eプリントサービス
ネット新聞
競輪くじ


ギャンブルエンタメ情報サイト『ギャンブー』 競輪ステーション
DMM×チャリロト 出走表(無料)コンビニ配信開始
青山彩

第32回読売新聞社杯 全日本選抜競輪

e-SHINBUN BET
OddsPark
e-SHINBUNスーパーアドバイザー
e-SHINBUNスーパーアドバイザー 山口幸二

   
e-SHINBUNCMニューバージョン~浅井康太編


   
チームe-SHINBUN
チームe-SHINBUNのメンバーです!
浅井康太 脇本雄太 川村晃司
浅井康太
脇本雄太
川村晃司
池田勇人 猪俣康一 木暮安由
池田勇人
猪俣康一
木暮安由
中川誠一郎 佐藤慎太郎 小野俊之
中川誠一郎
佐藤慎太郎
小野俊之
小倉竜二 山内卓也  
小倉竜二
山内卓也
 

   
チームとん豚テジ
山本直
 
原田研太朗
 

   
玉野競輪 第4回週刊実話杯&第2回e-SHINBUN杯&大阪スポーツ杯 ナイスグッド撮影
2016年11月28日~30日に開催される
「玉野競輪 第4回週刊実話杯&第2回e-SHINBUN杯&大阪スポーツ杯」にて
イメージガールを努める佐々木麻衣さんのグラビア撮影風景を動画でご紹介します!
撮影は各メディアで話題沸騰の海パンカメラマンこと野澤亘伸氏が担当しました!

レースにも負けないくらいの熱い撮影風景をご覧ください!


 
   
ニコ生e-SHINBUNチャンネル放送予定!!(2017年2月23日~25日 20:00~23:40)
2月23日~25日 20:00~23:40玉野「ミッドナイト競輪 Kドリームス杯」
 
 連日 20:00~23:40 3時間40分の生放送!!
  http://ch.nicovideo.jp/eshinbun

 
放送概要

e-SHINBUNがお届けする競輪予想バラエティ番組!
玉野ミッドナイト競輪e-SHINBUNチャンネル。
都内某所の特設スタジオから今夜もわいわいお騒がせ生放送です!
皆さん一緒に楽しみましょう~♪


放送統括
町田洋一
 
出演者
※出演者は日によって変更になる場合がございますのでご了承ください
町田洋一 二宮歩美
 
【協力】チャリロト https://www.chariloto.com/
【開催施行者】玉野競輪 http://www.cco.ne.jp/keirin/

 
ページトップへ
 

   
ニコ生e-SHINBUNチャンネル放送予定!!(2017年3月2日~5日 10:00~17:30)
3月2日~5日 10:00~17:30玉野「瀬戸の王子杯争奪戦」
 
 連日 10:00~17:30 7時間30分の生放送!!
  http://ch.nicovideo.jp/eshinbun

 
放送概要

e-SHINBUNがお届けする競輪予想バラエティ番組!
玉野競輪e-SHINBUNチャンネル。
玉野競輪場特設スタジオからわいわい大騒ぎの生放送です!
皆さん玉野記念を一緒に楽しみましょう~♪


放送統括
町田洋一
   
企画監修
橋本悠督
 
出演者
※出演者は日によって変更になる場合がございますのでご了承ください
橋本悠督 長谷川満 二宮歩美 木三原さくら 高橋麻美
橘花凛 だいまじん デイリー森田記者
 
コンドル武田社長、JJ(野本順三)、アオケイ忍足記者、他ゲスト多数。

【配信】A主
【協力】チャリロト https://www.chariloto.com/
【開催施行者】玉野競輪 http://www.cco.ne.jp/keirin/

 
ページトップへ
 

   
S級決勝インタビュー
武田豊樹
自分の弱さを実感して、一からトレーニングをやり直した成果。
初の地元開催の特別競輪だし、自分が初代王者になれれば。
平原君とは、特に作戦会議はないし、安心して任せたい。
新田祐大
疲れが抜けてきて集中力も高まってきた。
ラインが出来ても、出来なくても自分の走りをやるだけ。
浅井康太
状態に関しては問題ない。
普通に勝てるレベル。
やはり、深谷君と竹内君がいないのは残念。
単騎で勝つ走り。
諸橋 愛
準決は吉沢君が行けないと判断して、内に切り込んだ。
初日に平原君に離れたのは油断と言うか、反応が悪かっただけ。
関東の3番手です。
稲垣裕之
問題なく落ち着いて走れている。
準決で気持ちの入ったレースをやっていた三谷君へ。
援護して、ワンツーを決めたい。
和田健太郎
初の特別競輪の決勝。
実感はないけど乗れて凄く嬉しい。
後悔はしたくないので単騎で走る。
平原康多
今開催はバックを3回も取った(笑)。
準決は流石にきつかったけど、練習をやれているから持つ自信はあった。
関東の一番前で。
神山拓弥
色々と考えたけど、関東ラインの4番手。
自分なりに良い状態だし頑張るだけ。
三谷竜生
特別競輪の決勝は2度目。
どんな状況でも自分の走りをやるだけ。
稲垣さんと決める自力勝負。



 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
三日目勝因敗因
   1R



武井 大介
立ち遅れて降りようとしたけど貴久にどかされてしまった。
松岡 貴久
ずっと被っていたし、武田さんが内から抜けだしたのでコースがなかった。
今回は超抜に車が出ていない、変ですね。
大槻 寛徳
菅田はフタをしてそれでもくるなら中団狙いと思っていた。
まさか先行してくれるとは思わなかったし気持ちが嬉しかった。
小川 勇介
3角で貴久が単独になってまくるだろうと見ていたらスライスしたので中へ入らせてもらった。
2日目のあとにセッティングを換えたらよくなってきた。
佐々木 則幸
小川君の動きを待ってコースを探そうとしたが内へ入れなかった。
松坂 洋平
3日間逃げていく気持ちはあるが空回りしている。
かみ合いませんでしたね。
菅田壱道
今日は中団狙いのまくりではなく、先行のあるところをみせておきたかった。
   2R



高橋 陽介
作戦はカマシだったが思った以上に柴崎君が踏んだので降りて6番手を取りにいった。
3日間の中で一番回せたし、昌己さんの動きが無ければ1、2着はあったと思う。
坂本 亮馬
切って好位に入れたが、いい位置すぎてタイミングが取れなかった。
守澤 太志
高橋さんが脚を使ってでもいい位置を取ってくれたし仕掛けてくれたおかげ。
自分だけ楽に届くコースを踏ませてもらった。
井上 昌己
亮馬が行ききるかみて行けそうになかったから、高橋君の動きを見て張りながら前へ踏んだ。
山口 富生
柴崎に付いていくのには余裕があったし車間を空けて援護ができた。
でも最後は伸び負けですね。
   3R



小岩 大介
9番手では仕方ない、脚には余裕があっただけにもったいなかった。
池田 良
阿竹さんが止まったと思ったので内へ入ったがもうワンテンポ早目でもよかったですね。
佐藤 友和
今日は前が欲しかったしその通りになった。
踏み方を失敗したけど後半伸びたし3日間の中で一番いいかも。
江守 昇
粘られるかなと思っていたが乗り越えられたので。
あとは安心して3番手の仕事ができた。
北津留 翼
前受けが理想で、展開と違ってしまい慌ててしまった。
海老根 恵太
本当に渡辺君のおかげ。
すばらしい駆け方で緩急をつけていたし付いていて楽だった。
自分は何もしていないですよ。
   4R



友定 祐己
先手勢を追って位置取りは予定通り。
ただ併せて踏んだ割には車がでなかった。
林 巨人
タン、タン、シューって仕事ができたが内を一気に来られてしまい腰砕けになった。
あんなにこられてはきつい。
杉森 輝大
友定さんにあわされて外併走を我慢したが坂本君のまくりでアンコ状態になってしまい車を下げるしかなかった。
勝瀬 卓也
松坂さんの後ろで空いてるのかなと少し迷いながら内へ行った。
落車の影響は今のところないです。
松坂 英司
坂本君はもっと早く巻き返す予定だったみたいだけど、山本君がかかっていたしきつかったみたい。
そのあとも杉森君がまくっていったし、ああなると巻き返しはきついと思い内へ入った。
   5R



園田 匠
荒井さんのスピードが止まっていたし、内を入ったら絶対に落車を招くと思い踏めなかった。
松岡 篤哉
自分の逃げ一車だったのでタイミングを計って先行はできた。
残れる手応えはあったけど…。
荒井 崇博
少しでも緩めばカマす気はあった。
まくるなら2角だったね。
でもそれなら1角で脚が折りあっておかないといけないし溜まっていなかった。
坂口 晃輔
連日、松岡さんのおかげ。
荒井さんが岡村さんを警戒していたから4角勝負だと思っていた。
余裕を持って踏めましたね。
近藤 龍徳
ちょっと早めに踏みすぎた。
やばいと思って緩めたら坂口さんに抜かれてしまった。
筒井 敦史
セッティングを換えて車が出るようになってきた。
もう少し早めに突っ込めれば頭まであったかな。
   6R



中井 俊亮
出切ってからは昨日のこともあったから少しフカしすぎた。
その分、最後はタレてしまった。
松浦 悠士
中途半端なところから仕掛けたし飯野さんに張られてしまいスピードを乗せることが出来なかった。
濱田 浩司
松浦が外併走できつそうで、もう一回いける感じがなかったから自分でいった。
永澤 剛
競輪祭の落車で走ることに恐怖がまだあるなか、1着が取れて自信になりました。
ぜんぶ飯野さんのおかげです。
東口 善朋
中井君がしっかりレースをつくってくれたし、こうなれば1着を取らなければダメでした。
   7R



合志 正臣
バックで南の後ろまで追い上げておけば面白かったね。
反応できなかった。
成田 和也
南君と引っかかってしまい踏み切れなかった。
和田 真久留
後ろでレースが始まったので一瞬スイッチが入ったが根本さんが中団に入ったので川村さんを出すのかと思い構えてしまった。
根本 哲吏
今日は先行することも考えていたが2車だったし躊躇した。
出してから前と車間が空いてしまったし出足も良く無かったので感じは何とも。
南 修二
川村さんが脚を使って主導権を取ってくれたのでせめて3着までに入らなければいけない展開でした。
   8R



菊地 圭尚
後ろから飛んできたのは分かったがスピードが違ったし逃げる感じで踏まれたので対応できなかった。
近藤 隆司
追い上げられたのは想定外であせってしまった。
山中 秀将
ホームで後ろをみたら笠松さんがいたので(近藤が)やられたと思ったので自分の仕掛けに徹した。
2角で少し早めだったら菊地さんにやられていましたね。
佐藤 悦夫
直線で伸びた感じはあったが椎木尾君とからんでしまった。
新山 響平
残れるような感じで駆けたけど出切るまでに脚を使ってしまったのが…。
   9R



澤田 義和
三谷が判断よく動いてくれたが脚を使ってからのまくりだったのできつそうでしたね。
芦澤 大輔
池田君がしっかり前へ攻めるレースをしてくれたので。
最後はコースを見ながら落ち着いて踏めたつもり。
三谷 将太
いい位置を取れたがそこからが…。
脚を使ってからのまくりだったし脚を使っていたので出なかった。
ただやれることはできた。
山田 英明
ホームで行きたかったが前がもつれたので迷ってしまった。
出足は良かったが1着って手応えはなかった。
山崎 芳仁
無風で回るのは厳しいですね(笑い)。
何回もからまれたし道中はずっときつかった。
  10R



