eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
青山彩

金鯱賞争奪戦・楽天カップ(GⅢ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太
脇本雄太
木暮安由
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小倉竜二
 
山内卓也
 
川村晃司 池田勇人 猪俣康一 小野俊之
川村晃司
池田勇人
猪俣康一
小野俊之

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
S級決勝インタビュー


中川誠一郎
普通なら9着の展開だし、ツキがありますね。
単騎で一発狙う競走です。
混戦になるのを期待したい。
鈴木謙太郎
いつ以来の記念の決勝? 和歌山記念で武田さんとワンツー以来だから超久々。
確か、ギヤ規制の年だったと思う。
自力勝負。
渡辺雄太
3番手を取るのは作戦通りだったけど、アクシデントがなければ決勝に乗れていなかったと思う。
ただ、調子自体は問題ないですね。
同県の簗田君へ。
人の後ろを回るのは初めて。
だから好きな走りで十分。
笠松信幸
地元記念の決勝だし、最低限のノルマはクリア出来た。
世話になっている川村さんへ。
4、5年前の決勝で準優勝だった記憶がある。
佐々木豪
小松島トラックはG3だけど、本当の記念の決勝は初めて。
だから凄く嬉しい。
チャレンジャーだし積極的に攻めたい。
諸橋 愛
関東ラインで鈴木君の番手へ。
かなり仕上がっているみたいだし、僕自身も楽しみですよ。
川村晃司
みんなが狙えるレースですね。
若い子相手で厳しいけど、自力で力を発揮したい。
簗田一輝
後ろは先輩の渡辺さん。
とにかく後手を踏まない様に積極的に攻めていく。
渡部哲男
もちろん、太田君の頑張りに尽きますよ。
二次予選と同じく同県の佐々木君の番手へ。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
三日目勝因敗因
   1RS級一般



1 内田 英介
昨日と違って、風が強かった。
だけど、竹沢さんが行ってくれ恵まれた。
先手の3番手で3着ならば。
2 川口 公太朗
今回は完全に仕上がっていなかった。
出直しですね。
ただ、救いは連日仕掛ける事は出来ていた事。
不発だったけど、こんなレースをやっていれば、すぐに戻ると思う。
3 坂上 忠克
昨日の失敗を今日、竹沢君が挽回してくれた。
朝は気持ち良く指定練習をやっていたけど、急に風が出てきた。
ラインの3人で決まり、これなら明日も気分良く走れる。
4 肥後 尚己
竹沢君の逃げだと思い、そのラインに付いていた。
ただ、4番手だしカマシに付いて行けなかった。
5 金澤 幸司
位置取りで川口君に負けた。
それが全てです。
6 土屋 仁
これなら最終日も何とか走れる。
目標不在で4着ならば。
7 竹澤 浩司
相手の早駆けはないので、タイミング良く逃げる事が出来た。
最後は失速したけど、坂上さんが残してくれた。
8 有坂 直樹
あ~、苦しい! あと4年は選手をやるので、まだまだこれから(笑)。
9 土岐 幹多
あの形になって川口君が不発では仕方ないですね。
人気なのにもったいなかった。
   2RS級一般



1 山口 智弘
セッティングを大幅に変えたら、急激に良くなった。
最後は藤原さんに抜かれたと思ったけど、逃げ切れて良かった。
これが地元記念の初勝利です。
2 大薗 宏
やるべき事はやったけど、詰めが甘いし、ちょっとダサイレースだった。
4 三ッ井 武
今は弟弟子と、自分の弟子で猛練習をやっている。
その成果が来期のA級で出ると良いですね。
5 舘 泰守
6 旭 啓介
単騎だったけど、自分で何かやり見せ場は作ろうと思った。
7 疋田 敏
大薗君の追い上げで、自分の位置を守れなかった。
最後は意地で内から再度行ったけど…。
8 藤原 憲征
かなり大渋滞になっていた。
それでも、最後はコースが空いたから突っ込む事が出来た。
やっと、良くなってきた。
9 三上 佳孝
一番前にいたのが旭さんなのは分からなかった(笑)。
2分戦だしシンプルに捲れるかどうかの作戦だった。
   3RS級一般



1 下岡 優季
きちんと突っ張れず、後ろの2人に迷惑をかけた。
一日だけの補充になったのは残念です。
2 小島 雅章
あれだけ前がもがき合っていたので。
だけど、時たま、こんな捲りが決まると、自分が自力選手だと勘違いしてしまいそう(笑)。
3 佐川 翔吾
下岡君との踏み合いになり、きつかった。
あとは強風との戦いもありました。
4 篠原 忍
巧く下岡君と呼吸が合わず、連結が外れてしまった。
7着では最終日も走れるか結果待ちですね。
5 渡辺 航平
佐川君の頑張りがあったからね。
3着に突っ込めれば良かったけど。
6 上田 裕和
何とか6着でギリギリで最終日も走れる。
地元勢には好きに走ってもらいました。
7 福島 栄一
香川からの補充だけど移動疲れはありませんよ。
目標不在だったけど5着ならば。
8 女屋 文伸
小島さんが走る前から気合いが凄かった。
あの雰囲気なら捲ってしまうとレース前から思っていた。
9 金田 健一郎
一旦、下岡君に入られたし、本当しんどかった。
踏み合いの後ろで僕も脚が溜まらなかった。
   4RS級選抜



1 内村 泰三
ジャンで鷲田君が追い上げてきたけど、そこは気にならなかった。
吉本君は強いけど、体の線が細いから、もろに風を浴びた(笑)。
2 鷲田 幸司
追い上げは狙っていたけど、3車併走になり、あれ以上締めると危ないので。
3 土屋 壮登
斉藤さんが外から来て、半分落ちそうになりましたよ。
怪我をしなかっただけでも。
4 赤井 学
今日の展開では、さすがに俺も機嫌が悪くなるよ(笑)。
5 井手 健
今回は連日、前団にいる事が出来ている。
だから流れは凄く良いですね。
6 齋藤 宗徳
中団の土屋君を決めて、そこから捲ろうと思ったけど、吉本さんが掛かっていた。
7 石川 雅望
土屋君が内に詰まったので、自分で捲ってみた。
あれで、頭まで行ければ良かったけど。
8 星野 辰也
石川君が切り換えて捲ってくれたし、5着なら十分ですよ。
9 吉本 哲郎
今日は山崎賢人君の気持ちになり仕掛けた。
彼はこれからのスターだからね。
自分の持つ距離を考えて、巧く仕掛ける事が出来た。
   5RS級選抜



1 佐藤 一伸
成松さんと踏み合いになり、きつかった。
本気で叩きに行ったけど竹内さんに迷惑をかけた。
2 成松 春樹
力は出し切れたので、9着でも納得です。
自分の走りをやった結果なので。
3 小坂 敏之
上原君の勝ちパターンのレースになった。
捲りを差しての1着だし、今回は良い走りが出来ていると思う。
4 吉岡 篤志
6着ですね。
成松君は頑張ってくれましたよ。
5 上原 龍
もがき合いがあったのが全て。
竹内さんに持ってこられたけど、余裕はあった。
ラインの3人で決める事が出来て嬉しい。
6 伊藤 拓人
踏み出しで北日本勢に離れたし、そこは反省材料です。
7 竹内 智彦
流れも良くないけど、車も前に進まない。
こんな時、どうすれば良いんですかね(苦笑)。
8 古閑 良介
佐藤君の巻き返しが早かったし、僕らに流れが向かなかった。
9 幸田 光博
復帰戦にしては、良く走れている。
前の捲りに続いて3着ならば。
来期はA級だけど、今期はS級の点数を取っておきたい。
   6RS級選抜



1 伊藤 正樹
岡本君とは同じ開催はあったけど、連係するのは初めてだった。
だから抜き方とか、ちょっと分からなかった。
2 渡辺 正光
9番手では、きついですね。
それ以上に風もきつかったけど。
3 小林 潤二
ああなれば、小林圭介君は、ヨコに張るよりスイッチだと思った。
僕のナイスアシスト。
4 引地 正人
隅田君が行く気満々で、岡本君も中団狙い。
ちょっと分かりやすい展開になり失敗した。
5 小林 圭介
まずは隅田君の頑張りがあったから。
最後は突き抜けたけど、捲りを止められなかったのは申し訳ない。
6 隅田 洋介
風もあるし、掛かり切らなかった。
ただ、師匠と同じ開催なので気持ちは入っている。
7 岡本 総
あそこまで失速するとは思わなかった…。
踏み出しはかなり良かったけど、あの捲りでは…。
8 竹田 和幸
岡本君はスーパーダッシュ。
3番手だし千切れてしまった。
9 佐藤 康紀
バックは8番手だけど、最後は諦めずに突っ込んだ。
外を踏んで3着ならば。
   7RS級特選



1 田中 晴基
成績は酷かったけど、調子自体は良いと思っていた。
新田さんと位置の取り合いは避けたかった。
スピードのある捲りを披露出来たと思う。
2 山形 一気
竹内君の掛かりは悪くなかったと思う。
ただ、それ以上に田中さんのスピードが良かったと思う。
3 土屋 裕二
新田さんと共倒れなら仕方ないでしょう。
これまで、何度もワンツーがあるので。
4 佐々木 省司
鹿内君も自分が付いたから勝負してくれたと思う。
スピードが合って、番手に飛び付ければ面白かったけど。
5 竹内 翼
風が強く掛かり切らなかった。
それと疲れもあって…。
3着では最低限の走りですね。
6 真田 晃
怪我の影響はないと思うけど、丁度、鹿内君に飛び付かれてしまったので。
7 新田 康仁
風がなければ、最終ホームから行きたかった。
そこで行く勇気がなかった。
8 宮倉 勇
諦めずに踏んだけど、あの快速捲りを追うのは、きついね。
9 鹿内 翔
後ろが佐々木さんだし、強気に飛び付く作戦。
ただ、スピードが合わず3番手を取り切るので一杯だった。
   8RS級特選



