eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
出走表(無料)コンビニ配信開始
とん豚テジ

第69回 日本選手権競輪(GⅠ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

 
開催決定!ヤマコウカップ・イー新聞杯 in 大垣
3月29日(火)、30日(水)、31日(木)と山口幸二さんのホームバンクだった大垣競輪場で第2回ヤマコウカップ・第6回水都杯争奪戦・日刊スポーツ杯・e-SHINBUN杯が開催されます。主な出場選手は、実弟の山口富生、山口富生の愛弟子の竹内雄作、チームイー新聞からは小野俊之が参戦します。どうぞ、明るく楽しく激しいヤマコウカップにご期待ください。
 

 


ページトップへ
 
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!

 
浅井康太
脇本雄太
藤木裕
川村晃司
池田勇人
猪俣康一
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小野俊之
小倉竜二
山内卓也
市田佳寿浩
 

 
チームとん豚テジ始動!

 
チームとん豚テジ始動!

チームイー新聞の若手ユニット、
チームとん豚テジが誕生しました。

その第一号契約選手が、
岡山・101期のイケメン山本直選手です。








チームとん豚テジ第二号選手決定!

チームとん豚テジの契約2号選手が、
徳島98期の原田研太朗選手に決まりました。

これは小倉竜二選手の
「はらけんは、豚みたいな体型だから、丁度良い」
との提案理由からです。

 
次回ニコ生e-SHINBUNチャンネル放送決定!!(2016年3月10日~12日 20:00~23:40)
    ▶ 3月10日~12日 20:00~23:40 玉野「ミッドナイト競輪ニッカンコム杯」
 
 連日 20:00~23:40 3時間40分の生放送!!
  http://ch.nicovideo.jp/eshinbun

 
毎度お騒がせの玉野ミッドナイト競輪 in e-SHINBUNチャンネル。
都内某所の特設スタジオから放送します!


町田 洋一統括プロデューサーの下に集まった精鋭たちが今夜も大暴れ。
今回は前回出演のヒタヤマこと平山信一さんが初日、2日目のメインMCを担当。
さぁ今夜もe-SHINBUNチャンネルレギュラーの愉快な仲間たちと一緒に競輪楽しみましょう~♪。




【統括】町田 洋一 
 


【配信担当】@A主

【出演者】MC:平山信一、二宮歩美、蓑島綾乃、橘花凛、花満開、後閑百合亜
 


 
 
※出演者は日によって変更になる場合がございますのでご了承ください

【協力】チャリロト https://www.chariloto.com/
【開催施行者】玉野競輪 http://www.cco.ne.jp/keirin/
 
 
ページトップへ
 

 
玉野記念ニコ生e-SHINBUNチャンネル放送決定!!(2016年3月19日~22日 10:00~18:00)
    ▶ 2016年3月19日~22日開催 玉野「瀬戸の王子杯争奪戦 [GⅢ]
  連日 10:00~18:00 8時間の生放送!!

  http://ch.nicovideo.jp/eshinbun

 
玉野競輪 開設65周年記念 瀬戸の王子杯争奪戦 [GⅢ]
e-SHINBUNチャンネル×チャリチャンが玉野競輪本場に出陣!
なんと玉野競輪場公開特設スタジオより生放送!


奇跡の大勝利を呼んだあの前橋記念を彷彿させるフルキャストでお届け!
まっちーこと町田洋一が統括プロデュース、小倉MNKでお馴染みのはっしーこと橋本悠督が企画監修。
他e-SHINBUNチャンネルレギュラーの愉快な仲間たちにチャリチャンメンバーが加わってまたまた大騒ぎの予感!
一緒に玉野記念を楽しみましょう~♪。


【統括】町田 洋一 【企画】橋本 悠督 【MC】長谷川満
 
  
 
 




機材・運用】@A主

【出演者】二宮歩美、蓑島綾乃、木三原さくら、佐々木麻衣、野田彩加、橘花凛、忍足修一(おっしー)
 
 

 



※日によって変更となります
※他ゲスト多数出演

 
【協力】
チャリロト:https://www.chariloto.com/
e-SHINBUN:http://www.e-shinbun.net/
WB:http://wb-pro.net/
 
【開催施行者】
玉野競輪 http://www.cco.ne.jp/keirin/
 
ページトップへ
 

 
決勝インタビュー


金子貴志
若い2人に任せて中部の3番手。
地元のビッグだし良い緊張感を持って走れる。
中部から優勝者を出したい。
村上義弘
僕の中で日本選手権は特別な意味合いがある。
名古屋ダービーに関して言えば2連覇中。
準決で頑張ってくれた藤木の気持ちにも応えたい。
近畿で連係して3番手。
新田祐大
北日本の仲間を連れ込めなかったのは反省材料。
修正点はあるけど脚の感じは悪くない。
自力で頑張るだけ。
三谷竜生
ビッグの決勝は初めて。
早いか長かったかは自分の中では分からない。
後ろは京都の先輩。
自力で自分の役目をきっちり果たしたい。
岩津裕介
新田君の番手へ。
強いし連係実績もあるから悩む事はなかった。
抜く事より、まずは離れない事に専念する。
野田源一
単騎で走る。
これが自分のスタイルなので。
展開待ちになってしまうけど脚の感じは悪くないと思う。
穴党を喜ばせる捲りです。
深谷知広
竹内さんの番手へ。
色々な並びが考えられるけど、これが自然だと思う。
地元のG1だし素直に嬉しい。
あとは結果を出すだけですね。
川村晃司
近畿で三谷君の番手へ。
前回までボロボロだったけど、セッティングを換えたら急激に良くなってきた。
後ろが村上さんだし責任のある位置。
竹内雄作
浅井さんの失格は残念だけど、愛知勢と一緒に中部を代表する気持ちで走りたい。
相手もいるから何とも言えないけど、気持ちは先行勝負。
自分も含めて、ラインのみんなにチャンスのある仕掛け。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
5日目勝因敗因

1R
森川 大輔
抜かれたのは分かったけど、坂上さんとワンツーかなと。
最後、その外を東口さんが強襲してきた。
でも、最後は捲り切れたので。
東口 善朋
道中は中部勢の動きに乗ろうと思っていた。
やっと、気持ち良く、外を伸びた感じですね。
鈴木 裕
松岡君があんなに踏むとは思わなかった。
俺達を出させて中団かなと。
そこの読みが甘かった。
松岡 貴久
ライン細切れ戦。
初手で、逃げるには一番良い位置になってしまった。
そんな風に思っていたので、逃げてみようと。
もうひとつ後ろのラインなら捲りに構えたけど。
坂上 樹大
久々の特別競輪の1着だと思い、森川君を早めに抜きに行った。
亮馬に飛ばされる感じもあったので。
だけど、最後、東口君の勢いが良かった。
武井 大介
キックも自分の実質先行1車だと思っていたんだろうね。
叩けないようでは、持ち味が出ない。
坂本 亮馬
松岡さんとの作戦に、先行なんて全くなかった。
だから、俺が一番ビックリですよ。



2R
永澤 剛
僕も高松宮記念杯の点数がかかっているので、飯野さんが行ってくれると言ったけど、レースは別。
普通に北日本の一番前で力を発揮するレースをやった。
新井 秀明
G1になると良い位置を回れないですね。
今日は、まずは、鈴木君のラインからだった。
友定 祐己
石丸さんのスピードを借りる事が出来た。
飯野君が番手捲りでなければ、2人で決まっていたと思う。
岡部 芳幸
永沢君が早めに行ってくれたし、飯野君も2センターで踏んでくれた。
飯野君の位置か俺の位置は狙われると思った。
ただ、負けられないし、最後も狭いコースを突っ込めた。
鈴木 庸之
思った以上に永沢君の巻き返しが早かった。
3番手でなく、本当は番手に飛び付きたかった。
飯野 祐太
一瞬、永沢君とタイミングが合わず、離れそうになった。
2センターで被ったら、僕も岡部さんも共倒れになってしまうので、そこは人気だし踏まさせてもらった。
石丸 寛之
ジャンで俺らは放置プレー。
突っ張らないと思われているから(笑)。
その後は、どんどんエックス攻撃が来て対処が難しかった。
どう走れば良かったのかな。
佐藤 悦夫
鈴木君と連結を外したので、そこは反省材料ですね。




3R
和田 真久留
スタートで浜田さんが内を空けていた。
その時に、行って良いか分からなかった。
ルール上ではセーフだけど、カンナ削りみたいで、モラル的にはどうかなと思い。
坂本 健太郎
最後は俺らしいコース取りではないね(笑)。
本当は、中へ行けば良いけど、そこはまだ怖いので4角から再内になった 香川 雄介
一旦、インを切った浜ちゃんは間違っていないと思うよ。
最後の最後でコースが空いたけど、重く感じた。
神山 拓弥
今日は行ってくれた山田君のおかげですね。
自分なりに仕事も出来たので、良い走りだったと思う。
菅田 壱道
最後、外を踏んだけど届かなかった。
今日は単騎だし、その前の2走も番手のレースだから。
山田 義彦
あれだけ仕事を大きくやってもらえば、行く価値はありますよ。
自分は残れなかったけど、内容は良かったと思う。
濱田 浩司
一旦切って、北津留君達をまとうと。
そのまま踏んでくれれば面白かったけど。
志村 太賀
こんな時でないと、和田君の後ろを回れない。
ナショナルチームの選手だし、良い思い出になった。
北津留 翼
あのまま踏む勇気がなかった。
結果的に出させない方が良かったですね。



4R
根田 空史
あそこまで九州勢がやるとは思わなかった。
7番手になったのが失敗です。
大塚 健一郎
菅原君と井上君のおかげ。
とにかく菅原君のレース内容が凄かった。
抜けないのが今の脚でしょう。
松坂 英司
怪我の影響はないですよ。
洋平君も千葉勢との対戦でやりづらかったと思うよ。
海老根 恵太
根田君と中村君は師弟関係。
その間に入れてもらったのに、すみません。
井上 昌己
同級生の菅原君の気持ちが伝わるレース。
ああなったら、1着を取らないと彼にもファンにも失礼。
後ろに大塚さんもいたから。
バック捲りだし、もっと失速しるかと思ったけど、勝てて良かった。
筒井 敦史
切り替え、切り替えのレース。
最後は九州勢の先行になったので、4番手にスイッチした。
中村 浩士
なかなか甘くはないね(苦笑)。
だけど、根田君は頑張ってくれたよ。
松坂 洋平
井上さんが番手からスパートできつかった。
乗り越えるのは無理だし、何とか3着に入った感じです。
菅原 晃
根田君相手の先行なのできつかった。
出てからは、カマされない様にに気をつけた。
後ろがワンツーだし、やる事はやった。




5R
古性 優作
残れないのは力不足。
最後内を空けてしまったのは技術不足。
あの先行で勝てないのはダメ。
柴崎 淳
中団を取り切るまでにけっこう脚を使っていた。
詰まるところもなかったし無理矢理行った感じです。
北野 武史
上手い具合にコースを突けた。
このメンバーで1着を取れたのは自信になる。
小倉 竜二
押し込んだら止まると思ったけど、向こう(北野武)の勢いがよくて止まらなかった。
せっかくハコで回ってきたんだからもうちょっと何とかしたかったね。
池田 憲昭
小倉さんのところまで行く前に自分で止めてやろうと思った。
そうしたら北野さんに入られてしまった。
あのケースは普通に内を締めておいた方が良いのかな。
石井 秀治
かなりきつかった。
外から降りて内を決めようとしても、内の方が勢いがある。
だから、飛ばされてしまうね。



6R
山崎 芳仁
やってしまった。
チョイ差しのつもりで踏んだら、大地君が思いのほか伸びていった。
あれはちゃんと差さないとダメですよね。
小埜 正義
自分にもうちょっと脚があれば…。
4番手を取って捲れないのが今の力ということ。
稲毛 健太
バックで誰も来てなかったから行けるかなって思ったけど、最後にドバッと飲み込まれちゃいましたね。
翔さんを1着に連れていけなくて残念。
澤田 義和
外のスピードが違いすぎた。
いい時の翔君だったらもうちょっと捌けたかもしれないね。
小松崎 大地
7番手になってしまったし、タイミングとか関係なく、行くしかなかった。
最後は気持ちだけ。
ワンツースリーまで決められなかったのは残念。
伊勢崎 彰大
ジャンで上に上がって牽制したり、3番手の走りはできた。
あとは展開だから仕方ない。
稲川 翔
連日恥ずかしいレースばかりで…。
稲毛君があれだけ行ってくれたのに何もできず申し訳ない。
小野 大介
9番手ですからね。
さすがに前が遠かった。
石毛 克幸
小埜君も道中脚を使っていた。
あれ以上の走りを期待するのはかわいそう。



7R
吉田 敏洋
負け戦でも気持ちは切れていない。
地元で1着2着3着独占できて最高。
明日も大暴れしますよ。
和田 健太郎
単騎で何もできなかった。
芦澤 大輔
最終ホームで降りようとしたところで吉田さんに外を行かれてしまった。
あそこの判断が難しかったですね。
近藤 龍徳
着差どれくらいですか? 自分の中ではギリギリ差してるつもりんだけどなぁ。
愛知で決められたのは嬉しいけど、ちょっとだけ悔しさもある。
和田 圭
あぶねーって思って最後は突っ込みきれなかった。
自転車とか 体のフィーリングは問題ない。
林 巨人
吉田さんは百戦錬磨。
龍徳君も上手く走ってくれたし、今日は本当に前2人のおかげです。
菊地 圭尚
いやー、弱い。
あのレースだったら和田圭でも出来る。
情けないね。



8R
佐川 翔吾
武田さんに一発が効きましたね。
あれで止まってしまった。
今日に関しては最初から最後まで組み立てが中途半端でした。
大槻 寛徳
岡村さんが捲るんじゃないかって期待もあって付いていた。
ちょっとセコかったかな(苦笑)。
競ってでも武田さんの後ろを回るべきか、昨日は本当に悩んだけど、結果的に単騎で走ってよかった。
坂口 晃輔
南さんがキメにいくと思ったら、なかなか行かなかった。
自分から先には降りられないし、あれじゃどうしようもない。
岡村 潤
いろいろな展開を想定して、頭で考えながら走りました。
内から捲ったところは体が勝手に反応しただけ。
たまたまですよ。
木暮 安由
あれだけ行ったら武田さんに1着を取ってほしかった。
岡村さんがインから来たのはビックリですね。
 




9R
奥井 迪
捲らせないと言う気持ちで、自分らしいレースをやった。
いつもは、そこで小林さんに捲られてしまうので。
2着だけど、力は出し切れた。
山原 さくら
誰かに粘られると思ったし、スンナリ奥井さんの後ろを回れるとは思わなかった。
それが全てですね。
このメンバーで優勝出来て凄く嬉しいです。




10R
新田 祐大
1着は取れたけど、慎太郎さんと決められなかったのは残念です。
脚の感じは悪くないと思う。
原田 研太朗
瞬間移動みたいな感じで一番前から8番手になってしまった(苦笑)。
見せ場も作れず、すみません。
村上 義弘
一緒に苦しい思いをしてきた後輩達のおかげ。
それぞれの役目は果たせたと思う。
ただ、新田君のスピードは違った。
柏野 智典
原田君とは昨年のサマーナイト以来だった。
9番手でチャンスがなかった。
郡司 浩平
最終ホームで口が空いてしまった。
あれで苦しくなり、新田さんの捲りに併せて出る脚がなかった。
藤木 裕
自分のレースは出来たと思う。
京都の先輩が決勝に乗ってくれたので。
佐藤 慎太郎
新田のダッシュに離れてしまった。
悔しいし、申し訳ない。
川村 晃司
G1の決勝は3回目。
藤木君の気持ちが伝わってきたし、後ろの村上さんのおかげ。
大舞台だけど、場慣れはしてきた。
近藤 隆司
俺も余裕がなかったし、郡司君もきつかったと思うよ。




11R
神山 雄一郎
ジャン前に一成君が一旦、切った方が面白かった。
そうすれば、深谷君の3番手を確保出来たと思う。
あとは、鐘前の2角で、外に強引に深谷君を持って行く方法もあったかな。
ただ、それだと危ないし、内をしゃくられる展開もあるので。
深谷 知広
掛かりも悪くなかったと思うし、金子さんと決める事が出来て良かった。
今日は出てしまえば何とかなると思った。
村上 博幸
自分は駄目だったけど、近畿の後輩が決勝に乗ってくれただけでも。
山田 英明
今日はあれしかないでしょう。
後方になったし、捲りを狙った。
内に詰まる感じになれば、内を行けるところまで行こうと思ったけど。
見せ場は作れたと思う。
牛山 貴広
一成君が切れば良かったと思うけど、それは先行選手の判断だから。
金子 貴志
深谷君の掛かりが抜群だった。
最終ホームも、最終バックもぐんぐん加速して行った。
だから仕事がしやすかったし、2人で決まり良かった。
三谷 竜生
最低限、あの位置は取らないといけないと思った。
ただ、詰まった瞬間もあったけど、そこで行く勇気がなかった。
園田 匠
後方になったのは、もったいなかったけど、山田君のスピード自体は悪くなかったよ。



12R
岩津 裕介
感覚的には全日本選抜の方が出来は良かった。
だけど、繰り上がりだけど決勝に乗れたし悪くはないと思う。
アクシデントがあったし素直に喜べないけど。
次も地元玉野記念だし、気持ちを入れて頑張るだけ。
吉本 卓仁
平原さんの後ろが競りだし、最初から落車がありそうな予感はあった。
1角で行こうと思ったけど、案の定、アクシデントで。
平原 康多
(自転車が壊れて欠場だが、骨に異常はなく大事にいたらなかった様子)。
野田 源一
いつもの事だが今日も展開待ち。
だけど、届いているし車は出ていると思う。
決勝も穴を出せる様に。
竹内 雄作
平原さんは、僕と一緒に上がり、中団かと思った。
だけど、引く感じはなかったので、もう浅井さんを信頼するしかないと。
落車でガシャーンと音が聞こえたけど、誰が落ちたかは分からなかった。
あとは夢中で踏んだだけ。
山内 卓也
遅ければ、平原君のイン粘りはあると作戦会議の時に出ていた。
だけど、普通なら、あのタイミングなら引く。
後ろが競りだし、最初から粘ると平原君は決めていたんだろうね。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
ガールズコレクションインタビュー

石井 寛子
名古屋は相性が良い。
寒いと体が動かないので暖かければ勝算はある。
奥井さんの後ろは魅力だけど、児玉さんもダッシュが良い。
良い位置を取ってからですね。
梶田 舞
古傷の治療で1週間入院し、1週間練習をやってきた。
緊張せず、リラックスして走りたい。
流れを見ながら。
小林 優香
やる事は全てやってきた。
パワーアップするトレーニングがメイン。
自分の行けるタイミングで仕掛ける。
奥井 迪
名古屋は初優勝のバンクで相性が良い。
意識しているのは久留米の2人。
私らしい走りをやるだけです。
石井 貴子
ロンドンの世界戦から帰ってきて中4日。
可能な限りの調整をしてきた。
流れを見ながら、最後は仕掛けたい。
児玉 碧衣
自分の持ち味のダッシュ力を活かしたい。
練習も調整も上手くいったと思う。
初対戦のメンバーもいるけど、勝てる様に頑張るだけ。
山原 さくら
久留米で、プロが8人、アマチュアが2人で合宿をやってきた。
7番車で外枠は不利。
後方にならない様にして頑張りたい。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
4日目勝因敗因


