eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
出走表(無料)コンビニ配信開始
青山彩

第60回オールスター競輪(GⅠ)

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

 
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編

 
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太 脇本雄太 川村晃司
浅井康太
脇本雄太
川村晃司
池田勇人 猪俣康一 木暮安由
池田勇人
猪俣康一
木暮安由
中川誠一郎 佐藤慎太郎 小野俊之
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小野俊之
小倉竜二 山内卓也  
小倉竜二
山内卓也
 

 
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

 
S級決勝インタビュー

新田祐大
地元の一番前で自力。
自分も含めて、ラインから優勝者を出す。
ファンの声援が自分の魂をも揺さぶられている。
脇本雄太
単騎で一発狙うレース。
オリオン賞も単騎で勝っているし、展開さえ向けば。
深谷知広
自分の我が侭で中部の一番前で自力勝負。
勢いが自分に来ているのは分かっている。
行くべきところで、しっかり仕掛けたい。
竹内雄作
深谷君の番手へ。
後ろを回るのは昨年のオールスターのシャイニングスター賞以来。
狙われる可能性もあるし、気を引き締めて。
原田研太朗
単騎で一発狙うレース。
特別競輪の決勝は、2年前のダービー以来で2度目。
坂口晃輔
初の特別競輪の決勝。
これを今後のステップアップにしたい。
中部ラインの4番手です。
渡辺一成
新田君が勝つ走りで構わない。
僕はそのスピードをもらい、ゴール前勝負に持ち込みたい。
山崎芳仁
地元の3番手。
若い2人に頑張ってもらう。
今回は思っていた以上に踏めている。
浅井康太
中部で結束して3番手。
このメンバーなら竹内君も狙われないと思うので。
どう言う走りになるかは、これからみんなで考えて。




 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
四日目勝因敗因
  1R S級一般


1 小嶋 敬二
吉田君が行っているし、前には踏めない。
ブロックに行けば、内を掬われるのは分かっていたけど。
誰かに言われたけど、僕の競輪界の立場は退役軍人と同じらしい(爆笑)。
2 武井 大介
やっと最後にレースに参加出来た。
3回走ったけど、満足なレース内容ではなかったから。
3 伏見 俊昭
この1勝で、少しホッとした。
場内のファンからは、厳しい声と熱い声援が半々でした(笑)。
外では無理だと思ったので、コースを見つけて内を突いた。
4 山田 庸平
後ろが昌己さんで、このレースではダメですね。
迷惑をかけました。
5 高原 仁志
みんな思っていたと思うけど、もっと山田君が積極的かなと。
そこが誤算だった。
6 小埜 正義
同じ3着なら、吉田さんと一緒に踏み込み、3番手を確保した方が良かったかも。
7 吉田 敏洋
これが現実。
残り1周のカマシで7着では。
8 根本 哲吏
地元の伏見さんが1着で良かった。
僕は何にも貢献出来なかったけど。
9 井上 昌己
山田君に逃げろとは言わない。
ただ、位置も取れず、このレースでは合格点を与えられない。
 
  2R S級一般


1 朝倉 佳弘
突っ込むレースの方が得意だけど、こう言う展開をものにしないと。
2 永澤 剛
仕掛けたけど、車が出なかった。
内藤さんに迷惑をかけた。
3 三宅 伸
小原君がホームでどうするか悩んでいたね。
中団に下げるか、番手・3番手に飛び付くか。
4 池田 勇人
3車を活かして主導権を取れた。
捲られたけど、3着なら。
5 内藤 宣彦
まだ走れるとか、走れないとか、僕ら選手も分からないですよ。
このレースは着順より、まずは2走しか走っていない選手に優先権がある。
どうあれ、レースが終わりまで待機だし、お盆で、みんな帰るのが大変ですね。
6 小岩 大介
松川君が強かった。
弥彦記念の3日目もワンツーでしたから。
7 高橋 大作
踏み出しで口が空いてしまった。
それで、小原君に粘られてしまった。
8 松川 高大
尻上がりに良くなってきた。
負け戦だけど、特別競輪の1着だし凄く嬉しい。
9 小原 太樹
高橋さんが遅れてきたので、その位置で粘った。
判断が難しかったですね。
 
 3R S級選抜二


1 池田 良
阿竹さんが行っているし、捲りは止めようと。
真後ろから、松岡さんが捲ってきたので、きつかった。
2 和田 圭
番手だと来ないけど、3番手なら連対出来る。
責任のない位置の方が走りやすい(笑)。
3 松岡 貴久
仕掛けたけど、車が出なかった。
セッティングが出ていないし、ハンドルの位置を変えようかな。
4 根田 空史
阿竹さんが内から主導権を取り、後手を踏んでしまった。
5 阿竹 智史
3着権利だし、残れて良かった。
番手の池田君が良い仕事をしていた。
この後は、人気がないから記念に呼ばれず、F1ばかり(笑)。
6 山賀 雅仁
狭いコースを突っ込んだら、池田君と接触して手を痛めた。
帰って飲みに行きたいけど、大丈夫そうなので走りますよ(笑)。
7 大槻 寛徳
余裕しかない。
走っていて、周りの動きが全部見える。
成績通りの脚です。
8 内藤 秀久
9番手だし、コースを見つけて突っ込んだけど、5着で一杯だった。
9 飯野 祐太
結果は後ろがワンツーだけど、自分の走りが出来なかった。
 
  4R S級選抜二


1 桑原 大志
どうするかは、取鳥君の判断だった。
これも勉強になったと思う。
2 横山 尚則
村上さんのブロックがきつかった。
だけど、自分でレースを作れたし、内容は満足している。
3 村上 博幸
山田君の頑張りがあったから3着に入れた。
だけど、4角からは危なかった。
4 取鳥 雄吾
やっぱり、出させてしまったのが失敗ですね。
気持ちの弱さが出てしまった。
5 濱田 浩司
後閑さんに切り換えて、一緒に内に行くレースだった。
前の2人には少し申し訳ない。
6 田中 晴基
展開は近藤さんに向いたけど、後閑さんは全部、内だったみたいですね。
それできつくなったと思う。
7 後閑 信一
完全に恵まれた。
村上君なら強引に外に持って行くと思った。
全部、内がガラ空きになったので、ラッキーでした。
8 近藤 隆司
ホームで踏み合いになったので、チャンスかなと。
もっと構えた方が良かったかな。
どっちみち、後閑さんが内できつかったと思うけど。
9 山田 久徳
2車だけど、村上さんには練習で世話になっているので。
本当は2人で決めたかったですが。
 
  5R S級選抜二


1 岩津 裕介
今日は若手のやり合いがあるレース。
それに自分も付き合おうと思っていた。
野原君は気持ちの良い先行をやってくれた。
それで十分です。
2 渡邉 晴智
見ての通り。
ハコ3だし、俺より岡村君の方が強かったと言う事(苦笑)。
3 吉田 拓矢
野原さんが強かった。
完敗ですね。
4 野原 雅也
2車だけど、力は出し切れた。
二次予選もそうだし、まだまだ力が足りない。
5 長島 大介
道中、下手な余裕があった。
それで小松崎さんを持って行ったけど、岡部さんに内を掬われた。
6 岡部 芳幸
弟子の小松崎君の後ろだし仕方ない。
まあ、朝のレースで伏見君が勝ってくれ良かったよ。
実績のある選手だし、北日本を支えてきたからね。
色々な葛藤もあるだろうけど、これがプロスポーツの世界なので。
7 岡村 潤
晴智さんより、先に踏んで申し訳ない。
先輩が踏んでから踏まないと、ラインで決まらなくなる。
8 小松崎 大地
位置取りでミスもあったし、レース後は、山崎さんにアドバイスをもらった。
9 山中 秀将
ジャンからホームまで、ペースが上がりきつかった。
もつれたけど、たまたま。
二次予選で平原さんに完敗。
レースだけでなく、人間としても負けているのが分かった。
 
  6R S級選抜二


1 佐藤 慎太郎
いくら新山君と言えども、2車では組み立てが難しかったと思うよ。
人のせいにはしたくないし、弱いだけと書いておいて(笑)。
2 香川 雄介
メチャクチャ、河端君が掛かっていた。
3番手で伸びたけど、番手ならもっときつかったと思う。
3 渡邉 雄太
自分だけ3着で、千葉の先輩に迷惑をかけた。
河端さんが強かった。
4 河端 朋之
二次予選で詰まらないレースをやってしまった。
脚を使わず終わってしまった。
だから、今日はきちんと駆けようと。
前に出てからはペースだった。
渡辺君と新山君相手に逃げ切れたのは大きいね。
5 中村 浩士
地道に走り戻して行くだけ。
まだ病み上がりだし、ファンには申し訳ない。
6 友定 祐己
河端君の逃げが凄すぎた。
番手で一杯になり、ハコ4。
自分から勝ってくれたファンには悪い事をした。
7 新山 響平
8番手で不発。
地元の慎太郎さんに迷惑をかけてしまった。
すみません。
8 堤 洋
7着だけど、あの逃げを打ってくれれば、4番手を固めた甲斐がありましたよ。
9 海老根 恵太
自分がもっと渡辺君をアシスト出来れば。
まだまだ、下手ですね。
 
  7R S級特選一



1 園田 匠
9番手になったのが、そもそもの失敗。
追い上げるか、内からしゃくれたけど、和田君が早く行くかなと。
そこで温情を見せた。
このメンバーでは中を突いても頭まで行けないし、最後は外と決めていたけど。
2 成清 貴之
危ない爆弾が一杯いるから、和田君には気を付けて走れと言ってあった(笑)。
8、9番手のつもりが、6、7番手になったのが嬉しい誤算。
だけど、真久留は溜めての走りが上手いな(笑)。
3 牛山 貴広
危ない選手ばかりだから、もっと混戦になると思った。
だけど、意外と単調な展開。
これでは4番手でも、中井君の先行は捲れない。
4 中井 俊亮
8着だけど、大塚さんからは良い先行だと言ってもらえた。
自信になります。
6 柏野 智典
最終ホームで和田君のカマシに期待した。
だけど、捲りに構えましたね。
8 和田 真久留
絶対、内をしゃくられると思ったら、みんな大人しかった(笑)。
スンナリ、脚を溜める事が出来たので、捲りが決まったと思う。
9 大塚 健一郎
誰が来ても中井君の番手は譲るつもりはなかった。
あんな先行選手が九州でも欲しいね。
ハンドルを絞りっぱなしだった。
 
  8R S級特選一


1 近藤 龍徳
二次予選で深谷さんに千切れて、凄く悔しかった。
金子さんが強かったけど、今日も一旦、ホームで離れかけている。
普通にワンツーで決まる踏み方をしたけど、このバンクは直線が長いから難しいですね。
何で、こんなに俺から売れていないのだろうと不思議だった(笑)。
2 吉澤 純平
ジャンで一旦脚を使ったけど、金子さんが強すぎた。
捲られたし力負けです。
3 石井 秀治
ジャンでは佐藤君を捌き、南君の追い上げにも対応出来た。
番手の仕事は出来たと思う。
4 松谷 秀幸
とにかく前々だし、自分の走りは出来た。
ジャンでも、脚をかなり使った。
2着でも満足です。
5 南 修二
(落車し失格)。
6 萩原 孝之
(落車し棄権)。
7 神山 拓弥
きつかったし悔しい。
吉沢さんが頑張ってくれたけど、金子さんが強かった。
8 佐藤 悦夫
吉沢君が頑張ってくれたけど、自分の位置を守れず悔しい。
9 金子 貴志
長い距離を踏むレースだったし、本当、きつかった。
 
  9R


1 児玉 碧衣
男子みたいな、駆け引きや、ふんだりやめたりが下手。
あの位置にいても、サマーナイトと同じ結果になる。
だから駆けたけど、優香さんが強かった。
2 小林 優香
余裕はあったけど、最後の踏み直しがいつもと違った。
3 梶田 舞
凄く悔しい。
これで終わったわけではないけど…。
4 高木 真備
このメンバーで勝てた事は凄く嬉しい。
だけど、欲を言えば、自力で勝ちたかった。
グランプリは、先行、捲りで勝ちたいですね(笑顔)。
7 山原 さくら
これでGP出場が厳しくなった。
まだ選考期間はあるけど、優勝するしかなかった。
逆に肩の荷が降りたかな。
来年に向けて、もっとスケールの大きなレースをやりたい。
 
