石塚輪太郎
先行を基本の組み立て。
松戸記念は短走路と展開に助けられた。
ここは逃げが厳しいけど持ち味を発揮したい。
永沢 剛
地元の飯野さんの番手へ。
地元だし勝つ走りをやってくれれば。

 
  8R

南  潤
先行を基本の組み立て。
実は新人訓練の時に落車した。
僕は大丈夫だったけど、あとの2人は骨折してしまい。
ビッグレースだけど、自然体で。
後ろを信じて積極的に。
白戸淳太郎
和田君の番手へ。
僕はダッシュがないから、多分、離れてしまいそう(笑)。
それでも、迷惑をかけない様に。
天田裕輝
良くなっている実感はあるし、南君相手でも一発狙いたい。
自力勝負。
芦沢大輔
関東で天田君へ。
福井記念は木暮君のおかげで勝つ事が出来た。
準決は自分のスタイルもあるから村上博さんと競った。
腰は大丈夫です。
沢田義和
和歌山コンビの後ろへ。
3番手で3着が理想ですね。
松岡貴久
これ以上、弱くはならないし、下には行かない? いや、A級やチャレンジが待っていますよ(笑)。
成績が成績だけど、佐々木さんの前で頑張る。
和田真久留
2週間、自分なりに練習をやってきた。
南君はいるけど、勝ち負け出来る状態だと思う。
自力勝負。
佐々木則幸
松岡君の番手へ。
聞かれる事は、来月の高知共同通信社杯の事ばかり(笑)。
そう言う形でも、存在感を見せる事が出来れば。
椎木尾拓哉
南君との最近の連係ですか? 宇都宮記念の二次予選でワンツーを決めている。
人気に応えられる様に走りたい。
 
  10R

古性優作
納得のトレーニングも出来たので、前回の前橋より上積みはある。
タイムもかなり良くなっている。
自力、自在の総力戦。
中村浩士
南関ラインで松谷君へ。
彼は漢字の競輪をやってくれるから心強い。
地元松戸記念は、準優勝だし最低限の走りは出来た。
木暮安由
正直、福井記念、向日町と落車の影響があった。
今回は、違う意味でとらえられるかもしれないけど、スッキリしています!と書いておいて下さい(笑)。
意味が深すぎますか…。
まあ、自力で。
吉田敏洋
良くなると落車の繰り返しですね。
これも、競輪選手の宿命ですが。
自力で頑張るだけ。
佐藤慎太郎
ここは1着権利。
位置を決めると1着は取れないし、俺は3番手を回る選手ではないので(笑)。
普通に回るとしたら、世話になっている、吉沢君と木暮君の後ろですが…。
稲垣裕之
古性君のレーススタイルで構わない。
それに自分が合わせていくだけ。
一戦、一戦集中して走りたい。
松谷秀幸
弥彦記念は調子が良かったし、準決の落車は残念。
川崎ナイター記念で弟弟子の佐々木君も頑張ったね。
自力自在に。
吉沢純平
弥彦記念は噛み合わなかったけど、脚自体は悪くなかった。
自分の行けるタイミングで自力勝負。
香川雄介
連係実績のある吉田君へ。
その位置が自然でしょう。
 
