eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
青山彩

日本選手権(GI)

key-visual
e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二




チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!

木暮安由
佐藤慎太郎
山内卓也
小野俊之
藤木裕


市田佳寿浩

中川誠一郎

小野俊之

木暮安由

脇本雄太

小倉竜二

佐藤慎太郎

藤木裕

川村晃司

浅井康太
山内卓也




チームe-SHINBUN新規加入メンバー!
12月からチームe-SHINBUNに新たに浅井康太選手が加わりました!





e-SHINBUN イメージCM



ページトップへ


決勝インタビュー



深谷知広
地元は僕だけになったが、良い走りを見せたい。
準決は末脚が甘かったがダッシュは良かった。
立川記念の決勝以来で成田さんとは今年2度目。
2人でゴール前勝負をやりワンツーを決めたい。
もちろん、戦える状態だと思う。
とにかく、しっかりした仕掛けをやりたい。
武田豊樹
これで当分、特別競輪からは遠ざかる。
その中でファンを魅了する走りをやりたい。
こうやって決勝に乗れたのも普段の努力の成果。
常に自分が前でやると言う闘争心はあるが、平原君が任せて下さいと言ってきた。
僕の方が年長だし彼にも世話になっている。
だから信頼して前を任せたい。
村上義弘
苦しいレースだったが、色々な事がかけめぐり、思った以上に車が出た。
おそらく最後のダービーで博幸と一緒に走る事も、もうないと思う。
稲垣君の番手で優勝を狙いたい。
稲垣裕之
考える前に体が動いているし悪くないと思う。
体調も良いが、それ以上に気持ちも入っている。
いつも通り近畿の先頭でファンが納得いく走りをやりたい。
自力で頑張る。
成田和也
深谷君の番手へ。
立川記念の時は彼が行ってくれたが平原君を止め切れなかった。
その時より僕の脚も良くなっている。
今年1番の出来だと思うし、深谷君を信頼して優勝を狙いたい。
内藤秀久
特別競輪の準決が初めてだったし、決勝に乗れるとは思っていなかった。
成田さんに聞いたら深谷君の番手に行くと言われた。
なので、どっちが前でも関東ラインの3番手を回る。
村上博幸
良いメンバーだし気持ちで負けると勝てない。
準決で深谷君に離れるとは思っていなかったけど、その後のリカバリーは良かったと思う。
僕は兄に後ろで京都3番手。
稲川 翔
多少違う作戦も考えたけど、自然と近畿で結束する道を選んだ。
それが自然でしょう。
まだ反省点はあるけど脚の感じはまずまず。
京都勢の後ろで脚をためていく。
平原康多
良いメンバーが集まったと思うし、その中で走れるのは喜ばしいし光栄。
落車明けで不安はあったけど、準決の走りで大丈夫だと確信した。
自分から武田さんの前でやらせて下さいと志願した。
もちろん先行も含めた自力勝負。


ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら


五日目勝因敗因



1R
桑原大志
ラインで決まる為に一生懸命走っただけです。
3番手の役目も果たせたし3着でも納得です。
福田知也
タイミングとかもあるけど上野君は先に動き、レースを動かして欲しかった。
勝負どころで内にも差していたし仕方ないけど。
金子真也
磯田君が行ってくれたけど捲りを止め切れなかった。
あと選手を15年やりたいし頑張らないと(笑顔)。
小川圭二
4番手だし、こんな感じでしょう。
大木雅也
いつも世話になっている神奈川勢だし、仕方ないですね。
服部克久
後ろに3人も付いていたし責任は重大だった。
ラインで決まったけど、本当はあのまま突っ張るのが理想。
今回は次に繋がるレースが連日出来たと思う。
上野真吾
ダッシュがないのが僕の欠点。
前に出てから、やっと持ち味を発揮する。
それが桑原さんのブロックがあったりして不発に終わった。
内で粘るのは得意だけど外に浮かされると何にも出来ない。
磯田 旭
追い上げのつもりだった。
ただ、あまりにも服部さんが流していたので先行した。
池田 良
服部さんが頑張ってくれたのと、後ろの桑原さんも良い仕事をしていた。
僕がたまたま1着だったけど、ラインの勝利ですよ。


2R
北津留翼
小野さんとワンツーだと思っていたけど、吉本さんや小川さんから、外から食われて4着か5着と言われた。
僕も余裕がないから、本当かと思ってしまった。
でもブラックジョークだったみたいですね(笑)。
和泉田喜一
あのまま石毛君の捲りが決まっていたら2着に入れていたかもしれませんね。
香川雄介
有賀さんと絡んだけど自分の位置を守れて良かった。
有賀高士
香川君と併走になりヘッドパンチも出した。
でも、その時にメガネもずれて、途中で直した。
石毛克幸
もがき合いになったし行けると思ったけど。
でも坂上君に併されてしまった。
坂上樹大
あそこで有賀さんを入れると石毛さんの捲り頃になるかなと。
それで自分でタテに踏んだ。
4着かな。
小野俊之
翼が強かった。
ダッシュで離れたけど、あれぐらいは対処出来る範囲。
今回の仕上がりでは、こんなもんだった。
普通の状態なら初日に3着に入っている。
金沢竜二
北津留君のダッシュが鋭かった。
それで前に出られなかった。
小野さんが口が空いていたけど、あそこで入ろうとしても失敗すると思って。
佐々木則幸
内か外かも悩んでしまった。
次の地元高知記念を頑張りますよ。


3R
望月永悟
今日は萩原君と話し海老根君の番手を回った。
今回は、展開が連日向かなかった。
西岡正一
スタートを取ってくださいと高橋君に言われていた。
実質、彼の先行1車だし、その方が良いと思って。
突っ張っても良いし、引いてカマシでも良いですからね。
志村太賀
海老根さんに切って欲しかった。
その方が混戦になりチャンスがあったと思う。
あまりの弱さに帰って練習しないと。
兵藤一也
これから?
甲子園だよ。
母校の佐野日大の応援に。
後輩だし巨人の沢村にも頑張って欲しいね。
萩原孝之
結果的に連続落車の影響があったかもしれない。
競りに行ったけど踏み出しで遅れてしまった。
坂本健太郎
海老根さんの動きが全て。
あれが誤算だった。
北野武史
番手を守るのは仕事ですから。
でも、最後は一杯だった。
競りは踏み出しで軽くしごく感じだった。
高橋陽介
後ろがジカ競りだし押さえ先行は嫌だった。
中団か前からと思っていた。
突っ張りも考えていたけど、後ろで誰かが、キッチリ押さえろと声を出していた。
それで引いてのカマシ。
これが特別競輪、初勝利だし嬉しいですよ。


4R
佐藤慎太郎
松川君が俺達を出させてくれると思っていた。
彼も2車だからね。
最後は仲の良い合志君と5、6着勝負だったかな。
新田康仁
今日は僕のラインだけが3車。
本当は先行するつもりだったけど、松川君の気迫に負けました。
合志正臣
接触で前輪も壊れた。
一応、諦めずに踏んだけど。
松川君が逃げてくれたけど期待に応える事が出来なかった。
菅田壱道
ジャンで松川君があんなに踏むとは思っていなかった。
内にも新田さんがいてどうにもならなかった。
松坂英司
ラインの3人で決まり良かった。
やはり新田さんはレースが巧いし強い。
1着だと最終日に優秀レースまで行けるので嬉しいですよ。
松川高大
力勝負をやって負けたのだから納得です。
小林大介
目標がいると良いけど、特別競輪で自分でやって勝つのは難しいですね。
鈴木 誠
前の2人と決まり良かった。
合志君は2センターで、おっこってしまうかと思った。
諸橋 愛
全然、踏むコースがなかった。
同期の大ちゃんとは何度も連係しているし今日は仕方ない。


5R
中川誠一郎
早坂君が掛かっていた。
1着権利だし勝ちたかったけど捲れなかった。
最終日は勝てる様に頑張ります。
藤田竜矢
7番手になったのが失敗。
早坂君が良いペースだし、途中でダメかなと思ってしまった。
斉藤登志信
これが早坂君と初めてのワンツー。
今迄、1度も決まった事がなかった。
やっと彼の後ろの走りが分かってきた。
踏み出しは、わざと早坂君と離し後ろのタイミングをずらした。
佐藤康紀
いつもの早坂君より最後たれなかった。
僕は内を締めていただけ。
早坂秀悟
登志信さんはアマチュアの時から世話になっている。
やっと恩返しが出来た。
二次予選と同じような3分戦。
平原さんと藤田さんが変わったぐらいだし同じ失敗をしないように学習能力を高めた。
今日は掛かっていた? その今日はは、失礼ですよ(笑)。
荒井崇博
最低でも3着権利だったのか…。
4着以下は一緒なの?
それには少し遠い展開だった。
あと、次の特別競輪の高松宮記念杯に俺は出られるのかな?
山下 渡
9番手だしチャンスはなかった。
僕の実力では届きませんよ。
筒井敦史
先手の4番手からと思っていた。
早坂君も良い感じで掛かっていた。


6R
林 雄一
あのタイミングで藤田君が行ってくれたおかげ。
後ろも晴智さんが固めてくれ恵まれた。
渡辺一成
(レース後はすぐにクールダウンの為にローラー台を踏みに行く。
アスリートは、この時間が長く入念な選手が多い)
伊藤保文
藤田君の巻き返しが早すぎた。
あれでは三谷君もペースにならない。
内藤宣彦
死ぬほどきつい。
一成もレース後は苦しそうにしていたし、平然としていたのは山崎だけ(笑)。
4角で乗り越えられれば良かったけど、メーターのレベルが振り切った。
渡辺晴智
前の2人は頑張ってくれたけど俺の脚が今はない。
藤田大輔
一成さんが来て併せて出るより、先に前に出た方が良いと思い早めに仕掛けた。
三谷竜生
まだまだです。
二次予選に続き伊藤さんに迷惑をかけてしまった。
高原仁志
6着ぐらいですかね。
一成君が強かった。
山崎芳仁
あおりがきつかったので様子を見ながら一成君を追った。
本当、彼に助けられた感じですね。
多分、今日は三谷君も踏むしカマシはきついと思っていた。
最後はズブズブにならない様に、回しながら一成君を残しに行った。


7R

後閑信一
前々に攻めないと勝負にならないと思っていた。
内に行った状況判断は良かったけど脚自体は今ひとつ。
ただ、捲りは無意識に出ました。
三宅達也
二次予選に続き岩津君に迷惑をかけて申し訳ない。
佐藤友和
飯野君からマークを外したのは自分のミスだし技量不足。
後閑さんを内にとじこめておけば、外だけを気にすれば良かった。
あとひとつ、頭の上ぐらいに目が付いていれば良かったですね(笑)。
飯野君が駆けているのに捲ってしまえば見栄えも悪い。
後閑さんのヨコに追い上げのつもりで仕掛けたし、届かなかった。
捲ってしまうつもりで踏めば1着だったかもしれないが、それはラインで走っているし出来ないよ。
大槻寛徳
3番手の俺が内をきちんと締めていれば良かったけど。
その後は、全部友和君の判断だった。
佐藤真一
後閑さんからマークを外した。
力不足です。
上原 龍
後閑さんに捌かれたけど、何とか立て直す事が出来た。
阿部さんに入れてもらったおかげです。
3着なら優秀レースに進めるみたいですね。
飯野祐太
後ろがどうなったかは分かりませんでした。
仕方ないです。
阿部康雄
何とか上原君を入れたけど、それで力が尽きた。
余裕もなかったし脚もなかった。


8R

西川親幸
最終バックで松岡君が止まった時に、前が一瞬空いた。
そこを見切りで入って行けば面白かった。
ただ、ふん詰まってしまう可能性や失格も考えられるしリスクが高いので。
飯嶋則之
番手だから3番手のコースを作るのは当然。
だけど空けたわけではないし単に宗景さんが強かっただけ。
松谷秀幸
後ろが先行でも強い小埜さん。
それなのに、あんなレースしかやれず申し訳ない。
池田勇人
初手で4番手に木暮さんも付いていた感じ。
だから先行しようと思っていた。
ペースで踏めたけど、回せる場所がなかった。
でも、ラインの3人で決まり良かった。
6日制の特別競輪で疲れはあるけど、条件はみんな一緒なので。
木暮安由
今日は単騎で走ると池田君、飯嶋さん、宗景さんに自分から話した。
浮いてしまい何にも出来なかった。
吉村和之
どこにも飛び付けなかった。
目標不在だし仕方ない。
小埜正義
俺も内を決めたり出来なかったし番手の仕事をやれなかった。
その辺りは今後の課題です。
宗景祐樹
風が強い中、池田君が先行してくれたおかげ。
今日は前の2人のおかげだし、たまたま。
昨日の競りのアドレナリンが残っていた? 確かにそうかもしれませんね。


9R

中川諒子
1番車だし前を取ったけど、突っ張るには早い気がした。
それで、結局後ろになってしまった。
中山麗敏
競走だから、なかなか上手くいかないですね。
もっと練習します。
石井寛子
先行選手が多いから、混戦になると思っていた。
最終ホームで踏み合いになったけど、そのタイミングでは早いと思った。
だから、待って、待っての仕掛けになった。
最後は、届け!と思いながら踏みました。
加瀬加奈子
番手に嵌る事は出来たけど、結局、捲りは下手だった。
誰も来ないのに番手捲りに行ってしまった。


10R

牛山貴広
もうちょっと掛かれば良かったですけどね。
脇本君の次にも、誰か最終ホームで来ると思っていた。
自分から師匠の前を志願したし、強い気持ちで走ろうと思っていた。
脇本雄太
茨城勢が、この並びと聞いた時に、こう言う展開は覚悟していた。
もう1回引いて、立て直しての巻き返しでは無理でしょう。
毎年、この時期はダービーで誕生日にぶつかる。
昨日は仲間からビールで軽くお祝いをしてもらった。
5月はカザフスタンでアジア大会があるので、取手での全プロには出場出来ない。
イー新聞の社長の地元だし走りたかったけど(笑顔)。
南 修二
脇本君と稲垣さんは頑張っていたし、決勝に乗れなかったのは僕の力不足。
武田豊樹
弟子の牛山君が頑張ってくれた。
本当なら、最終バックで自分で仕掛けないとダメ。
そこは反省点です。
中村浩士
最後、成田君の内に入ったけどコースが空かなかった。
どっか、一回で綺麗にコースに入れれば良かったけど。
やはり、一人では厳しい。
弟子(根田空)と一緒に走りたかった。
武田さんが羨ましい(笑)。
稲垣裕之
脇本君も外にへばり付いて頑張ってくれた。
武田さんのダッシュが凄くて外から行けなかった。
今回は、こんな問題も起きてしまったし、いつも以上に良いレースをやろうと心がけていた。
レースで全てを表現していくしかない。
成田和也
なかなか調子が戻らなかったけど、出来は今年1番です。
熊本に続きダービー王になりたい。
あとは新田君が前々に攻めてくれたおかげ。


11R

金子貴志
本当は前受けはしたくなかった。
でも誰もスタートを出ないので。
川村君が、直線でなく、コーナーなら止められたかも。
あそこから出ても、もがき合いになるし3着には入れないと思った。
地元の特別競輪だし、決勝に乗れないのは凄く悔しい。
菊地圭尚
調子が良かっただけに結果を出せず残念です。
稲川 翔
決勝に乗れたのは嬉しい。
ただ、きちんと3番手の走りをやれなかった。
あそこで入られている様ではダメ。
根田空史
もう1回、川村さんが行くと思ったし焦って踏まなかった。
タイミングも良かったし、スピードも悪くなかったので行けると思ったけど。
伏見俊昭
力不足でした。
最終日は勝てる様に頑張る。
竹内雄作
地元の金子さんに迷惑をかけて情けない。
あそこで川村さんに出られては力不足です。
川村晃司
中部の前受けは意外だった。
竹内君は発進だし、組み立ては難しかった。
何度か出入りがあってのカマシが理想だったけど、あのタイミングで行かないと金子さんが番手から発進するので。
内藤秀久
前がもがき合いになったのは分かった。
あとは、夢中でした。
決勝に乗れるとは思っていなかったし、南関の先行選手のおかげです。
村上義弘
強引に川村君が行ってくれたおかげ。
そうでないと、金子君のレースになっていた。
前に出てからはヨコを止める事に集中した。
ファンの声援が凄く感謝しています。


12R

村上博幸
踏み出しで深谷君に離れたけど、その後はリカバリー出来た。
きつい展開だったけど何とかしのげて良かった。
勝瀬卓也
4角で失敗した面もある。
九州勢は頑張ってくれたし、もっと努力します。
平原康多
深谷君が1車なのは見えたし体もすぐに反応した。
前2走は落車の影響があったけど、もうこれで心配はない。
セッティングも出るようになった。
岡田征陽
平原君に離れてしまった。
後ろの芦沢君にも迷惑をかけた。
本当、脚がない。
すみません。
深谷知広
あのまま7番手では井上さんが番手捲りをやる。
その前に駆けようと思った。
勝ち上がりの中で先行を出来たのは決勝に繋がるし大きい。
吉本卓仁
力は出し切ったけど、これが深谷君との実力の差でしょう。
芦沢大輔
平原君も頑張っていた。
番手でなく3番手だけど、あそこで追い上げに行くのがチームの走り。
こう言う大舞台の経験を増やし、レベルアップしていきたい。
東口善朋
きつかった。
九等賞でも納得です。
井上昌己
この4着と3着の差は選手生命を左右するぐらいでかい(苦笑)。
でも吉本君は頑張ってくれましたよ。


ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら


四日目勝因敗因



1R
山田裕仁
(これが引退レース。
8R終了後に記者会見をやる予定)。
武井大介
今回は流れも向かなかった。
もっと練習もやらないとダメですね。
佐々木則幸
ちょっと複雑ですよ(苦笑)。
1着だけど山田さんの引退レースだったので。
もつれて僕らに展開が向きましたね。
猪俣康一
叩かれてしまった。
全力で走ったけど、先輩達と連係を決める事が出来なかった。
石丸寛之
山田さんの記憶の中に僕のレースを覚えてもらえたかも…。
みんなが力を出し切る良い競走だったけど、山田さんのヨコを捲る時は複雑でした。
鈴木謙太郎
弟もデビューするし、僕も頑張らないと。
弟子達に負けていられませんから。
山口富生
山田さんと最後のレースだしワンツーを決めたかった。
兄貴に続き、山田さんだから淋しくなるね。
良い思い出も一杯ありますから。
岩本俊介
主導権を取れたけど最後は一杯だった。
稲村好将
これが現状の力でした。
鈴木君に離れなかっただけでも。


2R
中村一将
永井君の動きをアテにしてしまった。
作戦は良かったけど、そこが誤算だった。
山口富生さんにも同じ事を言われた。
渡部哲男
ラインの3人で決まり良かった。
原田君も掛かっていたし番手の仕事も出来た。
岡部芳幸
あのまま佐藤君の捲りが決まればワンツーだったけど。
でも、ダービーはみんな仕上げてくるから、調子が悪いと誤魔化しがきかない。
言い訳になるけど、新たな課題も見つかった。
原田研太朗
今日は後ろから攻めようと。
佐藤さんが切ってくれたので主導権を取りやすかった。
3着だけど、やっと自分のレースが出来た。
沢田義和
全部、後輩の中村君に任せていた。
2人で6、7着ぐらいですか。
佐藤朋也
中団を確保したし、行けると思ったけど。
練習不足だし、特別競輪では通用しなかった。
永井清史
山田さんには、今日のレース後も色々とアドバイスをもらった。
主導権を取る自分のレースが出来なかった。
橋本 強
前の2人が強かった。
僕は3番手の走りに徹していただけ。
ラインの3人で決まって良かったです。