  10R S級特選一


1 山田 英明
(落車し失格)。
2 浅井 康太
自分で言うのもおかしいけど、良く凌げたと思う。
深谷君が入った時はきつかったし、稲垣さんの飛び付きもあったから。
あとは、後輩が決勝に乗ってくれた事も嬉しいね。
3 椎木尾 拓哉
稲垣さんは押さえて駆けると言ってくれていた。
自分に甘さがあり、山田さんに番手を奪われた。
4 坂本 亮馬
(落車し棄権)。
5 木暮 安由
(落車し棄権)。
6 東口 善朋
危なかったし、落車に乗り上げなかっただけでも。
7 深谷 知広
稲垣さんが来るのが遅ければ突っ張る作戦。
だけど、そんな甘いレースを稲垣さんがやるとは思わなかった。
今は勢いもあるし、脚も仕上がっていると思う。
8 坂口 晃輔
波が来るのも分かったし、山田さんが持って来るのも想定内。
浅井さんの後輪だけを見て走った。
本当、離れなくて良かった。
9 稲垣 裕之
後ろから攻めようと思っていた。
深谷君に行かれたし、また出直しです。
 
  11R S級準決勝




 
  12R S級準決勝





 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
ガールズドリームインタビュー

児玉碧衣
一番意識するのは、姉弟子の優香さん。
一番車を活かして勝つ走りをやる。
小林優香
20キロのダイエットで体は軽くなっている。
疲れもないし、調整は万全。
私を支えてくれた人達の為にも、恩返しの走りをやりたい。
梶田 舞
前回の岸和田は着は悪かったが、内容のある走りは出来た。
自力自在の総力戦です。
高木真備
練習はバッチリ。
仕上がっている感触はある。
感謝の気持ちを精一杯持って走ります。
石井貴子
みんな強いし、力を出し切るレース。
自分らしい走りをやるだけ。
奥井 迪
直線は長いけど、走りやすいイメージはある。
内容と結果を両方求めて自力勝負。
山原さくら
この7人で走れる喜びを感じている。
最後まで諦めずに、全力で走りたい。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
三日目勝因敗因
  1R S級一般


1 小原 太樹
上手く追い上げられたし、車も思った以上に出た。
これがG1初勝利だし、凄く嬉しい。
2 伏見 俊昭
混戦になってチャンスはあったけどね。
ちょっと、安部君の車の出が悪かった。
3 山内 卓也
小川君に粘られ、3番手の外併走できつかった。
4 柴崎 淳
オッズ的にも、ラインの長さからも、今日は自分が行かないといけないと思った。
小嶋さんから売れていたので。
5 三宅 達也
小川君は危なかったし、転ばなくて良かったよ。
やはり、落車をすると次がなくなるので。
6 安部 貴之
連日、仕掛けてから車が出なかった。
伏見さんに申し訳ない。
7 武井 大介
小原君は1着だし、最低限の走りだった。
もっと、コースの中に入って行ければ良かったけど。
8 小川 真太郎
引いたら、おしまいだと思った。
だけど、小嶋さんの体が大きく重たかった(苦笑)。
9 小嶋 敬二
粘られてきつかったけど、悪いと思ったが最後は自分で仕掛けた。
あれなら1着を取らないと。
 
  2R S級一般


1 松坂 英司
先手ラインから突っ込む作戦だったけど、自分にその脚がなかった。
2 松岡 健介
カマシに行きたかったけど、金子君が流さなかった。
それで内から位置を取りに行ったけど…。
3 朝倉 佳弘
埼京ラインも大切だけど、僕にとって芦沢君は格上の存在。
それで3番手で折り合った。
もうワンテンポ、待った方が良かったかな。
ただ、芦沢君に当たるのは避けようと思っていた。
4 松川 高大
内から松岡さんに来られたけど、その対処は良かった。
2着まで届いたけど、車の出は良くなかった。
5 芦澤 大輔
朝倉さんに番手を回れと言ってもらえたけど、本当は何度も固辞した。
絶好の展開だけど、自分の技量不足だった。
6 山田 庸平
この時点で欠場者が6人出ているから、3着までが、もう1走出来るみたいですね。
松川君に付いて行くだけだったけど、3着に入れて良かった。
7 林 巨人
松岡さんは、緩んでいたところを一気に行く作戦。
だけど、そのタイミングがなかったですね。
8 金子 哲大
最後は失速して4着だけど、自分のレースは出来た。
9 志智 俊夫
一番、後ろになりきつかった。
今回は展開が向かなかった。
 
  3R S級選抜一


1 井上 昌己
う~ん、ダメだ。
あと1走出来るので、小銭を稼いで帰りますよ(苦笑)。
2 大槻 寛徳
3番手なのに、僕の頭が1番人気。
ファンの為にも1着を取りたかった。
疲れが少しあるけど、脚は見ての通りでバッチリです。
3 杉森 輝大
ホームで田中君に入られたのが失敗です。
山田君に申し訳ない。
4 田中 晴基
自転車、シューズ、セッティングと全部変えた。
そうしたら、見違える様に良くなった。
一次予選は不発だったけど、みんなに良いと誉めてもらえたので。
今日はホームで中団に入れたのが全てですね。
5 永澤 剛
ああ言う展開になった時のセンスがない。
番手捲り? そう言うのはやりたくないので。
6 根本 哲吏
主導権取れたけど、簡単に捲られた。
田中君が強かった。
7 山田 義彦
杉森さんは、ホームでどこまで下げるのだと言う感じでした。
自分でやったわけではないし、任せた結果なので気にしていない。
8 小岩 大介
昌己さんは断然の格上。
自分が何か言える立場ではないですよ。
9 内藤 秀久
田中君が捲った時に、永沢君に持ってこられた。
ツケマイ気味に行けば良かったのかな。
ワンツーの展開だし、3着では最低限の走り。
 
  4R S級選抜一


1 佐藤 友和
今日は駆ける作戦。
狙い通りのカマシを決める事が出来たけど、3角で一杯になっていた(笑)。
だけど、やる事はやったので。
2 高橋 大作
池田君と8、9着だし仕方ないですね。
3 香川 雄介
山田君は強いし、上手いですね。
外では無理だと思い、内を突いた。
捲り追込みだけど、ワンツーで良かった。
4 池田 勇人
完全に後手。
大作さんに迷惑をかけてしまった。
5 内藤 宣彦
まだまだ、友和君は行く時の迫力があるね。
俺が付いて行ければ結果は違ったし、悪い事をしてしまった。
6 小埜 正義
本当、今は走りながら戻している状態。
無理して、復帰したのが良くなかったけど、頑張るしか。
7 山田 久徳
友和さんが来なければ、駆けるつもりでいた。
徹底先行が不在なので、そう言う気持ちで走った。
もう少し早く行ければ、哲男さんも3着だったと思う。
8 渡部 哲男
山田君は2センターからぐらいでしょ。
その3番手だし、4着で精一杯だった。
9 和田 圭
友和さんが行ってくれたし、そんなに早く踏めない。
山田君がまだ余裕がありそうでしたね。
 
  5R S級二予選


1 郡司 浩平
今日は叩きに行く作戦でした…。
(前回の落車の影響で、4日目から欠場)。
2 椎木尾 拓哉
中井君が駆けて、南さんも凄い仕事をやっていた。
自分だけ何もやらず脚を溜めていただけ。
3 山田 英明
混戦になると思っていたので、最初から慌てていなかった。
ただ、最近、レースが小さいので、そこだけは気を付けていた。
郡司君が先行の組み立てでも、中井君なら簡単に出させないからね。
4 海老根 恵太
郡司君に離れてしまい、前にも後ろにも迷惑をかけてしまった。
5 南 修二
中井君が良いレースだった。
精一杯走ったけど、脚と技量がなかっただけ。
6 中井 俊亮
郡司さんの番手に入ったけど、脚を結構使っていた。
最後は、もう少しでしたね。
7 園田 匠
南君のブロックは分かっていたけどね。
そこを乗り越える事が出来なかった。
8 合志 正臣
もう少し山田君が早く行っていれば、九州の3人で決まっていた。
タイミングを取り出すのが見えたので、ちょっとやばいと思った。
自分はコースが見えたので対処出来た。
9 岡村 潤
ああなると、厳しくなるし、しょうがない。
 
  6R S級二予選


1 吉田 拓矢
自分の行く順番が来たけど、原田さんに簡単に捲られてしまった。
2 原田 研太朗
残り1周前から行っている。
自分としては早めに行ったつもり(笑)。
ドリームで何も出来なかったから、感触を掴んでおきたかった。
3 佐藤 慎太郎
どうにもならない展開。
特選で1着を取っておきたかった。
あれが全てです。
4 橋本 強
弟子がチャレンジから特別昇班した。
俺も頑張らないと、言う事を聞かなくなるから(笑)。
まさか3番手から突き抜けるとは思わなかった。
5 松谷 秀幸
和田君に任せていたし脚を使わず終わった感じですね。
もし、内に強引に入って行っても届かなかったと思う。
前の3人で決まっていたから。
6 和田 真久留
終わって、水をこぼし、検車場をびちゃびちゃにしている様ではダメですね(苦笑)。
仕掛けたけど、全然届かなかった。
7 小倉 竜二
あれでもハラケンは遅い。
しかも、休みながら捲っている感じ(笑)。
そこは太田竜馬と違う。
苦手意識があるのか、抜き方が難しい。
そこは、今後少し考えないと。
8 小松崎 大地
一旦、インを切り3番手に入ったけど、原田君の巻き返しが早く被ってしまった。
9 牛山 貴広
吉田君が行ってくれたけど、自分の判断ミスもあった。
 
  7R S級二予選



1 大塚 健一郎
怪我ばかりで満身創痍。
亮馬が1着だったけど、あれで精一杯の突っ込み。
2 神山 雄一郎
牽制やあおりや、色々な障害もあったし、吉沢君と共倒れに終わった。
3 岩津 裕介
太田君とタイミングが合わなかったけど、きちんと付いて行かないと。
4 坂本 貴史
太田君の番手に嵌り絶好の展開。
勝てる展開だったけど、後ろに入った亮馬さんが強かった。
5 坂本 亮馬
結果オーライのレースだし、本当は組み立ての上手さで勝ちたかった。
一次予選も、今日もニュースターを相手に勝てている(笑顔)。
6 友定 祐己
ジャンで太田君が行けば3人で決まっていたと思う。
だけど展開もあるので。
7 吉澤 純平
走っている時は、危ないと思った事がない。
怪我の影響はないけど、捲りが決まらなかった。
8 岡部 芳幸
亮馬君に決められる形になり、貴史を追えなかった。
9 太田 竜馬
行くべきところで行けなかった。
無理矢理、行ったので岩津さんに迷惑を決めた。
もっと、ラインで決まる様に走らないと。
 
  8R S級二予選


1 山崎 芳仁
思っていたより、スンナリの展開になった。
ギリギリまで我慢したけど、4角からは踏まさせてもらった。
外に張った時に、内が空いてしまい、そこは危ないと思った。
人気にもなっていたし、地元のビッグなので。
2 石井 秀治
もう少し車が出れば乗り越えられたけど、山崎君のブロックもあったので。
5 新山 響平
ペースで駆けたけど、最後は一杯でした。
だけど、山崎さんが勝ってくれ自分の責任は果たせた。
6 齋藤 登志信
今回は記者推薦ではないよ。
何人か欠場者が出て、正規に繰り上がっていた。
内は締めていたけど、絶好の3番手で恵まれた。
7 坂口 晃輔
併走になり、きちんと金子さんを追えなかった。
言葉は悪いが、そこは死んだふり。
これで初の特別競輪の準決だし、頑張ってきた甲斐があった。
8 柏野 智典
引くかどうかは、河端君の判断。
金子さんと併走だし、仕方ない。 
9 渡邉 晴智
前の牽制を見ながらだったけど、最後、内のコースも空かなかった。
 
