eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
とん豚テジ

読売新聞社杯全日本選抜競輪(GI)

key-visual
e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二




チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!

木暮安由
佐藤慎太郎
山内卓也
小野俊之
藤木裕


市田佳寿浩

中川誠一郎

小野俊之

木暮安由

脇本雄太

小倉竜二

佐藤慎太郎

藤木裕

川村晃司

浅井康太
山内卓也




チームe-SHINBUN新規加入メンバー!
12月からチームe-SHINBUNに新たに浅井康太選手が加わりました!





e-SHINBUN イメージCM



ページトップへ


決勝インタビュー


平原康多
準決は厳しかったけど勝ち上がれてよかった。
3日間、自信を持って走れています。
連覇を狙って神山さんと決めたい。
新田祐大
今年に入って1着が取れるか悩んでいたが、準決の1着でホっとしました。
力を出し惜しみしないように自力で頑張ります。
浅井康太
脚は順調かな。
レースは見えているし、練習の成果も出ている。
単騎でやる。
松岡健介
デビュー11年目にしてGⅠ決勝は初めて。
脇本君の番手でチャンスを活かしたい。
神山雄一郎
調子はまずまずだね。
初日、2日目よりは準決はよかった。
何度も連係している平原君。
斎藤登志信
準決同様に新田君。
優勝を狙ってくれればいいよ。
GⅠ決勝は07年の宮杯以来。
村上博幸
今回はギアを上げて感触がいい。
フレームとかいろいろな事を試しての決勝進出。
僕は近畿の3番手でいい。
山賀雅仁
3日間、確定板に乗れているし状態はいい。
単騎は難しいけど、自力で優勝できるように。
脇本雄太
日増しに調子は上がってきています。
昨年はGⅠ決勝はゼロ。
岸和田GPは意識して。
いつも通り自分のレース。


ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら


三日目勝因敗因



1R
山田裕仁
菅原君が掛かっていたからまくられないなと。
明日走れてよかった。
菅原晃
山田さんまで付いてくれたから、先行の組み立てに決めた。
バック本数を増やしたいんで。
海老根恵太
4着に入れてよかった。
脚自体は悪くないけど、すぐによくなるわけじゃない。
まだギアが踏めていないのかな。
小川圭二
連日、脚は軽かったんですよ。
頑張ってくれた菅原君とワンツーが決められた。


2R
松谷秀幸
昨日より早い仕掛けになってしまった。
もう行っちゃえと思って。
でも風が強くて掛からなかったな。
佐藤康紀
7着以下はお帰りだから、みんな力を出し切ろうとする。
菅田には落ち着いて走れって言ったが、その通りにしてくれました。
僕自身の感じは悪くない。
山内卓也
最近、前を回る時には自在ってコメントを出している。
400勝はまくりで決めたいなと思っていたんで、その通りになってよかったね。
1走1走の結果だから、400勝といっても特別な感情はない。
次は401勝を目指して頑張ります。


3R
斎藤努
アップから、今日が一番、体が動いていたし、レースでも余裕があった。
でも今日からでは遅いよね。
内藤宣彦
山崎君はまくりになると思ってたから、ギアを1枚上げたけど、重くてきつかった。
このギアはまだ踏み切れない。
幸田光博
ホームではきつかった。
調子はあまりいいとは言えない。
4番手でひと足先に内へ行かせてもらったけど。
渡辺十夢
コースに入っていくスピードがよくなくて、中を割れなかった。
仕上がりが悪いですね。
山崎芳仁
天田君が行くと思ったのに。
もう自分のタイミングで出るしかないと思った。
連日、内で何もできなかったし、外を踏むことができてよかった。
脚自体は悪くないので。


4R
吉田敏洋
まだまだ本調子ではないが、こんな感じだったと思い出すことができた。
どうしていいか分からない状況から、少し光が見えて、気持ちが違ってくる。
内藤秀久
番手を取り切っただけでなく、そこから行ける脚がないと。
勝瀬さんがついていたからね。
まだ課題は山積み。
橋本強
今日は展開一本。
吉田さんが強かった。
踏み出しに集中していたが、回転が一杯になり、バックで置いていかれそうになった。
筒井敦史
昨日もあんな感じで外を踏んで、全然伸びなかった。
ここは外が伸びないね。
それまでに脚を使ってしまっているのかな。



5R
三谷将太
あの並びなら、小川さんが僕のところに来ることはないと思ったけど。
小嶋さんが突っ張ったから仕方ない。
今日は前のおかげです。
藤木さんがきれいに駆けてくれた。
柴崎俊光
小嶋さんのおかげです。
先行しているのが藤木君だから、踏んでも伸びるわけないですよ。
でも自転車は出ているし、脚の感じは悪くない。
藤木裕
ずっと踏んでいたから、小嶋さんがまくってきているのが分からなかった。
今開催はそんな感じです。
2日間走って、脚の感じと体調が分かっていたんで、ダメだと思っていた。
逃げ切れたのはたまたまです。
小川勇介
小嶋さんが車輪をかけてたから引けなくて。
何だかすっきりしません。
力を出し切れないので、明日はその分もしっかり走りたい。


6R
園田匠
全然ダメ。
すんなりついていければ坂本君は残れたと思うけど。
僕が遅れたから。
成田和也
警戒されていただろうし、ああなるのは仕方ない。
最終ホームからはリカバリーできた。
後ろの成清さんに声をかけてもらいながら、落ち着いて走れました。
浜田浩司
ただ突っ張るんじゃなくて、引きつけて、引きつけて突っ張りたかった。
もう脚が一杯。
小松崎大地
初日もそうだけど、甘さが出ました。
浜田さんが切った上をたたければと、人任せになってしまった。
脚を使ってでも、自分から仕掛けなくては。
成清貴之
理想の展開にはならなかったけど、とにかく成田君についていこうと。
園田君を仕上げておけば、2着だったのに。
坂本亮馬
距離が長すぎましたね。
最後は一杯。
でも今の状態としては、ベストはつくせた。


7R
後閑信一
立川の落車の影響で、重心が右に傾きすぎている。
それを確かめたくて、駆けたかった。
ただ、やはりうまく踏み上がらない。
岩津裕介
菊地さんに中団を取らせたら終わりなんで、そこだけは取ろうと、ホームはしっかり踏みこんだ。
脚自体は思っていたよりいい。
伏見俊昭
柴崎君のラインに切り替える感じで、うまく踏み上げられたと思ったら、小野君に思い切り当たられて。
伊藤保文
柴崎君のダッシュはやっぱり凄い。
一瞬、口があきそうになったくらい。
柴崎淳
カマすつもりもあったんですが。
中団がもつれていたから恵まれました。
まあ早めに仕掛けようという気持ちがあったんで、タイミングを逃さず踏めた。
ここは33バンクのイメージで仕掛けた方がいい。


8R
諸橋愛
牛山君に任せた結果だから仕方ない。
最終ホームで室井さんに持ってこられたのも痛かった。
ゴール前は、牛山君と室井さんの間を突 っ込める勇気があればよかったが。
高木隆弘
牛山君は引いて、たたいていくもんだと思った。
あれなら、1回たたいてから、吉本君のラインを待つか、どうかした方がよかったな。
最終ホームでは行けないと思って切り替えた。
吉本卓仁
セオリー通り組み立てられた。
今日はラインが4車だから、絶対に先行と決めていた。
流し流し踏んでいたから、掛からなくて。
大塚さんのおかげです。
牛山貴広
友和さんの突っ張りは半々くらいかと思っていた。
吉本君も僕のところで止まらずに出ていくもんだと。
それで仕掛けが中途半端になりました。
明日は出し惜しみしないで頑張りたい。


9R
芦澤大輔
飛びつきを狙っていたが、やりたいことができていない。
不完全燃焼で悔しいです。
中川誠一郎
前受けだったら、中団でアンコになりそうだし、位置はあそこでよかった。
芦澤君が来ると思って、無理やり出ていったのが失敗。
友定祐己
位置取りが完全に失敗でしょ。
外がダメだから、内を踏んだだけで、伸びてるといっても、あれじゃダメ。
村上義弘
三谷は吹かしすぎだよ。
ついていくのがきつかった。
南修二
抜きにいったが、コースを迷っている間にゴールでした。


10R
新田祐大
浅井さんの動きで川村さんが引くに引けなくなって、結果的に自分が行きやすい形に。
出てからはガムシャラで、冷静な走りではなかったが、勝負どころを逃さない走りはできた。
連日出切れずだったから、タイミングとかは修正できている。
浅井康太
今日は内、内だったけど、それも自分の持ち味。
初日に深谷君にしっかりついていけたのが良かったと思っている。
明日はGI決勝だけど、緊張とかはないですね。
井上昌己
新田君が1人で来たので、スイッチしていれば何の問題もなかったが。
頑張っていた桐山君を捨ててスイッチすることができなかった。
桐山敬太郎
流れで自分が先行することになったが、力を出し切ることはできたので。
結果は仕方ないと思ってます。
稲川 翔
川村さんが中団で勝負してくれて、自分にも勝負権はあった。
あとは自分がどうするかの問題でした。
斎藤登志信
新田君はあれでも好調じゃないですよ。
調子が良ければ、自分はもっと離れてますから。
たまたま自分の前に道ができたおかげだし、運が良かっただけ。
自分の調子は普通。
明日も気持ちだけで走りますよ。
川村晃司
最低なレースをしてしまい、後ろに迷惑をかけてしまった。
全て僕の作戦、判断ミス。
合志正臣
GⅠの準決で、井上君は前がまだ頑張ってるとか言ってる場合じゃないよ(苦笑)。
今日が一番感じが良かっただけに残念。
桐山君がローリング先行すると見抜かれていて、内を狙われた。


11R
平原康多
自分から動いてレースを作れているし、状態は悪くない。
でも、寒さのせいか車の出はそこまで良くなかったかな。
村上博幸
脚に余裕はあったけど、真後ろからの仕掛けに対応できなかった。
なかなかコースが空かず難しかったが、何とか突っ込めた。
松岡貴久
1回切ってからと思ったが、切らせてももらえなかった。
その後も強引に叩こうとしたけど、稲垣さんに簡単に合わされてしまったし。
打つ手なし。
新田康仁
山賀君がどっぷり構えてしまった。
俺に「行け」と言われてから行ってるようでは、平原君に気づかれてしまうよ。
アイツも早く出た方が楽に行けただろうに。
山賀雅仁
もうワンテンポ、ツーテンポ早く仕掛ければ、後ろの新田さんにもチャンスがあったと思う。
状態は見てもらった通りで、自分では判断できない。


12R
金子貴志
一本棒だったし、仕方がないね。
前も掛かっていた。
いつもいいことばかりじゃないですよ。
神山雄一郎
前団にいるラインが2段駆けみたいだったから、池田君も仕掛けづらかったんじゃないかな。
僕はギリギリまで我慢してからコースを探した。
松岡健介
少しずつ努力を積み重ねて、それが実を結びました。
これまでは我慢の日々でしたから。
今日は集中して走れました。
池田勇人
深谷君を決めたところまでは良かったが、その後仕掛ける勇気がなかった。
人任せのレースではダメですね。
神山さんが決勝に乗ってくれたことが救い。


ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら


二日目勝因敗因



1R
中村浩士
ギリギリ待って抜こうと思ったが、ダメだった。
内藤君が強かった。いい捲りにつかせてもらった。
西川親幸
内藤君が捲ると判る展開だったから、吉本君があの位置を取ってくれたのは大きい。
余裕を持ってついていけたし、感じはいいよ。でも、あの捲り追い込みを抜くまではね。
彼は後掛かりだし。
内藤秀久
みんな自力があるから、最低中団は取って先に行かないとね。
自分は全開で踏んだが、その上を行かれては。吉本君はスピードがあるよね。
逆なら吉本君の上は行けないし。
吉本卓仁
踏み方を変えたり、練習では色々試していたが、今日は今までのやり方でいこうと。
南関の中団捲りに乗って、一番仕掛けてはダメな所で仕掛けたのは西川さんがついているから。
前の番手がしっかりした人なら振られて危ない展開。


2R
諸橋 愛
昨日、内に入って失敗した。
それが今日は活かせたかな。
北野武史
うーん、奈良記念はやっぱりたまたまだったのかな(苦笑)。
見つからないように続いたつもりが、見つかって絡まれてしまった。
坂本亮馬
浅井康太さんに教えてもらった踏み方を意識していたら、仕掛けが遅れてしまった。
最後はよく伸びてくれたけど、もうちょっと踏み方が固まれば。
柴崎 淳
山内さんに矢口さんの駆け方の特徴を聞いていたから、緩んだ所を迷わず仕掛けようと。
今回はダッシュ練習をかなりやってきたので、初日のレースが本当にもったいない。