1 柳詰 正宏
今日は目標不在だったので。
あの展開で4着ならば。
2 林 巨人
(落車し棄権)。
3 小松崎 大地
後ろが神山さんなのに、7番手になり申し訳ない。
4 村上 直久
ジャン前から自分のペースで駆ける事が出来た。
アクシデントがなくても、そこそこ粘れていたと思う。
自分なりに今回は良い状態です。
5 岡 光良
(落車し棄権)。
6 望月 裕一郎
段々と流れも良くなっている。
審議になったけど、真っ直ぐ走っていたからセーフだと思っていた。
2センターで一杯になったけど、前の2人に続けて良かった。
7 神山 雄一郎
まあ、しょうがないね。
小松崎君が浮いてから、内に斬り込みたかったけど、タイミングが合わないから、コースが空かず、入りきれなかった。
8 窓場 千加頼
中団を取ったけど、車の進みが悪かった。
9 加藤 圭一
村上君が逃げてくれ、中団が窓場君で、7番手が小松崎君。
僕にとって一番良い展開だった。
2角から車間を切る余裕もあったし、ラインの3人で決まり良かった。
   9RS級特選



1 西田 雅志
金子さんも競られたくないだろうし、前を取り、引いてカマシの作戦だと思っていた。
だから、真ん中、真ん中で脚を溜めようと思っていた。
2 金子 貴志
競りは覚悟していたし、そこは想定内。
まずは自分の位置を守るのが最低限の走りだと思っていた。
3 松澤 敬輔
他の人の動きを利用しながらだけど、自分も今日は番手の作戦だった。
ただ、もっと強引に金子さんに当たりに行けば良かった。
5 石塚 輪太郎
突っ張るか、引くかは、その時の流れだった。
どうあれ、地元の金子さんとワンツーで良かった。
6 出口 眞浩
あのまま外競りの方が良いと思ったけどね。
上野君が叩いてしまったので、逆に苦しいと思った。
泳がされてしまうし、自分も車間を切る余裕がないから。
7 亀井 久幸
上野君がどう走るのか分からなかった。
この3着は大きいし、特別優秀まで行ける。
特別優秀は初めてではないし、経験している。
8 佐藤 亙
地元記念だし、きっちり3着に流れ込みたかった。
脚がないし残念です。
9 上野 真吾
石塚君が突っ張る感じなら、あのまま外で競った。
だけど、中途半端な踏み方だったので、一旦叩きに行った。
理由はそんな感じでした。
  10RS級準決勝



1 中川 誠一郎
マーク屋のはしくれとして、切り換えて捲るわけには行かなかった(笑)。
シビアに走っていれば、園田君とワンツーだったと思う。
アクシデントがなければ、9着でした。
2 吉田 拓矢
(落車し棄権)。
3 齊藤 竜也
(落車し滑入)。
4 鈴木 謙太郎
吉田君が行ってくれたおかげ。
百%、先行の組み立てではなかったし、その時の流れだった。
もっと車間を切れたり出来れば良かった。
5 園田 匠
(落車し滑入)。
6 村田 雅一
(落車し滑入)。
7 渡邉 雄太
踏んでおいて3番手を取るのは作戦通りだった。
あとは、山崎君に併せて捲る事が出来ればベストでしたが。
8 山崎 賢人
今日も前輪が車体故障。
組み立ては悪くないと、誠一郎さんに言ってもらったけど、脚がなかった。
9 稲川 翔
本当はもっと前々に攻めたかったけど、ダメですね。
  11RS級準決勝



1 笠松 信幸
もちろん、柴崎君が行ってくれたおかげ。
ホームバンクの記念だし嬉しいけど、前を残せず残念。
2 諸橋 愛
本当は、あんな作戦ではなかった。
赤板だし、鈴木君は引くかと思ったけどね。
あれが、ジャンなら分かるけど。
3 内藤 宣彦
目標不在だし、切り換え、切り換えのレースを考えていた。
4 佐々木 豪
道中からパニックになっていたし、落ち着きの無さが出てしまった。
本当、自分だけのレースで、後ろに申し訳ない。
5 志智 俊夫
(押圧で6着失格)。
6 松尾 信太郎
自分のところを鈴木君に狙われてしまった。
今日はラインが機能しなかった。
7 柴崎 淳
行くべきところで行けたので…。
風も強かったし、最後は一杯。
だけど笠松さんの勝利に貢献出来て良かった。
8 鈴木 竜士
もっと冷静に走った方が良いと、諸橋さんから貴重なアドバイスをもらった。
先輩の言葉だし活かしていきたい。
9 坂本 亮馬
残り1周で大バック。
そこを佐々木君が行ったので離れてしまい、諸橋さんに入られた。
鈴木君の気持ちも分からないわけではないけど、あれでは中部のレースになってしまう。
  12RS級準決勝



1 竹内 雄作
後ろが地元の吉田さんだし、申し訳ないですね。
今日はそれだけです…。
2 椎木尾 拓哉
目標の川村さんが1着だし、自分の責任ですよ。
最終日、また頑張ります。
3 太田 竜馬
やはり、この強風のバンクコンディションは苦手ですね。
力は出し切れたし、哲男さんが決勝に乗ってくれただけでも。
4 阿部 拓真
巧く内から4番手を取りに行ったまでは良かったのですが…。
5 吉田 敏洋
(さすがに、足早に控え室に向かう)。
6 松崎 貴久
自分が前の2人のカマシに付いて行けず、迷惑をかけてしまった。
7 川村 晃司
最終ホームで竹内君が凄い勢いで来た時はピンチだと思った。
その後は、巧く車が進んだけど、椎木尾君には迷惑をかけた。
8 簗田 一輝
良い場所を取れて、仕掛けやすい展開になった。
まさか、このメンバーで捲りが決まるとは嬉しい誤算です。
9 渡部 哲男
この強風の中、太田君が頑張ってくれたおかげ。
自分の調子自体は落ちているけど、ラインの後輩に助けられている。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
二日目勝因敗因
   1RS級選抜


1 亀井 久幸
調子は悪くなかったし、初日は相手が強すぎた。
宮倉さんには世話になっているので、ワンツーで凄く嬉しい。
53歳だけど闘志は衰えていないし鉄人ですね。
2 井手 健
成松君が頑張ってくれたし、車間を切って止めようと思った。
ただ、亀井君のスピードが良かった。
3 竹澤 浩司
本番では違ったけど、選手紹介では3番手に土屋さんが付いていた。
だから後ろから押さえて駆けようと思ったけど、巧く行かなかった。
4 宮倉 勇
ジャン前で一旦、亀井君が突っ張ったのが勝負どころでしたね。
あれで中団を取る事が出来た。
タイヤ差で写真判定に勝ち、2着で良かった。
5 成松 春樹
朝の早いレースで体が眠ったままだった。
その分、逃げたけど掛かり切らなかった。
6 女屋 文伸
初日の落車は擦過傷程度。
前の2人はワンツーだったけど、走る分には影響はない 7 坂上 忠克
亀井君に内から突っ張られ、中団を取られたのが痛かった。
竹沢君も逃げの気持ちだったけど仕方ないですね。
8 土屋 仁
先手ラインに乗るレースだった。
6着ぐらいでしたね。
9 吉岡 篤志
南関勢に捲られてしまい、踏むコースがなかった。
 
   2RS級選抜


1 佐藤 亙
川口君のタイミングに任せた。
最後は中を突いたけど、2着なら納得ですよ。
2 幸田 光博
斉藤君は掛かっていましたよ。
練習中にクリップバンドを外す時にバランスを崩し肩を痛めた。
走りながらですね。
3 佐々木 省司
関東の先輩が斉藤君の番手を回してくれたおかげ。
ちょっと、最後は余裕がなく、抜くのが早かったかも。
6 藤原 憲征
中部の後ろに付けた理由ですか? 地元の佐藤君とは同期同部屋の関係なので、その3番手を主張した。
7 佐野 梅一
すみません、腰の具合が良くないので、これで帰らせてもらいます。
次の和歌山は頑張りたい。
8 齋藤 宗徳
練習からセッティングから、中村浩士さんに面倒を見てもらっている。
今日も3着だったけど、色々とアドバイスをもらえた。
9 川口 公太朗
中団は取れているけど、そこから車が進まない。
初日も今日も同じ負け方で後ろに申し訳ない。
 
   3RS級選抜


1 金澤 幸司
本当は一旦叩いて、地元勢を出させる作戦。
ただ、村上さんに踏まれて、仕方なく中団を決めに行った。
そうしたら、内から山口君が逃げてしまい。
2 小林 潤二
キッチリ、3着に流れ込まないとダメですね。
もったいないし脚がなかった。
3 大薗 宏
人をアテにせず、自分でやらないと。
それが分かるレースだし、9着でも仕方ない。
4 赤井 学
今日は余裕を持って村上君に付いて行けた。
離れる感じもなかったし、ワンツーで良かった。
5 渡辺 正光
かなり良い勢いで突っ込めたけど、綺麗にコースに入って行けなかったので。
もっと前のスピードを借りる事が出来ていれば。
6 山口 智弘
瞬時の判断で内から先行した。
3番手に村上さんが入ったし捲られてしまった。
7 村上 直久
前々のレースが出来たと思う。
もちろん、前に出た時は、そのまま逃げても良いと思った。
怪我明け2戦目だけど、調子自体も良いですよ。
8 舘 泰守
山口君が内から行ったし、そこは冷静に判断出来た。
ただ、人気の村上君が真後ろにいて。
9 内田 英介
金沢君が切ってくれ、僕らを出さしてくれる展開が理想でしたが。
 