  9R S級二予選


1 神山 拓弥
ホームで渡辺君が掛かっている感じだった。
あれで長島君も動けなかったと思う。
2 深谷 知広
今日はメンバー的に受けて立つレースだと思っていた。
本当はカマシに行ければ良かったけど。
3 成清 貴之
ちょっと、舐めていた(笑)。
深谷君は別として、松浦君があんな捲りを打つとは思わなかった。
4 渡邉 雄太
力は出し切れたけど、深谷さんとの脚の差が出た。
5 和田 健太郎
せっかく、渡辺君が行ってくれたけど、対処が下手だった。
自分だけで申し訳ない。
6 松浦 悠士
作戦通りのレース。
南関勢を行かせて、その4番手から捲る作戦。
3角では1着かと思ったけど、その後、深谷さんがもの凄い勢いできた。
7 近藤 龍徳
8 堤 洋
松浦君は良い走りをやってくれたけど、付いて行く事が出来なかった。
9 長島 大介
最近の好成績は人の後ろばかり。
こんな時に結果を出さないとダメですね。
 
  10R S級二予選


1 稲川 翔
あの野原君の掛かりなら、十分残せたと思う。
中団が平原さんで余裕がなかった。
2 平原 康多
ハンドルの位置も悪いけど、それ以上に車が進まない。
本当、2日間、情けないレース。
3 中村 浩士
ファンに迷惑をかけるレースばかりだけど、一戦、一戦大切に走り、状態を戻していきたい。
4 東口 善朋
何もやっていないし、ただ3番手で付いていただけ。
後ろが平原君だし、内だけは気をつけていた。
5 山中 秀将
平原さんに中団で睨まれてしまった。
組み立てが甘いですね。
6 萩原 孝之
いつも山中君には世話になっているから。
今日の展開では出番がないですね。
7 諸橋 愛
平原君と口が空いてしまった。
自分のタイミングと平原君のタイミングが違うから難しいですね。
8 佐藤 悦夫
最後は内しかなかったけど、それなりに突っ込めたと思う。
9 野原 雅也
ペースに持ち込めたけど、直線で一杯になってしまった。
 
  11R S級シャイ


1 武田 豊樹
木暮君が強くなっていると実感するレースだった。
2センターで内に差したのは自分のミス。
2 稲垣 裕之
脇本君が行ってくれたけど、思った以上に竹内君がへばり付いていた。
そこの対処が下手だった。
3新田 祐大
残り1周半で、前と口が空いてしまった。
きつい展開になったけど一成さんとワンツーが決まり良かった。
準決も一緒だし、また決めるだけ。
4脇本 雄太
2周で中部勢にふたをされたのは、ビックリした。
結果は別として気合の入るレースは出来た。
5 中川 誠一郎
準決を見据えて、どこかで仕掛けたかった。
だけど、見過ぎて失敗した。
6 木暮 安由
あの捲り? 後ろが武田さんからの責任感ですよ。
準決は単騎になるけど、何でもやる。
7 浅井 康太
問題無し? いや、問題ありですよ(笑)。
今日は竹内君と決まらなかったけど、準決は深谷君と決まる様に。
8 竹内 雄作
良い位置は確保したけど、そこから気持ちの甘さが出た。
まだまだです。
9 渡邉 一成
新田君が強すぎた。
3角の山を登り、更に4角からグングン加速した。
ワンツーを確認出来たのは、ゴールしてからです。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
シャイニングスター賞インタビュー


武田豊樹
ドリームは平原君と共倒れ。
彼が失敗の時は、自分も失敗。
最後は内に行き、何とか5着だった。
ここは木暮君の番手へ。
稲垣裕之
最低、5番手以内を確保と思っていたけど、原田君と思惑が一緒になってしまった。
西武園記念以来となる、脇本君の番手へ。
新田祐大
力を出し切れれば、自然と勝てると思う。
地元代表として、一成さんと決めたい。
自力勝負。
脇本雄太
腰の不安は特にない。
組み立ては甘かったけど、捲り一発が決まり良かった。
稲垣さんの前で自力勝負。
中川誠一郎
どこか3番手回りも考えたけど、単騎でやる。
ここで、どことは言えないので勘弁して下さい(笑)。
自分の行けるタイミングで自力勝負。
木暮安由
車は勝手に出ている(笑顔)。
自分から武田さんの前を志願した。
1着権利を克服出来たし、流れも来ている。
自力を基本に展開で何でも。
浅井康太
昼寝をしたりして、ゆっくり休んだ。
オリオンが始まる前に起きたから、ガールズも見ていない(笑)。
竹内君の番手へ。
竹内雄作
前を追いかけただけだし、内容は良くない。
やはり、レースが甘いから位置が取れなかった。
ここは浅井さんの前で自力勝負。
渡辺一成
3年後のオリンピックを見据えている。
その時は、日本が地元になるから変なプレッシャーはない。
新田君が前でと言うので、番手を回る。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
二日目勝因敗因
  1R S級選抜一



1 菅田 壱道
良い位置が取れず、伏見さんに迷惑をかけるレースだった。
2 澤田 義和
連日、9番手できついですね。
ジャンで、健介が一番後ろになってしまったので。
アクシデントもあったけど、最後はコースが空いたので3着まで突っ込めた。
ただ、あまりにも遠すぎて、誰が逃げているのか分からなかった。
3 桑原 大志
近藤君が絶妙のカマシでしたね。
4角から、近藤君が内を空けてくれ恵まれた。
1着だったけど、少し重たい気がする。
初日より楽な展開でしたが。
4 近藤 隆司
4角から残りたい願望が働き、外に振り、内を空けてしまった。
あれがなければ1着だったかも。
2車でカマシを決める事が出来たし、内容は良かったと思う。
5 松岡 健介
腰の手術を2回やっている。
今は、そんなに痛みはないけど、走れるだけで満足ですよ。
今日は組み立ての失敗です。
6 筒井 敦史
(落車し失格)。
7 伏見 俊昭
地元のビッグだけど、展開が向かない。
ただ、落車に乗り上げなくて良かった。
8 小川 真太郎
叩かれて中団の3番手。
近藤さんが掛かっていたから、捲る事が出来なかった。
1回踏み出ないので、また戻ってしまった。
9 江守 昇
近藤君は、2車なのに行ってくれた。
ハコで全然伸びないし、自分の出来に問題がありますね。
  2R S級選抜一



1 伊藤 成紀
実を言うと、あんなに逃げる気はなかった。
自分の距離ではないからね。
ただ、5着まで残っているし、次に繋がると思う。
2 朝倉 佳弘
展開が向かなかったけど、怪我自体は大丈夫ですよ。
3 武井 大介
根田君が仕掛けた時に、ケツを上げたけど付いて行く事が出来なかった。
その前に、見切りで行くかと思い、構えていたので脚を使っていた。
4 松坂 英司
武井君も離れてきつそうだったけど、その前に自分も離れていた。
5 松岡 貴久
根田君のスピードが良かった。
同期の伊藤さんに負けなかっただけでも。
6 柳詰 正宏
4着ですね。
次にどのグレードを走れるか教えて下さい。
7 根田 空史
今日は風もないし、涼しいバンクコンディション。
走りやすいし、踏み出した瞬間に行けると思った。
初日は残れなかったけど、調子は良いと思っていた。
8 金子 哲大
レース後は、平原さんから色々とアドバイスをもらった。
最後はそれを活かす走りをやりたい。
9 西岡 正一
根田君を止めに行くのでなく、松岡君を止めに行けば2着はあったかも。
ただ、伊藤君が頑張っているし、それは出来ないですよ。
  3R S級選抜一



1 吉田 敏洋
レース後はカリカリしていた? いや、そんな事はないですよ(笑)。
まあ、柴崎君に任せた結果なので。
2 後閑 信一
横山君が強かったね。
井上君に飛び付かれそうになったけど、何とか凌げた。
前を抜けていないけど、感触自体はかなり良い。
3 小川 勇介
昌己さんの後ろで負けたのなら仕方ない。
横山君が強かった。
4 柴崎 淳
7番手のままで吉田さんに迷惑をかけてしまった。
5 井上 昌己
横山君が中団なのに、ホームから仕掛けてきて対処出来なかった。
6 山田 庸平
井上さんに任せてもらったけど、完全に力不足。
すみませんでした。
7 横山 尚則
人の動きをアテにし過ぎるのが自分の欠点。
その悪い癖が初日にも出た。
だから、今日は自分でレースを作ろうと。
九州の2段駆けを封じる為にも、残り1周を全力で踏んだ。
8 大塚 玲
単騎と言っていたけど、横山君が行きそうな雰囲気だったので、3番手に付いていた。
少し背中が痛いけど、走る分には大丈夫。
9 林 巨人
吉田さんは練習仲間だし、柴崎君にも世話になっているので仕方ない。
  4R S級選抜一



1 稲毛 健太
今後の事もあるから、あそこは引くつもりはなかった。
どかしてからも、すぐに行けたし、着順以上に満足している。
2 山賀 雅仁
初手で中団と言われていたけど、そこを取れず、小原君に迷惑をかけた。
踏んでからは思った以上に車が出た。
3 高原 仁志
哲男さんは格上だし、世話になっている。
だから点数は少しあったけど、3番手を回った。
4 渡部 哲男
まあ、後ろになったけど、5着ならば最低限の走り。
5 小原 太樹
稲毛君が凄いスピードで来た。
3番手に入ったけど、その後の余力がなかった。
6 新田 康仁
3番手なりの仕事は出来たと思う。
ただ、今日4着だと、2日休みになってしまう。
95点しかないし、走れば点数が上がるので、早く走りたかった(笑)。
7 村上 博幸
タイミングを取らず、稲毛君は行ってくれたね。
自分は何とか付いて行けたけど、3番手はきつかったと思うよ。
後ろの息づかいは聞こえていたけど、山賀君は更脚だったね。
あまり、早めに車を外すと、内から来られるので、あんな感じになった。
8 松川 高大
8着、9着。
全然、レースになっていない。
9 山内 卓也
一番きついところで稲毛君が仕掛けた。
それで付いて行けなかった。
  5R S級選抜一



1 三宅 達也
伸さんの「行けっ!」の声に反応して、仕掛けたけど車が出なかった。
2 成田 和也
(妨害し2着失格)。
※地元のビッグで競られて、プライドからも成田の気持ちは分かる。
ただ、成田の技量と脚があれば、もっと綺麗な競りが出来たと思う。
一発目は仕方ないとしても、2発目は余計だったかも。
3 芦澤 大輔
鈴木君が先行態勢に入ったけど、飯野君の巻き返しが早かった。
少しずつです。
4 小野 大介
競りの後ろで走りが難しかった。
成田さんの失格は残念ですね。
5 阿竹 智史
外に持ち出すのが遅れたし、達也さんの動きは当然。
自分だけのレースになり申し訳ない。
やはり競りだから、僕が1着でも、そんなに配当は付かないですね。
6 小岩 大介
う~ん、成田さんと競り、勉強になった。
だけど、危なかったですね。
7 飯野 祐太
競りだったけど、ラインで決められず残念。
成田さんなら、どんな展開でも負けないと思っていましたが。
8 鈴木 竜士
ホームで飯野さんに行かれて力不足。
その後は、成田さんと併走になって。
9 三宅 伸
13時2分、何でホームで行かないんだ!と俺が阿竹君に怒っていたと書いておいて(笑)。
  6R S級選抜一



1 竹内 智彦
高橋君の落車で厳しい展開になった。
安部君も踏み上げてくれたけど、取鳥君がペースだったね。
2 小嶋 敬二
俺が競技人生を始めた時に、まだ取鳥君は産まれていない。
若い子にかなうはずはないですよ(笑)。
3 池田 良
あの形になれば決まると思った。
自分の中では取鳥君は、もっと踏み直せるイメージがある。
だから、少し早めに踏んでしまった。
もちろん、これから、間違いなく更に強くなる選手。
4 高橋 陽介
(落車し失格)。
5 志智 俊夫
本当、落車に乗り上げたと思ったし、避ける事が出来て良かった。
6 安部 貴之
高橋さんが落車したけど、竹内さんに前を回してもらった責任がある。
それで、仕掛けたけど全然車が出なかった。
7 濱田 浩司
高橋君が落車して巻き返す選手が少なくなった。
ただ、それに関係なく取鳥君なら大丈夫と思っていた。
3着かなと思ったけど、2着まで入れて良かった。
8 笠松 信幸
内に行き、コースを探したけど、4着で一杯だった。
9 取鳥 雄吾
ゴール前はかなりたれたけど、ラインの3人で決まり良かった。
欲を言えば、2着に残りたかったけど。
  7R S級一予選



