eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
出走表(無料)コンビニ配信開始
青山彩

金鯱賞争奪戦・楽天カップ(GⅢ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

 
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

 
玉野競輪 第5回週刊実話杯&第3回e-SHINBUN杯 ナイスグッド撮影
2017年12月25日~27日に開催される
「玉野競輪 第5回週刊実話杯&第3回e-SHINBUN杯」にて
イメージガールを努める天木じゅんさんのグラビア撮影風景を動画でご紹介します!
撮影は各メディアで話題沸騰の海パンカメラマンこと野澤亘伸氏が担当しました!

レースにも負けないくらいの熱い撮影風景をご覧ください!



 
 
瀬戸の王子杯争奪戦 ニコ生e-SHINBUNチャンネル放送予定!!(2018年3月8日~11日 10:00~17:00)
3月8日~11日 10:00~17:00 玉野「瀬戸の王子杯争奪戦」
 
 連日 10:00~17:00 7時間の生放送!!
  http://ch.nicovideo.jp/eshinbun

 
放送概要

e-SHINBUNがお届けする競輪予想バラエティ番組!
今年もやってまいりました、玉野競輪 開設67周年記念 [GⅢ] 瀬戸の王子杯争奪戦。
毎度お騒がせのe-SHINBUNメンバーの玉野本場行きが却下されたため
川崎競輪チャリロトプラザより4日間公開生放送でお送りすることになりました。
よろしければ是非遊びにきてください!


放送統括
町田洋一
   
出演者
※出演者は日によって変更になる場合がございますのでご了承ください
橋本悠督 長谷川満 木三原さくら 平山信一
後閑ゆりあ 後閑信一
 
【配信】A主
【協力】チャリロト https://www.chariloto.com/
【開催施行者】玉野競輪 http://www.cco.ne.jp/keirin/

 
ページトップへ
 

 
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
 
山内卓也
 
川村晃司 池田勇人 猪俣康一 小野俊之
川村晃司
池田勇人
猪俣康一
小野俊之

 
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

 
S級決勝インタビュー

浅井康太
ホームで立て直したところからゴールまで踏みっぱなしだったのできつかったが決勝に乗れているので。
それでも自分の中ではまだまだ。
菊地圭尚
花粉が舞って日に日に鼻がむずむずしていくなか、準決が一番よかった。
吉田敏洋
中部の飛車角を使って決勝に乗れたわけだし、ここまで来たら勝ちたい。
自分が勝つために何をすればいいか考えて走ります。
高橋和也
中部地区では記念決勝に何回か乗っていますが名古屋は初めて。
いろんな思いがありますが中部の先頭で出し切りたい。
成清貴之
この後走る久留米に送った自転車が3日目に戻ってきた。
おかげで感覚がすごくいい。
村上は同期なので後ろに付けたい。
並ぶのはたぶん競輪学校以来。
近畿の後ろは世間的に緊張しなきゃいけない位置だけど自分は気楽に回ります(笑い)。
成田健児
繰り上がりとはいえ決勝に乗れてうれしい。
成清さんからはツキ一本じゃなくてツキ三本と言われました。
村上義弘
準決勝はいいレースができたし展開にも恵まれた。
ここまでの感じはいいので決勝も一戦、一戦がんばる。
山本伸一
今シリーズは先行していい流れをつくって勝ち上がれている。
この勢いとかイメージを大事に決勝も走ります。
記念の決勝は3回目になります。
松浦悠士
今シリーズは自分でやって結果が伴っているし動けている気がします。
どのラインもどこかに隙があると思うし何でもやりたい。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
三日目勝因敗因
   1RS級一般



1 戸田 洋平
踏み合いになっていたが詰っていたので、タイミングを計って動きたかった。
2 渡辺 航平
冨尾がヤル気だったし付いていってどこまでという感じでしたが馬場君が強引でしたね。
3 宗景 祐樹
馬場が積極的に攻めてくれた、ただ駆けるだけではなく前へ行く気持ちが伝わった。
4 中村 健志
初日、2日目と踏んでいたので3日目は楽だった。
最後引っ掛けられてしまい伸びなかった。
5 冨尾 享平
今日は突っ張るつもりで駆けた。
合わせたと思ったですけどね。
6 馬場 和広
冨尾さんは粘ると思ったら突っ張ったので少し驚いた。
これからはあの手のレースをやっていかないとS級では生き残れない。
7 濱口 健二
戸田君が被っていたし宮越君にとっさに切り替えた。
8 宮越 孝治
復帰後久しぶりの1着なのでうれしい。
大きい着ばかりで正直落ちていたので。
これが自信になれば。
 
   2RS級一般



1 光岡 義洋
下岡君が作戦通りに駆けてくれたし自分がもっと良ければワンツーでした。
道中で口が空いたりして反省です。
2 吉川 誠
連日、後方に置かれていたので今回はカマしたかったがあわされてしまった。
4 下岡 優季
一回踏んでそこからは自分のペースで駆けました。
S級初勝利をラインで決めることができてよかった。
6 小林 弘和
単騎で後方になってはダメですね、何か乗れていない。
8 疋田 敏
正直、付いていけるか自信がなかったがこれはうれしい。
からまれたりしてきつい中2着まで来られたのだから。
 
   3RS級一般



1 大石 崇晴
主導権を取ってペースに持ち込めたのはいいがカカりきっていないし何か納得できていない。
上のメンバーと戦ったときこれではきつい、力不足ですね。
3 森田 康嗣
ホームで緩んでいたし、何回かいくところがあったが見てしまった。
4 白井 一機
最後、外を踏んだが本来なら中でしたね、9番に来られてしまったし。
5 泉 慶輔
脚がたまっていたのでもったいない。
でもコース選びにちゅうちょした分、伸びなかった。
6 荒井 春樹
中団から森田さんの仕掛けに合わせてと思ったが前もかかっていたので車がでなかった。
7 田中 雅史
車間を空けてやることはできたし、大石君のスピードがよかったのでまくりは来ないと思って余裕を持っていた。
でも地元戦は常に緊張します。
9 白岩 大助
最後は厳しく入っていかないとダメですね、自分は確認してから入るタイプなんで。
 
   4RS級選抜


1 國村 洋
連係を外したのは申し訳なかった、せっかく山下がうまく駆けてくれたのに追い上げなきゃいけなかった。
2 鈴木 謙太郎
詰ったところをカマすつもりだった。
そうしたら内が空いたので入っていきそのまま駆けたかったがバレてしまった。
昨日まくり差しで失敗していたので少し遅れて仕掛けた。
3 小林 則之
ダメですね、別線の動きを見てしまいワンテンポずつずれている。
5 山下 一輝
桜井君の仕掛けを意識していたら、ホームで気づいたら後ろが鈴木さんだったので焦ってしまった。
8桜井 雄太
鈴木さんが内へ入ったのが意外でそこで仕掛けを一瞬ためらってしまった。
9 鈴木 誠
脚は溜まっていたしスピードさえもらえればと思っていた。
 