   4RS級選抜


1 渡辺 航平
南関勢が2段駆けだし、今日の展開では仕方ないですね。
2 土屋 壮登
まず、中団を確保するのに脚を使った。
ホームで行ったら、新田さんに併されると思い…。
新田さんが番手から出てからは、グングン加速して行った。
3 新田 康仁
作戦的にはバッチリ。
全開で番手から出ると、望月さんが苦しくなると思って…。
その分、スピードに乗らず、最後失速した。
もちろん、俺もやってきたけど、今日の旭君の気持ちは嬉しい。
4 望月 裕一郎
本当、調子は良いと言ったでしょ。
このままでは終われないし、誕生日に勝つ事が出来て良かった。
それも、旭君と新田君のおかげ。
5 小坂 敏之
土屋君が中団を取ってくれたからね。
最後は内を狙い3着だった。
6 旭 啓介
自分から新田さんの前を志願した。
これまで、南関ラインの為に貢献してきた先輩なので。
とにかく全開で行き、自分の仕事をしようと思った。
7 鷲田 幸司
南関の作戦は分かっていたけど仕方ないですね。
土屋君のイン切りがなければ佐川さんが突っ張る作戦だった。
8 有坂 直樹
南関ラインを追いたかったけど、そこで対応出来なかった。
9 佐川 翔吾
叩かれてからは、有坂さんの追い上げとかあり、自分の走りが出来なかった。
 
   5RS級選抜


1 山口 貴弘
弟子が頑張ってくれたおかげ。
後ろに山形君が入ったのが分かったので早めに踏んだ。
あとは、自分で残れる様な選手に成長して欲しいね。
2 疋田 敏
あれだけ、関東勢にふたをされては…。
あとは、山形君が番手に飛び付いてくれれば良かったけど。
3 山形 一気
3番手に入るのが遅く、捲りに行く態勢が整えられなかった。
あれだけ押さえに来るのが遅いと、半分、突っ張りも考えた。
今日は最低でも2着に入らないとダメだと思った。
4 篠原 忍
スピードは良かったけど、展開が噛み合わないね。
気持ちが入る走りは出来ているけど。
5 隅田 洋介
師匠の山口さんとは2度目の連係だった。
小倉で連係した時は失敗している。
だから今日は1着を取ってもらう事しか考えていなかった。
責任を果たす事は出来た。
6 上田 裕和
後方になったけど、篠原君にはいつも世話になっているので。
7 小島 雅章
ヨコの動きの甘さが出てしまった。
山形君に捌かれて自分の位置を守れなかった。
栃木勢に申し訳ない。
8 三ッ井 武
来期はA級だし、自力を出す練習をやっておかないと。
練習ではやっているけど、本番で出さないと意味がないですよね。
9 内村 泰三
山形君は何でも出来るから安心感があった。
今日は、ただ付いていただけ。
 
   6RS級二予選


1 志智 俊夫
竹内君のタイムが良かったし差せなかった。
彼はダービーとそんなに変わっていないと思うけど、相手関係からじゃないかな。
2 中野 彰人
(落車し棄権)。
3 中村 浩士
(落車し棄権)。
4 窓場 千加頼
叩けなかったし力不足です。
竹内さんに完敗。
5 竹内 雄作
初日の4着が内容良かったので、やれそうな実感はあった。
膝の痛みもないし、これから良くなる一方だと思う。
とても106点しかない選手には思えないでしょ(笑)。
6 真田 晃
(落車も再乗)。
7 簗田 一輝
外にいた窓場君が邪魔になった。
音が聞こえたので、後ろのアクシデントはすぐに分かった。
突き抜けるイメージで踏んだけど、竹内さんが強かった。
8 成清 謙二郎
(落車し棄権)。
9 林 巨人
後ろに入った簗田君に食われてはいけないね。
地元記念だし情けない。
 
   7RS級二予選


1 内藤 宣彦
作戦は先行オンリー。
引地君が行き、番手捲りをやるか、捲ってきた選手の後ろに飛び付く作戦だった。
逆に地元番組で僕らにチャンスが生まれた。
いつもに比べて、金子君が調子良い感じではなかったので。
2 鈴木 竜士
初手はどこでも良いと思っていた。
3人で踏み合う感じになったけど中団を取れたのが大きい。
準決も力勝負で頑張りたい。
3 金子 貴志
(真っ直ぐ、クールダウンをしにローラー台へ)。
4 鹿内 翔
最内に行き、少しコースが詰まってしまった。
作戦は内藤さんが考えて、その通りになった。
5 岡本 総
全部、併されてしまう感じになり、金子さんに迷惑をかけた。
6 伊藤 拓人
全て遅れているから、対応出来なかった。
やはり、記念の二次予選は違いますね。
7 岡 光良
やはり、脚でしょう。
名古屋は成績が良いけど、きちんと鈴木君に付いて行けなかった。
8 引地 正人
誰かが切った上を逃げる走りが理想だった。
内藤さんが勝ち上がってくれたし、力を出し切る事が出来た。
9 笠松 信幸
最後はコースが空いていなかった。
だけど、地元記念だし、リミッターを切り、強引に突っ込んだ。
 
   8RS級二予選


1 齊藤 竜也
鈴木君のダッシュが半端ではなかった。
昨日、田中君のダッシュに千切れているから気合いは入っていた。
2 川村 晃司
もちろん番手捲りは考えていなかった。
ただ、石塚君を残す技術がなく、そこは申し訳ない。
気持ちは嬉しいけど、ちょっと吹かしすぎでしたね。
3 伊藤 正樹
あんなに内を締めている場合ではなかった(笑)。
川村君が2センターであのまま踏むと思ったら戻ってきたので、バックを踏まされた。
4 佐藤 一伸
中団を取ったけど、1コーナーで行く勇気がなかった。
5 柳詰 正宏
吉本さん任せだったけど、このメンバーで前受けは厳しいですよね。
6 松澤 敬輔
最後は内のコースを探したけど、全然空いていなかった。
7 石塚 輪太郎
あれぐらい踏んでおかないと、誰かにカマされる可能性があるので。
最後は一杯だし、もっと練習して脚をつけないと。
8 吉本 哲郎
どこかで一撃を狙う作戦だった。
若手相手に真っ向勝負をやっても勝てないので。
その1回のチャンスを活かす事が出来なかった。
9 鈴木 謙太郎
だいたい、こんな感じの組み立てだった。
近畿の2段駆けはないだろうし、ある程度、行ける自信はあった。
今は淡泊にならない走りを心掛けている。
 
   9RS級二予選


1 佐々木 豪
初日と同じ展開になったので、行けるかどうか半信半疑だった。
もちろん、ファンからは、レース前に野次が酷かった(苦笑)。
車券で迷惑をかけたので仕方ないですが。
頭を使うレースは苦手なので、今日も気持ちだけで走った。
2 佐藤 康紀
かなり外に振ったけど止め切れなかった。
佐々木君は組み立ては巧くないけど、脚はかなりあるね。
3 加藤 圭一
前団がもがき合いだし、田中君の捲りが決まると思ったので残念です。
4 土屋 裕二
加藤君が行かないコースを踏んだ。
彼が内に行ったから、外を踏んだ。
それより、阿部君がレース前にユニフォームを着ないで、敢闘門に向かおうとしていた。
それが、可笑しくて可笑しくて(笑)。
5 阿部 拓真
あまりにも緊張して、ヘルメットは被ったけど、一瞬、ユニフォームの事は忘れた。
ただ、土屋さんの話しは少しオーバー。
本気で最終ホームは踏んだけど、佐々木君を併せる事が出来なかった。
6 星野 辰也
このクラスに入ると脚が足りないですね。
来期のA級の為にも色々と勉強しておきたい。
7 渡部 哲男
きつかったし、見ての通りのレース。
佐々木君にはジャンまでに引くように言っておいた。
それなのに、引くのが遅くて。
もっと早く態勢を整えれば、楽に巻き返せるのに。
8 竹田 和幸
前の2人がワンツーだし、結果的に脚がなかった。
9 田中 晴基
あれだけ、前がもがき合っている。
展開は向いたし、捲り不発で残念です。
 
   10RS級二予選


1 山田 久徳
(3日目より欠場)。
※もしかしたら事故点の違反訓練の影響が残っていたのかも。
2 石川 雅望
初めて神山さんの後ろを回り勉強になった。
来月は2年ぶりに地元を走れるので頑張りたい。
稲垣さんや吉田敏洋さんがいて凄いメンバーばかりです。
3 渡邉 雄太
最終ホームで3番手を決めに行ったし、神山さんに迷惑をかけるレースだった。
ちょっと、積極性はないレースだった。
4 西田 雅志
竹内君の師匠は吉本君で僕の弟弟子。
同じ同門の関係になるからね。
頑張ってくれたし3着に入りたかった。
5 村田 雅一
とにかくダメ元で仕掛けた。
そうしたら思った以上に車は出ましたね。
6 古閑 良介
渡辺君が自分の事を決めてくるとは思わず、そこは油断した。
7 竹内 翼
簡単に渡辺君に捲られたし、まだまだですね。
8 松崎 貴久
村田君が自ら踏み上げてくれ恵まれた。
僕はそれに付いて行っただけ。
9 神山 雄一郎
最終ホーム? あそこは大バックだったし、きつかったね。
 
