eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
とん豚テジ

開設68周年記念 水戸黄門賞(GⅢ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
玉野競輪 第6回週刊実話杯&第4回e-SHINBUN杯 ナイスグッド撮影
2018年11月29日~12月1日に開催される
「玉野競輪 第6回週刊実話杯&第4回e-SHINBUN杯」にて
イメージガールを努める林ゆめさんのグラビア撮影風景を動画でご紹介します!
撮影は各メディアで話題沸騰の海パンカメラマンこと野澤亘伸氏が担当しました!

レースにも負けないくらいの熱い撮影風景をご覧ください!


 
   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
 
山内卓也
 
川村晃司 池田勇人 猪俣康一 小野俊之
川村晃司
池田勇人
猪俣康一
小野俊之

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
水戸黄門賞 ニコ生e-SHINBUNチャンネル放送予定!!(2018年11月10日~13日 10:00~18:00)
11月10日~13日 10:00~18:00 取手「水戸黄門賞」
 
 連日 10:00~18:00 8時間の生放送!!
  http://ch.nicovideo.jp/eshinbun

 
放送概要

e-SHINBUNがお届けする競輪予想バラエティ番組!
取手競輪 水戸黄門賞[GⅢ] e-SHINBUNチャンネル。
毎度お騒がせのe-SHINBUNメンバーに
豪華ゲストを交えて取手競輪場特設スタジオから公開生放送です!
皆さん一緒に楽しみましょう~♪


放送統括
町田洋一
   
出演者
※出演者は日によって変更になる場合がございますのでご了承ください
木三原さくら 二宮歩美 競輪小僧 北村和久
   
その他出演者
  • アオケイ記者
 

【協力】チャリロト https://www.chariloto.com/
【開催施行者】取手競輪 https://www.toride-keirin.com/

 
ページトップへ
 

   
S級決勝インタビュー

吉沢純平
地元記念2連覇は意識していない。
まだ、それを意識する立場でもない。
神奈川勢が付けてくれるのは大きいし、自力勝負です。
吉田敏洋
ヘルニアになってから、調子を落としたし、少しずつですね。
ベストでもないし、まだまだ改善の余地はある。
若手に示しがつかないし、山崎賢に行くわけないでしょ(笑)。
自力勝負。
山崎芳仁
腰の具合が良くなってきたのが全て。
4角からの伸びで飯を食っているし、それが良くなってきた。
もしかしたら、またタイトルを取れるかもしれない(笑)。
単騎で自力勝負。
山崎賢人
記念初優勝は狙って取れるものではないし、自然体で走りたい。
もちろん、周りからの期待はヒシヒシと伝わってきますが。
オールスターの決勝と同じく単騎で自力勝負。
松谷秀幸
山崎賢君は化け物ですよ。
まともに走ったら勝てる相手ではない。
ただ、競輪は、違う意味で勝てる可能性もありますが。
見栄えも悪くないと思うし地元の吉沢君へ。
連係するのは初めてです。
五十嵐力
松谷君の頑張りで決勝に乗る事が出来た。
これで前回の失格を取り戻せる。
どう走っても、彼にお任せです。
林 巨人
まさか、あんなに外を伸びるとは思わなかった。
出来過ぎです。
愛知同士の吉田さんへ。
山中秀将
展開が向いたけど、行けるかどうか紙一重だった。
見た目より、楽に捲った訳ではない。
自力で勝つ走り。
和田健太郎
ピレネー山脈を登る様な感じできつかった。
山中君は仕上がっているね。
勝つ走りをやってくれれば十分ですよ。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
三日目勝因敗因
 
  1R S級一般



1 大前 寛則
(落車し棄権)。
2 角 令央奈
落車したけど、幸い軽傷だった。
落ちた時は、少し恥ずかしくて動けなかったですが。
3 山崎 充央
鈴木君は高校の後輩。
初日失敗しているから頑張ってくれたのでしょう。
やかましく言った? いや、無言の圧力ですよ(笑)。
4 鈴木 雄一朗
今日みたいな単調な展開だと自分の力を出し切れるのですが。
これで山崎さんに怒られなくてすむ(笑)。
5 佐藤 亙
(落車し棄権)。
6 下沖 功児
内に詰まって、力を発揮出来なかった。
7 宮下 貴之
いつも補充待機で、待機のまま終わってしまう。
だから、補充が入ったのは久々。
大宮の補充は予備でしたから。
今は自力が出ないし、人の後ろで勉強している。
今日も内を締めていただけ。
8 山口 幸太郎
これで最終日も走れる。
弟子の山崎賢人の優勝を、目の前で見たいですからね。
9 連佛 康浩
佐藤さんが先に捲る展開になった。
あのまま、じっとしてもらえれば捲りが決まっていたかも。
2センターの煽りも痛かったですから。
4角から内に入る芸当は危ないので出来ないですから。
  2R S級一般



1 大薗 宏
1コーナーの地元応援団の声援が凄かった。
余裕がないから、最後、少し抜きすぎた。
もちろん、行ってくれた坂本君のおかげです。
2 上吹越 俊一
初日の個人上がりの10秒8は自己ベストです。
今日は日野君任せだったけど、成績より脚は悪くないです。
7着では結果待ちですね。
3 堀 僚介
叩きに行ったけど、坂本さんに併された。
少し良くなっていただけに残念。
4 日野 博幸
前で決まってしまったし、上吹越さんに迷惑をかけてしまった。
5 鷲田 幸司
骨折明けで、まだまだですね。
自転車のセッティングの事で、山田英明さんに色々とアドバイスをもらった。
特にハンドルの位置とか。
6 梶山 裕次郎
坂本君の主導権だと思い、そのラインを追った。
4番手で4着でしたね。
7 坂本 周作
最後は少し失速したけど、ラインの3人で決まったので。
地元の大薗さんが1着で凄く喜んでくれた。
8 川村 昭弘
弥彦も今年の開催が無事終わりました。
OBの原田則夫さんが7年ぶりに競輪場に来てくれ、予想会も好評でした。
選手会の役員として、色々と盛り上げていきたいですね。
今日は坂本君のおかげです。
9 竹田 和幸
ギリギリ6着でしたね。
最終日を走れるだけでも。
  3R S級一般



1 小川 祐司
7月から選手会の副支部長を引き受けた。
公務が忙しく、なかなか満足のいく練習が出来ない。
今日は後手を踏み失敗した。
2 庄子 信弘
チャレンジでくすぶっていた時は、まともな練習はやっていなかったので(笑)。
初めてのS級で最初はスピードの違いに戸惑っていたけど、やっと慣れてきた。
今日は松沢君のスピードを借りて、突き抜けるイメージで踏んだけど。
3 山田 和巧
たまには、こう言う事がないとモチベーションが上がらない。
4角絶好の番手で恵まれた。
S級の点数を考えても、この1着は大きいですね。
4 土屋 壮登
ギリギリ6着ですね。
最終日は、もっと大きなレースをやりたい。
5 山口 貴嗣
練習中の落車で、仕上がっていなかった。
また出直します。
6 伊藤 拓人
斉藤さんが行ってくれ3番手で内を締めるレースだった。
7 松澤 敬輔
庄子さんには好きに走れと言われていた。
3角手前から仕掛けたけど力不足です、 8 齋藤 宗徳
山田さんの1着に貢献して、自分も5着に残れたので。
9 中川 貴徳
マーク選手なら、どんな展開でも3着と思い走っている。
最後は、中を突くレースだった。
  4R S級選抜



1 西岡 正一
中井君が失格だし1着でも素直に喜べない。
巴君が番手から出たし、きつかったけど良く頑張ってくれた。
とにかく、複雑です。
2 鈴木 謙太郎
落車しなくて良かったけど、人気なのにすみません。
3 巴 直也
(落車し棄権)。
4 佐藤 愼太郎
9番手から、良く突っ込めたと思う。
だけど、あわや落車に巻き込まれるところだった。
よける時に、前輪がガシャと言い壊れた。
5 中田 健太
(落車し棄権)。
6 本多 哲也
同級生の巴君と話し、この並びになった。
アクシデントがあるレースだったけど主導権は取れたので。
7 戸田 洋平
(落車し棄権)。
8 石塚 孝幸
目の前で落車があったけど、余裕はあったので。
巴君の怪我が少し心配ですね。
9 中井 太祐
1着失格ですか…。
迷惑をかけたし残念です。
 
   5RS級選抜


1 大塚 健一郎
一戦、一戦が必死ですよ。
ダービー出場の賞金が足りない? 今年は失格が多く、あまり走っていないから。
だけど、今は真っ直ぐ走っていますよ(笑) 2 小林 則之
単騎だから仕方ないけど、脚の感じは悪くないんですよ。
やはり同期の川村晃司との一緒の配分は気持ちが入る。
3 小林 卓人
併走できつかったですね。
だけど、あの展開で5着ならば。
4 吉田 健市
(6着失格)。
5 吉本 哲郎
後ろが格上の大塚君さんなのに、バックを取れなかったのは残念です。
6 桜井 雄太
自分なりに絶好調ですが、まだまだと書いておいて下さい。
91点の選手でないのは間違いないですね(笑顔)。
7 野木 義規
荒沢君にはぐれなければ結果は違った。
吉田君に締められて、追う事が出来なかった。
8 立石 拓也
大塚君は流石ですね。
後ろを回り勉強になりました。
9 荒澤 貴史
自力が出ていないし、戦う武器が少なくなっている。
同期小林さんのところは邪魔を出来なかったけど、少しでも前々と思っていた。
番手は取り切れたけど、その後は、併されてしまった。
 