   5RS級選抜



1 根本 哲吏
2車だしてそのまままくるつもりだったが、そこまでで脚を使っていたので…。
2 上原 龍
展開に乗れていない。
車間が空いていたのを見てしまって、そこから踏んでもでなかった。
3 前田 拓也
谷口君を入れてからそこからのリカバリーはできたしコースは見えていた。
5 山口 貴嗣
連日、前の自力選手が先行してくれているのに申し訳ない。
7 浦川 尊明
上原がきつそうだったし、3角で前田さんが内へ入っていくのがわかったからそこへ付いていった。
8 成松 春樹
先行は作戦になかったが、根本さんが思い切り流していたのでああなったら行くしかなかった。
9 谷口 遼平
2車だし先行態勢をとっておきながら出して中団先まくりが理想だったがうまくいかないですね。
 
   6RS級選抜



1 山本 紳貴
行けるタイミングで行ったが小野さんの一発が効いた。
3 小野 俊之
打鐘の久米君がすごかったが、競りにときは離れないので。
昨日インソールを間違えたのでそこから微調整したら良くなった。
4 八谷 誠賢
車番的に前か後ろかだったし展開は見えていた。
サドルの位置をいじったら車がでたがまくりの時だけですね、このセッティングで先行したらきついと思う。
5 高間 悠平
酒井君がきつそうだったしそこから内へ入ったが小野さんに締めこまれてしまった。
7 新井 秀明
小野さんが振った3角で一瞬内を見てしまったが、ダメだダメだと言い聞かせて八谷さんに付いていった。
抜けなかったが本当に相性がいい。
8 酒井 拳蔵
高間さんが入れてくれたし緩んだのでいったが、途中で押さえるときに脚をつかたせいもあって思うように行かなかった。
何かして大敗ならいいけど何もせずに大敗は悔いがのこる。
9 久米 康平
いつも通りに踏みたかった。
8番が来たのがわかったしそこは踏んでおいて落ち着いていけたが、八谷さんが強すぎた。
 
   7R S級特選



1 松川 高大
翼が頑張ってくれたし、誠さんも付いていたので切り替えてそのまま2角から行った。
脚を溜めずにそのまま行ったから最後いっぱいに。
2 高久保 雄介
後ろの様子も見えていたし、あとは自分がやれることをやろうと。
ただ番手の仕事が苦手なので車間を空けてけん制するくらいしかできなかった。
4 木村 隆弘
8番手に置かれてしまっては野原君が駆けているのだから自分の自力ではきつい。
5 田中 誠
終始、脚には余裕があったし松川がどこまで進むかを見ながら踏んだ。
3角で高久保君をアンコにすれば下げられると思って内へ入った。
6 山崎 翼
行けるところまで行きたかったが前が駆けるタイミングと合ってしまった。
7 佐藤 一伸
ホームでけん制をいれず前へ詰めておけば良かった。
結果的に松川君に入られてしまった。
   8RS級特選


1 池田 勇人
打鐘で後ろに置かれたし慌ててカマシにいったがちょうど合ってしまった。
2 新山 響平
後手に回ったのは失敗。
2角で仕掛けたときにあおりがあったし、まくり切るときにガシャって音がしたので膨らんでしまった。
大志さんを連れ込めず反省のレースです。
3 佐々木 則幸
掛水が残ると思ったので持っていったときに一瞬待ってから踏んだ分、最後の伸びを欠いた。
6 高木 竜司
則さんが踏んだときにそのまま前に踏むと思っていたらバック踏んだので詰った。
8 猪俣 康一
1センターで池田君が降りてきたとこが一番きつかった。
2センターで長尾君がブロックされても外をへばりついてくれたので自分が外を伸びた。
9 掛水 泰範
ピッチが上がったときろで打鐘からホームにかけて自分も慌てて踏みすぎた。
残れる感じがあっただけに残念。
 
   9RS級特選


1 竹内 雄作
今日のレースでは上位相手では戦えないですね、まだダメです。
でも連日お客さんに迷惑をかけていたので1着が取れてホッとしています。
5 田中 孝彦
鈴木さんに勢いを貰い外へ切り替えたけど伸びなかった。
6 篠原 龍馬
前受けはできればしたくなかったが仕方無しに。
組み立てにも制限があったしやりにくい展開でした。
7 近藤 龍徳
雄作さんが絶対に主導権を取るという走りをしてくれたおかげです。
抜ければ最高でしたが、地元で見せ場がつくれたので。
8 伊藤 健詞
分かっていても離れてしまう。
ホームのところで追いついてからも一杯でどうにもならなかった。
9 鈴木 裕
今日は突っ張るつもりだったが、竹内君が下りをつかって一気に来たので。
どのみちまくれなかったと思うが。
伊藤さんが遅れてきたしタイミングが整わなかった。
 
   10RS級準決勝


2 村上 義弘
準決はいいレースができた。
展開も味方をしてくれたし決勝も一生懸命やるだけです。
3 武田 憲祐
山本さんが行けなくなった時点で自分で追い上げたがまったく詰らなかった。
4 高橋 和也
ずっと踏みっぱなしで完全にやられました。
本当なら村上さんのレースを自分がしなければいけなかったが打鐘ではもう村上さんに出られていた。
5 阿竹 智史
3番手にスイッチしたかったが圭尚さんが来た。
あの人のうまさには参ったしどうにもならなかった。
6 鷲田 佳史
とにかく内を締めて掬われないようにと。
そこだけ考えて走っていた。
村上さんに迷惑がかからなかったので良かった。
精神的に余裕がなかった。
7 菊地 圭尚
村上さんが仕掛けると思っていたし、仮に詰ったら自分でいく準備もしていたがそんな展開にならなかったのでヨコの動きの集中していました。
みんな欲しい位置でしたからね。
 
   11RS級準決勝


1 川村 晃司
2角で張って追いつきざまにすくわれた、やり方があったと思うし山本に悪いことをした。
3 和田 真久留
1回行ける所があったが見てしまったのが…。
ワンテンポ早目に仕掛けるべきでした。
4 山本 伸一
もう少し踏み上がれば川村さんと決まったかもしれません。
打鐘以降は誰も出させないつもりで駆けた。
5 松浦 悠士
近畿が早めに駆けると思ったし想定どおり。
外と内を両面ににらみ追走していた。
後ろに平原さんがいたら仕掛けを待ったが成清さんだったので早めに飛び出した。
7 成清 貴之
3日目に乗りなれている自転車が届いたので換えたら正解。
前のままだったら真久留のカマシに離れていたでしょう。
最後、諸橋に当たられて平原とハウスしたので重たかった。
8 吉本 卓仁
単騎だったし前の方にいたかったが…。
最後力を出し切れないまま終わった。
 
