eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
出走表(無料)コンビニ配信開始
とん豚テジ

瀬戸の王子杯争奪戦(GⅢ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
玉野競輪 第5回週刊実話杯&第3回e-SHINBUN杯 ナイスグッド撮影
2017年12月25日~27日に開催される
「玉野競輪 第5回週刊実話杯&第3回e-SHINBUN杯」にて
イメージガールを努める天木じゅんさんのグラビア撮影風景を動画でご紹介します!
撮影は各メディアで話題沸騰の海パンカメラマンこと野澤亘伸氏が担当しました!

レースにも負けないくらいの熱い撮影風景をご覧ください!



 
   
瀬戸の王子杯争奪戦 ニコ生e-SHINBUNチャンネル放送予定!!(2018年3月8日~11日 10:00~17:00)
3月8日~11日 10:00~17:00 玉野「瀬戸の王子杯争奪戦」
 
 連日 10:00~17:00 7時間の生放送!!
  http://ch.nicovideo.jp/eshinbun

 
放送概要

e-SHINBUNがお届けする競輪予想バラエティ番組!
今年もやってまいりました、玉野競輪 開設67周年記念 [GⅢ] 瀬戸の王子杯争奪戦。
毎度お騒がせのe-SHINBUNメンバーの玉野本場行きが却下されたため
川崎競輪チャリロトプラザより4日間公開生放送でお送りすることになりました。
よろしければ是非遊びにきてください!


放送統括
町田洋一
   
出演者
※出演者は日によって変更になる場合がございますのでご了承ください
橋本悠督 長谷川満 木三原さくら 平山信一
               
後閑ゆりあ 後閑信一 二宮歩美
 
【配信】A主
【協力】チャリロト https://www.chariloto.com/
【開催施行者】玉野競輪 http://www.cco.ne.jp/keirin/

 
ページトップへ
 

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
 
山内卓也
 
川村晃司 池田勇人 猪俣康一 小野俊之
川村晃司
池田勇人
猪俣康一
小野俊之

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
S級決勝インタビュー


井上昌己
練習仲間の山崎君がルーキーチャンピオンに出場するし、アベック優勝出来たら最高ですね。
僕の感じも悪くない。
車番は悪いけど、園田君と決まる自力勝負。
園田 匠
一番良い頃のセッティングに今回から戻した。
レースがなくて、何もやる事がなかったから。
昌己さんの好きに。
志智俊夫
柴崎君が早めに行ってくれたおかげですね。
初日はピリッとしなかったけど修正する事が出来た。
三谷君の番手へ。
番手は、かなり久々。
取鳥雄吾
ここに向けて、練習してきた成果。
やるだけの事はやってきたし、主導権も取れている。
現役の親父からも結果を出してこいと言われた。
積極的なレースで。
柏野智典
取鳥君がしびれる様な走りをやってくれた。
自分もここに間に合い、良い走りが出来ていると思う。
あとは岩津君がいないのは残念。
再度、取鳥君へ。
地元記念の決勝は初めて。
堤  洋
連日、前のおかげですよ。
僕は地元の盛り上げ要員なので、3番手をキッチリ固めたい。
山中秀将
良い感じで仕上がっていると思う。
記念Vの経験もあるし、特にプレッシャーはない。
自力でベストを尽くす。
三谷竜生
準決は僕の失敗レース。
切るところも、しっかり切らないと。
間違えた。
岩津さんと筒井さんには本当に申し訳ない。
こう言う失敗をなくして、ひとつひとつのレースを大切にしたい。
調子は悪くないので、自力で優勝を狙う。
福田知也
かなり前の防府記念以来の決勝戦。
その時は、ワッキー、村上義弘さんの3番手だった。
山中君のダッシュに離れずに。
3番手はあるけど、番手は初めて。



ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
ルーキーチャンピオンインタビュー


南  潤
色々と考えたけど難しいレース。
師匠にも言われてきたし自分のセンスに任せる事にした。
ライン的に怖いのは愛媛勢で、個の力では、山崎さん。
力を出し切って優勝したい。
松本貴治
同県の門田君の番手へ。
人の後ろを回るのは初めて。
追走するのは問題ないと思うが、レースでは何があるか分からないので。
愛媛3人で、今回の事を考えて練習してきた。
山崎賢人
いつも荒井さんや、今回参加の井上昌己さんと一緒に練習をやっている。
警戒するのは、南君ですね。
仕掛けるタイミングがあれば迷わず仕掛けたに。
牧田賢也
落車の前より調子は良くなっていると思う。
悔いのない様に自力勝負。
金ヶ江勇気
もし山崎さんに付いて優勝しても意味がない。
精一杯走り、自分で優勝しないと。
自力勝負。
野口裕史
ここ最近では一番良い状態です。
みんな強いけど自力で一発狙いたい。
今野大輔
愛媛の3番手を固める。
ラインを崩さない走りで、誰か優勝すれば良いね。
門脇 翼
牧田君とは別で一発狙う。
まずは位置取りも重視したいですね。
門田 凌
愛媛の先頭で自力勝負。
責任のある位置だし、積極的なレースをやりたい。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
三日目勝因敗因
  1R S級一般



2 増田 鉄男
権利取りのレースで4着。
チャンスがあれば突っ込もうと思ったけど、先手ラインの4番手のままだった。
3 佐藤 愼太郎
高木君が強かったですね。
誰かに狙われると思ったけど、番手無風で助かった。
4 山口 貴弘
山田君が後手を踏んだので仕方ないですね。
次の小倉は弟子と一緒だし頑張りたい。
5 樫山 恭柄
一旦、インを切ったけど、そこからの動きが悪かった。
6 篠原 忍
外に浮いたから仕方なく、捲りに行った感じ。
全てが中途半端だった。
7 高木 翔
本当は、前を取り引いてカマシの作戦。
それが出来ずに、押さえて駆ける展開になった。
ラインの3人で決まったし、今日は良い走りが出来たと思う。
8 濱口 健二
誰も北日本の後ろとコメントしないから、ラッキーだと思った。
飛び付かれるのも覚悟していたけど、スンナリで良かった。
9 山田 義彦
同期樫山君には引かず、高木君のところで粘って欲しかった。
今の状況では捲れないし、自分も粘るつもりだったので。
この状況は自分が一番悔しいが、我慢の時です。
 
  2R S級一般



1 阪本 正和
古川君が3角から内に入ってきた。
それが気になり直線で伸びを欠いた。
2 山崎 充央
今回は流れが悪い大会と言う事だね。
まあ、こんな経験は何度もしているので。
3 吉本 哲郎
補充とは言え、今回は弟子の竹内翼もいる。
俺が良い走りをしないと、彼に何にも言えないからね。
前回の京王閣は良くなかったけど、今回は上手く立て直す事が出来た。
4 谷田 泰平
誰か離れてくれば良いなと思いながら、先行態勢に入ったけど。
5 大川 龍二
前回の小倉の2日目にも吉本さんには、1着を取らせてもらっている。
本当に相性は抜群だし、こんな姿を後輩達にも見せていきたい。
7 須藤 悟
最後はコースが空いて3着に突っ込む事が出来た。
まずまずのレースが出来たと思う。
8 古川 尚耶
あのまま吉本さんをふたして、2角から行けば良かったかな。
そう山崎さんにはアドバイスをもらった。
9 若松 孝之
何とか4着で最終日も走れるし、悪い流れを断ち切りたいですね。
  3R S級一般



1 原 誠宏
大西君のダッシュに一瞬千切れた。
その後は追い着いたけど、きついレースだった。
2 酒井 耕介
昨日と真逆の風。
今日はホームが向かい風で、バックが追い風。
その分、先行が掛かりますね。
初日と違い堀君が強かった。
3 手島 志誠
ある程度、藤原君がコースを作ってくれたからね。
それで、内のコースを突っ込んで2着だった。
4 堀 僚介
今日はペースを落として主導権を取りに行った。
大西さんと2分戦だし落ち着いて仕掛ける事が出来た。
5 大崎 飛雄馬
バックから、どう言う動きをすれば良かったのかな。
危ないレースだったけど、もっと上手く捌ければ。
6 會澤 龍
単騎だし、位置も取れず、何にも出来なかった。
7 古閑 良介
やはり、みんな帰りたくないから、内を強引に突っ込んできますね。
酒井さんが仕事をしやすい様に内は締めていた。
8 藤原 憲征
大西君に入られたのは自分のミス。
あれがなければ結果は違った。
9 大西 祐
あのまま休まず行けば良かったかな。
ホームが追い風で、堀君も掛かっていた。
つい中団が空いていたので入ってしまった。
  4R S級選抜



1 吉田 勇人
自分の伸びは悪くないし、もう少し前の方にいれば。
2 竹内 翼
師匠の吉本さんに、あのレースを見せられると、自分もの気持ちになりますよ。
詰まった勢いで仕掛ける事が出来た。
3 大庭 正紀
弟子の竹沢君が頑張ってくれたけどね。
竹内君のスピードが違いました。
4 竹澤 浩司
ジャンでも、かなり踏んでおいた。
まだ竹内君が仕掛けていないのは分かったけど。
最近、師匠と決まっていないし申し訳ない。
5 吉岡 篤志
昨日は良かったけど、初日も今日も離れている。
前がワンツーだし、もったいないね。
6 石口 慶多
単騎で難しかった。
前は取りたくなかったけど、スタート牽制もあったので。
7 柿澤 大貴
中団で石口さんと併走になり、脚を使ってしまった。
8 小川 将人
みんな今日の方がバンクコンディションは良いと言っていたけど、俺は重たく感じた。
9 北村 信明
もっと構えても良いのに、竹内君は強引に行ってくれた。
有り難いし、今回は前が頑張ってくれている。
  5R S級選抜