   6RS級選抜


1 根田 空史
欠場? いや、もちろん最終日も走りますよ。
自転車がダメなだけで体調は問題ないですから。
2 藤原 浩
渡辺君の気持ちを聞いて、迷ったが付ける事になった。
だから共倒れだけど納得です。
3 石川 雅望
矢口さんに内を締めておくように言われた。
必要以上に締めていたら遅れてしまい、そこを割り込まれた。
4 副島 和人
根田君のスーパーダッシュに千切れなかったのは収獲ですね。
結婚してから成績が上向いている。
麻酔科に勤務しているけど、ナースでなく女医です(笑)。
5 矢口 啓一郎
末木君の番手で、これで3勝目。
有り難いですね。
根田君を張りながら、悪いと思ったけど番手から出た。
7 渡邉 豪大
根田さんの前を走れる状況ではない。
番手を回ると言う話しもあったけど、それも違うと思って…。
8 末木 浩二
矢口さんは関東を背負ってきた先行選手。
根田さん相手だし逃げる事しか考えていなかった。
9 菅原 晃
3着だし最低限の走りですね。
2着まで届きたかったですが。
 
   7RS級特選


1 白戸 淳太郎
これで3日連続で4着。
明日も4着狙いでいきますよ(笑)。
2 坂本 貴史
初日も昨日もダメだった訳ではない。
ちょっとした噛み合わせだけ。
前を取った時は突っ張りも考えていた。
それは岸沢さんが、どう押さえに来るかだった。
鹿内さんはタテ脚があるから抜かれたのは気にしていない。
3 土屋 裕二
4 岸澤 賢太
押さえに行くのが遅かったかな。
それで坂本君に突っ張られてしまった。
5 鹿内 翔
加藤さんの追い上げが、僕のところでなく3番手で助かった。
坂本君は車輪をかけておいて、タイミング次第で突っ張ると言ってくれていた。
6 久島 尚樹
被ってしまい踏めなかったですね。
脚は良いですが、その辺りの技術はないので。
7 加藤 圭一
坂本君が突っ張り、後ろになってしまった。
どうしょう、どうしょうと思いながら、追い上げた。
スピードが上がってしまい、番手まで行けず3番手追い上げになってしまった。
8 齋藤 正国
初日みたいに大穴を出せる様に頑張ったけど、坂本君が強かった。
9 中村 敏之輔
やはり、加藤さんは重たいですよ。
あの体ですから(笑)。
 
   8RS級特選


1 須永 優太
レースが終わり、岡部さんからアドバイスをもらった。
中団を取るのに脚を使い、3角でニュートラルに入らなかった。
2 杉森 輝大
別に調子が悪かった訳ではない。
今日も普通に逃げ切れたので。
悔しいレースが続いたけど、最終日も勝てる様に頑張ります。
3 須藤 誠
前の3人で決まるレースになったし、4着なら十分ですよ。
4 原 真司
筒井裕君もきつそうだったけど、自分も余裕がなかった。
5 江守 昇
外では脹れると思い、いつも通り、中を突いた。
あのコースに入ったのなら2着には突っ込みたかった。
6 金澤 幸司
今回はエボで走る竜二とよく間違われます(笑)。
5着なら、僕の実力を考えるとバーディーですよ。
7 筒井 裕哉
ダービー出場の賞金が掛かっているし、少しでも上積みしないと。
後方になり、完全に失敗です。
8 関 貴之
抜けると思ったけど、やはり実力が違いました。
杉森君は特別競輪で勝ち負けする選手ですから。
9 筒井 敦史
3角から仕掛けたけど、半車身しか出なかった。
こう言う時の為に捲りが決まらないと。
あとは、筒井、筒井で買ってくれたファンにも申し訳ない。
 
   9RS級特選


1 堤 洋
我慢出来ず、内に早めに入った。
あのコースなら2着に入りたかったけど、川村君も外を我慢していたね。
2 安部 貴之
もちろん、佐々木さんのおかげです。
番手絶好で恵まれた。
1着だけど、ラインで決められなかったし、そこは修正点。
3 志村 太賀
弟子の末木とかいるし、チャラチャラ出来ないですよ(笑)。
久木原君のスピードを借りて、もっと伸びても良かったし脚がないな。
4 岡部 芳幸
ゴール前はヨコ一線だったけど、6着ぐらいだったかな。
5 佐々木 則幸
先に山田さんが内に入ってきた。
最後もコースを迷いながら。
もう少し巧い選手なら4、5着はあったね。
6 久木原 洋
負け戦の鬼と書いてあったし、一発狙っていましたが。
楽に中団だし組み立ては良かったけど、捲ったスピードが鈍かった。
7 山田 幸司
9番手になったのが失敗ですね。
行けるところまで内と思ったけど、空かなかった。
8 佐々木 孝司
やる事はやったし、後ろの安部君が1着だったので。
自分なりに調子は良いと思います。
9 川村 晃司
見栄えも悪かったし、内容のない2着です。
後ろの堤さんと佐々木君に迷惑をかけた。
次の競輪祭は、もっと頑張りたい。
 
   10R S級準決勝


1 椎木尾 拓哉
稲垣さんが行ってくれたのに、きちんと止める事が出来なかった。
申し訳ない。
2 吉澤 純平
順番から言えば、ジャンからのカマシ。
そこで津村君が邪魔になり仕掛ける事が出来なかった。
ただ、捲ってからのスピードは良かったと思う。
地元記念連覇は、あまり意識せずに。
3 吉田 敏洋
稲垣さんの先行だし、番手も仕事の出来る椎木尾君。
そこは勇気がいりましたね。
競輪祭? まだ、タイトルを取るとか取らないとかのレベルには戻っていない。
4 佐藤 博紀
結局、何にも出来なかったですね。
山崎さんにはスピードをくれと言われていましたが。
5 稲垣 裕之
競走でもがく事が一番の早道ですから。
セオリーならジャンで吉沢君が来るけど、そこで来なかった。
だから腹をくくりました。
同じ負け方でも初日特選より良くなっているし、少し明るい兆しが見えてきた。
6 津村 洸次郎
あのまま稲垣さんの3番手にいれば良かったですね。
吉田さんに踏まれ、そこが失敗。
7 山崎 芳仁
腰が壊れていたけど、それが治ってきたので。
自分の場合は踏み出しは捨てているし、4角からの伸びで生きている。
かなり手応えを掴める様になってきた。
もしかしたら、何%かの確率で、タイトルをまた取れるかもしれない。
そんな気持ちにもなってきた。
8 柴崎 俊光
吉田さんに付いて行けず、ショックです…。
 
   11RS級準決勝


1 松谷 秀幸
優秀レースで攻めるレースをやっておいたのが良かったかな。
山崎君が先に捲ってくるし、自信はなかったけど、先に捲るしかなかった。
山崎君相手だし、五十嵐さんと2、3着なら上出来でしょう。
3 山崎 賢人
レース内容がちょっと…。
脚力は問題ないですが、山田さんと8、9番手になっての捲りでは。
2センターの守沢さんのブロックも強烈でした。
4 高原 仁志
松浦君が駆ける展開になったけど、松谷君の捲りを止める事が出来なかった。
申し訳ないですね。
5 山田 英明
ジャンで内を掬って山崎君が先行すると思ったけど…。
7 松浦 悠士
本当は3番手の作戦だったけど、山崎君が来ない。
ジックリ構えて、彼は良い度胸をしていますよ(笑)。
レース内容は良かったと思うし、残れなくて悔しい。
8 守澤 太志
組み立ての失敗もあった。
あの位置でも、山崎君を持って行ったが全然止まらなかった。
9 五十嵐 力
普通なら松谷君とワンツーですよ。
それを、凄い勢いで来たし、山崎君は化け物ですね(笑)。
 
   12RS級準決勝


1 武田 豊樹
最終日のメンバーを見て、一言、「杉森の番手」と言い、言葉少なに控え室に戻る。
2 小倉 竜二
翼君は出てからもキョロキョロしているし、笑いそうになりました。
前に出たのは良いけど、パニックになったんでしょうね(笑)。
最後の直線は脚負けです。
3 山中 秀将
見た目より、楽ではなかった。
本当、行けるかどうか、紙一重だった。
決勝は細切れ戦だし、チャンスがありそうですね。
一発狙っていく。
4 林 巨人
あんなに外を伸びるとは嬉しい誤算です。
僕の3着で、3連単の配当は跳ね上がりましたね。
決勝も、貪欲に。
5 鈴木 竜士
見ての通りで組み立てが全て中途半端だった。
武田さんに申し訳ない。
6 藤田 勝也
もっと踏むべきでした。
愛知勢に迷惑をかけた。
最終日は稲垣さんの後ろで勉強する。
7 和田 健太郎
山中君が山を登って行く感じ。
まるでピレネー山脈を登坂している様でした。
千切れるかどうか、危なかったですね。
8 北津留 翼
小倉さんの指示通りに走れなかった。
本当は赤板で切って、そこで待って、もうひとつのラインを出す作戦でした。
切るのが遅くなり、逃げるレースになってしまった。
9 金子 貴志
地区プロに向けて、カーボンの練習ばかりやっていた。
その疲れも残っているけど、今日は展開が向かなかった。
   
