eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
青山彩

高松宮記念杯競輪(GⅠ)

key-visual
e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二



チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!

市田佳寿浩
中川誠一郎
小野俊之
木暮安由
脇本雄太
小倉竜二
佐藤慎太郎
山口幸二

チームe-SHINBUNに新しい仲間が増えました!
藤木裕
川村晃司


e-SHINBUN イメージCM



ページトップへ

三日目・勝因敗因




1R


筒井敦史
俺もたまたま捲りが出ただけで友定君なら気持ちの入ったレースをやってくれるからね。
彼が内に行ったので外に車を持ち出した。
桐山敬太郎
病み上がりだったし四日間もがいて帰りたかった。
それは残念。
早めに行けば佐藤さんも引いてくれるかなと思ったけど。
野田源一
2日間、前を取り失敗。
今日は岡山勢の後ろが1番良いかなと。
自分で捲って勝てれば良かったけど1着は1着ですから。
山田敦也
佐藤さんも岡部さんも頑張ってくれた。2日間、千切れて虚しい気持ちになっていた(苦笑)。そんな俺の気持ちを察する様なレースもいくつかありましたね。
友定祐己
内から先行も出来た。もがき合いで捲り頃になったけど岡部さんが番手から出て行くのが見えて。それで内に行ってしまった。あとは、こけそうにもなったし危なかった。
佐藤和也
引いてはおしまい。それで突っ張ったが力不足。初めての特別競輪だし良い勉強になった。
新田康仁
見ての通り良くないし桐山君がいなかったら大敗していた。自分で行こうとした時にあおりも受けた。3着権利だし何とか残れて良かった。
朝倉佳弘
桐山君も行く気があったけど、北日本ラインも2段駆けでしたね。今の調子では精一杯のレースだった。
岡部芳幸
岡山コンビの前後は分からなかった。結果的に筒井君が自分で捲ったみたいだね。佐藤君が頑張ってくれたけど距離が長かった。彼が自分で外に牽制するのでなく、俺に仕事をさせる様に踏んでくれれば楽だったと思う。

2R


渡部哲男
展開も良かったし、あれを捲れないのが現状の力。
少しずつ戻していくしかない。
鈴木 誠
岩本君は頑張ってくれたけど池田君のスピードが違った。
あとは1車だったのでギリギリまで踏むのを我慢した。
岩本君を6着まで残したかったからね。
山下君と兵藤君の競り? お互いの気持ちもあるし周りの目もあるから仕方ないんじゃないかな。
池田勇人
上がりタイムは10秒7ですか。
調子は悪くないと思っていたし勝てて良かった。
今日はあの捲りが基本だったけど、ホームで緩んでいれば行く気持ちもあった。
岩本俊介
今日の1番の収穫は渡部さんを捲らせなかった事。2日間の失敗を少し活かす事が出来た。でも池田君とは勢いの差が出た。
兵藤一也
ここは、いくら何でも3番手に引けない。勝負しての結果だから気にしていない。
米澤大輔
哲男君もタイミングは悪くなかったと思うよ。僕の調子もこんな成績ですから。
山下 渡
競り勝つ事は出来なかったけど、自分の中で納得する面もあった。とにかく脚がある内に技術を身に付けておきたい。今までなら、もっと簡単に当たり負けしていたかも。
山内卓也
色々な選手がいるけど、自分がやってきた事をけがす様なレースはやりたくない。それは甘いと言われれば甘いかもしれないけど。僕はラインや今まで積み上げてきた事を大切にしたい。
北野武史
千葉勢が頑張ってくれたおかげ。本当、3着に入れて良かった。

3R


中村一将
緩んでいたし行けるタイミングはあった。
細切れ戦だったけど実質松川君との2分戦。
今日は上手く駆けられてしまった。
突っ張るのも距離が長いと思い。
松川高大
後ろに抜かれる分には問題ないし気にしていない。
それより昨日みたいに8番手で行けない時が問題。
人気になっていたし園田さんとワンツーが決まり良かった。
東口善朋
全て中村さんの判断だった。
あれなら石毛さんも切ってくれれば3番手を取れたと思う。
栗原厚司
石毛君は中団、中団の組み立てと言っていた。後ろの方でごちゃごちゃになっていたし仕方ないですね。今回は予備でもなく急な追加です。
志村太賀
2角で行けた? 園田さんが車間を切っているし大事を取った。もし7着以下だと最終日を走れないので。
加藤圭一
石毛さんには悪いが基本は九州勢の後ろだと思っていた。もし、その位置が狙われたら番手も考えようと。2着に届けば良かったけど園田君も残しに行っていたので。
伊藤健詞
怪我の影響はなかったけど展開が向かなかった。
石毛克幸
何で中村さんは俺のところで粘るんだろう。叩くと思ったのかな。
園田 匠
車間を切って後ろを牽制。後ろを見ると言うより、踏み直す松川君だけを見て交わすだけだった。

4R


神山拓弥
後閑さんとは話し合って別で走る事になった。
完全に叩けると思ったけど、菅原さんが内から抜け出して。
あれで全てが狂った。
内藤宣彦
前が浮いた時に3番手ぐらいに入れれば良かったけどね。
それが出来ず脚をためられなかった。
山口富生
落車しているが怪我は大丈夫。
柴崎君も早めには仕掛けてくれたけどね。
今日は九州の連係が上手かった。
後閑信一
拓弥と別線を選らんだ。それでいてバックで仕掛ける事が出来なかった。単なる我がままのマーク屋になってしまったし自分が情けない。
馬場 勇
もう少し後ろを引っ張りたかったけどね。とりあえず後ろがワンツーで良かった。自分で外に降り神山君を止めようと思った。
柴崎俊光
残り1周から行った。でも菅原さんが内から抜け出したのは分からなかった。あれでは捲れないのも仕方ないですね。
菅原 晃
2着だったけど馬場君が頑張ってくれたから。内から抜け出したのはとっさの判断だった。
西川親幸
今日は前2人のおかげ。たまには、こんな事があっても良いでしょ。
齋藤登志信
後閑さんが神山君に行かないと聞いたので神山君に付けた。出られなかったけど頑張ってくれたと思う。

5R


渡邉晴智
群馬勢からは1番車だし中団を取ってくれと言われていた。
作戦はそれぐらいだった。
今は脚がないし最終日まで走れる喜びを感じているよ(笑) 矢口啓一郎
お世話になっている稲村さんや晴智さんが付いてくれたのに情けないレース。
申し訳ない。
吉田敏洋
二次予選の事を悔やんでも仕方ないし気持ちをリセットして走った。
見ての通りで怪我は大丈夫。
残り1周を全開で踏もうと思っていた。
小川圭二
調子は悪くないけどね。出脚で8割ぐらい脚を使ってしまった。最後はやっぱり内を突かないと。
志智俊夫
吉田君が強かった。二次予選は全て自分の責任。今日は番手の仕事も出来た。最終日も勝って帰りたい。
北津留翼
最後も内に行ったりと何をやっているんですかね。最近は力を出し切れないレースが多いし情けないです。
桑原大志
翼君も苦しかったと思うよ。小岩君も良いサポートをしていたし仕方ない。
小岩大介
吉本君に自転車の乗り方を見てもらったら急激に良くなってきた。最後も外を良い感じで伸びたので。3着だったけどかなり手応えがあった。
稲村成浩
矢口君も本当は今日先行しないと。ただ、俺も何か言うのは嫌だからね。結局は、本人がどう考えるかが問題。

6R


阿竹智史
前にいる水谷君しか見ていなかったし佐々木則さんが仕掛けてきたのは分からなかった。
力は出し切れたけど脚の差もあった。
中村浩士
走るからには怪我は大丈夫。
全部、内に行ける感じになれば良かったですけどね。
あの展開は考えていたし仕方ないです。
有賀高士
あのダッシュ勝負が1番苦手。
それと水谷君が捲りに構えたと油断もあった。
それでケツも上げられなかった。
三宅 伸
前に何人いるか途中で数えた。そこに自分の数も数えてしまった(笑)。なかなか1着を取れないな。
水谷好宏
早目に来たので一旦引いた。仕掛けてからは良いスピードだったと思う。残り1周を思い切り踏んだ。
木暮安由
これで復活のシナリオが描ける(笑顔)。3着だけど、かなり手応えがあった。それと同じチームe-shinbunの小野俊之さんは鎖骨と肋骨をやってしまったみたいだね。怖い商売ですよ。
佐々木則幸
反省ばかりのレース。切り替えて自分で踏んだけど阿竹君にも併されて。余裕もないし回りも見えていないし番手の仕事も出来なった。
望月裕一郎
ちょっと遠かったね。中村君に全て任せていたので。

7R


宗景祐樹
鈴木君も早めに巻き返してくれたし菊地君もすかさず行ってくれた。
あのダッシュに千切れなくて良かった。
吉本卓仁
突然の雨で対応出来なかった。
流れは向いたが組み立てが中途半端だった。
次の地元久留米記念は優勝するつもりで仕掛けたい。
菊地圭尚
謙ちゃん、ゴメン。
そしてありがとう(笑顔)。
踏み出しは完全に離れたし、追い付きざまに行ってしまった感じ。
望月永悟
今日は田中君が駆けてくれたおかげ。僕は展開次第ですから。
鈴木謙太郎
雨でダッシュをする時に滑ってしまった。それでも後ろの2人がワンツーで良かった。
山賀雅仁
やはり番手のレースは難しいですね。対処法を先輩の中村浩士さんに教えてもらおうと思う。
斉藤 努
先手への切り替えは仕方ないかな。山賀君が番手から出ていれば展開は違った? それより自分で外に踏めない方が問題ですよ。
星島 太
雨が急に降ってきてゴーグルもしていなかった。それで何も見えない感じだった。
田中晴基
主導権にはこだわろうと思っていた。鈴木君にも吉本さんにも捲られていない。ただ菊地さんが番手捲りでは仕方ないですね。

8R


堤  洋
原田君は頑張ってくれたけどね。
飯野君に対するブロックも遅れてしまった。
展開は良かったし自分の責任。
山田裕仁
最後の直線はセンスがないな(苦笑)。
もっとシビアに突っ込めれば2着はあった。
あとは最終バックでも全部内が空いているのが見えているのに。
飯野祐太
何とか原田君を捲ったけど最後は一杯でした。
勝瀬卓也
捲ってくれた飯野君のおかげ。でも気持ちに余裕がないから残す事が出来なった。脚は仕上がっているけど、その辺りが課題ですね。
牛山貴広
雨が苦手? そんな事はないけどきつかった。岡田さんと人気になっていたのに申し訳ない。
武井大介
飯野君からは前から攻めたいと言われていた。作戦的にはそれだけでした。捲ってくれ展開に恵まれた。
原田研太朗
ダッシュ戦が決まったと言うより飯野さんに出させてもらっただけ。いつも堤さんには迷惑をかけているし、まだまだ弱いですね。
稲村好将
9番手でしたが前が世話になっている牛山君と征陽君では仕方ないですね。

9R


小埜正義
川村さんが1車なのは分かったけど後ろが海老根さんだし出させるつもりはなかった。
かなりスイッチも入ったので。
俺がバック戦を取れれば、海老根さんも楽だったと思う。
加藤慎平
怪我は大丈夫です。
山崎芳仁
無理矢理踏んで加速する展開になれば面白かったけど。
芦澤君と位置取りをやっても仕方ないからね。
海老根恵太
小埜君が頑張ってくれたのに、それを活かす事が出来なかった。自分で行こうとした時に芦澤君も来てしまった。
芦澤大輔
最低でも3番手と思っていたし、道中の反応も良かった。山崎さんが引いたので、かなり後ろにいるなと。それで先捲りを決める事が出来た。
中村 淳
芦澤君が良いレースをしてくれた。俺も離れなかったし良くなっている。
川村晃司
怪我明けだし気持ちでカバーしているけど、まだまだです。
金子真也
幸い怪我は大丈夫。にのさん(二宮歩美)は俺が高松宮記念杯で優勝したのを知らなかったの? 始末書だな(笑)。
佐藤慎太郎
危ない仕事だと改めて実感したけど怪我は大丈夫。

10R


南 修二
気合が入り過ぎても駄目だし、逆に気が抜けても失敗する。
今日は良い緊張感の中で走れた。
藤木君が強くて、ただ付いて行くだけだった。
神山雄一郎
中川君がカマシを打ってスピードが上がった。
それで武田君も仕掛けづらかったと思う。
でも彼が頑張ってくれたから最後、自分のコースが出来た。
小倉竜二
選んだ位置は良かった。
藤木君も南君も強いからね。
一回出られて、また行ってしまう藤木君の勢いと強さは本物。
俺は弱いな。
でもオールスターのファン投票もあるし、ニヒルに走りますよ(笑)。
合志正臣
誠一郎が頑張ってくれたけどね。落車したけど体は大丈夫。
中川誠一郎
中団が取れれば良かったけど、勝負どころで内に差してしまった。普段やりなれていないレースだけど力は出し切れた。あれで残れれば良かったですけどね(笑)。
藤木 裕
ジャンでビジョンを見て確認していたから来ても2車だと思った。そこで良い位置を取れたのが勝因です。決勝は喜びたい(笑顔)。
吉村和之
この舞台で走れて良い勉強になりました。
武田豊樹
藤木君が強かった。素直におめでとうと言いたい。俺はもう一回出直しです。

11R


成田和也
今の新田君は強いし仕上がっている。
深谷君を軽く捲ってしまったし本当に強いね。
とにかくワンツーが決まり良かった。
飯嶋則之
自分としては雨は味方になると思っていた。
ただ付け切れなかったし力負けです。
脚の差が出た。
村上博幸
ワッキーも頑張ってくれたけど、ちょっと焦りすぎの部分もあったかな。
自分に足りない部分も見えたし、もっと練習します。
稲川 翔
番手を回ったけど完全に責任を果たせるレースとは言えなかった。現状の力で特別競輪の決勝に乗る力はなかったけど、これも脇本や博幸さんのおかげです。
新田祐大
脇本君や深谷君が相手だし見ているファンに喜んでもらえるレースをやろうと。自分の後ろも成田さんで心強かった。有意義なレースが出来たし調子も凄く上がっている。
深谷知広
雨で前輪に力が伝わらない感じだった。師匠の金子さんと一緒に決勝に乗りたかったけど残念です。前も全開で踏んでいるし、以前の僕なら出っ切れていなかったかも。その意味では一歩前進です。課題も見つかったし、次はそこを修正します。
金子貴志
深谷君も良い感じで行ってくれたけどね。新田君のスピードが良かったし仕方ないですね。ワンテンポ来るのが遅ければ対処できていたかも。
脇本雄太
鐘の3角で深谷君が見えたけど、雨で後輪が滑り併せ切れなかった。あとは、気持ちの面で焦りもあったかな。前半のタイムも良かったけど、それ以上に深谷君と新田さんのタイムも抜群だった。e-shinbunの宣伝が出来ずすみません。

12R


佐藤友和
単騎のレースだし気楽に走れた。
それが良かったのかも。
一番後ろから届いたし脚は仕上がっている。
出来は見ての通りです。
平原康多
理想通りの組み立てが出来たけど根田君を捲れなかった。
これが実力だと思い頑張るしかない。
根田君も掛かっていた。
三宅達也
あの位置から友和君は来るんだ。
みんな強いな。
自分は、ちょっと絡まれてしまったので。
大塚健一郎
根田君も良いレースをやってくれた。いつも頑張ってくれる荒井君が決勝に乗ってくれ良かった。
荒井崇博
何年ぶりだろう? いつ以来の特別競輪の決勝か覚えていない。ラインも違うのに行ってくれた根田君のおかげ。後ろも大塚さんが固めてくれたので。
根田空史
このメンバー相手だし力勝負をやりたかった。それでギヤを4・33迄あげた。ゴール前勝負出来たので、その点は満足です。
稲垣裕之
力不足でした。村上さんに迷惑をかけて申し訳ない。
伏見俊昭
調整が上手くいったので、その脚がレースに出た。友和君とも、もちろん、しこりはないしわだかまりもない。ここは相性が本当に良いな。