1 萩原 孝之
伸貴君の判断だったので。
あれは、どうにもならないでしょう。
2 今藤 康裕
前のS級よりは慣れてきたけど、まだまだですね。
3 山本 直
やっと本来の自分のレースが出来た。
二次予選はラインが出来なかったし、まだそれぐらいの選手と言う事。
もっと、周りから信頼される選手になりたいですね。
4 八日市屋浩之
(ゴール後に落車)。
5 山本 紳貴
自分だけのレースになってしまった。
スピードは良かったけど、何度も行くチャンスはあった。
6 横関 裕樹
地元勢のカマシを併せ切る事が出来なかった。
力不足です。
7 星島 太
ゴール後に落車したけど、擦過傷もないぐらい。
今日は山本直君が何度も踏み直してくれたし、良い感じで行ってくれた。
8 林 成人
ゴール後に落車したけど、幸い怪我は軽傷です。
9 青森 伸也
単騎だけど、山本直君を捲れるかなと思ったけどね。
最後は併されてしまった。
  6R S級選抜



1 藤田 勝也
中団スンナリだったけど、捲る脚がなかった。
前の掛かりも悪くなかったと思う。
2 伊藤 大彦
何となく今日は前が行ってくれそうな予感がしていた。
近藤君のスピードも良くなかったし恵まれた。
3 近藤 隆司
情けないレース。
前のレースの山本紳貴君と同じですね。
真似したわけではないけど(苦笑)。
4 二藤 元太
途中でコースを探したけど、なかったですね。
もう近藤君にお任せだったので。
5 柳谷 崇
2、3着に入れる展開だし、もったいなかったですね。
今日は、よく小川君が行ってくれました。
7 小川 祐司
最終ホーム? あそこで踏んでおかないと近藤君がカマシに来る可能性があったので。
二次予選が情けないレースだし、今日は力を発揮する事が出来た。
8 中村 健志
結果は別として、自分では良い感じだった。
今日も楽しめましたよ。
9 村田 雅一
藤田君の内に早く入れば、結果は違ったけど、それも嫌らしくなるので。
  7R S級特選



1 大森 慶一
あの位置にいるより、一旦インを切った方が良いと思った。
そうすれば、工藤君が来ると思ったので。
2 鈴木 謙太郎
このメンバーなら後ろにならないと思っていたけど…。
内にも詰まったし、仕掛けが遅くなった。
踏んでからは、満足の行くスピードだったけど。
3 嶋津 拓弥
ここはS級で初優勝した、相性の良いバンク。
ただ、今日のレースは静岡勢に迷惑をかけてしまった。
4 工藤 文彦
イン切りがあり、カマシのタイミングが出来た。
この3着で特別優秀まで進めるのは大きいですね。
6 山田 敦也
大森さんの動きは悪くなかったと思う。
俺は絡んだりしてきつかった。
7着ぐらいかな。
7 内田 英介
メチャクチャ、鈴木君が強かった。
あのスピードには対応出来ない。
8 内村 泰三
工藤君が2車なのに、良く行ってくれた。
補充に来て、特別優秀まで行けるとは最高ですね。
9 望月 永悟
嶋津君が頑張ってくれたけど展開もあるので。
山田君と絡み、きつかった。
  8R S級特選



1 月森 亮輔
誰か狙ってくると思っていたし仕方ない。
バックはハウスして落ちそうになった。
2 伊代野 貴照
月森君は同期同部屋で可愛がっていた。
だけど、競走は別なので、流れで分断は考えていた。
長島君も強いし、前々のコメントになりましたが。
3 長島 大介
須賀さんが行け!行け!煩いから(笑)。
自分の距離ではないし、最後は一杯だった。
4 山中 貴雄
月森君も昨日の夜から、競りは覚悟と言っていた。
だから、彼の動きを見てからだった。
バックでバランスを崩していたし、それを見てから自分で踏み込んだ。
5 須賀 和彦
残す技術がないね。
1着なのは嬉しいけど、普通なら長島君を2着に残さないと。
6 才迫 開
後ろが併走になったし、最終ホームで長島さんを併せる事が出来なかった。
8 佐野 梅一
伊代野君からは、先手ラインと言うか、前々に攻めると聞いていた。
任せた結果だから仕方ない。
9 石川 雅望
自分がやっている事を、後ろで見ていたから危ないと思った(笑)。
まだまだ3番手のレースが下手ですね。
  9R S級特選



1 上野 真吾
加賀山さんが強かったですね。
ただ、九州勢の捲りが止まったのは分かったけど、いつ太田君が飛んで来るかは冷や冷やした。
2 大坪 功一
森山君が中団を取ってくれたけど、不発なら仕方ない。
3 太田 竜馬
地元勢や、ファンにも迷惑をかけてしまい、すみません。
言い訳は出来ないし、最終日こそは…。
4 藤田 昌宏
太田君はこれからのスターだけど、今回は試練になっていますね。
僕は初のダービー出場を楽しみにして。
5 佐々木 省司
絶好の展開になったけど、ニュートラルに入れられず、脚を溜める事が出来なかった。
6 森山 智徳
勝つには、あれしかなかったけど、前も掛かっていた。
太田君を後方に置き、南関勢を捲るのが一番良いと思ったけど、脚がなかった。
8 石丸 寛之
う~ん、どうしょうもないよね(苦笑)。
太田君を追って行っても届かないし。
9 加賀山 淳
誘導を残すのも作戦通り。
自分の能力を考えた時に、これしかないと言うレースになった。
九州勢が斬ってくれ、カマシやすくなった。
最後も踏み直せた。
 10R S級準決勝



1 井上 昌己
後ろから押さえて、また一番後ろ。
良く、これで決勝に乗れたと思う。
ただ、匠に抜かれている様では、まだまだだね(笑)。
2 村上 博幸
初手は中団が良いと思っていた。
まあ、中井君が不発だったし仕方ないね。
3 武田 豊樹
すかさず、中井君が行くのは分かっていた。
その後、もう1回、中部勢が行く動きがあり、きつくなった。
4 中井 俊亮
村上さんに迷惑をかけるレースになった。
3番手不発だし、まだまだですね。
5 志智 俊夫
良く、ジャンで柴崎君が叩いてくれたと思う。
それが大きかったね。
何とか残したかったけど、距離も長かったので。
6 三ツ石 康洋
初めて武田さんの後ろを回ったけど、良い勉強と経験になりました。
7 柴崎 淳
行く順番が来たから、あそこから仕掛けた。
体が勝手に反応したので。
今度はもっと残れる様な練習をやってきますよ。
8 堀内 俊介
単騎だったけど、踏み遅れたので重かった。
最後の中割り? 行って見たかったし、最初から考えていた(笑顔)。
9 園田 匠
井上さんなら必ず仕掛けてくれると思った。
だから、バックで内に行かなかった。
最後も伸びるコースが思い切り空きましたね。
 11R S級準決勝



1 諸橋 愛
(落車し棄権)
2 堤 洋
3番手で内を締めていただけ。
地元コンビの気迫を感じましたね。
3 川村 晃司
スタート牽制で前受けになった。
それは避けたかったけど。
今回は4百勝を決める事が出来たし、それだけでも良かった。
4 柏野 智典
自分なりに良い牽制も出来たし、気持ちも入っている。
それより、取鳥君が仕上がっているね。
5 笠松 信幸
自分がダメでも、誰かラインの選手が勝ち上がってくれれば良いと思い、いつも走っている。
だから、それは残念。
6 宿口 陽一
とにかく、一旦切って取鳥君ラインを待つ作戦。
そこでのもがき合いを期待した。
逃げる気持ちはあったけど、そう言う作戦の方が良いと諸橋さんにアドバイスをもらった。
8 野田 源一
(落車し棄権)。
9 取鳥 雄吾
4角からは、きつかったけど、ファンの声援も聞こえた。
全部、併せる事が出来たし、良い走りが出来たと思う。
 12R S級準決勝



1 岩津 裕介
僕にも力がなかったけど、ちょっと三谷君らしくなかったかな。
どうあれ、自分の責任だし力不足だった。
2 三谷 竜生
地元の岩津さんと、筒井さんに迷惑をかけて申し訳ない。
この分も決勝は頑張りたい。
3 和田 圭
山中君は凄いスピードだったし、止められる感じではなかった。
4 飯野 祐太
持久系と街道練習を増やしている最中。
こんなレースをやっても、いつか持つようになると思う。
5 山中 秀将
思った通りのレースが出来た。
休まず行けたし、体の切れもあると思う。
三谷君と岩津さんに勝てたのも大きいですね。
6 福田 知也
ちょっと見栄えは悪かったけど、早めに踏まさせてもらった。
そうでないと4着だったと思うし、和田君に飛ばされていた可能性もある。
7 坂本 亮馬
(落車し棄権)。
8 東 龍之介
山中さんのダッシュに千切れなかったのは良かったけど、ゴール前の詰めを欠いた。
マーク選手として、まだまだですね。
9 筒井 敦史
楽には地元記念の決勝には乗れないね。
トラック支援はあったけど、初の地元記念だったし残念です。

ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
二日目勝因敗因
  1R S級選抜



1 須賀 和彦
2角で古川君が内に行き、佐野さんも番手から出て行った。
どうなるかと思ったけど、上手くコースを探せた。
昔なら、ダッシュに千切れる事はなかったけど、その辺りが課題だし、初日のレースが悔しい。
2 大川 龍二
7番手になったからカマシに行った。
だけど、厳しい感じになったので中団に降りた。
3 堀 僚介
実質先行1車みたいなメンバーで、このレース。
まだまだS級では力が足りないですね。
4 中村 健志
誰か内に入ってくると思っていた。
それが古川君だった。
佐野さんが番手から出てくれたけど、自分の脚ではあれで精一杯だった。
5 山崎 充央
終始、遅れている感じだった。
須賀君の動きに乗って行く感じでした。
6 上吹越 直樹
もう捲りなんて出ないし、前次第。
タテ脚も落ちている。
7 濱口 健二
あそこで行ってくれた大川君の気持ちは嬉しい。
もちろん、結果は別として。
8 古川 尚耶
中団、中団の組み立て。
外では無理だと思い、内に行った。
自分はダメだったけど、後ろが1着だったので。
9 佐野 梅一
鐘の3角で堀君が思い切り踏んでくれたから。
申し訳ないけど、シビアに番手から出た。
ただ、あまりにも遠くて、ゴールが見えへんかった(笑)。
  2R S級選抜