3R
星島 太
あのまま守谷君の巻き返しが決まる事を願ったけど。
今回は彼と2回連係し昨日は石丸君と一緒だし、同県の後輩との連係なら納得ですよ。
坂本亮馬
全然俺にオーラが出ていない? そんな事もないけど脚が全然なかった(苦笑)。
今回は酷すぎた。
田中孝彦
やっと主導権は取れたけど、全然ダメですね。
来月の地元伊東の共同通信社杯までには、調子を戻しておかないと。
小嶋敬二
俺は、本当辞めないよ(笑)。
金沢のサテライトは11月のオープンを目指しているけど色々とハードルは高い。
守谷陽介
タイミングは良かったし行けたと思ったけどね。
福田知也
田中君が頑張ってくれたおかげ。
小嶋さんが凄い勢いだけど1着を取れて良かった。
田中 誠
守谷さんは行ったように見えたけど併されたんですね。
亮馬君がダメだと思い自分で仕掛けたけど届かなかった。
小野大介
初日の落車でお尻の擦過傷が痛かった。
今も小牧も練習しているし、愛知は地元のつもりで走ったがダメだった。


4R
石井秀治
体調を崩していたのもあるし完全に仕上がっていなかった。もう1回立て直して頑張ります。
松岡篤哉
今回は初日の9着が全てですね。直前の練習は落車明けの竹内雄作より僕の方が良かった。
それが本番になったら逆ですからね(苦笑)。
坂上忠克
松岡君は頑張ってくれた。北津留君のスピードは良くて止められなかった。3着で一杯だった。
前田拓也
今回は肋骨骨折明け。これが今の力だった。
鈴木 裕
アクシデントがあったのもあるけど、北津留君の捲りに付いていければ良かった。
それが離れてしまった(笑)。
中村 淳
不利な展開を克服する脚はないし7着で一杯だった。
北津留翼
後ろの2人が落車したし素直に喜べない。でも、中団を取ってまくりが決まり1着で嬉しいです。


5R
志村太賀
車間を切ってタイミングを取ろうと思っていたら、思った以上に離れてしまった。
何をやってもダメだし現実は厳しい。
山賀雅仁
引いての巻き返しは作戦通り。でも、風もきつく捲る事が出来なかった。
海老根さんに任せてもらったけど、なかなか恩を返せない。
小倉竜二
今日は小川君のおかげ。掛かっていたし捲られる雰囲気はなかった。
これで最終日まで走れるし、良かった。普通なら初日に飛んだ時点で、途中でお帰りのパターンだけど。
西岡正一
4着権利だし先手の4番手と思っていた。展開は良かったけど5着だし最終日まで走れるかは結果待ち。
前反祐一郎
小川君と小倉君のおかげ。2着で良かったし頭まで行ったら逆にファンに迷惑をかけるでしょ(笑)。
海老根恵太
自分で切り開くぐらいの気持ちでないとダメですね。今日は山賀君に任せていたし仕方ないけど。
小川勇介
不甲斐ないレースが続いたので今日は先行しようと決めていた。それにしても凄い風ですね。
ラインで決められ良かったです。
兵藤一也
8着か…。脚もないけど展開も悪かった。
望月永悟
9番手ではチャンスがないですね。もう少し前にいれば突っ込めると思うけど。


6R
友定祐己
坂本君のスピードを借りる事が出来た。
でも、捲ってしまうと思い自分で踏み込むのが遅れた。
それで1着までは無理だった。
成清貴之
桐山君とは仲も良いし仕方ないよ。
また、頑張ってもらう。
北野武史
高橋君と8、9番手だし、しゃーないです。
天田裕輝
これが特別競輪初勝利。
それも逃げ切りだし嬉しいですね。
腰痛で調子を崩していたけど、温かくなり体調も良くなってきたので。
最終バックを目掛けて踏み込んだら、上手く掛かってくれた。
高橋陽介
前がごちゃごちゃしたのを見てしまった。
最終ホームでカマシが決まれば良かったけど、天田君がペースだった。
坂本健太郎
あのまま3番手で直線勝負?
いや、俺の勝負魂と勝負根性が許さなかった(笑)。
萩原孝之
桐山君には、いつも世話になっているので気にしていません。
幸田光博
天田君は強かったけど俺は3着で弱かった。
2車で大きく持って行けないし、難しかった。
あとは新車も合っていないのかな。
桐山敬太郎
毎年、ダービーはダメですね。
昨年の立川は鎖骨骨折ですから。
体を作り切れていないし花粉症も酷いので。
目が腫れているでしょ。


7R
神山拓弥
ああなったらどうすれば良いんですかね。
引いては捲れないと思い。
番手で粘るのも、ひとつの手だったかもしれませんね。
柏野智典
阿竹君はもう少しで行けたのにな。
不発だし内に降りようと思ったけど重注が付きそうなので止めました。
三谷将太
風が強い中、山田君が頑張ってくれたおかげ。
混戦になり野田パワーが炸裂の展開になった。
それで僕は2着だった。
野田源一
単騎だったけど、いつも通り一発狙っていた。
9番手になったけど、前がごちゃごちゃになり僕の展開になった。
阿竹智史
脚は悪くないと思うが、今日は組み立てのミスがあった。
山田久徳
連日、主導権を取り自分のレースは出来ていると思う。
風も確かに強いが4角からの粘りが、もう少しあれば。
浦川尊明
途中ではバント。
その後はバスター。
最後はホームランを狙ったけど空振りで終わった感じですね(笑)。
坂口晃輔
同級生の山田君と三谷さんのおかげです。
三谷さんはヨコが厳しいイメージがあったので、見て見ての突っ込みなので足りなかった。


8R
吉田敏洋
柴崎君が頑張ってくれたおかげ。
長い距離を踏んでくれたからね。
申し訳ないけど1着を取らないといけないから。
初日に失敗した分、周りに気を使わせてしまった。
勝ち上がれれば良かったけど、それがダメだった時のリカバリーも大切なので。
加藤圭一
斉藤さんと絡んだ分、直線で伸びを欠いた。
安東宏高
菅原さんは2着に入っている。
僕の力不足でした。
斉藤 努
良い感じでコースは空いた。
でも、加藤君と絡んで。
筋肉がほぐれて体は動いている。
後ろになってしまう展開も考えていたし慌てないで行こうと思っていた。
大薗 宏
踏む場所がなかった。
もうひとつ、内のコースだったかな。
柴崎 淳
ホームでスピードに乗せてバックの追い風を利用しようと。
でも、風が強すぎた。
例え後方になったとしても、鐘の3角では行こうと思っていた。
西谷岳文
レース後に村上さんから色々とアドバイスをもらった。
怪我は走っている時は大丈夫です。
菅原 晃
ホームでの追い上げ? 緩めば、そのまま行こうと思っていた。
良い位置は取れたと思うけど、吉田君が車間を切ってきてタイミングを取れなかった。
それでも、頭まで届くと思ったけど。


9R
諸橋 愛
根田君のペースになったし仕方ないですね。
佐藤友和
今日は先行が前で残っている。
逃げて持つぐらいの仕上がりなら良かったですけど。
根田君も凄く掛かっていた。
勝瀬卓也
根田君の先行が掛かっていて僕は何にもやらなかった。
あとは前を回してくれた晴智さんのおかげ。
こう言う時に、自分が経営しているスポーツジムの宣伝? それは良いと思いますね(笑顔)。
渡辺晴智
地元記念での肋骨骨折の影響?
それは言い訳になるし、全て力不足です。
番手ならもっときつかったし、3番手で良かった。
合志正臣
松岡君の好きに走ってもらった。
その中で、どれだけ伸びるかだけど。
今回は勝負駆けの時に着る、しおすぽTシャツ(大阪スポーツ・塩次記者が制作)を着用して走りましたが(笑)。
上原 龍
根田君が強すぎますよ。
先行しないとダメなのは分かっていたけど。
諸橋さんにも迷惑をかけてしまった。
斉藤登志信
全日本選抜の決勝進出にしても、たまたま展開が良かっただけ。
これが実力ですよ。
松岡貴久
3着だけど準決に乗れないのは悔しいですね。
また練習をやっていくしかないですね。
根田空史
ペースで駆ける事が出来た。
風もきつかったけど3車なので自分のレースが出来た。
特別競輪の準決でも、いつもの走りをやるだけ。
師匠の中村さんも喜んでくれた。


10R
井上昌己
一旦、内を掬われたけど最後は伸び返して良かった。
本当、今日は吉本君が強かった。
恵まれました。
池田勇人
あの位置を取って捲れないのだから力不足です。
今日は捲りが決まっていないし本当は先行したかった。
力勝負をやって負けたのだから、吉本さんが強かった。
松坂英司
今回は怪我明け。
その中で二次予選を走れたのは収穫。
いつも小埜君は頑張ってくれるので結果は気にしていない。
小埜正義
自分が踏む前に池田君に切られてしまった。
レースに参加させてもらえなかった感じですね。
宗景祐樹
今日はマーク屋として気持ちを入れて走った。
勝負に勝つ事を大切にして結果も求めていた。
3着だったけど自分の走りは見せられたと思う。
佐藤康紀
みんな強いし8着でも納得ですよ。
菅田壱道
3番手に追い上げるかカマシに行こうと思った時に落車しそうになった。
それが一番痛かった。
吉本卓仁
井上さんから自分の走りに徹しろと言ってもらった。
だから気持ちが走る前から楽だった。
夢中で先行しただけだし、逃げ切れるとは思っていなかった。


11R
金子貴志
深谷君の踏み出しが強烈だった。
離れてはいけない展開だしすみません。
成田和也
圭尚君が早めに巻き返してくれたおかげ。
僕の調子も悪くないと思います。
でも、深谷君のスピードは違いました。
川村晃司
あのタイミングで菊地君が来るとは思っていなかった。
完全に油断しました。
菊地圭尚
今日は最初から、やってやろうと思っていました(笑)。
半信半疑で行ったけど意外と行けましたね。
ただ、深谷君だけは別格の強さだった。
村上博幸
勝ったのは深谷君だけど菊地君の走りも良かったですね。
芦沢大輔
武田さんは前々と攻めてくれた。
憧れのゴールデンレーサー賞に乗れたのも武田さんのおかげ。
こう言うレースを、いつも走れる様に一歩、一歩段階を踏んで行きたい。
深谷知広
8番手になったし結果オーライのレース。
地元の特別競輪だし勝ちを意識しているが金子さんとワンツーが決まらなかったのは僕の力不足。
稲川 翔
菊地さんが凄いスピードで行った。
今日は3番手のレースだし納得。
今年は岸和田でグランプリがあるし、乗れる様に一戦、一戦集中して走る。
武田豊樹
競輪は分からないね(苦笑)。
ちょっとは頭の隅にあったけど、あそこから菊地君が行くとは思っていなかった。
でも良い勝負が出来たし面白いレースだった。
準決は弟子の牛山に頑張ってもらう。


ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら


三日目勝因敗因



1R
三谷将太
全て中村さんのおかげですね。今回は弟も一緒だし負けられないつもりで走った。
人気に応えられて良かった。
佐々木則幸
何とか中村君を止めたかったけど失敗した。あとは、2センターで滑ったりして突っ込み切れなかった。
上野真吾
中団を取ったまでは良かった。だけど、その後、攻め切れていない。内に行くようではダメですね。
萩原 操
前の2人に任せていた。もまれる感じで踏むコースもなかった。
萩原孝之
後ろに大木さんも付いていたので外を仕掛けた。2着だったし連続落車の影響はないですね。
守谷陽介
良い展開になったけど掛かり切らなかった。
何とか佐々木則さんの勝利に貢献したかったけど力不足だった。
中村一将
力は出し切ったけど結果が出なかった。と言う事は、力がないと言う事。最後は一杯でした。
前田拓也
まだ肋骨にヒビが入っている状態。初日も今日も前を追い切れなかった。
付いて行ければ2着に入っていましたね。
大木雅也
萩原君が自ら仕掛けてくれたので。これで2着なら5走走りが決まったみたい。3着なので結果待ちです。


2R
猪俣康一
ちょっと中途半端でした。脚を使ってでも前に出ないと。
ギヤが掛かっているから、前に出ても、その後、流さなくてはいけないので。
紺野哲也
金沢君が作戦と違い、頑張りすぎてくれた(笑)。
兵藤君のコースも作らなくてはいけないし、2着に残せなかった。申し訳ないね。
渡部哲男
展開は良かったけど内に差したのが失敗。
行こうと思った時に、踏み遅れていた志智さんが追い上げてきたので被って終わった。
兵藤一也
最低でも2着権利だし突っ込めて良かった。金沢君のおかげ。
桑原大志
ギヤを4・33にした。ただ、こじ空けて突っ込めなかった。そこで飯を食っているのに…。
中村 淳
不利な位置になったり、自分で捲ったりする脚が今はない。流れと展開が向いた時に勝ち負け出来るだけ。
志智俊夫
どうするかは猪俣君に任せていたので。
金沢竜二
カマシか捲りを考えていたけど、調子が良いのでスイッチが入ってしまった。
丸2周駆けての3着。内容は抜群に良いけど2着に残りたかった。
山口富生
猪俣君が、ちょっと中途半端だった。前の2人に任せていたし仕方ない。


3R
加藤圭一
桐山君のおかげ。交わせてのワンツーだし1番良い形になった。
石丸寛之
カマシに行きたかったけど桐山君が相当踏んでいて行けなかった。
田中君のブロックで失速してダメだった。あらなら最終ホームまで我満して一気に行けば良かった。
和泉田喜一
桐山君は頼もしいね。度胸もあるから。今日みたいに何もやらない展開だったら付いて行ける。
田中 誠
う~ん、走る前の感触は良かったけど。中団を取ったけど、そこからは何が何だか分からなくなってしまった。それと車も全然出なかった。
桐山敬太郎
今日は先行するメンバーだと思っていた。普段から、そんな練習もやっているので。
先行するか中団かイン粘りが基本パターンだからね。ラインの3人で決まり良かった。
星島 太
いつも頑張ってくれる同県の後輩だし、石丸君と決まらなかったのは仕方ないね。


4R
岡部芳幸
前の2人を追えていれば3着。一次予選も今日も離れているし脚がない。
阿竹智史
初日が良くなかったので今日から新車に換えた。それが良かった。
最終ホームで8割方、師匠の小倉さんと決まると思った。
あとは抜かれるか我満出来るかの勝負だと思っていた。
望月永悟
僕は前任せの選手だし、今日の展開では仕方ない。
小野大介
怪我は大丈夫。残りも頑張ります。
小倉竜二
前のあおりもあったので阿竹君もきつかったと思う。あいつの持ち味である地脚で粘り強く捲ってくれたね。
あとは、最後はきちんと抜かないと。1着なら最終日まで走る事が確定したけど。
服部克久
今の力を試したかったので積極的に駆けてみた。せっかくのダービーだし何かを掴んで帰りたかったので。
9着はしなくて良かった。
高木隆弘
鈴木君の仕掛けが少し早かったかな。あれでは阿竹君を引き出す形になる。
鈴木 裕
きちんとした自分のレースが出来ていない。それが着順に出ている。
園田 匠
服部さんも気持ち良く行ってくれた。車間を切ったけど鈴木君ともがき合いになってしまったので。


5R
柏野智典
神山君が後ろに入ったのは分かった。3角で山田君がニュートラルに入ったので2人で決まると思った。
何とか抜いた感じで山田君が強かった。
斉藤 努
作戦は全て神山君任せだった。でも、あの位置取りは流石ですね。
結果は別として本当、素晴らしい走りだったと思う。
山賀雅仁
何をやるのも全て中途半端だった。突っ張るなら、きちんと突っ張るべきだった。
小川君に内に行こうと思ったら詰まってしまい。
結局、車間が空いて余分に脚を使うし、あれがなければ飲み込めていたと思う。
前反祐一郎
捌かれて前を追えなかった。ギヤも大きいのは本来好きでないし。
山田久徳
マイペース? いや、ジャンで仕掛ける時に斉藤さんと接触してバランスを崩してしまった。
それがなければペースで押し切っていたと思う。
神山拓弥
レースの組み立ては良いけど脚が全然回らない。あの展開で勝てない様では一から鍛え直さないと。


6R
坂口晃輔
きちんと吉田さんを追えていないし力不足です。
友定祐己
浜ちゃんが頑張ってくれたけど内をしゃくられて。難しいな。
野田源一
志村君が切って吉田君が行ってしまえばどうしようもなかったけど、海老根さんの位置が分からなかった。
最後は1着かと思うぐらい、シッカリ踏めていたと思う。
大薗 宏
コースも空かないし突っ込み切れなかった。友定君と絡みそうになり最後は、危ない!と声を出した。
吉田敏洋
走る前はシンプルに考えていたけど、楽には勝たせてくれないね。
内に行くレースだし自分の調子も足りていない。もっと積極的にいつも通りの走りが出来れば。
坂本健太郎
吉田さん、志村君は俺がしゃくって来るのを待っているのかと思い。それなら外から行ってやろうと。
志村太賀
なかなか上手くいかないや。雪かきが忙しくて、脚も仕上がっていない(笑)。
海老根恵太
見ての通りで全然ダメ。脚が全くない。
浜田浩司
良い感じで主導権を取れたし、逃げ切れたと思ったけど。でも、3着に残れたし納得はしている。


7R
新田康仁
竹内君が強かった。行けなかったし仕方ないです。
山崎芳仁
グランドスラムがダメだった? そうですね。
稲村成浩
木暮君が3番手を取ってくれたおかげ。吉村君の動きが気になって中村君のコースには入れなかった。
吉村和之
雨と後ろの木暮君が気になって余裕がなかった。だから中村君が内に来ても締める事が出来なかった。
竹内君もペースで踏んでいたしもったいない。
中村浩士
新田さんが仕掛けてくれたので林さんの後輪だけを見ていた。
最後は上手く内のコースが空いて、スルスル行けた。諦めずに踏んで良かった。
木暮安由
良い位置を取れたが最後はしゃくられてしまった。
3番手でなく番手? それをやると新田さんに捲られそうになるので。
佐藤慎太郎
本当、一からやり直しです。これから特別競輪を走るのは難しくなるけど、気持ちを切らさず頑張りたい。
竹内雄作
ホームで隊列を確認して自分が持つと言う場所から仕掛けた。
押し切れるかは分からなかったけど、ガムシャラに踏んだ。これでダメなら仕方ないと思い踏んだ。
林 雄一
内か外か迷いながら外を踏んだ分、伸び切れなかった。力不足です。


8R
東口善朋
南君が前で仕事をやっている時に先には踏めない。待ってから踏んだし3着。
ラインで決まったけど3着だし勝ち上がれるかは結果待ち。
岩津裕介
僕が前でやる時もあるけど、今日は三宅さんに任せた。信頼した結果だし気にしていない。
三宅達也
組み立てが悪かった。岩津君に迷惑をかけてしまった。
脇本雄太
初日の武田さんはタイムが抜群。僕のレースの後を走った新田さんも凄いタイム。
前半が10秒9で後半が11秒2だから。僕も良いレースが出来たし準決に繋がると思う。
松川高大
脇本君が凄く掛かっていた。近畿は3人で走っていたし中団でも前と遠く感じた。
南 修二
脇本君が強かったし、僕の状態も上向いている。ラインで決まり良かった。
荒井崇博
後輩任せのレース。ただ、何かあれば、いつでも自力を出せる脚を作っておきたい。
藤田竜矢
ちょっと焦ってしまった。タイミングが悪かった。