吉田 拓矢
古性さんを突っ張るしかなかった。
そこからもう一回外を行けば良かったが和田さんの動きがジャマになった。
稲垣 裕之
すべて古性君に尽きますね、最後バックで吉田君と接触していたのが見えたので悪いが内へ踏ませてもらった。
竹内 雄作
古性君の動きを意識しすぎてしまいちょっとペース配分がつかめなかった。
せめて敏洋さんを決勝へ送り込めるようなスピードで駆けられれば良かったが。
佐藤 慎太郎
新田がまっすぐ走ってくれればワンツーがあったと思う。
あんなに蛇行されたら付いていけないよ。
木暮 安由
拓矢君任せだったから仕方ないし結果は結果。
ただもう一個前にいられれば拓矢君も面白かったね。
和田 健太郎
初のGⅠ準決で決勝に乗れて嬉しい。
今は親の体調が悪いので今回こんな形で恩返しができると思いませんでした。
吉田 敏洋
雄作がせっかく攻めるレースをしてくれたのに、生かせないとは…。
  11R



村上 義弘
竜生が関東勢をつぶすレースをしてくれた。
最後内をすくわれた? あれが自分の立場だったら突っ込んでいますから、それは仕方ない。
渡邉 一成
4角であおりが無ければいけていたかもしれませんね。
吉澤 純平
横山君が出し切る競走をしてくれたのに自分の判断ミスが痛かった。
三谷 竜生
自分の持つ距離をと思ってホームから仕掛けました。
決勝に乗れているし相手を苦しめるレースはできたと思います。
深谷 知広
出足は良かったけど前がかかっていた。
諸橋 愛
前の二人はタイミングが合わなかったみたい。
仕方がないがそこからリカバリーできた。
最後内に入ってきたのも分かったし自分には余裕があった。
  12R



郡司 浩平
もう少し抵抗しなければダメですね。
武田さんのブロックも効いた。
脚には余裕があっただけにもったいない。
平原 康多
ワッキーが車を下げきる前に行くのが健全かなと。
先行したのは本当に予定外。
しかもバックを3本付けてしまいましたね(笑い)。
原田 研太朗
まれにみるスローペースだったから駆けようとしたが、平原さんに下りを使って行かれてしまった。
ただ周りから「準決で先行しろ」と言われていたので自分的には悔いはない。
武田 豊樹
平原君があれだけ行ってくれたし自分は与えられたところでやるべき仕事がしたかった。
ラインで決まっているしいい結果がでた。
神山 拓弥
前の先輩ふたりに付いていっただけです。
石井 秀治
3角で押し込んででも内へ行くべきだった。



 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
二日目勝因敗因
   1R



池田 良
初日は松岡貴さんが早めに行ってくれると思い、単騎とコメントしたが九州勢に乗っていた。
やはり、人任せでは駄目ですね。
今日は世話になっている阿竹さんの後ろだし気にしていない。
脚は悪くないと思うけど、展開には勝てない。
三谷 将太
川村さんが行ってくれたし、マーク屋の本能として、絶対捲りは止めようと思っていた。
かなり持って行ったけど、審議はセーフで良かった。
先輩と後ろを固めてくれた吉村さんのおかげです。
渡邉 晴智
幸い骨はやっていないけど、大事を取り欠場します。
阿竹 智史
ホームが向かい風。
それで、前と千切れてしまった。
きっちり中団なら結果は違ったと思う。
渡邉 雄太
晴智さんからは好きに走れと言われていた。
だから押さえ先行でなく、初日と違いダッシュ戦。
行けると思ったけど、三谷さんのブロックが強烈だった。
古屋 琢晶
昨日も今日も単騎。
だから、走りが難しいですね。
吉村 和之
川村さんが逃げて、番手の三谷君も良い仕事をしていた。
僕も三谷君も審議になったけどセーフで良かった。
ラインの3人で決まったのも最高ですね。
川村 晃司
これが良いキッカケになれば良いですね。
ホームは向かい風できつかったけど、バックの追い風を上手く利用できた。
初日も売り出し中の新山君相手に見せ場を作れたので、感じは良いと思っていた。
内藤 秀久
晴智さんの後ろだし、我慢してからコースに入った。
突っ込む感じは悪くないけど、連日前と遠いですね。
   2R



海老根 恵太
自分の位置を守れず、和田君にも後ろの武井君にも申し訳ない。
坂口 晃輔
ニュー松岡篤哉さんを見ました(笑)。
その気持ちに応える為にも、後ろの捲りを止めに行った。
守澤 太志
僕も落車後で調子は良くないし、友和さんの後ろなら納得です。
松岡 篤哉
イン粘りをやったのは初めて。
いつもいつも引いていたら、このメンバーでは勝てない。
大レースで、こう言うレースを見せられたのも大きいと思う。
和田 真久留
細切れ戦だけど、逃げるのは僕か松岡篤さん。
良いタイミングで仕掛ける事が出来た。
後ろが松岡篤さんが入ったのも分かった。
佐藤 友和
風がきついから、立ち漕ぎをやっても全然進まない。
筒井 敦史
コースに入るセンスがないな。
俺みたいなダッシュタイプは、この風だと、コーナーごとにケツを上げる。
いつもの松岡貴君なら、楽勝の展開だったけどね。
武井 大介
今回は7着、9着。
ちょっと流れが悪いですね。
松岡 貴久
突風を受けたけど、車の進みが良くない。
いつもなら、あれぐらいのブロックは乗り越えられる。
今回は厳しいけど、次に繋がる走りをやらないと。
   3R



菅田 壱道
中団を取ったけど、もう一杯でしたね。
とにかく、風が凄すぎる。
松岡 健介
思っていたレースと違った。
山本君が苦しい態勢で捲って行ったので、車を外す感じで追いかけた。
岡村 潤
理想通りの展開で山中君が行ってくれた。
バックの追い風を利用していたけど、松岡さんの動きには対応出来なかった。
武田 憲祐
山中君が行ってくれたし、今日は内を締めているだけだった。
高橋 陽介
調子は悪くないけど、今回は人の後ろなので。
こんなケースが増えているし、一戦一戦が勉強です。
佐藤 康紀
まだまだですね。
鎖骨骨折明けだし、春先ぐらいには。
山内 卓也
風がきついし、前の松岡君は1着だけど厳しかった。
山本 伸一
後ろが松岡さんだし責任感を持って走ったけど、あれで精一杯だった。
先輩が強かった。
山中 秀将
久々に逃げの決まり手がついた。
捲りばかりだとイメージが悪いので。
今日に関して言えば、末の粘りも良かった。
   4R



山口 富生
弟子の松岡篤哉は気持ちの入ったレースをやっていたよ。
俺は前と遠かったし8着でも仕方ない。
坂本 亮馬
僕は内からショートカット。
その外を、一気に早坂君に行かれたし、脚の差ですね。
山崎 芳仁
早坂君や新田君の後ろだと、ある程度は千切れるのを前提に走っている。
そこから自分で捲る気持ちがあれば良いので(笑)。
永澤 剛
逆に山崎さんが離れて良かった(笑)。
そうでなければ、僕も千切れていた。
山崎さんが自分で捲る感じになったので、付いて行く事が出来た。
小岩 大介
同期3人での連係。
今日は同じ同期でもある早坂君に上手くやられた。
早坂 秀悟
山崎さんが5、6車身ぐらい離れて追いかけていたのは分かった。
亮馬も俺のダッシュが良いのが分かっているから、最終ホームでは全開で踏んでいた。
柴崎 淳
まだまだレースになっていない。
少しずつ戻していくしか。
小川 勇介
亮馬の時は、その時々で前後を決めている。
やる事はお互い一緒だし、結果は気にしていない。
今日は急激に内に行ったね。
林 巨人
亮馬君が瞬時の判断で内から先行して、僕らはきつくなってしまった。
   5R



北津留 翼
前が膨らんでいるのが見えたので、つい内に行ってしまった。
危なかったし、あわや過失走行で失格だった。
新山 響平
捲りになったけど伏見さんと決まり良かった。
本当は逃げのレースをやらないといけないのですが。
松坂 英司
洋平君が行ってくれたおかげ。
新山君のスピードは違ったけど、3着に入る事が出来て恵まれた。
大槻 寛徳
疲れた…。
と言うより、3番手で千切れて情けない。
井上 昌己
目の前から翼がいなくなってビックリ(笑)。
新山君を併せ切る感じだったけど、何故か内に行ってしまった。
最近、内に行き成功しているから、味をしめていたのかな。
佐々木 則幸
あの展開なら翼君が捲ってしまうと思ったけど。
楽に中団だったので。
江守 昇
風がきついなか、松坂洋平君が行ってくれて恵まれた。
僕は先手の3番手だし4着で十分ですよ。
松坂 洋平
レースで脚を戻していくしかない。
こんなレースを続けながら。
伏見 俊昭
もう1周あっても新山君は強いから抜けなかったと思う(笑)。
2センターで飛び付かれないように締めた時に、少しハウスした。
   6R



山田 英明
気持ちで負けていると荒井崇博さんに指摘された。
前を取ってしまったし、その時点で郡司君が駆けやすくなるよと。
仕掛ける事が出来れば良かったけど、内に行くしかなかった。
最後も、思ったより伸びなかった。
郡司 浩平
ジャンからだし、この風を考えると勇気がいった。
ただ、後ろを信じて駆けて良かった。
和田 健太郎
一旦、連結を外した。
最後は突っ込んで3着に入ったし、責任感と意地だったかな。
中村 浩士
郡司さまさまですね。
僕は援護する事だけを考えていた。
G1の準決に進めるし大きいですね。
杉森 輝大
中団を取れてしまったのが逆に失敗だったかも。
山田君に内をしゃくられたし、最終ホームで行けば良かったかな。
池田 勇人
本当は内を締めていないといけない。
そこを山田さんが入ってきた。
人の後ろでも飛ばされそうになったし、自力選手はもっときつかったと思うよ。
合志 正臣
前と遠かったですね。
5着ですか。
初日みたいに、そこそこの展開になれば突っ込めると思いますが。
   7R



神山 雄一郎
(落車し再乗も失格)。
金子 貴志
かなり上からのカマシになったけど、竹内君のダッシュが抜群だった。
普通に走っていても、自転車のリムが壊れるぐらいだった。
岩津 裕介
自分でやっても良かったけど、松浦君が頑張ると言ったので。
スポンサーのロゴの写真撮影? 1着を取った時に、撮ってもらえれば良かったけど。
友定 祐己
アクシデントがあったし、なかなか追い着かなかった。
佐藤 悦夫
落車は避ける事が出来た。
最後は待って、待って内だったかな。
横山 尚則
神山さんが落車だし、素直には喜べません。
併せ切る事が出来なかったし、準決はその分も。
竹内 雄作
横山君も行く気だろうけど、自分のダッシュ力があれば、最終ホームで出られると思った。
彼のヨコに並んだ時は、風を凄く受けたけど、力でねじ伏せる事は出来た。
笠松 信幸
竹内君のダッシュが凄かった。
3番手だし、それで離れてしまった。
松浦 悠士
(落車し棄権)。
   8R