   12RS級準決勝


1 浅井 康太
打鐘で仕掛けようとしたら成田さんと接触して車を下げた。
そこからの判断は慌てることなくいけた。
敏洋さんとも呼吸がぴったりでしたね。
3 横山 尚則
余裕を持って仕掛けられたけど、内から和田さんが来たので腰砕けになった。
でもあれは100パーセント空けていない自信があった。
武田豊樹さんから何十回も「先行したら外線は空けるな」と言われているので。
5 吉田 敏洋
打鐘で浅井が車を引いたときに内に差し込んでしまい対応できず、あの時は思わず天を仰ぐ準備をしたが、そこからはホームでの菅田の動きを含めてピンチをしのげた。
6 藤原 誠
のメンバーでは自分の位置に誰かしら降りてくるだろうと身構えていたんだけどね。
7 菅田 壱道
浅井さんのスピード的に打鐘でいくと思っていて、俺のところに降りては来ないと決め付けていた。
判断ミスでしたかね。
8 成田 健児
自分だけサラ脚だったのでずっと余裕があったし、車が伸びたように見えた。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
二日目勝因敗因
   1R S級選抜


3 戸田 洋平
余裕はあったが3番手にられて欲が出てしまった。
半端に外に持ち出したらすかさず浦川さんにすくわれてしまった。
4 山崎 翼
打鐘すぎに誰もこなければ駆けるつもりだった。
それに踏んでおけば下岡君が単独でくることもあるし。
両面に構えながらうまくかけられた。
6 荒井 春樹
スピードが足りないし中途半端でラインの皆さんに迷惑をかけてしまった。
7 下岡 優季
競りのレースがあまり経験がないので仕掛けるタイミングがまったくつかめなかった。
バックが追いだったし山崎さんにうまく駆けられてしまった。
8 高木 竜司
1年ぶりの1着? そうかもしれませんね、コンドルの社長から「競輪は展開やね」といわれましたが、そうかもしれませんね。
9 浦川 尊明
荒井が詰っていたし宗景さんが追いかけていくのにスイッチして行った。
 
   2R S級選抜


1 泉 慶輔
あのままでは外はないし、内が空いたのでとっさに切り込んだが阻まれてしまった。
2 掛水 泰範
何を変えたとかはないですが、初日に比べてうまく走れた。
上がりすぎて内を来られたけどラインのおかげでしのげたし3車で決まったので上出来です。
3 須藤 誠
9番手になってはどうにもならない、脚は余裕があっただけにもったいない。
4 冨尾 享平
打鐘から外を踏んで1周はきつそうだったし内が空いたので自分の判断で番手まで行った。
7 木村 隆弘
余裕があれば抜けたけど掛水さんの踏み直しがすごくて詰め寄れなかった、すいません。
8 森田 康嗣
合わせて出たまではは良かったけど前がカカっていたし伸びなかった。
9 増田 鉄男
内に誰かが来たのが分かったんで右にハンドルを切ったわ。
ワイうまいな(笑い)、ファインプレーや。
 
   3R S級選抜


1 桜井 雄太
2分戦だったので佐藤さんの動きを警戒していたら健志さんが突っ張ったりと予定外の動きがあって…。
後手に回ってしまい悔しい。
2 荻原 尚人
ホームで健志が下げたので3番手に入るのかと見ていたらもう1回来たので油断してしまった。
3 尾崎 剛
淳さんに任せてもらった以上、やることはやりたかったが前の併走もあったし判断が難しかった。
4 中村 健志
もうあの展開では荻原さんのところで勝負するしかなかった。
やったと思ったが脚が違いました。
8 小林 弘和
ホームで2番をけん制したまでは良かったけど、そこからはもう一杯で脚がたまらなかった。
9 佐藤 一伸
あの展開ならば先行になると覚悟していたし、あの距離なら持つと判断した。
踏めているし風はそこまで気にならなかった。
 
   4R S級選抜


2 伊藤 健詞
長尾君はあとからぐんぐんかかっていく感じでまったく抜ける手応えがなかった。
直線の踏み直しがすごくてビックリでしたよ。
5 長尾 拳太
今日は先行しやすいメンバー構成だったので行ける所と決めていた。
ただ重たいし出足で脚を使うとバックでまくられると考えたので、ケツを上げずにじわじわと駆けたかったしその通りに動けた。
6 疋田 敏
長尾が押さえながらじんわりと駆けてくれたのに離れてしまっては…。
落車の影響ではないが何か自分のできは悪い。
7 石丸 寛之
単純に下げたくなかったし中団にいたかったが半端になってしまった。
9 上原 龍
内へいくより外で粘る方が自分の得意パターンなので。
ただ長尾君がかかっていたしまくりにいったつもりが全然進まずに追い上げただけになってしまった。



 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
初日勝因敗因
 
   1R


高久保雄介
今日は内容重視のレースがしたかったし後ろからセオリー通りの先行ができた。
ただゴール後はコケたと思いましたよ、あれフラフラだったら危なかった。
国村洋
掛水君のおかげ。
最後はホームでもろに風をあびたせいか自分の伸びが足りなかった。
上原龍
人任せのレースになったし中団にこだわるべきでした。
北川紋部
誰も来なかったし最後は外でしたね、でも余裕が無かったので中を割りにいってしまった。
掛水泰範
中団を取るのに脚を使いいっぱいになった。
前がかかっていたし、権利取りならこのまま4着でいいとも考えたが、やっぱりラインがあるしそれはできないですね。
中村淳
前がかかっていてバックであの位置ではさすがにきつい。
鷲田佳史
高久保君は押さえて、赤板、そして最後のホームと3回風を浴びても踏み続けていたしとにかく強かった。
 
   2R


鈴木謙太郎
前回の決勝もそうだったし、また同じことをしてしまった。
中団に入れて失敗、入れずにこだわるべきでした。
猪俣康一
篠原君の動きもあったしきついなか谷口君が強引に行ってくれた。
攻めの姿勢が結果的によかった。
増田鉄男
篠原が頑張っていたしひと振りしたが上をいかれたしスピードが違った。
篠原龍馬
出切って先行態勢に入ったとき、後ろがもつれることに期待をしたがすんなりだったので…。
疋田敏
一回入ってすぐに仕掛けたから谷口君もきつかったと思う。
慌てながらも行ってくれたが自分が離れては…。
中川貴徳
せっかく宗景さんに回してもらえたのに、口が空いたし何か感じが良くないから修正します。
谷口遼平
猪俣さんに入れてもらえたし入れてもらったからには動かなければと仕掛けた。
ただ本来なら先行するべきだったし内容としてはいまひとつ。
 