9R
筒井敦史
稲垣君のペースが上がっていて、再度、3番手に追い上げる事は出来なかった。
稲垣裕之
頭で考えず、自然と体が反応した。納得のレースは出来たと思う。
内藤秀久
松谷君が前々と攻めてくれたおかげ。3番手に入ったけど余力がなかったみたいですね。
確定板に乗れたのは彼のおかげ。
大槻寛徳
一成君の出脚に離れない様に後輪を見ていただけ。だから、どんな展開だったかは分からなかった
松谷秀幸
村上さんの気迫に負けた。4角で押し込まれたのが痛かった。でも、やるべき事はやれた。
山下 渡
こう言ったレベルの高い選手と一緒に走れて勉強になった。
村上義弘
稲垣君が踏んで欲しいところで踏んでくれたから競り勝つ事が出来た。
気持ちも彼と一緒になれた。渡辺君の捲りを止めれば、2人でチャンスだと思った。
まさか抜けるとは思わなかったし、理想像を求めて一戦一戦頑張るだけ。
小林大介
厳しいメンバー相手。何も出来なかった。
渡邉一成
ジャンのところで突っ張れば良かったかな。仕掛けるタイミングは他にもあったのに…。
今日はレースに迷いながら走った感じです。


10R
伏見俊昭
新田君の踏み出しで離れた。でも、何とかワンツーを決める事が出来て良かった。
牛山貴広
一旦、勇気を持って切ったのが良かった。僕は3着でも勝ち上がれるので良かった。
三谷竜生
経験不足だし余裕もなかった。もっと練習します。
阿部康雄
もう特別競輪に乗れないと思っていたし、二次予選に進めただけでも。
伊藤保文
三谷君が経験不足? 俺には分かりません。
鈴木 誠
厳しいレースになると思っていたし仕方ないですね。
飯嶋則之
牛山君の組み立ては間違っていない。切って正解だと思う。
あとは前を抜ければ良かったけど脚がなかった。


11R
平原康多
ちょっと冷や冷やのレースになったけどラインで決まり良かった。
まだ血がたまっている分、そこはベストの状態とは言えない。でも、普通に走れるし影響はない。
飯野祐太
誰か粘ってくるとは思っていた。でも、それをやると平原さんの捲り頃になると思っていた。
一応、番手を守れただけでも。
西川親幸
誠一郎の判断だった。理想は3番手に向かい入れたし、捲って欲しかったけど。
でも、頑張ってくれたと思う。
岡田征陽
平原君が強かった。全部、やってもらった感じですね。佐藤さんと埼京3人で決まり良かった。
早坂秀悟
後ろが併走になりペースに持ち込めなかった。あとは、飯野さんに頑張ってもらうだけだった。
佐藤真一
前の2人に離れなくて良かった。やはり平原君が強かった。
中川誠一郎
最初からイン粘りの作戦ではない。どっちみち併走になるし、それはタイミング次第だった。
本当なら、早く単独になり平原君より先に捲りたかった。


ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら


二日目勝因敗因



1R
池田 良
いつもなら、あそこから突っ込めるのに今回は仕上がっていない。
体重も落としたので踏めていない。
柴崎 淳
鈴木君の動きが予想外できつかったけど、自分のレースは出来た。
調子が良いだけに初日の走りが悔やまれます。
磯田 旭
鈴木さんが頑張ってくれたのに、自分の脚がなかった。
幸田光博
思ったより伸びていない。今日でダメなのが分かった。3番手だし平面ダッシュがきつかった。
本当は内からでなく、外から鈴木君が行く予定だったが。
原田研太朗
今回は体調不良で練習不足だった。それが競走に出ている。明日1日休めるので、3走目を頑張りたい。
鈴木謙太郎
佐藤さんが内を空けたので、そのまま先行した。これが今の脚ですね。
武井大介
なかなか展開が向かない。最後まで踏めない感じだし、調子は分からない。
あれで原田君が2車で来て、佐藤さんが追いかける展開が理想だった。
佐藤朋也
2車だし難しかった。内から鈴木君が来て対処出来なかった。
北野武史
差せたら良かったけどね。でも、柴崎君とワンツーで良かった。危なかったのは原田君が来て被った時ぐらい。


2R
小嶋敬二
山田さんと思い出作りのレースになった(笑顔)。
俺も電撃引退しようかな? もちろん、ジョークですよ(笑)。
兵藤一也
ダービーは村上さんが優勝した時に表彰台に乗っている。でも、今は脚がないし3着で一杯だった。
北津留翼
見すぎてしまったし、回りも強かった。流れに乗れていないし、何か手を考えないと置いていかれますね。
岩本俊介
9着だし、これが実力だし力不足です。
浦川尊明
調子は良いと思っていたから高橋君の動き次第だと思っていた。残りも全部勝てる様に走りたい。
山田裕仁
小嶋は頑張ってくれた。とにかく頑張るだけです。
石毛克幸
厳しい展開でしたね。丁度、順番が来れば岩本君も行ってくれたと思うけど。
上手く小嶋さんにやられましたね。
小岩大介
5着ですか。北津留君を信頼していたし仕方ないですね。 高橋陽介
勢いを付けて小嶋さんを捲る事が出来た。あれは内でなく外を行けたと思う。そこは反省材料かな。
初日は誠一郎さんにダッシュ勝負で負けたけど調子は良いと思っていた。


3R
大木雅也
田中君が上手いレースをやってくれた。僕は付いていただけ。菅原君はスピードが違いましたね。
天田君は止めたかったけどダメでした。
澤田義和
自分が番手を守れず松岡君に迷惑をかけてしまった。
菅原 晃
本当は3番手を取りたかったけど…。ただ、その後は冷静にレースを進められた。
サラ脚の天田君が来る前に仕掛けたかったけど、まさか後ろにいたとは。
番手捲りの上を行けたし調子は良いけど、小野さんとワンツーを決められなかったのは残念。
田中孝彦
怪我の影響もあるけど、それ以上に僕の脚がないだけです。
番手に嵌ったけど、更に良いスピードで菅原さんに捲られてしまった。
香川雄介
最終日まで走りたいけどね。今日は前が千切れたし仕方ない。
松岡篤哉
う~ん、今日はどうしようもないですね。後ろに入られたのはビジョンを見て分かった。
昨日も掛かっていたと思うけど、何か流れが悪いですね。
稲村好将
天田君の動きに付いて行けなかった。もったいないね。
天田裕輝
結果的に踏み遅れたのが良かった。でも、本当なら菅原さんと併走しなくてはダメですね。
こう言うミスをしてはいけないし、内の重たいところを走らされて苦しかった。
小野俊之
全然ダメでしょ。初日にしたって普通なら3着には入れる。
こうしないといけないと分かっているけど体が反応しない。
体調の問題でなくセッティングの問題だと思っている。


4R
橋本 強
亮馬君が良い位置を取ってくれたけど、不発だし仕方ないですね。
石井秀治
人気なのにすみません。ちょっと仕上がっていないかも。
西谷岳文
石井君より前でレースをやりたいと思っていた。西岡さんと決まり良かった。
落車で体は痛いが、走りだせば大丈夫です。
永井清史
バックの向かい風で止まってしまった。自分のレースは出来ているけど、もうちょっとですね。
福田知也
石井さんが行けなかったから。今は追込でやっているし仕方ないです。
坂上樹大
永井君も頑張っていたし、もう少し何とかしたかったけど。でも、西谷君のスピードが凄く良かった。
坂本亮馬
良い位置は取れたけど車を引き切るのに時間がかかってしまった。
立て直す前に西谷さんに行かれてしまった。
金子真也
もうちょっと脚がないと特別競輪では苦しい。
西岡正一
理想の展開になったし西谷君の得意パターンになった。
離れてはまずいと思い坂上君のブロックだけを警戒した。


5R
宗景祐樹
神山君は北勢と絡んでいたし無駄脚を使っていたと思う。
その分、車が出なかったけど、僕の為に強引に仕掛けてくれた。
コースも見えていたし練習もかなりやってきたので突っ込めた。
竹内雄作
落車して欠場明けだし、とりあえず逃げてみようと。それでダメなら諦めがつく。
新車の感覚も良かったし、思った以上に良い走りが出来た。
星島 太
守谷君の後ろで宝くじの当たりを期待したけどね(笑)。
有賀高士
自分のやる事をやってダメだったので納得。伸びなかったし単純に力不足です。
神山拓弥
人気になっていたし勝ちたかった。小野さんに押し込まれたら終わってしまうので自分から捌きに行った。
そうしたら進みすぎて詰まってしまった。
自分はダメだったけど宗景さんが勝ち上がってくれたので。
今年は地元で特別競輪もあるし気持ちを切らさず頑張りたい。
守谷陽介
中途半端に下げてしまった。このクラス相手で、こんな走りをやってはダメですね。
脚は楽だったけど組み立ては下手だった。
金澤竜二
4分戦だし前から2番目か3番目の位置が欲しかった。あとは仕掛けるタイミングも遅かった。
周回中から色々と考えているようではダメですね。
吉村和之
竹内君を抜けるとは思っていなかった。4角ではワンツーかなと思ったけど緊張する要素も一杯あった。
有賀さんが声をかけてくれたりブロックしてくれたり、みんなで勝ち取った1着。
直前も山口富生さんがバイク誘導をやってくれたおかげ。


6R
坂上忠克
せっかく猪俣君が行ってくれたし捲りを止めないとダメですね。
上野真吾
番手まで行っても良かったけど3番手で粘る形になった。引くかどうか悩んでしまい中途半端だった。
荒井崇博
松岡君がふらふらしている時は自分で仕掛けても良いなと思った。
でも最後まで信じて良かった。調子? 悪くはないと思う。
猪俣康一
3番手に飛び付かれたのは分かった。ちょっと、ペースに入れる事も出来なかった。
結果的に藤田君に捲られているようではダメですね。
高木隆弘
上野君の判断に任せていた。最終バックでは俺も外に持ち出して捲りたかったけど。
藤田大輔
神奈川勢に付けるか悩んだけど単騎で走り正解だった。車も流れたし脚の感じも良いですね。
前反祐一郎
九州勢の後ろにいようと思っていたけど、切り替えやすい様に位置を決めずとコメントした。
最後、届いたと思ったけど4着か…。
ギヤをかけてから着の感覚が分からなくなったしゴール前は難しいですね。
萩原 操
上野君に飛びつかれたし力を出し切れなかった。
松岡貴久
今回は同県の仲間が調子良いので緊張した。
藤田さんが、いつ止まるのかなと思ったけど捲り切ってしまった。
ラッキーだったけど、流れも大切ですから。


7R
渡邉一成
(あまりにも激しいレースで酸欠状態になり医務室に駆け込む)
萩原孝之
連続落車の影響はない。ただ、中団におさまったし鈴木君が行くとは思わなかった。
まだ、行かないでと思った(笑)。
石丸寛之
道中、変な風が吹いていたし、ちょっと重かった。でも、そこは条件はみんな一緒。
タイムを見ると一成が凄いし、赤板から行ってあのタイムでは無理。調子も良く悔しいけど今日は脚負け。
鈴木 裕
逃げるつもりで行ったけど、あそこで突っ張られては仕方ない。世界クラスの一成さんと力の差が出ました。
齋藤登志信
一成君に競技の駆け方をされると俺もきついけど、上手く競輪の走りをやってくれた。
作戦は全部、彼任せだった。
筒井敦史
石丸さんと一緒に練習をやってきたので2人で決めたかった。出脚も良かったけど一成君が強かった。
俺は勝ち上がれたけど、本当に良ければ2着に突っ込めていた。
小川圭二
みんな強いね。スピードが凄い。感触? 踏み応えはあったけど、離れているからね。
野田源一
外に何人かいたので内に行ったけど、内に行くのは慣れていないから。
一成君が内を空けるのを期待したけど、それも空かなかったので。


8R
伊藤保文
山田君も凄く掛かっていたし、あとちょっとだったね。
俺は前走の松山記念でハッスルした分、疲れがあったかな(笑)。
後ろに入った志村君だけは後輪で少し持って行けば止まると思った。
阿部さんに中を割られるのは想定済み。
阿部康雄
2年ぶりの特別競輪で勝ち上がれるとは思わなかった。全部、志村君が前々と攻めてくれたおかげ。
桐山敬太郎
組み立ては間違っていなかったと思う。あとは、バックで捲れるか捲れないかのレースだから。
やる事はやったし、納得の敗戦。
志村太賀
あの位置で勝てないのでは競輪記者をやっている意味がない。新聞記者になろうかな(笑)。
新聞記者のイメージの写真を撮っておいて下さい。
渡部哲男
俺と佐々木則さんの車番が悪かった。それが全てです。
山田久徳
力は出し切ったけど脚がなかった。最後にたれてしまった。
内藤秀久
コースを見つけて踏む事ができた。アドリブで縫うようにして(笑顔)。
和泉田さんのコースも作らなくてはいけないが、誰か1人でもラインから勝ちあがらないと意味がないから。
和泉田喜一
7着ですか。とにかく前の2人に迷惑をかけない様に走っただけ。
佐々木則幸
哲男に任せていたし仕方ないですね。僕が前でも一緒でしたよ。
次の地元記念の為にも良いレースをやっておきたい。


9R
根田空史
勝負どころじゃないところで脚を使ってかなり一杯。それで残れているんだから悪くないと思う。
新車は、まだ乗りこなせていない。捲りも出せないわけではないけど、なるべく使いたくない。
三谷将太
中村さんとの呼吸が合わなかった。出直しやあ!
岡部芳幸
菅田君の捲りに離れてしまった。
菅田壱道
8番手から捲った時は、行けるところまでと思った。
思った以上に車が出てしまい、頭まで行ってしまった(笑顔)。
加藤圭一
キッチリ、自分の位置を守れなかった。脚がない。
坂本健太郎
田中君が狭いところを行った。あれを追う度胸が俺にはないから(笑)。
自分で仕掛けたけど届かなかった。
林 雄一
根田君が強すぎる。何とか付いて行くだけで一杯。それで仕事も出来なかった。
直線の入り口では4着ぐらいに沈むと思った。
田中 誠
車番が悪いから1番前か後ろ攻めの選択しかなかった。
林さんに締められて…。それで捲り切る事が出来なかった。
中村一将
根田君との力の差を感じた。先行しようと思い3歩目ぐらいで完全に併されてしまった。


10R
新田祐大
きつかった…。脚が凄く痛い。
長塚智広
最終ホームで内に差したのが痛かった。久々の実戦だし仕上がっているとは言えない。
あと、ちょっとです。でも、1走して感触を得た面もある。
村上博幸
川村さんをアシスト出来たし脚の感じは悪くない。周りの状況も見えていたし対応も出来た。
菊地圭尚
新田祐君が2車でも頑張ってくれたおかげ。
ジャンでは口が空いてしまったけど追い付いてからは余裕があった。
川村さんの捲りは見えたけど振ると内をしゃくられると思い動けなかった。
川村晃司
先行するか出させて3番手かは、その時の流れだった。
村上君に入れてもらったし2角で行きたかったけど新田祐君の先行が絶妙だった。
何とか捲れて2着に入れ準決に進めるのは大きい。
ゴールデンレーサー賞を走るのは初めてです。
南 修二
3番手だし前任せのレースだった。結果は出なかったけど悪いイメージはない。
新田康仁
仕掛けるタイミングがツーテンポ遅れた。
何とか川村君の捲りにスイッチして直線勝負かと思っていたら内から来られてしまった。
勝瀬卓也
道中は余裕があったが、最後は差し込んでしまいコースがなかった。
平原康多
新田祐君がカマシに行った時に追って行ったら南さんとハウスしてしまった。それでバランスを崩した。
そこが一番痛かった。落車明けだけど、踏んだ感触は思っていたより悪くなかった。


11R
武田豊樹
どんな展開になっても対応していこうと思っていた。
捲りは好きではないけど、最終バックを目掛けて仕掛けた。
ファンの車券に貢献出来たと思うし芦沢君と2人で人気に応えられて良かった。
村上義弘
脇本も頑張ってくれたけど、最後は力尽きた感じだった。
あとは武田さんのスピードが違いすぎた。博幸と一緒に走りたかったけど仕方ないですね。
成田和也
友和君が頑張ってくれたおかげ。村上さんに踏み負けなかったし調子は良いと思う。
芦沢大輔
武田さんが更に進化していた。一緒に練習させてもらっているが、今日のレースもしびれた。
初手の位置取りと言うか、展開も良かったですね。
佐藤友和
あそこでワッキーに突っ張られたら勝負にならない。その後の対処も良くなかった。
佐藤慎太郎
バックで内に差したのが痛かった。最後までゴール前勝負をやりたかったけどね。
今は脚もないけど展開も良くない。休む時間もあるし、基礎からやり直したい。
脇本雄太
さすがに2周は持たない(苦笑)。でも、前受けになった時点で、あの走りしかないでしょう。
岡田征陽
前の2人はワンツー。完全に力不足です。
井上昌己
何も言う事はない。みっともないレースだった。



ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら


初日勝因敗因



1R
三谷竜生
本当は、もっと早めに行けたけど最終ホームでは小野さんに見られて仕掛けられなかった。
踏んでからは良い感触だった。あとは、西岡さんまで引き込めなかったのは僕の力不足。
小野俊之
翼の組み立てはセオリー通りだった。あの位置を取ったのだから、被る前に行って欲しかった。
初日で、もう終わりか…。凄く悔しい。
中村浩士
山賀君が残り1周行ってくれたおかげ。あのタイミングは逃さず行ってくれた。だから僕は3着に入れた。
北津留翼
後ろの巻き返しが見えたけど、行くのが遅かった。被ってしまい小野さんに迷惑をかけてしまった。
齊藤 努
天田君が行ってくれたしチャンスはあった。上手く切り替えられれば3着以内に入れた。
良くはなっているけど僕の力不足です。
天田裕輝
見せ場を作れただけでも良かった。一旦、前に出たけど山賀さんの巻き返しが早かった。
それでペースに持ち込めなかった。
東口善朋
自分でも良く届いたと思う。あとは三谷君が強かったし、彼のおかげ。
捲りの後ろだし、大した仕事をしないで済み恵まれた。
西岡正一
前の2人がワンツー。付いて行けなかったし脚がなかった。
山賀雅仁
自分で良い仕掛けをやった時は、逆に結果が出ない。結果を見れば今日は三谷君が強かったと言う事。


2R
高橋陽介
世界の誠一郎さんにダッシュ勝負で負けた。僕も良いタイミングで行ったけど完全に併された。
合志正臣
直前の練習通りで誠一郎が仕上がっていた。高橋君のカマシも良かったけど力でねじ伏せた。
僕は4・50のギヤを使ったし疲れが心配。ケアをしないと故障の原因にもなるので。
諸橋 愛
矢口君の失格が残念。僕は展開に恵まれて3着に入れた。悪くはないと思うので展開次第では。
西谷岳文
怪我は酷くなかった。二日目も走りますよ。
紺野哲也
高橋君も良い感じで行ってくれたけどね。あれを併せ切った誠一郎君が強かった。
大薗 宏
最後、内に行く形になったけど届かなかった。
中川誠一郎
中団がもつれているなら出させなかったけど、ああなったら突っ張るしかない。
コロンビアでは体調を崩したけど3種目走った。それに比べれば今日は楽だった。
このままでは、イー新聞の専属ライターになってしまうので本業で結果が出て良かった(笑顔)。
矢口啓一郎
失格ですか…。それがショックです。
澤田義和
あおりがなければ西谷君が行けていた。もったいない展開だった。


