eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
青山彩

第72回 日本選手権競輪(GⅠ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
 
山内卓也
 
川村晃司 池田勇人 猪俣康一 小野俊之
川村晃司
池田勇人
猪俣康一
小野俊之

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
S級決勝インタビュー

脇本雄太
この後、自分の結婚式もあるし、良い結果を出したいですね。
ナショナルチームのトレーニングで日々、鍛えられていますから、これぐらい走れると思っていた(笑顔)。
後ろ3人はダービー王でもあるし、自分が番手を回り狙う立場ではない。
近畿の先頭で自力勝負。
村上博幸
準決のワッキーはバイクみたいだった。
踏み出しも良いし、中間からもグングン加速して行った。
それに離れなかったし、自分の出来も良い。
近畿で結束して4番手。
山中秀将
南関を代表する気持ちで、和田さんと2人で頑張りたい。
自力で一発狙う競走。
和田健太郎
もちろん、千葉同士の山中君へ。
とにかく勝つ走りをやってくれれば十分。
2人で表彰台に乗れれば最高ですね。
村上義弘
三谷君の仕掛けがバッチリだったしスピードも乗っていた。
若い2人に前を任せて3番手です。
三谷竜生
村上さんと2車だったので、考えながら走った。
脚は悪くないと思う。
みんなで話して、僕は脇本君の番手へ。
ダービー連覇は意識していない。
浅井康太
今回は仕上がっているし自分でも楽しみな状態。
行くべきところでしっかり自力を出したい。
香川雄介
チャリロトとスポンサー契約をしてから初めての特別競輪。
それで決勝に進めたし凄く嬉しいですね。
2度目の浅井君。
僕はSSになるような、星の下には生まれていないですよ(笑)。
新田祐大
競輪的な動きは出来ているけど、見ての通りで非常に状態は悪い。
その中で、どう走っていくかだけ。
単騎になるけど自力で頑張る。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
五日目勝因敗因
   1RS級一般二


1 松岡 貴久
ダービーで2勝出来た事は良かったけど、エンジンがかかるのが遅すぎましたね。
最初の2走が全く車が出なかった。
2 川村 晃司
高校2年の息子が自転車をやっているので、今はそれが楽しみですね。
市田さんのところや晴智さんの子供も自転車に乗っていて、かなり強いですよ。
3 池田 良
怪我をしたけど、普通に走れた。
だけど、松岡さんが1着だしワンツーを決めたかった。
4 竹内 雄作
ゴール前は一杯になったけど、自分のレースは出来たと思う。
次に繋がるレースだった。
6 宿口 陽一
人の後ろは難しいですね。
池田勇君が苦しそうだったし、バックからの走りが難しかった。
7 高原 仁志
川村さんのカマシ、捲りに期待したし仕方ないですね。
8 永澤 剛
まさか竹内君の後ろを回れるとは…。
必死に仕事をしたけど、あれで精一杯だった。
9 池田 勇人
永沢君のブロックで止まりそうになったけど、何とか我慢する事が出来た。
最終日まで、いれないのは残念です。
 
   2RS級一般二


1 海老根 恵太
小原君が中団を取ってくれた。
あとは、自分に脚と技量があれば、もっと突っ込めていた。
2 志智 俊夫
あと79勝で6百勝だし、今はそれが目標のひとつ。
今日は良いタイミングで稲毛君が行ってくれた。
昨日の1着で少し自信を取り戻していたのも大きかった。
3 堤 洋
才迫君と友定君に作戦は任せていたけど、9番手に置かれたので。
4 金子 幸央
一旦、レースを動かそうと。
そこで脚を使ったけど、感じは悪くなかった。
地元宇都宮記念に呼ばれているので、その時は大爆発したい。
5 友定 祐己
才迫君が押さえるのが早すぎたかな。
突っ張られるのが嫌だったので。
切って、切ってがあり、結局後ろになってしまった。
6 志村 龍己
特別競輪だし、みんな強かった。
その中でも、コース取りとか色々と勉強になった。
7 小原 太樹
中団を取り、流れ込みのレース。
前も掛かっていたけど、仕掛ける勇気がなかった。
8 才迫 開
3車のメリットを活かせず、7番手になったのが失敗です。
9 稲毛 健太
僕は前に出てしまえば強いんですよ(笑顔)。
そう、昨日、メンバーが出た時に言ったでしょ。
志智さんなら差されても納得だし、良い走りが出来ました。
 
   3RS級一般一


1 阿竹 智史
僕は落車が多いし、怪我をした後の方が強い(笑顔)。
体が痛い分、気持ちが入るから。
今日は後輩の久米君が頑張ってくれた。
もう1回走れるかは、結果待ちみたいですね。
2 飯野 祐太
サドルの位置を修正したら、かなり良くなった。
後ろを同期の芦沢さんが固めてくれたのも精神的に大きかった。
3 神山 拓弥
もう自力はないので。
絡んだし、直線で伸びなかった。
4 堀内 俊介
スピードは悪くなかったけど、位置取りに失敗したので。
5 芦澤 大輔
これが現状の脚でした。
同期の飯野君は頑張ってくれましたよ。
7 林 巨人
目標不在のレースだし厳しかった。
結果的に徳島勢の後ろが一番良かったけど、自分でやった結果なので。
8 江守 昇
堀内君には地元だし好きに走れと言ってあった。
また来年も走れる様に頑張りたい。
9 久米 康平
2車だけど、良い感じでカマシが決まった。
自分は最後一杯になり6着だったけど、先輩の1着に貢献出来て良かった。
 
   4RS級特選二


1 取鳥 雄吾
まずは吉田さんを出させたのが失敗。
その分、後ろに置かれた。
ただ、スピードは悪くないので、最終日は勝てる様に頑張りたい。
2 和田 真久留
連日、不甲斐ないレースで情けない。
最終日は勝てる様に仕掛けたい。
3 吉田 敏洋
もう満身創痍だよ。
このまま帰って、入院したいぐらいだ(笑)。
次に地元名古屋記念も控えているので、残り1走、気持ちで頑張る。
4 齋藤 登志信
プラスアルファーのあおりもあり、菅田君に付いて行けなかった。
あそこで行くのは分かっていたし、離れて申し訳ない。
5 中村 浩士
最後はコースが空いて突き抜けたけど、前の2人が仕掛けてくれたので。
もちろん、今日は納得して3番手回りだった。
6 荒井 崇博
取鳥君が愛知勢を出させなければ結果は違ったと思う。
絡まれる走りで、今日はきつかった。
7 菅田 壱道
本当は和田君のところに追い上げる作戦。
だけど、バックを踏むのも嫌だし、そのまま先行した。
裸逃げだし、4着なら十分。
体は勝手に動いているし、調子はかなり良いですね。
8 田中 晴基
中村さんが番手を譲ってくれたので、もし和田君がダメなら外を踏もうと決めていた。
だけど、厳しい展開でしたね。
9 金子 貴志
僕も吉田君も体は痛いけど、強い気持ちで走っているのが、後ろで見ていて分かった。
今期は失格もあるし、少しでも点数を上げておきたいですね。
深谷君の怪我も幸い、軽傷で良かった。
 
   5RS級特選二


1 桐山 敬太郎
前回の大宮の優勝も渡辺君のおかげ。
この2場所で3勝させてもらった。
ギリギリまで粘ってくれるので、僕も仕事がしやすい。
2 北津留 翼
松川君の粘りっこい脚が活きましたね。
自分だったら、2角で一杯になっていたと思う。
3 松岡 健介
自分でやっているわけではないし、後輩に任せているから。
だから結果は気にしていない。
4 渡邉 雄太
明日も走るから、これで5回走りになる。
もちろん、初めての経験だけど、まだ若いしスタミナは残っている。
今日は桐山さんの勝利に貢献出来て良かった。
5 松川 高大
最終ホームで口が空ききつかった。
桐山さんが番手で余裕を持って仕事をしていたので、あれ以上は無理でしょう。
6 武田 憲祐
自分の位置を守れなかった。
前の桐山さんが1着だし残念。
7 清水 裕友
最終ホームから巻き返しに行ったけど、全然車が出なかった。
もしバック捲りでも、あの掛かりだと決まらなかったと思う。
同期渡辺君に負けたのは凄く悔しい。
8 柏野 智典
清水君は渡辺君に対しライバル心があるから、あのタイミングで仕掛けたと言っていた。
落ち着いて仕掛けていれば、捲りが決まっていたかも。
9 山田 久徳
昨日も今日も松岡さんに迷惑をかけている。
本当、申し訳ないです。
 
   6RS級特選二


1 太田 竜馬
スカスカしていて、全然ダメだった。
普通なら楽に捲れる展開。
付いている分には良かったけど、車を外してからは、全然出なかった。
2 中井 俊亮
最低でも中団と思っていた。
後ろが稲垣さんだし責任重大のレース。
最低限の走りは出来たと思う。
3 渡邉 晴智
真後ろから捲りが飛んできたからね。
根田君の気持ちに応える事が出来なかった。
4 根田 空史
本当、死ぬぐらいしんどい。
2車だけど、後ろの晴智さんを信じて逃げた。
あの展開で4着なら粘った方ですよ。
5 牛山 貴広
9番手になったけど、最後はコースが空いた。
それで2着まで突っ込む事が出来た。
6 伊藤 成紀
3番手は慣れていないし日々勉強です。
しかも、今日は稲垣さんの後ろだったので。
7 長島 大介
人の後ろの方が成績は良いし、自分でやった時は、こんなもんですね。
牛山さんと8、9番手では…。
8 小川 勇介
太田君とは初連係だったけど、これから連係する事もあると思うので。
次、頑張ってもらいます。
9 稲垣 裕之
今日は中井君が前々のレースをやってくれたので。
落ち着いて走れたし、良いスピードをもらう事も出来た。
 
   7RS級特選一


1 椎木尾 拓哉
内か外かの判断。
古性君が行ってしまうと思い、一緒に外を踏んだ。
内に行けば結果は違ったと思う。
2 伊勢崎 彰大
山賀君も前を飲み込むぐらいの良いスピードだった。
あとは位置取りだけだったでしょう。
3 岩津 裕介
木暮君が逃げる雰囲気を出したので、そっちの3番手に切り換えた。
3着まで優秀まで行けるので、かなり大きい。
4 萩原 孝之
9番手で厳しくなった。
今日は木暮君が強かったですね。
5 古性 優作
飛び付きとかは考えていなかった。
普通に自力勝負の作戦。
山賀さんの仕掛けに併せて踏んだけど、全然出なかった。
6 志村 太賀
俺が特別競輪で勝つなんて、今が人生のピークですよ。
有り難うございました(笑)。
7 坂口 晃輔
最後、内に行ったけど、前と遠かったですね。
8 山賀 雅仁
今日は木暮君が掛かっていた。
あの先行では捲れない。
位置さえ取れれば、面白い走りが出来るのだが。
9 木暮 安由
俺だって自力選手だし、たまには先行しますよ(笑)。
あまりにも2日間、悪すぎたので、今日は開き直って走りました。
 
   8RS級特選一


1 岡村 潤
点数は僕の方があったけど、東君は地元だし勝負しているマーカー。
だから3番手を回ったけど、岩本君の突っ張りに離れてしまった。
前に高橋君がいて、あのまま追うと失格の可能性もあるので。
2 東口 善朋
稲川君が頑張っていたし、バックを踏んででも、入れるのは当然。
最後、自分も内を伸びたので悪くないですね。
3 大塚 健一郎
(※坂本健太郎が何で競るんですか? と大塚に聞いたら、一言、仕事ですからと言ったとの事)。
4 高橋 陽介
うん、不思議ですよね。
捲りの俺の後ろを諸橋さんと大塚さんで競るんですから。
何かあったのか、みんなに聞かれました(苦笑)。
今日は飛び付き含みの先行の作戦でした。
6 東 龍之介
岩本さんが突っ張り、岡村さんが番手を譲ってくれたおかげ。
地元のビッグだし必死に付いて行きました。
7 稲川 翔
東口さんに入れてもらったから、最後、外を踏んだけど一杯でした。
9 岩本 俊介
赤板のところは危なかったし、ビックリした。
でも、誘導が残っていたので、突っ張る事が出来た。
引くと中団の選手に、あおりを作られるので。
昨日の木暮君に、それをやられているから。
 
   9RS級準決勝


1 郡司 浩平
僕は南関でバラバラに走るのは嫌だったので、この並びになった。
僕が自力と言えば、後ろが松谷さんで山中さんは別線。
自分が山中さんの後ろと言った時は、今度は松谷さんの位置が苦しくなる。
それを考えた時に、結果は別として、これがベストだと思った。
南関全体の事を考えられる様な選手になりたい。
2 脇本 雄太
ダービーと競輪祭の決勝には乗った事がなかったので凄く嬉しい。
昨日ですか? どれぐらい持つか試したかったと書いておいて下さい(笑)。
タイムも出たし、村上さんの作戦もバッチリだった。
今日は前受けで正解でした。
3 桑原 大志
これだけスピードレースになると対応し切れないですね。
4 松谷 秀幸
僕も最後の地元のビッグぐらいの気持ちで、この選択をした。
今日はワッキーが強かったし仕方ないですね。
5 渡邉 一成
本当はワッキーのレースを自分がやりたかった。
その方が持ち味が出たし、逆でしたね。
ワッキーに作戦でやられた。
6 和田 圭
一成さんのダッシュは抜群だし、そこだけ集中するレースだった。
これだけ自力選手のレベルが高いと、僕らマーク選手はきつい。
7 村上 博幸
ワッキーが芸術的な走りでしたね。
タイムも抜群だし、途中から更に掛かって行った。
もちろん、作戦は引いてのカマシだった。
8 小川 真太郎
このクラスでは、全くレースをさせてもらえなかった。
初のG1の準決だし良い勉強になりました。
みんなが踏んで前に進んでいるのに、逆に自分は下がって行く感じでした(笑)。
9 山中 秀将
自分では早いかなと思ったけど、地元の2人の気持ちを考え、最終ホームから巻き返しに行った。
もちろん、それは結果に繋がらなかったし、自分だけで申し訳ない。
 
   10RS級準決勝


1 園田 匠
これもレースだから仕方ないですね。
僕は誠一郎さん任せだったので。
2 和田 健太郎
同期平原君の番手は初めてだった。
最後は平原君と慎太郎さんの間が見えたので、躊躇なく突っ込む事が出来た。
3 三谷 竜生
一走目は良くなかったけど、日に日に良くなっている。
今日も行くべきところで、仕掛ける事が出来た。
最後は少し失速したけど、状態に不安はない。
4 中川 誠一郎
ジャンのところで、平原君に捌かれて、亮馬君との連結を外してしまった。
彼の気持ちを無駄にしてしまい、本当、申し訳ない。
5 平原 康多
2角でスピードに乗せるところで慎太郎さんと絡んでしまった。
それでスピードが死んでしまった。
6 小松崎 大地
少しでも前々の気持ちで走ったけど、番手に嵌ってから仕掛ける余裕がなかった。
実力不足です。
7 村上 義弘
三谷君の判断が良かった。
捲りが決まってからは、2車だし内だけ気にしていた。
前のレースで博幸と脇本が先に決めていたし、良い緊張感ももらえた。
9 佐藤 慎太郎
平原君を飛ばして、村上さんの後ろに巧くスイッチ出来た。
最後は外を踏んでしまい、和田君のコースを作ってしまった。
最善の走りは出来たけど、最後、もったいない。
 