1R
鈴木 裕
基本、お帰りのレースだけど、1着だともう1回走れる可能性があると桐山敬太郎さんに言われた。
捲りになったけど、ラインの3人で決まり良かった。
渡部 哲男
才迫君が早めに巻き返しに行ったけど駄目だった。
今回は流れと展開が悪かった。
次の地元松山記念を頑張りますよ。
地元のメインは俺でなく、橋本強ですが(笑)。
畑段 嵐士
立ちこぎみたいな感じで踏み上げた。
先行は得意ではないし、色々と勉強になるシリーズだった。
才迫 開
組み立てが中途半端でした。
連日、ラインに迷惑をかけてしまった。
三谷 将太
畑段君が行ってくれたけど、同期鈴木さんのスピードが違った。
小原 太樹
怪我明けだけど大丈夫でした。
昨日も今日も南関の先輩が勉強だからと言い、番手を回らせてくれたので。
それで今日は2着に入る事が出来た。
山形 一気 (欠場)
橋本強、合志正臣に続き、インフルエンザで当日欠場。
吉田 健市
ホームバンクの特別競輪だし、もっと頑張りたかったけど脚がなかった。
望月 永悟
小原君と2人なら彼に頑張ってもらうからね。
それもあるから、当然南関の3番手回りだと思った。


2R
石丸 寛之
初日からスピード自体は手応えのあるものだった。
やっと、それが結果に結びついた感じですね。
あとは、もう1回走れるのか、才迫に調べさせてきますよ(笑)。
岡田 征陽
うん、しょうがない。
お前がいなくなり淋しくなると後閑さんに言われた(笑)。
これでお帰りだし最後に風呂でも入ってから帰ろう。
岩本 和也
高久保君が2車でも行ってくれたけどね。
鈴木君は別として、同期石丸さんのスピードは凄かった。
田中 誠
加倉さんのアドバイスで鈴木君に付けて正解でした。
自分でやっていたら2着には入れなかったと思う。
池田 勇人
鈴木さんとは同期だし連係したい気持ちもあった。
ただ、競りではちょっと。
後ろに岡田さんもいたから。
8番手になったのは失敗だけど、最後は石丸さんのスピードにも期待した。
加倉 正義
展開的には、鈴木君と3人で決まる感じだったけどね。
まあ、特別競輪を楽しめましたよ。
鈴木 謙太郎
あの絶好のポジションを取り不発だし、脚がなかった。
高久保 雄介
2車でも行ったけど、きつかったですね。
池田 良
もったいないと言うか情けない。
石丸さんが快速捲りを決めてくれたのに千切れてしまった。


3R
松岡 貴久
後輩の野口君が良く行ってくれましたよ。
あれなら、番手から出る必要はないし、熊本3人で決まり良かった。
岩本 俊介
8番手で見てしまった。
桐山さんに申し訳ない。
伊藤 大志
最後、内が空くのが遅かった。
出入りがなく、意外と単調な展開になってしまった。
中村 一将
番手が動ける、松岡君だし大事に走りすぎた。
桐山 敬太郎
ゴールデンウイーク開催の静岡ダービーに向けて、また頑張るしかないですね。
インフルエンザ明けで、僕も完全には仕上がっていなかった。
黒木 誠一
中村君が仕掛けていれば決まっていたと思うけど…。
野口 大誠
後ろが同県の先輩2人だし先行と決めていた。
初日の落車で肋骨が痛いけど、気力を振り絞って頑張った。
服部 克久
今日は、大誠さまさま。
番手も力のある松岡君だし、安心して3番手を固める事が出来た。
高橋 陽介
4分戦で前から3番目のラインになった。
ああ言う時って、自分から先に仕掛けた方が良いのかな。
脚の問題でなく、インフルエンザ明けで気持ちが弱気になっていた。


4R
飯野 祐太
オッズを見たら僕と貴史君で売れていた。
先行してくれたら残さないといけないし、走る前からかなり緊張していました。
今日は僕達にとって一番いい展開になりましたね。
志智 俊夫
せっかく前が頑張ってくれたのに…。
小野 俊之
3走した中で今日が一番よかった。
ゴールまで普通にこなせた感じ。
松川君の組み立てはあれでいいし、間違っていない。
気持ちは伝わってきました。
佐藤 龍二
番手まで行った判断はよかったけど、そのあとがダメですね。
坂本貴史の脚力とスピードが全然違って対応できなかった。
明田 春喜
前2人のおかげ。
自分は付いていただけです。
松川 高大
後ろ攻めから押さえて駆ける作戦。
まさか筒井さんがあそこまで突っ張るとは…。
福田 知也
離れて小野さんと絡む形になった。
絡んだところで今の僕ではただの嫌がらせになっちゃいますよね。
小野さんすいませんって感じです。
坂本 貴史
ダッシュで松川君に負けることはないし、行った上を行けばいいやって落ち着いていました。
今回は一次予選で負けてしまったけど、調子はずっとよかった。


5R
佐藤 友和
緩んだら行こうと決めていた。
安部君もさすがにあそこからは駆けないだろうし、ギリギリまで泳がせておいてから行きました。
今はこういうレースをして脚を戻していくしかない。
安部 貴之
ガチンコでやったらたまたま北4人が並んだだけ。
自分でやって2着なんだから納得です。
北津留 翼
レースの組み立てが下手くそでした。
すいません。
香川 雄介
ハマちゃんに任せた結果。
仕方ない。
志村 太賀
福岡の2人に付いていって失敗。
同期だから北津留君も小川君頑張ると思ったけど、読みが外れたね。
伏見 俊昭
今日は展開。
それだけです。
友和君も長い距離を踏んでいてから最後はキツそうだったね。
齋藤 登志信
北日本で決まったのは分かったけど、自分が何着かは分からなかった。
友和君を抜いて3着なら上出来だね。
小川 勇介
北津留君を援護しようとジャンで1回上がったら、内から何人かに行かれてしまった。
なかなかうまくいきませんね。


6R
三宅 達也
健太郎君が仕掛けてくれたおかげで自分のコースができた。
9番手からあれだけ伸びたんだから悪くない。
萩原 孝之
内外挟まれてキツかった。
2着、2着と思って頑張ったけど、最後は脚の差で負けました。
坂本 健太郎
初手の位置取りが失敗。
捲りにいったけど前が遠かった。
弱い。
松谷 秀幸
真久留君のダッシュがすごくて、踏み出しで1車身か2車身離れてしまった。
結果的に1着は取れたけど、脚的にはまだまだですね。
神山 拓弥
単騎のレースで難しかった。
紺野 哲也
目立たずコソッとが自分の持ち味。
あれだけの超混戦で2着なんだから、やった方でしょう。
竹内 智彦
コースを間違えた。
外踏んだ三宅達也あれだけ伸びているんだから、自分も外を踏むべきだった。
そうしたら3着以内はあったかもね。
和田 真久留
目先の結果にこだわらず、思い切ったレースをしようと決めていた・やることはやったので…。


7R
片寄 雄己
晴基君と海老根君のおかげ。
2人の気持ちが嬉しいね。
松岡 健介
腰の状態がよくても、今日の展開では届いていなかったと思う。
海老根 恵太
3番手に片寄さんがいたから共倒れはできない。
晴基君の気持ちを無駄にしないように番手から出ました。
後ろから抜かれていないし脚の方は大丈夫です。
浦川 尊明
位置を取って仕掛けてくれた矢口君のおかげ。
今日は脚がいっぱいになっちゃって感じはよく分かりません。
田中 晴基
こういう思い切ったレースをしたかった。
後ろの2人が勝ってくれてよかったです。


8R
柴崎 俊光
わかっていたのに離れてしまった。
早坂君は噂通りのスーパーダッシュでしたね。
阿竹 智史
残り1周までは予想通りの展開だったんだけど…。
一気にピッチが上がって対応できなかった。
山中 秀将
早坂さんが1車で来る展開も想定していたし、行かれたあとも冷静でした。
あんまり早く追い付きすぎると後ろを引き出すことになるから、適度な距離感で追いかけていった。
早坂 秀悟
柴崎さんがいないのは分かったし、ああなったら踏んで踏んで後ろを引き離すしかない。
あれで押し切れないようではダメですね。
内藤 秀久
「1車」って声をかけて山中君を迎え入れました。
やっぱり競輪は前々にいないとダメ。
ラインの前と後ろの選手に感謝です。
勝瀬 卓也
山中君は余裕ありそうだった。
ズバッと抜きにいく感じじゃなかったから、僕はちょっとバック踏んじゃって…。
その分だけ伸びませんでしたね。


9R
園田 匠
初戦は井上さんの仕掛けに離れている。
だから吉本君の後輪だけを見て集中して走った。
師匠の吉岡稔真さんが直前のレジェンドカップで捲りで優勝した。
もちろん、刺激は受けていましたよ(笑)。
石井 秀治
向かい風がきつかった。
だから中団をもつれさせて、逃げるのが一番固いかなと。
やる事は全てやったので。
近藤 龍徳
地元のビッグだし凄く悔しいですね。
一角で吉田さんが内に差した時に厳しいと思った。
桑原 大志
きつくはなかったけど、最後の最後まで吉本君がたれなかった。
ラインで決まったけど、2走して力の差を感じますね。
伊勢崎 彰大
内を締めていないと駄目ですね。
吉本君に入られてしまい、申し訳ない。
吉本 卓仁
行けるところまで内から行こうと。
だから前々へ攻める強い気持ちで走れた。
園田さんと決まり良かったし、脚の感じも引き続き良いですね。
北野 武史
なるべく、地元勢のワンツーに援護役をやれれば良いと思っていたけど。
中村 浩士
後輩の石井君が行ってくれたけど、吉本君のスピードが止められる感じではなかった。


10R
林 巨人
柴崎君も2車で組み立てが難しかったと思う。
負けても納得です。
渡邉 一成
かなりの強風。
先行に固執せず、勝つ走りをやろうと思った。
だから流れで作戦は決めようと。
行くタイミングも悪くなかったし、慎太郎さんとワンツーが決まり良かった。
今日は緊張したけど、準決はもっと良くなると思う。
小倉 竜二
繰り上がったツキだけでは、勝ち上がれませんよ。
和田 圭
3着だと勝ち上がれない。
2着を目指して早めに踏んだけど、あの展開だと慎太郎さんが一成さんを差す感じでないと苦しい。
でも、やった方でしょ。
池田 憲昭
このメンバーで目標不在では厳しいですね。
残り2走、頑張ります。
古性 優作
最終ホームからカマシに行ったけど、凄く重たく感じた。
どうあれ力不足です。
佐藤 慎太郎
一成は余裕があるし強いね。
G1を取り、気持ちのゆとりもあるんだろうね。
俺は、一杯、一杯で走っているけど。
南 修二
古性君が頑張ってくれたけど、一成君のスピードが全然違った。


11R
浅井 康太
今日の展開では仕方ないですね。
準決は竹内君と山内さんと決まる様に。
神山 雄一郎
平原君にピッタリマーク出来たし、悪くないと思います。
準決は一成君の番手へ。
原田 研太朗
風が強かったけど、主導権を取れたのは収穫。
連日、逃げの組み立てをやっているので悪くないと思う。
岩津 裕介
原田君が今日も行ってくれた。
大きく車間を切ったけど、真後ろが同期の平原君では。
深谷 知広
タイミングが全て悪かったし反省のレース内容。
準決は金子さんとワンツーが決まる様に。
飯嶋 則之
前の2人に続けず3着に入れなかった。
準決は引けないし、平原君の後ろを諸橋さんと勝負です。
新田 祐大
今日は特別な日だと思い走った。
準決は慎太郎さんと決められるように頑張る 近藤 隆司
単騎で組み立てが難しかった。
準決は郡司君と2人なので彼に任せる。
S級優勝が彼のおかげなので好きな走りで十分です。
平原 康多
前が車間を切っていたけど、力勝負をやろうと。
後ろに2人いたからね。
風がきつかったけど、状態面に関しては全く問題ないです。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
ゴールデンレーサー賞インタビュー
浅井康太
全面的に深谷君を信頼する。
自力でやりたい気持ちを押さえて援護に徹する。
深谷君と一緒の時は、作戦会議はないし、軽くアドバイスをするだけ。
お互いの順調だし、良い走りを魅せる事が出来ると思う。
神山雄一郎
平原君の番手へ。
一瞬、離れたけど、あそこまで詰められたら十分ですよ。
僕も順調だと思う。
原田研太朗
先行で残れたのが自信になりますね。
岩津さんの仕事のおかげです。
ここも積極的なレースをやりたい。
岩津裕介
復帰戦にしては、まずまずだったと思う。
車間を切り、最後、少しツキバテになった。
原田君の番手で仕事する。
深谷知広
長い距離をもがき、浅井さんと決める事が出来て良かった。
久留米の全日本選抜とは、力の伝わり方が違う。
脚は良いと思います。
浅井さんと決められるように自力勝負。
飯嶋則之
特選と同じ並びです。
平原君、神山さんの後ろで3番手。
チャンスがあれば突っ込みたい。
新田祐大
雨でしぶきもあったし、脚の感じは分からない。
ただ、もう半周、早く仕掛けたかった。
単騎になるけど自力で1着を狙う。
近藤隆司
一瞬、同期新田君の番手も考えた。
ただ、海老根さんたちのアドバイスで、どうせ準決は自力だろうと。
だから単騎で一発狙うレース。
この豪華メンバーでも、怯む事はないですよ。
平原康多
落車明けの不安がなくなった。
脚は良いと思います。
僕はラインの長さでなく、タイミングで仕掛けるタイプ。
そこを見逃さず、いつも通り自力で仕掛けたい。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
3日目勝因敗因


1R
岡部 芳幸
初手で、俺達が思っていた並びと違った。
南関勢の後ろ攻めはないと思っていたし、松浦君の前受けも想定外。
それで作戦と違い、飯野君もパニックになったかもしれない。
田中 晴基
最初から和田君の後ろなら、番手から出る必要はないと思っていた。
絶妙差し? いや、あの位置で和田君の先行なら、誰だって勝てますよ。
松浦 悠士
インを切って、位置を確保は自分のスタイルではない。
それで前受けした。
外併走からの仕掛けの方が好きなので。
ただ、連日、人気になりすぎていますね(笑)。
小野 俊之
大渋滞の一番内。
誰かが、後ろから押してくれないかと思ったよ (笑)。
友定 祐己
松浦君が内に入って行ったから危なかったよ。
落ちるかと思った。
田中 誠
狙い通りにインを切り中団3番手を確保。
田中晴君も番手から出なかったし、松浦君も入ってきたから危なかった。
和田 真久留
いつものヤジだけど、今のお前は捲れない。
名前と違い、逃げろ!と言われた(笑)。
もちろん、自分でも分かっているし、長い距離を踏んで調子を戻したい。
無欲の気持ちが2着に残れたと思う。
中村 一将
単騎だし9番手になり、きつかった。
飯野 祐太
結果的に叩けていない。
組み立てが中途半端でした。


2R
岩本 俊介
出っ切れず、ラインに迷惑をかけてしまった。
松川 高大
自分では捲れると思ったけど…。
後ろから見ていたら、びりびりする感じでしたかね(笑)。
櫻井 正孝
失格ですか…。
自分で持って行っているし仕方ないですね。
佐々木 則幸
落車を避けてから、前の人数を数えたけど、かなり遠いと思った。
安部 貴之
番手の仕事を出来ず、桜井君に申し訳ないですね。
新井 秀明
まずは、落車に乗り上げなくて良かった。
松川君は脚を使い前々に攻めてくれた。
齋藤 登志信
内を締めているのが、凄くきつかった。
そうでないと、松川君が2角で入ってきたと思う。
俺が2着だから、大穴になったわけではないですよ(笑)。
内藤 秀久
俺の1着より、前のレースで競輪をやった真久留の走りが嬉しいですよ。
初日が終わって、色々とアドバイスをしたから。
いつもいつも、カマシ捲りでなく、やれば押さえ先行だって出来るのだから。


3R
中川 誠一郎
貴久も一番前で頑張ってくれたし、翼も良いタイミングで仕掛けてくれた。
結果的に俺の1着。
これで最終日まで走れるのは大きいね。
やっと時差ボケも解消し、今日の朝は、体も軽く感じていた。
永澤 剛
俺だったら、出させて中団を確保の作戦。
だけど、そこは先行選手の坂本君と判断が違った。
行ってくれ有り難いが、捲り頃になってしまった。
志智 俊夫
本当、良くない原因は分かりません。
今は我慢の時ですね。
畑段 嵐士
坂本さんの3番手を確保して、捲る作戦だった。
だけど、なかなか上手くいきませんね。
脚自体は悪くないと思うけど。
山田 義彦
鈴木さんが良い感じで捲ってくれた。
ただ、北津留さんが、大外を凄いスピードで捲ってきて、どうにもならなかった。
あれは、止められない。
止めるぐらいの脚があれば、僕が前を回っていますよ。
北津留 翼
松岡さんと連係を外したのは反省材料。
ただ、そう言う技術を持っていませんが。
2角で後ろに誠一郎さんの存在があったし、そこから自分で仕掛けた。
鈴木 庸之
もがき過ぎて頭が痛い(笑)。
先捲りを決めて、見せ場を作れただけでも。
松岡 貴久
(この変則の九州の並びが最終的に決まった時に)「僕、翼、誠一郎さんの順番で弱い順(笑)」。


4R
森川 大輔
今日は捲りが決まったと思ったけど、紺野さんの一発が効いた。
最終ホームで早坂君のラインを追う感じなら、決まっていたと思う。
紺野 哲也
完全に早坂君のスーパーダッシュに離れた。
途中で彼がまっていてくれたから追い着いたと思う。
余裕はないし、必死にブロックに行っただけ。
池田 良
もっと僕に技量があれば、才迫君をアシスト出来たと思う。
ふたをするのも、結構脚を使っていたと思いますよ。
岩本 和也
だいたい、想定通りの展開になりましたね。
森川君は行ってしまうスピードだし残念。
渡部 哲男
今日は早坂君の巻き返しが早いと思っていた。
あのまま紺野さんが離れていれば、面白かったけど。
吉田 健市
誘導も早い感じでした。
地元だけど、今は脚がないから納得して3番手を回った。
早坂 秀悟
後ろに紺野さんがいないのは分かったので、そこは緩めた。
まあ、今日は俺より、紺野さんの強さが目立つレースでした(笑顔)。
才迫 開
きつかったですね。
レース後は、三重の柴崎淳さんから色々とアドバイスをもらった。
萩原 孝之
人気が人気だし責任感を持って走った。
3連単の1番人気で、410円ですから。
僕も離れたし、ファンは冷や冷やしたと思う。