1 和田 真久留
後ろを確認したら野原君だった。
あれなら、休まず、一気に千切った方が面白かったかも。
だけど、きちんと仕掛け2着に残る事が出来て良かった。
2 野原 雅也
頭のまとまりが無いまま、走ってしまった。
全てが、とっさの判断。
あれでは、後ろも付きづらいと思うので、そこは反省している。
3 高橋 大作
杉森君の仕掛けに離れて悪い事をしてしまった。
5 内藤 秀久
和田君はスーパーダッシュ。
分かっていても離れてしまった。
完全に自分の責任です。
6 根本 哲吏
若い機動型相手に、力を出し切る事が出来なかった。
力不足です。
自分なりに悪くはないのですが。
7 椎木尾 拓哉
内藤秀さんが降りて来た時が一番きつかった。
その後はリカバリー出来たけど、野原君の成長を感じるレースだった。
9 三谷 将太
(3日目から病気欠場)。
  8R S級一予選



1 太田 竜馬
作戦は小倉さんに任せていた。
切って、切ってがあるだろうから、そこを1周半駆ける作戦だった。
最後も踏み直せたし、ラインの3人で決まり良かった。
2 山田 義彦
中団4番手を取ったけど、脚がスカスカして仕掛ける事が出来なかった。
本当は2角で田中さんより先に行きたかったけど。
3 大槻 寛徳
9番手から4着まで突っ込んでいる。
納得して友和君に付けたけど、引き続き脚は良いですね。
4 池田 勇人
番手のレースで、色々と折り合いが付かなかった。
田中君があそこまで行っているし、山田君なら行けると思ったけど。
5 橋本 強
初めての、この並び。
太田君も強いし、小倉さんもシッカリしているから安心感があった。
最高の結果です。
6 小埜 正義
結果は不発だけど、田中君が行ってしまう勢い。
踏み出しで離れたし、まだまだですね。
7 佐藤 友和
1本棒の8番手だし、太田君のペースにしてしまった。
8 田中 晴基
千葉の先輩から、良いスピードだと誉めてもらえた。
太田君に力負けだけど、次に繋がると思う。
9 小倉 竜二
太田君が言う事を聞いてくれた。
自分にとって都合の良いレースをやってくれた(笑)。
4分戦と言っても、実質、太田君の先行1車。
練習では抜けないけど、本番では抜けて良かった。
  9R L級ART



1 石井 寛子
前回の西武園は決勝6着でやらかしている(苦笑)。
ただ、仕上がっている感覚はあったので、良いポジションを取れれば勝てると思っていた。
妹の貴子は掛かっていたし強かった。
ただ、ジャンで誰か来れば、そっちにスイッチしようと思っていた。
2 小林 莉子
鎖骨骨折の手術をして、ぶっつけ本番。
まあ、頑張った方かな。
今までは肩を内に絞るフォームだったけど、体のバランスが悪く開いている感じ。
体に負担が色々と掛かっているけど、実戦の中で早く戻したい。
3 加瀬 加奈子
7着覚悟でなければ、誘導を切れない展開。
それぐらい早かった。
だから、先行にこだわりが無かったと言うより、切るに切れなかった。
流石にバックでは行きたくなったけど、寛子さんが番手捲りだったので。
4 石井 貴子
スタートで前に入り、突っ張りの作戦。
私は、自分の思っていた通りのレースができた。
これからは、もっと練習して脚を付けるだけ。
5 長澤 彩
誘導が早くて、押さえに行けなかった。
それで後方になり不発だった。
 10R S級特選予



1 山田 英明
仕掛けてから車が出なかった。
金子さんが強かったし、大塚さんに申し訳ない。
2 木暮 安由
タイミングがあれば、先行も考えていた。
だけど、簡単に出来るもんじゃないからね。
後方になり、外外を回されたけど、届いて良かった。
今日も自然と出てしまったと書いておいて下さい(笑)。
3 和田 健太郎
結果的に慎太郎さんか諸橋さんのところで粘れば良かった。
それで木暮君か山田君に行かれても、レースに参加出来た意味合いが出てくるので。
4 金子 貴志
駆けるタイミングが来たら、動こうと思ったら、楽に逃げる形になった。
押さえ先行で、このバンクを逃げ切るのはきついですね。
ただ、内容は合格点がもらえると思う。
5 諸橋 愛
1着かと思った瞬間に木暮君が飛んできた。
う~ん、強いね。
6 神山 拓弥
あの木暮さんの捲り追込みには付いて行けない。
仲が良いし、木暮さんが1着で良かった。
7 大塚 健一郎
1点しか、コースは見えていなかったけど、そこに入って行けなかった。
体は満身創痍だけど、頑張り続けるしかない。
8 佐藤 慎太郎
俺が地元と言う事を考えてくれ、金子さんは逃げてくれたと思う。
やはり、その辺りが超一流選手は違う。
持って行けば、諸橋君が入ってくるのは分かっていたけど、あれはマーク屋の本能。
新田の真似で、インタビューをやっているので、東スポの動画チャンネルを見てみて(笑)。
9 中村 浩士
復帰戦で5着。
走った感じは大丈夫です。
 11R S級ORI



1 渡邉 一成
誕生日だし勝ちたかったですけどね。
新山君が自分の事だけを考えて走ってくれた。
その気持ちが嬉しい。
だから、仕掛けるスペースが出来た。
2 郡司 浩平
怪我の影響は少しあったかな。
周りを見る余裕がなかったし、こんな展開になった時の切り抜け方が問題です。
3 新山 響平
後ろがSSの人だし、それは常に考えて走っている。
今は長いスパーンで色々と考えている。
吉田君ともがき合いできつかった。
4 園田 匠
う~ん、ちょっと色々と間違えた…。
5 吉田 拓矢
駆けた感じは悪くなかったけど、新山さんの巻き返しが早かった。
ちょっと、そこが様子を見ながらだったし、失敗です。
6 神山 雄一郎
ハイペースのレースできつかった。
その中でも、吉田君は頑張ってくれましたよ。
7 脇本 雄太
単騎で捲り一発が決まった事は嬉しい。
ただ、混戦になり展開にも恵まれた。
腰の具合は現時点で大丈夫。
8 石井 秀治
郡司君任せだったけどね。
踏みたい時に、前が3車ぐらいで併走だったので。
9 竹内 雄作
一旦、インを切ったけど、また後ろの方になった。
組み立ては相変わらず甘い。
3着で嬉しいけど、ただ前を追いかけただけ。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
アルテミス賞インタビュー

石井寛子
姉妹対決? 楽しみでもあるけどやりづらい(笑)。
1着を取れる様に私らしいレース。
小林莉子
バンクは走っているけど、怪我明け。
どこまで走れるかですね。
自在に攻める。
加瀬加奈子
歳の割りには頑張っている方ですよ(笑)。
選んでくれた人の為にも頑張るだけ
石井貴子
直前は姉と一緒に練習。
セッティングも見てもらった。
ここは自力勝負です。
長沢 彩
メンバー的に展開が想像出来ない。
難しいレース。
流れを見極めて自力勝負。
中川諒子
街道練習とバンク練習で仕上げてきた。
計画通りに練習出来た。
流れを見ながら。
田中まい
成績は良くないけど、体調自体は問題ない。
力を出し切るレース。
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
初日勝因敗因
  1R S級一予選


1 取鳥 雄吾
きつかったけど、3着までに残りたかった。
残念だし、人気に応えられず、すみません。
2 飯野 祐太
地元だし、結果が出せず残念。
残りも気持ちを切らさず、頑張るだけ。
後ろの登志信さんが勝ち上がってくれ良かった。
3 坂本 亮馬
何か、このレイはハワイアンズみたいですね(笑)。
周回中からどんな展開でも勝てると思った。
バックで行けたけど、脚を溜める為に休んでいた。
4 山賀 雅仁
近藤君が頑張ってくれたけど、内を掬われてしまった。
申し訳ない。
5 齋藤 登志信
飯野君の頑張りがあったからだけど、自分でコースを探して突っ込めた。
一番伸びるコースを踏めた。
6 柳詰 正宏
目標の亮馬さんが1着。
自分は脚がなくて付いて行けなかった。
7 桑原 大志
取鳥君のダッシュが凄くてきつかった。
アシスト出来ず、迷惑をかけた。
8 近藤 隆司
後ろから押さえてふたをして、そこから良い位置を取る作戦。
前々のレースは出来たけど、桑原さんは、やはりヨコが強かった。
9 堤 洋
誘導のペースが早かったですね。
3番手で脚を溜める事が出来たし、前2人のおかげ。
亮馬君と斉藤さんは良いコースを突いていましたね。
  2R S級一予選


1 伏見 俊昭
レース内容は松岡君が一番良かったですね。
高橋君に任せて残念な結果だけど、2センターから内に降りて踏むコースがなかった。
2 井上 昌己
う~ん、もう自力では駄目だ(笑)。
だけど、後ろの2人が勝ち上がってくれたのは良かった。
3 松岡 健介
行くタイミングも良かったけど、やはりこのバンクは直線が長いね。
4 柏野 智典
合志さんが踏まないコースを行こうと思った。
危ないと思ったけど、シャーと車が出た。
後閑さんに、俊敏なコース取りだと褒めてもらえた(笑顔)。
5 後閑 信一
結果は出なかったけど、良い感触を掴めた。
それが一番大事だからね。
柏野君の突っ込みは強烈でしたよ。
6 金子 哲大
怪我明けだし、主導権を取れて見せ場は作れた。
残りも、こんなレースをやりたい。
7 東口 善朋
松岡さんと2人で決まったと思った瞬間に、後ろから強襲された。
残し切れなかったのは、自分の責任ですね。
8 高橋 陽介
バックで行きたかったけど、ちょっと接触もあった。
年上の松岡さんが、あれだけのレースをやっているし、伏見さんに申し訳ない。
9 合志 正臣
昌己には少し悪かった。
丁度、11年前に全日本選抜で優勝した時も、こんな展開でしたね(笑顔)。
 
  3R S級一予選


1 坂口 晃輔
柴崎さんのスピードを借りて外を伸びる事が出来た。
内も見ていたけど、柴崎さんがギリギリを走っていたので。
2 根田 空史
自分で言うのもおかしいけど掛かっていたと思うよ。
だけど、このバンクは逃げたらおしまい(苦笑)。
3 阿竹 智史
体が反応せず、8番手になってしまった。
前も誰も仕掛けず1本棒のままで。
4 萩原 孝之
根田君と晴智さんのおかげ。
僕は3番手無風で恵まれた。
5 小川 勇介
根田君も掛かっていたし、あの位置では届かない。
6 小岩 大介
レースが終わってから、園田さんにセッティングを見てもらった。
明日以降は良くなると思う。
7 渡邉 晴智
本当、根田君に申し訳ない。
残せるレースだし、怒られても仕方ない。
自分に余裕がなかった。
8 柴崎 淳
絶好の4番手を取ったし、もったいなかった。
9 濱田 浩司
9番手のままだし、今日の感じでは怪我の具合は分からない。
 
  4R S級一予選


1 山中 秀将
今日は山崎芳仁さんをイメージして走った。
だけど、書かないで下さいよ(笑)。
7番手は失敗だけど、調子の良さでカバー出来た。
2 長島 大介
初の番手回りだったけど、鈴木君のおかげですね。
ギリギリまで残そうと思ったけど、外から捲りが見えたので。
3 山田 久徳
中団を取って捲り不発。
長島君が番手捲りだったけど、脚がなかった。
4 笠松 信幸
最後は、どこか突っ込みたかったけど、あれで精一杯だった。
5 成清 貴之
山中君は溜めてドン!だから、踏み出しに集中したし、走り方も分かっているからね。
今日は年寄りが頑張っている? 俺は、まだまだ若いですよ(笑顔)。
6 大塚 玲
自分の位置は遠かったけど、千葉勢が勝ち上がってくれ良かった。
7 朝倉 佳弘
(落車し滑入)。
8 鈴木 竜士
主導権は取れたけど、自分が弱いだけ 9 北野 武史
(落車し滑入)。
  5R S級一予選