諸橋 愛
2場所前の防府で吉田君と連係。
その時と全然違う強さだった。
飯野君のイン粘りとか予想外だったけど、成田君の動きにも対応できた。
自分だけでなく、ラインが活きる走りを、これからもやりたい。
小倉 竜二
あの展開で5着まで来た。
肺挫傷と肋骨骨折は大丈夫ですよ(笑)。
成田 和也
あそこまで、飯野君が頑張ってくれた。
それで3着に入れなかったし、自分の脚の無さが出た。
飯野 祐太
珍しく、諸橋さんが少し遅れてきた。
あそこを、強引にどかせれば結果は違ったけど、その勇気がなかった。
吉田 拓矢
諸橋さんに、防府を走った時に、勝ちを意識してレースが小さくなっていると指摘された。
だけど、今日は開き直って早めに行こうと。
兄弟子の横山さんが先に勝ち上がっていたので、僕も負けられない気持ちで走った。
和田 圭
本当、脚がないから前次第。
飯野さんが頑張ってくれたし、自分の脚の問題。
古性 優作
セッティングを換えて乗りやすくなった。
展開も良かったけど、吉田君との脚力の差が出た。
自分だけで、村上さんと小倉さんに申し訳ない。
朝倉 佳弘
こう言うチャンスを活かせない。
普通に付いて行ければ、前の2人がワンツーだし3着だった。
村上 博幸
古性君が3着だし、僕の位置では厳しかった。
   9R



椎木尾 拓哉
マーク屋として南さんの後ろで勉強出来て良かった。
4着だけど力は出し切れた。
芦澤 大輔
車間を切るのはマーク屋として当然。
そこから踏んで伸びなかったし脚がなかっただけ。
浅井 康太
レース後の振り返り? 準決のメンバーが出てからお願いします(笑)。
中井 俊亮
吉沢さんに叩かれてしまったし、ラインの先輩に迷惑をかけた。
神山 拓弥
吉沢さんが行ってくれ、芦沢さんも仕事をしていた。
僕は悪いと思ったけど、浅井さんが見えたので踏まさせてもらった。
近藤 龍徳
浅井さんは強いですね。
僕はもう3番手で千切れていた。
吉澤 純平
浅井さんは捲りだから、今日は中井君との力勝負。
芦沢さんが番手で仕事をやってくれたので恵まれた。
北野 武史
もっと先行争いがあると思ったし、簡単に1本棒になってしまった。
それを捲るのだから、浅井君は強いね。
南 修二
まだまだ技量不足。
中井君を上手くアシスト出来なかった。
  10R



大塚 健一郎
荒井君のスピードを上手くもらえた。
外を踏んで伸びたし、やった方でしょう。
脇本 雄太
風の中を突っ込む感じできつかった。
最後は稲垣さんに残してもらえた。
疲れはあるけど、頑張るしかない。
濱田 浩司
無理だと思ったけど、捲ってみた。
やはり、脇本君の先行は違いますね。
坂本 貴史
本当は突っ張れれば良かったけど、脇本君にダッシュ勝負で負けた。
澤田 義和
まだまだ3番手のレースが下手ですね。
本当は僕ら3人で決めないといけない展開。
橋本 強
ワッキーのカマシ頃になった。
もう1人、徹底先行型がいないときついですね。
菊地 圭尚
本当は突っ張りの作戦。
坂本君を入れたけど、鬼に成り切れなかった(苦笑)。
入れなければ、2角で捲りに行っていたかも。
荒井 崇博
スタートが大誤算だった。
弱いラインが前にいて、強いワッキーが後ろにいた。
あれでは、ワッキーに勝って下さいの展開だし、カマシやすくなるね。
稲垣 裕之
どんな展開でも勝ちを意識しないといけないし、初日のレースは反省している。
今日は、風の強い中、脇本君が頑張ってくれた。
  11R



村上 義弘
走っていて余裕はあるので脚は悪くない。
今日は三谷君と決める事が出来なかったけど、準決も一緒だし、今度は決められる様に頑張る。
香川 雄介
納得して根本君に任せたし仕方ないですね。
近藤 隆司
早目に主導権を取ったけど、ペースで駆けていた。
それで持たないのだから納得です。
力は全て出し切れた。
市田 佳寿浩
アニキと一緒に走れただけで幸せですよ(笑顔)。
常に、こんなメンバーと一緒に走れる立場でいたい。
桑原 大志
最終バックが9番手だし、8着でも納得です。
勝瀬 卓也
一か八がシューズを換えたけど、前の2人に千切れてしまった。
三谷 竜生
風がきつくて、思い通りの走りは出来なかった。
ただ、感触は悪くないので脚は問題ない。
根本 哲吏
あれで届いても自分だけ。
今日のレースに関しては、よく分からない。
石井 秀治
余力がないぐらい、最後まで近藤君がもがいてくれた。
あれだけ行ってくれたし有り難いですね。
  12R



新田 祐大
基本的に緩んだところを行く作戦。
ちょっと見てしまったので失敗した。
原田 研太朗
単騎だけど、優秀レースだし力を出し切ろうと。
深谷さんが出してくれると思ったけど、踏まれてしまった。
武田 豊樹
平原君が強かったし、グングン加速して行った。
初日に比べて、脚が軽くなっていたから差す事が出来た。
準決も一緒だし、頑張ってもらうだけ。
木暮 安由
あれは空いたのでなく、車間を切っていただけ。
先輩達が強くて、3番手で楽をさせてもらった。
渡邉 一成
負けパターンのレースになった。
平原さんより前にいないと苦しい? 当然そうですよ。
準決は自力のメンバーになるけど、全日本選抜の連覇を目指して頑張りたい。
佐藤 慎太郎
新田君は固まってしまうんだろうな(笑)。
勝ちたい気持ちがあるから、人間仕方ないよね。
それでも6着だと思うし、俺はやった方だ。
深谷 知広
あそこで原田君が叩きに来るのは予想外だった。
それで脚を使ってしまった。
出来は問題ないので、準決も一生懸命走る。
吉田 敏洋
深谷君と原田君ともがき合いで、何をやっているんだと言う感じになった(苦笑)。
あれでは、平原君の思うツボだね。
平原 康多
冷静に対処出来たし、車の伸びも思った以上だった。
若手と一緒の時は番手を回るが、自力でやった方が精神的には楽。
準決も武田さんと決まる様に頑張るだけ。



 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
優秀レースインタビュー


新田祐大
踏んでからは普通に車が出た。
ここは3車のメリットを活かしたい。
ラインで決める自力勝負。
原田研太朗
地区的に単騎は慣れているので。
G1になれば、番手捲りの上を捲るレースでないと厳しい。
展開待ちになってしまうけど1人で自力勝負。
武田豊樹
自然と、この並びに決まった。
平原君の番手へ。
きついレースが続くと思うけど、地元のG1だし集中して走りたい。
木暮安由
3秒でこの並びに決まった(笑)。
僕が一番前の選択肢はないだろうし関東の3番手です。
脚は引き続き良いですね。
渡辺一成
新田君の踏み出しに離れないように。
ナショナルチームの合宿と大会もハードだけど、競輪も頑張っていきたい。
佐藤慎太郎
福島の3番手。
新田の後ろはきついけど、前の2人に離れない様に。
全国の慎太郎ファンと、穴党ファンを喜ばせたい。
深谷知広
脚を使い8番手になってしまった。
そこから仕掛ける事が出来たし、自分のレースは出来た。
一番大きかったのは、浅井さんが僕を信頼して、切り替えなかったことです。
吉田敏洋
今回の深谷君は相当仕上がっているね。
早めに行く気持ちもあるし、踏んでからのスピードも抜群。
まずは離れない様に。
平原康多
僕が関東の一番前で自力勝負。
深谷君は完全に止めたと思ったし、何で再度来たのか不思議だった(笑)。
一瞬、諸橋さんかと思いましたよ。



 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日勝因敗因
   1R



中井 俊亮
前が踏み合いで、展開が良かったですね。
残り1周駆けだったので。
朝イチのレースだったけど、体は動いた。
この勢いで2次予選も突破したいですね。
守澤 太志
粘られる展開になったけど、僕の調子もあまり良くないかも。
前回の落車が多少、影響している。
井上 昌己
作戦は全くなかった。
粘るより、小川君は引いて4番手の方が良いと思った。
そうすれば、中井君と根本君でもがき合いになっていたと思う。
小川 勇介
根本君が押さえに来るのが遅かった。
それで粘る形になった。
根本 哲吏
組み立てが甘かったですね。
結果的に中井君を引き出す形になってしまった。
自分だけ勝ち上がったけど、ちょっと複雑。
佐々木 則幸
どんなに脚があっても、あの展開では届かないですよ。
もし、チャンスがあったとすれば、昌己君が捲ってくれた時。
ただ、中井君も1周先行なので掛かっていたので。
南 修二
差せなかったけど、中井君の踏み直しが抜群だった。
北野さんも3着に入ったし、ラインで決まり良かった。
大槻 寛徳
もう前任せだし、8着でも納得です。
北野 武史
最終バックで幸せな気持ちになった(笑)。
あの掛かりなら、もう誰も来ないからね。
残りも、全部3着で良いですよ。
   2R



松岡 貴久
前回の落車は体より、自転車のダメージの方が大きかった。
今日は7番手になったので仕方ない。
神山 拓弥
杉森さんが前々のレースをやってくれたし、自分も番手の仕事が出来たと思う。
外を踏んで4着だけど、ラインの3人で勝ち上がれて良かった。
菊地 圭尚
早坂君を残せなかったのは残念。
まだ初日だし、色々と緩められないですよ。
4人目の子供も産まれたし、もっと頑張らないと(笑顔)。
朝倉 佳弘
前の2人がお互い良い仕事をやっていた。
一旦、進路変更をしたけど良いコースを突く事が出来た。
坂本 亮馬
同期の貴久さんと共倒れなら納得です。
残りは勝てる様に頑張る。
早坂 秀悟
ちょっと無駄な動きがあったと、レース後に一成さんに指摘された。
おっしゃる通りだと思った。
感じは悪くないし、今は我慢の時かな。
池田 良
伸びは悪くないと思ったけど、一番後ろになってしまったので。
永澤 剛
練習はやっているけど、離れているようでは駄目ですね。
前の2人に迷惑をかけてしまった。
杉森 輝大
神山君が捌いてくれ3番手を確保出来たのが大きい。
もう少し早めに踏んでいれば、早坂君を併せ切れた。
そこは失敗ですね。
   3R



成田 和也
もうG1では勝てないと思っていたし、凄く嬉しいですよ。
自分の調子もF1回りが大きいから分からなかった(笑)。
澤田 義和
マツケンが中団を取ってくれたおかげ。
我慢してから踏んだし4着なら納得ですよ。
和田 真久留
何度も行くチャンスはあったし、自分の責任ですね。
先輩達に申し訳ない。
松岡 健介
中団を取ったけど、坂本君が掛かっていた。
もったいない展開だった。
坂本 貴史
自分で自分を祝う事が出来た。
嬉しいバースデーになった。
選手紹介の時は、バックの向かい風が気になったけど、本番では集中していたから分からなかった。
和田 圭
脚はないし、今日は成田さんと坂本君のおかげ。
2着同着だったけど、大満足ですよ。
松坂 英司
和田君は3回ぐらい、行くチャンスはあったかな。
本人が一番分かっていると思うし、僕からは何も言いませんよ(笑顔)。
江守 昇
4角から内が空いたけど、ちょっと絡んでしまった。
外に持ち出した方が良かったかな。
山口 富生
7着ですね。
坂本君が強かったし、今日の展開では前と遠かった。
   4R