3R
小倉竜二
濱田君が行けなかったし仕方ない。あとはコースもなく強引に突っ込む事が出来なかった。
稲村成浩
上原君のおかげ。絶妙のカマシを決めてくれた。俺も周りに合わせて4・42のギヤを使っている。
ダービーは相性の良い大会だし恵まれた。
武井大介
8着ですか。ラインで決まらなかったし仕方ない。
田中孝彦
自分の力不足だった。怪我は再乗したので大丈夫。残りも走りますよ。
濱田浩司
先に自分が切る形になったし、田中君が上原君を出させない事に期待した。
でも上原君の仕掛けが決まり、慌てて巻き返しに行ったけど車が出なかった。
小倉さんと柏野君に申し訳ない。
上原 龍
ギヤの特性を活かして良いカマシが決まった。稲村さんと山下さんと3人で決まり良かった。
福田知也
もうちょっと僕に力があれば何とかなった。前を回してもらった武井さんに悪い事をした。
山下 渡
上原君と稲村さんが前で頑張ってくれたおかげ。僕は3番手で内を締めていただけ。
関東の強い機動型と勝ち上がって一緒に走りたい。
柏野智典
どうにもならない展開だった。でも、濱田君にはいつも世話になっているので納得です。


4R
北野武史
永井君も掛かっていたけど真後ろから捲られてしまったので。
松谷君を止められれば良かったけど松坂君と絡んでしまった。
松坂英司
結果的にラインの3人で決まり良かった。でも、番手を回っている以上は2着に入らないと。
小川勇介
展開がおかしくなり、訳が分からなくなってしまった。園田さんの追い上げも待っていたけど…。
永井清史
自分のレースをやったけど最後の末脚が甘かった。
園田 匠
小川君と決まらず残念。意外な展開になってしまった。
前田拓也
中部勢から離れたのは僕のミス。でも、その後の流れや走りは悪くなかったと思う。
思ったより伸びた感じもある。
松谷秀幸
中団の3番手を取れたのが勝因。永井君も掛かっていたし、普通なら仕掛けない場所。
そこを行けたし悪くないですね。落車で体の痛みはあるけど1着で気持ちが楽になった。
小岩大介
流れが向かなかったし小川君に全部任せていた。後ろになったし仕方ないですね。
鈴木 誠
26年連続でダービーに出場しているし記録を伸ばしたいですね。
2着には入れたけど、内に入るのは遅れた。そこの反応は納得していない。


5R
吉本卓仁
不思議と西川さんと一緒だと展開が良くなる。あとは、仕掛けるタイミングも良かったし調子は良いですね。
稲村好将
佐藤君は頑張ってくれたけど、あれで精一杯だった。兄貴が1着だったし、俺も続きたかったけど。
柴崎 淳
先行して力を出し切ったし仕方ないですね。4、5着だと選抜と言うクラスがあるのは知らなかった。
3着以下は、全員一般戦回りだと思っていた。
高原 仁
友定さんのスピードを借りて突っ込む事が出来た。外を踏んでの結果だし調子も良いと思う。
山口富生
踏み出しで少し柴崎君と口が空いてしまった。でも、何とか追い付く事は出来た。
今回は特別な大会(山田裕仁)になりそうだし、もっと頑張らないといけないのですが。
佐藤朋也
練習不足だし、今の力ではあれが精一杯だった。でも、思ったより悪くはなかった。
西川親幸
吉本君とは相性が良いからね。でも、コーナーの登り口で、いつも仕掛けて俺を千切ろうとする(笑)。
兵藤一也
狙いは九州勢に付けて正解だった。それは初手の並びも見て決めた。でも、離れてしまったし脚がなかった。
友定祐己
捲れると思ったけどね。自分1人なら内に行ったけど高原君が付いていたので。
3着狙いでなく勝ちに徹するレースだった。


6R
飯嶋則之
藤田君と小林君を信じて3番手を回った。本当、3人で決まり、良かった、良かったの気持ちです。
坂本亮馬
あの展開で勝てないのだから弱すぎる。捲りの初速が、ここ2年ぐらい悪い。
それでも、時たま良い時もあるのですが。
石毛克幸
海老根君に任せていたし仕方ないですね。納得して後ろを回ったので。
松岡篤哉
山田さんが任せてくれたけど、力不足。捲られない先行をやらないとダメですね。
小林大介
静岡記念と前回の立川は大雪の練習不足の影響が出ていた。でも、今回は納得の練習が出来たので。
それと藤田君も捲ってくれ強かった。
山田裕仁
練習仲間の松岡君は頑張ってくれた。あとは、終わってから話させてください。
藤田竜矢
7番手になったのは失敗だけど、後ろに2人いる責任感もあった。
ちょっと緊張しながら走ったけど、二次予選以降はもっと良くなると思う。
海老根恵太
自分が弱いだけ。石毛さんに迷惑をかけてしまった。
安東宏高
亮馬は良い位置を取ってくれたし頑張ってくれたと思う。あとは、自分に脚があれば3着には入れた。


7R
吉田敏洋
岩本君の作戦が読めない部分もあったけど、自分の行くタイムングも悪かった。
脚でなくタイミングの問題。残念だけど気持ちを切らさず頑張りたい。
大木雅也
いつも岩本君は頑張ってくれるし仕方ないですね。最近も、世話になっていたので。
飯野祐太
全体的に落ち着いて走れた。朝のローラー練習では、重く感じたけど競走になったら軽く感じた。
吉田さんを不発にさせて押し切ったし調子は良いと思う。
佐藤康紀
ラインの3人で決まり良かった。今日は飯野君が最高のレースをやってくれた。
志智俊夫
いつも地元の吉田君は頑張ってくれるし仕方ないです。
坂上樹大
吉田君の捲りは決まらなかった。ただ、それ以上に自分も3番手で遅れていた。何で遅れたのか原因が分からない。
望月永悟
岩本君が下がってきたので、悪いが切り替えさせてもらった。最後、よれた分、届かなかった。
岩本俊介
中団なら中団で、キッチリ取りに行かないとダメですね。飯野君のペースになってしまった。
大槻寛徳
今日は前と後ろのおかげ。飯野君も行ってくれ佐藤さんも固めてくれたので。


8R
岩津裕介
阿竹君が頑張ってくれたおかげ。あとは彼が小嶋さんを張ってくれたのも大きかった。
あとは早坂君も意外と掛かっていた。
小嶋敬二
ちょっと見すぎたかな。もうワンテンポ早ければ捲れていたかも。残念だけど負け戦を頑張る。
内藤宣彦
早坂君が作戦通りに走ってくれた。磯田君が粘ってくれカマシやすくなったから。
ダッシュは良いけど最後はたれる。でも、最後の粘りも抜群でワンツーを決める事が出来た。
早坂秀悟
初手で前から2番目のラインを取れたのが全て。4分戦でカマシに行くには1番良い位置ですから。
行くだけでなく残るレースを意識したし、内藤さんと決まり良かった。
池田 良
展開も向かなかったけど、僕の脚も微妙だった。いつも、コースさえあれば突っ込めると思ったけど。
幸田光博
全部、磯田君の判断に任せていた。
結果的に、早坂君のカマシが決まったんですか。それも分からなかった。
坂口晃輔
特別競輪で勝つには、まだまだと言う事。全部、小嶋先輩任せだったので。
磯田 旭
前受けだったし、一旦切るしかなかった。捲れないと思い飛び付いた。
阿竹智史
細切れ戦だし一旦切ったのは良かったと思う。あとは、そこからの対処だった。
中団3番手だし3着には入れる展開だったけど。


9R
渡辺晴智
小埜君に連れて行ってもらった感じですね。
掛かり切っていたし、今の俺の状態では付いて行くだけで一杯だった。
特別競輪だし最後までスキを見せられなかったが、3着に入るのがやっとだった。
菅原 晃
最終ホームでごちゃごちゃになったのが予想外だった。
あの辺りも勉強していかないと。
浦川尊明
余裕はあったし突っ込めた。
ただ、あれを行くと失格になるので。
脚を余して終わった感じです。
桑原大志
三宅君のスピードは良かった。
あとは、僕が伸び切れなかった。
小埜正義
ナイターが続いていたので体がふらついている。
でも、後ろが晴智さんで安心感があった。
逃げ切れたし幸せ感を感じています。
鈴木謙太郎
行けた? う~ん…。
三宅達也
自分でも凄いスピードで捲りが決まったと思った。
でも、4角で止まってしまった。
大塚君に押してもらわなければ、多分3、4着だった(笑)。
金子真也
自分で何かやって勝てれば良いけど。
今日は九州勢の動きに期待した。
もう少し菅原君が踏んでくれれば面白かった。
大塚健一郎
体調もベストではないけど、それは言い訳になる。
最後、突っ込み切れなかったのは僕の力不足です。


10R
木暮安由
ここは記念を優勝しているから相性が良い。
最近は車が出ていないから位置取りだけはやろうと思っていた。
だから中団は譲れなかった。
もっと車間を切りたかったけど、あれで精一杯。
石井さんより前に仕掛けられれば良かったけど被ってしまった。
その後は内が空くと思い、最初から狙っていた。
今年2勝目だし、もっと勝ち星を増やしますよ。
香川雄介
ジャンで原田君が内に差していた。
これでダメだと思った。
成清貴之
俺と石井君に運がなかったと言う事。
あとは石井君の組み立ても良くなかったかな。
でも、良い時もあれば、こんな時もあるし仕方ないですね。
松川高大
今日はある程度、先行と決めていた。
今年になって1番良いレースだったし、こんなに記者さん達に囲まれたのも久しぶり。
あとは練習仲間の先輩が良い仕事をやってくれた。
石井秀治
木暮君より車が前に出た。
ただ、彼が内から抜け出す姿を見て力が抜けてしまった。
人気になっていたのにすみません。
服部克久
後ろに1人いれば、結果は違ったけどね。
しゃくられるのは分かっていたけど捲りを止めに行くのが番手の仕事。
俺はダメだったけど松川君が勝ち上がってくれ良かった。
橋本 強
9番手になってチャンスがなかった。
原田研太朗
主導権を取れず7番手。
後ろの先輩に迷惑をかけてしまった。
佐藤真一
園田匠君に借りているフレームがなじんできた。
今日は全部やってくれた木暮君のおかげです。


11R
金子貴志
凄い踏み出しで、深谷君がドンドン掛かって行った。
僕も離れなかったし調子は良いけど、深谷君の状態も良いね。
後閑信一
池田君が行けなかったし仕方ないですね。
二次予選はファンの期待に応えられる様に頑張るだけ。
稲垣裕之
結果的に深谷君に捲られたけど、今のギヤも合っている。
自分の距離だと思い突っ張った。
池田君がワンテンポずらして来たので、丁度、深谷君が引いている頃かなと思ったけど。
伏見俊昭
山崎君が行けるかなと思ったけど内に入ったのでバックを踏まされた。
反応が遅れた面もあるけど、脚自体は問題ない。
深谷知広
最高の形で師匠とワンツーを決められ良かった。
良いスタートを切れたし、脚はかなり仕上がっていると思う。
牛山貴広
レースの組み立ては、まずまずだったと思う。
でも3着と4着では、大きく違う。
そこが反省点です。
山崎芳仁
あそこで、あのまま行くと深谷君を引き出すと思い、休んでタイミングをずらそうと思っていた。
でも、すぐに深谷君が来てしまい…。
流れでカマシも考えていたけど。
稲川 翔
稲垣さんのおかげ。
捲りのラインを全部止めたかったけど、今日は深谷君のスピードが違った。
池田勇人
稲垣さんは出させるつもりがなかったですね。
そこは自分の考えが甘かった。
でも、何もやらず終わるより、少しでもアクションを起こせて良かった。


ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら


ゴールデンレーサー賞インタビュー


金子貴志
深谷君。自分も仕上がっているけど彼の仕上がりもベストだと思う。
理想のワンツーが決まったし、この流れを大切にして決勝でも決めたい。
成田和也
何度もある菊地君に任せる。特選は友和君任せだったけど難しい判断もあった。
あの展開で村上さんを食ったし悪くないと思う。
川村晃司
調子はボチボチぐらい。3番手に入って冷静に捲れた。いつも通り先行か捲りの自力勝負。
あとは、イー新聞を盛り上げる為に頑張りたい。
菊地圭尚
新田君を残せなかったのは反省点。自分の調子は悪くない。いつも通り位置取りをやってからの自力勝負。
村上博幸
脚は軽いし気持ちも入っている。相性良い、川村さんの番手で仕事をやっていきたい。
芦澤大輔
武田さん。差せなかったのは武田さんの強い気持ちと脚の差でしょうね。
ここもワンツーが決まる様に自分の役割を果たしたい。
深谷知広
地元で師匠とワンツーが決まったし百点のスタート。仕掛けのズレもないし調子も良いと思う。
今回は地元の特別競輪だし結果だけを求めて走りたい。
稲川 翔
稲垣さんが気迫のある走りをやってくれた。体も動いているし周りも見えていた。
京都勢の後ろで頑張るだけ。
武田豊樹
久々の特別競輪だし平常心で走れるか不安があった。多少、練習不足もあるが一生懸命走るだけ。
手応えは掴めているし、自分の良いところを出したい。自力勝負。


ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら


ガールズコレクションインタビュー


中川諒子
ガールズGPで7着をやった時と同じメンバー。今回は内枠とダッシュ力を活かして優勝を狙う。
内に詰まったりとか消極的なレースをやらず積極的に駆けたい。
今年に入って成績も安定してきたし悪くないと思う。高速バンクも自分に合っていると思う。
中山麗敏
2月から固いフレームの新車にしたが、腰を痛めたのと原点に戻るためにも小倉から元に戻した。
雪かきもして、腰も悪くした。とにかく賢く勝てる様に走りたい。
梶田 舞
昨年の冬に腰を痛めたが、もう大丈夫。名古屋を走るのは今回が初めて。出来は今年1番だと思う。
レースの中で上手く対応したい。
山原さくら
大きなところで結果を出せていないが、今回はベストの状態に仕上げてきた。
新車にしてダッシュも良くなってきた。乗り込みもやってきたし力を出し切る競走をやりたい。
石井寛子
GPみたいな失敗はしたくない。
小倉は良かったけど、伊東が悪くちょっと調子を落としたけど、かなり戻っていると思う。
走りやすいバンクだし自分のレースをやるだけです。
加瀬加奈子
中川と競輪学校で合宿をやってきた。今のところ、小細工はしないで力勝負をやるつもり。
捲りも決まっているけど、自分の中では下手な感覚がある。
GPは賞金で出場が決まるし、勝つ走りをやるだけ。
中村由香里
気持ちが守りに入っていたし攻めるレースをやりたい。今のところファンが期待する走りをやれていない。
いつも通り、自分らしい走りをやる。


ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら


二日目一次予選・特選インタビュー



5R
宗景祐樹
神山君の番手へ。彼には何にも言わない方が力を出し切るタイプ。センスに任せるし、それだけ競走が分かっている選手。
竹内雄作
怪我は問題ないと思う。中部の3人で決まる様に自力勝負。
星島 太
同県の守谷君へ。彼の調子が戻っていれば良いね。宝くじみたいなもんですよ(笑)。
有賀高士
岐阜コンビの後ろへ。展開なりに走れると思う。3番手の仕事をやってから直線勝負です。
神山拓弥
いつも通りの自力自在戦。師匠の雄一郎さんは、足のすねを骨折して今回欠場。入院していたのでお見舞いに行ったけど、もう退院したし大丈夫だと思います。大きな事は言えないけど師匠の分も頑張りたいですね。
守谷陽介
底は脱出したと思う。僕の場合は気持ち次第ですから。見すぎて失敗するし、行くべきところで思い切って仕掛けたい。
小野大介
同県の金沢君の番手へ。震災があり、愛知の小牧に避難したので、第二のふるさとみたいなもの。地元のつもりで頑張りたい。
金沢竜二
大宮の決勝は高橋陽介さんの優勝に貢献できた。相手は地元の池田勇人さんだし、4番手も晴智さんも固めてくれた。捲りでは厳しいので積極的に駆けたい。
吉村和之
走る以上は、怪我は大丈夫。何度も連係している同県の竹内君。離れない様にマークしていく。


6R
坂上忠克
地元の猪俣君を盛り立てたいですね。静岡記念では深谷君と決められず迷惑をかけてしまった。
その分も頑張りたい。
上野真吾
静岡記念の決勝は武田さんが強くて地元の新田さんに迷惑をかけてしまった。
いつも通り、先行を含めて自在に何でもやっていく。
荒井崇博
松岡君の番手なら文句はない。相性も良いし好きに走ってもらう。俺は普通ぐらい。
猪俣康一
ヤンググランプリの優勝で地元のダービーを出場する事ができた。
ただ、師匠で同級生の山内卓ちゃんが斡旋停止で出場出来ないのは残念。
プレッシャーもないし、いつも通り自分のレースをやる。
高木隆弘
同県の上野君へ。日刊スポーツを見なかったから分からなかったけど、山田さんが引退するのは残念。
同世代の仲間が辞めていくし、俺だっていつ引退するか分からない。
だから一戦一戦、大事に走っていきたい。
藤田大輔
上野君と話し、単騎でやる事になった。最近の成績はぱっとしないが、回りとのギヤの差で負けていた感じ。だから4・25のギヤも踏める様にしてきた。
前反祐一郎
このメンバーなら位置を決めない方が良いですね。流れの中で対応していく。
萩原 操
最近、捲りの決まり手がないのが、この成績でしょうね。ここは中部ラインの3番手からです。
松岡貴久
前回は全日本選抜の落車の影響があったかも。荒井さんと一緒で心強い。
九州が盛り上がるように2人で決まる自力勝負。


7R
渡辺一成
これからもナショナルチームとの両立で頑張っていく。いつも通り流れで先行か捲りです。
萩原孝之
さすがに連続落車は応えている。ここは鈴木君の番手へ。次は昨年優勝した西武園記念。
村上さんが行ってくれたが、1年経つのは早いですね。
石丸寛之
地元で優勝出来なかったのは悔しいけど、精一杯、力は出し切った。それに岩津君が勝ったからね。
良くなっていると思うし自力勝負。
鈴木 裕
自力勝負。いつもの仕掛けをやり、中村浩士道場のみんなで勝ち上がれる様に頑張りたい。
斉藤登志信
一成君の番手へ。タイトルホルダーを除いて賞金王? その話しは恥ずかしいから勘弁して下さい(苦笑)。
中村 淳
色々な選択肢があるけど、ラインの切れ目で様子を見る。
筒井敦史
基本的に相性の良い石丸さんへ。走りが僕とマッチするので。
もちろん、競走だから失敗の時もあるけど、先輩と共倒れなら本望です。怪我は大丈夫だと思う。
小川圭二
野田君にも行けるけど、ラインを大切にして走りたい。岡山コンビの後ろへ。
野田源一
単騎でやるのが僕のスタイル。それがS級シリーズでも特別競輪でも一緒。怪我は大丈夫だと信じたい。


8R
伊藤保文
山田君の番手へ。松山記念の伸びは抜群だったし、今回もそれぐらいの状態だったら良いですね。
阿部康雄
ラインの志村君へ。特別競輪に出場するのは2年前の前橋オールスター以来。
もう出られないかと思っていたし凄く嬉しいですよ。
桐山敬太郎
自力を主体の自在戦。粘るか突っ張るか、捲りになるかは、その時の状況判断で。
もちろん、先行で押し切る練習もやっている。逃げて勝つのが1番堅いからね。
ただ、何か自分に足りなさを感じ模索している最中。
志村太賀
自力勝負。今回の開催は宿舎で金子真也さんに酒を誘われそうだが禁酒しようかな。
アスリートの風情をしていないと特別競輪では勝てないから(笑)。
渡部哲男
佐々木則さんと話し僕が前でやる事になった。緩めば、カマシに行くぐらいの気持ちで前々へ攻めたい。
山田久徳
主導権を取りやすいメンバーだけど、油断しないで。
今回はチームイー新聞の藤木裕さんが、斡旋停止で出場出来ない。
練習でお世話になっている先輩だし、少しでも良い競走をやり恩返しをしたい。
内藤秀久
同県の桐山君の番手へ。
静岡記念で晴智さんに迷惑をかけているのに、前回の大宮では前を回らせてもらった。
まだまだ、マーク選手として未熟だし精進していくしかない。
和泉田喜一
南関ラインの3番手です。今回、参加している選手の中で僕が1番弱いと思うし離れない様にしたい。
佐々木則幸
哲男君に任せる。今回のダービーも大切だけど、次の地元高知記念も、もっと大切。
気が抜けないし集中して走りたい。