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
二日目勝因敗因
   1RS級選抜


1 角 令央奈
組み立ては、あの場所で良かった。
だけど、坂本君が踏まなすぎた。
自分で先に捲る様な感じでないと。
2 山田 幸司
余裕があるそうに見えたから、7番手でも本多君は行ってしまうと思った。
須永君に飛び付かれそうになったけど、そこも巧く対処出来た。
3 中川 貴徳
後方になり突っ込んだけど、5着で一杯だった。
4 竹田 和幸
角君の位置取りは良かったけど、そこからでしたね。
5 坂本 周作
ちょっと仕上がりが悪いし、本多さんに行かれてしまった。
6 伊藤 拓人
悪くはないけど、やはり3番手回りなので。
もっと点数を上げないとダメですね。
7 須永 優太
少しずつ人の後ろでも、技術力が高まっている。
あの展開で2着なら上出来でしょう。
8 鈴木 雄一朗
昨日も今日も何にも出来ていない。
後ろに申し訳ない。
9 本多 哲也
ダッシュ力は自信があるので。
それに坂本君も踏んでいなかったから。
最後は失速したけど、山田さんと1着、3着なら。
 
   2RS級選抜


1 佐藤 愼太郎
2着まで届いたと思ったけど、ゴール後でしたね。
3 原 真司
筒井君は4角から伸びて行くのを知っている。
だから、早めに内に切り込まなかった。
ワンツーで良かったですよ。
4 末木 浩二
引いてロングカマシの予定ではなかった。
位置が取れないから、最後まで下げた。
今後の課題のひとつ。
5 筒井 裕哉
あの位置が取れれば、先に誰かに行かれても対処出来ると思った。
初日の悔しさを晴らす事が出来た。
6 齋藤 宗徳
7 大薗 宏
末木君のダッシュに付いて行くだけで一杯だった。
全く余裕はなかった。
8 梶山 裕次郎
前の2人はワンツーだけど、僕の位置は遠かった。
9 庄子 信弘
前々の走りが出来ず失敗ですね。
残りは頑張らないと。
 
   3RS級選抜


1 関 貴之
こんな展開になると思っていた。
だから久木原君に離れない事だけを考えていた。
2 連佛 康浩
昨日も今日も見せ場は作れている。
それだけで満足ですよ。
3 佐藤 亙
5着ですね。
堀君が行ってくれたけど展開通りでした。
4 堀 僚介
先行したけど、掛かり切らなかった。
後ろの先輩に申し訳ない。
5 久木原 洋
完全に負け戦の鬼ですね。
勝ち上がりの1着は前回の豊橋記念だけなので。
1着の勝利者数で決まるので、あと3勝すれば、間違いなくウイナーズカップは特選シード。
平原さんやSSのメンバーと一緒の可能性がある。
もう緊張しますよ(笑)。
6 立石 拓也
吉永さんが当日欠場。
それで連仏君の後ろが空いていたので回りました。
7 西岡 正一
一般戦だけど厳しいですよね。
堀君が頑張ってくれたけど、捲り追い込みが飛んできてしまった。
8 上吹越 俊一
立石さんが連仏君にマークしたので、僕は関東の後ろで良いと思った。
9 吉永 好宏
(当日欠場)。
 
   4RS級選抜


1 野木 義規
2センターから内に入り、風のないところを走れた。
エアーポケットだったので2着まで突っ込めた。
今期は失格があるのでS級の点数は取れないが、気持ちを切らさず頑張りたい。
2 山崎 充央
目標の岸沢君が頭まで行っているし、もっと伸びないと。
3 鷲田 幸司
骨折明けでダメなのは分かっていたけど、思っていた以上にダメですね(苦笑)。
頭と体の反応が全く別ですね。
4 吉田 健市
中井君が本命だし、その3番手だったので納得です。
5 岸澤 賢太
普通なら2センターで諦めてしまうケースもあるけど、今日はそこで我慢出来たので。
そこまで行けば、4角のくだりを使えますから。
6 松澤 敬輔
先行は厳しいので、野木さんと話し前々の作戦でした。
7 中井 太祐
結果は出なかったけど、踏んだ感じは、そんなに悪くない。
細切れ戦だし、誰か捲りが飛んできて、脚を溜めている人の突っ込みもあると言う、よくありがちなレースになって…。
8 日野 博幸
カマシに行ったけど、中井君に脚負けですね。
9 山口 貴嗣
日野君のダッシュを追えなかった。
怪我明けだし、まだまだですね。
 
   5RS級選抜


1 佐々木 則幸
踏み出しで口が空いたのでなく、あれは敢えて車間を切りながら小川君を追い掛けた。
なるべく小川君を残そうと思ったし、久島君の強襲は仕方ない。
2 土屋 壮登
埼玉が前のレースまで2連勝。
レースだから、そんなに甘くなかったですね。
3 久島 尚樹
絶好調だと思っていました。
初日は北津留さんに離れたけど、僕も個人上がりは10秒8だったので。
これは自己新記録。
だから下沖さんのスピードを借りて突き抜ける事が出来た。
これでS級2勝目です。
4 川村 昭弘
石川君にはゴムを付けておきました。
もし、大きくイエローラインぐらいまで持って行った時に、すぐに戻って来れるように(笑)。
初日の石川君のレースを見たでしょ。
5 大前 寛則
カマシの3番手で前の2人に離れてしまった。
6 下沖 功児
流れは良いけど判断が甘いところがある。
そこが気になっている。
7 石川 雅望
オーバーアクションで止めに行き失敗するので、それは頭にあった。
今日は、そんな展開にならなかったですが。
8 山口 幸太郎
今回は弟子の山口賢人の応援団ですよ。
久島君は頭まで行ったけど、僕は9着でした。
9 小川 祐司
連日、長い距離を踏んでいるので。
もう少し粘る脚があれば良いのですが。
 
   6RS級二予選


1 柴崎 俊光
吉田さんの仕掛けがバッチリだった。
とにかく離れない様に内を締めていただけ。
2 中村 敏之輔
坂本君に申し訳ない。
あれが守沢君なら止めていましたね。
3 戸田 洋平
好位、好位と思っていたけど、矢口さんに2センターで飛ばされてしまった。
4 矢口 啓一郎
ちょっと意外だったな。
あんなに簡単に坂本君が吉田さんに行かれてしまうとは。
5 坂本 貴史
吉田さんを併せる事が出来なかった。
その後は、番手か3番手をどかしに行こうと思ったけど、そこもスピードが違った。
6 齋藤 正国
先行でやっていた時にS級の経験はあるけど、今の戦法になってからは初めてのS級。
だから日々、勉強です。
7 吉田 敏洋
シンプルに前を取り、引いて行けるところからの作戦。
林君に差されたけど、ラインの3人で決まったので。
だけど、こんなに簡単に差されるようでは、取手記念の優勝は赤信号だ(笑)。
それも、林君だよ。
9 林 巨人
実は吉田さんと初めてのワンツー。
抜きすぎてしまったり、僕が離れたりと、いつも怒られてばかりだった。
僕と同じく体の小さい坂口君は相性良いみたいですが。
先輩のおかげと書いておいて下さい。
 
   7RS級二予選


1 中田 健太
地元の先輩の杉森さんに好きに走ってもらった。
だから仕方ないですね。
2 高原 仁志
誘導を追うので脚を使い、昨日の落車の影響も残っている。
何とか3着に入る事が出来たけど、4角からはボディーブローで、かなりきつかった。
3 渡邉 豪大
骨折明けで仕上がっていない。
最低でも金子さんの後ろを取れれば良かったですが。
4 土屋 裕二
俺の責任もある。
もっと渡辺君が上手く走れる作戦があったと思う。
6 桜井 雄太
実力の差があるから金子さんとは初連係だった。
とにかく逃げる事しか考えていなかった。
7 筒井 敦史
内はコースがなかったので外だと思った。
小倉君みたいなハンドル投げの巧さがあれば。
ちょっと、コースに入るのも遅れた。
だけど、やる事はやったし悔いはないですよ。
8 津村 洸次郎
金子さんの後ろは取り合いになると思っていた。
杉森さんが位置取りに失敗して後方になったのは意外でした。
あまり、こう言うレースは得意でないし、自分でもビックリ(笑)。
9 金子 貴志
まずは桜井君の頑張りがあったから。
豊橋記念ぐらいから調子が良くなっているのは分かっていたけど、91点しかない選手には思えない。
これから、どんどん強くなっていくと思う。
シビアに2角から出たけど、最後は一杯だった。
 