   11RS級準決勝


1 浅井 康太
同期のライバルの新田君に負けなくて良かった。
もちろん、今日は練習仲間の柴崎君のおかげ。
自力でも勝てているし、番手を回っても結果が出ている。
自分でも楽しみな状態です。
2 成田 和也
新田君と山田君の中団の攻防があり、あそこでマークを外してしまった。
3 山田 英明
自分のミスがありましたね。
きつかったけど、新田君に3番手を取られたのが全てです。
4 香川 雄介
あそこまでハラケンが捲ってくれたので。
そのおかげで3着に突っ込む事が出来た。
5 新田 祐大
競輪的な動きは出来ているけど、叩き切れなかった。
それで仕方なく中団の3番手で勝負した。
それがあったから、成田さんとワンツーを決める事が出来なかった。
6 芦澤 辰弘
色々と考えて走ったけど、終わってみれば2段駆けの3番手が一番美味しかった。
三重勢の後ろにいれば良かったかも。
7 井上 昌己
山田君に遅れてはいけないと思い、必死でした。
それもあって脚を溜める事が出来なかった。
8 柴崎 淳
先行するには前から2番目の位置が欲しかった。
その位置を1番車の浅井先輩に取ってもらう作戦だった。
ちょっと長い距離を踏んだけど、浅井さんが1着で良かった。
9 原田 研太朗
いつもなら行ってしまう感じだったけど、今日はブロックが強烈過ぎた。
ドンピシャで止められてしまった。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
四日目勝因敗因
  1R S級一般二



1 稲毛 健太
誰かが切った上を、すかさず行こうと思った。
近畿の先輩達に自転車の事とかアドバイスをもらい。
今日が一番スピードが出ていた。
途中で、川村さんとのワンツーを確信した。
多分、1着だと、もう1回走れるみたいですね。
2 竹内 智彦
稲毛君がイエローライン辺りを捲ってきたので止める事が出来なかった。
3 川村 晃司
稲毛君の好きなタイミングで行ってもらった。
最後も踏み直したし、抜けなかった。
2着では、もう1回走れるか、結果待ちみたいですね。
4 松坂 英司
これが現状の脚だったし、また鍛え直しますよ(笑)。
地元のビッグに出場出来た事は誇りに思う。
5 黒田 淳
流れに乗れるかどうかが自分のレーススタイル。
今日は3着だけど、自分の走りは出来た。
ダービーは一次予選で単騎の時しか勝ち上がっていない。
次の京王閣記念で、うっぷんを晴らしたい。
8 藤田 昌宏
来年のダービーも出場出来る様に、賞金の上積みをはかりたい。
もちろん、補充は喜んでどこにも行きますよ。
9 阿部 拓真
今回は落車もあったけど、初の特別競輪で色々と勉強になった。
  2R S級一般二



1 小原 太樹
ちょっと見過ぎて、仕掛けが遅れた。
内藤さんに迷惑をかけるレースだった。
2 笠松 信幸
あれだけ頑張ってくれれば、川口君は十分ですよ。
自分も4角からは一杯だった。
3 松岡 貴久
ここで負けたら、九州からお帰りは俺だけになっていた。
昨日は8番手で失敗したけど、今日は前がもがき合いで捲りが決まった。
4 川口 聖二
鈴木君を出させず、それで脚が売り切れた。
負け戦にしては、迫力のあるレースをみんなやっていたと思う(笑)。
5 鈴木 竜士
今開催は一度もバックを取る事が出来なかった。
川口君に今日は脚負けです。
7 内藤 秀久
運がなかったかな。
一次予選も渡辺雄太君が完璧なレースをやってくれた。
柴崎君が強かったし、中川誠一郎さんに10秒5で捲られては…。
勝ち上がれるパターンで失敗したので。
俺は雑草だし、こんな試練は何度も経験している。
次の高松宮記念杯は、もっと頑張りたい。
8 三宅 伸
せっかくの特別競輪で4日でお帰りとはね(笑)。
視界から消えたけど、松岡君は頭まで行ったんだ。
9 金子 幸央
人の後ろはタイミングが取りづらいけど、鈴木君が頑張ってくれた。
浮いて共倒れは嫌だし、自分で仕掛けたけど、松岡さんが強かった。
  3R S級一般二



1 志智 俊夫
前のレースの川口聖二に聞いたら、凄く流れると言っていた。
だけど、きついし、走ったら嘘だと分かった(笑)。
良い時の竹内君の捲りなら完全に千切れていた。
今日ぐらいの捲りだったので、付いて行く事が出来た。
最近、自信を無くしていたので、この1着は嬉しい。
2 横山 尚則
前の伊藤さんに振られたり、竹内さんが来て被ってしまったけど、その前に行かないとダメですね。
3 齊藤 竜也
鈴木君が内から抜け出して先行したので、慌てて追い掛けた。
そこで、かなり脚を使ったし、4角から伸びなかった。
4 佐藤 友和
位置を取っただけで終わってしまった。
今は喋れないぐらい、しんどい。
5 竹内 雄作
8番手になった時は、今日もダメだと半分諦めた(笑)。
だから、行くしかないなと。
その開き直りが良かったかも。
6 伊藤 大志
急に正規配分になったし、ダービーを走れただけで良かったですよ。
また、頑張ります。
7 天田 裕輝
自力ではなく、マーク戦だし、前に任せた結果なので。
8 鈴木 裕
先行して力を出し切った結果。
次に繋がれば良いと思い主導権を取った。
9 永澤 剛
3着では最終日まで走れないけど、最後は良い感じで突っ込む事が出来た。
友和さんが良い位置を取ってくれたおかげ。
  4R S級一般二



1 朝倉 佳弘
前の2人がワンツーだし脚がなかった。
前田さんのブロックが効きました。
2 中井 太祐
内容では新山君に勝ったけど、やはり結果が欲しかった。
もがき合いを宿口さんに捲られてしまった。
3 新山 響平
今回は西武園記念の時の仕上がりではなかった。
また、出直しです。
4 前田 拓也
中井君が頑張っていたし、番手の仕事はやろうと。
その結果が3着だった。
5 宿口 陽一
G1初勝利だけど、今日は展開が全て。
あれだけ、もがき合いがあったからね。
意外と穴人気になっていたし、それに応えようと。
6 志村 龍己
朝倉さんが番手を譲ってくれたおかげ。
宿口さんが強かったし、あの捲りを抜くのは無理。
7 小野 大介
伏見さんが前を回って良いと言ってくれたし、気合いは入った。
新山君が行けないのなら仕方ない。
8 伊藤 正樹
3番手だし、同期前田君が仕事をしやすい様に内を締めていた。
中井君は頑張ってくれましたよ。
9 伏見 俊昭
勝負の世界だから、結果が全て。
過去の実績は関係ないし、僕ももう42歳なので(笑)。
  5R S級特一般



1 杉森 輝大
レースを乱そうと思い、叩いたけど、後方になってしまった。
脚がないですね。
2 林 雄一
目標の堀内君が車体故障。
アクシデントがあり残念です。
3 野原 雅也
突っ張られるのが嫌で、一旦、前に出て考えようと。
堀内君を叩いてからは一杯だった。
4 堀内 俊介
最終ホームで接触して車体故障。
自分も悔いが残るレースだし、ファンの車券にも迷惑をかけた。
5 山内 卓也
野原君のカマシが強烈だった。
3番手だし、前に付いて行くので一杯。
7 佐藤 博紀
単騎なので真ん中にいて被るより、一発を狙う走りになった。
G1初勝利なので、記念を優勝した時と同じぐらい凄く嬉しい。
スピードもかなり出ていました。
9 南 修二
野原君が頑張ってくれたおかげ。
ワンツーかと思ったら、佐藤君が捲ってきた。
それで2,3着だった。
  6R S級特一般



1 渡部 哲男
急にアクシデントも多くなったし危ないね。
ここも目の前で阿竹君が落車だから。
2 早坂 秀悟
突っ張りは作戦? いや、中団でふたをしているのが見えたし、その時の判断。
人気だったし山崎さんとワンツーが決まり良かった。
3 澤田 義和
松岡君に任せていたけど、早坂君に突っ張られては…。
4 大塚 玲
(落車棄権。
鎖骨骨折の疑い)。
5 池田 憲昭
ラインの先頭の同期阿竹君が落車。
展開にツキがなかった。
6 山田 義彦
選手紹介で少し見せたし、半分、北日本ラインの後ろに決め打ち。
自力で勝てる状態でもないし、どこかのラインに乗らないと。
こんな酷い状態でも、ダービーの中で一番成績が良いし、分からないもんですね(笑)。
7 阿竹 智史
(落車し棄権)。
8 松岡 篤哉
ジャン前にきちんと叩きに行かないとダメですね。
自分のレースをさせてもらえなかった。
9 山崎 芳仁
今日の作戦? 俺が早坂君の踏み出しに千切れない事(笑)。
これで5回走りになるけど、もちろん選手になり初めてですよ。
一応、取るか取らないかぐらいの選手だったので(笑)。
  7R S級選抜一



1 大槻 寛徳
(落車も再乗し6着)。
2 石塚 輪太郎
ジャン前のピッチが緩かった。
もっとスピードをあげておかないと。
そこがポイントだし、その後は引くに引けなくなり完全に負けパターン。
下手クソだったし、後ろの西岡さんも落車。
次は、きちんと力勝負が出来る様に。
3 神山 雄一郎
山岸君は良いポイントで行ってくれた。
だけど、田中君に絡まれ、ちょっときつかったね。
4 濱田 浩司
(落車し棄権)。
5 内藤 宣彦
危なかったね。
金網のところまで、落車を避けたから。
そこは運が良かった。
6 坂本 貴史
(落車し棄権)。
7 田中 晴基
みんなに粘られて舐められていると思った(笑)。
僕も自在選手なので。
やり合いを期待して捲りに構えると不発の可能性が高い。
だから、少しでも前々のレースを意識した。
神山さんに踏み勝てたのは自信になるけど、もっとスパーンと捲る走りが理想。
8 山岸 佳太
とにかく、一次予選のレースを反省して積極的に走ろうと。
前受けでも、必ず仕掛けるタイミングは来ると思っていた。
田中さんが強かったけど、神山さんと2、3着なら納得です。
石塚君とは初対戦だったけど、いつもテレビを見ていて研究していた。
9 西岡 正一
(落車し棄権)。
  8R S級選抜一



1 吉田 拓矢
勝負どころで内に差し込んだり、組み立てが下手だった。
後ろの吉沢さんと筒井さんに迷惑をかけた。
2 筒井 敦史
ジャンのところが吉田君はポイントだったね。
内に降りようか考えたけど、前も自力の吉沢君だったので。
3 成清 貴之
今日も俺でなく、雄太が勝つ作戦をやってと同期の晴智君に言われていた(笑)。
2車で逃げ切るのだから、本当に強いね。
4 高橋 和也
早めに押さえないと吉田君の突っ張りがあるので。
ただ、少し早かったので、南関勢の巻き返しを許してしまった。
5 渡邉 雄太
本当は2車だし中団の組み立てだった。
だけど、行く順番が来たので勇気を持って先行した。
みんなに良いレースと言ってもらえ、それが嬉しい。
6 小嶋 敬二
外に浮いてから捲りに行ったので、きつかった。
渡辺君にバックの追い風を利用されてしまった。
7 吉澤 純平
あんな展開になるとマーク選手でないから対処が出来ない。
吉田君に任せるレースだけど難しかった。
8 坂本 健太郎
4着権利だし、4着に入る作戦。
まずは、中部勢に乗るのが2段駆けだから一番良いと思った。
結果は南関の後ろが美味しかったけど(笑)。
9 北野 武史
先行しているぐらいきつかった。
あの展開なら4着でなく、3着に入りたかった。
  9R S級二予選



1 和田 圭
高橋さんのおかげ。
巧くコースに入れたけど、ちょっと内に入るのが早すぎたかな。
自分で踏んで伸びたと言うより、吸い込まれた感じでした。
2 岩本 俊介
敵は北津留君と思っていた。
前を取ればああなると思っていたし、みんなに警戒されて行くタイミングをずらされた。
必死に踏み上げたけど、前も番手捲りだし、味方を引き上げる事が出来なかった。
3 木暮 安由
岩本さんの仕掛けをずらそうとしたけど、巻き返しが早かった。
それで被ってしまい、自分の走りが出来なかった。
4 坂本 亮馬
嬉しいけど、翼があんなに吹かすとは…。
本当は併せて踏めと言ってあったんだけど。
岩本さんのスピードがかなり良かったけど、番手捲りで何とか間に合った感じですね。
5 渡邉 晴智
うん、一次予選で3着だから勝ち上がるのは厳しいと思っていた。
その中でも、前の2人が頑張ってくれたし、気持ちは伝わってきた。
6 高橋 陽介
あのまま、外に張らず、前に付いて行き流れ込みの方が良かったかな。
どうしても、自分は自力選手だから、自分でレースをやろうと思ってしまった。
そこの判断は微妙ですね。
7 桐山 敬太郎
岩本君はダッシュが良いから、口が空くのは想定内。
彼と心中の気持ちがあったからシビアに対応出来なかった。
終わってからの話になるけど、晴智さんとワンツーを決めるなら、亮馬のところに強引に降りて、外の岩本君から切り換えるレース。
もっと、伸びて行くと思ったし、それは出来なかった。
8 長島 大介
木暮さんに好きに走ってもらったし、前任せだったので。
9 北津留 翼
今日は先行と決めていた。
じゃんけんで亮馬に勝ち、自分が前になったので(あくまでも、ジョーク)。
思った以上に、岩本さんの巻き返しが早かったし、風が強くて残れなかった。
  10R S級二予選



1 大塚 健一郎
誠一郎の捲りがバイクみたいだった。
付いて行けなかったし脚がなかった。
2 金子 貴志
1日休めたので、怪我は大丈夫だと思う。
今日は前の吉田君のアクシデントがあったので。
3 新田 祐大
途中の接触で車体故障があった。
後輪が壊れてしまい、ずっとブレーキが掛かっているみたいだった。
でも後ろが成田さんなので、強引に仕掛けた。
繰り上がりの3着だけど、競輪はツキも大切なので。
4 清水 裕友
これ以上、良いレースは出来ない。
ジャン過ぎに新田さんが見えて、そこで踏まされてしまった。
悔いの残らないレースです。
5吉田 敏洋
(落車し棄権)。
6 萩原 孝之
新田君は車輪が壊れたみたいだし仕方ないですね。
展開さえ向けば、ある程度、伸びると思う。
7 中川 誠一郎
新田君が前受けかと思ったけど、出ないので、スタートを取りに行った。
ホームでアクシデントがあったけど、捲りが決まり良かった。
初日の方がタイムも出ていたし、切れもあった。
準決は俺、亮馬、園田君の九州は3人。
競る追い込み型ではないけど、基本的に人の後ろでやりたいので、亮馬に任せる。
8 松浦 悠士
(斜行して2着失格)。
9 成田 和也
作戦は新田君に任せていたけど、ずっと苦しそうでしたね。
みんな強いから、すんなりしたレースにはならない。
2センターからは、シビアだったかもしれないが、内に斬り込むしかなかった。
  11R S級GDR