   11RS級二予選


1 竹内 智彦
引くか粘るかは小松崎君の判断だった。
あれなら番手か3番手で勝負した方が良かったと思う。
2 坂本 亮馬
記念の二次予選で九州の若手と一緒になるのは初めて。
もっと山崎君みたいな子が出て来て欲しいね。
最後も残したと言うより、勝手に残ってくれた。
3 小林 圭介
上原君と8、9番手で何にも出来なかったですね。
4 上原 龍
単調な展開になったし、九州勢のペースにしてしまった。
5 山崎 賢人
後ろが亮馬さんなので安心して駆ける事が出来た。
自分のレースは出来たし、先輩と上位独占出来て良かった。
6 出口 眞浩
後ろで見ていて小松崎君は粘るかなと。
まあ、二次予選だし、権利を考えて大事に走ったのでしょう。
7 小松崎 大地
上野君の切り換えは仕方ないでしょう。
どうあれ、今日は九州勢に対して力負けです。
8 松尾 信太郎
亮馬も口が空いたけど、自分もきつかった。
小松崎君が引いてくれ助かった。
9 上野 真吾
小松崎さんには悪いと思ったけど、僕も後ろに先輩がいたので。
 
   12RS級優秀


1 諸橋 愛
吉田拓君は気持ちの入ったレースをやってくれた。
そこは結果は関係ないので。
準決は鈴木竜士君の番手へ。
2 吉田 敏洋
体調が良くない分、集中力が高まっている。
途中までは柴崎君の後輪だけを見ていたけど、3コーナーからコースを探すレースになった。
3 園田 匠
誠一郎さんの後輪しか見ていなかった。
一旦、太田君の後ろに入るのも分かっていた。
もちろん、あのまま行ってくれた方が楽だけど、そこは太田君とラインを組んでいたので。
4 吉田 拓矢
力は出し切れたけど、太田君との踏み合いできつかった。
少しムキになったし、冷静さを欠いた。
5 中川 誠一郎
本当は諸橋さんに牽制された時に耐えないといけない。
そこは技術不足だった。
もちろん、太田君を見殺しに出来ないし、見栄えの問題もあるので(笑)。
6 太田 竜馬
今日は捲りを考えず、吉田さんと力勝負をやろうと思っていた。
7 椎木尾 拓哉
自分では何も出来ないし、翔さんに任せた結果なので。
8 稲川 翔
タイミングが合ったところで飛び付こうと思ったけど、踏み遅れてしまった。
若手先行選手が多く、きついレースだった。
9 柴崎 淳
展開は混戦になり良かったけど、後方になりすぎた。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
優秀レースインタビュー


中川誠一郎
長い距離を踏めたし、疲れや調子に問題ない。
ただ、人気ほど、僕は安定感がないので(苦笑)。
せっかくだし初の太田君へ。
園田 匠
誠一郎さんのスピードが凄かった。
今回からシューズから何から、全て換えて走っている。
そのせいか感覚は凄く良い。
どんなレースになっても誠一郎さんへ。
太田竜馬
初日より、優秀レースの方が良くなると思う。
名古屋は初めてだけど悪い感じはしなかった。
自力勝負。
吉田拓矢
青板バックで、竹内雄作さんに張られてタイミングが狂った。
その辺りは自分のミスだし、まだまだですね。
優秀レースは内容も考えて自力勝負。
諸橋 愛
とにかく何も言わないし、吉田拓君に任せるだけ。
それだけの選手ですからね。
あとはワンツーが決まる様に番手で仕事をやりたい。
椎木尾拓哉
前回のダービーより、脚の感じは良いと思う。
どんな展開でも3着以内に入りたい。
稲川さん任せ。
吉田敏洋
レベルの低い言い方かもしれないが、怪我明けだし、一歩ずつ。
不安を一つずつクリアして行くだけですよ。
ここも柴崎君の番手へ。
稲川 翔
来月の地元高松宮記念杯は出場出来ない。
ここは自分で何かやりたい。
柴崎 淳
引き続き状態は良いと思う。
行くべきところで、シッカリ自力を出したいですね。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日勝因敗因
  1R S級一予選



1 山崎 賢人
出てからは、ペースで駆ける事が出来た。
ラインで決める事が出来たし内容も良かったと思う。
記念の1レース1番車の責任も果たせた。
2 内田 英介
ほとんど、並んだ順にゴールして、誰も前の1人を抜けなかったレース(苦笑)。
山崎君が強すぎるよ。
俺は京王閣記念の誘導をやっていたけど疲れは残っていない。
3 鷲田 幸司
本命の山崎君が後ろ攻めでは、どうにもならない。
前を取って欲しかった。
4 窓場 千加頼
山崎君が掛かっていたし、仕掛ける事が出来なかった。
自分だけ4着で後ろに迷惑をかけた。
5 松尾 信太郎
何にもやっていないし、山崎君が強くて恵まれた。
作戦? とにかく前受けはやめてくれと言っておいた。
6 旭 啓介
誰もスタートを取らないから、仕方なく前を取った。
7 土屋 壮登
どこも緩む場所がなく、仕掛ける事が出来なかった。
山崎君との勢いの差でしょう。
8 金田 健一郎
窓場君が中団を取ってくれたけど、前が掛かっていた。
あれでは、窓場君も車を外せないね。
9 柳詰 正宏
抜きすぎたかなと思うぐらい踏んだけど、全く差せなかった。
山崎君と初連係だし怖さもあったからね。
踏み直しが凄かった。
  2R S級一予選



1 簗田 一輝
冷や冷やのレースだし、僕がきちんとした走りをやらないとダメですね。
結果、1着だけど、一旦併されたのも反省材料。
2 村田 雅一
佐川君のスピードを借りる事が出来たので。
直線の伸びは悪くなかったと思う。
3 小島 雅章
加藤君は危ない走りをやるね。
あっちこっち行くから、付いて行けなかった(苦笑)。
4 松崎 貴久
全部、篠原君のおかげ。
やはり、地元の気持ちが伝わってきた。
2車だけど行ってくれ有り難い。
5 加藤 圭一
千切れてから、またコースを探すのは得意だから。
2角でも、内を掬う形になり簗田君に対して悪い事をした。
6 篠原 忍
後ろで牽制しているから、踏むしかなかった。
土屋さんも切り換えてくれたので。
まあ、松崎さんが勝ち上がってくれただけでも。
7 佐川 翔吾
簗田君を意識し過ぎた。
最終ホームで行っていれば、決まっていたかも。
8 土屋 仁
篠原君が逃げる感じになったので、そっちに切り換えた。
5着ぐらいでしたね。
9 佐野 梅一
佐川君に任せた結果なので、今日の展開では仕方ないですね。
  3R S級一予選



1 元砂 勇雪
(落車し棄権)。
2 新田 康仁
吉本君が、俺に元砂君を切って欲しい雰囲気を出していた。
だから叩きに行ったけど、そこでかなり脚を使った。
あとは、落車でガシャーンと言う音が聞こえて、体が固まってしまった。
3 西田 雅志
吉本君は弟弟子で、高校も2年後輩。
もう20年以上の付き合いだからね。
2着ばっかりで、今年初勝利。
それも、吉本君の頑張りだし、尚更嬉しいね。
4 赤井 学
新田君が中団を取った時は、決まったと思ったけどね。
彼もハーハー言っていたけど、俺も途中からきつくなった。
5 吉本 哲郎
新田さんが切ってくれたのが大きい。
そこで巻き返すチャンスが生まれた。
西田さんは優しい先輩だけど、ワンツーが決まり責任を果たせた。
このレースを弟子の竹内翼にも分かって欲しいね(笑顔)。
6 女屋 文伸
(落車し棄権)。
7 中野 彰人
元砂君が落車してしまったので…。
何とかコースを探して4着以内のレースになった。
8 星野 辰也
選んだ位置が良かった。
少し悩んだけど、広島勢に付けて正解だった。
9 渡辺 航平
う~ん、元砂君のアクシデントがあったので。
ただ、新田さんを出させなければ、結果は違ったかもしれませんね。
  4R S級一予選



1 川口 公太朗
今日は完全に脚でしょう。
楽に中団を取って、この内容ですから。
小坂さんに良いブロックももらったけど、それも言い訳になるので。
2 小坂 敏之
隅田君が頑張ってくれたけど、あれ以上の仕事は…。
番手の仕事をやった上での結果なので。
3 引地 正人
7番手になるのは定番だし、そこは落ち着いていた。
器用な動きは出来ないので。
川口君がタイミングを取らず捲って行ったので、僕にもチャンスがあると思った。
4 舘 泰守
情けない。
もう少し、自分で何かやれれば、4着以内に入れたと思う。
5 大薗 宏
同期(伊藤正樹)に負けたのが悔しい。
それも、一次予選をクリアしたぐらいで喜んでいて(笑)。
僕は前が仕事をしやすい様に内を締めていた。
6 出口 眞浩
9番手になった時は、正直諦めた。
その後は、引地君が強かった。
10本のくじで1本だけ当たりのあるレースでした(笑)。
7 伊藤 正樹
前が詰まった。
だから、川口君はバックを踏んでから仕掛けて行った。
その分、スピードに乗らなかったと思う。
8 隅田 洋介
セオリー通りに主導権を取って、簡単にやられた。
だけど、こんな走りをやり続けるしかない。
9 松澤 敬輔
引地さんには、睨まれる展開になっても、好きに走って下さいと言ってあった。
変に中団を狙っても失敗すると思うので。
やはり、踏んでからは後掛かりなので、抜く事が出来なかった。
  5R S級一予選