  11R

諸橋 愛
地元記念の連覇は、仲間や周りのおかげですね。
感謝の気持ちで一杯だし、脚も戻ってきた。
神山さんが良いなら、新山君の番手へ。
脇本雄太
今の力があれば、逃げても十分持つと思う。
ほぼ、オフはなく、ナショナルチームのトレーニングばかり。
福井記念の最終日も、仲の良い誠ちゃんと祝杯をあげようと思ったけど、ブノワから休みをもらえなかった(笑)。
この後もハードスケジュールが続く。
原田研太朗
フレームを戻したら良い感覚が戻ってきた。
同県の太田君へ。
太田竜馬
同期達と一緒に練習をやり、良い刺激をもらえた。
後ろが原田さんだし積極的に走る。
桑原大志
徳島コンビの後ろへ。
ここは直線が長いから相性は良いですよ。
神山雄一郎
新山君には世話になっているし、東日本ラインの3番手。
黒ニンニクは体に良いから、ネット通販でいつも買って食べていますよ。
競輪場の売店にも置いてあるんですか。
それなら、七福ニンニク、試してみよう(笑)。
新山響平
積極的なレースをやりたい。
その方が失敗しないケースが多い。
少しでも、ラインに貢献したいですね。
村上博幸
ワッキーの番手へ。
高松宮記念杯の決勝ですか? ああ言う形で離れたのは、選手になって初めて。
それだけワッキーのダッシュが凄かったけど、少しショックでした(苦笑)。
園田 匠
せっかくオリオンと言う大舞台に選んでもらえた。
やはり、自分でやる事をファンは望んでいると思う。
単騎で。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
第61回オールスター競輪オリジナルクオカードプレゼントキャンペーン!

いわき平競輪 第61回オールスター競輪(GⅠ)の開催を記念いたしまして、
e-SHINBUNプレミアム会員の皆様に素敵なプレゼントのお知らせです。

第61回オールスター競輪オリジナルクオカードを抽選で10名様にプレゼントいたします。

※こちらはe-SHINBUNプレミアム会員様限定キャンペーンとなります。
応募期間はオールスター競輪開催前日の2018/8/14(火)から最終日翌日の2018/8/20(月)までです。

第61回オールスター競輪オリジナルクオカード 10名様
 
 

この機会に是非e-SHINBUN会員登録を!
 
 
佐藤慎太郎選手サイン入りトートバッグプレゼントキャンペーン!
第61回オールスター競輪プレゼントキャンペーン第2弾といたしまして、
佐藤慎太郎選手サイン入りオールスター競輪オリジナルトートバッグを抽選で2名様にプレゼントいたします。

※こちらはe-SHINBUNプレミアム会員様限定キャンペーンとなります。
応募期間はオールスター競輪開催前日の2018/8/15(水)から最終日翌日の2018/8/20(月)までです。

佐藤慎太郎選手サイン入りトートバッグ 2名様
 
 

この機会に是非e-SHINBUN会員登録を!
 
 
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら




第61回オールスター競輪がいわき平競輪場で始まりました。
 
昨年は新田祐大がまくって、渡辺一成とのゴール前のデッドヒート。
新田が大きく外を膨らんだところの内から抜いて優勝。
内から抜いたことに賛否両論あるでしょうが、
地元GⅠへの執念がそうさせたということでしょう。
 
人がいいだけではトップで活躍できません。
欲しいものはどんなことをしてでも…という姿勢は、時には大切なのです。
 
さて今年のオールスターは、大物新人がたくさんGⅠ初出場をしています。
長崎の【山崎賢人】に愛媛の【松本貴治】、【佐々木豪】
そして和歌山の【南潤】です。
 
今度は吉田拓矢や新山響平、鈴木竜士が迎え撃つ立場になるのです。
この戦いは興味をそそります。
切磋琢磨することによって若手は成長するからです。
ライバルがいるからこそ、成長できると私は考えます。
 
幸いにも1Rは山崎賢人が2着で1次予選を突破しました。
1番車をうまく生かして先行。
将来性を感じます。
 
今、競輪界はいびつな形で売り上げが伸びています(ミッドナイトが売れて、GⅠ,Ⅱの売上減を補っている)。この形を正常に戻さない限り未来はありません。
これでは、トップ選手のモチベーションも上がりません。
 