1 浅井 康太
単騎のレースだったし、後方になるのは想定していた。
1コーナーで併走になったけど、そこを凌げたのが大きかった。
出来は西武園記念より間違いなく良いけど、本当の勝負は準決。
10ぐらいの感じでなく8、9割で踏み、最後、思い切り踏み込んだ感じ。
状況判断は出来ている。
2 桑原 大志
このクラスはスキがないし、みんな凄すぎる。
離れない事だけを考えたけど、厳しいレースになった。
3 村上 義弘
作戦は特になかったし、流れの中で判断する感じだった。
まずは、郡司君の捲りが飛んできたし、彼が強いと感じた。
4 村上 博幸
2走してみて、落車の影響は感じていない。
これから何度、兄と一緒に走れるか分からないし、一緒に走る事を目標にしている。
5 山田 英明
人任せにせず、自分で仕掛けようと思っていた。
郡司君に先に行かれたけど、村上さんの番手捲りを乗り越えられたし、脚は良いと思う。
6 郡司 浩平
切って、近畿勢を出すのは作戦通り。
初日の不甲斐ないレースがあったので、今日は強引にでも行こうと。
次に繋がる走りは出来たと思う。
7 原田 研太朗
僕だけ立ち遅れたレース。
郡司君が仕掛けた時に、乗って行かないとダメですね。
8 園田 匠
レースの直前まで、翼にセッティングを見てもらっていた。
山田君が仕掛けた時に、口が空き、浅井君に割り込まれる感じになった。
9 脇本 雄太
早めに押さえられたので、引くしかなかったですね。
山田さんを外併走にして、中団のもつれを誘いたかったけど。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
三日目勝因敗因
  1R S級一般一



1 小野 大介
流れが向かないけど、後ろから突っ込まれて、落ちなくて良かった。
これだけ、怪我が続いていると、無事に走れただけでも。
2 稲毛 健太
悪い感じはしないけど、車の進みが良くない。
また、これから南修二さんにアドバイスをもらおうと思う。
3 飯野 祐太
今回はセッティングが出ていない。
それが、今日、叩けなかった要因です。
4 山岸 佳太
昨日、不甲斐ないレースだったので、今日は大切なレースになると思っていた。
G1初勝利だし、これで百勝達成。
神山さんと信頼関係のある走りも見せる事が出来た。
力勝負に勝ったのも大きいですね。
5 志智 俊夫
落車があり、避けて、避けて、一番の外。
危なかったし、展開がきつかった。
6 小沼 良
今まで、特別競輪は3着が最高。
2着に入れたし、平塚の奇跡ですよ。
僕が2着だから、50万車券でしたね。
7 神山 拓弥
捲りが来れば、全部止めてやると、山岸君には言ってあった。
だけど、飯野さんが外でへばり付いていて、なかなかどかなった。
8 伊藤 大志
池田君の落車に乗り上げなくて良かった。
目の前の落車だし、危なかった。
9 池田 良
(落車し棄権)。
  2R S級一般一



1 林 雄一
堀内君は、こう言う強風の展開は得意。
だから、行ってくれれば面白い走りが出来ると思っていた。
大槻君の強襲はあったけど、堀内君と2着同着なら満足ですよ。
2 松岡 貴久
思っている展開にならない。
と、言うか、思っている展開に持ち込めていない。
レース勘が悪く8番手では…。
九州で最終日まで走れないのは、俺だけになりそうだね(笑)。
3 阿部 拓真
中団4番手を楽に取れた。
だけど、被る前と思ったし、自分のタイミングではなかった。
一次予選で落車したけど、その影響はない。
4 林 巨人
中井君の判断だったし、ちょっと後ろになり過ぎた。
5 堤 洋
松岡君はレースが上手いし、ヨコも強い。
だけど、今日みたいな事もあるし、これが競輪でしょう。
6 松坂 英司
堀内君が行ってくれたけど、前の林君もきつそうでしたね。
自分は内を締めていただけなので。
7 大槻 寛徳
前が不発で突っ込む展開。
逆に何にも考えなくて良いから、走りやすかった。
番手で仕事をしてから勝つのは難しいので。
8 堀内 俊介
行く順番が来たし、ジャンから先行した。
ホームが向かい風だけど、ここに突っ込んで行く展開は大好き。
そこさえ我慢すれば、バックで流れるから。
体の線は細いけど、悪コンディションは得意です。
9 中井 太祐
前で決まったし、組み立ての失敗です。
林さんに迷惑をかけた。
  3R S級一般一



1 竹内 雄作
組み立てが中途半端だし、きちんと叩かないとダメですね。
脚より気持ちの問題でしょう。
2 武井 大介
(落車の影響で4日目から欠場)。
3 山崎 芳仁
坂本君が良いレースをやってくれた。
少し口が空いたし、その分、差す事が出来なかった。
あわや、離れるところでした。
4 金子 幸央
自力型のレベルが高かったけど、今日は何にも出来なかった。
5 海老根 恵太
松坂君が行ってくれたけど、きっちり仕事が出来なかった。
前にも後ろの武井君にも申し訳ない。
6 松坂 洋平
風が強いから、駆けた僕もきつかったけど、後ろもきつかったと思う。
だから力は出し切れたし、仕方ないですよ。
7 芦澤 大輔
どんな展開でもマーク選手なら3着以内を目指して走っている。
残りも気持ちのこもった走りをやるだけ。
8 坂本 貴史
山崎さんとワンツーが決まり良かった。
一次予選も位置取りに失敗しただけで、感触は悪くなかった。
振り切れたのも自信になりますね。
9 笠松 信幸
竹内君もそうだけど、自分も噛み合っていないですね。
そう感じたレースでした。
  4R S級一般一



1 友定 祐己
久米君の判断は間違っていないと思う。
わしも、きつかったし突っ込む脚がなかった。
2 河野 通孝
審議はセーフですか。
だけど、宿口君に迷惑を走るレースだったし申し訳ない。
3 早坂 秀悟
坂本さんは自力選手だし差されたのは納得ですよ。
ホームの追い風を利用して、流しながらの先行だった。
ハードなトレーニングで疲れが溜まっていたし、1日休めたのが大きいですね。
5 久米 康平
早坂さんが2車で来れば、出させても良いと思っていた。
あそこで突っ張るのは早いので。
だけど、その後、捲れなかったし、そこは力不足。
6 坂本 健太郎
あれは、離れたのでなく、わざと離れながら追い掛けただけ。
その方が後ろはきつくなるから。
もちろん、早坂君はスーパーダッシュだけどね。
メンバーを見て、地元勢が早坂君に行かないと分かった時点で、自分が1着だと思った(笑顔)。
7 齊藤 竜也
小原君は脚を使い、良い位置を取ろうと思っていた。
その気持ちだけで十分ですよ。
9 小原 太樹
番組的には早坂さんマークだったんでしょうが。
今日は勝負どころで一番後ろになったのが失敗ですね。
  5R S級選抜



1 北野 武史
救いは渡辺君が2車で来た事。
あの展開になれば、南君達が、付いて来ると思っていた。
最後は、高橋君に併されてしまった。
2 成清 貴之
渡辺君が強すぎた。
普通なら、前に出るとスピードが落ちて行くもんだが、グングン加速して行った。
4 杉森 輝大
一次予選も今日も、後手を踏み、力を出し切れていない。
もっと積極的な気持ちにならないと。
5 筒井 敦史
基本的に、決めずにやるレースだったけど、中部勢の後ろで良いと思っていた。
6 山田 義彦
自分でやって勝てる状態ではないし、杉森さん任せだったので。
7 渡邉 雄太
2場所前の大宮から、民間投票サイトのギャンブーとスポンサー契約して、ユニフォームの胸にロゴを入れてもらえた。
だから責任感も前より出てきた。
今日は良いタイミングで仕掛けて成清さんとワンツーが決まり良かった。
8 高橋 和也
渡辺君の勢いが良くて併せ切れなかった。
だけど、何とか我慢して3着に入る事が出来た。
最近の中では一番良いかも。
9 澤田 義和
南君の捌きと捲りに期待していたので、今日の展開では仕方ない。
  6R S級選抜



1 神山 雄一郎
うん、しょうがないね。
もう、松岡君も駆けてしまったから。
ああなると、吉田君も巻き返せないよ。
2 田中 晴基
小嶋さんに位置取りで負けたし、強かった。
流れ込みの3着ですね。
3 山内 卓也
小嶋さんに突っ張られると思い、思わず「小嶋さん!」と声を出しそうになった(笑)。
そうしたら、今度は3番手に入った小嶋さんから「松岡、駆けろ!」と聞こえた気がする(笑)。
どうあれ、今日はガチンコでしたが。
4 松岡 篤哉
小嶋さんに突っ張られると思い、ジャン前は慌てました。
自分のレースをやって捲られたし、力負けですね。
5 濱田 浩司
小嶋さんが巧かったし強かったですね。
後ろを回り正解でした。
抜くのは、とても、とても…。
6 小嶋 敬二
半分、突っ張っても良いと思った。
脚を使い、良い位置も確保出来た。
特別競輪で、みんなに囲まれるのも久々だよ(笑)。
7 吉田 拓矢
勝負どころで見てしまった。
どこか頭の片隅に、風も強いし、持たないと考えてしまっていたかも。
神山さんと、3番手を回ってくれた渡部さんに申し訳ない。
9 渡部 哲男
自分で関東勢の後ろを選んだし仕方ないですね。
小嶋さんも魅力だと思ったけど、そこがセオリーでしょう。
  7R S級二予選



1 松谷 秀幸
山中君のダッシュがやばかった。
踏み出しが良いのは分かっていたけど、今回の仕上がりは半端ではない。
自分は追い付いて一杯だし、脚がなかった。
2着に入らないと厳しいので。
2 井上 昌己
まずは松川君の頑張りがあったから。
そこからは冷静に自分で踏む脚があった。
みんなに調子良いと言ってもらえるし、そこは凄く嬉しいですね。
3 稲垣 裕之
昨日も今日も力勝負をやった結果。
先行の組み立てで負けたし、納得です。
4 武田 憲祐
山中君のダッシュが半端でなかった。
自分の脚では付いて行けない。
5 稲川 翔
稲垣さんが行ってくれたのに、捲りを止められず、僕の技量不足です。
6 荒井 崇博
先行の3番手ならともかく、あの展開の3番手は難しい。
全てに置いて、ワンテンポずつ、ずれて行くから。
昌己を見失ったし、あれは付いていけない。
7 山中 秀将
選手なら誰だって、決勝に乗る事しか考えていない。
それは僕も一緒。
7番手になったけど、落ち着いて走れたし、スピードもかなり乗っていたと思う。
8 近藤 龍徳
あそこから行く稲垣さんは、流石ですね。
結果は別として、凄みを感じました。
9 松川 高大
稲垣さんの巻き返しが早く、何にも出来なかった。
昌己さんだけでも準決に進んでくれ良かった。
  8R S級二予選



1 橋本 強
(妨害し落車失格)。
※小川が行く感じではなかったので、内を決めようと思い、差し込んでいたから、接触して落車したとの事。
2 諸橋 愛
小松崎君に付けなかった理由ですか? ここは高速バンクだし、後ろになった時に対処出来ないから。
自分でやれば負けても納得がいくし、今日のレースも悔いはない。
3 椎木尾 拓哉
目の前で中井君が落車。
あれでは、どうにもならない。
橋本さんが外から強引に降りてきた感じでした。
4 柏野 智典
落ち着いて小川君を入れる事は出来た。
ただ、彼が仕掛けた時にダッシュが凄くて離れてしまった。
5 中井 俊亮
(妨害受けて落車棄権。
ただ、レース後は検車場を歩いていたし軽傷の様子)。
6 志村 太賀
諸橋さんが自分でやると言ったので小松崎さんに付けた。
そこが恵まれる要因だったけど、激しい動きを見せる事が出来たと思う。
ビデオで確認して下さい(笑顔)。
7 小川 真太郎
橋本さんが落ちたのは分かった。
ただ、中井君までは分からなかった。
あとは柏野さんが入れてくれたおかげ。
特別競輪をピンピンの勝ち上がりだし上出来でしょう。
8 小松崎 大地
冷静に走れたけど、本当は小川君を出させないつもりだった。
ただ、その気持ちがあったから番手に入れたと思う。
捲る勇気まではなく、大事に直線勝負になった。
9 東口 善朋
アクシデントがあるレースだし仕方ないですね。
中井君の落車で僕らは厳しくなった。
  9R S級二予選



1 古性 優作
ジャンのところから4番手に入るまで、かなり脚を使ってしまった。
その分、最後に一杯になってしまった。
2 香川 雄介
本当、申し訳ない。
太田君を犬死にさせるレースで。
胸にチャリロトのロゴも入れてもらえたし、もっと頑張らないと。
3 和田 健太郎
真久留の地元だし、2人でワンツーを決めたかったけどね。
脚を使い位置を取ったし、車が出なくても仕方ない。
内容的には完璧なレースだったと思う。
4 太田 竜馬
内から行ったので香川さんと連結が外れたのは分かった。
かなり、もがき合いになったけど、力を出し切る事は出来た。
5 菅田 壱道
トリッキーな古性君より先に仕掛ける事は出来た。
トップスピードが足りないと改めて実感したけど、何にもやらない訳ではなかったので。
120%の力を出して負けたので、納得ですよ。
6 伊勢崎 彰大
3番手だし、外に浮いてきつかった。
だけど、自分の感じは悪くない。
7 三谷 竜生
古性君なら、キッチリ位置も取れるし、気持ちの余裕もあった。
勝つ事が出来て良かったけど、残せなかったのは残念です。
ダービー連覇は意識していないし自然体で走るだけ。
8 齋藤 登志信
こう言うスピードレースになると、きついですね。
その中でも菅田君は頑張ってくれましたよ。
9 和田 真久留
踏み合いになったし、被ってしまい外に持ち出せなかった。
勝ち上がりに失敗したけど、地元のビッグだし残りは勝ちたい。
  10R S級二予選



1 岩津 裕介
取鳥君も頑張ってくれたけど、一成君の巻き返しが早かった。
3着だし、残りのレースの結果待ち。
だけど、どうしても特選組が有利になってしまうので。
2 佐藤 慎太郎
競輪は運だし、繰り上がったツキがあっただけ。
これも、普段の行いが良いから。
一成君の仕掛けを差したし、脚はバッチリ。
勝利者インタビューは後閑さんとの掛け合いだけど、面白い事は言わないよ(笑)。
3 山田 久徳
3車だけど、後ろの先輩に迷惑を掛けてしまった。
申し訳ないですね。
4 松岡 健介
山田君との連係は多いし、何度も世話になっているから。
今シリーズは人の後ろが多くなるけど、与えられた番組と与えられたメンバーで頑張るだけ。
5 岡村 潤
理想的なフォームでもがけているし、脚の感じは良いですね。
あと少し、展開が噛み合えば。
7 渡邉 一成
慎太郎さんは3着だと勝ち上がれない。
だから長い距離をもがこうと意識していた。
そう言う練習を、いつもナショナルチームのトレーニングでやっているから。
今日は大きいレースが出来ました(笑顔)。
8 山賀 雅仁
踏み出しのスピードは良かったし、一成君の前まで行けていたら…。
9 取鳥 雄吾
ホームが向かい風で掛かり切らなかった。
だけど、簡単に行かれすぎたし、これが今の実力でしょう。
  11R S級二予選