3R
中川誠一郎
あの展開になることだけを祈っていました。
今の調子では条件が揃わないと勝てないので。
桑原大志
昨日の作戦会議から中川君は調子が悪いと言っていたから、今日みたいなことは想像できなかった(笑)。
3コーナーでは差せるかなと思ったけど、2センターからグンと伸びていった。
あれで中川君は調子が悪いのかな(笑)。
木暮安由
天田君が頑張ってくれたんだけど。
最終日まで走れるように、明日は頑張らないと。
橋本 強
関東勢が初手で中団になった時に、この展開があるかもと思って中川さんの3番手についた。
正解でしたね。
松谷秀幸
突っ張るつもりはなかった。
木暮君かその後ろに飛び付くことを考えていたら、スピードが合ってしまって。
天田裕輝
先手を取るつもりだったけど。
誘導が速くて、叩きにいくのがきつかった。


4R
三谷竜生
無茶駆けしないように、駆ける順番でしっかり仕掛けられた。
打鐘の2センターで出切ってからしっかりペースに入れられたし、最後も踏み直せた。
菅田壱道
野田さんに出させてもらえなかった時点で終了。
デキ云々より、全く流れに乗れていない。
何を反省したらいいのか分かりません。
神山拓弥
1月が良すぎただけに、今回がなんでダメなのか分からない。
加藤圭一
野田君に離れてしまったし、情けない。
最後はコースを探して突っ込もうと思ったが、伊藤さんにがっちり決められた。
伊藤保文
加藤君が内から来たので、前を抜くことよりも、2着をしっかりキープすることに気持ちを切り替えた。
野田源一
明日の特選には1着権利だし、2角で仕掛けるタイミングがあったが、構えてしまった。
仕掛けどころを逃してしまった感じ。
内藤宣彦
仕方ないね。
菅田君も反省しているみたいだから。


5R
山崎芳仁
初手の位置取りは悪くなかったし、理想通りの展開だったのに…。
すんなり引けば良かったのもしれないが、バック踏めず入っていった感じ。
荒井崇博
何か連日アンコになる展開。
それでもスイッチして4着まで突っ込めているから車は出ている。
あとちょっとですね。
成清貴之
海老根君が頑張ってくれたし、止まってから踏みました。
もうワンテンポ早く踏んでいれば、頭まで突き抜けていたかも。
海老根恵太
抑えて、位置取ってとずっと踏んでいたから、番手に嵌ったけどもう脚は残っていなかった。
あそこからもう一度踏める脚を作っていけば、もう一段上に上がれそう。
志村太賀
昨日もコーナーにさしかかっての捲りでブロックにやられたから、外外を踏む意識で仕掛けました。
脚はきつかったけど、山を登り切れたので行けると思いました。
菅原 晃
山崎君が内に詰まっているのは気づかなかった。
だから、ずっと踏みっぱなし。志村君が捲ってきたのを自分で外に張ったら一杯に。
タテに踏むだけなら、2、3着に残れたかもしれないが、最終バックを取れたのは収穫。


6R
新田康仁
桐山君は前前に踏んで、いつもいいレースをしてくれる。
メンバーを見た時点で迷わず任せると決めました。
すんなりだったから楽だったし、ワンツーが決まったのが一番うれしい。
桐山敬太郎
吉田さんが抑えて駆けそうだったから、付いていこうと。
後ろが新田さんでプレッシャーがあったし、早めに仕掛けることを心掛けた。
奈良もダメだったし、新田さんとやっとワンツーが決まって良かった。
松岡貴久
内が空いたのが見えたので、少しでも前へ行こうと。
今日は内を踏みっぱなしだったけど、外を踏んだらもう少し伸びる感じはありました。


7R
芦澤大輔
脇本君の番手飛び付きが第一の狙いだったが、できなかった。
前の三谷君と勝瀬さんの競りを見てしまったのが失敗。
あそこで動いていれば、もっといい競走ができたと思う。
脇本雄太
以前より出脚が良くなって主導権が取りやすくなったが、その分持久力が多少不安。
稲川さんは仕事をしてくれるので、安心して駆けました。
友定祐己
いい感じで最後踏んでいけたが、落車を見てしまって…。
構わずに突っ込んでいたら、突き抜けるか落車してるかだったでしょう。
小埜正義
打鐘では脇本君を突っ張るつもりだった。勝瀬さんに入れてもらって助かりました。
脇本君の掛かりが良くて捲りになったが、本当に苦しかった。
GⅠの準決は初めて。ドキドキしているから、少し落ち着きたい。
稲川 翔
誰かに絡まれる展開は想定内。バックでは後ろが空いてるのも見えたし、脇本君と決まったと思ったが。
落ち着いているようで落ち着けてなかった。近畿の先輩を見習ってもっと勉強しないと。
自分は気持ちで走るタイプ。疲れはありません。


8R
川村晃司
出させるつもりはなかった。
番手に嵌ったけど、もう一杯一杯で捲っていけなかった。
村上博幸
川村さんのおかげ。自分も周りが見えていました。
抜きたかったけど、まずはワンツーでよかった。
香川雄介
3番手の仕事はしようと、ギリギリまで内だけは締めていた。
最後は夢中だったので、3着かどうかは分からなかった。
牛山貴広
回転が足りなかった。ギアを上げていれば違ったかも。


9R
小倉竜二
藤木君に合わされて外併走になったし、
少しでも遅れたら村上さんに持ってこられるからツケマイ気味に行った。
浜田君があれだけ行ってくれたおかげ。
浜田浩司
良い展開ができたと思ったが…。
藤木君に内から盛り返されて。納得の力負け。
石井秀治
藤木君が突っ張ってくるのは分かっていたんで、
踏み合って藤木君を消耗させて、自分は空いた所に入ろうと。
重点的に自転車に乗り込んで、この脚を使えるように練習した成果が出ている。
あとはどれだけ頭を使って走れるか。
斎藤登志信
高木さんに遠慮してあの位置のままでは勝負権がないので、切り替えた。
最後の内のコースは危ない選手ばかりだったので、外しか考えなかった。
伸びたし、感じはまずまず。
筒井敦史
コースを迷ったらやっぱアカンね。
もっと早くコースに入らないと。
室井健一
惜しかったな。自分だけ近畿ラインに切り替えとったけど。


10R
南 修二
後ろの状態は分かっていた。山賀君か三宅さんが来るだろうから止めてやろうと。
でも、大きく張りすぎた。未熟です。
浦川尊明
展開もあったけど、バック踏んだわりに最後は伸びた。もったいない。
渡辺一成
打鐘で行くかどうか迷った。いつもの行きっぷりの悪さが出てしまい失敗。
山賀雅仁
何となく近畿勢を追っていただけ。 ただ、もっと詰める感じで捲っていけるはずだったんだけど。
三宅達也
状態が良くない中でも、最低でも中団は確保しようと。
最後は南君の強烈ブロックを警戒して、巻き込まれたくないから外へは行かず内を突っ込もうと決めていた。
松岡健介
初日は全開の踏み出しで最後は一杯だったが、今日は力を残して踏んだので2コーナーで踏み直せた。


11R
金子貴志
8番手じゃなく、もう少し前にいたかったですね(苦笑)。
感触は悪くないので、前でも人の後ろでも大丈夫だと思います。
合志正臣
今の自分の状態では混戦を突っ込むしか勝機がない。
昨日終わってからハンドルを換えて、腰のケアをしたら道中は楽になった。
小松崎大地
2車でも先行しないと勝負にならないと思っていた。
もう少し落ち着ければよかったかな。
佐藤慎太郎
岩津君が僕らのラインについてこなかったのが痛かった。
岩津裕介
北日本と九州の車間が空いていたから、そこに追い上げられたら面白かった。
志智俊夫
金子さんや深谷君と一緒になったら、ギアを上げようと考えていた。
今までに色々やった事が今日につながったと思う。


12R
平原康多
お世話になっている人がついてくれていたので、頑張りたかった。
ラインで決まって良かった。バンクが重く、寒かったから脚のアタリは分からなかった。
新田祐大
仕掛けていけたし、力は出し切れた。
浅井康太
もう少し外を踏みたかったけど。
勝負は準決なので、明日しっかり勝ち上がりたい。
岡田征陽
俺はただついていただけ。
前が頑張ってくれた。
神山雄一郎
必死に抜きにいったんだけどねえ。
抜けば1着なんだし、また新たな目標ができた。
池田勇人
オッズを見たら売れていたし、平原さんの頑張りを無駄にしたくなかった。
後ろにも大先輩がついていたし、前に踏ませてもらった。

ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら


初日勝因敗因



1R
石井秀治
完全に先行態勢に入っていたけど、そこを吉田君が許してくれなかった。
そこが実績のある先行選手と僕の差。
あとは、引いては間に合わないし番手か3番手をどかそうと思った。
2着だけど1R1番車の責任は果たせたと思う。
池田 良
この4着は大きいですね。
写真判定で3着でなく4着でも勝ち上がれるから。
引き続き状態は良いと思う。
志智俊夫
奈良記念で前の先行選手に離れて迷惑をかけている。
今日は吉田君の仕掛けがバッチリだし、展開に恵まれた。
坂本亮馬
最終ホームで前が団子になった。
そこを目掛けて行けば良かった。
結局は、レースが下手と言う事(笑)。
ギヤに制限が掛かれば、僕にとってはメリットがある。
松坂英司
自分は勝ち上がれなかったけど石井君は前々に攻めてくれたので。
残り、頑張りますよ。
幸田光博
磯田君の作戦は間違っていなかったと思う。
前々に踏んで吉田君の番手に飛び付く作戦だったから。
先に石井君が来たのが誤算だし、最終ホームで踏み負けたのが全て。
吉田敏洋
今の状態で勝ち上がれれば御の字でしょう。
ライン3車で4着権利だし気持ちの余裕もあった。
磯田 旭
これが実力です。
前々に攻める自分のレースをやりたかったけど何も出来なかった。
北野 武
ちょっと3番手で口が空いてしまった。
そこを石井君に見つかり捌かれてしまった。
吉田君の仕掛けがバッチリだったし残念。


2R
佐藤康紀
番手を守れなくて情けない。
自分はダメでも小松崎君が残ってくれて良かった。
野田源一
センスがないし重く感じた。
山田さんのあおりで、スライスの源ちゃんになってしまったと亮馬に言われた(笑)。
牛山貴広
最初から粘るつもりはなかった。
下げても今度は中団で併走になる。
それならと思い番手で勝負した。
柴崎 淳
タイミングの取り方が悪かった。
スピード自体は悪くなかったと思うが。
これで中1日で地元四日市記念になるけど、疲れを残さず頑張るしかない。
柏野智典
良い感じで突っ込めた。
頭まで行ったかと思ったけど。
あとは牛山君が自力選手の割りには、直線で中を空けなかった。
桑原大志
2センターでバックを踏んでいるようではダメですね。
あとは牛山君が粘ったジャンで番手に追い上げれば良かった。
見すぎて体が反応しなかった。
浦川尊明
参ったよ(笑)。
俺が1着だと勘違いして磯田がレース後に配る水をもってくるから。
でも牛山君が勝負してくれたから僕も3着で勝ち上がれた。
山田裕仁
もう1回、雪で順延になりレースをやり直して欲しいよ。
でも、結果は多分一緒だと思うけど(笑)。
小松崎大地
徳島で野球をやっていたから四国は特別な思い出もある。
主導権を取るレースをやり、どこまで粘れるかだと思っていた。
初めての特別競輪で二次予選に進めるのは凄く嬉しい。


3R
菅原 晃
ギヤは合っているけど組み立てが悪かったかな。
でも、脚の感じは引き続き良いと思う。
菅田壱道
前から2番目の位置を取れたのは良かった。
あとは踏んでも踏んでも追い付かなかった。
誰かが切った上をカマシに行ければ良かった。
松岡健介
最終ホームでは後ろを千切ってやろうと思った。
その方が自分も残るので。
ただ、脚がスカスカした。
あとギヤを2枚ぐらい上げても大丈夫かも。
山賀雅仁
前受けからレースを進められた。
それでいて、いつも通り1番後ろになり自分の定位置になってしまった。
中村さんに迷惑をかけたし、勝ち上がっても反省ばかり。
内藤宣彦
レースの判断は全部、菅田君に任せていたから。
結果は別として組み立ては悪くなかったと思うよ。
友定祐己
何にもやらないで勝ち上がれてしまった感じ(笑顔)ただ、下がって来たラインに偶然乗って行っただけ。
それが松岡君で完全に恵まれた。
小野俊之
今日はきつかった。
アクシデントがなければ2着に入れなかった。
運があった(笑顔)。
中村浩士
引っ掛からなければ、2着か3着はあった。
ちょっとツキがなかったけど、また出直します。