   8RS級二予選


1 吉本 哲郎
逃げても、あの位置を稲垣さんに取られては…。
バックも取れず、それも残念。
本当はホームで順番が来て、行く展開が理想でしたが。
2 志村 太賀
あ~きつい。
鈴木君任せだけど、何にも出来なかった。
3 三谷 政史
稲垣さんの加速は凄かった。
流石ですね。
自分もピッタリマーク出来たので。
4 江守 昇
稲垣君が自然とジャンで3番手を確保していた。
あれで勝負ありでしたね。
5 稲垣 裕之
ハンドルを変えたら、踏み出しも、最後の粘りも抜群だった。
今回は競輪祭を見据えて、自力でやれているのが大きい。
ジャンで吉本君が踏んでくれたのも助かった。
6 藤田 勝也
意外と3番手3着は得意です。
三谷さんだけは抜こうと思ったら、スライスしてきて邪魔された(笑)。
稲垣さんの3番手で勉強にもなった。
7 堤 洋
稲垣君のスピードが違った。
番手、3番手もピッタリ付いて来ていたので、止める事が出来なかった。
8 小林 則之
相手が強すぎて、何にも出来なかった。
完全に立ち遅れました。
 
   9RS級二予選


1 北津留 翼
昨年の競輪祭は準優勝。
今年は恥ずかしながら誘導です。
誘導をやると、いくら貰えるかは分かりません(笑)。
イエローラインぐらいまで持ってこられ、危ないと思い、内に行ったら、あんな形になりました。
2 鹿内 翔
佐々木さんが行ってくれたし、仕事をやろうと思ったけど、まだまだですね。
3 白戸 淳太郎
山中君が3着なら、まだ4着でも納得出来る。
2着まで行っているし、やはり3着には入らないと。
4 菅原 晃
翼君の仕掛けがトリッキーでしたね。
8着だったけど、前の2人が勝ち上がってくれたので。
5 山中 秀将
後ろから押さえての7番手。
一旦、レースを動かしているから、何にもやらずの7番手ではない。
そこは収獲だし、脚の感じも悪くない。
6 石塚 孝幸
記念の二次予選になると、みんな違いますね。
7着だし、仕方ないです。
8 佐々木 孝司
逃げて見せ場を作った。
6着だけど、番手の鹿内君も仕事をやってくれたので納得です。
9 山田 英明
翼君がホームで休まず、行ってくれたのは嬉しいですね。
だけど、このフレームも使いものにならない。
競輪祭でひとつの武器がなくなったし、それも痛いですね。
 
   10RS級二予選


1 川村 晃司
根田君も簡単に諦めず、外で粘っていた。
最後は力尽きたけど、守沢君と3着同着ですか。
初日の着順で負けているから、準決に進めないのは残念です。
2 岡部 芳幸
守沢君は守沢君のスタイルがあるので。
内に行ったし、厳しかった。
3 和田 健太郎
3角ぐらいまで根田君の動きを見ていた。
飛んだのを確認してから自分で踏み込んだ。
2着まで行っているし、久々に良い感じです。
4 副島 和人
S級の点数を考えると、少しでも良い着を取りたかった。
7着だし3日目は選抜回りですか。
5 椎木尾 拓哉
川村さんを残せなかったのが…。
守沢君に対しての対応や、根田君の止め方も悪くなかった。
ただ、そこだけだし、川村さんに申し訳ない。
7 根田 空史
初日が終わってからも自転車はいじったけど、ダメですね。
今日は川村さんに力負け。
8 小林 卓人
内は締めていたつもりだけど、やはり上位陣はスキがないですね。
そこを守沢君が入ってきた。
9 守澤 太志
外は無理だと思い、内に行った。
だけど、見ての通りで完全に椎木尾君に負けました。
悔しいけど、マーク選手として完敗です。
4着だと思ったし、3着同着はラッキーです。
 
   11RS級二予選


1 佐藤 博紀
大槻さんの作戦通りになった。
あの展開になれば山崎君の後ろが離れるかなと…。
スイッチしてからは、凄いスピードを体感出来た。
抜くのはとてもとても。
2 大塚 健一郎
親王牌に続いて2度目の連係だったが、山崎君に離れてすみません。
凄い加速だった。
今度、連係する時は離れない様に。
3 加藤 圭一
巴君が逃げてくれたけど、山崎君のスピードが全然違った。
4 須藤 誠
山崎君の感想? まるでディープインパクトみたいだった(笑)。
器が違いますね。
5 大槻 寛徳
皆さんに褒めてもらい嬉しいですね。
大塚さんは重かったし、それをどかせたのは収獲。
その後も自分で捲る感じでしたから。
最後もタテ脚のある安部君に抜かれなかったので。
6 古閑 良介
もう山崎君と一緒に走るケースはないでしょう。
一生の思い出になりました。
7 安部 貴之
大槻さんと大塚さんのぶつかり合いを、真後ろで見ていて怖かった。
その分、脚を溜める事が出来なかった。
8 巴 直也
山崎君と真っ向勝負が出来たけど、ホーム線さえ取れなかった。
ただ、やりきった、爽快感はありますよ。
9 山崎 賢人
脚的には不安ないけど、ラインで決められなかったのが…。
もっと巧く走れば、大塚さんに迷惑を掛けなかったと思う。
 
   12RS級優秀


1 鈴木 竜士
地元で決められなかった事が悔しい。
もう少し、他に方法があったかも。
2 山崎 芳仁
ある程度の位置を確保してからと思ったけど、後方になった。
松浦君ラインを追う様な感じで、自分で仕掛けた。
今回の佐藤君は動けているので準決もチャンスはあると思う。
3 小倉 竜二
得意のハコ3をやってしまいました(苦笑)。
ジャンぐらいから、バイク誘導みたいで脚が溜まらなかった。
4 五十嵐 力
松谷君も脚を使っていたから厳しかったと思う。
準決も一緒だし信頼して。
5 武田 豊樹
ジャン前のカマシだし俺と後ろの芦沢君はきつかった。
もう少し違う作戦があったかも。
とにかく、地元で決められず残念。
準決は鈴木君の番手で頑張る。
6 松谷 秀幸
とにかく合った場所で勝負しようと思った。
内に差してバランスを崩したから、あの位置になった。
7 吉澤 純平
番手から出るより、位置を守る方に頭がシフトしていた。
ただ、松浦君のスピードが良くて対応出来なかった。
9 松浦 悠士
思った以上に車が出ているから、地元の2段駆けを許さず、勝つ事が出来たと思う。
準決は、あの山崎賢人君との対戦。
オールスターの二次予選で対戦済み。
着は負けたが、内容では勝っている。
ダイジェストで確認してみて下さい(笑顔)。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
優秀レースインタビュー


鈴木竜士
いつも通りノープランで走った。
それが良かったですね。
幸先の良いスタートを切る事が出来た。
地元の一番前で積極的に攻める。
芦沢辰弘
自分のやるべき仕事は精一杯出来たと思う。
もちろん、地元で結束して4番手です。
松谷秀幸
思っていた展開と違ったけど、巧く対応出来た。
だけど、良い時に比べると、かなり脚が落ちている。
自力自在に。
五十嵐力
根田君のおかげですね。
番手絶好で恵まれた。
神奈川同士の松谷君の番手へ。
小倉竜二
恥ずかしいけど、ひとりロデオでした(笑)。
あんなにバランスを崩すとは…。
絶好調と言っている松浦君に任せる。
松浦悠士
反応は悪くないし、自分のレースは出来ている。
おぐさんは、自分が弱い時から好きに走れと言ってくれていた。
だから大好きな先輩。
自力自在に。
吉沢純平
地元同士の鈴木君の番手へ。
連係は何度もある。
番手を回った時は、全部1着です。
どう言うレースかは覚えていませんが(笑)。
山崎芳仁
単騎になるけど自力勝負。
厳しいのは間違いないけど、穴を出せる様に頑張りたい。
武田豊樹
若い2人に前を任せて地元の3番手。
きついレースが続いているけど、結果を出すだけ。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日勝因敗因
  1R S級一予選



1 中井 太祐
7番手になったのが失敗ですね。
それでも行けると思いましたが…。
2 石川 雅望
見ての通りでブロックが下手だった。
坂本君を持って行き、すぐに戻ってくれば良かった。
そうすれば、中井君のあおりも作れたし、ラインで決まっていたと思う。
3 鹿内 翔
青森記念の落車の影響で腕も上がらなかった。
それで休んでいたけどレース勘は心配ない。
1回走り、二次予選はもっと良くなると思う。
4 末木 浩二
出てからペースに持ち込んだし、もっと粘れると思ったけど。
後ろの石川さんも仕事をやっていたので。
5 柴崎 俊光
中井君はダメだったけど、余裕があったから3着に突っ込む事が出来た。
6 金澤 幸司
珍しく2着。
最短の内を突く事が出来た。
ピースサインで写真はお願いします(笑)。
7 齋藤 正国
鹿内君が降りてくると思っていたし、そこは対処出来ていた。
1着賞金は16万。
僕が1着で3連単は50万以上。
そのお金を僕が欲しいですよ(笑)。
8 吉田 健市
9番手で前と遠かったし仕方ない。
本線の3番手でしたが。
9 坂本 周作
楽に中団を取ったので、行けると思ったけど。
石川さんのブロックが強烈だった。
  2R S級一予選