ページトップへ

二日目・勝因敗因



1R


園田 匠
松川君なら行ってくれると思ったし仕方ないですね。9番手では届かないですね。
渡邉晴智
あの展開なら2着には入りたかったな。
今の状態では抜くのは無理だし、良く凌げた方かな。
何とか最終日まで強制送還されず走れるならば。
俺は東京勢のあの作戦は頭になかった。
やっぱり後閑さんだから行ったんだろうね。
渡部哲男
誰かが行った上を捲ろうと。先に捲る脚が今はないからね。スピードを借りてからだと思った。
朝倉佳弘
後ろが尊敬していて世話になっている後閑さん。もっと僕に力があれば結果は違ったはず。
先行はしたけど役に立たなかった。
松川高大
8番手では駄目ですね。気持ちで負けていた。あとは園田さんに迷惑もかけた。
望月裕一郎
踏むコースがなかったですね。コース取りも悪くなかったと思う。あとは強引に外をどかすぐらいかな。
堤  洋
スタートを取るのが僕の仕事だった。そう哲男君から言われていたから。
あの展開なら伸びた方だと思いますよ。
後閑信一
番手捲りを打ったけど飲まれてしまった。でも朝倉君の気持ちが伝わってきた。
俺は、そう言う事を大切にしているので。
小埜正義
一旦、切ってそれから考えようと。だから朝倉さんのカマシも想定内。
後閑さんの番手捲りの上を捲った感じですね。肉弾戦でしたか?確かに後閑さんと僕なら、そう見られますね。

2R


伊藤健詞
怪我の影響はないですよ。
今日は先手ライン、先手ラインと思っていた。
でも、外のスピードが違いすぎた。
佐藤慎太郎
当ててみましょうか?
あの謙太郎の捲りは10秒5か6だよ。
だいたい体感スピードで分かる。
俺だから付いていけたけど、他の選手なら千切れていたな。
阿竹智史
組み立ても良かったけど、それ以上に鈴木君が強かったね。
あの上を捲られてしまっては。4着ぐらいですか。
山田敦也
初日も前の新田君と菊地さんでワンツー。今日も謙太郎君と慎太郎さんでワンツー。
それなのに付いて行けず自分の責任です。
有賀高士
阿竹君の番手もあるし岩本君の3番手も回った事もあった。ただ、今日はバック数で岩本君ラインに乗った。
実際のレースでも先行してくれたでしょ。
初日? 吉田君のスピードが90キロぐらい出ていたので離れてしまった。
石毛克幸
全然、捲りのスピードが違った。岩本君も出て来た時は凄く強かったけどね。
それ以上に回りが強くなっていると言う事。岩本君が弱くなったわけではないよ。
俺は最近、S級シリーズでも下の方を走っているから(笑)。
鈴木謙太郎
セッティングをいじったら感じ良くなった。岸和田は1着か失格か9着がパターンだった(笑)。
上がりタイムが10秒6? これならバンクレコードですかね。
岩本俊介
掛かり切らないし、これが今の実力です。せっかく石川勢も乗ってくれたのに。
小川圭二
上手く阿竹君のスピードを借りられたので。それで3着に突っ込む事が出来た。

3R


東口善朋
上手く流れを作れなかった。
せっかく山内さんが付けてくれたのに申し訳ない。
田中晴基
あのタイミングのカマシがベストだと思っていた。
西川さん含めラインの3人で決まり良かった。
勝瀬さんとも初めてのワンツーだし嬉しい。
岡部芳幸
チャンスのない展開だった。
佐藤君の頑張りに期待していたし仕方ない。
西川親幸
野田君もいたけど南関勢に付けたのが良かった。もう最終バックで脚がキーンとなり千切れそうだった。
何とか3着に続いていけた感じ。
内藤宣彦
佐藤君と田中君の力の差が出たね。あそこで叩かれてしまっては対処出来ない。
佐藤和也
初めての特別競輪。力の差を実感した。中団をもつれさそようと思ったけど田中君のスピードが全然違った。
勝瀬卓也
野田君や東口君の捲り追込にも警戒していた。それで車間を切って様子をうかがっていた。
田中君の仕掛けもバッチリだったし僕の調子もかなり良いですよ。
山内卓也
東口君に期待のレース。次は俺が前を回ろうかな(笑)。
野田源一
単騎のレースは難しいし競走になっていなかった。
内に閉じ込められ東口君と5、6番手併走で田中君に行かれては。
内・内に行けば着が少し違ったかもしれないが、自力とコメントしたので、どこかで自力を出そうと。

4R


山下 渡
今日は自分で前々と攻めようと思っていたけど良い位置を取れなかった。
佐々木則幸
室井竜二さんが、よく言っている気持ちが分かる。
初日は前に千切れた。今日は前を抜けなかったから(笑)。
ああ言う展開で抜けないケースはほとんどないから。

新田康仁
原田君が来れば番手と思っていたし、来ないから先行した。
でも、きついレースだった。
鈴木 誠
新田君は競輪を知っているから、その意味では安心感があった。
でも実質的に原田君の先行1車だし組み立てが難しかったと思うよ。
俺は志村君と併走になったけどヘッドパンチで対処した(笑)。
稲村成浩
志村君は、あのレースで良いと思うよ。
まだハロンを駆けても良いタイムを出すし人の後ろを回る選手ではない。
俺も脚質を変える時に、そんな経験をしているから。
加藤圭一
道中、絡んだりして脚をためられなかった。新田さんが前々と攻めてくれたけど仕方ないですね。
原田研太朗
勝つには勝ったけど自分でレースを作っていない。
ジャンで行かない自分の消極的な悪い癖が出てしまった。結果的にラインでワンツースリーが決まっただけ。
志村太賀
前々に攻めたけど危ないな。
誠さんにはヘッドパンチは食らうし、加藤さんだったと思うが肘を引っ掛けられる。
みんな競輪が何か分かっている。
三宅 伸
ラインで決まり良かった。あとは、今年未勝利なのが。

5R


山賀雅仁
俺は自分しか届くレースをやらないのに、
桐山君はあんなに行ってくれ有り難いね。
8番手からの捲り追込で良いと思っていたけど、
俺と違い彼なら最低でも中団を取るか。
いつでも、今日ぐらい番手の仕事が出来れば良いけどヨコは甘いからな。

宗景祐樹
結果だけを見れば2着。
ただ要所、要所で離れている。池田君は行けなくても、何度も行こうとしていたからね。
友定祐己
大きいギアを踏めないのに、ギヤを上げたのが失敗かな。
馬場 勇
もっと躊躇なく突っ込めたら良かったけどね。
最後の直線は最内に行ってしまったけど山賀君と桐山君の間でしたね。
小岩大介
馬場さんは前々と踏んでくれたけど、2センターから宗景さんと同じコースになってしまったから。
それで伸び切れなかった。
桐山敬太郎
初日に続き今日も先行と決めていた。まあ、山賀さんにも逃げますと言ってあったので。
僕の場合は先行して調子を戻すタイプなので。
兵藤一也
6着か…。初日も今日も3番手だから。番手なら前が不発でも対処の仕方が違うけど3番手では遠すぎるな。
池田勇人
連日、同じ負け方をしている。苦しいわけでもないけど、前に出られない。
弱いのもあるけど目に見えない疲れもあるのかな。

6R


飯野祐太
今の根田君に先行されたら捲れない。
後ろも飯嶋さんだし、それで先行しました。
力は出し切れたけど。
吉村和之
富生さんに「行けっ!」と言われ反応した。
あれがなければ見て終わっていたと思う。
久々の特別競輪だけど見せ場は作れていると思う。
根田空史
師匠の中村さんと勝ち上がれなかったのは残念。今日は諦めないと言う大事さが分かった。
いつもは、あそこで諦めて飛んでいるところ。今は持ってこられても耐える練習もやっているので。
準決はチャレンジャーだし先行しますよ。
飯嶋則之
調子は良くないけど先行してくれた飯野君と後ろで締めてくれていた中村さんのおかげ。
調整ミスだけど気持ちで何とか。
中村 淳
飯嶋君が外に持っていくたびに風を受ける。それで一杯でした。
展開は良かったし、脚もかなり戻っています。
武井大介
もうワンテンポ早く行っていれば根田君は楽に前に出ていたと思うよ。
山口富生
吉田君が内に詰まっていたからね。それで吉村君には、捲れ!と言った。俺は怪我をしたけど大丈夫です。

7R


吉本卓仁
今回は復帰戦でチャレンジャーの立場。
他に作戦も思いつかなかったので先行した。現状はこんなもんだし、次の地元久留米記念を楽しみにしています。
志智俊夫
弱い。そして世話になっている山田さんにも申し訳ない。
金子君のスピードが超抜だったけど、あれは付いていかないと。

諸橋 愛
番手の圭尚が離れるんだから、3番手の俺はもっときつい。腰が砕けるぐらいのダッシュだった。
金子貴志
吉本君が行く気満々だったし自分のタイミングで仕掛けようと。
一成君はどこから来たの? 彼が来る前に行こうと思っていたし脚はかなり仕上がっていると思う。
香川雄介
吉本君が掛かっていたけど、金子君の勢いが違った。大塚君もあれで良く志智さんを止めたね。
俺もちょっと一成君と接触した気がするけど、あれはセーフでしょ。
菊地圭尚
あのダッシュに付いて行くには俺もナショナルチームに入らないと。
それには、かなりのダイエットが必要だね。新田君にしても一成君にしても凄いスーパーダッシュ。
山田裕仁
志智君も付いていけなかったし仕方ない。
大塚健一郎
吉本君の頑張りに尽きる。俺は必死に止めに行ったけど気持ちの余裕がなかった。
もう少し上手くやれば吉本君を残せたかも。

8R


藤木 裕
叩いてから考えようと。
ただ、あんなに北津留さんが踏むのは分からなかった。
川村さんに「入れ!」と言われ3番手に入った。
後ろがどうなっていたかも分からないし、平原さんの追い上げも想定外だった。
調子は分からないけど、初日があんなレースになったので今日は1着にこだわろうと。
平原康多
体はあまり動いていない。落車の影響があるし考えて走ろうと。
ただ色々とシミュレーションをしたけど、全くその通りにならなかった。
高松宮記念杯は優勝しているし相性は良いですね。
海老根恵太
位置取りも悪いしスピードも出ていない。弱いだけです。
望月永悟
海老根君に任せていたので。自分では何もやれないので。
川村晃司
骨折明けで万全な状態ではない。それでも気持ちでカバーしている。
自分は駄目だったけど最低限の仕事は出来たと思う。藤木君が勝ち上がってくれ良かった。
柴崎俊光
まだまだですね。このメンバーではきつかった。
北津留翼
とにかく小野さんの作戦通りに走ろうと。後ろは全く分からなかった。
神山雄一郎
平原君を入れるので脚を使った。まだ1角だし、あそこは当然の判断。
自分の仕事は出来ているし悪くはない。

9R


稲村好将
いつも矢口君には世話になっているし仕方ないですね。
稲垣裕之
全て水谷君のおかげ。良い感じで行ってくれたけど止まる様なスピードではなかった。
小倉竜二
完全に離れていたし、あれは自力やね(笑)。
やっぱり誠一郎の一歩目は世界のダッシュだね。
チームe-SHINBUNでワンツーが決まり良かった(笑)。これなら社長も喜んでいるでしょう(笑顔)。
加藤慎平
岸和田はダービーで準優勝。全日本選抜でも優勝し、その年のグランプリを取った。
それも過去の栄光だし、今は目の前のレースに集中している。
ちょっと気分が良いのは来る直前ぐらいですよ(笑)。
矢口啓一郎
長塚さんと絡んで落ちなくて良かった?そうですね。
水谷好宏
もうちょっと自分も持てば良いですけどね。
中川さんには凄い勢いで捲られたけど稲垣さんが勝ち上がってくれ良かった。
中川誠一郎
上がりタイムが10秒6ですか。どうあれ僕向きの展開になりましたね。
もっともっとe-SHINBUNをPRしなくてはいけないので頑張りますよ。
牛山貴広
後ろの長塚さんは失格ですか…。僕が前に出られなかったので。

10R


齋藤登志信
新田君の判断に任せていた。
ちょっと厳しい展開だったし仕方ない。
芦澤大輔
新田君の突っ張りも考えていたけど引いたので菅原さんのペースになるかと。
だいたい考えていた通りの展開になったが、
意外と4番手に入るのに脚を使っていたかも。
自分でバックで捲ろうと思ったら、荒井さんが番手から出たので直線勝負に賭けた。でも最後は一杯で伸びなかった。
菅原 晃
力は出し切れたし後ろの2人が勝ち上がってくれ良かった。
荒井崇博
菅原君の気持ちに応えるには、僕と合志さんで勝ち上がらないと。それで番手から出て勝ちに徹した。
山崎芳仁
前が遠すぎた(苦笑)。僕もシッカリ付いていけたし良しとします。
木暮安由
これが今の力ですね。車間も空き過ぎた。
合志正臣
久々の1着だし嬉しい。前を抜ける感覚はあったけど、内、外と気になった。
余裕はなかったけど前2人のおかげです。
金子真也
木暮君もまだ病み上がりだからね。今日は仕方ない。
新田祐大
行くべき処で行けなかった。それで山崎さんと登志信さんに迷惑をかけた。
自分だけ届いたし内容は良くない。

11R


脇本雄太
逃げ切って11秒2なら悪くはないですね。
バンクの熱気にはやられてしまいますが。粘られたら鐘の4角で踏んで外の稲川さんが勝ちやすいようにしようと思っていた。
三谷さんの失格は残念だけど稲川さんと決まり良かった。
三宅達也
ワッキーが来たらタイミングが合ったところで勝負しようと思ったが、踏み遅れてしまった。
落車があって後ろに誰が入ったかは分からなかった。
もし仕掛けたら、不発でしゃくられそうだし大事を取り付いたままだった。
岡田征陽
自分のレースが出来なかった。仕方ないです。
齊藤 努
征陽が追い上げようとしたところで「落ち着け!」と言ってしまった。全部、俺の責任です。
稲川 翔
誰かが競りに来ると心構えをしていた。逆に言えば、俺がやっている事だから。
競られた時に何度も失敗しているので、今日は冷静に対処しようと思っていた。
三谷将太
失格か…。厳しいな。また一から出直しです。
神山拓弥
怪我は大丈夫。残り2日間も走ります。
星島 太
このメンバーで外は無理。内ばかり狙っていたけど達也が仕掛けてくれなかった。
あとは駆けているのが脇本だし無理だった。
岩津裕介
大きな怪我ではないが大事を取って帰ります。

12R


村上義弘
準決は勝ち上がれるように頑張りたい…。
気持ちを切り替えて明日は稲垣に任せる。
武田豊樹
結果が出ていないし問題あり(笑顔でジョーク)。
まるで入っていないわけではないけど、
もう一回気持ちを入れ直さないと。
準決はギヤを一枚上げて走りたい。
深谷知広
内容自体は悪くないと思う。セッティングをいじり初日より良くなっている。ただ最後は一杯でした。
伏見俊昭
今日は割り切って武田さんに付けた。準決も友和君と話し別でやる事になった。精一杯走るだけ。
佐藤友和
ちょっと被ってなかなか抜け出せなかったけど、踏み込んでからは良い伸びだった。
脚はかなり仕上がっていると思う。
村上博幸
準決? 3番手と言った以上は3番手のレースをやり脇本―稲川の後ろへ。
この並びで福井の共同通信社杯で神山拓也君に競られて失敗している。
浅井康太
深谷君のおかげ。ピンピンで勝ち上がったけど、最近は特別競輪の準決で失敗しているので。
出来ですか? 2日間、深谷の後ろだったし、
自力のレースでは勝てるかどうか分からないぐらいと書いておいて下さい(笑)。
南 修二
気持ちも入っているし問題ないと思う。地元だしキッチリ準決は突破したい。悪い感じも全くない。
成田和也
思ったより今日は出なかった。出来る範囲で修正したい。