   3R


光岡義洋
下岡君が行くかなというタイミングで行かなかったので見てしまったらいきなり踏んだので反応が遅れてしまった。
伊藤勝太
切って早めに緩めば中団取ってと思っていたら来なかったので遅いなと待った。
吉本さんが来る前に踏んだが飛びついてから脚がたまっていなかったのできつかったですね。
山口貴嗣
直線で風を浴びてそこまで伸びなかった。
今日はコーナーが一瞬流れるだけでどこも風がきついという感じ。
下岡優季
伊藤さんが切ったところですかさずいくべきだった。
ちょっと構えてしまったのが失敗。
山信田学
3角で脚がたまっていたがコースがなかった。
吉本卓仁
練習疲れが残っているからか体が起きたのが最終ホームくらい(笑い)。
本来なら叩くべきだったけど展開と風を見て甘えてしまった。
それでも1着スタートなので。
伊藤大志
力が変に入ってしまい動きがぎこちなかった。
状態を少しずつでも上げていきたい。
 
   4R


八谷誠賢
バックが流れていたし、道中での感じが良かったのでタイミング的にも駆けた方が楽と思い仕掛けた。
デビューしたばかりの選手のような駆け方だったでしょう(笑い)。
荻原尚人
荒井君ラインに任せようという思いが強すぎた。
あれはもうワンテンポ早く入るか、行って外併走で中団を取るべきでした。
野本翔太
脚には余裕があったが最後は伸び負けでした。
加藤圭一
小林さんなら行けると思ったが、バックが流れていたし八谷さんがカカっていた。
自分は踏めばもっと伸びる手応えがあったが小林さんと決めなきゃとの思いがあったので。
小野俊之
打鐘前からの八谷さんの動きが、自分がこうした方がいいよと考える動きとまったく一緒で完ぺきやなと。
あの風の中いい先行だったし2人で決まるなと思っていました。
森田康嗣
オギが内は入ったとき、せめて荒井君のヨコまで行ければ面白いなと思ったがやっぱり締まってしまいましたね。
小林則之
八谷さんを出すまではだいだい見えていたけど、そこからカカっていたし自分も車間を空けて踏みたかったが出なかった。
 
   5R


山本健也
最終の2センターで詰ったので勢いで踏んだ瞬間にあおりがあったので、やらかしたと思い焦った。
何とか2着で安心できました。
山下一輝
2角で行きたかったが前がかかっていたので鈴木さんの動きを見てから行った。
結果的に一人だけ届く展開になってしまい申し訳なかった。
高間悠平
大石君が頑張ってくれたしやれることはやりたかったですが止め切れなかった。
鈴木裕
切って中団は狙い通りで入ってからは余裕があった。
前が車間を空けていたがそこまで不安もなかったしバックで行けたかな。
田中孝彦
最終ホームで風を浴びて踏み遅れた。
脚の状態はいいのにもったいないしせめて3着に入らなければいけない展開でした。
大石崇晴
後ろ攻めからの組み立ては予定通りでしたが脚がない、ただやりたいレースはできたので明日もがんばります。
 
   6R


石丸寛之
ホームで行けたけど距離的にきついので見てしまった。
行ける所を逃しているしダメですね。
鈴木誠
根本はしっかり出切れば最後まで持つと思っていたしあとは自分の問題と。
酒井君を止め切れなかったが最後は自然に止まったのであとは直線勝負でした。
酒井拳蔵
叩いてから余裕を持っていたらすぐに来られてしまった。
気持ちの余裕は必要だけど、脚を溜める余裕はこのクラスではないですね。
小松剛之
伸びた感じがしなくて最後は微妙でしたね、3着なら一安心ですよ。
根本哲吏
あの距離なら叩いてしまえば踏み切れると思って仕掛けた。
風がきつい中でも踏めていたし二次予選につながった。
山崎翼
脚が溜まっていたので強引にでもバックから仕掛けるべきでした。
 
   7R


田中雅史
桜井の出足にしっかり対応しきれなかった。
さばかれてしまったのは力不足。
池田勇人
隊列が短くなったらカマシも考えていたし仕掛ける準備はできていた。
でも昨日の指定練習のあとから何か体調がイマイチで行けるかどうかは微妙でした。
田中誠
成松を入れてそこで後ろの健志が離れているのが分かったし、もし池田にいかれても2人で3,4着まではあるかと思いながら踏んだ。
実際に木村さんが止まったのも見えたし落ち着いていた。
成松春樹
入れてもらって一瞬だけ呼吸を置いてから番手まくりをしたので進みが悪かった。
でもあそこで行っていなければ別線にバタバタ行かれていただろうし誠さんのアシストのおかげです。
桜井雄太
打鐘のところで成松さんが出切ったとき、何をするのか気になってみてしまった。
もっと早めに叩いておけば田中(雅史)さんらがからまれなかったかも。
兵藤一也
池田に付いていくことしか考えていなかった。
池田はそつがないし行くところで仕掛けてくれる、それに身体がでかいからいい風除けになりますよ(笑い)。
 
   8R


西岡拓朗
緩むところがなかったし久米君が強かった。
抜けたのは前反さんがかばい気味だったからでしょうね。
練習をしすぎて疲れが残っていたが1着が取れているし上向くはず。
長尾拳太
位置を取るレースをするつもりは無かったですが…。
今日はバックで見すぎてしまった。
藤原誠
長尾が道中で脚を使っていたので仕掛けても苦しそうだった。
止まったのを見て内へ入ったがもっと気持ちよく入っていけばもっと伸びたかも。
久米康平
長尾君が思ったよりも楽に出させてくれたしバックでも車が流れた。
ギアをあげて正解でしたね。
ただ課題があるならゴール前で、そこは何か失速したから修正する。
吉川誠
ホームで緩んだところで行っておくべきでしたね、構えてしまった。
前反祐一郎
誰も来る気配が無かったので、これは3人で決まるだろうと。
そうしたら直線でヨコを誰かがすごい勢いで来たから見たら拓朗でビックリ。
まあ自分もやることができたしラインで勝ち上がれているので。
 