1 和田 圭
車間を切ったのも言い訳になるし、絶好の番手。
弱いだけと書いておいて下さい(笑)。
2 村上 博幸
最悪な展開になったけど、3着までに突っ込みたかった。
人気だし、すみません。
3 松谷 秀幸
ホームでは詰まり、2角から流れた。
稲毛君を張りながら、捲り追い込み。
一番嫌な展開は、坂本君が逃げるふりをして中団4番手。
その展開にならず、駆けてくれたのも助かった。
4 澤田 義和
稲毛君のスピードがあれば行ってしまうと思ったし、仕方ないですね。
5 岡村 潤
全部、松谷君がやってくれた。
レースが上手かったし、後ろも新田さんが固めてくれたので。
6 新田 康仁
3番手を固めた甲斐がなかった? 確かに…。
7 坂本 貴史
松谷さんが切ってくれ、スンナリ主導権を取る事が出来た。
後ろの和田さんも車間を切ってくれていたんですね。
8 安部 貴之
前の和田君も車間を切っていたし、3番手で内を締めていた。
だけど、3番手のコース取りは難しいですね。
9 稲毛 健太
7番手になり村上さんと沢田さんに迷惑をかけた。
1番人気なのに申し訳ないです。
  6R S級一予選


1 南 修二
伊藤君があのタイミングで行ってくれたおかげですね。
それに尽きます。
真後ろから渡辺君が来て、対処する事が出来なかった。
2 横山 尚則
見ての通りで、反省ばかりのレース。
芦沢さんにも、ファンにも迷惑をかけた。
3 海老根 恵太
もし、伊藤君が早めに来れば、出させる話も最初からあった。
その判断は、渡辺君に任せていたけど。
南君も殺人ブロックだし、渡辺君が良い走りをやってくれた。
4 松坂 英司
自分は届かなかったけど、渡辺君はあのレースで良かったと思う。
調子は悪くないと感じたし、前の方にいれば。
5 伊藤 成紀
自分としては、あれ以上のレースは出来ない。
南さんには世話になっているし、ホッとしている。
一番最悪な展開は、僕の先行の掛かりが悪く、南さんに余計な仕事をさせて、失格させる事だった。
6 山田 庸平
残念だけど接触して車体故障。
また、明日以降、頑張りたい。
7 渡邉 雄太
南さんが番手なので、伊藤さんのカマシは想定していた。
そこで出させるか、出させないかは、その時の流れだった。
ブロックが強烈なのは分かっていたので、タイミングをずらして仕掛けた。
8 松川 高大
後方になり、芦沢さんとの併走もあり、きつかった。
9 芦澤 大輔
かなりのスピード域のレースだし、その中に入って行けて良かった。
横山君は自ら反省していたので、僕の方からは何にも言わなかった。
それを感じてくれれば十分です。
 
  7R S級一予選


1 河端 朋之
今日は踏んだり、やめたりでなく一気に行くレースを考えていた。
理想通りの走りは出来たけど、ワッキーみたいな脚が欲しいですね。
2 稲川 翔
自分で全部やろうと思い、余計な動きが大きかった。
そこは反省点だし修正点です。
3 小原 太樹
半端なレースになり、力不足を感じた。
千葉勢に申し訳ない。
4 西岡 正一
小原君に僕のところを狙われたし、仕方ない。
5 三宅 達也
河端君のあのスーパーダッシュには付いて行けない。
簡単に千切れた。
みんなに慰められましたよ(笑)。
6 高原 仁志
稲川君と絡んだ分、最後は伸びなかった。
だけど、あの展開で4着ならば。
7 武井 大介
7着ですね。
河端君が強かったし、突っ込む展開にならなかった。
8 江守 昇
諦めずに踏んだら5着だった。
少しでも良い成績を目指して。
9 中井 俊亮
河端さんの巻き返しが強烈だった。
あとは、イナショーさんのおかげだし、納得のレースではない。
 
  8R S級一予選


1 吉澤 純平
接触して、みんなに危ないと言われたけど、僕自身は気にならなかった。
外併走から捲れたし、怪我の影響はなかった。
練習通りの走りが出来た。
2 香川 雄介
良い形になったけど、吉沢君のスピードが違った。
初連係だったけど、有り難いですね。
3 竹内 智彦
吉沢君は飛んだと思ったし、あそこから行かれては。
4 小野 大介
岡部さんみたいな強運と、僕にはそんな脚がなかった(笑)。
5 牛山 貴広
弟弟子の吉沢君は完全に落ちたと思ったし、終わったと思った。
あれを捲ってしまうのだから、かなり仕上がっている。
6 小川 真太郎
先行したけど、掛かり切らなかった。
理想的な展開になったけど、あんなに簡単に捲られては。
7 佐藤 悦夫
前の2人に付いて行っただけ。
見ての通りで吉沢君が強くて恵まれた。
8 渡部 哲男
風も強いし、このバンクで押さえ先行はきついね。
だけど小川君は頑張ってくれましたよ。
9 菅田 壱道
仕掛けた時に挟まれたりして、上手く走れなかった。
 
  9R S級一予選


1 成田 和也
(落車し担送)。
2 近藤 龍徳
吉田さんとは、いつも一緒に練習をやっている。
正直言えば、2人で一緒に勝ち上がりたかった。
ギリギリまで残してくれ、ありがとうと言われ、その言葉が嬉しい。
僕は、番手から早めに踏む選手ではないので。
3 松岡 貴久
あのタイミングでは引けない。
7着だし、また明日です。
4 志智 俊夫
吉田君が出切ってくれたけど、その後の車体故障で。
5 岡部 芳幸
危険回避能力はあるけど、素直には喜べないね。
前の2人が落車しているので。
自分で踏み込んだけど、前が止まっていたからでしょう。
6 友定 祐己
審議になったけど、まず近藤君が降りてきた。
その時に、接触して、志智さんと絡んだ感じになったからセーフだと思った。
7 吉田 敏洋
とにかく、コツコツ走り、脚を戻して行くしかない。
これが現実なのは自分が一番良く分かっている。
8 三宅 伸
危ないレースだったけど、まあ、4着ならば。
9 早坂 秀悟
(落車し担送)。
 
 10R S級一予選


1 永澤 剛
山崎さんの後輪しか見ていなかった。
脚があれば4着でなく、3着だったと思う。
2 林 巨人
小嶋先輩が行ってくれたし、大きな波を作ったつもり。
だけど、その波にまた飲み込まれた感じです。
3 松浦 悠士
結構、持って来られたけど、それなりに余裕はあった。
ただ、自分だけのレースになり、そこは申し訳ない。
小嶋さんが駆けた時に、車間を詰めすぎると、小松崎さんが行きやすくなるので、そこは気をつけた。
4 小嶋 敬二
あれは最初からの作戦? いや、そんな事はないよ(苦笑)。
5 池田 良
道中から、今日は脚が一杯になってしまった。
普通なら、もっと伸びても良い展開。
6 筒井 敦史
僕にとっては厳しい展開だったけど、松浦君は頑張っていたと思うよ。
7 山崎 芳仁
小松崎君が浮いたと思い、追わなかった。
ちょっと、信用出来なかった(笑)。
お客さんからも、あれはしょうがないと言う声が一杯聞こえた。
僕の今日の決まり手は、捲りです。
8 山内 卓也
小嶋さんの気持ちは嬉しいけどね。
さすがに、あの距離は長かったと思う。
残り2周だから。
9 小松崎 大地
今日は後半伸びるレースで、早い仕掛けは決まっていない。
それが頭にあったけど、もっと山崎さんから信用される走りをやらないと(笑)。
 11R S級DRM


1 平原 康多
ただ、位置を取っただけのレースになった。
6着だし失敗レース。
2 新田 祐大
地元代表として良い走りは出来たと思う。
とにかくガムシャラに踏んだ。
地区的に違うのに、付けてくれた誠一郎さんと決まり良かった。
3 浅井 康太
深谷君はバックから凄く掛かっていた。
何とか5着までに残したかったけど。
平原さんを対応していた時に、新田君に行かれてしまった。
最初から行きますと言ってくれていた。
4 武田 豊樹
平原君もあの位置を取り、逆に難しかったと思う。
3番手と言っても駆けているのが深谷君だからね。
平原君が失敗のときは、自分も失敗だと思いいつも走っている。
5 稲垣 裕之
仕掛けられなかったのが一番悔しい。
単騎の難しさもあったけど、素直に4着は喜べない。
6 深谷 知広
最後は一杯でした。
力は出し切れたので二次予選は修正して。
7 中川 誠一郎
やはり、走りが合うから新田君に付けて正解だった。
あの展開で捲ってしまうのだから本当に強いですね。
ただ、ハンドル投げが下手だと、合志さんに言われてしまった(笑)。
8 岩津 裕介
原田君と共倒れ。
深谷君が強かったし、それを捲った新田君もそれ以上に強かったね。
9 原田 研太朗
位置取りも含めて、今日は何にも出来なかった感じですね。
脚自体は悪くないと思うので。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
初日インタビュー
 
  1R


取鳥雄吾
G1は初めてだし、いわき平を走るのも初めて。
僕が責任のある1レースの1番車で良いんですかね(笑)。
少し荷が重たい。
ラインで決まる自力勝負。
飯野祐太
地元のビッグだし、完璧に仕上げてきた。
練習のタイムも良かった。
万全の状態だし、自力で勝つ走り。
坂本亮馬
岐阜のイー新聞カップは良い感じで優勝出来た。
ただ、俺より取鳥君の方が仕上がっているでしょ(笑)。
柳詰君は同県の後輩だけど、どう言う選手か知らない。
動いていないなら、普通に前で自力勝負。
山賀雅仁
千葉同士の近藤君へ。
俺の状態? 西武園のダイジェストを見てもらえば分かるし、成績通りの状態。
斉藤登志信
今回は記者推薦で選んでもらったみたいですね。
地元の飯野君の番手へ。
柳詰正宏
初の特別競輪。
亮馬さんとの連係も初めて。
自分で何にも出来ないし、先輩の番手で甘えます。
桑原大志
ひたすら強いイメージしかない取鳥君へ。
高知記念で2度連係している。
離れない様に集中して走る。
近藤隆司
いつも言っている事だけど、8番手にならない様に。
言葉と裏腹に後ろになるケースが多いけど(苦笑)。
山賀さんは、ただの追い込み選手でないし、動ける。
その辺りも考えて自力勝負。
堤  洋
中国ラインの後ろへ。
前回の岸和田は風邪を引いた直後で良くなかった。
今回は大丈夫だし3番手の仕事。

 
  2R


伏見俊昭
2週間空いてハードに練習をやってきた。
幾つになっても、地元の大舞台は独特なもの。
北日本ラインで高橋君の番手へ。
井上昌己
どれぐらいタテ攻撃が出るか分からないけど、後ろの合志さんも付く。
行けるタイミングで自力勝負。
松岡健介
西武園は大阪の伊藤成紀君が行ってくれた。
自分の力で勝った!と言いたいところですが、彼のおかげ(笑)。
自力勝負です。
柏野智典
色々と考えたけど、昌己君には世話になっている。
九州ラインの後ろで脚を溜める。
後閑信一
埼京ラインで金子君の番手へ。
娘も今回は初心者教室で来るみたいですね。
本当、皆さんに、良くしてもらっています。
金子哲大
地元で落車したので練習不足。
そのストレスからか、蕁麻疹も出てしまった。
6月にもゴール後落車しているから、立て続けに落ちている。
後閑さんの前で自力勝負。
東口善朋
松岡さんの番手へ。
相性が良いから何度もワンツーはありますね。
高橋陽介
今回も大切だし、次も小田原記念。
小田原は冬季移動で世話になっていますから。
自分なりに良い感じだし、伏見さんと決まる自力勝負。
合志正臣
昌己君の番手へ。
ここで全日本選抜を優勝したのが11年前。
月日が流れるのは本当に早いですね(笑顔)。

 
  3R


坂口晃輔
柴崎さんの番手へ。
最近、連係は多いけど、あまり決まっていない。
好きなタイミングで仕掛けてもらうだけ。
根田空史
伊東から新車を3場所使ったけど、今回からまた元に戻す。
弥彦に行く途中にオーバーヒートした、シビックは新車に乗り換える。
師匠の中村さんの怪我は心配だけど、走るからには大丈夫でしょう。
いつも通り自力勝負。
阿竹智史
前回の宇都宮は一般戦回り。
今の制度だと、途中欠場は出来ませんからね。
悪くはないと思うし、自力勝負。
萩原孝之
晴智さんの後ろで、番手を走る選手の勉強を見てみたい。
南関の3番手です。
小川勇介
地元の落車で右肩を痛めた。
幸い、フレームは大丈夫だったけど。
自力勝負です。
小岩大介
前回の弥彦記念で久々の1着。
松川君が捲ってくれ恵まれて。
ここは九州ラインで小川君へ。
渡辺晴智
根田君の番手へ。
南関の宝だし、いつも行ってくれる。
あと4勝で4百勝? その道のりは遠いね(笑)。
柴崎 淳
落車や失格で流れが悪い。
車の進みも良くない。
展開次第になるが自力で一発。
浜田浩司
何度も連係している阿竹君の番手へ。
怪我の具合? 指の腱が露出しただけ。
それ程の大怪我でなかったのが救いです。