芦澤 大輔
入れ込み過ぎず、自然体で走れた。
車間も大きく切れたけど、それも横山君が行ってくれたから。
一戦、一戦大切に走り、決勝に乗れる様に頑張るだけ。
北津留 翼
1角手前で行きたかったけど、前を走っている山内さんに牽制された。
あそこは地味な動きかもしれませんが、熟練の技ですね。
柴崎 淳
連続落車の影響はありますね。
走りながら治して、次の地元四日市記念に間に合わせたい。
小岩 大介
合志さんは凄いコース取りで驚異的な伸びでしたね。
僕は9番手でちょっと遠かった。
坂口 晃輔
6着ですね。
全部、柴崎先輩任せだったので、仕方ない。
横山 尚則
プレッシャーも感じたけど、芦沢さんと一緒に勝ち上がれて良かった。
力は出し切れたし、内容も良かったと思う。
合志 正臣
直前の石垣島の合宿の成果かな。
荒井、昌己と昔強かった3人で練習をやってきた(笑)。
昌己の後ろでスピード練習をやれたのが大きい。
いわき平の全日本選抜で優勝しているけど、あの時以来の伸びだったかも(笑顔)。
山内 卓也
点数がないし、厳しい3番手ですからね。
それでも、自分の位置を単独にしたかったから、北津留君を軽く振っておいた。
そこからは、8着でも仕方のない展開だった。
佐藤 悦夫
何にもやっていないし、地元2人のおかげですね。
凄い気迫を感じたし、3番手で恵まれた。
 
   5R


筒井 敦史
もう1人、抜きたかったけど、あの展開では5着で一杯だった。
菅田 壱道
渡辺君も、まずは僕を出させては駄目でしょう(笑)。
展開で逃げる形になったけど、2、3回無駄な脚を使ったので。
渡邉 雄太
組み立てが下手でした。
早めに青板で上がって行く作戦でしたが…。
飯野 祐太
踏み出しで車間を切ろうとしたのが失敗。
もっと菅田君のスピードが乗ってから車間を切れば良かった。
それで離れてしまったし、自分だけ勝ち上がり申し訳ない
松浦 悠士
ピースの写真を撮ってもらいたいけど、それでは僕を1着で買ってくれたファンに怒られてしまう(笑)。
思ったより悪くなかったし、前々の走りは出来たと思う。
佐藤 康紀
鎖骨骨折明け。
走りながら戻していきたいですね。
中村 浩士
どんな展開でもマーク屋だから3着は意識している。
厳しい展開になったけど脚は悪くないと思う。
武井 大介
3番手だし、渡辺君と中村さんの判断だった。
いつも渡辺君は頑張ってくれるし仕方ないですね。
桑原 大志
一旦、松浦君からマークを外している。
それで筒井君に迷惑をかけた。
   6R


池田 勇人
後ろが神山さんだから、責任感はあった。
だから、同期と言えども、古屋君を捌いた。
山本さんも掛かっていたし併されそうになったけど、乗り越える事が出来て良かった。
渡邉 晴智
弱くなると、誰も取材に来てくれたり、写真も撮ってくれない(笑)。
前検日も俺の写真を撮りに来た新聞社も1社ぐらいだったよ。
今日は神山さんが流石だったね。
村上 博幸
山本君が行ってくれたおかげ。
最近はコンスタントに良い着順を取れていないけど、それなりの展開になれば問題ない。
吉村 和之
山本君が主導権を取ってくれたし、僕は3番手で内を締めているだけだった。
外の勢いが良かったですね。
神山 雄一郎
最近は特別競輪で結果が出ていなかったから、この1着は嬉しいよ。
きつい中、池田君も良く捲ってくれた。
良いスタートが切れたし、最低でも決勝に乗る気持ちで。
古屋 琢晶
ラインが出来れば、主導権を取ろうと思っていた。
単騎になったし、割り切って走ったから池田君の動きは気にしていない。
内藤 秀久
晴智さんが5着だし、僕の脚では7着で精一杯だった。
山本 伸一
博幸さんが後ろだし、いつも以上に気持ちは入った。
主導権は取れたけど、掛かり切らなかったのかも。
近藤 隆司
最近の中では一番車が出ていた。
ただ、相性の良い晴智さんと決められなかったのは残念です。
   7R


濱田 浩司
冷静に回りの動きは見えた。
良いタイミングで阿竹君が仕掛けてくれた。
奈良記念の怪我の影響は全くないし、普通の状態で走れた。
松岡 篤哉
組み立ては間違っていなかったと思うけど、自分のレースをさせてもらえなかった。
海老根 恵太
前回の落車とかは関係ないです。
単に自分が弱く、石井君に離れてしまった。
武田 憲祐
展開が向かなかったけど、そこそこの位置を回れれば、伸びる感触はあった。
林 巨人
後ろに近藤タツがいる。
その責任感から、捲ってみた。
これが中部のラインを大切にする伝統でしょう。
阿竹 智史
指を骨折して久々の実戦。
ただ、思った以上に感じは良かったし、これならやれそうです。
石井 秀治
久々のレースで少し勘が悪かった。
それで踏み出しは重かった。
ただ、1着を取れたし二次予選は更に良くなると思う。
橋本 強
海老根さんを捌く事が出来たし、自分の仕事は出来た。
これも阿竹さんの頑張りがあったから。
近藤 龍徳
まさか、林さんがあの動きをやるとは…。
想定していなかったので対処出来ず離れてしまった。
気持ちは凄く嬉しいし、申し訳ない。
   8R


三谷 将太
古性君の判断だったし、行けないのなら仕方ないですね。
友定 祐己
俺が付くと、同期の荒井君は、いつも頑張ってくれる。
今日も脚を使い3番手を確保し、被る前に行ってくれた。
その気持ちに応える為にも、古性君を外に張り止めに行った。
高橋 陽介
友和君が前でやりたいと言ったので。
納得して番手を回ったけど、調子が良かっただけに、自分でやりたい気持ちもどこかにあった。
荒井 崇博
これも石垣島の合宿の成果。
泡盛と島らっきょうで飲んだくれていた(笑)。
朝から、成田君、神山さん、合志さんら昔強かった選手が良い成績を取っていたので俺もの気持ちだった(笑)。
残り3勝して、このまま引退かな。
古性 優作
まだ、いわき平記念の落車の影響で違和感がある。
自転車に乗っていても座り心地が悪かった。
走りながら、良くしていきたい。
松坂 洋平
2車でも主導権を取り、見せ場を作れただけでも。
東口 善朋
コースの見極めがきっちり出来ていた。
外を踏んだけど、良い伸びだったと思う。
佐藤 友和
8番手になったのが失敗。
残りは修正して頑張る。
岡村 潤
松坂君が行ってくれたし、あそこは僕の技量不足でしょう。
   9R


和田 健太郎
コースが空いたので、そこを気持ち良く踏む事が出来た。
展開的には絶体絶命のピンチでしたが。
伏見 俊昭
コースに入ってこられないように、きちんと締めていないと駄目ですね。
明日は新山君の番手だし、今度は決められる様に頑張りたい。
市田 佳寿浩
川村君のスピードが戻っていたから、突っ込む事が出来た。
まだまだ俺もG1でやれるね(笑顔)。
もちろん、いつも最後の特別競輪の気持ちで頑張っていますが。
山中 秀将
7番手のままで体が全く反応しなかった。
新山君が掛かっていたけど情けない。
笠松 信幸
市田さんに、もっとピッタリの感覚の方が良かったかな。
そうすれば2着だったかも。
もちろん、勝ち上がったし贅沢な悩みですが。
川村 晃司
やり合いも覚悟していたけど、新山君の4番手を確保出来たので。
だけど、行けないのが現状の脚ですね。
新山 響平
何度もビデオを見直したけど、全く駄目ですね。
山崎さんと人気になっていたのに、すみません。
勝瀬 卓也
9番手になった時は、かなりやばいと思ったけど、4着に突っ込めて良かった。
山崎 芳仁
やはり、番手回りのレースは下手ですね(苦笑)。
勝ちに徹すれば、バックで番手捲りも打てたけど、それはちょっと…。
新山君と人気になっていたし、彼もこれからの選手なので。
  10R


渡邉 一成
新田君の踏み出しに集中していた。
3コーナーでは登る感じになったしきつかった。
最後は抜きに行ったけど、踏み直された。
稲垣 裕之
ちょっと勝負権のなりレースでしたね。
二次予選は脇本君を信頼して。
金子 貴志
竹内君が頑張ってくれたけど、僕ももがき合いできつかった。
香川 雄介
後ろに、おぐさんがいるのも分かったけど、あの展開ではどうにも出来ない。
近畿勢が不発では厳しいですね。
竹内 雄作
あのタイミングで、三谷君が来るのは分かっていた。
そこを併せるのが勝負どころ。
結果的に新田さんの捲り頃になったが、そこで勝てたのは大きい。
小倉 竜二
香川さんに、おぐは全然レースになっていない! と言われたけど、そんな事はないですよ(笑)。
人間には二つ、肺があるからね。
三谷 竜生
踏み出しでは、行けると思ったけど、そこから竹内君が強かった。
吉田 敏洋
直前の落車で不安はあったけど、大丈夫そうです。
僕はF1でも、ほとんど欠場をする事はないので。
今日に関して言えば、竹内君がスピードに乗せてくれた。
新田 祐大
前受けは立場的に仕方ない。
久々の実戦でレース勘が少し悪かった。
ただ、力を出し切れれば、問題ない出来だと分かった。
  11R


平原 康多
吉沢君が頑張ってくれたけど、深谷君は止められるスピードではなかった。
それでヨコに軽く振りながら、前に踏まさせてもらった。
やはり、番手回りは難しいし、永遠のテーマですよ。
山田 英明
行くとすれば、最終ホームだった。
そこで行けず、大塚さんに迷惑をかけた。
深谷 知広
脚を使ったけど、結局8番手。
そこから行けたけど、浅井さんが僕を信じて切り替えなかったのが一番大きい。
諸橋 愛
ちょっと、平原君の動きに離れたし、油断があったかも。
そこは修正して。
郡司 浩平
位置は取ったけど、そこから仕掛ける事が出来なかった。
まだまだ、このクラスでは力不足を感じる。
吉澤 純平
地元の大舞台だし、力は出し切れた。
落車明けだし、逃げておきたかった。
浅井 康太
レースは展開もあるから、仕方ない。
脚は悪くないと思う。
二次予選は自分でやる番組だし自力で。
佐藤 慎太郎
慎太郎ファンと言うか、穴党もいるからね。
そんな人達を、少しでも喜ばせたい。
今日はコースが空いたので3着に突っ込めた。
大塚 健一郎
突っ込む展開にならなかったし、番手を回っているのも平原君だったので。
詰まっているように見えても、車間を切っているだけだし、自力型は仕掛けるのが難しかったと思う。
  12R


村上 義弘
脇本も頑張ってくれたけど、吉田君の巻き返しも早かったので。
二次予選は、奈良記念の決勝でも連係した三谷君。
何度も連係しているので問題ない。
武田 豊樹
吉田君が最終バックで厳しい感じだった。
それで自分で仕掛けた。
久々の実戦だったけど、悪いイメージはなかった。
地元ファンの声援が車を押してくれた。
園田 匠
本当なら2、3着に突っ込める展開。
ちょっと見てしまったし、木暮君が内に行くのが予想外だった。
前を走っているのが武田さんだからね。
吉田 拓矢
中団におさまったけど、あそこで行かないと自分の持ち味が出ない。
ただ、前に出る事が出来なかったし脇本さんに完敗です。
原田 研太朗
メンバーを見た時から、こんな展開になると思っていた。
全てが僕に向きましたね。
吉田君が中団に入っても、すぐに行くと思った。
だから、冷静に走れた。
脇本 雄太
これが終わった日の午後から、アメリカのワールドカップに行く。
ハードな日程が続くが、競輪を走る時は、今日みたいに全力で走りたい。
岩津 裕介
ハラケンは良いタイミングで行ってくれたと思うよ。
展開も良かったけど、ちょっと持ってこられたのが。
2着に入れず申し訳ない。
木暮 安由
引き続き状態は良いと思う。
武田さんの後ろだから安心感もあった。
優秀レースも3番手で脚をためたい。
椎木尾 拓哉
脇本君と村上さんの後ろで、迷惑をかけないように走っただけ。
二次予選? 点数は関係ないし南さんの前は回れない。
近畿結束で3番手。
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
初日インタビュー
 