1 平原 康多
内に差し込んでしまい、引っこ抜いてからのレースだった。
ジャンでは先行するか悩んだけど、そこは柴崎君が上手かった。
まともに力を見せていないが、悪い感じはしていない(笑)。
2 坂口 晃輔
外の中村さん、内に平原さんが来て、あんこになった。
最後も芦沢君が強引に突っ込んできたけど、マーク選手なら違う方法があったかも。
柴崎さんが行ってくれたけど、キッチリ対応出来なかった。
3 中村 浩士
弟子の根田君は頑張ってくれたし、あとは、自分にもっと脚があれば。
4 根田 空史
柴崎さんと平原さんの早駆けはないと思い、前を取った。
風も強いし引いてカマシの作戦。
ちょっとタイミングは狂ったけど、平原さんの前まで行けた時は、決まったと思った。
だけど、柴崎さんが強かったですね。
5 芦澤 辰弘
これを頑張った方と見るか、もっとやるべき事があったのか、これから検証したい。
平原さんの後ろだし異常なぐらい気持ちが入り、反動が怖い。
だけど、それぐらいの気持ちで走らないと、平原さんに失礼になるので。
7 柴崎 淳
最後は気合いで残りました。
初手の並びで、こうなると思っていた。
結果でなく、力を出し切るか、出し切らないかだけを考えていた。
8 小川 勇介
単騎だし、難しかった。
6着でも仕方ないですね。
9 牛山 貴広
平原君の判断だったからね。
彼が内に行ったし、ちょっと遠かった。
  12R L級ガールズ



1 児玉 碧衣
バリきつかった。
2センター、4コーナー回ってから風をモロに受けて、そこでちょっと踏ん張れなかった。
松山のガルコレに続いてまた2着。
いったい何が足りないんだろう。
2 高木 真備
大事にいったわけではないけど…。
1回動いてって思っていたのに、仕掛けられなかったのはものすごく悔しい。
また練習してきます。
3 太田 りゆ
スピード的にはだいぶ余裕があった。
包まれたときにも慌てることはなかったし、最後あれだけぶつかっても冷静にいられた。
結果はダメだったけど、いいレースができたんじゃないかな。
強かったと思う、私(笑)。
4 鈴木 美教
作戦的には碧衣ちゃんか真備ちゃんの後ろと考えていた。
4コーナーではまだ力が余っていたけど、外に持ち出せるところがなくて、思い切り踏み込むことができなかった。
結果3着というだけで納得のいくレースではないですね。
5 山原さくら
目先のことより1年トータルのことを考えてああいうレース(先行)をした。
現状ではまだまだというのがよく分かりました。
ただ、あそこで前に出られたのは収穫だし、これからにつながると思います。
6 石井 貴子
スタートで真ん中を取れたのはラッキーでしたね。
あとはしっかり児玉さんを追いかけて、ゴール前は思い切りハンドルを投げた。
抜けたかどうかは正直分からなかったです。
去年はグランプリにも出られず色々考えさせられた1年だったし、こうやってこの舞台に帰ってきて勝てたのは幸せ。
7 内村 舞織
何もできないうちに終わってしまった。
次はもうちょっと積極的なレースをしたいですね。
改心して出直してきます。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
ゴールデンレーサー賞インタビュー


浅井 康太
3着で勝ち上がれたし最低限のことは出来た。
日にちが空いてゆっくり休めるのもプラス。
単騎でいつも通り走ります。
桑原 大志
確変がまだ続いているみたい(笑)。
準決確定でお腹いっぱいです。
1走目で世話になった山田君には悪いけど、ここは中四国のラインで原田君にマークする。
村上 義弘
脇本君の頑張りに尽きますね。
自分自身は松戸から徳に上積みはないけど、色々試したことが今回の1走で出せたと思う。
また脇本君に全て任せます。
村上 博幸
落車明けだったのでここまでは慎重に調整してきた。
まだ1走だけだけど、何とかなるかなって感じです。
脇本-兄の後ろで近畿3番手。
山田 英明
深谷君を捲れたのは自信になったし、あれだけのメンバーで一番人気に推されていたのも嬉しかった。
見ての通りで調子は問題ないと思います。
いつもの自分のレースをして園田さんと決めたい。
郡司 浩平
初日の感想? みんな強い。
僕だけ流れ込みのレースで、ちょっと見た目がよくなかったですね。
感覚的には上向いているので、今度はしっかり仕掛けたい。
単騎でも自力勝負。
原田研太朗
本当は(渡辺)一成さんのカマシを待っていたんですけどね。
来ないから腹を括って駆けた。
自分のパターンではない押さえ先行で残れたのは大きい。
また自力で勝負します。
園田  匠
8番車は好きな車番。
普段以上の力が出そうな気がする(笑)。
1本走って刺激が入ったし、山田君を援護してゴール前勝負したい。
脇本 雄太
前検日からものすごく体調がよくて、自分の中では100%のデキ。
村上(義弘)さんが後ろで安心感もありましたね。
2日間の休みで調整 できるのも大きい。
ここも前でしっかり頑張る。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
二日目勝因敗因
  1R S級一般一



1 横山 尚則
1車だったし仕方ないですね。
ただ、後ろが付いて来れないと言うのは、自分の仕掛けもイレギュラーだったと言う事。
もっと早めにも行けたし、そこは反省点です。
2 西岡 正一
昨日は川村さんに千切れているし、こんな時に1着を取りすみません。
野原君のダッシュが凄くて踏み出しに集中した。
あとは、強引に番手から出て行ってくれたおかげ。
3 河野 通孝
見ての通りですよ。
横山君に千切れて申し訳ない。
きちんと付いて行ければ結果は違った
5 永澤 剛
自分で動く脚はないし、友和さん任せだったので。
6 朝倉 佳弘
自分もきつかったし、前の河野君は展開もあるから離れたのは仕方ない。
7 野原 雅也
本当はホームで横山さんを出させる気持ちはなかった。
でも、併せ切れなかったし内容では負けている。
その悔しさもあるから、力勝負で早めに捲ってみた。
8 佐藤 友和
若い子相手に、自分のレースが出来なかった。
9 高原 仁志
たまたま、このレースで一番点数を持っていたけど、自分が一番脚がないので。
  2R S級一般一



1 川村 晃司
踏み出しで石塚君のダッシュに遅れた。
そこを鈴木君に飛び付かれてしまった。
何とか自分の位置は守れたけど、余力は全くなかった。
2 山崎 芳仁
地道にやっていれば、また良い事があると思う。
政治の世界と一緒で、この先、何が起こるか分からないからね(笑)。
3 池田 憲昭
才迫君は良いスピードでした。
行ってしまうかと思ったけど。
そのスピードを借りて2着に突っ込めた。
4 伏見 俊昭
山ちゃんには、何度も世話になってきたので。
2人で一緒に走るのは結果は別として楽しいですよ。
5 天田 裕輝
鈴木君には好きに走れと言ってあった。
人の後ろだし、今日のレースは参考外。
6 才迫 開
初日みたいなレースも持ち味だけど、今日みたいな捲りも好きなレース。
ちょっと見せ場を作れているし、自信が付いてきた。
7 石塚 輪太郎
3車だし、そのメリットを最大限に活かす事が出来た。
G1初勝利だし、一生の思い出になるレースです(笑顔)。
8 伊藤 正樹
カマシの3番手で、かなりきついレースだった。
9 鈴木 竜士
石塚君に行かれてしまったのは力不足。
川村さんが遅れて来たので飛び付いた。
だけど、負けている様では。
  3R S級一般一



1 池田 良
川口君が行けないと思いバックで内に降りた。
そこから4角手前自分で踏み込んだけど、思ったより伸びなかった。
惰性を借りてなら、突き抜けたと思うけど。
2 池田 勇人
なかなか前が決着しなかったし、仕掛けるタイミングが難しかった。
3 内藤 宣彦
自分でバックは波を作り仕事が出来たと思う。
新山君が行ってくれたおかげだけど、特別競輪で勝てて嬉しい。
4 大塚 玲
1個、1個、コースが空いた。
念じていたのが良かったかな(笑)。
お前の時は、内が空くと林雄一さんに、冷やかされた(笑)。
5 岡部 芳幸
内を来られたのは失敗ですね。
新山君が行ってくれたけど、きつかった。
6 志村 龍己
本当は内に行かないとダメ。
昨日も今日も、そこが反省点。
7 川口 聖二
新山君を叩けなかったし、脚負けですね。
まだまだ特別競輪で勝つには難しい。
8 鈴木 裕
もがき合いで、展開は良かったけど…。
そのチャンスを活かし切れなかった。
9 新山 響平
主導権を取ったけど、途中で一杯になった。
掛からないと思ったら、本当に掛からなかった。
普段なら持つ距離だし、今回はちょっとおかしい。
  4R S級一般一



1 内藤 秀久
山を登る感じで吉沢君が捲って行った。
あのダッシュに対応するのは、自分では無理。
2 佐藤 博紀
毎日が勉強です。
3角ぐらいから仕掛け、自分だけのレース。
2着に入れたけど、内容は良くない。
3 阿竹 智史
吉沢君には捲られたけど、自分の地脚を活かす事が出来た。
先行争いだし、納得の3着です。
4 前田 拓也
連日、シッカリ前を追えていない。
2年ぶりの特別競輪だけど、脚がなくなっている。
5 吉澤 純平
しっかり自分の良さを出す事が出来た。
このバンクはタイムが出るし軽いですね。
理想は地元内藤さんとのワンツーだし、そこは申し訳ない。
6 伊藤 信
叩きに行き、阿竹さんともがき合い。
きつかったですね。
7 堤 洋
阿竹君は逃げてくれたし頑張ってくれた。
2人で3、4着なら十分です。
8 藤田 昌宏
先日も、デイリースポーツに取り上げてもらい、ヤフーニュースのトップになった。
苦節20年、頑張った甲斐がありました。
初の特別競輪だけど、検車場の雰囲気からして楽しいですよ。
9 竹内 智彦
群馬にいた時ですか? 上下関係が厳しく、先輩へのお茶入れから1日が始まりました(笑)。
宮城に移籍してから、先輩も後輩も優しく、本当楽ですね。
レースも今日と違い、楽だと良いのですが。
  5R S級一予選



1 坂本 亮馬
読みがバッチリでした。
調子は良いと前検日に言ったでしょ(笑)。
この間は八谷さんの仕掛けに千切れていたけど、今日は山中君の捲りにスイッチして1着。
これでは、車券が買えないとファンに言われそう。
2 澤田 義和
山中君にスイッチしようと思ったら、そこで亮馬君に負けた。
中井君の頑張りを無駄にしてしまった。
3 小原 太樹
ショックと言うか、山中さんと後ろの松坂さんに申し訳ない。
千切れない事だけ、集中していたけど。
4 小川 勇介
亮馬が俊敏でしたね。
僕では出来ない芸当。
今回は九州が全員勝ち上がっていたし、良い流れに乗れた。
6 松坂 英司
山中君の3番手だし、ダッシュ戦は想定通り。
そこを小原君と自分がどう対応するかだった。
7 中井 太祐
簡単に山中さんに行かれた。
全然、スピードが違いました。
8 坂本 貴史
レースを動かし一発狙っていたけど、他の自力型が強かった。
まず、ジャンで九州勢に3番手を取られたのも痛かった。
9 山中 秀将
現状の力で精一杯戦った。
小原君はタテの選手だし千切れるとは思っていなかった。
亮馬さんが強かったし、2着スタートなら上々ですよ。
これで1走して、更に良くなると思う。
  6R S級一予選



1 南 修二
要所、要所の判断は稲毛君は悪くなかったと思う。
エックス攻撃で内に行きたかったけど、空いていなかった。
2 吉田 拓矢
自分のレースは出来たけど、最後は一杯でした。
ただ、落車の影響は全く感じなかった。
3 伊勢崎 彰大
山賀君が競輪をやってくれた。
あれが出来れば、更にもうワンランク上の選手になれると思う。
俺も絶好調だし、面白い走りが出来ると前検日に言ったでしょ。
4 山賀 雅仁
後ろ攻めからだったし、巧く対応出来たと思う。
これがF1なと、あのまま逃げたけど、さすがに特別競輪では…。
やはり、勝負どころは、松岡君を切らせなかった事。
5 松岡 貴久
今回は九州から12人参加していて、10人勝ち上がっていた。
変なプレッシャーはなかったけど、最後の俺と健太郎さんで失敗して(苦笑)。
勝負どころで、山賀さんにやられましたね。
7 稲毛 健太
組み立ては悪くなかったし、自分なりに悪い感じはしなかった。
ちょっと吉田さんが強かっただけ。
9 芦澤 辰弘
特別競輪、初勝利。
しかも、それが尊敬する後閑さんの勝利者インタビューで最高です。
いつも後閑さんが出る番組は見ていて、的確なコメントが勉強になっている。
今日に関して言えば、自分のミスが何度かあり、吉田君を残す事が出来なかった。
  7R S級一予選



1 和田 真久留
後ろ攻めになったのは想定外。
みんな自分を後方にさせる作戦を組んでくると思った。
その中で、いかに対処するかだった。
自分は2着だけど、ラインをダメにさせた責任は感じている。
2 齋藤 登志信
あれは離れたのではなく、和田君を牽制する作戦。
初日にダービー20年連続出場で表彰された。
初日に目立ったし、今日も目立たないとダメでしょ(笑顔)。
だから、頑張りました。
3 芦澤 大輔
腰も大丈夫だし、自分に脚がなかっただけ。
また、山岸君には頑張ってもらいますよ。
4 高橋 和也
山岸君が来れば出させて3番手。
全く来る気配がないから、そのまま逃げた。
一番楽な形で主導権を取れたけど、ちょっと長すぎた。
5 高橋 陽介
脚を使わず3番手を取れたし、もっと綺麗に捲れると思った。
山内さんのシューズと僕の足が接触した。
それもあって1着でなかった。
6 山岸 佳太
前を取れば8番手になると思っていた。
そこからカマシを狙っていたが、脚がなかったですね。
7 林 雄一
かなり余裕はあったけど、踏むのをギリギリまで待ってしまった。
地元だし、残りは冷静に走り、頑張りますよ。
8 武井 大介
怪我は大丈夫。
残りも走るつもりでいる。
9 山内 卓也
僕らにとっては最高の作戦。
4分戦で、前から2番目のラインをスンナリ取れた。
和也は頑張ってくれたし、何とか3着に入りたかったけど。
  8R S級一予選



1 小松崎 大地
一旦、前に出てから考えようと思っていた。
大槻さんが仕事をやってくれたおかげ。
欲をかけばきりがないし、今日は結果だけを考えたい。
3 清水 裕友
一番太っていた時に比べると、4㎏ぐらい痩せた。
今は82㎏ぐらいです。
だけど、僕はイケメンではないし、顔の事は聞かないで下さい(笑)。
今日は落ち着いて走れたし、状態は良いと思います。
4 伊藤 大志
(落車し滑入)。
5 岩津 裕介
かなり大槻さんに持ってこられたので、きつかった。
今日の清水君、取鳥君、小川君など、中四国から強い若手が育ってきたからね。
それに逆に僕らが引っ張られている感じですよ。
6 松坂 洋平
巻き返せなかったし、力不足。
小松崎君も清水君も強かった。
7 友定 祐己
危なかったし、落車に巻き込まれなくて良かった。
ただ、前の2人がワンツーだし、それは残念。
8 江守 昇
4着だったし、ちょっと悔しいですね。
地元勢は頑張ってくれましたよ。
9 大槻 寛徳
小松崎君が行ってくれたし、止める事しか考えていなかった。
シビアにあのまま番手から出れば、結果は違ったけど…。
  9R S級一予選