9R
根田空史
来期は2班なので全部、予選スタート。あの高知記念の失格があるし仕方ないですよ。
玉野記念は、段々と全日本選抜の落車の影響が出てきた。
決勝が1番痛かったし、前受けにもなったから仕方ない。自力勝負。
三谷将太
相性の良い中村さん。ワンツーもあるから。近畿は目標が一杯いるし頑張ればチャンスある。
岡部芳幸
いつも連係している菅田君へ。俺は、まずまずぐらいかな。
菅田壱道
こんな成績だけど4分戦ならチャンスある。必ず仕掛ける場所があると思うから。位置を取っての自力勝負。
加藤圭一
失格と落車。流れが悪いけど、特別競輪で良い流れに変えたい。南関の3番手を固めていく。
坂本健太郎
田中君の好きな走りで構わない。ダービーは5走するケースもありますよね。
6番車だけど穴を出せる様に頑張る。
林 雄一
根田君の番手へ。和歌山記念で優勝したけど、その後の成績が良くない。
今回が正念場だと思い、南関の3人で決まる様に仕事する。
田中 誠
坂本さんの前で頑張る。腰痛が出たりして成績を落とした。中団以内の自力勝負。
中村一将
悪くないと思います。2車だしタイミング次第ですね。先行か捲りの自力勝負。


10R
新田祐大
松山記念では優勝できたが、全日本選抜で失格しファンに迷惑をかけてしまった。
レースでハンドルが折れるぐらい、パワーはある。1着でスタートしてダービー王になれる様に頑張りたい。
長塚智広
奈良記念が終わり、足の痛みが出たので、ここ2、3週間は手探りの状態。
平原君の番手でワンツーが決まる様に頑張る。
村上博幸
向日町バンクが使えず街道練習で仕上げてきた。いつもの特別競輪とは違うが平常心で頑張るだけ。
まだ肩は痛いが、走っている分には大丈夫。相性の良い川村さんへ。
菊地圭尚
新田祐大君の番手へ。大垣に冬季移動し、山田さんに1番世話になっていた。だから、凄く淋しいですね。
大きなギヤも踏める様になってきたしセッティングも出ている。
川村晃司
色々とご迷惑をおかけしました。イー新聞の宣伝も出来ないのは僕自身も残念です。
名古屋はイー新聞杯のトークショーで昨年の秋に来ている。
その夜は楽しい打ち上げに参加する事が出来た。とにかく自力で結果を出すだけです。
南 修二
京都コンビの後ろへ。名古屋は軽くて走りやすい。
良くはないけど、マーク選手なので展開次第だと思っている。
新田康仁
名古屋のバンクの印象はあまりない。
だから良くないのかな? いわき平は地元記念の結果を引きずっていたわけではない。
いつも通り、位置取りをやってからの自力勝負。
勝瀬卓也
S級初優勝が名古屋だし相性は良いですよ。前回から新車で感じは良い。
新田康さんの番手で仕事をやるだけ。
平原康多
落車は酷くて血がたまっていた。でも、走る以上は言い訳にしたくない。
レース勘も心配だが自力で、勝てる様に頑張る。


11R
武田豊樹
久々の特別競輪だしファンの期待に応えたい。このバンクは大ギヤを使うとスピードに乗るイメージ。
今の力を全部出せる様にしたい。バンクは改修で使えなかったが練習はきちんとやってきた。
同型の選手と力勝負をやりたい。
村上義弘
レースだしファンの皆様には迷惑をかけない様に、しっかり走りたい。
精神的に多分、普段の状態ではないが、1戦1戦集中して頑張るだけ。
脇本君の番手で勝てる様に走りたい。
成田和也
伊豆のサイクルスポーツセンターと避難している新潟を行ったり来たりして練習をやってきた。
結果は出ていないけど調子は悪くない。慎太郎さんの了解を得て友和君へ。
芦沢大輔
武田さんの番手へ。やはり凄く緊張しますよ。自分が前の気持ちもあったが武田さんが前と言うので。
あとは後ろで自分の役割を果たすだけです。
走ってみないと分からない面もあるけど、自信を持って戦える状態です。
佐藤友和
いつも通りの仕掛けをやる。なるべく3人で決めたいですね。
今年の特別競輪は、多分最後になると思うし、良い結果を出したい。
佐藤慎太郎
北日本の3番手。予定通りの練習をやってきた。今後、厳しくなるが自分のやった事。
気持ちを入れて結果を出すしかない。
脇本雄太
コロンビアに行って落車してしまった。カントがきつく、ロシアチームに締められてしまった。
その前に行った時も落車したし方角が悪いのかも。かなり痛かったけど、骨が折れていなかったのは救い。
あとは、僕の私服の皮ジャンはどうですかね(笑)。先行勝負。
岡田征陽
茨城コンビの後ろへ。11月に復帰する時は、今より強くなっていたい。名古屋を走るのは久しぶり。
武田さんの3番手でアシストしたい。
井上昌己
怪我は擦過傷程度。現時点では単騎でやろうと思っているが、ちょっと考えてみたい。
名古屋は優勝もあるので悪いイメージはない。


ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら



初日一次予選・特選インタビュー



1R
三谷竜生
全日本選抜が初めての特別競輪だった。
今回のダービーに備えてハードに練習をやってきた。
期待されている証拠だし、1Rの1番車になるのは、少し頭にあった。
自力で頑張る。
小野俊之
北津留君のセンスに期待する。
あとは、上手く操縦したい。
松山記念では深谷君の番手で練習させられた。
出来は今年1番だと思う。
中村浩士
同県の山賀君。
根田君と林君、山賀と俺のパターンが最近多い。
根田が俺の弟子と言う事をアピールしないと(笑)。
2人の戦法が完全に違うからね。
北津留翼
ギヤの制限がかかるのは歓迎です。
作戦は小野さんに考えてもらう。
僕はレースの組み立てが下手なので。
斉藤 努
最初は自分でやろうと思ったけど、ちょっと、もやもや感があった。
それで天田君に任せる事にした。
天田裕輝
腰痛で大敗したけど、やっと練習出来る様になってきた。
最初は横田さんに別と言われたが、任せてもらえる事になった。
自力勝負。
東口善朋
全日本選抜で落車した時は、あまりの痛さに骨折したと思った。
でも、幸い折れていないので助かった。
三谷君とは地元で連係しているから2度目。
しっかり番手で仕事をやりたい。
西岡正一
近畿ラインの3番手。
失格は痛いが、特別競輪だし気にしないで走る。
何とか3着に入りたいですね。
山賀雅仁
この成績だし良いとは言えないでしょう。
全日本選抜で決勝に乗ったと思ったら、今度はS級シリーズの一宮で大敗。
高くて美味しい物を食べたあとに、お腹を壊した感じですね(笑)。
位置取りをやっての自力勝負。


2R
高橋陽介
前回の優勝は金沢君が行ってくれたおかげ。
バンク練習でも捲りはバンバン決まっていた。
あとは長い距離をもがいた時が問題。
自力勝負。
合志正臣
玉野記念より更に上積みはある。
もちろん、同県の誠一郎君。
一緒に練習をやったけど、全日本選抜とは全然違う動きでしたよ。
だから、凄く楽しみです。
諸橋 愛
1着は少ないけど問題ない。
元々が2、3着選手だったので。
上越ラインで矢口君の番手へ。
弟子の相澤旭があまりにもだらしないので、今は鍛えている最中。
西谷岳文
昨年のダービーも好走しているので、今年もの気持ちです。
前回の小倉で優勝出来たし、気持ち良く走れる。
積極的な自力勝負です。
紺野哲也
北ラインで高橋君の番手へ。
1本休んだけど、問題ない。
行ってくれると信じて番手で仕事をやりたい。
大薗 宏
上越ラインの後ろへ。
自分で何も出来ないし、矢口頼みですよ。
前々にいれば突っ込める状態です。
中川誠一郎
コロンビアから帰ってきたのが今月の5日。
海外遠征中は、みんな、アスリートばかりだから、ワッキーと2人でビールばかり飲んでいた。
最近はイー新聞のライターもやっているので、引退した後も大丈夫。
でも、書くのは別として、喋るのが下手だから、ヤマコウさんみたいにはなれないよ(笑)。
矢口啓一郎
この成績では、何を言っても信じてもらえない。
でも、良くはなっている気がする。
難しい話は、六日間もあるし、あとでやりましょう(笑)。
沢田義和
やっとダービーに間に合った感じです。
近畿ラインで西谷君の番手へ。
ワンツーが決まる様に頑張りたい。


3R
小倉竜二
怪我は大丈夫。ただ、奈良記念の時に使っていたフレームが壊れてしまった。
1番良いフレームがダメになったし、それが心配。あとは、いつも頑張ってくれる浜田君を信頼。
みんなに言われるけど、俺が付くと、いつも以上に頑張ってくれるから。
稲村成浩
練習はいつも通りだし、いたって普通。ラインの上原君へ。彼のタイミングで仕掛けてもらえれば十分。
武井大介
事故点は気になるが走っている時は関係ない。南関ラインの3番手を固めていく。
田中孝彦
特別競輪を走るのが初めて。やっと、この舞台に立てた感じですね。
魅せるレースをやりたいので先行で勝負する。
浜田浩司
いつも2車ばかりだし、3車は珍しいケース。後ろは頼りになる小倉さんだし、キッチリした仕掛けをやりたい。地元記念は怪我した事より、失格した事の方が心が痛い。
上原 龍
ちょっと、松山記念で手応えを掴んだ。4・50のギヤも使いこなせる様になってきた。
後手を踏まない自力勝負。
福田知也
武井さんが許してくれたので田中君の番手へ。いざとなれば番手捲り? 基本は前を残す事ですよ。
ラインで決まる様に仕事をしたい。
山下 渡
ダービーを走るのは2度目。こんなメンバーと一緒に走るだけで楽しいですよ。
自分なりに良いし上原君の3番手で勝ち上がれる様に頑張りたい。
柏野智典
事故点がボーダーぐらいになっているのは知っています。四国コンビを追走して、強引にでも突っ込みたい。


4R
北野武史
永井君の番手へ。彼には小倉で優勝を取らせてもらっている。
だから相性が抜群だし、踏み出しで離れない様にしたい。
松坂英司
正直、怪我は心配です。走ってみないと分からないけど、多分大丈夫。
時たま、街道練習で一緒になる同県松谷君。
小川勇介
ここに向けて小倉ドームで合宿をやってきた。園田さんと小岩君とキッチリ決めたいですね。
中団以内の自力勝負。
永井清史
最終バックを取る競走。前回の伊東は落車の影響があったけど、今回は地元地区の特別競輪だし大丈夫。山田さんの引退報道は、色々とお世話になってきたし残念。
園田 匠
松戸は連続で落車したけど、その前に優勝したから、逆に戒めになって良かったと思っている。
小倉ドームで小川君とも一緒に練習をやってきたけど、お互い良かった。九州で決まる様に頑張るだけ。
前田拓也
中部ラインの後ろへ。落車で肋骨に2本ヒビが入っているけど、走る分には影響はない。
今年のグランプリは、岸和田なんだけどね…。
松谷秀幸
名古屋を走るのは初めて。松山記念の落車は軽傷だったので、すぐに練習を始めた。
全日本選抜より良いと信じて自力で勝負する。
小岩大介
福岡コンビを追走する。予備だったので正規になって良かった。
9番手になっても前の2人を信頼する。
鈴木 誠
神奈川コンビの後ろへ。ダービーはこれで26年連続。途切れた年もあったので、今回が28回目の出場。ダービーを取った事もあるし、長い事やっていれば、良い事もありますよ。


5R
吉本卓仁
不思議と西川さんとは相性が良い。展開がいつも僕に向く。
あまり抜かれた事もないし、千切ったケースの方が多い。脚の感じも良いし、勝ち負け出来る状態です。
稲村好将
兵藤君と話し僕は佐藤君の番手へ行く。
毎年、花粉症が酷いので、今は沖縄にアパートを借り練習をやっている。バンクもあるし環境は良いですよ。
柴崎 淳
前回の大宮は四日市記念の疲れが残っていたかも。雪で順延し中1日で走ったからね。
その後は浅井さん達と沖縄へ合宿に行ってきた。自力で力を出し切る。
高原 仁
連続して決勝に乗ったし悪くない。友定さんが自力でやるなら喜んで任せる。
連係は何度もあり走り方は分かっています。
山口富生
柴崎君の番手で3着以内に入る。骨折明けで前回の玉野記念は、あまり良くなかった。
今回の方が良いと思うし頑張るしかない。
佐藤朋也
こんな成績だし失う物はないですよ。やはり別府の落車から調子を崩してしまった。
稲村さんと2車だが自力で仕掛ける。
西川親幸
相性良い吉本君へ。前回の久留米で連係したばかり。
ほとんど抜いたイメージはないし、2着に連れて行ってもらえたら十分。
兵藤一也
稲村さんには悪いけど佐藤君の3番手では厳しい。九州勢の後ろが良い?
そこも選択肢のひとつだけど、初手の並びを見てから。コメントは、位置を決めずにと言う事で。
友定祐己
九州の後ろも考えたけど、後ろに高原君もいる。だから、自在に組み立てる。
静岡記念の怪我も軽傷で、いわき平も普通に走れた。


6R
飯嶋則之
怪我は奇跡的にも軽傷だった。いつも大介さんは2人の時に頑張ってくれる。
こんな時ばかり番手は回れない。だから藤田君の3番手。
師匠の神山さんが骨折で欠場したけど、僕は自然体で頑張るだけ。
坂本亮馬
前2場所のナイターは疲れがあってダメだったけど、今回は仕上がっていると思う。
僕の中で安東さんは信頼出来るマーカー。だから自力で攻めて2人で決めたい。
石毛克幸
いわき平の優勝は茨城の横山君が頑張ってくれた。彼は売り出し中だし良い選手になると思うよ。
海老根君の前でも良かったけど、頑張ると言うので任せます。
松岡篤哉
山田さんの引退報道は、朝、新聞で見ました。競輪学校に合宿にも行ってきたし仕上がったと思う。
山田さんには普通に走れと言われたし、いつも通りの力を出し切る競走です。
小林大介
飯嶋君が良いと言ってくれたので藤田君へ。不自然ですかね(苦笑)。
このままでは、やばいと思っているし頑張らないと。
山田裕仁
練習仲間の松岡君へ。
引退の報道が出たけど、施行者とか関係者には話しましたが、選手には特別、何も言っていません。
普通に走って欲しいので。やるだけの事はやったし、悔いもないですよ。
藤田竜矢
ラインの長さを活かしたいですね。せっかく大ギアに慣れたのに、規制がかかるみたい。
また一からやり直しです。行けるタイミングで自力勝負。
海老根恵太
松山記念の2勝は浮上のキッカケになったと思っています。
自分から前でやらせて下さいと石毛さんに頼んだ。自力を主体に展開で何でもやりたい。
安東宏高
亮馬君の番手へ。静岡記念で2回、小倉ナイターでも2回連係したばかりです。
光栄だし離れない様にマークしたい。


7R
吉田敏洋
名古屋はイー新聞杯で優勝した良い思い出があります。
名古屋の選手会で作った練習着にイー新聞のロゴも入っているでしょ(笑顔)。
今回が降ろしたてです。この日に備えて1年間頑張ってきたし、中部の1番前で結果を出すしかない。
大木雅也
望月君より少しだけ点数があるので岩本君の番手を回る。前回の静岡で2回連係したばかり。
飯野祐太
かなり良くなっていると思う。前回の地元決勝は組み立ての失敗だった。流れで先行か捲りです。
佐藤康紀
北日本の3人で結束する。大槻君の方が点数を持っているし3番手。展開なりの状態ですね。
志智俊夫
いつかは、こんな日が来るとは思っていたけど山田さんの引退は残念。1番お世話になった先輩ですから。
地元の吉田君の番手でアシストする。抜いているか抜いていないかは、その時々です。
坂上樹大
前の2人に離れない様にして中部の3番手。人気になるだろうし、3連単の1番人気に応えたいですね。
望月永悟
南関の3番手。強気な材料はないし点数通りで仕方ないですよ。
岩本俊介
こんな成績だけど、練習は誰にも負けないぐらいやっている。その成果を出したいですね。自力勝負。
大槻寛徳
怪我は問題ない。飯野君の番手へ。
2場所連続して山崎芳仁君の番手でダメだったのはショックです(苦笑)。


8R
岩津裕介
地元記念の優勝はラインのおかげ。
決勝は石丸さんが早めに番手から出てくれたし、1番前の自力選手も頑張ってくれた。
昨年は頚椎の怪我で、競輪祭まで良くなかったけど、今は充実している。阿竹君を信頼するだけ。
小嶋敬二
色々と事業が忙しく、ハードな練習は出来ていないけど、短時間で集中して練習をやっている。
最近は、走ってみないと分からない状態。行ける処から自力でやるだけ。
内藤宣彦
早坂君の番手へ。彼はカマシか捲りのダッシュ戦が持ち味。離れない様にマークしていく。
冬場は千葉の宮倉勇道場で練習をやったし、その成果を出したいですね。
早坂秀悟
ダービー出場の選考基準は、昨年1年間の賞金。そう言う意味では頑張ったと思う。
2車なら頭を使っての自力勝負になる。
池田 良
瀬戸内ラインの3番手。1本欠場して練習をやってきたし、体調に不安はない。
幸田光博
同県の磯田君に任せる。何度か付いているし信頼していく。
坂口晃輔
小嶋さんとの連係は3番手を含め3回目。初めての特別競輪だが緊張感はない。
斡旋停止で出場出来ない、兄弟子の浅井さんの分も頑張りたい。
磯田 旭
いつも通り自力自在戦。ダービーは初出場だし、自分らしい走りをやりたい。
阿竹智史
良くなっては落車の繰り返し。でも、前回の落車に関して言えば完全に自分のミス。
自力で勝てる様に走るだけ。


9R
渡辺晴智
静岡記念の落車で肋骨を骨折。大宮の結果だけを見れば、ファンに対して失礼な走りだった。
そのせいか、競輪場入りする時に、ファンからきつい言葉を浴びた(苦笑)。
それだけ、ファンは大切なお金を賭けていると言う事ですね。小埜君の番手でサポートするだけ。
菅原 晃
玉野記念の決勝は地元勢の結束の強さに負けた。あとは、ちょっと車間が空きすぎてしまった。
でも、勝ち上がりのレースは納得のいくもんだった。調子は良いと思うので積極的に駆けたい。
浦川尊明
前の2場所は展開に恵まれただけで調子は変わっていない。同県の鈴木君を信頼していく。
桑原大志
三宅君の番手です。成績自体は良くないけど、悪いイメージはない。好きに走ってもらうだけ。
小埜正義
後ろが晴智さんだし、いつも以上に気持ちを入れて頑張りたい。先行を基本の組み立て。
鈴木謙太郎
こんなはずではないと思っているが、なかなか成績が上昇しない。初心に戻って先行したい。
三宅達也
自在。成績は良くないけど練習の感じは悪くなかった。
最近は、こんな流れだけど、穴を出せる様に頑張りたい。
金子真也
番手なら別だけど、どこに行っても3番手。それなら、位置を決めずに走った方が良いと思う。
大塚健一郎
同県の菅原君の番手へ。和歌山で2着に入ったけど落車滑入。
怪我をして良い事なんてないし、気持ちでカバーするだけ。練習は仕事なので、普通にやってきた。