ページトップへ

初日・勝因敗因



1R


菅原 晃
今回は練習の感じも良かったので。
それでも、最終ホームで中団に入るのに脚を使ってしまった。
金子さんが掛かっていたし強かったですね。
野田源一
最低でも中団と思っていたのに、菅原君に割り込まれてしまった。あそこが勝負どころなのに自分のミスですね。
脚も重いし周りも強い。
加藤慎平
金子さんが強かったし番手を吉村さんも譲ってくれたからね。先輩2人のおかげです。
特別競輪の予選で勝ち上がれたのは大きいし気分的にも楽になりました。
最後は小野さんの中割りに気をつけた。
友定祐己
8番手が失敗。2角で行く勇気もなかった。あれなら一旦、切った方が良かったかも。
三宅さんに悪い事をした。作戦は出たとこ勝負だった。
小野俊之
5着でもオッケーだったので、2センターで無理に内に入らなかった。菅原君の事を考えたからね。
今回の為に脚を作ってきたので全く不安はない。
小川圭二
展開的にノーチャンスだった。
吉村和之
3番手で内だけを締めていた。本当なら3着に入りたかったけど4着でも勝ち上がれるので。
三宅 伸
一旦、友定君も切った方が良かったね。それで中団を確保して。9番手だし、どうにもならなかった
友定君とも相性は良くないから。
金子貴志
最終ホームで踏み込んでおかないと掛からなくなる。重く苦しいけど、あそこが踏み切れたのが勝因。
今回は、しらびそ高原に合宿に行ったりとキッチリ仕上げてきた。
一緒に合宿をやった深谷は藤木があとに控えているので緊張もした。

2R


金子真也
13年前に僕が宮杯を優勝している事を知らない女性キャスターがいるんですか? それはビックリですね(笑)それでも今回は7年ぶりの宮杯ですけどね。矢口君も最初は捲りに構えると言っていたけど、レース直前に逃げると言ってくれた。群馬3人で決まり良かった。
池田勇人
車番的に後ろ攻めは仕方ない。ジャンで叩くか叩かないが微妙な感じだった。
力を出し切るなら行った方が良かったですね。
小埜正義
引くに引けなくなってしまい後ろの2人に申し訳ない。何の為に来たのか分かりませんよ(苦笑)。
矢口啓一郎
練習は出来ているんで1周ぐらいなら駆けても良いと思っていた。
外に池田君が見えたけど、併せるダッシュはありますからね。長い距離を踏んでの3着なら満足ですよ。
齋藤 努
中団に池田君を迎え入れようと思ったけどね。そこの呼吸が上手く合わなかった。
加藤圭一
9番手だし、どうにもならなかった。特別競輪の勝ち上がりだし小埜君も大事に行ったのでしょう。
稲村好将
こんな大レースで群馬3人で決められる事なんて滅多にない。凄く嬉しいですね。
それも勇気を持って先行してくれた矢口君のおかげです。
朝倉佳弘
今の調子では6着で一杯ですね。負け戦でも特別競輪ですから勝てる様に頑張りたい。
勝瀬卓也
調子が良いんで最終1センターでも小埜君を入れようとバックを踏んだ。それが失敗です。
でも、やる事をやっての8着ですから。

3R


桑原大志
吉田君のタイミングをずらそうと僕も車間を切ったけど。もう少しラインの仕事に貢献出来ると良かったですね。
原田君は、これからに繋がる走りをやったと思う。
吉田敏洋
捲って1着だけど最終バックを取っているかが気になる。
西川さんの切り替えも想定内だし、北津留君の先行もないと思っていた。
考えた通りのレース内容だし、脚の感じも抜群です。
原田研太朗
落ち着いて先行出来たけど、特別競輪は周りがみんな強い。
吉田さんに簡単に捲られてしまったし、もっと地脚の強化をはからないと。
負けはしたけど小倉さんが勝ち上がってくれ良かった。
馬場 勇
あそこで北津留君も引いては僕らにチャンスがないよね。ジャンで、もう1回行ってくれるかと思ったけど。
小倉竜二
今日の原田君はメリハリがなかった。ジャンから一定のペースで駆けていたからね。
本当は志智さんをどかせれば良かったけど。
北津留翼
突っ張れず引いてしまい自分だけが届くレースになってしまった。
車の出は良いけど、相変わらずレースの組み立てが上手くない。
有賀高士
きちんと付いて行ければ3着だった。脚がなかった。
西川親幸
あの切り替えは仕方ないよ。9番手になり北津留君のカマシには付いていけないから。
それで少しでも前々と思った。
志智俊夫
前にいるのが小倉君だから、ただでは通れないと思った(笑)。
自分も吉田君に遅れ気味だし、丁度小倉君と合ってしまった。
でも前の勢いが良かったから牽制をしのげた。

4R


芦澤大輔
朝のアップの時は少し重かったけど。
逃げるのは根田君だと思っていたし基本は中団だった。
後閑さんとの位置取りもあると思っていたし、
山賀君を飛ばしたのはたまたま。
4角から突き抜けると思ったけど、
まだスピードが足りない。
あとは前検日に言った有言実行で、
1着を取りスポンサー契約した赤坂のスポーツジム(NEXT)の良い宣伝になったかもしれませんね(笑顔)。
鈴木謙太郎
思ったより良かったですね。結果的に9着で叩けなかったけど、行ける感覚はありましたから。
中村浩士
弟子の根田君が本当に強かった。俺は休めるところがなく一杯だったし、横にいる鈴木君が気になった。
ワンツーではなかったけど2人で勝ち上がれて良かった。
山賀雅仁
初めての3番手だったけど難しかったですね。やっぱり俺のところが狙われましたね。
山下 渡
脚がなかったし特別競輪では通用しないと言う事。芦澤さんが1着なのに残念です。
後閑信一
練習なら、あれぐらい軽く捲ってしまうんだけどな(笑)。
齋藤登志信
鈴木君のダッシュには千切れた。でも4角からは伸びた。だから悪くないと思うよ(笑)。
志村太賀
後閑さんに任せていたし仕方ないです。鈴木君はあのスピードでも出れなかったんですか。
やっぱ、先行選手はみんな強いな。
根田空史
今日は絶対、鈴木さんを出させるつもりはなかった。だから踏みっぱなし(笑)。
芦澤さんには強襲されたが、良いレースが出来たと思う。

5R


山田裕仁
柴崎君が良い競走をやってくれた。
調子が悪い中でも、前々の競走をやってくれたからね。
今回は楽しみだと思っていたし、戦える状態だと思う。
川村晃司
静岡の落車で横突起骨折。
感触は分からないけど体調は問題ない。
まさか、ふたをされるとは思っていなかった。
前で駆けているのが吉本君だったので。全然駄目だと言うわけでもないので、良い走りをやっていきたい。
吉本卓仁
良い緊張感の中で走れた。今日はスンナリ駆けさせてもらったので参考外かな。
次も地元久留米記念なので気持ちを入れた走りをやっていく。
渡部哲男
たまたま良い位置にいれたので。でも1着を取れないのが現状の脚ですね。感触が良かったのは唯一の救い。
園田 匠
吉本君が完璧に注文通りのレースだった。でも、俺が欲をかきすぎた。
最後も三谷君とハウスしてバランスを崩して終わった。
柴崎俊光
今の状態で一次予選をクリア出来たのはラッキー。
朝から中部の勢いが良かったのと、後ろが山田さんだった責任感からかな。
鐘の4角からでは無理だと思っていたけど体が勝手に反応した。
東口善朋
あの展開でも勝ち上がらないと。この辺りが、僕の甘さだね。すみませんでした。
三谷将太
最近の中では良い方だけど、良い時に比べたらまだまだ。
それでも川村さんなら仕掛けてくれると思ったので5着以内には入れると思っていた。
佐々木則幸
前回の豊橋からガツンと踏む感覚がない。
今回も予備だし繰り上がっての参加だから、練習不足だったかも。
自力で勝てる状態ではないので、展開の助けが必要ですね。

6R


佐藤慎太郎
桐山君の逃げなら神山君もきつくないからね。
あれなら一成君も引いた方が良かったな。
でも彼は1着だし、俺は何も言えないな(笑)。
望月永悟
みんな強いな。俺が1着を取れる展開だったのに。
あとは俺に車間を切れる余裕があれば、
桐山君も石毛君ももっと良い着順だったと思う。
宗景祐樹
神山君は神山君らしい走りをやってくれた。チャンスはあったし自分の脚がなかっただけ。
桐山敬太郎
前回とセッティングを大きく換えた。それで走りも全然違った。
病み上がりでは、こんなもんじゃないかな。
先行の展開になったので先行しただけですよ。
諸橋 愛
余裕があった。僕の中では3着に届くイメージだった。少しずつだが上向いていると思う。
石毛克幸
何で内を締めていないんだ!とコンドルの社長に怒られた(苦笑)。それが3番手の仕事ですからね。
渡邉一成
全プロの時と言い、今回も不甲斐ないレースばかり。ファンや後ろの先輩にも悪い事をしてしまった。
カミタクが仕掛けてくれれば外を踏めたけど行かなかったので。
内が空いていたのが見えたので、一か八か突っ込んだ。
岡部芳幸
一成君は一成君の判断があったからね。踏むコースが全くなかった。
仕方ないし、残りの競走を頑張る。
神山拓弥
勝ちにこだわるレース内容だった。あそこまで外競りにこだわる気持ちはなかったが…。
とにかく勝ち上がれたので深く考えない事にする。

7R


稲垣裕之
思ったより併走で脚を使っていたのかも。
それで車が出なかった。でも二次予選は修正出来る範囲。
後ろの前田さんが失格になったのは残念です。
中川誠一郎
繰り上がって5着。ツキがあるし勝ち上がれる。
でも松岡君が落車してしまったのが…。
あとはオールスターのファン投票で、
少しでも多くの人が僕に投票してくれるように頑張りたい。
三宅達也
中団がもつれていたし先行した。あくまでも流れですよ。でもラインの3人で勝ち上がれたのが何より。
あとは、そろそろ1着が欲しいな。
香川雄介
三宅君は前々に攻めると言っていただけ。それが彼の競走だからね。
仮に捲りでも早めに行ってくれるから有り難い選手。今日は先手の3番手で恵まれた。
岩津裕介
三宅さんが全部やってくれた。仕事らしい仕事もやらずにすんだ。
今日は中団がもつれる同じ様なレース形態ばかりですね。
前田拓也
失格ですか? 残念です…。
小岩大介
今日は、しおスポライン。仲は本当に良いんですけどね。

8R


新田康仁
今日は組み立ての失敗ですね。
晴智にも悪い事をしてしまった。
牛山貴広
細切れ戦だし、行くべきところで行こうと。
カマシのタイミングが出来たし
後ろも神山さんですからね。
内藤宣彦
5着ですか。結果待ちですね。
待つ身は辛いですよ(笑)。今日は飯野君に任せていたけど牛山君の巻き返しが早かった。
鈴木 誠
岩本君と8、9着ですか。残りのレース頑張ります。
神山雄一郎
脚も体調も問題ない。今日は牛山君が強かったし何もやらなかったけどね。
中村 淳
やったあ! これで悪い流れから脱出出来れば良いね。今日は番組と前の2人のおかげ(笑)。
こんな良い3番手はないですからね。
飯野祐太
前に出てペースで駆けようと。そうしたら、すぐに牛山さんが来て。勝ち上がったけど内容はゼロです。
岩本俊介
見ての通りですよ。自分が弱いだけ。
渡邉晴智
いつも新田君は頑張ってくれるから全く気にしていない。
タイトルを取れたのも彼のおかげだし男にもしてもらった。

9R


水谷好宏
組み立ては人任せの感じになってしまった。
ただ、仮に外併走になったとしても、
こだわるつもりだった。
タイミングを取れずに行ったけど感触自体は悪くなかった。
堤  洋
阿竹君が叩くか中団にこだわるかは彼の判断だった。
一旦、切った方が面白かったかもね。
荒井崇博
あそこまで松川君が行ってくれるなら、何としても勝ち上がらなければいけないと思った。
阿竹智史
俺が切ってしまうと水谷君のカマシ頃になってしまうでしょ。
メンバー的に俺が1番弱いから何とかしたかったけど。明日からは一旦は前に出たいですね。
山口富生
ホームで踏んだりやめたりがありきつくなってしまった。
最後は伸びなかったけど5着に入り勝ち上がれて良かった。
山内卓也
前の2人が頑張っているし内をしゃくれなかった。練習はやっているのに、なかなか戻らない。
稲川 翔
落ち着こうと思っていたけど、やっぱり地元の特別競輪で緊張したままだった。
水谷さんも頑張っているのに、自分に無駄な動きが多く離れてしまった。
今日はたまたまの部分もあるし修正したい。一走したので、明日以降は落ち着いて走れると思う。
星島 太
腰の痛みはあるけど集中力があるので大丈夫。1列棒状ではなかったし何とか突っ込めるかなと思っていた。
あの展開で4着ならやった方です。
松川高大
2周先行してスピード良く捲られていない。踏む距離が長かっただけで、そこを修正すれば何とかなるレベル。

10R


稲村成浩
前が木暮君で後ろが兵藤君。
仲の良い3人でもあるし、
このラインで決まらなかったのなら仕方ないね。
あとは、山田君とも絡んでいたので。
海老根恵太
新田君のスピードが良すぎた。
それで何の対処も出来なかった。展開が良く勝ち上がれただけです。
新田祐大
田中君の気合いが入っているのは分かっていたし油断しないで仕掛けようと。
自分の力を出し切る事は出来たけど、本当ならライン3人で決めたかった。
兵藤一也
練習はやれるようになってきた。そうしたら、今度は流れが悪い。それも自分がまいた種だからね。
終わったと言われない様に頑張るだけです。
田中晴基
自分も200倍ぐらい良くなっている。そうしたら、新田君は500倍ぐらい良くなっていた(笑)。
完全に力負けです。
木暮安由
ただラッキーでした。まだ鎖骨に入っているピンも抜けていないし、それを抜くのも来月ぐらい。
現時点でやれる事を精一杯やりたい。
山田敦也
自分が弱い。付いて行ければ3着でしたから。
武井大介
田中君が良いレースをやってくれた。それに尽きますね。
菊地圭尚
新田君のダッシュは抜群。離れるかと思ったが気持ちで付いて行く事ができた。
でも、どんな仕掛けをやるか読めないしドキドキでした。

11R


村上義弘
良いとは言えないけど戦える状態。早めからレースが動いていたしバックでは脚が残っていなかった。
浅井康太
深谷君が凄いスピードでしたね。あとは僕が抜けるかどうかでした。あの捲りを抜いたし凄く今後の自信になる。
南 修二
近畿同士の戦いだし、やりづらかったし展開も読めなかった。
あの流れの中では、よくしのげた方だと思う。
気持ちは十分入っているし、逆に抜かなくてはいけないぐらい。
稲川も僕も熱くなるところがあるので、そう言うところを冷静にコントロールしたい。
村上博幸
自分で深谷君を止めにいったけど止め切れなかった。僕の脚自体は悪くない。
脇本雄太
自分でなにがやりたかったか分からない。
完全にガチンコだけど、あそこから藤木さんに突っ張られると苦しいね。
大塚健一郎
あれが今の実力。江戸で遊ぶ余裕なんてないし、豊後でローラーに乗っているだけ(笑)。
最後は中部勢の後ろを選んだけど、捲りに付いていけず千切れてしまった。
藤木 裕
今日は後ろが村上兄弟だし、気持ちの入ったレースをやろうと思っていた。
でも深谷君に捲られたし力不足です。
合志正臣
感じは悪くないし、前の様子も全然見られる。でも、さすがにあの位置からでは厳しかった。
南君が内に入った時に一緒に付いていっても5着が精一杯ぐらいの展開でした。
深谷知広
今日は新しいフレームを使ったが、まだセッティングが出ない。
車の出は悪くなかったけど、まだ出てからズレがある。
もっと楽に浅井さんと決まっても良い展開なのに簡単に捲る事が出来なかった。

12R


岡田征陽
作戦は平原君に全部任せていた。
落車を避けられたし良しとします。
山崎芳仁
力は出し切れたし、
後ろの2人が優秀レースに乗ってくれたので。
長塚智広
武田さんの動きに離れてしまった。何故だろう…。
伏見俊昭
平原君と接触するアクシデントはあったが最後まで踏めた。
明日の並びですか? 難しい判断だが武田さんに行かせてもらう。連係は何度かあります。
武田豊樹
色々と反省するレース内容だった。今日は先行しようと思ったけど、山崎君も踏んでいたからね。
さすがに2周は長いかなと。あとは内が空いたので中団まで行った。
アクシデントがあったけど捲るタイミングはあった。その外を友和君に行かれたのは悔しいね。
平原康多
落車したけど走れるので頑張ります。もちろん、状態は良くないですけど。
走る以上は1着を取るつもりでいます。
成田和也
山崎君が積極的に行ってくれ良い展開になった。
周回中から軽く感じたけど前も残さなくてはいけないので。それで最後は踏み遅れた。
今日は敵だったけど明日は友和君をキッチリ援護したい。
飯嶋則之
感触? あの展開では分からないけどあまり良くなかった。
佐藤友和
単騎だったけど1着を取れて良かった。
道中、アクシデントがあり車間が空いたけど、逆に詰める勢いで行く事ができた。
ハッキリ言って脚もレース勘も上がっています。