 
  4R


山中秀将
誘導妨害と見られ、岸和田の前は配分が停まっていた。
復帰戦の岸和田はまずまずだった。
自力勝負です。
長島大介
鈴木君の番手へ。
鈴木君、吉沢さんの3番手はあるけど、番手を回るのは初めて。
久留米記念の優勝も、前回の地元の優勝も番手だった。
宇都宮は片折さんが行ってくれたおかげ。
山田久徳
自力自在の総力戦です。
このバンクは先行すると持たない。
その中で自分はどう走るかだけ。
笠松信幸
山田君とは何度も一緒に走っている。
北野さんが点数上位だし、中部近畿ラインの3番手です。
前回の西武園は松岡健介さんとワンツーだった。
成清貴之
3週間空いたので、レース勘が心配。
走る以上は決勝に進みたい。
山中君の番手で頑張る。
大塚 玲
今は、ほとんど動いていない。
千葉コンビの後ろで脚をためるレース。
朝倉佳弘
弥彦記念は久々の決勝進出だった。
準決で成田さんに踏み勝ったのは自信になる。
栃茨ラインの後ろで3番手。
鈴木竜士
岸和田の失格で、斡旋停止だった。
だから練習は十分。
このバンクを走るのは2度目。
自力勝負。
北野武史
中部近畿ラインで山田君へ。
トリッキーな選手だし、後ろにはならない。
信頼して任せたい。

 
  5R


和田 圭
2人の時なら安部さんに任せている。
3番手で良いと思っていたが坂本君の番手へ。
村上博幸
アニキはバイク誘導中に落車したみたいですね。
現場にはいなかったけど、その夜に会ったら元気そうでした。
ただ、レースには間に合わなかったようですね。
自分ではアニキの代わりは荷が重たい(笑)。
近畿で稲毛君の番手へ。
松谷秀幸
自力自在の総力戦。
地元記念は不完全燃焼。
尻すぼみで終わってしまった。
その分も、今回、頑張りたい。
沢田義和
近畿ラインの3番手。
稲毛君はスピードタイプだし、村上君も仕事が出来る。
離れない様に追走するだけ。
岡村 潤
松谷君の番手へ。
サマーナイトの決勝は、結果的に村上さんの後ろになり勉強になった。
やはり、あのクラスの選手は違いますね。
新田康仁
過去の投資を取り戻さなくてはいけないし、このままでは終われない(笑)。
まだまだ、これから! 南関の3番手です。
坂本貴史
成績より脚の感じは悪くない。
弟も名古屋の準決で勝っていましたね。
稲毛君の走りは分かっているし自力勝負。
安部貴之
点数通りの並びが普通だし、北日本ラインの3番手。
前回の弥彦記念は良い感じだった。
もっと上位の選手にもなりたいから。
稲毛健太
2場所連続して優勝。
村上さんとの相性も抜群です。
作戦は村上さんに考えてもらい、自分のスピードを活かしたい。

 
  6R


南 修二
大阪同士の伊藤君へ。
乗れているし楽しみ。
自分の仕事をするだけです。
横山尚則
吉田拓矢君の弟は、特別昇班に失敗したみたいですね。
ただ、更なら若手が出てきたのは嬉しい事。
僕も練習は十分だし、弥彦記念より良いと思う。
番手が芦沢さんなのも心強いし、2人で決める自力勝負。
海老根恵太
渡辺君の番手へ。
高松宮記念杯の時に、番手が晴智さんで3番手を回っている。
ちなみに、番手がマーク選手で、そう言う3番手は初めてだった。
2段駆けのレースの3番手は回った事はありますが。
晴智さんみたいな仕事は出来ないけど、なるべく援護したい。
松坂英司
渡辺君にも海老根君にも世話になっている。
南関の3番手です。
喘息が出て良くなかったけど、今回は大丈夫。
伊藤成紀
初めての特別競輪。
いわき平は、5年以上走っていない。
南さんには高校の時から世話になっている。
自力勝負。
山田庸平
このクラスでは、自分で何にも出来ない。
九州ラインで松川君の番手へ。
渡辺雄太
弥彦記念は地元の諸橋さんの優勝に貢献出来た。
後ろにならない様に自力勝負です。
松川高大
積極的なレースをやれていないのが、この成績だと思う。
2車で厳しいが自力勝負。
芦沢大輔
腰の治療とかあり、久々の実戦。
直前は、スポンサー契約している、スポーツジムのNEXTで、加圧トレによる室内バイクでトレーニングをやってきた。
最近は、深谷君も顔を出しているみたいですね。
横山君とは相性が良いし、心強い後輩です。

 
  7R


河端朋之
普段通りに伊豆のドームでナショナルチームの練習をやっていた。
まだG1の決勝を意識する立場ではない。
ただ、新田君や一成さんから良い話は聞く事が出来ている。
ダッシュを活かした自力勝負。
稲川 翔
福井記念はワッキーが強かったし、直前も地元で優勝する事が出来た。
良い流れで走れる。
近畿で中井君の番手へ。
小原太樹
自力勝負。
真ん中は取れると思うけど、そこから車が出るかが問題ですね。
西岡正一
3番手の方が、気分的に楽ですよ。
前の2人が強いですからね。
近畿の3番手。
三宅達也
スーパーダッシュの河端君へ。
とにかく踏み出しに集中したい。
高原仁志
岡山コンビの3番手へ。
ダッシュ戦の3番手で厳しいけど、離れない様にしたい。
武井大介
やっと、ここまで点数を戻す事が出来た。
正月の時点では、百点ぐらいしかなかったからね。
南関で小原君へ。
このバンクは直線が長いし、コースさえ空けば、後ろから強襲出来る。
あとは、弟子が特別昇班して、ホッとした(笑顔)
江守 昇
もちろん南関で結束。
武井君が番手で、僕が3番手。
中井俊亮
いわき平は、記念で1回走っている。
中1週間なので疲れはない。

 
  8R


吉沢純平
肩甲骨を骨折したけど、走る以上は大丈夫。
気持ちでカバーする。
先行か捲りの自力勝負です。
香川雄介
ラインの小川君へ。
連係するのは初めてだけど、テレビでレースは見ている。
竹内智彦
玉野の落車は誤算だけど、ずっと感じは良かった。
宮城同士の菅田君の番手へ。
小野大介
地元だし、少しでも上へ勝ち上がりたい。
宮城コンビの後ろへ。
牛山貴広
大宮の怪我は大丈夫。
弟弟子の吉沢君とも何度か一緒にバンクでもがいている。
練習とレースは別だが、お互い、それなりに仕上がっていると思うよ。
小川真太郎
特別競輪は初めて。
もちろん、緊張していますよ。
自力で力を出し切りたい。
佐藤悦夫
茨城コンビの後ろへ。
展開なりに走れる状態だと思う。
渡部哲男
少し感じは良くなってきた。
あとは展開が噛み合ってくれれば。
小川君と一緒に走った事はあるし四国の3番手です。
菅田壱道
普段から自力の練習はやっているので。
前でも、人の後ろでも気にならない。
ここは竹内さんの前で自力勝負。

 
  9R


成田和也
ちょっと緊張気味。
弥彦記念より上積みはある。
準決とか決勝の大事なところで、やはり新田君と連係したい。
もちろん、早坂君の番手へ。
近藤龍徳
弥彦記念は番組は最高。
ただ、結果は出なかった。
それだけ、競輪は難しいですね。
竹内さんや浅井さんの後ろで負けるのですから。
ここは吉田さんの番手へ。
松岡貴久
怪我は擦過傷程度だけど、走ってみないと。
完全に地元のアテ馬ですね。
岡山勢が付くし自力勝負。
志智俊夫
宇都宮で5百勝を決める事が出来て良かった。
次の目標は分からないですね。
来月は地元の岐阜記念もあるから頑張らないと。
岡部芳幸
北日本の3番手。
気負いもないけど、逆に気合もないよ。
今回は若手のお目付け役と言うか、指導役(笑)。
友定祐己
点数がないのに三宅さんは番手を譲ってくれ有り難い。
世話になっている松岡君へ。
吉田敏洋
鎖骨骨折は人生3度目。
その前の2回は20代の時だから、さすがに治りが遅かった。
小倉の復帰戦は、さすがにショックだったけど、焦っても仕方ないからね。
自分のやれる範囲で自力勝負。
三宅 伸
友定君の後ろへ。
彼が96点しかなくても、後ろを回るよ。
勝ち上がって、みんなの前で喋りたいな(笑)。
早坂秀悟
一昨年のオールスターの一次予選も成田さんと一緒だった。
ワンツーを決めているし良いイメージがある。
福井記念も成績より感じは良かった。

 
  10R


永澤 剛
福井記念の欠場は家事都合。
体調は問題ない。
地元コンビの後ろで3番手を固める。
林 巨人
マーカーとしての格は山内さんが断然上。
だけど、番手を回してもらえた。
小嶋さんの番手へ。
松浦悠士
流れを見て自在に。
ファンも僕ら選手も分かりやすいレース。
その中で自分が何をやるかが問題ですね。
タテかヨコかは、まあ流れで判断する。
小嶋敬二
実力はないけど、人気があるから選ばれた(笑)。
地元が弱いから、更に弱い俺が当て馬なんだろうね。
ファンの為に自力で一発。
池田 良
広島同士の松浦君へ。
厳しいメンバーだけど、最後は突っ込みたい。
筒井敦史
松浦君と最近は決まっていないけど、ラインを大切にしたい。
広島コンビの後ろへ。
山崎芳仁
小松崎君の番手へ。
7年前の、ここのオールスターで優勝しているけど、あの時の脚ではない。
今は取れるか取れないかの選手ではないからね(笑)。
山内卓也
林君とは練習も一緒にやっているし、頑張っている姿勢は知っているので。
まずは中部の3番手。
ただ、番組が番組だけに、流れで色々と考えたい。
小松崎大地
主導権は取りやすいメンバーだけど、何があるか分からない。
油断しないで自力勝負。

 
  11R


平原康多
1本欠場したので、久留米記念の落車のケアは出来た。
やりたい練習も出来たので、ほぼ仕上がっている。
ここは直線が長く特殊なイメージがある。
武田さんの前で自力勝負。
新田祐大
帯状疱疹が出て、弥彦記念は走れる感じではなかった。
間に合ったかどうか分からないけど、やれる事は精一杯やってきた。
自力で自分の持ち味を出したい。
浅井康太
練習は普段通り、楽しみながらやってきた。
悪くはないと思う。
深谷君の番手へ。
武田豊樹
休みながら、しっかり調整してきた。
福井記念で駄目だった部分を修正してきた。
平原君の好きに。
稲垣裕之
長いスパーンで計画していた事を、順調に消化出来ている。
弥彦記念は疲れが残っていたけど、今回は万全な状態。
単騎で自力勝負です。
深谷知広
川崎の後は、千葉競輪場で練習をさせてもらった。
感覚は良かったし、良い状態をキープしていると思う。
比較的、成績も出ているバンクだし、走りやすい。
自力勝負。
中川誠一郎
6月は斡旋が停まり、練習ばかりやっていた。
その成果がそろそろ出る頃。
強い新田君に付けられるチャンスだし喜んで。
脚質的にも合っていると思う。
岩津裕介
村上さんの欠場で原田君が繰り上がってきた。
もちろん、任せる。
状態は、多分良いと思う。
原田研太朗
移動疲れがあるぐらいで、川崎ナイター記念の疲れはない。
タイムも出たし、引き続き順調だと思う。
あとは、組み立てが甘いし、そこが問題ですね。
自力で勝てる様に。