若手同士の戦いがきっかけとなり、面白いレースが増えるといいなと思います。
 



ページトップへ
 
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。
 
平成30年8月19日
平オールスターの最終日は、4日目の悪い流れでスタートのレースで又しても4人が落車。
そして10Rで平原康多が和田健太郎に前輪を払われて昨年に続いて落車。武田豊樹と共に呪われた平のオールスターに成りました。
失格した山田英明も2年連続。来年の名古屋オールスターは5日間事故ゼロで終わって欲しいと切に願うばかり。
優勝したのは応援し続けた脇本雄太がワールドパワーでブッ千切りのGI初優勝で初のグランプリ。今年は静岡GPを決めました。
2着は竹内雄作の番手、浅井康太が入り、賞金でグランプリにグッと近付いたのも。新人の山崎賢人はビサの4着で大健斗。
脇本は国内で次に走るのは、静岡グランプリに成るかも知れないのは淋しいですが、2年後の東京五輪で金メダルで獲って貰わねば。
デビューした時と全然変わらない性格、これが一番。強く成ったからと言って人間が変わらないのは素晴らしい事です。
平原康多、武田豊樹の怪我も心配ですが、この2人は残りの特別で結果を出してくれるものと信じてます。
最終日は狙い選手がバチバチ的中。2R横山尚則。3R、2着でしたが松岡貴久。4R、池田良。5R小倉竜二・池田憲昭。6R鈴木庸之。
7R、岡村潤は推奨した和田真久留の番手で、山田久徳も一押し。8R千葉コンビのワン・ツー。9R近藤隆司。決勝は3連単でもバッチリでした。
夜は小倉ミッドナイトの最終日、113期6人の決勝戦は見応え充分。そして明日からは久留米FI戸上守杯。
こっちも全力で取材、予想してるので大いにコンドルを利用して下さい。
 
平成30年8月17日
平記念の3日目は18億4016万円、合計は60億7137万円ならば4日目の土曜で20億、最終日が30億で目標の110億には到達の計算。普通に25億・35億行けば120億、これくらいは行って貰わないと困ります。
3日目は狙いの選手が7割は的中したので信じた方は良かったのでは。目立ったのは成田和也・中村浩士のド根性に深谷知広・竹内雄作・菅田壱道・脇本雄太・新田祐大・新山響平のハイパワー。ダメは吉田敏洋・三谷竜生・稲垣裕之・木暮安由・山田英明が3日目まで。それを踏まえて4日目も狙い選手を挙げてみます。
1R、小嶋敬二。
2R、松本貴治。
3R、小倉竜二。
4R、渡邉雄太。
5R、稲垣裕之(展開で)
6R、長島大介。
7R、芦澤大輔。
8R、佐藤慎太郎。
9R、ツキがある山原さくら。
10R、古性優作の3連対。
11R、脇本雄太と菅田壱道。
12R、新田祐大。
夜遅くは小倉ミッドの初日。こっちは全レースが狙いで的中させる自信があります。
 
平成30年8月16日
平オールスターの2日目は初日より2億以上も悪いとは。ドリームの選手が不在だった事もあるが、超マンネリの番組にファンも飽き飽きしたのかも。3日目の二次予選もマンネリは仕方ないが、少しだけバリエーションを変えたのは進歩なのかも。全国の番組マンは私より勉強して、ファンがこれなら車券を買おうと言う気にさせるものを作るべき。
2日目に目立ったのは古性優作の冷静な判断に脚力。そして波に乗ってる天田裕輝に新山響平のパワー。ガッカリは前回迄が良過ぎた中川誠一郎に期待し過ぎた超ルーキー南潤でしたが、2走目からは巻き返してくれると信じてます。
3日目の狙い選手は、
1R、大槻寛徳。
2R、川村晃司。
3R、長島大介。
4R、南潤。
5R、清水裕友。
6R、深谷知広。
7R、浅井康太。
8R、菅田壱道。
9R、脇本雄太。
10R、根田空史。
11R、山田英明。