ページトップへ

決勝インタビュー




南 修二
地元戦だし最低でも決勝と思っていた。まだスタート位置に立っただけかもしれないが正直嬉しい。翔と話して藤木君の番手。もちろん優勝を意識して走りたい。
成田和也
体調も徐徐に良くなっている。準決が今回で一番の出来だった。あの新田君の快速捲りは抜けないですよ。自分の仕事をやり、その中で優勝出来れば良い。伏見さんに話して再度新田君。とにかく彼の調子が良いので楽しみ。
佐藤友和
単騎なので気楽に走れた。見ての通りで調子は良いと思う。後ろは神山さんですか。俺しか優勝する人間はいないと思うし頑張るだけ(笑)。レースの流れを作り、自分のタイミングで仕掛けたい。
神山雄一郎
友和の後ろが空いているなら喜んで。9番手から届くし本当に強いな。俺が付けば8番手からになるし楽に捲ってしまうのでは。そうすると千切れて俺が9番手に置かれる展開もあるな(笑)。今は10秒台のレースが当たり前になっているし、そんなレースでも対応する脚はある。
藤木 裕
e-shinbunファミリー入りしたし、結果を出せて良かった。捲りだったけど自分のレースは出来たし落ち着いて仕掛ける事が出来た。僕も含めて近畿から優勝者を出す仕掛けをやりたい。
荒井崇博
5年前の全日本選抜の決勝に乗ったのが最後だから、かなり久々のG1決勝。これも九州の先行選手や根田君のおかげですね。最初は近畿の後ろからと思ったけど単騎で切れ目から。一発狙う競走が出来れば良いですね。
伏見俊昭
岸和田はSSカップと全日本選抜で優勝している。だから相性は抜群のバンクですね。ここは福島の3番手を固める。友和君ともわだかまりはないし、しこりもないですよ。
稲川 翔
近畿の3番手が自然でしょう。その位置からチャンスを待ちたい。ビッグの決勝は初めてだし緊張しなければ良いですね。
新田祐大
深谷君と脇本君相手に魅せるレースが出来たと思う。そう言った点ではファンに喜んでもらえたかも。もちろん、ここも後ろが成田さんと伏見さんと言うのも心強い。まだG1は取っていないし、ここで勝てたら最高ですね。後ろにならない自力勝負です。

ページトップへ

初日・全選手インタビュー


1R


菅原 晃
全プロで結果が出たし、岸和田は良いイメージがあります。
平ナイターの追加の連絡を受けたけど、
今回に備えて練習していた。
後ろが小野さんなのは心強いし先行します。
野田源一
ちょっと直前に風を引いてしまった。
九州でもラインを組む事は少ないし大分勢とは別線ですね。
小川さんも任せてくれるみたいなので、中団を基本の自在戦。
加藤慎平
村上さんが先行してくれて4角で番手。絶好の展開だったけど武田さんに優勝されてしまった。
それが4年前のダービーだった。僕の方が点数ないのに吉村さんが前を任せてくれる。
有難いし、慎平も終わっていないところを見せたいね(笑)。金子さんの番手へ。
友定祐己
平ナイターを走ったから実質中2日ぐらい。疲れはあるけど気にしていない。
いつも通り自力自在の総力戦です。
小野俊之
やっぱり表参道の割烹「彩」は美味しいですね。イー新聞とスポンサー契約して良かったですよ。
今度は新宿の豚トンテジに行きたいですね。
直前は競輪学校で事故点のペナルティーの違反訓練があった。
それからはハードに練習をやった。菅原君の番手なら文句なしですよ。
小川圭二
野田君が空いているみたいだね。3番手なら番手の方がチャンスある。
こう言ったメンバーで彼とラインを組みワンツーはあったかどうか覚えていない。
吉村和之
慎平は僕にとって特別な存在ですよ。タイトルを取り一時代を築いた男ですから。
自分の方から3番手でも良いと言いました。4、5年ぶりの特別競輪だし楽しみたいですね。
三宅 伸
同県の友定君。相性はあまり良くないな。俺は半年以上、1着を取っていない。
それでも若い時に、1年ぐらい1着を取っていない事もあるよ。
4着権利だけど、最初から4着狙いだと不思議と取れない。だから、2着ぐらいに入れる気持ちで走りたい。
金子貴志
暖かくなり調子も良くなってきた。それが函館記念の初日特選のレースだった。
3着だったけど、かなりの手応えもあったから。不安と言えば疲れぐらいかな。
長野のしらびそ高原でハードに練習をやってきたから。
後ろの慎平と吉村君もシッカリしているので積極的なレースをやりたい。

2R


金子真也
太田君に乗って宮杯を優勝したのが13年前。
そして宮杯に乗れるのも7年ぶり。
今まで、ノブ(稲村好)の後ろを回った事はないな。
矢口君も頑張ると思うので3番手を固めていく。
池田勇人
静岡の初日特選では好タイムで逃げ切った。
それが準決では7番手不発。
これが競輪の難しいところだし安定して勝てないところ。それが出来るのは深谷ぐらいでしょう(笑)。
自分の力を出し切れるように自力勝負です。
小埜正義
先行を基本の組み立て。やはり大レースになると初日に失敗してしまう。
そこが課題だが小さなレースはやりたくない。池田君には静岡の初日特選でやられたばかり。
矢口啓一郎
この3人で並ぶのは初めてですね。新鮮で良いかも。
練習はきちんとやってきたので脚は仕上がっていると思う。7番手にならない自力勝負です。
斉藤 努
流れが悪い。でも、これも番組や展開でなく全て自分の責任。自分で悪い流れを引き寄せているんですよ。
今の池田君は本当に強いし離れない様にマークしたい。
加藤圭一
最悪な状態ですね。F1の予選でも勝てないんですから。この辺りで浮上のキッカケを掴みたいな。
勝瀬さんが番手で南関の3番手です。
稲村好将
矢口君は練習仲間。僕の調子も良くなっているんですかね。
今月下旬の前橋記念は出場できないけど、来月の前橋は入っている。
せっかくだから群馬の3人で連係したいですね。
朝倉佳弘
福井の共同通信社杯で落車してから良くないですね。それ以前も良くなったけど。
前の2人は強いし埼京ラインの3番手を固めていく。
勝瀬卓也
僕なりに調子は良いですね。小埜君の番手。積極的に駆ける選手だし心強い。キッチリ番手で仕事をしていく。

3R


桑原大志
最近は自分でも不思議ぐらい良く伸びていますね。
徳島コンビを追走して基本は3番手の仕事。
あとは、内に行くか外を踏むかは前の掛かりと展開次第。
吉田敏洋
宮杯は相性の良い大会。岸和田も成績は良い。
あとは、安定した力も発揮出来ていると思う。
勝てる様に自力勝負です。
原田研太朗
今回が初めての特別競輪。結果より内容を重視したいですね。
それも後ろが尊敬する小倉さんですから。もちろん、捲りでなく先行します。
馬場 勇
初めてのG1なので少し飲まれているかも。西川さんの了解を得て北津留君の番手へ。
西川さんに怒られないように頑張りたい。
小倉竜二
前回優勝したので気持ち良く走れる。小倉は競輪祭で優勝しているので相性が良い。
それで久々に優勝出来たのかも。原田君には何の注文も出さない。
いつも通り、俺が付いても自然体で走って欲しい。
北津留翼
僕は組み立てが下手だから走り方を教えてもらわないと。そこが1番の課題。
前回から自転車を換えたが特別何も変わっていない。先行か捲りで。
有賀高士
SSは別として、今はちょっと強いS級1班ぐらいかな(笑)。
マーク選手としては成田君ぐらいの脚が欲しいな。志智君も乗れているし中部の3番手です。
西川親幸
本当は翼君に行きたいよ。でも、そうしたら事件でしょ。馬場君と2人なら任せているからね。
だから3番手。意思を通すところは通して、引くところは引かないと。
志智俊夫
平塚はワッキーの番手で失格。ちょっと振ったら落車させてしまった。でも、腐らず練習をやってきた。
脚は問題ないし吉田君の番手へ。

4R


芦澤大輔
怪我は大丈夫だし、それより斡旋停止だった。
NEXTと言う赤坂にあるジムがスポンサー契約してくれた。
それは励みになりますね。
レース勘だけが問題で脚は大丈夫。自力を基本の組み立て。
鈴木謙太郎
落車が思ったより酷く復帰するまで長引いた。
脚のしびれも酷かったので。
走ってみないと分からないけど、登志信さんに迷惑をかけない様に走りたい。
中村浩士
山賀君が回りたいなら3番手でも良い。
でも根田君は僕の弟子だからね。練習メニューをきちんとこなしたし、やる事はやってきた。
先行、番手、3番手とそれぞれ役目を果たせれば。
山賀雅仁
僕が番手を回ったら競りになってどうにもならないでしょう。
競りが出来ないのは超有名ですから。何も考えずに千葉の3番手です。
山下 渡
先輩の芦澤さん。ダービーの時に先行してもらっている。
最近は大きなレースに乗れる様になり、少し場慣れしてきた。
後閑信一
状態は良くなっていると思う。練習で先行しても捲ってもタイムが出る様になっている。
流れを見ての自力自在戦です。
齋藤登志信
疲れがあったので体のケアに専念。まずは1本走ってからだね。鈴木君なら落車後でも、不安はない。
もちろん、好きに走ってもらうだけ。
志村太賀
自分が動くより後閑さんに任せた方が良い結果が出ると思う。
大レースだからと言って何も準備はしてこなかったし普通に走るだけ。
根田空史
スタイルを崩さず、コツコツやってきた成果。それも師匠の中村さんのおかげ。
もちろん、自分の実力も少しあるけど(笑)。
前回の連係では師匠と決める事が出来なかった。それをふまえて先行する。

5R


山田裕仁
メンバー的には、こんなもんじゃない。
実は少し真面目に練習をやってきたので楽しみ。
先行はないだろうが柴崎君に前を任せる。
川村晃司
酷い落ち方をしたし、腰の横突起を骨折してしまった。
それでも練習を始めたら、この三日間で急激に良くなってきた。
だから不安なく出走できる。
せっかく、チームイー新聞に加入出来たのだからアピールする競走をしたいですね。流れで先行か捲りで。
吉本卓仁
今回結果が出なくても、次の地元久留米記念で出れば良いぐらいの気持ちですよ。
だから精神的には楽ですね。だいたい、どんな展開になるかは分かるし自力で持ち味を発揮。
渡部哲男
セッティングは全然、煮詰まっていない。どれを試しても良くなく元に戻した。
同じ様なタイプの佐々木則さんと一緒ですね。10回ぐらい連係していて、ほとんど僕が前です。
前々から最低でも中団以内をキープしていく。
園田 匠
岸和田は相性が抜群。A級でもS級でも優勝しているから。それに全プロのケイリンでも優勝した。
前回にしても着順以上の手応えはあった。ここは同県の吉本君を信頼していく。
柴崎俊光
戦法的にやる事は限られている。それでも、後ろが山田さんだし責任重大ですね。
とにかく前へ前へ踏み込みたい。それが内か外かは流れ次第です。
東口善朋
川村さんの番手。自分なりの練習メニューで仕上げてきた。
ここは関空にも近いし、和歌山までも車で30分か40分ぐらい。当然、地元意識もありますよ。
課題も一杯あるけど、脚の感じは良いと思う。
三谷将太
東口さんと点数が4点も違う。それで番手を主張したら、単なる我がままでしょ(笑)。
直前はワッキーと一緒に練習もやってきた。昼間の練習がきつくて、夜一緒に遊ぶ余裕はなかった。
佐々木則幸
全プロから競走が続き、今回も一週間しか空いていなかった。それで準備が中途半端だったかも。
最近は自力にこだわりもない。だから哲男君に悩まず任せる。

6R


佐藤慎太郎
相手の機動型2人は自在選手。
もちろんイン粘りには気をつけていますよ。
それには俺が1番車。
Sを取り、全部、一成君に突っ張らせれば良いのか。
それなら簡単に勝てるな(笑)。
望月永悟
僕はどんな状態かは気にしていない。
現状の力で一生懸命走るだけだから。
走り終わっても自力選手に文句なんて言わない。
言うぐらいなら自分でやれよと言う話しになるから。桐山君を全面的に信頼する。
宗景祐樹
怪我は擦過傷程度だし問題ない。いたって普通だし展開次第。
愛ちゃんより点数を持っているし、同県でもあるので神山君へ。
桐山敬太郎
鎖骨骨折後の2場所目だし急には良くならない。だから後ろから抜く脚はないし前にいないと話にならない。
完璧でなくとも、どう自分の走りを見せていくかだね。
諸橋 愛
来月は地元親王牌。そんなに気負ってもいないし慣れもあるから、普通の精神状態ですよ。
練習も若い時みたいにガツガツやれないから。
栃木の後ろで、どれぐらい展開に恵まれるかだね。
石毛克幸
南関ラインの3番手。本当なら自力を、もっと出しておきたい。でもS級2班だから、普段は予選スタート。
番組の人が気を遣ってくれ目標のあるレースが多くなっているからね。
20代の時にガツガツしていれば、タイトルの一つや二つ取れていたかも(笑)。
渡邉一成
世界戦とか無理のある日程もあったけど、この4月から余裕があるので。
その意味では良い練習も出来ている。メンバー的には僕の実質先行1車。
でも何があるかは分からないし油断しないで先行します。
岡部芳幸
福島の3番手。慎太郎は、必要以上に色々と気にしている(笑)。競りになったらなったで仕方ないから。
神山拓弥
連戦で疲れがあるけど、これが終わるとゆっくり出来る。自力を基本に流れで何でもやる。
数字通りで調子は良くなっていると思う。

7R


稲垣裕之
実は宇都宮記念の二日目が終わり、
軽いギックリ腰になった。
倍数をかけているのに、
深谷君を併せるダッシュ勝負に勝ったので。
そのギヤにもだいぶ慣れる事が出来た。
直前は岸和田バンクにも入り練習もやる事ができた。
マエタクさんと決まる自力勝負。
中川誠一郎
超、嬉しいですよ、松岡君と一緒で。今の僕だと自力でやれば8着か9着。
それが1着を取れる可能性も高いですからね。
あとは、イー新聞杯で弥彦にトークショーに行くのが凄く楽しみです。
三宅達也
前回は小倉さんの優勝に貢献する事ができた。あれも決め打ちの先行でなく流れで行く順番が来ただけ。
ただ、今年未勝利なのがね…。僕は1着を取るのが調子を見る意味でのバロメーターになっているので。
いつも通り自力で頑張りたい。
香川雄介
岡山コンビの後ろですね。脚は普通だし走ってみてから。
岩津裕介
三宅さんの番手。いつも世話になっている。今年の初めに転んで、首に違和感がありますね。
それでも数字は出しているし悪くはないと思う。
前田拓也
このままでは終われないですよ。全プロの2日目は稲垣君の3番手だった。
負け戦だが、前回の2勝で少し気分が楽になった。地元8割増しで、キッチリ人気に応えたいですね。
松岡貴久
宇都宮記念の決勝? あんなの全然駄目ですよ(笑)。単騎で捲って3着だが参考外。
誠一郎さんとの前後? 何度シミュレーションをやっても、僕が前の方が良かった。なので自力でやりますよ。
小岩大介
熊本コンビの後ろへ。前回は怪我明けだったけど意外とやれましたね。動けているし、きちんと踏めていた。
伊藤健詞
喜んで近畿コンビの後ろへ。宇都宮記念の初日に深谷君に千切れず、みんなビックリしたようですね(笑顔)。
僕もビックリしましたが。