1 佐藤 愼太郎
本当は僕が1番車だしスタートを取りに行かないといけない。
それが出来ず、会沢君に悪い事をした。
2 柳谷 崇
弟子の月森君とは3度目の連係だった。
ワンツーはないし、落車もあった。
今日もバックできつくなり、ハコ3でファンに迷惑をかけた。
3 若松 孝之
連日、展開が悪いですね。
だから、調子どうこうは分からない。
4 山口 貴弘
バックで捲りに行ったけど、1車も出なかった。
これが現状の脚ですね。
5 月森 亮輔
今日のレースを初日にやらないと。
気持ちで負けていたし、脚が悪いわけではない。
また師匠の柳谷さんとは一緒に練習をやる様になっている。
誘導で御世話になっているし、恩返しの気持ちも強かった。
6 會澤 龍
風も強くて、ペースにならなかった。
流しすぎと和田圭さんに言われたけど、脚がないだけ。
7 吉岡 篤志
2角で今日はみんな止まってしまう感じ。
風のせいで前の2人もきつそうだった。
だから3番手で2着だけど、自分が伸びたわけではない。
8 篠原 忍
2車だし先行は厳しいから。
8番手からだし、遠かったですね。
9 林 成人
今日のレースなら4番手を固めた甲斐がありましたよ。
地元の師弟コンビを盛り上げたかったので。
  3R S級選抜



1 星島 太
言い訳になってしまうけど、バックで磯田君が飛び付いてくる感じだった。
そこで脚を使ったし、2発目の青森君にもらったのも効いた。
才迫君が1着だし、地元記念でワンツーでなくファンに申し訳ない。
2 青森 伸也
高木君の頑張りがあったから。
才迫君のスピードは違ったし、かなり外を捲ってきた。
だから星島さんを止めるので一杯だった。
3 山中 貴雄
5場所前に落車してから、周りのゴチャゴチャが気になるようになってしまった。
怖いと言うか、怯むようになった。
ただ、そんな事も言ってられないし、ガッツのある走りをやるしかない。
今日は、まずまず伸びたと思う。
4 古閑 良介
もっと、高木君が早めに来るかと思ったけど。
樫山君が3番手に入った時は、もうかなり脚をロスしていたね。
5 高木 翔
才迫さんを、ふたして、ペースに持ち込む作戦。
ただ、樫山さんに踏まれてしまい、きつくなってしまった。
6 藤原 憲征
磯田君に任せようと思ったけど、単騎でやりたいと言ったので。
彼の後ろに切り換えたけど、自信があれば2角で捲っていたと思う。
だから、そう言う事でしょ。
7 才迫 開
地元の星島さんを連れ込めず申し訳ない。
岸和田を走ったばかりだけど疲れはない。
残りは先行で勝ちたいですね。
8 樫山 恭柄
作戦? とにかく先輩が後ろだし前々のレース。
高木君が来るのが遅いし、踏むしかなかった。
やるだけの事はやったので。
  4R S級選抜



1 石丸 寛之
玉野でいつも練習をやっているけど、こんなに風が強い事はない。
だから、タイミングに関係なく、自分の持つところから仕掛けた。
ニュートラルに入れると止まってしまう恐れがあるので、踏みっぱなし。
明日は才迫君の番手で楽が出来るかな(笑)。
2 阪本 正和
(落車し棄権)。
3 藤田 勝也
凄い強風で、きつかった。
石丸さんに捲られたけど、何とか粘る事が出来た。
4 須藤 悟
前の二藤さんが頑張ってくれたけど、僕も酒井さんに締められてきつかった。
5 内村 泰三
石丸君の地元なのに、差してすみません。
ロング捲りだし、有り難いですね。
感謝、感謝です。
6 三ッ井 武
(落車し棄権)。
7 酒井 耕介
藤田君は、あのままへばり付いていて、一気にカマシの方が良いのに。
競りはレースだから仕方ないけど、その方が仕事が出来たと思う。
8 二藤 元太
もう、あの展開だし粘るしかなかった。
捲れるはずはないので。
だけど、内の競りだったけど、かなり重たかった。
9 原 誠宏
前の2人がワンツーだし、自分に脚がなかった。
  5R S級選抜



1 増田 鉄男
風でなく、自分の脚の問題ですね。
地元の2人をきちんと追えなかった。
3 藤田 昌宏
岩津君以外は、みんなダメだったけど、ようやく俺らもエンジンが掛かってきた。
工藤君が良いところで行ってくれたし、最終日に特別優秀まで走れる様に頑張りたい。
4 大庭 正紀
自分で踏み込んで3着まで届いた。
感じは悪くないですよ。
5 山田 義彦
う~ん、見ての通りの状態です。
セッティングとかでなく、調子の問題。
とにかく、帰るわけにもいかないし、気力でカバーして頑張るしかない。
6 服部 竜二
4着ですね。
大庭さんが踏んでくれ恵まれた。
7 工藤 文彦
負け戦だけど、素直に嬉しいですよ。
今日のレースを初日にやりたかった。
気持ちで負けたかもしれないし、脚は問題ないですね。
8 谷田 泰平
もう1回、山田君に内を掬われたのが痛かった。
それで浮いてしまった。
9 手島 志誠
弱くなると競輪選手なんて、うまみはないですよ。
どこか、良い仕事はないかな(笑)。
  6R S級二予選



1 川口 聖二
(3角から内圏線を長期に渡って自ら切ったので失格)。
2 近藤 隆司
番手から出るタイミングは悪くなかったと思う。
来てから出ようと思っていた。
川口君を併せ切る自信はあったのに、残念です。
3 坂本 亮馬
直前にパンクして、発走時間が遅れてすみません。
急に車輪を変えたので重たかった。
さすがに、源さんのところは、しゃくれないでしょう(笑)。
4 森山 智徳
人の後ろを回る事は滅多にないし、楽しかったですよ。
亮馬君が内に行ってくれれば、3着はあったかな。
5 志智 俊夫
本当なら亮馬にスタートを追わせたかったけど。
アクシデントがあった時は、そんな決まりがあるけどね(笑)。
前が止まっていたから突き抜けたと思う。
初日のレースがピリッとしなかったけど、今日は上手く修正出来た。
6 山田 敦也
もっと近藤君が伸びて行くと思った。
意外と伸びなかったので、酔わされてしまった感じ。
7 野田 源一
川口君のスピードが良かったので、被るのは仕方ない。
そこから、どう伸びていくかだった。
あとは亮馬も気を遣ってくれたね。
8 山本 紳貴
主導権は取れたけど、ラインに貢献出来なかった。
まだまだです。
9 坂上 忠克
前が1着だし、悔しいですね。
もっと、直線で伸びたかった。
  7R S級二予選



1 中井 俊亮
冷静に中団3番手を取れたのが勝因ですね。
もちろん、展開では行く準備はしてありましたが。
2 長島 大介
細切れ戦だけど、単調なレースになってしまった。
小川さんがジャンで行かないから一本棒のレースで詰まらない走りになってしまった。
3 笠松 信幸
選手紹介の時と風向きが違った。
3角で風が抜ける感じだったけど、本番では違いました。
とにかく、中井君に離れなくて良かった。
4 小川 祐司
ジャンで行かないとダメですね。
根性無しだし、そこで迷い見てしまった。
仕掛けると、一緒に中井君が踏むと思い、勇気がなかった。
5 嶋津 拓弥
小川さんが来てくれれば良かったけど。
まあ、風が強く、踏む前に脚にきていた。
それでも福田さんが勝ち上がってくれ良かった。
6 八日市屋浩之
前に付いて行けなかった。
あまりにも風が強く、車輪が壊れたかと思った(笑)。
7 福田 知也
あんなに前取り合戦になるとは思わなかった。
嶋津君も後ろ攻めできつかったと思う。
8 北村 信明
レースだし小川さんのタイミングに任せていたので。
9 内田 英介
スタート見てくれました? 早かったでしょ(笑顔)。
今日はそれだけが仕事でした。
  8R S級二予選



1 東 龍之介
山中さんが強かったし離れなくて良かった。
まさか差して1着同着とは…。
ただ、後ろの土屋さんのコースを作れなかったのは、まだマーク選手として未熟。
2 井上 昌己
中部勢ともがき合いになり、きつかった。
山中君の展開になってしまったし、止める事が出来なかった。
何とか3着確保のレースだった。
3 山中 秀将
最終ホームで行ければ、ラインの3人で決まったと思う。
脚は悪くないけど、そこが反省点です。
4 土屋 裕二
山中君のスピードを体感出来て良かった。
最後は、井上君と脚の差ですね。
5 渡邊 健
僕らは第3ラインの評価だし、横関君が見せ場を作ってくれ良かった。
6 小川 将人
横関君は突っ張ってくれたし、その気持ちだけで十分です。
7 竹内 翼
押さえに行くのが遅かったし、中途半端だった。
それで横関さんともがき合いになってしまった。
8 横関 裕樹
竹内君が来るのが中途半端だった。
だから、ジャンでスイッチが入った。
あれをやるなら、完全に併せ切らないと。
9 大坪 功一
井上君の後ろで負けたのなら仕方ないですね。
僕は3番手だし、前2人の判断だったので。
  9R S級二予選