ガールズのスターはやる事が女性らしく感心する事ばかり。ガールズグランプリ(平塚)を制した石井寛子嬢は東日本の被災地、熊本地震で壊れた熊本競輪場の再建に役立てて下さいで1千万円の賞金から各々に100万円をポンと寄附したのには男の選手でも思い付かないのに凄いなと思っていたら、今度は輪界一キュートな努力家、高木真備嬢が小学校4年生迄過ごした岡山県は倉敷市の真備町が豪雨で水浸しに成り、甚大な被害に遭った事に対し、サマーナイトフェスティバルの賞金全てとこれからも出来る限り稼いだ賞金の中から寄附を続けるとの事。女子でも男子以上にハードな練習をこなし、落車で大怪我する事もある戦場(レース)で命懸けで闘ってる大和撫子の想い、素晴らしい事です。
ガールズのトップスターは総じて心ある人間性ある選手ばかり。男の選手以上に反応して欲しいのはJKAです。ボートレースに負けないくらいの金額をポーンと出しても良いのでは。特に再建に手間取ってる熊本競輪場にはアドバイスだけでなく実弾でしょう。そうすれば熊本競輪の頑張りで費用は返って来る訳ですから。ボートレースだったら笹川財団がすぐにやったと思いますよ。色々あろうが何事も善は急げですよ。
競輪事業は切羽詰まってます。競技会も3年続けて新社員を取りました。この人達が頑張れるには売り上げアップしかないでしょう。
有望レーサーを募集するにも夢がある世界にしないとダメでしょう。そのためにも成り振り構わずファンのため、そして若い選手が存分に闘える制度・ルールにすべき。実現するまでしつこく訴え続けると決めました。
 
平成30年8月15日
平オールスターは15日でほとんどの人が休みな上に競輪ファンの7割を占めるオールドファンには待望の年金支給日。そして裏開催はゼロなら30億は行くかと思ったら22億、これが現在の競輪界の流れであり、超マンネリの番組効果。2日目は輪を掛けて素人でも解り易い番組ばかり、これが受けるかどうかは知りませんが、老い先短い私には不満、もっと考えさせるのにして欲しいが希望。
初日に良かったのは山崎賢人・清水裕友・山田久徳・渡部哲男・根田空史・竹内雄作・渡邉雄太・桐山敬太郎・菅田壱道。ドリーム戦は又しても大本命の新田祐大がブチ壊してしまいました。深谷知広より前に成ったら先に仕掛けて力勝負をして欲しかったのは全国のファンだったのでは。
2日目の狙いは、
1R、柴崎淳。
2R、鈴木竜士。
3R、渡邉雄太。
4R、桐山敬太郎。
5R、小嶋敬二。
6R、堤洋。
7R、中川誠一郎。
8R、南潤。
9R、鈴木美教。
10R、木暮安由。
11R、脇本雄太。
 