8R


新田康仁
しらびそ高原に行き合宿をやってきた。
久々に納得の練習も出来た。
仕掛けは早いレースになるし、僕も乗り遅れないように。
千葉勢とは別線で晴智と決まる仕掛けです。
牛山貴広
前回は、以前の僕みたいなレース内容だった。
反省点が一杯あった。ここは神山さんが後ろですか。
仕掛けは間違えられないですね。直前の練習は良かったので積極的に走る。
内藤宣彦
1着はないけど良い感じで走れている。でも神山さんがいたりと予選にしてはレベルが高い。
昔の宮杯と違い、特選の1個下のグレードがないみたいだね。僕は何度も連係している飯野君を信頼する。
鈴木 誠
静岡勢とは別線になるし同県岩本君。なかなか終わらない? 単に悪あがきをしているだけですよ(笑)。
優勝したあとにS級シリーズの準決で失敗。そこでズルズル行かないのが僕の良いところだね。
神山雄一郎
牛山君の番手。調整も上手くいったし疲れも取ってきた。
地元記念は武田君も逃げてくれたし、精一杯走ったから仕方ないな。
中村 淳
俺は底を脱出した。これからは良くなるばかり。牛山君もレベルの高いところで多少の波があるだけだよ。
これは先行選手にとっての宿命。神山さんの後ろで3番手を固める。
飯野祐太
函館記念に行く前に街道練習中に交通事故。それで函館は良くなかった。
前回は新車だったけど、その前に岸和田で使ったフレームに戻す。自力で頑張りたい。
岩本俊介
一戦、一戦、力を出し切る競走。2車でも行くべきところでは、シッカリ行きたい。
それと岸和田はファンも多いし走りやすいバンクです。
渡邉晴智
何度も助けられている新田君。
前回、山賀君とは決まったためしがないと言ったら、本当にそう書かれてしまった(笑)。
でも、それも事実なので。逆に新田君はクレバーでIQの高い走りをやってくれるからね。

9R


水谷好宏
こんなに急激に成績がアップしたけど、
何にも変わった事はやっていない。
だから自分でも不思議でならない。
それでも特別競輪はダービーに続いて2度目。
チャレンジャーの気持ちで先行したい。
堤  洋
徳島同士の阿竹君。ああ見えて大胆なレースをやるからね。
時には単騎でも先行したりと(笑)。僕の調子も数字よりは悪くない。
荒井崇博
松川君の番手。俺に何も言われんでもやるでしょう(笑)。
雨で納得の練習はやれなかったけど戦える状態だと思う。
阿竹智史
前回の決勝はワッキーの3番手。志智さんが1着だったけど失格で繰り上がりの2着。
ワッキーでなければ3番手は回らなかったし、3番手を回った事があるのもワッキーだけ。
練習はきちんとやってきたので、特別競輪でも結果を出したい。
山口富生
取手の落車は、そのあと2走したし大丈夫。ここは水谷君が強いので近畿の後ろへ。そこで脚をためていく。
山内卓也
3分戦にして九州ラインへ。何で、こんなに苦しい練習をやっているのに結果が出ないのか分からない。
稲川 翔
2度目の水谷さん。確か東西王座戦で僕もまだ徹底先行だったころ。函館記念の決勝は村上義弘さんの前。
その緊張感と、番手を回る責任感や緊張感はまた違う。
自分の気持ちを殺してでも番手の仕事に専念したい。
星島 太
レースで千切れたりする事はないけど、ヘルニアで良くない。徳島コンビの後ろへ。
松川高大
岸和田は全プロで2走共に先行出来ている。4着、5着だったけど内容は良かった。
それに比べ、前回の富山は全く良くなかった。荒井さんが後ろだし先行します。

10R


稲村成浩
木暮君とは同県だし連係の回数は多い。
あまり成績は良くないみたいだけど、
ニコニコしていたし大丈夫でしょう(笑)。
偽りの笑顔ではないと思うよ。あとは全面的に信頼する。
海老根恵太
自分では悪いと思っていないけど結果が出ない。
田中君にはダービーと共同通信社杯で連係している。
いつも頑張ってくれるので有難い。こう言う番手のレースでも結果を残さないと。
新田祐大
3場所連続で優勝したけど、後ろのサポートがあったから。
とにかくラインで決まる走りを意識して、そのラインが崩れない走りをやりたい。
シッカリ先行して、勝ちにこだわっていきたい。
兵藤一也
やっと練習をやれる様になってきた。このままじゃ、完全に終わってしまうからね(笑)。
もちろん群馬の3番手です。
田中晴基
高松宮記念杯を走るのは初めて。宇都宮記念で初めて記念の決勝にも乗れたので自信になった。
岸和田はS級のデビュー戦でも来ているし、S級の初優勝もこのバンクだった。
更に最寄り駅も「春木」だし何かと縁がありますよ(笑顔)。
木暮安由
復帰戦の岸和田より良くなっていると思う。でも、まだまだですけどね。
今月下旬の前橋記念に間に合えば良いですよ。自力で頑張るだけ。
山田敦也
地元記念は悔しかったですね。最低でも決勝と思っていましたから。
離れなければ3着のあるメンバーだし北の3番手を固めていく。
武井大介
千葉の3番手。海老根さんは自力の番組の方が本当は良いと思いますよ(笑)。
そうやって実績を残した先輩ですから。
菊地圭尚
新田君とはダービー以来。その時より何百倍も強くなっているね。
でも、どう言う走りをやるか全く読めない。あの山崎さんですら、同じ事を言っていましたから(笑)。
地元記念も大事だったけど、今回も違う意味で大事な大会だから。

11R


村上義弘
6月7日に熱が出てまだ体調は戻りきっていない。
今年一番難しい状態でのスタートにはなるが、何とか頑張りたい。
岸和田?何度も走っているバンクなので、
特に問題は無い。藤木の後ろで。
浅井康太
前回は感触自体はあまり良くなかったが、
スピードは出ていたと思うよ。調整は普段通り。
自分自身、特にバンクは気にしない方なんで。深谷君に離れない様に。
南 修二
自分の弱っている部分等を重点的に練習してました。
前回はオーバーワークで駄目だったけど、今回はうまく調整できたと思う。
今回は普段以上に結果を残したい気持ちが強いので、しっかり頑張りたい。
京都勢とは別線で。脇本君へ。
村上博幸
平を休んだ分、しっかり練習は出来ました。
今年はまだ納得の行くレースは出来ていないが、やるべき事はやってきた。
岸和田?あまり良いイメージは無いが、前回来た時に軽く感じた。京都3番手で。
脇本雄太
平塚から帰ってきてから、京都に行って3週間合宿してました。
京都勢は皆強いので、手ごたえは感じなかったが、タイムは出てたので普段通り戦えると思う。
地元地区でのGIで気合は入っている、自力で。
大塚健一郎
前回は地元記念の疲れが出たので休ませてもらいました。
その後は普段通り練習出来たので、体はだいぶ戻ってきた。
岸和田は相性が良いので頑張りたい。自分は決めずに。
藤木 裕
平は追加だったので、すぐに断りました。
富山終ってからは深谷君達と高地トレーニングに行って、
今までに無い位のダッシュは付いたが、タレているんで、うまく修正したい。
体調?大丈夫です。自力。
合志正臣
小倉の時は1着取れなかったけど、感触はすごい良かった。
帰ってからも良い感じで練習出来たが、スピード練習系が出来なかったのが少し不安ですね。
岸和田?走路が軽いので、走りやすいイメージ。初手は脇本ライン3番手からで。
深谷知広
宇都宮の後はしらびそ高原に行って練習したり、納得の行く練習は出来た。
調子はバンクで走ってないので何とも言えないが、大丈夫だと思う。
今期はGI決勝には乗っているが内容が悪いんで、内容を求めて走りたい。自力。

12R


岡田征陽
落車しているけど大したケガじゃなかったし、
しっかりケアしてきたし全然調子は良いと思う。
逆に先月の岸和田の時より体調も良いし、
良くなっているので今回が勝負ですね。埼京で平原君の後ろへ。
山崎芳仁
宇都宮の時は体調を崩してしまったので休んだが、
回復してからは沖縄本島でスピード練習中心にやってきました。
岸和田?クセが無いバンクなのでそこ迄悪いイメージが無いですよ。友和(佐藤)とは別線で自力。
長塚智広
前回は体調が良くなかったので休んだが、体調はもう問題ありません。
治ってからは通常通りの調整です。岸和田は先月も走っているので問題ありません。同県の武田さんへ。
伏見俊昭
全プロの後は小倉に行って計画性を持って2週間程練習して、その後は三重に帰って予定通りには出来ました。
練習の感触は悪くないんで、後はそれがレースに出るかですね。
岸和田はビッグを2つも取っているバンクなのでイメージは良い。福島の3番手で。
武田豊樹
前回は4日間先行にこだわって走ったが、感覚も掴めたし、収穫はあった。
その後は自分の体と相談しながらここに向けて練習していました。
引退する迄に一つでも多くのタイトルを獲りたいし、一生懸命走ります。自力。
平原康多
前回は無理して走った割りには感じよく走れました。練習の感じでは普段通り走れていたし大丈夫。
岸和田の時から換えたフレームの感触が良い。武田さんとは別線で自力。
成田和也
前回は4日間感じよく走れたし、地元地区で結果残せて良かった。
帰ってからは新潟で練習してたが、前回と変わらない位に走れると思う。
岸和田?特に悪いイメージは無い。同県の山崎君の番手で。
飯嶋則之
小倉終わってからは10日間位あったので、2回位追い込んでやれました。
直前の感じでは調子良かったが、今になって疲れが出ないか心配。茨城3番手で。
佐藤友和
函館の時から新フレームを試しました。
決勝には乗れなかったが、感じが良かったので今回も新フレームで臨みます。
タイムは出てるので脚は問題ないけど、後は内容とか反応の部分ですね。
福島勢とは別で走ります。単騎で。



ページトップへ

ヤマコーの「やってやるって!」


日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら
 今回は、亀田大毅のバンタム級ノンタイトル10回戦を見に行ってまいりました。
対戦相手は、メキシコのIBFユース王者のアーロン・ボバディージャ。
6回TKOで勝利を収めたわけですが、
今回、生まれて初めてボクシングを見に行った私は、
あまりの迫力、そして非情のドラマの連続に、胸が熱くなりました。

プロレスとはまた違った面白さが、そこにありました。
5列目あたりで、観戦したのですが、パンチが顔やらボディに入った音というのは、テレビでは絶対分からない、生々しい音でした。
明らかに、鼻骨が折れているであろうと思われても、試合を続行する姿は、
我々が見失っている、「ハングリー精神」みたいなものが感じられました。

 そして、敗者に待っているのは、引退か現役続行の二者択一。
何となく現役を続けるという選択はありません。
そして、勝者のみスポットライトを浴びるという現実。
まだまだ競輪選手は、恵まれているなぁと思った瞬間でした。

中休みに、亀田興毅、和毅のトークショー。

 そして最後は、恒例の大毅のリング上の歌でお開きとなりました。
そこで披露した歌はチューブの、「夏をまちきれなくて」(笑)。
なぜこの歌になったのかは不明ですが、とにかく熱唱していました。
「喉の調子が悪い」と言いつつ、2番まできっちり歌いきる姿勢に、
「嫌いじゃないやん!」と、突っ込みを入れたくなりましたが(笑)。

 そして、高松宮記念杯です。
今回、村上義弘の顔つきは、前検日から険しいものでした。
体調不良からくるものと、近畿に「高松宮記念杯」が帰って来たことによる、責任感というのも、あると思います。
 この、村上の責任感というか、競輪界を背負って立っているという自覚が、
お客さんに伝わって、支持を得ていると思います。
 そして、その気迫や戦う姿勢が、後輩達に伝わり、こうやって近畿王国を築いたということを、その地区のベテラン選手は、考える必要があると思います。

 父親の背中を見て子は育つ、と言いますが、近畿地区はまさしくその通りに、若い自力選手が育っています。
 村上の為になら早駆けも辞さず…という姿勢が、今の村上を苦しめています。
若い自力選手を、捨てて出ていくことに抵抗を感じているからです。自分から、若い目を摘んでいるように感じていることもあるようです。

 このように、自分の勝利だけを考える選手と、全体を考えて勝つ選手が、
ファンの心の掴み方が違うのは明白です。

村上の苦悩は、グランプリを優勝したからと言って、終わるものではありません。
勝っても負けてもファンの心を離さない村上という選手は、やはり今の競輪界に必要とされているのではないでしょうか。


ページトップへ

コンドルの眼


↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞


武田一康
コンドル出版社代表取締役社長。
昭和23年4月24日生まれ。
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、19歳から予想業に携わる。
新聞業務は実弟の圭二氏(小倉競輪場キャスター、コンドル社・専務)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日円滑に製作されている。 
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報と経験値を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで提起しており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運び直撃取材を欠かさない。
年間300日近くの出張は、ここ10数年のルーティンワークで「あちこち、ガタがきとるけんが、じっとしていられん性分ったい」と生涯・“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。
65歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで自らを攻めており心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。
趣味はゴルフで、年数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯、そして愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズには目がない。
競輪と同様の『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだろうか。

3日日
高松宮記念杯の3日目は又しても大ギヤ特有レースの大味なものばかりでは、昔の古き良き競輪を知ってるオールドファンには物足りなかったのでは。
準決3番は、ラスト半周のハロンは11秒前半でも、驚きは鐘からホーム、そしてホームからバックまでのハロンが軒並み、10秒台、これではテクニックなどが通用する筈もなく、それに呑み込まれてしまったのが、武田豊樹・村上義弘の巨頭。
このまゝで良い筈はないでしょう、落車も多いし、断行される迄は叫び続けます。
「ギヤ制限は早急に」頼みますよ。

決勝の顔ぶれは精鋭9人、新田祐大と藤木裕は直前富山FⅠの再対決。
2人がまともにやり合うのか、それを避けて獲りに行くのかは判断は非常に難しい処。
何れにしてもやり合うと普通に考えるならば、抜群の仕上りで自信満々の佐藤友和が捲ってしまう事に。
今回は「彼」と心中したいと思います。
4日目の注目は7Rで、e-SHINBUNの広告塔、脇本雄太と木暮安由が初めて連携する事に、この2人は飲み友達であり、山口社長が経営するとん豚テジ4軒、そして和食料理店(青山)彩で、バンバン飲み喰いして、カラオケで楽しむ仲間、決まるものと信じてます。

2日日
岸和田高松宮記念杯2日目は凄いタイムの連続でしたが、その弊害が落車に失格。
選手に言わせたら「大ギヤのため勝手に進み吸い込まれてしまう」との事、こんな意見がバンバン出ているのに、どうしてギヤ制限をやらないのか不思議です。
選手の安全もですが、落車・失格が無いのは、ファンに取って一番大事な事では、「競輪」は着を競うギャンブルであって、
何もタイムを競うものではない事を肝に銘じて欲しいもの、それが売り上げに反映するのは決まり決まってる事、早く気付いて下さい。
2日目は自画自賛させて貰っても罰が当たらない程、狙いの選手が頑張ってくれました。
これで図に乗ってしまったら、倍返しで痛い目に遭うのが、これまでなので敢えて、
ヒントは出さない様にしようかと思いましたが、それでは私のファンは納得しないでしょうから、

コンドル紙、そしてネット新聞のファンの方にショートヒントを少しだけ。
1R、希望通り「馬」を得た新田康仁の単。
2R、池田勇人の首位で敢えて競り合う2人を。
3R、松川高大を使える園田匠。
4R、番手捲りかも知れない菅原晃より、渋太い内藤宣彦の3連対。
5R、こゝは何も考えてない我等が北津留翼君が狙い。
6R、水谷好宏の頭から2・3着は手広く。
7R、鈴木謙太郎ー菊地圭尚で買うかお休み。
8R、狙ってみたいのは勝瀬卓也の3連対。
9R、山崎芳仁ー佐藤慎太郎の同門コンビ。
10R、浅井康太から藤木裕・武田豊樹の力車券。
11R、新田祐大に逆らっては損なのかも。
12Rは、佐藤友和の単で村上義弘の2・3着で流し。

初日
初日の高松宮記念杯は、年金支給直前で、ファンも買い控えをしたのか、GⅠなのに18億弱とは、これが現在の競輪界。
65歳を過ぎたロートルファンを大事にしなければいけないことが顕著に出ました。
そこら辺りを考えたルールに制度、そしてサービスを関係者は真剣に考えなければいけないと思いますが、どうでしょう。
レースの方は8割以上が番組の思惑通りに決まりました。
その中でも金子貴志・吉田敏洋・芦澤大輔・渡邉一成・神山雄一郎・牛山貴広・水谷好宏・新田祐大に
浅井康太・佐藤友和の調子は掛け値無しに推奨出来るものです。私の狙いは白虎・青龍賞共にバッチリ。