1 筒井 敦史
取鳥君が今日は強かった。
いや、今日も強かったの間違いか。
どうあれ、2人で気合いが入っていたし、良い走りが出来たと思う。
2 望月 永悟
あのタイミングで取鳥君が内から行っては、どうにもならないね。
3 村田 雅一
今日は何にも出来なかった。
目標不在だけど力不足です。
5 加賀山 淳
上野君と望月さんに入れてもらったけど、捲れる感じではなかった。
取鳥君は、徐々駆けだし、点数の開きもかなりあったので。
6 竹澤 浩司
内から取鳥君に行かれたのが失敗だった。
7 取鳥 雄吾
判断は良かったと思うし、内から行くしかなかった。
ただ、あまりやらないし、筒井さんはビックリしたかもしれないが。
今日は負けられないと思ったし、人気に応える事が出来て良かった。
8 三ツ石 康洋
正直言えば、もう少し、取鳥君は掛かった方が良いかなと2角では思った。
だけど、余計な心配をする必要はなかったですね。
9 上野 真吾
僕に4角から踏む技術と脚があれば、3着に入れていたと思う。
せっかく望月さんが番手を譲ってくれたのに。
 10R S級二予選



1 武田 豊樹
今年から急に花粉症になってしまった。
まあ、1日、2日で治るもんではないから。
鈴木君も出るのに脚を使ったから、かなりきつそうだったね。
あとは、ごちゃごちゃになったので堀内君とか、後ろの動きは分からなかった。
2 堀内 俊介
今回はハードに練習をやってきたので、かなり自信はあった。
もちろん、もがき合いがあり恵まれたけど、武田さんに踏み勝ったのは自信になる。
3 園田 匠
何の縛りもなく、フリーに走るのは好きなので。
狭い場所が何度かあったけど、それは慣れているので。
ホームで石川君の前輪と接触したのが少し嫌だったぐらいかな。
みんなが脚を使うレースは得意だし、最後は地脚勝負になった。
4 山本 直
単騎だし難しかった。
もっと一発狙うレースの方が良かったかな。
5 伊代野 貴照
あの展開でもチャンスは何度かあった。
それを活かせず、石口君にも申し訳ない。
6 石口 慶多
鈴木さんと武田さん相手に見せ場を作れただけでも。
7 鈴木 謙太郎
あんなに石口君が踏んでくるとは思わなかった。
そこが誤算だし武田さんに迷惑をかけた。
8 石川 雅望
しっかり自分の位置を守れなかった。
武田さんに申し訳ない。
9 萩原 孝之
あんなに簡単に堀内君に千切れてはダメですね。
風とか言い訳にならない。
 11R S級二予選



1 飯野 祐太
一旦、出てからどうしようか考えていた。
バックで行けたかもしれないが、太田君の先行だし大事に走った。
2 太田 竜馬
この寒さと、風のコンディションは大の苦手。
4角から、かなり失速してしまった。
3 吉田 勇人
宿口君だけでも、準決に行ってくれ良かったですよ。
ちょっと、前と遠かったですね。
4 宿口 陽一
一旦、後ろからだし、そこで脚を使った。
昨日も今日も自分だけだし後ろに申し訳ない。
5 大森 慶一
自分に4角から、コースを突く技術があれば3着に入れたと思う。
7 堤 洋
いつもの太田君なら、勝手に踏み直して残ってくれる。
彼の調子か、このバンクコンディションかは何とも言えない。
自分なりに残しに行ったけど、飯野君も見えたので。
多分、太田君自体を抜いたのも初めてだと思う。
8 佐々木 省司
あれで宿口君も3着まで行ったし強かったね。
飯野君が太田君を併せ切れれば面白かったけど。
9 伊藤 大彦
前の2人に千切れて申し訳ない。
きちんと、自分が付いて行ければ太田君も残っていたので。
 12R S級優秀



1 三谷 竜生
後ろが競りで、動きが見えなかった。
その分、最後失速した。
準決は地元の岩津さんと決められる様に頑張るだけ。
2 岩津 裕介
不様なレースだった。
きちんと、柴崎君を追わないといけないのに、すみません。
3 諸橋 愛
内に差し込んでいたし、あれで岩津君が僕のところに降りてきていれば落車していた。
それもあったから、バックで捲りに行く事が出来なかった。
4 和田 圭
いつもいつも、北日本の恵まれ要員では、前に失礼。
だから、勝負しようと思った。
番手を取り切って、三谷君も差したし、上出来でしょう。
男を上げた? そう言ってもらえると、嬉しいですね。
5 椎木尾 拓哉
情けないレース。
番手を守れず、三谷君に申し訳ない。
6 柏野 智典
今日はラインで機能しなかった。
岩津君の位置を確保しようと思ったけど。
7 村上 博幸
川村さんが強かった事もあるけど、自分の判断ミスもあった。
三谷君も川村さんも、お互い良いレースだったと思う。
8 川村 晃司
もつれる展開になったし、展開が向いた。
こんなに高配当では、お客さんがいなくなってしまいますね(笑)。
もちろん、三谷君とはガチンコでした。
9 柴崎 淳
地元の岩津さんと呼吸が合わなかったですね。
今日は基本的に先行の組み立てだったけど、一旦、三谷君に踏まれたのが。


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
優秀レースインタビュー


川村晃司
中井君の頑張りが全て。
外のスピードが良かったので止められる感じではなかった。
なので、シビアに踏まさせてもらった。
並んでも三谷君と決める技術がないので、別で自力勝負です。
椎木尾拓哉
直前のハードな練習の疲れが、少し残っていて体は重たい。
ただ、段々と抜けてくると思う。
京都の先輩に並びを決めてもらい、こうなった。
別でやるみたいだし僕は三谷君。
諸橋 愛
マーク屋なら、どんな展開でも3着は意識して走っている。
ゴール後に落車した吉田君の怪我は心配だし残念。
位置を決めずに流れで。
岩津裕介
地元記念は3回優勝していると思う。
もちろん、気持ちは誰にも負けていない。
初日は太田君の頑張りがあったから、切り抜ける事が出来た。
ちょくちょく連係している柴崎君。
相性は抜群です。
柴崎 淳
もがき合いで展開が向いた。
悪くはないし、流れさえ向けば。
地元勢に迷惑をかけない自力勝負。
柏野智典
岩津君にお任せです。
柴崎君に行くのが自然だと思うし、3番手を固めたい。
三谷竜生
勝つには勝ったけど、修正点も多いレース。
満足行く内容ではない。
川村さんと別で自力勝負。
和田 圭
良い感じで突っ込めたし、悪くないですね。
ここは競りになるけど三谷君の番手を狙う。
村上博幸
川村さんが三谷君の番手と言うなら3番手と思っていた。
だけど、別みたいだし、僕は川村さんの番手です。
いつも、良い着を取らせてもらっている。



ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日勝因敗因
  1R S級一予選



1 福田 知也
ホームが追い風で、バックはそんなに向かい風でもない。
ただ、選手紹介の時と、風向きが違ったし難しい。
今の感じだとカマシが決まりやすいと思う。
加賀山君の出があまり良くなかったけど、何とか2人で勝ち上がれて良かった。
2 月森 亮輔
結局、何にも出来なかった。
地元記念だし残念。
残りは全部勝てる様に走りたい。
3 佐野 梅一
結果的に、兵庫勢の後ろの方が良かったですね。
前で飛び付くのに脚を使った。
先行みたいな感じになってしまった。
4 林 成人
一番後ろになったし仕方ないですね。
思った以上に石口君も掛かっていたと思う。
5 村田 雅一
僕にとっては最高の展開になった。
自分の1着も嬉しいけど、石口君が勝ち上がってくれた事が尚更嬉しい。
6 石口 慶多
無欲なのが良かったですね。
僕の先行なら捲れると思ったのでしょう。
長い距離を踏んで持ったし、満足です。
7 加賀山 淳
石口君には悪いけど、知らないと言う事は怖い(笑)。
どういう選手か知らなかったし、思っていた以上に掛かっていた。
8 二藤 元太
3番手だったし、前の動きが分からなかった。
位置的に厳しかった。
9 大川 龍二
スタート牽制もあったし、きつかったですね。
地元月森君に任せた結果なので。
  2R S級一予選



1 酒井 耕介
堀君の掛かりも悪くなかったけど、2車で真後ろから捲られてはきついですね。
2 内田 英介
コースを見誤ったかな。
外でなく内のコースを探した方が良かったかも。
宿口君が1着で自分は届かなかったけど、踏んだ感じはかなり良かった。
3 野田 源一
本当は自分が北村君のレースをやらないといけない。
点数もあるし、人気にもなっていたから。
4 三ツ石 康洋
被る前に北村君が行ってくれたからね。
そのスピードを借りる事が出来た。
5 宿口 陽一
落ち着いていた? いや、落ち着きすぎていた(苦笑)。
1着だけど自分だけだし、二次予選に繋がらない。
6 藤原 憲征
あれで宿口君は頭まで行ったの? 強いね。
まあ、俺は9番手だけど、任せた結果だからね。
7 北村 信明
怪我の影響もないし、練習の内容もバッチリだった。
最後はバテバテになったけど、納得の走りは出来た。
三ツ石さんと一緒に勝ち上がれて良かった。
8 堀 僚介
北村さんを併せ切れると思ったけど…。
力は出し切れたし、こんなレースを続けていきたい。
9 阪本 正和
野田君が位置取りに失敗して、ちょっと厳しくなりましたね。
  3R S級一予選