5R
西川 親幸
神山君が粘る展開に持ち込みたかったし、俺が前を取れば良かった。
小川君とは別線だったので、捲ろうと思ったけど、山中君が来て被ってしまったので。
山中 秀将
後ろ攻めでは海老根さんが粘られてしまうと思った。
だから前受けの作戦が正解。
バックは流れたし、もしかしたら海老根さんに差されないかと思ったけど、甘くはなかった(笑)。
小川 勇介
合志さんが、インフルエンザで当日欠場。
それで単騎のレースになってしまった。
神山 拓弥
先行の組み立てになったし、きつかった。
オーロラビジョンで確認しながら、併せに行ったけど、あっちは本格先行だからね。
勝瀬 卓也
浦川君に飛びつかれて併走になったけど、自分の位置を守れて良かった。
浦川 尊明
カミタクもきつかったと思うよ。
南関勢に前を取られてしまったのが全て。
合志 正臣
(橋本強に続き、インフルエンザで当日欠場)。
志村 太賀
全然、車が前に進まない。
平原さんが羨ましい。
誰か俺に愚痴を聞いて欲しい(笑)。
海老根 恵太
同県の後輩が頑張ってくれたおかげ。
初日は岩本君だし、今日は山中君だし有り難いですね。


6R
笠松 信幸
初日のレースが悔しいし、ファンにも迷惑をかけてしまった。
プレッシャーではないと思うし、更に良くなる事を願い、色々と試したのが失敗だった。
松岡さんが行ってくれたおかげだし、今日からダービーが始まったつもりで頑張りたい。
香川 雄介
2場所怪我が続いたけど、調子ではないし、今日も展開でしょう。
佐藤 友和
前に出たけど、風があるしきつかった。
内が重たいので、松岡さんのカマシ頃になってしまった。
松岡 健介
動けているけど、4角からの粘りが連日甘い。
それでも地元の笠松君が勝ってくれたので。
伏見 俊昭
若い2人に任せたレース。
友和君もきつかっただろうし、仕方ないですね。
荒井 崇博
久々に良い捲りが出た。
初日のスイッチのスピードが良かったのでやれる感じはあった。
あとは、ノーマークで誰にも相手にされていないのが良かった(笑)。
菅田 壱道
友和さんとの連係は全部僕が前だった。
今日は後ろで良い勉強になった。
黒田 淳
バックを踏み切れず、前まで行ってしまった。
失格かなと思ったけど、セーフで良かった。
柴崎 俊光
3番手は内を締めないといけないからきつい。
あとは、松岡さんがカマシに行く時に、山登りだったので、離れそうになった。
3着に入れる展開だったし、一次予選の4着が全てでしたね。


7R
井上 昌己
結果的に川村さんのカマシ頃にしてしまった。
大塚さんに申し訳ない。
川村 晃司
後ろが博幸君だったので安心感があった。
良いところからカマシを打つことが出来た。
前回までが、ボロボロだったので、この好成績が信じられないよ(笑)。
澤田 義和
ちょっと淋しいね(苦笑)。
前の京都勢がワンツーなのに。
3着は誰だったの? 嵌った天田君でしたか。
芦澤 大輔
天田君が3番手を確保。
彼が直線勝負になったけど、僕に脚があればもっと伸びていた。
だから、自分の責任です。
天田 裕輝
突っ張るつもりで踏み、中団3番手を確保。
ただ、村上さんが車間を切っていたので仕掛ける勇気がなかった。
良くはなっているけど、もう少し何かが足りない。
3着だと僕の場合は勝ち上がれないし、駄目元で行くべきだった 。
芦沢さんなら特選組だし、3着でも勝ち上がれる。
申し訳ないです。
村上 博幸
川村さんとは相性が良いし、お互いの仕事がいつも出来ている。
怪我明けだけど、前が頑張ってくれるから、一次予選も今日も4角で番手。
流れが向いているのも確かです。


8R
山内 卓也
竹内君の捲りに離れなくて良かった。
地元のダービーだし、最低でも準決と思っていた。
後ろの坂口君も地味だが、良い仕事をやっていた。
今度、四日市か松阪で一緒なら、先行してあげても良いよ(笑)。
渡邉 晴智
スンナリ竹内君が中団だし捲りを止められなかった。
せっかく、根田君が行ってくれたし申し訳ない。
菅原 晃
後輩の山田君には好きに走ってもらった。
相手も強いから仕方ないですね。
岡村 潤
晴智さんが仕事をしやすいように内を締めていた。
初日は根田君の3番手から突き抜けたけど、勢いをもらってのレースだし、今日とは違う。
竹内 雄作
本当は行きたかった。
だけど、中途半端に行ったら、山田さんの捲り頃になってしまう。
それで自分を殺して我慢した。
捲りのレースになってしまったし、脚の感じは分かりません。
坂口 晃輔
とにかく3番手で内を締めていた。
自分は駄目だったけど、前の2人のワンツーに少しは貢献出来たと思う。
ただ、僕が3着で中部独占の車券を買ってくれたファンには申し訳ない。
竹内君が凄く強いイメージがあるので、びびりながら走っていた。
山田 英明
勇気がなかったし、気持ちが弱かった。
最低でもジャンで中団に追い上げないと。
駆けているのが根田君で、中団が竹内君。
それで見てしまった。
3着だし、あとは天に運を任せるだけ。
特選組には負けるけど、初日の予選1着は有利な材料。
筒井 敦史
自分でそこを選択したけど9番手。
ちょっと遠すぎた。
根田 空史
まともに先行しすぎた。
あれなら、上に上がり中団をもつれさせれば良かった。
楽に竹内君が中団では捲られても仕方ない。


9R
小松崎 大地
ラインに貢献出来ず、力不足だった。
金子 貴志
全て佐川君のおかげです。
地元のビッグだけど、簡単にはいかないと思っていた。
本当、きつかった。
牛山 貴広
まともな自力は最近出していないし、位置取り重視の作戦だった。
追い上げて中団は確保したけど、バックで仕掛ける勇気はなかった。
あとは3着だし結果待ちです。
野田 源一
後ろになったら届かないかなと思っていたけど、他がみんな脚を使っていたので。
詰まる勢いがあったし、外を思い切り踏む事が出来た。
山崎 芳仁
いつも小松崎君は頑張ってくれるから、援護しようと思っていた。
最後は、自分でコースを見つけるべきでした。
小林 大介
まだ追込選手としては未熟ですね。
焦って早めに内を突いたら、味方の牛山君に締められてしまった(苦笑)。
大槻 寛徳
渡辺さんと絡み、最後の1角は転ぶかなと思った。
渡邊 健
早い流れになり対処出来なかった。
金子君と連結を外して自分の脚がなかった。
大槻君は脚があるから助かったし、脚のない選手なら落車させていたかもしれない。
佐川 翔吾
小松崎さんを出させたら、巻き返しは無理だと思っていた。
必死に踏んだし、最後は一杯でした。


10R
稲毛 健太
小埜さんは切って中団かと思ったけど、本気で踏んだので焦った。
とにかく前に出ないと自分のレースが出来ないですから。
木暮 安由
村上さんの横を通り過ぎるには、脚だけでは無理。
気持ちも大切になってくるし、それに負けた感じもある。
和田 健太郎
あんなに小埜君が踏むとは思わなかった。
その後の対処は、諸橋さんとか柏野君は流石だし、俺みたいな昨日、今日の選手とは違うよ(苦笑)。
村上 義弘
複雑な流れになりましたね。
その中で出切ってくれた稲毛君が強かった。
木暮君の捲りを併せ切れないかと思ったけど、止めに行った勢いで前に踏んだ。
諸橋 愛
木暮君とは、最近、ずっと別線。
最終ホームは一番後ろになったし、半分諦めた。
ただ、最終バックからは、一度もバックを踏まずにコースに入って行けた。
3着だが、これで準決が決まりだし凄く嬉しいよ。
小埜 正義
突っ張るつもりで踏んだ。
ああなれば飛び付くのは無理。
だれかが村上さんと絡んでいなくては。
柏野 智典
村上さんの後ろだし責任のある位置。
単純には回れないと思っていたけど、気持ちの余裕は少しあった。


11R
武田 豊樹
弟子の吉沢君の具合は心配です。
あのアクシデントで、僕の前輪も引っ掛かった。
ちょっと、綺麗なレースにならず、そこは申し訳ないですね。
稲川 翔
とにかく、走りながら戻していくしかない。
少しずつです。
郡司 浩平
誰が落ちたか、すぐに把握できた。
あとは自分のタイミングで仕掛けようと思った。
見ての通りで、最近では一番調子が良いですね。
これなら準決も楽しみです。
石毛 克幸
怪我は大丈夫。
あとは、自転車だけです。
三谷竜生
主導権は取ろうと思っていた。
何人か落ちたのは分かったけど、自分のラインは大丈夫だとすぐに判断できた。
アクシデントがあったにせよ、勝ちあがれて良かった。
松坂 英司
アクシデントを避けられず、乗り上げてしまった。
怪我は大丈夫だし走るつもりでいる。
藤木 裕
連日、前が頑張ってくれるおかげです。
ここに向けて、体も絞ってきたけど、まだ技術不足の面もある。
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
2日目勝因敗因



1R
桐山 敬太郎
もちろん、逃げ切るつもりで駆けたけど、1着だけを目指す小さいレースをやっても次に繋がらないので。
積極的に駆けて、レースの流れを自分に向けて行くしかない。
あとは、静岡記念の片寄さんの走りに感じるものはありましたよ。
小岩 大介
欲を言えば、2着に突っ込みたかったけど、坂本さんが良い位置を取ってくれた。
3着でも十分ですよ。
高橋 陽介
悪い感じはなかったけど、インフルエンザ明けで、完全には仕上がっていない。
伊藤 大志
北日本は上位で走れば、強い先行選手が多いから、付いて行けば良いだけ。
やはり、負け戦を走っているようでは駄目ですね。
東口 善朋
高久保君が主導権を取れなかったので、自分で捲ったが、雨で前が遠く感じた。
高久保 雄介
主導権を取れず、自分の力を発揮出来なかった。
すみません。
坂本 健太郎
桐山君が強かった。
2角で内をしゃくり、片寄さんを飛ばそうと思ったけど、雨でスリップした。
黒木 誠一
今日の展開では、どうにもならないですね。
片寄 雄己
ジャンでどうするのかと思ったら、桐山君が思い切って行ってくれた。
気持ちに応えるには1着しかないと。
あとは、車間を切り、後ろを牽制するだけだった。



2R
佐藤 悦夫
抜く余裕はないし、矢口君の捲りに離れなかっただけでも。
今年は落車があったりして、波に乗れないですね。
鈴木 裕
思い切って行ったけど、軽く捲られてしまった。
今の脚は、こんなもんですね。
石丸 寛之
意外とスンナリの展開になってしまった。
矢口君の先捲りのあおりで、苦しい展開になってしまった。
矢口 啓一郎
久々の特別競輪の1着。
最終ホームで行ける感じはあった。
あとは、後ろにいる石丸さんの動きを見るだけだった。
初日と同じ展開だったけど、初日の方が1回、余計な脚を使っていた。
あとは、ハートが弱いので、大舞台の勝ち上がりで雰囲気に飲まれていたかもしれない(笑)
福田 知也
走る以上は、初日の落車は大丈夫ですよ。
三宅 達也
石丸さんの勢いをもらい、9番手になったけど2着に突っ込む事が出来た。
筒井 裕哉
8着ですか。
今の脚では、このレースで精一杯ですね。
武井 大介
キック(鈴木裕)も頑張ってくれたけど、脚を使っていたからね。
矢口君の捲りのスピードが良く、どうにもならなかった。



3R
阿竹 智史
浜田さんとワンツーが決まったし、会心のレースだったと思う。
レースの流れも読めていたし、仕掛けるタイミングも悪くなかったと思う。
佐藤 龍二
鐘の3角でカマシに行く展開を考えていたけど、ちょっと前に出るのが早すぎた。
それで叩かれてしまった。
松谷さんに申し訳ない。
岡田 征陽
判断は鈴木君に任せていた。
いつも世話になっているし仕方ないですね。
坂上 樹大
最後は神奈川勢の先行と考えたけど、出してしまったからね。
細切れレースで目標不在は難しい。
鈴木 謙太郎
カマシを狙っていたけど、自分の思うような展開に持ち込めなかった。
行きたい時に、外の坂上さんも邪魔になった。
加倉 正義
コンドルの社長が哀れんでいましたか(笑)。
ダービー出場を目標に昨年は頑張っていたけど、これが現実ですね。
松谷 秀幸
一旦、切った佐藤君の判断は間違っていなかったと思う。
自分で外を回し踏んだけど、3着で一杯だった。
服部 克久
自分の順番が来たのでカマシに行った。
点数も一番ないから行くしかないでしょう。
濱田 浩司
阿竹君は地脚だから、4角からの粘りは強烈。
それで抜く事が出来なかった。
だけど、ワンツーで良かった。




4R
後閑 信一
あんなに池田君が行ってくれ有り難いですね。
どこかで、これを返せれば。
野口 大誠
そんなつもりはなかったけど(先行の)スイッチが入ってしまった(笑)。
初日の落車で体は痛いが、大丈夫。
永澤 剛
絶好の展開。
普通なら勝ちパターン。
このバンクは、捲りが決まらないですね。
明田 春喜
今は流れを取り戻す段階。
落車や失格が続いたので。
望月 永悟
油断したわけではないけど、コーナーに入り飛ばされてしまった。
後閑さんが1着だし、もったいないね。
坂本 亮馬
まさか、あんなに野口君が行ってくれるとは。
嬉しい誤算だけど、後閑さんが強かった。
池田 勇人
要所、要所で、野口君に併される感じだった。
だけど、山おろしを使うには、あのタイミングしかない。
後閑さんの1着に貢献出来たし、最低限の走りは出来た。
山形 一気
初日も今日も単騎。
最後も前が壁でコースが空かなかった。
竹内 智彦
あの展開は嫌いではない。
永沢君のスピードをもらい突っ込めた。
フレーム規制に泣かされたけど、もう大丈夫です。




5R
近藤 龍徳
レース後は3割がヤジだった(苦笑)。
なんでG2を勝った選手が、ここで3着なんだと。
元々、1着を取れる選手ではないし、今回は3着、2着、3着で決勝に進む。
正直言えば、ちょっとホッとした。
和田 真久留
欠場明けで、皆さんに挨拶された感じですね(苦笑)。
思った以上に、何にも出来なかった。
三谷 竜生
同期の近藤君と2人で勝ち上がれて良かった。
小埜さんに捲られたけど、良い感じでカマシを決める事が出来た。
北津留 翼
今日は後ろが小野さんだし、先行の組み立て。
だけど、雨で脚が重たく感じ、三谷君を併せる事が出来なかった。
内藤 秀久
後輩の和田君が後手を踏んでしまったので。
まあ、展開もあるから仕方ないですね。
荒井 崇博
あれで北津留君が併せ切れると面白かったけど。
高速でスイッチ出来たし、ちょっと上向きかな。
小埜 正義
切って、神奈川勢を出させるとか、そう言う考えは全くなかった。
完全に割り切って走った。
本当は荒井さんの位置にいないと駄目だが、そこは組み立ての失敗。
だけど、車の進みは良かったと思う。
小野 俊之
どのタイミングで三谷君がカマシに来たかは分からなかった。
う~ん、なかなか上手くいかないね。
岩本 和也
三谷君の踏み出しが強烈で、そこでかなり脚を使ってしまった。




6R
友定 祐己
飯野君は柴崎君を突っ張り、俺達を出させてくれると思った。
才迫君が一度も前に出られなかったし仕方ない。
林 巨人
先に近藤君が勝ち上がっていたから緊張した。
かなり、レース前は冷やかされていたから。
今日は柴崎君が強くて恵まれた。
菅田 壱道
飯野さんの判断だけど、ジャン前は、あんなに踏まなくて良かったかな。
俺は車間を切り、なるべくアシストしようと思ったけど駄目だった。
飯野 祐太
かなり脚を使ってしまった。
結果的に柴崎君の展開だった。
才迫 開
一番弱い僕が必要以上に警戒された。
想定外の事がおこり、力を発揮出来ず終わってしまった。
柴崎 淳
冷静に立ち回れたと思う。
初手で前でも、後ろでも、どんな展開でも対応しようと思った。
雨で車はスパッと出なかったけど、踏んでからは進みは良かったと思う。
齋藤 登志信
作戦は若い2人に任せていたので。
俺は3番手だし、飯野君はまた明日頑張れば良いと思うよ。
筒井 敦史
調子の悪い志智さんのところを狙ったわけではない。
たまたま、その位置にスイッチ出来た。
最悪な展開になったけど、落ち着いて対処出来た。
 




7R
小川 勇介
自分で誠一郎さんの後ろが良いと思ったし、結果には納得しています。
柴崎 俊光
俺らもスンナリ中団を確保したけど、それ以上に松坂さんもスンナリ駆けていたから。
松坂 洋平
ジャンでの誠一郎さんの動きも見えた。
あそこで叩かれると、持ち味が出なくなってしまう。
叩かれないようにして、あとはペースに持ち込めた。
渡部 哲男
一番後ろになったし、雨でコースも探せなかった。
和田 健太郎
運が良いと言うか、流れが向いていますね。
今日も長い距離を踏んでくれた松坂君のおかげです。
これで通算2百勝を達成しました(笑顔)。
吉田 健市
地元で勝ち上がりに失敗したけど、精一杯走った結果なので。
中川 誠一郎
橋本強君が勝ち上がりの権利を持っていたけど、インフルエンザで欠場。
なので僕は4着でも勝ち上がれた。
ただ、言い訳になってしまうけど中0日で世界戦の疲れが残っていたかも。
人気なのに、すみません。
伊勢崎 彰大
3番手だけど、脚にも余裕があった。
こんなに皆さんに囲まれても、慣れていないから何を喋って良いか分からない(笑)。
森川 大輔
誠一郎さんが来る前に仕掛けようと思った。
被ったら、ライン全員にチャンスがないので。
ただ、松坂さんが掛かっていて全然捲れなかった。
 




8R
海老根 恵太
岩本君の掛かりは悪くなかったし、一瞬、大丈夫かなと。
だけど、確認した時は、稲毛君のスピードが全然違った。
僕に技量があれば、3着以内に入れた。
村上 博幸
怪我明けだけど、稲毛君の快速捲りを差せたので。
十分、戦えると思うし、問題ないですよ。
新車の感じは悪くないけど微調整は必要。
稲毛君には2車だし、走る前から無理はするなと言ってあった。
紺野 哲也
坂本君と8、9番手。
全くチャンスがなかった。
萩原 孝之
3番手だし、千葉の2人に任せるレースだった。
池田 良
決めずに走ろうと思ったけど、流れで近畿の後ろは考えていた。
良い展開になったし、自分の脚がなかっただけ。
稲毛 健太
とにかく、一旦早めに押さえて、それから考えようと。
あのまま突っ張るか、岩本さんを出させるかは、その時の流れだった。
もちろん、海老根さんの番手捲りは頭にあったし、それを乗り越えられて良かった。
野田 源一
近畿の後ろを取れれば3番手で良いと思った。
だけど、そこに池田君がいたので、自分で切り替え、切り替えのレースになった。
岩本 俊介
稲毛君も坂本君もスプリンターだしダッシュ力がある。
引き付けてからの先行だと、行かれてしまう可能性もあるので。
後ろが海老根さんだし、やる事はやれたと思う。
 