   9R



山本紳貴
馬場君が突っ張る感じも無かったので楽に切ることができた。
あとは出切ってから野原君の動きを見て考えようと。
持つ感じで駆けたけど野原君のスピードが一枚上手でした。
浦川尊明
馬場がいいレースをしていたので、自分は伊藤さんに降りてこられたりしてきつかったが切り替えずに付いて行った。
土屋仁
浦川君が強かったし後ろで付いているだけで勉強になった。
ただコースもなかったし伊藤さんとの勝負を待って直線に入っても4着までないので早いが踏ませてもらった。
野原雅也
仕掛けにちゅうちょしてしまい半端なところから行った。
後ろに迷惑をかけてしまいました。
馬場和広
前田さんをドカすところで脚がいっぱいになったけど、久しぶりに動けた。
何か兆しが見えてきたかも。
成田健児
ぜんぶ山本君のおかげ。
ツキ一本でここまできたし、上出来です(笑い)。
伊藤健詞
仕掛けると分かっていても離れてしまった。
そこからとっさに切り替えられたしせめて4着までに入らないと。
 
   10R


吉田敏洋
横山君の巻き返しが予想外に早かった。
あとは雄作のがんばりに尽きるけど自分は落車明けということもあって判断に迷いがある。
成清貴之
菅田君とは夜も酒飲みラインだし信頼して付いていった。
だけど急場しのぎの代理フレームじゃ伸びが悪いね。
川村晃司
新車にして2場所目で、グレード戦のメンバーを相手にどこまで通用するか確かめたかった。
現状の力がわかっただけでも収穫。
横山尚則
竹内さんを相手に突っ張って力勝負がしたかったけど勝負以前の問題でした。
情けないです。
新井秀明
2周半からペースが上がっていたし追走だけできつくて脚がたまる余裕がなかった。
松川高大
ホームで仕掛けても持つ感じがなかったので見た。
せめて川村さんを終えていれば面白かったけど菅田さんに行かれてしまった。
菅田壱道
竹内君の3番手よりも5番手からの方がタイミングを計っていけると考えた。
展開は見えていたし落ち着いて走れている。
 
   11R


村上義弘
直線に差しかかっていたので平原の仕掛けに対処ができなかった。
最後、伸一が残ってくれてよかった。
平原康多
最近よく村上さんのハコまくりにあわされていたし、とにかく超えたかったので村上さんが行きにくいところから踏んだ。
結果的にそこが自分の仕掛けたいポイントでもあった。
高橋和也
平原さんを突っ張ったのは引いたらもう後がないと思ったから。
できることなら先行したかった。
武田憲祐
位置は決めなかったですが近畿の後ろかなというのは漠然とあった。
ただみんな欲しいところですし、しのぎきれなかった。
近藤龍徳
(落車後、しばらくして)和也さんと呼吸が合わなかった、すんなり付いて出切っていれば面白かったかも。
落車のダメージが今のところないし、ないと信じたい。
芦沢大輔
平原の出足がすごかったし2センターでの村上さんのひと振りが効いた。
山本伸一
後ろの状況が分からずにとにかく踏んだ。
平原さんの巻き返しもあったが諦めずに踏んだ結果3着に残れた。
久々に攻めるレースができました。
 
   12R


浅井康太
前を見すぎてしまい仕掛けるところがないため捲り追い込みになってしまった。
新山響平
仕掛けるときに浅井さんい振られてバックを踏んでから行った分伸びなかった。
真久留さんに付いて行きサーっと出て行きたかったがダッシュがないですね。
和田健太郎
真久留が駆ける展開になると思ったらすぐに新山が来た。
俺も1センターで切り替えていればいい着があったかもしれないけど、やっぱりそれはできないですよ。
小林大介
思ったより早くレースが動いたしみんな強い。
その中でもうまくレースの流れに混じることができた。
優秀は平原へ。
ただ準決で平原が良かったし1日早かった(笑い)。
松浦悠士
もう少し遅く切って真久留が駆ける展開にすればよかったかな。
でも新山君が来て前が踏み合ったし浅井さんを後ろに置けた。
優秀には乗れなかったが久々にいいレースだったと思う。
和田真久留
新山君の巻き返しが思いのほか早かった。
もう少し遅めに出てくれれば新山君を後ろに置けたし面白かったですね。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
初日インタビュー
 1R


高久保雄介
日程が詰っているが大丈夫。
それよりも朝イチなのがつらいので早起きして準備します。
国村洋
失格が続くがやることやっての失火君なので仕方がないと割り切っています。
掛水君とは相性が抜群にいいので楽しみ。
上原龍
名古屋は久しぶりだけど相性がよかったと思う。
指定練習でもがいて感覚を思い出したい。
北川紋部
落車の後も1着が取れているのでそこまで問題はない。
掛水泰範
バンクで乗り込めていないので体調がいまひとつつかめないのは不安だけど、そこまで悪いわけでもないから行けると思う。
中村淳
悪いときはまったく連にからめていなかったけど、最近はようやく上向いてきた。
早く点数を戻したいね。
鷲田佳史
福井は大雪が続いたのでなかなか乗り込めなかったけど奈良記念の前にむりやり街道で練習してきた。
おかげで今は今年の中では一番状態がいい。
石田洋秀
点数をもっているメンバーとぶつかるので、やっぱり初日はきびしいですよ。
でもS級のスピードの方が合っている。
尾崎剛
以前から一緒に練習させてもらっている淳さんに「前で頑張れ」と言ってもらったので上原君の番手を回らせてもらいます。
 2R


鈴木謙太郎
小田原の最終日にセッティングを換えたら車の出が急によくなってきた。
やっと頭と身体がかみ合ってきたし、もし中部が2段駆けだとしてもいい勝負ができそう。
猪俣康一
今回は自力でやる想定をしてきただけに目標があるのに驚きました。
地元のトップバッターなので疋田さんと決められるように。
増田鉄男
悪いなりに良くなっているが、ここに入れられるとは地元にうまくハメ込まれたわ(笑い)。
篠原龍馬
前回は叩いてしまったけど練習での感じはそこまで悪いというわけではない。
宗景祐樹
連戦続きだけどそんな時のからがかえって集中できるし自分には合っている。
鈴木君は強いし作戦はぜんぶ彼に任せて自分はラインを固める。
疋田敏
静岡の落車で身体を打ったが地元戦なので無理にでも仕上げてきたつもり。
中川貴徳
宗景さんに前を回してもらったということで特別に気合いが入った。
疲れがあるとかそんなことを言っている場合ではないですね。
高田健一
3月の末に地元でトラック支援があるし(支部長として)今は準備で忙しい。
谷口遼平
一時期に比べれば心のもやもやを含めてだいぶ良くなっている。
今回は準決くらいで浅井さんの前で任せてもらえることが目標。
仮にもし初日、2日目で下手なレースをして連係しても『後ろ回っとれ』と言われるし、初日から全開で頑張ります。
 3R