1 吉田 敏洋
他をやらせておいた、最後にドカーンで良いと竹内君には言ってあったけどね。
力勝負をやって力勝負で負けた。
あいつも俺と違って天才肌ではないし、自分で乗り越えて行くしかないよ。
それで俺も力を付けてきたので。
2 小倉 竜二
(妨害し落車棄権)。
3 菊地 圭尚
(妨害し落車再乗も失格)。
4 近藤 龍徳
吉田さんは後ろで見ていて苦しそうだった。
残さなくてはいけないと思ったら、逆に残しやがった(笑)。
生意気な言い方だし、今のはジョークで、本当頼もしいと思った。
5 杉森 輝大
落車が2回あり危ないレースだった。
外外になり、きつかったですね。
6 久米 康平
もっと自分に力があれば、小倉さんの失格はなかったと思う。
そこは申し訳ないですね。
7 牛山 貴広
落車を避けただけで3着。
今日は恵まれだし、こんな事もあるんですね。
8 阿部 拓真
(落車し棄権)。
9 竹内 雄作
小倉さんの一発が効いた。
久米君を叩けなかったし、脚負けです。
  10R S級特選予



1 中村 浩士
波があり2角で詰まり内に差し込んでしまった。
まあ、地元の郡司君だけでも勝ち上がってくれ良かった。
2 山田 英明
行けたから悪くないと思います。
深谷君も掛かっていたし、その上を捲れたのは自信になりますね。
やるべき事をやれましたね。
3 深谷 知広
(妨害し落車失格)。
4 郡司 浩平
カマシを決めた深谷さんは凄いし、その上を捲った山田さんも凄い。
逃げに行った稲垣さんも相変わらずの強さ。
自分はちょっと、踏んだだけですね(苦笑)。
後ろに迷惑をかけました。
5 椎木尾 拓哉
かなり深谷君のスピードは良かった。
だけど稲垣さんが行ってくれたし、もっと自分が何かやらないと。
マーク選手として力不足。
6 金子 貴志
(落車も再乗)。
7 稲垣 裕之
今日は迷い泣く先行で勝負した。
その結果、深谷君に負けただけ。
だから、悔いは全くないし、二次予選は修正して頑張りたい。
8 岡村 潤
郡司君が走りやすい作戦だった。
深谷君が掛かっていたし、きつかったと思う。
9 桑原 大志
山田君との信頼関係を見せる事が出来た。
スピードも良かったし、組み立ても最高だったと思う。
深谷君を捲るのだから、本当に強いね。
  11R S級特選予



1 原田 研太朗
2車なので考えて走ろうと思っていた。
一旦、前に出てから決めようと。
そうしたら、誰も来ないし、腹をくくって先行した。
2 渡邉 一成
前の木暮君と平原君の動きしか見ていなかった。
そこしか見ていなかったし全体を見る余裕がなかった。
久々だし、レース勘の問題もあるのかな。
4 村上 博幸
怪我明けだし、慎重に調整してきた。
一番伸びる形になったけど、思った以上に車が出た。
これならゴールデンレーサー賞も楽しみ。
5 木暮 安由
全部、平原さんに任せきりだったので。
調子は絶好調と書いておいて下さい(笑)。
6 稲川 翔
三谷君がレースを作ってくれた。
後ろの村上さんは突き抜けているし自分に脚がなかっただけ。
7 成田 和也
今日のレースでは何とも言えないけど、脚は普通だし、二次予選は問題なく走れると思う。
8 園田 匠
真後ろからの捲りが不発だし、ハラケンが強かった。
最後、残ってくれたのも大きいですね。
9 平原 康多
周回中から、こんなレースになると思っていた。
やはり、1回は無駄脚を使い、レースを作らないと。
凄く感じが悪いわけではないけど、そこが今日の反省点。
仕掛けてからのスピードは良かったけど、村上さんを押してしまった(笑)。
それが後方になった時のリスク。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
ガールズケイリンコレクションインタビュー


児玉 碧衣
いつもと同じように練習とケアをしてきた。
前回のコレクションで自分らしい走りができたし、ちょっとずつ走るスタイルが分かってきた気がする。
平塚はスピードバンクで前々にいた方が有利。
内枠をもらったし、積極的に攻めて優勝したい。
高木 真備
前半はしっかり乗り込んで、後半はバンク中心に仕上げてきた。
昨年の平塚グランプリで失敗したので今回こその気持ち。
勝って恩返ししたいですね。
先行でも捲りでも勝てる準備はできています。
太田 りゆ
この1年で太もも回りが3センチ太くなった。
これもナショナルチームのトレーニングの成果。
競輪学校を卒業して1ヶ月後には伊豆にアパートを借りて住んでいる。
自炊もけっこうしているし、インスタグラムにいろいろ載せています。
よかったら見て下さいね(笑)。
とりあえず今は東京五輪に全てを捧げるつもりで頑張っているけど、本業の競輪の方もしっかり走りたい。
個人対戦ではないので他の6人を全員気にしてレースに挑む。
鈴木 美教
青森のあとは街道練習、直前はスピード練習という感じです。
平塚は2月に優勝していてイメージがいい。
松山のコレクションで悔しい思いをしたので、今回は悔いの残らないような走りをしたい。
自分の力を全部出し切る。
山原さくら
地元と小倉で合宿をして仕上げてきた。
平塚は軽くて走りやすいイメージがある。
予報では天気が悪くなるみたいだけど、そこは気にせず普通に走る。
石井 貴子
久留米から中6日で特別なことはできなかった。
いつも通りの練習です。
平塚は縁起がいいし好きなバンク。
トライアルを勝ち抜いたメンバーでみんな強いので、立ち遅れないようにしたい。
内村 舞織
私だけまだ優勝がない。
どうしよう、どうしようって感じでドキドキしています。
ここの出場が決まってからは、重いギヤを踏んだり乗り込みメインでやってきた。
他の自力6人とは戦法が違うし、自分はいつも通り自在に好きなことをやる。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日勝因敗因
 1R S級一予選



1 小川 真太郎
番手に嵌ったけど、すかさず捲りに行けたので、調子は良いですよ。
朝早いレースだったけど、いつも、この時間はもがいているので。
この調子で少しでも上のレースに進みたい。
2 菅田 壱道
実はアップ中にタイヤがパンクした。
かなり焦ったし、本番では車輪が緩い感じだった。
最後は直線だけだけど、踏んだ感触は良かった。
3 香川 雄介
ホームで外に張り、かなり脚を使った。
川村君1人なのが大きかったね。
腰の具合は騙し騙しだけど、普通には走れる状態。
4 西岡 正一
川村さんのダッシュに離れて申し訳ない。
見た通りのレースですよ。
5 竹内 智彦
8着だけど仕方ないですね。
怪我の影響は感じていない。
6 志村 龍己
最後は内に行けば良かった。
宿口さんのスピードが良かったから。
菅田君のコースでした。
7 川村 晃司
裸逃げになったけど、これも展開ですから。
自分のレースをやった結果だし仕方ない。
8 宿口 陽一
2角でのスピードは良かったけど、タイミングがずれた。
前が番手捲りなのも、きつかった。
9 筒井 敦史
最後は外を菅田君に食われたし、脚負けだな。
今日は全部、自分の責任。
 2R S級一予選



1 中川 誠一郎
自力をやめたのに、番組の人が許してくれない(笑)。
だから、今日は2角差しと書いておいて下さい。
最近は2チャンネルでも取り上げてもらえないし、みんなにいじられて何ぼですから。
だから、自分で自分の悪口を書こうかな。
2 柴崎 淳
作戦とは違ったけど、その辺りの切り換えは早いので。
仕掛ける場所は間違っていないけど、南関勢を乗り越えるのに脚を使った。
ただ、中川さんに、最後、凄い勢いで行かれてしまった。
3 渡邉 雄太
斬るか、ふたをするか、かなり悩んでしまった。
その分、掛かり切らなかったかも。
地元勢に迷惑をかけてしまった。
そこそこ粘ったけど、嵌っただけなので。
4 佐藤 友和
やる事はやったけど、中川さんと柴崎君が強かったですね。
弱りなりに、自力のレースは貫いて行きたい。
5 内藤 秀久
自分の技量不足もありましたね。
柴崎君の捲りは止めないと。
渡辺君が行ってくれたのに申し訳ない。
6 荒井 崇博
作戦? 好きな場所を取って、1回どっかで仕掛けろと誠一郎に言っただけ。
10秒5の捲りを差して10秒4でバンクレコードを更新。
何の御褒美があるのかな(笑)。
7 内藤 宣彦
今までの事もあるから、今日は友和を信じて任せた。
ちょっと、厳しい流れになりましたね。
8 大塚 玲
自分は前が仕事をしやすい様に内を締めていただけ。
ただ、外のスピードが違いました。
9 志智 俊夫
内藤秀君のブロックで柴崎君マークを外した。
その結果が5着だった。
 3R S級一予選



1 早坂 秀悟
位置を取ってからの中団捲り。
2角スパートでなく、もっと遅くても良かったけど、自分のスタイルもあるから。
先行ならともかく、捲りなので、和田君に対して何にも言える立場ではないですよ。
ただ、彼の脚がシャープだっただけ。
2 渡邉 晴智
堀内君は脚を使い良い位置を取ろうとしていたけど、最悪の展開になってしまった。
あの出脚なら、位置次第では行っていたと思う。
自分の脚は悪くないけど、後ろの萩原君が空気を読めないぐらい(笑)。
3 池田 良
才迫君が行ってくれたし良い展開になった。
それを活かし切れなかった。
4 濱田 浩司
前が頑張ってくれたから4着。
結果は別として、才迫君の気持ちが嬉しいですよ。
5 和田 圭
難しいと言うか、俺が下手くそだった。
抜くのが早かったし、同級生の早坂君に怒られても仕方ない。
池田さんに捌かれない様に3角から外に差して回っていた。
それが抜きすぎた要因のひとつ。
6 才迫 開
堀内さんも早坂さんも飛んでくるタイプ。
出られたら自分は対応出来ないから中団のもつれ待ち。
あとは池田さんの信頼待ち。
3角まで持てばチャンスあると思っていたが、あと50メートル踏む脚がなかった。
7 萩原 孝之
9番手になったけど、脚を溜めていたので。
それがあったから最後、外を良く伸びた。
8 堀内 俊介
才迫君がああ言う感じで押さえに来ると思わなかった。
臨機応変に対応出来ず中途半端になった。
無理矢理行ったけど、7番手捲りだったので。
9 岡部 芳幸
早坂君は競技でなく、きちんと競輪をやってくれた。
キッチリ中団も取ってくれたので。
だけど、3番手だし、あのダッシュに千切れてしまった。
 4R S級一予選



1天田 裕輝
前に差し込んでしまい、勢いで内を掬う感じになった。
もう少し厳しいレースをやれれば良いし、そこは今後の課題のひとつ。
2古性 優作
作戦は特になかったし出たとこ勝負。
取鳥君が、もっと勢い良くくるかと思ったけど、待っている感じだったので、番手戦と言う判断になった。
良い時なら1コーナー、1センターで前に踏めたし、そこは修正点。
抜きに行く時も、ガクガクしていたので、状態は良いとは言えない。
3 取鳥 雄吾
古性さんの飛び付きは頭にあったし、粘られたのは想定内。
そこで流したのは良くなかった。
ホームから踏み上げたけど、哲男さんに迷惑をかけてしまい、そこは申し訳ない。
4 志村 太賀
調子は分からないけど、想像以上に良く伸びた。
僕が尊敬するのは山梨に練習に来る古性先生(笑)。
だから、フレームも同じやつを使っている。
今日は天ちゃんが前々に踏んでくれましたね。
5 成清 貴之
キックのスピードは悪くなかったけど、前で決まってしまったから。
6 鈴木 裕
結果的に捲り不発だけど、最近の中では一番良いと思いますよ。
7 渡部 哲男
古性君のイン粘りは分かっていたので情けない。
もう少し、しっかり勝負したかった。
反省ばかりのレース。
8 前田 拓也
古性君の厳しい攻めに対応出来なかった。
連結を外したし、自分に脚がなかった。
9 池田 憲昭
綺麗に3人で主導権を取れれば良かったけど、そこは取鳥君の判断だったので。
 5R S級一予選



1 松浦 悠士
考えずに体は動いているので調子は良い。
人任せになった感じもあるけど、自分のスタイルを貫けた。
2 新山 響平
後ろが併走になり、先輩達に申し訳ない。
それで自分もペース配分が難しくなった。
3 長島 大介
終始、余裕はあったし感じも良かった。
金子君は一発の破壊力があるタイプ。
その走りをやってくれれば良いと思っていた。
最近の流れを止めない事を考えていた。
4 野原 雅也
慎太郎さんと流れで競りになり、良い勉強になった。
結果はダメだったけど、強い気持ちで走れたと思う。
5 佐藤 慎太郎
先行選手に競り負けたし、引退する。
あと、15年、選手をやってから(笑)。
本当、不様なレース内容だった。
6 金子 幸央
良いタイミングで捲れたし、特別競輪でなければ、長島さんとワンツーだったと思う。
そこが同じメンバーでも、違うところ。
ちょっと自信になったし良い経験にもなった。
7 山田 久徳
野原君が引かず勝負してくれたおかげ。
ただ、もっとアシストの方法もあったし、その辺りは村上博幸さんや、近畿の先輩にアドバイスをもらった。
8 伏見 俊昭
あんこにもなり、脚を溜める事が出来なかった。
僕も慎太郎も厳しいレースだった。
9 堤 洋
松浦君は2着だったけど、自分は遠かった。
それで8着になってしまった。
 6R S級一予選



1 桐山 敬太郎
あのタイミングで、根田君が行くのは分かっていた。
だけど、口が空いてしまった。
だけど、冷静だったし、すぐに追い着くと思った。
仕上がっていると思うし、これなら問題なく走れる。
2 三宅 達也
急にギックリ腰になってしまい…。
残念だけど、これで大事を取り帰らせてもらいます。
3 鈴木 竜士
作戦通りだったけど、早めに赤板で誘導を切れば良かった。
良い組み立ては出来ているが、それだけのレース。
結果がこれだし、単に脚がなかった。
4 武田 憲祐
ちょっと離れ気味になったけど、何とか3着に入れて良かった。
ギリギリのところのレースになったけど、この3着は大きい。
6松岡 篤哉
出る時のスピードが緩すぎました。
状態的には悪くないけど、無駄が多いので、そこは修正したい。
9 根田 空史
かなり軽く感じた。
出てからは、このスピードなら誰も来ないと思い、なるべく休みながら踏んでいた。
凄く緊張したけど、地元勢と決める事が出来て良かった。
あとは1日空くのも、大きいですね。
 7R S級一予選