9R
香川 雄介
怪我の影響はないと思うけど、展開が向かなかった。
早坂 秀悟
前を取り、引いてカマシの作戦。
行けるタイミングで仕掛け様と思ったけど、全てのタイミングが狂っていた。
まあ、力不足と言う事で。
磯田 旭
天田さんのスピードをもらえたし、コースも見えていた。
それで突っ込む事が出来た。
特別競輪の1着だし嬉しいですね。
松川 高大
天田さんの位置を欲しかったけど仕方ないですね。
佐藤 友和
早坂君のスーパーダッシュがあれば、行ってしまうと思ったけど。
前任せのレースだし仕方ないですね。
畑段 嵐士
残らないと先行しても意味がないですね。
捲らせないつもりで駆けたけど力不足。
近畿の自力選手が後ろなら、それなりの走りが必要だと思う。
小野 大介
磯田君が内に行くのが分かったので、上手くスイッチする事が出来た。
他の人に比べれば脚はないけど、自分なりに良い状態。
愛知に避難しているし、地元のつもりで走っている。
中村 一将
畑段君の気持ちは伝わってきた。
あとは、色々とレース後にアドバイスはした。
天田 裕輝
中団3番手を取れたし、自分のタイミングで仕掛けた。
あれだけ内が空けば、誰かが突っ込んでくるのは仕方ない。
それでも、良く外で我慢出来たと思う。
 




10R
佐藤 慎太郎
はらけん(原田研)が踏んでいなかったから、新田のダッシュ力があれば鐘の4角でカマシに行けたと思う。
あれでも3着に届いたと思ったけど。
新田には、ラインで決めないとファンも車券が買いづらくなると言っておいたよ(笑)。
諸橋 愛
甘くはないですね。
大きく車間を切っている岩津君を後ろで見ていて、普段、あんな感じで自分は走っているのかと思った(笑)。
石井 秀治
位置は取れたけど、そこからの脚がなかった。
村上さんが仕掛けて来たので被ってしまった。
今日は出番が全くなかったけど、二次予選は修正して頑張りたい。
岩津 裕介
落車明けの割りには良い走りは出来たと思う。
なるべく原田君を残そうと思いながら踏んでいた。
二人で勝ち上がるには、あれしかなかったですね。
稲川 翔
まずは、一走して体の硬さが取れたと思う。
今は自分の出来る事を精一杯やるだけです。
原田 研太朗
雨だったし、先行した方が良いと思った。
楽に主導権を取れたのと、岩津さんが車間を切ってくれたおかげ。
それで粘る事が出来た。
大槻 寛徳
判断は全部、新田君任せだったので。
僕は3番手だし、前の仕掛け次第だった。
新田 祐大
ある程度、想定通りの展開になった。
自分だけのレースになり後ろに迷惑をかけてしまった。
それでも直線で、僕がもっと伸びれば、慎太郎さんも3着には入れたと思う。
最低でも、あと半周早く行きたかった。
 



11R
山崎 芳仁
ジャンで竹内君がどこにいるのか確認した時に、一成君に離れてしまった。
しっかり追走しなくてはいけないし、すみません。
竹内 雄作
仕掛けるタイミングが悪かった。
それと気持ちの弱さも出てしまったかも。
平原 康多
別線がもつれていたのが大きかった。
ただ、僕も残り1周をもがく感じできつかった。
躊躇なく行けたし、レース勘も脚も問題ないです。
ライン3人で決められたのが何より。
菊地 圭尚
家が雨漏りみたいで、前が見えなかった(笑)。
展開は最悪だったけど、感触自体は悪くなかった。
金子 貴志
大塚君との競りで厳しいレースでしたね。
渡辺君も掛かっていたので追い上げる事が出来なかった。
飯嶋 則之
スピードに乗っていた時の仕掛けだから、前の2人に付いて行けた。
これで準決が無条件だし大きいですね。
渡邉 一成
これで世界戦帰りの疲れが抜けるのか、逆に溜まるのかは分からない。
後ろに竹内君が入ったのが分かったので踏むしかなかった。
それで平原さんの捲り頃になってしまった。
大塚 健一郎
勝負して、きちんと竹内君に付いて行けなかったし力不足です。
神山 雄一郎
平原君が強かった。
差せなかったけど、あれだけ出来たら上出来でしょう。
 
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
初日勝因敗因



1R
吉澤 純平
前受けになったので、引いて思い切り行こうと。
あとは兄弟子の牛山さんの仕事に託した。
ラインで決まり、自分のレースは出来たと思う。
東口 善朋
筒井君の判断だったので。
展開もあるから7番手だし仕方ない。
勝瀬 卓也
セオリー通りに田中君が中団を取ってくれた。
自分に脚があれば、勢いをもらって3着に突っ込めた。
望月 永悟
今日は吉沢君が掛かっていた。
展開通りの成績でしたね。
牛山 貴広
初連係だけど、弟弟子の吉沢君が強かった。
ちょっと、早めに踏み過ぎたので、危なかった。
残したと言うより、勝手に残ってくれた感じですね。
坂上 樹大
踏んでも踏んでも詰まらない。
これは、かなり前と遠い9番手だと思った(笑)。
田中 晴基
中団を取って力勝負をやった。
それで不発だし脚がなかった。
筒井 裕哉
叩きに行ったけど、結局7番手。
若い子との脚の差でしょう。
小林 大介
せっかく、本線の3番手に入れてもらった。
取りこぼしてはまずいし、そこだけ集中した。
やった事と言えば、内を締めていたぐらいで吉沢君のおかげです。



2R
合志 正臣
野口君は良いスピードで捲って行ったけどね。
まあ、桑原さんが失格なら繰り上がったけど、それを願うのもね。
俺自身も審議になっていたけど。
片寄 雄己
鈴木君があのまま勢いを殺さず踏んだ方が面白かったかも。
そうすれば、川村君を併せ切れたと思う。
川村 晃司
シューズを換えたら急に良くなってきた。
あまりにも前回までが、ボロボロだったので。
今日は長い距離を踏み、きつかったけど、同じチームイー新聞の藤木君とワンツーが決まり良かった。
鈴木 裕
川村さんの外からのスピードが違った。
それで併せ切る事が出来なかった。
後ろの2人に申し訳ない。
松浦 悠士
川村さんのカマシに楽に付いて行ければ結果は違った。
あとは、僕と桑原さんが1番人気で荷が重かった。
藤木 裕
今日は全て川村さんのおかげです。
大した仕事もやっていないし、完全に恵まれた。
桑原 大志
松浦君が前々のレースをやってくれた。
4角は危なかったけど、それで3着に突っ込めた。



3R
武井 大介
佐藤君も頑張ってくれたけどね。
古性君が今日は強かった。
今はガールズも含めアマチュアの面倒を見ていて、武井一門の一代勢力を築こうとしている。
それを師匠の吉井さんに言ったら、吹き溜まりと言われてしまった(笑)。
古性 優作
後ろが競りになったのは分からなかった。
自分の行くタイミングも悪かったし、結果的にラインで決まったけど反省する材料もある。
松岡 貴久
混戦になったし展開は良かったけど、落車明けで仕上がっていなかった。
神山 拓弥
最後、外を踏んだけど届かなかった。
あと1人、抜けば3着に入れたのに。
北野 武史
外併走できつかったけど、自分の位置を守り3着に入れて良かった。
大阪勢のおかげです。
鈴木 庸之
このバンクは捲り追い込みが届かないですね。
最後、別線で走った、カミタク(神山拓弥)は抜きたかった(笑)。
南 修二
もうちょっと、楽にはたけたら良かったけど、マーク屋としての走りは見せられた。
あそこは負けられないけど、修正点はある。
佐藤 龍二
イン粘りで負けたのが凄く悔しい。
突っ張るふりをして、基本粘る作戦。
もし、鈴木さんが1人で来る感じなら、そのまま突っ張った。
小岩 大介
いつも頑張ってくれる松岡君の番手だし仕方ない。
同期同級生の関係だからね。



4R
小倉 竜二
弟子の阿竹君を見殺しにする感じで申し訳ない。
池田君に突っ張られ、内も決める事が出来なかった。
林 雄一
あれだけ、先行の作戦だったのに(笑)。
でも、郡司君が強くて、捲りが決まり良かったよ。
池田 勇人
引けないと思い、突っ張った。
だけど、郡司君の展開にしてしまった。
阿竹 智史
叩きに行くのが遅かったかな。
それで池田君に突っ張られてしまった。
師匠の小倉さんは4着ですか。
4着では、勝ち上がれないし、すみません。
山田 義彦
本当なら後輩の僕が前でやらないといけない。
2人で結果が出ず、池田さんに悪い事をしてしまった。
石毛 克幸
最近、3番手で離れるケースがあったので踏み出しに集中した。
郡司君が快速捲りを決めてくれ恵まれた。
佐々木 則幸
最終ホームでは、20車身ぐらい離れていましたね(笑)。
判断はおぐ(小倉竜)任せだったので。
郡司 浩平
こんなに楽な展開は滅多にないですね。
労せず、先行争いですから。
今回から新車だけど、フレームも良いし、自分の脚も良い。
あとは、微調整でもっと良くなると思う。



5R
佐川 翔吾
ちょっと、バタバタした。
他のラインが2車だから、早駆けはないと思っていた。
必死に踏んでいたし、後ろがどうなっているかは分からなかった。
松谷 秀幸
同級生の桐山君も佐川君と真っ向勝負になってしまったからね。
でも頑張ってくれたし、納得のレースです。
柏野 智典
兄弟子の石丸さんの良いスピードをもらえた。
それに尽きますね。
自分も突き抜けたし、脚は良いと思う。
安部 貴之
石丸さんが行ってから、それに乗り換えようと思った。
あとは、2角で永沢君が無理矢理行ってくれ、気持ちは嬉しい。
笠松 信幸
すみません、結果が全てですね。
絶好のハコなのに、全く伸びなかった。
石丸 寛之
見せ場は作れたし、やった方だろ(笑顔)。
結果は別として、ええレースだった思う。
自分は駄目でも、弟弟子の柏野君も勝ってくれたので。
桐山 敬太郎
本当は自分が永沢君のレースをやらないといけない。
レースを作り、相手を動かさないといけないのに、自分が動かされてしまった(苦笑)。
渡邊 健
最後は外では無理だし、中を突いた。
笠松君には悪かったけどね。
地元の気合で3着に突っ込む事が出来た。
永澤 剛
俺の脚では、佐川さんの先行を捲れるはずはない。
分かっていたけど、中団は取れたので。



6R
中村 浩士
山中君と2人で決まったと思ったけどね。
今の吉本君は乗れているから、あそこからでも来られてしまう。
だけど、僕は勝ち上がれて良かった。
高橋 陽介
僕の勝ちパターンのレース。
良いところから駆ける事が出来たからね。
ただ、思った以上に踏み上がらなかった。
やはり、インフルエンザの影響があったのかな。
自分では仕上がっていると思ったけど。
吉本 卓仁
頑張った方でしょ(笑顔)。
組み立て的には最悪で7番手ですからね。
それでも、今は脚が良いから届いたと思う。
明田 春喜
同期の高橋君は頑張ってくれたけど、相手が強かった。
山中 秀将
中団を確保。
吉本さんは内から来る選手ではないので、内を締める必要はなかったね。
内に6番車が見えたので、締めに行ったら味方の小原君だった(笑)。
やる事はやったし、納得のレース。
小原 太樹
ラインに迷惑を掛けないように、内を締めていた。
あそこで九州勢が入って来ると、僕らは浮いてしまうので。
菅原 晃
もう2着でも3着でも良いし、必死に踏んだ。
7番手でも落ち着いていたし、吉本君が本当に強かった。
服部 克久
僕はラインを固めた。
納得して3番手を回ったし、前の2人が勝ち上がってくれ良かった。
岡部 芳幸
高橋君も頑張ってくれたけどね。
捲りは止められるスピードではなかったし仕方ないですね。





7R
吉田 敏洋
脚は使わせられたけど、良い形で別線に勝つ事が出来た。
僕から勝ってくれたファンには悪かったけど、良い走りだったと思う。
もちろん、経験は豊富なので、地元の大舞台だけど、プレッシャーはないですよ。
矢口 啓一郎
ちょっと、仕掛けるタイミングが遅かったかな。
あとは、吉田さんの地元の気迫を感じた。
三宅 達也
スタートで、カンナ削りみたいな事をしてしまった。
わざとではないし、矢口君には謝っておいた。
岡田 征陽
矢口君が行ってしまう感じもあったし、内に降りる事は出来なかった。
新井 秀明
坂本君も叩きに行ってくれたし、仕方ないですね。
黒田 淳
怪我明けと言うのもあるけど、吉田さんが強かったですね。
2センターでは行けると思ったけど。
山内 卓也
これぐらいでは、まだまだ(笑顔)。
今日は吉田君とお互い、良い仕事が出来たと思う。
それで勝ったのは、たまたま俺だと言う事。
坂本 健太郎
追い上げか叩きに行く展開になると思った。
だけど、これは番組マンの勝利ですね(苦笑)。
ちょっと、不完全燃焼だった。
坂口 晃輔
今の僕があるのは吉田さんのおかげ。
昨年もいくら稼がせてもらったか分からない。
今日も3番手で内を締めていただけ。




8R
松岡 健介
腰に少し痛みがあるけど、レースにはなっている。
鈴木君が邪魔になれば根田君も不発だったと思う。
松坂 英司
本当なら根田君の負けパターンだけどね。
バンクは軽く感じたけど、風はきつかった。
ラインの3人で勝ち上がれて良かった。
鈴木 謙太郎
早目に行ったけど、松岡さんが出させてくれなかった。
力不足です。
志村 太賀
良い位置に入れたけど、そこから車が出なかった。
セッティングが出ていないのかな。
根田 空史
結果オーライのレース。
大外を回される展開で、ライン3人で決まったのは珍しい(笑)。
脚的には問題ないけど、組み立てが甘いですね。
田中 誠
特に理由はないし、今回は練習不足だからと亮馬が言ったので、別線になった。
岡村 潤
G1の1着は久しぶりですね。
どんな展開でも根田君なら仕掛けてくれると思った。
思い切り外を踏もうと思っていた。
坂本 亮馬
風邪を引き練習不足。
だから仕方ないですね。
三谷 将太
もっと松岡さんを援護出来たかもしれないし、脚がなかった。



9R
伏見 俊昭
競りはレースだから仕方ない。
小松崎君に追い上げ、競り勝って一杯になってしまった。
山田 英明
同期の橋本君とは仲が良いし、競りたくなかった。
だけど、勝負だと思いシビアに走った。
最終ホームで遅れたのはいただけないけど、強気に攻めたから勝てたと思う。
濱田 浩司
競りの後ろで持ち味は出なかったけど、橋本君に任せた結果なので。
竹内 智彦
8着ですか。
番組的には良かったけど、競りのレースになってしまったので。
橋本 強
あんこにもなったけど、番手を取り切る事が出来なかった。
勝ち上がれたけど、内容に不満は残りますね。
加倉 正義
道中の、たらればはあるけど、俺自身も今は脚がないから。
小松崎 大地
山形 一気
初めての特別競輪で初めての名古屋競輪場。
だけど、何も出来なかったですね。
西川 親幸
山田君に離れてしまい。
それが痛かったですね。
最後は3着に届いたと思ったけど、タイヤ差、橋本君に負けましたか。



10R
木暮 安由
8番手になったけど、自分の脚が良いから信じて走った。
浦川さんと決められなかったのは残念だけど、1着で良かった。
前検日の前の日は、朝までワッキーの世界戦のテレビを見て応援していましたよ。
澤田 義和
なるべく高久保君を残そうと思った。
だけど、後ろの黒木さんの事を考えると、もっと早めに踏んで良かったかも。
和田 圭
桜井君が前々に踏んでくれたから、突っ込む事が出来た。
浦川 尊明
ちょっと、あの木暮君の仕掛けには付いていけない。
8番手からの捲り追い込みだったので。
櫻井 正孝
位置を取って負けたし、自分の責任。
だけど、凄く悔しいレース内容。
高久保 雄介
自分の仕掛けをやって負けたし、脚がないと言う事。
後閑 信一
色々と自分で試したい事もあったので、木暮君と別で走った。
黒木 誠一
残る先行なら、残しに行っても良いと思うけど…。
まあ、そこは番手の選手の判断になるから。
あとは、俺は軽量級だし、4角でああ言うアタリをされると厳しくなる。
伊藤 大志
桜井君が中団に入ったけど、3番手だし、突っ込み切れなかった。
 





11R
浅井 康太
元々、深谷君は脚がある。
前回の久留米の事があるし、どうそれを活かしてあげるかだった。
もちろん、行かせるのニュアンスではありませんよ(笑)。
単に前を取り、引いてのカマシでは単純すぎる。
だから、組み立てにしても色々とアドバイスした。
これで、彼も気持ちが楽になった事でしょう。
僕自身も、問題のない仕上がりです。
芦澤 大輔
武田さんにお任せのレース。
もっと、僕に力があれば、武田さんをアシスト出来たと思う。
園田 匠
昌己さんが踏むと分かっていたのに、離れてしまった。
だから、油断とかではない。
最近は、前の自力選手に離れっぱなしで迷惑をかけている。
近藤 隆司
1回も脚を使わず、残り1周をもがく事が出来た。
踏み出しは良くなかったけど、最終バックからの掛かりは良かった。
深谷君を捕らえられなかったけど、納得のレース。
武田 豊樹
厳しいレースになったし、絶好の深谷君のカマシ頃になった。
だけど、良い感触を得たので、二次予選以降は問題なく走れると思う。
池田 憲昭
このメンバーで闘えた事だけでも収穫です。
凄いメンバーとの対戦だったので。
深谷 知広
(あまりにも前回の全日本選抜が酷かったので、レース後は少し安堵の表情。
力を全て出し切ったせいか、脚を引きずるようにして、階段を昇り、控え室に戻る)。
渡邉 晴智
今は抜く脚がない。
近藤君の仕掛けに離れなかったし、落車明けにしては良く走れている。
井上 昌己
ちょっと、どうにもならない展開。
深谷君が凄く掛かっていたので。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
二日目一次予選・特選インタビュー


5R
近藤龍徳
やる事は全てやってきた。
あとは、同期の三谷さんに全てを託したい。
同じ愛知でも、ホームバンクだし人気に応える走りをやりたい。
和田真久留
鎖骨と肋骨を骨折。
それでも、自分の中では、8割、9割戻っていると思う。
自力で頑張りたい。
三谷竜生
地元記念は、準決で失敗したけど、力は出し切れたと思う。
後ろが地元の近藤君と言う事も踏まえたい。
納得の自力勝負。
北津留翼
前回の松山は練習用のフレームで走ったら、かなり感じが良かった。
だけど、今回はいつものフレームを持ってきた。
小野さんに作戦を考えてもらい自力勝負。
内藤秀久
怪我は痛いが大丈夫。
気持ちを入れて走るだけ。
同県の和田君の番手へ。
小埜君には申し訳ないけど、入れると、自力自力の並びで2段駆けみたいになってしまうので。
荒井崇博
大した自力があるわけではないけど、まだ自力は捨てていない。
まあ、これ以上は落ちる事はないでしょう(笑)。
単騎で走る。
小埜正義
僕も自力で勝てる練習をやっている。
さすがに3番手は回れないし、和田君も俺の後ろとはいかない。
単騎で自力勝負。
小野俊之
伸び脚は戻っている感覚はある。
翼の番手で。
目標が不在なら、いつでも勝負する気持ちでいる。
岩本和也
僕みたいなタイプは3番手の方が持ち味が出る。
近藤君の後ろで中部近畿で連係。