これで図に乗って2日目は全レースのヒントを。
1R、小埜正義と園田匠のマルチ。
2R、鈴木謙太郎のハイパワー。
3R、田中晴基で仕方ない。
4R、原田研太朗の逃げ切り。
5R、池田勇人と山賀雅仁の両立。
6R、根田空史のハイパワーで、飯嶋則之の2・3着。
7R、渡邉一成のパワー信頼。
8R、神山雄一郎・藤木裕・平原康多の巴戦。
9R、ツキ一本の中川誠一郎。
10R、新田祐大の単で芦澤大輔の2・3着。
11R、脇本雄太の2連対。
12R、無条件で佐藤友和の捲りで連勝。


前検日
高松宮記念杯が3年振りに近畿に帰って来ました。
初日に限りは東西に分かれての対抗戦。西の白虎賞は隆盛を誇る近畿が5名。
代表する先行レーサーがその中に脇本雄太・藤木裕と2人居ては並べる筈はなく、司令塔の村上義弘の決断で藤木には村上兄弟で京都トリオ。
脇本に地元南修二となり、この後は合志正臣。
そこでの話題は、4着内に入れば2日目の優秀戦となり準決勝が決まる(村上義弘は5着でOK)であれば別線とは言っても、
そこは近畿の堅い絆で話は出来てるのではの一点。
これが以前の中部であれば考えられもしますが、姑息な事は大嫌いな村上義弘が決めた以上はそれは無いが結論。
ならば脇本と藤木の争いを深谷知広が浅井康太を連れて捲ってしまうのではが私の予想であり多分全国の一番人気。
この後には付いて行く自信はある大塚健一郎と思われます。

東の青龍賞は、栃茨の3人、埼京が2人、北日本の4人は福島は3人でまとまり、佐藤友和は単騎に決定。
事故点から解放された武田豊樹を先頭の長塚智広・飯嶋則之が大本線で、
次は山崎芳仁ー成田和也ー伏見俊昭の福島トリオですが、私の狙いは落車しても頑張ってた平原康多の捲り単と、
敢えて単騎を選んだ佐藤友和の捲りで2・3着は総流し。
これではあまりにも多過ぎて資金難の方はお友達を作って「会社」を作り、小資金で大金を掴まれたらどうでしょうか。
東西に分かれた1次予選も興味津々のレースばかりですが、ネックは4着全員、5着も半数は2予に進めるシステム。
ならば道中は絶対に無理脚は使わず溜めての選手が大半になり、競りはとんでもないで単調なレースが多く成るのは必定。
そこら辺りを踏まえての車券戦術は必要に成ると思います。



ページトップへ

二宮歩美の目指せっ!e-キャスター!!



【二宮歩美】
只今、川崎競輪をメインに日々競輪キャスターとして奮闘中ッ!!
皆様が描くe-キャスターを目指してこのブログをきっかけにより一層活躍していけるように
知識や情報を収集していきますので見守っていて下さいねっ!!

―二宮歩美ブログ―
“Waling Beauty~大人までの道のり”
http://ameblo.jp/ninoreport/

3日目
おっ、我らのe-shibunファミリーからは私が今回最初にピックアップした藤木選手、ただ一人が乗ってきましたね!!



「決勝に乗ることしか考えてなかった。
後ろの南さんのプレッシャーも半端なかったが、気持ちを強く持っていた。
疲れたなんて言ってられない。
決勝戦頑張ります!!」

とインタビューで話していましたね。

疲れ、疲れと言えば私も連日、休みがない中、本日もレギュラーと言っても過言ではないアキバMCの仕事へ。



自分では大丈夫、大丈夫と思っていましたが、実際に今日開口一番話してみると

やばい、呂律が回らないし、キレが悪い。
頭も回らないし、声も出ていない。
気力が追いついていないような息切れした感覚に見舞われ終始、自分の中では納得のいかないMCに。

きっと昨日の展示会で自分の中でひと段落ついてしまったというか、やりきった感??

私のレベルと比べるのはちょっと違うかもしれませんが、どんなに気合いや弱音を吐けないと言っても実際、疲れや精神的なプレッシャーはどの選手も当たり前に抱えているコトだと思います。

その中でいかに疲れを抜けるか、明日に自分を持っていけるかも勝負となってくるであろうビックレースの最終日。

果たして、去年の競輪祭辺りから一気に急成長を遂げてきた藤木選手もどこまで戦えるのか、連日、いい走りを見せてくれているだけに気になるところです!

そして、いよいよ私も明日の最終日には初上陸となる岸和田競輪場に足を運ぶ予定となっていますが、その前に一足お先に岸和田にきていた木口亜矢ちゃんに話を聞いたところ

「雨だったのもあったと思うけど、思ったより落ち着いたイメージで、しかも綺麗な場内だったよ!」

と教えてくれまして、私が思い描いている岸和田とはだいぶ違うイメージ。

「しかも、また中野さんがおしゃれでね、みんな新聞の読み方がわからなかったんだけど優しく教えてくれて!
だから私は新聞の印にある◎(本命)を頼りに以外な選手と組み合わせてみたら、予想バトル一回目は一位になっちゃった!」

と。

ってことは、やっぱ新聞の印はバカに出来ないってコトですよね、皆様っ。

ちゃんと情報や新聞の知識も絡めてオリジナリティを持って予想したきぐっちゃん、さすがです!!



ついに明日の最終日には仁科仁美ちゃんとの対戦だけど、どう?と聞くと

「まずは今回こそ、生でレースを見てみたい!!
そして、予想は枠に囚われず大胆に予想していきたいかな?!」

ちなみに前回、一位になったコトで、より競輪に興味を持ってくれたとか??

果たして明日のグラドル予想バトルの優勝も誰になるのか気になるところですが私も現地で色々と取材出来るといいなぁ~!!

では最終日はぜひ一緒に岸和田競輪場で楽しみましょう(=゚ω゚)ノ=

2日目
さて、ついに私は3日間に渡ってお送りしてきたインターロップin幕張の展示会MCの仕事が終わりました。



会場内は大変盛り上がり、人、人、人の嵐で人酔いしてしまうのではないかってくらい、熱気に包まれていましたが、宮杯も同じくらい盛り上がっていますか??

なかなか私も今回はレースを見る時間がないのですが、噂によるとe-shinbunファミリーで唯一勝ち上がれなかったのがおちん(佐藤慎太郎選手)だとか??

今回、初日は中団うち並走が長く続いた渡辺一成選手の番手での一戦で苦しい展開に…。

私は前回、岸和田で行われた全プロ以来、実はおちんを見直していまして(←かなり失礼。笑)普段、品がないコトやくだらないコトばかり言っているイメージ(だから、あだ名すら“おちん”になったと言う事実。)でしたが、チームスプリントで競輪のイメージとは裏腹に北日本の先頭を全力で走り、続く伏見選手、渡辺一成選手を引っ張っていく存在だったのですが、ちょっとしたアクシデントに見舞われ本気で一周を走り終わった時に、まさかの再スタート宣告…。

もちろん、カメラも力を出し切って走り切ったおちんの表情や雰囲気にズーム。

心なしかスピードダウンしていくレーサーに乗っているおちんの背中に言葉に出来ないうな垂れ感を感じたのですが、それでもおちんは一度バンク内の芝生に倒れこみ、呼吸と気持ちを整え、ほぼないインターバルでクールダウンをし再乗。

あの時の緊張感とおちんを思う気持ちはいくらテレビ越しだとしても、いつにないものが自分から出ていたと思う。

いくら不慮の事故と言え、自分がこの状況を作ってしまった伏見選手と、またダッシュには定評の最後を走るある渡辺選手にはきっとそれぞれに背負う思いもあったのではないかと思いますが、なんとその思いが全て融合したのか、まさか二回目のタイムだとは思えない好結果の第二位という結末に!

こうなると誰もが
「あー、これが一回目だったら…」
と思うかもしれないが、私は逆にあのアクシデントがあったからこそ、余計に気持ちが一つにまとまり出た結果なのでなかったかと思っているんですが、皆様はどうみますか??

私たちのような仕事は何があろうと結果が全て。

だからこそ、その結果とどう向き合うのか、どう整理するのか、また課題を生み出すのかが大事になってくるのではないかな?と思っていたり。

なんか凄く真面目な話になってきちゃいましたが結果、何が言いたかったかと言うとおちんはかっこいい!!ってことが私は言いたいんです!!



ちなみに本当は今日は仕事終わりに矢吹達と食事行く予定だったが終わらず私は参加出来ませんでしたが…



「私の周りで競輪をやるって人がいなかったし、あまり身近に感じなかったけど今回初めてイベントに参加して生ではレースが見られなかったけど、みんな一生懸命に漕いでて爽やかな印象を受けた!」

と元々あったイメージと実際に見てみてのギャップを教えてくれましたよん。

「私、スポーツ男子大好きだし、今度は競輪選手の太ももに触れてみたいっ?」

と矢吹らしいセクシーなコメントも頂いたわよっ(=゚ω゚)ノ

「今回は新聞の読み方がちんぷんかんだったから結果インスピレーションで予想したけどグラドルメンバーでイベントは大盛り上がり!!
プライベートで女子だけできても楽しめそう?」

とイベントを楽しめた様子!!

こーゆーの本当に嬉しいし、みんな、もっと声を大にして宣伝して欲しいところですよね。笑

ちなみに矢吹と私は元々同じ事務所で約11年来のグラビア仲間。
今もなお、こうゆう形でも携わることが嬉しす?

さて、いよいよ明日は準決勝戦。
誰が勝ち上がってくるかも楽しみだし、明日はどのグラドルをピックアップするかも楽しみにしていて下さいね?!!


初日
さて、私も現在、インターロップ東京の展示会でMC頑張っていますが



今、一度、初日のレースを振り返って白虎賞、青龍賞ともに並び含め、面白いレースになったのでは??
正直、私はワッキーや藤木選手に聞きたいことが山ほどある。
けど、それは私が行く、最終日までとっておこうかと。笑

って、最終日じゃ皆様に今回の宮杯の情報はお届けできないかもしれませんが、それでも長い目で見て聞きたいことが沢山?

今回のe-SHINBUNのサイトには9月に行われるオールスターの投票に向けて各ファミリーのメンバーのコメントなんかもありますが
私的にはワッキーも去ることながら、特に今年、名前を売っているのは藤木選手かな?なんて思ってみたり。



コメントでは、まだまだ謙遜していますが、でも、やっぱりどこか見ている側からしても応援したくなるっていうか、
そういう走りを見せてくれる選手だなと私は思っていまして。

正直、自分も勝ちたい。
でもラインを考えた時に自分も勝てるように最終的には持っていかないといけない。
でも、今、自分がやるべきことはわかっている。

こんな思いで走っているのではないかと思っているのは私の読み違いとゆうか、もはや的外れでしょうか??

でも、どちらにしろ、そんな藤木選手やワッキーがいる e-SHINBUNに自分も在席出来ていることにただただ嬉しく思いますし、
それでも私では車券の対象にもならないし、予想にも今のところ役には立たないかもしれませんが、
違った意味で皆様から支持を受けれたらイイなと勝手に思っていたりしますが…

まずは昨日、告知していたグラドルインタビューからお送りしようかな?
本日はとりあえず前回、敗退してしまったが自身も女子プロレスラーだった愛川ゆず季のコメントから。



「何回か競輪のお仕事には携わらせてもらってるけど、今回のイベントにもわざわざプロレスのファンまで
岸和田競輪場に集まってくれて、雨で残念ながら試合は生で見られなかったけど、心強かった!!」

と話してくれて、自身も女子プロレスラーとして活躍していたけど、その辺も踏まえて女子競輪ってどう思う?
と聞くと

「自分は事務所に勧められて(元々テコンドーをしていたのもあって)始めたけど、競輪選手は基本、自ら志願して選手目指すもの。
ちょっと私とは環境が違うかもしれないけど、女性たるもの、力や強さではどうしても男性には叶わないものだと思っているし、
女子にしかない華やかさや魅力を全面に出して競輪を盛り上げて欲しい。
ってか、なんなら、私みたいに水着になっちゃえばいいのに~!!(笑)」

と陽気に答えてくれたゆずぽですが、女子競輪で浮かぶと言えばと聞いたところ

「えーっと…
正直、名前はわっかんないけど、あのモデルの子かな?」

と多分、田中まいみ選手のことを言っていたと思うのですが、そうやって競輪があまりわからない人でも
キャッチコピーとして“モデルの競輪女子選手”と覚えて貰えるだけでも嬉しい限りですよね!!

ちなみにゆずぽはゆ最近を持ってプロレス現役を引退しましたが、それについて聞くと

「自分は華を売りにしてきたから、今のファイトスタイルでは限界があるかな?と思い引退するなら今かなと思った。」

と話してくれましたが、じゃぁ、このまま女子競輪を目指すっていうのは?っと聞いたところ

「ぶっちゃけね、マジ一瞬考えたけど…、年齢も含めちょっときついかな?
もっと、女子競輪の賞金が上がるなら考えてもいいけど。なんてね。笑」

と今はちょっとプロレスを引退してちょっと休みたいのは本音だったり??

でも、なんか、こうゆう話も含めて私の周りの友達やグラドルたちにも少しずつ競輪を認識してもらえてきていることが嬉しかったり。

私も、まだまだこれから元?!グラドルとして少しでも多くの方に競輪を知っていただけるように活動していけたらと思います!
では、また明日のコラムも楽しみにしていて下さいねっ!!


前検日
よく色んな方から“雨の宮杯”と聞いてはいた『高松宮記念杯G1』に今回初めてコラムという形で遂に携わることになりまして。



が、よくよく考えたら高松宮記念杯って一体なんなんやねんっ!!
と思い立ちまして、またいつも通り調べてみましたっ。

まぁ、ぶっちゃけベテランの競輪ファンの皆様からしてみたら、当たり前のことかもしれませんが、
こうやって新しく競輪の虜になった私からしてみたら何もかも全てが新鮮でして…?

まず初めに調べてみたらもともと、高松宮記念杯=大津びわこ競輪場だったなんて。
どうやら大津びわこ競輪場の開設に辺り、高松宮親王から賜わった大切な歴史と名誉のあるレースなんですね。

そして、過去に松本整さんや内林久徳さん、中野浩一さんもこのレースを最後に引退されているようで。
しかも世界の中野さんに至っては唯一とれなかったタイトルがこの宮杯だとかっ?!

そんなそうそうたるメンバーの思い入れやまた宮杯のくだりがわかるようになってくると、
この宮杯というレースがどんだけ凄くて、色んな方の思いと歴史を刻んできたのかがわかるような気がしてきました。

何事にも意味があって、歴史がある。

それを知っているか、知らないかは大きな差になり、
知ろうとするか、しないかで、その深みが変わってくるって言いますが本当にその通りかもしれませんね。
と、シミジミ。

ちなみに宮杯のレースは何気に初日“白虎=西のメンバー”“青龍賞=東のメンバー”を始め
予選も西、東と交互に別れての東西戦になっているのが特徴だったり!!

さて、ココで今回、宮杯の最終日には全プロに引き続き行われる
『グラビアアイドル予想がちバトル!!』というイベントが行われるんですが前回のメンバーを見ると…

愛川ゆず季ちゃんに矢吹春奈ちゃん、木口亜矢ちゃんに、仁科仁美ちゃんと!!

仁美ちゃんだけ面識ないけど(私のグラビア仲間の親友だったり近いとこにはいる。笑)
みんなほぼ同期だしよく仕事したメンバーだしーっ!!





ってか、なんでこうゆうとこに私も呼んでくれないんすか。笑
司会でイイです、アシスタントでもいいです、なんならガヤでもイイから一緒に仕事したかったわぁー!!涙

け?れ?ど?

なんと今回はマジでこのメンバー、仲がイイってことで、みんなに会ったときやメールで事前に前回のイベントのこととか
競輪のこととか普通にいろいろ聞いていたので、その辺をうまく記事に出来たらなと思っているんですが。

って、さすがにこればかりは私にしか作れない記事なのではーっ?!と調子に乗ってみたり。笑

でも、たまにはこうゆう若い女の子たちが実際に競輪をどう思っているのか?イベントに参加してどう感じたのか?
こうゆう声もいいのではないでしょうか??

あくまでこれは本当に私が仲がイイからたまたま世間話しの中から聞けたことを抜粋してお送りするだけですのでご了承をっ?

やっぱり、これからは新しいお客さんももっとどんどん増やしていかないといけないわけだしねっ!!
では明日からの記事も楽しみにしていて下さいねぇ~!!