10R
木暮安由
記念初優勝のバンクだし、特別な思い入れがある。
ただ、前回は自分のスポンサーの冠レース(イー新聞杯)で気負いすぎてダメだった。
今は選手になって一番の試練かも。ここで復活するし、自力で1着を取る!
香川雄介
原田君の番手へ。前回のいわき平は珍しく外を良く伸びた。俺は内のイメージがあるだろうから。
成清貴之
石井君。高松の全日本選抜の最終日に彼の捲りに離れている。
ワンツーもあるけど、気を引き締めて走りたい。
松川高大
服部さんは練習仲間。落ちるところまで落ちたし、これからは上がる一方ですよ。
積極的な自力勝負をやりたい。
石井秀治
どこかで良い反動が来ると思っていたし、それが前回の松戸の準決だった。
大事を取り1本休んだけど、脚的には問題ない。成清さんと決まる様に自力で仕掛ける。
服部克久
練習仲間の松川君と一緒で良かった。ダービーは昨年も出ている。
F1でも苦戦しているけど、松川君と一緒なら大丈夫。
橋本 強
四国ラインの3番手。前回の地元記念に備えて仕上げたから、今回は貯金が残っていると思う。
原田研太朗
セッティングを元に戻したら良くなった。僕は、あくまでもチャレンジャーの立場。
軽いバンクと聞いたので先行します。
佐藤真一
腰痛で休んでいたけど大丈夫。トリッキーな木暮君の動きに乗っていく。


11R
金子貴志
地元の特別競輪なので楽しみ。武雄記念までは疲れていたけど、今回は合宿もやり休養もしてきた。
深谷も仕上がっているけど僕も負けていないと思う。
グランプリレーサーとして恥ずかしくない走りをやりたい。深谷君の好きに。
後閑信一
強くなっている池田君の番手へ。名古屋はG2、G3と優勝しているので悪いイメージはない。
稲垣裕之
制裁に関しては真摯に受け止め、その間に、もっと強くなっていたい。
これが今年最後の特別競輪になると思う。このバンクは相性も良いし、自分の脚も感じも良い。
先行で逃げ切る走りをやりたい。
伏見俊昭
自分の責任だし、厳しい制裁だと思うが、甘んじて受けるしかない。
気持ちを切らさず集中して山崎君と決まる様にベストを尽くす。
深谷知広
地元の特別競輪だし、4走共に良い走りをやりたい。現状でやれる事は全部やってきた。
師匠と決まる仕掛けを心がけたい。気持ちを新たにするために、頭を短く刈ってきた。頑張ります!
牛山貴広
特選に乗れただけで満足していません。昨年のダービー決勝は武田さんの前で頑張りましたから。
埼京勢とは別で単騎で自在に攻める。名古屋はルーキーチャンピオンで2着に入っている。
山崎芳仁
現在使っているギヤは6月までみたいなので、今回のダービーがグランドスラムの為のラストチャンスと思っています。
小倉のあとは沖縄に戻った。優勝するためには初日が1番大切だと思う。自分のタイミングで仕掛けたい。
稲川 翔
今年は落車と失格でスタートダッシュに失敗したけど、前回の好走で自信が戻ってきた。
稲垣さんの番手で仕事をするだけです。
池田勇人
昨年のダービー特選も後閑さんと一緒に勝ち上がれている。ここはS級で初優勝したバンク。
地元は優勝出来なかったけど悪くはなかった。深谷君より勝負どころで前にいないと。納得の自力勝負。

ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら



山田裕仁・引退記者会見


今日のレースで引退する事になりました。
ただ、今後の事が未定なので選手手帳を返すのは、この先になると思う。
今は、苦しい事から開放されて少しホッとしている。
2110走したけど、一番の思い出と言うか、よく言われるのは平塚ダービー。
神山君と吉岡君が準決で1着を取り、そこで優勝したのが一番の完成作品。
良いライバルと良い仲間に恵まれた事は幸せに思う。
吉岡君と神山君の素質には負けたし、家族を犠牲にしたりして努力してきた。
追われるより追う方が楽だった事もある。
今回は、デビューする前を思いだし、競輪学校で合宿をやってきた。
この程度は出せると思ってきたけど、納得の走りが出来なくなったのも辞める理由のひとつ。
今は後悔もないしスッキリしているが、心残りと言えば、昨年の大垣記念、今年の静岡記念、今回と深谷と連係出来なかったこと。
どんな結果でも、深谷をこいつだと思い、今後の中部や競輪界を気持ち良く託したかった。
引退を考え出したのは、一昨年の大垣記念に呼ばれなかった時。
地元には特別な思い入れがあったし、そこで呼ばれなくなったと言う事は自分の商品価値が下がったと思った。 そのタイミングで辞めても良かったけど、ヤマコウと同時ではさすがにきついからね(笑)。
稼がしてもらったし、競輪界に愛着があるし、この業界の発展を願っている。
だから、何らかの形で恩返ししたい。
選手会の役員になるのも一つの手だけど、かなりハードルが高い事もある。
もちろん、自分の損得を考えず、誰かがやらなくてはいけない。
この先、2年、3年、競輪界は更に厳しくなると思う。
そこで火中の栗を拾うのは確かに損な事だけど、自分としては、その先に明るい世界があると信じている。
世間で認めてもらえる世界にしたいし、今回もこの様な席をもうけてもらえ感謝している。
今迄、ありがとうございました。


ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら


名古屋競輪場クオカードプレゼント!
名古屋競輪第67回日本選手権競輪を記念いたしまして、e-SHINBUNプレミアム会員様限定
名古屋競輪クオカードプレゼントキャンペーンをいたします。

応募期間は最終日3/23までです。



詳細はこちらです。⇒ http://www.e-shinbun.net/explanation?code=news20140318
この機会に是非e-SHINBUN会員登録を!

ページトップへ


ヤマコーの「やってやるって!」



日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら

山田裕仁が、今日引退を表明しました。

確実に、私達の時代が終わったというのが、
今の率直な感想です。


前々から、そのような雰囲気は感じてましたが、
私は、神山雄一郎が引退するまでは、しないと思ってました。
それほど、彼にとっては神山雄一郎というのは偉大な存在だったわけです。

61期を、在校成績85位で卒業し(当時は1期100人くらいいました)、
ホントに叩き上げでここまで来たと思います。

山田裕仁と、初めて出会った時のことは鮮明に覚えています。
私が、まだ競輪選手を目指そうと思って自転車に乗り始めた時のことです。
「愛好会」といって、競輪選手を目指す人たちが所属する会がありました。
そこに初めて参加した時のこと。
何やら、無愛想な感じでやけに背がでかい、同じ年くらいの彼がいました。
そこに初めて参加した山田裕仁でした。
私達が、高校3年生の秋のことです。

その時は、あいさつを軽くしただけで別れたのですが、
これが、私の一生を左右する出会いとなることとは、
当時微塵にも感じませんでした。

彼は、適性で61期に入学。
私は、そこで試験に落ちて、
62期の実技試験で入学しました。

彼は、競輪学校時代からホントによく練習をこなしていました。
早朝練習、授業が終わった後でも練習と、1日中自転車にまたがっていました。

そして、デビュー。
一緒によく練習し、よく遊びました。
どれだけ遊んでも、翌日は必ず練習してました。
私は、さぼったりしてましたが(笑)。
一睡もせず、練習に出掛けることもよくありました。
ホントに、ハングリーな選手でした。

そして、彼の方がS級1班になるのも早く、
常に私が追いかける立場でした。

何回も連携し、戦ってきました。
いつからか、同級生というよりも戦友といった感情になっていきました。
どれだけ緊張してレースに挑んでも、
そこに彼と同乗するだけで、なにか安心感がありました。
「山田のプレッシャーなんかに比べたら、俺のは屁みたいなものだ」
と、汚い表現ですが、
いつもそう思っていました。

山田裕仁との戦いの中で、
一番思い出深いのが、2010年12月29日に京王閣競輪場で行われた「SSカップみのり」です。
小嶋敬二、山田裕仁、山口幸二と並んで小嶋が先行。
優勝争いは1/8輪差で山田が優勝、私が2着でした。

そして、その後
「これからは幸二の後ろでいいから」
とポツリと言ったのを覚えています。

この時は非常に嬉しかった。
やっと一流の選手として認めてもらったというか、何というか…。

そういった、やりとりもこれからなくなるのかと考えたら、
ホントに寂しい一日でした。

山田裕仁がいなかったら、私はここまでの選手にはなれなかったと断言できます。
ありがとう!
そして、今はゆっくり休んで下さい…。



ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら


コンドルの眼


↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞


武田一康
コンドル出版社代表取締役社長。
昭和23年4月24日生まれ。
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、19歳から予想業に携わる。
新聞業務は実弟の圭二氏(小倉競輪場キャスター、コンドル社・専務)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日円滑に製作されている。 
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報と経験値を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで提起しており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運び直撃取材を欠かさない。
年間300日近くの出張は、ここ10数年のルーティンワークで「あちこち、ガタがきとるけんが、じっとしていられん性分ったい」と生涯・“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。
65歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで自らを攻めており心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。
趣味はゴルフで、年数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯、そして愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズには目がない。
競輪と同様の『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだろうか。


五日目

名古屋ダービーは大スターが命懸けのレースをやり大いに盛り上げてるのに、ファンの喰い付きは今イチで、5日間で100億を割っていては、目標の145億は夢の又夢。
決勝に乗って来た自粛組の6人が5月からのGⅠ・GⅡを走れない事を考えたら、何処迄落ち込むのか、ゾッとします。
「競輪はギャンブルだからスターは不要」で、ファンが日程を考えて車券を買ってくれたら万々歳ですが、もし悪かった時は「それ見てみろ、競輪をダメにしたんだから責任を取れ」と言われるかねません。
どっちにしてもこの売り上げは名古屋だけの問題でなく大ショック。
これでは特別を受ける場は無くなり、ガールズなんてとんでもないに成る事は必定。
私の愛した競輪はどう成るんでしょうね、私がこれ迄訴え続けて来た50円・20円・10円券の発売、そして鐘前落車・失格の選手に関する車券の払い戻しこそが、ファンを繋ぎ止める窮余の一策ではないでしょうか。
決勝戦は何と自粛勧告を受けた選手が6人進出、その中でも一年の自粛を言い渡された村上義弘は共同記者会見で「僕に取って最後のダービー、弟の博幸と走るのも最後」と言いました、と言う事は山田裕仁同様、現役からは引退すると言う事で、残っても選手会の一員として改革に乗り出すのではの憶測が飛び交ってます。
最後であれば一番前の稲垣裕之は死んで、村上博幸と稲川翔はガード役に徹すでしょう。
又武田豊樹の方は平原康多の番手で必勝態勢、これに一番強い深谷知広が相まみえる決勝戦は絶対に見逃せないものに成るんでは、ドーンと車券を買って見守って下さい。
何れにしても凄い1日に成りそうで怖いくらいです。


四日目

名古屋ダービー4日目は、寒の戻りと春一番が一緒に成り、風速4メートル以上の風がバンク内を吹き荒れた事もあり、レースの方は意外に単調に成り、心配された落車事故は一件のみ。
売り上げの方は祭日にしては伸び切れず23億弱。
4日間で75億弱では目標の145億には残り2日で70億が必要に成りました。
5月からのGⅠ・GⅢはどう成るんでしょうね、これだけインパクトの強い走りをしているのは、深谷知広以外はS・Sイレブンの本当に反省してる連中、ならば競輪界の事を考えて処罰は考え直すべき。
「ダメ」と強烈に訴えている他の会員も売り上げが落ちたら、賞金は下がる事に成り、自ら自分の首を締める事に成るからです。
この騒動を喜んでる他のギャンブル関係の思うツボに成るのも癪に触ると思いませんか。
4日目で目立って強かったのは、天田裕輝・野田源一・根田空史・吉本卓仁・井上昌己、そして長塚智広を競り落してビサの3着に突っ込んだ本物のスナイパー宗景祐樹。
深谷知広は別格の強さ。
5日目は全レースの触わりを、1R、服部克久。
2R、石毛克幸。
3R、望月永悟。
4R、佐藤慎太郎。
5R、中川誠一郎。
6R、山崎芳仁。
7R、後閑信一。
8R、木暮安由。
9R、山原さくら。
10R、武田豊樹・11R、村上義弘。
12R、深谷知広が狙いです。


三日目

名古屋ダービーの3日目は終日雨模様でしたが、今回は例の「S・Sイレブン」問題もあってか、何時も以上に選手は熱い走りをしてます。
その中でも光ったのが、「魂」の村上義弘。
「自分は選手会全体が良く成ると信じて起こした行動が、実は軽率だった事に気付いて何度も謝ったけど、この処罰でしょう、僕を信じて付いて来た後輩の事を考えたら、何も手は付かないし、どうやったら良いのか本当に苦しいです」と言った後に、先日スポーツニッポンの紙面に作家の伊集院静氏が、擁護して貰える文章を書いてるのを見て「初めてですよ、これまでは否定的なものばかりでしたから」そして20日の紙面を見て「勇気付けられました、心の底から感謝してます」との事。
2次予選の走りは正直言って奇跡に近かったのでは。
私はこのメンバーに成り、練習仲間の内藤秀久に任された松谷秀幸は必ず自分のレースをやるので、稲垣裕之の番手で勝負すると思い、稲垣に◎付けましたが、結果は世間の本命村上が1着。
その内容たるや凄まじいもので、内から来た松谷を押し上げて力で叩き込み競り落すや、満を持して捲って来た渡邉一成を2センターで止めて、逃げる稲垣を寸前で差し切ったのは体力・脚力を超越した神懸り的なもの。
ファンのあまりの大歓声に2次予選なのに思わずガッツポーズは、自然な成り行きだったのかも。
勝利者インタビューは本人、そしてファン全てが目は赤く成ってたそうです。
こんな選手を1年間も休ませたらダメでしょう、喜ぶのはライバルのギャンブル関係者ばかり、情状酌量は私個人でなく、競輪を愛する全ファンの声と受け止めるべき。
2日目の武田豊樹、そして今日の村上義弘、そして落車後で痛む体に鞭打って全力で走ってる平原康多は現輪界に無くては成らない存在であるし、2次予選で連に絡んだ稲村成浩・稲垣裕之・新田祐大・伏見俊昭・牛山貴広・岡田征陽も大いに反省してるイレブンの選手。
それを考えたら減刑は競輪を残すためには絶対にやらねばいけない勇気ある行動であり、決断かと。
厳罰を望んだ2400人の会員も競輪界全体の事を考えたら、もうお灸はすえたので、次は許してやる事も必要かと思いますが、どうでしょうか。
売り上げは全くのヨコバイ、目標の145億に達するためには祭日の4日目からが勝負に成ります。
これだけのメンバーが揃ってこれだったら5月以降のGⅠ・GⅡ・GⅢはどう成るんでしょうか。
それを考えたら、くどい様ですが走らせる道を検討すべきではと思います。
そこで4日目ですが、この3日間は合格点の的中に解説だったと自負してるので後半3日間は更にと思って頑張った新聞が仕上りました。
それでは触りを少々。
1R、こゝは山田裕仁のラストラン、こんなレースは見物が賢明。
2R、調子悪い者の集まりですが、兵庫コンビを推奨。
3R、久留米の2人は高校の先輩後輩。
4R、石井秀治の番手捲り。
5R、小川勇介の逃げで小倉竜二。
6R、桐山敬太郎・高橋陽介の力車券。
7R、山田久徳・三谷将太と阿竹智史・柏野智典の筋狙い。
8R、吉田敏洋の番手捲りからと、快調西谷岳文の捲り単。
9R、根田空史のハイパワー。
10R、吉本卓仁・井上昌己・池田勇人の巴戦。
11R、何てったって武田豊樹。


二日目

名古屋ダービーの2日目は、初日よりは荒れましたが流れは変わらず、筋で決まるレースが多かったのは事実。
そんな中で圧巻だったのは最終レースの武田豊樹で、これだけのメンバーを相手に絶大なる支持を受けて、それを活力に、弟子同然の芦澤大輔を連れて、この時期、それも屋外バンクでは破格のタイム10秒9で捲りを決めたのは感動もの。
凄いファンの応援に本人は目を真っ赤にしてただけでなく、ファンは何人も泣いてました。
これだけの選手を本当に1年も自粛させるんでしょうか、これは競輪界の損失である事は明白。
誰よりも深く反省して意の一番に謝ったのをどうして評価してやれないのか、こゝまで強くて、会う人全てに「済みませんでした」と頭を下げてる姿見て、現選手会は何も思わないのが不思議としか。
伊集院静先生が初日のコラムで強烈に、この問題を非難されてました。
これは誰よりも競輪を愛されているからで、あの文章は何とかして、武田を助けてやりたいからとの事、熊本だけでなくこの流れなら全国のファンが嘆願書を集める事に成れば、一転して現選手会はヒール扱いに成ります。
そこまでに成らない様に減刑して欲しいです。
そうすればファンは納得するし、競輪は安泰と思いますが、この愚行を面子だけでやってしまったら、一宮競輪だけでなく、廃止の場が相次ぎ、選手は働き場を失う事に成らんとも。
手は早く打つべき。
今月中にも会議を開いて、やり直し裁判をしてもファンは誰一人文句は言わないと思いますが、どうでしょうか。
3日目は私的には全レース狙い目ばかり。
こゝで載せてしまえば500円を投じて「コンドル紙」を手に入れられる方に悪いので心を鬼にして載せません。
小ちゃい野郎と思われてもいゝです。
「コンドル紙」は熊本以外なら、ローソン・ファミマのE新聞コーナーで引き出して下さい。


初日

名古屋ダービーの初日は、モーターボート(競艇)の総理大臣杯(尼崎)にぶつけられた事もあってか、17億4400万は、正直言って低調な滑り出し。
「S・Sイレブン」騒動が少なからず影響したものと思われますが、レースの方はもっと荒れるかと思ったら、9Rのみが筋違い。
他の10個はおでんじゃあるまいし「筋」のオンパレードでは、本命党にしても穴党も消化不良の1日だったのでは。
2日目は前半4個は上位進出を阻まれた選手のサバイバルゲーム。
5R~9Rが1次予選で、10R・11Rはゴールデンレーサー賞残り6人を決める特選2個が予定されてます。
初日もそうでしたが、絶好調と思われた選手がその通りだったとは言えないし、逆にダメそうにしてた選手が意外に良かったりした中で目立ったのは、
5月から半年間自粛生活に入る稲村成浩の鋭い動き、これは半年無収入を考えての頑張りだったのかも。
しかし山崎芳仁・伏見俊昭・稲村好将・鈴木謙太郎は気落はストレート。
稲垣裕之・牛山貴広は「何クソ」精神で好走したので2走目から楽しみです。
その他で目立ったのは、三谷竜生・中川誠一郎・松谷秀幸・松坂英司・吉本卓仁・藤田竜矢・飯野祐太・早坂秀悟・岩津裕介・木暮安由・松川高大、そして深谷知広は別格でした。
2日目は何時もなら負け戦にお宝は眠っているのに、この4個レースは、狙える選手はゼロ。
尚2Rの山田裕仁は引退でなく、レーサーとしては一線を退き、岐阜支部長に立候補すると地元のスポーツ紙に掲載されてました。
1予では、6Rの松岡貴久、同県の仲間が初日に4人も勝ち上っては、取り残されてはの気持が吉と出るか凶と出るかは興味津々。
7Rは、筒井敦史とグランプリレーストップを走る齋藤登志信。8R、山田久徳の番手、伊藤保文。
9Rは、根田空史は無論ですが、3連対に入れたいのは、男度胸の田中誠。10Rは、菊地圭尚。11Rは、センス抜群の井上昌己を推奨。
今日も納得の取材はやれたので期待して下さい。詳しくは⇒http://www.e-shinbun.net/cp/condor
夜中は小倉ミッドナイトの2日目、こっちは私の得意分野、メルマガと弟の解説を参考に大儲けして下さい。


前検日

名古屋ダービーの前検日。SSイレブンに参加した選手の処分が決まり、その当事者を取材するのは若干気は引けましたが、そこは年長の特権で励まし、「必ず再起した時は現在以上の力を付けて出て来い」と言ったら殆んどの選手が目を輝かせて「見てヽ下さい、そうしないと何でこんな目に遭ったのかでしょう、ファンにはそれまで待ってゝ下さいと言いたいです」は頼もしいし、11月に18人が復帰するのは或る意味では楽しみです。それから2ヶ月遅れて来年2月に出て来る2人も「長いですがこのまゝでは終われません」と言ってました。笑顔はゼロでしたが、本物の男らしい面構えは又競輪が良い方向に様変わりしそうでやる気が出たのは事実。1年自粛の3人の内、2人は本当に可哀想で気の毒です。競輪界に無くては成らない売り上げを左右する横綱にはもう一度審議してせめて2ヶ月の減刑はして欲しいくらいです。もしこの2人が絶望して引退したら競輪界には大きな損失だからです。武田・村上を何とかして辞めさせない運動をやる動きが東京大学の競輪ファンの間で起こってるとの事。素晴らしい事なので、叶う限りの協力はやりたいと思ってます。それだけの功績・貢献はして来た2人なので現選手会も納得すると思いますが。
初日の11個レースは巧妙な番組でどれも買えそうな物ばかり。その中で6Rを走る大豪、山田裕仁がSSイレブン騒動の最中に、今回を最後に引退宣言してました。性格上、助けて貰ってまでの1着は望んでない模様だけど、最終戦はあるかも知れないので、惜別の意味もあり、4日間、頭流しをしてもいゝかなと思ってる次第。



ページトップへ


世界で戦うe-SHINBUNメンバー!~中川誠一郎~




中川 誠一郎です!
コロンビアのカリにいってきました\(^-^)/



今回は
世界選手権でシーズンの集大成
1年で1番大きなレースでした!