6R
友定祐己
筒井さんより点数を持っている。
ラインの才迫君の番手で頑張りたい。
林 巨人
プレッシャーはないし、与えられた展開で頑張るだけ。
中部ラインで柴崎君の番手へ。
菅田壱道
怪我は問題ない。
僕はどっちでも良いですよ。
飯野さんの前も後ろも両方ありますから。
ただ、僕は自力選手として見られていないのかな(笑)。
志智俊夫
突如、久留米の全日本選抜から踏めなくなってしまった。
本当、原因不明です。
川崎は大丈夫かと思ったら、久留米と同じ流れだった。
中部の3番手で離れずに。
飯野祐太
松山の決勝は、前が残ると思ったので番手から出なかった。
そこを北津留君に捲られてしまった。
僕もどっちでも良いと思ったけど、協議の末、僕が前で自力になった。
才迫 開
せっかく向日町のG3で優勝したのに、その後が良くない。
反省しています。
豊橋で落車したけど、最終日も走れたので大丈夫。
自力で頑張る。
柴崎 淳
全日本選抜が終わり、追加の依頼は断ったので、3週間空いた。
その間は、ハードに練習をやっていた。
カマシも含めた自力勝負。
斉藤登志信
若い2人に任せますよ。
どっちが前でも3番手で構わない。
競輪は運も左右されますから
筒井敦史
静岡記念は小野俊之君との競りで、かなり疲れた(苦笑)。
最近は、3番手のレースばかり。
たまには番手を回りたいし、地元記念も呼んで欲しかった。



7R
小川勇介
俺の自力勝負なら、誠一郎さんが前の方が良いと思う。
世界のスプリンターですからね。
もちろん、好きな走りで十分です。
柴崎俊光
中部ラインで森川君の番手へ。
ある程度のスピードをもらえれば、突っ込めると思う。
松坂洋平
F1ばかりだけど確実に良くなっていると思う。
相手の仕掛けは早くないけど、油断しないで自力勝負です。
渡部哲男
もうかれこれ、検車場に30分いるけど、聞きに来てくれた新聞記者は3人だけ。
すっかり終わりました(笑)。
前後はどちらでも、九州コンビの後ろへ。
和田健太郎
昨年の5月に近藤隆司に練習方法や、ウエイトトレを聞いてから急激に成績が上昇した。
あいつの肉体美には負けるけど、俺も9キロぐらい体を絞った。
ここは松坂君の番手へ。
吉田健市
かなり成績を落としているので、頑張りどころですね。
中部の3番手を固める。
中川誠一郎
帰国したのが6日の夕方。
疲れは残っているし、2日目で助かった。
コラムにも書いたけど、まだ正式には五輪出場は決まっていない。
ワッキーは静岡ダービーには出ないけど、僕自身は出たいし、そこは色々と調整になると思う。
小川君に任されたので自力勝負。
伊勢崎彰大
まずまずぐらいかな。
外を思い切り踏める展開になれば。
南関ラインの3番手です。
森川大輔
捲りオンリーとはいかないですね。
長い距離を踏む事も考えて。
7番手にならない自力勝負。



8R
海老根恵太
目標のいるレースで良かった。
岩本君には何度も世話になっています。
好きに走ってもらい援護したい。
村上博幸
稲垣さんの欠場は残念です。
怪我は痛いが、走れる状態なので。
稲毛君の番手で仕事したい。
紺野哲也
坂本君の番手へ。
ダッシュが良いし、離れないようにしたいですね。
萩原孝之
地元記念は勝ち上がりに失敗したけど2勝出来た。
それは、素直に嬉しい事です。
千葉コンビの後ろを固める。
池田 良
色々な選択肢があるけど、位置を決めずに走る。
その方が、持ち味が出ると思うので。
坂本貴史
深谷君や金子貴志さんが競輪学校に来たので一緒に練習をやってきた。
深谷君には自転車のセッティングも見てもらった。
それで良くなった気がするので自力で一発狙いたい。
稲毛健太
和歌山記念に向けた練習の成果が出ている。
引き続き、状態は良いと思う。
後ろが村上さんなのも心強い。
自力勝負。
野田源一
池田さんが付くなら頑張るし、そうでなく単騎なら、いつもみたいに頑張るだけ。
地元全日本選抜は、落車後で仕上がっていなかったけど、今回の方が良いと思う。
岩本俊介
練習は確りやってきたし、やれそうな感じはある。
自力で頑張りたい。




9R
香川雄介
連続落車したけど、体が丈夫なのが僕の良いところ。
だから、全く影響はないと思う。
松川君の番手へ。
早坂秀悟
静岡記念は、結果的に他の方法があったかも。
追い込んだ練習はやってきたけど、疲れは残さずやってきた感じですね。
だから、良い意味で平行線。
それより、グラビアアイドルに会ってみたいから、イー新聞チャンネルに呼んで下さいよ(笑)。
それを楽しみにしています。
もちろん、自力で。
磯田 旭
優勝した神山さんの後ろで改めて勉強になった。
関東ラインで天田さんへ。
松川高大
後ろは香川さんですか。
相手は強いけど、2人で決まる様に自力勝負です。
佐藤友和
早坂君のダッシュに離れずに。
あれこれ言う選手ではないから、好きに走ってもらうだけ。
畑段嵐士
奈良記念のトークショーではお世話になりました。
初めての特別競輪だけど、緊張感は全くない。
僕は早くから結婚もしていますからね(笑顔)。
少しでも期待に応えられる様に自力勝負です。
小野大介
震災があってから、愛知にいるし、もう地元のつもりで走りますよ。
早坂君の3番手で宮杯の時に離れているから、踏み出しに注意して。
もちろん、友和さんの後ろです。
中村一将
畑段君は、これから近畿を背負っていける逸材。
だから、連係は楽しみです。
少しでも番手で援護したい。
天田裕輝
静岡記念で落車したけど、大丈夫。
今は流れが悪いけど、それなりにやれると思う。
自力で仕掛ける。



10R
村上義弘
名古屋は2回、ダービーを優勝しているから良いイメージしかない。
静岡記念は勝負した結果だけど、ファンに迷惑をかけてしまった。
現状維持では若い子相手では厳しいし、色々と考えて精一杯走りたい。
翔の前で、自分の走りをやるだけ。
佐藤慎太郎
静岡記念は、メンバー的に厳しかった。
目標不在の山崎君では、現状、あんな感じでしょう。
それでも、最終日はワンツーだったので。
ここは新田君の番手へ。
相性? 彼と相性の良い選手なんて聞いた事がない(高笑い)。
その中で、俺は良い方だと思うよ。
諸橋 愛
ここ数場所、落車していないので。
今回も、良い感じで仕上がっていると思う。
関東の自力選手が不在だし、自分のひらめきで単騎で走る。
石井秀治
静岡記念の落車で、むち打ちと打撲が酷かった。
だから、二日目で良かった。
単騎で一発狙いたい。
岩津裕介
落車したけど、思ったより練習の感じは悪くなかった。
原田君の番手があるならチャンスがある。
稲川 翔
練習の再開は1月の中旬から。
ゆっくり焦らず、治していきたい。
ただ、いきなりの復帰戦だけど、村上さんの後ろで責任のある位置ですね。
原田研太朗
最終バックを取る走りをやりたいですね。
体調は問題ないし、良い勝負は出来ると思う。
大槻寛徳
福島コンビの後ろへ。
久留米の落車で前回は休んだけど、大丈夫だと思う。
離れないように。
新田祐大
いつも通り、G1直前の練習をやってきた。
一戦、一戦集中して、勝てる様にベストを尽くす。




11R
山崎芳仁
グランドスラム? 毎回、毎回言われるし、決勝に乗ってからと言う事にしている(笑)。
前回が終わってからは疲れを取ってきた。
一成君の番手へ。
竹内雄作
中部の合宿にも参加した。
金子さんの仕掛けにも付いて行けたし、大丈夫でしょう(笑顔)。
主導権を取る走りです。
平原康多
左半身の打撲がちょっと酷かった。
体のケアをして、バランスが崩れないように調整してきた。
多分、大丈夫。
自力で頑張るだけ。
菊地圭尚
今月一杯は大垣にいる予定。
僕も色々と考えるところがあるので、場合によっては厳しく立ち振る舞いたい。
久留米の全日本選抜は気持ちだけで走った。
ここは福島コンビの後ろへ。
金子貴志
腰が良くなかったので、ケアをしてきた。
ただ、練習もかなりやれたと思う。
競りはレースだから仕方ないですね。
竹内君の番手へ。
飯嶋則之
この並びは何度もある。
神山さんの後ろで、一生懸命走るだけです。
渡辺一成
世界戦から帰ってきたのが4日です。
やはり新田君のおかげでG1を獲り、今年は余裕を持って走れますね。
名古屋は良い印象があるし、自力で頑張りたい。
大塚健一郎
数字が実力のバロメーター。
これが現状の脚ですね。
名古屋はF1の優勝もあるし、記念の優参もしている。
金子さんには申し訳ないが、九州1人なので竹内君の番手へ。
神山雄一郎
平原君の番手へ。
昨年は記念を獲れなかったから、今年は良いスタートを切れた。
脚も良くなっているし、疲れを抜いてきたぐらい。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
初日一次予選・特選インタビュー


1R
吉沢純平
予備からの繰り上がりだし、走れるだけで満足。
だから1R、1番車のプレッシャーはない。
あとは、勝ち上がりで師匠の武田さんと一緒に走れる様に。
自力勝負。
東口善朋
近畿ラインで筒井君の番手へ。
最近は体調不良で特別競輪を走れていなかったし今回は頑張りたい。
勝瀬卓也
地元のF1が良くなかったし、その分も頑張りたい。
何でも出来る自力選手の田中君へ。
望月永悟
地元記念は未勝利だったが、準決まで行けたので最低ノルマはクリア。
南関ラインの3番手を固める。
牛山貴広
同県の吉沢君の番手へ。
今回が初連係。
鈴木竜士や吉田拓矢とも一緒の配分になかなかならないので。
奈良記念の落車で良くないけど、気持ちでカバーする。
坂上樹大
近畿ラインの後ろへ。
最近の成績では、場違いだけど何とかしたいですね。
田中晴基
名古屋は鎖骨骨折明けに走った記憶がある。
それに比べると確実に良くなっている。
自力を基本に展開で何でも。
筒井裕哉
今の脚では、この程度でしょう(笑)。
そんなに上積みはない。
自分のタイミングで自力勝負。
小林大介
矢野昌彦君が行ってくれ、久々に佐世保で優勝出来た。
美味しい3番手だし、茨城コンビの後ろへ。


2R
合志正臣
同県の野口君の番手へ。
連係は3、4回あり行ってもらっている。
調子は良いと言えないけど、勝ち上がれるように頑張りたい。
片寄雄己
俺は男? まあ、静岡記念の決勝の走りを、南関の若手が感じ取ってくれれば良いね(笑顔)。
もう何度も連係している、キック(鈴木裕)の番手へ。
川村晃司
前回の静岡記念がボロボロだったので、今回からセッティングを換えてみる。
同じチームイー新聞の後輩と一緒だが、僕が前で自力勝負。
鈴木 裕
松山は駄目だったけど、これでも良い方向に向いていると思う。
南関の一番前で自力勝負。
松浦悠士
自力、自在の総力戦です。
気持ちを入れて、1着を取るレースをやりたい。
福田知也
前の2人には世話になっている。
切り替え無しで南関の3番手です。
藤木 裕
川村先輩の番手です。
カマシ、捲りは強烈だし、番手でサポートしたい。
野口大誠
怪我明けだし、走ってみないと分からないですね。
これからは、少しでも九州の先輩の役にたてるように。
積極的な自力勝負。
桑原大志
地元は気持ちが入っていたせいか、準優勝でまずまずだった。
乗れている松浦君を信頼する。


3R
武井大介
特別競輪だし、どんな展開でも突っ込みたい。
競走センスのある佐藤君を信頼する。
古性優作
バリバリ、先行していた頃の乗り方に戻してみた。
基本は自力勝負で流れで何でもやる。
松岡貴久
左手を怪我した。
治療に専念していたし、夢車券を提供するのは、どうかな(笑)。
確かに、特別競輪になると別人になると言われているけど。
流れを見て攻める。
神山拓弥
京王閣の前に栃木支部の合宿でグアムに行っていた。
だから、前走は力勝負をやってみた。
鈴木さんとは別で走る。
僕は単騎のレースは得意なので。
自分で何かやりたい。
北野武史
最高の3番手と言って良いでしょう。
大阪コンビの後ろへ。
鈴木庸之
神山君とは別で走る。
2人で話して、そうなった。
行けるところから自力勝負。
南 修二
何度も連係している古性君の番手へ。
静岡記念でも、竹内君に離れているし、マーク選手としてまだまだです。
佐藤龍二
フレームを換えてみる。
特別競輪は、松戸オールスターに出ている。
武井さんが任せてくれるし、前々と攻めていく。
小岩大介
同期の松岡君の番手へ。
えっ、流れで鈴木君、貴久、俺の並び? それはないと思いますよ(笑顔)。
それで2段駆けになれば、面白いけどね。


4R
小倉竜二
今は練習をやり過ぎると、腰痛が出てしまう。
だから、軽めの調整。
弟子の阿竹君に任せて直線勝負。
無理駆けでなく、スピードを借りるレースの方が良い。
林 雄一
久留米が終わり、若手2人を連れ、気分転換にマカオに行ってきた。
同県の郡司君へ。
良い時に比べると、彼もスピードが落ちている気もするけど、大丈夫でしょう。
池田勇人
山田君も自信がない様子だった。
それなら、自分が前でやる。
ちょっとは、良くなっているかな。
佐藤悦夫
どっちが前でも世話になっているので埼玉コンビの後ろへ。
そこで脚をためたい。
阿竹智史
後ろは師匠の小倉さんですか。
もう何10回も走っているので、緊張感はない。
7番手にはならない自力勝負。
山田義彦
怪我明け復帰2戦目。
池田さんに対して、前でやらせて下さいと言える自信がない。
だから、後ろで勉強します。
石毛克幸
最近は、3番手ばかり。
だけど、人の後ろだとタイミングが違うから離れるケースも多い。
神奈川勢に離れずに。
佐々木則幸
徳島コンビの後ろへ。
この3人の並びも、かなり多いし不安はない。
郡司浩平
静岡記念の準決は村上義弘さんと走り、改めて勉強になった。
結果的に失格になったけど、走りにそつがないし、乗り越えられないような威圧感がある。
先輩達と決まる自力勝負。


5R
佐川翔吾
名古屋は走りやすいイメージがある。
静岡記念は良くなかったので、修正してきた。
先行主体の自力勝負。
松谷秀幸
落車で、まだ本調子でないし、僕が後ろの方が良いと思う。
同級生の桐山君の番手。
今まで5回ぐらい連係があり、全部僕が前でしたが。
柏野智典
先輩の石丸さんへ。
好きな走りで十分ですよ。
この後に地元玉野記念もあるので、調子を上げておきたい。
安部貴之
北日本ラインで永沢君へ。
僕も自力を捨てたわけではないけど、僕の自力が通用するのはF1ぐらい。
笠松信幸
地元だけど自然体で走りたい。
強い佐川君の番手へ。
石丸寛之
久々に優勝も出来たので、調子は上がっていると思う。
8番手にならない様にして自力勝負。
桐山敬太郎
全日本選抜が終わり、インフルエンザになってしまった。
なかなか特別競輪の前に順調に仕上がらない。
いつも通り、ノープランで走り、自力自在戦です。
渡辺 健
僕はホームバンクが豊橋だけど、地元のビッグには変わらない。
笠松君の後ろで中部近畿の3番手。
永沢 剛
安部さんと一緒の時は、いつも僕が前で走っている。
みんな強いけど自力で頑張りたい。


6R
中村浩士
3百勝にリーチだし、ダービーの大舞台で決めたいですね。
山中君とは久々の連係。
昔の僕みたいで走りが合うので、不安はない。
高橋陽介
全日本選抜でインフルエンザになり当日欠場。
色々と迷惑をかけ、すみませんでした。
今回は大丈夫だと思うので、自力で頑張ります。
吉本卓仁
静岡記念は仕上がっていれば、あの展開でも届いていたと思う。
9番手になったけど、あれは作戦。
下手に位置にこだわっても、被ってしまうので。
流れには乗れているし、自力で勝つ走り。
明田春喜
この2場所、失格と落車。
ちょっと流れが悪いですね。
北日本ラインの3番手です。
山中秀将
怪我明けだけど、骨は大丈夫だったので。
南関の一番前で自力勝負です。
小原太樹
腰が痛かったのもあるけど、2月はペナルティーで配分が停まっていた。
千葉コンビの後ろを固める。
菅原 晃
九州ラインで吉本君の番手へ。
凄く相性が良いとも言えないけど、悪くもない。
勝つ走りをやってくれれば十分です。
服部克久
僕が3番手回りが自然でしょう。
九州ラインで結束する。
脚は普通ぐらいです。
岡部芳幸
練習はサイクリング程度(笑)。
この年になると、そんなに練習は出来ないよ。
高橋君の番手へ。



7R
吉田敏洋
目の包帯? 全日本選抜でものもらいになり、また、そこが化膿したぐらい。
普段と違うメンバーで練習をやり、良い刺激を受けた。
同じ1本のもがきだけど、疲労感も全然違うし、また1本もがきたくなる。
ホームバンクの特別競輪だし、卓也さんと決まる自力勝負。
矢口啓一郎
俺の写真なんて使わないだろ(笑)。
所詮、地元のアテ馬ですよ。
自分なりには、調子良いので自力で一発狙いたい。
三宅達也
同県の黒田君へ。
ワンツーもないけど、2人で大敗もない。
だから、相性もまずまず。
岡田征陽
現状の力を精一杯出すだけ。
関東ラインで矢口君の番手へ。
もう何度も連係している。
新井秀明
九州ラインで坂本君へ。
捲ってくれる事に期待したい。
黒田 淳
落車明けだし、走ってみないと。
今は、破壊力も落ちているので。
流れで先行か捲りで。
山内卓也
奈良記念は浅井君とワンツーが決まり良かった。
詳しくは、僕のコラムを読んで下さい(笑顔)。
坂本健太郎
松山は北津留君の捲りに乗り優勝。
佐世保が終わり、合宿をやった成果でしょう。
ただ、飯野君が番手から出ていれば、2人で共倒れだった。
流れで何でもやりたい。
坂口晃輔
特別競輪になると力の無さを感じる。
地元コンビの後ろで3連単の1番人気に貢献したい。


8R
松岡健介
向日町は腰の状態があまり良くなかった。
だから、今回は練習と体のケアが半々。
自力で勝てる様に頑張りたい。
松坂英司
根田君の番手へ。
今の状態では抜くのは厳しいし、まずは離れない事に専念したい。
鈴木謙太郎
奈良記念で落車。
あのシリーズは落車が多かったし、仕方ないですね。
自力で力を発揮したい。
志村太賀
何度も連係している鈴木君へ。
同期だし、気心も知れている。
根田空史
静岡記念の決勝は、片寄さんがあれだけ行ってくれた。
それで優勝出来ず申し訳なし、悔しい。
今は先行して結果も出ているので調子も良い。
自力で自分らしいレース。
田中 誠
亮馬も僕も同じようなタイプ。
それなら別々でやろうと言う事になった。
ラインの切れ目から。
岡村 潤
静岡記念は誘導をやっていた。
チャンスのある位置だし、南関の3番手で勝ち上がる。
坂本亮馬
宇都宮が終わり、風邪を引き、寝込んでいた。
多分、大丈夫だと思うけど、それが少し心配。
単騎で自力自在戦。
三谷将太
地元奈良記念は悔しいけど、最低限の走りは出来た。
優勝は来年の夢に取っておく。
松岡さんの番手へ。