1 石川 雅望
上原さんに、ただ付いて行っただけですね。
だけど、この4着は凄く嬉しい。
2 佐藤 亙
自分なりに波を作ったつもりだけど、阿部君のスピードが違った。
3 阿部 拓真
早く来れば中団に下げて、遅ければ突っ張る作戦だった。
ある程度、有坂さんに作戦を考えてもらっていた。
スピード自体は悪くなかったと思う。
4 山口 智弘
えらかった…。
阿部君に良い様に利用されるレースだった。
だけど、やる事はやった結果なので。
5 幸田 光博
息子が競輪学校に入学した。
ワッキーの弟と一緒ですよ。
息子がデビューするまでは、頑張り続けないと。
6 上田 裕和
地元の2人が頑張ってくれたけど、スンナリ阿部君が中団だったので。
7 鹿内 翔
あの位置を取ってくれれば、僕は何にもやる事はない。
ただ、捲りに付いて行き、抜くだけのレース。
後ろに上原さんが入ったのが分かったので、抜きすぎない事は心掛けた。
8 有坂 直樹
あ~、苦しい! 9着でも、競輪がこんなにきついとは(笑)。
最終日までいたいけど、これでは3日目でお帰りだな…。
9 上原 龍
構える癖と言うか、レースの下手さかげんが出てしまった。
阿部君のレースを僕がやらないと。
  6R S級一予選



1 岡本 総
ちょっと迷ったけど、前が駆けていなかったので、あのタイミングになった。
林さんには差されたけど、今日は良い走りが出来たと思う。
2 佐々木 省司
どうにもならない展開だった。
脚自体は悪くないので、残りのレースを頑張りたい。
3 上野 真吾
仕事をやらず、ただ、3番手をどかすレース。
仮に行かれたとしても、もっと波を作らないと。
そこは斉藤さんに申し訳ない。
4 伊藤 拓人
前の頑張りのおかげだし、僕は斉藤さんと上野さんに付いて行っただけ。
5 林 巨人
どのタイミングで行くか、岡本君の動きをみながら、僕も余裕があった。
最後もキッチリ抜いているし、かなり仕上がっていると思う。
6 藤原 憲征
6着ぐらいですね。
道中は北日本勢の後ろで良いと思った。
7 金澤 幸司
岡本君の巻き返しが早かったし、今日は何にも出来なかった。
8 齋藤 宗徳
主導権を取ったけど、掛かり切らなかった。
力が足りなかった。
9 坂上 忠克
丁度、上野君に見つかってしまった。
怪我の影響はないし、脚がなかっただけ。
  7R S級一予選



1 成松 春樹
まだ折り合いがついていない場所で村上さんの捲りが見えた。
だから無理矢理行ったけど、車が出なかった。
2 小林 圭介
多分、僕が千切れない様に鈴木君は5割ぐらいの感じで行ってくれたと思う。
それでも、半分、千切れていた。
追いついてからはニュートラルに入ったので差す事が出来たと思う。
3 村上 直久
後方になったのが失敗ですね。
それでも悪い感じはしなかった。
4 井手 健
最後は、成松君の内に行ってしまい失敗した。
その辺りは僕より、古閑さんの方が巧いですね。
5 鈴木 竜士
全開で行き、一人になってしまうと僕もきつくなる。
だから、ラインの3人で出られる事に考えながら走っていた。
最後はかなり失速したので、そこは二次予選以降の修正点です。
6 宮倉 勇
直線も諦めずに踏んだけど、6着か7着ぐらいでしたね。
7 山口 貴弘
鈴木君のダッシュが凄くて付いて行けなかった。
それで内に降りてしまった。
8 古閑 良介
コースは見えていたし、本当は先に土屋君のコースに入りたかった。
9 土屋 裕二
かなり待ってからコースに入った。
そうでないと、村上君が死んでしまうので。
もっと、えげつなく入っていれば頭まであったかも。
晴智さんのフレームを借りて使っていたけど、体調が戻り、自分のフレームに戻した。
そうしたら、かなり良くなってきた。
  8R S級一予選



1 竹内 翼
今日は師匠の吉本さんが良い逃げを魅せていた。
だから、自分もの気持ちで走った。
鈴木さんに捲られたけど、力を発揮する事は出来た。
2 岡 光良
あのダッシュには付いて行けない。
また、バックからも追い掛けたけど、更に加速して行った。
離れてから、何とかするのも、自分の持ち味ですからね(笑)。
普通に付いて行ける脚があれば良いけど、そこまで才能がないので。
3 亀井 久幸
ホームで前と車間が空かなければ、もう少し見せ場は作れたかも。
4 成清 謙二郎
危ないレースだったけど、記念の一次予選だったので。
この4着は、落車覚悟でリミッターを切ったから。
5 小林 潤二
あの鈴木君のスーパーダッシュに、3番手では付いて行けないよ。
6 望月 裕一郎
危ないと思ったけど、あのコースしかなかった。
結果は出なかったけど、納得の走りは出来た。
7 内村 泰三
完全に自分のミスですね。
僕みたいに下手な選手でなく、もっと巧い選手が後ろなら、竹内君の先行はもっと活きる。
あと、岡君の走りも、僕では真似が出来ないよ。
8 林 成人
鈴木君に行かれたのは仕方なくても、岡君が入って来なければ、内村君と2人で良い勝負が出来た。
9 鈴木 謙太郎
脚がかなり痛いよ。
まだ一次予選が終わったばかりだけど、力は全部出し切る事が出来た。
二次予選も、期待に応える走りをやりたい。
  9R S級一予選



1 渡辺 正光
番手で仕事をした甲斐はありましたよ。
自分はダメだったけど、前の佐藤君が1着だったので。
2 佐々木 豪
勘が全く冴えなかったし、普通なら簡単に出られる展開。
残り2周から山形さんに操縦してもらった方が良かったかも。
3 竹田 和幸
全て、竹沢君のおかげ。
佐藤君のスピードは違ったけど、佐々木君は止められて良かった。
4 竹澤 浩司
若い子相手に力勝負をやれたので、次に繋がると思う。
そう信じたいですね。
5 吉岡 篤志
最後は良い感じで突っ込めたけど、5着でしたね。
6 真田 晃
中部勢の頑張りのおかげですね。
僕が3着だから、30万円も付いたのでしょう。
7 佐藤 一伸
今日はスピードの出る捲りだったし、後ろの渡辺君も珍しく良い仕事をしてくれた(笑)。
9 山形 一気
佐々木君とは初連係。
最初の1回目は好きに走らせている。
自分も何か言われるのは嫌だったので。
前回、佐々木君と連係している湊聖二さんも何も言わなかったみたいなので。
 10R S級初特選



1 渡部 哲男
太田君もかなり強引に川村さんに締め込まれていたし、脚を使っていたね。
やや、バイオリズムが下がってきているし、少し正念場かな。
2 中村 浩士
みんな強いし、仕方ないね。
渡辺君の掛かりは悪くなかったし二次予選は問題ないと思うよ。
3 中川 誠一郎
新聞を見たら、どこも自分が本命。
しかもオッズも一番人気。
自分がファンなら、僕の車券は買わないですよ(笑)。
基本、捲りオンリーだし、しかも、見ていて心臓に良くないレースばかりだから。
ただ、長い距離を踏めたし、調子は良いのでしょう。
4 太田 竜馬
川村さんに締められて、今度は園田さんにも締められた。
それを凌げたし、脚の感じは悪くなかった。
5 神山 雄一郎
叩きに行くか、中団を決めに行くかは、川村君の判断だったから。
任せた以上は納得です。
6 佐藤 康紀
自転車をやっている息子が太田君と同級生。
その縁もあって、彼の3番手を回りました。
7 園田 匠
誠一郎さんに千切れたし、今日の決まり手は捲りでしたね(笑)。
8 川村 晃司
叩きに行ったけど、渡辺君に併された。
それで、太田君を決めに行くレースになった。
せっかく神山さんが付けてくれたのに、申し訳ない。
9 渡邉 雄太
悪くはないけど、最後に中川さんまで併せる余力がなかった。
 11R S級初特選



1 坂本 亮馬
俺自身、何をやっているんだ!と言うレースだった(苦笑)。
重たくて、全てに置いて立ち遅れていた。
2 笠松 信幸
一旦、金子さんが出るのかなと…。
だけど、また竹内君を庇ったし、きつかった。
3 吉田 拓矢
勝つには勝ったけど、内容が良くない。
そこは諸橋さんにも指摘され、色々とアドバイスをもらった。
4 竹内 智彦
選択のミスかな。
亮馬でなく、普通に関東の後ろの方が良かったかも。
5 椎木尾 拓哉
まずは山田君が中団を取ってくれたのが大きかった。
それがあったから3着に突っ込めた。
6 竹内 雄作
少しずつ戻して行きたいですね。
最後は吉田君に捲られたけど、底は脱出したと思う。
7 諸橋 愛
亮馬が迷いながら走っていたのは、僕らにとって助かった。
吉田君には積極性の大切さも少し話したけど、それは本人が一番分かっている事だから。
8 金子 貴志
前が頑張っている以上は、庇うのは当然。
竹内君の先行は悪くなかったし、あとちょっとですよ。
9 山田 久徳
中団を取る自分のレースは出来たけど、そこからの車が出なかった。
 12R S級初特選