1 中井 俊亮
自分のペースで踏む事が出来た。
最後は一杯になったけど、ラインの3人で決まり良かった。
2 神山 雄一郎
ダービー初出場が、平塚だったし、色々と思い出のあるバンク。
最後は届いたと思ったけど、残念です。
3 海老根 恵太
田中君も良い組み立てだったし、僕には出来ない走り。
納得のレースです。
4 永澤 剛
ホームで9番手だし、もうダメだと思った。
それも大きく離れていたので。
5 松岡 健介
伊藤君も自力選手だし、3番手を良く固めてくれた。
俺に最後は当たってきた? 4角からは勝負だし、気にしていませんよ(笑)。
あとは中井君が3着に残ってくれたのも大きいね。
6 伊藤 成紀
踏むのが早かったですか? ちょっと、見た目が微妙だし、これからビデオで確認したい。
自分だけ脚を使っていなかったし、松岡さんと中井君に申し訳ない。
1着だけど、余裕がなくて…。
7 横山 尚則
最低でも田中さんの位置を取らないと。
組み立てが甘かったし神山さんに迷惑をかけた。
8 佐藤 博紀
一番弱い選手が8番手では…。
何にも出来なかったし力不足です。
9 田中 晴基
楽に中団を取ったけど、前も良いペースで駆けていた。
力勝負をやったし、自分に脚がなかった。
 8R S級一予選



1 岩本 俊介
1角の山を登るところから捲り始めたので、脚は千切れそう。
後は、持って来られない様にイエローライン辺りを走った。
いつもタイミングの取り方が下手だけど、今日はそれ以上に酷かった(笑)。
2 阿竹 智史
岩本君が2角で来てくれれば良かったけど、来るのが早かった。
それで被ってしまい、慌てて一緒に踏む感じだった。
3 北野 武史
一発で止めるのは無理なスピード。
大きく波を作り、それから止めに行き、止まるかどうかのスピードだった。
やるだけやったけど、かなり悔しいな。
4 川口 聖二
セオリー通りに主導権を取ったけど、岩本さんと力の差が出た。
5 高原 仁志
いつも世話になっている、阿竹君の後ろだし仕方ないですよ。
6 藤田 昌宏
初の特別競輪だけど、凄く楽しいですよ。
一走してみて、これなら大丈夫だと思った(笑)。
7 松谷 秀幸
岩本君がロング捲りで早めに行ってくれたおかげ。
川崎記念の最終日は差せなかったけど、今日は差す事が出来て良かった。
8 東 龍之介
岩本さんが凄いスピードで捲りに行ったから必死でした。
離れるかどうか、本当に危なかった。
9 林 巨人
川口君が逃げて、北野さんが番手でブロック。
僕は3番手で内を締めていた。
それで行かれたのだから、仕方ないですね。
 9R S級一予選



1 石塚 輪太郎
駆けた感じも良かったし、ホームでも流れた。
う~ん、切り換えも待っていたけど、今日に関して言えば2車と3車の差が出てしまった。
2 大塚 健一郎
恥ずかしいけど今年初勝利。
感覚的には、まだまだだけど、今日は松川君が強かった。
前回から、色々と換えたら良い方向に向いた。
3 吉澤 純平
伊藤さんの1車が邪魔になり、タイミングを取れなかった。
今日の感じだと状態は分からない。
4 三宅 伸
夢を見る展開だったけど、わしに脚がなかった。
もったいない。
5 東口 善朋
石塚君は凄く掛かっていた。
吉沢君が不発ぐらいだからね。
松川君が真後ろから捲ってきたし、止める技量と余裕がなかった。
6 山田 義彦
あの展開で4着に入れた。
これで4走出来る。
これは初めての経験だし、今の体調を考えると、凄く大きい。
7 松川 高大
組み立てはバッチリでした。
今日は被るのが嫌で、どんな形になっても先に仕掛けようと思った。
前も掛かっていたし、行けるかどうかは自信がなかった。
9 神山 拓弥
吉沢さんが行けないのなら仕方ないですね。
さすがに、この展開は克服出来ない。
 10R S級一予選



1 山崎 芳仁
誰も注目してくれないけど、僕のダービーは終わりました。
予選スタートはきついけど、まだ何が起こるか分からない。
来年以降も、グランドスラムは狙って行きますよ(笑顔)。
何が悪いか浅井君に聞いたら、このパーマのヘアースタイルがダメだと言われてしまった(笑)。
2 太田 竜馬
ちょっと距離が長かったけど、後ろを確認しながら流しながらの先行だった。
その辺りは、脇の下から確認していた。
良いレースと皆さんに言ってもらえたし、自信になる。
これから暖かくなり、自分の季節になる。
3 池田 勇人
後方になったし気持ちが弱かった。
8番手では、どうにもならないですね。
神山さんの時は先行して持っている? あれは、神山さん番組になり、自分が駆けやすいメンバーになるので。
5 柏野 智典
ホームで太田君が流していたし、やばいかなと思った。
最後も、小嶋さんに踏み負けたかと思ったけど、我慢出来て良かった。
4角で自分が小嶋さんを持って行くと、内を掬われる可能性もあるので。
6 小嶋 敬二
ジャンで緩んだら行こうと思ったけど、ちょっと早いかなと思い。
あそこまで行けたし、脚は良いけど、残念だな。
7 橋本 強
今日の太田君ですか? ニュートラルだけど好回転で回していた感じですね。
本当、強かったし、あれなら誰が来ても止める事が出来ると思った。
8 伊藤 正樹
どこで行くかは、小嶋さん任せだった。
行ってしまうぐらいの感じが後ろで見ていてありましたが。
9 飯野 祐太
中団に入ったけど、前と車間が空いてしまった。
太田君が強かったし、山崎さんに迷惑をかけた。
 11R S級特選予



1 浅井 康太
新田君より前にいたかったし、それは作戦通りだし予定通り。
ワッキーもペースで駆けていたし掛かっていた。
今日は捲りと言うより、ツケマイだったから差しと言う感じ(笑)。
どっちも出来ると言う事ですよ。
まずまず走れていたし、ボチボチですね。
2 村上 義弘
脇本君が長い距離を良い感じで駆けてくれた。
車間を切ったぐらいで、大した仕事はしていない。
疲れが溜まっているので、ゴールデンレーサー賞まで空くのは大きいですね。
3 諸橋 愛
近畿の後ろと思っていた。
反応が悪く、口が空いてしまった。
あれがなければ結果は違ったと思う。
体の問題でなく、レース勘の問題。
5 脇本 雄太
村上さんと久々のワンツーだし凄く嬉しい。
今までは村上さんだと焦ってばかりだけど、今日は冷静に走れた。
ほぼ、ベストの走りでしょう。
6 北津留 翼
先に動いてレースを作りたかったけど、セッティングが悪く、何にも出来なかった。
7 和田 健太郎
結果論だけど、新田君がホームで行ってくれれば決まっていたと思う。
僕が何か言える立場ではないけど。
8 坂口 晃輔
みんな自力選手ばかりだし、最後の直線でも置いていかれる感じだった。
僕の脚では対応出来ないメンバーだった。
9 新田 祐大
脇本君が掛かっていた。
悩みながら、車を下げてしまったのが敗因です。
ホームで仕掛けるべきだったが、丁度、スピードが合ってしまった。
鉄のフレームだけど、違和感は感じなかった。

ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら
   
二日目インタビュー
 
  5R


坂本亮馬
玉野記念の落車で精彩を欠いていたけど、だいぶ戻ってきた。
今回はやれそうな感じがする。
自分が前で自力勝負。
沢田義和
最近は、ある程度の位置があれば伸びている。
近畿ラインで中井君の番手へ。
小原太樹
地元川崎記念の優勝は、まさかまさかでしたよ(笑顔)。
急な追加だし恵まれましたね。
世話になった同期山中さんの番手へ。
小川勇介
同県の亮馬に任せる。
こんな時は後ろを回るケースが多いので。
平塚は2場所前に走り、予選だったが先行して2着だった。
小野大介
怪我をすればするほど、僕は強くなる。
不安になって練習するから良いみたい。
北日本ラインで坂本君へ。
松坂英司
南関ラインの3番手。
これ以上、落ちる事はないし、直前の練習の感じも良かった。
中井太祐
久留米から中5日だけど、調整だけでなく練習もやってきた。
自力で力を出し切りたい。
坂本貴史
別府が終わり、地元で普段通りに練習。
成績ほど酷くないと思う。
自力で頑張るだけ。
山中秀将
奈良の落車は一回転して酷い落ち方だったけど、思ったよりダメージはなかった。
戦える状態だと信じたい。
平塚は良いイメージがあるし、自力で結果を出したい。
  6R


南 修二
稲毛君の持ち味を最大限に出してあげたい。
ダッシュ勝負で良いと思うし好きに走ってもらう。
吉田拓矢
武雄記念の怪我ですか? 体も大丈夫だったし自転車も壊れなかった。
練習も出来たので自力勝負。
伊勢崎彰大
山賀君のスピードを借りて突っ込みたい。
リズムを崩してしまったけど、穴を出す自信はあるよ(笑)。
山賀雅仁
しっかり仕掛ければ、面白い走りは出来ると思う。
それだけの練習の裏付けがあるので。
松岡貴久
坂本さんの前で頑張る。
F1は弱くても、G1になると別人? そう言ってもらえるのは嬉しいですね。
位置を取り自力勝負。
小沼 良
こつこつと賞金を積み重ねた結果がG1出場。
走れるだけで満足だし基本的に補充は引き受けている。
茨城コンビの後ろを固める。
稲毛健太
後ろは南さんですか。
心強いですね。
自分の仕掛けが出来れば大丈夫だと思う。
坂本健太郎
九州で松岡君の好きに。
前回の地元久留米も3日間、人の後ろだったので。
そろそろ安全主義者を卒業したいかな(笑)。
芦沢辰弘
松山のウイナーズカップが終わり、新車で走り始めた。
それが抜群に良いし、これがこの好成績。
吉田君なら最後まで心中の気持ちで。
  7R


和田真久留
油断負けとか、上から目線の気持ちはないですよ(笑)。
僕は勘違いしていませんから。
直前はバイク誘導をメインに仕上げてきた。
期待に応える自力勝負。
斉藤登志信
調子は普通だし、全部、前次第。
そのコメントでいつもお願いします(笑)。
北日本ラインで高橋君へ。
芦沢大輔
茨城同士の山岸君へ。
西武園記念の決勝ですか? もう何度も平原君には助けてもらっている。
たまには、こんな事もありますよ。
高橋和也
久留米は予選で失敗したけど気落ちはない。
作戦は山内さんに考えてもらい自力勝負。
高橋陽介
平塚を走るのは8年ぶり。
流れを見て自在に。
冬期移動が小田原なので和田君とはご飯に行ったりして仲が良い。
だけど、競走は別だと思い、シビアに攻めたい。
山岸佳太
今回は内容だけでなく、結果も求めたい。
そこの意思疎通は、芦沢さんとシッカリやりたい。
自力勝負。
林 雄一
和田君のスーパーダッシュに離れないように。
捲りオンリーでなく、先行の作戦も少しは立てて欲しい(笑)。
後ろに武井君もいるから。
武井大介
俺の事は考えず、和田君が勝つ走りをやってくれれば。
その中で、どう勝ち上がって行くかですよ。
さすがに厳しい展開の時は、考えますが。
山内卓也
優勝も取らせてもらっている和也君へ。
和田君の番組だし、スキもあると思う。
そこが僕らにチャンスのあるところ。
  8R


小松崎大地
3月に平塚に来た時は状態は良くなかったけど、今は確実に上がっている。
前回の準決は師匠の岡部さんとワンツーだった。
だけど、少しコースを空けすぎたかな(笑)。
自力勝負。
斉藤竜也
落車は走れるぐらいに回復してきた。
多分、大丈夫だと思う。
地元同士の松坂君の番手へ。
清水裕友
自信を持って走れている訳じゃないけど、成績は良いですね。
平塚は初めてだけど、軽いと聞いている。
一日空くのも初めての経験だけど、そこは問題ないと思う。
自力で。
伊藤大志
一昨日に追加の連絡を受けた。
多分、ダメだと諦めていたし凄く嬉しい。
丁度、花見をやっていたし、お酒を飲んでいたけど、慌てて帰って練習した(笑)。
青森も山の方は、まだ桜が咲いているんですよ。
僕も、もっと花を咲かせたいな。
北日本ラインの3番手。
岩津裕介
清水君は位置取りも出来るし、信頼出来ますね。
後ろが友定さんなのも心強い。
きっちり、ラインの3人で決めたい。
松坂洋平
ここに来るまで、支部合宿もあったし、ハードに練習をやってきた。
ホームバンクでもあるから、癖も分かっている。
自力で見せ場以上の走り。
友定祐己
12場所前の予選で平塚は飛んでいる。
まあ、前次第であるから。
ここは最高の3番手だし岩津君の後ろへ。
江守 昇
地元コンビを盛り立てたいですね。
切り換え無しで3番手。
大槻寛徳
北日本ラインで小松崎君へ。
清水君が強いけど、僕らも負けていないと思う。
  9R


吉田敏洋
西武園記念は位置は取れたけど、そこから車の出が悪かった。
決勝は浅井君に任せた結果なので。
竹内君は、あれこれ言う選手ではないでしょう。
小倉竜二
同県の久米君へ。
かなり厳しいし運次第(笑)。
竹内君に駆けられてしまったらどうにもならない。
杉森君か、阿部君が切ってくれ、その上を叩く展開が理想。
菊池圭尚
次の地元函館ナイター記念は呼ばれていない。
ちょっと、おかしいでしょ(苦笑)。
その為に、日々苦しいトレーニングをやっているので。
ここは初連係の阿部君へ。
近藤龍徳
ちょっと前までは、僕も特選シードの選手だったけど、これが現実ですね(苦笑)。
吉田先輩の後ろへ。
杉森輝大
腰痛で1本休んだけど、問題なく走れる。
後手を踏まない自力勝負です。
久米康平
配分が詰まり、練習の貯金がなかったけど、今回は納得の練習が出来た。
先行争いを覚悟して自力勝負。
牛山貴広
杉森君に頑張ってもらうしかないね。
師匠の武田さんの分まで頑張りたい。
阿部拓真
初の特別競輪。
やるだけやってみる。
後方にならない自力勝負。
竹内雄作
感覚的には戻っているし、成績より踏めている。
あとちょっと、何かが噛み合えば。
とにかく自力で力を出し切る競走。
  10R


中村浩士
スピードを上げる練習をやってきた。
西武園記念も踏めていた。
地元の郡司君の番手へ。
山田英明
地元記念の優勝から、一回気持ちを切り換えた。
ここに向けて練習をやってきたし、走る度に強くなっていると思う。
自分自身が一番自分の成長を感じている。
自分の届く距離を逆算して自力勝負。
深谷知広
直前までナショナルチームの練習だけ。
競輪の自転車に乗ってみたけど違和感は感じなかった。
平塚は走りやすいし、自分の脚だけ。
金子さんの前で自力勝負。
郡司浩平
4月の川崎記念、それと今回のダービーと良い調子をキープ出来ていると思う。
今回は平塚に来てバンク練習もやり、万全の状態。
自分の持ち味を出す走りで。
椎木尾拓哉
稲垣さんの番手へ。
平塚はスピードの出るバンクだし、巧く対処したい。
金子貴志
成績は良くないけど、脚自体は悪くない。
直前は、名古屋バンクに行き練習をやってきた。
弟子の深谷君の番手へ。
彼は伊豆に拠点を移して、練習は別になったけど、しっかり付いて行きたい。
稲垣裕之
前回の西武園記念はオーバーワークと新車が合わなかったのが原因。
ビッグレースだし、結果を出さないと。
自力で頑張るだけ。
岡村 潤
中村さんに番手を回れと言ってもらったけど、脚も技術も自分は劣る。
なので南関の3番手。
桑原大志
山田君とは何度か連係している。
捲りの破壊力もあるし、何でも出来る。
素晴らしい選手だし、離れないように。
  11R