光岡義洋
前回の落車で左足のふくらはぎを負傷。
治療に専念して休めるだけ休んで何とか立て直してきた。
間に合ったといえるようなレースをしたいですね。
伊藤勝太
名古屋は冬期移動先なので昨日までバンクにいました。
練習は十分だけど前回の松戸の終わりにでた腰痛がまだ残っていてそれが少し心配。
山口貴嗣
点数が上がってきたのはうれしいけど、自分としては何かまだまだ。
せめて補充で呼びにくくなると思われるくらいに点数を上げたい。
卓仁とは何度もある。
下岡優季
S級に上がって2ヵ月が経ち、前回は決勝にも乗れたので流れがつかめてきたのかなと。
今回は追加で前日も金子(貴志)さんたちと練習をさせてもらい備えました。
山信田学
地区的にひとりという番組はよくあること。
こういう時は位置を決めずにやって自分で切り開くレースがいい。
宮越孝治
奈良のあとに練習をしたら感じが良かったので今回は楽しみ。
前回よりはいいと思いますよ。
吉本卓仁
ここへ向かう移動の最中、コンドルの社長に会いました。
熊本から来たのでしょうね。
自力。
高木竜司
前回の落車で右の腰を痛めたが軽症でした。
ただフレームがダメになってしまったので山田和巧から借りてきた。
ちなみにダメにしてしまったフレームは松岡貴久のやつでした。
伊藤大志
高知でコケたので休んでいたけど身体が動いたので次の日から練習していた。
今は沖縄で合宿をしていて、前検の前日までびっしりと乗り込んだ。
 4R


八谷誠賢
小野と多いね(笑い)。
玉野の初日に1着を取っているし、絶好調じゃないですか。
自分はそこまで感じがいいとは言えない。
白岩大助
最近は前を任せる自力選手の頑張りのおかげで点数が上がっている。
自分の状態はあまり変わらない。
荻原尚人
名古屋への移動中に森田さんとずっと話をしていて、もし一緒だったら絶対に俺が前と言ってあったんです。
あのダッシュに付いて行く自信がなかったので。
野本翔太
前回、負け戦だったけど地元で1着が取れたのでまずはホッとしました。
ここは九州勢の後ろにいこうと思います。
加藤圭一
小林さんは同期で結構決まっているイメージ。
あとは自分が付いていくだけです。
荒井春樹
点数通りの状態です。
勝ててはいないけどやることをやって練習はしているつもり。
小野俊之
前回のゴール後落車はそこまでだったけど、高松の落車が響いていますね、フレームも損傷したし。
でもその後に1着が取れているのでそこまで悪いってわけではない。
森田康嗣
オギと一緒になるとだいたい自分が後ろ。
同期だしがんばってもらいます。
自分の状態も悪くない。
小林則之
今はすべてタマタマで何がどう良いってわけじゃない。
何も変わったことはしていないし、初日もタマタマってレースをお見せします。
 5R


山本健也
松戸の落車で少し休んでそのあと乗り込んだら思いのほか練習ができた。
そこそこ戦える状態にはありますね。
山下一輝
自分は寒いのが苦手で…気温が上がってきたし練習での感じがよくなってきた。
大石君の先行に力でぶつかって勝負がしたい。
高間悠平
福井バンクはまだ雪の影響もあるからギリギリ乗れるってくらい。
そんな環境のなかでもしっかりやってきた。
米沢大輔
前回は復帰戦の割には感触がよかったが。
あまり強気なことは言わないでおきます(笑い)。
鈴木裕
練習での感覚が久しぶりによくて、早く走りたいなって感じでした。
上がり目なので楽しみ。
渡辺航平
2月の半ばとかは雪の影響もあって移動だけで疲れたけど、ようやく落ち着きつつある。
練習もしっかりしてきた。
田中孝彦
自力の決まり手が減ってきたがこれはこれでいい。
今は後ろに回るレースが増えているし流れに逆らわないように。
大石崇晴
追加で奈良を走って間隔空かずに来た。
今は先行して脚を付けていかなければいけないし毎日が必死。
いつも初日がダメだけど内容を重視して先行したい。
木村隆弘
今は目標があれば喜んで付けますが無いときは無いで自分でやっている。
東ではほとんど自力扱いだからこうして目標があるのはうれしい。
 6R


石丸寛之
やっとスランプから抜け出せそうってところ。
戸田が頑張るといってきたけど、お前に任せられんやろーって断った(笑い)。
だから自分でやりますよ。
鈴木誠
ナイターの後だから実質は中2日。
そのなかで疲れを残さないように調整はしてきた。
酒井拳蔵
冨尾さんとは前日に一緒に食事をして、今日も一緒に来た。
移動中に「一緒に走りたいですね」と話していたら本当になった。
冨尾享平
酒井との連係は初めて。
ダッシュがすごいのでとにかく引き離されないように付いて行きたい。
小松剛之
最近は位置がなくて単騎のレースが増えている。
前回の奈良もそうだった。
でも今回はラインがしっかりとしているし北でまとまります。
小林弘和
最近、いいことがないですね。
この点数では大きなことは言えないし前に任せるだけです。
根本哲吏
日程が詰まっている中、身体が動くようにケアをしてきたつもり。
前回も決勝に乗れているし動いて結果がでているので悪くはない。
山崎翼
兄弟子の菅原(晃)さんが静岡の落車で肺挫傷になった聞いて心配で心配で。
小野(俊之)さんもいたく心配されていました。
戸田洋平
自分でやりたい気持ちは強いですが、道中での判断とか感覚がいまいちで。
でも人の後ろならそこそこやれている。
 7R


田中雅史
地元戦と言っても自分はそこまで意識していない。
やることをやっていつも通りですね。
池田勇人
川崎で優勝したあとに風邪をひいた。
それでも立川はどうにかなったので。
そこからは落ちた分を取り戻せるように仕上げてきたつもり。
田中誠
1月から若いメンバーと一緒に練習をするようになったらそれがいい方向に向き出した。
前回の静岡3日目は1着でその日の一番時計だったみたい。
成松春樹
練習での感じはいいけどレースになるとダメで、リズムがずっと悪い。
原因不明なのでやっかいですよね。
桜井雄太
地元記念は初めて。
あっせんが出た日からここへ向けて準備をしてきた。
どこまでやりたいとかの目標はないし、まずは初日を内容よく走って勝ちあがりたい。
中村健志
松阪記念では負け戦で1着を取ってお客さんに迷惑をかけた。
今回もいい意味でお客さんに迷惑をかけたい。
兵藤一也
池田君とは去年何度か連係していてワンツーもあるし相性がいい。
浜口健二
位置が無いレースが続くけど点数が点数だからね。
こういう場合は決めずに先手ラインでしょうね。
自分のコンディションに変わりはない。
木村貴宏
前検の夜から初日の朝にかけて嵐になると聞いている。
だから少しでも遅いレースがいいなと思っていた。
7Rならいいでしょう。
 8R