ページトップへ

寺門かおりのかおりんROOM

ブログはこちら
http://ameblo.jp/kaorin714/




2日目
高松宮記念杯競輪2日目が終了しました。

今日もエキサイティングな1日でしたo(^-^)o



松戸ナイター競輪も2日目が終了しました★

ガールズケイリンは、
小林莉子選手
梶田舞選手
の1着☆

「頭を獲ることしか考えていなかった」と言う小林選手は、
連日巧いレース運び。

「疲れがある。久し振りのスタートを取って、緊張しました。脚が回っていませんでした」
と言う梶田舞選手は、今日もそんなことは微塵も感じさせない強過ぎるレースでした!

明日の決勝戦が楽しみです♪
ガールズファンなら、見逃せない一戦になりそう!



さて、今日も松戸のスタジオでは、松戸ナイターのレースと、岸和田・高松宮記念杯を見ながら、
盛り上がりました↑
合計24レース、相当集中して観ていたので、ヘロヘロです(笑)。

中継中の笑顔とは一変、オッズタイムは木庭さんも私も、かなり真剣に高松宮記念杯の予想をしていました。



木庭さんには、レースのポイント以外にも、勝因・敗因、
負けてしまったけど動きを評価したい選手など、色んなお話をしていただいて、とても勉強になりました(-人-)

つい、1着の選手にばかり注目してしまいますが、
『負け方』というところにもしっかり注目して競輪を観ていくと、本当に深くて面白いなと改めて思いました。

今日も『e-SHINBUN』をご覧の皆様の為に、
チャッカリ、木庭さんに『2日目の競走を観て気になった選手と、その理由』を挙げていただきました。

(いつか、「いい加減にしろ(*`Д´)ノ!」と言われないか、ドキドキしながら伺っていますが、
今日も気持ち良く教えて下さいました)

木庭さん
「負けたけど(新田)祐大(福島・90期)!上がりタイム10秒4だよ!!相手は2段駆けだったからねー。やっぱ強い!!」

「勝った藤木(裕)(京都・89期)!」

「超バツグンの金子貴志(愛知・75期)!」

「恐ろしい底力の根田(空史)(千葉・94期)!」

とのことです(o^-')b

皆さんは、どの選手が気になりましたか?




そして、高松宮記念杯の中継を観ていたら、尾池孝介さんの姿が!!

しばらくお会いしていなかったので、
「見てますよ~。頑張って下さい」
と、メールを送ったら、すぐにお返事が。

尾池さん「ありがとう。外の中継はセットが乱れるな~」

・・・だそうです(-"-;)

場内でコーヤンを見かけたら、私の変わりに野次っておいて下さい(^m^)



それでは、高松宮記念杯後半も楽しんでいきましょー!!

今回の私のブログは以上です。

お付き合いいただいて、ありがとうございましたm(_ _)m

またお会いしましょう(*'-^)-☆



初日
高松宮記念杯競輪初日が終了しました。
やはり、凄い迫力とスピードですね。
皆さま、いかがでしたか?


松戸ナイター競輪も本日初日を迎えました★
ガールズケイリンは田中まい選手・梶田舞選手の
104期の『マイ&マイコンビ』が1着。



左:梶田舞選手 右:田中まい選手

この2人は仲良しさんで、前検日からずっと一緒に検車場をテケテケ歩いていました(*^-^*)


岸和田に負けないくらいレースの声援も凄かった~。


松戸競輪場でも高松宮記念杯競輪の併売を行っていて、
朝から沢山のお客様で賑わっています。


松戸ナイター競輪の今シリーズの解説は木庭賢也さん!

中継前やオッズタイム中は、
高松宮記念杯のレースのポイントも教えていただき、一緒にレースを観て、
かなり盛り上がっています↑



今回も木庭さんに
『初日の動きが気になった選手』『注目した理由』を伺いました。

『e-SHINBUN』をご覧の皆さまにもコッソリお伝えしますね(*'-^)-☆

まずは、一次予選の注目!!

●芦澤大輔選手(茨城・90期)
「欠場明けにしては、素晴らしい伸び!!」

●稲川翔選手(大阪・90期)
「感性!!」

●新田祐大選手(福島・90期)
「相変わらずのデキの良さ!!」

一次予選からは、90期の3名に注目していただきました。



そして、『青龍賞』を勝った
●佐藤友和選手(岩手・88期)
「デキ!」
「単騎だったのに、良かった」
「『超』が付くほどのスピード!!」

とのことです(o^-')b


明日も松戸のスタジオから高松宮記念杯にもしっかり注目して
盛り上がっていきたいと思います♪


それでは明日も
昼は岸和田・高松宮記念杯
夜は松戸ナイター
でお楽しみ下さいヽ(^O^)ノ



前検日
皆さま、こんにちは(^O^)ノ
寺門夏織です。



いよいよ明日からGI高松宮記念杯競輪の開幕です!!

今年の舞台は、岸和田競輪場。



敷地内にはBMXのコースがあるのも特徴です!

私の岸和田遠征の思い出は・・・
2年前の全日本選抜で伺って、
前検日から最終日まで、毎日たこ焼きを食べていました(笑)



粉もの好きな私にとって、大阪は魅惑の地です♪


さて、超~豪華メンバーで争われる今年の高松宮記念杯競輪。

S級S班の9名はもちろんですが・・・

私は、直前のいわき平ナイターFIで好調だった2人にも注目したいと思います(o^-')b


まずは、連日人気に応えて完全Vを決めた神山拓弥選手(栃木・91期)



【初日特選】
スタートを取って、一旦下げ、最終ホームで桐山敬太郎選手を叩いて主導権。
後ろで粘った桐山選手が2番手を取りました。後方から友定祐己選手も仕掛けて行きましたが、
神山選手は直線の長いいわき平バンクでそのまま力強く押し切りました。

神山選手「楽勝!今回の追加を入れないと、高松宮記念杯まで2週間も空いてしまうから追加は大歓迎です。
地元記念の後も、いつも通りに練習して来ました。
今日は、このメンバーで先行しようと決めていました。平の直線は長かったけど、押し切れて良かったです」
と、余裕の表情でした。


【準決勝】
細切れ戦。佐藤一伸選手の主導権。中団で郡司浩平選手と小岩大介選手が併走。
神山選手は最終バックで7番手から仕掛け、厳しくけん制され、外々踏まされる展開。
最後は力でねじ伏せて捕らえての1着。

神山選手「武井さんのブロックがキツかったけど、踏み切れているので、状態は良いと思います」

勝利選手インタビューの後、栃木の先輩たちから、
「なに、標準語で答えているんだよ!」と、冷やかされていました(≧▽≦)


【決勝戦】
2連勝で勝ち上がったのは、神山選手・天田裕輝選手・室井健一選手の3名。
好調な選手が揃いました。ここも細切れ戦。神山選手は同期の天田選手に前を任せました。
打鐘の4コーナーで、天田選手が佐藤選手を叩いて積極的に主導権。
先に後方から桐山選手が仕掛け、神山選手の真後ろから友定選手も合わせて出て行きました。
内側からは、友定選手にマークしていた室井選手も!
神山選手は、しっかり凌いで追い込んでの優勝☆


神山選手「ガールズで梶田さん、A級で小田倉さん、同県の2人が優勝したので、
自分も絶対に優勝しよう!と思っていました。
今日は同期の天田さんのお陰です。凌ぐことができて、良かったです。
3日間、良い感じで走ることができました。次の高松宮記念杯でも頑張りたい!」

いわきのファン、1人1人にサインや握手など、丁寧に応えて下さいました。


逃げて、捲くって、追い込んで、今年の初優勝を完全Vで飾りました。
連日、力強い走りで、益々スケールアップしている印象を受けました。


ちなみに本日、松戸の前検日に、
梶田舞選手に
「神山選手も小田倉選手も、梶田選手の初優勝が追い風になったみたいですよ」
と、声を掛けたら



梶田選手「え~。そんなこと、先輩たちから一言も言われませんでしたよ~」
とのことです(^-^;)
栃木勢、それぞれいい味出してます(^m^)




そして、準優勝だった内藤宣彦選手(秋田・67期)!



【特選】
目標不在で、番手で粘った桐山選手のラインの3番手追走という厳しい展開でしたが、
最後は8番手から大外強襲して2着。

【準決勝】
後方から捲くり切ることができなかった坂本貴志選手にマークの競走でしたが、3着に喰い込みました。

【決勝戦】
地元の佐藤一伸選手にマークの競走。叩かれてしまい、後方でしたが、
この日も最後は大外から2着に迫りました!

連日、厳しい展開をものともせず、4コーナーから鋭く追い込んで、確定版に挙がりました。


前検日にお話を伺うと、
(微笑みながら)
内藤選手「近況は今ひとつかな。決勝に行ければいいけど・・・(^-^)」
と、いつも通りニコニコしながら控え目なコメントでした。

大きなことを言わずに、どんな展開でも俊敏に動いて
連日確定版に挙がる執念は、さすがです!!


他にも注目したい選手がまだまだ沢山居ますが、長くなるので今日はこの辺で・・・。


皆さんは、どの選手に注目していきますか?


どんなシリーズになるのか、ワクワクしますね♪
それでは、トップレーサーたちの4日間の激戦を楽しみましょうヽ(^O^)ノ


ページトップへ

武田あかりも負けるもんか

ちゃり党← 姫のブログはこちら


みなさん、こんにちは。
競輪リポーターの武田あかりです。


今日から、岸和田競輪場で、高松宮記念杯が始まりましたね。


前検日から、真夏のような暑さで、春木駅から岸和田競輪場までの歩いて10分の道のりも、汗がじとっと出てくるくらいです。



今回の『武田あかりも負けるもんか!』でご紹介するのは、今回の開催地、近畿地区で、いま上り調子のこのお方!


滋賀の水谷好宏選手!!
早速、爽やかなオシャレ私服でのご登場(^ ^)



今回は、好調な水谷選手の今年に入ってからの好調な情報をご紹介します。

まずは、今年の始めの大宮記念にて。


競走得点5点アップのきっかけを伺うと、
『去年の前半悪くて、悪い時期から始まって、後半良くなってきて、成績が戻ってきた!!
この経験は、初めての経験。今思えば、いい経験。良い時も、悪い時も表裏一体だなと思った。
2013年は、去年以上の成績で終わりたい!!』
と、今年の目標を教えてくれました。

その大宮記念では、決勝進出!!




その2ヶ月後、水谷選手にとって、初めてとなったG1のダービーで、


『ダービーは、ずっと走りたかった場所。でも、あえて特別なことをすると、気持ちが空回りするので、練習も調整もいつも通りしてきた。いい精神状態できてる。レースも力を出し切る走りをした方が、結果に繋がるので、あまり気負わず、こういう舞台を楽しみながら、走りたい!!そうすれば、自然と結果もついてくるかな。』 と、答えてくれました。

そのダービーでは、初日2日目と逃げて、しかも初日は逃げ切って1着!!




今回の直前の函館記念では、


『ここにくる前、2場所完全優勝できたのは、たまたまの結果。でも、1着とれてるのは、いいことだし、嬉しい。
きっかけは、ダービーに向けて、しっかり主導権とる練習をしてれば、ダービーに繋がると思ってやってきて、それが、ダービーで繋がって、自分では上出来だった!!
そのダービーを走ったことで、気持ちに余裕持って走れてることかな。』
と、語ってくれました。

その函館記念では、初日2日目と1着!!




そして、今回、今の成績について、
『自分でもびっくり!!
今回のG1は2回目のG1。挑戦者だし、しっかり走って、決勝に乗りたい!』
と、意気込みを語ってくれました。



そんな水谷選手のある一面をご紹介!


実は、競輪選手になる前は、バイクトライアル競技の選手だった水谷選手!
バイクトライアルは、自転車のサドルがついてないんです。
だから、ダッシュが持ち味だけど、サドルない(座らない)方が得意なんですって(^ ^)



常に前向きでひたむきに練習やレースに取り組んできた水谷選手の地元地区でのG1の走りに注目です!!



ページトップへ

谷友梨子のこの選手にエール
Bbスタジオ日記← ブログはこちら
http://yokkaichikeirin.com/blog/

谷友梨子
四日市・松阪を中心に活動するキャスター。
軽快なトークと緻密な取材を元にした情報に定評がある。
女性MCと、プロの解説者以上のコラボは競輪界の「いっこく堂」である。
ファンの間では「押し付けがましくなく、
耳にスッと入ってくる。それでいて内容も確かだ。
車券を買う時のギャンブル心理を逆なでしないのも良い」の声を聞く。

こんにちは。谷友梨子です。

第64回高松宮記念杯競輪(GⅠ)。今年の舞台は、岸和田競輪場。



大津びわこ競輪場が廃止になり、一昨年は前橋で、そして去年は函館競輪場で行われましたが、今年は3年ぶりに、高松宮記念杯が近畿に帰ってきました。また岸和田競輪場は、5月には全プロ、この6月には高松宮記念杯、そして来年の年末には、競輪グランプリも控えており、否が応でも地元地区の選手の士気は上がっていることでしょう。

ところで、バンクの状態ですが、地元選手に話を伺うと、岸和田は全プロ前にバンクの改修を行い、走りやすくなったとのこと。以前は重たい感じで、4コーナーを回ったところで風が向かいになり、押されて伸びなかったそうですが、今はそれも解消されたそうです。BMXコース設置の為、バック側の特別観覧席がなくなり、以前より風が強くはなっていますが、向かい風もあれば追い風もありの、風が回っている感じなんだとか。今大会、好勝負が期待できそうですね。

さて、今シリーズ、私がエールを送りたい選手は、ホームバンクでこの大会を迎える南修二選手(大阪・88期)。



南選手は、これまでビッグレースの決勝には4回乗っていますが(GⅠ2回、GⅡ2回)、初めて決勝進出を決めたのは今から4年前、2009年のこの大会、初出場の高松宮記念杯でした。

その頃の南選手は、まだまだビッグレースに顔を出し始めたばかりの頃。その半年前の、これまた初出場の小倉競輪祭の二次予選では、武田豊樹選手の番手、後閑信一選手の位置に6番車のユニフォームで果敢に競りこむ競走を見せましたが、あっけなく競り負け…。テレビで解説の方から、「冷やかしみたいな感じで番手に行ってもね…」と、苦言を呈されていたのを覚えています。

そんな南選手でしたが、その高松宮記念杯では、連日位置取り良く仕掛け、準決勝は単騎6番車で初のGⅠ決勝入り!


(2009年6月20日、準決勝終了後。大津びわこ競輪場検車場にて)

私はその現場で取材をさせてもらっていたのですが、レース後は、「連日思うような展開になっていますね。仕掛けて持ち味が出せています。体もよく動いていますよ」と笑顔。初のビッグレース優出で、報道陣のカメラのフラッシュに少々戸惑い気味だったのが印象的でした。

その後は、地道に脚を上げて、記念競輪でも多く決勝入りを果たし、あれよあれよという間に、トップレーサーの仲間入り。ビッグレースでは、一昨年はサマーナイトと競輪祭、昨年は共同通信社杯で決勝入りを果たしています。気がつけば今や、大阪でナンバーワンの存在になった南選手。地元で迎える今大会はやはり、まずは決勝進出、そしてそれ以上の結果に大いに期待が集まります。



小学校、中学校とサッカー少年だった南選手。高校は、大阪産業大学附属高校へ。大産大付属は、数々の競輪選手を輩出しており、先輩には水島章選手(大阪・57期)などがいます。
「高校では自転車部に入っていました。そこから競輪選手になった人もいますが、僕は何となく入部しました。その頃は、それほど自転車の強豪校ではなかった。競輪も全然知らなくて、競輪を見出したのは、競輪学校に入ってからですね。今、このポジションまで来ましたが、競輪はやっていて面白いですね」

普段から話を伺っていても、雄弁に語るタイプではなく、どちらかと言えば寡黙でシャイなタイプ。かといって真面目一辺倒ではなく、例えば大阪の仲のいい先輩の話などをすると、ニンマリと悪乗りしてくれます(笑)。

検車場ではリラックスムードですが、競走に入ると冷静沈着。厳しい競走で、器用なところを見せます。番手の仕事はもちろんきっちりこなし、自力タイプの信頼も得ています。そして自分の役目を果たした後は、きっちり1着も。タテの脚もある選手です。

普段は貪欲な姿勢は見せませんが、こっそり努力をして、地道な姿勢で力をつけてきたんだろうなと、南選手を見ていると思わされます。また、フレームやシューズなどは常にいいものを探し続け、いつも色々なものを試しています。



3月の松阪FⅠで優勝を飾った時も、「ここに来る前に、シューズとフレームを変えました。今は、色々試しています。例えばシューズも、同じメーカーのものですが、小さめのものを今回履きました。これはいい感じでした」と、その様相がうかがえます。「まだまだ上位と比べたら脚力がないので、もっと脚を付けなければダメですね」と、日々努力を続けています。

スター揃いの88期の中で、競輪学校の成績は36位。さほど目立つ存在ではなかった南選手でしたが、着実に力をつけてきました。年齢も31歳になり、来月7月には、デビュー丸10年を迎えます。そろそろ、もう一歩上の結果を、地元でのGⅠ優出、そして優勝も…と、口には出さなくとも、地元で迎えるこの大会には、やはり期するものがあることでしょう。

頼れる機動力タイプが多数いる近畿勢。あとはチャンスを活かすだけ!仕事をしっかりした後は、走り慣れた地元バンクで、ゴール勝負あるのみです!!