原田研太朗
平塚はS級の一期目に走って以来。
その時に比べれば、もう別人でしょう。
僕にファンが求めているのは1着だと思う。
だから大敗もあるけど、勝ちに行く走りをやりたい。
渡辺一成
この後も競輪を走る機会は少ない。
だから一戦、一戦が勝負です。
成田さんとは久々だが、いつも気持ち良く走らせてもらえる。
自力で。
三谷竜生
昨年、ダービーで優勝したけど、その後は落車が多く、低迷した。
それに比べて、今年は順調に走れている。
後ろは尊敬の出来る先輩2人だし、3車のメリットを活かして自力勝負。
村上博幸
幸い、西武園記念の怪我は軽傷だった。
翔と話しをして自分が近畿の3番手。
もちろん、納得してこの選択を選んだ。
それぐらいの選手だからね。
木暮安由
平原さんの番手へ。
西武園記念で2度連係してワンツーだからね。
初めて平原さん、自分、武田さんの並びもあったし収獲の多いシリーズだった。
最終日はタイミング良く仕掛けて武田さんとワンツーだったしね。
稲川 翔
三谷君の番手へ。
体調と気持ちが噛み合わず、最近は良くないけど、今回は結果を出したい。
村上さんの前を走る重みも感じている。
成田和也
西武園記念は新山君も強かったけど、後ろの和田君も強かった。
一成君とは久々で離れないか不安もあるけど頑張りたい。
園田 匠
武雄記念はボチボチだった。
走っていた方が良いし、逆に2週間空いたのは不安。
連係実績のある原田君へ。
平原康多
西武園記念は、やるだけの事はやったので…。
まあ、新山君が強かった。
力の出し惜しみはせず、自力勝負。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日インタビュー
 
  1R


小川真太郎
ビッグの1レース1番車だし期待されている証拠。
だけど、自分以外に、他におるやろ!と言う感じですよ(笑)。
四日市の全日本選抜でG1初勝利。
だけど、あの時は補充であったし、正規のここで1着を取りたい。
積極的な自力勝負。
菅田壱道
12場所で14本、バックを取っているんですか。
そんなに取っている感じはしていない。
基本は、緩んだらドーンのレース。
いつでも駆ける準備はしてある。
香川雄介
小川君の番手なら文句ないですね。
ワンツーが決まる様に仕事をしたい。
西岡正一
平塚は2場所前に走ったばかり。
準決は前が不発だったけど中割で1着だった。
近畿ラインで川村さんへ。
竹内智彦
走る以上は怪我は大丈夫。
宮城同士の菅田君の番手へ。
志村龍己
兄貴と一緒で、ギリギリで出場権を得た。
関東ラインで何度も連係している宿口さんへ。
川村晃司
小川君は勢いがあるし、器用なレースをやっている。
外併走から捲ったり、内から抜け出して先行もしている。
とにかく負けない様に自力勝負。
宿口陽一
地元西武園記念? 準決は平原さんの前で発進役で緊張しましたよ。
練習で世話になっているし、連係も初めてだったから。
どんな展開でも平原さんは1着だと思うけど、自分がしくじると見栄えが悪いから(笑)。
それに比べれば、今回は楽ですよ。
自力勝負。
筒井敦史
小川君も強いし、香川さんも脚があるから最高の3番手。
四国コンビの後ろです。
  2R


中川誠一郎
最近は、人の後ろを敢えて回る様にして勉強している。
小野さんや大塚さんとは違う、追い込み型になりたい。
ただ、ここは自分でやるメンバー。
荒井さんに怒られない自力勝負(笑)。
柴崎 淳
大量落車があったけど、昨年、平塚記念で優勝している。
あの時は恵まれで調子が悪かったけど、今は自然と体が反応している。
だから、失敗のレースはほとんどないし、長い距離ももがいている。
自信を持って自力勝負。
渡辺雄太
先行を基本の組み立て。
後ろが地元の先輩だし、積極的に走りたい。
佐藤友和
現状は、こんな感じだけど悲観はしていない。
内藤宣さんも任せてくれるし自力勝負。
内藤秀久
西武園記念はあまりにも悪かったし、今回から新車を投入。
ホームバンクだし負けられない気持ち。
同期大塚君に一言言って、渡辺君の番手へ。
荒井崇博
西武園記念のエボリューションの優勝? あんな展開になれば勝てる自信はあった。
それと1番車も大きかったですね。
まだ地元武雄記念に向けた練習の貯金も残っているはず。
九州で誠一郎君の番手へ。
内藤宣彦
友和君の気持ちを聞いて任せる事にした。
最初は、自分でやる気持ちも少しはあったけど。
大塚 玲
失格、落車が続いたけど気持ちは、へこんでいない。
もう動いていないし普通に点数順で南関の3番手。
志智俊夫
連係も多いし柴崎君との相性は抜群。
ショート捲りでも十分だし好きに走ってもらうだけ。
  3R


早坂秀悟
胃痛で1本休んだけど、走りに影響はない。
後ろも強いし、記念を獲り勢いもありますね。
いつも通り、自分の仕掛けをやるだけ。
渡辺晴智
2週間空いたけど、特に変わった事もない。
普通に練習をやってきた。
堀内君はセンスがあるし楽しみ。
地元だし頑張ってくれると思う。
池田 良
この3場所悪いけど、気にしていない。
才迫君も成績以上の力はある。
互角の勝負は出来ると思う。
浜田浩司
松戸記念の準決は自分のボンヘッド。
内を空けてしまい、村上義弘さんに迷惑をかけた。
外国人もいたし、最終ホームでは外も内も気にしていたけど、バックで安心してしまった。
同じミスをしない様に広島コンビの後ろへ。
和田 圭
まさか自分が記念を取れる立場になれると思っていなかった。
凄い豪華メンバーの中での優勝だったから。
もちろん朝まで飲み明かしましたよ(笑)。
同県の早坂君のスーパーダッシュに離れない様に。
才迫 開
平塚は悪くないし走りやすい。
同型も強いけど自力勝負。
萩原孝之
僕らで決まりそうなメンバーですね。
この3人の並びは初めて。
晴智さんの後ろで勉強する。
堀内俊介
前回の静岡はS級になり3度目の優勝。
だけど、マーク選手みたいに中割りだった。
狭いコースに入って行くのは好きだけど、出来ればスケールの大きい走りで勝ちたい。
後手を踏まない自力勝負。
岡部芳幸
久留米は弟子の小松崎君が頑張ってくれた。
早坂君は凄いダッシュだし3番手はきつい。
だけど、その中でレースに参加しないと。
競技のケイリンみたいなレースでは厳しいけど、普通の競輪なら対処出来る。
宮城勢へ。
  4R


天田裕輝
古性君より前にいたいけど、それは誰もが考える事。
それなら自分のタイミングを大切にしたい。
自力勝負。
古性優作
自力自在の自分らしいレースをやるだけ。
人気にもなるし、厳しい走りをやっていく。
足りない部分を練習で補ってきた。
取鳥雄吾
かなり濃いメンバーですね。
勝ち上がりに失敗しているけど、勝ち負け出来る状態。
平塚は昨年のヤンググランプリで走り5着だった。
3車を活かして自力勝負。
志村太賀
フレームを換えたら、この2場所良くない。
まあ、俺の脚なら、頑張っている方かな。
ラインの天田君の番手へ。
成清貴之
鈴木君の番手へ。
昨日の夜も飲み過ぎたけど、体自体は軽いよ(笑)。
それなりに踏めているし、前の方にいれば。
鈴木 裕
大宮の前に痛風が出たけど、やっと練習出来る様になってきた。
先行も含めた自力勝負。
渡部哲男
地元のウイナーズカップが終わってからも、順調に走れている。
脚は成績通りだと思う。
いつも頑張ってくれる取鳥君へ。
前田拓也
特別競輪を走るのは2年ぶり。
しかも古性君の番手とは最高です。
トリッキーな動きに離れない様に。
池田憲昭
前の2人が強いから3番手でもチャンスがある。
中四国ラインの3番手です。
  5R


松浦悠士
流れを見て自在に攻める。
成績ほど悪くはない。
あとは、自分のコンピューターが狂わない様にしたい。
新山響平
西武園記念はかなり良い感じだった。
自分は回転タイプなので77の軽いギヤがマッチしていた。
逃げる時は、このギヤが良いけど、捲りになった時は心配。
大御所が後ろ2人だし、責任ある位置(笑)。
主導権取る競走。
長島大介
2場所連続して優勝。
かなり流れが来ていますね。
練習は別だけど、何度も連係している金子君へ。
野原雅也
腰の具合も良くなり、仕上げてきたつもり。
相手も相手だけど、自力で持ち味を発揮したい。
佐藤慎太郎
平塚を走るのは10年ぶりぐらい。
全くバンクの記憶や感触を覚えていない。
テレビでチェックしていたけど、西武園記念の新山君は強かったね。
あの走りをここでも再現して欲しい。
金子幸央
西武園記念でダメだった分も頑張らないと。
自分も先行争いに参加する気持ちで(笑)。
まあ、2車だし考えた自力勝負。
山田久徳
近畿ラインで野原君の番手へ。
全力でアシストしたい。
2場所準決で失敗しているけど、脚でなく技術の問題。
伏見俊昭
平塚グランプリの優勝ですか? 25歳の時だし、もう17年前ですよ(笑顔)。
いつかは戦法をチェンジすると思っていたけど、50歳ぐらいまで自力でやるつもりだった(笑)。
慎太郎の後ろで北の3番手。
堤  洋
松浦君は位置を取るレース。
だから、はぐれない様にしたい。
混戦になりそうだし、僕らの出番もあると思う。
  6R


桐山敬太郎
一次予選は自分でやりリズムを作るメンバーかと思ったら、根田君と一緒だった。
ほとんど自分は1着だし、何の注文もない。
ドキドキやワクワクもないし、地元のG1と言っても、普通の特別競輪と一緒ですよ。
三宅達也
黒田君に任せない選手もいるけど、わしはラインの選手を大切にしたい。
黙ってお任せです。
鈴木竜士
ヤンググランプリで優勝した思い出のバンクだけど、あの時は吉田君の後ろだったから。
まずまず練習の感じも良かった。
先行か捲りの自力勝負。
武田憲昭
百勝にリーチが掛かってから、なかなか勝てないですね。
もちろん、南関の3番手で脚を溜めるレース。
笠松信幸
最近は良かったり悪かったりで、自分でも掴み切れない。
中部で松岡君の番手へ。
松岡篤哉
自分が京王閣のヤンググランプリで優勝する前の、平塚ヤンググランプリだったから、かなり久々ですね。
2車だけど、自分のレースをやりたい。
河野通孝
目標が不在の時は敢えて番手で勝負している。
そうでないと、周りから認められないので。
ここはラインの鈴木君へ。
黒田 淳
自力基本の組み立て。
バックはゼロだけど、行くべきところで仕掛けたい。
根田空史
桐山さんはハードに仕事をやってくれる。
車間も切ってくれるし、これほど有り難い選手はいない。
エボリューションは荒井さんに差されたけどタイムも良かった。
引き続き順調だし積極的なレースをやりたい。
  7R


中井俊壱
平塚は捲りだったけど2場所前に優勝したばかり。
軽くて走りやすいイメージがある。
後ろが松岡さんと伊藤さんだし積極的に走りたい。
神山雄一郎
栃茨ラインで横山君へ。
ワンツーもあるし、いつも頑張ってくれる。
作戦はこれから考えたい。
最近は日替わりで調子が変わるけど、自分も仕上がっていると思う。
海老根恵太
前回の四日市の初日に連係している田中君へ。
その時は3、6着だったけど、いつも頑張ってくれる。
永沢 剛
同級生の佐藤君の番手へ。
ここで自分の自力では苦しいし、目標がいて良かった。
松岡健介
最近はトリッキー? そんな事はないですよ(笑)。
今は人の後ろと、自分でやるのが半々。
ここは中井君の番手でガンバル。
伊藤成紀
自分が何か言える立場ではない。
松岡さんの走りやすい並びで近畿の3番手です。
横山尚則
G1の経験はあるけど、ダービーを走るのは初めて。
あくまでも、自分は挑戦者。
神山さんには、いつも自分の走りをやれと言われている。
それでリラックスして走れている。
佐藤博紀
立川は鎖骨骨折。
復帰戦の松山は思ったより走れた。
自力で一発狙いたい。
田中晴基
今回は2年前に使っていたフレームで走る。
大レースの方がノーマークになるので走りやすい。
自力勝負。
  8R


岩本俊介
一番嫌なのは細切れの4分戦。
3分戦なら普通に走れるし、やりやすい。
やるべき事はやってきたし、万全の状態で走れると思う。
地元勢と決まる自力勝負。
阿竹智史
どっちが逃げても真ん中は取れるメンバー。
そこから車が出るかですね。
7番手にならない自力勝負。
もちろん、逃げる組み立ても考えている。
北野武史
何とか3着までに入り勝ち上がりたい。
中部ラインで川口君の番手へ。
川口聖二
親王牌に続いて2度目の特別競輪。
あの時は、行くだけだったけど、今回は結果も残したい。
自力勝負。
高原仁志
同県の阿竹君の番手へ。
世話になっているし相性も悪くない。
藤田昌宏
選手をやり20年。
初めての特別競輪だし凄く嬉しい。
大型トラックの運転手は2年やっていたけど、これも努力の成果かな(笑顔)。
徳島コンビの後ろへ。
松谷秀幸
川崎記念の最終日も連係した岩本君へ。
その時は差せなかった。
前回の西武園記念はバンクの特性に関係なく、車が出なかった。
初めての地元の特別競輪だけど気負いはありませんよ。
キッチリ、3人で決めたい。
東龍之介
南関の3番手を固める。
岩本さんのスピードは凄いし、離れない様にしたい。
林 巨人
中部の3番手を固める。
宇都宮を見ていたけど、外国人や実質的に外国人の永井君に千切れなかった渡辺健さんは凄いね。
  9R


石塚輪太郎
G1を走るのは初めて。
右も左も分からないけど、その中で自分の持ち味を発揮したい。
先行を基本の組み立て。
大塚健一郎
九州で松川君へ。
闘志は衰えていないけど、今は前次第。
なかなか苦しい展開は凌げないので。
吉沢純平
配分が詰まっているけど、その前にまとまった練習はやっていた。
イメージ通りの調整です。
平塚は3月に走ったばかりで、良い感触が残っている。
石塚君とも2場所前の静岡で3日間対戦している。
自力勝負。
三宅 伸
もっと恥ずかしい点数かと思ったけど、意外とあり良かった。
少し考えたけど九州ラインの後ろへ。
東口善朋
同県の石塚君の番手へ。
連係は4回ぐらいあるかな。
お互い、良い仕事をやりたいですね。
山田義彦
万全の状態ではないけど、走る以上は頑張らないと。
栃茨ラインの後ろへ。
松川高大
武雄記念で山田英明さんの優勝に貢献して男になりました(笑)。
九州の結束を見せる事が出来たし、いつかは自分に返ってくると思う。
自力で。
伊藤 信
和歌山勢には申し訳ないけど、自分でやる。
松山のウイナーズカップの落車で手を痛めた。
その影響もあり、1本休んで練習してきた。
神山拓弥
吉沢さんの番手へ。
ワンツーも多いけど、ほとんど抜いていないイメージ。
道中ではぐれた事もあるし、しっかり追走したい。
  10R