1 土屋 裕二
本多君の頑張りがあったから。
欲を言えば、2着まで突っ込みたかったですね。
2 戸田 洋平
走る前から連仏君は気持ちが入っていた。
突っ張ってくれ有り難い。
彼の先行を無駄にしない為にも番手から出た。
3 川村 晃司
早めに押さえに行けば結果的に良かった。
あまり対戦している選手ではないから連仏君の突っ張りを読めなかった。
ラインに迷惑をかけた。
4 山田 和巧
外は川村さん、内に西岡さんがいるし、4角から踏むコースが難しかった。
結果的に不発だけど本多君も仕掛けてくれたから。
5 西岡 正一
川村さんの後ろで負けたのなら仕方ないですね。
いつも世話になっているから。
6 連佛 康浩
戸田さんには世話になっているので。
今日は突っ張ろうと、ある程度、決めていた。
後ろのワンツーに貢献出来たから、逃げた甲斐はありましたよ。
7 鷲田 幸司
鎖骨、肋骨の骨折明け。
まだ万全の状態ではないし、走りながらです。
8 本多 哲也
最高の仕掛けるタイミングになったけど…。
あれで行けない様では自分の脚の問題です。
9 藤原 浩
内は掬われない様に気をつけていた。
岡山勢の絆で展開に恵まれた。
もちろん、最後は1着を取りに行ったけど。
  3R S級一予選



1 筒井 敦史
2車だけど俺たちには、あれしかなかった。
小川君も持ち味を出して良い走りだった。
内は気にならなかったし、外だけ、気にしていた。
本当は4着まで残せれば良かったですが。
2 巴 直也
インを切って、きっちり3番手を確保出来た。
ただ、被ってしまい仕掛ける事が出来なかった。
3 角 令央奈
あれなら、もう少し待って内を狙った方が良かったかな。
そうすれば、3、4着はあったかも。
4 岸澤 賢太
叩きに行ったけど併された。
タイミングは悪くないと思ったけど。
5 江守 昇
筒井君の操縦が巧かった。
今日は、そんな感じのレースだった。
あとは巴君が3番手を確保してくれたのが大きかった。
6 伊藤 拓人
3番手だし我慢してからでないと。
それでも少し上向いている。
あとは、良い位置を回る為に、点数を上げないと。
7 小川 祐司
筒井さんが1着で良かった。
やる事はやったけど、最後の最後で粘りを欠いた。
9 藤田 勝也
周回中から重たくて、行ける感じがしなかった。
何とか3着に届いた感じです。
  4R S級一予選



1 吉永 好宏
日野君を入れるか入れないか、判断が難しかった。
最後も中田君には踏み勝ちたかったけど。
2 荒澤 貴史
佐々木君は乗れているし絶好調ですね。
彼の一番の得意パターンのレースになった。
同じギヤだけど前のギヤと後ろのギヤの歯車を変えてみる。
その方が引っ掛かりが出ると思うので。
3 久木原 洋
日野君と踏み合いになりきつかった。
完全に併された感じになったし中田君が内に降りたのは気にしていない。
4 大薗 宏
3番手だし先に内に降りた。
地元記念だし凄く残念です。
5 中村 敏之輔
佐々木さんが快速捲り。
抜きに行ったけど全然…。
どうあれラインの3人で決まり良かった。
6 日野 博幸
久木原君ともがき合い。
番手に嵌った時は、もう余力が残っていなかった。
7 中田 健太
今日はノーコメントでお願いします(笑)。
結果はどうあれ、久木原さんを追わないと見栄えが悪い。
自分が可愛くなってしまい、内に降りてしまった。
バックから自分で踏む事も考えたけど。
8 大前 寛則
前がもがき合いで、自分も一杯になった。
9 佐々木 孝司
最近は後ろ攻めでも苦にならない。
一旦、押さえて、やり合わせるレースを覚えた。
A級なら前を取り、引いてカマシオンリーで勝てますが。
  5R S級一予選



1 庄子 信弘
中団、中団と思っていたのが失敗。
あれなら踏んでおいて、北津留君の番手か3番手に飛び付く方が良かった。
やはりS級では経験不足。
2 加藤 圭一
一番良い展開になったけど、一番苦手な展開。
4角スンナリハコは苦手なので。
3 北津留 翼
組み立ては完全に失敗だしタイミングも悪かった。
自分だけのレースで。
ただ、上がり10秒8だしスピードはかなり出ていた。
4 野木 義規
判断は庄子君に任せていたので。
緩め過ぎて、そこを小林君が逃げる形になった。
5 小林 則之
ある程度は作戦通り。
前を取り、庄子君が北津留君を切ってくれれば逃げようと思っていた。
北津留君に行かれるのは想定内だし、良い走りは出来たと思う。
6 上吹越 俊一
北津留君は断然の本命。
好きに走ってもらったし、彼が1着で3番手を固めた甲斐があった。
7 石塚 孝幸
小林さんが逃げてくれたおかげ。
北津留君には行かれたけど、ラインの3人で勝ち上がれて良かった。
8 久島 尚樹
千切れたのは事実だけど、思っていたより悪くない。
北津留君が10秒8では付いて行けない。
9 須永 優太
納得して庄子さんの後ろを回ったので。
自分に脚があれば、もっと突っ込めていた。
  6R S級一予選



1 須藤 誠
本当、すみません。
今日は斉藤君に申し訳ない。
ただ、それだけです…。
2 佐々木 則幸
自分も余裕があったから外を踏んでしまった。
最後、内に行けば4着以内に入れていたかも。
3 矢口 啓一郎
俺も、散々やってきたし、たまには良いでしょ(笑)。
下手に残しに行くと、土屋君の逃げが無駄になるので。
それでシビアかもしれないが番手から出た。
4 松澤 敬輔
誰も押さえに来ないし、前受けから後方になったのが失敗です。
5 副島 和人
7月に入籍して、9月に養子縁組をした。
嫁は麻酔科に勤務しているけど、まだ治療は受けた事がない。
高校からの知り合いと書いておいて下さい(笑)。
点数が勝負だし、千葉勢のおかげです。
6 齋藤 宗徳
矢口さんが番手捲りだけど、力勝負をやった結果なので。
7 吉本 哲郎
土屋君は最初から、あの作戦だったみたいですね。
久々にレースに参加出来ず、佐々木則さんに申し訳ない。
矢口さんが車間を切っていたので、仕掛ける事が出来なかった。
8 土屋 壮登
矢口さんは関東の先頭で何度も頑張ってきた。
それを見ているし、今日は先行と決めていた。
普通の追い込み選手なら、仕掛けは違ったと思う。
9 佐藤 愼太郎
悪くはないと思うけど、今日は一番後ろになったので。
  7R S級一予選



1 中川 貴徳
展開もあるし、地元の鈴木君が勝ってくれたので。
勝つ走りをやってもらったので納得です。
2 三谷 政史
筒井さんのおかげ。
全部やってくれた。
自分に脚と余裕がなく、筒井さんを迎い入れられず申し訳ない。
鈴木君の前受けから始まると思ったし、それぞれのラインに、思惑が競輪にはあるので。
3 鈴木 謙太郎
中団の併走はあまりやった事がないし、まだ下手ですね。
それでも、今後、やって行かないと。
仕掛けた時は無理矢理だったので、スピードの乗りは悪かったけど、3角ぐらいからはスピードがかなり出てきた。
4 古閑 良介
鈴木君の後ろが離れたのは分かった。
余計な動きをやらず、ただ内だけ狙ったのが良かったですね。
5 小林 卓人
筒井君の頑張りがあり、あとは三谷君の動きに付いて行っただけ。
6 下沖 功児
中団がもつれたのは分かりました。
自分のレースをやったけどバック過ぎには一杯になってしまった。
7 関 貴之
どうあれ鈴木君にきちんと付いて行かないと。
離れてしまい、すみません。
8 立石 拓也
下沖君が行ってくれたし、最後は古閑君との技術の差。
やはり彼の方がテクニックはありますから。
9 筒井 裕哉
あそこで中団に固執するのはセオリーでしょう。
う~ん、だけど我慢して三谷君が入れてくれなかったね(笑)。
  8R S級一予選