佐藤一伸
松戸はインフルエンザ明けだったしそこまで良く無かった。
完治したしもういけるはず。
コマ切れは好きなのでチャンスを生かしたい。
西岡拓朗
久米君にはかなりお世話になっている。
前反さんがいるししっかりラインを固めます。
長尾拳太
静岡からはいたって変わらずにいつも通りに練習してきた。
地元地区といってもやることは一緒です。
藤原誠
地元地区だし存在感がだせれば。
まとまった時間練習ができている。
今回の目標は4日間走ること。
目標は低いでしょうが自分にとっては真面目な思いですよ(笑い)。
須藤誠
吉川さんは自分と一緒の時はなぜだかいつもいい。
意外なポテンシャルを発揮してくれるんですね。
今回も期待して付いて行きます。
泉慶輔
佐藤さんの番手は初めてですね、前回決勝に乗れたし徐々に上げていきたい。
久米康平
今までパワー系の練習をしてこなかったけど上位と対戦していくうちにそれも必要かなと感じるようになって取り入れてみた。
結果はまだ分からないですが初日は初めて3・93ギアを使ってみます。
吉川誠
こんなに落ちたのは久しぶり。
ただ西武園でフレームを換えてからは何かよくなってきて。
絶不調からは抜け出せたかも。
前反祐一郎
広島に強い若手が出てきたのはいいけど、練習でみんな強すぎるからいいイメージでもがけない(笑い)。
 9R


前田拓也
野原君とは去年の小田原記念以来かな、その時は抜けなかったけどワンツーを決めています。
山本紳貴
静岡で吉田拓矢君と一緒だったので、その後に取手で一緒に練習をさせてもらった。
今回いる横山君とか若い選手に混じって刺激を受けてきた。
浦川尊明
この年齢じゃ調子はそこまで変わらない代。
馬場との相性は俺は結構いいと思っているよ。
土屋仁
朝イチのレースは嫌だと思っていたから、遅い分は大歓迎。
でもとんだところに入れられてしまったな。
野原雅也
静岡は何か乗り切れず中途半端でした。
その分までも今回がんばりたい。
馬場和広
ここ数日、花粉症がでてしまい目、鼻、喉のぜんぶがやられた。
成田健児
復帰戦は久しぶりのレースだったせいもあって何か身体の感覚が変でした。
レースで慣れていくしかないですね。
棟方次郎
まだ青森は寒いし雪もあるから外を乗り込むことはできませんが、室内でやれることはやってきた。
伊藤健詞
野原君のスピードがすごくてカマシになると厳しいが押さえてくれれば対応できそう。
前田君も仲がいいししっかり近畿を固めます。
 10R


吉田敏洋
四日市で腰を強打して内出血がひどかったので静岡記念は休んだ。
ただ直前はガツンとやり切れたし勝負になると思う。
名古屋は記念だろうが、FⅠだろうがGⅠだろうが同じくらい気合いが入っている。
諸橋愛
この先に名古屋と玉野が続くということもありここが勝負かなと思い強めに練習してきた。
四日市からは時間があったので、かなり追い込んだ分やや疲れが心配だけど走っていく中で取れていくと思う。
成清貴之
追加だったから、いつも使うフレームは次の久留米に送ってしまった。
代用のフレームを使うのが少しだけ心配。
川村晃司
名古屋は相性がいい。
最近はFⅠが続き今回が久しぶりの記念あっせんなので4日間気持ちを切らさないように考えて走ります。
横山尚則
全日本選抜で得たことや反省点を踏まえじっくり練習した。
追加を断って今回に向けてやってきました。
新井秀明
去年から松ちゃんとの連係が急激に増えたけどワンツーが一度もない。
夜の連係は濃密なだけにそろそろ二人で決めたい。
竹内雄作
全日本は落車の影響があったのかもしれませんね。
最終日の1着がいいクスリになりました。
松川高大
玉野からジカでここに来ました。
バンクには入りませんでしたがちょいちょい時間をつくって練習していた。
菅田壱道
全日本での落車が心配で一本休んだけど、そこまで痛手ではなかったので練習していました。
 11R


村上義弘
治ったら落ちて、治ったら落ちての繰り返しで完ぺきではないけどやることはやっている。
全日本選抜は(古性)優作の気持ちに応えられず悔しかったが次の静岡でワンツーが決まって本当にうれしかった。
佐々木則幸
12月に休んだときに乗り込んだ分が今の成績につながっているのかも。
平原康多
今年は本数を走っているけど体力が続く限りやりますよ。
ただどんな展開でも勝ち切れていないし、今は本来の状態ではないのかも…。
人から自分でやった方がいいのではないかと言われることが増えたけど、そういうものじゃないんですよ。
高橋和也
特選の中でもここはきついですね。
難しいけどまあ、予選スタートじゃなかっただけでもいいと思わないといけませんね。
武田憲祐
前回は一発勝負だったので何とも…。
ここへ向けてしっかりやってきた。
近藤龍徳
番組がきついけど今の自分の点数では仕方がない。
今年は大きいレースが続き体調が落ち気味だったし風邪もひいた。
それに練習不足だったので松戸を休んでその後に練習に打ち込みました。
練習では106点以上の脚はあると思う。
芦沢大輔
1月にでた腰痛がぶり返している。
ただ伊東の時に比べると今はだいぶよくなっているのが救い。
平原の後ろでやることをやらなければアイツに失礼になるから頑張る。
山本伸一
年末からだいぶ感じが上向いているし、いい勝負ができそう。
阿竹智史
怪我明けの全日本の時に比べれば今はいい。
あの時は痛みがだいぶ残っていたのできびしかった。
ましになっているし動きたい。
 12R