  1R

中井俊亮
特別競輪の1R1番車だし、期待されている証拠ですね。
地元記念はプレッシャーに負けたわけではないけど、駄目だった。
今回は練習の感じも良かったし集中して走れる。
自力勝負です。
守沢太志
秋田同士の根本君の番手へ。
僕の自力より、彼の方が強いからね。
奈良記念は色々と勉強になった。
初日特選とか、村上義弘さんの内に入ろうと思ったけど、凄みと威圧感を感じた。
井上昌己
九州で小川君の番手へ。
任せたからには好きな走りで十分ですよ。
小川勇介
昌己さんと、佐々木則さんが任せてくれる。
後手を踏まない様に自力勝負です。
根本哲吏
冬場は長崎に冬季移動していた。
同級生の守沢君と話し、僕が前で自力勝負。
前橋の優勝はアクシデントもあったけど、友和さんのおかげで逃げ切る事が出来た。
佐々木則幸
前回の前橋はF1の負け戦でも勝つ事が出来なかった。
確実に脚が落ちていますね。
ここは、西のラインで連係して九州ラインの後ろへ。
南 修二
中井君の番手で仕事する。
向日町の優勝? たまたま捲りが出ただけで脚の感じは悪くなかった。
大槻寛徳
どっちが前で秋田コンビの後ろへ。
与えられた展開で頑張るだけ。
北野武史
本線の3番手だし、チャンスがありそうですね。
近畿ラインの後ろへ。
  2R

松岡貴久
前回の落車は大丈夫。
ただ、あの落車でダービー特選シードの出場権が諸橋さんに抜かれた。
自力勝負。
神山拓弥
地元の杉森さんを信頼する。
2場所前の小倉ナイターでワンツーを決めているし相性は良い。
僕も鋭い伸びは戻っていると思う。
菊地圭尚
いわき平記念は地元の一成君が優勝。
僕は頑張った結果だけど、落車を誘発させてしまった。
ここは早坂君のスーパーダッシュに離れずに。
朝倉佳弘
まだまだ、マーカーとして勉強不足。
懐の甘さとかあるので。
ここは栃茨ラインの後ろへ。
坂本亮馬
同期の松岡さんの番手へ。
相性? 決まったり決まらなかったりで半々かな。
いわき平記念は失敗したけど、その前後のF1は優勝しているので悪くないと思う。
早坂秀悟
いつも通り自力勝負。
ナショナルチームが新体制になり、また練習で色々と刺激を受けている。
慣れた頃に、また違うメニューが組まれると思うので、きつくなると思う。
池田 良
最近は捲りも出ている。
広島の売り出し中の新人より、僕の方が練習は強いですよ(笑顔)。
単騎で決めずに。
永沢 剛
前回の落車は擦過傷程度だったけど、その前の競輪祭の落車が酷かった。
圭尚さんが格上だし、北日本ラインの3番手です。
杉森輝大
地元のG1だし、やる事はやってきたつもり。
自力で力を出し切るレース。
  3R

成田和也
これが現実だし、一戦一戦集中して走るだけ。
過去の実績なんて関係ないし、僕は北日本の中心選手でもないですよ(笑)。
何度も連係している坂本君の番手へ。
沢田義和
松岡君の番手へ。
兵庫のおじさん同士として、2人で頑張っていきたい。
昨年も彼と賞金で、お互い負けない様に切磋琢磨!
和田真久留
奈良記念から新車を投入したけど、感じが良くなかった。
だから、また元に戻す。
練習の感じも良かったので積極的な自力勝負。
松岡健介
坂本君と和田君との3分戦ですか。
2人ともダッシュタイプですね。
自分のタイミングで自力勝負。
坂本貴史
誕生日だし、1着で祝いたいですね(笑顔)。
後ろは信頼できる成田さん。
先行主体の自力勝負。
和田 圭
北日本ラインの3番手。
今年になってから良くないけど、頑張るしかないですね。
松坂英司
神奈川同士の和田真君へ。
1着もあるし相性は良いですよ。
捲りでも良いし好きに走ってもらう。
江守 昇
神奈川コンビの後ろへ。
前回の久留米の初日は1着で、久々に良い感触があった。
山口富生
兵庫コンビの後ろです。
前回はアニキの冠レースでヤマコウカップ。
だから、優勝したかったけどね。
2人の甥っ子を面倒見ているけど、今回受験に失敗した長男の方は、また競輪学校を受ける予定。
  4R

芦沢大輔
木暮君の頑張りで大宮を優勝する事が出来た。
何を望むわけでもないけど、良い走りだけはやりたい。
横山君とは前回の準決で連係。
残す事は出来なかったけど、ここはワンツーを決めたいですね。
北津留翼
作戦は全部、合志さんに考えてもらいます。
いつも、合志さんの言った通りの展開になるので。
自力勝負です。
柴崎 淳
連続落車だし、走ってみないと。
前回の落車では脳震盪で、ほとんど記憶がない。
後輩と山内先輩が任せてくれるので、自力勝負。
小岩大介
久留米の準優勝は亮馬君のトリッキーな動きに付いて行けた。
ここは九州ラインの3番手です。
坂口晃輔
F1は決勝を外していないし、まずまず走れていると思う。
柴崎さんの番手で頑張る。
横山尚則
昨日もバンクに来て、吉田拓矢君と一緒に練習をやった。
プレッシャーはあるけど良い状態だと思う。
自力勝負です。
合志正臣
奈良記念の初日に落車したけど、その後は走れたので。
ただ、鎖骨を骨折した誠一郎君は不運でしたね。
北津留君が積極的に行ってくれるだろうし信頼していく。
山内卓也
今回もイー新聞の特設サイトにコラムを書いたので、読んでみて下さい。
3番手で厳しいけど、三重コンビの後ろへ。
佐藤悦夫
和歌山記念でインフルエンザ。
その後の、いわき平記念で失格。
流れは悪いけど、脚は悪くない。
地元コンビを信頼する。
  5R

筒井敦史
大宮の決勝は、だいたい木暮君、芦沢君の3番手と決めていた。
そこが中団なら一番固いから。
その通りの展開で準優勝だった。
ここは松浦君に頑張ってもらい3番手。
4着権利だし、何とか4着までに入りたい。
菅田壱道
僕は前でも、後ろでも、どっちでも良いと思っていた。
飯野さんの意向に任せようと。
最近は長い距離も踏めている。
先行も含め自力自在に攻めたい。
渡辺雄太
3週間空いたので怪我は大丈夫。
練習もやってきた。
ヤングGPは力で優勝したわけではない。
展開に恵まれたし、更なるパワーも必要。
先行主体の自力勝負。
飯野祐太
菅田君との連係は何度もある。
最近は僕が前だったけど、彼の後ろを回った事もある。
普段の走りをやってくれれば十分です。
松浦悠士
自力自在の総力戦。
奈良記念をインフルエンザで欠場したし、捲る自信はない。
だから、いつも以上に位置取りを厳しくする。
4番手なら3番手、3番手なら番手を狙う気持ちで。
佐藤康紀
骨折明けだし、まだまだですね。
どっちが前でも北日本ラインの3番手です。
中村浩士
弟子の根田君が奈良記念で記念初V。
小田原G3も田中晴基君が勝ち、今は千葉の流れが良い。
根田君の場合は、今迄の走りが報われたね。
ここは渡辺君の番手で仕事する。
武井大介
成績は悪いけど、練習はやれている。
中村支部長に番手は任せて南関の3番手です。
桑原大志
1着は取れていないけど、まずまず走れていると思う。
松浦君が前々へ攻めてくれるでしょう。
  6R

池田勇人
どうあれ神山さんは、僕の後ろと言ってくれた。
それで古屋君の後ろを回り神山さんを3番手に出来ない。
自力で持ち味を発揮する。
渡辺晴智
普段通りに仕上げてきた。
いつも頑張ってくれるし、近藤君の機動力に乗る。
村上博幸
選手をやっている以上は、怪我は付き物。
だから、仕方ないですよ。
後輩の山本君に頑張ってもらう。
吉村和之
京都コンビの後ろですね。
村上君に迷惑を掛けない様に、3番手で内を締めて走る。
神山雄一郎
もし古屋君と2人なら彼に任せていた。
池田君と2人なら、彼に任せる。
池田君が古屋君に行きたいなら、それはそれで良い。
ただ、3番手になると走りが違くなるし、それはその時に考えようと思っていた。
古屋琢晶
ここの記念で先行して、伏見さんの優勝に貢献した事がある。
特別競輪は初めて。
単騎になるけど自力勝負です。
内藤秀久
前は信頼の出来る近藤君と晴智さん。
南関の3番手を固めていく。
山本伸一
自力勝負。
波に乗れているかと言われれば、そうとは言えない。
ただ、やるべき事はしっかりやれていると思う。
博幸さんと決まる自力勝負。
近藤隆司
相手関係のレベルも高いし、簡単に勝てるとは思っていない。
それでも勝ち負け出来る状態です。
7番手にならない自力勝負。
  7R

浜田浩司
奈良記念の落車は、かすり傷程度だし問題ない。
ラインの阿竹君の番手へ。
松岡篤哉
先行を基本の組み立て。
大垣ヤマコウカップの初日は良い走りが出来た。
その後は組み立ての失敗で脚は悪くなかった。
相手は捲りタイプだけど、油断しないで。
海老根恵太
石井君の番手へ。
1本欠場したけど大丈夫です。
武田憲祐
千葉コンビの後ろへ。
平塚がバンク改修で使えなかったから、気分転換で川崎バンクで練習をやってきた。
林 巨人
身長では負けるけど、少しだけ近藤君より点数を持っている(笑)。
中部で松岡君の番手です。
阿竹智史
指の骨折で復帰が長引いた。
まだハンドルは、きちんと引けない。
それより師匠の小倉さんの方が超人的ですよ。
普通なら、走れる状態ではないと思うから(笑)。
石井秀治
奈良は初日特選で1着だから走りたかった。
だけど、インフルエンザには勝てなかった。
その後のパワー系の練習も、出力係数は悪くなかった。
自力勝負。
橋本 強
奈良記念で2回落車したけど、走る以上は大丈夫。
四国ラインの3番手です。
近藤龍徳
1年前の今頃も良くなかった。
その後に点数を上げたけど、また最近点数を下げた。
林さんに、黙って3番手を回っていろ!と言われたので3番手です(笑)。
  8R

三谷将太
奈良記念の最終日は1着を取り、凄い声援を受けた。
だけど、本気で優勝を狙っていたし悔しい思いをした。
自分も、まだまだと言う事でしょう。
近畿で古性君の番手で頑張るだけ。
友定祐己
荒井君には世話になっている。
捲ってくれる事に期待する。
高橋陽介
友和君が前でやりたいと言ってきた。
なので番手で勉強する。
最近は人の後ろも多いので、どっちでも良いと思っていた。
荒井崇博
奈良の復興レースは後ろが自力の東矢君だから差されても気にしていない。
今回? 俺以外の8人が飛んでくれる事を願うだけ(笑)。
まあ、普通に自力勝負。
古性優作
いわき平記念の落車は、その後に、目に見えないダメージがあった。
体のバランスも崩れていたので。
自力勝負です。
松坂洋平
こんな成績だけど頑張りたい。
2車だけど自力勝負です。
東口善朋
三谷君の方が点数上位。
近畿ラインの3番手を固める。
佐藤友和
前回の怪我は大丈夫。
前でやりたいし自力勝負です。
岡村 潤
少し風邪気味なのか、花粉症なのか分からないけど鼻水が出てくる。
奈良記念は郡司君が行ってくれ最高の結果だった。
南関ラインで松坂君へ。
  9R