1 工藤 文彦
4車で地元記念。
情けないし、ファンや後ろに対しても申し訳ない。
2 坂上 忠克
全部、止めるからと言ってあったし、竹沢君は作戦通りのレースをやってくれた。
車間を切られて一気に来られるのが嫌だったけど、理想通りのレースだった。
3 箱田 優樹
踏んで3番手を取れた。
最高の展開になったけど、捲りに行く脚がなかった。
4 山田 敦也
コースがバカッと開いた。
箱田君も悩みながら踏んでいましたね。
前回の小倉は怪我明けで良くなかったけど、今回は問題なく走れる。
5 石丸 寛之
ニュートラルに入れて、構えていたけど、工藤君が全然行く気配がない(笑)。
練習ではあんなに強いのに、もったいないね。
6 中村 健志
地元勢に期待して4番手を固めた。
行くチャンスはあったと思うし、やさぐれそうですよ。
7 大森 慶一
箱田君が何故か内に行った。
だから外を踏んだけど、勝ち上がれて良かった。
8 竹澤 浩司
今日は後ろが坂上さんだし、2車でも行くと決めていた。
5着かなと思ったけど4着で良かった。
9 古閑 良介
コースに入るのが少し遅れた。
あのまま付いて行っても浮いておしまいになる。
届かなかったし悔しい5着。
  4R S級一予選



1 山中 貴雄
山本君のタイミングに任せていたので。
ホームで行けば決まっていたと思う。
2 伊代野 貴照
藤田勝君が良い場所から駆けてくれた。
もっと他に方法があると思ったし、まだまだマーカーとして甘い。
3 石川 雅望
最近は意識して厳しいコースを突くようにしている。
そうでないと勝てないから。
あとは古川さんが中団を取ってくれたので。
4 手島 志誠
番手と3番手の差が出たね。
俺も石川君の位置なら、突き抜けていたよ(笑)。
5 藤田 勝也
良い場所から主導権を取れた。
残れなかったのは自分に脚がないから。
6 小川 将人
近畿勢が頑張ってくれた。
ゴール前は接戦だったし、何着ぐらいだったかな。
えっ、4着? 二次予選に進める事よりも、最終日まで走れる事が嬉しい。
7 山本 直
構えて見過ぎた。
勝ちたい気持ちが強かったかも。
緊張感はなかったし、この悔しさを二次予選にぶつけたい。
8 古川 尚耶
やるだけの事はやった。
最近の中では一番良かったかも。
後輪が飛んだと言うか、ドリフトしてしまった。
9 藤田 昌宏
山本君が出っ切って、負けたのなら納得いくけどね(笑)。
朝から地元は負の連鎖が続いている。
  5R S級一予選



1 鈴木 謙太郎
あれはカマシに行った。
だけど、ホームが追い風で、山本君も掛かっていた。
だから中団で一旦休んだ。
あのまま行っていたら? もがき合いになったとしても、ギリギリ捲れていたと思う。
それぐらい、状態に関しては問題ない
2 土屋 裕二
鈴木君が駆けたら僕らはおしまい。
それは、山本君に言ってあった。
自分も良い感じでブロック出来たし、お互い良い走りが出来たと思う。
3 八日市屋浩之
結果は別として、篠原君はいつも頑張ってくれる。
その信頼関係があったから4着に突っ込む事が出来た。
4 大庭 正紀
弟子の竹沢君が先行して勝ち上がっていた。
自分もの気持ちもあったけど残念です。
6 三ッ井 武
先手ラインの3番手だし、チャンスのある位置。
それが5着だし自分に脚がなかった。
7 須賀 和彦
もう一杯だった。
鈴木君はダッシュがあるし、付いて行けなかった。
後ろの磯田君にも悪い事をした。
8 篠原 忍
最終ホームで鈴木君に入られたのが大失敗。
どうしょうもないレースだった。
9 山本 紳貴
バックがきつかったけど、自分のレースで残る事が出来た。
中団がもつれていれば、もっと楽でしたが。
  6R S級一予選



1 渡邊 健
メチャクチャ、川口君が強かった。
全然、抜ける感じはしなかったし、最後も離れて行きそうになった。
2 高木 翔
絶対、先行と言う組み立てではなかった。
最終ホームになったし川口君が見えたので、踏み込んだ。
流れでは飛び付きも考えていたけど、今日は力負けです。
3 真崎 新太郎
(ゴール後に落車)。
4 有坂 直樹
(ゴール後に落車)。
5 川口 聖二
中団が空いていたけど、行ける感じだったので。
今日は強いラインが構えて失敗している。
だから、見過ぎず、早めに行こうと。
6 山口 貴弘
次は弟子と同じ開催。
一緒になる可能性もあるし、もっと脚を付けないと。
7 古城 英之
(ゴール後に落車)。
8 柿澤 大貴
古城さんが離れていた。
それがあったから、中部勢に上手くスイッチ出来た。
9 佐々木 省司
高木君が行ってくれたのに、止められず残念。
なんで中部勢の後ろに柿沢君がいたのか不思議だった。
  7R S級一予選



1 青森 伸也
会沢君がダメでも、自分にどうにかする脚があれば良かったけど。
2 上野 真吾
脚でなく追走技術の問題。
脚は余していたし、思い切りがなかった。
ハコ4だし言い訳になってしまうけど、嶋津君に当たりながら踏めば、ワンツーだったと思う。
3 小川 祐司
バックを踏みながらだし、自分としては仕掛けが中途半端だったと思う。
それがあったから、伊藤君と2人で前に出られたけど、吉岡さんはきつくなったと思う。
4 吉岡 篤志
完全に離れた。
タイミングの問題でなく、自分に脚がなかっただけ。
5 佐藤 愼太郎
前と遠かったし、コースもなかったですね。
6 會澤 龍
小川さんを併せ切る脚がなかった。
福島勢に申し訳ない。
7 嶋津 拓弥
最近、良くなかったし、やっと結果が出た感じ。
記念だし輝きたいですよ。
内容は満足いかないけど、二次予選もクリア出来る様に頑張りたい。
8 須藤 悟
嶋津さんの仕掛けに離れなかった。
5着だと思うけど、最低限の走りは出来たと思う。
9 伊藤 大彦
怪我もあったから、久々の記念の二次予選。
久留米記念以来だと思う。
今日は良いところから小川さんが行ってくれたので。
  8R S級一予選



1 山田 義彦
車の進みが悪かったし、仕掛けるタイミングも悪かった。
吉田さんからは隊列が短くなったところで行けば良かったと言われた。
2 星島 太
若い子で地元記念に出たい子は一杯いる。
その中で呼ばれたのに、結果を出せず申し訳ない。
3 今藤 康裕
横関君と2人で勝ち上がるには、どこか飛ばさなければ行けないと思った。
1角では良い仕事が出来たと思う。
4 山崎 充央
山田君には、今まで世話になっているから。
また、明日から頑張るだけ。
5 竹内 翼
岡山のサッカーチームにいたし、地元と同じ気持ち。
5年ぐらい住んでいたし、知り合いも今回は応援に来る。
実は奈良記念が終わり、インフルエンザをやった。
不安があったけど、これなら大丈夫そう。
脚は問題ないけど、肺が少し苦しかった。
7 原 誠宏
竹内君が踏み合いになった時に少し見てしまった。
その分、遅れてどかされてしまった。
8 横関 裕樹
今藤さんが、仕事をしてくれ3番手に入れてくれた。
捲る脚があれば良かったけど、大事に走り直線勝負に持ち込んだ。
9 吉田 勇人
1年半前からトレーナーを付けて、指導を受けている。
それで結果が出る様になってきた。
山田君のスピードを借りて、突っ込む事が出来た。
  9R S級一予選



1 大坪 功一
森山君が捲ると思ったら、途中でやめてしまい大バック。
それでも最後は良く伸びたし悪くないですね。
2 若松 孝之
谷田さん任せだったので。
感じは悪くないし、残りのレースを頑張ります。
3 堀内 俊介
飯尾さんが当日欠場になり2車。
だけど、力を出し切れば大丈夫だと思っていた。
今日は久々に会心のレースです。
4 樫山 恭柄
詰まった勢いで、森山さんが行ってくれると思ったけど。
最後は5着ぐらいだったと思う。
5 望月 永悟
今日は堀内君の闘争心を感じたし、かなり気合いが入っていましたね。
ここは大好きなバンクだし、自然と良い展開になってしまう。
6 服部 竜二
一番弱い選手が8番手だったので…。
7 森山 智徳
楽に3番手を確保出来たし、捲れると思った。
だけど、途中でやばいと思い、大事に走った。
勇気がなかったですね。
8 谷田 泰平
誕生日だし良い走りをやりたかったけど。
立ち遅れて、後ろに迷惑をかけてしまった。
9 飯尾 主税
(腰痛で当日欠場)。
 10R S級初特選



1 山中 秀将
踏み出した瞬間は行けると思ったけど。
川村さんが中井君を残す気持ちがあれば、捲れたと思う。
2 椎木尾 拓哉
中井君の強い気持ちを感じたし、川村さんも勝ちに徹してくれた。
僕は練習の疲れが残っているけど、段々と抜けてくると思う。
3 吉田 拓矢
(ゴール後に落車)。
4 萩原 孝之
仕掛けた時は山中君の捲りが決まると思ったけど、川村さんが番手捲りだったので。
5 園田 匠
ホームで吉田君が行っていれば、もがき合いになり、井上さんの捲りが決まっていたと思う。
6 中井 俊亮
今日は吉田君を出させるつもりはなかった。
後ろのワンツーに貢献出来たけど、まだまだ力が足りない。
7 諸橋 愛
どうするかは、吉田君の判断だった。
最後は、井上君を締めながら3着確保の動きになった。
8 川村 晃司
中井君が行ってくれたし、シビアに踏まさせてもらった。
そうでないと彼の頑張りが無意味になるので。
9 井上 昌己
吉田君の動きは想定外。
俺の外にへばり付かず仕掛けると思ったけど。
最後は諸橋さんのヨコのテクニックに負けた。
 11R S級初特選