4R
木暮安由
怪我は大丈夫ですよ。
擦過傷程度。
走るつもりでいます。
流れが悪いし、この辺りで変えないと。
内藤秀久
最後も見てしまい突っ込めなかった。
5、6、7着争いですかね。
いつも小埜君は頑張ってくれるし仕方ないですよ。
加藤圭一
厳しい展開は覚悟していた。
そこで、どれぐらい突っ込めるかだった。
5着だし、ちょっと届かなかった。
山田英明
木暮君との中団の取り合いに勝ったのが全て。
位置にはこだわろうと思っていたので。
地元地区の佐々木則さんと一緒に勝ち上がれて良かった。
小埜正義
カマシに行こうと思った時にアクシデントがあった。
その後は落車した木暮君のハンドルが僕の脚に当たった。
自分だけ勝ち上がり、後ろの2人に迷惑をかけてしまった。
稲村成浩
目標の木暮君が落車してしまったし仕方ないですね。
佐々木則幸
山田君が良いレースをやってくれた。
木暮君相手に引かなかったのが勝負処だった。
僕も地元地区の大会からか、ファンの声援が大きかった。
三谷将太
全て稲毛君のおかげ。
ただ、彼がゴール後に落車して骨折の疑いで。
それが心配です。


5R
室井健一
松岡君からマークを外してしまったけど巧く立て直せた
地元地区のビッグレースだし勝ち上がれて嬉しい
あとはスタートを取る役目だったのに、遅れてしまったのは反省です
菊地圭尚
結果オーライのレースだし松岡君の後ろに入れたのが全て
組み立ては最悪でした
こう言うレースだと、上へ行けば行くほど通用しなくなる
松谷秀幸
人任せのレースをやったのが失敗
菊地さんが切った上を叩く予定がホームで内に詰まってしまった
状態が良いだけに、もったいない
松岡貴久
これで、やっとお金になる(笑)
レース前にオッズを見たら、僕の車券はテレビの下の方に出ていた
だから、一発やろうと決めていた
前半から九州の流れが良いし、この勢いと流れを大切にしたい
上原 龍
こんなに簡単に捲られたのはショックですね
脚の無さを感じています
橋本 強
8着ですか
残り、頑張ります
斉藤 努
上原君は頑張ってくれたけど捲りのスピードが良かった
それで対処出来なかった
斉藤登志信
凄く流れるわけではないけど、風の影響はないですね
欲を言えば最終ホームで圭尚君に叩いて欲しかった
あとは、彼が動いた時に反応出来なかった
でも勝ち上がれて最高です
成清貴之
最終バックで大バックを踏まされた
それで、5着なら伸びている方でしょ(笑)


6R
柴崎俊光
この4着は大きいですね。
5着の吉本さんとタイヤ差ですか。
小嶋先輩が駆けてくれたし、捲りは止めないといけないから必死でした。
吉本卓仁
1センターで行けたし、全部見てしまった。
チャンスのある展開だったし全てが消極的だった。
神山拓弥
良い位置を取ったけど全く出なかった。
小嶋さんも掛かっていたし自分も弱かった。
萩原孝之
海老根君の捲りに期待していたし仕方ないですね。
筒井敦史
ここ数場所良くなかったし勝ち上がれて良かった。
状態も悪くないと思う。
海老根恵太
このバンクで東西王座戦で優勝している。
その頃に比べると脚が落ちている。
まだ骨折後、2戦目だしまだまだです。
園田 匠
判断は吉本君に任せていた。
あとは、自分のコース取りだけだった。
自転車を戻したら良い感じになっていた。
小嶋敬二
きついよ。
脚も痛いし頭痛も凄い(笑)。
ジャン先行で押し切ったし酸欠になり力は全て出し切った。
諸橋 愛
小嶋さんが強かった。
神山君が中団3番手だし楽に捲れるかなと思ったけどね。
残念な結果だったけど、残り3走頑張ります。


7R
岩津裕介
本当は中団3、4番手を取れれば良かったけどね。
途中で前を敢えて追わなかったけど8番手になったのは失敗。
あとは、後ろが三宅さんなので責任感から捲りを出した。
三谷竜生
引き切っては勝負にならない。
後ろに桐山さんが入ったのは分かった。
まだまだ特別競輪では通用しないと言う事。
桐山敬太郎
奈良記念も良くなかったし、様子を見ながらだったけど、特別競輪に間に合って良かった。
番手を捌いたのも、それから番手捲りを打ったのも瞬時の判断だった。
稲村好将
太賀は頑張ってくれたし、あとは僕の脚がなかった。
三宅達也
岡山に32歳の自力選手が新たに誕生した(笑顔)。
わしが前でなく岩津君に前を任せて正解だった。
あんな捲りは打てなかったと思うから。
西岡正一
ラインで決まらなかったし仕方ないですね。
あとは、同県の後輩が2人落車したのが心配です。
勝瀬卓也
桐山君が全部やってくれ恵まれた。
前々のレースのお手本だった。
2着に入らないといけない展開だし、自分は勝ち上がってもファンに迷惑をかけた。
志村太賀
あと、ちょっとだったのにな(笑)。
これが特別競輪の魔物かな。
もう半車身、前に出ていれば内を決めながら捲れたのに。
あとは、四日市のイー新聞杯でもらった副賞の彩の美味しい和食を楽しみにして頑張ろう(笑顔)。
渡辺十夢
キッチリ番手を守れず、自分の責任。
三谷君にも西岡さんにも迷惑をかけてしまった。


8R
浜田浩司
新田さんのスピードを借りて、その上を行くのも作戦のひとつだった。
位置取りも悪くなかったし、踏んでからも伸びて行った。
ただ、小川さんまで連れ込めなかったのは反省材料。
新田康仁
天田君も掛かっていたし危なかった。
カミタク(神山拓)も同じレースをやり飛んでいたから中団3番手捲りが決まらない展開なのかも。
来なければ先行も考えていたし、組み立て自体はいつも通り自分らしかった。
あとちょっと、修正して頑張りたい。
西川親幸
切り替えは考えず最後まで誠一郎と心中の気持ちだった。
結果は別として、一旦切ってレースを動かそうとした事は評価できる。
9番手から5着まで届いているし悪くない。
小川圭二
いつも浜ちゃんは頑張ってくれるし仕方ないよ。
高木隆弘
後ろから浜田君が付いて来ていたのは誤算。
ただ、新田君なら立ち遅れないから最初から安心感はあった。
金子真也
真後ろから一番強い新田君が捲ってきては…。
天田君は駆けてくれたけど、あれが精一杯だった。
香川雄介
4着だけど地元地区の特別競輪だし勝ち上がれて良かった。
状態は良くも悪くもないし普通です。
天田裕輝
もうちょっとでしたね。
新田さんに良い先行だと言ってもらえたのは自信になる。
バックも、自分なりに掛かっていたと思う。
中川誠一郎
良い位置を取ろうと思い、一旦切ったが結局8番手。
誘導の切り方が甘いと西川さんにアドバイスを受けた。
これで奈良記念から4走連続の連係だったし、今度一緒の時は西川さんの1着に貢献したい。


9R
伊藤保文
水谷君は1番良いタイミングで行ってくれた。
もう1車いれば展開は違った。
残念です。
小川勇介
俺のところで山崎さんが粘ったのは意外だった。
小細工する選手だとは認識していなかったので。
自分は踏んでから伸びたし、脚の感じは良いと思う。
山崎芳仁
流されてしまい引くに引けなくなってしまった。
みんな上を走っていて自分が重たいところを走らされた。
構えて不発より、前々に攻めての敗退だし納得するしかない。
荒井崇博
小川君に任せていたし、こんな展開もあるから仕方ない。
岡部芳幸
初手で山崎君が欲しい位置を自分が取れず申し訳ない。
何度か踏むチャンスもあったけど、山崎君が踏んでからと我満した。
伸びて行くイメージがあるからね。
前のスピードを借りられたので3着に突っ込む事が出来た。
水谷好宏
レース後に松岡健介さんから色々とアドバイスを受けた。
こんなレースをやり戻していくしかない。
矢口啓一郎
捲り切れたけど最後は一杯だった。
勝ちパターンだったし、仕上がっていないと言う事。
今回は群馬勢が全滅でしたね(苦笑)。
また勢いを取り戻せる様に頑張ります。
星島 太
特別競輪だし強引に突っ込んだ。
だからゴール後に落車したけど体は大丈夫。
岡山勢は、みんな勝ち上がっていたし、俺だけ乗り遅れなくて良かった。
宗景祐樹
相性の良い矢口君のおかげ。
4着迄に残せなかったのは僕の技量不足。
余裕がなくて踏んでしまった。


10R
成田和也
平原君のスピードが良くて対処出来なかった。
でも、晴天の中、走れて気持ちは良かった。
二次予選は負けないつもりで頑張りたい。
平原康多
川村さんの先行も掛かっていたしきつかった。
でも、神山さんとワンツーが決まり良かった。
本当、必死でした。
村上義弘
川村君は頑張ってくれたし、二次予選で頑張る。
大塚健一郎
キュッと伸びる脚を出せなかった。
昌己の後ろで負けたのなら納得です。
佐藤友和
川村さんが踏んでいたから仕掛けられなかった。
ただ、追うだけで脚が一杯になってしまった感じ。
南 修二
僕は内を締めていただけ。
川村さんは良いところから仕掛けたし、掛かってもいた。
それを捲った平原君が強すぎた。
神山雄一郎
平原君のスピードの乗りが良くて抜けなかった。
パーフェクトの走りをやってくれた。
付いては行けるけど、あれを自分で捲れと言われたら無理(笑)。
競輪は何年やっても不思議だね。
井上昌己
平原君は強いし今回のメンバーの中で1番仕上がっていると思う。
立川記念の初日特選もこんな感じのレースでしたね。
恵まれの3着だし僕は車が全然出なかった。
川村晃司
重かったけど普段通りに先行してみた。
でも、簡単に捲られたしギヤも重く感じた。
だからギヤは下げるか考えたい。


11R
岡田征陽
もっと自転車に体が乗っても良いと思う。
でも、この状態で準決にフリーパスになるのは大きいですね。
芦沢君が切って良い位置を取ってくれたおかげ。
深谷知広
立川記念以来で不安はあったけど、自分の力は出し切れた。
結果は良かったけど、もう少し上げて行かないと、決勝では勝ち負け出来ない。
藤木 裕
深谷君が強くて捲れなかった。
今日は完敗です。
渡辺一成
切るのが早かったかな。
もう少し、遅く切り、そこを藤木君がカマシに来るような展開の方が良かったかな。
浅井康太
復帰戦で1着を取れて大きいですよ。
イー新聞の企業イメージが上がり、誰もが知る様なサイトにするのが僕ら契約選手の役目。
ダービーにも出場出来ないし、今回は優勝しないと。
もちろん、中1日になるけど優勝しても地元四日市記念は出場しますよ。
レースに関して言えば、車間の空け方とか勉強する事はあるし。
芦沢大輔
インを切って自分でレースを作れた。
でも、そこから伸びなかったですね。
救いと言えば後ろの岡田さんが優秀レースへ進める事。
稲川 翔
展開が向かなかっただけで、脚の感じは良いと思いますよ。
二次予選は勝ち上がれる様に。
佐藤慎太郎
一成君も2車だったしね。
俺もこんな状況だけど頑張るしかない。
村上博幸
展開もあるから仕方ない。
判断は全て藤木君に任せていたので。


12R
金子貴志
責任ある立場だし勝たないとダメですね。
今日のレースだけでは良いか悪いかは判断できない。
池田勇人
前2人の自力選手が強いし、直線で、ごぼう抜きとはいかなかった。
でも、以前より地力がアップした事は実感している。
新田祐大
前に出たかったけど、あれで精一杯だった。
稲垣さんも番手捲りでしたから。
きついレースだったけど優秀レースに進めて良かった。
小倉竜二
金子さんが最終ホームで内に差したのが痛かった。
あれがなければ、楽々と捲っていたと思う。
あとは内に入ったけど届かなかった。
稲垣裕之
脇本君のおかげ。
あの展開になれば、勝たないと意味がないし悪いが番手から出た。
新田君も来ていたし、その後ろに池田君や金子さんもいたから。
展開に恵まれたが、自分の気持ちも入っている。
合志正臣
全くダメ。
稲垣君が番手から出たのにキッチリ流れ込めなかった。
熱発などもあり仕上がっていない。
気持ちでカバーしないと。
後閑信一
結果を出せなかったし、言い訳は出来ない。
俺はみんなに支えられてここまできたし、勘違いなんて1度もした事はないよ(笑顔)。
まずは、ファンが車券を買ってくれたり、応援してくれるから今の俺があると思っている。
脇本雄太
ナショナルチームに入り、ダッシュは間違いなく良くなっている。
競走全体には課題があるけど主導権を取れたのは収穫。
そこは譲れない面もあるから。
伏見俊昭
全部、自分の責任です。
二次予選は勝てる様にベストを尽くす。


ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら


初日全選手インタビュー



1R
石井秀治
特別競輪の1R、1番車は期待されている証拠。プレッシャーもないし普段通りに練習をやってきた。
先行か捲りは流れで。人気に応えます。
志智俊夫
吉田君の番手へ。相性は良いと思いますよ。地元大垣で優勝したけど、奈良記念で惨敗してチャラ(笑)。
ここで巻き返したいですね。
池田 良
何度も連係している亮馬君へ。連係は何度もある。
平記念は準決で失敗したけど、それ以外は良い伸びだったと思う。引き続き状態は良いですよ。
坂本亮馬
自力、自在戦。競輪祭の一次予選は1着、オールスターも初日は2着でクリアしている。
特別競輪になると、何故か良いですね。キッチリ位置取りをやり、気を引き締めて走りたい。
松坂英司
石井君の番手です。奈良記念は川崎の落車が影響して良くなかった。
今回は大丈夫だと思うし、石井君のダッシュに離れない様にしたい。
幸田光博
高校の後輩の磯田君。彼は僕の弟子の長島大介と同級生。
最近、良くないみたいだけど頑張ってもらうしかないですね。
吉田敏洋
四日市のイー新聞杯は残念でした。名古屋に続いての連覇を狙っていたけど。
良いとは言えないけど、こんな時もありますよ。自分のラインだけが3車だし、それを活かして走りたい。
納得の自力勝負。
磯田 旭
自力自在戦。これが今の僕の実力だと思っています。少しでも前々の競走で、自分らしい走りをやりたい。
北野 武史
中部の3番手。奈良記念の準決は絶対絶命のピンチから外を伸びて1着。
珍しく、レース後にガッツポーズをしてしまった(笑顔)。


2R
佐藤康紀
北日本ラインで小松崎君の番手へ。別府の初日に落車したが、準決で1着を取れたし体調は大丈夫。
ただ、メンバー的にきついですけどね。
牛山貴広
普通に練習をやって普通の調整。まずまずだと思う。自力で勝つ仕掛けをやりたい。
野田源一
単騎で自力勝負。誰が付こうと付くまいとやる事は一緒ですから。
あまり良くないし、この辺りで流れを代えたいですね。
柴崎 淳
ヒザと腰の治療をやってきた。体調自体は不安なく走れる。この後に地元四日市記念もあるので頑張りたい。先行も考えての自力勝負。
柏野智典
番組的には野田君の後ろなんでしょうけどね。でも、単騎で前々勝負。
前橋の失格は、自分でもやったか分からないぐらいだった。
あとで、ルールと言われれば仕方ないと思ったけどね。
桑原大志
目標を決めずに自分でやる。良い位置をキープして、そこから突っ込めるかだと思う。
浦川尊明
同県牛山君の番手へ。取手記念以来の連係かな。
特別伸びている状態でもないけど、底力がアップして成績自体はまとまっている。
ギヤとフレームの制限? 4回転以下とか色々な噂はあるけど、プロとしてルールに従うだけ。
確かに俺の場合は大きなギヤで結果を出しているけどね。
山田裕仁
中部ラインで柴崎君の番手へ。休みの理由? 怪我や斡旋停止ではない。とにかく結果が出る様に頑張る。
小松崎大地
先行を基本の組み立て。初めての特別競輪だし、勉強になる四日間になると思う。
四日市のイー新聞杯は本気で優勝を狙いに行ったけどね。
自分は勝てなかったけど、後ろの志村君が勝てて良かった。


3R
菅原 晃
4・50のギヤがフィットしている。四日市のイー新聞杯は小松崎君が強かった。
僕も獲れる状態にはあったけどね。後ろが小野さんで心強い。2人で決まる自力勝負。
菅田壱道
状態は良くなっているし楽しみ。友定さんが単騎で5分戦なら、尚更チャンスがあると思う。
位置を取っての自力勝負。
松岡健介
防府は1本休んだけど、調子自体に不安は感じていない。腰も状態も悪くない。
行けるところからの自力勝負。
山賀雅仁
自力で自分のレースをやる。四日市のイー新聞杯は、人生初のライン5車。
そのプレッシャーからか何にも出来なかった(苦笑)。ここは普段通りの仕掛けで。
東口善朋
松岡さんの番手へ。奈良記念の落車失格は僕の技量不足もあった。体は痛いが精神力でカバーしたい。
内藤宣彦
菅田君の番手へ。四日市のイー新聞杯で2勝したと言っても、予選と負け戦ですから。
勝ち上がりで、どれぐらい良い走りをやれるかですね。
友定祐己
四日市のイー新聞杯では、準決と決勝で菅原君と連係した。でも、ここは単騎で走る。
調子が良い? いや、展開が良いだけ。
小野俊之
菅原君の番手なら文句なし。それと前橋のイー新聞杯はお世話になりました。
藤木が強すぎたけど、結果的にチームイー新聞で上位独占出来て良かった。
俺の伸びも決勝は良かったから、今回はかなりやれそうだ。
中村浩士
四日市のイー新聞杯の初日と決勝で連係した山賀君。今の彼は前々に踏もうとしてくれるからね。
好きに走ってもらいワンツーを決めたい。


4R
木暮安由
自力で勝つ競走をやる。前橋のイー新聞杯は、結果的に見えないプレッシャーがあったかも。
地元でもあったし、自分のスポンサーの冠レースだったので。
勝たなければいけないと言う使命があったし、最終日の不発は自分でもショックだった。
お客さんが怒るのも仕方ないし、今回はその分も頑張りたい。
内藤秀久
いつも頑張ってくれる小埜君。一宮で優勝出来たけど、その後の奈良で落車し、大垣も準決で失敗。
悪くはないと思うし気持ちを入れて頑張るだけ。
稲毛健太
ここ2場所良くないのは、色々な事を試していただけ。だから、自分としては不安を感じていない。
2車だが積極的な自力勝負。
加藤圭一
南関ラインの3番手。厳しい展開を覚悟しているし、どこまで突っ込めるかですね。
山田英明
自力勝負。脚は悪くないと思うが成績が悪い。この辺りで流れを代えたいですね。
佐々木さんが好きに走れと言ってくれたし、気持ちが楽になった。最低でも中団は取りたい。
小埜正義
先行を基本の組み立て。ライン3車は有利だけど、その分、責任もある。7番手にならない様にしたい。
稲村成浩
競走センスのある木暮君。いわき平記念のエボルーションは最高に伸びた? 
いや、競輪とケイリンは別だから分からないですよ。たまたまだと思うし気を引き締めて頑張りたい。
佐々木則幸
四国地区のビッグレースだし頑張りたい。山田君の番手へ。
捲りでも良いしスピードを乗せてもらえるレースで十分。
三谷将太
稲毛君の番手へ。数字通りでかなり良くなっていると思う。
俺もチームイー新聞に入りたいし頑張らないと(笑顔)。
今回は弟と初めての一緒の配分だし、下手なレースは見せられないよ。


5R
室井健一
松岡君の番手へ。連係は何度かあるし、強さも知っている。好きに走ってもらうだけ。
松谷秀幸
前回の防府も優勝出来たし、今年は良いスタートを切れた。昨年は記念も優勝出来て満足のいく年だった。
更なる飛躍を求めて頑張りたい。まずは特別競輪の準決勝に乗りたいですね。
菊地圭尚
行ける処からの自力勝負。今は位置を取ったあとが問題。
そこから、どれぐらい大きなアクションを起こせるかですね。強気な気持ちで前々へ踏みたい。
松岡貴久
前橋で優勝した後がサッパリダメ。何とか今回は結果を出したい。良いポジションを取り自力で仕掛ける。
上原 龍
自力勝負。こっちは雪があるのに、今年は軽井沢は雪が少ない。
落車して1本走ったので、今回の方がいわき平記念より良いと思う。自力勝負。
橋本 強
西ラインで連係する。松岡君-室井さんの後ろへ。そこで脚をためていきたい。
齊藤 努
怪我が多いけど、幸い大きくないのが救い。関東ラインで上原君の番手へ。好きに走ってもらうだけです。
齋藤登志信
北日本ラインで菊地君の番手。SS騒動? 俺は自分の事で精一杯だから。
1人の競輪選手として頑張っていくだけ。
成清貴之
相性の良い松谷君の番手へ。特別競輪を走るのは初めて。村上義弘は同期だし応援もしてきた。
選手として尊敬する部分もある。ただ、自分の気持ちは話させてもらった。
みんな競輪界を良くしたいし、その気持ちは変わらないはず。


6R
柴崎俊光
今回も大切だし次の地元四日市記念も大切。脚は良くなっているので展開次第で勝ち負け出来る状態。
小嶋先輩に離れずに。
吉本卓仁
自力勝負。今回はヤマコウさんや合志さんにペダリングを見てもらった。
あとは、いわき平記念のフォームを見ていた嫁からも良いアドバイスをもらった(笑)。
それらを参考にして頑張りたい。
神山拓弥
新婚パワー? そんな事はないし、それには触れないで下さい(笑)。
四国だから、こんなに寒いと思わないしビックリ。コートも着てこなかったのは失敗。
レースは失敗しないように自力で頑張るだけ。
萩原孝之
南関ラインで海老根君。凄い捲りが決まる事を願いたい。
良くないみたいだけど、潜在能力は高い選手だからね。
筒井敦史
色々と考えたけど、ライン的に福岡コンビの後ろが自然。あとは、自分がどれぐらい伸びるかですよ。
海老根恵太
自力勝負。防府の前の欠場? 練習中に落車して横突起を骨折してしまった。だから、まだ走ってみないと。
でも、僕のファンもいるし頑張らないと。ギヤに期制がかかれば、復活の日もあるかな?(笑)。
園田 匠
前回は新車にして失敗したので、今回は元に戻す。だから悪い原因は分かっている。
競輪祭の予選でワンツーを決めている吉本君。同県の後輩だし相性は良いですよ。
小嶋敬二
自力勝負。昨年は大怪我をして顔面から落ちたからね。まだまだの状態だけど頑張るしかないね。
諸橋 愛
相性の良い神山君。俺はスッカリ3着選手になってしまったね(笑)。
スンナリの展開だけでなく、厳しい位置からも突っ込んでいるけど。
怪我も少なく、決勝も外していないので悪くはないと思う。


7R
岩津裕介
三宅さんが自信ないと言うので僕が前でやる事になった。やれる事と言えば位置を取る事。
そこから自力が出れば最高です。前々へ強気に踏んでいく。
桐山敬太郎
自力主体の自在戦。最近はパッとしない。波に乗れないけど頑張るしかない。
何とか、ここで200勝を決めたいですね。
三谷竜生
特別競輪だしチャレンジャーの立場。でも、ここに向けてハードに練習をやってきた。
アニキと決勝に乗れる様にベストを尽くしていきたい。
稲村好将
ラインの志村君に頑張ってもらう。豊橋の落車から3場所良くないけど、特別競輪だし良い走りをやりたい。
三宅達也
今の状態でわしが前を回っても岩津君に迷惑をかける。彼も捲りならあるし前を任せていく。
西岡正一
近畿ラインの3番手を固める。落車が多く成績が悪いせいか、最近は力の無さを感じている。
勝瀬卓也
何でも出来る桐山君。オールラウンドプレイヤーで何でも出来るのが彼の強み。
シビアだし立ち遅れないからね。四日市の決勝? 小松崎君の番手へも行けたけど自分で山賀君の4番手を固めようとしたし、結果は気にしていない。
志村太賀
最近は運が良い。松阪に続いて四日市のイー新聞杯でも優勝出来たから。
小松崎さんの番手をスンナリ回れたのも大きかった。
副賞でもらった、表参道の彩に行けるのは楽しみですね。
チームイー新聞に入れば、スポンサー契約料として、彩に行けるんですか? それは羨ましい(笑)。
いつも通り自力自在戦です。
渡辺十夢
近畿ラインで三谷君の番手へ。捲りが来たら全部止めるつもりで頑張りたい。
マーク選手として熱い走りを魅せたい。


8R
濱田浩司
地元地区のビッグレースだし下手な走りは出来ない。高松は優勝もあり好きなバンクのひとつ。
でも、昨年の記念では大敗して迷惑をかけている。
ワンテンポ、ツーテンポ早い仕掛けをやりたい。7番手にならない自力勝負。
西川親幸
いつも連係している中川君へ。奈良記念でも連係したばかり。俺の写真なんて撮っても無駄でしょ(笑)。
俺の車券をいつも買ってくれるファンがいる? なら、無駄と呼べるものはないか(笑顔)。
新田康仁
自力。成績は別として、動くべきところで動けている。だから、バック数もかなり増えてきた。
緩めば行くし、位置にこだわる気持ちもあるし、それは流れ次第で。
小川圭二
四国ラインで結束するよ。不思議ですか? 仮に9番手になるとしても浜ちゃんには世話になっているからね。いつものレースをやってくれれば十分です。
高木隆弘
新田君の番手とは楽しみ。強いし競走も巧いからね。俺は欲深いので、こんなもんでは満足していない。
また、タイトルを獲るつもりで(笑)。
金子真也
後閑さんとドームで練習をやってきた。ここは天田君の番手へ。競輪祭からセッティングを換えたら良くない。それで今回から、気休めからもしれないが元に戻す。
香川雄介
濱田君の好きなレースで構わない。そこから、どれぐらい伸びるかですね。前回の欠場理由? 
本当に腰痛が出てしまったから。酷くはなかったけどナイターなので大事も取った。
天田裕輝
自力勝負。軽いギックリ腰も出たので防府は欠場した。車番的に良い位置が取れないのは不利ですね。
中川誠一郎
奈良記念の前にメキシコへワッキー達と遠征。それと伊豆の室内バンクで国際大会もあった。
それで、忙しかった。このあとは、とうとうコロンビアの国際大会に出場。
ワッキーは行った事があるみたいだけど、僕は初めてなので不安。また、イー新聞にコラムですか? 
みんな楽しみにしてくれるならコロンビアの事を書かせてもらいますよ。