和田健太郎
それなりの状態をキープしている。
千葉同士の山中君の番手へ。
伏見俊昭
取手記念を優勝しているのは良い思い出。
その時に比べ、脚は落ちていますね(苦笑)。
悪い3番手ではないので、新山君と山ちゃんを信頼する。
市田佳寿浩
近畿で川村君の番手へ。
この大会は地区ごとの選抜だから、層の厚い近畿でよく出場出来たと思うよ。
イナショー(稲川翔)は、出走本数が足りず、出場出来なかったみたいですね。
山中秀将
単純に捲りだけだと、このクラスでは通用しない。
本当は、ヨコも出来る様になると良いのですが。
自力勝負。
笠松信幸
川村さんにも市田さんにも世話になっている。
近畿ラインの後ろです。
川村晃司
鎖骨を骨折してから、なかなか戻らない。
それに比べ、新山君は若いし羨ましいですよ(笑)。
少しでも負けないように自力勝負。
今回は予備の2番手だし走れて良かった。
新山響平
先行勝負。
今年の目標ですか? まだ、そのレベルには達していないけどG1で優勝する事。
それまでに、少しでも先行して強いイメージを植えつけたい。
あとは、カマシ・捲りでなく、もっと後ろから押さえて駆ける様にしたいですね。
勝瀬卓也
爆発的な伸びはないし、展開次第ですね。
千葉コンビの後ろへ。
山崎芳仁
新山君の番手へ。
取手は、初の特別競輪で共同通信社杯と、東王座を2度開催しているみたいですね。
その内の1回で完全優勝した記憶がある。
あの時は、車が凄く出て、後輪が飛んでしまう感じだった。
  10R

渡辺一成
インドのアジア大会から帰国したのが10日。
時差は2時間半だから、特に体調の変化はない。
新田君に全てお任せです。
稲垣裕之
奈良記念のトークショーでは色々とお世話になりました。
大宮記念の後に鎖骨に入っていたプレートを抜いたから、かなり楽になった。
練習も3週間ハードにやれた。
多分、富山共同通信社杯以来の三谷君へ。
金子貴志
年末に体調を崩し、直前も軽い腰痛が出て1本休んだ。
だけど、今回は大丈夫。
中部ラインの3番手です。
香川雄介
こんなケースで稲垣君の後ろをよく回っている。
近畿ラインの後ろがセオリーでしょう。
竹内雄作
2週間、休養を入れながらハードに練習をやってきた。
積極的なレースをやるだけ。
小倉竜二
怪我は肺挫傷と肋骨の骨折。
防府に五日間入院して、帰ってからは練習していた。
肺は膨らんだし、右の肺もあるから大丈夫(笑)。
ここは単騎で位置を決めずに。
三谷竜生
地元記念は悔しい結果だったけど、やる事はやった。
終わってからは、さすがに疲れが出たけど、状態としては万全に近い出来。
自力勝負です。
吉田敏洋
体は大丈夫だし、フレームが壊れたぐらい。
僕は竹内君の番手へ。
大宮記念でも、いわき平記念でも連係した。
新田祐大
またナショナルチームの合宿に参加して、良いトレーニングが出来ている。
苦しい練習の成果を出したいですね。
自力勝負。
  11R

平原康多
確かに人の後ろが多くなっているけど、そんな練習はあまりやっていない(笑)。
関東の自力選手が増えてきた事は良い事だけど、人の後ろを回るのは本当に難しい。
これは選手を辞めるまでの永遠のテーマになる。
話しをして吉沢君の番手へ。
山田英明
園田さんに誘われて一緒に合宿をやってきた。
取手は走りやすいイメージがある。
構えすぎず、自力勝負です。
深谷知広
この一ヶ月は、色々な用事があり忙しかった。
その中でもハードな練習はやってきた。
しっかり準備は出来たので、自力勝負。
諸橋 愛
プラン通りに練習はやれたし、調子は見ての通りだと思う。
大垣のヤマコウカップ・イー新聞カップは、捲りで優勝出来たので。
関東で連係して3番手です。
郡司浩平
年末の平塚GPを見据えて、今年はG1を獲りたい。
かなり近いところまで来た感じはする。
もちろん、遠い道のりかもしれないけど。
奈良記念は南関の結束力を見せることが出来たと思う。
自力勝負。
吉沢純平
奈良記念で落車をして、左肩を痛めた。
ただ、ここまでには間に合った。
前を任せてもらったし自力勝負。
浅井康太
直前に軽く熱が出たりしたけど、体調は問題ない。
まずは、1走してからですね。
深谷君の番手で頑張る。
佐藤慎太郎
福島は寒いし、普通に沖縄で練習をやっていた。
多分、初連係になると思うけど郡司君の番手へ。
逆に新鮮で良いかも。
大塚健一郎
前回の怪我は腰を強打した。
ただ、大丈夫だと思う。
九州で山田君の番手へ。
  12R

村上義弘
奈良記念は、その前に体調を崩していたので、良い走りが出来なかった。
その後は、少しバタバタしたけど、良いトレーニングは出来た。
脇本君の番手へ。
武田豊樹
取手競輪場にとって初めての特別競輪。
その栄えある、第一号の優勝が僕であれば最高ですね。
強い相手との対戦だし、逆に楽しみです。
吉田君に頑張ってもらうだけ。
園田 匠
今は調子が良いけど、前回の岐阜で北津留君のダッシュに離れたのが(笑)。
単騎で位置を決めずに突っ込むレース。
吉田拓矢
地元を走るのはチャレンジで特別昇班を決めて以来。
1本休んで、ここに向けて仕上げてきたつもり。
スピード練習をメインに、脚はバッチリだと思う。
自力勝負です。
原田研太朗
自分の力を出し切れれば、自然と勝てると思う。
位置も気にしながら、タイミング良く仕掛けたい。
脇本雄太
ナショナルチームのハードな合宿があり、インドのアジア大会にも参加。
結果は良かったけど、かなり疲れました。
いつも通り、自分の出来る事を精一杯やる。
岩津裕介
奈良記念は大事を取り1本休んだ。
原田君の機動力に乗り、勝てる様に頑張りたい。
木暮安由
地元コンビの後ろへ。
大宮の決勝? 勝てる展開だったけど、寒さで選手紹介の時から脚が回らなかった。
椎木尾拓哉
前回より更に上積みはあると思う。
村上さんの後ろで3番手です。

 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
第32回読売新聞社杯 全日本選抜競輪オリジナルクオカードプレゼントキャンペーン!
第32回読売新聞社杯 全日本選抜競輪(GⅠ)の開催を記念いたしまして、
e-SHINBUNプレミアム会員の皆様に素敵なプレゼントのお知らせです。

第32回読売新聞社杯 全日本選抜競輪オリジナルクオカードを抽選で10名様にプレゼントいたします。

※こちらはe-SHINBUNプレミアム会員様限定キャンペーンとなります。
応募期間は全日本選抜競輪開催日前日の2017/2/16(木)から最終日翌日の2017/2/20(月)までです。

第32回読売新聞社杯 全日本選抜競輪オリジナルクオカード 10名様
 



この機会に是非e-SHINBUN会員登録を!
 
   
山口幸二の「やってやるって!」
日刊スポーツ評論家 山口幸二

ヤマコーの「やってやるって!」過去の一覧アーカイブはこちら







ページトップへ
   
コンドルの眼
↓↓↓コンドルネット新聞、今すぐ登録↓↓↓
コンドルネット新聞



武田一康(たけだかずやす)
コンドル出版社代表取締役社長。熊本競輪情報協会会長。
昭和23年4月24日生まれ。通称『社長』『武田さん』
小学生の頃から競輪場へ出入りし、予想台に立つ父の英才教育のもと感性を磨き、有明工業高等専門学校を中退した後に19歳から予想業に携わる。
かつてはゴルフショップや喫茶店などを経営し栄華を極めていたが、ある失敗を機に、やはり競輪が天職と悟ってからは競輪一筋。
新聞業務は実弟で圭二氏(小倉競輪場キャスター、通称『専務』)、そして幸三氏との巧みな連係プレーで毎日とどこおりなく製作されている。
2014年4月に実の長男が本社入りしたことで念願だった後継者が登場。したがって隠居は遠のいたが、そのぶん やる気と責任は倍増した。
さらにコンビニネットでの新聞販売が容易となったことによる新規ファンの開拓も、記者魂を支える大きなモチベーションとなっている。
競輪歴50数年のキャリアに裏打ちされた莫大なデータと情報を基に、歯に衣を着せぬコメントで競輪界の矛盾や問題点を様々なかたちで洗いだしており、いわば業界のご意見番的存在。
熊本競輪場での場外車券販売がある限り、全国あらゆる競輪場へと足を運んでおり、年間300日近くの出張はここ10数年のルーティンワークだ。
「あちこち、ガタがきとるが、じっとしていられん性分ったい」と生涯“徹底先行”を貫く気構えだ。
口癖はもっぱら「おぉう、同年代の連中は、みんな定年やら引退やらで現場から離れてしまった」。

66歳を迎えた今もなお、時には2000グラムのステーキをペロリとたいらげ、昼間には甘々なまんじゅうをむさぼり喰い、毎朝約1時間の散歩をノルマと課すなど、ドMともいえるストイックさで心身ともに充実。
鋭い舌鋒も激しさを増すばかりで、e-SHINBUN1、2位の売り上げを誇るマンモス新聞を取り仕切る御大は、まだまだ手綱を緩めずにすべては競輪界発展のためにと健筆をふるっている。

趣味はゴルフで、年に数回の肥後カントリークラブでのラウンドを心待ちにしている。
あとはスーパー銭湯での骨休めは出張先でのハイライト。記念開催中など、競輪場近辺のスーパー銭湯で心地よい表情で湯船につかる武田社長の姿がよく目撃されているほどだ。
ほかにも愛犬の散歩にドラマ鑑賞と幅広く、とくにサスペンスドラマは大のお気に入りで土曜サスペンス劇場や松本清張シリーズは大好物だ。
競輪と共通する『推理』という要素が、御大の胸間を揺さぶるのだ。肥後のエグゼクティブ・武田社長の一挙手一投足から、これからも目が離せない。
 

平成29年2月19日 取手全日本選抜の最終日は川崎FⅠの取材と併行して観戦。 前半戦から凄いバトルが繰り広げられてましたが、圧巻だったのは負け戦とは言え深谷知広の天晴れな1周半押し切り、カマシの早坂秀悟に出られそうに成ったのに盛り返しての逃げ切り、今年はタイトルの一つや二つは獲れる予感。 決勝は枠の利を生かした関東勢が前を取り、本当は三谷竜生―稲垣裕之がやりたかった事をやってのけたのは現輪界№1の平原康多、三谷竜が鐘で出るや、すかさず粘って稲垣裕をイエロー近く迄持って行き、番手をキープするや、鐘4から単騎カマシの新田祐大を追い掛け、後の武田豊樹の事を考えて力と執念で抜きに行った事で意の一番に平塚グランプリを決めました。2着は武田豊で、3着はVパターンを抜かれた新田祐で、4着に何時の間にか武田豊の後に居た浅井康太。 準決勝で1周以上を逃げたのに、追い込んで来た武田豊に抜かれまいと斜行しただけでなく、頭まで出した勝負根性、これが優勝に繋がったもの。地元の武田豊に獲らせるんじゃなく自分が獲ると決めて獲った日本一の選手がやった栄冠。これで競輪界も大いに盛り上がるのではと。