 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
二日目インタビュー
  7R


和田真久留
神奈川の支部合宿があった。
あとは普段通りの調整。
どうしても組み立てが甘いし、そこが欠点。
自力で頑張るだけ。
野原雅也
地元福井記念ですか? 緊張はしたけど、自分の仕事は出来たと思う。
僕の力に関係なく脇本先輩が強かっただけ。
その後、準決で失敗しているし駄目ですね。
先行を基本の組み立て。
高橋大作
ああやって仲の良い諸橋君の優勝は、自分も励みになりますね。
また少しずつ点数も戻っているので。
関東で杉森君の番手へ。
内藤宣彦
厳しいメンバーだけど、走る以上は頑張りたい。
同県の根本君の番手へ。
内藤秀久
弥彦記念の怪我は、無理すれば走れた。
だから大丈夫。
何度も連係している和田君の番手へ。
根本哲吏
僕が一番弱いし、少しでも抵抗したい。
自力勝負。
椎木尾拓哉
流れが良いし、強い人の後ろを回れているから。
福井記念では脇本君、村上さんの3番手。
深谷君の番手もあったし、最終日は武田さん。
弥彦記念の決勝も稲垣さんの番手だった。
良い経験をさせてもらい、それが結果に出ている。
野原君の番手で仕事。
杉森輝大
福井記念の落車は諦めずに踏んだ結果。
練習も出来たし、自力勝負です。
三谷将太
近畿ラインの3番手。
その位置で脚を溜めたい。

 
  8R


太田竜馬
福井記念は駄目なレースが多く、もやもや感があった。
それを反省して岸和田は積極的に走った。
後ろは小倉さんだし仕事をやってくれる。
先行主体の自力勝負。
山田義彦
ここ数場所、久留米記念の怪我の影響が残っている。
それで踏めていないが、自分が前で自力勝負。
大槻寛徳
岸和田の準決は自分で踏み込み、太田君に先着している。
脚の感じは良いと思う。
友和君の番手へ。
池田勇人
同県の山田君の番手へ。
自分が前もあるし、後ろもある。
その時々で前後を決めている。
橋本 強
徳島コンビの後ろへ。
この3人の並びは初めてだし、連係を決めたいですね。
小埜正義
こんなにスランプが長引いているのは選手になって初めてかも。
無理して復帰したのが良くなかったかもしれないですね。
同県の田中君へ。
佐藤友和
弥彦記念は良くなかったけど、その前の大宮は外国人相手だけど、車は進んでいた。
いつも通り自力勝負。
田中晴基
基本は自力勝負。
ただ、流れでは自在の動きも取り入れて。
とにかく前々へ攻めたい。
小倉竜二
何度もある太田君の番手へ。
武雄の外国人へのブロックが凄かった? いや、あれは、よそ見をしていて、体が勝手に外国人にぶつかっただけ(笑)。

 
  10R


山田英明
ここの記念は決勝に乗っているけど、冬だったし、またバンクコンディションが違う。
1着権利だけど、固まらずに自力勝負です。
木暮安由
自力自在の総力戦。
弥彦記念? みんなが見ているし、引いたら関東の良い位置が回れなくなるから。
決勝は中団に追い上げでなく、あのままでも良かったかも。
脚は良いので勝つ走りをやる。
和田健太郎
中村さんの前で前々勝負。
捲りですか? そんなに自信はないですよ。
金子貴志
最近はこんなメンバーが多いですね。
慎太郎さんが任せてくれるので自力勝負。
諸橋 愛
地元記念の優勝は、G1のタイトルより、僕にとっては価値がある。
あの涙ですか? ファンの温かい声援につい…。
鬼の目にも涙って言うやつですよ(笑顔)。
自分で決めずに何かやる。
神山拓弥
諸橋さんは木暮さんに行かないですよね。
僕は仲が良いので、番手を回らせてもらう。
大塚健一郎
怪我明けだけど大丈夫。
九州でも頼もしい後輩の山田君へ。
佐藤慎太郎
自分でやると道中脚を使う。
金子さんは動いているし、スピードを借りたい。
地元のビッグだし、脚はバッチリ。
中村浩士
(弥彦記念の時に肺挫傷や肋骨骨折の診断書が出たが)走ると決断した以上は大丈夫。
強い気持ちを持って走るだけ。
同県の和田君へ。

 
  11R


渡辺一成
サマーナイトが終わった後は、練習漬けの毎日だった。
新山君の番手へ。
ここの記念を獲らせてもらって以来の連係。
自然と気合は入っている。
郡司浩平
落車はそんなに酷くなかった。
時間があったので、合宿にも行ったりした。
ここを走るのは、かなり久しぶり。
忙しいレースになりそうなので、立ち遅れない様に自力勝負。
新山響平
川崎記念ですか? 脇本さんに叩かれてしまい消極的なレースだった。
帰ってからは心肺系のトレーニングばかりやっていた。
地元地区のG1だし、北の先輩達の役にたつ様に自力勝負。
園田 匠
川崎記念は感触は悪かったが、スピード自体は出ていた。
自分を選んでもらったファンの為にも、単騎で走る。
そう言う意味合いがあると思うので。
吉田拓矢
近況は体の感覚と成績がマッチしていない。
今回から新車なので、良い方向に向いてくれれば。
自力で持ち味を発揮する。
神山雄一郎
ラインの吉田君の番手へ。
怪我は幸い大丈夫。
帰ってからはケアが中心です。
脇本雄太
単騎で気楽に。
ただ、カマシなら1人でも十分持つと思う。
もちろん、基本は捲りになるけど。
地元記念を勝てたのは良かったけど、川崎記念の前検日に腰痛が出てしまった。
それでも男気を出して、伊勢崎さんに勝ってもらおうと思ったけどね(笑)。
ただ、深谷君に10秒6を出されては…。
石井秀治
郡司君の番手へ。
ダッシュが良いので、はぐれない様にしたい。
竹内雄作
弥彦記念は二日目まで良かったけど、段々と尻すぼみになってしまった。
その辺りの調整の仕方が今後の課題。
単騎になるけど自力勝負。





 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
第60回オールスター競輪オリジナルクオカードプレゼントキャンペーン!
いわき平競輪 第60回オールスター競輪(GⅠ)の開催を記念いたしまして、
e-SHINBUNプレミアム会員の皆様に素敵なプレゼントのお知らせです。

第60回オールスター競輪オリジナルクオカードを抽選で10名様にプレゼントいたします。

※こちらはe-SHINBUNプレミアム会員様限定キャンペーンとなります。
応募期間はオールスター競輪​開催日前日の2017/8/10(木)から最終日翌日の2017/8/16(水)までです。

第60回オールスター競輪オリジナルクオカード 10名様
 
 

この機会に是非e-SHINBUN会員登録を!
 
 
第60回オールスター競輪限定!コンビニのコピー機で無料予想情報がプリントできる!
第60回オールスター競輪限定!!
コンビニのコピー機で無料予想情報がプリントできます!!



全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
全日本競輪新聞協会連合会が無料でプリントできます!!
(最終レース発送時間まで)

eプリントサービスでしか手に入らない期間限定の無料予想情報!
後半3レースの予想とレース情報を掲載!



ぜひ、ご利用下さい!!

操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/zennihon-keirin


ページトップへ
 
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら





ページトップへ
 
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。
 

平成29年8月13日
平オールスターの3日目は日曜なのに又しても20億に達しないとは、期待はしてなかったけどガッカリなのは私だけでなく突然現れた新任の広報課長も同じ。私より20近く若いだけあってそのやる気たるや凄いもので、話をすれば「ひょっとしたら競輪は復活するんじゃないのか」の気にさせられるから不思議。このエネルギーは羨ましい限りです。まだJKAの中にも嫌われてもいゝから我が身を賭して競輪界のために頑張ろうとしている人が居るだけでも救われる想いです。
売り上げは9月のシルバーウィークからお盆に移したのに昨年の松戸もですが今回も一昨年の松戸オールスターには及ばない数字。
4日目はウィークデイで年金支給前日、一番盛り上がる準決で又しても20億に届かなかったらと考えたら背筋が凍ります。
何をやれば良いのか、JKAの有志に頑張って貰うしか、頑張って下さい。
レースの方は狙い目は何本か的中したので参考には成ったかと信じてます。
頑張ってくれた合志正臣・椎木尾拓哉・坂本亮馬・深谷知広に感謝。
4日目の狙いは、
1R、井上昌己の番手捲り。
2R、永澤剛。
3R、根田空史。
4R、千葉コンビ。
5R、山中秀将。
6R、北コンビ。
7R、南関東コンビ。
8R、南修二。
9R、福岡コンビ。
10R、坂本亮馬と木暮安由。
11R、稲川翔。
 

平成29年8月12日
平オールスターの2日目は、朝から3本赤色ランプが点灯する審議、対象に成った3人、筒井敦史・高橋陽介・成田和也は無情にもアウトの判定、高橋と成田の場合は仕方無いにしても筒井は初日の友定祐己と同じで前輪を前の選手に払われた反動で外に飛び一人だけ落車したのに、どうして失格なのかと怒ってました。レースの方はガールズの迫力無いレースはガッカリさせられましたが、野原雅也・太田竜馬・木暮安由・脇本雄太がしっかりカバーしてくれたので私の狙いはバッチリ、これだけの盛り上がりを見せたのに売り上げは祝日と土曜の違いはあれ、1億減とは悲しい限り。競輪そのものは凄く面白いのに、どうしてこう成ったのか、責任はJKAのトップにあると思います。高い所からふんぞり返ってる輩ばかりなんでしょうね、これでは将来は真っ暗、早く新しい人材でやり直す事でしょう。
3日目のヒントをサービス。
1R、小嶋敬二。
2R、志智俊夫。
3R、大槻寛徳。
4R、山田久徳。
5R、椎木尾拓哉の2・3着。
6R、小松崎大地。
7R、坂本亮馬。
8R、河端朋之。
9R、深谷知広から筋違い。
10R、山中秀将。
11Rは観るレース。
 

平成29年8月11日
平オールスターの初日は昨年の松戸よりはやゝ売り上げが良かったとの事。
松戸はリオ五輪と重なり、スター級が4人居なかったのに対して今回は勢揃いしたのも要因かも。
それでもこれだけのメンバーを集めて20億を割り、18億弱ではお先真っ暗とはこの事ですが、直線が長い平のバンクで納得のレースが展開されたのは事実で、ドリームを制したのは、去年はオリンピックで居なかった新田祐大。2着もオリンピック組の中川誠一郎だったのも皮肉なものでした。
初日の私の予想は120点は貰えたかと。この勢いで残り4日間も走り続ける予定です。
2日目のヒントは、
1R、近藤隆司。
2R、伊藤成紀。
3R、横山尚則。
4R、村上博幸。
5R、鈴木竜士。
6R、池田良。
7R、椎木尾拓哉。
8R、太田竜馬。
9R、加瀬加奈子。
10R、木暮安由と大塚健一郎。
11R、脇本雄太。
 

平成29年8月10日
昨年の松戸オールスターと同じ日程で開催される平オールスター。
確かに連休を使いますが、ファンの大半を占める年金受給者には最終日が15日では資金不足は否めず、昨年の松戸の結果は107億で、それまで9月に開催してたのより悪いとは。
それで来年はもう一度平でやると決まり、15日が初日は多分正解。それだけでなくダービーと同じで6日制に戻すとの案も。
やっとJKAも危機感を感じて立ち上ろうとしてます。日程とかル―ル制度も大事ですが、その前にやらなければいけないのはファンが直接喜ぶ事。
それは勝負する前に起こった落車・失格の返金。更には50円・20円・10円を発券すれば年金受給者は1万の軍資金で1日遊べると言うもの。
これをやらないなら7車立・6車立の簡単なものに移行するしかないのかも。
今年の売り上げ目標は昨年並の107億だそうで、選手は怪我で休んだ村上義弘・三谷竜生・菊地圭尚そして諸事情で欠場の北津留翼が居ないのは大打撃ですが、
前検日に集まったのは強豪ばかり。初日・2日目は番組が危な気ない代物なので、それなりに売れるのでは。
穴党はドリーム・オリオン・特選は誰からも狙えるし、2日目と4日目に予定されてるガールズの一発レースも穴の匂いがプンプンの興味ある一戦。
取材はバッチリやりました。
初日の狙いは1R、坂本亮馬。
2R、後閑信一。
3R、根田空史。
4R、山中秀将。
5R、村上博幸。
6R、渡邉雄太。
7R、武井大介。
8R、吉澤純平。
9R、早坂秀悟。
10R、山崎芳仁。
11R、中川誠一郎。
5日間全力で頑張る事を約束します。