1 太田 竜馬
後ろが地元の岩津さんと柏野さんだし、先行の組み立て。
ただ、長島さんもやる気だから、かんりきつかった。
2 武田 豊樹
うん、長島君も頑張ってくれたからね。
吉田君が欠場で残念だけど二次予選はクリア出来る様に走りたい。
3 志智 俊夫
柴崎君の踏み出しに離れてしまった。
前にも後ろにも迷惑をかける走りだった。
4 坂本 亮馬
悪くはないけど、良くもないかな。
バックを踏むぐらいなら仕掛ければ良かった。
きわどいところで負けるのは、あまり良い前兆ではない。
5 柴崎 淳
雨も降っているし、気温も下がってきた。
それでも自分のレースは出来たし、岩津さんが強すぎた。
6 柏野 智典
まずは岩津君との連結を外している。
あれでは、太田君を信頼出来ない事になる。
バックぐらいからは、岩津君を見つけるレースになった。
7 笠松 信幸
志智さんも離れたけど、自分も3番手できつかった。
8 長島 大介
武田さんとは初連係。
思い切り行く作戦だったけど、太田君は本職の先行選手なので。
9 岩津 裕介
他の選手が止まっていたから、俺が伸びた様に見えただけ。
それでも悪くないし、戦える状態です。
 12R S級初特選



1 和田 圭
飯野さんも、バックでは行けないですよ。
前も掛かっていたので。
最後はコースも空いたし突っ込む事が出来た。
2 取鳥 雄吾
内容は良かった? いや、そんな事はないし情けないレース。
三谷さんに簡単に捲られたし、後ろの先輩にも役に立たなかったので。
3 三谷 竜生
筒井さんに牽制を受ける前に捲れれば良かったけど。
あまり出は良くなかった。
本当は前は取りたくなかったけど、立場的に仕方ないので。
4 飯野 祐太
インを切ったけど、前と空いてしまった。
そこは完全にミス。
バックで詰まる場所があったけど、そこで行く脚がなかった。
5 村上 博幸
三谷君ならブロックを受けても、乗り越えると思っていた。
スピードの違いがあるので。
多少、疲れが残っているけど、そんなに悪い感じはしない。
6 東 龍之介
車番的に不利だったし、今日は仕方ない。
また近藤さんには頑張ってもらいますよ。
7 筒井 敦史
ワンテンポ、ブロックに行くのが遅くなった。
三谷君の左肩に入れたけど、止めきれなかった。
やる事はやったので、今日のレースに関して言えば悔いはない。
8 近藤 隆司
4分戦で後ろ攻めだと、こうなりますね。
切って、切ってがあり、一番後ろになってしまった。
9 堤 洋
取鳥君は掛かっていましたよ。
筒井君が仕事をしやすい様に内を締めていただけ。


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
初日インタビュー
 1R

福田知也
今期はシビアに走る事がテーマ。
馴れ合いで走っていても点数は上がらないから。
小田原でワンツーを決めている加賀山君へ。
月森亮輔
地元のトップバッターだし責任は重大ですね。
大川さんの前で頑張りたい。
佐野梅一
さすがに石口君の3番手ではちょっと…。
自分で自在に攻める。
林 成人
月森君と大川君は並ぶんですか。
それならラインだし中国コンビの後ろを固める。
村田雅一
同県の石口君とは初めて。
僕も同じ事をすると思うし、佐野さんの選択は賢明だと思う。
苦しんでいるし成績より内容は良くない。
石口慶多
やはりS級だと力不足を感じている。
ヨコも得意ではないので。
自力で見せ場を作りたい。
加賀山淳
エボリューションの反動が出て、前回は途中でお帰りだった。
競技用の自転車しか乗っていなかったので。
ただ、今回は乗り込んできたし大丈夫。
ラインで決める自力勝負。
二藤元太
目標不在ならドンドン勝負しようと思っている。
だけど、ここはラインがキッチリしているので南関3番手。
大川龍二
小倉は同県の吉本哲郎さんが頑張ってくれ1着を取る事が出来た。
ここは地元の月森君を信頼する。
 2R

酒井耕介
最近は記念の方が成績は良いね。
和歌山記念も奈良記念も1着を取っているので。
ここは近畿で堀君の番手へ。
内田英介
地元は準決で失敗して悔しい思いをした。
埼京ラインで宿口君へ。
強いし、破壊力もあるから。
野田源一
やっとV字回復出来ましたね(笑)。
いつか戻ると信じて、練習はやっていた。
自力勝負。
三ツ石康洋
奈良記念は自分でやる番組が多く、きつかった。
同県の北村君に前を任せる。
宿口陽一
最近は長い距離ももがいているので悪くないですね。
玉野も苦手意識はない。
自力で頑張る。
藤原憲征
自分で何かやれる状況ではない。
埼京ラインの後ろへ。
弥彦バンクも除雪をやり、これからはハードに練習が出来ると思う。
北村信明
三ツ石さんと一緒ですか。
僕が前で自力自在に走る事になった。
堀 僚介
昇級2戦目の小松島で落車してから良くない。
ただ、前回S級で初勝利。
最終日も自分では持つと思い先行した。
積極的な自力勝負。
阪本正和
九州ラインで野田君の番手へ。
強いし離れない様にしたい。
 
 3R

工藤文彦
練習ではメチャクチャ仕上がっていたけど、僕はトレチャンなので(笑)。
まさか4車になるとは思っていなかったし、それを活かした自力勝負。
坂上忠克
大雪の影響でなく、色々と試していたら、おかしくなってしまった。
だけど、今回も試すつもり(笑)。
いつも頑張ってくれる竹沢君の番手へ。
箱田優樹
自分の中では上向いていると思う。
今は冬期移動先の小田原で練習。
自力勝負です。
山田敦也
怪我明けのせいか、前回の小倉は良くなかった。
北日本ラインの3番手。
石丸寛之
地元記念だし凄く嬉しい追加。
昨日、工藤君と一緒に練習をやったら凄く仕上がっていた。
だから楽しみ。
番手でガンバルだけ。
中村健志
やはり点数がないから良い位置を回れない。
僕は、からと言うコメントは大嫌い。
工藤さんラインの4番手で古閑さんの後ろへ。
大森慶一
実績のある山田君が3番手で良いと言ってくれた。
箱田君の番手へ。
竹沢浩司
坂上さんと2車だし、上手く考えて走りたい。
成績より脚は悪くないと思う。
古閑良介
地元コンビの後ろへ。
最近は強いのに、俺が付くと八谷君や野田君がやり損なっている。
かなり不思議ですよ(笑)。
俺に運がないのかな。
 
 4R

山中貴雄
地元コンビの後ろを固める。
とにかく、山本君に好きに走ってもらうだけ。
伊代野貴照
近畿ラインで藤田勝君へ。
松山は体調不良で欠場したけど、その前から少しおかしかった。
今回は3週間近く空いたので、大丈夫です。
石川雅望
小倉の準決は山崎芳仁さんの2着で、良い感じで突っ込めた。
関東ラインで古川さんへ。
手島志誠
静岡記念の失格は痛いし、もう俺も引退ですよ(笑)。
このままだとS級の点数が取れない。
どうあれ同県の石川君に任せる。
藤田勝也
走る以上は怪我は大丈夫。
伊代野さんと決める自力勝負。
小川将人
今は自力ではないし前次第。
近畿コンビの後ろを固める。
山本 直
今回はかなり仕上がっていると思うし、立川記念以上の出来です。
結果は分からないけど、全ての準備を整えてきた。
自力で勝つ走り。
古川尚耶
やっと、最近、練習をやる様になってきた。
なので、上向いている。
地元番組だが自分で自力自在に攻める。
藤田昌宏
山本君の番手は2、3回目。
平塚ダービーは選手になり20年、初めての特別競輪の出場。
補充も基本的に断らないし、出走本数も多いからね。
コツコツと賞金を上積みした結果です。
 
 5R

鈴木謙太郎
ズル引きをするのは、やめる事にした。
これからは強引にでも位置を取りたい。
そうでないと、同じ展開でも捲れたり、捲れなかったりするので。
自力勝負です。
土屋裕二
山本君の番手へ。
連係は多分、あった様な気がする。
年末に怪我が続いたけど、今は特に問題はない。
八日市屋浩之
中部で篠原君の番手へ。
一発の魅力と破壊力はあるし、それに期待したい。
大庭正紀
今期は今ひとつ伸びを欠いている。
中部の3番手を固めたい。
磯田 旭
栃茨ラインで結束する。
もちろん、点数もないし、前が同県だから3番手です。
三ツ井武
南関でない時は考えるけど、南関の時は3番手を固める事にしている。
須賀和彦
多分、鈴木君とは初連係。
記憶にないので。
磯田君も点数以上に脚のあるマーカー。
これが他の関東の自力選手なら3番手で折り合ったけど、鈴木君とは同県なので。
篠原 忍
最近は3番手もあるけど、僕はいつでも気持ちは自力選手。
自分でやっても苦にならないし自力勝負。
毎場所、2着があるし悪くないですよ。
山本伸貴
静岡記念の前に子供が産まれた。
今はそれが励みになっている。
体も自然と動いているし、レースになっている。
自力勝負です。
 
 6R

渡辺 健
追加だけど、調整に問題はない。
中部ラインで川口君の番手へ。
高木 翔
今年も久留米に冬期移動。
師匠の友和さんは、別ですが。
落ち着いて走り自力で力を発揮したい。
真崎新太郎
柿沢君。
先行はないと思うけど、前々に攻めてくれるでしょう。
有坂直樹
後輩から高いワインをもらった。
何かの記念日にあけるつもり。
北日本ラインの3番手です。
川口聖二
少し噛み合っていないかな。
どうあれ、力で押し切るレースをやりたい。
古城さんの1車も大きいですね。
山口貴弘
単騎でやる? いや、ラインで結束して関東の3番手。
古城英之
ラインは違うけど、川口君の3番手なら喜んで。
徹底先行ですからね。
柿沢大貴
自力自在の総力戦。
少しでも前々に攻めたいですね。
佐々木省司
後ろが存在感のある有坂さんだし責任重大ですね。
高木君の番手で仕事する。
 