にもかかわらず
僕は到着後すぐに発熱
症状的にもインフルの疑いをかけられ隔離
成田からダラス、マイアミ、カリと3つの飛行機を乗り継ぎ
24時間以上かけて移動してきた地球の裏側でバイキンのような扱いをうけ、5日ほどほぼホテルの一室におりました(笑)



なんとか病原菌との戦いにも勝ち
体調を取り戻し、レース会場へのバスに乗り込むとうわさに聞いていたポリスの先導でした!
治安が悪い、悪いとは聞いておりましたが
会場とホテルを往復するのにもポリスの護衛付き(^o^;)
どんだけ危ねーんだよ(笑)
聞くところによると世界のトップ10に入るレベルの殺人件数、治安の悪さを誇る都市らしいです!

やっと帰れると思ったレース最終日にしっかりとオチが待っていました(笑)
レース会場に到着するとロシアの選手が自転車の輸送の時に使うダンボールを通路に並べながらなにやらバタバタしております
なんか通路濡れてんなと思いながら
JAPANの倉庫にたどり着くと
ダンボールが水びたし!



なんと水道管破裂らしく
ほぼ全滅でした(^^;;

最初から最後まで最悪の今回の遠征でしたが唯一の救いは言うまでもなく『クルム コロンビア』(コロンビアのビール)でした(^-^)



あーー
でももうしばらくコロンビアはいいっす(笑)


ページトップへ

イー新聞体験隊っ( ̄^ ̄)ゞ



こんにちわ、チームイー新聞の浅井康太です。
山田裕仁さんの紹介で、僕も大井競馬にレッドサムソンと言う牡の3歳馬を所有しています。
自分の馬が走る時には、ローソンやファミリーマートに行き、端末で競馬の予想紙を購入しています。
すぐに取り出せて便利だし、愛馬の人気や対戦する馬の状態もチェック出来ますね。
見やすさと情報量の多さで、ケイシュウを買う事が多いですが、他の専門紙もダブルで買う事もありますよ。




さて私、e-SHINBUN体験隊と題しまして新しく出来たホヤホヤのコンテンツを体験しにLAWSONに早速やって参りましたっ( ̄^ ̄)ゞ

何、何っ?!
噂によると店舗に設置してあるマルチコピー機から公営競技専門紙が簡単に買えちゃうとか?!

500円玉一枚を握りしめて恐る恐るコピー機の操作画面を覗き込み、まだ半信半疑の気持ちでとりあえず

『プリントサービス』

『コンテンツプリント』

とクリックしてみると…



“e-SHINBUN 新聞プリントサービス”
の文字がぁーっ!!

すげー、すげーっ!!

ずっとやる、やるとは言っていましたがついに現実的に誕生したかと思うとなんか私も自分のことのように嬉しかったり?

そして私はそこから競輪のジャンルを選択し、今回はe-SHINBUNのコラムでも毎回鋭い意見や内容を書いている熱い専門紙コンドルを購入っ!!



結果、8クリックの所要時間約3分で簡単に専門紙をGETーーーっ!!!

LAWSONさえあればいつでもどこでもってところがありがたいですよね!

ぜひ皆様もこのコラムを読み次第、すぐに私に次ぐe-SHINBUN体験隊になって見て下さいねっ( ̄^ ̄)ゞ

これによってより皆様が競輪ライフを楽しむことが出来ますように…。

enjoy your keirin life( ´ ▽ ` )ノ

ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら


武田あかりも負けるもんか

ちゃり党← 姫のブログはこちら


みなさん、こんにちは。
競輪リポーターの武田あかりです。


今日から、名古屋バンクでは、日本選手権競輪・ダービーが始まりますね。



その舞台の名古屋バンクを上から眺めてみました。
バンクの中そして、客席にも、出場選手の横断幕がいっぱい!!


今回のダービーから、『武田あかりも負けるもんか!』でご紹介するのは…
兄弟弟子のお二人!!

まずは、兄弟子のこのお方から。



岡山の石丸寛之選手!!

最近、好調の石丸選手は、前場所の地元・玉野記念で準優勝!
『状態戻ってきてる。
いろいろやって、セッティングもクランク伸ばして、良くなってる。
今回、やりたい練習は、全部やってきた!手ごたえもある!!
また、特別競輪のレースで準決勝乗りたい!!』
と、男前スマイルで、答えてくれました(^^)


そして、弟弟子の。



同じく岡山の筒井敦史選手!!

前場所の松山記念での落車の影響については、
『大丈夫!
ここまで、体のケアを思うように、やることは全てやってきた。不安なく走れる。』
と、答えてくれました。

そして、
『G1は、準決勝にいったことがない。そこの壁(2次予選)破りたい!!
3着までに入って、車券にいっぱい絡めるように。』
と、意気込みを語ってくれました。



そんなおふたりは、高校時代の先輩後輩でもあり、最近は一緒に練習もしてるんですって。もちろん、今回も!
その練習場所が、もがき練習するには絶好の直線道だとか。
なんて豪華な直線なんでしよ?(^^)
岡山のトップ選手のおふたりが揃って練習する直線道!!
そのうち、その道の両サイドに観覧席とか出来ちゃうかも(*^^*)


今日の初日7レースは、この兄弟弟子の連係が、見られます。
『兄弟子やけど、俺が前や!』
と、おっしゃる石丸選手に。

『弟弟子やけど、兄弟子が前です。
前が兄弟子なので、よりサポートできるよう頑張ります!』
と、筒井選手のコメント。

豪華な直線で練習してる成果を兄弟弟子の豪華なラインに期待です。


ページトップへ


谷友梨子のこの選手にエール

Bbスタジオ日記← ブログはこちら
http://yokkaichikeirin.com/blog/

谷友梨子
四日市・松阪を中心に活動するキャスター。
軽快なトークと緻密な取材を元にした情報に定評がある。
女性MCと、プロの解説者以上のコラボは競輪界の「いっこく堂」である。
ファンの間では「押し付けがましくなく、
耳にスッと入ってくる。それでいて内容も確かだ。
車券を買う時のギャンブル心理を逆なでしないのも良い」の声を聞く。


こんにちは。谷友梨子です。

競輪界の春の訪れを告げる日本選手権(GⅠ)が、名古屋競輪場でいよいよ開幕です!



私がまずエールを送りたいのは、まずは、小野俊之選手。



直前の松山記念は、久々の記念決勝入り。また近況は、小野選手の持ち味である気迫溢れる競走も戻り、復調気配が漂います。

お正月の静岡FⅠ決勝インタビューでは、「今年は本気でグランプリを狙いに行く」と宣言。

「そうですね。ん~、でも、現状はまだまだですね。去年と比べたら、着実に良くなっていることは、ほんのりと見えてきています。ただ、まだレースを遊べるくらいの感覚にはなっていません。レースを遊べる感覚になれば、かなりいいんですけどね。そうやって、レースに余裕が出てくると、3連単は外しにくくなります。でも、そのための改良の余地は、たくさんあります」と、近況について話します。

「セッティングなどの手探りは、今も続いています。今、一番気になっているのはシューズ。サンの位置をしっかり合わせたい。ある程度の位置は出つつありますが、レースでうまく合ってくれればいいですね。練習で良くても、レースで使えなければダメですから」

自身の性格について聞いてきみました。

「僕は、日々一生懸命。その積み重ねで、最終的に行けるところまで行けたらいい。座右の銘?あえて使っている言葉はありません。色紙にも書いていないですよ。ただ、自分を信じることは、いつも心に留めています。あと僕は、いいことも悪いことも、すぐに忘れるんですよ。いい性格です(笑)」

昨年は、6月岸和田高松宮記念杯の落車(失格)で3か月の欠場がありました(右鎖骨、肋骨、肩甲骨骨折)。9月オールスターで復帰後は、2~3着が多かったのですが、昨年12月8日のいわき平3日目一般戦で、8か月ぶりの1着。

「いわき平の1着は、一般戦でも正直嬉しかったですよ。去年の夏にけがで3か月休んで、オールスターで少し無理をして復帰したんですけどね。その1着は、8か月ぶりですか?そんなに勝っていなかったんですね」



2場所前の四日市では、初日特選から小野選手のスタイルを貫く競走。

「四日市では、てっきり予選スタートだと思っていました。でも、せっかく特選に乗れたので、初日から競り。自分は、戦って築き上げてきたタイプ。なので、戦っている方が活きるんですよね。」

四日市の初日特選を見たファンの方からは「久しぶりに『競輪』を見て、ワクワクした」、「小野選手は復活してきたなあ」といった声が届いてきました。

「今は、自分の中でも全然ダメだと感じているけど、(グランプリを狙いに行くと)言ったからにはしっかりやるだけですね」と、噛み締めるように話す小野選手。今シリーズの戦いぶりがとても楽しみです。


続いて、エールを送りたいのは、昨年後半辺りから点数を挙げてきた福田知也選手。



1月の和歌山記念、大宮記念では2場所連続決勝入り。また、続く千葉のFⅠでは、久々のS級優勝と、成績が急上昇!

「近況結果が出だしたのは、昨年夏辺りに追い込みに変わってからですね。追い込みに変わることには、最初は抵抗がありました。でも、自力から自在に変わった辺りから、ラインの先輩たちに迷惑をかけることが多くなった。先行もできないし、自分だけ届くような形のレースが多かったんです。それで段々と追い込みに」

「正直、追い込みの方が脚を使います。前の選手に合わせて踏まないといけないので。そういう脚は、あまりなかった。後ろの競走は難しいですね。勉強することがたくさんあります」


(昨年3月四日市にて。昨年は、ダービー不在組のFⅠ出走でした)

最近、福田選手が中心となって、練習グループを作ったそうです。

「午後練習のグループを、僕が中心になって川崎で作りました。メンバーは若手中心に10人以上で、メンバーには郡司浩平や巴直也などがいます。チーム名は特に決まっていません。何かいいのがないかなぁ?午前中はバンクに来た選手たちと練習して、午後は僕が中心となってやっています」

「メニューは僕が考えるので、全国からメニューを聞いて、取り入れています。バンク中心です。今まで、そういう人が川崎にいなかったので、僕が追い込みに転向したのをきっかけに作りました。あまり迷惑をかけられませんからね。僕が番手に付くということは、3番手に回る人もいるし、先行屋もいる。そんなときに、自分の脚がないとダメなので。少しでも僕がいい成績を残すことができれば、グループも活性化していくでしょうし。今は、そういうことが成績に出てきていると思います」

3か月前から自転車のメーカーを変えて、「随分良くなった。自分のイメージに近づく競走に、だいぶ近づいてきている」と話す福田選手。すべてが良い方向に向かっています。

意外にもビッグレースは2012年の寛仁親王牌以来、2年ぶりの登場となります。「このままいけば、ダービーや共同通信社杯も楽しみですね。追い込みになって出る特別は初めてですから」。

そんな福田選手にエールを送ります。

さて、3年ぶりに名古屋で開催されるダービー。日程が発表された時から、「この名古屋ダービーに出たい!結果を残したい!」と強い思いを一番抱き、そこに向けて頑張ってきたのは、愛知の選手だったことでしょう。しかし、そのダービーを目指してきたにもかかわらず、出場が叶わなかった選手もいます…。

愛知の疋田敏選手。



遡ること2年前。その頃は降級となりA級を走っていましたが、「S級に特進して、2年後にダービーに出ることが目標です!」とその思いを周りにも宣言していました。

疋田選手は、特別競輪は2006年以降出走していませんでしたが、今46歳の疋田選手にとって、地元で迎えるダービーを走れるのは最後のチャンスかも、といった気持ちがあったのでしょう。2012年6月のレインボーファイナル2着で、S級復帰。そして、昨年2013年は、ダービーの権利を得るため、116走!走りに走りました。

秋に会った時には、「ダービーが目標ですから。最後まであきらめずに頑張りますよ。僕、努力するのが好きなんです。目標を立てて、計画を立てて、それをやっていくことも。こうして、レースを走れることがありがたいですし、神様がチャンスをくれているんです。補充が多くて疲れませんかと聞かれますけど、楽しいですよ」と、生き生きした表情でした。

中部の後輩の中には、「疋田さんに自転車を見てもらって、まったく同じセッテイングにしたら、成績が上がりました!」という選手もいます。疋田選手に、「自分が編み出したものを惜しげもなく、(ある意味)ライバルでもある他の選手に教えるのは抵抗ないんですか?」と聞いてみましたが、「そういうのが、逆に自分の励みにもなるし、必要とされるうちが花ですよ」と、穏やかな表情でした。

「今は、練習も競走も充実しています」と話す疋田選手。ダービー出場は叶いませんでしたが、これからも、最後まであきらめずに走るその姿にエールを送ります!


ページトップへ


二宮歩美の目指せっ!e-キャスター!!



【二宮歩美】
只今、川崎競輪をメインに日々競輪キャスターとして奮闘中ッ!!
皆様が描くe-キャスターを目指してこのブログをきっかけにより一層活躍していけるように
知識や情報を収集していきますので見守っていて下さいねっ!!

―二宮歩美ブログ―
“Walking Beauty~大人までの道のり”
http://ameblo.jp/ninoreport/


ででぇ?んっ!!

ついに私の2013年度の集大成
“日本選手権競輪in名古屋”
がついにやって参りました。

私にとっては連続2年目の出場、そして今年もまた長谷川満ちゃんと一緒に去年のダービーに続き連携しながら6日間、中継のレポートを場内から勤めていきたいと思いまっ( ̄^ ̄)ゞ



右も左もわからなかった初のG1出場。
今年は一年の成果を少しでも出していけたらなと(*?-?*)

が、私、なぜか前検日からどうやら抜けているらしく家にメイクポーチ一式を忘れ、ならばすっぴんで…と言うわけにもいかず無駄に一式お買い上げ。



からのせっかく取材をしようと検車に行ったのはよかったもののデジカメも持参するの忘れ選手の写真もとれず…。

で、終いには競輪場に事前準備で必要な資料も一式忘れて帰ったっていう始末((((;゚Д゚)))))))

こんなんで明日から本当に大丈夫かしら??



ちなみに今回ゲットしたネタは放送中に少しずつ小出しにしていきたいので皆様、是非とも6日間中継でお楽しみ頂けたらと?

たくさんの方のお力や協力やご厚意により参加出来ることになったダービーin名古屋。

私も皆様の期待に少しでも応えられるように全力で望んできます!

ページトップへ


寺門夏織のかおりんROOM

SPEEDチャンネルで7年間キャスターを務め、現在はフリーで活動中。
レギュラーは、松戸・いわき平・宇都宮競輪中継の司会。



ブログはこちらをチェック!
http://ameblo.jp/kaorin714/

皆さま、こんにちは。寺門夏織です。
やっと春らしくなって来ましたね♪

名古屋競輪場では、明日からいよいよ『第67回 日本選手権競輪GI』が始まります!!!


私が最後に名古屋競輪場に伺ったのは、2年前の共同通信社杯GⅡの取材。
関係者の方たちにとてもご親切にしていただいて、
自分のお仕事を原点から見つめ直すキッカケもあり、
私の中で名古屋競輪場は“聖地”となりました☆

そして、名古屋には美味しい食べ物もたくさんあるので、大好きです(^Q^)
旅打ちに行くのも最高ですね♪

今回の私の注目選手は大勢居るので、
今日はその中から2名をピックアップしてご紹介(^_-)b


新田康仁選手(静岡・74期)



追加で参戦した前場所のいわき平競輪FIで、
準決勝では中団外併走から捲くれずにまさかの敗退となってしまいましたが、
最終日は大雨の中、後方から一気に捲くってキッチリ人気に応えました。

新田選手「準決勝は年に1回の凡走をしてしまい、最悪のレース。
お客さんに迷惑を掛けてしまいました(-_-;)
でも、今回自分の中では収穫があったので、参加して良かったです。
今回から新車を使っています。
ギアは今、対戦相手とバンクと戦法によって3つの中から使い分けています。
その内の1つで今回の最終日に使った4.42は感触が良かったから、また使いたい。
今回の反省を活かして、次のダービーまでにケアして万全の態勢で臨みます!!
ダービーは特選スタートなので、
初日から気を抜かないで良いレースをして、その後に繋がる走りをしたい!」

と、今年の日本選手権に懸ける意気込みを聞かせてくれました。



近況、積極的に動いて戦っていることについて伺うと、

新田選手「後輩たちを指導していく立場なので、手本になるレースを心掛けています。
口だけでは説得力がないので」

と、レース直後にも関わらず、爽やかに答えてくれました☆
新田選手の一走目は開催2日目!!