 
ページトップへ
 
二宮歩美の『ふんばっていきまっしょい!』



【二宮歩美】
ファッションモデル、グラビアの経歴を経て現在タレントキャスターやMCとして活動するとともに
個人事務所『WB』の代表としてキャスティングやプロデュース業などもこなす。

―二宮歩美ブログ―
“Walking Beauty2~もっともっとがとまらない♡~”
http://ameblo.jp/ninoreport/




ページトップへ 
 
寺門夏織のかおりんROOM
SPEEDチャンネルで7年間キャスターを務め、現在はフリーで活動中。
レギュラーは、松戸・いわき平・宇都宮競輪中継の司会。

ブログはこちらをチェック!
http://ameblo.jp/kaorin714/


地元の渡辺一成選手の敢闘宣言からスタートした
『第60回オールスター競輪』


開催3日目までが終了しました。

初日は涼しくて過ごしやすかったのですが、
2日目・3日目はとても蒸し暑かったです。


お客様には連日、温かい言葉を掛けていただき、
とても励みになっています。
ありがとうございます(#^^#)Love

【初日】
『ドリームレース』は、地元の新田祐大選手が
後方から捲くっての1着でした☆

【2日目】
『アルテミス賞』は、
前日のトークショーで全員、「調子はバッチリ!」
とのことでしたが、
結果は、後方からの仕掛けに合わせて
2番手から捲くった石井寛子選手が人気に応えての1着☆

そして、『オリオン賞』は前のもがき合いを
渡辺一成選手が捲くり、その上を捲くった脇本雄太選手が
後続を4車身離しての1着☆


【3日目】
『シャイニングスター賞』は、捲くった新田祐大選手が
圧倒的なスピートとパワーを魅せ付つけての1着☆
マークした渡辺一成選手と地元ワン・ツーでした。


バンク内イベントも盛りだくさんで上がっています↑


『工藤元司郎さん&阿部道さんの予想会』は、
お二方が漫才コンビみたいで、毎日楽しくお届けしています。

『名輪会トークショー』は、興味深いお話を伺うことができ、
さらに、爆笑トーク炸裂でした(*^▽^*)

往年の名選手たちから貴重なお話をたくさん伺い、
お客様がすごく嬉しそうで、私もハッピーな気分です♪

そして昨日、『アルテミス賞』を走ったばかりの小林莉子選手は、
今日は『ガールズケイリンカフェ』で大活躍。
急なお願いにも関わらず気持ちよく引き受けて下さり、
朝から笑顔でお客様1人1人に神対応☆

益々応援したくなりますね(*^_^*)

『ガールズドーリームレーストークショー』では、
それぞれ、「超絶好調!」とのこと。
奥井迪選手は、「可愛い選手には負けたくない!」
と、意気込みを聞かせてくれました(*≧∀≦*)

明日の
『ガールズケイリンコレクション2017
いわき平ステージ・ガールズドリームレース』
も楽しみです♪

この後もイベントが盛りだくさんなので、
ぜひ本場でお楽しみください。
バンクの中でみなさまのたくさんのご来場をお待ちしています。

★寺門夏織★

 

~残暑お見舞い申し上げます~

寺門夏織です。
お盆のシーズンですが、いかがお過ごしでしょうか?

いわき平競輪場では明日から
『第60回オールスター競輪GI』が開催されます。

今年のファン投票1位に輝いたのは、
【平原康多選手(埼玉・87期)】

平原選手「ビックリしました!
選手生活を15年間やって来て、いい時もありましたが、苦しい時の方が多かった。
報われた気持ちでした。
いつも通りに戦って、ファンの気持ちに応えたい!」

ファン投票1位は、「嬉しい」と言うよりは、
「ビックリ」と「報われた」という気持ちが大きかったそうです。


そして、今回の私の注目選手は、
【稲毛健太選手(和歌山・97期)】

近況は2場所連続FI優勝で絶好調☆
2場所前の松戸ナイターでは、連日逃げ切っての完全優勝で、
先行力を魅せつけました!
稲毛選手「人気になっていたけど、気にしないようにしていました。
狙い過ぎるとヘマするので。
調子がいい時も悪い時も前々に踏むことを心掛けています。
内に詰まって終わるよりは、後ろに優勝してもらうくらいの気持ちで走りました。
前々に踏んでどこまで粘れるかの方が大事でした。」

そして、いわき平バンクのイメージと今回の意気込みを伺いました。
稲毛選手「いわき平は2度目です。前回は、冬場で重たかったけど、
今日の指定練習では軽く感じました。
直線が長いけど、ビビッていたら力を出せないので、いつも通りに前々に戦いたい!」
パワーアップして臨む稲毛選手の粘り脚に注目です!


【新田祐大選手(福島・90期)】

近況は、GI・GⅡで連続優勝☆
新田選手「GPは大失態だったのに、ファン投票で2位に選んでいただけるなんて!
選ばれないと思っていました。
今後に期待して下さっている結果だと受け止め、頑張ります!
仕掛けどころを見極めて戦いたい!」
オールスター競輪翌日には、
『高松宮記念杯・サマーナイトフェスティバル優勝報告会』を控えています。
ファンのみなさんに報告する内容が1つ増えると良いですね(*^_^*)

他にもご紹介したい選手・注目したい選手がたくさん居ます。
今日取材した内容は、『いわき平競輪公式Twitter』でご紹介したので、
良かったら『e-SHINBUN』に合わせて、そちらもチェックしてみて下さいね。

明日から私は、
・バンク内ステージで予想会
・特別選手紹介
・表彰式
・ガールズドリーム・アルテミス賞トークショー
などのMCを担当させていただきます。
場内で見掛けたら、是非声を掛けて下さいね。
空中バンクの内側で、みなさまのたくさんのご来場をお待ちしています(^O^)/



ページトップへ
 
潮田ひかる最新DVD発売情報!!
 
  2017年9月29日発売予定


  『タイトル未定』(スパイスヴィジュアル)


 今回で待望の4作品目となるミスヤングチャンピオングランプリ2015の冠を持つ彼女。

山梨県南アルプスの山奥で撮影してきました。

テーマは元家庭教師だったことから先生と生徒の不倫旅行!

車で向かうところから始まり、温泉に入ったりバトミントンをしたりセクシーから元気系まで様々な表情を見せる。

また今までと違うところはこの作品にして初の大人っぽい色気にも挑戦!!

セリフもありストーリー仕立てになっていながら、接写で恥ずかしい部位までじっくりと映し出されているので生々しい質感溢れる彼女の魅力を心いくまで楽しめること間違いなし!!

後悔はさせません。
是非、皆様、ご堪能下さい。

きっとチャプター1でノックアウトされるに違いない!!

果たして君は冷静な気持ちで最後まで観賞することが出来るのか?!

 


こんにちは!ひかるんこと潮田ひかるです!
先日、競輪マルシェさんに出演させていただきました!その際の様子が7月29日に日刊スポーツさんに!!!


田中部長はとても優しく競輪を教えてくださり、だいまじんさんは面白く、
番組を盛り上げてくださいました!ありがとうございました!

また、9月29日にスパイスビジュアルさんより発売する、DVDの撮影に行ってきました!

山梨県で撮影したのですが、本当に自然豊かで、温泉も気持ちよく、
のんびり撮影することができました💗

新しい私がぎゅっと詰まった作品になっていると思います!
また、発売イベントも10月頃予定しているので、ぜひチェックしてくださいねー✨✨




ページトップへ
 
ラピスタ新橋よりお知らせ!





ラピスタ新橋で6月23日(金)~
ミッドナイト競輪前売り発売&競輪1日最大8場併売スタート!!

全国初!ネット以外でミッドナイト競輪が買えるのは

ラ・ピスタ新橋だけ!

ラ・ピスタ新橋では

ミッドナイト競輪日刊スポーツPDF新聞無料配布中!


また、どこよりも多い競輪1日最大8場併売もスタート!

全国最多の併売数でほぼ全国の全開催が購入可能に!

・館内の全発払機での購入が可能です。
・前売り発売限定となります。(当回発売ではございません)
・営業時間に変更はありません。(ナイター開催時20:45迄)
・他場での発売がない為、払戻しはラピスタ新橋でのみ可能です。




所在地: 東京都港区新橋2-7-1
電話: 0120-666-401/(携帯電話)03-3500-3017
営業時間: 通常開催時:10:00~17:00)/ナイター開催時:10:00~20:45/早朝発売:7:30~
アクセス: ・東京メトロ銀座線 新橋駅下車、8番出口より徒歩0分
              ・JR京浜東北線/JR東海道線/JR山手線/JR横須賀線 新橋駅下車、
                 日比谷口出口からSL広場側へ徒歩0分
              ・都営浅草線/ゆりかもめ 新橋駅下車、徒歩2分

 
チャリロトよりお知らせ!





2017年6月1日(木)から競輪・オートレースファンにお届けする情報サイトがスタート。
「Perfecta Navi」(パーフェクタ・ナビ)です。
インタビュー記事、コラム、フォトギャラリーなどを随時更新して行きます。
みなさんのプラスアルファになれば幸い。
ぜひ御活用下さいませ。


↓「Perfecta Navi」はコチラ↓ 
https://perfectanavi.com/


 

 
【チャリロト会員限定】チャリロトでAOKEI競輪ニュース無料公開中!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて、チャリロト会員様限定でAOKEI競輪ニュース』を無料配信中です!!



GⅢ以上の開催時限定、開催日前日の夜から公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/pc/member/aokei/index.html
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
【チャリロト会員限定】コンドル無料配信スタート!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて会員様限定のサービススタート!



競輪専門紙『コンドル』がGⅠ以上の開催時限定で無料公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/pc/member/condor/index.html
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

 
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」編集長。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!

百三十五名

四日制で実施される全日本選抜、高松宮記念杯、寬仁親王牌、競輪祭の各GⅠは108名、六日制のダービーなら162名でオールスター競輪は135名が選出される。
135引くことの108は27。この二十七名分の「薄まり」が俺にはどうも駄目だ。四日制に較べ弱い選手が二十七人増、などと記せば異論もあろうが――。
もちろん六日制や五日制の旧き良き歴史を尊ぶことにも意義はあろうが、五日も六日も長い。長すぎる。ただでさえ敗者戦の売れない現今の競輪だ。日程が長ければ長いほど敗者戦の数が増えるのなら再考の余地ありだろう。
オールスターというとイの一番に想い出すのは西宮競輪場の吉井秀仁だ。記憶は朧気だけど、目標の滝澤正光が不発にもかかわらず、吉井さんの優勝だったンだよな、たしか。


ページトップへ
 
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ記者・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」







ページトップへ
 
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925


2日目
初日は記者席で、ふたつのグループで岡部芳幸の30万円車券をゲットしていた。
ひとつのグループの買い方は、資金力にモノを言わせて、6人ボックス。このボックスだと12000円の投資。もし、友定が失格でも車券はあったそうで、その時は50万車券になっていたそうだ。
もうひとつのグループは、岡部の頭で決め打ち、2着・3着を5人ずつ選び、2千円の投資。この車券モンスター記者は、本当天才的な買い方をやり、大穴車券を良く的中している。
僕個人は完全に終わっているので、まだ1円も買っていない。先月はオッズパークから8万円ぐらいの商品券が届いていたが、今月届くのは2千円ぐらいだ。
いわき平での思い出と言えば、旧バンクの時。まだ、村上義弘が神聖化される前で、普通の若手先行だった時だ。まだ、体が細く、初々しいかった。その村上も、直前のバイク誘導の落車で、肋骨骨折。残念であるけど、近畿の若手選手にとっては逆にチャンスである。特に野原雅也。地元記念では、あの武田豊樹をどかし、一次予選でも荒々しい走りをやっていた。これが一過性のものか分からないが、成長を感じる。二次予選は、平原康多が相手であるが、番手がイナショーだし、ひょっとすると、ひょっとするかもしれない。


ページトップへ
 
e-SHINBUN BET

開催概要

■開催日時
2017年8月11日(金)・12日(土)・13日(日)・14日(月)・15日(火)

■開催場所
いわき平競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

いわき平競輪ニュース

福ちゃん

競輪毎日

函館競輪

北競

競輪専門誌ホープ

別府競輪ダービー

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttp

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