浅井康太
坐骨(神経痛)がきつかったので静岡記念の前に治療したらよくなってきた。
治療中だったのでJKAと日刊スポーツの表彰式は休ませてもらいましたが、静岡の後だったので中日スポーツの表彰式には出席した。
自力。
菊地圭尚
3日前あたりから花粉症がひどい、どうしよう。
桑原大志
前回の静岡で前の自力選手を抜けたし久しぶりにいい手応えがあった。
焦らずやっていくしかない。
新山響平
前回は一発レースだったし恵まれてまくれただけ。
道中で迷いがあってまだまだでしたし状態はそこまでいいとは言えない。
和田健太郎
前回の佐世保は疲れが残っていたし本調子ではなかったので今回は立て直したい。
小林大介
こういう番組なら決めずに自分で前々にいくのがいいかもしれないけど新山君のバック数とレース運びは魅力。
先行がありそうだしそこのラインにいます。
松浦悠士
1週間くらい前がむちゃくちゃ良かったがその後は落ちてきた。
調整失敗したがその時の感覚を思い出しながら、しっかりと位置を取ってタテ脚で勝負したい。
山内卓也
誰もいないときは自分でやるという昔のスタイルになっても、どうにかなっている。
レースでまくりもでているし状態はいい。
浅井へ。
和田真久留
高松で落車してから落ち気味になったが最近はようやく戻ってきた感じ。
前回のようなことはないと思う。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
 
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。


平成30年3月1日
名古屋記念の初日は、前日夜中の嵐も収まり、風はそれなりに吹いてましたが暖かい中で無事終了。1Rが5千万越えた事で関係者は大喜びでしたが、終わってみれば12億4661万は、はっきり言ってガッカリ、何故なら単独開催の日程だったからですが、木曜でこの売り上げなら2日目もこのぐらいは行きそうで、2日間で25億なら土・日で30億売れば目標としている55億には達する計算、これだけのメンバーなら大丈夫でしょう。奈良と違ったのは番組の迅速さです。それに審判の判定も無難で、これならばと思った次第です。
2日目のヒントを。
1R、下岡優季もですが、狙いは山崎翼。
2R、木村隆弘・須藤誠・泉慶輔のマルチ。
3R、北日本コンビ。
4R、長尾拳太。
5R、篠原龍馬。
6R、松浦悠士。
7R、阿竹智史。
8R、千葉コンビ。
9R、瀬戸内トリオに和田真久留。
10R、北日本コンビ。
11R、竹内雄作と吉本卓仁。
12R、無条件で平原康多。

 
ページトップへ
 
藤原あいりのまだまだ落ちぶれてないジョー!!
e-SHINBUNをご覧の皆様こんにちわ!



あ、、

あれ?


もしかして今年初めての投稿ですかねー?


とゆーことで、
新年のご挨拶を!




皆様、

あけましておめでとうございます!
どーーーーぞ今年も、
よろしくお願い致します(◍⁃͈ᴗ•͈)४४४♡*


はい、しっかり皆様に挨拶できたし、
も〜今年も残すところ、あと10ヶ月となりました。笑

あっという間に時は経ちますね!





そして今年の冬はアホみたいに雪降ってくれて、、


家から出るのに雪掻き。


車庫から車出すのに雪掻き。。


出先から帰ってきて、
車庫に入れる前に1時間の雪掻き。。。


はーあ。


も〜雪子と加瀬だけはうんざりです。笑





こんな一気に降ってくれたお陰で、
競走行ってる間に屋根から落ちた雪のせいで、一階の窓が全部割れるとこだったわー!


雪のバカヤローーー!!笑



雪はスキー場だけにしておくれ!笑




そして、

仕事行くのに新潟から脱出した瞬間、

ユキのユの字もありゃしない。なんてこった!



でも雪のない世界にいると、


本当に新潟って雪降ってるのかなぁ〜??


って、思います!笑



でも迷惑なくらい降ってるんでしょーが、
そこに居ないから全く実感が湧かない。


そして帰って気付く。。。笑


スンゲ〜雪…笑



まぁ〜そんなこんなで、
新潟から逃亡中の写真でも載せますね!笑



これは高知終わりに、おともらちのおデブちゃんとこ行って、松山までの間、暴飲暴食した時の写真です!笑



誰とは言いませんが、


左のかた、

顔がパンパカパンですね!笑





そしてこのデザートが半端なく美味しかったんですよ!!


シャーベットの上に赤ワインのなんかがかかってて、口どけの良い上品な味で、

私とおデブちゃんにはシャレオツすぎるデザートでした!笑




ぜひ高知に行ったら食べてみて下さい!



お店の名前はと言いますと〜、、

えっと〜、、




プなんとかだったかな?笑



記憶障害なので、
お店の名前忘れてまいました!笑



知りたい方は直接おデブちゃんにお問い合わせくださーーーい!

( ´Д`)y━・~~




おしまい。


ページトップへ 
 
二宮歩美の『ふんばっていきまっしょい!』



【二宮歩美】
ファッションモデル、グラビアの経歴を経て現在タレントキャスターやMCとして活動するとともに
個人事務所『WB』の代表としてキャスティングやプロデュース業などもこなす。

―二宮歩美ブログ―
“Walking Beauty2~もっともっとがとまらない♡~”
http://ameblo.jp/ninoreport/





ページトップへ 
 
競輪専門紙『競輪研究』縦版(オリジナルレイアウト/紙面拡大)販売スタートのお知らせ

競輪研究が、通常版レイアウトに加え、新たに縦版(オリジナルレイアウト/紙面拡大)の販売をスタート!



縦版の競輪専門紙を普段利用されている方にも見やすいレイアウトとなっております!


コンビニプリントサービス利用方法
http://www.e-shinbun.net/cp/keirinkenkyu

ネット新聞販売ページ
http://www.e-shinbun.net/keirinkenkyu

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら  

 
【チャリロト会員限定】チャリロトでAOKEI競輪ニュース無料公開中!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて、チャリロト会員様限定でAOKEI競輪ニュース』を無料配信中です!!



GⅢ開催時限定、開催日前日の夜から公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/pc/member/aokei/index.html
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

俺が病みついた競輪は――。

百%そこの三番手なのに「前々――」は恰好悪いと揶揄する俺より、選手紹介で見せない分、ちょっとでも配当が上がるのだから歓迎だと笑う某は格上である。
コメントからジカ宣言乃至は競るなら顔見せから、は惚れ惚れするが、だからといってコメント前々、顔見せフラフラで本番ハコ勝負もまた競輪である。もちろんどっかの番手から買ってていきなりやられりゃ頭にはくるが、読めない俺が下手なだけだ。
競るとか競らないとか、引っ張っちゃうのかどうかを、コメントや選手紹介で全部教えてくれる――、そんな「呑気」で「小さな」ギャンブルではないぜ、俺が淫した競輪は。


ページトップへ
 
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







ページトップへ
 
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925




ページトップへ
 
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2018年3月1日(木)・2日(金)・3日(土)・4日(日)

■開催場所
名古屋競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

いわき平競輪ニュース

福ちゃん

競輪毎日

函館競輪

北競

競輪専門誌ホープ

別府競輪ダービー

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