9R
伊藤保文
調子はええけど展開がどうにもあかん。いわき平記念の二次予選も良いレースだったでしょ。
前がダメで自分で捲り、それもダメだと分かると2センターで内に切り込み1着。
ここは水谷君に頑張ってもらうしかない。
山崎芳仁
マックスギヤの4・58の効果があるかもしれませんね。記念の2回を含めて3回連続で優勝していますから。一時はダメな自分になっていたけど、これで本来の輝きを取り戻せたと思う。
緊張感ある立場にも戻ってこれた。良い状態はキープしていると思うので自力勝負。
小川勇介
前橋は全くダメだった。色々と試した結果が、普通が1番だと思った。荒井さんとは好相性で走りやすい。
先行も含めた自力勝負。
荒井崇博
広島で落車して良い自転車が壊れてしまった。新しく同じ寸法で作ったので今回は大丈夫だと思う。
連係実績のある小川君の番手へ。
岡部芳幸
ざきやま(山崎芳)の番手で離れずに。
ここ1年、良い時も悪い時も連係しているから、仕掛け場所は分かっている。僕の状態も良いと思う。
水谷好宏
脚力的には戻っていないけど、気持ちの方は攻めの気持ちになってきた。積極的に駆けていきたい。
矢口啓一郎
自力勝負。平記念のエボルーションは熊本の落車のダメージがかなりあった。
今回はそれに比べて良くなっている。あとは、信頼しているから好きに書いておいて良いですよ(笑)。
星島 太
首の痛みがあり大事を取って休んだ。どこの3番手へも行けるけど九州勢との連係が多い。
だから福岡コンビの後ろへ。
宗景祐樹
矢口君。相性は良いと思いますよ。ダッシュにさえ付いて行けば良いだけですから。
作戦は巧く2人で考えたいですね。


10R
成田和也
地元記念は伸びなかったけど、直前の練習はかなり伸びていた。今回は静岡に行って練習してきた。
高松のイメージは特にないし指定練習で感触を確かめたい。友和君の好きに。
平原康多
中3日で疲れはあるけど、それを残さない様に調整してきた。今のところ3場所走って2回優勝。
それを1年間継続していきたい。高松はオーソドックスで走りやすい。神山さんと決まる自力勝負。
村上義弘
向日町で開催があり、バンク練習出来なかったので感触は掴めない。
今年最初の特別競輪ですが、目の前の一戦一戦を頑張るだけ。
このバンクとの相性は悪くない。川村君を信頼していく。
大塚健一郎
昌己の番手へ。宇都宮でラッキーな優勝をしたと思ったら、今度は地元で落車。
打撲と擦過傷が酷く、それで準決、決勝と良くなかったのかな。今回は体のケアをしてきた。
佐藤友和
いわき平記念は調子が悪い中で決勝へ行けた。その後は久留米に戻り一週間練習してきた。
良くなっていると信じ、成田さんと決まる仕掛けをやりたい。
南 修二
納得の練習が出来たし、成績ほど調子は悪くない。このバンクは相性が良いし好きですよ。
京都コンビの後ろを固める。
神山雄一郎
時間があったし自分なりに修正点を見つけて練習をやってきた。
安定感はあるけど、もう少し力を付けたいですね。
平原君にシッカリ付いて行き3連単を外さない様にしたい。
井上昌己
合宿とかやらず普通に練習をやってきた。細切れ戦だし良い位置を取ってからの仕掛けになると思う。
自力自在戦。
川村晃司
競走が詰まっていたけど、やっと思う様な練習をやってきた。だから自分でも今回は凄く楽しみ。
後ろが村上さんだが、いつも通り、自分の行ける処から精一杯自力で走る。


11R
岡田征陽
前回の千葉は風邪を引いていて思う様に走れなかった。でも、ここに来る前に治したので問題ない。
練習もシッカリやってきたし、芦沢君を信頼する。昨年の取手記念の初日特選も連係している。
彼が9着で僕が3着だったし今度はワンツーを決めたい。
深谷知広
大宮記念は風邪気味に加え肋骨に痛みも感じていたので大事を取って休んだ。
10日ほど休んだ分、体調も良くなり競輪学校で練習もやってきた。
自力で人気に応える走り。
藤木 裕
前橋はイー新聞杯だったので、追い込んで練習をやってきた。
自分のスポンサーの冠レースで優勝出来て最高ですね。
あとは、もっとイー新聞がメジャーになれる様に僕も頑張っていきたい。
それには、強くなるのが1番ですから。今年は特別競輪で結果を出したいし、初日からガンガン行く。
先行か捲りです。
渡辺一成
ワールドカップがあり、体にカーボンフレームの感触が残っていて。
疲れを取ったり、やれる事は全てやってきたつもり。
どこの特選も厳しいけど慎太郎さんと2人で穴を出したい。自力です。
浅井康太
グランプリ以来の競走ですね。年始めから、のんびりしていて特に何もしていないですよ。
前橋と四日市のイー新聞杯でトークショーに行ったぐらいですかね(笑顔)。
でも、多くの皆さんが喜んでくれて良かった。
今年はダービーの時期に斡旋が停まるので賞金でグランプリに出るのは難しいと思う。
だから早く気が楽になりたいし、今回獲ってしまいたい。深谷君の番手です。
芦沢大輔
やっと自分らしいレースが出来る様になってきた。それが、いわき平記念で結果に出た。
それ迄は誤魔化し誤魔化しでしたから(苦笑)。
細切れ戦で自分の持ち味を出せると思うし、自力自在に何でもやりたい。
稲川 翔
落車のせいか奈良記念では、体と気持ちのバランスが噛み合わなかった。
今回は自転車に乗らず体幹を意識して調整してきた。京都コンビの後ろをシッカリ固めていく。
佐藤慎太郎
前橋のイー新聞杯は俺と木暮はダメだったけど、チームイー新聞で上位独占ですからね。
これには、社長が1番喜んだ事でしょう(笑顔)。
自信を持って勝てる状態とは言えないけど、気持ちを入れ直して頑張りたい。一成君の好きに。
村上博幸
冬場にしてはタイムも出たし、状態は悪くない。今の藤木君は俺が何か言うレベルの選手ではない。
彼自身が考え、彼自身でレースを進めてくれる。それを少しでもサポートするのが僕の仕事です。


12R
金子貴志
直前は軽めの調整。ただ、昨年からいつでも結果を出せる様に仕上げている。
グランプリのチャンピオンユニフォームを着て初めての特別競輪。
気持ちが引き締まります。いつも通り自力で。
新田祐大
大宮記念から良い練習が出来ているので体調は問題ない。
今年始めてのG1だし一戦、一戦大切に走っていきたい。
自分らしい走りをやり伏見さんと決まる仕掛けをやりたい。
池田勇人
ハードに練習をやってきたので疲れと体の反応が心配。
絶好調とは言えないかもしれないが、高松は最近走っていて悪いイメージはない。
タイミング良く自力で仕掛ける。
小倉竜二
奈良記念はコース取りが巧く行った。脚の感じは普通で前回ぐらい走れると思う。金子さんの番手へ。
オールスターの準決で連係していてバックで千切れた。その時より、僕の調子が良くなっているけど。
稲垣裕之
脇本君の番手を回るのは3度目です。中3日なので疲れを取る事に専念してきた。
僕の目力が良く、いつもより凛々しいですか? そう言ってもらえると嬉しいし自信になりますね。
合志正臣
色々な選択肢があるけどワッキーの主導権取りだと思う。だから近畿ラインの後ろへ。
小倉の前にギックリ腰をやり、平記念が終わってからも熱発したので厳しい状況です。
後閑信一
立川記念で肋骨と股関節を痛めたけど、いわき平記念では何とか調子を掴めた。
今回は更に良くなっていると思う。埼京ラインで池田君へ。
脇本雄太
1月の前半は岐阜で合宿をやり、その後はメキシコへ海外遠征。
帰ってからも伊豆の室内競技場の国際大会。
家には戻らず、そのまま前橋のイー新聞杯のトークショーにも出演。
ハードな環境だったけど、脚は悪くない。ただ、競輪のブランクがあるので、それはどうかな。
伏見俊昭
地元記念は結果が出なかったので、中10日間、ハードに練習をやってきた。
その間に誕生日もあり、俺も38歳になってしまった(苦笑)。
新田君とは久々の連係。ワンツー出来る様にベストを尽くしたい。

ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら



高松競輪場全日本選抜クオカードプレゼント!
読売新聞社杯全日本選抜競輪を記念いたしまして、e-SHINBUNプレミアム会員様限定
高松競輪全日本選抜クオカードプレゼントキャンペーンをいたします。
応募期間は競輪グランプリ開催前日の2/7から最終日2/11までです。



詳細はこちらです。⇒ http://www.e-shinbun.net/explanation?code=news20140208
この機会に是非e-SHINBUN会員登録を!

ページトップへ


ヤマコーの「やってやるって!」



日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら

今年のGⅠ戦線がスタートした。
高松競輪場で行われる「全日本選抜競輪」=通称「全選」である。

この全選、古くは平成16年大垣競輪場で「琵琶湖の河村隆一」、内林久徳氏がGⅠ初優勝を決めた。私は河村隆一ではなく、「堺すすむ」、あるいはウルトラマンに出てくる怪獣「ジャミラ」だと思っていたが。
その前まで、共同通信社杯平成12年と13年連続優勝。
内林氏曰く、
「その次の年も、取手競輪場に降った雪で順延にならんかったらⅤ3達成してたがな!」
と訳の分からないことを連発していた。

そんな内林氏、平成14年に立川競輪場で行われた「日本選手権競輪」=通称ダービーで、選手としてのピークを迎えていた。
相手は山田裕仁。これまた選手として円熟期を迎えた時であった。
内林氏の前を走るのが、当時先行で売り出してきていた「京都のカマキリ先行」村上義弘選手。カマキリの頭の三角形の部分と、彼の頭部を上から見た感じがそこに似ているために、私が命名した。

村上ラインの3番手を回ったのが、古原勝巳選手。
「火の玉小僧」と言われ、全国のマーク選手から恐れられていた。
彼は、地元の岸和田競輪場で競り込まれた選手に対して
「お前には一生じゃない、二生競り込みに行ったるわ!」
この言葉を聞いて、私は震え上がった。
「この人には、絶対競りに行くのはやめよう…。2回も人生棒に振りたくないわ。」と。

そんな選手達が戦った、立川ダービー決勝戦。
結果、先行する村上を、山田裕仁がまくって優勝。
内林氏は、3コーナーあたりで山田の後ろに飛び付いたが、
差せずに準優勝。
悲願のGⅠ初タイトルはお預けとなった。

そして迎えた表彰式。
優勝した山田が満面の笑みで賞金ボードを掲げるのはもちろんだが、
2着の内林氏は、1回も笑顔を見せなかった。

しかし、私はそこで衝撃的な光景を見てしまったのだ。

なんと、3着に入り込んだ古原選手が小躍りして表彰台に立っているではないか。
いくら初めての表彰台とはいえ、2着で笑顔を見せない内林氏。
あまりに対照的だ。

「準優勝でも笑顔を見せないなんて、よほどタイトルが欲しかったんだな…」
と思い選手管理宿舎に戻ると、内林氏が賞金室から2着賞金(推定2000万)を持って出てきた。
周りを見渡している内林氏。
私には気づいていない。

すると、きょろきょろしてお金を数え始めた。
そして、ニヤッといやらしい笑顔を浮かべた。
その瞬間を私は見逃さなかった。

「結局お金かいっ!」

と思ったのは言うまでもない。
そして、その2年後「全選」を優勝。

そんな戦いも、この「全日本選抜競輪」から始まる。


ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら


コンドルの眼


↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞


武田一康
コンドル出版社代表取締役社長。
昭和23年4月24日生まれ。
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、19歳から予想業に携わる。
新聞業務は実弟の圭二氏(小倉競輪場キャスター、コンドル社・専務)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日円滑に製作されている。 
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報と経験値を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで提起しており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運び直撃取材を欠かさない。
年間300日近くの出張は、ここ10数年のルーティンワークで「あちこち、ガタがきとるけんが、じっとしていられん性分ったい」と生涯・“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。
65歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで自らを攻めており心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。
趣味はゴルフで、年数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯、そして愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズには目がない。
競輪と同様の『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだろうか。