9R
伏見俊昭
久留米が終わってからも、普段通り、松阪で練習をやっていた。
競りは仕方ないですね。
小松崎君の番手を死守する。
山田英明
特別競輪になると、練習をやり過ぎて失敗する。
上積みを求めるのが良くないみたいですね。
だから、今回は普段通りの調整。
自力で頑張る。
浜田浩司
僕も徹底先行ではないし、橋本君の前だと厳しい。
競りの後ろは苦手だけど、同県だし橋本君の後ろを回る。
これ以外、並びようがないから。
竹内智彦
福島コンビの後ろへ。
競りの後ろは怖いし、本音は勘弁ですよ(笑)。
フレーム規制に泣かされていたけど、ちょっと良くなってきた。
橋本 強
これが終わると地元記念もある。
このメンバーなら勝負するしかないですね。
実質的に小松崎さんの先行1車なので。
ジカで番手狙う。
加倉正義
脚はないけど、出場するからには頑張りたい。
九州の3番手です。
小松崎大地
僕の先行1車? そうとも言えないのが特別競輪ですよ。
後ろが競りだけど、なるべくラインで決められるように自力勝負です。
山形一気
怪我は大丈夫。
今回が初めてのG1だし、少しでも見せ場を作りたい。
単騎で自在に攻める。
西川親幸
九州ラインで山田君へ。
走りが合うのか、相性は抜群です。
小松崎君の番手が競りなのも大きいですね。
そうでないと、ちょっと厳しいと思っていた。


10R
木暮安由
名古屋は記念を優勝しているし、思い出のあるバンク。
状態は引き続き良いと思う。
後閑さんには、申し訳ないと言われた。
自力を基本に。
沢田義和
数字通りで状態は上がっている。
近畿ラインで高久保君の番手へ。
和田 圭
同県の桜井君の番手へ。
奈良記念は新田君の番手で脚に刺激が入った。
浦川尊明
後閑さんは、やっさんに付けないのですか。
ならば、僕が喜んで木暮君の番手へ。
桜井正孝
豊橋は積極的に走り結果が出た。
地道に頑張った成果ですね。
傑出した選手が不在だし、何とかなりそう。
自力勝負。
高久保雄介
桜井君と木暮さんは自在な走りだと思う。
僕が主導権を取るのが自然でしょう。
後閑信一
木暮君には悪いけど、自力でやってみたい。
彼と特別、何かがあるわけではないし、俺の我がままですよ(笑)。
単騎で。
黒木誠一
近畿ラインで結束する。
沢田君の後ろで3番手です。
伊藤大志
伸びは良くなっていると思う。
宮城コンビの後ろです。


11R
浅井康太
深谷君の番手で頑張る。
彼が行けるタイミングで行ってくれれば問題ないはず。
久留米の全日本選抜は仕掛け切れていないけど、地元だし大丈夫でしょう。
僕は特別競輪だからと言い、いつもの調整しかしない。
普段通りの力を出すだけですよ。
確かに今年に入ってから、自分でやった時は失敗していないけど、ラインあっての競輪ですから。
芦沢大輔
直前は武田さんとも一緒に練習をやってきた。
二人で同じぐらいの仕上がりですね。
奈良記念は単騎だけど、やれる事は全てやったので。
園田 匠
師匠の吉岡さんにバイク誘導をやってもらってきた。
師匠も走るから、気合が入っていましたよ。
九州ラインで井上さんへ。
近藤隆司
ダービーを走るのは初めて。
しかも、特選シードですから。
ワッキーが今回も、次の静岡ダービーも欠場なので28位から繰り上がった。
だから、ワッキーと一緒になった時は、僕が引っ張ります(高笑い)。
全日本選抜は落車がなければ、もっと面白い走りが出来たかも。
自力で。
武田豊樹
名古屋はダービーで準優勝もあるし、悪いイメージはない。
静岡記念はインフルエンザと喘息が出て欠場した。
もう自力だけでは勝てないし、これからは自在にやっていくつもり。
池田憲昭
稲垣さんの欠場で特選に繰り上がった。
ツキがありますね。
色々と考えたけど、武田さんの番手で頑張ります。
深谷知広
1本休んだけど、自分なりに仕上げてきたつもり。
地元だし結果も出さないと。
走りは後ろで浅井さんに操縦してもらう。
渡辺晴智
弟子の雄太も鎖骨骨折だし、地元記念は、ほろ苦いものになった。
直前は北日本の選手達と練習をやりたく、競輪学校にも行った。
南関ラインで近藤君へ。
井上昌己
スピード練習で仕上げてきた。
園田君が付くし、タイミング良く自力勝負。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
名古屋競輪オリジナルクオカードプレゼント!
名古屋競輪「第69回 日本選手権競輪」の開催を記念いたしまして、
e-SHINBUNプレミアム会員様(※登録無料)に素敵なプレゼントのお知らせです!

名古屋競輪オリジナルクオカードを抽選で10名様にプレゼントいたします!


 
応募はこちらから⇒名古屋競輪オリジナルクオカード

※e-SHINBUNプレミアム会員様(※登録無料)限定のキャンペーンとなります。
応募期間は開催前日の3/7(月)から最終日翌日の3/14(月)までです。

この機会に是非e-SHINBUN会員登録を!

ページトップへ
 
2016年4月11日ニコ生『e-SHINBUNチャンネル』に武田豊樹選手がゲスト出演決定!!
2016年4月11日から玉野競輪場にて開催される、ミッドナイト『競輪ステーション杯』に合わせて
競輪バラエティ番組「ニコ生e-SHINBUNチャンネル」を生放送します!

毎回豪華ゲストを多数迎え、皆様と一緒に競輪予想を楽しむ視聴者参加型の生放送番組。
放送を見ながら、コメントをどんどん投稿してください!

そして今回、初日の4月11日(月)には、なんとあの武田豊樹選手を迎えての公開生放送!



もう一人のゲストにタレントの矢部美穂さんも出演します。

ただいま、観覧希望者を募集中!
応募方法など詳しくはこちらからご確認下さい!



また、玉野競輪HPでは現在、ミッドナイト競輪の特設サイトを開設中!
レース情報や予想、車券の販売についての最新情報はこちらからご確認ください!



ページトップへ
 
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら




こんにちは、ヤマコウです。

始まりましたね~、日本選手権競輪in名古屋。
2年ぶりのダービー。
2開催とも村上義弘が優勝しました。

今回は6日間開催、参加選手のいろんな素顔をお届けします。

まずは…
 

誰や、これ?

 

近藤龍徳でした。

龍徳といえば、前歯にダイヤモンドを埋め込みチャラさ倍増です。

 
どうやったらこの発想になるのやら…。笑


 
これは、1次予選をクリアしたした直後の小野大介。
満面の笑顔です。
この人懐っこい笑顔には、いつも癒されます。


 
そして、前検日にインタビューを受ける、前回のGⅠ王者渡辺一成。
ロンドンでの世界選手権帰りで体調が不安視されましたが、
特選レースは、逃げて7着。
着は悪かったですが、存在感は十分でした。

今日から2次予選です。
1次予選から勝ち上がってきた選手は、2着を取らないと準決勝には行けません。
熾烈な争いが、さらに激しくなってきます。

ぜひお楽しみください!



ページトップへ
 
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。
 
平成28年3月13日
名古屋ダービーは村上義弘のためにあると言っても過言じゃありません。絶好調には程遠そうに見えましたが、三谷竜生と川村晃司の近畿後輩が絶好調で上って来た運を生かしました。
川村の番手捲りもそうですが、村上がやった仕事はその上を行ったもの、ホームで竹内雄作に当たり、バックで捲って来た新田を外に押し上げ、内から当って来た岩津裕介を締めて、
川村を2着に残しての「魂」の優勝。価値あると言うより神懸かり的な名古屋ダービー3連覇で、ダービー4回は吉岡稔真氏とタイ記録、グランプリも決め、
川村も3千万稼ぎ、初のグランプリへ一歩前進する村上義弘の大会でした。
売り上げも36億近く行き、トータル127億ギリギリも達したのは朗報。これはガールズの頑張りもあったもの。
番組がちゃんとやってれば、130億は軽く越えていただけに、それだけが残念。村上が優勝した事で次の静岡ダービーは武田豊樹の番だと思ってます。

今回のダービーは反省点ばかり、準決の番組で大いなる間違いは今シリーズの主役、浅井康太をメーンにして、竹内雄作と山内卓也を配置したなら
特選そしてゴールデンカップを圧勝した、競輪界の顔で最強のレーサー平原康多を同じレースにはしないでしょう、
番組が考えなければいけないのは3本の柱、新田祐大・平原康多・浅井康太を分ける事から発想すれば、何て事は無かったのに、
新田の脚質なら深谷・金子を当てゝ良かったのでは。渡邉一成に神山雄一郎と決めたなら、こゝに諸橋愛として、この3人を最終にぶつけるべきで、
平原には飯嶋・牛山として、こゝに近畿トリオだったのでは。そうすれば平原も当てられたと思わず、横綱レースをやったのでは、浅井に競りに行ったのは番組に対しての抵抗もあったかと。
それに最終日に南修二と大塚健一郎が競って共に落車・失格しました。大塚は特選で竹内ー金子の3番手を拒否して、金子と競ったんですよ、ならばもう少し考えてやっても良かったのでは。
これは名古屋の番組にだけでなく、他地区の番組も日々勉強、同じ失敗は繰り返さぬ事、そう思いませんか。
 
平成28年3月9日
ロンドンの世界選手権でリオデジャネイロ五輪の出場をほぼ決めたのは御年36歳の中川誠一郎。
アジア枠で滑り込んだとの事。4年前のロンドン五輪に続いての連続出場は熊本県人の誇り。
競輪との二足の草鞋では、競技に専念している外国人に敵う筈もなく、メダルと成れば厳しいとの事ですが、タイムは短縮してるし、何と言っても出場する事が素晴らしい事。
もう一人は脇本雄太。
4年前にナショナルチームに入ってからはリオ五輪に出ると決めて頑張ったのは、これ全て売り上げ減で廃止の噂が絶えない福井競輪場の存続と福井国体を盛り上げるため。
その努力が実り「ケイリン」競技では世界2位にランクされ、ロンドンでも決勝5位で堂々の初五輪参加。金銀銅のメダルが期待されるとの事。
実弟も高校生ながら凄い素質で選手を目指しているとの事で、その張り切り方は尋常ではない日本の大ホープ。
この2人は8月の本番に向けてのスケジュールで5月ダービー・6月名古屋高松宮記念杯・7月川崎サマーナイト・8月松戸オールスターの出場は不可能と言う事は賞金は稼げないと言う事実。
オリンピック出場枠で特別には出場出来ますが、この2人の力量を考えたら(世界に通用)当然S級S班と同等の扱いにしても誰も異議を唱えないし、競輪界のために賞金を犠牲にして出場するんですよ、ならば優遇するのは当然。
日頃から何かと「オリンピック、オリンピック」と言っているのであれば尚の事、実行すべき。
早く発表してやれば心置きなくオリンピックに打ち込めるし、思わぬ朗報をもたらす可能性も。絶対にやって欲しい案件です。
 
平成28年3月8日
名古屋ダービーの初日は開幕戦で関東3人がキッチリ決めてくれた流れで8割以上が本命で収まる穴党からすれば信じられぬ1日でしたが、現在の競輪がこのまゝ終わる事は無いので、その反動は2日目からか、それとも3日目に成るのかは或る意味では楽しみです。 初日の売り上げは予想通りの16億4千万。この流れでは4日目迄は続きそうなのは施行者からすれば痛いと言えば痛いですが、この日程ならどうしようもないでは。 2日目は1~4R迄が一般戦で5~9Rが残りの2次予選と10~11Rは特選2個に成ってます。全てのレースが私には勝負なので信じる・信じないは自由、只言える事は誰よりも取材をして、より詳しい適確な予想と解説をしてる自信はあります。 夜は小倉FIナイターの初日、こっちは弟と息子の情報を元に作ってるので車券的にはこっちの方が魅力あるし、スリルも。 昼も夜もコンドルで大いに楽しんで下さい。
 
平成28年3月7日
名古屋の日本選手権は年度末で開催されるのは最後と言う事で、日程は何もない平日の火曜日スタートの6日間。
目標は127億との事ですが、4日制であればスターが休む事なく走るのに対し、6日制はどうしても分散するので、
初日と2日目は記念に毛が生えた様なメンバーでは、ファンも飛び付く筈もなく、売り上げの方は大苦戦を強いられるのは必定。
それでも何とかしないといけないで、番組は精一杯の努力をしてますが、どう成る事やら。
心配されるのは落車事故にアヤフヤな判定。夢とロマンを追い求めるファンを裏切る様な事だけはして欲しくないし、
防止策として落車はギヤの上限をもっと低くする事も一考。失格の判定はルールそのものを大幅に見直す時期が来てるのは事実。
そして確かな「眼」を持った人材の育成も必要だと思います。

初日は狙い目ばかりで朝一のレースから、久し振りにドキドキしてます。注目レーサーは
1R田中晴基。
2R松浦悠士。
3R鈴木庸之。
4R阿竹智史。
5R佐川翔吾。
7R坂本健太郎。
8R田中誠。
9R山田英明。
10R櫻井正孝。
11R近藤隆司。

 
ページトップへ
 
世界で戦うe-SHINBUNメンバー!~中川誠一郎~


どーも
中川誠一郎です
いよいよオリンピックの出場枠争いも今回の世界選手権でラスト

前回のアジア選手権惨敗で
チームはほぼ絶望的
個人のスプリントも
マレーシアのアワンに
前回のアジアでの直接対決に敗れ
7P差までつめられての
戦いとなりました

大会初日
かつては日本のお家芸であった
チームスプリントは12位で韓国に
敗れオリンピック出場を逃しました

そして大会三日目
スプリントは
予選で今シーズンベストのタイム(10秒018)で20位
アワンが28位という結果になり
なんとかギリギリで
出場枠を死守(((・・;)

チームで逃してなんとか日本の枠を一つでも増やさなくてはと
強い思いで望むことが
できました!

これで日本は
ケイリン 1
スプリント 1
のオリンピック出場枠を獲得することができました!

2年間にもわたる長い間
本当に応援ありがとうございました(^-^)/

実況は決定では
ごさいませんように
このコラムも決定ではございません(笑)

正式発表までしばらくお待ちください(^-^)/

ページトップへ 


 
藤原あいりのまだまだ落ちぶれてないジョー!!
イー新聞をご覧の皆様、こんにちは(^-^)




いやぁ~~、
最近ホントにあったかいですね ♪







そんなHOTな皆さんには、
こちらの画像をど~ぞ!!笑




※ 佐渡の北雪酒造さんの梅酒です。頂き物ですが濃厚で美味しかったです! ※

あっ、
飲みかけは気にしないで下さいね♡笑







弥彦は何日か前までバンク雪まみれだったんですが、、





ある所から帰って来たら、

バンク乗れるようになっててビックリしました!!









聞くところによると、

何日か前に高校生が雪掻きしてくれたとか!!








ありがと〜〜〜ォ、高校生〜 ♪ 笑




あっ、高校生に会ったのにお礼言うの忘れちった…笑







いや、、

ちゃんと言いますよ!

言いますってば〜〜〜お・れ・いー!!笑







皆さんが思ってる程、私、、

悪い人間じゃないと思いますよ!…
( ´Д`)y━・~~ 笑










てコトで、



藤原亜衣里は、なぜ雪掻き手伝わなかったの?
そして、ある所とはどこか??



な〜〜んて思ってる方もいらっしゃるでしょーから、説明して差し上げまひょ〜〜!笑









それは、

私、メッチャ真面目なので、、


1週間ほどサイクルスポーツセンターの方に練習に行っていまして、

弥彦にはいなかったんですよ!!









なのに奥異?迪は私のこと、、

不真面目とか言っちゃってましたが、、、
(`Д´乂)





間違ってますよね??奥◯が!!!笑




うん!絶対間違ってる!!!!!

奥イ迪はウソつきだーーー!笑




私にあやまれ〜〜〜ェ!笑
土下座しろぉ〜〜〜〜〜!(¬_¬)笑








てコトで、

みなさ〜〜ん、、♪


ぉクィには騙されないように気をつけて下さいネッ!笑






とゆーことで、

最後にこちらの画像をど〜ぞ!!




※ 練習行った帰りに銀座のキルフェボン寄って食べてきました!美味しかった〜♡ ※



ページトップへ 
 
山内卓也の『春よ来い!!』

どうも、山内卓也です。

いよいよ日本選手権名古屋ダービーですね!!

一年前、2015年の今頃は心と身体が噛み合わずもがき苦しんでおりましたが、なんとか調子も上向き、間に合った感があります!!




今思えばここ何年かの不調は何だったのだろうか…




このまま弱くなってしまうのだろうか…
いや、このままでは終われないという気持ちは常にありますが、今回の名古屋ダービーそして6月に名古屋で行われる高松宮記念杯競輪への意欲というのが最近の好調へのきっかけになったことは間違いないと思います


とはいってもG1はそんなに甘くはないので目標は高く持ちつつ、とにかく1走1走をしっかり走り抜くことを心掛けて頑張ります!!




名古屋ダービーで山内卓也に春よ来いっ!!



ページトップへ
 
二宮歩美の『ふんばっていきまっしょい!』



【二宮歩美】
ファッションモデル、グラビアの経歴を経て現在タレントキャスターやMCとして活動するとともに
個人事務所『WB』の代表としてキャスティングやプロデュース業などもこなす。

―二宮歩美ブログ―
“Walking Beauty2~もっともっとがとまらない♡~”
http://ameblo.jp/ninoreport/


さて私も以前、お世話になったことがある名古屋ダービーが開幕致しました!!

今回もまた凄く楽しみな魅力的なイベントが盛りだくさんですし愛媛支部の選手はみんなそれぞれキャラが濃くて熱い方が多いので本当に場内は熱気に包まれ盛り上がっていることでしょう。

ちなみに私は昨日まで松山ナイターを担当していましたがもちろん昼間はダービーを松山競輪場外で普通に楽しんでましたよ!



館内も清潔感があって綺麗ですしバンク内には大方ビジョンも設備されていて見やすく危うく昼間からビールを飲みそうになりましたがぐっと堪えて観戦していましたがこれがプライベートだったら絶対に楽しいんだろうなぁ~(о´∀`о)ノ

ちなみに私は完全に春がきていると感じているe-SHINBUNファミリーの山内卓也選手から2車単1本でここは狙い打ち!と厚めに勝負して私の財布にも春がきたのですが…ここからがギャンブルの恐ろしいところ。

すっと辞めればいいもの勝ったからってまだ楽しみたい精神が全面に出て根田選手の3着で負け、小松崎選手の2着で負け、あっと言う間に勝ち分がパァに。笑

また勝ってる時って打ち方も大きくなるからすぐ勝った分も呑み込まれてしまうんですよね。。。ちーん。

それでも初日は大方、順当なメンバーが確定盤に名前を残し穏やかなスタートになったような気がしていますが何よりも今回、奈良記念で一緒にトークショーをしてイマイチ元気がなかった深谷選手がしっかりと浅井選手と1*2を決めたのにはほっとしました。



やっぱり深谷選手にはあの無邪気な笑顔が似合いますからね!