平成30年8月14日
平オールスターは2年連続、昨年は15日の年金支給を前に終了した反省を踏まえて、初日は15日で最終日は19日の日曜日ならば間違いなく昨年より売り上げはアップすると思いますが、不安は今年の競輪界で下げ止まりは何時に成るのか予測不能な状況。私が訴えて来た事をせめて2つでもやってくれたらこゝ迄はなかったと思いますが。この道50年近く、それもファンを相手に直接商売をして来たから言える事。机上の空論ばかりではダメなんです。
ファンの事を第一に考えるなら、赤板もしくは鐘前の落車・失格選手に対する払い戻しは当然でしょう。それでファンの信頼を得る事が出来れば安い物じゃないんですか。
ルールの方は、若い選手を育てるなら誘導早期追い抜きの重注は撤廃するか、やるなら現在の形態を考えて走注扱い。
そしてもう一つ、ゴール前の内線秒数ルール、プロの審判なら一杯で退避してるかどうかの見極めぐらいは出来るでしょう。
これだけ改善するだけで自力型はドンドン伸びるし、ニュースターの誕生は可能に。
それから113期の斡旋も変、救世主の出現を待望してるなら学校成績上位者はなるべくぶつけない様にするのがこれ迄だったのに、誰が提案したのか故意に上位者をぶつけてる現実、これでは2班に昇班するのは星のつぶし合いで1年掛かる事に。それではダメでしょう。
オールスターに話は戻して、前検日に調子悪いからダメですと正直に言ってくれたのは、川崎ナイター決勝で鎖骨々折して2週間の小川真太郎だけ。「すぐに手術をしたけど、入院してたので練習は3日ぐらいでは。その他の選手は「オールスターに備えてました」ばかり。
1次予選の番組はこれ以上ないぐらい超マンネリ、コメントを聞くのも簡単で、これなら昨日今日記者をした者でも予想は簡単なら多くのファンは「又これか」では新鮮味も無いし、本命で入っても配当は低いし、だからと言って決まる保証もないなら様子見る事にするかに成る恐れも。売り上げが上らなかったら努力不足の番組の責任と思います。
1R、九州、これは贔屓目もあって。
2R、桐山敬太郎。
3R、清水裕友。
4R、近藤隆司。
5R、松浦悠士。
6R、竹内雄作。
7R、山崎芳仁。
8R、鈴木庸之。
9R、早坂秀悟。
10R、湊聖二の2・3着。
11R、観るレース。
 
ページトップへ
 
第61回オールスター競輪限定!コンビニのコピー機で無料予想情報がプリントできる!
第61回オールスター競輪限定!!
コンビニのコピー機で無料予想情報がプリントできます!!



全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
全日本競輪新聞協会連合会が無料でプリントできます!!
(最終レース発送時間まで)

eプリントサービスでしか手に入らない期間限定の無料予想情報!
後半3レースの予想とレース情報を掲載!




ぜひ、ご利用下さい!!


操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/zennihon-keirin


ページトップへ
 
【チャリロト会員限定】コンドル無料配信スタート!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて会員様限定のサービススタート!



競輪専門紙『コンドル』がGⅡ以上の開催時限定で無料公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/pc/member/condor/index.html
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

松田優作の写真と山崎賢人のアフロ・ヘアー

はじめて頭髪にパーマをかけたのは十八九の歳で、場所は武蔵野市内の柴田理髪店(バーバー柴田だったかも)だった。恥ずかしくも松田優作の写真を渡し、こんな感じにしてくださいと頼むと店長は、委細承知とばかりに数種のロットを俺の頭髪に巻いたが、仕上がりは笑ってしまうような出来映えだった。
二三年通っていた美容室にロッド・スチュアートのCDジャケットを持参したのは四十手前の頃だ。数日前にカットした客の再訪に驚かれバツが悪かったが、あの「衝動」は何だったのだろう——。
テレビのワイド・ショーで「ケイスケ・ホンダ」カットを得意とする理髪師が紹介されていた。ベッカム・ヘアーが流行ったのは何年だろう。ソフト・モヒカン気味にとリクエストしていた一年弱が俺にもあったと思う。
現役時代の山口幸二氏はよく髪型を変えていた印象があり、過去の映像で色色なスタイルが確認出来る。
CDのジャケ買いじゃないけど、たまに奇抜なヘア・スタイルやヘア・カラーの競輪選手をテレビで見つけると、理由なしに買ってしまったりするのは俺の性癖であろうか。
ジミ・ヘンドリックスの写真を彼女に見せ、俺もジミヘンみたいな頭にしようかなと云ったら、もう充分ヘン(変)だから必要ないと冗句で返された記憶がある。
考えてみれば競馬もそうだ。わかんない時は(いつもわかっちゃいないが)、数字度外視で芦毛の馬の単勝を買ってしまうことがけっこうある。
オールスター競輪の開幕戦一番車はアフロ・ヘアがファンキーな山崎賢人だ。
見た目と山勘に頼る俺の人生はまだつづく――。