平成29年2月18日 取手全日本選抜の3日目は、場内は大いに賑わってましたが、あまりにもスターが揃い過ぎた事もあり、売り上げは30億には遠く及ばず、3日間で約60億。最終日に40億なら目標達成ですが、それは叶わぬ数字なので、せめて30億越えに期待したいし、それだけの組み合わせに成ってます。 決勝戦は地元武田豊樹に断然有利ですが、近畿の抵抗に平原康多が慌てる様な事があれば、浅井康太の勝負強さ、そして異次元パワーの新田祐大が捲って来る事に。平塚グランプリ第一号は誰に成るのか興味津々です。

平成29年2月17日
取手全日本選抜の2日目は気温は春でしたが、春一番が吹き荒れ、風速は常時5・6メートル。ホームが向かいで1コーナーから4コーナーが強烈な追い風が吹き、先行有利で、捲りには厳しいコンディション、泣いた者と逆が勝利の分れ目に成りました。
売り上げは初日とほぼ同じで2日間で37億1千万。3日目からは気温も下がり雨か雪の予報が出てますが、こゝで30億近く売らないと100億の目標は遠のく事に成ります。
3日目は番組も苦労したのか本命レースはゼロ、穴党はこれでもかと狙い目ばかり。私もこんな番組は大好きですが、今イチ選手の調子を掴め切れてないのでそこ迄の自信はありませんが、精一杯高配当を提供出来る様、予想と解説はしてるので期待して下さい。
夜は小倉ミッドナイト2日目、こっちは全レース自信ありなので本命党は大いに利用して下さい。

平成29年2月16日
取手全日本選抜の初日は好天に年金効果そして手堅い番組で18億5352万は2年前の静岡全日本の103パーセントだったとか。
この流れなら100億を越える計算ですが、最低でも95億には達する計算。
この売り上げに相応しい初日のレースでした。
2日目はどうなるかですが、天気は更に良いとの事なので20億近くはと思ってますが、どうでしょうか。
初日に思ったのは1~9R迄の予選と10~12Rの特選が全然違ったと言う事です。超一流の攻防に痺れたのは私だけではないと思います。
ヒントは、
1R、池田良
3R、松岡健介
4R、坂本亮馬
6R、園田匠
7R、竹内雄作
8R、吉田拓矢
9R、浅井康太
10R、稲垣裕之から
11R、石井秀治
12R、原田研太朗

夜中は小倉MDガールズ、こっちの方もお任せ下さい。

平成29年2月15日
高知FⅠは想定通りの強豪がA級もS級も勝ち上がりました。売り上げも初日より微増。最終日も現地同業者の詳しい情報を元にバッチリの新聞が仕上りました。
同時進行の久留米ナイターは、チャレンジ・ガールズは本命が決まったのに、A級は主役の清水裕友・酒井拳蔵が飛ぶ波乱。この2人は3日目こそはで走りますが、主役不在の1・2班戦決勝は大波乱ですが、チャレンジ・ガールズ決勝は本命戦。この仕事を終えて取手全日本選抜に向います。トップスターの競演にワクワクです。そして夜中は小倉ミッドナイト、こっちはガールズとチャレンジ。昼も夜中も又仕事、頑張ってます。


取手は東日本大震災で、2年間開催をやれなかった場で初めてのGI開催。
GⅡは共同杯・東王座はやってますが、グランプリが決まるGIはこれ迄無かった事で、施行は大張り切り。
目標額は年金支給直後でもありドドーンと100億。それに相応しいトップスターが1Rから登場。
関東だから心配してた番組は、1予・特選とマンネリを非難されるのを覚悟して、売上げ優先した誰もが納得するものに成ってるので、コメントもスムーズでした。
勝ち上がりは記念と同じなので、1予は4着迄、特選は3着内で準決は決定する事に成ってます。
高知FI・久留米ナイターの最終日を観戦し乍らちゃんとしたものを作りました。
初日の狙いは、
1R守澤太志。
2R坂本亮馬。
3R松坂英司。
4R横山尚則。
5R渡邉雄太。
6R近藤隆司。
7R石井秀治。
8R古性優作。
9R新山響平。
10R稲垣裕之。
11R平原康多。
12R原田研太朗。

 
ページトップへ
   
山内卓也の『春よ来い!!』
もうすぐ誕生日です!
花の40歳になります!

山内卓也です!

もう40歳なんて…

デビューしたのが19歳、もう21年も…

自転車に趣味で乗り始めたのが14歳の夏


26年も自転車に乗ってるんですね…

30代で迎える特別競輪は全日本選抜で最後です。

今となってはもう30代終わってしまうのかと思いますが、これからの40代でどのような競輪人生が待っているのか今からドキドキしています。


40歳といえば前厄ですね!


厄年とかあんまり気にした事なかったのですが、今年に入り車ぶつけたりとか、気になることが少々ありましたので一応厄払いは行ってきました。


江戸時代ぐらいから厄年ってあるらしいですね(真相は確かではない…)


日系人の多いハワイでは「ハッピーヤクドシ」というらしく、赤い服に赤いレイをつけて厄年パーティするらしいです!
最後は万歳三唱で締めくくり!

これからの三年間、万歳三唱で締めくくれるように頑張ります(^o^)


っと話はかなり脱線しましたが、全日本選抜の思い出は…


2004年、大垣競輪場で行われた全日本選抜ですね


初めて吉田敏洋君とG1の決勝に乗りました

走る前に吉田君より「卓也さん(当時はさん付け、今はちゃん付け…)スタート前から行きたいです!」と言われ「よっしゃ前とったる!」と言ったものの

僕は9番車


発走機に着いたら各選手に向けられたファンの方の応援、声援が物凄くスタートの号砲が聞こえない(°_°)


今思えば緊張してたんですね…


あれ?今鳴った?ん?ん?なんて思って、まぁいいや!出てしまえ!っと思って思い切り踏み込んだら…


まだ号砲鳴ってませんでした…


態勢を整えた時に号砲が鳴る

スタートでバランス崩して8番車の内林さんの方にぶつかりそうになる

内林さんに「なんしよん!」と言われる


という感じでしたね…


もし2004年の全日本選抜のスタートが見る機会があったら9番車に注目です!


スタートで事故がなくて本当によかった


それからはしっかり集中して号砲を聞いています。




30代最後のレース、しっかり走り切ってきます!


まだ寒いけど、山内卓也に「春よ来い!」



ページトップへ
   
藤原あいりのまだまだ落ちぶれてないジョー!!

e-SHINBUNをご覧の皆様、


おはようございます!







も〜2月ですが、
今年初めてのコラムとなりました!








まずは新年のご挨拶を!!








え?




遅いって?











…ですよねぇ〜!笑




でも何言われてもいぃ〜んですッ!!











とゆーことで、


今年もよろしくお願いします(๑╹ω╹๑ )







えっとー、、

ちなみに〜
まだ初詣には行っておりませぬ。。










弥彦神社行かなきゃ!


また今年も優勝出来ますように♡
ってお願いしに行かなきゃですね!!








てことで、
行きますよ!明日にでも!!

























話は変わり、


前回の広島は兄妹開催だったんですが、







兄ちゃんは真っ直ぐ走れないせいか?笑

A級に落ちてしまいましたが、、







見事、

優勝♪───O(≧∇≦)O────♪











しかも〜、

今回e-SHINBUN杯だったんですよ!!








私はボロボロでしたが、

兄ちゃんが最後の最後に優勝してくれて良かったです!!





おめでとさ〜ん☆
(≧∀≦)













とゆーことで、

帰りの新幹線は祝勝会ですよ ♪





3人仲良く指定席で並んで、

私とタキオさんと2人で6時間お酒飲みまくってお祝いしてあげました!笑









あっ!

兄ちゃんはと言いますと~、





私を家まで送り届けてもらわないと困るので、飲んじゃダメ!

とゆーことで飲みまへんでした!笑










優勝したのに私の運転手だなんて、

さーーーせんッ!!








あと、

タキオさん酔い過ぎててウケました!笑



6時間の長旅だったのに、

タキオさんは一瞬で新潟着いた言ってました!笑




一瞬で新潟着く訳!笑





2人とも、おつかれした〜٩( ᐛ )و








おしまい。

ページトップへ 
   
二宮歩美の『ふんばっていきまっしょい!』



【二宮歩美】
ファッションモデル、グラビアの経歴を経て現在タレントキャスターやMCとして活動するとともに
個人事務所『WB』の代表としてキャスティングやプロデュース業などもこなす。

―二宮歩美ブログ―
“Walking Beauty2~もっともっとがとまらない♡~”
http://ameblo.jp/ninoreport/





ページトップへ 
   
ムーヴ清水の電気競輪
熊本地震におきまして、被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い事態の沈静化と復興を願うとともに、皆様のご無事を心からお祈り申し上げる次第です。

ご挨拶
イー新聞をご覧の皆様、はじめまして。
競輪ムーヴ代表 ムーヴ清水で御座います。
普段は、ほぼ毎日朝方まで翌日の競輪を予想しております。
少し仮眠をして、昼から仕事をしながらネットで車券勝負。
初手、展開、選手の心理を推理するのがモットー!
体に優しい、競輪生活を目指しております^^;

コラムタイトル「電気競輪」とは。
選手と選手の意地とプライドが摩擦し放電をします。
それに魅了された競輪ファンは、全身が痺れて感電状態。
また電気とは、明治から昭和の先進性を示す接頭語です。
古き競輪に敬意を示し、日々進化する競輪の意味でもあります。
競輪にしかない競輪の良さを、伝えて行くのが伝記でもあり、
電気競輪です。

イー新聞でもムーヴの予想を販売しておりますので
どうぞよろしくお願い致します!


競輪ムーヴ公式サイト http://m-keirin.net(※お得なキャンペーン開催中)
競輪ムーヴe-SHINBUN http://www.e-shinbun.net/movekeirin/?idgt=6
喧嘩競輪~第二章~ http://ameblo.jp/movekeirin/
競輪中毒 http://keirin-station.com/article/list/column/234/
チャリロト5 盲点を突く https://www.chariloto.com/html/91_yosou/index.html


 

2017年2月17日
 
e-SHINBUNをご覧の皆様、ムーヴ清水でございます。
只今、取手競輪場にて、第32回読売新聞社杯全日本選抜競輪が開催中です。
私も昼夜問わず、予想に明け暮れる日々でございます。
何せG1なんでね。
皆様の期待もヒシヒシと感じますし、私自身も勝ちたいので、寿命を縮める覚悟で予想しております^^:

さて今回の電気競輪は、福岡87期の園田巧選手をピックアップしたいと思います。
園田選手と言えば、昨年はSSの赤パンを履いて、一年戦った選手。
今競輪界で、どんなレースでも捨てきれない選手、ナンバーワンと言えると思います。
園田選手の持ち味と言えば、直線のスピード。
全盛期の小倉選手や、合志選手も似たような感じですが、少しタイプが違いますね。
園田選手も、前の自力型のスピードを借りて、直線強襲が得意なパターンですが、後方にさえ置かれなければ、前が不発でも伸びて来ます。

そんな際立つ持ち味があっても、昨年は安定した成績を残せませんでした。
しかし、昨年末辺りから、成績も安定し、連に絡む回数も増えてきています。
私なりの解釈ですが、以前は四角廻って、直ぐに踏みたくて仕方ない気がしました。
自分のためでもあるが、客のためにも焦っている感じがしました。
けど、今は違います。
ブッチ切って勝つ戦法ではないので、ゴール寸前差せば良い。
待って、待って、コースを見極めてから踏む。
それが出来るようになって、安定してきたと思います。
それは日々の練習による自信の賜物でしょうね。
岸和田記念二日目、広島記念初日、大宮記念の最終日なんて、園田選手ならではですね!