それにしても、やはり地元開催になると更に愛知勢は強いし信用出来ますね!

今回で二人目のGP選手が決まると思いますが果たして誰になるのか今から楽しみですが、その最終日には私もサテライト名古屋で予想会に参加いたしますのでぜひお時間を作って遊びにきて下さいね!



また明日からは玉野ミッドナイトも始まります!!
私も今回は3日間ニコ生に出演しますのでダービーと合わせてお楽しみ下さい!



ページトップへ 
 
あやのの♡採れたて、e感じっ!!
こんにちは☆みのしまあやのです。


玉野ミッドナイト競輪、二週連続絶賛開催中です☆


初日は前半戦人気サイドで決まっていたため

前回からの目標
「全体の流れをみて車券を予想してみる」
を実戦してみました。
人気どころを狙ってみて、的中!!


1日を通した「流れ」を感じる嗅覚をさらに磨いていきたいです。汗


今回はガールズケイリンも行われているので、さらに盛り上がりますね!!


初日は小林選手、篠崎選手、荒牧選手、中川選手と102期4名が入着!!

ガールズケイリンを初代から支える選手のご活躍はやはりしみじみ致します…。

そして、こちらのサイトでもお馴染みの藤原亜衣里選手、いつまでもフレッシュで素敵な高松美代子選手も参戦中!!
今回は初代ガールズ選手の皆様が活躍されています!!

明日以降も応援しております\(^o^)/


チャレンジ戦は、山本紳貴選手に注目!
初日は捲りとなりましたが、準決勝は気っ風のいい先行にも期待です!!



残り2日間もお見逃しなくお楽しみください☆




わたくしは、本日からインドで踊るため…
ニコ生をお休みさせて頂きますm(__)m


そのぶんも頑張って踊ってきます!!





昨日帰って荷造りをしてていたら、1時間しか寝られませんでした´д` ;




ねむいいいいいいいいいいいいい´д` ;´д` ;´д` ;汗


機内で爆睡します…









急に寒くなりましたので、お身体に気をつけてお過ごしください☆






あやの





こんばんは☆みのしまあやのです。


昨日までのニコ生e-shinbunチャンネルをご覧頂いた皆様、ありがとうございました!!





凛ちゃんかわいすぎる´д` ;!!!!
3日間ありがとう!!


最終日は車券師ニノさまが不在の放送で、少し不安でしたが…
的中率としては比較的よい結果でした!!!

わたくしも、もっとレースや開催の中での「流れ」を意識して、車券に貢献できるようになれたらと思います。






そして!日本選手権競輪がついに始まりました~!!




今回も、e-shinbun特設サイトをぜひご覧ください。






今回、わたくしが注目したい選手が…
初日特選競走を走る近藤龍司選手です!!


小麦を控えて減量する、「グルテンフリー」でからだを絞られたことが、
強さに磨きがかかったきっかけのひとつであることも有名ですね!!


前走の全日本選抜競輪準決勝では、
最終ホームあたりから単騎で仕掛けていき、堂々の押し切り!!




空いた口が塞がらないような強さでした…


今回も、どのような走りでファンの皆様の期待に応えてくださるのか?!


4日間、注目です!!








実は…
わたくしもグルテンフリーにとても興味があり

スウィーツやパンなど、小麦メインのものを頂く際は
米粉や大豆粉を使ったものにしたり…ととっても気を遣うようになりました。


食生活改善に力を入れて、近藤選手のように飛躍できたらと思います( *`ω´)!


皆様も、「グルテンフリー」
ぜひお試しください!!





それでは!
日本選抜権競輪、4日間たっぷりとお楽しみください☆



あやの




ページトップへ 
 
 
谷友梨子のこの選手にエール
Bbスタジオ日記← ブログはこちら
http://www.yokkaichikeirin.com/yurikoblog/



谷友梨子
四日市・松阪を中心に活動するキャスター。
軽快なトークと緻密な取材を元にした情報に定評がある。
女性MCと、プロの解説者以上のコラボは競輪界の「いっこく堂」である。
ファンの間では「押し付けがましくなく、
耳にスッと入ってくる。それでいて内容も確かだ。
車券を買う時のギャンブル心理を逆なでしないのも良い」の声を聞く。 

 



こんにちは。谷友梨子です。

いよいよ開幕する第69回日本選手権競輪(GⅠ)、名古屋ダービー。ダービーというと、まだ青い春の匂いが漂う中での戦いが好きでしたが、この3月開催のダービーはこれが最後。少し寂しい思いもありますが、また新たな歴史がスタートするのですね。これで、「昔はダービーといえば3月だったんだよ」と、将来のファンの方々に「したり顔」で話すネタがまた一つ増えました(笑)(^^)/。

今回は、イベントの方も大いに盛り上がりそうですね!特に、3月11日に行われる「東日本大震災復興チャリティーイベント・KEIRINレジェンドエキシビションレース」。かつてのレジェンドたちが集う1戦だけのこの真剣勝負!とても楽しみです。


ところで、約2ヶ月前の1月15日に、名古屋競輪場では、「ダービーファイナリストカップ」が行われました。最後の3月開催となる第69回日本選手権競輪(GⅠ)の開催を記念して、過去に日本選手権競輪決勝の出場経験のあるA級1・2班戦に在籍しているベテラン選手7名による一発勝負の企画レースです。こちらは、現役選手による戦いですから、もちろん車券も発売されました。

ダービーファイナリストカップCM(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=1Pf9SFZJ1UM&feature=youtu.be&a

<出場選手は7名>
①一丸安貴 (愛知・70期) 2001年(平成13年)松戸ダービー3着(優勝は稲村成浩選手)

②俵信之(北海道・55期) 1990年(平成2年)平塚ダービー優勝、1993年(平成5年)立川ダービー4着(優勝は海田和裕さん)

③戸邉英雄(茨城・51期) 1987年(昭和62年)千葉ダービー2着(優勝は清嶋彰一さん)

④金古将人(福島・67期) 1999年(平成11年)静岡ダービー3着(優勝は神山雄一郎選手)

⑤渡会宏和(愛知・65期) 1997年(平成9年)岸和田ダービー5着(優勝は濱口高彰選手、2着は山田裕仁さん)

⑥古原勝己(大阪・60期) 1997年(平成9年)岸和田ダービー8着(優勝は濱口高彰選手)

⑦太田真一(埼玉・75期) 2011年(平成23年)名古屋ダービー7着(優勝は村上義弘選手)

全員追い込み選手です!!


<前検日>
前日に競輪場に入った7選手たち。賞金、点数も懸かったレースではありますが、企画単発レースだけに、いつもとは違う雰囲気。通常レースとは少々勝手が違うようで、和やかでもあり、緊張感もあり、戸惑いもあり…。発するコメント内容もいつもとは違いますが、さすがベテラン選手達、うまく笑いを誘うコメントを出してきます!

一丸選手「自力の練習?してきたけど、1周も持たなかった…(苦笑)」
金古選手「今回は、4周回?4周も要らないよ~(苦笑)」


太田選手「このメンバーなら先行で!」
記者さん「さすが!太田さん!最近の若手でもそんなこと言いませんよ(笑)」
などなど…。

取り囲んで取材する記者さん達も、何やら楽しそうでした。


<特別選手紹介>
当日は、第3レース発売中に、特別選手紹介が行われました。私、谷がインタビューアーを担当させてもらったのですが、
「インタビューの最後に、一人一人選手宣誓もしていただきたい」
とお願いすると、皆さん快く応じてくださり、この宣誓が大いに盛り上がりました。さすが皆さん、コメントがお上手でした!


ダービーファイナリストカップ特別選手紹介(動画)
https://twitter.com/nagoya_keirin/status/689036159087804416
(名古屋競輪Twitterより)

動画でない方は、こちらをどうぞ↓
【ダービーファイナリストカップ特別選手紹介(選手宣誓)】

①一丸安貴

後ろに渡会さんと古原さんが付きますから、何とか自力で頑張りたいですね。愛知の若手も注目している?そうですね、見本となるレースができればいいですね。
「宣誓!私一丸安貴は、ファイナリストカップの名にかけて、3月に行われるレジェンドレースに負けず劣らず、熱いレースをすることを誓います!」

②俵信之

何とか見せ場だけは作りたいなと思っています。
「宣誓!ダービー王の名に恥じないように、今日は一生懸命走ります。ぜひ期待してください!」

③戸邉英雄
 
デビュー33年目で、この中で一番選手生活が長い?そうですね、無駄に長くやっています(笑)。今日は、昔を思い出して頑張りたいですね。
「宣誓!私戸邉英雄は、太田真一に離れないことを誓います!」

④金古将人
 
名古屋は、全日本選抜を獲らせてもらった競輪場ですので、イメージはいいです。弾丸捲り?いや~、どうなるか分からないので…。でも、400勝をこのために残しておいたので、頑張ります。
「宣誓!私金古将人は、死なない程度に(苦笑)、全力で頑張ります!」

⑤渡会宏和

一丸君とは、昔から何回か走っていて、相性はいい方だと思います。僕の自力が見たいというお客さんもいる?いやいや、年下の一丸がいるので、使えるものは使って頑張ります(笑)。
「宣誓!渡会宏和は、いつもモコモコ走っていますが、今日はシャープに走りたいと思います」

⑥古原勝己
 
ダービー決勝のときは金髪だった?そうですね。ダービーに行く前、兄弟子の井上薫さんに「最近目立っていないから成績が悪い」と言われたので、思い切って言われたその日に髪を染めたら、何と決勝に乗れました!でも、今回染めてくるのを忘れました(笑)。
「宣誓!私古原勝己は、皆さまと一緒に、興奮するレースをしたいと思いますので、よろしくお願いします!」

⑦太田真一

このメンバーで一番若い?はい、デビュー21年目の、ピチピチの41歳です(笑)。先行はだいぶしていないけど、昔を思い出して攻めてみようと思います。
「宣誓!私太田真一は、明日からの大宮記念のキャッチフレーズ、『太もも覚醒』に負けないよう、ちょっとでも覚醒できるように頑張ります!」


<ダービーファイナリストカップ>

並び
①一丸―⑤渡会―⑥古原(中近ライン)
④金古(単騎)
⑧太田―③戸邉―②俵(関東+北日本)

レースは、①太田選手が、鐘からの先行。一丸選手がホームから巻き返していきましたが、③戸邉選手がこれをブロック。④金古選手は中団位置を確保しましたが、そこからは捲れず。切り替えてその後ろにつけていた⑥古原選手が、中割強襲を見せましたが、①太田選手が先行逃げ切り勝ち。2着にはマークの③戸邉選手。⑥古原選手が3着に入りました。

レース映像
https://www.youtube.com/watch?v=Zf0O1G-QDCs&feature=youtu.be

【優勝:太田真一選手】

<優勝インタビュー>
「先輩方相手に、思い切って走りました。1周半のもがきは想定通り。逃げ切れて、自分でもビックリです。逃げ切りがいつぶりかは、覚えていません(笑)。優勝するつもりなかったので、帰りは早めの新幹線を押さえていたけど、遅いのに変更しました(笑)」

「この表彰式で、(S級優勝の)岩津君の横にいるのが恥ずかしい。岩津君はS級S班で走っていた選手で、私は今年からA級選手ですから。またS級に戻れるように、これからも一つ一つ頑張るだけです」

「そして、明日から大宮記念が始まりますので、今日儲かったお金で、大宮記念を買ってください。よろしくお願いいたします!」


落車のアクシデントなどもありましたが、映像を見てもお分かりいただけるように、全員がそれぞれの役割を全うし、全力を出し尽くした戦い!見応えがありました!!選手の皆さん、本当にお疲れ様でした!!

 

さて、今回の『谷友梨子のこの選手にエール』は、初出場のダービーが、地元ホームバンクとなった吉田健市選手(愛知・87期)です。

 


2002年8月デビュー。8年後の2010年7月に初のS級へ。昨年前期には、デビューから12年で初のS級1班。現在38歳。少しずつ少しずつ実績を作ってきた選手です。

昨年GWの小倉でS級初V、10月向日町では、初の記念決勝進出を果たしました。ビッグレースは、昨年8月函館サマーナイトFで初出場。昨年11月競輪祭が、GⅠ初出走。今年2月久留米全日本選抜が、2回目のGⅠでした。GWの静岡ダービーにも出場決定。GⅠではまだ確定板には挙がれず、いずれも3走で解除になっていますが、この地元で迎える初のダービー。並々ならぬ気合で挑んでくることでしょう。

【昨年10月松阪前検日に取材】
-向日町記念は初の記念決勝進出でしたね。
「いい勉強になりましたし、いい経験になりました。さらに練習して、脚力をつけなきゃいけないなと思いました。今年は初めてS級1班に上がって、初めてS級で優勝させてもらって、そして、競輪祭で初めてGⅠを走らせてもらう…、本当に初めてづくしで、色々経験させてもらっています」

「良くなってきた理由?いや~、分からないですけど…、ただ一生懸命やってきたら、徐々に上がってきただけです。余裕はないですね。いつも必死なので」


-練習メンバーは?
「練習仲間は、青少年公園グループ=モリコログループで、今10人くらい。佐藤亙を中心に、師匠の宮司周郎さん、鳥越靖弘さんや、田中雅史さん、中村賢二や瀧本匡平らがいます。そこに、佐藤亙が取った高校3年男子の弟子が2人いて、きつい練習をしています。アドバイスは、色々な人からもらっています。五体治療院の小山田良治先生からもいただきますし」

-昔から気がつけば着に絡んでいるイメージがありますね。
「そうですね、こっそりいますね、おかげさまで(笑)。普段心掛けていること?一生懸命自分の仕事をやって、力を出し切るだけですよ」

「競走には集中して走れています。練習ではほとんど付いて行けないけど(苦笑)。本番の方が強い?ん~、練習よりは競走の方が何とか走れていますね。練習は、昔から欠かさずやっていますが、30代後半になってから、きつめの練習をし始めました。それからいいですね」

-今の目標は?
「今度初めてのGⅠで、競輪祭に出させてもらいますが、オールスターにはどうしても出てみたいです。オールスターに出られる選手になりたいと思っています。そこを目標に頑張っています」


吉田選手は、大学時代にたまたま平塚競輪場で観たレースがキッカケで、選手になろうと思ったそうです。


(2011年5月四日市にて)

「学生時代に平塚で見た、太田耕二さん(埼玉・59期・引退)と久松昇一さん(静岡・59期)のレースを観て選手になろうと思ったんです。久松さんのあの捲りにはシビレましたよ」

「いつか一緒に走りたいなぁ…、と思っていましたが、太田さんとは、デビュー戦の準決勝で一緒になったんですよ。レースでは、(僕が)ひん曲がりましたよ(笑)」

「久松さんとはなかなか走れませんでした。でも、デビュー5年目(2007年3月四日市)で、初めて同じ配分になって」と、そのとき久松選手は、小島壽昭選手(神奈川・52期)の番手回り。吉田選手は、その南関ライン相手に先行し、見事逃げ切り。憧れだった久松さんとの対戦も果たしました。

今度は、「吉田さんを見て選手になろうと思った」…そんな風に語る少年が現れるかもしれませんね。

趣味は旅打ち。
「色んなギャンブル場に行くのが好きです。中央競馬や地方競馬、ボートレース。オートレースにはまだ行ったことがないけど、行ってみたいですね。夢は、全国のレース場全場制覇です!」と、話す、いつも明るくポジティブなのが吉田選手です。


ホームバンクで迎える初ダービー。何か爪痕を残していきたいところ。まずは、一次予選突破。また、GⅠ初勝利もここで挙げていきたいところです。そんな吉田選手に、エールを送ります!




ページトップへ 


 
実況アナ立野純の、競輪のススメ
Bbスタジオ日記← ブログはこちら
http://www.yokkaichikeirin.com/junblog/


e-SHINBUNをご覧の皆様、こんにちは。実況アナウンサーの立野純です。



 先月奈良記念開催中のある日、実家に帰省していました。実家は、奈良市のひとつ南に位置する、大和郡山市。


(大和郡山市は、金魚で有名な街です)

実家には、私が昔競馬にハマっていた時代の、スポーツ新聞の競馬面が、しっかり保存されています。

「競輪は、来月ダービーやなぁ」と思いながら、ダービーの時期のスポーツ新聞を探ってみると、こんなのが出てきました。

平成6年の、第47回ダービー(静岡)準決勝の記事。今から22年前です。



以下が、9Rのメンバー。


(並び ←②7 ⑧16 ④9 ③5)

10R、11Rのメンバーは、こんな感じ。



(並び ←③74 ①8 ⑥59 ②)

 

(並び ←⑨27 ③《6・5競り》 ④18)


このとき、記者さんがコラムで採り上げていたのが、前年覇者の海田和裕さん。

 

私が三重で実況の仕事を始めたとき、海田さんは特別競輪優勝争いから一歩後退していましたが、この記事の当時は、吉岡さん、神山選手と並んで「YKK」と呼ばれていました。初めて検車場で取材させてもらったときは、「わっ、本物だ!」と、心の中でドキドキしたのを覚えています。

ちなみに、4日目の売り上げは…、


72億!まぁ、当時と今は時代背景が違いますが、それにしてもよく売っていたんですね。

ん?2R一般戦は「HS先行の⑦梅原利秀を①萩原操BS鋭く捲る」と!“梅原”は旧姓で、今の山原選手。こうして見ると、今もバリバリ現役の選手は、結構多いですね。

7Rには、現静岡競輪解説者の伊藤勝也さんの名前も!たま~に、こんな感じで昔の新聞や資料に目を通すと、楽しいものです。

参考までに、この日の中央競馬のメインはこのレースでした。

 

(単②120円 馬連②-⑦260円)


さて、今年の…と言うか、今年度のダービーの舞台は名古屋。

先月、実況の藤澤宏己アナと一杯飲みに行きました。


せっかくなので、藤澤アナからe-SHINBUN読者様向けに、一言!

「今回の見どころ?優勝争いという意味なら、今年は中部勢の活躍にかなり期待できると見ているよ!好調な浅井康太を中心に、深谷・竹内などの機動型が上手く噛み合えばいい結果が期待できるかも?選手としてはGⅠデビューの地元・近藤龍徳と、西日本勢の鍵を握る原田研太朗に注目したいね(^^)」

「実況の意気込み?もう名古屋ダービーを実況するのも3回目やし、そこまでは…。それに、FⅡもGⅠも同じ競輪やからね。普段通り、自分の仕事をきっちりこなすだけですよ。それより、お客さんには大いに楽しんでいただきたいですね。そのためには、6日間好天が理想やけど、去年の記念最終日みたいな事もあるので、こればかりはねぇ…?!とにかく、選手権に相応しいドラマチックな戦いに期待したいね~(^^)」

「僕にとっての天敵は花粉!これだけはどうにもならんね。なので、マスクはしっかりして!薬は、高校時代から、花粉の時期にお会世話になっている、大和郡山市の病院でもらっているから万全!競輪場に入る前は、花粉をしっかりはたき落とすよ(笑)」

えっ!私の出身地である大和郡山市の病院で、花粉症の薬を!?それは初耳でした!(私ももらおうかなぁ…)

なお、藤澤アナは、名古屋競輪のTwitterで、本場・場外開催ともに、【実況席より】という見出しで、注目選手や見どころを呟いています。開催中は毎日更新されるそうなので、ぜひチェックしてみてください!(https://twitter.com/nagoya_keirin


さて、ここでは私の注目選手を。A級のころから、「ダービーに出られるかも?」と話題になっていた、畑段嵐士選手(京都・105期)です。

ダービーのメンバーが発表された時点では、“補欠7位”。審査期間中がA級だったことを考えれば、これだけでもすごいことなのですが、次々に欠場選手が出たことにより、遂に繰り上がり出場が決まりました。まぁ、“持っている男”ですね!