1 吉田 敏洋
まずは柴崎君の踏み出しに集中していた。
あとはスピードに乗ってからの捌きだったので余裕はあった。
正直、今日のレースでは自分の出来は分からない。
2 小松崎 大地
狭いコースに入り、稲川君と絡んだ。
4角のところでしたが、そこで車体故障があった。
3 稲川 翔
う~ん、石塚君は先行の組み立てだった。
結果的に捲りのスピードは悪くなかったけど、そこは考えるところでしょう。
4 田中 晴基
展開でカマシに行ったけど、後ろが中部勢になりましたね。
力は出し切れたので、二次予選は大丈夫だと思う。
5 柴崎 淳
自然と体が反応しているし引き続き状態は良いと思う。
後ろが地元の吉田さんだし責任を果たす事が出来た。
6 石塚 輪太郎
まだまだ、このクラスに入ると自分のレースが出来ない。
稲川さんに迷惑を掛けたし、二次予選は反省して。
7 志智 俊夫
3連単で人気になっていたし、すみません。
前の2人に付いて行けなかった。
8 齊藤 竜也
田中君のダッシュに付いて行けず、悪い事をしてしまった。
9 内藤 宣彦
中部勢の番組だし仕方ないですね。
二次予選は前の方にいたい。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日インタビュー
 1R

山崎賢人
S級で初優勝する事が出来たけど、自分ではまだまだと思っています。
練習仲間の井上昌己さんに比べると、何もかもが足りない。
このアフロヘアーですか。
罰ゲームではないし、自分の趣味で(笑)。
1レース1番車で期待されている証拠だし、自力で勝つ走り。
内田英介
埼京ラインで土屋君の番手へ。
山崎君に勢いを感じるけど、ひと泡吹かせたいですね。
鷲田幸司
近畿ラインで窓場君の番手へ。
百勝にリーチだし、早くスッキリしたい。
窓場千加頼
名古屋は過去5年で3勝し、2着も3回ある。
軽くて走りやすいイメージ。
自力で一発狙いたい。
松尾信太郎
2場所前の函館記念から突っ込める様になってきた。
九州で結束して3番手です。
旭 啓介
前回の函館の最終日に、土屋君に付けていない。
ここで付けたら失礼。
単騎で決めずに。
土屋壮登
山崎君のパワーには勝てないけど、見せ場は作りたいですね。
自力で頑張るだけ。
金田健一郎
少し良くなっているけど、展開次第。
近畿で結束して3番手。
柳詰正宏
山崎君の番手とは光栄。
初連係だし楽しみ。
とにかく離れない様に。
 
 2R

簗田一輝
予選は勝つ走りが出来ているけど、S級の壁は厚いですね。
名古屋は2度目。
自力で頑張るだけ。
村田雅一
失格があるから少しレースが小さくなっていた。
そこは反省点。
近畿で佐川君の番手へ。
小嶋雅章
もう自力でやる元気はない。
本線の3番手を回れるし、南関ラインの後ろへ。
松崎貴久
地元だし篠原君が頑張ると思うので。
少し悩んだけど、信頼して任せたい。
加藤圭一
ダッシュがないのは、いつもの事。
離れたとしても、泥臭いレースをやるだけ。
初連係の簗田君へ。
イケメンだし羨ましいよ(笑)。
篠原 忍
練習では、選手になって一番良いぐらい。
だけど、本番では全くそれが出ない。
自分でやりたかったし自力勝負。
佐川翔吾
簗田君との対戦はどうかな。
記憶は確かではない。
自力で持ち味を発揮する。
土屋 仁
小島君はセオリー通りに南関勢なの。
ならば、僕も普通に決めずにやる。
佐野梅一
タテに踏めているし調子は悪くない。
村田君に番手を任せて近畿の3番手。
 
 3R

元砂勇雪
ラインで決める走りをやりたい。
積極的な自力勝負です。
新田康仁
復活の年の足掛かりにしたいし、まだまだこれからですよ。
昨年は満足に走れなかったし、特別競輪にまた出たい。
それには、今回、決勝で3着以内に入り、競輪祭のシードかな(笑)。
自力勝負。
西田雅志
1着は少ないけど、競走得点を百点に戻せたので。
同県の吉本君と2人で若手に対抗。
赤井 学
同世代のスター(新田)の番手へ。
怪我が続いているけど、気持ちは折れていない。
吉本哲郎
弟子の竹内翼との同じ開催は何度もある。
ただ、連係はない。
もちろん、その時は俺が前ですよ(笑)。
自力勝負。
女屋文伸
新田さんは僕にとってスター。
その3番手を回れるのは、光栄ですよ。
中野彰人
近畿で元砂君の番手へ。
函館記念は南潤君の強さを改めて実感した。
星野辰也
新田さんに力を感じるが、逃げる魅力で広島コンビの後ろへ。
それで広島コンビを選びました。
渡辺航平
点数通りの並びで、近畿の3番手。
本線の3番手だし、チャンスはあると思う。
 
 4R

川口公太朗
後ろが地元の2人だし責任重大ですね。
前回は体調が悪くて途中欠場。
だけど3週間近く空いたので大丈夫。
自力基本の自在戦。
小坂敏之
栃木同士の隅田君へ。
逃げてくれるだろうし、キッチリ仕事をやりたい。
引地正人
7番手になるのは避けたいけど、そんな展開になりそうだね(苦笑)。
自力で頑張るけど。
舘 泰守
もうS級に戻ってくるのは厳しいかも。
最後の地元記念のつもりで。
中部の3番手。
大薗 宏
栃木コンビの後ろを回る。
小坂さんが仕事をやりやすい様に内を締めて走る。
出口真浩
前回、久々の1着。
これで3百勝にリーチが掛かった。
ここは北日本ラインの後ろへ。
伊藤正樹
ダービーは展開も味方しなかった。
中部で川口君に頑張ってもらう。
隅田洋介
先行を基本の組み立て。
今回は師匠の山口貴弘さんがいるし頑張らないと。
松沢敬輔
引地さんの番手へ。
目標がいれば番手、いなければ自分でやるスタイル。
 
 5R

石川雅望
上原さんの番手へ。
前回の松戸は大きく外に振り過ぎた。
前に踏めよと言う話しだよね。
佐藤 亙
地元同士の山口君へ。
ホームバンクの記念だし、結果を出したい。
阿部拓真
ダービーは落車もあったけど、良い勉強になった。
後手を踏まない自力勝負。
山口智弘
どこかで目立つ走りをやりたいですね。
せっかくの地元記念なので。
先行か捲りで。
幸田光博
練習中の落車で2カ月ぶりの実戦。
来期はとうとうA級だし、正念場ですね。
関東ラインの3番手。
上田裕和
怪我をしてから3場所目だし、少しずつです。
地元コンビの後ろへ。
鹿内 翔
名古屋はチャレンジで優勝して以来。
だから、どう来て良いか悩んでしまった。
阿部君の番手へ。
有坂直樹
腰の具合が悪く、前に付いて行くのも一杯だった。
だけど、嫁から後4年は走って下さいと言われている。
大学に行っている子供の学費があるから(笑)。
北日本ラインの3番手。
上原 龍
相変わらず組み立てが下手だし、どのポジションを取れるかだけ。
自力基本の自在戦。
 
 6R

岡本 総
豊橋に比べればプレッシャーは少ない。
自分のダッシュ力を活かしたいですね。
自力勝負。
佐々木省司
北日本ラインで金沢君へ。
スピードを借りる走りで十分ですよ。
上野真吾
自分でやっても、そこそこ勝負になっている。
ここは南関ラインで斉藤さんへ。
伊藤拓人
強気に番手勝負をやっているけど、結果に結び付いていない。
まだまだマーカーとして未熟。
南関の3番手。
林 巨人
岡本君はスプリンターだし離れない様にしたい。
地元記念だし、キッチリワンツー。
藤原憲征
位置は決めずに流れで。
少しでも前の方にいたい。
金沢幸司
1着は取れているけど、このままではS級の点数は取れない。
目標がいれば何とかなるけど。
自力で一発。
斉藤宗徳
練習は嫌と言う程、やってきた。
先行主体の自力勝負。
坂上忠克
怪我の影響? 自分では落車していないと思っているので大丈夫(笑)。
地元コンビの後ろへ。
 
 7R

成松春樹
名古屋記念は6場所前に走ったばかり。
結構呼ばれているので、バンクの特徴は分かっている。
自力勝負。
小林圭介
点数は上がってきたけど内容が伴っていない。
格も実績も山口さんが上だけど、同県だし鈴木君の番手へ。
連係は2度目。
前回は逃げてくれたが、自分のブロックが甘く捲られてしまった。
村上直久
大怪我をしてから復帰2場所目だけど、練習の感じは凄く良かった。
自力で頑張るだけ。
井手 健
西九州ラインで成松君へ。
前回は地元で恵まれたけど、久々に1着を取る事が出来た。
鈴木竜士
直前は脇本さんの結婚式の二次会に参加させてもらった。
ラインで決められる様に積極的に走る。
宮倉 勇
気持ちは衰えていない。
まだまだ強くなれると思っている。
南関ラインの3番手。
山口貴弘
自分なりに手応えは掴めてきた。
これから点数を戻す一方。
茨城コンビの後ろへ。
古閑良介
前回の初日9着で今期のS級の点数は絶望的になった。
僕はエリートだし、S級に上がってから一度もA級に落ちていなかった(笑)。
九州の3番手。
土屋裕二
体も良くなり、成績に結び付き始めた。
南関ラインで村上君へ。
 