ページトップへ

実況アナ立野純の、競輪のススメ

Bbスタジオ日記 ← ブログはこちら



e-SHINBUNをご覧の皆様、こんにちは。実況アナウンサーの立野純です。



高松宮記念杯(GⅠ)が持ち回りになってからは、今回が3回目。しかし、私にはまだまだ『びわこ』という感じが抜け切れません。正式には「大津びわこ」ですが、近畿のお客様はほとんど「びわこ」と呼んでいましたね。

先月、帰省期間を利用して、ちょっとびわこに立ち寄ってきました。

以前は『西大津』という駅名でしたが、5年前に『大津京』という駅名に変わりました。



高架沿いの道を歩くこと、約10分。



びわこ競輪場は、今もしっかりと残っています。ただし、シャッターは降りたまま。もう、開くことはありません。



事務所の窓には、今でも高松宮記念杯のポスターが。



駐車場は、大型家電ショップに変わっていました。



競輪場の中の様子は、外からある程度見ることが可能です。







この辺りは、検車場や事務所ですね。



バンクも、よく見えます。



ちなみに、今でもバンクは練習に使われています。この日は、バイク誘導が行われていました。



さて、そんなびわこで長年親しまれてきた高松宮記念杯も、ここ2年は東日本で実施されましたが、今年は3年ぶりに近畿地区に戻ってきました。
今年の舞台は、岸和田競輪場。混雑を考えたら、車は避けた方が無難。南海電車をご利用ください。最寄駅は岸和田ではなく、その2駅先の『春木』です。



駅で降りさえすれば、初めての方でも、道に迷うことはまずありません。お客様がたくさん歩いていますので、マーク流れ込みで付いていけばOK!線路沿いを歩くこと5分。



岸和田競輪場に到着です。



近畿地区で一番入場者数が多い競輪場。



そして、バックにはBMXコースがあることでも有名です。



旅打ちの方は、「ミナミ」と呼ばれる『難波』での宿泊が便利でしょう。南海電車の始発駅ですし、飲食に困ることもありません。

ちなみに、私が難波でよく行くスポットは…。

①金龍ラーメン(あちこちにあります)

メニューは、ラーメンとチャーシューメンの2種類のみ。嬉しいのは、ご飯が食べ放題なことと、キムチ、ニラ、生にんにくが取り放題なこと♪



②りくろーおじさんの店

車券で勝ったら(いや、残念ながら負けても)、お土産にチーズケーキはいかがですか。



③なんばグランド花月

競輪もそうですが、お笑いも生で見るのが一番です!



いや、「まだ勝負し足りない!」という方は、サテライト大阪のナイター発売に行くしかないでしょう!(会員制。日本橋駅すぐですが、難波からでも歩けます)



さて、最後に私の注目選手を一人取り上げます。池田勇人選手(埼玉・90期)です。



昨年1月松山FⅠ以降、しばらく優勝から遠ざかっていましたが、今年1月立川を皮切りにFⅠ3連覇。4月武雄では、3年ぶりの記念決勝進出を果たし、前々場所の函館では今年4回目の優勝。随所で活躍が目立っています。

昨年8月四日市のサマーナイトに来たときには、

「最近、ジムに通い始め、筋トレを取り入れました。これまでも、軽くはやっていましたけどね。まだ始めたばかりなので、効果が出るのはこれから」

という話をしていましたが、あるいはこの効果も徐々に出てきたのかも?(その後、ジムの件は確認していないので、どうかは分かりませんが)

昨年秋には、落車による鎖骨骨折もありました。そんなこともあり、今年年頭には「怪我なく走り切れればいいと思って、一走一走頑張っていきます」とも話していましたが、復帰以降はよりパワーアップした印象すらあります。

「4月豊橋から使っている4.23のギアを踏みこなせている」(※ダービーでは4.08だった)

そんなコメントも出ていましたが、流れにもうまく対応できている感じがします。

直前静岡では準決勝敗退となったものの、初日特選ではジャンからの押さえて先行し、小埜正義選手や川村晃司選手、北津留翼選手らをシャットアウト!番手の宗景祐樹をも完封し、堂々と逃げ切っていました。

福井共同通信社杯では準決勝までコマを進め、あわや決勝進出の場面も作りました。一線級との差は、少しずつ詰まってきています。超一流相手にどんな走りを見せてくれるのか、楽しみな存在です。

では、3年ぶりとなる近畿地区での高松宮記念杯を、おおいにお楽しみ下さい!





ページトップへ

竹林一彦の競輪閻魔帳

竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!
★府中
三十数年前、俺は東京都下の府中市にある家具屋でアルバイトをしていた。
店は友人Aの実家が経営していて、俺はその友人と専ら配達役だった。家具の運搬にはコツがある。
箪笥などの箱物は持ち方次第で見た目より楽なのだが、座卓は別。天然木の高級品などはずっしりと重く、たちまち腰にくる。
勤め始めて約半年後、隣のビルの三階に「競馬コンサルタント」なる看板が挙がった。
当時の競馬界でちょっとした有名人でもあったMが開いた事務所だった。
俺も友人も競馬・パチンコ・麻雀の毎日だったから、スポーツ紙にテレビにと引っ張りだこだったMが出入りするのを眩しく見ていた。
事務所開きから半年、一年経った或る日だ。ビルの前に黒塗りの高級車が数台、急くように停車し、黒い背広上下の男たちが階段を駆け上がった。
怒号が聞こえ、ドアが叩き蹴られたらしき音も伝わった。後日、Mが蒸発したのを知った。
新聞記事で読んだのか、ゴシップ雑誌で見たのか、客から預かった大金を馬券で運用していたMの悲劇の顛末が書かれていた。

競馬も麻雀も二人で覚えたが、競輪は俺が先に知ってAに教えた。先生と生徒の関係は半年にも満たず、奴は俺の倍の加速で競輪に淫していった。
二人でよく一泊二日の旅打ちに出かけたが、友人は平気で記念競輪三日間とか六日間
(当時の記念は三日制で前節・後節通し開催なるものもけっこうあった)の遠征をするようにまでなった。
Aの親父に呼び出され「いったい息子はどうなってるんだ」と嘆かれたこともある。
二人とも負けた小倉からの新幹線を想い出す。疲労困憊で乏しい所持金。
当時の博多~東京は何時間かかったのだっけ。車中の苦痛と長さと苛立ちを忘れないでいる。
1988年の宮杯の帰りの車中、Aがトイレで吐いた。奴の鞄の中には井上茂徳と中野浩一で儲かった札束が入っていた。
大金の興奮と疲れからなのか、Aは二度も食べものを戻した。
俺がこの仕事に就いたのをAは喜んだが、俺には敵前逃亡? に似た負い目が少しあった。
あれから二十五年、俺は「安全地帯」で細々車券を買い続けている。Aのその後はここでは記さない。

先日、久方ぶりで府中の競馬場へ行った。帰りは競馬場から大國魂玉神社の裏手に抜けて商店街まで歩いた。
とうの昔に家具店は廃業している。様変わりした周りの景観が俺をまごつかせ、ついきのうのことのようだったあの時代が消えてしまった気がした。


ページトップへ

とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記



町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。
現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。
前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


3日目
e-shinbunの特設サイトを始めて1年。
チームe-shinbunのメンバーも9人に増えた。
更には、ある大物選手も仲間に加わる予定。
願わくは、チームe-shinbunのメンバーを全員グランプリに送りたい。
そんな事を夢見て日々取材をやっている。
華やかな世界であるが、身近で見ていて怪我の怖さを感じる。
イッチー(市田佳)は肺挫傷の重傷だし、小野俊之も選手になって初めての鎖骨骨折。
木暮も復帰して間もないし、慎太郎も三日目に落車してしまった。
それでも最終日の注目のレースがある。
何と初期からのメンバーであるワッキーと木暮安で連係するのだ。
(最初のメンバーはヤマコウ、慎太郎、ワッキー、木暮だった)。
この2人は本当に仲が良いし、今月下旬の前橋記念に備えて前橋で一緒に合宿をやる予定。
夜は何度も連係しているが、昼は初連係だ。
ワッキーが発走台につき、例の激しいパフォーマンス。
レースが始まると、今度は木暮が激しいブロックで2人のゴール前勝負でワンツー。
そして唯一決勝に乗ってくれた藤木裕に対しエールを送るレースをやって欲しい。


2日目
世の昔から、唄に詠み愛を伝え合うのが日本独自の文化。
記者と違いプレイボーイだった在原業平は
「見ずもあらず 見もせぬ人の恋しさは あやなくけふやながめくらさむ」。
これに対する女性からの「返歌」は
「知る知らず なにかあやなくわきれいはん 思ひのみこそしるべなりけれ」。
業平が道行く人にひとめ惚れして愛の言葉を送り、その女性からの返事が
「知っているとか知らないとかは関係ないでしょ。思いがあるかないかが大切です」。
これが現代では、フェイスブックやブログで代用されているのかも。
僕らの仕事で言えば有り難いことに、こう言ったコラムや、
テレビの解説の時にも隠れたメッセージを送ることが出来るし実際やっている(笑)。
個人的に楽しみな事のひとつだ。
でも勝手に良い方に解釈したり、ブログやフェイスブックのメッセージを自分に気があったり、
自分への愛のメッセージと勘違いする事も多い。
俗に言う「勘違い野郎」になってしまうのだ。
敢えて、この勘違い野郎を自分で演出しているのが佐藤友和だろう。
自分の立ち位置を考えてビッグマウスに振る舞い、時にはヒール役を自分から買って出る。
競走も良い意味での自分勝手さもある。
これも全て計算づくのクレバーな男だ。
さて準決。
友和と伏見俊昭は連係しない。
初日は友和が単騎で伏見は山崎芳仁と成田和也の後ろ。
優秀レースでも伏見は、友和の3番手を回らず武田豊樹の番手を回っている。
お互いがお互いの考えがあるし、個人的には良い事だと思っている。
最近は関東の連係にしても別々のケースが多い。
馴れ合いを排除した良い傾向だ。
お互いの気持ちを「返歌」にしたら面白いが、これも「変化」なんだろうな。


ページトップへ

オールスターファン投票のお願い

オールスターファン投票のお願い
ファンの皆様の投票で選ぶ夢の祭典、第56回オールスター競輪が
平成25年9月12日(木) から 9月16日(月・祝)までの5日間京王閣競輪場で行われます。
皆様の想いを乗せた、熱い投票をお待ちしております。

投票はこちらから!
http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/campaign/allstar_vote13/

e-SHINBUNメンバーはこちら




中川誠一郎 九州、187番
今年の順位ですか?多分、60位ぐらいじゃないですかね(笑)。
これでオリンピックでメダルを取っていたら、その波及効果もあったでしょうけどね。
あとは、妹ともども、よろしくお願いします。
その妹を応援しに弥彦のe-SHINBUN杯に応援に行くので、トークショーも楽しみです。
話しは下手だし、ファンが集まってくれるか不安ですが…。



小野俊之 九州、182番
俺にファンが求めている事は、俺にしかできない競輪だと思う。
そんなレースを見せるのが俺の使命。
とにかくファンの皆様を興奮させる走りをやりますよ。
それがオリオンやドリームなら華もあるし最高です。
もちろん誰よりも俺自身が興奮して走りますけど(高笑い)。



木暮安由 関東、024番
多分、俺自身では誰よりも人気があると思っている。
だからドリームでファン投票1位に選ばれるはず(笑)。
でも、それは妄想の世界だし1人でも多くのファンの方に僕を選んでいただきたい。
ヤマコウさんのコラム(前橋記念のパンフレット)にも書いてあったけど、昨年の地元オールスターで武田さんに迷惑をかけている。
苦い大会だし、今年はそのリベンジもしたいですね。



脇本雄太 近畿、118番
僕の予想では村上義弘さんが、多分ファン投票1位。
あとは武田さんや深谷君も人気もあるしね。
僕のファンも多いと思うけど、女性ファンはどうかな(笑)。
締め切りは6月25日ですよね。もし1位になったら、月末の前橋記念で完全優勝しますよ(笑)。
見ていて下さい、これは有言実行です。
今シリーズも発走台の気合を入れるパフォーマンスとレースで目立ちます!



小倉竜二 四国、156番
一応、これでもドリームには乗った事があるんですよ。
確かグランプリに乗った年だったと思う。
有り難い事にオリオンにも選ばれています。
何かキャッチコピーですか? 分からないし考えてくださいよ(笑)。
俺はニヒル?ならば、ニヒルな走りをやると言う事でお願いします(笑顔)。



佐藤慎太郎 北日本、216番
こう言った企画がe-SHINBUNは面白いし、僕ら契約選手も励みになりますよ。
これで僕ら9人だけでなく、全体の投票数も上がると良いですね。
俺がオリオンやドリームに選ばれたらですか?とにかく穴を出しますよ。
今の俺は配当的にメリットがありますからね。
同じ仲間として市田さんとも早く一緒に走りたいし、僕らチームe-SHINBUNのメンバー9人でドリームを走れたら最高ですね。
そうなると並びはどうなるのかな。
ワッキーには市田さん。誠一郎には小野君でなく小倉君?藤木には川村君?俺は木暮が自然だな。
色々と考えるだけで楽しいし、魅せる走りをやるので、よろしくです。



藤木裕 近畿、125番
まだ実力的にも人気もドリームは難しいですね。
せめてオリオンには乗りたいな。
あとは一緒に合宿をやった深谷君や脇本君にも負けたくないですね。
言葉に発すると安く感じる面もあるし、僕の走りで何かを感じていただけたら良いですね。
それには、大事な大会になるし魅せる走りをやりながらも勝ちたいですね。



川村晃司 近畿、123番
僕は遅咲きだし、オールスターを走れるようになったのも、ここ4年ぐらいです。
精一杯走るとしか言えませんね(笑顔)。
あとは少しでもe-SHINBUNを盛り上げられる様に頑張りたいです。
よろしくお願いします。


市田佳寿浩 近畿、116番
自分がやらかしてしまった事だけど、この場を借りて、皆様に謝りたいですね。
本当、心配もかけたし迷惑もかけましたから。
おかげさまで復帰のめども立ち、8月の平のサマーナイトを目指しています。
いわき平記念で負傷し、その平で復帰するのも俺らしくて良いでしょう。
競艇で言う植木の不死鳥伝説みたいですね(全身を何百針も縫う大怪我を桐生でしたが、あえて桐生を復帰の場所に選んだ)。
骨折の方は治ったし、あとは肺挫傷とかもやったので、そちらの血液検査の結果次第です。
最初は寝たきりで日常生活もままならなかったですが、ようやく自転車に乗る事も出来る様になってきました。
最初は車券にからむのは難しいかもしれないけど、こんな俺の生き方や生き様を応援してくれるファンが一杯いますからね。
何度も大怪我や挫折から這い上がってきたし、そんな俺を認めてくれるんでしょう。
さすがに、今回は少し落ち込んだけど、生き方や考え方、復帰してからの走り方もぶれないと思います。
市田は今後も市田としてあり続けるので。
宮杯の舞台に立てないのは残念だけど、脇本の尻をたたいておいてください(笑)。


ページトップへ

e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2013年 6月13日(木)・14日(金)・15日(土)・16日(日)

■開催場所
岸和田競輪場

岸和田競輪場

取り扱いネット新聞

-->

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttps

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