三日目

高松全日本選抜の3日目は建国記念日の祝日で、やっと30億近く売りましたが、雪で順延したゝめ3日間で72億。
12日の最終日は各地で開催がスタートするし、ウィークデイ、目標の110億は叶わぬ夢に。
天気には勝てなかったと言う事です。
3日目は普通に本命は的中しましたが、狙いは外れてたのに、やってくれましたは最終レースの松岡健介。
愛知コンビは消して松岡からと推奨した3連単は7万弱、これ一発で信じたファン、そしてコンドル紙を500円で購入されたファンは一発逆転されたと信じてます。
最終日もしっかりした新聞は作ってます。
敢えて煽る様な事はせず、こゝは私の新聞を熟読されて、その中から勘と経験で。
3連単、それも低配当は捨てゝ、高配当を小資金でゲットして下さい。
コンドル紙購入⇒http://www.e-shinbun.net/cp/condor
2日は小倉FⅡナイターの初日、こっちは弟が現地でしっかり取材したのを元に精一杯の努力はしてます。
平FⅠは2日目から発売に成りました。
こっちは、いわき平迄は行けないので、地元紙(青・赤)の熱心で詳しい記者さんの情報を元に、バッチリの新聞を作る予定。
其の後は休まず、四日市記念、その足で京王閣FⅠ取材で現地へ行き、静岡記念・玉野記念までは家にも帰らず、又しても取材三昧の毎日に成る予定、お付き合い下されば幸せです。


二日目

高松全日本選抜の2日目は荒れもしましたが、東京に雪の名残りもあってか、売り上げは今イチ伸びず、19億は正直言ってガッカリでしたが、私の予想は久し振りに絶好調。
コンドル紙を500円で購入された方は、えびす顔に成られたものと信じてます。
3日目の天気も凄く気に成りますが、調子をこいた翌日は倍返しで失敗するのが、私の生き様なので、こゝは謙虚に狙い目をと思ってます。
1・2・3Rは、そこそこに、4・5・6Rもその流れ。
7Rは、菊地圭尚に小野俊之。
8R、吉本卓仁と諸橋愛。
9Rは、懲りずに池田良の3連対。
10Rは、私が狙えば8割の桐山敬太郎。
11Rは、松岡貴久と小倉竜二。
12Rは、主役の深谷知広が何か気に障る様な事が記者とあった様で、凄く不機嫌に成り、平常心ではなかったので、思い切って消しの一手かも。
その時の狙いは、脇本雄太の番手に成った松岡健介です。


初日

快晴の全日本選抜・高松は関東地方が寒さと雪の影響もあったのか、日曜日なのに23億6745万1300円は、正直言って厳しい数字。
目標は昨年の松山が111億売れたのに、100億に設定したのが良かったのかもですが、2日目から特別らしく成るし、3日目は祭日、そして1日遅れの最終日と上がる一方に期待したいと思ってます。
初日は6Rまでの結果には正直言ってショックでした。
それは前走悪かった選手が、バンバン上位の着を占め、良かった選手が期待を裏切っては、何のためにしっかり勉強したのか、それが事如く裏目に出たもの。
しかし7Rで、◎に付けた桐山敬太郎が200勝を決め、快調岩津裕介が2着に来てからは様相は一変。
平原康多・深谷知広が期待以上の走りで大いにアピール。
12Rは、金子貴志はダメでしたが、稲垣裕之がきっちり番手捲りを決めて高配当。
ファンは大喜びの1日でした。
さあ2日目は又々波乱の様相、狙ってみたいのは、
3Rの中川誠一郎、その理由は4連続一緒の西川親幸から解放された事での捲り戦。
6Rは、桐山敬太郎と松岡貴久。
7R、脇本雄太の1着固定。
9R、3連対には小倉竜二は欠かせない。
10R、展開不問で池田良。
11R、現在の岩津裕介には逆らえば損をします。
12Rは、後日のためにしっかり観戦して下さい。
詳細はコンドル紙をローソン、そしてファミリーマートのコピー機に搭載されてるファクシミリのE新聞で、コンドルを取り出して下さい。
500円ポッキリです。
詳しくは⇒http://www.e-shinbun.net/cp/condor

日本列島を襲った大雪は想像以上だった様で、高松も信じられない雪となり、全日本選抜の初日は中止。
幸い天気予報通り昼からは上がり、2日目以降は大丈夫。
同時開催の伊東FⅡガールズ2日目は何とか強行すれば昼間のインターネット投票は独り占めと言う事で、朝暗いうちに消防車を借りてバンク整備したそうですが、雪は止まず、仕方なく断念したとか。
山本顧問らしい頑張りも、残念。
そこで小倉ナイターが全部持って行くのかと思いましたが、大票田の関東、そしてその他のサテライトは競輪どころの騒ぎではなかったのか4億は軽く越えると思いましたが3億4千万は数字は立派でも正直ガッカリ。
その中でも荒れると思っていたA級戦は案の定でしたが、ガールズは中村由香里・小林莉子が連勝。
元女王の加瀬加奈子は小林に完敗続き、決勝でのリベンジに注目。
S級は力ある選手が人気に応えてくれました。
準決勝は相川永伍・北津留翼・武田豊樹が圧倒的パワーで1着で人気に応えました。
最終日はガールズ決勝は10Rで3人の巴戦。
A級決勝は11Rで元砂勇雪が逃げて佐川翔吾ー有馬雄二の近畿が大本線。
S級決勝はてっきり北津留翼ー加倉正義の3番手と思われた大竹慎吾が99点加倉正義の後はイヤと成り、高知記念初日の大事件、武田ー飯嶋の後で被害を受けた流れもあり武田の番手を主張。
そこで心優しい佐々木雄一は黒田淳となり、大森慶一。
相川には3度び先輩の台和紀の4分戦。
本命は勿論、武田で不動。
2・3着争いが焦点になりました。
コンドル紙は高松全日本選抜は勿論、小倉ナイターもローソンのコピー機から500円で取り出せますので是非、ご活用下さい。
詳しくは⇒http://www.e-shinbun.net/cp/condor


前検日

昨年はお隣の愛媛県松山で開催された全日本選抜。
急激に温度が下がり、初日は雪が降るかもですが、昨年暮の佐世保記念からずっと売り上げ好調なら、年金前でも休みを3日間使える利点で、110億近くは行って欲しいが関係者の願いか。
突然欠場した長塚智広以外はスターが勢揃い。
昨年高知の追走義務違反組こそ居ませんが、これだけのメンバーが一堂に会したら、誰と話をしたらいゝのか迷う程、近くに居た選手、目に入った選手にアタックしましたが、流石に全員は無理でも、そこは仲間(記者)の力を借りてほゞパーフェクトの取材は終了しました。
「SSイレブン」に参加した選手は、総じて「軽率でした、お騒がせして済みません、この汚名は走りで返します」と顔に書いてました。
スター選手が神妙なので、取材は実にスムーズ、朝一のレースから「これぞGⅠ」を楽しめそうで、1Rのトップバッターは、GⅠ初登場の石井秀治、「光栄ですね、期待に応えられる様、全力で頑張ります」は34歳とは思えぬ初々しいコメント。
2Rは、補欠2番手から繰り上がりGⅠ初の小松崎大地に注目、野球の世界で苦労したレーサーの晴れ姿、やってる事は先行1本。
3R、休養充分、松岡健介が満を持しての登場、快調、菅原晃との主導権争いは見物。
4R、稲毛健太を利す三谷将太と復調、木暮安由の同期コンビ。
5R、松谷秀幸ー成清貴之の南関コンビ。
6Rは、新婚、神山拓弥に、仕上ってそうな吉本卓仁。
7R、新星、三谷竜生の単。
8R、西川親幸のレースは見送り。
9R、山崎芳仁の単で筋違い。
10R、平原康多。
11R、深谷知広の首位。
12R、小倉竜二の3連対。
これがほんの触りです。
夜は武田豊樹が走る小倉ナイター、ガールズに加瀬加奈子・中村由香里が激突するのも話題。
こっちの方も弟と2人で、しっかりした予想に推理をしてますので、昼も夜も「コンドル」で大いに楽しみ、儲けて下さい。

ページトップへ


イー新聞体験隊っ( ̄^ ̄)ゞ



こんにちわ、チームイー新聞の浅井康太です。
山田裕仁さんの紹介で、僕も大井競馬にレッドサムソンと言う牡の3歳馬を所有しています。
自分の馬が走る時には、ローソンやファミリーマートに行き、端末で競馬の予想紙を購入しています。
すぐに取り出せて便利だし、愛馬の人気や対戦する馬の状態もチェック出来ますね。
見やすさと情報量の多さで、ケイシュウを買う事が多いですが、他の専門紙もダブルで買う事もありますよ。




さて私、e-SHINBUN体験隊と題しまして新しく出来たホヤホヤのコンテンツを体験しにLAWSONに早速やって参りましたっ( ̄^ ̄)ゞ

何、何っ?!
噂によると店舗に設置してあるマルチコピー機から公営競技専門紙が簡単に買えちゃうとか?!

500円玉一枚を握りしめて恐る恐るコピー機の操作画面を覗き込み、まだ半信半疑の気持ちでとりあえず

『プリントサービス』

『コンテンツプリント』

とクリックしてみると…



“e-SHINBUN 新聞プリントサービス”
の文字がぁーっ!!

すげー、すげーっ!!

ずっとやる、やるとは言っていましたがついに現実的に誕生したかと思うとなんか私も自分のことのように嬉しかったり?

そして私はそこから競輪のジャンルを選択し、今回はe-SHINBUNのコラムでも毎回鋭い意見や内容を書いている熱い専門紙コンドルを購入っ!!



結果、8クリックの所要時間約3分で簡単に専門紙をGETーーーっ!!!

LAWSONさえあればいつでもどこでもってところがありがたいですよね!

ぜひ皆様もこのコラムを読み次第、すぐに私に次ぐe-SHINBUN体験隊になって見て下さいねっ( ̄^ ̄)ゞ

これによってより皆様が競輪ライフを楽しむことが出来ますように…。

enjoy your keirin life( ´ ▽ ` )ノ

ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら


二宮歩美の目指せっ!e-キャスター!!



【二宮歩美】
只今、川崎競輪をメインに日々競輪キャスターとして奮闘中ッ!!
皆様が描くe-キャスターを目指してこのブログをきっかけにより一層活躍していけるように
知識や情報を収集していきますので見守っていて下さいねっ!!

―二宮歩美ブログ―
“Walking Beauty~大人までの道のり”
http://ameblo.jp/ninoreport/

長いような短い?沈黙を破り、いざ今年最初のG1全日本選抜競輪がin高松で大雪により一日遅れで開幕と!!

去年よりもG1の重みが私なりにわかってきたからこそ、楽しみに。

そしてまた選手の気持ちや心境も少しはわかるようになってきた予定だけにレースに深みや味わいが出てきたり。

なんでも、やっぱ知ってる方がより一つのことを深く楽しめると言うけれど競輪は本当に噛めば噛むほど味が出てくるし、無味になることなんかあるのかな?と思うくらい。

さすがギャンブルの果てと言われてるだけあるなと身を持って感じる今日この頃。

さて、そんな中、今回私がピックアップしたいのは今年の初出走がこのG1全選になる浅井康太選手。



実は直前までトークショーでウィンドーム館林と四日市競輪で一緒でして。

「トークショー、何気に久々過ぎて口がまわらんだぁ~(回らなかったってことらしい。笑)」

と何気に2人でのトークショーの連携はここで三回目となったわけなんですがお互い今までの中で一番噛み合わなかったねとレースでもないのに反省会。笑

私、いっつも思っていたんですがトークショー一つにしてもこんなに真剣に取り組んでくれて、考えてくれる人いないんぢゃないかと思うくらいに何に対しても本気。

そしてすぐに要領とポイントを掴んでしまうところがさすがSS選手。

一つのものを制する人は全てのものを制すると言うけれどまさに彼のことかと。

彼の横にいると何年経ってもこのレベルから抜け出せない自分が逆に虚しくなる勢いだったりしますが、そろそろ話を本題に戻して。

「今年はグランプリ後、斡旋停止で一ヶ月間お休みと。
その間にしっかりと休養したり普段出来ないことや感性を養うためにクラシックの演奏を聴きにいったりしながら練習に励んでいました。」

と学生の時から名前は忘れましたが、なんか本格的な笛?を習っていた浅井選手ならではの育ちの良さそうな時間の過ごし方が垣間見れたり?

「1.3月と斡旋が止まる分、二月の全選には余計気持ちが入る。
賞金でのグランプリは今年は厳しくなりそうなんで早いうちにしっかり決めておきたい。」

とトークショーでは話してくれましたが、どうやら四日市の方では緊張したとか?

「地元だからからか、いつもよりいい意味でプレッシャーがある感じがしてちょっと固い感じになってしまった。」

とやはりちょっとした変化やお客さんの心の動きにも敏感に反応するところもプロで責任感があるからならではの感覚かと。

初日、まずは深谷の番手から一着で勝ち上がり、無条件に準決勝まで進める権利をゲット!!



幸先良い浅井選手に注目です!