 8R

竹内 翼
松阪の準決は残り1周を巻き返して1着だった。
師匠に怒られない様に自力勝負。
岡 光良
選手になり64勝しかしていない。
その内の3勝が、今年に入ってからの名古屋競輪場(笑)。
だから相性は抜群ですよ。
鈴木君のスーパーダッシュに離れない様に。
亀井久幸
かなり濃いメンバーのところに入れられてしまった。
厳しいけど、頑張るしかない。
自力勝負。
成清謙二郎
亀田先輩の番手でなく亀ちゃんの番手(笑)。
前回の1着はS級になり5度目ぐらい。
小林潤二
弟子で甥っ子の泰生が7月にデビューする。
ナショナルチームの中距離のメンバーだし凄く楽しみ。
関東ラインの3番手です。
望月裕一郎
点数を落とすと、こう言うメンバーになる。
厳しいですね。
来月は事故点のペナルティーで斡旋停止。
だけど7月からはS級1班に復帰なので。
南関で結束。
内村泰三
竹内君の番手は何度もある。
だけど、一度も抜いた事はないですよ。
林 成人
中国コンビの後ろです。
竹内君が逃げてくれれば、十分チャンスのある位置。
鈴木謙太郎
まだまだ7番手不発になったりと安定した力を発揮出来ないでいる。
ある程度の自在の動きは必要だし、飛び付きとか今後は取り入れて行きたい。
調子自体は良いので自力勝負。
 
 9R

渡辺正光
福島同士の佐藤君へ。
競走センスがあるし、信頼していく。
やはり大宮記念のダブル失格が痛い。
佐々木豪
同期が強いし、中四国も勢いがある。
僕も、その勢いに乗れている。
これで記者さん達から、今日4回目の囲み取材(笑顔)。
スターになりましたかね(笑顔)。
自力で頑張る。
竹田和幸
中部で竹内君の番手へ。
どれぐらい、佐々木君に抵抗出来るかですね。
竹沢浩司
負け戦だと良い勝負が出来るけど、勝ち上がりで苦戦している。
自力勝負。
吉岡篤志
本線の3番手だし3着に入りたいですね。
山形君の後ろで3番手。
真田 晃
竹沢君には世話になっている。
ライン重視で中部勢の後ろへ。
佐藤一伸
名古屋記念は6場所前に走り2勝している。
最低でも中団を確保して自力勝負。
三ツ井武
南関なら3番手を回るけど…。
ここは単騎で自在に攻める。
山形一気
佐々木君の強さは知っているけど、今回初連係。
付いてみないと分からない面もありますからね。
どうあれ人気だし、ワンツーを決めたい。
 
 10R

渡部哲男
地元のウイナーズカップにピークを持ってきたし、そろそろ落ちる頃だと覚悟していた。
それは想定内だし、その落ちる波も小さく済んでいる。
太田君の番手へ。
中村浩士
ダービーは1勝のみだったけど、全体的に悪い感じはしなかった。
南関ラインで渡辺君へ。
中川誠一郎
ダービーが終わってからの9日間ですか。
前半は地元で練習して、その後にワッキーの結婚式。
それから熊本に戻らず東京にいて室内練習。
コメントですか。
先行は出来ないし、ヨコの動きも出来ない。
だから、展開待ちの捲りでお願いします(笑)。
気持ちが入れば危ない走りも出来るけど、それは地元記念とかレアなケースだけですよ。
太田竜馬
名古屋は初めてだけど、特に不安はない。
ダービーは尻すぼみだったけど、感じは悪くなかった。
自力勝負。
神山雄一郎
2度目の川村君へ。
6年前のいわき平G3の決勝で連係している。
ホームで行ってくれたが、武井大介君の優勝だった。
京王閣記念の決勝で拓弥でなく俺だったとしたら? その時でないと、どう判断したかは分からないよ(笑)。
佐藤康紀
園田 匠
今回から新車。
ダービーにも持って行ったけど使わなかった。
誠一郎さんの番手へ。
川村晃司
三谷竜生のピンチヒッターだし責任重大ですね。
名古屋はダービーで準優勝だった思い出のバンク。
神山さんに迷惑を掛けない自力勝負。
渡辺雄太
ダービーで初めて5走したけど、疲れは残っていない。
良いイメージで走れる。
先行を基本の組み立て。
 
 11R

坂本亮馬
練習では予選クラスの選手と同じタイムしか出ていない。
単騎かと思ったけど竹内さんが付けてくれる。
流れを見て自在に攻める。
笠松信幸
金子さんの前なんて回れるはずがない。
一生、後ろ回りですよ。
中部で結束して3番手。
吉田拓矢
ダービーは体がガチガチだったし、結果的に落車の影響があったかも。
積極的な自力勝負を心掛けたい。
竹内智彦
吉田君の3番手を回ると、亮馬に内をしゃくられる可能性がある。
今まで、3回しゃくられているから。
しゃくられるなら、しゃくる方の後ろが良いので亮馬に任せる事にした(笑)。
椎木尾拓哉
ダービーは展開が向かなかったけど、自分の脚もなかった。
近畿で山田君の番手へ。
竹内雄作
良くないのは膝痛だけでなく、他にも原因がある。
3車を活かして先行したい。
名古屋は1着も多く、走りやすいバンク。
諸橋 愛
ダービーは大塚ケンボーとの競りとかもあり、刺激的なシリーズだった。
吉田君とも色々と話す機会があった。
積極的な気持ちで頑張ってくれれば。
金子貴志
ダービーで落車もしたし、体のケアが中心。
1日だけ、名古屋バンクにも入り練習した。
竹内君の番手へ。
山田久徳
自力勝負。
ダービーの後に競輪学校で事故点の違反訓練があった。
ただ、普通に走れる状態です。
 
 12R

吉田敏洋
ダービーの落車でまだ肩は痛い。
万全ではないけど、気持ちでカバーするしかない。
もちろん、柴崎君の番手へ。
スプリンターが長い距離を踏める様になってきたし、こんなに心強い事はない。
彼が浅井君を連れて行った、ダービーの準決の走りを竹内君にも感じて欲しいね。
小松崎大地
自分でレースを作れる様になっているし悪くないと思う。
自力で頑張るだけ。
稲川 翔
近畿で石塚君の番手へ。
川崎記念の二次予選で僕が1着、彼が3着だったけど2着権利だったので…。
田中晴基
第4ラインの評価でしょうが、穴を出せる様に頑張りたい。
自力で一発狙う競走。
柴崎 淳
自然と体が反応しているので悪くない。
引き続き好調です。
自力で。
石塚輪太郎
ダービーは最終日まで残る事が出来たし、勝つ事も出来た。
収獲はあったと思う。
チャレンジャーだし積極的に。
志智俊夫
中部の3番手ですね。
落ち込んでいたし、ダービーの2勝は自信を回復。
斉藤竜也
南関ラインで田中君の番手へ。
もちろん、好きな走りで十分。
内藤宣彦
北日本ラインで小松崎君へ。
3番目のラインの評価でしょうが、レースは何が起こるか分からないので。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
開設69周年記念名古屋競輪金鯱賞オリジナルクオカードプレゼントキャンペーン!
名古屋競輪 開設69周年記念名古屋競輪金鯱賞争奪戦・楽天カップ(GⅢ)の開催を記念いたしまして、
e-SHINBUNプレミアム会員の皆様に素敵なプレゼントのお知らせです。

開設69周年記念名古屋競輪金鯱賞オリジナルクオカードを抽選で10名様にプレゼントいたします。

※こちらはe-SHINBUNプレミアム会員様限定キャンペーンとなります。
応募期間は和歌山グランプリ開催日前日の2018/5/16(水)から最終日翌日の2018/5/21(月)までです。

開設69周年記念名古屋競輪金鯱賞争奪戦・楽天カップオリジナルクオカード 10名様
 



この機会に是非e-SHINBUN会員登録を!
 
   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。


平成30年5月20日
名古屋記念は昼間の裏開催は福井だけだったのに、土曜日で12億7786万しか売れなかったのは、初日・2日目で勢いが付かなかったのか、それともメンバー、そして日程的なものか、3日間で31億4千万弱とは、これでは最終日の日曜はどんなに期待しても16億前後の攻防と言う事は、トラック支援・ナイター記念でも無いのに50億を割ると言う現実、淋しいものです。決勝戦はコマ切れ5分戦、展開は後輩、簗田一輝を使える渡邉雄太の番手捲りでしょうが、2車なのはイヤミ。鈴木謙太郎の捲りには諸橋愛。大胆な佐々木豪には先輩、渡部哲男で、川村晃司に笠松信幸、そして喜んで単騎は捲りの中川誠一郎に成ってます。
 

平成30年5月19日
名古屋記念の2日目は、案の定裏開催にやられて10億を割ったのは日程の問題。3日目からが真の勝負で、15~16億、そして最終日に18~20億なら目標の55億近くに行く計算、そこ迄はと期待したいものです。2日目のヒットは10Rでした。3日目はもっと売り上げが上がる様にヒントを。
1R、内田英介。
2R、山口智弘。
3R、篠原忍。
4R、内村泰三。
5R、佐藤一伸。
6R、岡本総。
7R、竹内翼。
8R、本命戦。
9R、石塚輪太郎。
10R、茨城コンビ。
11R、柴崎淳・坂本亮馬の表・裏。
12R、阿部拓真・簗田一輝の2・3着狙い。
 