1 守澤 太志
普通に捲りと思っていた。
ヨコを使うメンバーではないので。
仕掛けてからのスピードも悪くなかったし、一次予選では負けられないと思っていた。
2 原 真司
普通なら福岡勢にスイッチした時点で勝ち上がれている。
やはり、その上を守沢君に行かれたし、相手が悪かった。
3 津村 洸次郎
仕掛けた時に、少しふわっとした。
守沢さん相手に位置は取れないので、普通にカマシか捲りと思っていた。
4 堀 僚介
主導権は取れたけど、まだまだですね。
簡単に津村さんに行かれた。
5 岡部 芳幸
2角でもう余裕がなかった。
離れてはいけないと思い、ずっと先踏みしていた感じ。
守沢君が強くて、何とか4着に入る事が出来た。
8 山口 貴嗣
復帰戦にしては、まずまずでしょう。
少しずつ調子を上げていきたい。
9 安部 貴之
ファンが野次で勘違いしていて。
そんな走りでは親父を超えられないぞ! と。
多分、安部と阿部違いだろうけど、内の親父は床屋です(笑)。
今の脚では守沢君の捲りは抜けないね。
  9R S級一予選



1 佐藤 亙
桜井君が前々のレースをやってくれ強かった。
2センターで被ってしまい、俺は踏むコースが無くなった。
2 山崎 賢人
久々の実戦だし、少し緊張した。
脚を使わず主導権を取れたので、楽だった。
今回からハンドルの幅を狭めてみた。
3 山田 幸司
九州勢の力が違うし仕方ない。
何とか4着に入りたかったけど。
4 鈴木 雄一朗
山崎充さんは高校の先輩。
2人で後方になり、申し訳ない。
5 菅原 晃
初めて付いたけど、山崎賢が強かった。
誰みたいなタイプかは分からないけど、全く抜ける気がしなかった。
6 桜井 雄太
番手か3番手が離れる展開を待つしかないでしょう。
山崎賢君の力が抜けているし、作戦通りです。
7 渡邉 豪大
う~んダメですね。
骨折明けだけど、バックで車が全然出なかった。
調子が戻った時に、山崎賢君と力勝負をやりたい。
情けない4着です。
8 梶山 裕次郎
山崎賢君のダッシュが半端でなかった。
だから簡単に離れたけど9着でなかったので…。
9 山崎 充央
最初に押さえるレース。
それから切って、切ってがあり一番後ろになってしまった。
 10R S級初特選



1 五十嵐 力
みんな根田君の先行待ちみたいなレースだった。
掛かりは悪くないと思ったし、自分も良いブロックは出来たと思う。
ただ、残せなかったのは残念だし申し訳ない。
2 小倉 竜二
松浦君は中団で休まず、あのまま行っていても決まっていたと思うよ。
2センターと最後のゴール前でバランスを崩して、一人ロデオの感じでした(笑)。
3 杉森 輝大
4着ですか。
優秀レースに進めず残念。
地元記念だし二次予選は、キッチリクリアしないと。
4 坂本 貴史
しっかり踏んで根田君の3番手を確保しないといけない。
松浦君の追い上げを許したのは誤算だし、そこが失敗です。
5 松浦 悠士
あのまま休まず行けば、高原さんは落車しないで済んだ。
ハンドルの幅を変えたけど、感じは良いし車も出ている。
多少、修正点はあるけど問題ないです。
6 志村 太賀
自転車は大丈夫だったけど、車輪が壊れた。
う~ん、困ったし、どうしよう…。
7 大槻 寛徳
松浦君の反応が良かったし、今日のレースは仕方ないですね。
8 高原 仁志
(落車し棄権)。
9 根田 空史
新しい自転車を頼んでいるけど、まだ来ない。
とにかくセッティングが出ていないし、その悪さがレースに出た。
前半の掛かりは悪くないけど、後半がバテバテになってしまった。
 11R S級初特選



1 山田 英明
組み立てが中途半端でした。
今はこんな感じだし、現状の力で精一杯走るだけ。
2 金子 貴志
地区プロの疲れはないし、展開が向かなかっただけ。
吉田君の後ろだし仕方ないですね。
3 芦澤 辰弘
楽な展開ではなかったし、ジャンではどうなるかと不安でしたよ(笑)。
だけど捲った鈴木君のスピードは抜群でした。
お互い、良い仕事が出来たと思う。
4 松谷 秀幸
もっと切って、切ってがあり5番手を確保する作戦だったが、意外な展開になってしまった。
あの展開なら頭まで行きたかったですね。
5 大塚 健一郎
こんな時もありますよ。
明日、明日!
6 堤 洋
6着ですか。
山田君にも大塚君にも世話になっているから、二次予選、頑張りますよ。
7 鈴木 竜士
自分が一番人気だとレース前に確認して走った。
変なプレッシャーはなかったし仕掛けてからの脚も良かった。
かなり仕上がっていると思うので、欲はないけど楽しみです。
8 白戸 淳太郎
松谷君が3着の展開だし、前を抜くのは無理ですよ。
9 吉田 敏洋
今回は自力がメインの番組になると思う。
その中でどう結果を出すかだけ。
鈴木君の展開にしてしまったし、二次予選は修正して。
 12R S級初特選




1 武田 豊樹
8、9番手になりきつかった。
本当は、2着に入らないといけない…。
2 椎木尾 拓哉
稲垣さんの先行だし、身を呈して止めに行ったけど力不足です。
3 山崎 芳仁
まずは佐藤君がレースを乱してくれたので。
最後は外だと思ったし、踏んでからは悪くなかった。
4 山中 秀将
ずるく行けば、吉沢さんに先に行かせて3番手と言うレースも出来た。
誤算が続いたレースだけど、スピード自体は悪くなかった。
まずは佐藤さんの突っ張りは想定外。
5 吉澤 純平
遅れない様、遅れない様に気をつけていたが。
慣れたバンクなので届いた感じですね。
松戸記念から新車だけど、自転車の感じも良い。
6 林 巨人
稲垣さんが逃げてくれたけど、ハイペースできつかった。
7 和田 健太郎
山中君のスピードは良かったし、行ってしまうと思ったけどね。
椎木尾君が巧かった。
8 佐藤 博紀
一旦、突っ張り、良い位置を確保しろと山崎さんにアドバイスをもらっていた。
最低限の走りは出来たと思う。
9 稲垣 裕之
新車だし、今日は長い距離を踏もうと思っていた。
結果的に捲られたけど、良い頃の感覚が戻ってきた。
それは収獲ですね。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日インタビュー
 1R


中井太祐
記念の1レース1番車だし期待されている証拠。
このケースは何度もありますよ。
たいがい確定板には載っている。
先行か捲りの自力勝負。
石川雅望
S級の点数がボーダーより、ちょっと上だし点数を上げておきたい。
ラインの末木君の番手へ。
連係するのは、今回が初めて。
鹿内 翔
青森同士の坂本君の番手へ。
強いし好きな走りで十分。
末木浩二
今期はS級で5勝したし、予選でも勝てる様になってきた。
ただ、来期はA級です。
先行を基本の組み立て。
柴崎俊光
中部近畿で中井君の番手へ。
同級生の浅井君は欠場みたいですね。
一緒に走りたかったし、それは残念。
金沢幸司
青森コンビの後ろへ。
来期はA級だし、また頑張らないと。
吉田健市
中部近畿ラインの3番手です。
番手の柴崎君も強いし、チャンスはあると思う。
坂本周作
脚の感じは良いですね。
早く百勝を決めたい。
先行か捲りの自力勝負。
 2R


土屋裕二
南関ラインでダッシュタイプの本多君へ。
まずは離れない様にしたい。
戸田洋平
岡山同士の連仏君の番手へ。
いつも自在選手だが頑張ってくれる。
川村晃司
記念の予選スタートは久々です。
次点だけど覚悟はしていました。
父親がテレビの水戸黄門をやっていたので、よく水戸黄門賞には呼ばれますね(笑顔)。
自力で勝てる様に走る。
山田和巧
南関ラインの3番手を固める。
成績より脚は悪くない。
西岡正一
近畿で連係実績のある川村さんの番手へ。
2百勝にリーチが掛かってから足踏みしている。
ここで決められたら最高です。
追加だけど問題ない。
連仏康浩
取手を走るのは2度目。
自力自在の総力戦。
戸田さんに4着までに入ってもらう組み立て。
鷲田幸司
百勝にリーチが掛かってから良くないですね。
直前も落車と落車失格ですから。
それで鎖国を骨折しましたから。
公傷はきかないので勝負駆けです。
近畿の3番手を固める。
本多哲也
いつも通り先行か捲りの自力勝負。
川村さんが強いけど、見せ場は作りたいですね。
藤原 浩
ライン重視で岡山コンビの後ろです。
少しでも前の方にいたい。
 3R


筒井敦史
2班だしオール予選スタートは仕方ないですね。
ラインの小川君の番手へ。
親王牌の落車で足首を痛めたけど、そこまで悪くはない。
巴 直也
親王牌は実力の差を感じました。
人の後ろでも、自分でやっても厳しかった。
ここは自力勝負です。
角令央奈
気持ちの中では、まだ自力を捨てたわけではない。
こう言う番組の時は喜んで番手を回っている。
近畿で藤田君の番手です。
6場所前の広島の準決で連係している。
岸沢賢太
毎場所、1着を取れているけど負け戦ばかりで。
ライン細切れなら、ワンチャンスあると思う。
自力勝負。
江守 昇
南関ラインで巴君の番手へ。
鎖骨を骨折してから4場所走っているので少しずつ良くなっている。
伊藤拓人
来期はA級だし、また出直しですね。
南関ラインの3番手。
小川祐司
豊橋記念で落車をしたけど、最終日も走れたので大丈夫。
直前の地区プロは選手でなく、大会の役員をやっていた。
これも勉強ですから。
自力勝負。
川村昭弘
富山の失格で完全にS級の点数はダメです。
関東で岸沢君の番手を回る。
藤田勝也
踏めているし、展開さえ噛み合えば勝ち負け出来ると思う。
自力勝負です。
 4R