山崎芳仁
グランドスラムですか? もう、ちょっと難しいかな(笑)。
怪我のダメージも少しはあったけど、もう大丈夫だと思う。
いつも頑張ってくれる飯野君へ。
太田竜馬
暖かくなり、やっと冬眠から目覚めた(笑)。
冬場の重たいバンクは苦手なので。
平塚は2勝し2着も2回。
連対を外していない。
良い頃に戻っていると思うし自力勝負。
池田勇人
平塚を走るのはヤマコウさんがグランプリで優勝した時以来。
若い子との対戦だと、走る前から気持ちで負けてしまう。
やり合う、気力がないとダメですね。
自力勝負。
朝倉佳弘
埼京ラインで池田君の番手へ。
どんな展開でも突っ込む気持ちで頑張りたい。
柏野智典
四国コンビの後ろへ。
凄く良い位置だと思う。
小嶋敬二
おじさんパワーを発揮したい(笑)。
行けるタイミングで一発狙い。
橋本 強
安定して良い走りが出来ていると思う。
それも、中四国の若手が育ってきたから。
太田君の番手へ。
伊藤正樹
最近、連係が多い小嶋さんへ。
2人で93歳。
太田君の若さは羨ましいですよ(笑)。
飯野祐太
今回は良い練習が出来た。
後ろが山崎さんであるし、2車でも早めに行くレースが理想。
  11R


浅井康太
西武園記念より、更に上積みがあると思う。
みんなS級トップは、職業として競輪を捉えていると言うより、自転車が好きなだけですよ。
自転車少年が大人になった感じですかね(笑)。
自転車のセッティングを出すより、僕はどう自転車に体を合わせるかを考えている。
本当、体の使い方が一番大切ですから。
自分のタイミングで自力勝負。
村上義弘
松戸は準決で失敗したけど、自転車とか色々と試せた。
あとは、レースでベストを尽くすだけ。
脇本君の番手へ。
諸橋 愛
4月は斡旋が停まっていた。
落車のケアをして、その後はハードに練習。
体を作り直す良いキッカケになったし、プラスに考えたい。
色々と考えたけど、単騎で決めずに走る。
井上昌己
西武園記念は新たな自分を出す事が出来たと思う。
準決のレースをみんなに誉めてもらい、それが一番嬉しい。
北津留君の番手へ。
平塚はグランプリで優勝している思い出のバンク。
脇本雄太
ナショナルチームでハードに練習をやっている。
一成さんとか、信じられないタイムを出し、みんな仕上がっていますね。
もちろん、競技と鉄の自転車は違いますが。
バイオメカニックと言う、フォームを診断する装置で見てもらったら、フォームが悪いと全部直されている。
それが、今はしんどい。
この後は自分の結婚式があり、5月はロシア遠征が控えている。
捲りに構えず、なるべく積極的に攻めたい。
北津留翼
順番が来たら行く、そんなレースしか出来ない。
井上さんに迷惑を掛けない様に仕掛けたい。
和田健太郎
松戸のチャリチャンカップでニコ生運営のA主さんが、自分の優勝を凄く喜んでくれた(笑顔)。
新田君の番手は初めてだけど、千切れない様にマークしたい。
坂口晃輔
直前はウエイトトレを中心に、スピード練習で仕上げてきた。
浅井先輩に離れない様に。
新田雄大
ナショナルチームの練習がメインで、競輪の自転車に乗っていないが、もうこの生活にも慣れたので。
練習の疲れはかなり残っているけど、体調面の不安はない。
自力で良い走りをお魅せするだけ。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
第72回日本選手権競輪オリジナルクオカードプレゼントキャンペーン!
平塚競輪 第72回日本選手権競輪(GⅠ)の開催を記念いたしまして、
e-SHINBUNプレミアム会員の皆様に素敵なプレゼントのお知らせです。

第72回日本選手権競輪オリジナルクオカードを抽選で10名様にプレゼントいたします。

※こちらはe-SHINBUNプレミアム会員様限定キャンペーンとなります。
応募期間は日本選手権競輪開催初日の2018/5/1(火)から最終日翌日の2018/5/7(月)までです。

第72回日本選手権競輪オリジナルクオカード 10名様
 
 



この機会に是非e-SHINBUN会員登録を!
 
   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。

平成30年5月5日
平塚ダービーの4日目は、3日目を下廻るとはショックの売り上げ、4日間で80億弱は本当にこれで競輪は大丈夫なんだろうかとクラーク成る数字、何が原因と言えば長い間先人がやって来た上に胡座をかいて来たJKAに責任があると思います。何をやったら良いかは解ってる筈で、思い切って改革すべき、そのためにはファンの非難もあるでしょうが、隆盛を誇ったKPK以前に全てを戻してみてはどうでしょうか、私はその時代で育ってるだけに一番と思いますが。老いぼれの遠吠えと思わず、それも一策とご理解頂ければ。
大事な5日目は全レースが興味あるものばかり、競輪ファンは楽しくて、レースが始まるのが待ち遠しいのでは。私も予想し甲斐がありました。これが吉と出るか凶で終わるかですが、4日間じっくり観戦して取材してるので自信はあります。そこで大好評の狙い選手をレース毎に。
1R、永澤 剛。
2R、志村龍己。
3R、堀内俊介。
4R、田中晴基。
5R、清水裕友。
6R、太田竜馬。
7R、山賀雅仁。
8R、岩本俊介。
9R、和田 圭。
10R、佐藤慎太郎。
11R、浅井康太を100円でいゝですから狙って下さい。
 
平成30年5月3日
平塚ダービーの2日目は、初日の分迄落車・失格の事故がありましたが、売り上げは初日より5千万アップ。2日間で35億4758万6000円は少ないとしか。3日目は最終レースにガールズコレクションはありますが、前半戦、そして2次予選と小銭で大きな配当を狙うファン向きの番組に成ってます。私は大歓迎ですけどね、幸いな事に落車した選手は軽くて済んだ模様ですが、失格は心にグサリと来た模様なのが。
私の狙いを楽しみにして下されてるファンが沢山居られるそうなので3日目も。
1R、池田良。
2R、堀内俊介。
3R、金子幸央。
4R、坂本健太郎。
5R、渡邉雄太。
6R、渡部哲男。
7R、稲垣裕之。
8R、小松崎大地。
9R、太田竜馬。
10、南関コンビ。
11R、柴崎淳。
12R、太田りゆ。
 
平成30年4月30日
平塚ダービーの前検日に来てます。宇都宮FⅠの最終日は私の評価は2日間の走りを精査してたのでファンの方には喜んで貰えたかと。
平塚ダービーの売り上げ目標は150億との事。初日・2日目を何とか20億・20億で凌げば3日目から4連休なので25億平均にプラスアルファで目標達成の計算。
選手はナショナルチームの新田祐大・渡邉一成・脇本雄太・深谷知広が参加しただけで、ひょっとしたら4人の頑張りにファンが付いて来るんじゃないかの淡い期待をしてますが、私の予想では厳しいかと。初日16~18、2日目も同じくらいで、3~5日目は20~22億。最終日にやっと30億前後じゃないかと思ってますが、外れる事に期待する事にします。
1R、本線は瀬戸内ですが、狙いは菅田壱道に宿口陽一
2R、渡邉雄太
3R、堀内俊介・和田圭
4R、古性優作・取鳥雄吾
5R、新山響平
6R、桐山敬太郎
7R、神山雄一郎
8R、阿竹智史
9R、大塚健一郎の2・3着
10R、太田竜馬
今回の平塚ダービーは何時も元気に記者の世話をして貰ってた鈴木嬢が配置替えで居られないのは寂しいですが、元気に頑張られたので安心してます。そして南関東の顔でもあるM次長が前検日から施行者のたっての願いで奮闘されてます。この御仁がせわしく動き回るだけで場の雰囲気は変わるし、売れるんじゃないかとつい勘違いしてしまうインパクト。疲れてる私も話をして貰うだけで活力を貰ってる次第。競輪界を改革改善してくれるには絶対必要な人物、大事に盛り立てゝやりたいものです。

函館FⅠみたいな函館ナイター記念を制したのは111期のルーキー南潤。後の山本伸一を競らせない様にスパートしたのに、脚がある鈴木庸之が飛び付いて競った事もあっての逃げ切り。これで小倉競輪祭も決めたし、オールスターもほゞ大丈夫なら野球の大谷翔平並の活躍をして欲しいが関係団体の願い。ガールズは推奨した尾崎睦の4連勝でした。
夜の小倉ミッドナイトは選手の頑張りで大いに盛り上がり、函館同様、予想は順調。
そして今日は平塚ダービーの前検日。仮番を貰いましたが、極端な地元贔屓が果たして成功するか、記念に特別は全国売りだと言う事をお忘れなく。


 
ページトップへ
   
第61回オールスター競輪(GI)ファン投票のお願い
オールスターファン投票のお願い
ファンの皆様の投票で選ぶ夢の祭典、第58回オールスター競輪が
2018年8月15日(水) から 8月19日(日)までの5日間、いわき平競輪場で行われます。
皆様の想いを乗せた、熱い投票をお待ちしております。

投票はこちらから!
http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/campaign/allstar_vote/2018/index.html


e-SHINBUNメンバーはこちら

小倉竜二 四国、007番

中川誠一郎 九州、034番

佐藤慎太郎 北日本、065番

木暮安由 関東、095番

池田勇人 関東、098番

浅井康太 中部、155番

山内卓也 中部、163番

脇本雄太 近畿、178番

川村晃司 近畿、180番



ページトップへ
   
コンビニのコピー機で平塚競輪の出走表が無料プリントできる!
2018年日本選手権競輪限定!!
コンビニのコピー機で平塚競輪の出走表が無料プリントできます!!




全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
平塚競輪の出走表が無料でプリントできます!!

開催初日分は前検日18:00頃から、初日以降分は前日19:00頃から
プリント可能になります。

ぜひ、ご利用下さい!!


操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin35


ページトップへ 
   
第72回日本選手権競輪限定!コンビニのコピー機で無料予想情報がプリントできる!
第72回日本選手権競輪限定!!
コンビニのコピー機で無料予想情報がプリントできます!!



全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
全日本競輪新聞協会連合会が無料でプリントできます!!
(最終レース発送時間まで)

eプリントサービスでしか手に入らない期間限定の無料予想情報!
後半3レースの予想とレース情報を掲載!




ぜひ、ご利用下さい!!


操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/zennihon-keirin


ページトップへ
   
【チャリロト会員限定】チャリロトでAOKEI競輪ニュース無料公開中!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて、チャリロト会員様限定でAOKEI競輪ニュース』を無料配信中です!!



GⅢ開催時限定、開催日前日の夜から公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/pc/member/aokei/index.html
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
【チャリロト会員限定】コンドル無料配信スタート!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて会員様限定のサービススタート!



競輪専門紙『コンドル』がGⅡ以上の開催時限定で無料公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/pc/member/condor/index.html
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!
 
連携と連係

「黒競」が廃刊になって何年なのだろう。
俺が競輪をやり始めたころの予想紙のマーケット・シェアは「黒競」の独壇場だった。
黒競紙上の独特の言い回しや漢字の使い方が懐かしい。
他紙が「連係」なのに対して、黒競は終始一貫「連携」だった。
広辞苑を引くと「連係」は人や物が互いに密接なつながりをもつこと、例文に「連係を保つ」「連係プレー」などが挙がり、「連携」は互いに連絡をとりながら、協力して物事を行うこと、例文には「他団体と連携して運動を推進する」とある。
競輪競走に於けるライン戦を表すのにどちらも不正解ではなかろうが、どちらかに絞るとなると案外にむずかしい気もしてくる。
明日から平塚競輪場でGⅠの最高舞台と謳われる日本選手権競輪が開幕する。
ま、「連携」にしろ「連係」にしろ、一流と一流の「凄いやつ」を見せてくださいな――。


ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925

 
2日目
落車の深谷知広の怪我が心配されたが、かなり痛そうに歩いていたが、骨には異常がない様子。レース後は、一瞬、肋骨骨折の噂も流れたが、みんな一安心。本当、この手の事は詳しくないが、深谷の失格は外に張った事による妨害失格。もし、これが、バランスを崩しての失格なら、後ろが乗り上げているし過失失格。これを、うっかりによる失格にすると、4カ月後に1カ月斡旋が停まるそうだ。こうなると9月の共同通信社杯は出場出来なくなる。どうあれ、競輪は興行のひとつであるし、スター選手がいた事にこした事はない。これも、選手に聞いた話しであるし、もしかしたら真偽は違うかもしれないが、ひとつの事の判断で、大きく違いがあるなと実感。どうあれ、失格、セーフの判断で、ファンも選手もみんなが納得する判定は不可能だと個人的には思っている。
前検日
今年も、こうしてダービーの取材を出来る事は記者冥利に尽きる。こんな生活を何年続けているか分からないが、記者も今月で51歳。何が起きてもおかしく年令になってきたし、選手の言葉を借りれば、一戦一戦集中して頑張るだけ。検車場にいて目新しさも無くなってきたが、自分が感じる事に鈍感になっているだけかも。僕も競馬の中継を見ていると、あの裏の世界を見たくなるし、競輪でその世界にいる事は幸せなんだろう。ほぼ、全員と喋り、調子を聞いたが、当たり前だけど、みんな自信のあるコメント。それが、ばれてしまうのが、初日のレース後になるし、その見極めも大事な記者の仕事。広島の中継を見ながら原稿を打っているが、新田康仁が復活の優勝。初日から気配があったし、大穴車券は魅力があった。超一流でありながら、怪我に泣き大きく低迷。その間に悔しい現実にぶち当たっているのを何度か見てきた。強ければ許される番手捲りも、弱くなれば批難される。新田自身は何度も死に役をやってきたし、葛藤は凄くあった事だろう。だから、自分の事の様に嬉しい優勝だった。さて、最近、金子貴志が元気がない。やはり、弟子の深谷知広がナショナルチームに入り、別の世界に行ってしまった事が淋しいのかもしれない。ある意味の、夫婦間の離婚と一緒だ。2日目に深谷との連係があるし、ちょっと金子には注目してみたい。それと、山崎芳仁のグランドスラムの話題が、今回は全く出なかった。ダービーだけ唯一取っていないタイトルだし、毎年のお約束行事になっていたのだが。もちろん、可能性はゼロに近いが、今の若い記者はそんな事も知らなくなっている。


ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2018年5月1日(火)・2日(水)・3日(木)・4日(金)・5日(土)・6日(日)

■開催場所
平塚競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

いわき平競輪ニュース

福ちゃん

競輪毎日

北競

競輪専門誌ホープ

別府競輪ダービー

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