西のA級をよく見ている方は、戦法については十分ご存知のことでしょう。

私が初めて取材したのは、おととし10月四日市でのこと。このときは、A級2班に特進して4場所目、デビューから数えたら8場所目。
「ダッシュ系です。こだわってはいないけど、先行基本に」
と話していましたが、当時から動きは“自在”という感じで、レースセンスは光っていました(残念ながら、このときは準決勝で落車し、鎖骨骨折帰郷となってしまいましたが)。

次に会ったときは、昨年2月でしたが、そのときには「レースで心掛けていることは、1着を取ること。(戦法の)こだわりはありません」とハッキリ口にしていて、その強気の姿勢はレースにも表れていました。

位置を取ったり、捲ったり、飛び付いたり、スキがあれば先行もしたりで、本当に動きが読みにくい選手(付いて行く選手も大変そうです)。ただ、車券を買う上では、最後まで期待を抱かせてくれる選手でもあります。

S級に上がってどこまで戦えるか、注目されていた方も多いと思いますが、近藤隆司選手を不発にさせる逃げを打つなど、結構バックも多く取って、なおかつ車券にも貢献しています。が、本質的には先行選手ではなく何でも屋。

今回、初GⅠが、ダービーという大舞台。こういうケースは「雰囲気に飲まれた」、「何が何だか分からないうちに終わった」というコメントをよく耳にしますが、畑段選手に限っては、そんなことは一切ないのではないか…、そんな気がしてなりません。

名前負けせず、上位陣に自分のスタイルでぶつかっていくレースに期待しています!


ところで、ダービー最終日まで、名古屋パルコでは、CMでもお馴染みの『競輪×人生』の写真展が開催されています。

場所は、地下鉄矢場町下車してすぐ(駅から直結しています)


 
(毎月8日と土日祝は、『ドニチエコきっぷ』がお得ですよ)

入場は無料なので、お時間のある方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。




 
(中の写真撮影は禁止です)


ページトップへ


 
橘花凛コラムスタート!! 『グラビアアイドル橘花凜の橘花競凜!』

■橘花 凛 (たちばな りん)
 日テレジェニック2015に選ばれたグラビアアイドル
 温泉女子部、肉食女子部レギュラー出演中。

▶ ブログ ~りんりんだいありん~
http://ameblo.jp/tachibana-rin/
▶ Twitter
https://twitter.com/rin_rin_t
▶ Instagram
https://t.co/POvi5TKJvR


 
玉野MN3日目
みなさんこんにちは★

たちばなりんです!

昨日はe-shinbunチャンネルミッドナイト競輪in玉野最終日でした!

ゲストには元ガールズ競輪選手の後閑百合亜さんと、お笑い芸人の花満開さんが来てくださりましたV(^_^)V



そして町田さんも途中から参戦!!

賑やかな放送でした!

昨日も観てくださった皆様ありがとうございました★

1レース目のガールズ競輪はなかなか読みにくく予想が難しいなと思っていたのですが、、、

さすが後閑さん!

見事に当てられてびっくりしました!

選手のことよく知るって大事なことなんだなって改めて思いましたV(^_^)V

そしてお父様がなんと現役の競輪選手の後閑信一選手なんだそうです♩

かっこいい男らしいお父様ですね!




昨日はわたしも個人的な予想を当てることができたので、やはりテンションが上がってうきうきしておりましたV(^_^)V

今回も3日間競輪の勉強をさせて頂きましたが、競輪学校のお話や選手個人の競輪のやり方だったり、またたくさんの情報を得ることができました!

とても意味のある3日間でした★





そして来週はなんと、、、

玉野の競輪場にお邪魔させて頂くことになっております!

岡山県にいくのは初めてです♩

そして競輪場を間近で見られるのも久しぶりなので今からとっても楽しみです!!

ニコ生メンバーでお邪魔をして公開生放送をするそうです☆

岡山県のみなさんよろしくお願いしますV(^_^)V







それでは、またです☆





橘花 凛V(^_^)V

 

玉野MN2日目


みなさんこんばんは☆

橘花凛です!

昨日写真がちゃんと投稿できてたぁー!ってちょびっと感動してます!笑

今日から写真貼っていきたいと思います♩



今日は歩美さん、平山さんの3人での放送でした!

町田さんとあやのさんはお休みの為、レギュラーになってから初めての3人でしたV(^_^)V

今日もハイテンションな平山さんに鋭いツッコミの歩美さん☆笑
ナイスコンビで楽しい放送でした!



本日も観てくださった皆様ありがとうございました(≧∇≦)

今日はというと、、、

昨日の当たりばかりのレースに打って変わって、なかなか当たらず( ;  ; )

悔しいー!!!

最近競輪のことが少しずつ分かってきて、固いところを予想するよりも少しずれてる?というか意外なところを予想するのが好きなんです☆

なぜかというと、

それで当たったときの喜びが倍増なんですよね!

競輪は本当に読めないから、だからこそいろんな可能性があっておもしろい!

見ていて飽きないスポーツだなぁと改めて思いましたV(^_^)V

今日は悔しい思いをしたけれど、

明日は切り替えていっぱい当てるぞー!

今日もたくさんのことが学べて、たくさん勉強してミッドナイト競輪は本当に新鮮で楽しい☆

もっと競輪の良さをたくさんの人に伝えたいなぁV(^_^)V



そんなわたくし( ;  ; )

いつも終電の時間の関係で早上がりさせて頂いているにも関わらず、電車を乗り過ごしてしまい…

乗り過ごした駅から終電間に合わずタクシーで帰ることになりました( ;  ; )笑

最近乗り間違いや乗り過ごし多いんだよなぁ!

ぼーっとしないように気をつけよう♩

みなさんも気をつけてください(≧∇≦)



それでは、また明日です!

 
玉野MN初日


みなさんこんばんは☆

橘花凛です!

今日もニコ生観てくださった皆様ありがとうございましたV(^_^)V

今日は調子が本当によかったですね!!

ここ最近わたしが出演させて頂いたニコ生でも一番良かったのではないでしょうか!

まだ興奮冷めやみません!!!

まずは歩美さんの予想が2連続的中してもう声もでなかったです!笑

そして平山さんの予想の賭け方がすごくおもしろかった!!笑

わたしもすっごく久しぶりに三連単を当てることができて、、カメラが回っていない中でも大興奮の放送だったような気がします☆

そのあとあやのさんも当てるとても的中率の高いレースが多かったですね(≧∇≦)

なんだか三連複久しぶりに当たっただけなのだけど、だんだんと競輪のことわかってきたのかな?と喜んじゃってます。
いやしかしまだまだですね!笑

全く読めないレースもあるので、そういうレースでも裏を読んだり具体的に読めるようになっていきたいです♩

そんなわたしお勉強を兼ねて、競輪の地区別の区間分けをノートにメモしてみましたV(^_^)V



やっぱり自分で書くとわかりやすい!

二分線になるか三分線になるのか予想するのも今日なんだか楽しかったです☆


見れましたかね??

実は画像添付するの初めてで写真貼れてるか心配です!

簡単に分けてしまったのですが、わたしと同じ競輪始めたばかりの皆様よかったら参考にしてみてください(≧∇≦)

明日も出演するのでぜひ観てくださいね☆

明日もできたら!三連複!当てたいな♩



それでは、またですV(^_^)V




橘花 凛
 

 
寺門夏織のかおりんROOM
SPEEDチャンネルで7年間キャスターを務め、現在はフリーで活動中。
レギュラーは、松戸・いわき平・宇都宮競輪中継の司会。

ブログはこちらをチェック!
http://ameblo.jp/kaorin714/


ページトップへ
 
【チャリロト会員限定】AOKEI競輪ニュース無料配信スタート!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて会員様限定のサービススタート!



競輪専門紙『AOKEI競輪ニュース』がGⅢ以上の開催時限定で無料公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/pc/member/aokei/index.html
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
【チャリロト会員限定】コンドル無料配信スタート!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて会員様限定のサービススタート!



競輪専門紙『コンドル』がGⅠ以上の開催時限定で無料公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/pc/member/condor/index.html
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
「DMM.yell」プリントサービス開始!アイドルや俳優のサイン入りオフショットをコンビニでゲットできる!
< DMM.yellプリントとは >

コンビニエンスストア店舗内に設置されたマルチコピー機にて提供中のサービス
「コンテンツプリントサービス」内のブロマイドプリントサービスです。



DMM.yell (ディーエムエム・ドット・エール) アプリ内に投稿されたアイドル・俳優など
有名人のオフショットブロマイドが購入できます。
※対象コンビニ:ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクス

プリント方法はこちらから ⇒ http://yell.dmm.com/lp/print/



 
< DMM.yellとは >

DMM.yellは、アイドルが投稿した写真・動画の閲覧、さらにコメントや応援により
アイドルとユーザーがコミュニケーションできるSNSアプリです。

さらに、一般の女の子もアイドルと同様にアプリ投稿することができ、
アイドルを目指す女の子の入り口としても活用頂けます。

現在、250組1500名以上のアイドルグループが参加中です!(順次拡大中)
 
 
日テレジェニック2015アイドルブロマイドがコンビニコピー機から購入できる!
日テレジェニック2015のアイドルブロマイドが
e-SHINBUNのコンビニプリントサービス「eプリントサービス」で購入できます!



是非ご利用ください!

販売中のブロマイド一覧はこちらから!

ページトップへ
 
競輪専門紙『AOKEI競輪ニュース』西日本版(ヨコ組)販売スタートのお知らせ

AOKEI競輪ニュースが、通常版(タテ組)レイアウトに加え、新たに西日本版(ヨコ組)の販売をスタート!



西日本地区の競輪専門紙を普段利用されている方にも見やすいレイアウトとなっております!


コンビニプリントサービス利用方法
http://www.e-shinbun.net/cp/aokei/

ネット新聞販売ページ
http://www.e-shinbun.net/aokei/

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
競輪専門紙『赤競.NET』販売開始のお知らせ
e-SHINBUNにて「赤競.NET」の販売を開始しました!



競輪専門紙のパイオニアならではの細かい情報がぎっしり。
京王閣・立川・川崎・大宮・松戸・千葉・取手・小倉の本場開催と、
記念競走GⅢ以上のレースを販売します!


また、必要なレースだけ1レース単位でのご購入も可能!
全レース550pt、1レース65pt(3レース以上まとめて購入すると55ptでもっとお得に)

新聞購入ページはこちらから ⇒ 
http://www.e-shinbun.net/akakei/
是非、ご利用ください!


ページトップへ

 
とん豚テジ大宮店オープンのお知らせ


豚・焼肉酒房「とん豚テジ」が埼玉県に初上陸!
 
新宿店・本郷店・六本木店・目黒店・新宿セントラルロード店に加え、新たに大宮店がオープンしました!当店自慢は他の店では味わえないオリジナルの「カンナ三段バラ」!

テレビ番組でも堂々1位を獲得している焼肉店です!


詳しくはHPをご覧ください!→ http://www.tontontezi.com/



店舗名: とん豚テジ 大宮店
住所: 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-9 湯澤ビル2F
電話: 048-788-1162
営業時間: 月~土11:00-15:00(L.O.14:30)、16:45-23:30(L.O.23:00)
      日祝11:00-23:30時(L.O.23:00)
定休日: 年中無休
座数: 69席
アクセス: JR / 大宮駅 徒歩2分  東武野田線(東武アーバンパークライン) / 大宮駅 徒歩2分
 

 
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」編集長。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

苦手な競輪

中団を取り合わない競輪、中団確保に色気を示さない競輪、中団でも七番手でも・まァどっちでもいいやの競輪は、俺にはお手上げだ。
――Aは徹底先行だから、BもCもまずは中団と策す。中団併走を嫌えばどちらかが一旦は叩くか? 場合によってはBにもCにもAの番手でイン粘りまでありだ。などと能書をたれても届かない・的はずれ。単純な一本棒の七番手ラインを買っている俺は機嫌が悪くなる。
競ってでも中団だろうなどと言う気は毛頭ないし、中団が得策じゃない競輪はごまんとある。が、「中団を伺いもしない」競輪が、俺は苦手だ。


ページトップへ
 
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ記者・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」






■まじめな話

今回は日本選手権競輪、通称ダービー。

6日制のG1だから、キャンペーンはどこもかしこも行っている。

なので各々のHPでご確認を。


ここではG1レースがつまらなくなり、売れなくなった原因について。


競輪自体、車券自体が売れなくなったのは時代背景でしょう。

だって車券がバンバン売れていた時代は西武、ダイエーの企業が台頭いていたが、今はイオンやセブングループ。

近所に映画館、ボウリング場が1軒はあったが、今はシネコンにラウンドワン。

時代変わるんです。


で、ここではG1レースがつまらなくなり、売れなくなった理由の原因究明です。

僕の考えるところは「選考基準」

だって今、G1に出るのには選考期間中の「獲得賞金額」「競走得点」などの上位者が出られる仕組み。

ほとんどがそれ!

これじゃ、いつも同じ顔ぶれ、同じ番組。

あれ、この対戦、前回も見たぞ! の繰り返しではお客は飽きますよ。


ちなみに僕がファンだった高校生、大学生の時代。


20年以上前は「ダービートライアル」なる仕組みで、ダービー出場を決めていた。

ベテランファンはご存知でしょうが、知らない人に説明を。

ダービートライアルは2戦(2開催)のポイント合計上位者が、本番のダービーに出場できる。

要するに今のF1戦に当てはめると、決勝1着が54点(実際の点数は忘れちゃいました。ごめんなさい)なら2着が52点。

そして一般戦の9着まで、ちゃんと点数が振り分けられる。

そのポイントを持って第二戦に選手は挑む。

だから第一戦でポイントが低かった人は第二戦で決勝で3着まで入らないととか、今回も決勝に進めれば本番のダービーでは特選シードに入れるとか、の駆け引きがあった。

お客も「こいつは引っ張り役」「こいつは勝負駆け」などと妄想して車券を買った。

まあ競艇の勝ち上がりシステムみたいなもん。

そのダービートライアル第二戦が1月下旬か2月上旬に西武園競輪場で結構行われていたんで、僕はよく観に行ったもんだ。

少し脱線しましたが、要するにダービーの選考基準は昔は違っていて、ダービートライアルのポイント合計上位26人と、確か前年度の覇者1名が特選シードされていたから、毎年顔ぶれが違っていたし、力ある若手の出場もあった。


だから僕は言いたい!


ダービートライアルを復活してくれとは言わない。

でもG1の選考基準を変えてよ。

例えばデビュー3年未満の選手がA級戦で9連勝特進をしたら、特例で向こう1年間はG1レースに出場できるとか。

そうすれば吉田拓矢や鈴木竜士なんかもG1の大舞台で観られるでしょ、車券を買いたくなるでしょ。

例えば期別毎に選考期間中の競走得点トップの選手はG1に出られるとか(S級在籍に限る)。

そうすれば105期は渡辺雄太、107期は吉田拓矢が今回のダービーで観られたんです。

車券を買いたくなるでしょ?

選考基準の変更!

フレッシュな選手がもっと参加できるようにお願いしますよ。

そうしてくれれば、僕ももっと車券を買いますから(今でも結構なヘビーユーザ-ですが)。


ページトップへ
 
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。
現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。
前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?
 
前検日
初日のレースをいくつかピックアップし、個人的な感想を述べようと思う。
もちろん、勝手な憶測もあるし、誤ったくだりがあるかもしれない。そこは、ご容赦を。
3R 神山拓弥は鈴木庸之を使わず単騎を選択。年上の仕掛けの遅い先輩に任せるなら、自分でやった方が良いと判断したのだろう。位置取りが出来る選手は、単騎のメリットがある。現に、3場所前のいわき平記念の初日は単騎のレース。山崎芳仁が1着だったが、神山が3着に入り、4・5万円の配当を演出した。
4R 山田義彦は落車明け2場所目で自信がないとか。それで先輩の池田勇人の後ろ。安易に人に後ろを回るし、5Rの桐山敬太郎と松谷秀幸の並びとは違う。調子が悪いなら、池田の為に駆ければ良いのではないか。どんなに調子が悪くても、本気で駆ける気があれば、最終バックぐらい取れるはず。片寄雄己などとは違い、そんな気持ちすら最初から無いのだろう。
6R 今の九州は中途半端な自在選手が多い。それでいて自力、自力で並び失敗のケースばかり。菅原晃も自分より、弱い自在選手に任せる不思議な選手であるが、数少ない先行選手の吉本卓仁の後ろなら大丈夫だろう。
7R 吉田敏洋と山内卓也の連係で、所謂、地元番組。これに対して、矢口啓一郎や、黒田淳、坂本健太郎が骨っぽいレースをやれるかだ。やれないと思われているから、こう言う番組になったのだろう。このレースは分からないが、露骨な地元番組だと、嫌がらせをされるケースもある。選手は我々が思っている以上に、地元番組に入れられると、アレルギーを起こす。
8R 近況の動きでは根田空史が抜群。走りも徹底先行に戻している。松岡健介と鈴木謙太郎が数字的に落ちるが、これが特別競輪になると逆転される事もあるから不思議だ。数字に騙されてはいけないし、特別競輪の直前のF1を、オープン戦の様に走っている選手がいるのも事実。あとは、同じ久留米所属の坂本亮馬と田中誠が、キャラが被ると言うレースで別線なのも面白い。
9R 橋本強は普段、競る選手ではない。だけど点数を持っているのに、目標は仕掛けの遅い浜田浩司か格落ちの自在選手の山形一気。これでプライドが許さなかったのか小松崎大地の番手ジカ。小松崎の番手が、伏見俊昭でなく佐藤慎太郎だったら、どう判断したのか興味深い。
10R これも想定外の並び。木暮安由に任せず、後閑信一は単騎戦。何か、いわくがあるわけではないし、後閑が言う通り「自分の我がまま」の言葉を信じるしかない。こんなレースは想像をかきたてるし、逆に面白い。
11R 今年に入り、浅井康太は自分でやり失敗していない。だけど、常に絶好調ではないし、ラインの手助けは必要。深谷知広と竹内雄作との友好関係が必要なのは言うまでもない。


ページトップへ
 
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2016年3月8日(火)・9日(水)・10日(木)・11日(金)・12日(土)・13日(日)

■開催場所
名古屋競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

いわき平競輪ニュース

福ちゃん

競輪毎日

函館競輪

北競

競輪専門誌ホープ

別府競輪ダービー

サイクル王

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