吉永好宏
久々に準決で1着を取る事が出来た。
弟の和生も珍しく褒めていたみたいですね。
ラインの日野君の番手へ。
荒沢貴史
中村君が乗れているし、北日本ラインの3番手。
その位置で脚を溜めたい。
久木原洋
相変わらず、淡泊なのが僕の欠点。
ツボに嵌ると良いのですが、自分でも走ってみないと分からない。
自力で勝つ走り。
作戦は競輪知能指数が高い中田君に考えてもらう。
大薗 宏
埼玉コンビの後ろです。
S級の点数が足りないしヒットを飛ばしたい
中村敏之輔
北日本ラインで佐々木さんの番手へ。
僕も佐々木さんもお互い良い感じで踏めている。
日野博幸
防府記念の補充1着は先行1車でした。
いつも、あんな番組なら良いのですが。
積極的な自力勝負をやる。
中田健太
埼玉同士の久木原さんへ。
いつも他の公営競技で負けてばかり。
その分、本業で頑張る様にしている(笑)。
大前寛則
日野君とは防府記念の3日目にワンツーを決めている。
中四国ラインの3番手です。
佐々木孝司
いつも通り自力勝負。
自分のタイミングで仕掛けたい。
 5R


庄子信弘
初めてのS級だけど頑張っている方でしょう。
チャレンジに落ちて、自力を出すようになったのが良かったみたい。
北日本の一番前で頑張る。
加藤圭一
南関ラインで小林さんの番手へ。
怪我が続いているけど、丈夫な体に感謝。
北津留翼
ブロック7は7車立てなので勝つ事が出来たと思う。
レースが相変わらず下手なので(笑)。
体も自転車も悪いところはない。
地元の競輪祭に出場出来ないのは残念です。
自力で。
野木義規
どっちが前でも北日本ラインの3番手ですね。
そこで脚を溜めていく。
小林則之
中2週間空いたので、普通に練習をやってきた。
先行か捲りで。
上吹越俊一
北津留君ラインの3番手です。
負け戦だけど、今期は3勝出来ているので。
石塚孝幸
加藤さんの後ろで南関の3番手。
脚は普通だし、展開次第。
久島尚樹
北津留さんのダッシュに千切れない様にしたい。
失格があるから勝負駆けです。
須永優太
今は庄子さんの方がタテ脚はありますよ。
それに、話しをして自信のある感じだった。
だから黙って任せます。
 6R


須藤 誠
千葉同士の斉藤君の番手へ。
点数より番手の仕事が出来ていないので試行錯誤中。
佐々木則之
中四国で吉本君の番手へ。
2車だし好きな走りで十分。
みんな忘れているかもしれないが、ここの記念は10数年前に優勝している。
僕もどんな感じで勝ったか忘れてしまいましたが(笑顔)。
矢口啓一郎
関東ラインで土屋君の番手へ。
地区プロはスプリントとチームスプリント。
チームスプリントは木暮君と恩田君とチームを組む。
本当は千メートルが得意ですが。
松沢敬輔
佐藤さんに任せてもらったので自在に攻める。
何でもやる感じですね。
副島和人
千葉コンビの後ろです。
来期もS級だけど、今期はボーダーだし勝負駆け。
斉藤宗徳
成績より脚は悪くないと思います。
後手を踏まない自力勝負。
吉本哲郎
目標は4日間バックを取る事。
2車でなく3車なら、絶対バックを取ると言えるのですが。
それでも12場所で25本バックを取っているし、弟子達には自慢出来ます(笑顔)。
土屋壮登
腰痛とかあったけど、全体的な脚が足りない。
矢口さんに迷惑を掛けない自力勝負。
佐藤慎太郎
北日本ラインで松沢君の番手へ。
位置を取ってもらい、突っ込むレースになると思う。
 7R


中川貴徳
地元コンビをアシストしたい。
とにかく離れて迷惑をかけない様に。
三谷政史
近畿ラインで筒井さんへ。
怪我? そんなのしていないよ(笑)。
体は大丈夫だしフレームが壊れただけ。
鈴木謙太郎
直前は支部合宿があり、今回参加のメンバーと仕上げてきた。
セッティングを変えたら、かなり良くなったと思う。
人気になるし、責任を持って走らないと。
自力勝負。
古閑良介
立石君には自力の時に世話になっている。
九州で連係して3番手です。
小林卓人
近畿で結束して3番手ですね。
点数が足りないし、頑張らないと。
下沖功児
せっかく写真を撮ってもらえるなら、胸にこれが映る様に撮って下さい(笑)。
自力勝負です。
関 貴之
地元同士の鈴木君の番手へ。
フレームがダメになり今回から新車。
幸い、体は大丈夫です。
立石拓也
点数がないのに番手を譲ってもらった。
九州で下沖君の番手です。
筒井裕哉
完全に地元番組ですね。
やられました(苦笑)。
だけどフレームを元に戻したら、良い感じになっている。
近畿の一番前で自力勝負。
 8R


守沢太志
京王閣の優勝は坂本貴史君が頑張ってくれた。
今回も連係がありそうだし、きっちり仕事をしたいですね。
ここは北日本の一番前で自力、自在に。
原 真司
防府記念の3日目に落車したけど、最終日は2着。
だから大丈夫ですよ。
中部近畿で堀君の番手へ。
津村洸次郎
前回の地元は準決で失敗して悔しい思いをした。
最終日も逃げたけど2車だったので。
自力勝負です。
堀 僚介
段々と体調も良くなっているので状態は上向きですね。
89万円の大穴を出したし、今回も出せたら良いですね(笑)。
先行か捲りで。
岡部芳幸
北日本ラインの3番手。
若い2人に頑張ってもらうだけ。
同世代の仲間も厳しくなっているし、俺も踏ん張っている方じゃないかな。
山口幸太郎
福岡コンビの後ろですね。
記念になると落車しているのが…。
竹田和幸
中部近畿ラインの3番手。
怪我が多いけど大丈夫です。
山口貴詞
福岡同士の津村君の番手へ。
練習の感じでは8割か9割。
だけど3カ月ぶりの実戦だし、レース勘は不安。
安部貴之
北日本ラインで守沢君へ。
前は回った事はないし、基本的にいつも後ろ。
堀君も津村君も位置に拘る選手ではないし、守沢君のレースになるでしょうね。
 9R


佐藤 亙
愛知同士の桜井君へ。
豊橋記念は誘導をやっていたけど、その時の桜井君は強かったね。
山崎賢人
一応、欠場理由は腰痛と言う事にしておいて下さい。
ただ、事故点は楽になり30点ぐらいになりました。
この後も九州地区の小倉競輪祭、来月は地元佐世保記念があり大事なシリーズが続く。
地区プロは思ったよりタイムが出なかったけど、引き続き問題なく走れると思う。
自力勝負です。
山田幸司
南関ラインで渡辺君の番手へ。
相手が強いけど頑張ってもらうだけ。
鈴木雄一朗
相手が強すぎるし、どうにもならないな。
だけど走る以上は自力で精一杯頑張る。
菅原 晃
山崎賢君の番手に選んでもらえて光栄です。
連係するのは今回が初めて。
桜井雄太
自分なりに調子は上がっています。
自力で持ち味を発揮する。
渡辺豪大
骨折明けだし走ってみないと。
しかも相手は山崎賢君ですから。
自力勝負。
梶山裕次郎
九州で結束して3番手。
菅原さんは付いて行けても、僕は離れないか心配です。
山崎充央
東京同士の鈴木君を信頼する。
面倒を見ている弟子が競輪学校に受かりそう。
弟子を鍛えながら、自分も頑張っている。
 10R


五十嵐力
南関ラインで根田君へ。
いつも世話になっているし好きな走りで十分。
小倉竜二
向日町で優勝する事が出来た。
少し気分良く走れる。
ラインの松浦君の番手へ。
もう少し上のメンバーで突っ込みが決まると良いのですが。
追加は10日ぐらい前に連絡が来た。
杉森輝大
ビッグネーム(平原康多)のピンチヒッターだし責任重大です。
地元記念だし気持ちを入れて自力勝負。
坂本貴史
競輪祭は走れず、来月頭の小倉になってしまった。
同期(根田空史)とは、何でも激しい主導権争いをやっているけど、最近はお互い大人になっているので。
だけど、たまにはやるのも良いですね(笑)。
自力勝負です。
松浦悠士
防府記念で清水君に離れたのはショックです。
今の立場になって、あんな離れ方は初めて。
逆に中四国地区に強い先行選手が育ってきた事は嬉しいですが。
小倉さんは弱い時から黙って任せてくれる。
自力自在に。
志村太賀
1本休んだので疲れは取れた。
今は自力が出ていないし、目標があるだけ有り難い。
地元の杉森さんへ。
大槻寛徳
このメンバーならチャンスがありそうですね。
北日本ラインで坂本君の番手へ。
高原仁志
ライン重視の競走。
小倉さんの後ろで3番手を固める。
根田空史
取手を走るのは8年振り。
それもA級以来。
地区プロはケイリンで優勝した。
坂本君が最近はスイッチ入らない。
だけど、急にやる気を出すかもしれないし、油断せず自力勝負。
 11R