ページトップへ


武田あかりも負けるもんか

ちゃり党← 姫のブログはこちら


みなさん、こんにちは。
競輪リポーターの武田あかりです。

今回は、今年初のG1・全日本選抜競輪の行われる、ここにやってきました?。



空港の荷物が出てくるところにも、“うどん”がっ!!



そうっ!
うどん県!!
うどん県(香川県)の高松市にある、高松競輪場で、全日本選抜競輪が始まります。


ここ高松は、私の故郷で、雪は、年に1?2回、降るかどうかなんですが…



こんな雪国に。
初日のレースは中止順延という、とても稀なことが。



そんな今年初のG1・全日本選抜競輪から、『武田あかりも負けるもんか!』でご紹介するのは。



初日1レース1番車!
G1初出場の千葉の石井秀治選手!!

意外にもG1初出場という石井選手に、お話を伺うと、

『選手になって13年目にして、ようやく初めてのG1に参加できて嬉しい。
しかも、オープニングレースの1番車だなんて、名誉なことです。
G1は、みんな脚があるので、レースはシビアにいかないと、ひとつのミスが大きいと思う。
でも、これに慣れると、F1でコースが見えちゃってしょうがなくなるのかな(^^)
とにかく、初のG1レース、楽しみです!!』

と、いまの心境をさせ答えてくれました。




好調なきっかけを伺うと、

『ギアを上げたのが成績アップのきっかけに。2年前から徐々に徐々に、ギアをもうちょっともうちょっとと上げてきた。
若い時から、バーベルの大きいのを持ったりして体作りをしてきた。
いま思えば、ギアをかけるためのトレーニングを15年近くやってきたんだなと。
長年のトレーニングがこの日のためだったのかと、ようやく噛み合って効果が出てきた。
ここから、若い時頑張った事を取り戻すために、努力を無駄にしないようにしたい!!』

と、この好調ぶりが、昨日今日で、できたものではなく、石井選手の選手人生を全てかけてやってきた成果ということを教えてもらいました。


13年かけて築き上げた石井秀治選手のG1石井劇場の幕開けです!
注目します。


ページトップへ


谷友梨子のこの選手にエール

Bbスタジオ日記← ブログはこちら
http://yokkaichikeirin.com/blog/

谷友梨子
四日市・松阪を中心に活動するキャスター。
軽快なトークと緻密な取材を元にした情報に定評がある。
女性MCと、プロの解説者以上のコラボは競輪界の「いっこく堂」である。
ファンの間では「押し付けがましくなく、
耳にスッと入ってくる。それでいて内容も確かだ。
車券を買う時のギャンブル心理を逆なでしないのも良い」の声を聞く。


こんにちは。谷友梨子です。

開催初日、順延となりましたね。私の住んでいる名古屋の自宅前もご覧のとおり、雪が降り続いています…。



選手達も様々な思いで、宿舎で、あるいは検車場で過ごしていることと思いますが、条件はみな同じ。ゆっくり休んで、明日から最高のコンディションでの走りを見せてもらいたいものです。

さて今シリーズ、私がエールを送りたいのは、まずは、小松崎大地選手(福島・99期)。



補欠2位からの繰り上がりで、急遽、GⅠ初出場の座が巡ってきました。小松崎選手といえば、競輪選手になる前は、四国アイランドリーグで活躍していました。

「プロ野球選手になりたくて、四国アイランドリーグの徳島インディゴソックスで野球をやっていました。ポジションはライトですが、色んなポジションをやっていましたよ。意外と足も速いんですよ!」

「その徳島で野球をやっていたときに、身近に競輪選手がいました。小倉竜二さんや、室井竜二さんたちにも、すごくお世話になりました。バンクにもちょっとだけ入らせてもらいました。師匠の岡部さんとは、野球をやっているときに共通の知人いたのですが、それで知り合いました」

と、以前話していましたが、同じ四国である高松でのGⅠ初出場は、何かの縁かもしれません!



近況の小松崎選手からは、上位を意識した発言が聞かれます。前走は四日市でしたが、前検日にはこんなコメントも。

「今年はGⅠを意識して、一戦一戦、戦って行こうと思っています。そういう意味では、初日特選は大事な競走になると思うので、しっかり走りたいですね」

その時は、まだ小松崎選手の全日本選抜出場は決まっていませんでしたが、四日市の初日特選は、小松崎選手以外は全員、全日本選抜を控えていた選手。今後出場するであろうGⅠでどこまで通用するか、自分の力を図る一戦でもありました。

その初日特選では、ライン2車での先行。しかし、稲毛健太選手に猛スピードで捲られ、バックを取ることもできずに終わりました。準決勝の権利がある初日特選で、力試しの一戦だったかいと思いきや、「掛かり切らなかった…」と、レース後の表情は険しいものでした。

昨年の今ごろの四日市に登場した時には、まだ予選スタートで、S級ではまだ優勝もないとき。果敢な先行で売り出し中の時でした。1年経った今は、小松崎選手の言動は大きく変わって、さらに大きなステージでの戦いを念頭に置いているのが伝わってきました。近況では1月の松阪で、同県の先輩、伏見俊昭選手と初連係。3日間、伏見先輩を連れての競走でしたが、初日特選と決勝では結果を出すことができず、連日明るい表情は見られませんでした。



「今は、力を出し切る競走を心掛けていますが、その結果がいい方に向かっているのかなと思います。レースには、毎回毎回課題を持って臨んでいるので、その課題を達成できるようにしたい」と、常に自分に厳しく、競走に練習に取り組んでいる小松崎選手。この初出場のGⅠをきっかけに、一段上のステージでの飛躍が期待されます!


そして、もう1人エールを送りたいのが、志村太賀選手(山梨・90期)。



FⅠ戦といえども、今年に入ってから2度の優勝。昨年は優勝が無かったことを考えれば、今は流れも引き寄せているのでしょう。どんなに調子が良くても、なかなかできないのが優勝ですから。

今年初戦の1月15日からの松阪では、新鋭、郡司浩平選手の番手の位置が巡ってきてのV。先行した郡司選手の番手から追い込んで、一昨年12月以来の優勝を飾りました。

「昨年は成績がまとまらず、優勝できずに残念でしたが、今年は一発目に優勝できてよかったです。初日も2日目も、知らない間に前々にいることができたので、調子はいいのかなと思いました。決勝では、強い郡司君がいたので、須賀君に甘えて番手に付かせてもらいました。柴崎淳君の先行も強かったけど、郡司君のスピードもよかった。(郡司選手が踏み出した)ホームでは正直ビリビリしましたが、何とか付け切ることができました。ゴール前は、全然余裕がなかったです。来月の全日本選抜では、ちょっとレベルが違いますが、自分なりに頑張ります」



その後は、1月22日からの大垣でしたが、特選スタートから、9着・8着と、大きな着で準決勝敗退。しかし、最終日特選では捲って1着。

「今年は、松阪の優勝でいいスタートをきることができましたが、大垣でチャラになってしまいましたね(苦笑)。大垣は飛び付き、カマシ、捲りと動いていた?もう少し捲りで行きたかったけど、うまい展開にならなかったので…。松阪の成績が良かったので、大垣では思い切ってセッティングを変えてみたのですが、それが失敗しました。でも、最終日はセッティングを戻したので、ある程度自分の競走ができたと思います」

そして、今年3場所目となった、前回の四日市。そのシリーズは、好メンバーなうえに、自身も前走の大垣で点数を落とし、久々の予選回りに。前検日、TV収録インタビューのお願いをすると、「僕、今回予選スタートですけど、いいんですか?」と、苦笑気味のシーンもありました。

その四日市では、連日ラインの前での競走で、4着・3着で決勝入り。

「セッティングは、体の感じとマッチしているので、いいですね。決勝は、小松崎さんが空いているので、せっかくなので付かせていただきます。松阪では郡司君を差せたけど、今回は小松崎さんを差せたらいいですね」と、また先行選手の番手という、いい位置が巡ってきました。

決勝は、小松崎選手が2車でしたが、果敢な先行。3番手に、菅原晃選手がいましたが、あまりの掛かりに捲れず、絶好の番手から志村選手がチャンスを逃さず優勝!松阪・四日市と、三重連続優勝を決めました。



決勝インタビューでの第一声は、「三重2連覇で、嬉しいです!」と、満面の表情。

「小松崎さんが2車でも先行したので、ヤバいかなと思いましたが、小松崎さんが強すぎました。2コーナーから一杯でしたが、抜けてよかったです。これで今年2回目の優勝ですが、信じられないですね。トレーニングの成果?まぁ、出ているのかは分かりませんが…。今年はどんな年に?そうですね~、あと2回くらい優勝したいですね。(←控え目?)次は全日本選抜で、強い選手が一杯いますが、自分にできることを一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします!」



ところで、昨年秋のことですが、今期2班に上がった新井僚太郎選手(山梨・100期)が、こんなことを言っていました。


(新井僚太郎選手。昨年9月四日市にて)

「今、練習では志村太賀さんにお世話になっています。志村さんの家は遠かったのですが、『俺が面倒見るから』と、引っ越しまでしてくれました。練習にはずっと付き合ってくれています。一日中自転車漬けです。だから、期待に応えないといけませんね」

志村選手は「引っ越しといっても、そんな大したものでもないし、あいつが本当に弱かったから」と、否定しますが、実は、熱~い男なのも?!(笑)

今年初のGⅠとなる全日本選抜競輪。「今でしょ!」とばかりに勢いづいてきた志村選手に、エールを送ります!


(実は、林修先生に似ています〔本人申告〕)

ページトップへ


寺門夏織のかおりんROOM

SPEEDチャンネルで7年間キャスターを務め、現在はフリーで活動中。
レギュラーは、松戸・いわき平・宇都宮競輪中継の司会。



ブログはこちらをチェック!
http://ameblo.jp/kaorin714/

皆さま、こんにちは(^o^)丿


寺門夏織です。


厳しい寒さが続いていますね(>_<)

皆さまは、いかがお過ごしでしょうか?


私は、いわき平記念から帰って、風邪を引いてしまいました。

やっと治ったと思ったら、今度は早くも花粉症の症状に悩まされています(-“-)

皆さまも、この時季はお身体に十分ご注意下さい!


さて、高松競輪場では、明日から

『第29回読売新聞社杯 全日本選抜競輪GI』が開催されます。

今年もいよいよGI戦線の幕開けですね!!


寒さを吹き飛ばしてくれるような、熱~いレースに期待します!


今回、私が注目している選手は、


金子貴志選手(愛知・75期)



今年に入ってからも1着を量産中。

1場所前のいわき平記念では、初日特選と3日目準決勝で捲くって2勝!

特別選手紹介の時、コメントした後に咳込んでいたので、

「大丈夫ですか?」と声を掛けると、

金子選手「大丈夫です(*^_^*)」

と、笑顔。

そんな心配は要りませんでした。

決勝戦は、直線の長いいわき平バンクで打鐘から躊躇なく前へ出て、そのまま主導権。

最後の最後に山崎選手に捕らえられてしまいましたが3着に粘り、

ガッツ溢れるシビれる競走を魅せてくれました!!



そして、もう1人。

井上昌己選手(長崎・86期)



前場所の『KEIRIN EVOLUTION』(いわき平記念3日目)では、

世界で実績を残して来たツワモノメンバーで争い、力強く押し切っての1着☆


もちろん、『KEIRIN』と『競輪』は違いますが、

物凄い強風の中、カーボン製自転車で逃げ切ってしまう圧倒的なパワーを魅せ付けられ、

“注目したい!!!”と、思わされました。



今回は、ダッシュも粘りもある両選手をピックアップしましたが、

他にも挙げ出したらキリがないほど、注目したい選手がいっぱい!!!

もちろん、地元四国の選手たちの“気合”にも注目していきたいと思います(^_-)b


さぁ、今年最初にタイトルを掴むのは、どの選手でしょうか?

見逃せない4日間、大いに楽しみましょう!!!


ページトップへ


ミッドナイト競輪ゲスト出演小林恵美
“初心者にも優しいミッドナイト競輪in前橋二日目に競輪ビギナーのセクシーアイドルがゲストで登場っ!!
競輪を始めるなら今回がチャンス?!
競輪未経験者も競輪好きもグラビアアイドル達と一緒に盛り上がろう!

もしかしたら、あなたが投稿するニコ生のメッセージにもアイドル達が答えてくれちゃうかもっ??

この機会を見逃すなっ!!”

小林恵美 小林恵美オフィシャルブログ「milkyway」はこちら

青山学院大学卒、元イエローキャブ
志村けんのバカ殿様、たかじんのそこまで言って委員会、アッコにおまかせ、解決!ナイナイアンサー、ロンドンハーツ、ギョクセキッ!等の番組に多数出演

誕生日:1月1日

血液型:B型

出身地:東京都

趣味:スポーツ観戦・読書・料理・パワースポット巡り

特技:ゴルフ・乗馬・水泳


グラビア女子会
森下悠里 小林恵美 瀬戸早妃 相澤仁美 二宮歩美 橋本マナミ 矢吹春奈



ページトップへ

フォーリンクラブ~競輪小僧




1/31~2/2に『四日市競輪場』へ伺いました。
『四日市ナイターF1』が始まります。
3日間斡旋、ありがとうございます。

今回は
『四日市フォーリンクラブ』
http://www.yokkaichikeirin.com/fourrin_club/
会員募集と

『GambooBETターミナル』
http://gamboo.jp/k/topics/_/tid/--gt_information-mb
http://gamboo.jp/k/
設置のイベントに参加しました。

四日市競輪場への御来場
心より御待ち申し上げております。

競輪小僧




ページトップへ


鈴木桜花の桜前線急上昇中!