ページトップへ
 
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







ページトップへ
 
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925



2日目

オリオン賞が終わると、すぐにして二次予選のメンバーが発表。7レースの中部は普通に竹内雄作、浅井康太、近藤龍徳の並び。これも、ダチョウ倶楽部のお約束芸と同じで、じゃんけんで並びを決めていた? まず3人でやり、初めに竹内が勝った。次に浅井と近藤でやったが、これも不思議と浅井が勝った。何かしらのカラクリがあるのかもしれないが、お見事な演出だった。近藤は身内の不幸から不振に陥ったが、やはり中部のムードメーカーである。この人の元気が復活すれば、中部も良い雰囲気になる。今の競輪は地区対抗戦になっているし、個人の力だけではどうにもならないからだ。さて、シャイニングスター賞であるが狙いは古性優作だ。あの平原康多でさえ、古性との位置取りは嫌がり避けている。オリオン賞も位置を取り完璧なレース内容。ナショナルチームのメンバーが多いと、疑問も出てくるが、このメンバーなら圧勝だろう。

初日
一次予選で頑張ったのは南関勢。郡司浩平、山中秀将、根田空史、近藤隆司の好走で、多くのマーク選手も引き込んだ。ただ、本当に頑張った桐山敬太郎、近藤を何度も入れてアシストした五十嵐力、イナショーを潰しに行った林雄一などは良い仕事をしていた。ただ、彼らは報われず、郡司マークの小原太樹、根田マークの山賀雅仁、山中マークの岡村潤など、ただタテ脚のある選手が番手無風で恵まれた。今の競輪はヨコの仕事など出来なくても良いし、タテの脚があれば十分。これが厳しさのある近畿地区なら別だが、先行選手も仕事をしてもらうより、離れないマーカーの方が有り難いと言う声も聞く。昭和にタイムトリップして、亡き東出剛がいたり、高木隆弘が元気があったり、晴智が外競りで売っていた頃の南関の競輪が懐かしい。マーク屋が、回す、回さないで揉めていたし、今では有り得ない光景だった。さて、ドリーム。これだけ豪華なメンバーがいて、結果は単調な流れになってしまった。ナショナルチームのメンバーと、その他のトップ選手の走りが融合せず、プロレスで言う、しょっぱい試合になってしまった。新田祐大が深谷知広を意識し過ぎていたし、新田が切れば、もっと激しい流れになったと思う。お盆興行で、年金効果で売り上げが良かったのが、せめてもの救いの1日であった。

前検日

ジョークでディリースポーツの森田記者と、何で演者として、ネット放送関係に呼ばれないのか、ニコ生の帝王・A主さんに相談しているところを、ツイッターで呟いてみたが、本業は競輪記者。喋りは喋りのプロに任せて、今日から密着取材に励む所存。放送の多様性は、競輪人口を増やす手段になるし、これから更なる動きもありそう。ただ、競輪番組はバラエティーなのか、スポーツ中継なのか難しい面もある。見ている層も違うし、色々な中継スタイルがあるのが理想だ。僕らは、どうしても記者目線で番組を見てしまうし、競輪記者以外の人が、選手を語っていると違和感を覚えてしまう。一番、競輪や選手に詳しいのは記者だと思うし、元選手の解説者しか分からない技術的な面もある。それ以外はちょっと…と言うのが本音だ。もちろん、記者室の、楽屋ネタが一番面白いのだが、これを一般の人に伝えるのは難しさもある。記者も森田しんご以外は、中継になると、NHKの討論番組みたいな真面目さを出す。今回もファンの皆さんが、検車場にいる様なリアルなレポートを書いていきますので、よろしくお願いします。


ページトップへ
 
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2018年8月15日(水)・16日(木)・17日(金)・18日(土)・19日(日)

■開催場所
いわき平競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

いわき平競輪ニュース

福ちゃん

競輪毎日

北競

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