山田英明
絶好調の荒井さんが音頭を取り、武雄にみんな集まった。
誠一郎さんや山崎賢君が来て良い練習が出来た。
グランプリの賞金も掛かっているけど意識せずに。
ラインで決める自力勝負。
金子貴志
お陰様で地区プロのスプリントは18連覇を決める事が出来た。
豊橋記念の準優勝はラインのおかげ。
愛知同士の吉田君へ。
芦沢辰弘
いよいよ本番を迎える。
気持ちも高ぶってきた。
地元記念を走るのは3日目かな。
鈴木君の番手で仕事する。
松谷秀幸
1着も取れていないし流れが悪いですね。
自力自在に。
大塚健一郎
九州ラインで山田君へ。
脚を確かめる意味で、本当は地区プロを走りたかったのですが…。
堤  洋
どこの3番手も空いている。
今までの連係実績や地区的にも九州ラインの後ろが自然でしょう。
鈴木竜士
地元記念を走るのは初めて。
最近のレース内容は良いとみんなに言ってもらえるし、そのレースを続けるだけ。
性格的にプレッシャーに負ける事はないし、そこは不安ない。
自力勝負。
白戸淳太郎
神奈川同士の松谷君へ。
F1だけど、信じられないぐらい良い成績が続いている。
吉田敏洋
地区プロ? ケイリンに出たけど、俺は向いていないよ(笑)。
親王牌の選考にも関係あるけどね。
幸い、腰の具合は大丈夫。
金子さんの前で自力勝負。
豊橋記念の決勝? あの並びがみんなにチャンスがあると思った。
 12R


武田豊樹
弟子の吉沢君の番手へ。
今年は怪我が続いたけど、やれる事は精一杯やってきた。
平原君の欠場は残念だけど、いるメンバーで地元記念を盛り上げたい。
今年も、あと10走ぐらいで終わりかな。
選手をやっているとオフシーズンもないし、1年が経つのが早いね。
椎木尾拓哉
久留米の優勝は自分で捲った。
良い感じで今シリーズも走りそう。
近畿で稲垣さんの番手へ。
山崎芳仁
豊橋記念が終わり、沖縄でなく福島に戻った。
だから今回は特急で水戸まで来て、そこから在来線。
競輪界もおじさんばかりで、若い子が出て来ないね。
特に北日本は…。
何度か任せている佐藤君のスピードを借りて。
山中秀将
準決で飛んだけど、別府にしても悪くはなかった。
今は競輪祭を見据えているので。
自力勝負。
吉沢純平
昨年の記念は武田さんとワンツーを決め優勝している。
やはり連覇は意識して。
3週間空いたのでハードに練習を出来た。
自力勝負。
林 巨人
近畿ラインの後ろですね。
みんな強いけど頑張りたい。
和田健太郎
千葉同士の山中君へ。
オールスターの怪我が酷かったけど、やっと良くなってきた。
ふくらはぎの肉離れで、最初は歩くのも大変だった。
佐藤博紀
山崎さんにスピードを与えるレースをやりたい。
押さえて駆けても掛からないし、そんな走りが理想です。
稲垣裕之
メンバー的に今回は4日間自力になりそう。
ある意味、楽しみですよ。
少しずつリズムを取り戻せれば、また上で良い走りが出来ると思う。
自力で。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
開設68周年記念水戸黄門賞オリジナルクオカードプレゼントキャンペーン!
取手競輪 開設68周年記念水戸黄門賞(GⅢ)の開催を記念いたしまして、
e-SHINBUNプレミアム会員の皆様に素敵なプレゼントのお知らせです。

開設68周年記念水戸黄門賞オリジナルクオカードを抽選で10名様にプレゼントいたします。

※こちらはe-SHINBUNプレミアム会員様限定キャンペーンとなります。
応募期間は水戸黄門賞​開催初日の2018/11/10(土)から最終日翌日の2018/11/14(水)までです。

開設68周年記念水戸黄門賞オリジナルクオカード 10名様
 
 



この機会に是非e-SHINBUN会員登録を!
 
   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。
 
平成30年11月12日
取手記念の3日目は、小松島FⅠ最終日が裏であり、やっと10億は健斗したのでは。3日間で34億。最終日も広島FⅠが裏であれば13億が精一杯と言う事は前回の防府記念と同じくらいかも。
楽しみは突然現れたニューモンスター山崎賢人の出現、人間的にも魅力満載で記念初Vを是非パーフェクトで決めて、次の小倉競輪祭を大いに盛り上げて欲しいが切なる願い。それで決勝は何も考えず、単騎に成った山崎賢人に◎。対抗は神奈川2人を従えた地元、吉澤純平で、山崎芳仁は山崎賢人の後に居る事は充二分に考えられるので△にしました。
夜遅くは小倉ミッドナイトの2日目、113期の精鋭が鎬を削る注目のレースばかり。こっちもコンドルは社を上げて頑張ってます。次の仕事は武雄FⅠ(井上茂徳杯)、続いて小倉競輪祭に成ります。私の狙いは的中率が高いので楽しみにして下さい。取手記念・小倉ミッドナイトはコンドルを片手にドンドン車券を購入して貰えればお互いが幸せに成ると信じてます。

 
ページトップへ
   
コンビニのコピー機で取手競輪の出走表が無料プリントできる!
コンビニのコピー機で取手競輪の出走表が無料プリントできます!!



全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
取手競輪の出走表が無料でプリントできます!!

開催初日分は前検日18:00頃から、初日以降分は前日19:00頃から
プリント可能になります。

ぜひ、ご利用下さい!!


操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin23


ページトップへ 
   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

砂漠のブルーズ

皺が寄った中間色の薄手のコートを纏い、口には始終煙草を銜え(銘柄はハイライトだ)、歩くすがたはもろ猫背――そんなSさんにはじめて行き会ったのは昭和最後の年の春先だった。
喧嘩っぱやくて車券中毒――。Sさんは私が勝手に想像するギャンブル記者の典型であった。
映画雑誌に在籍していたこともある映画好きで、よく昔の映画の話をした。国内外の往年の女優にはやたら詳しく、いろんなことを教えてもらったが、持論を譲ることはまずない。喋りたがりの私だけにストレスが溜まることもあった。自宅にある『競輪上人行状記』のビデオはSさんにダビングしてもらったものだ。もう再生機もなく使えないのだが、まさか捨てられないし、棚の目立つところに並べられている。
音楽の話はあまりしなかったが、私が何かに記した「いつまでも若く」(ボブ・ディランの唄の題名から拝借した)という小文を褒めてくれたことがあった。嗚呼そうだ。オノ・ヨーコのことでちょっとした言い争いになったことがあったっけ――。
理由は聞かなかったが、テレビに映るラジオ体操の画を毛嫌いしていて、不機嫌そうにチャンネルを回すSさんを何回か目撃している。
電話投票歴はほぼ最初期からと長く、やたら点数を買うタイプのSさんだったから、「ベット数」が足りない(現今のインターネット投票ではそんな心配もなかろうが)とボヤいていた光景を忘れないでいる。
琵琶湖競輪に出張のときは大概おなじホテルだった。夜中に帰るとSさんがフロントの男性と揉めていた。不手際を詰りオマエそれでも日本人かァ! 私は中国人です。Sさんはバツが悪そうに黙ってしまい、俺は笑いをこらえるのに必死だった。
五六年ぐらい前だろうか。周りの目を気にした私は、記者席での飲酒を遠慮してくれとSさんに頼み、Sさんは小声でわかったよタケチャン、スマンと返したが、私はなんとツマラナイ人間になってしまったことか。
「タケちゃん、3レースにMが乗ってるじゃない(北海道のМ選手は私とSさん共通の持駒だった)――。わるいけど枠で総流し、買っておいてくれないか――」
Sさんの午前中の電話が懐かしい。
合掌――。


ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







【0円→1000円→無限大】
 
最近はネットサーフィンならぬ、民間投票サイトサーフィン。
 
そんな中、DMM競輪でピタッと手が止まった。
 
 
新規入会にはもれなく1000円分のtoreta(DMM競輪で使える電子マネー)がもらえるとの事。
 
僕も早速、会員登録。
 
そして…

 
1000円ゲット。
 
これでワンチャンスあり!
 
取手記念で増やしちゃいます。


ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925




ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2018年11月10日(土)・11日(日)・12日(月)・13日(火)

■開催場所
取手競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

いわき平競輪ニュース

福ちゃん

競輪毎日

北競

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttp

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