そして、追込み型からは、
香川雄介選手(香川・76期)



前場所のいわき平競輪FIでは、
連日苦しい展開でしたが、差し脚が輝いていました☆
初日特選では、目標にしていた選手が捲くり切ることができませんでしたが、
香川選手は直線で大外から強襲しての1着。
3連単で22万円台の高配当を出しました!
準決勝では、目標にしていた選手が内に詰まってしまう厳しい状況でしたが、
香川選手は抜け出して2着。(3連単は6万円台の配当)

香川選手「これまでバンクのイメージも良くなかったし、
展開もよう分からんかったけど、
最後にコースを見付けて抜け出せたから、調子はええんちゃうかな。
(直線の長い)バンクのお陰で持ち味が出せていますね」

『気負わずに鋭く!』の香川選手も絡めておきたい選手です!!
香川選手の一走目は、初日の10R一次予選です。



他にも注目したい選手がいっぱい!!
名古屋・共同通信社杯GⅡでも地元選手たちの気迫と活躍が目立っていたので、
もちろん今回のGIでも愛知の選手達に注目していきたいと思いますo(^-^)o

皆さまの注目選手はいかがでしょうか?

ワクワクする6日間の激闘を、大いに楽しみましょう!
だいぶ暖かくなっては来ましたが、朝晩はまだ冷え込むので、
服装や体調管理には十分お気を付けてご観戦下さい。


ページトップへ


実況アナ立野純の、競輪のススメ

Bbスタジオ日記 ← ブログはこちら


e-SHINBUNをご覧の皆様、こんにちは。実況アナウンサーの立野純です。



このコラムは、ダービー前検日に書いていますが、その前日は、一宮競輪が64年の歴史にピリオドを打った日でもありました。誰がどう見ても“廃止”なのですが、一宮はどこにも“廃止”とはうたっていません。むしろ、『場外車券売場として“存続”』と、開催告知広告やHPには書かれています。

二度と本場開催を行わず、場外転換することで、“存続”と言われても、しっくりはこないですね…。

いわき平記念のe-SHINBUNコラムでも書きましたが、本場開催のない一宮に足を運ぶことは、もうないでしょう。実況経験もある競輪場だけに、寂しい限りです。


さて今回は、一宮のお隣、名古屋で行われるダービーですね。ひょっとしたら、一宮最終日から、前検日を挟んで名古屋ダービー初日へ…という、熱心な旅打ちの方もいらっしゃるかも?

旅打ちの方にとっては、名鉄バスセンター(名古屋駅)からの無料バスが便利な足(※ただし、今年度をもって、このバスは廃止)。地下鉄東山線本陣駅からの無料バスもありますが、地下鉄中村公園駅からのんびり歩いてみてはいかがでしょうか?(東山線名古屋駅から4つ目が、中村公園駅です)



駅を出ると、大鳥居が目に飛び込んできます!



高さは約24メートル。昭和5年竣工。かつては日本一を誇った高さだったようです(今は、和歌山熊野本宮大社の約33メートルが日本一かな?ちなみに、弥彦の大鳥居は約30メートルです)。

この大鳥居をくぐって、競輪場を目指します。

余談ですが、愛知県のスーパーと言えば『アオキスーパー』。その本社はここにあります。



駅からの道、『中村公園参道』は、こんな感じ。『手づくり郷土賞』を受賞したという歩道で、天気のいい日に歩くと、とても気持ちいいですよ。



この歩道を歩くこと数分で、豊臣秀吉を祭神として創祀された、豊国神社に到着。



出世、開運、建設等にご利益があるそうです。開運なら、車券的中祈願でも叶う???

境内をぶらぶら歩いていると、すぐ裏手が名古屋競輪場であることが分かります(スタンドが見えています)。



ここの塀を乗り越えて競輪場へ行く訳にはいかないので、もう一度鳥居を出て、いざ名古屋競輪場へ!



ここも、かつて何度か実況をしたことがある競輪場。正面審判室の右側に実況室がありますが、冬場はなにしろ眩しかった記憶があります。直射日光が結構きつくて、室内は冬場でも結構な暑さに。でも、外は寒いので、実況では「冷たい風が流れ、肌寒い中…」と言いながら汗をかいていた、なんてこともありました(笑)。

さて、最終レース終了後は、同じ道を引き返しては面白くないので、今度は地下鉄中村日赤駅を目指してみましょうか。この出口から退場。



出て右折すると、左手にこんなお店が見えてきます。



五王製菓の名物、みたらしだんご。看板に「やすい!」、「うまい!」と書かれていますが、この看板には偽りなし!何と1本30円!



甘辛いたれが、ちょっと焦がし加減の焼き方にマッチしてうまい!近所の方にも大人気の一品です。その他、五平餅50円、焼き鳥60円など、とにかく安い!ぜひご賞味あれ!(月曜日が定休日なので、ダービー開催中は開店していると思います)


そのまま直進し、交番がある交差点を左折。



ほんの少しまっすぐ歩くだけで、妙行寺(みょうぎょうじ)があります。



ここは、加藤清正の生誕地。名古屋城築城の際の余材をもって、再建したと伝えられています。交通安全祈願の祈祷や、オートバイ用のお守りがあるそうですよ。



ここは小さいので、拝観はあっという間に終了。来た道を引き続き歩くと、ほどなく中村日赤駅に到着。ここから3駅で、名古屋駅に着きます。



あとは名古屋駅に出たら、手羽先でもかじりながら、ビール片手に競輪談義に花を咲かせましょう!


さて、今年は3年ぶりとなる名古屋ダービー。このコラムを書いている時点では、初日と3日目の降水確率がやや高め。まぁ、6日間全部晴天を望むのは厳しい季節なら、仕方なしか…。後半の3連休は晴れマークになっているので、いいコンディションで準決勝、決勝が行われればいいですね。

ここでは、個人的に注目の選手を一人。早坂秀悟選手(宮城・90期)です。



早坂選手と言えば、徹底先行!中でも、ドーンと出て行くカマシというイメージが強い印象です。ただ、本人はこう話します(取材は、直前の四日市)。

「戦法に幅を持たせたいんです。カマシもできて、押さえ先行もできて、捲りもできるというのが、一番の理想です」

そのことに関連して、近況使っているギアについて、こう話してくれました。

「4.15だと、戦法の幅が狭すぎて…。後ろから押さえて駆けるには重すぎるんです。4.08だと、ドーンとカマすスピードはいい。苦しい展開のときでもカバーできる。でも、特別競輪だと別。流れが違いますから」

色々難しい面はあるようですが、いずれにせよ、本音はカマシ一本ではなく、自力の幅を広げていきたいことが伺えました。


(宮城県のゆるきゃら、『むすび丸』です!)

今回は、昨年立川ダービー以来、2回目となるGⅠ。昨年の大会では、ホームガマシで押し切り、一次予選を突破しましたが、さて今大会は?

今年の一次予選は、前回四日市でも2回対戦した小嶋敬二選手もいる番組に。このときの初日特選では、小嶋選手を突っ張って先行。決勝では小嶋選手を押さえて先行しました。果たして今回はいかに?

そして、今回初日のギアは4.17。2走目以降はどうするのか、またそのときの駆け方も、注目してみたいと思います。


では、年に一度の6日間シリーズを、存分にお楽しみください!


(追伸)
ダービー4日目の21日(祝・金)、静岡競輪場では、実況アナウンサーによる予想バトルイベントを行います。出演は、
・香川岳司アナ(小田原)
・和田年弘アナ(広島・福井、他)
・中村将司アナ(静岡・宇都宮・前橋ミッドナイト、他)
の3人。ただ予想するだけではなく、1万円を軍資金に、実際に車券を買って、お客様に披露するとのこと。もちろん、勝った分は全部お持ち帰り!ただし、負けたらギャラはなし!(笑)
静岡場外をご利用の方は、真剣勝負の車券バトルをぜひご覧ください。乗るか乗らないかは、自己責任です(笑)。

ページトップへ


伊藤勝也の何事も全力投球!


伊藤勝也
★元競輪選手(54回生 静岡支部登録)
 54回生卒業記念優勝
 1992年 ふるさとダービー弥彦優勝(静岡県登録選手初のG2優勝者)
 現在は静岡競輪場の解説、イベント・広報関係


一昨年の10月に引退してから競輪場内に入る機会が多く場内を見て率直に感じる事は
来場している殆どのお客様が男性の高齢者という事です。
選手時代に感じた以上にお客様の罵声が凄く場内は殺伐とした空気が流れています。
現在、静岡競輪場には新規の方が落ち着いて観戦するスペースがなく私が現役の時に
友人や知り合いなどに『競輪場にレースを見に来てよ!車券を賭けに来て下さいよ!』
と気軽に言っていましたが今思うと少し申し訳ない気持ちになります。

当然今の高齢者の方々のお陰で長年競輪が支えられている訳ですが、この先の事を考えると
やはり新規の若い世代のお客様を増やして行かなくてはという気持ちになります。
簡単に言うとこのままだと競輪場に足を運んでくれる人が減り売り上げが減ってしまうという事です。

今現在どこの競輪場でもキャラクターショ-やトークショーなどのイベントを
行っていますが、これだけでは車券の売り上げに繋がらないと思います。
競輪というのは推理ゲームの要素があります。
だからこそ競輪を知らない人が、いきなり車券を買う事はありません!
まずはイベントなどで競輪場に足を運んでもらった人達に競輪という推理ゲームのやり方を
教えて行く事が大事だと思います。

静岡競輪場では昨年から色々なイベントを行い新規のお客様に多数来場してもらいました。
その際に必ず競輪(人間味あるライン戦・迫力ある競技・選手のアスリート性など)
というものを説明したあとに簡単な1着当てクイズをやってもらい当たった人には景品などを出しています。
そこから競輪を覚えてもらい車券を購入してもらう流れです。

これからは競輪場側が今のままで黙ってお客様を待っていては駄目だと思います!
現在の既存のお客様が快適に競輪を楽しんでもらう為の競輪場側の努力!
新規のお客様に競輪という推理ゲームのやり方を教えて行く事!
どこのスポーツ界でもやっている事ですが競技力をアップする事はもとより
選手の人達が競輪場の外に出て競輪のPR活動や地域の人達と交流して
競輪を知ってもらう事がとても大事な事だと思います!

これからの競輪関係者や選手のやるべき事は新規の若い世代の方に競輪の魅力を
知ってもらい競輪場に足を運んでもらい投票していただく事ではないでしょうか。


ページトップへ


鈴木桜花の桜前線急上昇中!


【鈴木桜花】
小田原を中心に様々な競輪場でMCをしています。
しかし、まだまだ勉強中の身。
皆様に競輪の情報をはじめ、楽しさ、素晴らしさをお届けすると共に
桜花の成長を見守っていただけたら幸いです。今後ともどうぞよろしくお願いします!

桜花のブログ「桜花の徒然日記」
ameblo.jp/ouka-rigolo/



ページトップへ


竹林一彦の競輪閻魔帳

竹林一彦

専門紙「アオケイ」編集長。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

ダービー・トライアル

ダービー・トライアル方式が廃止されて二十年近い。ポイント制による本戦出場争いは選手間の星勘定により微妙な駆け引きを生み、車券に酷を与えた。その乙さを好むファンは少なくなく、俺もその一人だった。
あれは取手競輪場のダービー・トライアルだった思う。俺は幸運にも佐久間幸人と萩原操の「三重-三重」五十一期のコンビ車券でアパートの礼金敷金と引っ越し代をまとめて捻出したのだ。
最近何かと露出が多い佐久間重光の写真を新聞に見つけると俺の脳内は、実弟の幸人→ダービー・トライアル→札束という下品な連想と相成る。


ページトップへ


本田知己の民間投票サイト活用術!



本田知己
アオケイ記者・大宮、西武園の予想を担当。学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」


[細分化]

前橋ミッドナイト(3月12、13日)の時に民間投票サイトの事を色々書かせてもらいましたが、ここでは少し補足的な事を。

オッズパーク・・・会員数30万人以上のビックサイト。
ソフトバンクグループで規模がでかい。
よって会員へのサービスが充実。


チャリロト・・・競輪クジと言ったらここ。
さらにDMM.comが行っている「DMM×チャリロト」というのもあり、DMM.comファンはこちらの会員になることをお勧めします。


Kドリームス・・・このグループサイトはいくつかある。
「ギャンブーBET」「競輪タウン」「エンジョイ」など。
「ギャンブーBET」は日本トーターが運営しており、ギャンブーのHPでは競輪、オートレース、ボートレース(競艇)の情報が満載。
グレードレースではアオケイ新聞が無料で閲覧できるので、車券、競輪クジの的中が一歩近づく。
「競輪タウン」は以前、パチンコのサミーが運営していたが、今は撤退した模様。
よって今のサイトの作りにはあまりやる気が感じられない。
「エンジョイ」は日刊プロスポーツ新聞社の運営。同業他社がやっているサイトの為、僕はあーだ、こーだは言いません。


以前も言いましたが、気になるサイトがありましたら、ぜひ会員になって、自分の目で確かめてください。
ちなみに僕は「オッズパーク」のフリークです。


[勝手に評価]

KEIRIN.JPからインターネット投票で車券を買う人が多いでしょうが、民間の投票サイトも捨てたもんじゃない。というか、正直「お得」です。ここではいくつかある投票サイトを自分の視点で評価したいと思います。

 まずは「オッズパーク」。僕の評価は◎。<良いところ>はオートレースの車券、地方競馬の馬券、そして競輪、競馬、オートレースの「クジ」を発売。多種多様である。車券の成績が芳しくない時は、ちょっと流れを変える意味で馬券。競輪のナイターが行われていない時はナイター競馬へ。当然逆もあり、ギャンブラーの「憩いの場所」となっている。
 次にサービスの充実。まずはポイント(キャッシュ)バックが民間投票サイトの中で一番高い。競輪「車券」でいえば、1カ月の購入金額によって変動するのだが、僕はヘビーユーザーなので常に3%のバック(1カ月の購入金額が3万円以上で1%、10万円以上で2%、30万円以上だとなんと3%)。月に100万円くらい車券を買うので3万円分のギフト券を毎月いただいている。さらに「○○競輪の後半3Rは7%ポイント還元」や「○×オートは本日10%ポイント還元」など、レース毎、日替わりでポイントバックが違うケースもある。そこを上手く使いこなせば更にバックは増え、この間(2月末)は5万円のギフト券が送られてきた。あと予想情報や、直前情報がしっかりしている。オートレースは晴か雨かで車券の買い方が変わってくるが、それが雨になった時は瞬時に「総評」から「雨なら」という短評に変わって、雨ならこの選手と教えてくれる。
あとはキャンペーンの多さ。しょっちゅう「○○記念クオカードプレゼント」や「○×競輪キャンペーン」を行っていて飽きないし、当選してたまに商品が送られてくると嬉しい。
最後は投票がしやすい、何度入金しても手数料がタダ。KEIRIN.JPのインターネット投票だと3回目からの入金は75円の手数料がかかる。それが無料だ。
<悪いところ>は車券の締切が発走時間の5分前ではなく、7分前というところ。この2分は大きいといえば、大きいが「締め切られて助かった」というケースも多いので、僕としては大した問題ではない。なのでしいて挙げればって感じ。

次はチャリロト。僕の評価は○。<良いところ>はこの民間投票サイトだけが、KEIRIN.JPと同様に車券の締切時刻が発走時間の5分前ということ。
あとは競輪クジのキャンペーンが充実。記念競輪、小倉ナイターなどの「チャリロト5」はしょっちゅう「キャンペーン100万円」「キャンペーン50万円」を行っている。これは売上金額が100万円、50万円未満でも払戻金額は100万円、50万円「保証」しますよって事。なのでもし払戻金額が75万円だったとしても、残りの25万円をチャリロトが持ってくれるって事です。この恩恵を以前僕は受けました。「小倉ナイターキャンペーン30万円」の時に僕が1票総取りしたのです。払戻金額は21万円くらいだったのですが、不足分の約9万円が後日銀行に振り込まれており、嬉しかった事を覚えています。
あとはオッズパーク同様にキャッシュバックがあるのだが、1カ月の購入金額が5万円以上で1%、30万円以上で3%。やや見劣りする。まあそれでも、30万円以上買えば同じだから、まずまず僕の評価には値する。
<悪いところ>は投票画面に「並び」っていうのがあり、予想の並びが出ているのだけど、それが時々間違っている。というか、「前々」「先手ライン」の選手が並んでいるときがある。たとえば①が前々のコメントで②が先手ラインのコメントだったとすると、普通は①_②と離れているのだが、時々①②や②①と並んでいる。この「勘違い」で僕は幾度もチャリロト5を外している。これが正直頭にくる。あとは特になしかな。

最後にKドリームス。評価は△。<良いところ>は、うーん。とりあえずオッズパーク、チャリロト同様にキャッシュバックなどのキャンペーンをやっているところかな。
<悪いところ>はそのキャッシュバックが半月単位ってこと。オッズパークやチャリロトは1カ月単位なのだが、Kドリームスは1日から15日、16日から月末の単位。だから1日1万円ずつ買っている人は15万、15万と区切られてしまって、大した金額は戻ってこない。ちなみにキャッシュバック率は3万円以上で1%、30万円以上で3%である。
あと投票するのに、まずはお金を「デルカ」という電子マネーに替えないといけないところ。楽天銀行からなら無料だが、それ以外は手数料がかかる。さらに有効期限が180日ということで、デルカに替えたらすぐ使わないと損。というか、購入する分だけデルカにした方が利口。でも楽天銀行以外では手数料が常にかかるし…。
さらに投票画面が正直やりづらい、使い勝手が悪い。これが結構イライラする。


 とはいっても、これは僕の評価ですから、実際に各々のサイトに登録してみて、自分の目で確かめてください。


ページトップへ

とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記



町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。
現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。
前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


二日目



深谷知広、金子貴志、吉田敏洋、猪俣康一選手などの練習着にイー新聞のロゴの広告が入っている。
これは愛知の選手会が作った練習着で、僕達は、広告料も払っていない。
猪俣選手には5月からチームイー新聞に入ってもらう予定だが、他の選手とスポンサー契約もしていない。
完全に愛知支部の善意である。
元々、イー新聞を始めた時に、一番世話になったのが一丸安貴支部長であった。
一丸支部長の協力がなければ、イー新聞も知名度が上がらなかったと思う。
人と人の繋がりを最初に作ってもらった恩人だ。
一丸支部長をトップに、愛知の選手会のファンサービスは他の支部をグーンと抜いている。
やる気もあるし、資金力もある。
もちろん僕自身も、全盛期の選手としての一丸安貴が好きだった。
誠実な人柄で温厚だが、レースになると熱くなり激しくなる。
これからは間違いなく、選手会のトップとして力を発揮できる人望と器の持ち主である。
ここにも、お金では買えない世界があった。


初日

SS騒動の処分が決まった。
長塚、武田、村上は選手会から1年の自粛のペナルティーだ。
これは現実的に引退勧告とも言える。
長塚と村上はSS級なので、来年の7月からもS級で走れるが、武田はA級に落ちてしまいそうだ。
復帰してからも特別競輪の出場権を得るには、また1年近くかかるだろう。
モチベーションを保つ為に、武田のナショナルチーム入りの噂もあるが、現時点では未定だ。
実は記者自身も、戦略のミスで1年間をふいにしてしまう事がある。
前橋競輪の情報誌ピストファンの入札に負けてしまった。
せっかく、ファンも付いてきたし好評だったので残念である。
良い物を作っているだけでの自負では金額による入札では負けてしまう。
また1年待って、入札に勝つしかないだろう。
結局、今回の騒動にしても、良くしたい気持ちがあっても、方法が間違っていたら何もならないし、入札に負けたら意味がない。
失敗を新たな事へのチャレンジと考え、ファンに喜んでもらえる事をすぐに行動に移したい。


ページトップへ


e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2014年 3月18日(火)・19日(水)・20日(木)・21(金)・22(土)・23(日)

■開催場所
名古屋競輪場

名古屋競輪場

取り扱いネット新聞

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