 7R

青森伸也
点数は持っていないけど、佐藤君が番手を回してくれた。
北日本ラインで会沢君へ。
上野真吾
嶋津さんの番手とは光栄です。
人気にもなるから決めたいですね。
小川祐司
まずまず走れていると思う。
先行か捲りの自力勝負です。
吉岡篤志
四国ラインで結束する。
伊藤君が番手で僕が3番手です。
佐藤慎太郎
青森さんと2人の時は任せている。
その流れもあるから北の3番手。
あとは、何かあれば自力を出してくれるでしょうから。
会沢 龍
作戦会議の時から負けている。
この点数では、自分からダッシュ戦とは言えない。
自力勝負です。
嶋津拓弥
前回は良くなかったけど、今回はそれなりに走れると思う。
自力で頑張るだけ。
須藤 悟
もう少し点数を上げたいですね。
神奈川コンビの後ろを固める。
伊藤大彦
四国ラインで小川さんへ。
大きな怪我をやったけど、復帰してからの2戦はまずまずです。
 
 8R

山田義彦
少しスピードは出てきた。
ただ、病気が再発して、まだ本調子ではないけど。
今のルールや賞金だと、簡単には休めないので。
この状況は自分が一番悔しいですよ。
自力勝負。
星島 太
竹内君の番手は初めて。
地元以外で、こんな良い番組にはならないですからね。
前回の奈良記念ぐらいは走れると思う。
今藤康裕
岐阜同士の横関君へ。
気心は知れているし、好きに走ってもらう。
山崎充央
ギリギリ、S級の点数を取れるか取れないかになると思うが、すでに3勝していて凄く嬉しい。
埼玉コンビの後ろへ。
竹内 翼
奈良記念は行くべきところで行けず、気持ちの弱さが出てしまった。
思い切って行った時は、結果は自然と付いてきている。
星島さんの地元だし積極的に走りたい。
上吹越直樹
竹内君ラインの4番手から。
岐阜の後ろに行っても仕方ないし、そこが主導権を取ると思うので。
原 誠宏
中国ラインの後ろへ。
突き抜ける事が出来れば良いけど、まずはラインで決まる様に走りたい。
横関裕樹
なかなか自分のレースをさせてもらえない。
2車だけど自力勝負。
吉田勇人
埼玉同士の山田君へ。
この3場所は連続して予選は3着。
連に絡みたいけど悪くはないと思う。
 
 9R

大坪功一
僕は何にも先行選手には言いませんよ。
森山君はカマシ、捲りが得意だし、その走りで十分です。
若松孝之
自分でやっても伸びているし、上向いている。
中部で谷田さんの番手へ。
堀内俊介
いわき平の前にインフルエンザ。
そのせいか、前回はあまり良くなかった。
ただ基本的な底力がないだけだし、その辺りもレベルアップしないと。
自力勝負。
樫山恭柄
玉野は何度も呼んでもらっているので走り方は分かっている。
九州ラインの3番手。
望月永悟
ケアもしてきたので、怪我の影響はないと信じたい。
南関ラインで堀内君の番手へ。
服部竜二
久々のS級だけど、みんな強いから。
中部の3番手を固める。
森山智徳
誰かに、何か言われるのは好きでない。
自分のタイミングで仕掛けたいので。
一番、何も言わないのは誠一郎さん。
逆に2周から早めに行かないでと言われる。
大坪さんも煩い事は言わないし、気持ち良く自力を出せる。
谷田泰平
捲れる展開で捲れない時もある。
基本的に脚は悪くないと思いますが。
後手を踏まない自力勝負。
飯尾主税
望月さんの後ろで南関3番手。
まだ地元静岡記念に向けた、練習の貯金は残っていると思う。
 
 10R

山中秀将
やっぱり平原さんは一緒に走っていて凄い。
僕は淡泊な面があるし、ああ言う走りが理想。
静岡記念の分も自力で。
椎木尾拓哉
和歌山に村上博幸さんや、山田久徳君が来てくれ良い練習が出来た。
花粉症もあるし、軽い喘息の持病もある。
僕は自力選手の2人には世話になっているので近畿ラインの3番手。
吉田拓矢
やっと自信が少し出てきた。
悪い部分を払拭出来たと思う。
自力で勝てる様に頑張るだけ。
萩原孝之
地元記念の最終日は渡辺雄太君に離れてしまった。
捌きは甘いけど、あまり離れた事はないしショックだった。
ここは山中君のダッシュに離れずに。
園田 匠
競走が空いてしまい、モチベーションを保つのが大変だった。
あとは、レースにもなっていない。
この辺りで何とかしないと。
九州で井上さんへ。
中井俊亮
地元奈良記念は最低限の走りは出来たと思う。
準決は悔しかったですが。
近畿の一番前で積極的に。
諸橋 愛
名古屋記念は結果的に平原君が落車するレースで残念。
その前にかなり練習をやっていたから今回は軽めの調整。
関東で吉田君へ。
川村晃司
中井君の番手は3度目。
過去2回は何れも1着で、松戸では優勝も取らせてもらった。
前回の名古屋記念は半年振りのグレードレースだった。
井上昌己
今回も自力のメンバーになりそうですね。
奈良記念も自分でやったし、前回の京王閣も練習仲間の山崎君と別だった。
行けるところから自力で。
 
 11R

太田竜馬
やっと苦手な冬が終わり、暖かくなり体が動く様になってきた。
このバンクは10秒5でバンクレコードを出しているし走りやすい。
岩津さんに迷惑をかけない自力勝負。
武田豊樹
やっと勝ちたいと言う気持ちが、ふつふつと湧いてきた。
それが成績に反映されてきたと思う。
長島君に話しを聞いて、任せる事にした。
連係するのは今回が初めて。
志智俊夫
成績通りで脚の感じは悪くないですね。
柴崎君の好きな走りで構わない。
坂本亮馬
いくら2段駆けかもしれないが、武田さんの後ろとはコメント出来ないでしょう。
単騎で何かやる。
全日本選抜の前にノロウイルスをやり、体重が落ちたけど、やっと戻ってきた。
直前、久々にバンクにも入ったけど、タイムは出ていた。
柴崎 淳
練習も普通にやってきたので、仕上がりは問題ないと思う。
カマシも考えて自力勝負です。
柏野智典
やっと地元記念に間に合った感じ。
伸びも戻ってきた。
岩津君の後ろで3番手を固める。
笠松信幸
もちろん、点数通りの並びですよ。
中部の3番手を固める。
長島大介
武田さんの前だし責任重大ですね。
しかも今回が初連係。
迷惑を掛けない様に、多少早めでも自力勝負。
岩津裕介
昨年は村上義弘さんが優勝で自分が準優勝。
ただ、地元記念は3回優勝している。
太田君の番手で結果を出したい。
 
 12R

和田 圭
2百勝達成は意識していないけど、出来れば早めに決めたい。
北日本ラインで飯野さんへ。
取鳥雄吾
昨年の地元記念は二次予選で失敗。
岩津さんの前で張り切り過ぎたら、直線で一杯になってしまった。
今年は、そんな事がない様にしたい。
出来に関して言えば問題はないし自力で結果を出したい。
三谷竜生
地元奈良記念は兄弟ワンツーで最高の結果。
稲垣さんが3番手を回ってくれ、それも気合いが入った。
今年はV2だし良いスタートを切れた。
直前も順調だったし、自力で勝てる様に走る。
飯野祐太
多分、こんなメンバーになると思っていた。
いつも通り自力で仕掛けるだけ。
村上博幸
今は近畿に流れが来ているからね。
それを僕も大切にしたい。
三谷君の番手でワンツーを狙う。
僕も引き続き順調です。
東龍之介
近藤さんとは、前回の小倉で連係したばかり。
気持ちを入れてマークしたい。
筒井敦史
トラック支援のG3はあるけど、本当の地元記念は初めて。
選手になり18年目にしての、初の地元ビッグレース。
取鳥君の番手は久々です。
近藤隆司
ムラがあるのが僕の欠点ですね。
小田原で完全優勝したら、その後の2場所は準決で失敗。
自力で一発狙いたい。
堤  洋
多分、太田は岩津君に取られると思っていたから。
こんな感じになると思っていた。
地元コンビへ。


ページトップへ   競輪専門紙購入はこちら  

   
開設67周年記念 瀬戸の王子杯争奪戦オリジナルクオカードプレゼントキャンペーン!
玉野競輪 開設67周年記念 瀬戸の王子杯争奪戦(GⅢ)の開催を記念いたしまして、
e-SHINBUNプレミアム会員の皆様に素敵なプレゼントのお知らせです。

瀬戸の王子杯争奪戦オリジナルクオカードを抽選で10名様にプレゼントいたします。

※こちらはe-SHINBUNプレミアム会員様限定キャンペーンとなります。
応募期間は瀬戸の王子杯争奪戦開催日前日の2018/3/7(水)から最終日翌日の2018/3/12(月)までです。

瀬戸の王子杯争奪戦オリジナルクオカード 10名様
 
 


この機会に是非e-SHINBUN会員登録を!
 