平成30年5月17日
名古屋記念の初日は、過酷な日程にしては9億を越えたのは番組は全レース、ファンの関心をの努力が功を奏したのでは。これだったら2日目以降も大丈夫で、勝負は単独開催近くに成る土曜・日曜の3日目・4日目と思われます。
初日に目立ったのは開幕戦の山崎賢人に捲りの簗田一輝、男らしい吉本哲郎、捲り切った引地正人・岡本総・阿部拓真・鈴木謙太郎・佐藤一伸・中川誠一郎に最終レースの柴崎淳に吉田敏洋。毎レース検車場から記者席迄の急な階段を1階から6階迄登り下って足はパンパンに成ってまで取材したので、売り上げアップのため、私の狙い選手を挙げてみます。
1R、竹澤浩司。
2R、佐藤亙。
3R、金澤幸司。
4R、土屋壮登。
5R、疋田敏の2・3着。
6R、中村浩士。
7R、岡本総。
8R、鈴木謙太郎。
9R、田中晴基と阿部拓真。
10R、渡邉雄太。
11R、坂本亮馬。
12R、吉田敏洋です。
 

平成30年5月16日
3月に吉田敏洋の優勝で幕を閉じた名古屋記念。年度が変わった事で今年2度目の記念ですが、ダービーVの三谷竜生が欠場した事でビッグネームは不在は本当に痛くても、目標は京王閣と同じ55億。初日・2日は裏で先行してる西武園FⅠがモロに被り、どんなに番組が頑張っても、このメンバーに日程では厳しいと思いますよ。
初日の狙い選手を1Rから挙げてみました。参考にして下さい。
1R、山崎賢人(誰もが知ってる)
2R、バブルは続いてる村田雅一
3R、復活、新田康仁
4R、地元の伊藤正樹
5R、こゝは本命でも北日本コンビ
6R、本命の地元コンビ
7R、仕上ってると豪語した村上直久
8R、内村泰三の2・3着
9R、佐々木豪から佐藤一伸。
特選は、
10R、中川誠一郎
11R、坂本亮馬
12R、吉田敏洋

 
ページトップへ
   
山内卓也の『春よ来い!!』
今回は選手の夢について少々



誰もが競輪選手としてデビューしてから夢を見ます


それがG1出場だったり、G1優勝だったり、強い選手になるとか、物凄いレースができる選手になったとか、選手紹介に行こうと思ったらシューズが履けなかったりとか…



⁉︎


そうです!選手の夢とは寝ている間に見る夢のことです

皆さん夢見ますかね?
夢って朝起きたら見たけど忘れてること多いですよね


夢か現実かわからなくなることもありますが、自分はまぁまぁの確率でこれ夢だな!!と気づきます


夢と気づくか?という話を先輩としていたら、俺はわかる!!両腕を上にあげたら空も飛べる!!と言いきった強者の先輩がいました!!



夢とは様々な解釈があるみたいですね〜
その辺はあまり気にせずに話を進めましょう




選手になって20年以上経過しましたが、今まで同じような夢を何十回と見て来たわけでありまして…

気持ちの良い夢とかは先行して逃げ切ったりだとか、物凄い捲りをだした夢とかは朝起きて、なんだ夢だったのか…と思いますがそうじゃない夢もあるんですよねぇ



僕が一番よく見る夢は選手紹介の夢です



選手は招集時間に控え室に呼ばれて選手紹介へ行くのですが、バンクに出る時に車輪が練習用の車輪…


焦って車輪を交換しますが、もう選手紹介は始まってしまってる…
しかもG1とかのビッグレース


焦ってなんとか交換したけど交換したはずの車輪も練習用…


こんなこと本当にあったら悲劇ですよね…



あとはシューズが履けない!


履けたと思ったらこれまた練習用のシューズ…



ホントだったらかなり焦りますね




こんな僕の夢にも登場人物がいます




選手紹介に遅れる夢の中は1人じゃない時がたまにあるのです



いつも一緒に選手紹介に行けないのは金子貴志先輩…




夢の中では僕でも見たことないくらい金子先輩は焦ってます!


でも僕より先に車輪を交換して「先に行くよ!」と…



置いてかないで〜!と思いながら車輪を交換してもまた練習用の車輪…



途中でコレは夢だ!!と気づきますが、ハッ!!として朝起きると時すでに遅し…脚は張り気味…


夢でも脚張るんだ…




選手ならこんな夢を見た事がある人がほとんどだと思います



選手引退したらどうなるのだろうか?

聞くところによると
選手引退しても3年間ぐらいはこの夢見るみたいですね…






こんな夢を見たときはもう一度寝て夢をキャンセルするのです!!


たまに続きの続編見ちゃいますけどね…



神様、どうかこの先、強くなった夢とか優勝した夢とかばっかり見れますように…



春よこ〜い!!
   
コンビニのコピー機で名古屋競輪の出走表が無料プリントできる!
名古屋競輪 開場69周年記念 金鯱賞争奪戦・楽天カップ限定!
コンビニのコピー機で名古屋競輪の出走表が無料プリントできます!!




全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
名古屋競輪の出走表が無料でプリントできます!!

開催初日分は前検日18:00頃から、初日以降分は前日19:00頃から
プリント可能になります。

ぜひ、ご利用下さい!!


操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin42


ページトップへ 
   
競輪専門紙『競輪研究』縦版(オリジナルレイアウト/紙面拡大)販売スタートのお知らせ

競輪研究が、通常版レイアウトに加え、新たに縦版(オリジナルレイアウト/紙面拡大)の販売をスタート!



縦版の競輪専門紙を普段利用されている方にも見やすいレイアウトとなっております!


コンビニプリントサービス利用方法
http://www.e-shinbun.net/cp/keirinkenkyu

ネット新聞販売ページ
http://www.e-shinbun.net/keirinkenkyu

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら  

   
【チャリロト会員限定】チャリロトでAOKEI競輪ニュース無料公開中!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて、チャリロト会員様限定でAOKEI競輪ニュース』を無料配信中です!!



GⅢ開催時限定、開催日前日の夜から公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/pc/member/aokei/index.html
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」記者。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

スピード・チャンネルが呼ぶ――。

昼間の開催は西武園競輪だけ。しかも西武園のテレビ中継は無料放映の「531」なので、時間を持て余したスピード・チャンネルでは「アーカイブス」なる番組名で過去の特別競輪の決勝を延々と流している。アーカイブと銘打つなら、もっと昔まで遡ってほしい気もするが、当局の蔵出し限界なら仕方なしだ。
次から次の映像はつい病みつきになり、これは誰の優勝、この時は雨が凄かったとか、最後三番と五番で競っちゃうんだよな――等々、各々が勝手に口を挟みあうのは愉しい。ま、記憶が飛んでいるものが多いが、やっぱり車券が当たったレースはよく憶えているもので、出目までパッと浮かぶのだから俺の脳機能もゲンキンである。
この競走は六番が意味不明の落車――。
もうこの時点で新田雄大は失格だったワケね――。
この年は金子貴志イヤーだったもんなァ――。
しかし新田雄大のガッツ・ポーズはいつも同じ型だねえ――。
ちょっとだけ小嶋敬二が離れるんだ、永井清史のカマシに――。
佐々木ノリの大チャンスだったのに、友定の単騎カマシが効いたよなァ――。
断片的にあの日あの時の競輪の記憶がよみがえる。
昔、Kという同僚が居て、競輪の記憶に関しては人後に落ちない強者だった。
この競輪祭は某のひと捲りですよ――!
煙草をくわえながら得意げに説明するKがひどく懐かしい。
仕事半分、あとの半分はスピード・チャンネルに呼ばれた半日であった。

ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ編集長・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925


前検日
今回はSS級が諸橋愛だけ。三谷竜生が出場予定だったが、ダービー優勝直後の開催であるし、ある意味、欠場は仕方ないのかも。激走の反動はあるだろうし、多少の体調不良があってもおかしくない。そこで期待が集まるのは、当然、地元の吉田敏洋。6場所前の名古屋記念では、高橋和也、浅井康太の3番手から優勝。2段ロケットの作戦で高橋が失敗も浅井康太が切り換えて仕掛け、吉田が優勝した。愛知、浅井、愛知の並びだし、自分が優勝するには、この並びしかないと公言してくれていたし、本当に有り難い選手だ。古くは、深谷知広を利し優勝もしているが、その時より嬉しそうだったのが印象的だった。ダービーの決勝もそうだが、今のビッグの決勝は個と個の対決より、地区対抗戦になっている。それを意識したのが京王閣記念の関東の連係。ただ、神山拓弥でなく、神山雄一郎、もしくは諸橋愛だったら、果たしてどう並んだか気になるところ。敢えて神山雄一郎に聞いてみたが、そこは大人の対応ではぐらかされてしまった。それが「その時の状況になってみないと分からない」と言う言葉だ。結束するなら吉沢、平原、神山雄、木暮、高橋だろうが、木暮と神山の位置が逆の可能性もある。もちろん、並べず吉沢、神山雄と平原、高橋で別線もあっただろう。別だった時に、木暮がどうするか考えるのも面白い。あの決勝の並びは、簡単に決まったし僕らの想定内だった。ただ、僕だけでなく、レース直後は高橋が3着に見えた記者は多かった。角度の問題だろうが、410円の車券を握り締めていたファンは、冷や汗が出た事だろう。福井では、市田佳寿浩が不死鳥の様に復帰したが、来期はA級落ち。引退を個人的に心配していたが、選手会の副支部長に就任した様子。責任のある男だし、要職を引き受けた事だし、引退はない。今まで通りの市田を魅せる事は出来なくても、格好悪くはない。あの男の魂は、何ひとつ変わっていないと思うからだ。


ページトップへ
   
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2018年5月17日(木)・18日(金)・19日(土)・20日(日)

■開催場所
名古屋競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

いわき平競輪ニュース

福ちゃん

競輪毎日

北競

競輪専門誌ホープ

別府競輪ダービー

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttp

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