【鈴木桜花】
小田原を中心に様々な競輪場でMCをしています。
しかし、まだまだ勉強中の身。
皆様に競輪の情報をはじめ、楽しさ、素晴らしさをお届けすると共に
桜花の成長を見守っていただけたら幸いです。今後ともどうぞよろしくお願いします!

桜花のブログ「桜花の徒然日記」
ameblo.jp/ouka-rigolo/


4日目 バタバタしています。
やることたくさんです!!ありがたい事です。

来期から新しい試みがたくさんありそうで、
それはそれは楽しみでもあり、不安でもあります。

何事も新しい事は不安ですよね。

今からたくさん勉強して備えておかないと、
直前の付け焼刃では対応できないですし・・・
勉強コツコツ頑張ります!

[全日本選抜競輪 4日目]

全日本選抜競輪の最終日でした!!

もうね、ここまで来たら決勝戦を観てまいりましょう!

最終11R、今年最初のGⅠ。
ここまで絶好調な平原康多選手や
GⅠ制覇に一番近い男と言われた新田祐大選手、
次回GⅠのダービーは惜しくも乗ることができない浅井康太選手、
ここでGⅠを獲っておきたいところでしょう。
初のGⅠ決勝戦に乗った松岡健介選手や山賀雅仁選手など
3日間の激戦を勝ち上がってきた9選手が揃いました。

さてその決勝戦、皆様の想像通り脇本雄太選手の先行でした。
そこを新田選手がインから番手の松岡選手に競っていきました。
競り勝って脇本選手の番手に見事収まり
新田選手絶好の位置!!

そこへ中団から平原選手の捲り!
それを齋藤登志信選手のけん制もありましたが
懸命に捲っていきます。
新田選手も捲ってきて
前で2人のもがき合い!!すごい!力のぶつかり合いです!

と、ここで落車のアクシデント。
新田選手は失格となりました。

そこをインからやってきたのは村上博幸選手!
見事優勝となりました!!

おめでとうございます!!

今年初のGⅠを制し、
グランプリへ一番乗りを果たしました!
インタビューの時は緊張か、顔が固かったですが
敢闘門で選手に囲まれた時の笑顔はとても素敵でした。


いやしかしGⅠの決勝戦は見応え十分ですね。
観ている私もドキドキしました。

さて、次に皆様にお会いできるのは
四日市記念です。

またこのコラムを覗きに来ていただけたら幸いです。


それでは皆様、素敵な競輪ライフを!

3日日
お仕事の合間にコラムをカタカタ・・・。

昨日キャスター研修をしたのでライブで
競輪を観たいのですが、そうもいかないですよね。

明日は全日本選抜をガッツリ観て、
で、前検インタビューの予習をして・・・、

あれ?なんかもしかして忙しい??
頑張ります(笑)


[全日本選抜競輪 3日目]

全日本選抜競輪の3日目でした。
今日は準決勝がありましたので、それを振り返ってまいりましょう。

まずは10R、川村晃司選手の先行のところを
後方から捲ってきたのは新田祐大選手。
すごいな・・・力で走っている感じがしますよね。
2着の浅井康太選手もインから行って
道をジグザク探していったのはうまいなーと思いました。
ベテラン、齋藤登志信選手が3着に入ってましたね。
さすがと言ったところです。

11R、平原康多選手がめちゃくちゃ強い!
と思ったレースでした。
先行は稲垣裕之選手。位置取りうまい平原選手は3番手に。
後方からかなりスピードがある山賀雅仁選手が捲ってきたのを
自分でブロックしたのですよね。
で、先頭に出ても今度は稲垣選手に競られてしまったにも関わらず
見事1着。
今年も全日本選抜競輪は平原選手なのではないか・・・と
思わせるレースでした。

12R、まさかの、深谷知広選手と金子貴志選手の
準決敗退。驚きました。
脇本選手がいいスピードでの先行でしたね。
そのまま1本棒。
深谷選手捲るが届かず・・・。
結局松岡健介選手の1着。逃げた脇本選手は2着。
3着はインを突いてきた神山雄一郎選手でした。


さて、明日はいよいよ決勝戦!
どの選手が今年初のGⅠを制するのか!?

どうぞお楽しみに!!


それでは皆様、素敵な競輪ライフを!


2日日
今日は事務所で研修をしました。
何の研修かと言いますと、なななななんと、
競輪中継の研修なのです。

まだまだ早いですが、いつの日か憧れの中継でオッズ読みができるように
今から頑張ります!!

[全日本選抜競輪 2日目]

全日本選抜競輪の2日目でした。

早速今日は優秀戦を振り返ってまいりましょう!


12R、スタールビー賞。
先行したのは平原康多選手率いる関東勢。
並びが池田勇人選手もいるのですが
ここは平原選手が先行。

早めに先行していきました。

新田祐大選手が5番手につけてかなりな好位置。

8番手には注目の深谷知広選手が虎視眈眈とタイミングを見計らう。


そんな中、新田選手が捲ってきて大外を深谷選手が捲ってきましたが届かず。
最後は池田選手がかわしての1着。
関東勢が上位独占で人気にも応えていきました!

池田選手に注目していただけに
嬉しいです!


さて、明日は準決勝!
明日の12Rは今日1着だった金子貴志選手、
そしてお弟子さんの深谷選手が登場です。

早くもこのコンビの走りが観られます!
楽しみ!!

明日もどうぞご期待下さい!!


それでは皆様、素敵な競輪ライフを!



1日日

昨日は大雪になりましたね!

子供の頃は嬉しかった雪も、大人になると厄介なものですね。

でも、朝になって雪だるまやかまくらが作ってあるのを見ると
なんだかほっこりした気持ちになります。


[全日本選抜競輪 1日目]

全国的な大雪に見舞われ、初日順延となった
全日本選抜競輪。

GⅠが雪で順延になるのは昭和61年、日本選手権競輪以来だそうです。
昭和61年は私の生まれ年。
それ以来とはなんだかすごいですね・・・。

その初日順延が選手にどういった影響を及ぼしたのか
気になるところではあります。

早速、初日特選振り返ってまいりましょう!!

10R、近況絶好調な平原康多選手。
位置取りが上手い平原選手ですが、今回は中団後ろへ。
先行は川村晃司選手の近畿ライン、中団前は佐藤友和選手の福島勢、
後方は井上昌己選手の九州ライン。
平原選手の捲りがいいスピードでしたね。
ゴール前番手の神山雄一郎選手が追い込んできましたが、
接戦で平原選手の1着。
関東ラインの捲りに乗ってきた井上選手が3着。
しっかり足を溜めて、タイミングを見計らってましたね。

11R、やはり、深谷選手の強さに目が行きました。
かなりカマシ気味にジャンから先行していって、
そこからはもうついていくのも大変です。
最後は番手の浅井康太選手が追い込んでの1着。
深谷選手は2着でした。

今年初戦の浅井選手。
調子は走ってみないと・・・と話していましたが、
深谷選手のスピードにも着いて行って、最後かわしたのですから
調子はよさそうだと見受けられます。

12R、やはり脇本雄太選手の先行。
絶好な位置は池田勇人選手率いる関東勢。
途中新田祐大選手がものすごいスピードで単騎での捲り!!
それを出させまいと稲垣選手の番手捲り。
もう力勝負です!
そのまま稲垣選手1着、注目していた
池田勇人選手も3着に入って
明日の優秀戦へと駒を進めました。


さて、その明日の優秀戦、
かなり関東勢が熱くなっていますね。
どの選手が優秀戦制するのでしょうか!?

明日もお楽しみに!


それでは皆様、素敵な競輪ライフを!


前検日

昨日は小田原競輪場で神静民報社杯争奪戦が開催されました!
MCで行ってまいりましたよ!

FⅠはまだまだですね。
特別選手紹介にドキドキします。

でも寒い中なんとか乗り切りました!

色々仕事も決まりそうでワクワクと不安とがない混ぜになっておりますが、
しっかりと勉強してこれからも頑張っていかなきゃと
気持ちを入れなおしたいと思います!

[全日本選抜競輪 前検日]

さあ!今年最初のGⅠ、全日本選抜競輪が
明日から開催されます!

今日は前検日、注目の選手をご紹介します!

が、注目選手がたくさん・・・。

この際、SSの選手に期待するのは皆様そうなんでしょうから、
私が個人的に声援を送りたい選手をご紹介します(笑)

熊本の西川親幸選手です!!
2場所前の取手でも優勝、本当に優勝を量産している
本当に強い選手です!!

前に違う開催でインタビューした時に

普段の練習はウエイトが中心と話していて、
それは大ギア対策ですか??
と聞くと、

いや、年ですから・・・。

となんとも思いがけない答えが返ってきました(笑)

48歳、まだまだ昇り調子!!
今シリーズも間違いなく、注目選手です!


あともう一方、
埼玉の池田勇人選手!

いつもね、惜しいんです、
あともう一歩、もちろん強い、めちゃくちゃ強いんですが
関東勢が盛り上がっていますからね。
なんか埋もれてしまう感じがします。

笑顔が素敵な好青年ですし、
今年、記念はもちろんGⅠタイトルを取って周りをぎゃふんと
言わせていただきたいです。

近況は去年12月、地元大宮で優勝。
前走の別府では112と着をまとめてきています。
全日本選抜に向けて調整もバッチリなように見受けられます。

池田選手にも注目です!


この他にもさすがGⅠ、豪華メンバーが目白押しです!!

明日からの全日本選抜競輪をどうぞお楽しみに!



それでは皆様、素敵な競輪ライフを!


ページトップへ


竹林一彦の競輪閻魔帳

竹林一彦

専門紙「アオケイ」編集長。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

新種のコメント

競輪選手の作戦コメントに於いて「何々君マーク」「自力」は基本中の基本だ。
「自在」とか「前々」「臨機応変」も競輪特有の言葉で、長年月使われ続けたゆえの〈記号〉的な重みも付与され、受け手に広範囲の戦法を想像させる。
最近、主に自力選手が発するようになった「いつもどおり」のコメントが俺には解せない。
と書けば、また始まったかいと揶揄されるだけか。
競輪初心者に「マーク」「自力」「前々」「臨機応変」を直ぐに理解させられる自信はないが、それでも苦心しようとは思う。
しかし「いつもどおり」はと問われた場合、萎えるし正直言って面倒臭い。
「いつもどおり」は「自力」を含み、「いつもどおり」は「自在」を含み……。どうでもいいや。
俺は「いつもどおり」のコメントを使う選手からは車券を買わない。
などとは言わない・言えない。将来、スポーツ新聞や予想紙のコメント欄が「いつもどおり」主流になったって競輪はやめないのだから。
酷い風邪っ引きで拙い文章になった。
御容赦を。


ページトップへ


とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記



町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。
現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。
前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?

前橋のイー新聞杯と、四日市のイー新聞杯があり、浅井康太と旅一座の様な生活。
前橋では前泊してもらい懇親会にも出てもらい、誰もが浅井ファンに。
紳士であり、好青年であり、かなりのナイスガイ。
僕も彼の人間性には一目置いているので、何故僕が彼を買っているのか、僕の周りの関係者も理解してくれた様子。
朝、前橋のホテルを出て高速で1時間かけ館林場外のトークショーへ。
それから、またトンボ帰りで前橋に戻り、今度はテレビのゲスト出演。
そのまま今度は四日市のイー新聞杯があるので、僕らと一緒に名古屋へ移動。
気の遣い方から振る舞いまで超一流の人間。
僕みたいなダメ人間から比べると、何でそんな言動や行動が出来るのか不思議。
スポーツ選手特有の我がままさもないし、謙虚でおごり高ぶってもいない。
ヤンキースの田中選手がどうなるか分からないけど、若くして大金を持っても、ろくな事はない。
タイトルを二つ取り、お金もあるのに、勘違いしていないのも素晴らしく思う。
四日市では、イー新聞主催のトークショーと、次の日には、地元選手の四日市記念に向けての壮行会があったのに、嫌な事をひとつも言わず気持ち良く引き受けてくれた。
スポーツ選手だから、自分の商品価値からして対価を求めても不思議ではない。
それが、イー新聞の為ならと心良く協力してくれる。
こんなに気持ちを良くしてくれる人間に出会ったのは、僕は初めてかもしれない。
感謝、感謝である。

ページトップへ


e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2014年 2月8日(土)・9日(日)・10(月)・11(火)

■開催場所
高松競輪場

高松競輪場

取り扱いネット新聞

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