   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。
 
平成30年3月10日
玉野記念の3日目は15億弱ですが、3日間で37億売り上げた事で最終日に18億なら目標を達成、めでたし、めでたし、です。
決勝戦はSSの三谷竜生がかろうじて乗って来た事で何とか様にはなりましたが、小粒は否めません。その三谷には苦労人、志智俊夫です。山中秀将の後ろは昨年A級級だった福田知也。井上昌己ー園田匠のお馴染み九州コンビ、地元は記念初優勝を狙う取鳥雄吾には先輩柏野智典、3番手は堤洋。
わたしの狙いは一に志智俊で2番目は山中です。
 
平成30年3月9日
玉野記念の2日目は、初日より7千万アップした事で、目標の55億は見えて来たのは朗報ですが、冷風が吹き荒れた事もあり、楽しいレースが展開されました。不安は最終レースが3連単、58万7110円、2車単、6万4880円の特大配当が出た事で、大半のファンがスッカラカンに成ったのではと言う事。3日目は何処かで工面されて勝負される事を願うばかり、そのための手助けは私にお任せ下さい。小さな資金で大きな見返りをどのレースも狙ってますから、コンドルを隅から隅まで読解されたら必ず宝の山にブチ当たると思います。
そこでヒントを大サービス。
1R、篠原忍。
2R、山崎充央。
3R、古閑良介。
4R、石口慶多。
5R、青森伸也。
6R、近藤隆司から中村健志の2・3着。
7R、鈴木謙太郎。
8R、月森亮輔。
9R、太田竜馬。
10R、堀内俊介。
11R、野田源一。
12R、和田圭。
そして夜は小倉ミッドナイトの初日、こっちは全的を狙ってます。明日は熊本FⅠ(松本秀人杯)の前検日、こっちは息子に取材させます。
 
平成30年3月8日
玉野記念の初日は前回の名古屋記念の初日と同じで、昼間の開催はこゝだけだったのに1億7千万少なかったのは全国的な冷え込みと雨と風の影響と、名古屋には村上義弘・浅井康太・平原康多の絶対的なスターが居て、若手もゴロゴロ居たもの。今回は地元ばかりは奈良記念が失敗したのと同じ。
2日目に少し挽回すれば土日に突入しますが、こゝで弊害に成るのは熊本FⅠジャパンカップ松本秀人杯の初日が4日目に丸被りする事。私としては熊本も売れて欲しいし、玉野も頑張ってくれたらと複雑です。
明日からは小倉ミッドナイト。ガールズとチャレンジ。今回こそ全的を狙って予想してますので期待して下さい。
玉野の2日目を狙ってみます。初日が全くダメだったので倍返しです。
1R、中村健志の2・3着。
2R、中部コンビ。
3R、磯田旭。
4R、藤田勝也。
5R、山田義彦。
6R、野田源一をもう一度。
7R、嶋津拓弥。
8~11Rは本命戦。
12R、村上博幸です。
 
平成30年3月7日
小田原FIジャパンカップはA級Vはダイナミックな橋本智昭が3連続Vは全て豪快な捲りで決めました。
S級は山岸佳太の逃げを捲った山田英明に、追い上げた稲垣裕之の逆転優勝。3着に佐藤慎太郎。香川雄介は不覚にも山田に離れてしまいました。
朝早い内から家を出て玉野記念の取材。目標は55億との事ですが、有難いのは大金を投じ我々記者のために3階立のプレスルームを新築して貰った事で、
普段はミッドナイト・ナイターをやって頑張ってる場の熱意の表れなら、自然と頑張ろうと言う気持にさせてくれます。
 
ページトップへ
   
二宮歩美の『ふんばっていきまっしょい!』



【二宮歩美】
ファッションモデル、グラビアの経歴を経て現在タレントキャスターやMCとして活動するとともに
個人事務所『WB』の代表としてキャスティングやプロデュース業などもこなす。

―二宮歩美ブログ―
“Walking Beauty2~もっともっとがとまらない♡~”
http://ameblo.jp/ninoreport/





ページトップへ 
   
コンビニのコピー機で玉野競輪の出走表が無料プリントできる!
コンビニで玉野競輪の出走表が無料でプリントできます!!


全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
玉野競輪の出走表が無料でプリントできます!!

開催初日分は前検日17:30頃から、初日以降分は当日2:00頃から
プリント可能になります。

ぜひ、ご利用下さい!!

操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin61





ページトップへ 
   
競輪専門紙『競輪研究』縦版(オリジナルレイアウト/紙面拡大)販売スタートのお知らせ

競輪研究が、通常版レイアウトに加え、新たに縦版(オリジナルレイアウト/紙面拡大)の販売をスタート!



縦版の競輪専門紙を普段利用されている方にも見やすいレイアウトとなっております!


コンビニプリントサービス利用方法
http://www.e-shinbun.net/cp/keirinkenkyu

ネット新聞販売ページ
http://www.e-shinbun.net/keirinkenkyu

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら  

   
【チャリロト会員限定】チャリロトでAOKEI競輪ニュース無料公開中!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて、チャリロト会員様限定でAOKEI競輪ニュース』を無料配信中です!!



GⅢ開催時限定、開催日前日の夜から公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/pc/member/aokei/index.html
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

座布団が届かない

結びの一番で横綱が平幕に金星を与えてしまうと館内に座布団が舞うのだが、よくよく見ると土俵まで届かないのがほとんどで、客が投げた座布団が違う客に当たる態は滑稽で笑ってしまう。
三十年以上前の京王閣競輪場、最終の準決で断然◎のS選手が捲り損ね、怒り心頭の客たちから丸めた新聞紙がバンク内に投げつけられたのだが、相撲とは違い、相当数がSのヘルメットやからだに命中していた。場内は大騒ぎ、なかには金属製のゴミ箱(かなりの重量だ)を持ち上げようとする猛者まで居た、と記憶しているのだが、信じがたいと云われればたしかに信じがたい。きっと長年月の内に些細な何かが俺の脳内で誇張されていったのかもしれない。
あの日あの時の俺の野次が何処かへ届いたのか否かはさしたることではないが、大勢の人間(お客も選手もだ)の怒りや諦めは、行き場を失い漂うばかりか、とっくにどこかに霧散したのだろうか。
余談になるが、一万人の入場だろうと千五百人だろうと、金網から選手に野次を飛ばすのは存外恥ずかしく勇気がいるものだ。正直に告白するが、野次将軍のごとき粋がっている俺だが、生涯の野次の総数は十指に足りない。


ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925




2日目
この時期の玉野でこんなに風が強いのは珍しいとか。春の嵐であるし、最終レースも50万円の高配当で嵐が吹きまくるレースになってしまった。どうやったら、こんな車券を買えるか分からないが、現実に当てているファンもいるし、推理以内なのかも。一番弱い川村晃司が捲り、競りだった和田圭が三谷竜生を差している。川村の頭で買うなら、どうしても2着は村上博幸になるはずだ。初日のレースを見てしまうと、岩津裕介が柴崎淳に離れる事も考えられない。全て、想定外だから、こんな配当になるのだろうが。競輪場の真裏の海を見ていると心が洗われるが、帯封の車券を取って、心が洗われたいもんだ。今日は、いや、今日も結構、車券で負けてしまった。


初日
今日のレースを振り返り、一番凄かったのは岩津裕介。コンドル社の武田専務の言葉を借りれば「競輪は気持ち!」。楽に1着を取れる展開ではなかったし、外の2人を飛ばして、最後は突き抜けた。前半のレースで地元勢が全くダメだったが、岩津に言わせると、勝ちたい気持ちが強すぎるそうだ。それがあると、体が勝手に固まり本来の力が発揮出来ないと言う。一次予選を走る選手のレベルだと来年、地元記念を走れる保証はない。だから、欲の皮が突っ張るのだろう。岩津はSSの選手として大舞台を何度も経験している。もちろん、地元記念V3の実績もあり勝負強い。いくら地元記念と言っても、ひとつのレースと割り切り自然体で走れるのだろう。その差が、出ている気がする。ぴりぴり感がないのも好感が持てる。その教えを忠実に守っているせいか、取鳥雄吾は良い走りだった。僕らだって、車券で儲けよう、儲けようと思うと当たりはしない。何気に買った時の方が、当たったりするもんだ。無我の境地が大切であるし、策士と呼ばれる人は、その策におぼれたりする。目先のお金にこだわる人は、仕事で成功する人はほとんどいない。名経営者を言う人は、焦りがなく、長いスパーンで商売を考えている。検車場は社会の縮図であるし、本当に面白い一日だった。

前検日
岡山でも瀬戸内海に面していて風光明媚な玉野市。造船所の街でもあるが、競輪が基幹産業になっていると言っても良い。年間の売り上げが玉野競輪も何百億円とあるし、そんな企業がこの街にはほとんどない。田舎の弱小競輪場であったが、施行者の山下所長・藤原課長補佐の名コンビで、全国的に名のある競輪場に成長させた。もちろん、広報宣伝活動も大切だが、全国の競輪場、サテライトをくまなく回り、先鋭的な営業戦力で黒字の競輪に導いてきた。ナイター競輪、ミッドナイト競輪の開催など、このコンビでなければ、今の玉野競輪の成功はなかっただろう。これは全国的な施行者も同じ意見であるし、何より数字が証明している。昨年の記念も64億円を売り、売り上げ目標を大きくクリアしている。今年は、ちょっと厳しくなりそうだが、真面目に努力している競輪場に対し、神様が味方して欲しい。また、河端朋之が世界選手権で銀メダルを獲得して、玉野競輪にとっても明るい話題だ。最後に初日に話しをしていて目についた選手を何人か上げたい。
1R シビアなレースを宣言した福田知也と、好調地元月森亮輔。
2R レースは下手だが、V字回復した野田源一。
3R ご当地ソングでイケメン石丸寛之。
4R 自信満々だった、チーム豚トンテジの山本直。
5R 戦法を変えると言っていた鈴木謙太郎。穴なら3番手の磯田旭。
6R もがき合いがありそうで柿沢大の2、3着。
7R 良い意味で偏屈さがある上野真吾。青森伸也が番手捲りなら
佐藤慎太郎が恵まれる展開も。
8R 竹内翼の逃げ切り有力。
9R バースデー谷田泰に乗る若松孝之。
10R 自信みなぎっていた吉田拓矢。
11R 長島大介がドカーンと行き武田豊樹の番手捲り。後ろは亮馬か。
12R 普通なら三谷竜生と村上博幸のマッチレース。あとは忘れた頃の近藤隆司。


ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2018年3月8日(木)・9日(金)・10日(土)・11日(日)

■開催場所
玉野競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

いわき平競輪ニュース

福ちゃん

競輪毎日

函館競輪

北競

競輪専門誌ホープ

別府競輪ダービー

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