競輪選手は、一番人気で期待を裏切ると、野次られます。
けど、常に一番人気が一着に来るとは客も思っていません。
持ち味を発揮してくれたら、納得します。
最初から一着は厳しい番組もあるし、それとは反対に、ここは勝たなくてはいけない番組もあります。
今の園田選手の走りは、客が思う考えと一体化したような気がします。
常に一着を獲らなくても、三着で狙っている客も多いのです^^
園田選手の、ゴール前ギリギリに届く追い込みは、私だけではなく、現在の競輪ファン全員が痺れていると思います。




ページトップヘ
   
寺門夏織のかおりんROOM
SPEEDチャンネルで7年間キャスターを務め、現在はフリーで活動中。
レギュラーは、松戸・いわき平・宇都宮競輪中継の司会。

ブログはこちらをチェック!
http://ameblo.jp/kaorin714/

みなさま、こんにちは(*^-^*)

寺門夏織です。

近所の公園の梅の花が見頃を迎えていて、
思わず足を止めて見上げています。

本格的な春の到来が待ち遠しいですね♪


さて、取手競輪場では明日から
『平成28年熊本地震被災地支援競輪
第32回 読売新聞社杯
全日本選抜競輪GI』
が開催されます!
今年もいよいよGI戦線の開幕ですね!!


私の注目選手は、
【菊地圭尚選手(北海道・89期)】


いわき平記念のコラムでもご紹介しましたが、
2日目優秀競走では北日本ライン3番手の競走でしたが、
“自分の横は絶対に通過させない!”という気迫が伝わるけん制!
最後は鋭く抜け出し、ガッツ溢れる競走にシビれました(#^.^#)
それでも、「ラインのお陰。好調の要因は練習の成果が出ただけ。」
と、謙遜する様子も素敵でした☆


菊地選手の責任感の強さが印象に残ったシリーズでした。
菊地選手を味方に付けた先行選手はかなり心強いだろうな、
ラインにすごく信頼されていそうだな、と感じました。
何かしてくれそうな、
そして、厳しい仕事をしつつも最後までしっかり魅せてくれそうな
菊地選手のGI戦の走り方や気迫にも注目したい!!と思わされました。

そして、そのいわき平記念で優勝を果たした
【渡邉一成選手(福島・88期)】にも注目したいと思います。


唯一のS級S班、地元の記念で緊張したそうですが、
プレッシャーを跳ね除け、見事に人気に応えました。
渡邉選手は寡黙なイメージがありますが、取材をすると
仕事のこと、プライベートなこと、いつも真面目に丁寧に応えてくれ、
“せっかく貴重なお話をして下さったのだから、
しっかりファンの皆さんにお伝えしなければ!“
と、気持ちが引き締まります。
地元記念初優勝で気持ちよくGI戦を迎える
渡邉選手の全日本選抜競輪連覇にも期待して注目したいと思います!!

まだまだたくさん注目したい選手たちが居て、
どんな対戦が見られるのかとワクワクしていますo(^-^)o♪
みなさまの注目選手はいかがでしょうか?!

それでは、トップレーサーたちによって争われる
ドキドキワクワクの4日間を思いっきり楽しみましょう(‘-^*)/

ページトップへ
   
コンビニのコピー機で取手競輪の出走表が無料プリントできる!
コンビニで取手競輪の出走表が無料でプリントできます!!





全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスのマルチコピー機から
取手競輪の出走表が無料でプリントできます!!


ぜひ、ご利用下さい!!

操作方法はこちらから
http://www.e-shinbun.net/cp/keirin23


ページトップへ 
   
【チャリロト会員限定】チャリロトでAOKEI競輪ニュース無料公開中!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて、チャリロト会員様限定でAOKEI競輪ニュース』を無料配信中です!!



GⅢ以上の開催時限定、開催日前日の夜から公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/pc/member/aokei/index.html
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
【チャリロト会員限定】コンドル無料配信スタート!!
競輪投票サイト『チャリロト』にて会員様限定のサービススタート!



競輪専門紙『コンドル』がGⅠ以上の開催時限定で無料公開されます!


是非、ご利用ください!

https://www.chariloto.com/pc/member/condor/index.html
※要会員ログイン
 
ページトップへ 競輪専門紙購入はこちら

   
竹林一彦の競輪閻魔帳
竹林一彦

専門紙「アオケイ」編集長。1958年生まれ。
「勝手に喋って聞く耳持たず」のGamboo・予想会も好評。

Gamboo生放送出演中!


忘れてはならぬことがある

読売新聞でアルバイトをしたことがある。1977年、十九歳のときだ。学校の先輩の紹介だった。面接で興味ある部署はあるかとか訊かれたが、そんな意欲皆無の俺だからしどろもどろ、結局は総務部に廻された。まずは郵便料金の計算と切手貼付の仕事だったが、まァ俺のツカエナイことよ。計算は遅いし貼るのは雑だし……。三日で嫌になり行かなくなったが、オレの立場がない!と先輩は怒り(あたりまえだ)、俺は直接担当者を訪ねることを約束した。
世間知らず・礼儀知らずの只のガキだった俺でも、謝罪に伺う当日の気重は相当なもので、俺は出がけにはボブ・マーリーの「ライヴリー・アップ・ユアセルフ」を二回聴いて、重い腰をやっと上げたのだった。
専門紙「黒競」を一年で辞めて「青競」に転職したのが1989年の春だ。今と違って同業他社に移るのはいろいろ面倒であり、やっぱり気重なことがたくさんだった。恐い先輩連も居たし、遠く近くに嫌な野郎もツマラン奴も少なくはなかったが、ま、いいじゃないか――。どこかで誰かと揉めたら得意の喧嘩してや~めた、だ。と開き直ってはいたものの、それでも青競の仕事で初めて現場に出る日は緊張した。俺が出がけに聴いたのはルー・リードだったと思う。
取手競輪の普通開催の取材だった。二十八年前の六月、曇天の午前中だ。
駅から競輪場までの道すがら渡ることになる歩道橋から見た、利根川を渡って千葉東京方面にまっすぐ伸びる国道六号線の風景が頭の片隅に残っている。
忘れてはならぬことがある。俺の三十年近くになる「青競」での記者生活は、あの日の取手からはじまったということだ。
遅々とした競輪界の世代交代を誰かが嘆き、竹林の予想は時代遅れだと誰かが笑っても、知ったこっちゃない。「毛皮のマリーズ」のロックンロールじゃないが、♪いつまでたっても フラフラ/背中を丸めて ふにゃふにゃ/何を聞かれても へらへら――。が、俺の真骨頂なのだから。
明日から取手競輪場初のGⅠ、全日本選抜競輪が開幕する。


ページトップへ
   
本田知己の民間投票サイト活用術!


本田知己

アオケイ記者・大宮、西武園の予想を担当。
学生時代から、こよなく競輪を愛する。
座右の銘は「当たるまで買う事」





【いよいよ】 
   
いよいよ取手競輪場で初のG1レースが開催されます。
 
 
全日本選抜競輪
  
 
当然G1レースですから、民間投票サイト各社がこぞってキャンペーンを行っております。
 
  
詳しいことは各民間投票サイトのHPまで。
 
  
そして昨日、取手競輪場から帰宅すると一通の封書が届いてました。
  
 
中を開けると
 
 

 
  
「競輪ステーション杯」のQUOカードが入っていました。
 
  
オッズパークのキャンペーンに当たったらしいです。
 
 
 これだからやめられない、民間投票サイトでの車券購入。
 
  
QUOカードを送って来てくれたオッズパークで、今回の全日本選抜の車券は買おうと決めました。
  
 
ありがとう、オッズパークさん。
 
 
そして、またよろしくね。


ページトップへ
   
とかく・この世は金ばかり~マッチーの七転八起奮戦記

町田洋一
元祖・戦う競輪新聞として名を馳せた伝説的専門紙「アカギ」の唯一の残党記者。 現在はアオケイを主戦場に、e-SHINBUNの制作に携わり検車場レポートなどで取材、執筆活動中。
歯に衣を着せぬ激しくとめどない論調は、ファンが知りたい部分を包み隠さず伝えたいと言う想いから。 前橋の昼間の中継では硬派に解説し、ミッドナイトでは緩くニコニコ動画のいじられキャラを演じる。
打倒ヤマコウがモットーなのか!?


twitter
https://twitter.com/matchyou1925



初日
優秀レースの関東3人は、3秒も掛からず並びは決まった。福島も、作戦会議がなしでスンナリこの並び。平原康多もビックリしていたが、初日に一番強かったのは深谷知広だったかも。平原の強烈ブロックで飛んだと思ったが、もう1回直線で来ていた。家事都合で欠場したとの事だが、この一ヶ月凄い猛練習をやったのだろう。あとは、昔強かった選手も大活躍。成田和也の1着から始まり、合志正臣の2着強襲。合志は全盛時を彷彿させたし、神山雄一郎も名前だけで勝った。人気薄の荒井崇博の捲りもお見事だった。市田佳寿浩も良い伸びを見せたし、これで伏見俊昭や小倉竜二も伸びたら、昔の歌謡ショーみたいで面白かった。元気がなかったのは近畿勢で、優秀レースに進出者はゼロだった。最近、テレビに出演するさいに、声を掛けてくれたら、クオカードをプレゼントする! と言っていたら、本当に場内のファンから声をかけていただいた。顔出しは色々とリスクもあるけど、ファンとの交流などがあれば、もう少し競輪界が盛り上がると思っている。
 
前検日
他の選手と、リミッターが違うと言うのか、防衛本能が異常と言うか、おぐさん(小倉竜二)の強行出場にはビックリ。肋骨を数本折り、左肺も潰れてしまったが「もう左肺は膨らんだ。もし、そっちが駄目でも右の肺があるから」と平気な顔で一言。昔は強引に競った時代もあったが、今は詰まらない位置でも、普通に回る。それでいて、レース後に文句を言ったり、怒ったりする姿を見た事がない。自分からは競らなくても、競られた時は、失格寸前のラフプレー。おちゃめな性格でもあるが、本当はかなりの負けず嫌いとか。本人が大丈夫だから走ると判断したのだろうが、とても人間技とは思えない。そして、奈良記念では根田空史が優勝したが、いつだったかの静岡記念の決勝。南関は根田、片寄雄己の並びで攻めたかったが、それを神山雄一郎が許さず、片寄、根田の並びで片寄が発進。どうあれ、根田の後ろとコメントした神山が、根田の番手捲りに乗り優勝。そのレースを思い出したのが6レースの並び。自力の2人は古屋琢晶、池田勇人で連係したかった様子だが、それを神山が無言の圧力。それで古屋は単騎で、池田が自力勝負。神山にしてみれば、この3番手ではプライドが許さないだろうし、例え番手なら、前が不発でも、その後の対応が楽になる。良い意味で普通じゃない、初日はこの2人に注目したい。


ページトップへ
   
e-SHINBUN BET
facebookウォール

開催概要

■開催日時
2017年2月16日(木)・17日(金)・18日(土)・19日(日)

■開催場所
取手競輪場

取り扱いネット新聞

小田競

中部競輪

競輪研究

競輪ダービー

いわき平競輪ニュース

福ちゃん

競輪毎日

函館競輪

北競

競輪専門誌ホープ

別府競輪ダービー

映像配信

K-stream

XHTML Valid対策


XHTML Valid対策

関連リンクhttp

投票はこちら!

XHTML Valid対策



ページトップへ